2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

地球温暖化の真犯人?

1 :名無電力14001:2008/07/09(水) 13:32:55
地球温暖化の犯人の最右翼は二酸化炭素であると言われているが、

真犯人は「水」であると言う考えが出ている。
正確には「水蒸気」なのであるが、一理有ると思う。

砂漠の温度変化が極端なのは、「水」がほとんど無い環境であるのが
最大の原因である。

熱帯雨林が温度変化が少ないのは、「水」が過剰に存在する環境である
のが最大の原因である。

NASAが火星に「水」が有るかにこだわってるのは、
「水」を利用した、テラフォーミングを考えてるせいもある。

アメリカが二酸化炭素削減に極めて冷淡なのもうなずける。

皆さんは、どう考えますか?

2 :名無電力14001:2008/07/09(水) 13:52:38
http://psychology.jugem.cc/?eid=57

水蒸気原因説のブログのリンクです。

3 :名無電力14001:2008/07/09(水) 22:03:54
地球上に生息する特定の動物種の爆発的増殖が原因である。

4 :名無電力14001:2008/07/10(木) 07:59:58
>>1
世間的には異端の言ですが2ちゃんではもう通り過ぎた議論です

5 :名無電力14001:2008/07/10(木) 08:23:32
犯人は、太陽系のど真ん中で頑張っている太陽君の
放射熱量がちょびっと増えたことでしょう。
大規模フレアが発生しただけで、大騒ぎするほどの影響力のある太陽。
放射熱量が一定であり続けるなんて方がおかしい。
多少は増えたり減ったりしていて当たり前でしょう。

ただ、太陽君が原因だと儲からないんですよ。
だから、なんとか金に出来そうな「二酸化炭素」君が悪者にされているだけ。
大気中に0.04%しかないのにね。
メタンガスはCO2の4倍も温室効果があるのに、そんなに騒がないし
不思議なもんだよね〜。

6 :名無電力14001:2008/07/10(木) 18:32:34
ユーチューブで「地球温暖化詐欺」と言う番組が公開されてます。

商売の為に二酸化炭素悪者論をでっち上げてる事が暴露されてます。

化石燃料の無駄使いを止めるのは当然だと思うが、

自分らの商売の為に世論をミスリードするのは許せない。

7 :名無電力14001:2008/07/10(木) 19:27:38
5
太陽をちょっと押して少し地球から離せばいい。

8 :名無電力14001:2008/07/10(木) 19:32:35
日本の教師は左翼ばかりだからガキ共を洗脳しまくりwww

困ったもんだ。

9 :名無電力14001:2008/07/10(木) 19:33:29
>>7 それには朝ロケットを飛ばせばいいの? 夕方飛ばせばいいの?

10 :名無電力14001:2008/07/10(木) 20:00:41
朝、ちょっと力を抜いたカメハメ波でww

11 :名無電力14001:2008/07/10(木) 20:33:36
じゃあさ、じゃあさ、宇宙空間にさ、太陽光を遮る壁っぽいのこさえてみては?

12 :名無電力14001:2008/07/10(木) 20:37:04
>>11
おバカの代名詞的な国が主張してるよ、すでに。

13 :名無電力14001:2008/07/10(木) 20:39:08
>>7
それは昨日おれがやっといたよ

14 :名無電力14001:2008/07/10(木) 20:45:47
11
すいません、
勉強不足でwww

15 :名無電力14001:2008/07/10(木) 21:01:50
→13
マ、マジっすか??
それで今日は涼しいなって思ってた…。
やっぱスゲー暑かった?

16 :名無電力14001:2008/07/11(金) 07:15:13
>>11
壁作っちゃうと氷河期になるといけないから
ブラインドか、カーテンにして欲しいな。


17 :名無電力14001:2008/07/11(金) 08:04:50
>>11
それをするには、太陽と地球の重力が釣り合う所に設置しないといけない。
そこはとても遠い。

でも、月があるんで、その場所が安定なわけじゃない。だから常にコントロールしないといけない。

簡単なのは地球の人工衛星だけど、これも常にコントロールしないといけない。
人工衛星を鏡にして、太陽を遮るタイミングだけ広がるか、常に太陽の方を向かせるか

でも、そんな人工衛星は強力な兵器になる。 目的の都市だけ狙って太陽の光を反射させられたらどうする?


もしコントロールしない球形の物質なら、これは太陽を遮るのは一瞬だけど
そのタイミング以外は常に太陽の光を地球に与える事になるんで、±ゼロになる


18 :名無電力14001:2008/07/11(金) 10:48:22
じゃあもう第4コロニーへ移住するしかないよ!
いや、それは冗談だけど、戦争の道具になるっていうのは考え過ぎでは…w

19 :名無電力14001:2008/07/11(金) 14:51:48
ぢゃ、成層圏に吸赤外線物質をばら撒いて浮遊させとけば、涼しくなる?

20 :名無電力14001:2008/07/11(金) 14:53:11
逆でしょ お空が青い原因物質をまき続けましょう

21 :名無電力14001:2008/07/11(金) 15:05:37
亜硫酸ガスあたりがほんとに赤外線を反射するらしいな
要するに大気汚染=地球寒冷化、大気清浄化=地球温暖化

温暖化の方がいいよ


22 :名無電力14001:2008/07/11(金) 16:41:08
温暖化の海面上昇に備えて、海水蒸発機を世界各国で作ります法案。
バカっぽいかな?
意外と本気なんですが…

23 :名無電力14001:2008/07/11(金) 18:07:12
塩分濃度が…
エネルギーが…人力でやるの?

24 :名無電力14001:2008/07/11(金) 19:21:40
人力じゃ無理に決まってんじゃんw
別に塩分濃度は変わらないんじゃない?

25 :名無電力14001:2008/07/11(金) 20:24:30
地球温暖化の人為的CO2説はどうも世界的詐欺のようで。

http://yoiotoko.way-nifty.com/blog/2008/07/post_f316.html#more


26 :名無電力14001:2008/07/11(金) 20:38:16
メディアリテラシーかなんか知らんけど何も行動せずにいつまでも原因がなにかって考えてたってただのバカじゃんか。

それより原油エネルギーなんかに頼るより太陽光発電に切り替えた方が環境の為になる事だってバカでも分かるんだからいつまでも意地張ってないで少しは素直になれよ。

27 :名無電力14001:2008/07/11(金) 23:29:43
温暖化の最大の原因は







中国人の吐く息

28 :名無電力14001:2008/07/12(土) 01:20:27
温暖化の真犯人は人間

29 :名無電力14001:2008/07/12(土) 05:41:11
いや、俺だ

30 :名無電力14001:2008/07/12(土) 07:03:20
温暖化の原因は、いつまでも生きている おまいのじいちゃんだ!!

31 :名無電力14001:2008/07/12(土) 12:02:21
>>26
太陽光発電などに過剰な期待を抱く方がどうかと
>>28
寒冷化しても人間のせいですね、わかります

32 :名無電力14001:2008/07/12(土) 12:30:13
しかし、量的に現実味があるのは太陽電池だけなのは事実だ。

常温核融合でも誰か発明するなら別だけどな

33 :名無電力14001:2008/07/12(土) 14:17:02
最近は火星も温暖化してるもんな

34 :名無電力14001:2008/07/12(土) 15:16:27
www

35 :名無電力14001:2008/07/12(土) 16:19:33
常温核融合発明しました

36 :名無電力14001:2008/07/12(土) 18:35:43
太陽電池は夏の暑いときは温度のため意外に効率が低いらしい。
エアコン使うんだからがんばって発電してほしいけどね。

太陽電池パネルの上面に透明な層を作ってそこに水を流して冷却したら
いいんじゃないかな。
冷却水は温水に使う。

冬期は逆に太陽発電でできた電力で、温水を作って、パネルを加温して
たまった雪を溶かす。少し溶かせば雪崩になって落ちてしまうよ。
雪がなくなればまた発電できるやん。(熱線ガラスみたいに電熱線で
暖めた方が早いか)
だから直接水道水使うんじゃなくて、不凍液を使って、熱交換機で水道水
暖めるタイプがいい。

太陽温水器でお湯を沸かして、それを下水に流せば、太陽熱が大気中にそのまま
輻射しないで、河川に流れるから、都市部のヒートアイランドが少し減るかも。


37 :36:2008/07/12(土) 20:16:19
河川の温度が上がるじゃん、という問題もあるけど、量による。
今まで風呂に使ってたお湯をボイラーから太陽温水器に代えただけなら、
温水排水量は同じだから河川温度は上がらない。
ボイラーに使う石油が減るのと、それが大気中に放出する廃熱とCO2
(最近、温暖化はCO2のせいじゃないとも言われてるらしいが)が減る。

もっと大量に温水を発生させるなら、温水だけの下水を作って、熱交換器で
温水を必要とする施設の熱にできんもんかな。たとえば、ゴミ焼却の
ゴミを事前に乾燥するための熱とかさ。

あと、エアコンや冷蔵庫の廃熱も温水にできたらいいな。


38 :名無電力14001:2008/07/12(土) 20:51:50
室内エアコンやめて
室外エアコンにしたら?

地球の為にw

39 :36:2008/07/12(土) 22:31:51
室外エアコンてなんか意味わからんけど、個人的にはエアコンないよ。
扇風機だけ。
何怒ってんのさ?

40 :名無電力14001:2008/07/12(土) 22:38:51
温暖化をはじめ環境破壊の真犯人は人間だ。
人間が多すぎた結果、環境破壊が進んでいる。
アメリカ人が北朝鮮の生活をすれば、環境問題は一挙に解決だ。

41 :36:2008/07/12(土) 22:54:27
たぶん、だけどさ。
アンチ環境な人の主張は、環境保全すれば今の文明生活が失われるから
イヤだ、というところにあるわけ。
まぁ確かに急進的な環境派の言い分を通せば、相当文明レベルは低下する。
俺は急進派じゃないが、ある程度は仕方ないと思う。

だが、やり方を考えれば環境負荷を下げながら、文明度はなるべく高いまま
維持する方法もあるんじゃないだろうか。
太陽電池の効率化とか、温水器を使ったヒートアイランド抑止はそういう
意味で言ってるのだから、アンチにとっても別に悪くないと思うのだが。

なんか、環境派もアンチも、とりあえずそれっぽいものはなんでも反対するけど、
それってほとんど条件反射だよなぁ。

42 :名無電力14001:2008/07/12(土) 22:56:30
人間が原因です。
「20世紀に原油エネルギー社会になり、車社会の到来による道路整備で
夏のヒート現象の原因であるアスファルトだらけの都市、
電気製品普及によるエアコン生活、温室野菜、果物等、季節はずれの食物生産、
日本の住宅建設によるアジアの大量森林伐採、
ゴルフ場開発による森林伐採、殆どCO2を吸収しない芝生ばかり造成。
人間は欲望の赴くまま自然を破壊してきた。」
19世紀までは自然と共に生きてきた人類
20世紀になって原油エネルギー社会で優雅な生活を送る。
21世紀は自然エネルギー社会に戻る時期で、人口が多い為に時間が掛かる。
原油エネルギーの高騰で、あらゆる産業がコスト影響を受け、
変化せざるを得ない社会がもう来ている。
勝手なことを言うけど原油は上がり続けろ。
人類は英知を集め、自然に優しい社会を実現しよう。


43 :エコノ:2008/07/12(土) 23:22:16
>>42さんの言うとおりだ。
どっちにしろ、今のままでは、この文明は危ないからね。

44 :名無電力14001:2008/07/12(土) 23:43:55
おまえら
ヒートアイランド現象と地球温暖化の違いを説明できてから寝言いえ

45 :名無電力14001:2008/07/13(日) 02:11:23
室内エアコンを…





暇人だな〜俺も…

46 :36:2008/07/13(日) 06:03:30
>>44
CO2=温暖化であれば(この説には異議が出ていることは了解していますが)
ヒートアイランド化→エアコン使用量増加→CO2増加なので、関係があることに
なります。

都市部のヒートアイランドと地球全体の温暖化が違うことは知っていますが、
何にしても解決しなきゃいけない問題なんだから書いてるだけです。

重要な部分で反論するのは仕方ないと言うか、必要なことですが、
重箱のスミつつきはどうなんですかね・・・


47 :名無電力14001:2008/07/13(日) 12:15:35
地球温暖化より、飢餓のほうが問題だ。
アフリカ開発支援を充実し、飢餓を撲滅すればさまざまな人類の危機
を抑え込める。(おそらく多くの新しい疫病はアフリカで発見されている)
また、アフリガがマーケット化することにより他の諸国も潤うはずだ。

温暖化は別にCO2が原因でもいいが、2度気温上昇したからって人類の生活にそれほど大きなインパクトがあるのか?
人類はが死に絶えるのか?
ほとんど何ら影響ないと思うね。
バヌアツの島が水没するとか、
ホッキョクグマが絶滅するとか、
ヨーロッパが寒冷化しに住めなくなるとか
センセーショナルに取り上げているが、
バヌアツは地盤沈下だという主張もあるし、先進国が堤防作ってやればいい。
ホッキョクグマが死んだところでそれよりも多くの人命が失われているのを忘れてはいけない。
温暖化キャンペーンに使われているセンセーショナルな問題を解決するために必要な資金は
温暖化キャンペーンに使っている資金の何百分の1で解決できるのですよ。

だが、問題は石油などの天然資源である。
アフリカが本格的に成長路線を歩み出せば天然資源の価格は今よりさらに上がってしまうだろう。
資源国(中東・南アフリカ・オーストラリア・ロシア・中央アジア・南米)の力が台頭して
現在のパワーバランスは次第に崩れていくだろう。
日本も同じくその渦に巻き込まれていくことになる。
最悪なことに日本は資源だけでなく食料までないのである。

実は、温暖化キャンペーンの問題の根底にはアメリカを除く先進国の安全保障問題なのである。
その中で日本が如何なる政策をとり、生き残りを図るか。
第二次世界大戦当時と同じく、世界の途上国は日本に期待している。
温暖化キャンペーンの逆手をとり、リーダーシップをとるチャンスが到来したのである。



48 :36:2008/07/13(日) 13:59:25
>>47
2度上昇したら農作物の生産が打撃を受けますよ。
温度だけではなく、降雨や台風にも影響するし、作目を変えるにしても
施設や作り方全てを変えるのはコストもリスクも大きいです。

農業以外でも、渇水や大雨、その他予知できない災害のために
施設を作り替えることは大変なコストになります。
それで仕事が増えて経済が良くなるという人もいますが、それは
間違いで、生産の多くが環境変化対応のためのものなので、
一般的な消費のための生産物の生産は少なく、豊かにはならないです。

飢餓については途上国には同情しますが、飢餓を解消して、それで
人口が増えればまた飢餓が起きるという問題もあります。そのたびに
途上国への食糧支援を増やせば先進国の財政も破綻します。
だからといって途中で援助を減らせば、人口が増えている分よけいに
悲劇になります。
途上国は(そして先進国もですが)人口を減らしたほうが良いと思います。


49 :36:2008/07/13(日) 14:04:57
日本がするべきことは、少ない資源消費で効率よく文明レベルを維持する
技術でしょう。

お金の話ですが、資源価格が高騰しているので、これまでと同じ量の
資源を国内消費に使っていたのでは、輸入のための外国への支払いが
増えて、日本経済は赤字化し破綻します。
省エネ技術、リサイクル、社会構造の見直しなどして、資源消費量を
減らしたほうが良いと思います。


50 :名無電力14001:2008/07/13(日) 14:52:43
>48
そのとおり。
温暖化問題より資源問題なのです。

砂漠緑化と耕地拡大、大量収穫作物の開発なのです。

日本はそこらへんの技術には事欠かない。
それらとバーターで、アフリカ諸国から安い労働力と資源を手に入れれば問題ない。

単なる物質と金の援助で問題は解決しないのだ。

ところで、60億人の全体重は何トンだと思うかね。
地球の質量の何分の1だと思う?
CO2は空気の何%を占めているかもご存じか?
知れば人間などは、地球・太陽と比べてあまりにもちっぽけな存在と気付くだろう。
そんなちっぽけな人間の行為が温暖化を招くなど思い上がりもはなはだしい。

私が言いたいのは地球温暖化対策と言って今更CO2の削減に大枚をはたくぐらいなら
資源問題、食糧問題を中心に心血を注ぐべきであるということ。

2万歩譲って温暖化の元凶がCO2だとすれば、今からCO2削減の対応をとったところで
この温暖化がすぐに止まるはずはない。
であれば、資源と食料の問題に集中し、アフリカの生活レベルを少しでも上げることに注力すべき
と考える。

51 :名無電力14001:2008/07/13(日) 15:14:28
>>48
いったいどういう機構で温暖化すると、食糧が減るのですか?

52 :名無電力14001:2008/07/13(日) 16:18:30
>>39
ウチも扇風機と水撒きと行水だけ
レジャーにも行かない
出かけるときはいつも自転車

エコバカども、何か文句あるぅ?って感じ

53 :名無電力14001:2008/07/13(日) 16:20:17
>>48
北海道と鹿児島
鹿児島では何も作物が作れないのですか?

54 :名無電力14001:2008/07/13(日) 16:52:31
太陽光発電で電気を作ってその電気で生活する。
何が問題ある訳?

原油も原発もエタノールの生産も無い生活。

文句ばっか言うけどこれの何が気に入らないの?

55 :エコノ:2008/07/13(日) 17:07:54
54の言うような生活も悪くないかも。
ただ、原油やエタノールは燃料ではなく製品の原料として使う分には
あまり悪くないかも。

56 :名無電力14001:2008/07/13(日) 17:17:38
それいいね

57 :名無電力14001:2008/07/13(日) 17:18:54
その程度の原油ぐらいは大目にみて使わせて上げなきゃさすがに産油国も困るるし黙ってないと思うよ。

58 :名無電力14001:2008/07/13(日) 17:28:12
いや、超簡単過ぎて多分分かってる人も結構いると思うよ。
でもあーだこーだって2チャンで自分の得た知識を自慢したいだけなんだって。多分…

59 :名無電力14001:2008/07/13(日) 17:35:13
熱帯雨林の木を切ってる人が犯人じゃないの?

60 :名無電力14001:2008/07/13(日) 17:53:50
自動販売機でしょ?

61 :名無電力14001:2008/07/13(日) 19:03:42
会社で環境についての講演を役所に実施してもらった。
エコ生活の推進で車通勤を止めて公共機関を使うような説明だった。
各自の自覚を促す方法では殆ど推進できないのが現状である。
車社会から脱却する最良のシステムは欧米先進国で既に実施している。
環境税の導入が最も良いと説明があった。
EU先進国は既に環境税を実施して、ガソリンは200円から300円の価格。
日本は生ぬるい。市中では1人の運転を認めない。自転車を貸し出す。
あらゆる方法を先進国は実施している。本当にすごいことだ。

62 :36:2008/07/13(日) 19:32:17
>>51>>53
まず、気候が年によって不安定だと、作目や作り方を常に変えなければ
ならなくなります。
僕は脱サラ百姓なんですが、これまでの経験の積み重ねで安定した生産が
できるようになるのですが、しょっちゅう気候が変わると技術的にそれに
ついていけなくなります。
また、施設まで変更するとなるとやはり大きなコストがかかります。
降雨に変化があった場合は、ダムなどの増設まで必要になるかもしれません。

気温が2度上がってそこで停止するならばまだしもなのですが、
そのように単純に推移するものなのでしょうか。
年によって大雨冷夏になったり、高温干ばつになったり、変化が
激しくなっているというのが、昔からの人たちの意見のようです。

僕の場合は、今のところ問題ないのですが、これ以上もっと変化が
起きれば、問題が起きると思います。
どんな問題が起きるか分からないのですが、逆に分からないから
対策が余計に困難であるとも言えるわけです。


63 :36:2008/07/13(日) 19:43:23
>>50
あんまり論旨についていっていませんけど、CO2と気温に関しては
僕にははっきりした意見はありません。
資源問題が重要なのはそうでしょう。ですが、CO2や気象とどちらが
重要なのかは僕には分かりません。

労働力は日本でも余っていますよ。ワークシェアリングするとか、
公共事業でリサイクル事業を立ち上げて雇用してあげてほしいですね。

人間の質量と地球の質量の比というのは、一種の冗談として受け止めておきます。
地球レベルで見ればちっぽけな変化でも、か弱い人間には大きな問題ですし。


64 :36:2008/07/13(日) 19:48:15
>>52
僕は脱サラ百姓になって山の生活しているから夏の暑さも平地に比べれば
マシです。
レジャーは行く金がないから行けないだけですが、まぁすぐ家の前でも
ホタルが飛んでるし、クワガタやカブトムシもそのあたりにいるし、
川で水浴びできるし、結構楽しい^^
お金ができたら、自転車(ロードレーサー)がほしいんですけど、
激坂ばっかりなので、どうしようかなぁ・・・


65 :名無電力14001:2008/07/13(日) 20:08:16
>>61
理想論上げるのはいいんだが、日本の満員通勤電車みてから言えな。
先進国国で日本程単位距離あたり低負荷な国ないだろう。

欧州の自転車や路面電車通勤がエコというのは、典型的白人コンプレックス。
中国の自転車通勤みて真似したいとは思わないだろ?

あと、ヨーロッパのガソリン価格が高いのは、円換算だから。
円が弱いから、高く見える。円が高く評価してもらえるよう、お前さんもがんばれ。

66 :36:2008/07/13(日) 20:17:01
>>54
知り合いが家を新築してついでにソーラー電池もつけたんですが、
晴れてる日なら家の電力は十分まかなえるし、売電もできるそうです。
結構な発電量があるみたいですね。
ただ、天気によって発電量が不安定なので、ある程度は火力発電や
原子力も必要だと思いますが、減らせたらいいと思います。
はっきりと覚えてるわけではないのですが、シャープが太陽電池のシリコン
の薄膜化でコストを下げるという話を聞いたことがあります。
安くなったら俺も買うかも^^


67 :36:2008/07/13(日) 21:01:50
>>65
そもそも満員電車で通勤するのがおかしいのでは? ^^;

日本は都会に人口が集中してるからスプロール化が起き、
長距離通勤になり、都市部で大混雑している。
人口が地方にほどよく分散して、小型の都市を作れば、
産住近接し、通勤距離が短縮し、混雑も減る。
(コンパクトシティというそうです)。
輸送にかかるエネルギーが減るだけでなく、人間がラクに
なります。

距離が短い結果、自転車や路面電車で通勤可能になるという
ことらしいです。


68 :名無電力14001:2008/07/13(日) 22:42:33
ま、そもそも温暖化と二酸化炭素は関連性が薄いからどうでもよいことだがね。
だが、先進国中GDPあたり最小の炭酸排出量という効率のよさが証明している。

交通システムの合理性で考えると、地方に拠点を分散した結果、
取引先まで遠いとか、情報の入手が遅れるとか、物資の輸送距離が長い、
地方や都市間の道路、線路を強化する必要性など、色々弊害があるんだぜ?

別に自転車や路面電車なんて使わなくたって既存の電車という交通システムで十分でしょ。
学生じゃないんだから、そんなのんびりした遊び半分の通勤スタイルが日本に定着するわけが無い。

69 :名無電力14001:2008/07/13(日) 23:18:54
人間を間引けば温暖化だろうが資源問題だろうが解決できる

道徳的には問題だろうが自然界としてはそれが一番

または全人口の二割くらいを火星あたりに移住させるとか(コストや科学的に難しいけどな)

映画やアニメなんかで出てくるマッドサイエンスティストみたいな考えだけどどーよ?

70 :名無電力14001:2008/07/13(日) 23:48:07
>>66
メンテは?
メンテの問題が残ってる
太陽電池は永遠には使えない…
>>67
その分物流が激しくなるだけだなあ

71 :36:2008/07/14(月) 06:45:24
>>68
人口密度と輸送に関しては、僕も専門ではないのですが、効率の良い
適正な人口密度があるだろうとは思います。
極端な話、僕の住んでいる過疎地では逆に集落と買い物や学校までの
距離が長くなり、非効率という問題もあります。
が、東京、大阪程度になるとやはり過密で非効率でしょう。
交通だけではなく、上下水道、ガス、電気などのインフラも複雑化しすぎて
いますし、心理面でも過密はストレスを増やす、地震などの災害の問題もあります。
過密域から過疎域へ人口を平均化することで両者の問題が解消すると思います。

物資の輸送経路は、生産地は日本中にある程度分散して、消費地と近接すれば
良いのではないでしょうか。(集中したほうが効率が良いかもしれませんが
モノにもよるでしょう)

通勤が痛勤であることは特に価値はないです。


72 :名無電力14001:2008/07/14(月) 06:47:44
日本はいつまで経っても途上国だから

73 :36:2008/07/14(月) 06:48:52
>>69
まぁ人口問題は大きいでしょうねぇ。
日本が少子化しているのは、そういう意味では自然の摂理かもしれません。
将来的に人口が減るのに、やれ新幹線だなんだと作るのはどうですかね。
将来利用客が減って経営が成り立たないの分かってることなんですが・・・

ロケットは燃費が悪いです。数千人火星に移住させただけで、地球の
燃料が底をつくんじゃないでしょうか。


74 :36:2008/07/14(月) 06:58:49
>>70
太陽電池の製造のエネルギーと、発電量を比較すると、プラスでは
あるそうです。ただそれでも、過剰な期待はしないほうがいいと
思いますけど。

現在の社会は基本的に生産過剰です。これはコンピュータが発達し
生産性が向上したためです。
それでもっとも必要とされる衣食住に関する生産は充足し、それ以上の
アメニティ的な生産へ移行したわけです。
特に必要でないモノを作るのだから、無理に流行を作ったり、値段を下げたり
しないと売れなくなってしまうので生産者側も実は大変な状態です。
また機械化により雇用が減るので、その分余った労働力が他の産業へ移行します。
輸送もそうで、過剰なトラックが限られた仕事の奪い合いをしていて、
無駄な物資輸送が増えているといったことでしょう。
できれば時短をして、労働を制限し、ワークシェアリングすれば
雇用を確保しながら、生産量、輸送、etc.を減らすことができると思いますが、
そうすると競争力が低下するので、海外に負けるという問題もあります。
世界中が一斉に時短をするとかすれば、環境問題も過大な労働も減って
良いことだと思いますけど。


75 :名無電力14001:2008/07/14(月) 07:30:52
>>71>>74
温暖化以外の事取り上げて話濁すなよ。

76 :名無電力14001:2008/07/14(月) 07:40:44
地球温暖化と、CO2は、ほとんど関係ないと思う。 太陽の黒点活動が、影響していると思う。
CO2削減すれば、温暖化が防げると思っていると後々痛い目を見ることになる。

77 :名無電力14001:2008/07/14(月) 08:24:55
地球温暖化の原因はエネルギーの使いすぎだ。使うエネルギーが最終的には
全て熱に変わる。
太陽光や風力は、今まで熱にはなっていなかったものを、最終的に熱に変えるから
温暖化に貢献するものだ。
温暖化をCO2の問題だけにすり替えて、だまされている人間が多い。
すり替えた人間は、市中引き回しの上、獄門磔の刑に処すべきだ。

78 :名無電力14001:2008/07/14(月) 10:58:10
>>77
「Q&A」スレからお節介やきにきました
世間の地球温暖化の知識もまつがっているが、あんたはさらにヒドイ。
こういう思い込みだけで振り回す正義感が一番罪が重い。
せめて「Q&A」スレの議論を理解してからにしろ
「地球温暖化」狂騒曲の一番の迷惑の例だ

79 :名無電力14001:2008/07/14(月) 13:59:03
>>74
お金がマイナスじゃ誰もつけないわね

80 :名無電力14001:2008/07/14(月) 15:10:00
>77
すべては熱交換なんですよ。

冷房して、室外に熱を放出したところでその後ゆっくり室内の冷気が外に出ていくので+−0
前にもヒートアイランド現象と温暖化を混同している人がいたが、出したものはいずれどこかに吸収される。
自然界は均衡を保つようにできているのです。

ごまかされないように。

>62
脱サラ百姓か。
うらやましいですね。
土の香りが懐かしい。

一説によれば、温暖化が進み極地の氷も解けて気温の均等化が進むので気候の均衡化現象が減って
温暖な気候になるとのことですよ。

私は、地球温暖化論争というのは、中東アラブ・アフリカ・中国・ロシアの封じ込めのための理論だと思っています。
我々日本はそこに付け込めるだけの地力をつけてきているのです。
ただし、マスコミを政府が掌握しないと危ないし、政府の不穏分子も封じ込めなくてはなりませんが。

以前は中国のことが非常に嫌いでしたが、今、全世界を見渡して政治的に強いのはロシアと中国ではないでしょうか。
彼らとの連携も欠かせないと思いますね。


81 :名無電力14001:2008/07/14(月) 15:47:15
>>80
そーなんだよなあ。
日本の国益を取るべきか、この狂想曲に知らん顔してつきあうべきか・・・。
あ、違った。
「日本の国益を取るべきか」「この愚民政策をあばくべきか」
自分が死ぬまでには必ず破綻するだろうからなあ・・・。


82 :名無電力14001:2008/07/14(月) 20:19:21
>80
冷房して、室外に熱を放出したところでその後ゆっくり室内の冷気が外に出ていくので+−0
いっけんしてもっとものように思える。
では、熱を室外に出すときに外部からエネルギーが加わったわけだが、元に戻るときに
エネルギーが発生するのかよ。
外部から投入エネルギーが、環境に放出されているんじゃねぇのかよ。

83 :36:2008/07/14(月) 20:36:27
>>75
脱線も必要ですよ。
温暖化というものがCO2由来であったとすれば、CO2が増加する
原因についても考えなければならず、範囲は広がります。
環境問題というのは、いろんな問題が交錯していますから、多少は
仕方ないですよ。


84 :36:2008/07/14(月) 20:50:50
>>80
冷房装置の原理について簡単に説明しておきます。
1)コンプレッサでフロンなどの冷媒を加圧。高圧、高温のガスになります。
2)コンデンサ(ラジエータです)で冷媒を冷却、液化。
3)冷媒はエキスパンションバルブ(スプレー缶の吹き出し口みたいなもん)
  でエバポレータ(これもラジエータのような熱交換機です)内に噴射。
  その時減圧するので低温になります。
4)コンプレッサに戻る
細かい部分は省略しています。
コンデンサで放出する熱量と、エバポレータで吸収する熱量は、
前者が必ず大きくなります。結局差し引きすると必ず温度上昇します。
(機械の性能上の問題ではなく物理的な問題です)
温度上昇分とは、コンプレッサを回すために消費した電力分に相当します。
というわけで>>82が正解。

気温が上がると案外農作業はやりにくくなります。
暑いので仕事がきつい。病虫害が増加する。品質が低下する。
熱帯の国では、案外農業生産性は低いようです。降雨の増加で
土の養分が流出し、酸性化することや、土壌が流防しやすいので。


85 :名無電力14001:2008/07/14(月) 20:51:18
>>83
全く持ってそれはない。

86 :名無電力14001:2008/07/14(月) 20:57:33
>>83
正当化すな

87 :名無電力14001:2008/07/14(月) 21:03:25
やっぱりジェームズ・ハンセンじゃね?

88 :名無電力14001:2008/07/14(月) 21:04:00
>>82
零点です。

89 :36:2008/07/14(月) 21:20:35
>>88
一般的に温度の高低は均一になる方向にあります。
お湯と水を混ぜれば、その中間の温度になります。
逆に、ある温度の物質が何もしないで高温と低温に分離することはない。
そうするためには必ず何かの仕事が必要であり、損失が発生します。
それが余剰な熱となるということです。


90 :名無電力14001:2008/07/14(月) 21:28:52
エアコン自体結構な熱を発生する。最新型はどうか知らんが。

91 :36:2008/07/14(月) 22:27:03
>>80
土の香りって言葉がいいですね。
農業は楽しいですよ。
都会でサラリーマンしてるより、豊かな感じがします。
(お金はあんまりないですけど^^;)
できれば、近くに温泉があって仕事が終わったら一風呂、なんてのが
理想なのですが、残念、温泉はなかったです。
かわりに知り合いの家を解体したときに余った太陽温水器をもらってきて
据え付けたところです。自分でやったから水漏れするのでなんとかしないと
いかんです。


92 :名無電力14001:2008/07/14(月) 22:43:20
温暖化はいずれ終焉する。
周りの宇宙空間はマイナス270℃(絶対温度2.725K)で放射冷却で冷える運命にある。

93 :名無電力14001:2008/07/14(月) 23:49:44
>>89
おまい、昨今の「CO2が悪役」の地球温暖化について理解してない。

94 :名無電力14001:2008/07/15(火) 02:25:44
さっきマックへ行こうと外に出たら、寒いくらいの風が吹いてたw
「え?秋?」って言うくらいの感覚。
これは温度15度前後くらいじゃないのかな?

昼間は35度とかなのに、温度差20度なんてどんだけww
部屋の中は暑いけど。
やっぱりそのうち砂漠になるんだろうな。。

95 :36:2008/07/15(火) 06:22:05
>>77
エネルギーは最終的に熱になり気温を上げます。
ただ、これは都市のヒートアイランドのように一部地域だけの気温を
上げる要因になるのですが、地球レベルで温暖化するほどの量ではないと
されているようです。

しかし、ヒートアイランドもエアコンの使用を増やし、CO2増加原因に
なりますから、CO2=温暖化説に則れば、やはり温暖化の要因になります。

いずれにしても暑いのだから、エネルギー使用もCO2排出も減らした方が
良いと思います。


>>76
テレビがないので太陽黒点説については知らないのですが・・・
もし、黒点とCO2と両方が原因であった場合は、黒点によって気温が
上昇するのだから、それを少しでも和らげるためCO2(と廃熱)を減らして
対処するしかないと思います。
時々、黒点のせいだから、CO2が悪いんじゃないから、CO2増やしていい
という話も見かけますが、それはどうなんだろうか。

>>89
エアコンの熱収支は必ず上昇するという説明をしているだけです。


96 :名無電力14001:2008/07/15(火) 06:32:55
エコのために休漁した漁業組合は偉いね。

97 :名無電力14001:2008/07/15(火) 08:03:16
>92
数100万年位たてばそうかもしれない。
それまでどうするかということかな。
キミがいつになったら分かるかということも問題だ。

98 :名無電力14001:2008/07/15(火) 13:37:15
太陽電池はCO2を出さないといわれていますが、製造時に出します。
また、製造機械を作るときにもCO2が出ます。
太陽電池を評価すらなら、太陽電池を使わないときと、使うときの総CO2
で評価する必要があります。結果は良く分かりませんが、太陽電池でも
たいしたメリットは無いと思います。
間違いなく一番いいのは、みんな北朝鮮の生活をすることです。

99 :名無電力14001:2008/07/15(火) 14:06:39
>82
>84
そのとおりですよ。
ヒートアイランド現象と温暖化現象とを混同して報道してみたり、まったく関係ないことを部分的に
切り取って関連付けてみたり、マスコミがあまりにもひどいのでその反証としてわかりやすい例を
あげてみただけです。しかし、地球上の空気の体積からすればあまりにも微々たるものです。

地球上の気温が2度も上昇するってどれだけの熱量かわかりますか?
今まで、温暖化CO2悪者説にのっとってその温暖化効果の程度を方程式で証明した人いないでしょ。

だれか出来る人いないかな。(たぶんいないと思うけど)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%A4%E5%8A%B9%E6%9E%9C

の「温室効果ガスの量と温室効果」の欄を見てごらん

1つ温室効果ガスの要因で温暖化した空気中には他の温室効果ガスも気温上昇の為増加する傾向にあるという
ことが記載されている。またその増加原因は多くの場合海で起きていることになっている。
ゴアのアイスコアのCO2濃度と気温の関係のグラフでも明確にわかることだが、温室効果ガスの増加は結果であり
原因ではない。気温上昇の結果として表れたものである。

温暖化現象を温室効果ガスであるとして、温暖化を説明しようとした時に、あまりにも複雑かつ矛盾だらけの論理に
なるのはこれがこじつけの理論で成り立っているからです。

あまりにも複雑なものは真理からは程遠いのです。



100 :名無電力14001:2008/07/15(火) 14:17:42
言い忘れたけど。

複雑と混沌、矛盾と欺瞞は何らかの力が働いている証拠です。

一般市民は迎合しましょう。
それが貴方の為。

では、どのように迎合すればよいのでしょうか?

それぞれの利益のために利用すればいいのではないでしょうか。

@太陽光発電の設置について補助金を政府が出すことについて積極的に賛成する。
A電力会社にクリーンエネルギーを高値で買い取るように運動を起こす。
B環境関連株式を買う
C環境派を気取って周囲の人たちの尊敬を集める。

などなど。
次スレ「地球温暖化欺瞞キャンペーンを暴くのは無駄な行為だけどなんとかうまく立ち回ってやり過ごす
にはどうすればいい?」っていうスレがいいな。


101 :名無電力14001:2008/07/15(火) 15:38:13
>>94
寒気が流入していただけ
夏はよくあること
雷雨になる

102 :36:2008/07/15(火) 19:59:45
>>99
その通りですよ、と言われても何がその通りなのかさっぱり分かりません。
あなたが>>80であって、自分の間違いを理解していただけたということ
なのかもしれませんが。

地球上の大気を2度上昇させるエネルギーは僕には分かりません。
あなたが何ジュールであると書くべきではないのでしょうか。
ただ、環境を大きく変えるだけの大きなエネルギーであろうとは
思います。

CO2に関しては、単純に化石燃料の燃焼と森林の焼却による増加と
考えて良いと思います。その結果温暖化し、何かの反応でCO2が
増えることはあるかもしれませんが、正直、あなたの文章は全般に
何が言いたいのか全く分からないです。


103 :名無電力14001:2008/07/15(火) 20:53:09
そうだね。資源採取、製造、使用、廃棄を含めてkWh当たりで評価しないとね。>>98
http://criepi.denken.or.jp/research/news/pdf/den338.pdf

104 :名無電力14001:2008/07/15(火) 20:55:23
>>100
D「排出権」が一般市場に出回るのを待って投資する、というのもある
もちろん、日本人はまだ本気で「地球のために」とか思ってるから、
気がついた時には何の意味もない(少しはあるかな?)「権利」を何兆円
も出してただ買うことになる(ちなみに、排出権はこの三年で三倍になった)。


105 :80だお:2008/07/15(火) 21:42:26
>102
そのとおりと言ったのは
冷房で空気の冷却に使ったエネルギー分熱量は増えているということについて
あなた方の説明があっていますよということを認めたのです。

ただ、以前私がレスした、ヒートアイランド現象のたとえ話は、テレビなどであれだけ毎日
地球温暖化のキャンペーンをやっているけど、ヒートアイランド現象と温暖化を結びつける
ような、幼稚な誤りが多いのだが、あまりにも圧倒的な量の報道を前に普通の人はあっというまに
「そうなんだー」となってしまうよね。まだ本当かどうかなんて誰も証明していないことなのに
変だねーと言いたかったというわけ。


>104
排出権取引かー

排出権を証券化して取り引きするんだね。現物の土地があるアメリカのモーゲージでもサブプライム問題で
あんなことになっちゃったのになにも利益を生み出さない排出権に誰が金を出すのだろう。

最初に発行する権利ならほしいね。
だって、証券発行するだけで現金が入ってくるんだよ。中央銀行のお札すってんのと同じだよ。
何の義務を負うんだろう。誰か知ってますか?


106 :36:2008/07/15(火) 22:11:23
>>105
了解しました。
それと折角ですから、その「80だお」の名前で行きましょう。
2ちゃんねるは誰の発言だか分からないので話しにくいとかねがね
思っていましたし、その名前はなかなかイケてる気がします。

ヒートアイランドと温暖化は区別すべきだと思いますが、テレビでは
そんなに混同しているものなのですか? テレビ持ってないので
分からないのです。

CO2と温暖化の関係は、たしかに僕のような素人には分かりにくい
話ですね。温室効果があるせいということまでは分かりますけど・・・
教科書的なはっきりした説明があればいいと思います。
(専門家でも完全な分析はできないらしいですが)


107 :名無電力14001:2008/07/15(火) 22:37:07
地球上の大気を1℃上昇させるにはざっと計算して
24,000,000,000億キロカロリー位が必要

これは石油・天然ガス・石炭の最近の消費量で計算して
50年以上も燃やし続けなくてはならないほどの熱量です。

過去30年前は現在の2/5程度の消費量でしたし
それ以前はもっと少なかった。

@宇宙への放熱があること
A燃料は直接燃焼するばかりではないこと、
B燃焼しても一部は動力に変えていることを考えると

現在の温暖化は過去のエネルギー消費分が全て空気中に熱量として残っていたとしても
説明できないレベルです。

したがって、宇宙への放熱が減ったのかそれとも太陽からのエネルギーが増えたのかの2点に絞られるわけですが。

温暖化CO2悪者説に従うと、空気中に0.5%程度の濃度のCO2が増えたからどうのという理屈をつけているが
ウィキペディアにものってるが最大の温室効果ガスは水蒸気です。こちらの濃度も増えているのです。
しかも、それらの増加は気温の上昇に先立って増加するのではなく気温の上昇後に遅れて増加することが明確になっています。
ゴアの使ったグラフはよく見ると私の言ったとおりに気温上昇の後からCO2濃度が上がっています。

したがって、温暖化は太陽の活動が活発になったためと考えるのが一番理にかなっていると思うんですが
いかがでしょうか?そもそも、太陽の検証もしないでCO2なんて、意図的としか言いようがないですよね。



108 :80だお:2008/07/15(火) 22:38:56
>106
36さん
107は「80だお」です。



109 :名無電力14001:2008/07/15(火) 23:24:21
>>105
「排出権取引に誰がお金だすんだろ?」

ところが、すでに三年前の三倍になっている。だいたい一トン3500円くらい。
日本はただでさえ困難な6パーセント減が進んでいない。当たり前、本来は
現状維持するだけでも大変なのに京都議定書で死ぬほど不利に決められた。
「市場」というのは現時点でCO2の何万倍も恐ろしいバケモノなんだよ。




110 :名無電力14001:2008/07/15(火) 23:30:29


111 :名無電力14001:2008/07/15(火) 23:53:16
>>107
えーと・・・
せっかく具体的な数字を出してきてくれてるんで、ケチはつけたく
ないんですけど・・・
「地球温暖化」って、基本的に「太陽からくる熱エキルギー」が
「温室効果ガス」によって放熱量が減る、って前提じゃなかったんですか?

「おい、たき火すんなよ、地球が温暖化するだろ」って本気で心配している
大衆が、たぶん日本には一億人くらいいると思う

112 :名無電力14001:2008/07/16(水) 00:49:12
>111
>「地球温暖化」って、基本的に「太陽からくる熱エキルギー」が
>「温室効果ガス」によって放熱量が減る、って前提じゃなかったんですか?

そのとおりですね。前からの流れで自分で出せよって言われたもので概算で計算してみたまでです。

だから、加えて
「したがって、宇宙への放熱が減ったのかそれとも太陽からのエネルギーが増えたのかの2点に絞られるわけですが。」

と言っているわけです。
温暖化自体を否定していませんので。CO2悪者説についてのみ考察しているのです。
本当だろうかと・・・・・

否定する意見もあるようですし。不完全な理論でかつこれからいったい何度上昇し
CO2の排出量に対してどの程度気温上昇するのかも説明されていない。
そんな状況でマスコミを使って不安ばかりが増幅されている。

これはある意味恐怖政治ではないかと思えてくるわけです。

>109
>ところが、すでに三年前の三倍になっている。だいたい一トン3500円くらい。
そうなんですか、商社が乗り出すというところまでは聞いていましたが、すでに始まっていましたか。
このお金ってどこに消えるんですかね?
責任分以上減らしたらその分買ってもらえるって聞いたけど。



113 :名無電力14001:2008/07/16(水) 00:50:06
太陽

114 :名無電力14001:2008/07/16(水) 00:57:42
>>113
ウケるw

115 :名無電力14001:2008/07/16(水) 06:22:46
>>112
ああそういう主旨ですか。
私も「人間が出したCO2」の影響はそれほど重大ではないと思っています。
太陽からのエネルギーが増えるのは長い時間の中ではよくあることです
(原因は、地球の自転軸の角度や公転の関係、あるいは「自然の気候変動」
による噴火、低気圧などのさまざまな原因)少なくとも現時点では「人間が
CO2を削減すれば温暖化が止まる」というのは「雨乞い」のレベルだと思って
います。
「やらないよりやった方がいいに決まってる」というレベルで日本が過大
な義務を追い、排出権取引ではあらたなバブルの創出が予想されている…。
「排出権」を取引すること自体は悪いアイデアではなかったけれど、それ
を使って儲けようとする人間の欲望をナメすぎですね。



116 :名無電力14001:2008/07/16(水) 07:07:26
>>107
だから、CO2も、その他の説も、最後は水蒸気に頼り、太陽にエネルギー源をお願いしています。

たとえば、火力+原子力発電が海に熱を捨てる量は太陽熱に比べると極微量ですが、
その熱が流氷を溶かす事で、海を太陽が暖め、結果また流氷を溶かして何倍にも増幅されます。

他には高緯度地方で舗装道路を作り、冬場に利便性を確保する為に除雪作業をすると
雪は太陽熱を90%反射しますが、舗装銅は90%吸収するので、冬場の気温を上げてしまいます。
道路の吸収した熱は周囲の雪を溶かすので、春が早くやってくる事になります。

こういうのを雪氷アルベドフィードバックといいます。

CO2説も、CO2の保温効果が1としたら、水蒸気で2倍になり、さらに雪氷アルベドフィードバック含めて何倍にもなるというわけです


117 :名無電力14001:2008/07/16(水) 08:08:58
ということわ
地球温暖化の原因は、アスファルトということですか〜〜

118 :名無電力14001:2008/07/16(水) 08:27:29
雪氷アルベドフィードバックは高緯度や山岳地帯しか働きませんから
CO2のように地球全体の影響の場合は、水蒸気フィードバックの方が若干大きくなるようです。

ただ、現在気温が大きく上がっているのは、高緯度なので
ホントにCO2が主因なの? という疑問は沸くわけです。



119 :名無電力14001:2008/07/16(水) 08:35:45
「人間が出したCO2が地球温暖化を促進している」という説が強いのは
(1)「モノを燃やしたら暑くなる」という知識が実感として理解しやすいこと
(2)地球の気候を解明するモデルとしては新しいものなので「アルベド」など
の新知識を得た人が簡単に納得してしまうこと

の二つがあると思います。
地球全体の気候変化については、北極振動はじめさまざまな説が出ている
のに、なぜかCO2だけが強調されている。これは世界的に受け入れやすい
(理解しやすい)せいだと思われます。

120 :名無電力14001:2008/07/16(水) 09:11:49
グリーンピースが喜ぶことば=Greenhouse Gas

121 :80だお:2008/07/16(水) 09:41:27
じゃあ、そんな疑わしい仮設が、なぜこんなにも人間社会全体に浸透しているんでしょうか。
中国・ロシア・インドの反応はある意味当然ですね。

京都議定書の削減目標を一国として達成できなかった場合、排出権はだれが売るのでしょうか?
これが一番気になる。誰かが同元になっているはずだ。
各国では盛んに環境税の導入が叫ばれている。それが排出権量支払の原資にもなるんだろう。
だとしたら、全世界をまたにかけた収奪システムの完成だ。

恐ろしい。




122 :名無電力14001:2008/07/16(水) 10:28:00
排出権取引の行く先は、実は「絵を描いた」だれかにも
わかっていないのじゃないかと思う。
「先進国が目標を達成できない>途上国にお金を払う>途上国がそのお金で
削減を進める」というのが理想なんだろうけど、先物取引として石油と同じ
になったら先進国も負担になって技術革新に障害をきたす、ということにも
なりかねない(もちろん産業も停滞させられないからさらに削減できない)。

そうなると「とりあえずCO2削減だけでも決めておけば地球環境は良くなる」
と決めた根本の意図自体が全部裏目になりかねない。
「CO2出すと地球が滅びるぞ〜」とか脅かしたせいで地球全体が混乱に陥る
危険をフルタチに代表されるマスコミはもっと自覚して自由な議論をすべき。




123 :名無電力14001:2008/07/16(水) 10:52:33
混乱自体が目的だとしたらどうですか?
混乱時に勝つのはどんな人たちかな。

途上国は今だ十分な生産もしていないのに削減と言われたら
成長することが不可能になる。⇒飢餓の助長ですね。

おそらく、122さんの言うような理想的な結末かもしくはCO2は間違ってました
といういずれかの結末を迎えると思います。

この過程で何が起こるかといえば

@環境関連の株式のバブル
A排出権価格のバブル
B環境税による搾取の強化

これはすべて混乱の発生の上に成り立っています。
そして、市場ではいつも同元が勝つでしょう。



124 :名無電力14001:2008/07/16(水) 12:21:31
海水浴場

125 :名無電力14001:2008/07/16(水) 12:30:57
ずっと懐疑派で書き込んでましたが(ここ、ID出ないんだよね…)
IPCCのの報告書(要約)を読んでみたら、これがぜんぶ意図的に作られた
とはちょっと考えられないんだよねえ・・・
まあ、簡単だから読んでみてよ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPCC%E7%AC%AC4%E6%AC%A1%E8%A9%95%E4%BE%A1%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8

フルタチも煽情的だと思ってたけど「地球温暖化を遅らせることは我々
の世代にしかできないのだ!」とか書いてあると、グッと思ってしまう。
知見にもできるだけ客観性を持たせようとの努力がみられる(政治的なもの
であることは間違いないんだけどさ)。

地球温暖化自体は自然現象だと思うけど、少しくらい遅らせる努力は
やってもムダじゃないかな、とも思えなくもなくなってキタよ。


126 :名無電力14001:2008/07/16(水) 13:00:22
>>125

>今後20年間の気温の上昇ペースは10年当たり約0.2℃と予想される。
これが正しいなら

独立行政法人国立環境研究所   主任研究員 江守 正多
東京大学 気候システム研究センター  教授 住 明正
 http://www.ccsr.u-tokyo.ac.jp/what_is_new/PressRelease040916.htm
 2030年に1990年から1.9℃上昇する予測


東京大学生産技術研究所 山本 良一
 http://www1k.mesh.ne.jp/toshikei/233.htm
 >  2℃突破は時間の問題です。先程のイギリスの研究成果によれば、2030年、
 > WWFによれば2026年、今からお話しする日本の研究者によれば、2028年には2℃を突破します


こういうのはウソって事になるよね?

大袈裟なのはよくないよね

127 :名無電力14001:2008/07/16(水) 13:48:36
>>126
そういう御仁には専用スレがあります
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/atom/1215996864/

自分の研究の結果からそういう数字が出たのなら仕方ないが
「オーバーに言った方も、エコ産業も意見を聞きにくるし、補助金
も・・・ムフフ」という連中は確実に破滅してもらいましょう


128 :名無電力14001:2008/07/16(水) 13:50:50
>>127
×言った方も
○言った方が

もし温暖化が人為的現象と証明されたとしても、それを良心からでは
なく商売から喧伝した学者は責任を負うべきです


129 :80だお:2008/07/16(水) 15:25:08
そういう、小者の話をしているのではなくて、結局、温暖化は実際起こっているので
CO2悪者説であってもその他であっても現実は変わらないのです。

そういう意味で言うと、CO2悪者説が正しいかどうかでわれわれの生活も大きく変わる。
産業が大きく制限された上に温暖化に対応するのとそうでないのとでは大きく違うのです。



130 :名無電力14001:2008/07/16(水) 15:36:04
太陽の放射熱総量の増加が大きな原因の一つだから
CO2で頑張るのは勝手だけれど、ソレがどうなろうが
温暖化は止まらない。
ただ、コレデ騒ぐと儲かるらしいんだよね。

131 :名無電力14001:2008/07/16(水) 17:01:19
夏休み

132 :名無電力14001:2008/07/16(水) 20:18:57
>>125
洗脳されおったな
なんかwikipediaってやたらIPCCヨイショなんよ
だから割り引いた方がいい
できれば原典に当たって欲しい(曖昧な表現ばっかりしてるけどね)
まぁわしはマスゴミなんぞに何を言われてもグッとくるどころかケッって思うけどね
天邪鬼なだけだが

133 :名無電力14001:2008/07/16(水) 21:01:44
あぶら

134 :80だお:2008/07/16(水) 22:52:40
中国なんかは

地球温暖化は日帝の責任あるよ。環境技術タダでよこすあるよ。
これ世界平和のためね。

なんて言ってきそうだな。
それでちゃっかり他国へ技術売却・・・

135 :名無電力14001:2008/07/16(水) 23:32:56
携帯電話


136 :名無電力14001:2008/07/17(木) 00:18:18
デジタル汚染

137 :36:2008/07/17(木) 05:48:54
環境素人ですが、一応、僕がCO2信者である理由を書いておきます。

環境問題とは生産である。
生産とは、資源を製品にして最終的に廃棄物に変換することであり、
生産の累積量=環境破壊量と考えて、大体良かろうと思う。
(CO2も廃棄物のひとつ)

産業革命とかコンピュータの発達が急激に生産を増やしたターニング
ポイントになるのだろう。
昨今の温暖化は、コンピュータが普及し生産性が向上したタイミングと
感覚的に一致していて、CO2排出量と関係が多いように思える。
あとは、廃熱の増加分も関係あるかもしれない。

太陽の黒点が、たまたまそういう時期と一致したという可能性も
ないとは言い切れないが、さて、と言ったところではないだろうか。

温暖化がCO2のせいであろうがなかろうが、いずれにせよ、無駄な生産は
縮減し、エネルギー源を化石燃料から太陽光に代えたり、リサイクルを
して、環境負荷を下げざるを得ないように思う。


138 :名無電力14001:2008/07/17(木) 08:17:28
>>137
じゃあエコのために2ch見るのやめれ。パソコンつけているおかげで、無駄な
電力が使われ、発電所からCO2が出ているぞ。

139 :名無電力14001:2008/07/17(木) 08:20:42
>>137
実に教科書的な論ですな。それが正しい訳ではないが、
テストで100点取りたいならどうぞ。

140 :名無電力14001:2008/07/17(木) 09:26:27
太陽の黒点だけが太陽の調子を現してると思ってる厨

141 :80だお:2008/07/17(木) 10:08:42
>138

>昨今の温暖化は、コンピュータが普及し生産性が向上したタイミングと
>感覚的に一致していて、CO2排出量と関係が多いように思える。
>あとは、廃熱の増加分も関係あるかもしれない。
>太陽の黒点が、たまたまそういう時期と一致したという可能性も
>ないとは言い切れないが、さて、と言ったところではないだろうか。

CO2に関しては「感覚的に一致」しているから信用して、太陽の活動に関しては「たまたまそういう時期と一致した」
だけだから信じない理由を論理的に説明してください。矛盾していませんか?

普通、地球が寒冷化しない一番の理由は太陽があるからなので、そちらの活動状況を一番に調べよう
となるのが普通。そしてどうも関係ない様だぞとなってから他の要因について調査するのが科学というものと違うかい?

>温暖化がCO2のせいであろうがなかろうが、いずれにせよ、無駄な生産は
>縮減し、エネルギー源を化石燃料から太陽光に代えたり、リサイクルを
>して、環境負荷を下げざるを得ないように思う。

温暖化がCO2のせいじゃない場合、そんなことしたら人間負荷が増大して飢餓が増えますけど
そちらは考慮に入れていますか?


142 :名無電力14001:2008/07/17(木) 10:24:33
「地球温暖化」がなんで盛り上がるかといえば、上のような「しろうと」が勉強して最初にだした結論を「真理を見つけた!」と興奮しちゃうことなんだよね。いいことですよ、勉強することはね。極論に見える反論にも耳をかすことをわすれないでね。それが科学。

143 :名無電力14001:2008/07/17(木) 10:30:50
>142

一見正論のようだね。一見。

誰に対して言っているのか、どの立場から言っているのかはっきりすべきじゃないですか。


144 :36:2008/07/17(木) 10:39:56
>>141
要するに、感覚的に一致しているだけではきちんとした科学的論拠とは
言えないし、太陽の黒点活動のタイミングの一致が偶然とは信じにくい
というのも科学的根拠ではない。
そういうことから、素人意見であるという断り書きを入れているわけです。

地球が寒冷化しないのは、太陽があるからですが、もう少し言えば、
太陽から入る熱量と、地球から宇宙へ放熱する熱量が現在の温度で
均衡しているからです。

廃熱が発生すると、その熱量が加算されるので、より高い温度で均衡し
気温が上昇する要因にはなります。しかし、それがどの程度の影響力かは
やはり素人であるから分からないということになります。(「素人」
のエクスキューズは煩雑なので、そちらのほうでデフォルトで挿入してください)

太陽黒点、CO2、廃熱などで温暖化したとすると、おそらく、海水が
暖められ水蒸気が増える。
また海水中にとけ込んでいるCO2が大気中に放出される、ということ
で温暖化がさらに加速しやすくなると思います。




145 :80だお:2008/07/17(木) 11:13:01
>144
CO2悪者説も太陽活動活発化説も両方不明点はあります。
複合かもしれない。

でも、温暖化事態は紛れもない事実。

そんなとき「CO2」にばかり焦点を当てたマスコミ報道
⇒CO2削減に一気に舵取り
⇒多額の研究費がCO2削減関連に出費される。

もし違いましたっていうことになったら、多額の研究費及び投資は将来の子供たちの負担にならないのですか?
そこを危惧しているのです。


146 :名無電力14001:2008/07/17(木) 11:46:40
>>141
人類負荷が増えた場合、飢餓で人類数が減るので贅沢をしても人類負荷が一定以下になるようになります!
とでも思っているのでは?
二酸化炭素害悪論信者は人類に優しくないから

147 :名無電力14001:2008/07/17(木) 12:30:36
「人類の出した廃熱が温暖化に寄与」そんなこと、どこかで問題になってた?

読んだ覚えがないよ?

148 :名無電力14001:2008/07/17(木) 16:18:24
ヒートアイランドの間違いじゃ

149 :名無電力14001:2008/07/17(木) 19:18:52
無駄な知識を持ったおまえら

150 :名無電力14001:2008/07/17(木) 21:32:46
☆☆コピペ推奨☆☆

「地球温暖化の原因がCO2である」と
いう通説が科学的根拠の薄弱なウソにまみれたものだ
という事を告発するドキュメンタリー(字幕付き)


ttp://video.google.com/videoplay?docid=-642469597858991670&hl=en
ttp://video.google.com/videoplay?docid=-3254620128315043053&hl=en
ttp://video.google.com/videoplay?docid=8486751216888618909&hl=en
ttp://video.google.com/videoplay?docid=-8733072493656166413&hl=en
ttp://video.google.com/videoplay?docid=4354818942774262279&hl=en

151 :36:2008/07/17(木) 21:37:32
>>145
僕もその点は同意です。
同じ量の石油から、より多くのエネルギーを絞り出すか、あるいは
CO2削減を優先するためにエネルギーの取り出し量を減らしてしまうか
という違いはあるでしょう。
CO2問題がないなら、前者を優先するべきということになろうかと
思います。

ただ、僕が言いたいのは、生産量というのは一番最初に持ってくるべき
大枠の問題であり、CO2かエネルギー量かというのはその次に来る
二次的な問題だということです。

現在は、大きな生産を行い環境負荷を高めているので、ISO14001などを
しても、あまり効果が出ないような感じですか。生産を下げたうえで、
リサイクルなどをしたほうが効果的だと思います。


>>147
廃熱が温暖化の原因であるというのは、僕が言っている話なので
聞いたことがないのは、まぁ当たり前ですね。
一般的な見解としては、おそらく「現在の廃熱は、局所的なヒート
アイランドの温度上昇程度の熱量であり、地球全体の温度を目に見える
ほどまで高く上げる熱量ではない」ということだと思います。
が、それでも、そのわずかな量に着目すれば、地球規模の温度上昇の
要因になるだろうと言いたかったわけです。


152 :36:2008/07/17(木) 21:41:50
>>151
>>147あての文章はちょっと変だったか。
最後の2行は
「廃熱は、地球規模としての温度変化してはわずかであるとは言っても、
一応は温度を上昇させる方向にある」
と書いた方が良かったかも。


153 :名無電力14001:2008/07/17(木) 23:10:32
いや、熱量が足りないのはもちろん宇宙への放熱なんかでほぼ相殺できているだろう

ロウソクで体育館を暖房するようなもんだ

154 :36:2008/07/18(金) 07:17:15
>>153
そういうことを言っているわけです。
ロウソクで体育館を暖めても、温度上昇はないと見なすのが、現実的な
考え方です。(そうしないとキリがありませんから)
ただ、0.0001度であっても細かく言えば上昇分であると言うことに
なります。実際何度になるのか知りませんが。

将来的に、途上国が全て発展し、エネルギーが枯渇したので、その対応として
人工衛星でマイクロウェーブで太陽熱を地球に送り使用するということに
なれば、本当にその廃熱で温暖化するかもしれません。


155 :36:2008/07/18(金) 07:40:17
で、現実的にはゼロと見なすべきだと思うんですが、なぜ>>144
そういうことを書いたかというと、別に大して意図するものはなく、
なんとなく書いてみただけです。
まぁ、たしかにいらんモメゴトを作る原因ではあったと思う>じぶん


156 :名無電力14001:2008/07/18(金) 10:29:54
温暖化の真の原因なんて、人口の増大以外ない。
産業革命が始まった頃の世界人口が10億ぐらいだから
今の65億なんていうのは増えすぎなんだよ。
CO2の削減が出来ない国は人口の抑制をさせるべきだね。

157 :名無電力14001:2008/07/18(金) 10:58:27
>>156
熱量はヒートアイランドと同レベルですな(むしろ飲み込まれているかも)
のべつまくなし住んでいるわけではなく
一部に固まっているのだから

158 :80だお:2008/07/18(金) 15:12:37
>156
まあ勝手に思い込むのは勝手だけど。
人口60億人といってもその全体重を足しても3.6億トンにしかならない。
地球全体の質量の100京分の1以下

その人間が1年間にその活動で出す熱量の総和はおよそ1,000,000,000億kcal
これだけ出しても地球上の気温を0.02℃しか上げる効果はない。
実際は宇宙空間への自然熱放射で相殺できるレベルだ。

CO2は空気中の0.54%程度しかなく温室効果の内数%分も受け持っていない。
大多数は水蒸気によるものである。
君が言っていることを実践したところで温暖化は止まらないよ。
温暖化が止まらないのにCO2削減したら、各種生産性の低下を招き途上国は中国も含め
確実に飢餓に苦しむことになる。

お分かりか?


159 :名無電力14001:2008/07/18(金) 15:26:10
考えてみよう
「振動工学の最新の技術の問題点」なんて話題だったら「ぼく、振動工学について何も知らないんですが、振動は工学ではないでしょうか?」なんて書き込みはありえない。
ところが、地球温暖化問題は「宗教だから」みんな好きに発言しすぎ。
議論もするなとはいわん。せめてソースのあるなしははっきりしてくれ

160 :80だお:2008/07/18(金) 15:36:07
>159
>みんな好きに発言しすぎ。
そのとおりと思います。
根拠なしにあおったりするのはネラーの特性です。
でも単純な無知でこわいよーと発言している方もいます。
ところであなたは、どのような見解をお持ちですか?

それと、ここID出ないんで名前をつけていただいた方が整理しやすいのでお願いできますか?


161 :36:2008/07/18(金) 18:39:01
>>159
俺の話はほとんどソースはないよ。
自分で勝手に言ってるだけです。
(素人意見だと言ってるのはそういう意味)


162 :名無電力14001:2008/07/18(金) 20:00:49
ソースて何?

163 :36:2008/07/18(金) 21:20:52
ショウユの似たようなやつ。

>>158
時々難しいこと言うから油断ならんな(冗談^^;)
ところで、水蒸気というのは本来自然にあるもので、その温室効果で
本来の気温に均衡していたわけです。水蒸気量が一定ならば特に
気温は上昇しません。
CO2は、増加してきたので、その分温室効果が増加し、気温が
上昇した原因である(と言われている)。
だから、水蒸気がCO2よりも温室効果が高いからと言っても、
気温上昇の原因とは言えないわけです。
(ただし、前にも書いたように、気温上昇のために水蒸気の量が
増えて、さらに温室効果が高まったというのは別勘定です)

0.02度か・・・ 相殺という言葉はちょっと違うと思うけど、
無視すべき範囲ですね。


164 :名無電力14001:2008/07/18(金) 22:25:45
>>163
恐竜が繁栄する前も水蒸気量は多分一定で自然に上がっていった筈ですが
縄文時代などの温暖期でもいいよ

165 :名無電力14001:2008/07/18(金) 22:26:46
↑上がったのは気温ね

166 :36:2008/07/18(金) 23:05:33
>>164
今問題にしているのは、水蒸気の温室効果がとCO2のそれより
大きいからと言って、CO2の温室効果を無視してよいわけではない
という話です。
恐竜時代の気温は、水蒸気、CO2以外にも多くの要因があるので
ここで持ち出しても仕方ないと思います。


水蒸気の温室効果が大きくても、水蒸気量が変化していないなら、
それによる温室効果の変化(=気温変化)はない。
CO2の温室効果が少なくても、CO2濃度に変化があるならば
それに応じた温室効果の変化が生じる。

たとえば自然本来の平均温度が20度であり、それが21度に
上昇したとします。
もし水蒸気量に変化がなかったとすれば、水蒸気要因で温度が
上がったわけではない。
(人間がいくらせっせと水蒸気を出しても、気温が一定ならば
液化して水に戻るので水蒸気量は変化しない。
1度上がった分だけ水蒸気量が増えるがそれは別勘定にしよう)
CO2量が増えていたとすれば、CO2増加分による温室効果増加
があり、温度が上がったと見なすべきである。
(CO2は排出した分だけ増える)

もちろん、現実には、それに太陽黒点の変化を考慮すべきだとか、
気温が上がったことで水蒸気量も変化するだろう、とかいろいろ
雑多な要素が絡んでくるわけですが、ここではそれは別問題として
扱っているわけです。


167 :名無電力14001:2008/07/18(金) 23:06:41
なるほどね

168 :名無電力14001:2008/07/18(金) 23:18:31
>>166
>気温が上がったことで水蒸気量も変化するだろう、とかいろいろ
雑多な要素が絡んでくるわけですが、

Co2もだろ?

169 :36:2008/07/19(土) 00:13:11
>>168
今はCO2と水蒸気の話をしているのだから、それ以外の話は雑多な要素
であると言ってるわけです。
そこまで説明しなきゃいけないもんなんでしょうか。


170 :名無電力14001:2008/07/19(土) 01:03:52
>>169
年によって地熱とか、エルニーニョ、ラニャーナなど海流、気流、雲の生成量、
降雪量によるアルベド、太陽の影響、地磁気による宇宙線の遮蔽の影響、黄砂や大気中微粒子の影響は異なるが、
これらは全て温暖化に関与しない、あるいは二酸化炭素のせいということでいいのですね?

171 :名無電力14001:2008/07/19(土) 01:08:03
>>166
じゃあ、今の温暖期も水蒸気と二酸化炭素以外にたくさん原因があってしかるべきでしょう

なぜ原因の数を少なくしようとするの?

172 :36:2008/07/19(土) 01:13:29
>>171
僕の話の発端が、>>158が「水蒸気のほうがCO2の温室効果より
高いので、CO2の温室効果は無視できる」ということへの反論だからです。
>>170
同じく上記の理由で、そのような話はしていません。

いい加減にしてほしいよ。


173 :名無電力14001:2008/07/19(土) 01:34:45
>>172
感覚で物をいっているので、データを挙げよう。

確かに二酸化炭素濃度は年々コンスタントに増えている。
http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/ghghp/21co2.html
一方二酸化炭素濃度が上昇しているにもかかわらず1998年以降世界の平均気温は下降している。
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_wld.html

さ、二酸化炭素濃度が上昇する事で気温が上がるというのが間違っているというのが示せちゃったぞ。
いい加減にして欲しい?それともまだまだ議論したい?議論するなら数値で闘ってね。

174 :名無電力14001:2008/07/19(土) 01:53:52
>>169
168だけど、なんで水蒸気は「気温が上がったことで水蒸気量も変化する」で、
CO2は「CO2増加分による温室効果増加があり、温度が上がったと見なすべき」
になるの?都合よすぎない?


175 :36:2008/07/19(土) 08:02:50
>>174
気温が上がるには、何らかの要素が変化していることが原因です。
ここでは水蒸気とCO2だけに着目しています。

CO2は増えていますから、原因として考えられる要素になります。
(CO2温暖化説が正しいかどうかは別の話です)

気温が上がったことで、水蒸気量が増加する(可能性もある)と言って
いるのは、温暖化してしまった後の結果であり、原因ではないです。
(二次的に更に温暖化を起こす原因にはなりますが、それは別の話です)

だから、いくら水蒸気の温暖化効果が大きくても、水蒸気量に変化が
なければ、水蒸気による温度上昇分はゼロ。
CO2の温暖化効果は水蒸気より小さいが、こちらは変化しているのだから
温度上昇分が生じる。

上記の話は現実の話とは異なる可能性は当然あります。
それは、水蒸気とCO2に限定しているからです。
現実にはそれ以外の要素が多くあるのに、それを無視している
からです。
今しているのは、現実の問題ではなく、あくまで考え方の話を
しているだけだと考えてください。

僕の方に不備があるとすれば、水蒸気量は本当に気温だけに
追従するわけではないということです。
陸地は広いから、水蒸気と水が接していないので、気温と湿度は
追従しないだろうし、この点は間違っていたかもしれません。


176 :名無電力14001:2008/07/19(土) 08:37:10
>>175
>僕の方に不備があるとすれば、…

>>173に反論できないことだね(笑)

177 :名無電力14001:2008/07/19(土) 09:38:05
>176

温暖化がCO2起因でもそれが正当な科学的検証から起こっているのなら
文句はないのだが。

例えば火力発電所の近隣は温暖化てもんじゃなくなるんじゃないか。
いくら空気の対流で次第に他地域と濃度が均衡化するとはいえ、ずっと出しっぱなしだぞ。
火力発電所の近隣はずっと高濃度だろ。

「新しく火力発電所を作った○○市では原因不明の高気温で農作物に深刻な影響が出ております。」
なんていうニュースは過去に一度も聞いたことないぞ。



178 :名無電力14001:2008/07/19(土) 10:15:33
>>173
気象庁のデータはヒートアイランド現象が入っているため、高めにでる。
本来、それを差し引いて地球の平均気温をみないといけないのに、IPCCは全く
考慮していない。発展途上国のデータはさらにでたらめ。
気象庁の言うほど気温が上がっていないことは読売新聞もこの前、報じていた。


179 :名無電力14001:2008/07/19(土) 10:16:13
>>177
懐疑派に対して懐疑派が噛み付く質問になっているが、
趣旨が違う答えだな。うやむや化図っているだろ?

180 :名無電力14001:2008/07/19(土) 10:21:38
177です。
>176じゃなくて
>175だったね
まちがい。

181 :名無電力14001:2008/07/19(土) 11:39:46
>>172
はぁ、なるほど
あらゆる温度上昇効果のあるものの中で二酸化炭素が最も強く、
超微量でも他を圧倒するほどの強さがあるといいたいのですか
水蒸気の効果を否定するとはそういうことですよ

182 :36:2008/07/19(土) 12:43:58
>>181
僕の話は「水蒸気の温暖化効果がCO2のそれよりも大きいから、
CO2の温暖化効果は無視できる」という考え方がおかしいという話です。

逆に聞きたいんですが、それとCO2が温暖化の主原因であるという
話とどうやればつながるのか教えてほしいです。


183 :名無電力14001:2008/07/19(土) 13:09:33
水蒸気と二酸化炭素の量の差を考えればわかるよ

二酸化炭素に水蒸気を圧倒できるほどの温室効果が無ければ
二酸化炭素(特に人為)による温室効果上昇なんか無視していいってことが

どちらかがどちらかの温室効果を活性化するなんてことがなければね

あと、二酸化炭素が主因だなどと言っていないぞ
原因ははっきり言ってどれだかわからん

184 :80だお:2008/07/19(土) 13:42:36
>182
183が言っているように、例えばCO2に海水蒸発効果があり、CO2が1増加したら100水蒸気が増えるなんて
いう論拠が成り立てば、温暖化CO2起源説が成り立つが、そんなことは1度も証明されたことはない。

あと「無名電力14001」がいすぎ。ID出ないんだからきちんと名前ぐらいつけましょう。




185 :36:2008/07/19(土) 19:54:58
>>183
CO2と水蒸気の量の差の問題でもないのです。
仮に水蒸気量が一定であれば(現実にそうであるかどうかは別の話と
させてください)、それによる温度上昇分はゼロなのです。

CO2の量がわずかであったとしても(そして温暖化効果が少ない
としても)、量が増えるならば、その分は温度上昇が起きると言っている
のです。


186 :名無電力14001:2008/07/19(土) 20:03:08
一向に数字が出てきませんなぁ。
という事で、二酸化炭素説派の負け、否定派の勝ち。
納得いかないなら数字で説明しましょう。

187 :36:2008/07/19(土) 20:06:08
>>183
それと俺だって、少なくともこの話に関しては,CO2が温暖化の
原因だと言ってるわけじゃなりません。
(そう取れなくもないが、本来したい話とは別です)。
誰かがそういう方向の話にしてしまうので、こっちも困ってるわけ
です。


188 :80だお:2008/07/19(土) 20:13:54
>187
誰かです。( ^)o(^ )
そんなに言葉ばかりに頼っているからそうなるんだよ。

「たぶん温暖化にはCO2も少しは関係しているかもしれない
総合的に見て何がどのくらいなのか明らかにして本当の対策を考えたい。」

って君が思っているのはすごくよくわかるよ。
本当の良識派だ。今時そんな人がいるなんて、感動的ですらある。(おそらく全米が泣いた)

ならば、少しくらいは他の人を頼らないで自分で検証するなり、ソースを探してみたらどう?
それをしないから押し流されるんだよ。それでもなお、言葉ばかりで反論していたら
そんな意見はどんな世の中でも抹殺されるのは当たり前。

ちょっとは頭使って頑張れ。




189 :36:2008/07/19(土) 20:16:29
>>184
CO2の海水蒸発能力については、とりあえず横へ置いても
構わないのですよ。それがないのなら、水蒸気量は一定である
ということになり、話が分かりやすくなるだけのことです。

要するに、水蒸気量が一定ならば、水蒸気による温室効果の
変化分はなく、関係がないということを言いたかっただけ
ですから。

ただし、(僕の勝手な意見ですが)水蒸気量は気温によって
変化すると思います。気温が上昇すれば水の蒸発量が増えるからです。
また人為的にも変化するかもしれません。燃料や森林はHとCなので
燃えれば、H2OとCO2になります。H2Oは燃焼直後は高温
なので水蒸気になり、空気中の水蒸気量を増やすかもしれません。
そうであれば、これまで燃焼によってできたCO2が原因であったと
言われていたのが、燃焼によってできた水蒸気も原因であるという
ことになります。


190 :36:2008/07/19(土) 20:20:25
>>188
CO2も温暖化要素として大きいとは思っています。
それは前にも書いたように、コンピュータ化によって生産性が
増加し、燃料使用量(=CO2量)が増加したタイミングと
よく合うからです。また中国などがCO2排出国になったのも
時期的に合う感じがするからです。

しかし、今行っている話に関しては、別の話なので、混同しないで
もらいたいと言っているのです。


191 :80だお:2008/07/19(土) 20:23:59
>189

もう一回188を嫁。

あと、189理論によれば一度始まった温暖化は永遠にスパイラルアップしていく。
ICPPの報告書鵜呑みにしてますな。

そして、言葉遊びで、社会党の土井化している。
早く気づいてこっちにこい。楽になるぞ。


192 :36:2008/07/19(土) 20:32:28
>>188
一応書いておくが「誰か」と言うのはあなたのことを想定したのではなく
名無しの人である。あなたならばはっきりそう書きます。

>>191
ICPPは読んでません。
温暖化は今のところスパイラルアップしています。CO2説ならば
2度上昇で済むし、水蒸気説を含めるならば、永遠ではないだろうが、
もっと多くの温度上昇がするということではないでしょうか。

言葉遊びではなく、要因が変化していないならば、それに伴う
変化もないと言っているわけです。

言い方を変えれば、
もし、水蒸気量とCO2が同じように量が増えているとして、
水蒸気の方が温室効果が大きいのであれば、温暖化の原因は
CO2よりも水蒸気のほうが大きいとは言えるのです。


193 :名無電力14001:2008/07/19(土) 20:45:17
>192
君はどうしても、地球温暖化人類起源説にしたいんだな。

だからきちんと君が言っていることを自分自身で検証するなり正しいことを証明するソースを
探してきなと言っているんだよ。
君が言っていることは君だけが言っている推論の域を出ていないんだよ。

>温暖化は今のところスパイラルアップしています。
⇒していません。
●ソース
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_wld.html

>CO2説ならば2度上昇で済むし、
⇒誰がそんなこと言ったの。ICPPにも書いていないし誰も立証していませんよ。
 以前私が、2度くらいどうってことないさとはいったが、2度に根拠があるわけではないのは
 文章を読めば明らか。

>173
拝借しまーす

>確かに二酸化炭素濃度は年々コンスタントに増えている。
http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/ghghp/21co2.html
>一方二酸化炭素濃度が上昇しているにもかかわらず1998年以降世界の平均気温は下降している。
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_wld.html

194 :80だお:2008/07/19(土) 20:45:57
↑193 は私です。


195 :36:2008/07/19(土) 22:03:33
>>193
見てきました。

気象庁のHPを見ると温度が単純に右上がりしているようですが・・・
ひょっとしたらスパイラルアップというのは放物線的に上昇すると
いう意味ですか? まぁそれなら違いますね。
つまり、僕が言った「CO2濃度上昇→気温上昇→海水蒸発量上昇
→水蒸気量上昇→それによる2次的な気温上昇」はなかったという
ことでしょう。
ただ、僕が言ったのはそういう可能性もあるという意味であり
断定しているわけではないこと、あくまで話の寄り道で書いただけ
であり本題ではないことと、言い訳をしておきます。

僕が主に言いたいことは別なのです。分けて書きます。

あと2度が僕の勘違いだということは了解しました。


196 :36:2008/07/19(土) 22:05:54
>>193
今問題にしているのは、
「水蒸気量が一定であると仮定すれば、すでに均衡していて、それによる
温度変化は停止している。
だから、水蒸気がいくら量や温暖化効果割合が大きいからといって、
CO2(あるいはそれ以外の要因でもいいのですが)と比較する意味が
ない」
と言いたいわけなのです。

が、
「もし水蒸気とCO2が両方同じように増えているならば、それによる
温度上昇の原因比率がどちらが大きいのかという比較ができるようになる」
とは言えます。

>>158は実際の大気が水蒸気量が一定かどうかということは明示していないし、
俺にも確認はできないが、あくまで考え方ということで、とりあえず
水蒸気量一定という条件にしたわけです。


197 :36:2008/07/19(土) 22:26:48
>>196 ちょっとミス。訂正。
10行目「もし水蒸気とCO2が同じように増えているならば」
と書きましたが、別に同じ変化でなくても、水蒸気減少、CO2増加
でも良いのです。
水蒸気量に変化があるならば、それによる温度変化分が
出るはずで、CO2変化量による温度変化分との比較が
できるわけです。


198 :名無電力14001:2008/07/19(土) 23:25:17
>>197
お前、人が丁寧にソースをあげて説明してくれているのに、
自分はソースもなしであーだこーだいって、どうするんだよ?
基地外以外の何者でもないぞ。

199 :36:2008/07/19(土) 23:35:57
当たり前すぎてソースもへったくれもないからです。

今やってる話は、地球の温暖化です。
ならば、温度が変化する要因だけを上げて、比較なり分析なりすれば
良いのです。
なぜ、温度が変化しない要因まで考慮するのかと言っているのです。
ネコがニャァと鳴いたこと、きれいな女の人を見てうれしかったこと、
晩ご飯がインスタントラーメンだったことは、温度変化の要因ではないので
誰も問題にしないし、CO2との比較もしない。
同じく、水蒸気量が一定であるとすれば温度変化の要因にならない。
温度変化要因じゃないのに、何を比較するんですかね、と言ってる
わけです。


200 :名無電力14001:2008/07/20(日) 04:31:49
一応言っとくが、水蒸気量は今の段階では地球平均値は測定不能だ。
水蒸気ってのはCo2と違って場所によって数値がぜんぜん違うから。
だから増えてるとか減っているとかそういった話は水蒸気に限っていえば
出来ない。よって36の仮定の話はあまり意味をなさない。
>可能性を否定できない
これは百歩譲って判らないでも無いが。
あと、「温室効果」自体まだはっきりと解明されているわけじゃない。
単なる「保温効果」の可能性もあるから。

201 :名無電力14001:2008/07/20(日) 09:34:43
>>200
それなんだよな。
マスコミ、環境学者(笑)は、炭酸がないと今より平均気温が20度位さがるという。

しかし、実際は窒素、酸素も太陽熱で暖められ、熱容量を持つ。
だから、温暖な気温が保たれるわけだ。

熱容量と比較すると、温室効果(笑)なんて影響が小さいわな。

202 :名無電力14001:2008/07/20(日) 10:06:30
>>185
1ppmで何℃上がるか示してもらいましょか
>>201
さすがに今は二酸化炭素だけで何10℃も上がってるなんて言ってる人いないよ・・・

203 :80だお:2008/07/20(日) 11:34:04
>201
>マスコミ、環境学者(笑)は、炭酸がないと今より平均気温が20度位さがるという。
>しかし、実際は窒素、酸素も太陽熱で暖められ、熱容量を持つ。
>だから、温暖な気温が保たれるわけだ。

太陽熱に温められた海水からの放熱もあるわけだし、これによって高緯度にあるヨーロッパの温暖化が保たれている。
最近、グリーンランドの氷床が解けることによるメキシコ湾流の海流ストップによるヨーロッパの寒冷化が起こるのではないか
という議論がなされており、極寒で住めたもんじゃなくなるとの予測がしばしばマスコミで報じられている。

しかしCO2により20度もの温暖化効果があるのならこのようなことは起こらないんじゃないかと思う。

メキシコ湾流によるヨーロッパの気候への影響については昔からの気象学に属する考え方だから
ひねり出されたCO2温暖化起因説との矛盾が出ているんだと思う。

36さんはきちんと人が言ったことにこたえようとしていないから、私は態度が改まるまで無視します。



204 :名無電力14001:2008/07/20(日) 11:44:24
チンコのちいせー奴だな

205 :名無電力14001:2008/07/20(日) 11:50:09
温暖化は太陽活動が要因ですよね。

206 :名無電力14001:2008/07/20(日) 13:22:51
>>205
それも一因だが、厳密には地磁気や、雲発生量、
地熱、気流、海流など、人間では理解出来ないファクターもありますよ。

207 :名無電力14001:2008/07/20(日) 14:34:09
>>206
その通り。だからCO2を減らしても意味ないんです。

208 :名無電力14001:2008/07/20(日) 14:54:03
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Global_Warming_Swindle
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E8%A9%90%E6%AC%BA_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/category_131.html



209 :80だお:2008/07/20(日) 16:41:45
>204

無益な殺生はしないよ、という意味です。むしろ心の広いやつと思ってもらいたい。
ちなみに19cmだ。

>208
為になる情報をありがとう。

肯定派、懐疑派それぞれに確固とした論拠がないというのが実情なのがよくわかりました。
ならば、なぜ国連はIPCC(肯定派)を中心に回るのでしょう。
懐疑派の機関も作って論戦してはっきりすればいいのではないでしょうか。
お互いがお互いの論拠となるデータに対して改ざんだとか間違ったデータを
意図的に使っているとか批判し合っているのだから。

結局いずれの論拠も相手を説得できるだけのものを持っていない。
なのに、何故、温暖化人為説が主流となるのでしょう?
性急すぎると思いますがいかがでしょう?

210 :名無電力14001:2008/07/20(日) 16:52:57
温暖化危惧論者は原因や真実はどうでもいいのです
そして、性急なことに温暖化対策で温暖化が止められると思うなら、それを全力でやれというのです
でも、その「温暖化対策」がマイ箸やらエゴバッグやら家庭の電力消費を下げるなどの
(いくら家庭で電力消費を下げても発電量は変わらない)
呪術とあまり変わらないシロモノなので効果がないだろうし困るのです

211 :80だお:2008/07/20(日) 17:06:26
結局、地球温暖化問題がいくらプロパガンダにまみれていようが
貧乏ネラーにとっては、この温暖化問題協奏曲がもたらす変化のほうが実際の
気温上昇よりもはるかに重要だ。

うまく対処しないとさらに貧乏になる。

ということで

次のスレにも来てね。
「地球温暖化うまく立ち回ってやり過ごせないか」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/atom/1216110532/


212 :名無電力14001:2008/07/20(日) 17:41:05
とりあえず夏でも寒すぎるパチンコ屋のエアコンは問題だろ?

213 :名無電力14001:2008/07/21(月) 12:48:16
朝からパチンコしてるような奴らは、抹殺でOKなんでない?
存在が無駄でしょ。
ギャンブル中毒なんて。

214 :名無電力14001:2008/07/22(火) 02:27:32
いずれは太陽光発電で電気を作り、その電気で生活する。

一体これの何が問題ある訳??

原油も原発もエタノールの生産も無い生活w

無駄に難しく生意気な事ばっか言うけどこれの何が気に入らないの?

おまえらみたいなのがいるからなかなか先に進まねーんだよ。

おまえら一体何なんだよ?
識者気取りも大概にしてくれよ。

恥を知れ

215 :名無電力14001:2008/07/22(火) 04:51:03
>>214
馬鹿だな。太陽光じゃ今の生活を維持できない。
それに太陽光発電は機械をつくるのに大量の石油を必要とする。
風力も同じだが、自然エネルギーは問題解決にならない。
日本で太陽の力で生活できる人口は江戸時代と同じ4000万人だ。
残りはどうする?

216 :名無電力14001:2008/07/22(火) 12:29:14
>>214
だーから、その太陽光発電の装置作る資源どうするの
効率だってまだ全然よくない
夜は発電できない

217 :名無電力14001:2008/07/22(火) 13:37:45
>>214
あんたの言うことは概ね正しい。
問題はその根拠のない自信だ。
上の反論にただ「おれは正しい。何故なら人類の運命がかかってるから」
それは科学じゃない
カルトだ

218 :名無電力14001:2008/07/22(火) 14:12:41
みんなは今、原油や物価の高騰で頭に血が昇ってんじゃない?冷静になってよw
今の状態は温暖化や経済戦争wなんかとは全く関係ない問題だしみんな悪く考え過ぎちゃってるから。

とりあえず、温暖化の原因が何であれこの問題はサミットでもう決まった事であって、僕らがここで何を言ったって世界の国の首脳どうしが決定したんだもん、CO2の50%削減っていう条約は恐らく…いや絶対窟がえる事なんてありえないっていう事です。

で、ここでこれから議論していかなければならないのは本当の温暖化は何か?とか経済戦争がどうのとか後ろ向きな話しじゃなく、

地球の為、そして自分の為にどうしていけば良いのか?(いや、まあ地球の為の前に自分の為にからでもそれはそれでいいと思いますけどね)って事をちょっと真剣に話し合った方がいいかなっと。

温暖化関連のスレで屋根瓦や外壁やカーテン式の太陽光発電がアメリカの建築家により開発されたそうなのですが、たった1時間の太陽光で一軒辺りの電気消費量の半分を確保できるのだそうです。

あと、これは皆さんご存知かとは思いますが来年には三菱から電気自動車が250万前後で発売されるそうです。
まあ…いわゆる軽自動車みたいな感じの車ですが、それでも時速130kmは出るのだとか。

燃費(電費)は1kmあたり1円の消費電力で、仮に300km分の電気を使っても、たったの300 円というお得さなのです(書いていてちょっとこの安さに不安になってきた…違っていたら本当にごめんなさい)。

別に誰が得するわけじゃない、自分が得をし地球にもやさしくなれる最善の方法でしょ?

219 :名無電力14001:2008/07/22(火) 19:32:58
>>218
詐欺臭い
んなうまい話ある分けない

220 :名無電力14001:2008/07/23(水) 05:21:03
>>218
メーカーの宣伝にだまされてんな。みんなが電気自動車に乗ったら、今の発電所
の能力では足りない。数十倍の発電所が必要と言われている。
電気自動車なんて地球に優しくない。水素自動車もな。これが地球温暖化詐欺の実態だ。

221 :削減推進派、何か言えよ:2008/07/24(木) 16:55:29

温暖化が事実としよう、温暖化に人類の出したCO2が関与していることも認めよう、その上で
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200807102001

この場合、人類がCO2を削減した結果、温暖化が進んだんですね。
これは「エアロゾル問題」として、IPCCも認めている理論ですよ。
つまり、これから、人類は世界的に「温暖化を促進」するかも知れないよね?
そして、そして、温暖化をすすめると「排出権取引」で金が儲かるかも?

もう、気が違っているとしか思えない。昨今の「CO2削減教」の狂乱ぶり。


222 :名無電力14001:2008/07/24(木) 17:45:10
大気汚染物質が本当に太陽光線を跳ね返したり遮ったりできるのかはともかく
大気汚染物質を垂れ流せば寒冷化するという話なんですが
大気汚染より温暖化の方がましだと思う…普通に考えて…

223 :名無電力14001:2008/07/24(木) 17:50:15
80年代初めまで地球は寒冷化していたからエアロゾルの出し過ぎで
これから氷河期に突入すると言われていた。それが温暖化傾向に変わった
もんだからCO2が犯人にされた。

224 :名無電力14001:2008/07/24(木) 18:29:25
>>222
正確にいうと、エアロゾルも色によって太陽光線を跳ね返す度合いが違う
寒冷化のもとにもなるし、場合によっては温暖化することもある
要するに、自然は人間の手には負えないってこと

CO2を減らさないと100年後に人類が滅びるとしても
大気汚染で喘息にかかって苦しんで死んでいく子供たちには関係ない

ケースバイケースで判断しなくてはならないのに「世界的合意」で
CO2だけを悪者にしている現状は檄ヤバ


225 :名無電力14001:2008/07/24(木) 20:01:05
>>223
当時の学研の図鑑みて、寒冷化は怖いと思ったな。
確か高層ビルが氷付き、農地が枯れはてという絵だった。

当時の寒冷化の理由をIPCCは説明する義務があるな。

226 :名無電力14001:2008/07/25(金) 08:44:57
>224
まったく同感だ。
エネルギー使用量を削減すべきところ、CO2だけが原因のようなことを言っている。
原因に正しく対処しないと、目標とした結果は得られないんだ。

227 :名無電力14001:2008/08/09(土) 22:15:18
The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)

http://jp.youtube.com/watch?v=hUKLOvtAUDk

google videoより転載
地球温暖化脅威説の暴走
【動画説明】
この番組では地球の気候は常に変動しており、現在の
地球の状況はなんの変哲もないことや、人為的か否か
に関わらず、気候が二酸化炭素により変動するという
見解を否定する科学的証拠を紹介しています。
一時間少々の番組ではありますが、"環境利権"に群がる
者たちが多数いるということを知ってもらえれば幸いです。

228 :名無電力14001:2008/08/10(日) 00:23:55
それはとっくに反論されてる、英語圏では時代遅れになった話。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E8%A9%90%E6%AC%BA_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

「詐欺だ、利権だ」と騒ぎ立てている側が、実は石油産業から金をもらっていたというオチ

>映画に登場した科学者のうち、Christy、Lindzen、Michaelsを含む8人は、
>アメリカの新保守主義や右翼のシンクタンクと関係があり、
>それらのシンクタンクは石油メジャーであるエクソンモービルから数千万ドルを受け取っている

229 :名無電力14001:2008/08/10(日) 00:31:07
>>228
俺が石油利権を持っていたら、温暖化をでっちあげて、石油使用に罪悪感を持たせて価格を吊り上げますが。

230 :名無電力14001:2008/08/10(日) 00:52:11
>>228
>>実は石油産業から金をもらっていたというオチ

それを言うなら、原発王子こと、ゴアも原発利権まみれな件について。
IPCCの御用扇動学者のシュナイダー氏の原発利権はスリーなのね。
ゴア元副大統領と原発利権−温暖化問題、CO2削減は原発推進の口実なのか
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG1/20080805/6/
温暖化利権の地政学
http://d.hatena.ne.jp/pantheran-onca/20070512

231 :名無電力14001:2008/08/17(日) 11:18:17
オイ、今日は寒いぞ。
今年の地球温暖化はもう終わりか

232 :名無電力14001:2008/08/17(日) 12:13:40
うん

233 :名無電力14001:2008/08/17(日) 15:52:08
核戦争で核の冬がくる

234 :名無電力14001:2008/08/17(日) 20:55:10
寒いのも温暖化の所為

235 :名無電力14001:2008/08/17(日) 20:56:05
俺だよ、俺

236 :名無電力14001:2008/08/17(日) 21:37:13
このまま世界恐慌に突入したらどーすんだろうね。そのときでも経済活動を
押さえて温暖化対策するのかね?地球のために無職は死ね!と言ったらほめてやるぞ。

237 :名無電力14001:2008/08/18(月) 00:29:45
人災天災のどちらなのでしょうか?

238 :名無電力14001:2008/08/18(月) 18:42:07
今の温暖化対策は経済活動を抑えていないよ。まじで。

239 :名無電力14001:2008/08/18(月) 22:00:16
本気でCO2減らしたいならまず大型車の規制をしろ。
活動かもそこにターゲットを絞れ。冷房の温度を1度上げろとかあほなこと
をいうよりもっとも即効性のある大型車規制に的を絞れ。2000CC以上の
乗用車は1000%の課税。1000CC以上は100%。それ以下は無税。
ガソリン税は今の倍。これらのことを実施するだけで確実にCO2排出量は
20%は減るぞ。アメリカも実施すれば半減するかも。

240 :名無電力14001:2008/08/18(月) 22:01:50
しかし、T与太あたりから相当寄付もらっているようだから
無理な話か。

241 :名無電力14001:2008/08/19(火) 02:11:24
       l     ,'  l   l
          ,'     ,'   l  l          . - _
       // ,'      ,'_,..,_ l,  ヽ     ノ´//⌒ ミヾヽ、_ ィィ・・イキソウ・・・
     //,r'´     ,r'´   `ヽ、、、`;ニ三彡´〃   ! ゙ゞヾ、_`ヽ
     (({ グチュ {       ````  /´  {  l  | // ヽ`ーr' }
  パン パン ! ズチャ !    `、     '   ノ  l. ||l     i l / l
       ',     ; ',      | ̄``''''ー―- ,'´l  l |!` ‐--| l l l
         ',     l ',    |             l  l  |    リ,! l
       i     ; ',   |          | | ,!    ' リ
,,,,--−---、ノ     ,'___',   |          |. |    ゚。
           ,'' ´ `ヽ   !         | |
、、....___ .....,r'-......__ ,.r'             | '''"''‐-、



242 :名無電力14001:2008/10/05(日) 17:49:33
素晴らしいスレだな。下らんスレで恨みつらみの個人攻撃してる馬鹿もこういうところで意見を戦わせたらいいのにな。

243 :名無電力14001:2009/01/04(日) 22:53:05
>>228
wikiを素朴に信じてるアンタは情報弱者。

244 :名無電力14001:2009/01/05(月) 00:06:37
石油業界だろうが、科研費だろうが、どこから金をもらおうと事実は事実。
急激な温度上昇を捏造したホッケースティック曲線を見れば、温暖化詐欺に気づかないものはいないのです。

245 :名無電力14001:2009/01/05(月) 11:43:47
よくコンビニの深夜営業を自粛しろとかいうけど、
業務部門のなんて微々たるもんなうえに
そのごく一部だろうにと思う。
あとマイバッグなんてのも排出レベルでいえば鼻くそにもならんだろ。

246 :名無電力14001:2009/01/05(月) 19:42:20
真犯人はイギリスの詐欺師

247 :名無電力14001:2009/01/06(火) 05:30:28
>>245
店の営業エネルギーの話じゃないよ。
客側の深夜生活エネルギーの話。

深夜放送自粛論も同じ意味。
テレビ局のエネルギーを問題にしているのではなく、視聴者側の生活リズムによるエネルギーの無駄を問うている話。


248 :名無電力14001:2009/01/06(火) 05:47:02
個人の生活に干渉することは許されない


249 :名無電力14001:2009/01/06(火) 07:46:34
>>247
それは凄い節約になるのか?

250 :名無電力14001:2009/01/07(水) 02:08:01
>>248
おまえ武田邦彦かよw
それとも団塊ジジーか

251 :名無電力14001:2009/01/07(水) 07:28:20
>>250
おお、あなたは、がちがちの環境原理主義者ですか。

252 :名無電力14001:2009/01/07(水) 10:07:41
>>247
いわゆる「ライフスタイルの変化」ってやつだな
だとするなら小売業にかかわらず
外食娯楽も深夜は営業停止すべきだと思うが、
なぜ標的がコンビニだったのか未だによくわからんな。

253 :名無電力14001:2009/01/10(土) 22:09:05
a

254 :名無電力14001:2009/01/20(火) 12:53:54
ttp://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article1720024.ece

Mars is being hit by rapid climate change and it is happening so fast that the red planet could lose its southern ice cap, writes Jonathan Leake.

Scientists from Nasa say that Mars has warmed by about 0.5C since the 1970s. This is similar to the warming experienced on Earth over approximately the same period.
NASAの科学者は、火星は地球と同じように1970年代から約0.5℃気温が上昇していると指摘している。


More Than 650 International Scientists Dissent Over Man-Made Global Warming Claims
650人以上の国際的科学者らが人為的地球温暖化説に対して異議を唱える


“I am a skeptic…Global warming has become a new religion.” - Nobel Prize Winner for
Physics, Ivar Giaever.
「私は異端者です・・・地球温暖化は新たな宗教になっています。」
   Ivar Giaeverノーベル物理学賞受賞者

255 :名無電力14001:2009/01/23(金) 00:25:05
>>252
コンビニ以上に自販機がターゲットにされてます。
日本の自販機設置数は人口比世界一ですから。。。
これは必要以上にあると言えそうだけどね。

256 :名無電力14001:2009/01/23(金) 00:30:31
>>250
生活に干渉されるのがいいのか?
ならネットに月間の使用電力、市水、ガス位はあげないとなwww

あとは、環境のために肉はレアとか、色々公表してくれよ

257 :懐疑論思想チップセット:2009/02/08(日) 22:38:31 ?2BP(0)
◆現在生きている人びとが天然資源を使いまくった場合とアホみたいに節約した場合とでは、未来に生まれるであろう個体が異なる。
  ⇒環境問題喧伝バカは生まれ得ない個体を心配するというわけの分からない行為をしている(ことにさえ気づいていない)。

※しかもこの事態は、複雑系理論が正しかろうと、非決定論が正しかろうと成立してしまうという、環境問題喧伝バカにとって悪夢のような事態である。


http://erosion.tsuchigumo.com/

258 :名無電力14001:2009/04/24(金) 19:18:05
 「1月22日の東京都心の最低気温は4度、八王子マイナス3度でした。30〜40キロくらいしか離れていないのに、どうしてこんなに違うんでしょう。東京が海に近く水蒸気を出していることもあるでしょう。だけど、もっと大きいのはホコリ、
大気汚染です。炭酸ガスだとか、水蒸気はね、特定の波長にしか効かないんです。炭酸ガスも水蒸気も分子ですから、(網の目状になっていて)抜けてる所は光を通す。
つまり温暖化効果ガスではあるが、太陽光を反射するものではなく、大気の大きな循環を妨げるものではありません。炭酸ガスが少々増えて2度気温が上昇したところで、
大気の空冷・水冷のシステムが働いている限り、決して熱エントロピーは溜まらない。熱地獄にはなりません。ところが、大気汚染、煙、これらは個体ですから、
あらゆる波長の光を吸収して循環を止めてしまう。これの温暖化効果は炭酸ガスや水蒸気なんか比較にならないほどすごいんですよ。循環がなくなると風が吹かない。
風が吹かないと水蒸気が蒸発しないから水冷もなくなる。止まったどんよりした空気になっちゃう。都市気象、ヒートアイランドですね。ホコリで一杯になって、
その中では、もはや空気は動かない。今、地球はそういう方向に行ってますね」
 「それなら、炭酸ガスなんかより都市化気象の方が温暖化をもたらしてるという仮説は成り立つのですか」
 「その通り。かつてはロンドンとか大阪とか川崎とかだけだったのが、今や世界中にホコリだらけになった。80年頃からの気温上昇は、都市化気象が一番の原因だと思っています」

259 :名無電力14001:2009/07/10(金) 17:48:35
フィリピンのなんとか火山噴火の時期を除いた90年代からの高温期はピークを過ぎ
これから70年代並みの寒い時期、または200年前くらいのもっと寒い時期に突入する
という意見がある。
地球温暖化の犯人探しではなく単なる自然現象でしたということだ。
しかし自然現象でしたということになったら、それまで費やす莫大な国費や二酸化炭素
廃主権はどうなるのだろう。
まあ数年したらわかることだが。


260 :fff:2009/07/12(日) 01:42:19
【地球温暖化の原因】政府によるCO2削減は必要か?

http://www.youtube.com/watch?v=r48DyuYkAOM

自民党・麻生総理によるCO2排出15%削減目標、
元環境大臣の小池百合子議員による「環境福祉税」。
こうした政府によるエコ対策はほんとうに必要なのでしょうか?

地球温暖化の原因は「CO2増加」と一般には信じられています。
しかし、多くの科学者たちはその説に異議を唱えています。
もし、地球温暖化の原因がCO2でないとしたら。
政府がとるべき環境対策も違ってくるはずです。

この動画では、私たち幸福実現党の「地球温暖化問題」の
考え方を明らかにします。

261 :中山車:2009/07/12(日) 11:52:23
>>42
ヒートアイランドは人間、地球温暖化もこれからの地球寒冷化も太陽と地球磁場が原因だっての
ここらへんで反省オナニーをしてるから、エコ詐欺に騙されるんだよ

262 :名無電力14001:2009/07/15(水) 23:26:24
地球寒冷化の影響で梅雨が長い。


263 :名無電力14001:2009/07/17(金) 23:08:15
スベンスマーク説くらいは知っていないと環境は語れない

264 :名無電力14001:2009/07/21(火) 14:24:30
CO2温暖化まだ信じてる人間いるのですか?

265 :名無電力14001:2009/07/22(水) 12:14:06
入浴剤に関してはCO2が出るやつはよく温まるよ

266 :名無電力14001:2009/07/23(木) 10:01:25
>>263
ソンナコトハナイ

267 :中山車:2009/07/24(金) 04:06:16
>>266
いまどき、スベンスマルク説のyou-tube動画内容も把握してないで
CO2温暖化振り込め詐欺は信じて環境を語ってしまうんですねわかります。

268 :名無電力14001:2009/07/24(金) 06:48:50
今時の香具師は動画に弱いってのは本当だな
少しは自分の頭も使いなさいよ、持ってるんだろ
南北極の空は常に雲の傘被ってるか?
飛行機雲なんてもの知らないだろ見たこともないだろ?
近年飛行機の着氷が増加して困っているなんて報道あったか?
銭湯や温泉の湯煙は知らないんだろう?
雲のことなんか何にも知らないんだろ?
この百年間ほどの間曇りの日が減り続けているなんて聞いたことも無い
何でも新しい方が良いなんて新し物好きにも困ったものだ
新しいものはバグも多いってこと位は知ってるだろに



269 :中山車:2009/07/24(金) 22:54:09
>>268
流行りモノだったのはCO2温暖化詐欺やアルゴア基準のキミだし
アルゴアライクなビデオを見て感化されたそういう番組信者なのもキミなんだがw 自己否定乙

270 :名無電力14001:2009/07/25(土) 00:13:08
>>269
も少し自分の指に責任持てよ
新しい=流行りモノ、かい?
他の野郎引っ張ってくるのは、ヨウツベの役者にけり付けさせてからってのが
筋じゃないのか、とか思う今日この頃の心境なのだがね

271 :中山車:2009/07/25(土) 01:12:44
>>270
新しいのはスベンスマルク説 キミが信仰してるのはCO2温暖化詐欺だが? 事実うんぬんの前に論理的になってやw

272 :名無電力14001:2009/07/25(土) 06:23:51
新しい説で銭儲けというのは
新興宗教と同じ構図

273 :名無電力14001:2009/07/25(土) 07:38:55
>>271
>>269 >「流行りモノ《だった》」のはCO2温暖化詐欺
>新しいのはスベンスマルク説

 CO2温暖化は流行遅れで、新しい流行はスベンスマルク説

と君の指が勝手に騙ってしまったのを、ご存知無いようだ
舶来の新しモノ好きな指をキチンと躾けなさいよ

アタシは >>268 でその舶来の新しい流行モノは何かオカシカンベーと言っただけ
新しい流行モノ(一昔も前のカビが生えかかった代物だが)にしたいと思う
君の心情を損なったのかも知れない
新しい流行モノに疑問を投げ掛ける=前バージョンの詐欺ネタ使い
という発想しか出来ないのがイタイ
四千年、五千年の伝統、百五十億年の宇宙の神秘、ドラエモンの知恵・・・・
ネタなんて無数に有得るとオモフ・・・・

274 :中山車:2009/07/25(土) 11:07:59
>舶来の新しモノ好きな指をキチンと躾けなさいよ

co2温暖化神話が舶来モノじゃないとでも
純国産で語ってみてやw

275 :名無電力14001:2009/07/25(土) 11:43:30
最近、簡単にぶち切れてしまう輩が多いが
環境ホルモンの影響かのぉ。

276 :名無電力14001:2009/07/25(土) 13:26:39
>CO2温暖化神話が舶来モノじゃないとでも
舶来モノでしょう、舶来モノに違いありませんよ

>純国産で語ってみてや
何について?純国産の手法って何があるの?
純国産の考え方?
その前に >>268 の準国産の疑問のお答えは?準国産で結構でゲスよ

277 :中山車:2009/07/25(土) 16:12:00
ビデオだとダメと言い出すものが、2年前のアルゴアビデオに感化されておりそんなのが基準

舶来はダメというものが、舶来のCO2温暖化詐欺なんかに帰依しておるw  もう自爆もいいとこだろw

278 :名無電力14001:2009/07/25(土) 17:36:08
思い込激しいね

勝手にアルちゃんの仲間にしないデッ(ω

スベンスマルクちゃん拒絶されて頭に血が昇った?
蒸気吹き過ぎると温暖化進行させちゃいますよ

279 :名無電力14001:2009/07/26(日) 10:50:30
北極海の海氷面積が急激に減少中。2007年の最小記録の更新は目前。
 温暖化は依然として着実に進行中。
  http://www.ijis.iarc.uaf.edu/jp/seaice/extent.htm


280 :名無電力14001:2009/07/26(日) 18:59:52
あっちこっちにコピーアンドペーストしてご苦労さんです。
夏に融けても冬戻れば無問題でしょ。

281 :名無電力14001:2009/07/28(火) 22:01:59
今後5〜10年である程度の結果が出るのではと思っている。
温暖化深刻化、上がったり下がったり、意外にも寒冷化のいずれか?
排出権については洞ヶ峠を決め込むのが一番だったろうが、京都で会議
やっちまったもんで、今更引っ込みがつかんわけだなあ。
環境省の役人達って麻生並みの阿呆だ。

282 :名無電力14001:2009/07/28(火) 22:04:15
北極海に温排水を流しているお国はどこどこでしょう

283 :名無電力14001:2009/07/29(水) 00:40:14
>>281
賢い麻生総理を阿呆と言わないで下さい

284 :名無電力14001:2009/07/30(木) 08:40:34
役人が書いたペーパーを読んで漢字を読み違えて物議を醸す。
内輪受けのつもりで無茶苦茶放言をして問題を起こす。
先日は応援演説で「惜敗を期して」と言う。指摘されて逆切れ。
辛勝のことだと思っていたらしい。
どこが賢いの?
二酸化炭素排出権とやらにむざむざ金を差し出す、小泉、安倍、福田、麻生
すべて売国奴だ。

285 :名無電力14001:2009/07/30(木) 10:29:18
地球温暖化、二酸化炭素原因説は、世紀の暴論だ。

科学的な根拠が乏しく、マスコミが煽っているだけ、ガリレオの宗教裁判、

魔女狩りのレベルだ。

だいたい数十PPMも二酸化炭素の増加で、環境が劇的に変わる訳がない。

氷期、間氷期の気候変動の方が大きいと思う。

排出権取引など、茶番の茶番だ。サブプライム以下のマネーゲームだ。

286 :名無電力14001:2009/07/30(木) 12:00:33
二酸化炭素が地球温暖化の原因ではありえない
とする理論とそれを裏付ける事実を出してご覧

犯人は他にいるなんてのはアリバイにならないからね
温暖化したから二酸化炭素が増えたなんてのもダメヨ
この説は温暖化すると二酸化炭素が増えるという裏付けの事実も
理論も提示できないのがダメなところだね

いまある証拠は、温暖化している、二酸化炭素が増加している
この二つの相関が高い、地球の歴史からすれば瞬きする程度の短時間で
あらゆる炭素源から二酸化炭素を放散させた、という事実しか
存在していないのだけどね

287 :名無電力14001:2009/07/30(木) 13:55:49
>>286
本当に温暖化してるのか?
測定方法に誤りは無いのか?
そこから疑問だけどねw

288 :名無電力14001:2009/07/30(木) 18:43:48
世界全体のデータを矛盾なく長期間、しかも温暖化が
問題視される遥か以前から二六時中捏造し続けるのは
出来ないと思うよ、しかも公開データだしね

289 :名無電力14001:2009/07/31(金) 09:47:29
ま、ここ10年では、気温の変化はほとんどない
今後の測定しだいだね

30年前の測定地点や測定方法は、現在とかなり違っているのは確かだからね

290 :名無電力14001:2009/07/31(金) 10:36:04
>>286  よく聞いておけ!

http://czoom.net/podcast/index.php?id=463


カナダの日本語放送。アラスカ大学国際北極センターの福田教授との対談。
過去の変化を詳細に見ると温度上昇後に二酸化炭素濃度が上昇している。
原因と結果を取り違えていることになる。



291 :名無電力14001:2009/07/31(金) 12:25:35
と結論付けてはいない

IPCCは学者の集まりではない
IPCCは気候変化に対する独自の調査や研究はしていない
すでに提示されたデータを恣意的に選択しシミュして見せているだけ
同一のデータから正反対の結論を引き出せる
地球の気候変化は複雑怪奇で予測は人間の手に余る
地球上の資源枯渇は目前であり何らかの対策が必要
人口の増加は著しく、食料生産は既にピークを過ぎた
資源枯渇と食料確保は焦眉の急を要する問題である

292 :名無電力14001:2009/07/31(金) 13:23:50
>>288
>世界全体のデータを矛盾なく長期間、しかも温暖化が
問題視される遥か以前から二六時中捏造し続けるのは
出来ないと思う

温暖化が問題視される遥か以前じゃないんですよ。怪しいのは1990年あたりからで、
しかも実際の上昇トレンドは2000年位までだから、問題なのはその間の10年位の
観測スポットの変化(数、位置、環境)

293 :名無電力14001:2009/07/31(金) 14:23:59
フリーメーソンもそこまでの手間と金は掛けないかと(w

294 :名無電力14001:2009/08/06(木) 15:41:04
地球温暖化を止めるにはどうすれば一番よいと思いますか?

295 :名無電力14001:2009/08/06(木) 15:52:41
>>294
世界の人口を現在の十分の一にする

296 :名無電力14001:2009/08/06(木) 16:05:49
>>295
それは無しでお願いします

297 :名無電力14001:2009/08/06(木) 17:20:24
温暖化してないものを、止められるわけがない

298 :名無電力14001:2009/08/06(木) 17:59:53
>>297
深刻化してますよね

299 :名無電力14001:2009/08/06(木) 18:22:43
>>298
深刻化はしてないだろ
一部の熱狂的温暖化信者は深刻な問題となりそうだけどね

300 :名無電力14001:2009/08/06(木) 18:57:20
夏も来ないのに、もう立秋。

301 :名無電力14001:2009/08/06(木) 19:01:13
今年は冷害の発生が懸念されているが、温暖化死ぬ教のバカのせいで報道がすくない。

302 :中山車:2009/08/06(木) 20:27:41
>>294
寒冷化による不作と食糧難の心配でもしとけ

303 :名無電力14001:2009/08/06(木) 20:34:37
恐竜が大発生してた頃のような温暖な気候に変わらないと、深刻な食糧不足に陥る
ま、人間が減るのが一番効果が高いけどね

304 :中山車:2009/08/16(日) 12:33:05
まだCO2温暖化神話のバカが多いのな 寒冷化すんのに

305 :名無電力14001:2009/08/16(日) 14:05:22
寒冷化するかどうか判らんけど
化石燃料燃やして、原子力発電等で温水を海に流して
道路をアスファルトで固めて、コンクリート建物建て
人類の人口が60億超えてるんだから
多少温暖化しても全くおかしくないね

306 :中山車:2009/08/16(日) 19:24:45
とりあえずCO2が温暖化の主因だなんてやつはチショー

307 :名無電力14001:2009/08/17(月) 12:58:21
温暖化しているかどうかよりも資源がない日本が高い金払ってエネルギーを購入することがあほらしい。


308 :名無電力14001:2009/08/17(月) 13:13:20
排出権という単なる空気に何兆円と払わねばならない現状の方が阿呆らしい。

309 :名無電力14001:2009/08/18(火) 18:21:32
福岡県地球温暖化対策の
キャラクター投票中〜投票よろしく♪
http://vote.ecofukuoka.jp/
ピンクマちゃんよろしく♪

310 :名無電力14001:2009/08/18(火) 19:10:05
アラブ諸国への経済制裁だよ。石油製品の不買運動

311 :名無電力14001:2009/08/22(土) 14:38:38
309
これも税金の無駄使いだなあ。

312 :名無電力14001:2009/08/22(土) 16:23:09
そりゃうちの支店長だな。
歩くCO2。

313 :名無電力14001:2009/08/29(土) 18:35:50
332 :名無しSUN:2009/08/29(土) 17:11:11 ID:lpshDDDK
youtubeに来たよ

1-5【地球温暖化論争】丸山茂徳 武田邦彦 vs 江守正多 明日香壽川
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=wwZh9xFifEE
2-5【地球温暖化論争】丸山茂徳 武田邦彦 vs 江守正多 明日香壽川
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=EACEbwK9KLQ
3-5【地球温暖化論争】丸山茂徳 武田邦彦 vs 江守正多 明日香壽川
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=hw3cVfMMXsc
4-5【地球温暖化論争】丸山茂徳 武田邦彦 vs 江守正多 明日香壽川
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=J_wM1RowUqo
5-5【地球温暖化論争】丸山茂徳 武田邦彦 vs 江守正多 明日香壽川
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=pk6_th6KZ0Q

314 :名無電力14001:2009/08/29(土) 18:42:57
化石燃料を掘り出してどんどん燃やせば温暖化するのは、小学生でもわかる
はずですが、

315 :名無電力14001:2009/08/29(土) 19:07:32
>>314
だが、高校生以上になれば、それが間違いと気付くはずだわな。

316 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 09:23:14
2008年から突然太陽活動が衰弱。数年先、寒冷化で世界食糧危機の可能性。食糧輸入もあてにできなくなる。
日本でも千万人が飢えに苦しむかも。今から飢餓対策を。
農作物は直接、人への社会に。政策転換。家庭菜園の優遇土地税。新規就農者促進政策。今の零細農家いじめ政策の見直し。
食肉の抑制。酒消費量の抑制政策を。葉タバコ畑を減反して野菜への転作推奨。質素ごはん番組の推進。
役所等の公費宴会は自粛。ゴルフ場、競馬場、パチンコの駐車場は、田畑に。
日本人口は江戸時代よりは数倍増えたので食糧暴動は、すさましい破壊力に。警察+自衛隊の実力行使でも対応できない?
http://www.youtube.com/watch?v=N8fQpAhCUw0&feature=related  ←必見

317 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 11:04:09
>>314
火を燃やすと暑くなるから地球全体も暖まるというのはたしかに小学生の発想だな。

318 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 11:08:19
今年の冷夏と野菜の高騰はオレが温暖化対策したおかげだぜ

319 :中山車:2009/09/30(水) 15:11:50
アルゴアなんかが基準で、はずかしくもCO2が温暖化主因と言ってたやつらだんまりだぜw
11年周期の黒点が底を打って三年もゼロあたり低迷ではさすがに、寒冷化してきたな
このまま黒点が少ないままだと、宇宙線が増えて雲が2%増えたらマイナス2度にもなるわけだ。

寒冷化対策の重要性も、CO2温暖化神話にいまだにいる情薄にはわかってないんだろうなあw

320 :名無電力14001:2009/09/30(水) 19:54:05
家がきれいでもきれいじゃなくても遊んだオモチャを片付けなかったらママに叱られるだろ?
CO2も温暖化してようがしてまいが自分達で出したものには対策を打たないと。

321 :名無電力14001:2009/09/30(水) 21:43:10
人間も自然の一員なんだから
自然が自然に解決してくれるよ

322 :中山車:2009/10/01(木) 04:16:44
★衆院選から1カ月、日本株“独り負け”
衆院選から1カ月が経過した。鳩山由紀夫政権は国内の消費を刺激して経済成長を目指
すが、日経平均株価は選挙前の水準を割り込んでいる。主要国で年初来高値の更新も
目立つ中、日本は“独り負け”の状態。円高で輸出関連株が売られ、新政権が重視する
内需の主力株もさえず、育児関連など「民主党銘柄」も勢いが消えた。経済の先行指標で
ある株価の軟調は、新政権下の景気回復策に市場が「黄信号」をともした格好だ。

30日の日経平均終値は前日比33円03銭高の1万133円23銭。
衆院選直前の8月28日(1万534円14銭)から3.8%下回っている。9月28日の取引
時間中には約2カ月ぶりに1万円の大台を割り込んだ。
主要国の株価指標(8月28日と9月29日の終値比較)は、米国2.1%、英国5.1%、
ドイツ3.5%と軒並みプラスで、3市場とも年初来高値を先月更新した。中国など主な
新興国も昨秋の「リーマン・ショック」以前の水準を回復し、「日本の独り負け」(日興コー
ディアル証券の西広市エクイティ部長)だ。

東京市場を牽引する輸出関連銘柄は軒並み低迷し、トヨタ自動車とパナソニックがいずれ
も衆院選前より11.7%下落した。主要企業の想定レートを超えて円高が進むためだが、
藤井裕久財務相が介入に否定的な考えを一時示し、「新政権は円高容認」(アナリスト)と
の市場の見方も円高・株安に拍車をかけた。

323 :名無電力14001:2009/10/01(木) 12:36:33
>>317
火を焚いても暖かくならないというのは猿以下

324 :名無電力14001:2009/10/02(金) 04:32:28

本気で解決するには、人口抑制しかないけどね

325 :中山車:2009/10/02(金) 14:39:08
>>323
おまえが猿、火を焚いて暖かくなるのはオマエの周辺だけ

326 :中山車:2009/10/04(日) 01:09:51
日本テレビでクリのお人よしみたいなもんが出てるな

327 :名無しさん@環境化学生:2009/10/04(日) 03:26:10
お初です
環境化学学んでる学生です
>>320
おっしゃる通りだと思います
現状、(もし)害がないと判断されていたとしても
アスベスト、フロン等のように後々害が発見される例も多いので  
(フロンやアスベストは当初害がないと言われていたそうです)

>>316
2008年から突然太陽活動が衰弱。数年先、寒冷化で世界食糧危機の可能性。食糧輸入もあてにできなくなる。
日本でも千万人が飢えに苦しむかも。今から飢餓対策を
ここはまぁ納得がいくのですが


日本人口は江戸時代よりは数倍増えたので食糧暴動は、すさましい破壊力に。
警察+自衛隊の実力行使でも対応できない?
↑これについては少し考えすぎかと。

日本人は平和ボケしてろくに戦い方を知らないので
まがりなりにも訓練された自衛隊員にも十分制圧できるのでは?
ただ(暴徒とはいえ)民間人相手に発砲できないようであれば
確かに勝てないかもしれないですね


328 :名無電力14001:2009/10/04(日) 12:37:14
>>1
途中スレ見ないで書くけど、H2Oって氷(固体)水(液体)水蒸気(気体)
の三つの状態があるでしょ。地球の温度が下がれば前者の割合が増えて、
温度が上がれば後者の割合が増える。だから、地球の温度が最初に原因として
あって、その結果として水蒸気の量が決まるわけ。
CO2も固体、液体、気体があると思うけど、地球の常温では全部気体になります。
だから、H2Oとは違って、気温が原因としてCO2濃度が決まるわけじゃない。
ただ、CO2濃度が原因となり、その結果気温が変わる可能性はありますね。
素人意見ですけど。

329 :追加:2009/10/04(日) 12:39:15
あー、でも砂漠や熱帯雨林の湿度が気温に影響するというのはアリだね。


330 :中山車:2009/10/04(日) 19:13:53
スレ違いすまそ

三年連続で黒点が激減、これが数十年続くのではとの観測も現実味を帯びてきた。
寒冷化対策をいまからしないと、たとえば三年後の穀倉地帯での冷害にも間に合わないであろう。
日本は去年のような高価格の食料を輸入する。いや金を積み上げても買えないかもね

CO2温暖化なんてしかもそれが主因だなんてプロパガンダのようなネタは、今後も仕込まれて毎回毎回世界は騙されるのであるが
そういうオヤクソク脳の一般を責めるのが目的ではない。これを見たものがトットと認識を改めて寒冷化対応をするというコンセンサスを形成することが大事である。

おそらくアホが見ても、冷害が深刻で連続してパニックになってから、CO2温暖化なんか嘘であったと、豚のように喚くのが数年後で無駄なのかもわからんが

331 :名無電力14001:2009/10/04(日) 20:46:49
>>330
>これが数十年続くのでは
そんなこと過去には起きていないだろ知られている範囲では
黒点は定期的な増減を繰り返していることが知られているだけ
黒点が零になったと言うことは今後当分の間(11年位の間)
一方的に増加するだけ
ドウスル?温暖化の再開だゾ

馬鹿もここまで来ると天然記念物だ


332 :中山車:2009/10/04(日) 20:54:03
>>331
おまえがバカ 調べろや そんなことも知らないで、CO2が増えたら温暖化で温暖化主因てかw

温暖化は20年ちょっと事実だよ、そんなのも過去にはよくあった。そして温暖化の結果がCO2増加だってのw 結果と原因がアベコベだってのw

その証拠がでる未来は、寒冷化してくるとCO2濃度が減ってくるんだよw 人為CO2は増え続けてるのになw つまり結果因子だっての

オマエは十年後の笑いの種だ。こういう一般バカは何十年も違うネタで笑われるのを繰り返し人生が終わる。君に物事を判断する機能はないのだよ

333 :名無電力14001:2009/10/04(日) 20:57:46
>>330
温暖化の主因がCO2かもしれない、という話と
これから寒冷化するんだ、という話

前者に根拠がないという事で大騒ぎした上で
後者にそれを超えるどんな根拠があるのか説明しておくれ。

334 :中山車:2009/10/04(日) 21:04:10
>>333
おまえはCO2増加なんかが主因で温暖化したと思ってるわけ?

過去何十年も黒点がゼロだった時代の事も知らないジョウハクなのは弁明無しの奴に何から説明しろと?

西暦1000年ごろの温暖化はCO2が増えたからなのか?

335 :名無電力14001:2009/10/04(日) 21:27:08
温暖化はどうでもいいんだよ。
要はエネルギーの分捕りあい。
EUなんかは現在の地位を確保したい。
だから温暖化なんて言っているだけ。

336 :名無電力14001:2009/10/05(月) 04:16:22
>>334
過去何十年の黒点データはどこで見るとわかるの?

337 :名無電力14001:2009/10/05(月) 05:46:50
>>334
>過去何十年も黒点がゼロだった時代
どの辺りのこと?
 ttp://images.dailytech.com/nimage/9108_large_sunspot_numbers.png

>西暦1000年ごろの温暖化
どんな黒点の観測結果があるの?
こんな類の観測結果を科学的に信頼してしまう訳ね、アンタは?
 ttp://www.astro.ucla.edu/~obs/sunspots/jwex.jpg

338 :名無電力14001:2009/10/05(月) 15:13:04
>>332
あのね、太陽黒点と温暖化の関係は言いましたよ
でもねえ、CO2と温暖化の関係のことは一言も触れてないのですがね
十年後とは言わず来年にでも嗤われてしまいますアンタが

モウ今でも十分笑い者だったかね(嗤

339 :名無電力14001:2009/10/05(月) 19:21:25
まだ二酸化炭素増加が温暖化の原因という奴いるんだね
平均気温が下がったら二酸化炭素濃度も下がるのだが、人間の出す二酸化炭素は増大するのに
どのような言い訳するんだろうか

340 :名無電力14001:2009/10/05(月) 19:36:17
まず地球平均気温が上昇したらCO2濃度も上昇するということからアル・ゴアな者たちは知らないでしょw

341 :328:2009/10/05(月) 21:13:50
>>340
すみません、そうですね。
温度が上がれば、水中や土中の溶存CO2が空気中に放出され、CO2濃度が上がると
思います。
だから、>>328の話の「気温が原因となってCO2濃度が決まるわけではない」と
言ったのはおかしいことになります。
ただ、温度上昇によってCO2濃度が増えると言っても、最初の温度が上昇した
原因があるわけで、それが何かということが問題になります。CO2が増えたせいか、
ヒートアイランド、太陽黒点、水蒸気のせいか。
もし、水蒸気量が変化したとしたらなぜ変化したのか。森林が伐採され砂漠化した
なら水蒸気量は下がり温室効果は減りそうですし、ちょっとおかしいことになると
思います。

342 :名無電力14001:2009/10/05(月) 21:20:38
おまえら政治家に乗せられすぎ。
まあ鳩頭が増税を始めたらわかることだ。

343 :名無電力14001:2009/10/06(火) 20:12:00
>>341 事実と仮説
1、気温が上昇したら空気中CO2濃度が上昇するのが解っている。

2、CO2濃度が上昇したら気温が上昇する。

1を事実とするのは常識かと思います。しかし2を合わせて信じてしまう、しまえてしまう人間が多いという
世界的なギャグ状態についてはどうでしょうか?

344 :328:2009/10/07(水) 00:05:49
>>343
CO2増加の要因は1だけではなく、「化石燃料を燃やした分」と「森林を
燃やした分」が大きいでしょう。

僕は専門家ではないので、温暖化がCO2説と太陽黒点説のどちらが正しいか検証
できないです。
テレビでは、太陽黒点説だけではこの気温上昇は説明できないという話もあった
ように記憶しています。
僕はこの夏大阪に越してきたのですが、雨が少なく暑かったです。山口県や
兵庫県では大雨で大災害が起きましたし、台湾でもひどいことになっていました。
気象が異常であることははっきりしていますが、何が本当の原因なのか知りたい
ですね。


345 :名無電力14001:2009/10/07(水) 00:12:19
>>344
何が本当の原因か多くの人が知りたいと望んでいるさ
一部の人為的二酸化炭素による地球温暖化を狂信している奴以外はね

346 :名無電力14001:2009/10/07(水) 12:22:55
人為的二酸化炭素排出量って全体の二酸化炭素排出量の何割程度なの(年間)?


347 :名無電力14001:2009/10/07(水) 13:39:38
「太陽黒点説」ってなに?
「太陽磁場変化説」とか「宇宙線由来の雲量変化説」とか「スベンスマルク説」とか言って欲しい。

348 :328:2009/10/07(水) 15:59:49
>>347
って言うかその内容を説明してくれい。俺を含め、分かってない人のほうが
多いと思う。

349 :名無電力14001:2009/10/07(水) 16:14:56
>>346
4%弱

とされている

350 :名無電力14001:2009/10/07(水) 16:46:05
>>348
Google(ぐーぐる)やYahoo(やふー)等(など)の検索(けんさく)で出(で)るような質問(しつもん)は
 できるだけ検索してから質問するように
 レスの無駄(むだ)になるし、回答者(かいとうしゃ)をわずらわせないように

 Wikipedia(うぃきぺでぃあ)も検索してね。専門性(せんもんせい)の高(たか)い質問なら
 英語版(えいごばん)のWikipediaも検索してね。英語の方(ほう)が、情報(じょうほう)は多(おお)いから
 http://ja.wikipedia.org/wiki/
 http://en.wikipedia.org/wiki/

351 :中山車:2009/10/07(水) 17:05:55
>>344
2を狂信してる世界中のバカって同時に1をわかってるのかね?

1と2が両方事実なら自動的に灼熱地獄になるんだがw
CO2増加が温暖化の主因と信じるバカってどうしようもないわけだがw

で黒点が激減した数十年は小氷期だったのが歴史的事実、温暖化も過去にもあったしw
黒点減少三年目で冷夏になってきたなあw 十一年に一回は黒点減少は当たり前だが、いいかげんCO2温暖化信者もおとなしくなってきた。

きたる寒冷化対策を邪魔したこういうジョウハクは、何年もCO2主因説でCO2温暖化否定者をバカにしていた。結局CO2温暖化なんかを信じてたジョウハクって
判断機能ないわけよね

352 :67:2009/10/07(水) 18:18:22
>>350
wikiって使ったことないから分からないよ。簡単に要約書いてもらえたらありがたいですけどね。
>>351
たぶん2で気温が上昇すると、1でCO2濃度が上昇し、無限に繰り返されるからという
意味かな? それはどうだろう。気温の上昇に対してCO2の上昇がそんなに大きく
なければ自動的なループにはならず、均衡して停止するんじゃないかな。
温度が1度変化したぐらいでCO2の溶存度がそんなに変わるとは思えないし、
気温が1度変化しても海水や土の温度変化はもっと少なくなってしまう。
また水温が上がることで、海草や植物プランクトンの光合成が活発化して
CO2の固定が増えるかもしれないし。


353 :67:2009/10/07(水) 18:19:14
すまん、67じゃなくて328だった。

354 :名無電力14001:2009/10/07(水) 18:22:34
黒点激減で寒冷化って Maunder?
でも黒点の減少だけで説明してしまうのは問題だよな
たしかこの頃は大規模な火山噴火が頻発しているからね
どちらかと言えば火山灰とか硫酸エアロゾルの影響の方が
大きそうだがね
火山の噴火も黒点の影響という妄想は別にしてさ

Dalton?
困ったことに、この頃も火山の大規模噴火があるんだよね

もっと困ったことに火山噴火の影響は近年の
セントヘレンズ、ピナツボ・・・・なんかの噴火で
気温に対する影響が確定的なんだよね
黒点やCO2見たいに相関性がある(高い)レベルじゃないしね

355 :中山車:2009/10/08(木) 00:50:01
>>352
温暖化の主因がCO2濃度上昇だというものに追求してるんですよ

356 :328:2009/10/08(木) 07:51:00
>>355
うーん。追求してると一言で言われても、脈絡がよくわかんないな。それで
こっちで勝手に解釈して話するけど、俺は勘違いで言ってるかもしれないよ?
前提として、CO2には温暖化効果があるとします。で、CO2派や僕は人為的CO2増加が
地球温暖化の原因だと主張してるわけですね。なぜ人為的なCO2だけが問題視
されるかというと、1)自然にあるCO2の量は一定である。だから温暖化効果も
一定であり、気温は一定であるはずだ。2)気温変化によるCO2濃度の増加は、
そもそも最初に気温変化した要因があるはずだし、それによるCO2増加はそんなに
多くないのではないか。3)化石燃料燃焼分と森林消失分は確実にCO2を増やし、
ぱっと見た感じ、いかにも多そうである。実際バブル以降、生産量(=化石燃料
消費量)は格段に上がり、異常気象も増えた。直感的には、やはりそのあたりが
原因であるように感じる。
まぁ、俺は素人だから、ちゃんとしたデータとか理論が分かってないし、
そのあたりを追求されると弱いわけだけど。

357 :名無電力14001:2009/10/08(木) 08:41:59
>>356
仮定(1):否定される
仮定(2):現在のところ主従は付けられない
仮定(3):否定される;燃焼によって排出されるのは炭酸ガスだけではない

358 :328:2009/10/08(木) 12:38:49
>>357
もうちょっとこう文章を足して分かりやすくしてもらえたらありがたいんだけど。
1)は、たしかに長期で見れば自然現象でCO2濃度が変化すると思います。火山なんかも
CO2出すそうですし。ただ、そういう現象に対しては人間は無力だし、もしそのせいで
環境が大きく変わればあきらめるしかないです。今問題になってるのは、最近急に
気象がおかしくなってることですし、人為説が大きく疑われるわけです。
2)気温変化によってCO2増加が起きているとしたら、最初に気温変化が起きたことが
主というか原因で、次に起きるCO2増加が従つまり結果で、それが原因となって新たな
温暖化が起き、またCO2濃度が増えるということでしょう。
3)燃焼は炭水化物の酸化ですから、水とCO2です。あと、それ以外の物質もできますが
微量なのでとりあえず無視して良いと思います。水に関しては前にも書いたように
その時の気温によって、水や氷や氷に戻り、気温に応じた水蒸気量になるわけです。

359 :名無電力14001:2009/10/08(木) 12:41:55
>>346
ありがとう
大気成分の二酸化炭素の割合は0.03〜0.04%といわれているから
人為的二酸化炭素排出が主因とするなら二酸化炭素の保温効率は
すごいことになりそうですね

360 :名無電力14001:2009/10/08(木) 16:16:30
>>358
>最近急に気象がおかしくなってる
何も立証されていない、災害の報道が詳細大量に流されるようになったことは事実である
報道は社会的イベントを報道するだけであり自然のイベントまで含め
その重み付けに従って行われるものではない

>2)
主従か確定できていない以上その理論は成立しない

>3)微量なのでとりあえず無視して良い
根拠も無しに勝手に無視しては理論とはいえない

フィールと独善に従えばどのような理論でも構築可能である
自然科学はSF小説ではない。常に事実の裏付けが必要である
温暖化に関していえば、過去の海面変動は現在海面に対し
マイナス百数十m、プラス数mとされているが
この変動を炭酸ガス犯人説は説明できない
炭酸ガス犯人説は過去二百年程の気温上昇と炭酸ガス濃度
上昇しか説明できていない
人間の活動を原因として良いのかも疑問である
温暖化により人間が活動しやすくなったためかも知れないではないか

361 :名無電力14001:2009/10/08(木) 20:12:24
地球温暖化の黒幕は、排出権詐欺師

362 :328:2009/10/08(木) 21:36:45
>>359
ふん、そう言われるとたしかにそんな気もするね。
専門家じゃないから、どっちとも言えないけどね。
>>360
俺もよくわからんけど、6年前に新規就農者になってから気象がおかしいのは
気になるよ。冬は年々雪が減るしね。就農する前は天気なんて気にしなかったから
はっきりしないけど、昔はすごい雪が積もってたと土地の人は言ってたよ。
2)は、あくまで気温が上がることでCO2濃度が増え、それでまた気温が上がると
いう話が本当であればという前提だよ。もしそうなら、最初に気温が上がる原因は
何かという話。その前提が事実かどうかは俺には分からないからそれ以上の主張は
ないですけど。
3)たしかに、微量だから無視して良いかどうかははっきりしない。だから、>>359
で言われているCO2が少ないからそれで気温に影響するのかどうかと言うのも
はっきりとは断言できず、やっぱりCO2のせいで気温が上がってるという
可能性もあるわけで。
実際このあたりが「素人の素朴な疑問」の限界で、きちんとした事実の裏付けが
必要だっていうのはその通り。専門家さんに期待するしかないですね。
温暖化によって人間に都合が良いのは、寒冷な地域の人。日本の場合、平均すれば
元々が適度な気温なので、あんまり変化してほしくないなーと。
農作業やると真夏はめちゃ暑いです。
CO2犯人説が過去200年の気温上昇に説明がつくなら、それなりに意味はある
ような気がします。200年以上前は、それ以外の要因で気温が変化したのかも
しれないし。

363 :328:2009/10/08(木) 21:48:14
もしCO2が温暖化の原因でなかったとしたらさ、水素利用の推進とか、ディーゼルは
燃料のCが多いからいかんとか、生ゴミ発電はCO2が多いからいかんとか、原発は
CO2排出が少ないから良いいうのはそんなに意味がなくなってくるね。
気温の上昇はむしろ廃熱によるヒートアイランドを主眼にすべきかもしれない。
とは言っても、やっぱり資源枯渇がこわいからエネルギー消費は減らさないといけない。
エネルギー効率を改善するのと、生産量そのものを減らすことを考えないといけないわけ。
そうなると、少ない生産量で文明を維持するための合理的な手法とか、生産を減らしても
経済を正常に維持する経済システムとか考えないといかんわな。

364 :中山車:2009/10/08(木) 22:56:44
>>363
寒冷化してくるんでそれも無意味 たんに省エネになればいいだけなんで

365 :名無電力14001:2009/10/08(木) 23:42:42
排出権取引がある限り、エコも温暖化対策も眉唾なので、協力しません。

366 :名無電力14001:2009/10/09(金) 00:31:17
省エネルギー推進は、地球の環境変化に関係なく必要
人間が増えていくかぎりな

367 :名無電力14001:2009/10/09(金) 08:28:50
>>363
>資源枯渇がこわいから
資源は有限、消費すれば必ず枯渇する
無限に見える太陽エネルギも有限、人の時間思考スパンに対して≒∞
だから当面は∞として扱っても構わない
資源により差はあるが石油を除けば、人の寿命或いは三世代(約100年)という
時間内には枯渇しないだろう
石油は後20年など言われ危機感を煽られているが、過去数十年に渡り
常に20年、20年と言われ続けながら、消費量が増大し続ける不思議な資源
ただし、近年は採掘が困難(手に入れるためのコスト上昇)になっている
石炭は枯渇までの年数が石油より長いとは言え同様な問題がある
この問題は資源全般にいえるが他の鉱物資源はリサイクル可能だが
エネルギ資源はリサイクルできない
だからエネルギ資源を生業とする者達は糧を失うことを恐れ省資源を叫ぶ
これは水道事業のようなもので節水々々と言いながら節水され過ぎると
売り上げが減少して立ち行かなくなるのと同じ構造
この結果、省エネを言いながら一方で生産・流通の増強を言い立てる
極めて矛盾した状態、マッチポンプ状態になっている

368 :名無電力14001:2009/10/09(金) 08:29:36
>>363
枯渇と言うブラフの効果がなく消費は急速に増大し続けるばかり
代わりに持ち出したのが温暖化というブラフ(ブラフとは言い切れないが)
これが大当たりして今の騒ぎになっている訳だ
当たり過ぎて困ったことも起き始めた、狼少年共はヤレ黒点だ、宇宙線だ、とポンプを
引き摺り出す仕儀となってしまった
ポンプで消しすぎても拙いから再生可能エネルギ(当分は無限扱いの太陽エネルギ)
というライターにも火を入れてる訳だな

太陽エネルギを使用すれば温暖化を防げるかと言えばそうは問屋が下ろさない
太陽からの入射エネルギと地球からの放出エネルギのバランスで
地球の温度は定まる
だが入射エネルギの一部をしばらく地上に留めれば地上の平衡温度は上昇してしまう
今よりもっと人間の活動を高めよう(地上に留める熱エネルギを増大させる)
というのだから温暖化は止まらないことになる

369 :328:2009/10/09(金) 09:48:22
んだんだ。困ったモノだよ。
消費が増えているのにいつも「あと30年」と言ってこれたのは
資源の発見や採掘技術が進歩したから。でも、物理的な埋蔵量は有限だから
いつかはそういうこともなくなる。
ただ、太陽エネルギーは有限と考えた方がいいと思います。太陽エネルギーは地球の
断面積分だけであり、また受けたエネルギーはリアルタイムで消費するんだから、
蓄積するという使い方も出来ない。また、太陽光の一部を太陽光などで利用する
間はいいけど、太陽電池が増えすぎてアマゾンの熱帯雨林が全部太陽電池に
なったりしたら、木がなくなって、本当にCO2が増えすぎて酸欠で死んでしまう。
エネルギー消費を増やすから、んじゃ仕方ないから原子力増やそうかってな
話になって、増えすぎた核廃棄物を誰かがちょろまかしてイランや北朝鮮に
売り飛ばしてるんジャマイカ。それで核拡散がいかんと言っても・・・
モノが多すぎるんがそもそも悪いんジャネ?と素人的には思う。

370 :名無電力14001:2009/10/09(金) 14:33:55
確かに時間当たりの供給量は有限
しかし、供給期間としては一応無限
従って、瞬間最大出力には制限があるが運転時間には制限がない
エネルギを貯められないかと言えば貯めておくことは可能
受けた太陽の電磁波エネルギを物質に転換すれば貯められるし
温度上昇は起こらない、起こらないどころか低下するかも知れない
但し、貯めた物をエネルギーに転換すると温度は上昇する

リアルタイムで消費しても、受けるエネルギは大気を透過しやすい波長
人が利用した廃エネルギは大気を透過し難い波長に変質している
廃エネルギは地球から流出し難いものになってしまうから
環境温度はエネルギ使用量に従って蓄積されていく
無限に上がるかといえばそれはない
環境温度が上昇することで地球外への放出量も増加するから
入射エネルギと等しいエネルギ放出温度で平衡に達する
化石エネルギも風力も太陽光も同じでなのだ

風は無駄に吹いているのではなく、大気を攪拌し熱・排ガス・水分を
地球上の隅々にまで循環させて均質化させている
風の運動エネルギを奪えば攪拌・循環が悪くなり均質化速度は低下する
局地的な高温・寒冷や乾燥・多雨が起きやすくなるだろう
風力の利用は更に状況を悪化させることになるだろう

近年の温暖化はエネルギ消費量の増大だけでなく
省エネのための効率向上(廃熱温度の低下による地球外への
熱放散の低下)も影響しているだろう

371 :名無電力14001:2009/10/12(月) 17:31:30
http://share.youthwant.com.tw/sh.php?do=D&id=23010243

372 :名無電力14001:2009/11/09(月) 14:43:47
地球温暖化の原因はCO2ではない
http://www.youtube.com/watch?v=6t5hn1kpK3E

政府が推進している「エコ」は税金のムダ遣い

373 :現代のニュートンの信奉者:2009/11/21(土) 22:11:39
ウィギペディアのド・ジェンヌの項をご参照いただければと存じます。
彼は1991年のノーベル物理学賞受賞者で、著書「科学は冒険」の中で「二酸化炭素による地球温暖化」を痛烈に批判しています。
同じ内容を、ウィギペディアの「地球温暖化懐疑論」のヨーロッパの部に記載したところ、掲載されたのは1日だけで、翌日には削除されていました。
さすがに、事実なのでド・ジェンヌの項からはまだ削除されていません。

374 :現代のニュートンの信奉者:2009/11/22(日) 00:46:43
「主な温室効果は水によるものであり、炭酸ガスにあるのは水が及ぼすものを補正する程度のわずかなものでしかない」
についての小生の計算結果を示します。
大気中の含有率のデータは「地表面に近い大気の科学」(近藤純正著)、
定圧比熱のデータは「熱物性ハンドブック」(日本熱物性学会編)から得られたものです。
また、赤外吸収スペクトルは、いつもお世話になっているウィギペディア(玉石混交ですが)から得ました。
以下のURLを参照願います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A

データ(1気圧、室温)
             二酸化炭素        水蒸気
大気中の含有率      0.046wt%         0.73wt%(湿度50%)
 定圧比熱        0.85kJ/kg・deg      2.1kJ/kg・des
 最大赤外線吸収幅    1μm(14〜15μm)    2μm(5.5〜7.5μm)

以上のデータを基に以下のような計算を行いました。

              二酸化炭素      水蒸気(湿度50%)
単位大気中における熱容量   0.391J/deg       15.33J/deg

単位大気中の熱容量の比率で言うと

二酸化炭素:水蒸気=2.5:97.5

となります。
二酸化炭素と水蒸気の赤外吸収量はウィギペディア掲載のスペクトルから

二酸化炭素:水蒸気=1:2

程度と思われます。
したがいまして、地球温暖化はほぼ水蒸気のせいと考えられます。

375 :名無電力14001:2009/11/25(水) 22:36:38
key wordはclimategate

376 :現代のニュートンの信奉者:2009/11/26(木) 23:40:02
日経エコロミーが「地球温暖化データにねつ造疑惑」(09/11/26)を掲載しました。

http://eco.nikkei.co.jp/column/kanwaqdai/article.aspx?id=MMECzh000025112009

「この問題については、江守正多・国立環境研究所温暖化リスク評価研究室長が、明日27日付けの連載コラム「温暖化科学の虚実 研究の現場から『斬る』!」で詳しく解説します。」とのこと。

要注目です。

以上


377 :中出汁:2009/11/27(金) 12:55:40
>>376
捏造データもあったか、にしても科学者の江守が科学者のくせに
特定ガスの数百PPM増加で温暖化主因と結論し、国を動かしたことは言い訳にできんわな

378 :名無電力14001:2009/11/30(月) 22:37:14
反論する前に反論予告しているのが凄い

379 :現代のニュートンの信奉者:2009/12/03(木) 23:45:55
温暖化問題で豪州で政変。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091202AT2M0100E01122009.html

日本でも政変は起こるのでしょうか?


380 :名無電力14001:2009/12/03(木) 23:49:14
>>379
民主党がどうやって25%を実現するのか、その具体策次第だろうね
未だに何の指針も示さないけどね

381 :名無電力14001:2009/12/05(土) 04:45:15
地球温暖化は捏造か、英大学から流出したメールが問題に
2009年12月04日 23:37 発信地:ワシントンD.C.、ロンドン/その他
英国の地球温暖化の研究者が書いた電子メールが流出し、地球温暖化に懐疑的な人々の間から
温暖化の脅威が誇張されていた証拠なのではないかとの声が上がっている。

この問題は、世界有数の温暖化の研究機関、英イースト・アングリア大学(East Anglia University)の
気候研究ユニット(Climatic Research Unit、CRU)のネットワークにハッカーが侵入し、フィル・ジョーンズ(Phil Jones)同所長など
研究者たちが書いた数千通の電子メールが前月にウェブサイトに掲載されたというもの。

ジョーンズ所長が書いた個人メールの1つは、「気温低下を隠すため」気温の統計データに手を加えた「トリック」が
使われたことに言及しているとされ、温暖化の科学的根拠に疑問を投げかけるものだとして騒ぎになっていた。

ジョーンズ氏は前月30日、温暖化は発生していて人為的なものだとするデータを科学者たちが隠そうと、
電子メールを文脈から切り離していると反論し、調査が終わるまで所長職から退くと発表した。
■米下院でも議論
この問題は3日、米下院でも取り上げられた。米国の気候懐疑派の代表格である共和党の
ジェームズ・センセンブレナー(James Sensenbrenner)下院議員はエネルギーの自給と温暖化問題に関する委員会で、
イースト・アングリア大のデータは国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change 、IPCC)でも
使われていると指摘し、「メールが本物だとすると、気候変動に関する科学すべてに対して疑問が及ぶ」と付け加えた。

多数の共和党員を含む温暖化に懐疑的な人々は、地球の気温は自然に上昇したもので、温室効果ガス削減の施策にかかるコストは
米産業界に過大な負担をかけると主張している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671098/4994431
ttp://s01.megalodon.jp/2009-1205-0246-31/www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671098/4994431

382 :名無電力14001:2009/12/05(土) 10:25:11
地球温暖化は捏造か、英大学から流出したメールが問題に
2009年12月04日 23:37 発信地:ワシントンD.C.、ロンドン/その他
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671098/4994431
【環境問題】地球温暖化は捏造か、英大学から流出したメールが問題に
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259943601/
【環境】「地球温暖化は捏造」 英の気候研究センターから流出したメールが「研究者が共謀してデータをゆがめた証拠」とネット論争が過熱
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1259553779/
地球が温暖化している!→ウソでした。“鳩山イニシアチブ”とは何だったのか?
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259820258/

◆日本の報道機関は報道してない◆
IPCCのデータ捏造疑惑は、NYTやEconomistなどの高級紙もすべて取り上げたのに、 日本では各紙がそろって黙殺。環境省クラブで談合したのかな。
http://twitter.com/ikedanob/status/6168759258


これに関係するから報道されなかったのかな

【環境問題】「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は…
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259585818/
1世帯当たりで最小3万円から6万円、10万円、14万円…などと、さまざまな結果が羅列された。
最大は76万5千円。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091129/stt0911292203013-n1.htm

383 :名無電力14001:2009/12/07(月) 14:07:50
なぜ日本のマスコミは報道しないのか。
怠慢。根性なし。

384 :名無電力14001:2009/12/07(月) 17:39:39
マスゴミは記者クラブ&官僚リーク、政局報道ぐらいしかないからなw
自分のところで考えられるのはその範囲で、あとは海外のメディアは
伝えていますとか、何処ぞの教授は言っていますが限界www

385 :1666664488*1122222*2222*:2009/12/07(月) 19:06:18
私、無知無学なんですが、
環境問題の言い逃れ駆け引きで耳にする“途上国”、
例えば中国に、
先進するなと圧力かけた憶えはないんですが。
彼らが彼らの意思で発展せずに後進国でいただけじゃないのですか?
腑に落ちん。



386 :名無電力14001:2009/12/07(月) 20:03:46
>>385
>彼らの意思

彼らの言い分は、植民地化されるなどして、先進国に富を収奪されたので
途上国となったのだというものです。
先進国が豊かなのは、途上国を踏み台にしたからだ、
したがって、先進国が今のCO2消費割合を現状で固定しようなどと
言い出すのはとんでもないということです。

ただし、中国が今の米国並みの生活をしたいと言い出したら
地球が3個あっても資源は足りません。
じゃあ、資源をどう分配しましょうかというのが主旨であって
温暖化はそれをオブラートで包んだものに過ぎません。

だから、温暖化でも寒冷化でも、どうでもいいのです。

387 :中出汁:2009/12/07(月) 20:12:04
>>386
そもそも二酸化炭素が温暖化に関係ないし
これから寒冷化に入ってるんで論理破綻してますんで

388 :名無電力14001:2009/12/07(月) 22:39:17
温度観測点を見てくれ。どう思う?
http://www.norcalblogs.com/watts/2007/07/how_not_to_measure_temperature_23.html

389 :名無電力14001:2009/12/09(水) 17:04:18
そろそろ寒くなってきてバイオ燃料の中に白い粒ができて自動車がフィルターの目詰まり起こして
故障しやすい時期になってきたな。

ところで以前ははっきり分かっていなかったが、バイオ燃料を使用すると排ガスに二酸化炭素の
310倍の温室効果ガスである亜酸化窒素が通常の化石燃料の2倍放出されるということが
最近の研究で明らかになってきた。まあそのことは一般に広く報道されてないけどな。

390 :名無電力14001:2009/12/09(水) 20:56:53
>>389
そもそも出てくる亜酸化窒素の量が微量だから無問題。


391 :名無電力14001:2009/12/10(木) 00:43:18
化石エネルギーに変わる新たなエネルギーの入手が具体化していない以上
当面は化石エネルギーの消費を抑えて、細く長く持たせるしかない
しかし、過去数十年後20年、後20年と言い続けた結果
後二十年は狼少年の叫びとして誰も信用しなくなっている
でも人口が極めて多く、平均技術レベルの低い発展途上国の
急激な需要増を見れば、流石に放ってはおけない状況
だからと言って先進国にも現在の自身の化石エネルギー消費量を
大幅に低減できる技術は無い
そこで西欧先進国が考えた結果が、CO2による温暖化、というブラフ
しかし化石エネルギーの枯渇は、ブラフとは言い切れない現実なのが
怖いところ
まだまだ有るさという意見もあるが、化石エネルギを採掘するにも
化石エネルギが必要という現実を考えれば、取り合えず代替エネルギーを
手に出来るまでは節減に努めるしか手がない
困ったことに、早くもブラフがネタバレしてしまった
でも化石エネルギーは節減しなければならないのだ
次のネタは何にする?CO2で寒冷化ってのはどうかね?

392 :名無電力14001:2009/12/10(木) 00:59:49
発展途上国がガンガン化石燃料を使い出すぞ
そして先進国がどんどん貧しくなる
採掘できるエネルギーは減ってるから
最後に途上国と先進国との間で
技術的な差がなくなったところで

世界大戦が起こっておわり

393 :名無電力14001:2009/12/10(木) 06:50:34
終末論が好きだな。
温暖化脅威論の根っこはそういう精神構造に有るんだよ。

394 :名無電力14001:2009/12/10(木) 07:38:02
ジャレド・ダイヤモンドの文明の崩壊を読むといいぞ。
イースター島が壊滅したのは、森林資源の枯渇。
それと同じことが、再生不能資源の枯渇という形で
地球規模で起きているわけだ。

395 :名無電力14001:2009/12/10(木) 18:42:55
地球温暖化は捏造か、英大学から流出したメールが問題に
2009年12月04日 23:37 発信地:ワシントンD.C.、ロンドン/その他
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671098/4994431
【環境問題】地球温暖化は捏造か、英大学から流出したメールが問題に
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259943601/
【環境】「地球温暖化は捏造」 英の気候研究センターから流出したメールが「研究者が共謀してデータをゆがめた証拠」とネット論争が過熱
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1259553779/
地球が温暖化している!→ウソでした。“鳩山イニシアチブ”とは何だったのか?
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259820258/

◆日本の報道機関は報道してない◆
IPCCのデータ捏造疑惑は、NYTやEconomistなどの高級紙もすべて取り上げたのに、 日本では各紙がそろって黙殺。環境省クラブで談合したのかな。
http://twitter.com/ikedanob/status/6168759258


これに関係するから報道されなかったのかな

【環境問題】「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は…
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259585818/
1世帯当たりで最小3万円から6万円、10万円、14万円…などと、さまざまな結果が羅列された。
最大は76万5千円。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091129/stt0911292203013-n1.htm



396 :名無電力14001:2009/12/10(木) 19:12:12
>>393
結末論っていうかもうすでに起きてることじゃん
韓国や中国、インドなどの新興国に製造業の仕事を持ってかれちゃってさ


397 :名無電力14001:2009/12/11(金) 22:00:35
>>381
共和党の懐疑派自体が石油利権と絡んでる言いがかりだし(アラスカ州やアラスカ大学のインチキ研究を見よ)、進化論懐疑派と似てるレベルの科学懐疑派だもの。

398 :名無電力14001:2009/12/12(土) 06:36:03
>>397
懐疑派=共和党とかイメージ操作ですか?

399 :中出汁:2009/12/12(土) 22:41:09
被疑者 エモリン性多と愉快なエコ信者たち 

被害者 二酸化炭素 

冤罪にされた二酸化炭素 にさんかたんが怒りの裁判




400 :名無電力14001:2009/12/14(月) 17:50:12
988 名前:名無しSUN :2009/12/14(月) 17:20:50 ID:oMSXx1g3
法的な根拠をあたえてしまっちゃまずいぞ
かならずや後世に禍根を残すことになる


「地球温暖化対策の基本法」の制定に向けた意見の募集について (地球環境局)
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/act_gwc/pc0912.html
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11891
http://www.env.go.jp/


401 :( ・○・) < こまったもんだねぇ。:2009/12/22(火) 11:56:55
 
マスコミ@2ch掲示板  マスコミが報道してはいけないこと(3)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1255823057/245-


402 :名無電力14001:2010/04/27(火) 20:51:34
【スローガン】 温暖化から地球を救え!エコエコアザラク!
【建   前】 経済需要効果
【本   音】 排出権取引ビジネス≒地球規模の詐欺
【背   景】 実は石油利権の崩壊前夜

エネルギー大革命により石油利権は崩壊。
ぜんっぜん報道されないなあと思ってたらピーターバラカンさんが
海外ニュースの紹介って形でやってたんだね。
地球を支配する権力は人類を欺いた罪で深い深い地獄に堕ちればいい。

常温核融合が再び注目を集めています
http://www.youtube.com/watch?v=Pl8PNbey3YM ←カウンターが異様に低い。操作?
常温核融合は本当だった!
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page273.htm
2ch検索[常温核融合]
http://find.2ch.net/?STR=%BE%EF%B2%B9%B3%CB%CD%BB%B9%E7
これから起きるエネルギー革命は、水が石油に取って変わる
http://www.asyu●ra2.com/09/eg02/msg/167.html

403 :名無電力14001:2010/05/08(土) 13:47:12
ドイツでもクライメートゲート(地球温暖化データ捏造事件)に関して詳しく報道

面白いです

独シュピーゲル・オンライン『地球温暖化研究を襲った超大型暴風雨』
http://www.21ppi.org/pdf/sawa/100427.pdf

404 :名無電力14001:2010/05/08(土) 14:48:00
温暖化自体はしているかもしれないけど
それが人間の出すCO2のせいだって理論は怪しいね

過去にもこの地球は何度も温暖化してた時代があったけど
そのときは人類の出すCO2なんて微々たるものだったわけだし

405 :名無電力14001:2010/05/08(土) 19:14:24
>>404
温暖化していたかもしれないが、現在も温暖化しているかどうか怪しい
少なくともここ10年ほどは温暖化の傾向はみられないよ

406 :名無電力14001:2010/05/25(火) 09:59:35
温暖化の原因は原発じゃね?

海流が変わるくらい大量の温水を海にドバドバ流してる。
エルニーニョとか異常気象もこれのせいじゃね?
空気より水の方が熱を逃さず、溜め込むし。

407 :名無電力14001:2010/05/25(火) 20:41:07
燃料電池で発生した水も?

408 :名無電力14001:2010/05/25(火) 21:17:56
中世温暖期や縄文海進の時は今より暖かかったわけだし。
気温の変化など珍しい現象じゃないよ。

409 ::2010/05/25(火) 22:06:09
地球温暖化って起きてねぇんだよぉ〜
地球ってね30年ゴトに気温が上がったり下がったりしてるんだってぇ〜〜
だからこれからはぁ〜寒冷化がんで来るんだってぇ〜
みんなサムさんになるよぉ〜

あとね〜
今ツバルが海面上昇で沈んでるって言ってるジャンかぁ〜
あれね

海面上昇じゃなくて・・・
ツバルが沈んでるんだぞ〜

笑っちゃうよぉ〜

他にもペットボトルはリサイクルにでしても意味がない
なぜなら、PTボトルのリサイクルにはボトルの生産に必要な石油の5倍もいるんだってww



410 ::2010/05/25(火) 22:14:36
温暖化の原因とされているCO2は温室効果があるだけで、地球全体を暖かくするほどの力は持ってないよ

ダイオキシンも有害ガスっていってもね生物に影響ねんて無いんだってw 生物に影響が出始めるにはいまの100倍以上の濃度でないとダメなんだってwww

省エネ製品とかハイブリットカーとかエコ製品ばっかり出して起きてもいない温暖化のタメに買わされてるんだぞww

そうして企業の一番トップいくる国が一番得してるんだ。

日本の製品は世界でも優秀だからエコ製品はこれからじゃんじゃん売れるはずだよ。。。

みんなだまされてるんだよぉ〜www

411 :真犯人zzzzzzzzz:2010/07/04(日) 15:00:44
真犯人はガスガンユーザーだよ。


こいつらがHFC134aを年間8tという驚異的なペースで大気に放出しまくってる。


412 :名無電力14001:2010/07/05(月) 13:47:59 ?2BP(0)
>>411 年間8tという驚異的なペース

小っちゃっ!

フロンなんて白人が死に絶えてから規制しても十分なのに。


413 :名無電力14001:2010/07/13(火) 19:56:59
温室効果ガスって、H2O やO3が最も比率高いんですけど。

414 :名無電力14001:2010/07/19(月) 17:05:56
ガンダムフアン必見!!!

●●●●●機動戦士ガンダムが
地球温暖化の理解のヒントだった●●●●●

機動戦士ガンダムのソーラー・レイと
「地球温暖化のウソ」
http://www.bar-basara.com/presentation.pdf
スライド26−28


415 :名無電力14001:2010/07/20(火) 08:52:45
>フロンなんて白人が死に絶えてから規制しても十分なのに。

氷河期が来るなら、むしろフロンを大量に出した方がよい
事になるのではないでしょうか?
http://www.bar-basara.com/presentation.pdf


158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)