2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■死刑反対派と賛成派の対談スレ■ Part 10

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/23(木) 21:59:45 ID:nyb+AIH50
死刑の賛否について、お互いの意見に耳を傾けながら対談しましょう。

常識をわきまえない長文や無意味な繰り返しはご遠慮願います。
(512kを超えてしまうと、1000スレ以前でもスレストになりますので。)

前スレ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1244987361/
http://s01.megalodon.jp/2009-0723-2155-41/society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1244987361/

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/23(木) 22:03:16 ID:l6LDGNZi0
夏休みに観念が帰ってきた

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/23(木) 22:07:33 ID:x9w5syFr0
つまり長文矢印は書き込み禁止ということですね。

4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/23(木) 23:28:22 ID:Hem5xyBJ0
>>1
スレ立て乙です。

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 05:19:06 ID:r6ADp7az0
>>1
>常識をわきまえない長文や無意味な繰り返しはご遠慮願います。
(512kを超えてしまうと、1000スレ以前でもスレスト
→死刑存廃議論は内容こそが重要なのです。
意見がたまたま長文になったからといって、発言を制限するようなことがあってはならないと思います。
それから、日本の中学校の国語の時間で習ったことですが、
言いたいことは繰り返されるのです。


6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 05:57:17 ID:T4uWw1iD0
yuriko = "Choubun-Yajirushi = George "chicken-shit" Walker = Nigger + Spic + fat Samoan + stinkin' Okinawan whore

7 :中立的傍聴人:2009/07/24(金) 07:36:26 ID:QzOABMMn0
前スレhttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1244987361/888
>お前の大好きな漫画の台詞だがね。
>「人の命は地球より重いんだぞ」
>「その地球に何人の人間が住んでると思ってるんだ」ってな。
>地球より重いはずの命なら、上辺だけではなく
>最終的な結果までしっかり見ろよ。
>上告連発は本当に死刑だけなのか?
>終身刑には一切なしでいいのか?
>終身刑に要する予算を犯罪防止や福祉に回せば救える命を、
>目先の犯罪者の命のために捨てるのは命を大事にしてるのか?
→私は無論、「一人の命が地球より重い」などと思っていませんよ。
当り前のことでしょう。この昭和23年最高裁大法廷の裁判長にしても、
そんなことを信じていたとは全く思えません。
ただ、だからこそ却って、「何故、こんな明らかな欺瞞を最高裁判所が判決文に書いたのか」という疑問がわくのです。

8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 07:37:45 ID:QzOABMMn0
続1
それは、寧ろ、まだ大平洋戦争の悪夢から醒めていない時期にあって、裁判長が精一杯の皮肉を述べたかったからではないか、と思うのです。
イーストウッド監督「硫黄島」はまだ観ていませんが、
子供の頃、なにかの機会で、戦争記録ニュースかなにかで、米兵が洞窟に立て籠った日本兵に、火焔放射器を吹きかけていました。
私は、その残虐さに驚き、ショックで病気になってしまいました。数年間、PTSDの治療を受けたことがありました。
つまり、最高裁判所長官も何らかの戦争トラウマを抱え、戦争の残酷さを身に滲みて体験したからこそ、「人の命に触れるな!」と一見、虚しい抵抗を叫びたかったのではないでしょうか。
本来「人を簡単に殺してはならない」は文化をもった人間の常識だったはずです。ところが、20世紀は、科学文明の進歩のお陰で、従来では考えられなかった困難を人類は乗り越えた一方で、想像を絶する残虐行為も行ってきたのです。
良い面では、それまで簡単に死ぬべき運命の命が、助けられるようになりました。

9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 07:39:14 ID:QzOABMMn0

続2
しかし、そういう文明の進歩に対照するかのように、科学文明は人の命を奪うことも可能にしました。それも短期間で大量にです。命を弄んでいるかのようにも見えました。
「道具は誰がどう使うかが大切」で、道具の使用を制限するべきでない、というのは尤もな意見でしょう。
しかし、もし、切れ味が従来のナイフより、20倍いい刃物が発明されたら、どういう現象が起きるでしょうか。確かに、その刃物によって恩恵を受ける人もいるでしょうが、犯罪に使用される可能性もあるのです。
やはり、「切れすぎるナイフ」は必要ないのではないでしょうか。
「キチガイに刃物」と言いますが、法律によって、刃物の流通を規制すべし、との意見も出るでしょう。
性悪説の本来の意味は、努力をしなければ、人は堕落するくらいの意味でしたが、敷衍して、キリスト教的な「人間存在は本質的に悪」と解釈もされてきました。法家は、だからこそ法律、規制によって悪の発生を未然に防止すべきと主張しました。
現代の刑法は、「人の本質は悪」として、刑罰によって、人を矯正しようという意図があります。しかし、もう、そうやって刑罰で人を矯正しようという考えは止めるべきでしょう。非文明的です。

10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 07:40:29 ID:QzOABMMn0
続3
刑務所に入る度に、凶悪になるのでは、なんのための「矯正施設」なのかと思います。
刑務所が娯楽施設であるべきではありませんが、「刑務所に入所する度に、人格が磨かれていった」ということがあってもいいように思います。
実際、死刑囚の中には、執行前に聖人のようになって、執行官が執行を躊躇することもあるそうです。
元大阪拘置所所長 玉井策郎氏著「死と壁」では、拘置所全体が死刑囚学校となって、人として罪に向き合い、人間的に成長する死刑囚が描かれています。従来、死刑囚達を「社会のガン」として、切り取ることだけを考えてきた刑務行政の思想を覆すものです。
光市の本村氏にしてみれば、そのように、人格者に成長し、、回りから惜しまれるくらいの人格になればこそ、殺し甲斐があるのでしょう。

11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 07:41:28 ID:QzOABMMn0
続4
しかし、私は寧ろ、人の本質を善と信じたいのです。
何時如何なる場においても、どんな人でも、セカンドチャンスをあげれば、何らかの形で、他人の役に立てることもあるのではないでしょうか。
玉井氏は、一連の死刑囚モノを書いた大塚公子氏のインタビューに答え、
「全ての死刑囚を生かせてやりたかった」と本音を語っています。
自身の著作でも「死刑は本当に必要なのだろうか」と疑問を投げかけています。

12 :存置派:2009/07/24(金) 09:48:36 ID:bhZW6GnzO
>>7
お前の「人の命に触れるな」ってのが
直接的な殺す殺さないってだけの意味で
実際にどれだけ犯罪が増えようが、国民を圧迫しようが
それはさしずめ「触れないで押し潰してる」だけで「触れてはいない」と認識してるのはよくわかった。
サードチャンス、フォースチャンスと言っているとき
お前がセカンドビクティム、サードビクティムのことを考えてないのもわかった。
「役に立つかもしれない」と言いながら、害になる可能性を考えてないのもわかった。
自分が非文明的と思うかどうかが、他人の命より重いってのもわかった。
で。お前は何のために廃止を主張するんだ?
人道も、人類愛も、キリストも、効率も、命への畏敬も、お前は全て侮蔑してるんだが。

13 ::2009/07/24(金) 10:25:50 ID:M/3xKtIG0
長文矢印さん、内容のあるしかし簡潔な文章を心がけましょう。
それから連投もエチケット違反ですよ。
あなたの書き込みを禁止するものではありませんが、常識外れなダラダラした
文章が知性を感じさせないことはあたまも御存知でしょう?

14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 15:02:35 ID:q1s33kNA0
>>12
>お前がセカンドビクティム、サードビクティムのことを考えてないのもわかった。
→レスありがとうございます。
いや、ちょっと誤解してますよ。
私は、一にも二にも防犯が要だと思っています。
あくまで参考にですが、
アメリカなどでは、ペタファイル(幼児を狙った、性倒錯者)などが、仮出所した場合、
詳しいことは失念しましたが、半径100メートルに学校があってはならないし、
子供を抱えた両親には、顔写真と共に、危険人物の情報がネットで知らされます。
今は、どうかわかりませんが、日本で、かつて「お礼参り殺人事件」がありましたね。
被害者はレイプされて、警察に訴え、加害者の男は刑務所に送られました。
ここまでは、ありふれていますが、男が仮出所したとき、女性には一切知らされていなかったのです。
加害者男性は、どういうわけか女性の現住所を知っていて、自宅に直行して判犯行に及んだのです。
近所の人々は、女性のあまりに奇妙な叫び声に、却って怖れをなして、様子を見にきた人が
一人もいなかった、というのです。バイスタンダーエフェクトというものです。
こうした悲劇は、本来、被害者に犯罪者情報を知らせていないのが問題です。
確かに、犯罪者の前科を公開するのは、人権侵害、場合によっては、群衆によるリンチも起こるかもしれませんが、
一般国民の安全を第一にすべきでしょう。その上で、前科をもった人は、覚悟をもって生きるべきでしょう。
ある意味、それこそが償いともいえるかもしれません。
死刑によって、その存在を「無にする」ことで、その危険をなくそう、というのは、
あまりにも極端すぎる解決法ではないでしょうか。
少年犯罪の前科をもった人も含めて、出所を許可した矯正官は徹底的に、出所後監視するべきです。
日本に於いては、例えば、仮出所者には、ある程度の報告が義務付けられていますが、
満期出所社には、殆ど何の監視がつかない、という驚くべき実態があります。
繰り返しますが、国民には、危険な人物が近所に住んでいたら、それを知らされる権利があると思います。


15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 15:43:12 ID:q1s33kNA0
>>7
>>上告連発は本当に死刑だけなのか?
>終身刑には一切なしでいいのか?
→再審請求のことですか。
上告は三審制の日本の裁判所では、嫌が応でも、上告されます。
たまに、一審で刑が確定してしまうケースもありますが、
あれは、法律で禁ずるべきでしょう。特に、死刑が求刑されている裁判では、
上告を義務づけるべきでしょう。
もちろん、あらゆる刑罰の分野で、再審請求は可能です。
憲法第16条は国民の請願権を定めています。
「 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」
最近では菅家さんが、何度も再審請求をして、16年服役したあとで、無実が
明らかになりました。 村野薫氏は「死刑はこうして執行される」の中で、
無期懲役刑を受けた加藤新一氏は出獄後6度目の再審請求で再審が開始され、事件後、
62年を経て、無罪判決を得たとしています。
また、決して少なくない件数で、一・二審で死刑判決を受け、最高裁で破棄、差し戻しの末、
無罪が認められた例があるとしています。
日本の裁判所にも、かろうじて司法の正義が残っていた、ともいえるのです。
1975年に最高裁が下した、「白鳥決定」は「疑わしきは被告人の利益に」という原則が
再審請求にも当て嵌まるとしたのです。
将来、死刑制度が日本で廃止されるようなことがあっても、刑事被告人の権利は擁護されるべきなのは当然です。
何故なら、冤罪ほど悲劇はなく、それは司法の犯罪と呼ぶべきものです。
冤罪を防ぐには、ありとあらゆる努力が払われるべきです。
「終身刑は少なくとも命は奪われない」から、「再審請求を禁ずる」ということはあってはならないのです。

16 :山田AG:2009/07/24(金) 18:44:30 ID:0IgspX9WO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 22:08:57 ID:ZWNt2Ho60
何で長文矢印の書き込みばっかりになってんだよ。
長文書き込むな、連投すんなって日本語通じないのか、このクソオヤジは

18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/24(金) 22:40:04 ID:jHYWwCl30
>>17
檻の中のゴリラが威嚇でウンコ投げるようなもんだから、仕方が無い。
汚物を投げる事しか、抵抗手段が無いんだよ。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 00:41:23 ID:LvxGakHvO
>>17
そうやっていちいち怒るから大喜びして書くんじゃねぇの?

20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 01:54:31 ID:b4lYYwkF0
>>17
>長文書き込むな、連投すんなって日本語通じないのか、このクソオヤジは
→私を呼びましたか?
学習能力がないようですが、私は女性です。
ついでに訂正しておきます。
>>15
>何故なら、冤罪ほど悲劇はなく、それは司法の犯罪と呼ぶべきものです。

何故なら、冤罪ほど悲劇はなく、それは司法の犯罪と呼ぶべきものだからです。


21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 02:25:56 ID:wZcEgn2a0
観念や長文矢印は、なんだかんだで応報脳


22 :参考に:2009/07/25(土) 05:50:32 ID:H7aqphd/0
玉井策郎「死と壁ー死刑はかくして執行される」はしがき
『大阪へやって来て約一週間程たってからである。私は所長室へ入ろうとして
二階に上ってくると、片側の部屋から、話し声にまじってさも愉快そうな笑い声が聞こえてくる。
見ると、大きく窓を開け放たれた、当時の教誨堂に、二十数名の収容者らしい人達が、ワイシャツとズボン、ランニングシャツと
半パンツ、或いは浴衣姿といった格好で、正面の一人の講師を中心に、机の上のノートを前にして、
活気のある討論をユーモアまじりに交わしていた。それは、私がかつて少年刑務所の教官を
していた時の、無邪気な少年と私との間の、和やかな雰囲気と少しも変わったものではなかった。
そばを通った職員に聞くと、それがなんと死刑囚だというのには驚いた。(略)
勿論、彼等の両手には手錠もかけられていないし、警備の看守の姿も見当たらない。』
(何か話をしてやって欲しいと言われ)
『「(略)むしろ、私があの人達から聞かせてもらわねばならないと思っているくらいです。」
私はそう言って、着任の挨拶を簡単に述べたのであった。
あの時から既に四年有余の月日が流れ去った。(略)私の着任の挨拶を聞いていた当時の彼等は、
殆ど今はこの世の人でない。
死刑は正しい刑罰であろうか?
私は矯正職員であいながら、死刑囚のことは何も知らなかった。一般の人が、死刑囚について知らないのはあたりまえのことだ。
私はこれではいけないと思った。そんな気持ちからこの本をまず書き出したのだ。(1953年)』

23 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 05:56:41 ID:H7aqphd/0

手塚治虫はブッダ14巻を12年かけて完成させました。そこに手塚治虫の哲学が最もよく反映されている
作品といっていいでしょう。
手塚氏は同作品をファンタジーとして読んでほしいと断っています。
純粋な仏伝として読むのではなく、仏伝を踏まえた上で、手塚治虫の心のフィルターを
通して、いいたいことを伝えたかったのでしょう。
手塚治虫は毎日新聞のインタビュー(1984)に応え、
『そもそも人間愛を仏教ほど直截的に語りつくしているものはない、(略)天地のものすべて一体だと、
全部を包み込んで、そしてつなげてしまうようなところがある。(略)これは広大で、現代が必要
としている思想ではないか。これを持たないでは21世紀も22世紀もない。地球も
人類も存在しないという気さえします』と言っています。
ブッダの中で、手塚は『自然界に生きるものたちは無意味な殺生をしない。人間だから、
ただ殺したのだ』と言っている箇所があります。
人間社会に於いて、殺人こそが最も恐れられ、殺人鬼が社会から追放されるのは当然でしょう。
でもだからといって、「やられたらやり返せ!」を繰り返していたら、殺しあいの社会になってしまいます。

24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 06:03:39 ID:wZcEgn2a0
観念や長文矢印は、なんだかんだで権威主義者

25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 06:47:48 ID:LvxGakHvO
>>23
イタチはハラが減っていなくてもネズミを殺す。
カマキリは動くものに見境なく攻撃を加える。
サメもまたしかり。
シャチはオットセイの赤ん坊でビーチバレーをやる。

あまり自然だの野生だのにヘンな期待をしないほうがいい。


26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 06:52:27 ID:H7aqphd/0
訂正>>22
>私は矯正職員であいながら、死刑囚のことは何も知らなかった。

私は矯正職員でありながら、死刑囚のことは何も知らなかった。

自レスですが、このことは、殆どの国民に当てはまるのではないでしょうか。
一般国民は、時おりニュースとして報道される凶悪事件のことしか頭にないのではないでしょうか。
「ここまで酷いことをした犯人は、一刻も早く捕まえて、死刑にする」それが
当り前となっていると思います。
そこには、やはり、日本の文化に根ざした「肉親による仇討ち」が当り前と思ってる人が多いと思います。
無論、「仕返し」は日本人に特異のものではありませんが、やはり、特別の思い入れがあるのではないでしょうか。
特に、子が親の仇を取る。または親が子の仇を取るとなると、特別な思い入れがあるように思います。
歌舞伎の演目にこの手の「仇討ち」は多いです。いかに、日本人が伝統的に「仇討ち」を
愛してきたのかわかります。もし、死刑が廃止されて、「仇討ちは如何なる次元でもい間違い」となれば、
歌舞伎役者は廃業ということになってしまうでしょう。
無論、現代の法律では、仇討ちは禁止されていて、国が代行するという形をとっています。
ところが、私が再三強調しているように、事故の過失致死で刑事責任が問われるケースは
殆どありませんし、刑事裁判で死刑判決を受けるものは、1%に過ぎません。
ほとんどの遺族は、堪え難きを耐えて生き続けなければなりません。
歌舞伎の演目に「怪談榎」というのがあるのですが、
ストーリーを簡単に書くと
「有名絵師の妻に横恋慕した、悪い侍がいた。部下に絵師を殺させただけでなく、
赤ちゃんまで殺そうとする。ところが、滝つぼに捨てたはずの赤ん坊が、殺された絵師の
亡霊に救われる。それで、その部下は改心して、赤ん坊を一人で育てる。そして、八年後(まだ少年!)、
少年は注連縄(しめなわ)を張った榎の前で、親の仇を討つ」
これは、仇討ちが見事に成功するという美談ですが、現実は、返り討ちに会う人も多かったのです。
果たして、親の怨みをどう晴らしたのかはわかりませんが、「正義が実現した」と観客は思うのでしょう。
確かに、理不尽に肉親を殺された人は、仇をとることしか考えないでしょう。
そういう人達に、「悪党のことより、より建設的に未来を見詰めましょう」といっても、
聞く耳をもたないかも知れません。
やはり、そこは、特に同じような被害にあった被害者遺族が集まって、サポートグループを
作り、互いに励ましあうべきでしょう。

27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 06:57:16 ID:CRotHcn50
>>26
そんなに長文書き込みたいなら、ワードとかエクセルで書き込んでろよ。


28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 07:01:53 ID:H7aqphd/0
>>25
>あまり自然だの野生だのにヘンな期待をしないほうがいい。
→それらは、あくまで例外でしょ。
人間といのは、「文明(時には、神や正義の名で)」という大義名分があれば、
いかなる残虐行為もしてきたのです。
無抵抗の死刑囚を惨殺する必然性はないのです。


29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 07:49:54 ID:wZcEgn2a0
人間が例外でないとでも

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 07:56:33 ID:LvxGakHvO
都合が悪くなると例外扱いかよ。

31 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 08:28:53 ID:FsccwoT90
>>23
お前さんの腐れ話はどうでもいいが手塚治虫先生の作品を引き合いにだすのは
やめろ!!
手塚先生が穢れる

32 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 09:30:18 ID:YS8OvtEk0
>>29-30
やはり、人間はエデンの園から追放され、原罪を背負ったという話に
象徴されるように、例外的存在ということを認めるべきでしょ。
人類は、いつか新生物を自身の手で作りだす日もやってくるかも知れません。
とうか、その日はもうやって来たのかも知れません。
他の生物には、絶対に真似ができることではありません。
そこに生じるのは、人類だけに背負わされた責任というものがあるのです。
これまでは、人間は大自然の脅威のみに対抗していればよかったのです。
大自然とは、人智を超えた、神のような存在のことです。
アメリカのTVドラマで、Xファイルというのがあったのですが、
あるエピソードで、狂った科学者が登場します。その科学者は、多くの生物のDNAを融合させて、
人間に似た生物を作りあげてしまいます。ところが、当然のごとく、容姿は異常な醜さなのです。
よくありそうなストーリー展開ですが、その男の子の知性は並以上なのです。
そこで、(父親の)科学者は「お前は私の失敗作だ!」というのです。
男の子は、涙を一杯目に溜めます。ストーリーでは、全くの無実だったのに、容姿の異常さから、
ある殺人事件の犯人とされ、村人に惨殺されてしまいます。
要するに、人類の存在は、やはり全知全能の創造主からしてみれば、「失敗作」と断定するべきおではないでしょうか。
問題は、そんな「失敗作」である筈の人類が、己の不完全さ、未熟さ、醜さを自覚していないところにあるのです。
大きな意味で、まさに「きちがいに刃物」という形容が相応しいかもしれません。
他の動物でも、DNAの突然変異によって、不具の種が誕生することはあります。
しかし、しyした例外は淘汰されるのが普通です。つまり、自然界の出来事は、どんな些細なことでも、
結局は、大自然の懐に抱かれるように、止揚されて意味をもった意味合いをもつのです。
自然に起こる、山火事などが、いい例でしょう。
ところが、人類の存在は、もしかしたら、その範疇を超えつつあるのかもしれません。
ちょっと前に、実験的に宇宙誕生の秘密に迫るべく、そうした状態を作り出す実験が行われました。
科学者達は、それによってブラックホールなど作られる心配は皆無だと、していましたが、
もしかしたら、遠くない将来、人類は本気で、自分の作った機械に飲み込まれてしまう心配を
しなくてはならないかも知れません。
人類は、まさに、分相応の力がつけつつあり、それを自覚する必要があるのです。
やはり、そこに絶対あるべきは、本当の意味での「生命の尊厳」の思想であり、
「いのち」におは触れてはならない、という哲学なのです。

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 10:48:24 ID:CRotHcn50
>>32
低学歴のくせにわかったような口聞くなよ。
もっと正しい文章が書けるように教養を身につけろ。

34 :存置派:2009/07/25(土) 12:31:33 ID:rStjJJT9O
>>32
動物の場合、群れの中に狂った個体、
他を傷つけるしかなくなった個体がでた場合それを殺害する。
数少ない同族殺しの例の一つだよ。
逆にそういった個体を、他の健全な個体に危険をもたらし、負担をかけてまで生かそうとはしない。
「罪悪」という概念のない動物ですら、そうする。

さて。
身の程を知るべきと言うのであれば
「命に触れるな」と言う理想のために
結局、より多くの命が奪われる未来を選ぶ者こそ
糾弾されるべきと思うがね。
宗教戦争だの共産主義的な虐殺だのを起こしてきた奴と何も変わらん。

35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 16:36:41 ID:YS8OvtEk0
>>32
>「いのち」には触れてはならない、という哲学なのです。
>>34
>より多くの命が奪われる未来を選ぶ者こそ
糾弾されるべきと思うがね。
宗教戦争だの共産主義的な虐殺だのを起こしてきた奴と何も変わらん。
→ユダヤ人虐殺計画を立て、イスラエルによる最後の死刑囚となった、
アイヒマンは「「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」」
という言葉を遺しました。
また、1995年、オクラホマ連邦ビルを爆破し、2001年に死刑が執行されたマックベイなどは、
テレビインタビューに、「自分は連邦政府と戦争をしたのであって、戦争には犠牲者はつきもの」
などと述べ、私達を震撼させました。
このように、精神異常者とまで言えない、犯罪者に共通しているのは、「自分の犯罪への正当化」です。
「あれは止むをえなかった」というわけです。そういう意味で、戦争で勝者が敗者を裁いても意味がない、とも言えます。
まして、死刑によって犯罪者にしろ、戦争指導者にしろ命を奪ったところで、
「みせしめ」の意義さえないでしょう。中には、「俺だったら、もっと上手くやった」と思う人も出るかもしれません。
刑罰の効果だけによって防犯効果を得られないのは当然としても、刑罰はベッカリーアの主張するように
継続性こそがその効果を発揮させるのです。死刑という刑罰は、その瞬間だけなのです。
マックベイへの処刑は、何百人もの遺族がテレビ中継を眺めながら、行われましたが、
多くの遺族は、あまりに人道的な死刑に、却って憤慨したといいます。
反省しない犯罪者への処罰より、もっと大事なことがあると思います。
それは、少しでも、被害者の心の痛みを感じさせることです。戦争を防ぐために最も重要なステップは、
戦争の勝者が自分達が傷つけた、無辜の民の心の痛みを感じるところから始まるのです。

36 :名無しさん:2009/07/25(土) 17:34:57 ID:wgg9jfZj0
わが社では、おとり捜査による創価工作員の選挙違反摘発をおこなっています
創価の皆さん! 下手に動かないほうが身のためですよ

私のニヤケ面は性犯罪者に見えるようですが、文句は言わせません!
東海東京証券 大澤信一は無敵なんです  一日実働2時間くらいです 勤務時間も自由自在です 
新規プロジェクトと称して、会社の金を使いまくりです
毎日2時過ぎには おばさんみたいな顔になっています
メガバンクにいたからこそできるんです!!!  私は有名人なので写真は撮らないでください!!
モザイクが必要なんです!!  いろんな意味で
   |  /// 从オ       _,,ァァァオ \;;:  
   |   サ彳_,,ェ≡=`  .  _;ィィ,, , ワ;;
    \  リ'  '~ ,_;;_ ::..  ::.ィゞ'_== | 
    卅リ  冫ィ_ゞ'_'シ::  ;:::..~   :;;:; | 
     '}||      イ   ::__);;,.  ..,:;; |
     `!;|      ノ"_“ー'_,,ィ;::>; ;:;;|  
        |    < -=P王干fシ/:: ;;:;;/
         j\  `\`':=三三" .:;;イ
今の東海東京証券があるのはメガバンク出身者のおかげなんです!!
私、大澤信一には仲間がいるんです  多勢に無勢ですよ

私が咳き込んでいるのは風邪とか喘息ではありません
単なる性病ですので安心してください

ここで一句     お前らは 大作君と ホモってろ
tp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081224/plc0812241828019-n1.htm


37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:42:23 ID:XobrBBP10
死刑制度に関するよくある勘違い

その1「死刑には抑止力がある」
「仮に全ての刑罰を死刑にすれば犯罪は確実に減る。これは死刑に抑止力があることの証拠である」という論法は「軽犯罪者も重犯罪者も同じ心理状態下」という非現実的な極論を前提にしているために起こる勘違いである
刑罰の抑止効果は「比較的正常な判断が可能な軽度の犯罪」において認められ、精神異常・錯乱・深い思い込み・洗脳状態で為される殺人等の重罪について同じ有効性を当て嵌めるのは、拡大解釈による錯誤
「死刑が有る方が思い止まる確率が高まる」という見解は、以下に示すとおり「遵法精神に溢れ死を恐れる一般人の自己投影」「犯罪心理学に疎い無知で善良な市民が抱く希望的観測」「気が触れる程の強烈な殺意体験のない幸福者による楽観主義的錯覚」に過ぎない

怨恨による発作的衝動的な殺害の瞬間は、猛烈な快感に我を忘れ死刑はおろか逮捕すら頭にない。恐怖を回避する場合も、目の前にある恐怖に比べたら死刑など脳裏を掠めもしない
突発的なケースでは概して発想が偏狭で近視眼的になるので、己の死刑の可能性を考え始めるのは専ら殺害後、事件発覚を知った後、若しくは逮捕後である
本当に死刑に怯え始めるのは早くても殺害直後。まだ事を起こしてもいないうちから真剣に「死刑が怖い」と戦く者はいない
「犯行前に本気で死刑を恐れない」ということは、抑止にならないということである。尤も、事前に心底から恐怖するだけの豊かな感性と想像力があれば、元より殺人を余儀なくされるほどの視野狭窄に陥ることもなかろう

計画的なケースでも「バレないor逃げ遂せるor証拠ないから不起訴・無罪or有罪でも酌量され死刑はないor死刑上等」と思い込んでいる場合は、「死刑の」抑止力は働かない
「死刑だけは避けたい」という思惑が、同じ自己保身の「発覚だけは」「逮捕だけは」より優先されるとも考えにくい
何故なら「少なくともバレなければ絶対死刑にならない」ので、考慮するのは発覚防止のみでよいからである(実際、犯罪者はこうした「楽で都合のいい解釈」が大好きである)
「バレない」「逮捕されない」と思い込めば「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、逆に途中で「バレるかも」「逃げ切れる自信がない」等と思い止まったなら、抑止しているのは死刑ではなく「警察権力」である

従来の未成年や廃止後に見られるであろう「死刑が(になら)ないから殺害した」という主張は、「真の動機を誤魔化す為の口実、奇を衒った虚勢、歪んだ自己顕示欲の現れ」のいずれかである
殺人の動機・目的には怨恨や物欲・性欲、恐怖・不安回避など様々な背景・要因があり、それらを差し置いて「死刑制度の不存在」が殺害動機になることはない(逆に「死刑制度の存在」を動機にした拡大自殺は実在する)

「死刑がなければいつ人を殺すか分からない」「死刑がなかったら殺すのに」「こんな奴殺して自分が死刑になるなんて馬鹿らしい」等は、己の遵法精神の高さや憎しみの強さを強調・形容・アピール・認識するための虚勢・欺瞞の域を出ない
本当に恐怖しているのは「相手の抵抗、逮捕、殺人行為そのもの」等なのだが、自尊心がそれを隠すのである
殴り殺す最中ふと我に返り「これ以上やったら死刑になるかもと思い止まった」としても、その抑止の原因は「己を客観視できる程度にまで冷静さを取り戻したこと」「相手の死を畏怖したこと」であって、「死刑制度があること」ではない
純粋に「逮捕・懲役は覚悟しているが死刑だけは避けたい」「相手の死ではなく己の死刑が怖い」なら、犯行後自首して全て自供し反省すれば済む
そうしないという事は、実際には死刑以外の事柄(逮捕、世間体、殺人行為そのもの等)を恐怖しているか、さもなくば「さほど切迫した殺意ではない」ということである
つまり「死刑」とは分かりやすい象徴・大義名分に過ぎず、殺害を止める真の理由は「必ず」別に存在する(「金が欲しくて強盗」の弁明が、真に欲しいのは金そのものではなく「金で買える食料・高級ブランド、借金苦からの解放等」なのと同じ)

続く

38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:43:18 ID:XobrBBP10
勿論上述は、殺人を図る者が少なくとも「必ずしも死刑になるとは限らない」という現状を認知している、という前提の上に成り立つ
もし「殺人したら必ず捕まり必ず死刑になる」と教え込まれそれを微塵も疑っていない世間知らずで純粋な余り賢くない者が実在し(要証明)、彼が「死刑になりたくない」という理由だけで殺人を止めた(要証明)なら、彼に対して抑止力が働いたと言えるだろう
ところが彼ほどの単純馬鹿なら、代わりに「殺人したら必ず一生刑務所暮らしになる」(その他本人が嫌がる条件。嘘でも可)と教え込んだとしても、何ら変わらない抑止効果が認められるのである(尤も、殺人するよう洗脳されやすいのもこのタイプだが)

実際に殺人を思い止まるのは「死刑になるかも」のような不確かな基準ではなく、次のような理由からである
@良心が痛む、人としてやってはいけない、周囲に迷惑を掛ける、世間体が、マスコミで取り沙汰されるのは恥、殺害せずとも問題解決の手はある筈、時間と共に冷静になった、まだ我慢できる、人生まだやり直せる、逮捕されたくない、殺人は不快、反吐が出る、e.t.c.
これらは裏を返せば
A良心?ナニソレ、一度でいいから人を殺したい、周囲に迷惑を掛けているのは寧ろ相手、世間体?糞食らえ、ワイドショーで騒がれたい、最早殺す以外に手はない、時間と共に憎悪が募る、もう我慢できない、どうにでもなれ、逮捕されたい、殺人は快楽、興奮する、e.t.c.
死刑の抑止力を証明するには、本心からAを肯定し@を否定している殺人計画者が「やっぱり死刑はイヤ」という理由だけで思い留まった実例や、「死刑の不存在が凶悪犯罪起因の十分条件になる論拠」を一つ提示すればよい
現実には、その科学的根拠がないことに気付き始めた国や地域が、次々と廃止しているのである

その2「日本は死刑制度があるお陰で平和で安全」「社会秩序を保つ為に死刑は必要」
「日本は九条があるお陰で平和」と同類の空論である。死刑には、それを回避するための逃亡や完全犯罪の策略、拡大自殺の誘発する効果があり、秩序どころか犯罪の陰湿化隠蔽化(捜査の長期化)と凶悪化を招く
犯罪件数は社会的状況その他種々の情勢・要因に拠って増減する。例えば刑務所内の生活をホームレスよりも優遇すれば、刑務所入りたさに犯罪するホームレスが増えるのは自明の理
統計を読むときはその裏にある因果やデータ要素の定義等を正しく見極めることが肝要である

その3「廃止すれば、三食屋根付き医療費無料の刑務所に入る為に殺人をする者が現れる」
越冬や堕胎を目的に窃盗等をする常習犯の実在が示すとおり、刑務所に入るには軽犯罪で十分である。医療費無料も生活保護を受ければ済むことであり、入所の為だけにわざわざ危険を冒して殺人する者はいない
本人の意思に反して無理矢理出所させる制度でない限り、「何度も窃盗する手間を省く為の殺人」も考えにくい

その4「死刑を廃止すれば憎悪を募らせた遺族による復讐・私刑が増える」
その執行者を捕らえるまでである。「思い通りに加害者が死刑にならないのなら自ら手を下す」という思考は殺人犯と何ら変わらない事に気付くべきである
また既に殺人犯のうち死刑になるのが極僅かな現状にあっては、殆ど杞憂。遺族側に配慮した裁判を行うことで対応可能である

その5「死刑にしなければいつ再犯するか分からない」「死刑にすれば100%再犯することはない」
分からないなら安易に釈放しないように制度を改めればよい。死刑が再犯防止の唯一策ではない。また、死刑にすれば「悔い改め更生すること」「生きて償うこと」も100%できなくなる

その6「犯人が死刑されてやっと前向きに生きられる人もいる」「遺族が犯人を死刑にしたがるのは自然な感情」
憎い相手の死を願うのは殺人犯の異常心理にも通じており、同情こそすれ肯定はできない。憎しみは自然であっても必然ではなく、死刑にしたがらない(生きて償って欲しいと願う)遺族もいる
対話を重ねることで囚人が更生し遺族が心のケアを図れたケースもあり、死刑はその可能性を奪うことにもなる

続く

39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:43:59 ID:XobrBBP10
その7「命には命を以て償うべき」「死刑が無くなったら殺したもん勝ちだ。被害者や遺族が報われない」
「死が償いになる」という価値観は死を美徳化した自己満足的発想であり、「目には目を」同様、安直で時代錯誤な思想である
「死んで償い(お詫び)を」の実態は、責任追及され非難糾弾される屈辱・生き恥を晒す苦痛・憎い相手を殺せないジレンマ等からの現実逃避、言うなれば卑怯者の所為に他ならない
なお生死は勝ち負けではなく人生の価値は長短ではない。被害者が真に報われるのは二度と同じような被害者を生まない社会作りが出来たときである

その8「死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのは税金の無駄」「死刑に処するのが国家の責任」
死刑は、凶悪事件を未然防止できなかった国家による「臭いモノに蓋」式の責任逃れに他ならない。寧ろ死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのが、国家の責任である
凶悪犯はある意味、殺人を犯さなければならないほどの不幸を背負い込み精神を病んだ哀れな被害者である。犯行に至るほどの状況に陥る前にこの一次被害者を救えていれば、二次被害者は生じなかったのである
寧ろ死刑によって一時的に遺族や国民の溜飲を下げれば「一過性の不幸な出来事」として人々の記憶から容易く消えてしまい、具体的な「未然防止策・教育内容等諸制度の見直し」に至らずに似たような事件が繰り返されかねない
抑止力の幻想に依存し続けても、却って「犯罪を抑止する真の要素」や「犯罪を誘発する真の要素」を見落とす危険性を高めるだけである

その9「更生の余地がない以上生かしても無駄」「死刑になりたいのだから死刑にしてやるべき]
更生の余地の有無は他人はおろか本人でさえ判断できるものではなく、いつ何時何をきっかけに改心し始めるかは誰にも分からない(分かるというのは傲慢以外の何ものでもない)
可能性が0でない限りあらゆる手段を講じて更生を促し、その結果を後世に伝えるべきであり、もし現代医学では手の施しようのない先天的な脳障害等があれば、尚更その治療法対処法を確立する為の研究に活用すべきである
また本人の意向通り死刑にすれば、世間を騒がせ国家に殺されることでしか己の存在価値を見出せなくなった自棄糞被死刑願望者の思う壺。次の拡大自殺者に、歪んだヒロイズムを満たす口実を与えるだけである

その10「死刑には生命の尊厳に対する教育的効果がある」
死刑制度を持つ国家は「理由があれば殺人も正当化される」という排他主義思想を容認し、自らそれを実践していると言える。「理由があれば殺人OK」は殺人犯やテロリストとも共通する考えであり、人命を尊んでいるとは到底言い難い
「都合の悪い存在を抹殺したがる国家」は「都合の悪い存在を抹殺したがる国民」を生む。国家が率先して自国民に対し「如何なる理由があろうと誰だろうと人命を奪う権利はない」と規範を示してこそ、教育的効果が図れる

その11「冤罪は死刑でなくても起こる」「取り返しがつかないのは命だけではなく時間も同じ」
「冤罪をなくそう」という議論にはなっても死刑制度を存置する理由にならない。そもそも「時間はあればまだやり直しが利くが、命は無くなれば二度とやり直しが利かない」のは子供でも分かる理屈で、時間と命を同列に扱うのは無理がある

その12「万一私が貴方を殺してもあなた方は私を殺すな、という廃止論の理屈は理不尽」
既に業務上過失致死等で法制化されている通り、誰もが等しくその条件下にあれば何ら理不尽ではない。この主張はまた、殺人犯の極一握りしか死刑に処せられない実態を見ていない

その13「廃止論者は、家族や知人が殺されたら簡単に存置論に寝返る」
それは廃止論者ではなく似非廃止論者である。喩え愛する家族を八つ裂きにされても、そんな蛮行に及ばざるを得なかった加害者の生い立ちや境遇を思いやるのが、真の廃止論者である
(これは無論、目の前の蛮行を止めないということではない。罪を犯させないようすることが加害者の為)

40 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:45:32 ID:XobrBBP10
その14「廃止論者は、自身が死刑になりたくないから廃止を主張している犯罪予備軍」
それも似非廃止論者。このような「楽で都合のいい解釈」を好む者の中にこそ、犯罪予備軍は多くいる(人は鏡)

その15「廃止論は偽善」「廃止論は宗教」
偽善的発想から早計に廃止を訴える者もいるだろうが、「被害者の視点のみに立った考え」もまた偽善である
殺人犯に対し「なんて思いやりのない奴だ」と批判するなら、その批判を「殺人犯を思いやれてない己」にも向けるべきである(人は鏡)
既述のとおり、存置派の主張は感情論に終始し得てして矛盾が多い。論理的整合性が無いにも関わらず「それでも抑止力はある」と思い込むのは現実逃避であり、最早一種の宗教である(存置論ではなく存置教)
そしてそんな存置教信者ほど、「廃止論は宗教」と言いたがる(これまた人は鏡)


4つも貼るの流石に面倒臭くなってきた・・・

41 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:58:28 ID:2VlC0LqS0
>>40
それは、貼っただけ?
反論してもキミは消えちゃうの?


42 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 17:59:49 ID:FsccwoT90
ほんと夏休みじゃのう
観念くん

43 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:03:13 ID:XobrBBP10
続く

その7「命には命を以て償うべき」
「死が償いになる」という価値観は死を美徳化した自己満足的発想であり、3000年前の「目には目を」同様、安直で時代錯誤な思想である
「死んで償い(お詫び)を」の実態は、責任追及され非難糾弾される屈辱・生き恥を晒す苦痛・憎い相手を殺せないジレンマ等からの現実逃避、言うなれば卑怯者の所為に他ならない

その8「死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのは税金の無駄」「死刑に処するのが国家の責任」
死刑は、凶悪事件を未然防止できなかった国家による「臭いモノに蓋」式の責任逃れに他ならない。寧ろ死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのが、国家の責任である
凶悪犯はある意味、殺人を犯さなければならないほどの不幸を背負い込み精神を病んだ哀れな被害者である。犯行に至るほどの状況に陥る前にこの一次被害者を救えていれば、二次被害者は生じなかったのである

その9「更生の余地がない以上生かしても無駄」
更生の余地の有無は他人はおろか本人でさえ判断できるものではなく、いつ何時何をきっかけに改心し始めるかは誰にも分からない(分かるというのは傲慢以外の何ものでもない)
可能性が0でない限りあらゆる手段を講じて更生を促しその結果を後世に伝えるべきであり、もし現代医学では手の施しようのない先天的な脳障害等があれば、尚更その治療法対処法を確立する為の研究に活用すべきである

その10「死刑には生命の尊厳に対する教育的効果がある」
死刑制度を持つ国家は「理由があれば殺人も正当化される」という排他主義思想を容認し、自らそれを実践していると言える。「理由があれば殺人OK」は殺人犯やテロリストとも共通する考えであり、人命を尊んでいるとは到底言い難い
「都合の悪い存在を抹殺したがる国家」は「都合の悪い存在を抹殺したがる国民」を生む。国家が率先して自国民に対し「如何なる理由があろうと人命を奪う権利はない」と規範を示してこそ、教育的効果が図れる

その11「冤罪は死刑でなくても起こる。取り返しがつかないのは命だけではなく時間も同じ」
「冤罪をなくそう」という議論にはなっても死刑制度を存置する理由にならない。そもそも「時間はあればまだやり直しが利くが、命は無くなれば二度とやり直しが利かない」のは子供でも分かる理屈で、時間と命を同列に扱うのは無理がある

その12「万一私が貴方を殺してもあなた方は私を殺すな、という廃止論の理屈は理不尽」
既に業務上過失致死等で法制化されている通り、誰もが等しくその条件下にあれば何ら理不尽ではない。この主張はまた、殺人犯の極一握りしか死刑に処せられない実態にそぐわない

その13「廃止論者は、家族や知人が殺されたら簡単に存置論に寝返る」
それは廃止論者ではなく似非廃止論者である。喩え愛する家族を八つ裂きにされても、そんな蛮行に及ばざるを得なかった加害者の生い立ちや境遇を思いやるのが、真の廃止論者である
(これは無論、目の前の蛮行を止めないということではない。罪を犯させないようすることが加害者の為)

その14「廃止論者は、自身が死刑になりたくないから廃止を主張している犯罪予備軍」
それも似非廃止論者。このような「楽で都合のいい解釈」を好む者の中にこそ、犯罪予備軍は多くいる(人は鏡)

その15「廃止論は偽善」「廃止論は宗教」
偽善的理想主義的発想から早計に廃止を訴える者もいるだろうが、「被害者の視点のみに立った考え」もまた偽善である
殺人犯に対し「なんて思いやりのない奴だ」と批判するなら、その批判を「殺人犯を思いやれてない己」にも向けるべきである(人は鏡)
既述のとおり、存置派の主張は感情論に終始し得てして矛盾が多い。論理的整合性が無いにも関わらず「それでも抑止力はある」と思い込むのは現実逃避であり、最早一種の宗教である(存置論ではなく存置教)
そしてそんな存置教信者ほど、「廃止論は宗教」と言いたがる(これまた人は鏡)

44 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:06:16 ID:XobrBBP10
>41

いや消えないよ。反論大歓迎だよ
まぁ俺自身が規制の対象になってれば、ひょっとしたらまた数か月消えることになるかも知れんが

45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:06:42 ID:2VlC0LqS0
観念って名無しで書き込む事も有るんだw


46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:14:28 ID:2VlC0LqS0
>>44
最初から消える理由を言ってる奴に反論しても無駄だから反論はしないよ

でも便所の落書きとまで言われる2ちゃんに規制されるって
人としてどうかと思うぞ

47 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:20:13 ID:XobrBBP10
>45

コテハン記憶させ忘れただけだい

>46最初から消える理由を言ってる奴に反論しても無駄

最初から反論しない理由を言ってる奴に言われてもね

> でも便所の落書きとまで言われる2ちゃんに規制されるって
> 人としてどうかと思うぞ

でも俺自身が規制されてるかどうかは分からないのに規制されると決めつけるのって
人としてどうかと思うぞ

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:27:40 ID:2VlC0LqS0
>>47
はいはいw凄い凄いw


49 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:29:01 ID:XobrBBP10
下らんレスが多いなしかし

50 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:32:14 ID:XobrBBP10
あなんだ、よく見たらID:2VlC0LqS0だけじゃんか

あー良かった。(お馬鹿が)たった一人で

51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:33:52 ID:2VlC0LqS0
下らんレスが多いなしかし


52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:36:51 ID:2VlC0LqS0
あなんだ、よく見たら観念だけじゃんか

あー良かった。(お馬鹿が)たった一人で


53 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:37:38 ID:XobrBBP10
↑猿真似乙w

54 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:38:20 ID:XobrBBP10
そんなに暇ならせめて その15 だけでも反論汁

55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:42:19 ID:2VlC0LqS0
>↑猿真似乙w
人は鏡って言うからw

>>54
ゴメン、観念ほど暇じゃないw

それと
「反論汁」って何?
どういう意味?

56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:46:12 ID:wZcEgn2a0
観念の方がお馬鹿に一票

57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:49:22 ID:LvxGakHvO
規制される前に聞いておきたいんだけど、観念さんは「国民の八割が死刑制度の存続を望んでいる」といわれるこの日本で、いったいどうやって死刑廃止に持ち込むつもりなの?

58 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 18:51:18 ID:XobrBBP10
>55 人は鏡って言うからw

ん?でも俺はお前を真似てないよ

> ゴメン、観念ほど暇じゃないw

同じくらい暇そうだけどw(←これが人は鏡)

> どういう意味?

知らなければ知らないでよろしい

>56

人は鏡

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 18:58:43 ID:wZcEgn2a0
観念は自閉症の要素が強い。
観念のお馬鹿は、そこから来ている

60 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 19:03:46 ID:XobrBBP10
>57

単純に二択を選ばせれば8割になっても、中には条件付きで賛成の人もいるよ
まずは終身刑導入とか。そしてモラトリアムを経て事実上の廃止。死刑廃止前にやるべきことはいろいろある
ただ最終的には国民の同意なしでも国会議員だけの同意があれば可能
国会議員は一般の国民より比較的理性的に考える人が多いので、理性に訴えれば廃止論に傾く人は多くなる
党が廃止をわざわざマニフェストに掲げなくとも、個人単位で廃止賛成が多ければ臓器移植法同様、廃止は可能
他国でも、国民が反対でも国会が決めてるし

え?俺が実際議員相手にそういう活動してるかって?する訳ないじゃん。めんどくさい

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 19:14:28 ID:wZcEgn2a0
・まずは終身刑導入

死刑廃止先進国では、「終身刑は死刑以上に残酷である」「とされているので、
この時点で本当に理性的で人権に配慮する死刑廃止派は、断固阻止しなければならない。

終了

62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 19:16:48 ID:9C19FMqIO
国会議員は理性より利益で動きます。

63 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 19:46:32 ID:XobrBBP10
>59

だから人は鏡なんだってば

>61 死刑廃止先進国では、「終身刑は死刑以上に残酷である」「とされているので、

それに気付くためにもまず終身刑を導入しないと
勿論俺個人は最終目標は相対性終身刑だよ

>62

そうだねぇ・・・・何しろ、有権者の意識がそれだから
日本全体よりは我が町我が郷土を優先
まぁ長い目で見ないとしょがない
普通選挙始まってまだ1世紀も満たないんだから
本物の民主政治が根付くのはこれからでそ

64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 19:56:48 ID:wZcEgn2a0
観念の理屈が通る世界が観念の中にしかない

65 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 20:10:19 ID:XobrBBP10
その手の理屈が通る世界がお前の中にあるから、そう見えるというだけの話。人は鏡

66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:18:20 ID:wZcEgn2a0
全ての鏡は観念の方向を向いている。

67 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 20:23:48 ID:XobrBBP10
全ての鏡は全ての主体の方向を向いてるんだよ

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:27:18 ID:ClIv0zsd0
ほーっ。ほっほっ。

人は鑑








    ┌┐  口口                _
    ││                  < \         ┌┐
    │└──┐  ┌──────┐ \_>        | |
    │┌──┘  └──────┘      / >  .| |
    ││          ,-'" ̄ ̄ ̄``ヽ__/ /  ..└┘
    └┘         ,イ二二二二二二|__/     口
             ,.-'"ニニニニニニニニニヽ、
             >、ノ ,,..-ぃフ  iヾぃ、  ヽ>'
     r‐‐、      l ソ <_,/ △ \__ヽ ヾ }
     {  ヽr‐─、 // ,、___,人人___,、 iヘ
      ヽ,--{  ヽ }Ll ├┼┼─┼─┼‐┼┤ .l_,i
      f‐─-ゝ-''ンil:ヘ ゝ、!__!.___!___|__!ノ /--、
      {──‐<゙ //> \  ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ,イ <ヽ、`ヽ、
        ゝ、─'' /イ\  ',>----------< / / ゙ヽ   ヽ
        ≒=≠彳  \ ' ,  /  ヘ   /./    i:   ヽ
         ヽ、__,,. ' ,. \.' ,/    ヘ/ イ    , ' l    ヽ
          l     ' ,  `ヽ==-'"      , '  l  _,.='"
          l       ' ,         , '    ヘ彳¨ヽ


69 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:31:22 ID:FFPq33AzO
無期懲役は模範囚になれば更正の余地ありで
いづれ釈放されることが多いって聞く。ホント?
だったら有り得ないな。
やっぱ身内とかが殺されて無期懲役で何十年か後に釈放されたり、残酷な犯罪した人間が更正しても世の中に出てきてほしくない。

死刑は、反対9賛成1が本音。 
やっぱり先進国見習って、終身刑は設けないといけないって、すっごく思う。

いやマジで。
冤罪がある以上、特に。

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:32:23 ID:LvxGakHvO
>>60
なるほど。
まずそのてしかないでしょうね。
ただ気になるのは、観念さんにとっては国民の意思より結果としての死刑廃止の方が優先されるわけかな。
これはこれで国民の自覚による人権思想の普及から後退になると思うんだけど?

71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:33:50 ID:CRotHcn50
もしかしてyurikoって郷田ラモラ本人??? 顔がyurikoそっくり!!! すべてがつながる!!!

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090706/trl0907062151012-n1.htm

72 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:40:58 ID:wZcEgn2a0
要するに「まずは終身刑導入」という死刑廃止論は、
廃止論者の「死刑を排除したい」という欲望を果たすために、
受刑者や冤罪被害者により大きいリスクを背負わせてもよい、という論であり、
「受刑者のリスク軽減」というキャッチフレーズは支持者を増やすための騙しの手口でしかないということ。

つまり「まずは終身刑導入」廃止論は、大事の前には多少の犠牲は無視できるという理論であり、
一般的な廃止論者に非難されるロジックとなんら変わりが無い。
むしろ目先の戦術のために耳障りの良い言葉で民衆に嘘を吹き込む分、
潔癖さを重んずる人種(例えば死刑廃止論を唱えるような)から、より一層の非難をされるべき論である。

73 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 20:41:52 ID:XobrBBP10
>69 いづれ釈放されることが多いって聞く。ホント?

ホント。早く出たいがために模範囚を演じる者もいる

> 残酷な犯罪した人間が更正しても世の中に出てきてほしくない。

本当に更生しても?俺は更生してなかったら出てきて欲しくないが

>70 国民の意思より結果としての死刑廃止の方が優先されるわけかな。

制度が先にあって民度がついてくる、というケースもあるからね

> これはこれで国民の自覚による人権思想の普及から後退になると思うんだけど?

どして?俺はその辺については>43 その10 のスタンスだよ

74 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 20:45:26 ID:XobrBBP10
>72

文頭の「要するに」が何を「要した」のかが分からんのでまずはそこを

75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:46:37 ID:wZcEgn2a0
観念の理屈は観念より考えの浅い者が多数を占める場でしか通らない。
つまり日本という大枠で多数派となる事は無い。
いわんや有識者層に於いてをや。

76 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:49:25 ID:cmIC2nYY0
観念頑張れ!!



77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:50:53 ID:wZcEgn2a0
というか観念はむしろ、高潔な廃止論者から見れば論理的に相容れない者であり、
いたずらに反感を買って死刑廃止を遠のかせる困ったちゃん。

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:56:44 ID:wZcEgn2a0
「残酷さに気付かせるために残酷な刑が必要」という観念の理屈に従えば、
死刑の残酷さに気付かせ、廃止論者を増やすために死刑は必要ということになる。

終了

79 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 20:57:21 ID:cmIC2nYY0
負けるな観念!!


80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:01:06 ID:FFPq33AzO
>>73
例えば、死刑囚は更正したとしても死刑は執行される。
死んで罪を償うのか、 
一生かけて罪を償うのか、 
この違いなんだよね。
自分的には後者。 

だけど終身刑制度は日本には無いし。 
『もうしません』と心底反省しても人間って繰り返してしまう生き物だと思ってる。
というのも神隠し事件でもこのまま無期懲役ならば、何十年か後にまた事件を起こすハズだし、
また被害者が生まれちゃうと思う。
それは、不安だし不満。

一生かけて罪を償う。 
絶対必要。 
なんで導入しないのか教えてほしい。 

まぁ、それ以上に『冤罪』が絶えない現状が
まず問題だと思ってる。


81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:02:09 ID:wZcEgn2a0
「勝てる」ではなく、「負けない」戦術ばかりうまくなる。
それが廃止論者クオリティ。

82 :存置派:2009/07/25(土) 21:07:55 ID:rStjJJT9O
>>63
最終目的が釈放ありの終身刑ならば
最初からそれを主張するのが筋とは思うがね。
伏せて漬け込んで…ってのはやり口が一時期流行った布団の詐欺と何も変わらん。

…しかし「相対的」終身刑ってネーミングはどうなんだ。
何と比べて相対的に終身刑なんだかね。

あ、あと。
その15とやらだが…犯罪者にお前が感情移入できているかはともかく
「殺すのは忍びない」って結論は
「凶悪犯も概して己の命は惜しい」って前提に成り立つものであり
抑止力の否定を自ら台無しにしてしまうものだな。
逆に「彼らは死刑を恐れず、むしろ望む」という認識なら
感情移入をした後も死刑を阻むものはない。
彼らは犯罪の失敗や弁護の成功といった数々の障害を乗り越えた上での迂遠な「自殺」に成功し
一般人は再犯を防ぎ、無駄な金も使わずにすむ。
さて、結局、凶悪犯は死刑が嫌なのかね? 嫌じゃないのかねぇ?

ま、そもそも。
複数の同族を犠牲にし、いつまた犠牲にするかわからない少数の個体と
何もなければ滅多に同族を傷つけない多数の個体群。
現在の数と未来の数を考えても、双方を等価と考えること自体正解とは思えんが。

83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:10:22 ID:wZcEgn2a0
「死刑でさえなければ、死刑に比べて全てがマシである」というのは、返って無神経といえる。
死刑で許されないことは、刑罰全体でも許されない。

84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:11:32 ID:cmIC2nYY0
フレーフレー♪観念!!

85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:14:10 ID:dVbb+kgv0
>>67
いよう観念君。
>>37-40>>43の 「よくあるぼくの勘違い一覧」 が夏休みの宿題かい?
少しは推敲した文を書かないと、また「『鏡の世界』送り」になっちまうぞw

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:15:15 ID:cmIC2nYY0
ガンバレガンバレ♪観念!!

87 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 21:51:27 ID:XobrBBP10
>75 観念の理屈は観念より考えの浅い者が多数を占める場でしか通らない

俺より考えが浅いのにどうやって俺の理屈を理解するんだか
ここまで明白に矛盾したことを堂々と言ってのけられるとこがソンチ

>78 「残酷さに気付かせるために残酷な刑が必要」という観念の理屈

俺の書いたどの文章を解釈したの?それ

>80 このまま無期懲役ならば、何十年か後にまた事件を起こすハズだし、

本人がなぁんにも変わらなければ、起こすだろうね

>82 伏せて漬け込んで…ってのはやり口が一時期流行った布団の詐欺と何も変わらん。

喩えが下手杉

> 何と比べて相対的に終身刑なんだかね。

絶対的と比べてだろ

> 「凶悪犯も概して己の命は惜しい」って前提に成り立つものであり

いつ本人が「惜しい」と思ってるのか肝心な部分が明確でないのに成り立つわけがない

> 彼らは(中略)「自殺」に成功し

それを是とするのは自殺幇助に繋がる考え方だな。「所詮他人事」なソンチの姿勢がよく分かる

>85

一言くらい反論してから言わないと、ただのバカアピールで終わるよ

88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 21:56:50 ID:LvxGakHvO
>>73
国民の自発的な選択としての人権尊重でなければ、また政治の都合で右に左に振れてしまうようになるだけかもと思う。
結局のところ政治主導で産まれる価値観は、「殺人を否定する人権思想」ではなくて、時の権力者にすりよることを負い目もなく肯定する「長いものには巻かれろ」的なものになるんじゃないかな?

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 22:00:57 ID:+5rBf2kJ0
死刑による犯罪の抑止力を否定するのは難しいですよ。
食べたらダメと言われたリンゴが2つあったとして、
1つは死ぬ
1つは、死なない
死ぬほうのリンゴを食べるか、死なないリンゴを食べるのか?
どちらかを食べなくてはいけないとき
多くの人が死なない方のリンゴを食べるでしょう。
そのあたりまえで、子供でも解る簡単な理屈をひっくり返せないかぎり
死刑による抑止力は、否定できません。

そして、この死刑の抑止力を否定できないなら廃止論者は
死刑がすみやかに行われることを妨害することで、
本来起こらなかったかもしれない殺人によって
加害者や被害者を増やした罪を反省するべきです。
本当に命が重いと思うのなら、死んで償ってください。




90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 22:09:13 ID:dVbb+kgv0
>>87
>一言くらい反論してから言わないと、ただのバカアピールで終わるよ
過去の観念君の逃走劇の一部始終を知ってるからさ。
まともな議論になることは期待して無いんでね。
まあ、気が向いた時にでも遊んであげるよw

それから、芸の無い長文コピペは止めたほうが良いと思うよ。
過去の観念君を知らない人でも、あれを見ただけで引くだろうからw

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 22:17:20 ID:VqfU5wslO
観念をNG設定にしてふっきりしてたのに、お優しい方々のせいで一々存在が認識出来てしまう。悲しい事だ。

92 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 22:40:06 ID:WXQsnmtMO
>>89
激烈バカだな
殺人犯は3種類に大別できる。
1突発的な犯行
2計画的な犯行
3自暴自棄ないしはキチガイ

上記に当てはまる犯人の頭に死刑という観念は存在しない

93 :存置派:2009/07/25(土) 22:40:09 ID:rStjJJT9O
>>87
相変わらず日本語が書けない奴だなぁ
絶対的終身刑と比べて何がどう相対的なんだ?
相対的って言葉の意味、調べてきてみ

また「お前の理論は〜という前提のもとで成り立つ」って指摘に
「成り立たない」って答えはどうなんだろうねぇ。
「違う前提下でも成り立つ」とかならともかく。
なお「死刑を嫌がり始めるのは実行後のみ」とするには
「実行後でないと自分は死刑が嫌だったと、全ての犯罪者予備軍は理解できない」としなきゃいけない。
「犯罪者予備軍の中に実行前から、自分は死刑が嫌なんだ」とわかる者が一人もいないとしないとね。

あと自殺幇助ねぇ。
あれは健常な個体の死が周囲に不利益をもたらすから止めるだけでね。
生存する限り周囲に不利益をもたらしそうな存在は話は別さ。
そのあたりしっかり理解しておかないと、懲役は監禁と、罰金はカツアゲと変わらなく見えてしまうよ?

94 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 22:54:54 ID:g11FMvn00
カンネンがんばれ!!


95 :存置派:2009/07/25(土) 23:31:48 ID:rStjJJT9O
>>92
4 突発的に犯行に移ったが、
自分が死刑になる可能性を考えて、犯行を中断した者
5 犯行を計画する際に
自分が死刑になる可能性を考え、犯行を中断した者
とかは?

まさか抑止力を語るのに実際の殺人犯のみを語り
「反抗に及んだのだから死刑を恐れていない」なんてループを起こすつもりはあるまいね

96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 23:41:59 ID:+5rBf2kJ0
>>92
確かに僕は馬鹿ですが、激烈といわれるほどでは・・・
1ですが、通り魔的殺人は女性や老人や子供などが襲われることが多いですよね?
簡単に言うと、自分より弱者を狙うということ。
これは、いくら突発的やキチガイの殺人者でも身の保身を守る程度の知能を有しているといことですよね?

2計画的殺人を犯す人は言うまでも無く、リスクを避けるものです。
異常者を装ってまで死刑を避けようとする人までいるくらいですからね

3は自暴自棄による犯行には確かに効果は薄いことは認めますが、それはどんな罰でも一緒でしょう?
少なくとも1や2の犯罪が防げるだけ、ましだとは思いますが・・・。
キチガイは1と同じ理由です。

以上のことから、もっと死刑が増えて「人を殺したら死刑になる」という概念が定着すれば、犯罪は抑えられるのは明白なのですよね?
しかし、どこかの馬鹿な僕より知能の低い人達が邪魔してるせいで、死刑がすみやかにおこなわれないのが現状です。
それにしても、死刑に抑止力が無いと思ってる人達って、警官が銃を構えて「動いたら撃つぞ」と脅しても、タップダンスを踊って銃殺される程度の知能なんですかね?
そのほうが、激烈バカだと思いますけどw

97 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/25(土) 23:51:46 ID:XobrBBP10
>88 時の権力者にすりよることを負い目もなく肯定する「長いものには巻かれろ」的なものになるんじゃないかな?

それは民度次第。巻かれたら所詮その程度だったということ。日本人は第二次大戦でその辺は経験済みだよ

>89

死ぬ方のリンゴを食べる側に、凶悪犯がいるんだけど?そこが現実と違ってるから、そういう奇麗事で建前的な結論にしかならない

> 死刑がすみやかに行われることを妨害することで、

その前に全ての私刑を妨害すべきだとは考えないのかなぁ・・・

>90 過去の観念君の逃走劇の一部始終を知ってるからさ。

そりゃ「過去のお前の脳内の妄想劇」だろうに

>91 観念をNG設定にしてふっきりしてたのに

わざわざNGにしてんのかwデリケートなやっちゃ

>92

それが当て嵌まると思い込んでるんだから、如何にソンチがめでたいか、ということだな

>93 絶対的終身刑と比べて何がどう相対的なんだ?

刑期に長短があることを、相対と称してるんだよ

> 相対的って言葉の意味、調べてきてみ

言葉の概念に囚われるあまり意義を理解できない頭でっかちだなぁ、相変わらず

>「成り立たない」って答えはどうなんだろうねぇ。

ヒント↓
>いつ本人が「惜しい」と思ってるのか肝心な部分が明確でない

> なお「死刑を嫌がり始めるのは実行後のみ」とするには

「本気で」が抜けてるね

> 「実行後でないと自分は死刑が嫌だったと、全ての犯罪者予備軍は理解できない」としなきゃいけない。

ここも「本気で」が抜けてる

> 「犯罪者予備軍の中に実行前から、自分は死刑が嫌なんだ」とわかる者

本気ではなく漠然と嫌だと思ってる者は幾らでもいるだろうねぇ

> あれは健常な個体の死が周囲に不利益をもたらすから止めるだけでね

そもそも自殺願望者は健常じゃないんだが

> 生存する限り周囲に不利益をもたらしそうな存在は話は別さ。

不利益になるかならないかは使い方次第だろうに

> 懲役は監禁と、罰金はカツアゲと変わらなく見えてしまうよ?

俺は国家による監禁とカツアゲは理由があればしていいと思ってるんだけど。何故なら少なくとも殺人ではないので。それが何か?

98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 23:52:10 ID:+5rBf2kJ0
>>95
廃止論者のブログに
犯罪心理学者の大学教授が死刑囚に「死刑は抑止力があるのか?」と
アンケートを取ったら、「抑止力は無い」という答えが多かったそうです。
だから、死刑に犯罪への抑止力は無い・・・・だとかw
つうこみどころ多すぎて馬鹿馬鹿しい話ですが、なんというか・・・

これが、死刑廃止論者なんでしょうね

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/25(土) 23:57:56 ID:+5rBf2kJ0
失敬、つっこみどころね

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 00:09:15 ID:NQLcyQ4a0
リンゴを例えにしたのは、難しかったか・・・

普通のリンゴを食べる人は毒の入りリンゴを食べる人より多い
ここまで、理解できますかね?
つまり、「死刑廃止後の犯罪者」は「死刑制度のある現在の犯罪者より多い」ということ。
やっぱり、難しいのかな・・・?


101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 00:11:11 ID:jdUyALnrO
結論から云う。 
死刑反対。そして終身刑を設けるべき。

ただ身内など大事な人が殺された場合、死刑賛成。

これ当然だと思う。 

更正したとしても、罪は罪。 
ただ彩香ちゃんの母親の無期懲役は反対。
残酷な殺人を犯した人間は、精神異常者。これは当たり前。
だから、一々精神鑑定する必要は全くもって無い!
精神異常者を放置してる国が悪い。 
精神鑑定するくらいなら、冤罪を防げ、冤罪を!

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 00:26:51 ID:w3QS/6MQ0
死刑廃止論者は、身内から犯罪者が出ても死刑には反対しないだろうな。
本当に廃止したい理由は、あくまで自分が犯罪者になった時だから。

103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 00:54:32 ID:NQLcyQ4a0
>102
死刑が廃止されて喜ぶのは、犯罪者予備軍だけではありません。

世の中には、マスコミや弁護士や宗教団体みたいに
凶悪な事件が増えれば金が儲かる人間もいるんですよ。
ああいった、口のうまい連中の垂れ流す綺麗事や詭弁や屁理屈を鵜呑みにして
「死刑廃止だ!」って騒ぐのが、死刑廃止論者だと思いますよ。
自分や愛する人が殺されたら、初めて騙されて利用されたと気づくのでしょう。
その程度には信じたい・・・・願望ですけどね

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 01:50:10 ID:ScGfqzK4O
凶悪犯の死刑囚は肉食獣の檻に放り込めばよい
自然の摂理に基づきそのうち死刑囚人は喰われていなくなる
そうすりゃ刑務官は死刑執行のスイッチ押さなくてもいい
誰も殺しをしなくて済むぞ
普通の死刑より残酷かもしれんけど

105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 03:21:51 ID:IKJ8VlhbO
>>95
遅レスすまん
まず、4だが突発的に人を殺すときに死刑が頭によぎるってのが疑問、てか無いと思う。もちろん断言はできない、何故ならデータとして挙がりようがないから。
次に5だが、計画的に人を殺す=完全犯罪を目論んでの犯行。証拠隠滅等、自分が捕まるってことを全く想定していないのである。
しかしこれも断言できない、理由は上記と同じ。
ただ、死刑制度を未だ採用している国と廃止国で犯罪傾向が違ってくるのかと言われると甚だ疑問、いい例がアメリカであり中国である。

そして死刑制度の矛盾点がもう1点。刑罰には懲罰的なものと教育的なものがあり、日本では後者に重きを置いており、その観点から見ても矛盾を感じる。
長々とすまん

106 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 05:53:39 ID:Eg90ckEI0
>>105
・「闇サイト殺人事件」の川岸が自首した理由は明らかに4か5。

・現にどの廃止国よりもうまくやっている日本を無視し、アメリカや中国を見て死刑の効果を語っていいなら、
 ヨーロッパを無視し、イスラエルやベネズエラ等を見て死刑廃止の効果を語っても良い事になる。

・自由刑以上の刑罰で、大前提として懲罰や教育よりも欠かせないのは隔離効果。死刑は最も確実な隔離である。

・死刑判決を受けた、または死刑判決が視野に入ったからこそ、犯人が反省の情を見せたと思われる例があるため、
 更生を絶対視するなら、むしろ無くしてはいけない事になる。

107 :存置派:2009/07/26(日) 07:48:34 ID:sTm03vTkO
>>97
おや「絶対的終身刑と相対した刑期の長短」と定義すると
固定値に対する相対した刑期、つまり有期刑になってしまうんだがね。
いちいち傷口広げなくてもなぁ…
「成り立つ」についても同様。
勘違いしてるようだが俺は「お前の文の意味が分からない」と言っているのではなく
「日本語としておかしいよ」と言っているわけでねぇ。

通常そんな些末は「ああただの馬鹿だな」で終わらせるのだが
相手が「『本気で』を入れてくれぇ」とみっともない足掻き…もとい、表現への拘りを見せるお前だからね。

さて。
「本気で」を入れたところでどう変わるんだろうね。
漠然とした状況、少ない情報でも危機感を得られるのは
人間として当然の機能だし、それが同族殺しへの制限がなくなっても
同時に壊れるとは限らない機能だ。
…お前、もしかして「全ての犯罪者予備軍は俺より馬鹿だ」とか思ってる?

なお自殺願望はそれだけなら周囲に害のない「故障」だ。
無理心中の類になると害になるが、あれが法の裁きの範囲と知らないわけじゃあるまい。
それと死刑囚の有効利用ね…
「羊たちの沈黙」でも見たか? それとも「XXX」か?
どちらにしろフィクションではなく
犯罪者を有効に利用する手段の見通しがあるなら
挙げてごらん。
…ただせめて考証すら不十分なSFもどきはやめてくれよ。

108 :存置派:2009/07/26(日) 08:27:54 ID:sTm03vTkO
>>105
犯罪の志向性と、自分の末路への想像力とが独立してるなら
分かり易く言うなら、宅間予備軍も八木予備軍も同じ程度の想像力なら
全体的な件数の減少はあっても、内部での比率の変化は起きないだろうなぁ。

ただどうもイギリスやイスラエルの事例を見る限り
テロリストには効果はあるようだが。

それと教育についてだが。
「退学」って概念を踏まえれば納得いかないかね?

109 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 09:46:40 ID:8aHQnsdt0
>>54
スゲ〜〜ッ
反論汁なんて使う人本当にいたんだw

110 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 10:11:23 ID:/9RDcVdVO
>>109
バーカ

111 :山田AG:2009/07/26(日) 11:03:05 ID:/9RDcVdVO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 11:32:20 ID:Eg90ckEI0
なんか観念の質問って、観念以外から回答の要請があったとき以外、相手にする必要性を全く感じない。
観念に理解する気がないのかその能力がないのかは定かじゃないが、いずれにせよ観念以外の誰でも答えがわかるものしかないし、
(そもそも問題点が存在するかも疑問)観念の目線まで降りて話し合う必要も特にない。
変に会話が成立しているかのような印象を与えるより、このまま反廃止論の入門書としてあちこち徘徊してもらったほうが、
死刑容認派にはメリットがはるかに大きい気がする。

113 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 11:47:10 ID:/Mzxl6dKO
観念さんへ

例えば私が…

日本は核武装するべきである。
唯一の被曝国である我が国の国民は核武装に拒否反応を示すものが多いが、それは無視して理性的な政治家が採決してしまえばよい。
いずれ国民も理解できるようになるし、ならなければその程度の民度だったということ。

と主張したとしたらどう思われますか?

114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 12:10:01 ID:VBoslkgL0
>>97
>言葉の概念に囚われるあまり意義を理解できない頭でっかちだなぁ、相変わらず
観念君は嘘がばれたり自分で吐いた言葉の整合性が取れなくなったときに
よくこういった言い訳をするよね。

115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 12:49:29 ID:hBLIRlJW0
>>111
「人を殺してはいけない」から死刑反対って・・・
この国には死刑はもちろん正当防衛など、「人を殺してもいい」場合もあるんですよ
言ってしまえば、死刑廃止論者の脳内で作られた「俺ルール」ですよね?
そんなんでいいなら、「自己中な人殺しには生きる資格は無い。だから、死刑は賛成」です。

116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 15:00:23 ID:ScGfqzK4O
>>111
それなら檻に閉じ込めるならいいんだな?猛獣の檻に
誰も殺さない、猛獣が喰うかもしれんがw

117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 16:00:47 ID:5rWKEW660
>>72
>受刑者や冤罪被害者により大きいリスクを背負わせてもよい、という論であり、
→存置派のそういう無根拠な「脅かし」は本当にムカツキますね(爆笑)
存置派の代表として鳩山元法相の言を引用します(日本の論点2009)
「日本では年間約1300人が殺人事件の犠牲者tなっているが、実際には、それ以上の人たちが死に至らしめている可能性がある。(略)
死因究明が進めばさらに増えるに違い無い。(略)国民の多くは年々治安が悪化していると感じているのでは
ないか」
一体全体、日本という先進国の法相を務めた人が何を言いたいのだろうか。
もう、ばかかと(苦笑)
もし、将来、死刑を廃止したら、間違い無く凶悪事件が増加するだろうと、決め込んでますね。
そして、言外のは、日本の治安はかろうじて、死刑制度のお陰で保たれていると言いたいみたいですね。
私が、そういった妄想に対する反論を、数々の証拠をあげて、してきました。もういいでしょう。
もう疲れました(笑)


118 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 17:11:15 ID:hBLIRlJW0
>>72
だからさ、毒リンゴの話したと思いますけど
リンゴを食べる(殺人を犯す)とするなら、どちらかのリンゴを食べなくてはいけないとき
わざわざ毒リンゴを選ぶ人(死刑になりたい人)より
普通のリンゴを選ぶ人(死刑にはなりたくない人)が多いでしょう?

今は死ぬ確率が低い毒とはいえ、死ぬかもしれない毒リンゴが用意されてます。
これが、食べても絶対死なない安全なリンゴになったとき
それまで、毒を恐れてリンゴを食べるのを我慢していた人達もリンゴを食べ始めるでしょう。

だから、死刑を廃止したら凶悪事件が増加するって話です。
先進国の法相を務めた人じゃなくても、小学生だって解る理屈でしょう?
っていうか、小学生でも理解できるように話してるんですがね
やっぱり、難しいのかな?
ついでにいうなら、死刑が増えれば「人を殺したら自分も死ぬ」という意識が定着して、
くだらない動機の殺人も減るんですがね

119 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 17:28:20 ID:MWY3XIXe0
>96 それにしても、死刑に抑止力が無いと思ってる人達って、警官が銃を構えて「動いたら撃つぞ」と脅しても、タップダンスを踊って銃殺される程度の知能なんですかね?

目の前の拳銃は「見えてる」じゃん。想像力がない者にとっても。死刑は想像力に乏しい者には「見えない」。だから抑止力がない、と言ってる

>100 つまり、「死刑廃止後の犯罪者」は「死刑制度のある現在の犯罪者より多い」ということ。

実際死刑廃止後に凶悪犯罪が増えた例はあるの?URLでもいいから提示してね

>103 死刑が廃止されて喜ぶのは、犯罪者予備軍だけではありません。
>
> 世の中には、マスコミや弁護士や宗教団体みたいに
> 凶悪な事件が増えれば金が儲かる人間もいるんですよ。

死刑廃止になれば凶悪事件が増える、という論拠がない
「人は誰でも死にたくないから」という犯罪心理学を無視した希望的観測が論拠なら、平和ボケも甚だしい

>107 固定値に対する相対した刑期、つまり有期刑になってしまうんだがね。

結果的にはね。だが最初から有期にするわけではない

>「本気で」を入れたところでどう変わるんだろうね。

お前の想像力次第だよ。一度本気で死刑を怖がってから、それを描写しなさい

> 漠然とした状況、少ない情報でも危機感を得られるのは 人間として当然の機能だし、

へぇ。で、それ、「どの程度の危機感」なの?

>113

主張するのは自由、と思います。理性が核武装するとは思えないけど

>117 もし、将来、死刑を廃止したら、間違い無く凶悪事件が増加するだろうと、決め込んでますね。

間違いなく決め込んでるね
もう少し想像力のある人が法相になればいいんだが

120 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 17:41:11 ID:MWY3XIXe0
>115 この国には死刑はもちろん正当防衛など、「人を殺してもいい」場合もあるんですよ

正当防衛は仕方ないよね。自分を守るために
でも死刑は仕方なくない。言うなれば死刑は過剰防衛

>116誰も殺さない、猛獣が喰うかもしれんがw

間接的に人殺してるよね。ジョークにしても全然オモロないんだけど
もうちょっとまともな論客いないの?

121 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 17:57:43 ID:kAIqwfPQ0
>>110
汁の人かな?
観念ってコテが有るのに名無しで書き込んでるの?
使い分けてるのかな?
イロイロと大変だねw

122 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 18:00:28 ID:IKJ8VlhbO
だから上記に書いてあるように通り殺人を犯すときの犯人の心理は上記3つしかないんだよ。
りんごや拳銃タップダンスなんては飛躍してて話にならない。

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 18:03:47 ID:Eg90ckEI0
廃止論者ってそれ以外の人より「我慢できない子」率が高いね。

124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 18:06:55 ID:Eg90ckEI0
>>122
迷ってやめた人間がいないと考えるのは不自然。

125 :存置派:2009/07/26(日) 18:09:44 ID:sTm03vTkO
>>119
で。そろそろ自分の表現力の無さは自覚できたかな?
それとも、まだかな?
そんなはずはないか。
「全ての犯罪者予備軍が例外なく想像力に欠陥を抱えているに違いない」と考える程度に想像力のないお前でも
表現に対するセンスと、想像力の欠如は別問題だからね。

俺は死ぬのは何よりも怖いが
死の危険をどう感じるかは人それぞれだろう。
全体的な傾向として、「即処刑」と「一生食っちゃ寝」となら
前者の方が人気がないってのは予測がつくが。

126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 18:25:00 ID:T8OWT3YrO
観念君が自身の非を認める気がないのは解りきってて、丁寧に丁寧に言葉を尽くしてやるだけ無駄なのに、みんな良くやるな……こんなんだから、荒らしっていなくならないんだよなぁ……

127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 18:51:03 ID:kVlhTnap0
>>118
小学生よりアホな理屈だなw

128 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 18:55:06 ID:MWY3XIXe0
>122 りんごや拳銃タップダンスなんては飛躍してて話にならない。

同感

>124 迷ってやめた人間がいないと考えるのは不自然。

純粋に死刑が怖くて止めた人間の心理描写をお願いします
「あーこいつ殺したい。でも死刑になるのやだな。だからやめよう」とかいう小学生の感想文みたいなのじゃなしに

>125 「全ての犯罪者予備軍が例外なく想像力に欠陥を抱えているに違いない」と考える程度に想像力のないお前でも

想像力に欠陥のない犯罪予備軍が、死刑が怖くて止めた瞬間の心理描写をお願いします
「あーこいつ殺したい。でも死刑になるのやだな。だからやめよう」とかいう小学生の感想文みたいなのじゃなしに

129 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 18:59:55 ID:MWY3XIXe0
>127

まぁでも日本人の殆どがあの程度で思考停止しているのが現状だよ
「死にたくない人の方が多い」が抑止力の根拠
犯罪者と一緒で想像力が欠如しているんだよ
で最終的には想像力の無さをカバーするために妄想を広げて安心する。>121みたいに

130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 19:01:51 ID:b/7UohES0
実際のところ、
「あーこいつ殺したい。でも死刑になるのやだな。だからやめよう」
ってくらいの知能だろ。
犯罪予備軍ってのは。

131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 19:30:46 ID:/Mzxl6dKO
>>119
お返事ありがとう。
>>113です。
主張の自由は認めるがそれは理性的ではないとのこと。
ここであなが言う「理性的であること」が重要になると思うのですが、だれが「国民を無視してなされた政治家の判断」を「理性的であるか否か」判断するのでしょうか?
また、政治家の独断を許す社会において、その独断が「理性的ではない」と判定されたとして、誰が彼ら政治家を制止することができるのでしょうか?

132 :存置派:2009/07/26(日) 19:31:18 ID:sTm03vTkO
>>128
自分で想像しろ。
自称、想像力があり、感情移入が得意な観念君。
簡単だろ?
不特定数の人間が特殊な教育や洗脳を受けたわけでもないのに
全て例外なく同じ思考や知性を持つなんて
SFじみた発想を持つお前なら。

133 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 19:39:50 ID:hBLIRlJW0
>119

銃は、その外見では殺傷能力があるようには見えませんよね?
どこも尖ってない小さな金属の塊ですし・・・
しかし、想像力が乏しい人だって銃を向けられたら怖いし、言うことを聞いてしまうでしょう?
これはあくまで「知識」として危険なものだと判断してるからなんですよ。

もっと、死刑を増やして、「人を殺したら死刑」という「知識」が、
あたりまえになれば死刑の抑止力も銃を向けられたのと同じぐらい効果があるんですよ。
これを否定するのは、死刑廃止論者ぐらいの知能の生物だけじゃないかな?

134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 19:41:48 ID:VBoslkgL0
>>126
AA連投や有名なマルチコピペが相手なら、徹底して無視するのがベストだと思うけどね。

カルト教団の指導者や某共産主義国家の工作員、
(そいつらよりもはるかにレベルは劣るが)観念君や長文矢印みたいな人種は、
いかにも自分が正しい事を言っているように見せかける事 だ け は上手いんだよ。
誤った知識や妄想を並べた文章でも、そいつらだけが延々と語り、誰も反論する者がおらず
それが当たり前だというような空気の中にいると、
中にはそれを正しいと錯覚してしまう人も出てくる。集団真理って奴で。

そういった輩相手に、黙っているだけというは少しもいい結果を生まない。
嘘は指摘し続けないと、いつの間にやらカビみたいにそこらじゅうにはびこるからね。
お隣の国みたいなのは黙っていると際限なく増長するってのも、ご覧のとおり。

135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 19:44:02 ID:hBLIRlJW0
>>130
実際のところ、
「あーこいつ殺したい。でも死刑になるのやだな。だからやめよう」
ってことも考えられないくらいの知能だろ。
犯罪者と死刑反対論者ってのは

136 :山田AG:2009/07/26(日) 19:57:19 ID:/9RDcVdVO
>>121
バーカ

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:03:35 ID:w3QS/6MQ0
>>128
お前が馬鹿にしている、自分の母親にでも聞いてみろよ。

138 :山田AG:2009/07/26(日) 20:05:23 ID:/9RDcVdVO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

139 :長文矢印は書き込み禁止:2009/07/26(日) 20:08:43 ID:sMq63vqX0
>>117
>私が、そういった妄想に対する反論を、数々の証拠をあげて、してきました。もういいでしょう。
>もう疲れました(笑)

疲れたなら、もうここに来ないでください。
誰もあなたのダラダラとした意味のない長文書き込みなど読んでませんから。
(最終2行だけ特別に読んであげました。)
さようなら〜

140 :山田AG:2009/07/26(日) 20:15:01 ID:/9RDcVdVO
>>139
なんだコイツ。バカじゃねーの

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:17:13 ID:hBLIRlJW0
>>119
実際死刑廃止後に凶悪犯罪が増えた例はあるの?

例がなきゃダメですか?
考える力は無いのですか?
この程度の予測もできないのですか?

人間は行動を決めるときに、ある程度は推測したり考えたりして判断するものなんですよ?
それでも、わかりやすい例えかとリンゴの話をしてみたのですが・・・
死刑廃止論者の知能は僕が想像していたよりも低かったようですね。
たぶん、彼等はウンコを食べてデーターをださないと、ウンコを食べていいものかすら判断できないレベルなんですね。


142 :山田AG:2009/07/26(日) 20:21:32 ID:/9RDcVdVO
>>141
あのりんごの例えは頭悪いと思うよ。

ねぇ、そんなことよりさ、俺のチンコが痒くなってきちゃったんだけどね、どうすればいいの?

143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:21:35 ID:kVlhTnap0
>>141
お前はやっぱり小学生以下だw
お前みたいな人間が冤罪を生むのだがw

144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:30:48 ID:hBLIRlJW0
>>141
小学生以下の言葉に、ちゃんと反論できない君は幼稚園児以下ですねw
お前みたいな人間が・・・って先入観で人決め付ける人間が冤罪を生む元凶だと思いますけどw

145 :山田AG:2009/07/26(日) 20:30:48 ID:/9RDcVdVO
>>141
そうだそうだ、小学生以外だ!
バーカバーカ。

…なんか、尻の穴も痒くなって北。どうすればいいの?

146 :山田AG:2009/07/26(日) 20:33:03 ID:/9RDcVdVO
>>144
お前は死んだほうがいいと思うよ!!

147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:33:18 ID:hBLIRlJW0
>>141
バカっていうな!!
この季節は汗とかで皮膚に負担かかるから、何か薬塗ったほうがいいですよ。

148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:37:51 ID:hBLIRlJW0
>>146
そうですよね。悪い人間は死んだほうがいいですよね!
まあ、僕はそこまで悪い人間では無いので死にませんけど・・・・

149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:49:42 ID:kVlhTnap0
>>144
先入観っていうのは>>141的なものの考え方をいうのだがw
お前の主張は反論しようと思うレベルの意見ではないのだよ。



150 :山田AG:2009/07/26(日) 20:51:08 ID:/9RDcVdVO
>>148
確かに悪いヤシは死んだほうがいい。

けど、俺は死刑反対だなー

151 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 20:53:33 ID:/Mzxl6dKO
>>150
人を殺してはいけない理由を教えてあげればどうかな?

152 :存置派:2009/07/26(日) 21:07:55 ID:sTm03vTkO
>>119
それと、廃止後に凶悪犯罪が増加した例を見たいなら
イギリスを見るとよい。
テロも通常の殺人も目に見えて増えたんでね。

…っていうか以前も言ったはずなんだがなぁ、これ。
忘れた? 認めたくないだけ?

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 21:17:08 ID:be8x7b6NO
>>152
イギリス、カナダ、韓国…
廃止することで治安がよくなれば、廃止すべきだいえるけど、悪化したんなら、絶対に廃止してはいけないなあw


154 :山田AG:2009/07/26(日) 21:17:54 ID:/9RDcVdVO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 21:43:26 ID:IKJ8VlhbO
だから何回言わせんだよ!誰が計画的に人を殺す時に死刑うんぬんを考えるんだよ、逃げ切ることしか考えないはず。
そもそも死刑と終身刑だったら死刑のほうがいやなの?


156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:05:43 ID:Eg90ckEI0
「現実で」「今すぐ(または少しがんばれば)」死刑が廃止でき、且つ「すべきである」とする者を死刑廃止論者という。

「理想的には無い方が良い」とか「死刑に賛成とは言わない」とか「人を殺してはいけない」というだけの人は
倫理観を述べているだけで、本来死刑廃止論者には入らない。

反論するときは、相手が廃止論を述べているのか、倫理観を述べているのかの立場に注意しないと、
廃止論者に論点を摩り替えられて、印象誘導の材料にされる。
というか悪質な廃止論者はそのための疑似餌を常に撒いていると思ったほうが良い。


157 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:07:20 ID:Eg90ckEI0
>>155
人を殺す時に死刑うんぬんを考える人が全くいないと考えるのは不自然。

158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:26:17 ID:sMq63vqX0
140 名前:山田AG[] 投稿日:2009/07/26(日) 20:15:01 ID:/9RDcVdVO
>>139
なんだコイツ。バカじゃねーの

⇒長文矢印と同じで教養のかけらも感じませんね。
「山田AG」てなんですか、かっこ悪い。

159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:42:36 ID:be8x7b6NO
まあ、あれだ
人の命が大事だ、と思ってるからこそ、刑法に「人を殺したら死刑で報いるぞ」と記して公表してあるわけだ
それでも、人を殺した犯人を死刑にして何が悪い?


160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:45:18 ID:hBLIRlJW0
そもそも、どうして死刑を廃止すると殺人が減ると思ってるんでしょうね?
他国のデーターからとか、偉い犯罪心理学者さんが言ってたから・・・ではなく自分の言葉で言ってください
少なくとも僕は、殺人犯でも死にたい人より死にたくない人のほうが多いと思います。
確かに、一握りの死刑になりたいから殺す人がいることは認めますが
彼等は、死刑になりたくない犯罪者予備軍より多いと思ってるんですか?

ついでに、刑罰を考えずに殺人を犯す人って、死刑があろうが無くなろうが同じって意味ですよね?
わざわざ死刑を廃止して、「殺したいけど死刑は嫌だ」な人まで殺人を犯す危険を増やす理由ってなんですか?
自分の頭で考えて、その理由を語ってください。


161 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:49:26 ID:IKJ8VlhbO
>>157
わかった、仮に死刑制度に一定の犯罪抑止効果があったとする(たぶんないが)
ただ死刑と終身刑を比較した場合に果たして前者のほうが犯罪抑止効果があるのか否か。
死刑だったら殺さないけど終身刑だから殺すという人がいるのか。

要は死刑支持者は遺族感情でしか闘えないのだ、しかしその遺族感情が1番に考えられるべきファクターの1つでもある。難しいね


162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:50:28 ID:VzjUPf0W0
本来人を殺すって、倫理的ハードルの高い行為なはずなんだよ。
だからこそ宗教の後ろ盾や、法の後ろ盾が必要なわけで。

もし殺人が増えてるとすればその倫理的ハードルの低さが問題でしょ。

死刑があるから犯罪が増える減る(またはないから)という論議自体が何か違う。

死刑はあくまで行為とその代償。
これ以上でも以下でもない。

163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:54:47 ID:be8x7b6NO
強硬な死刑廃止論者は
「例えどんな凶悪犯でも、更生の可性がある、だから再教育すべきだ」
といった直後に平気な顔して
「凶悪犯は狂っていて、どうしようもない連中だ、こんなの死刑にしてもしかたがない」
と主張する
わからん!!

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 22:57:45 ID:VzjUPf0W0
>>163
いや、わかりやすいよ。

「国が人を殺すことに反対」

なこと。

やがては殺人を自由に行える国を作りたいんじゃないの?
殺人がない国を作りたい、というなら妄想でしかないけどね。
殺人は人間の行為なわけで。

165 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 23:22:25 ID:MWY3XIXe0
>130

んじゃ「殺人したら必ず捕まって死刑になる」と本気で思い込んでる知能の低い予備軍が実在することと、彼らには死刑しか抑止力にならないことを証明して
これが証明出来たら俺も考え直すよホント

>131 だれが「国民を無視してなされた政治家の判断」を「理性的であるか否か」判断するのでしょうか?

理性的な国民が。少なくとも理性的でない国民ではない

> 政治家の独断を許す社会において、その独断が「理性的ではない」と判定されたとして、誰が彼ら政治家を制止することができるのでしょうか?

民主主義なら、国民がでしょうな

>132 全て例外なく同じ思考や知性を持つなんて

そんな事言った記憶がないんだが。どの文章からそう解釈したの?

>133 しかし、想像力が乏しい人だって銃を向けられたら怖いし、言うことを聞いてしまうでしょう?

程度問題。どのくらい乏しいか、によって反応は違う

>これはあくまで「知識」として危険なものだと判断してるからなんですよ

そうだね

>もっと、死刑を増やして、「人を殺したら死刑」という「知識」が、
> あたりまえになれば死刑の抑止力も銃を向けられたのと同じぐらい効果があるんですよ。

中国が実際それに近いんじゃないかな。それでも殺人は減らないよね。どして?

>141 例がなきゃダメですか?

ダメです

> 考える力は無いのですか?

いえ、ありますよ。少なくともこのスレのソンチーズよりは

> この程度の予測もできないのですか?

希望的観測と予測とは違いますよ。それをはっきりさせるためにも、死刑廃止後に凶悪犯罪が増えた例を
勿論、「死刑があるために減った」ということを証明しないといけない。単にグラフを見せて「はい減ってます」では説得力がない

>152 テロも通常の殺人も目に見えて増えたんでね。

それが廃止が原因なのかどうかの立証をどうぞ
世界情勢等考えれば犯罪が増える要因はいろいろあることは容易に想像がつくと思うんだが

> …っていうか以前も言ったはずなんだがなぁ、これ。

そういや韓国も増えたって言ってたな、URLは?と聞いたが全く答えなかったよねぇ・・・
そろそろURL教えてよ。あれからだいぶ経つし

>157

実際殺人計画者の何%が「死刑の可能性を考える」と思ってるの?
でもってそのうち何%が「死刑の可能性を理由に止める」と?
ソンチーズの脳内を覗き見たいので是非教えてたもれ

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 23:29:48 ID:Eg90ckEI0
>>161
少なくとも死んだ人間は生きている人間より再犯する可能性が格段に低いので、
その事実がある限り、「一般予防効果がわからない」事は廃止論に有利に働く事はない。

遺族感情のファクターはその前提の上にあるので、それだけでしか闘えないということだけはない。

167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 23:47:13 ID:IKJ8VlhbO
>>166
ごめん、ホントに言ってることの意味がわからない
特に「一般予防効果うんぬん」のところ。

168 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 23:47:55 ID:b/7UohES0
>>161
効果のありそうな方法をなるべくたくさん用意するのは理にかなっている

169 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/26(日) 23:54:36 ID:MWY3XIXe0
>161死刑だったら殺さないけど終身刑だから殺すという人がいるのか。

俺もそれをずーっと聞いてるんだけど、ここのソンチは答えないね

>166 少なくとも死んだ人間は生きている人間より再犯する可能性が格段に低いので、

死んだ人間の再犯可能性は0、と言わないのは何故?

170 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 23:56:06 ID:be8x7b6NO
ま、ちょっとみて
ttp://maokapostamt.jugem.jp/?eid=5335


171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/26(日) 23:59:19 ID:oIt0cODN0
死刑囚に更正とかそんなもんのぞんじゃねぇんだよ
被害者と同じ苦痛をあじ合わせて死んでもらう、それが遺族の望み。

ま・・・安心しろ廃止派がなにを言おうが死刑は存続する。

172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:12:36 ID:kIY1hjtt0
>>161

んじゃ「殺人したら必ず捕まって死刑になる」と本気で思い込んでる知能の低い予備軍が実在することと
=残念ながら現時点では「必ず」死刑にはなりませんし、そう思う人も少ないでしょう。
・・・どこかの馬鹿な連中や金儲け主義の弁護士達が妨害してますしね。
ただ死刑の回数を増やすかオープンにすれば「死刑になるかも」と思い込んでくれる知能の低い予備軍も増えると思います。

彼らには死刑しか抑止力にならないこと
=死刑は「死にたくない」という生物の死を避ける本能から考えて抑止力は大きいですが、
「しか」というほどの、唯一の方法ではありません。
終身刑と両立することだって可能でしょうし、一生モルモットとして医学に貢献・・・なんて刑も考えればいくらでも出てきます。
ただ、死刑をわざわざ廃止する理由が弱すぎると言っているのです。

以上、証明しようにも、仮定がわざとなのか本気でなのか歪められてるので証明できません。
でも、考え直してくれれば嬉しいのですがね。

173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:24:50 ID:kIY1hjtt0
>161死刑だったら殺さないけど終身刑だから殺すという人がいるのか。

死刑なら我慢するが、死刑が無くなれば殺してもいいか・・・ぐらいは考えるでしょうね。
だいたい、終身刑が死刑と本当に同じリスクだとは思えません。
「雨風をしのげ、
看守が暴力を振るうこともなく、
食事も用意されて、
病気になれば診てもらえ、
冷暖房完備、
セキュリティも万全、
仕事は学生のバイト以下の誰にでもできる軽作業をして
死ぬまで税金で生活保護してもらう」

「殺されるまでの恐怖の日々を過ごし、絞首刑にされる」
とでは、君ならどっちを選びますか?
このご時世です。あえて終身刑で生活保障してもらいたい人は、死刑になりたい人より多いと思いますよ。

174 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/27(月) 00:27:42 ID:tVZlz4+p0
>160 そもそも、どうして死刑を廃止すると殺人が減ると思ってるんでしょうね?

死刑があると「こいつが俺をもし殺しても国家が復讐してくれる」とどこかで思っているから、一時の自分の感情を優先して超えてはいけない線を越える可能性が高まる
死刑を廃止すると「万一自分が殺されても国家が仇討してくれないから死に損だ」「自分の身は自分で守らねば」と思うから一線を越えないように自制する可能性が高まり、殺人を未然防止する対策に予算がより多く使われるよになる
結果、殺人が減る。反論どぞ

> 少なくとも僕は、殺人犯でも死にたい人より死にたくない人のほうが多いと思います。

うん、俺もそう思うよ。でもその「死にたくない人」が死刑の可能性を理由に殺人を止めることが本当にあるのか、という話

> わざわざ死刑を廃止して、「殺したいけど死刑は嫌だ」な人まで殺人を犯す危険を増やす理由ってなんですか?

危険が増える、というからには下のように思う予備軍がいることを証明しなければならない
終身刑なら殺すが、死刑なら殺さない
その証明がないのに「危険が増える」前提のその質問には答えられない

175 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:50:32 ID:4bXtjRxcO
>>174
死刑があると「こいつが俺をもし殺しても国家が復讐してくれる」とどこかで思っているから、一時の自分の感情を優先して超えてはいけない線を越える可能性が高まる
なんで殺される側が、一線を越えるのかな?
論旨無茶苦茶


176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:54:39 ID:4bXtjRxcO
追加
「死刑を廃止すると「万一自分が殺されても国家が仇討してくれないから死に損だ」「自分の身は自分で守らねば」と思うから一線を越えないように自制する可能性が高まり、殺人を未然防止する対策に予算がより多く使われるよになる」
逆!一線を越えやすくなる


177 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:54:58 ID:aC7yDLp20
「あらゆる犯人は犯行後捕まるまで、逃げる事だけを考える。途中で我に返り捕まった時の事を考えて、犯行を思いとどまったり自首する事はない」
という考え方は、人間の思考の柔軟性に対する過小評価でもあるだろう。

人間が一度思い立った事は絶対に中断しないと考えるのは不自然である。
衝動的な欲望に駆られても、犯行の実行前・中・後いつの時点でも我に返り(あるいは別の衝動に駆られ)、割り込みで思考と目標を変更するポイントはありうる。
そして以下の理由から、(日本では)>>155の言うとおりであっても、死刑が自由刑よりも被害拡大を防ぐ、少なくとも死刑廃止状態以下にはならない、と推論できる。

犯人が計算によってリスクから逃げる事のみを考える思考パターンの場合、逃げずにとどまるリスクが計算できるのであれば、その一つ先のリスクでも思いつければ
(自首して捕まった場合としないで捕まった場合等)、より高いリスクから「逃れる」ために思いとどまる犯行がある事になる。
死刑を求刑された犯人はほぼ全員回避を望む事から、ほとんどの場合死刑は自由刑よりハイリスクだと犯人にも認識されている事は明らか。
つまり、リスクを計算できる人間に対して、死刑の存在が被害の拡大を防ぐ可能性は、(日本のように)逮捕の可能性が充分に高ければ、
リスク回避のために犯行を完遂した上逃亡し続ける可能性と、同等以上にありうる。

犯人が衝動的な思考によってリスクから逃げている場合も、死刑の存在が犯罪をより多く抑止すると考える方が自然。
死への恐怖は普遍的であり、死にたくない人間は明らかに多数派である。
(死刑の存在が充分に周知されていれば)常識的には死刑にならないとわかる犯行でも、本能的衝動的に恐怖を感じ犯行を中断したり自首をする可能性は、
本能的衝動的に犯行を完遂した上逃亡を続ける可能性と、同等以上にありうる。

178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 00:57:32 ID:aC7yDLp20
>>167
検索すれば?

179 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:02:41 ID:4bXtjRxcO
>>170の韓国に関するURL無視かよw

180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:07:54 ID:4bXtjRxcO
刑法が「法典」として存在しているのは、国による権力(裁判権)濫用の防止が本来の目的であって、犯罪抑止は入っていない。罪刑法定主義の成立経緯から考えればそうなる罰は赦されない行為をなした者にのみ課される。
けど、法典が予め公開されているわけだから、罪と罰を広く公表しておくことで、やってはいけないことを周知させる効果はあるだろう。
ことに、死刑は総則で、最高の刑と位置付けてあるわけだし、該当する犯罪の重大性を国民に認識させておこうとする立法趣旨そのものは否定できない。


181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:25:19 ID:kIY1hjtt0

>>167死刑があると「こいつが俺をもし殺しても国家が復讐してくれる」とどこかで思っているから、一時の自分の感情を優先して超えてはいけない線を越える可能性が高まる

ごめん、意味が解りません。
被害者が「国家が復讐してくれる」と思うと加害者が 「一時の自分の感情を優先して超えてはいけない線を越える」ってことですか?
どっちにしても、僕には理解できませんでした。

>死刑を廃止すると「万一自分が殺されても国家が仇討してくれないから死に損だ」「自分の身は自分で守らねば」と思うから一線を越えないように自制する可能性が高まり、殺人を未然防止する対策に予算がより多く使われるよになる
結果、殺人が減る。反論どぞ

これも意味不明です。
僕なりに翻訳すると、国があてにならなくなれば、国民が自分の身を守らなくなって、殺人者は自制するって意味ですかね?
みんなが武器を携帯して、戦わなくてはならなくなるなんて・・・殺伐した未来ですね。
正直、原文が意味不明すぎて正しく理解できたかも不安です。
もし、意味が解る人がいたら解説お願いします。

>終身刑なら殺すが、死刑なら殺さない
その証明がないのに「危険が増える」前提のその質問には答えられない

これについては173で語ったとおりです

182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:30:50 ID:aC7yDLp20
>>180
刑法に入っていないことは、その成立過程に抑止力の考慮が無かったという事までは意味しないだろ。

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:37:13 ID:4bXtjRxcO
そうだよ
後半読んで

184 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 01:44:45 ID:aC7yDLp20
>>183
ごめん、だとすると誰に何が言いたいのか分からない

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 02:03:11 ID:aC7yDLp20
「少年だから死刑ない」 軽トラで銀行員はね殺害した少年 公判で遺族に - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090601/trl0906011906015-n1.htm

※何しても死刑にならないと意識した人間によって行われた犯罪の例

186 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 02:07:21 ID:OoqqUb0sO
>>165
「政治家の理性的な独断」を止めることができなかった国民が、「政治家の理性的ではない暴走」は止めることができるとするのは、設定に無理があると思います。


187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 02:07:34 ID:4bXtjRxcO
要は、刑法が「殺人はするな、死刑という一番重い罰を課すぞ」と公示しているということ
死刑、懲役、禁固、罰金…どれが一番重いのかは誰でもわかる
その死刑を殺人罪に対して用意しているのは、日本という国が、人命を傷つけられれば償いえないもの、と位置付けている、ということでしょ?

188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 02:09:08 ID:4bXtjRxcO
>>187>>184さん宛てです

189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 02:10:01 ID:FXFguhuh0
林真須美はどうして死刑?

190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 03:02:29 ID:aC7yDLp20
>>187
うん。
で、それを違うと言ってる人が居るのかなと思って。

191 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 03:42:36 ID:4bXtjRxcO
廃止派だと「殺人犯はくるっているから死刑にしてもしかたがない、だから死刑は廃止すべきだ」と主張する
そのあと「殺人犯でも更生の余地がないとはいえない、だから死刑は廃止すべきだ」という
つまり、彼らの主張をまとめれば、殺人犯は狂っていて、更生の余地がないから、刑罰課すことはできない、となるんだな

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 10:19:49 ID:0jK/TMna0
>>117
>もう疲れました(笑)

当然でしょう。
暖簾に腕押しを何年も続けて、全員から馬鹿にされ、軽蔑されているのですから。
これで何も感じないとしたら、本当の精神病ですよ。
まあ、あなたは多分精神を患っていますから、一度ゆっくり病院に行って下さい。
それが身のため、社会のためです。
それでは永遠にさようなら。

193 :山田AG:2009/07/27(月) 12:13:00 ID:7Eqp7710O
人を殺してはいけないから死刑反対!!!

194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 12:50:43 ID:BTuz4Vmd0
ちょっと一息拾い物

"851 :名無しさんの主張:2008/03/14(水) 23:51:41 ID:9nP???
"

便利屋の書類処分をやった時に見つけた 嫌がらせ行為の依頼者
仮名美冬里大塚A立区アパート賃貸業
探偵が書き込む欄に逆恨みによる依頼みたいな綴り書きがあった。
ババアの逆恨みでも依頼をうけちゃうんだね。


195 :山田AG:2009/07/27(月) 12:56:29 ID:7Eqp7710O
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 13:12:06 ID:S9u1uXhL0
>>195
拙い言葉遣いだが本質をついているな

197 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 13:44:05 ID:OoqqUb0sO
本質さんもえらいのに突かれちゃったな。

198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 14:11:37 ID:aC7yDLp20
でもヤマダのは廃止論じゃないな。嗜好だ。

199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 14:31:26 ID:dQPXwrXz0
>>195
必要かどうか決めるのは、お前じゃないけどな。

200 :山田AG:2009/07/27(月) 14:34:38 ID:7Eqp7710O
>>199
バーカ

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 14:38:08 ID:aC7yDLp20
山田の方がバカに一票

202 :山田AG:2009/07/27(月) 14:44:55 ID:7Eqp7710O
>>201
お前のがバカだ

203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 15:43:06 ID:uX2ryZjs0
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243344351/l50

天魔神 リヴァイアサン様に祈るべし

すでに作中にてコンクリート殺害犯や飲酒ひき逃げ公務員らをバーチャル処刑!?
さらにS学会、特亜勢力にも・・・・・・
巡礼2000万超えれば日本は救われる!?

↑↑↑↑↑
上記のスレの>>1に対し、リアルチョン?が「自殺に追い込む」などと宣言し
暴れまわっております。
1が自作小説サイト中で、在日特権に触れた直後にこのリアク・・・
支援願います!
スィーツ(笑)ひしめく恋愛小説大手サイトで、ランキング1位にさせる!
まずは100万HITを狙いたいです!!



204 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 15:44:22 ID:W611mT3rO
どんなに死刑反対叫んでも理解されない廃止派
哀れカワイソスw

残念ながら死刑は存続します
今後も無駄に反対言い続けて下さいねw


205 :山田AG:2009/07/27(月) 16:14:37 ID:7Eqp7710O
人を殺してはいけないから死刑反対!!

206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 16:23:14 ID:aC7yDLp20
>>204
というか廃止派自身が廃止してもらえない地盤を固めてるよね。

207 :山田AG:2009/07/27(月) 16:33:54 ID:7Eqp7710O
>>206
バーカ

208 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 17:22:08 ID:KHTVx+Yw0
http://mainichi.jp/select/today/news/20090727k0000m040031000c.html?link_id=RTH04
→1995年に起きた、八王子スーパー強盗殺人事件の時効まで一年となった。
関係者による時効撤廃運動は確実に実を結びつつあるようだ。
法相の勉強会が法制審議委員会に諮問するそうだ。
でも、一年以内に法律を変えることができるのか。
過去の事件の時効を取り消すとなると、収拾がつかなくなるだろう。
基準をどこにもってくるのか。
やはり、凶悪事件(現在の法律で、確実に死刑が求刑されるような事件)の時効は、
一律に時効を停止すると宣言するべきだろう。
これは、犯人が捕まるとか、証拠価値がなくなるからというより、「人として絶対に許されない」
というラインを引くべきだと思うからだ。したがって、それは儀式的ともいえるかもしれないが、
そういう決意を示すというのは、法治国家として規範を示すという意味合いがあろう。
現在の法律でも、犯人が国外に逃亡した場合など、時効が停止することになっている。
また、何より、従来は、時の経過と共に、証拠品の価値がなくなるという問題があったが、
現在では逆に、ある程度保存しておけば、将来、より精密な科学的検査が可能となり、
証拠品に新たな価値が生まれるという可能性もある。
実際、アメリカでは、迷宮入り事件専門捜査班の活躍で、30年、40年も前の事件が解明したこともある。
刑事捜査の国際基準に合わせるという問題を、死刑制度の存廃問題とも絡めて考えるべきだ。

209 :山田AG:2009/07/27(月) 17:52:56 ID:7Eqp7710O
>>208
軽犯罪には時効はあってもいいけど、重い犯罪には時効は無くしたほうがいいと思うな。

210 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/27(月) 19:02:26 ID:tVZlz4+p0
>161 死刑の回数を増やすかオープンにすれば「死刑になるかも」と思い込んでくれる知能の低い予備軍も増える

オープンにすることによる抑止効果は否定しないが、死刑の回数を年10から年100に増えたとして、知能の低い予備軍がその違いをきちんと認識するかどうかは怪しい
10から100、200,300、と年を追うごとに増え続けるならまだしもだが、限度があるし非現実的

> =死刑は「死にたくない」という生物の死を避ける本能から考えて抑止力は大きい

死を恐れる善良な市民の希望的観測の域を出ないんだよね・・・本気で人を殺したいと思ったことないでしょ

> 証明しようにも、仮定がわざとなのか本気でなのか歪められてるので証明できません。

死刑に抑止力があることを証明するための必要最低限なんだけど、それが歪んでるって?

>173 死刑なら我慢するが、死刑が無くなれば殺してもいいか・・・ぐらいは考えるでしょうね

言葉で言うだけなら何とでも言えるが、全然リアリティがないんだよね。どの程度の殺意なの?それ。ホントにそんな気持ちになる人がいるの?単なる想像の産物では?と問いたい
という訳で、廃止国で実際に「今まで散々我慢してきたが今日から廃止されたから殺した」という殺人事件があったら教えてください

>175 なんで殺される側が、一線を越えるのかな?

一線を越えたが為に恨みを買って後日殺された事例は幾らでもあるだろ。そのケースを書いてる

>176 逆!一線を越えやすくなる

では一線を越えるまでの過程とその決定的瞬間を詳細に描写してみてください

>177 死刑を求刑された犯人はほぼ全員回避を望む事から、ほとんどの場合死刑は自由刑よりハイリスクだと犯人にも認識されている事は明らか。

犯行前と逮捕後じゃ、犯人の心理状態は全然違うよ。弁護士に洗脳されたりもするし

> 常識的には死刑にならないとわかる犯行でも、本能的衝動的に恐怖を感じ犯行を中断したり自首をする

恐怖、というのが本当に「死刑に対して」なのかどうかがこれだけでは不明
だから実際「死刑になると思い込んで、己の死に恐怖を感じた」事例があったのなら、それを教えてください

>179

>174の時点では>168までしか読めてなかった。後で行ってみるよ

>181 被害者が「国家が復讐してくれる」と思うと加害者が 「一時の自分の感情を優先して超えてはいけない線を越える」ってことですか?

違う。Aが「国家が復讐してくれる」と思うとBに一線を越えた酷い仕打ちをするから、後日Bに殺される、ということ

> 僕なりに翻訳すると、国があてにならなくなれば、国民が自分の身を守らなくなって、殺人者は自制するって意味ですかね?

どうやって怨恨殺人が起こるのか、基本的なことが想像できてないからそういう勘違いが起こるんだろうな・・・
俺が悪かったよ、今度からもう少し読者のレベルを考えて分かり易く説明するように努力する。たぶん

>185

「死刑が怖い」とは言ってないんだよね。少年の返事が「はい」なら抑止力を認めるが
それにしてもその少年、相当酷いオヤジに育てられたみたいだな。ある意味被害者だろ、彼自身が。・・・・とはソンチは思えないの?

>186

それは国民に学習能力が無ければ、の話。そこまで馬鹿じゃないでしょ国民は

>191 廃止派だと「殺人犯はくるっているから死刑にしてもしかたがない、だから死刑は廃止すべきだ」と主張する

それ似非だよ

211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 19:48:30 ID:QjQLMPl70
山田と長文矢印は知能指数が同様に低いので退場でいい。

212 :山田AG:2009/07/27(月) 20:09:35 ID:7Eqp7710O
>>211
うっせバーカ

213 :山田AG:2009/07/27(月) 20:11:22 ID:7Eqp7710O
>>211
>知能が低い

…人は鏡。

214 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 20:14:47 ID:FXFguhuh0
がんばれ カンネン!!

215 :山田AG:2009/07/27(月) 20:15:56 ID:7Eqp7710O
人を殺してはいけないから死刑反対!!

216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 20:19:24 ID:FXFguhuh0
カンネン がんばれ! がんばれ!

217 :山田AG:2009/07/27(月) 20:22:05 ID:7Eqp7710O
観念、ガンガレ〜(´Д`)

218 :山田AG:2009/07/27(月) 20:43:17 ID:7Eqp7710O
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

219 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 20:49:11 ID:OoqqUb0sO
>>218
書くペースを落とさないとスレ消費が早くなっちゃうよ。

220 :山田AG:2009/07/27(月) 20:51:43 ID:7Eqp7710O
>>219
うっせバーカ お前は書き込むな

221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 20:54:12 ID:FXFguhuh0
カンネン 頑張れ 頑張れ 負けるな!!!

222 :山田AG:2009/07/27(月) 20:55:57 ID:7Eqp7710O
カンネン がんばれ〜
負けるな〜

223 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/27(月) 21:49:31 ID:tVZlz4+p0
>170

読んだけど
「単に不況だったから凶悪事件が増えたんじゃ?」
「単に政権変わって警察検察がそれまでより仕事頑張ったから認知率・検挙率が増えたんじゃ?」
「それがたまたまモラトリアムと重なっただけじゃ?」
という疑問を払しょくできなかった。この辺を否定するURLをよろしく
できれば強調文を殊更でかくするような感情論臭さのないURLをplz

こっち↓ではニューヨーク州では廃止後逆に減ったと言ってるけど
http://ncc-j.org/sosiki/jinken/archives/6.html
何よりアメリカで存置州の方が凶悪事件が多いことが死刑に抑止力がないことを物語ってる気がするんだが、ソンチーズはその辺どう解釈してるの?

224 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/27(月) 21:56:22 ID:tVZlz4+p0
上のリンク先のアムネスティの主張の大部分は俺も賛同するが、ここはいただけないね(まぁ有名な話だが)

>カナダでは、死刑が廃止されて27年たった2003年には、死刑を廃止する
>前の1975年に比べて殺人発生率が44パーセントも低下しています

27年という期間が長過ぎる。時代背景がまるで違うだろうに数字だけで単純比較してどうする
それにグラフを実際見たら直後は増えてる
こういう恣意的な操作をやってるうちはアムネスティは信用されないね、幾ら他で正しいことを言ってても

225 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 22:08:00 ID:rcSvV32fO
>>223
>何よりアメリカで存置州の方が凶悪事件が多いことが死刑に抑止力がないことを物語ってる気がするんだが

もともと治安が悪いから廃止出来ないんだろ。
今が抑止力の効いてる状態で廃止したらもっと増えるかもよ。

>>224
………!!!
お前は…やれば出来る子だったのか!

226 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 22:11:44 ID:sazaNUbm0
民主党のマニフェスト。13ページ すばらしい内容です。
これに、失敗したら鳩山は責任取る、失敗するはずない。改革成功です。

とっても具体的で、詳細5原則。5策。マニフェストの工程。
5つのマニフェスト。マニフェスト政策各論。良く出来ています。

これを実行すれば、日本は間違いなく世界でトップになります。
日本再生、国民の生活は向上、安定します。うれしいです。

これに、麻生や、公明党はケチをつけていますが、本心はかなり
あわてているのでしょうね。これ以上のものは政策的に無理でしょう。

これで、民主党は過半数を獲得し、日本は改革できるでしょう。
我々の暮らしも。戦後65年にしてやっと改善、良い国になるでしょう。




227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 22:17:55 ID:S9u1uXhL0
>>223
ソンチーズの論理的な反論は無理かもなw

http://www.deathpenaltyinfo.org/deterrence-states-without-death-penalty-have-had-consistently-lower-murder-rates
アメリカの死刑存置州より廃止州のほうが殺人発生率の減少の度合いが大きい

228 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/27(月) 22:21:57 ID:FXFguhuh0
負けるな!カンネン!

229 :山田AG:2009/07/27(月) 22:47:08 ID:7Eqp7710O
ガンガレ、ガンガレ、カンネン
フレー、フレー、カンネン

230 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/28(火) 00:41:58 ID:sZ1UiYus0
>225 もともと治安が悪いから廃止出来ないんだろ。

何故廃止できないのか、とは聞いてない

> お前は…やれば出来る子だったのか!

余程相手が馬鹿に思えてたらしい↑
人は鏡、とだけ言っておく

>227

素晴らしいサイト。ソンチーズも今後はこういうURLを提示するように
アメリカ一国だけで壮大な実験をしてくれて、既に結論出てるじゃん
なのに何故ソンチーズはああも頑ななんだろう。学習能力がないとしか思えない

>228>229

同じ人?そういう応援は有難いけど、却って自分が劣勢になってるような印象になるから止めてけれ
応援する気があったらネット上のソンチーズに、出来るだけ多く>37を広めてね
抑止力があると勘違いしている「犯罪心理学に疎い平和ボケした善良な市民」がまだまだ大勢いるから

231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 01:23:34 ID:SEvBRym+0
カンネンじゃ役不足

232 :存置派:2009/07/28(火) 02:46:36 ID:S/XKt+Wr0
>>165
>そんな事言った記憶がないんだが。どの文章からそう解釈したの?
犯罪者予備軍の中に一人でも「俺は死刑が怖いから犯行をやめる」と考える人間がいたら
お前の抑止力皆無論は瓦解する。それだけ。
で、犯罪者予備軍の思考や知性はばらばらなの? 否定も肯定も好きにしたまえ。
否定すれば「皆同じことを考える」と思う妄想狂、肯定すれば自分の発言も覚えられない痴呆者の二択だがね。

>世界情勢等考えれば犯罪が増える要因はいろいろあることは容易に想像がつくと思うんだが
それがサンプルとして素晴らしいのはね、
この時期イギリスでは経済上、移民政策上の大きな政策転換などの
他の「いろいろある」「犯罪が増える要因」がほとんど観測されていないのさ。
むしろEUへの加盟などで経済が上向きになっていく中での、殺人の増加だ。
ttp://www.geocities.jp/aphros67/090530.htm とかかね。
と、あとは適当にイギリスの経済史でも読んでおけ。

>そろそろURL教えてよ。あれからだいぶ経つし
あいよ。
ttp://www.chosunonline.com/article/20081024000067
朝鮮日報なんでね、俺も原典を読もうにも、ログインできん。
ま、お前ならアカウント持ってそうだからいいや。

233 :存置派:2009/07/28(火) 02:49:01 ID:S/XKt+Wr0
>>227
面白いね。
ついでに、存置州と廃止州の経済成長の度合いと、移民流入を付記してくれないかな。
他にも教育だ何だとあるが、とりあえずその程度でいいや。

234 :存置派:2009/07/28(火) 02:53:31 ID:S/XKt+Wr0
>>230
あ、追伸。
>同じ人?そういう応援は有難いけど、却って自分が劣勢になってるような印象になるから止めてけれ
…どう考えても「ついに荒らしにネタにされるようになっちゃった」と落ち込む場所だと思うんだが。
どこまで幸せ回路フル活動なんだ、お前。


235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 03:09:32 ID:q11FrtRo0
 /⌒\
 \●/∧__∧ /⌒\ ♪カンネン
   ∩ (・∀・ )\●/
   Y  ̄ ||y||  ̄`''φ    カンネン♪
    Lノ /ニ|| ! ソ >
    乂/ノ ハ ヽー´
    `ー-、__|


236 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 03:17:21 ID:8TBRivrmO
>>234
そう言ってやるな。まだ死刑関連のスレに来れる厚顔無恥っぷりは、俺は密かに評価してんだから。
ネットとはいえ、あそこまで恥を晒しても平気な顔出来るってのはなかなか無いよ。

237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 03:19:35 ID:q11FrtRo0
(=^▽^=)べ〜〜〜〜〜だ

238 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 03:58:59 ID:+sABYO5LO
>>236
お仕事でやってるだけかもよ゙

239 :公平な傍聴人:2009/07/28(火) 09:34:26 ID:6rATWgxl0
>>232
>犯罪者予備軍の中に一人でも「俺は死刑が怖いから犯行をやめる」と考える人間がいたら
お前の抑止力皆無論は瓦解する。それだけ。
→横レス失礼します。
それなら、「犯罪者予備軍の中に一人でも「俺は死刑になりたいから、犯行をやる」と考える人間がいたら
お前の死刑抑止力、皆無論は瓦解する。それだけ。」

240 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 09:41:40 ID:SEvBRym+0
>>239
的外れ
もっとよく読め

241 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 10:12:44 ID:XA+13MOc0
>>239
その手の奴は、死刑が無期だとか終身刑だとかに変わった所で変わらない。
死にたいなら死ぬだろ。
自称拡大自殺者は、ただ現状から逃げたいだけ。
永久的に社会から離れる手段として死刑を選択しているだけだから、それが終身刑になったところで
やる事は同じ。
お前が本気で死刑を終身刑にすれば拡大自殺と称して殺人を行う奴が居なくなるというなら、死刑の無い国で
ヤケクソになって大量殺人に走る奴が居る理由を説明しろ。
それが出来るようになるまで、二度と書き込むな。
馬鹿を晒し続けてるだけだ。


242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 10:23:17 ID:6rATWgxl0
WHOが定めるICD(疾病および関連保険問題の国際統計分類)に基づいた統計の、
韓国での他殺による死亡者数、
カッコ内は他殺による死亡率(人口10万対)

1985年 395(1.0)
1986年 412(1.0)
1987年 447(1.1)
1988年 431(1.1)
1989年 595(1.4)
1990年 658(1.5
1991年 620(1.5)
1992年 560(1.3)
1993年 721(1.7)
1994年 720(1.6)
1995年 824(1.8)
1996年 882(1.9)
1997年 985(2.2)
1998年 988(2.1)
1999年 790(1.7)
2000年 819(1.7)
2001年 760(1.6)
2002年 806(1.7)


243 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 10:43:04 ID:zW0Zoz/R0
>>233
どの程度かわかっているなら反論したい側が調べろよw


244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:05:28 ID:SEvBRym+0
>>243
反論以前に>>227の論が成立して無いだろ。
アレで死刑との因果関係が成立してると思うなら、とんでもない短絡思考だぞ。

245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:17:44 ID:6rATWgxl0
>>241
>お前が本気で死刑を終身刑にすれば拡大自殺と称して殺人を行う奴が居なくなるという
→はて、誰がそんなこと言いました?
拡大自殺する人は、要するに、一人で死にたくないから、道連れを求めることです。
したがって、大量殺人になりやすいんですよ。
また、故意かどうかを確かめられないこともあります。
大阪の個室ビデオで、放火して6人の命が奪われ、自分は助かった例がありました。
未必の故意を証明することは難しいですし、証明されたからといって、
死刑という極刑で罰する意味があるのか、ということもあるのです。
もっと深刻なのは、昨年に起きた、所謂、「死刑マニア」による犯行です。
宅間の場合は、世間に対し、自分の人生に対しても、逆恨みをして自暴自棄に陥り、
一種の復讐をしました。特に、離婚した元妻に恥をかかせたかった、などと言っていましたから、
自分の命を軽蔑はしていても、死刑そのものが目的ではなかったのです。
ところが、土浦の殺人犯は自分の人生に絶望していただけでなく、「死刑で死んでみたい」
という死刑マニアだっただけに、余計、厄介なのです。
警察官を正面から襲って発砲させて、自殺するという例もあります。
こういう人達は、死ぬことが目的化していますから、意識的には練炭自殺者や硫化水素自殺者と
変わらないのです。硫化水素自殺者も巻き添えの可能性を考えませんよね。
特に硫化水素による自殺は昨年と比べて、50倍に増えているというから驚きです。
ですから、死刑を廃止さえすれば、殺人事件や自殺、その中でも拡大自殺が減るというものじゃないでしょ(苦笑)
「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ!」とかいう、コマーシャルがありましたね。
自殺の原因を回りが気付き、まして、それを他人に対して逆恨みさせないことが重要です。
たとえば、2007年に起きたような典型的、拡大自殺者による犯行をどう食い止められたでしょうか。
現在、アメリカの世論の大勢を占めているのは、「あのとき、学生でも教員でも、一人でも銃をもっていれば、
犯行の拡大を防ぐげた」というものです。その結果、銃規制の世論はどこかに消えてしまいました。
しかし、私はそれこそ、本末転倒の考え方だと思っています。
すなわち、本気で拡大自殺を考えるのだったら、銃がダメならナイフ、ナイフがダメなら、ガスと幾らでも、
道連れ自殺の方法が考えられるのです。
続く

246 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:20:08 ID:SEvBRym+0
>>245
死刑になりたい奴は圧倒的に少数派

247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:30:39 ID:zW0Zoz/R0
>>244
そうか。じゃあ
「死刑の抑止力崇拝者はとんでもない短絡思考だ。」でどうだ?w

248 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:35:51 ID:SEvBRym+0
>>247
バカか
同じ短絡思考だったら、多数派である死刑容認派に勝てないから廃止論をこねくり回してるんだろw

調べるべきは>>227の方だと分かったか?

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:43:05 ID:6rATWgxl0
続1
死刑制度廃止運動というのは、一見、人道的で、「よいこと」に聞こえますよね。
それで、「たかじんのそこまで言って委員会」で橋下弁護士(知事になる前)は、
「死刑廃止論者というのは、ただのええかっこしや」という発言に繋がったのです。
しかし、死刑廃止運動で本当に大切なのは、発想の転換なのです。
パラダイムシフトなのです。
すなわち、刑罰や市民の武装によって、犯罪者と戦うのではなく、
「犯罪の原因を見つけだし、それを根絶しよう」ということなのです。
死刑判決を受けるような人というのは、窮極の人生の敗北者といっていいと思います。
例えば、昨年起きた、秋葉原無差別殺傷事件で、犯人の両親は、あまりに痛々しく、謝罪していました。
あの人達に石を投げるようなことができるでしょうか。「育て方が間違って居た」と批判できるでしょうか。
まして、精神疾患が原因で犯罪を犯してしまう例も少なくありません。
もう何度も、言っていますが、日本の法律では、基本的に、よっぽど凶悪な事件でない限り、死刑が確定しませんし、
精神耗弱が証明されれば、少なくとも減刑されます。日本の司法は、それなりに、世界の常識に
従ってきたのです。
ここで、例えば、日本が死刑を廃止したところで、大して大勢に変化はないでしょ。
続く

250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:49:43 ID:zW0Zoz/R0
>>248
お前も抑止力崇拝者か?w
洗脳されているお前はなにも調べなくてもいいのか?w

251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:52:57 ID:SEvBRym+0
>>249
「犯罪の原因を見つけ出し根絶しよう」は死刑廃止国でもできてないドリーム。
そっちが効果を挙げて、かつ日本より治安が良くなってからの考慮でいい。

252 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:58:12 ID:SEvBRym+0
>>250
かまわないね。有象無象の荒唐無稽な仮説にいちいち反証を挙げる膨大な作業量を考えてみ?

というわけで死刑容認が崇拝であるとか洗脳だとかというのも、聞く耳もたれる程度に証明するのは君の役目

253 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 11:59:57 ID:DEtVqocDO
>>250
君も僕も調べなければ現状維持のまま。それがお望み?



死刑のある国で死刑廃止を叫ぶ死刑存置派が増えたね。

254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:01:22 ID:SEvBRym+0
このレベルだと反証じゃないわw有象無象に変わっての手取り足取りの調査代行だな

255 :日本の死刑廃止は機が熟している:2009/07/28(火) 12:01:24 ID:6rATWgxl0
続2
それなら、何が問題なのでしょうか。
それは、現在、日本の拘置所に105人もの死刑確定囚がいる、というのが問題なのです。異常なのです。
執行されないまま、老衰死した死刑囚がいたり、ボクシング協会から表彰されたような、
一審裁判官が間違った判決と認め、40年も獄に繋がれている死刑囚がいるというのは、おかしいのです。
4人もの再審無罪判決を得た、死刑囚がいるというのはおかしいのです。死刑制度
は機能していないのです。
死刑制度は100人を超える未執行者が出れば、機能していないと言われます。
それは、何故でしょうか、もう何人もの人が指摘しているように、「刑事訴訟法」が
守られていないからです。刑事訴訟法とは、三権分立に基づいて、司法=刑法できまったことを
行政が粛々と実行するための命令書です。
行政を担当している人は、本来ならつべこべ言ってはならないのです。
裁判官は過去の判例に基づいて、判決を出しているだけです。
それが、きちっと実行されていないのだったら、立法府が実行しやすいように、法律を改正すればいいのです。
現状ー特に世界全体の死刑廃止の趨勢にそった、刑事訴訟法を国会が責任をもって作るべきなのです。

256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:09:40 ID:SEvBRym+0
>>255
死刑じゃなければ良いと言うのは、すでに廃止論の中でも考え方が古い。無神経。
そもそも死刑を廃止しても解決しない問題。廃止国でも同じ事が起こる。
そしてその問題において、日本は世界でも1.2を争う最もマシな部類の国。


257 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:11:48 ID:6rATWgxl0
自スレに…
なるほど…

258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:24:03 ID:XA+13MOc0
>>251
>そっちが効果を挙げて
廃止論者は殺人事件が増えても死刑は廃止すべきと言ってるからなぁ。
無理じゃないか?
本末転倒に見えるが、奴らの場合、そもそも自分が殺人事件を起こした時に死刑にならない為に
廃止を訴えているから、そもそも殺人事件の根絶とか、思考外だろう。

259 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:37:46 ID:zW0Zoz/R0
>>252
お前頭弱いな。w
>死刑容認が崇拝であるとか洗脳だとかというのも
って誰が言ったんだ?w

あのデータから読み取れることは、死刑がなくても殺人の発生を抑制できているということだ。

260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:38:05 ID:6rATWgxl0
>>256
>1.2を争う最もマシな部類の国。
→韓国では、死刑廃止のせいで、凶悪事件が増えたなどという風聞があります。
ところが、>>242の表をみればわかるように、必ずしも、殺人率は増えてませんね。
2002年以降のデータも恐らく変わらないでしょ。
つまり、死刑を怖れて犯行を実行しなかったとはいえない、ということです。
そういえば、日本の殺人者でも、特筆すべき勝田清孝は、あれだけ凶悪な事件を起こしていながら、
死ぬ覚悟はできていなかったようです。
今、私は内科病棟に勤務している看護士の手記を読んでるのですが、
そこで印象深く思ったのは、「どんなに死期が迫り、助かる見込みがなくとも、
多くの患者は、却って、生に執着する」というのです。
そして、看護士同士の会話で話題になるのは、「どういう死に方をしたいか」なのですが、
やはり、「年をとって、ポックリと安らかに死にたい」だそうです。
しかし、死刑というのは、基本的に寿命に至る前の肉体を、無理矢理終わらせることですよね。
民主平和憲法を擁し、アジアで唯一といっていいくらいの先進国の日本に、
そんな「おどろおどろしい」死刑制度というのが、そもそも似つかわしくないのです。
日本の治安のよさは、決して「死刑制度」のお陰で、達せられたのではないのです。
断じてちがいます(キッパリ)( ̄^ ̄)


261 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:39:34 ID:zW0Zoz/R0
>>253
あぁ、よかったなw

262 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 12:53:20 ID:hcgyeP4+O
また三人
執行されたな。

大阪姉妹殺人事件の山地と
自殺サイト連続殺人の前上が吊るされたようだな。

まぁ
当然の結果か。


263 :山田AG:2009/07/28(火) 13:01:36 ID:BMqMzj3JO
>>234
バーカ俺はカンネンを本気で応援しているんだぞ

264 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 13:12:38 ID:SEvBRym+0
>>259
ということは>>250は根拠なしの悔し紛れってことか。理解。

>あのデータから読み取れることは、死刑がなくても殺人の発生を抑制できているということだ。

元に戻っちゃったよwミスター短絡思考w>>233の意味を考えろw
つかお前逃げ回りすぎw

調べるべきは>>227の方だと分かったか?
有象無象の荒唐無稽な仮説にいちいち反証を挙げる膨大な作業量の不合理は理解したか?

265 :3人死刑執行記念:2009/07/28(火) 14:15:13 ID:uVW5+8uZ0
しかし、yurikoは無駄な人生を送っているな。
アメリカ人の癖に、日本を馬鹿にする口調で出鱈目を垂れ流し、全ての人間から
嫌われる。
やることなすことが全て無駄の積み重ね。
カリフォルニアは財政非常事態で障害者への福祉を切りつめようとしているのに
お気楽なもんだw

266 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 14:46:43 ID:Jr2iW+2f0
Hi-C

267 :山田AG:2009/07/28(火) 15:19:36 ID:BMqMzj3JO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 15:22:18 ID:SEvBRym+0
死刑反対だけど必要悪、ってことだな

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 16:24:56 ID:8xYKSeLnO
AGってなに?
アホガキ?

270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 16:28:56 ID:Eepc9x7QO
前スレ>>855
喩え愛する家族を八つ裂きにされても、そんな蛮行に及ばざるを得なかった加害者の生い立ちや境遇を思いやるのが、真の廃止論者である


これって本気で言ってるのかね?
この一言で廃止に傾く人間は半分に・・・

271 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 16:44:11 ID:SEvBRym+0
>>270
きっとそれが目的なんだよ

272 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 16:51:44 ID:zW0Zoz/R0
>>264
>>250は疑問文でお前に聞いているだけなのに、悔し紛れってなんだ?w

お前のいうことはよくわからない部分が多いが
>有象無象の荒唐無稽な仮説
っていうのは具体的にはなにを指すんだ???

ちなみにこれも疑問文だ、いくらアホでもわかってるよな?w

273 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 17:08:53 ID:zVYNq7rc0
死刑廃止でもいいけど、その場合には死刑囚に準拠する人の場合には、
1)刑務所での作業で得た賃金を全額無条件に被害者に贈与する
2)できれば死刑囚の入る牢獄は、世間と隔絶させる
3)労役は一般懲役者よりも厳しくする
4)医療は受けさせない(経費が無駄)
これくらいしてほしいね

274 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 17:15:18 ID:mJiWxEaHO
死刑執行はNHKで放映する方が良い!!

275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 17:20:29 ID:IjH/oWMW0
>>256
>死刑じゃなければ良い
→意味不明です。
>そもそも死刑を廃止しても解決しない問題
→それは、私が再三再四指摘してるでしょ。
同時に「死刑を存置しても同じこと」なのです。
つまり、死刑の存廃を中心にして、治安対策をするべきではない、ということです。
私達は遠山の金さんにあまりに親しむあまり、
最終的解決は死刑が当然と思い込みがちなのです。
ところが、これまで、大塚公子の本や元拘置所長の著作玉井氏の著作で明らかにしているのは、
裁判が終了して、刑が確定してから、全く別の生活が始まるのです。
そして、私達、一般の者は冤罪問題も含めて、あまり関心をもってこなかったのです。
いままでは、裁判官が罪人を裁くという形でしtが、裁判員制度である程度、被告と
目線を合わせることもしなくてはならなくなったのです。
死刑判決で、死刑の理由として、「被害者感情」というのがありますね。
殺し方が特に残酷で、ーー例えば、命乞いをしてるのに、生き埋めにしたり、(福岡病院長誘拐殺人事件)
とか、レイプしたあと、ガソリンをかけて、生きたまま殺すとか(三島女子短大生殺し)などだと
死刑の理由になるのです。
でも、沖縄女子中学生強姦殺人事件などは、被害者が一人という一点で、無期懲役刑でしたし、
高校教師教え子殺人なども、同じ理由で無期懲役でした。
元刑務官の坂本氏によれば、裁判がどこで、何時開かれたかによって、量刑が違うとしています。
凶悪犯とはいえ、人間の命をもっているのです。
それを弄ぶことは、人間の存在そのものへの侮蔑行為とはならないでしょうか。


276 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 17:30:00 ID:SEvBRym+0
>>272
え、お前の文章について俺が説明してやらなきゃならないの?
自分が何してるか判らない系の人?それとも無理筋で逆質問して自分の非をごまかしてるつもりなのか?
さすがだねw

>>250
「お前も抑止力崇拝者か?」って事は他に抑止力崇拝者がいるって事だろ。
でもその人が「崇拝者」であるかどうかがまず君の妄想臭い。
「洗脳されているお前」も根拠なし。
ここまで妄想前提の珍説垂れ流しておいて「聞いてるだけ」とか「誰が言った」ってw

君がつけている上のような事実無根の難癖が「有象無象の荒唐無稽な仮説」で
無数に湧き出るそれらに俺がしてあげてる説明が「不合理な作業」って奴だ。わかった?
暇人のいない本格的な議論の場では、君の論法は相手にされない。

で、ミスター短絡思考は、調べるべきは>>227の方だと分かったのか?>>233の意味は考えたのか?
論点ずらしてるって事は過ちを自覚してるんだろうが、ちゃんと認めないとできない子だと思われちゃうよ?

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 17:32:54 ID:SEvBRym+0
>>275
>同時に「死刑を存置しても同じこと」なのです。

今は「死刑を廃止しただけじゃ悪化する可能性がある」とされてるから、君の論は古い。

278 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 18:11:21 ID:UmcPVtzT0
>>275
文なげーよ。自分もどっちかというと廃止してほしいが、
それじゃ主張が逆効果。前のスレでも書いたような気がしたんだが。

ところで、3人執行とな。順番の基準がわからん。
たとえば、ピアノ殺人の人なんか、完全におかしくなって執行できない
なんといううわさも聞く。

279 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 18:13:10 ID:uVW5+8uZ0
>>275
で、アメリカでは死刑は完全に廃止されたんだよね?w

280 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/28(火) 18:32:31 ID:sZ1UiYus0
>232 犯罪者予備軍の中に一人でも「俺は死刑が怖いから犯行をやめる」と考える人間がいたら
> お前の抑止力皆無論は瓦解する。

それ、「本気で怖がってない」か「さほど差し迫った殺意がない」ケースだよ
「がいたら」と想像で終わらせるんじゃなくて「実際私は死刑が怖くて止めました」という人をここに呼んでくれないと、単なる「こんな人がいたらいいなぁ。いるべきだ。いて欲しい」という希望的観測の域を出ない

> で、犯罪者予備軍の思考や知性はばらばらなの?

バラバラだけど、一定のパターンはあるね

> この時期イギリスでは

>170のURLは韓国の話なんだが

> 他の「いろいろある」「犯罪が増える要因」がほとんど観測されていないのさ。

観察できてないことを観察されないと言ってる訳ではないということも併せて証明yr

> ttp://www.geocities.jp/aphros67/090530.htm とかかね。

そこにはこう↓あるんだが。どこに「殺人が増加した」と書いてるの?
>1965年には5年間のモラトリアム(死刑執行停止)を決定、モラトリアム5年間の殺人事件等の重罪犯の推移がほとんど変わりないことを確認した

> ま、お前ならアカウント持ってそうだからいいや。

ログインできないんだが。妄想はほどほどにしてログインできるURLを提示してね。てかお前、こんなところにログインしてたのかwわざわざw奇特な奴

>234 …どう考えても

想像力の限界を自ら披露御苦労さん

>241 その手の奴は、死刑が無期だとか終身刑だとかに変わった所で変わらない。

それどころか「確実に死刑になるために複数以上を殺そうとする」んだが

> 死にたいなら死ぬだろ。

拡大自殺者の心理状態をまるで理解してないな

>244

そう思うならその論拠を述べないと。単なるバカ自慢にしかならん

>249

俺なら「育て方が間違ってる」と批判できるけどね。それ以外は全く同感

>251

地域と時間を限定すれば地球のあちこちで既に根絶してると言えるんだが
そういう発想はないの?ソンチーズには

>258 そもそも自分が殺人事件を起こした時に死刑にならない為に
> 廃止を訴えているから

>43のその14。妄想が酷くなるともう都合のいい解釈しかできなくなる

281 :山田AG:2009/07/28(火) 18:52:49 ID:BMqMzj3JO
人を殺してはいけないから死刑反対!!!

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 18:54:30 ID:q11FrtRo0
がんばれ! カンネン カンネーーーーーン!

283 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 18:55:23 ID:q11FrtRo0
カンネン いける!!

284 :山田AG:2009/07/28(火) 19:11:27 ID:BMqMzj3JO
カンネン 頑張ってー

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 19:18:37 ID:SEvBRym+0
観念は「実際私は死刑が怖くて止めました」って人何人つれてきても、
「「本気で怖がってない」か「さほど差し迫った殺意がない」ケースだよ」
って自己ループして突っぱねる気見え見えすぎるからつまらんな。

286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 19:35:55 ID:+sABYO5LO
>>280
北九州一家監禁殺害事件の犯人でも死刑反対?

287 :山田AG:2009/07/28(火) 19:50:49 ID:BMqMzj3JO
>>285
実際に「死刑が怖くて犯行を思い留まった」って人間がいないんだもん

>>286
もちろん死刑反対だなー

288 :山田AG:2009/07/28(火) 20:11:10 ID:BMqMzj3JO
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

289 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 20:12:21 ID:+sABYO5LO
>>287
ふ〜ん、すごいね廃止論。
地下鉄サリン事件の犯人でも死刑反対?
被害者で何人かはいまだに植物人間状態だけど。

290 :存置派:2009/07/28(火) 20:23:32 ID:aqRNCwj50
>>280
>それ、「本気で怖がってない」か「さほど差し迫った殺意がない」ケースだよ
というわけで、お前は特別な教育や洗脳を受けたわけでもない集団に対し
「本気で死刑を怖がる」という思考が一人でも現れる可能性を全く考えられない人間、ということだよ。
それをSFと揶揄されるのが嫌いなら、妄想癖と言おうかね。

>バラバラだけど、一定のパターンはあるね
へぇ。で、そのパターンにおいて「本気で死刑を怖がる」人間が「一人も」現れないと出来る根拠は?
もちろんただの犯罪者だけではなく、犯罪者「予備軍」を相手にしているわけだがね。

>観察できてないことを観察されないと言ってる訳ではないということも併せて証明yr
そうだねぇ。で。お前は観察できたの?

>そこにはこう↓あるんだが。どこに「殺人が増加した」と書いてるの?
すぐ下の段落読め。

>ログインできないんだが。妄想はほどほどにしてログインできるURLを提示してね。
あれ? 何だ、人種違ったか。…ま、いいや。俺自身、朝鮮日報事態は読んでないものでなぁ。
「韓国 死刑 影響」「韓国 殺人事件」ぐらいで引きゃ十分じゃない?

>想像力の限界を自ら披露御苦労さん
悪いね、俺の…と言うか、お前以外の人間の想像力は、自分に都合の悪い想像も行ってしまうものでね。
お前のように
>「実際私は死刑が怖くて止めました」という人をここに呼んでくれない
>それ、「本気で怖がってない」か「さほど差し迫った殺意がない」ケースだよ
をひたすら⇔するようなオート幸せ機能はついていないんだ。

あ、それと。他の人へのレスだが。
>拡大自殺者の心理状態をまるで理解してないな
なら理解してるお前に是非聞きたいのだが。
世の中には自殺の方法が幾らでもあり、中には苦痛も無く、ほぼ確実に死ねる方法も多くあるのだが、
何故、拡大自殺者ちゃんは、死ぬために一々不確実で、労力がかかり、苦痛を得る可能性が高い方法を選ぶんだろうね?
論理に出来ないなら「描写」でもかまわないよ。

291 :存置派:2009/07/28(火) 20:31:08 ID:aqRNCwj50
>>239
相手を瓦解させる条件が間違ってるなぁ。
「俺は死刑になりたい」>「俺は死刑になりたくない」となって初めて
死刑の抑止力、犯罪予防において終身刑等に対するアドバンテージは消失する。
で、お前らが持ってくる自称「拡大自殺者」の類は
どう考えても他人の死を第一目的に動いているのだがね。

あ、それと。
死刑が廃止され、思いやりに満ちた地域になるはずのカリフォルニアが
予算の都合で福祉を削ったり、犯罪者を野に放ったりする施策を考えてるらしいねぇ。
…いや、凄いね、「思いやり」

292 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 20:31:55 ID:0Dyvb911O
オレは存置派だけど
死刑制度が凶悪犯罪の抑止力として作用する事はないと思うよ

まず抑止力となるのは「罪を犯すと捕まる」という漠然とした社会通念

強い殺意をもって、捕まる事を前提にして
死刑か無期懲役か、などと量刑にまで考えが及ぶ様な輩は思い止まらんだろ

逆に死刑になる事を目的に犯罪に手をそめる輩はいる様だが

293 :山田AG:2009/07/28(火) 20:36:44 ID:BMqMzj3JO
>>289
それでも死刑反対!!

>>290
なんだコイツ。バカじゃねーの

294 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 20:39:50 ID:wAVuVDbo0
>>292
>死刑になることを目的に犯罪に手を染める
それはあまり意味がない。
死刑が無く、終身刑でも「終身刑になること」を目的とした犯罪が起きるだけ。

要は「誰かにリセット(死ぬ、というだけじゃないよ)かけてもらいたい」

という感情でしょ?
ここに目を向けないと意味ないと思うよ。


295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 20:52:58 ID:0Dyvb911O
>>294
???

死刑制度が抑止力になりえない事にかわりないじゃん

296 :山田AG:2009/07/28(火) 20:56:35 ID:BMqMzj3JO
死刑の抑止力なんて計りようがないよ。

297 :山田AG:2009/07/28(火) 21:02:10 ID:BMqMzj3JO
死を決したヤシの犯行なんて止めようがないよ

298 :山田AG:2009/07/28(火) 21:05:21 ID:BMqMzj3JO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

299 :山田AG:2009/07/28(火) 21:06:58 ID:BMqMzj3JO
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

300 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 21:16:41 ID:g5e6FXJI0
死刑が怖いから犯行をやめる人間を増やすのは簡単だよ。
もっと、死刑を増やすこと
もっと、残酷な処刑方法で死刑にすること
もっと、オープンにすること
これで、死刑が人々の記憶に刻まれる。
人を殺せば、自分も死刑になって殺される・・・そう、頭をよぎっただけで銃口を向けられたような恐怖を覚えるはずだ。

人がなぜ、銃を恐れるか?
自分が撃たれたわけでもなく、目の前で誰かが撃ち殺されたわけでもないのに。
答えは簡単。様々な媒体を通して、銃の怖さを知識として知ってるからだよね?
銃は見えるが、死刑は見えないから・・・なんてナンセンス。
銃がどういった武器か知らなければ、所詮は小さな金属の塊にすぎないもんね。

死刑に抑止力が無いなら、抑止力を高める・・・あたりまえの理屈だよね?
どこの世界に、トラが檻をやぶって逃げ出したからって
檻を無くそうとする人間がいる?
普通は、檻をもっと頑丈で丈夫なものに変えようと考えるのが普通だろ?

本当に守るべきは、殺人者の命か?
次の犠牲者になるかもしれない者の命か?
考えるまでもないことだと思うけどね。

考えるといえば、犯行前に死刑のことなんて考えない・・・だっけ?
どんな道具を使えば人を殺せるか考えて、凶器を用意して
どこで犯行を行えば見つからないか考えて、場所を選び
どんな相手なら殺せるか考えて、ターゲットを選ぶ人間が
死刑があたりまえになっても、そのリスクを考えない・・・・
そんな馬鹿なことがあると思う?

僕は、存置派ではなく「死刑推進派」とでも名乗っておこう。
もっと、死刑を!
殺人者達に、正義の鉄槌を!!
殺人が減れば、死刑になる人も減るし、
殺人が減れば、その犠牲者や残される遺族も減る!
死刑が減れば死刑が嫌いな人達も喜び、
被害者に同情し殺人犯を憎む死刑に賛成な人達も、みんな喜ぶ。
悲しむのは、殺人事件によって利益を得ていた人間だけだと思うがね?


301 :山田AG:2009/07/28(火) 21:21:52 ID:BMqMzj3JO
>>300
なんだコイツ。バカじゃねーの。
危険思想だね。恥ずかしいから、よそで言うなよ

302 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 21:40:54 ID:+sABYO5LO
>>293
ふ〜ん、すごいね廃止論。
名古屋の闇サイト殺人事件の犯人でも死刑反対?
被害者のお母さんが犯人の死刑を訴えて必死に署名集めているけど。

303 :山田AG:2009/07/28(火) 21:49:30 ID:BMqMzj3JO
>>302
当然死刑反対さww
あったりまえじゃん!!
すごいだろ、死刑廃止論者って!!

304 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 21:50:26 ID:g5e6FXJI0
では、ここで言わせてもらおう。
いいかい?
銃を向けて「人殺しは、やめろ」と言ったとする。
その銃はモデルガンかもしれない、弾が入ってないかもしれない。
だから、銃を向けられても殺人をやめない者もいるだろう
だけどに、実際にその銃で仲間が撃たれて死んだらどうだろう?
自殺志願者以外、人を殺すことに躊躇するだろう?
実際に、人を殺せば殺される現実を認識したのだから。
すくなくとも、「ムシャクシャしたから・・・」
「誰でも良かった」なんて低レベルな動機の殺人は止められる。
確かに、人の命は重いさ。
他のもので償えるほど、軽いものではない。
だから、その重さを知ってもらうためにも死刑は増やすべきだよね?

死刑廃止論者だって、殺人を犯すような人間はそこまでしなければ
「死刑が怖くて犯行を止めることができない人間」だって認めてるんだろう?

何かを選ぶって事は、何かを選ばないってことだよ。
僕は罪の無い人の命を選び、殺人犯の命は切り捨てるべきだと思うよ。
どちらも選ぶなんて、生易しい次元の問題じゃないことぐらいわかるだろう?

305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 21:57:31 ID:+sABYO5LO
>>303
うん、すごいね死刑廃止論。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人が、もし成人だったとしたら、それでも死刑反対?
被害者のお母さん、精神病院に入院してるって聞いてるけど。

306 :山田AG:2009/07/28(火) 21:58:51 ID:BMqMzj3JO
>>304
バーカ

307 :山田AG:2009/07/28(火) 22:05:49 ID:BMqMzj3JO
>>305
女子高生コンクリ事件に関しては、ありゃ死刑でもいいね。(ま、死刑じゃなくてもいいけど)

ぶっちゃけて言うと、死刑だろーが死刑じゃなかろーがどーでもいー

308 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:14:01 ID:YZld6h5c0
>>307
お前は死刑でいいよ。死刑囚と同じくらいバカw

309 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:14:11 ID:+sABYO5LO
>>307
どっちでもいいのか。すごいね廃止論。

名古屋アベック誘拐殺人事件の犯人が成人だったらどう?
これも死刑反対?
被害者遺族の家庭は両方とも崩壊したと聞いているけど。

310 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:16:07 ID:YZld6h5c0
>>306
ていうか、何でお前みたいなアホがこのスレに書き込んでんの?
最悪スレとかで自演して楽しんでればいいじゃん。

311 :山田AG:2009/07/28(火) 22:22:30 ID:BMqMzj3JO
>>309
うーむ。制度としては死刑反対なんだけど、実際の犯人たちを見ると、生きる価値の無いヤシばかりなんだなー。

まあ、俺にゃー関係ねー話だし、死刑になろーがなるまいが、どっちでもいーっていうのが本音だなー

>>310
バーカ

312 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:27:31 ID:+sABYO5LO
>>311
ぶっちゃけてくれてありがとう。
じゃあ最後に
す ご い ね 廃 止 論 !

313 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:28:48 ID:q11FrtRo0
カンネーーーーーーン!!!!

314 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/28(火) 22:34:23 ID:sZ1UiYus0
>277 今は「死刑を廃止しただけじゃ悪化する可能性がある」とされてるから、君の論は古い。

まだそんな古い論を持ってるのか。流石ソンチ、時代が違う

>285

実際何人か連れてきてから言いなさい

>286

あれより酷い事件は幾らでもあるが全部ひっくるめて死刑反対

>290 「本気で死刑を怖がる」という思考が一人でも現れる可能性を全く考えられない人間

本気で死刑が怖くて思いとどまった人をここへ連れてきなさい
彼との対話で「あこりゃ抑止力働いてるな」と俺が納得出来たら、いつでもソンチーズに加入する用意がある

> そのパターンにおいて「本気で死刑を怖がる」人間が「一人も」現れないと出来る根拠は?

>37以下。俺がもしソンチであれに反論するなら、「死刑を恐れて取りやめた」という実在の人物を探すがな

> で。お前は観察できたの?

お前はできたの?

>すぐ下の段落読め。

なんだ、お前は結局政府よりBBCの方が正しいと言いたいわけ?

> あれ? 何だ、人種違ったか。

段々妄想が酷くなってるけど大丈夫?

> をひたすら⇔するようなオート幸せ機能はついていないんだ。

いやお前そもそも「呼べてない」じゃん。つまり⇒でしかない

> 何故、拡大自殺者ちゃんは、死ぬために一々不確実で、労力がかかり、苦痛を得る可能性が高い方法を選ぶんだろうね?

そのくらい学習してから存廃論を語りなさい

>292

久々にまともな存置派が現れた

>294 死刑が無く、終身刑でも「終身刑になること」を目的とした犯罪が起きるだけ。

凶悪度がまるで違うよ

>301

いやいや彼なりに真面目に考えてると思うよ

>303

当たり前なんだから凄くはない

>304

取り敢えず>37に反論ください

315 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:36:45 ID:q11FrtRo0
待ってました カンネーン!! 頑張れ! いける!

316 :山田AG:2009/07/28(火) 22:37:40 ID:BMqMzj3JO
>>313
呼んだらちゃんと来てくれたね、
よかーたね(´Д`)

317 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:39:24 ID:q11FrtRo0
さすが!! カンネン様

318 :山田AG:2009/07/28(火) 22:42:33 ID:BMqMzj3JO
みんな〜(´Д`)
カンネンがキターーーーよ!!

319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:42:34 ID:UmcPVtzT0
>>304
力と恐怖で支配するというのは、国民主権という憲法の概念に反しないだろうか
と、マヂレス。主張としては聞くけど。

たとえば、どんなに凶悪な事犯があったとしても、「そうなる前になにか策はなかったんだろうか」
と考えると、安易に死刑とか言えないんです。犯罪もある意味社会の鏡で、
社会全体で考えることなので、議論を尽くし切ってるといえないなかで死刑は
すべきでないとは思うのですが…

320 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 22:49:33 ID:q11FrtRo0

            ___
           /-   -\
        / (●)  (●)\  カンネン♪
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


            ___
           /-   -\
        / (⌒)  (⌒)\   フフ♪呼んでみただけ
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|


321 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 23:12:43 ID:LU8tHr/10
カンニン君結局>>290には何一つこたえられないのか・・・

いつものようにグダグダ言い訳してうやむやにしちゃうのかな?


最低限、人に望むことは自分で実行できるといいのにね。

322 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/28(火) 23:14:56 ID:sZ1UiYus0
>300

特に4、5に注目。見せしめが効果があるのは最初のうちだけ、人々はすぐ慣れる


1.「イギリスは、おそらく最も多くの子ども達を絞首台に送った国である。子どもの絞首刑は1833年までつづき、インクを盗んだ9才の少年の公開処刑をもって終わる。」

2.「ヨーロッパの数カ国がすでに死刑を廃止していた時代、イギリスの法律は「悪意の明らかな証拠」がある場合は、7才から絞首刑を適用しうると定めていた。」

3.「1800年、ロンドンで、小間物商の帳簿を偽造した10才の子供を詐欺罪で絞首刑に処した。翌年には、スプーンを一本盗んだアンドリュー・ブランニングを処刑。1808年、テェルムズフォードでは、7才の子供を放火犯として処刑。
同じ年、同じ罪で、13才の子供を処刑。19世紀前半にはこうした例は限りない。」

4.「〜処刑用具であり見せ物用具である絞首台は、〜ほぼ全ての町や村に常置されていることが多かった。住民は耐え難い恐怖に襲われそうだが、実際は逆であった。〜かえって無関心にさせてしまったのだ。〜絞首刑は、「気晴らし」「娯楽」になっていった。」

5.「公開絞首刑が見せしめにならないもう一つの例は、1820年のものだ。250人の死刑囚に関するイギリスの調査によれば、そのうち170名が1回以上処刑の現場を見たことがあるという。
1886年の同様の調査では、絞首刑を宣告されてブリストル監獄に拘留された167人のうち、処刑を見たことがない者はたった3人だった。」

323 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/28(火) 23:16:42 ID:sZ1UiYus0
>321

答えてるじゃん

> いつものようにグダグダ言い訳してうやむやにしちゃうのかな?

↑と、グダグダ言い訳してうやむやにしちゃうつもりらしい。いつものように

324 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 23:45:23 ID:+sABYO5LO
>>319
出尽くしていない議論というのを箇条書きしてください。

325 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 23:46:10 ID:uVW5+8uZ0
カンネンって頭いいな!
この切れ味に勝るのは世界広しと言えどもあのyuriko様ぐらいだろう。
世界で1、2を争う論客だ。
頑張れ!カンネン!

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/28(火) 23:58:56 ID:u+H9uKzW0
この様な機会に、考えて頂きたい。
他人の生命を人の手によって、奪うと言う行為が必ずしも否定されるのであれば
自分や身内、その他貴い人の額に拳銃向けて「俺は死刑になりたいから引き金を
引く」と言っている人に、打たれて死んでも死刑を問わないで下さい。
と言うのか、言わないのか。
その意思を、明確に示せますか?
又、その人を公の機関が更生させる予算が無いので、あなたもしくはあなたの遺族の
個人の私財で養い、更生させて下さい。
ということになったら間違いなく同意します。
とその意思を明確に示し、確実に実行出来ますか?
それを成し遂げた人こそ真に「死刑に反対」と初めて言えるのでは?
この国に存在しますか?
真に、人として公の責任を負うとはこういう事ではないでしょうか?
「死刑反対」言うだけなら誰でも出来ます。
少々時間を割いて運動も出来ます。
結局は他人ごとなのです「死刑反対」を掲げる人は。


327 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 00:06:21 ID:ga+nQE7FO
死刑の抑止力については平行線だから別の話題で…。
死刑制度支持者は冤罪についてはどう考えてるの?
死刑執行された後に冤罪が発覚しても(警察は握り潰すだろうが)割りきれるの?
しょうがなかったって言えるの?
死刑判決がなされるような重大事件に限らず冤罪は数多い。
無実の人を殺すような制度は絶対に認められない。


328 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 00:14:03 ID:v3zMbqnZ0
冤罪は死刑制度の問題ではない。
現行の捜査手法の問題で、死刑制度の問題と混同すれば
どの刑法もこの問題に当てはまる。
この問題を混同すれば、全ての法律が崩壊する。

329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 00:32:34 ID:lR9q5VEq0
>>324
要は、あれだ、上のレスにもあるように抑止力というのもあると思う。
あとは、社会全体の利益か、人権かという問題ではあるけど、
その場合、必ずしも死刑が最善の方法であるとも言い切れないのでは。
よく、囚人一人を養うのに税金がというのをよく目にしますが、
官僚や政治家の無駄遣いに比べればどれだけのものかとも思う。
あと、要は感情論というのが一番厄介なのでは。
それだけをもって、廃止論者を人格まで攻撃するのもどうかと。
そのへん、議論され尽くしてないというより、平行線なのかも。

330 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 00:49:29 ID:KhlFVNGS0
今回の死刑で顕著な特徴は、「快楽殺人」だ。
これは、自暴自棄的、破滅型の殺人犯でも、拡大自殺型の道連れ殺人でもない。
でも、よく考えると、この快楽殺人は勧善懲悪型、必殺仕掛人型の殺人にも当てはまる。
安楽死型殺人は自殺サイト殺人の窮極のヴァージョンだろう。したがって、殺人者には
反省も後悔もないのが普通だ。
確かに、快楽殺人こそ最も警戒するべきだ。
しかし、いくら警戒しても、その手の殺人を絶対的に防ぐことはできない。
戦場で兵士は快楽殺人を楽しむ。殺せば殺す程、勲章の数が増える。
そういう心理は、実は一般の人も共有しているのだ。
死刑によって、溜飲を下げる行為とは、結局は、自分を快楽殺人者と同じ次元に貶めるだけだと思う。
遺族感情が熾烈なのは当然としても、回りはそれを煽ったり、過剰に同情するべきではない。
犠牲者の冥福を共に祈り、新しい未来を築く手伝いをするべきだろう。
死刑囚の屍体を並べても意味がない。

331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:07:53 ID:KhlFVNGS0
>>328
>冤罪は死刑制度の問題ではない。
→いえ、逆です。
死刑問題の一部が冤罪問題なのです。
法務省の自慢は
「冤罪で死刑を執行したことはない」らしいのです。
そして、それをちょっと拡大解釈して、1主犯ではなくとも、少なくとも従犯 
2疑わしき点は多く、無罪かも知れないが無実ではない
が死刑制度を維持している理由のようです。
そういう理由で、執行はせずとも、20年、30年と実質的終身刑囚として拘禁し続けてるのです。
死刑制度が刑罰制度の中心である限り、冤罪と死刑は、切っても切れない関係にあるのです。
死刑制度が廃止されたとしても、もし、
「せめて命が助かったのだから、いいじゃん」みたいに投げやりにするべきではありません。
いかなる次元でも、無実にも拘わらず疑われることほど辛いことはないからです。
冤罪は司法の犯罪であり、権力犯罪ほど見逃されやすいものはないのです。

332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:30:05 ID:xMP729y/0
>>322
貴重なデーターだね
過去の話だ。とか、海外の話だとか・・・そんな風に切り捨てられない事実だ。
そこまで本当に死刑があたりまえの社会になっても、
犯罪に対する抑止力が無いというなら、
これはもう何をしたって殺人を止めることは不可能だということだね。
アメリカのように、本物の銃を国民が所持して身を守るしかなくなってしまうわけだ。
・・・恐ろしい話だ。
人間の愚かさを、思い知らされた気分だよ。

生物は死を恐れるという常識すらも通用しない生物。
自らの命を賭してまで人間を殺す生物。
そんな生物がいたとしたら・・・これはもう人類の天敵でしかない。

そんな奴らに遊び半分で人間がが殺されてるというのに、
餌や安全な住処を提供すなんてのは人間に対する裏切り行為だな。
抑止力だとか防衛方法なんて生易しいこと考える前に、
やるべきことは一つしかない。

人を説得するには「飴と鞭」が必要だという・・・
命を救ってやるという究極の「飴」も、
殺すという究極の「鞭」も効果が無い相手に
どんな説得も、更正させようという努力も無駄だろうな。
君は血に飢えたトラを、平和的な手段で止められると思うのかい?

残された手段は、たった一つしかない。
殺すしかない・・・ということだ。
つまりは、結局のところ死刑にするしか道は無いのだろう

幸い、死刑廃止論者も感情で裁きを下すのは反対だそうだ。
まさか、遺族や被害者のために怒ったり同情するのはダメでも
殺人者の生い立ちや境遇に同情しろ・・・とは言わないだろう?




333 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:33:41 ID:9CPJXznqO
鬼畜な殺人鬼、死刑囚を始末、死刑するのを否定するやつの気が知れんよ
死刑廃止派は自らかばっている鬼畜殺人鬼に殺されてしまえよ
死刑廃止派のみを殺した鬼畜殺人鬼だけは死刑免除に賛成してもいいぞw

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:34:24 ID:y7vH73oA0
俺も何故328のような事を言う人がいるのか不思議。
それを言うなら冤罪を起こさない制度がまず先にあるべき。
冤罪は全ての刑罰の問題だが、
死刑においてその影響があまりにも大きく憂慮されるべく問題となる。
存置論としても子供じみてるし、
世界中の死刑廃止国を見ても全ての刑法が崩壊するなんて事は
馬鹿げた意見だとすぐに分かると思うんだけどな。

335 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:35:54 ID:k+8xQTtI0
大阪組の
前上と山路は早かったな
まあ執行されて当然の事件

336 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:37:48 ID:JUMYnnnZ0
死刑の現場って
相当過酷らしいな

337 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:40:11 ID:J8IqP4250
>>331
すばらしい!
あなたは天才だ!
こんなにも見事な論理を展開できる人間を私は見たことが無い。
きっとAffirmative Actionのお陰でアメリカの三流大学大学院をギリギリの
成績で卒業した漢に違いない。
是非ともあなたを「切れ者」と呼ばせて下さい。
あなたこそが正真正銘の「切れ者」です!
こんなに切れている人間はあなただけです!
感動しました!

338 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:50:36 ID:xMP729y/0
死刑廃止論者の伝家の宝刀である冤罪か・・・
これについては、3つある。
1つ、すでに上で出てたけど、冤罪は死刑の話は、明らかに別の話である。
僕は死刑に賛成だけど、冤罪で人が裁かれるのはあってはならないことだと思ってるしね

 2つめは、冤罪かもしれないから死刑にしてはいけないって理屈はね欠点がある。
つまり「冤罪かもしれないから〜」が理由なら、逆に冤罪でないことが明らかな場合は死刑でもかまわない・・・となる。
たとえば、秋葉原の事件など白昼堂々と行われた殺人なんかは、冤罪ではないよね?
「死刑は慎重に・・・」ならともかく廃止の理由にはならない
 
3つめは、死刑の代わりに用意した刑罰が死刑と同等だと言うのなら
もしも冤罪だったとしても、死刑と同じ刑罰が下った人には同じことなんだよ。
つまり、「死刑囚の罰を軽くしようといていない」って言葉が嘘じゃない限り成り立たないんだな。
まさか、生きていさえすれば冤罪だったと証明できる・・・とでも?
そんなのは、本当に一握りの話ですよ。
 
だからね、死刑廃止論者が喜んで「冤罪」の話を持ち出してくるけど
むしろ、自分の首をしめるだけだと思うよ

339 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 01:58:12 ID:c+GIjfym0
>>323
>あ、それと。他の人へのレスだが。
>>拡大自殺者の心理状態をまるで理解してないな
>なら理解してるお前に是非聞きたいのだが。
>世の中には自殺の方法が幾らでもあり、中には苦痛も無く、ほぼ確実に死ねる方法も多くあるのだが、
>何故、拡大自殺者ちゃんは、死ぬために一々不確実で、労力がかかり、苦痛を得る可能性が高い方法を選ぶんだろうね?
>論理に出来ないなら「描写」でもかまわないよ。

どこ?教えて。

340 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 02:13:44 ID:y7vH73oA0
>>338
冤罪の問題はあくまでも死刑存廃問題の一つだから、
2つ目の意見はまた違う人権問題等が出てくる。
僕は死刑には問題を感じてるが、
秋葉原事件など現行犯で今その場に脅威がある状態では現場での発砲はアリと思う。

3つ目は、実際に手を掛けて生命を奪うという行為が問題じゃないかな。
終身刑は死刑よりも残酷というような意見もあってそこがそれぞれの生命観なんだと思うけど、
自分はやっぱりそこが引っかかる。
冤罪証明においては、死刑執行後はその可能性はゼロなんだから、
一握りでも可能性があるというのもとても重要。

341 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 04:02:56 ID:AYkNQP7iO
>>340
死刑の問題では無いよ。
死刑の場合影響力が云々とか言ってるけど、あくまでも裁判全体の問題である事には変わりないし、司法の判断ミスで人が死んでしまうという意味では、終身刑による獄中死や、仮出所中の再犯殺人も、同列に並べられるべき問題。

絶対的終身刑の方が、まず死刑以上に執行されるだろうから、その分冤罪が増える確率も上がるし、冤罪が明らかになる可能性の低さも、死刑を廃止したから解決する訳じゃない。
再犯殺人に至っては、現在ですら4%もあるくらいだし、これも、死刑を廃止して解決する訳じゃない。

冤罪問題で、死刑が人の命がかかってるから重大ってんなら、同時に、死刑を廃止する事で人の命が危険に晒される可能性も重大視すべき。
そういう所を片手落ちにしたまま放置するから、何言っても説得力無くなるんだよ。

現場での発砲射殺の場合、これは現在の刑法でも死刑相応じゃない犯罪者を殺してしまうって事になりかねないな。
実際、欧州ではそういうのも問題になっているしな。

342 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 04:24:02 ID:7eftIMu30
>>340
>冤罪証明においては、死刑執行後はその可能性はゼロなんだから、

自由刑→獄死でも可能性はゼロだよ。
むしろ拘束時間が長くなった場合、人格や社会性に悪影響が出て死刑より残酷になる可能性がある、
と死刑廃止国でも言われてるよ。
それに、獄死なら死刑と違って殺してないと考えるのは、死刑に残酷さを感じ取れる潔癖な考え方にしては中途半端だし
もしみんながそう思うのなら、それはその分顕在の問題が潜伏しやすくなるという事でもあるよ。

343 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 04:27:42 ID:AYkNQP7iO
>>342
「殺してないからいい」だったら、それこそ「人の命をなんだと思ってんだ?」って話だしな。
一人殺さない為に二人犠牲にしてたら、どうしようもない。

344 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 04:55:12 ID:uTNyn0Gu0
>>333
>死刑するのを否定するやつの気が知れんよ
→凶悪犯に対して同情することと、死刑執行は全く別です。
あなたは、「人」を何の躊躇もなく殺せますか。
もし、その人が反省して、改心したらどうですか。
死ぬ前に、命乞いをしたら、どう言いますか。
遠藤周作の小説(題名を失念してしまいました。誰か助けて!)で、
ナチの親衛隊員が少年の頃を描いています。
綺麗なバラの花に、テントウ虫がびっしりくっついていました。
少年は一つ一つのテントウ虫を指で潰していきました。また、元の綺麗なバラに戻りました。
ナチが「ヨーロッパユダヤ人問題」を解決しない限り、第三帝国(ゲルマン人が中心の栄光の国)の
繁栄はないとし、「最終的解決法」という計画をしたのです。
それは、できるだけ迅速にユダヤ人皆殺し計画だったのです。
計画の初めの頃は、銃で殺していったのですが、多くの親衛隊員があまりの返り血を浴びて、
ノーローゼになるものが続出したのです。
そこで考案されたのが、毒ガスによる、「人道的な処刑」方法だったのです。
それは、恰も、家畜を屠殺場に運ぶような感覚だったのです。
その結果、ヨーロッパでは千万単位の戦闘で死んだ人だけでなく、500万人から、600万人の人々が
「処理」されたのです。
「安楽に死ぬ」なら、人道的なのでしょうか。というか、要するに、被執行者の苦悩が「見えなければ」いいのです。
だから、人間は戦争ができるともいえます。
「死刑」の著者、森達也氏は
「そこまで人権や苦痛に配慮しながら殺すことの意味が」と述べています。また、
作家の加賀乙彦氏は「死刑の苦痛の最たるものは、刑執行前に独房のなかで感じるものなのである」
と述べています。

345 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:14:54 ID:J8IqP4250
>>344
お前、早く職探しをしろよ。
無駄飯ばかり食っていないでw

346 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:17:10 ID:uTNyn0Gu0
>>338
>「冤罪かもしれないから〜」が理由なら、逆に冤罪でないことが明らかな場合は死刑でもかまわない・・・となる。
たとえば、秋葉原の事件など白昼堂々と行われた殺人なんかは、冤罪ではないよね?
→またそうやって、極論にもっていこうとする…(苦笑)
何度も述べているように、冤罪死刑は死刑問題では、欠かせない問題だけれど、
それが全てではない、ということですよ。
あと、例えば、アメリカのoJシンプソン事件はどうです。
様々な証拠が指し示してるのは、OJシンプソンは有罪でした。
しかし、絶対とまでいえなかった。つまり、限り無く黒に近い灰色の被告です。
それでも、有罪にしてはならない、としたのが「推定無罪」の刑事裁判の鉄則です。
それで日本版の「推定無罪」とは「疑わしきは死刑にせず」なのです。
白鳥決定「疑わしきは被告人の利益に」が適用されて、1979年免田氏への再審が決定されたのです。
今からみれば、免田氏が容疑者とされることさえ、おかしかったのです。
免田氏によれば、数多くの死刑囚が冤罪を叫びながら執行されていったのです。

347 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:23:48 ID:uTNyn0Gu0

ついでに秋葉原の事件ですが、
「現行犯」→死刑
という鳩山月光仮面的な発想は止めにしましょう。
現行犯の場合でも、犯人は精神耗弱や薬物の影響下にあったかもしれないのです。
悪者退治→死刑
という幼稚なメンタリティーをなんとかしてほしいですね(苦笑)

348 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:29:02 ID:aqQTQV+30
>>344
死刑とナチによる虐殺は全く意味が違うだろ。

349 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:31:02 ID:7eftIMu30
長文矢印は頓珍漢だから、ここ以外では喋りきるチャンスないんだろうなあ。

350 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:33:11 ID:7eftIMu30
>>348
逆に長文矢印やカンネンみたいな廃止論者の、非廃止論者への態度の方がナチに近いと思うw

351 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 05:40:42 ID:uTNyn0Gu0
>>348
>死刑とナチによる虐殺は全く意味が違うだろ。
→それが日本人の感覚。
日本は戦中も死刑をしていたし、戦後も多くの死刑を執行してきました。
日本人の戦争感覚とは、言わば、「タンマ」という形で、戦場の異常心理が許容される傾向にあったのではないでしょうか。
というか、戦場心理というのは異常なのです。
しかし、フランクルの「夜と霧」などを読むと、ナチの収容所での収容者への扱いは
まさに犯罪者としてだったのです。
まず、全ての収容者に番号の入れ墨をされます。それが、新たな名前となったのです。
ヨーロッパ人達ー特にドイツ人はそれをよくわかっていたからこそ、
死刑を廃止したのです。

352 :存置派:2009/07/29(水) 06:10:21 ID:p09WwHk50
>>314
>>37以下。俺がもしソンチであれに反論するなら、「死刑を恐れて取りやめた」という実在の人物を探すがな
掲示板で実在の人物を探して連れてくる、ね…。
そもそもお前自身、実在の人物を「連れてこれて」いないんだが。お前自身が実例なら話は別だが。

>本気で死刑が怖くて思いとどまった人をここへ連れてきなさい
…いや、死刑以前に「俺、マジで人を殺そうと思って計画立てたよ♪」なんて誇る人間、
元ヤンみたいな連中の中にしかいない…というか元ヤンでもレアじゃないかなぁ。

で、何だ?
>37が間違ってることを論理の上で証明すりゃこれ終わるの?
それとも実例の無いお前の妄想に、犯罪者予備軍なんてレア人種をPCの前に持ってこなきゃならんのかね?

>お前はできたの?
…明らかに、お前が観察できなけりゃそれでお終いなんだがね。
>そのくらい学習してから存廃論を語りなさい
何回彼等の供述と行動を照らし合わせても、合理的に説明がつかなくてねぇ。
だが「そもそも自殺が主目的じゃなければ」って考えたら、全てが通る。
さ、専門家も観測できなかった犯罪増加の要因に気づいている観念君、
拡大自殺者の気分がよぉーくわかっちゃうはずの観念君。具体的に答えてごらん。

353 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 06:27:13 ID:J8IqP4250
yurikoいい加減にしろっ!
お前の極論はこのスレにとって逆効果だ!

354 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 06:43:16 ID:kcDDKNdeO
死刑の現場とは…

http://mblog.excite.co.jp/user/luxemburg/entry/detail/?id=4219915

355 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 06:57:49 ID:QeXmvFf3O
「被害者の家族が望むなら命も差し出したい」。死刑が執行された
陳徳通、前上博両死刑囚は昨年夏、市民団体「死刑廃止国際条約の
批准を求めるフォーラム90」(東京)のアンケートに、心境を吐露していた。

3人を刺殺するなどして強盗殺人罪などに問われた陳徳通死刑囚は、
中国語で「事件でこのような結果になるのを予測できなかった。
必ず心をあらためて出直します。早く帰国させてほしい」と回答した。

被害者の家族には「賠償を望むならば、できる限りやりたい。
命がほしければ、命まで差し出したい」とした。

インターネットの自殺サイトで知り合った男女3人を殺害、殺人罪などに問われた
前上博死刑囚は、「(死刑)制度について思うところはいろいろあるが」とした上で、
フォーラム側の質問項目だけに答えた。自ら控訴を取り下げた理由として
「自己都合(身辺整理などが終わったので)」と回答していた。

ソース(MSN産経ニュース):
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090728/trl0907281236006-n1.htm

>事件でこのような結果になるのを予測できなかった。

予測出来たら結果が変わるかもしれない位の影響力があるんだね。

356 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 08:32:53 ID:AYkNQP7iO
>>352
まあ、死刑になりたくないってんで殺人したけど自首した奴は、闇サイト殺人事件の犯人で既に存在するな。
そういう奴らが存在する以上、「死刑は怖いけど殺人はしたい」という心情が存在する事は事実だな。

357 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 08:51:58 ID:mJiBe2LoO
・死刑になりたい
・死刑は怖くない

こういう類いは執行の障害にはならない。
べつに法務省が本人の願いを叶えて死刑執行したわけではなく、
死刑執行したのがたまたま本人の願いと一致しただけの話。
本人の個人的願望なんぞどうでもいいわけで。

358 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 08:52:42 ID:On/oxypw0
>>348
>死刑とナチによる虐殺は全く意味が違うだろ。
→そういう風に、「虐殺は特別」という感覚こそが危険なのです。
実はナチが「最終的解決計画」を実行しつつあったとき、多くの「良心的」ドイツ人は、
「なにか、とんでもないことが起こっているのではないか」と薄々気がついていました。
でも、多くの庶民は「まさか」と思っていたのです。
また、戦争が終わってからさえも、ホロコーストは起きてない、という人が大勢いました。
もちろん、Vフランクルの手記なども発刊され、講演活動も行っていたが、具体的事実として、
人々が実感するまでには至らなかった。
それを変えたのが、1978年 アメリカNBCが制作した「ホロコースト」だった。
皮肉なことに、「ホロコースト」がドイツに逆輸入されて、初めてドイツ国民は
ナチスの行った虐殺の実態を身近に感じることができた。
フランクルが書いた、強制収容所の体験は「夜と霧」にまとめられた。http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_i.html
そこで「おや?」と思ったのが「カポー」の存在だった。カポーは普通の囚人で
ユダヤ人と共に収容されていた。彼等は外では、単なる犯罪者に過ぎなかったが、
収容所内では、看視兵よりも厳しく悪意をもって苦しめたという。
価値観が転倒してしまったのだ。収容所という空間が、いかに人を変えるのか、興味深い。

359 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 09:18:05 ID:7eftIMu30
つまり>>358こそが危ない

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 09:24:42 ID:J8IqP4250
yurikoは麻原彰晃並みの盲信者だな。
気持ち悪い。

361 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 09:49:39 ID:XutXuaaS0
>>355
命差し出したいのに、帰国したいのか。
じゃ、死刑執行後、遺体は本土帰国ってことで丁度いいんじゃないかね?


362 :山田AG:2009/07/29(水) 10:21:56 ID:TD/VWKAfO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 10:41:29 ID:9CPJXznqO
>>344
だから死刑廃止派のアホのみを殺した殺人鬼だけは死刑免除に賛成してやるってばよw
DQN殺人鬼が死刑廃止派というアホを殺してくれたんだもの
少しは世の中に役にたったかもしれないのだからなw
それで本望だろ?w
死刑廃止のリスクは死刑廃止派のみで負え!


364 :山田AG:2009/07/29(水) 13:31:49 ID:TD/VWKAfO
>>363
バーカ

365 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/29(水) 18:15:40 ID:/U/14mtu0
>326

疑問文に上から順に
はい
いいえ。自分の責任なら私財を投じていいが、凶悪事件を防止できなかったのは国家の責任が大(教育・更生・矯正システムの不備)なので、国家がその予算で賄うべきです
いいえ。それは「投票に行かない者は政治に文句を言うな」と同等の屁理屈です
そういう人が?多分いないでしょう
いいえ

>332 これはもう何をしたって殺人を止めることは不可能だということだね。

いや、やるべきことをやれば殺人は起きないよ。最初から。「何をしたって不可」というのは無知が言わせる

> 人間の愚かさを、思い知らされた気分だよ。

ナニ言ってんだい今頃

> 君は血に飢えたトラを、平和的な手段で止められると思うのかい?

檻を作って餌で誘き寄せる

> 殺すしかない・・・ということだ。

檻の中に閉じ込めればいいじゃん

>338 つまり「冤罪かもしれないから〜」が理由なら、逆に冤罪でないことが明らかな場合は死刑でもかまわない・・・となる。

逆は必ずしも真にはならんだろ。論理学の基礎中の基礎なんだが

> まさか、生きていさえすれば冤罪だったと証明できる・・・とでも?

当然。DNA鑑定に限らず、科学捜査技術は進歩するからね

>347 鳩山月光仮面

そうか、あの人その世代か。だから「ボクチンは正義!」と臆面もなく言えるんだな〜

>352 掲示板で実在の人物を探して連れてくる、ね…。

お前にとっては実在するんだから、決して不可能ではないだろ。頑張れ

> そもそもお前自身、実在の人物を「連れてこれて」いないんだが。

俺は「そんな奴は実在しない」と言ってるんだから連れて来ようがない。「実在する」と言ってるお前が連れてくるんだよ

> 元ヤンみたいな連中の中にしかいない…というか元ヤンでもレアじゃないかなぁ。

目星がついてるならさっさと探し出して連れて来いっつの

> 犯罪者予備軍なんてレア人種をPCの前に持ってこなきゃならんのかね?

そうそう。分かってるならPCの前に連れてきなさい。とっとと

> …明らかに、お前が観察できなけりゃそれでお終いなんだがね。

今のところお前が観察できてないから終わってるんだが、その自覚ある?

> 何回彼等の供述と行動を照らし合わせても、合理的に説明がつかなくてねぇ。

お前が不勉強なだけじゃん

366 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 18:26:33 ID:7eftIMu30
>>365
ファンタジー小説は他でやれ

367 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 18:37:00 ID:Ho09XP010
今回の執行で顕著だったのは、被執行者の若さだった。
76才で車椅子に座った、死刑囚を吊るしたこともあった。
あまりに年をとった人を死刑にする意味がないのと同時に、
あまりに若い死刑囚を吊るす意味もないのではないか。
なぜなら、日本が独自の死刑哲学を誇れるとしたら、それが
教育刑としての罰だからだ。
私は無論、死刑にいかなる意義も認めないが、もし、どうしても意義を
見い出せ、というのなら、やはり「死んでお詫びする」という贖罪としての死刑だ。
「一旦死んで、やり直す」ともいえる。実際、過去、死刑囚が聖人のように死んでいった例は多い。
高齢まで生きた老人に、死によって贖罪意識を持たすのは難しいし、
あまりの若年死刑囚だと、贖罪意識の欠片ももちあわせないだろう。
今回の死刑囚の年齢は、25才、40才、41才と寿命で人生を閉じるのには、
あまりに若すぎる年齢だ。
世間には、一日でも長く生きたい人もいれば、臓器移植さえ可能なら、命を長らえられる人もいるだろう。
せめて、そういう人達に生きる希望を与えてもよかったのではないか、と思う。
若い臓器なら、使い道も多かったはずだ。
そして、何より、山地死刑囚の年齢が25才と際だっている。
幼い頃は、泣き顔も`笑い顔も見せない、「気味の悪い子供」と見られ、中学時代は
「悪魔」という渾名がつけられたという。
16才で母親を殺して、少年院に入るのだが、僅か3年で出所した。少年院は本気で、
山地で社会復帰できると思ったのだろうか。
長く拘留すれば、更生が確実になるわけでもないが、やはり、社会復帰のために、十分時間をかけるべきだった。
少年を罰するのにどれほどの意義があったのか、「責任転嫁」の謗りは免れまい。

368 :山田AG:2009/07/29(水) 18:38:00 ID:TD/VWKAfO
>>366
バーカ、どう読めばファンタジーなんだよ。
オメーの頭ん中が沸いてるんだろ、ボケ

カンネンをバカにするな

369 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 18:47:56 ID:9CPJXznqO
>>368
ばーか

370 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 18:48:32 ID:tAkKcljCO
>>368
キミ、観念大好きだな。
俺もだ。

371 :山田AG:2009/07/29(水) 18:59:20 ID:TD/VWKAfO
>>369
バカはオメーだ!!
氏ね!!

372 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:09:03 ID:9CPJXznqO
>>371
ばーか

373 :山田AG:2009/07/29(水) 19:12:20 ID:TD/VWKAfO
>>372
バーカ

374 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:13:58 ID:9CPJXznqO
>>373
ばーか

375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:14:26 ID:QROxkJVz0
山田AG バーカ バーカw

376 :山田AG:2009/07/29(水) 19:15:32 ID:TD/VWKAfO
>>374
バーカ

377 :山田AG:2009/07/29(水) 19:16:25 ID:TD/VWKAfO
>>375
バーカ

378 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:17:53 ID:mJiBe2LoO
日本の警察官も、現認凶悪犯人に対する射殺を推進するべき。
無駄な税金費やして拘置・裁判するより銃弾1発分ですむから
大幅なコストダウンになる。

379 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:18:09 ID:9CPJXznqO
>>376
ばーか

380 :山田AG:2009/07/29(水) 19:20:40 ID:TD/VWKAfO
>>378
バーカ

>>379
バーカ

381 :山田AG:2009/07/29(水) 19:25:40 ID:TD/VWKAfO
そろそろ辞めにしょぅか、バカバカ言うのも疲れちゃった

382 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:27:49 ID:9CPJXznqO
さすがに、アホ山田のものまねも飽きたわ



383 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:45:03 ID:J8IqP4250
>>367
マスターベーションでダラダラまとまりの無い文章を書いていないで、ちゃんと
職業訓練学校か日本語学校に行け!

384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 19:56:15 ID:koWyrPed0
>>383
いやいや、読点の打ち方が1箇所おかしいと思うが
それ以外は普通の日本文だったぞ
文系高校生男子レベルかな

385 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 20:33:23 ID:x8uDnNEl0
現実で、月光仮面みたいなこと言う人がいたら馬鹿だよね。
「罪を憎んで、人を憎まず」
が、決め台詞。
どっかの空想と現実の区別がつかない
頭の中がファンタジーな馬鹿な連中が言いそうなセリフだねw

で、月光仮面がどうしたって?

386 :山田AG:2009/07/29(水) 20:37:46 ID:TD/VWKAfO
>>385
「人を憎んで罪を憎まず」なら意味が分かるが…

387 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 20:50:55 ID:c+GIjfym0
>>365

カンニン君、何日ぐらい考えたら

>あ、それと。他の人へのレスだが。
>>拡大自殺者の心理状態をまるで理解してないな
>なら理解してるお前に是非聞きたいのだが。
>世の中には自殺の方法が幾らでもあり、中には苦痛も無く、ほぼ確実に死ねる方法も多くあるのだが、
>何故、拡大自殺者ちゃんは、死ぬために一々不確実で、労力がかかり、苦痛を得る可能性が高い方法を選ぶんだろうね?
>論理に出来ないなら「描写」でもかまわないよ。

の答えが出せるんだろうね。

やっぱり、グダグダ言い訳してうやむやにしちゃうの?いつものように

それとも別パターンの完全無視?必死に気づかない振りするパターンかな?


あっ、そうそう。人は鏡ついでに

自分が死ぬために何人も他人を殺そうとしえいる人をここに連れてきてくれるんだよね?

連れてこれない場合はは実在しないってことでいいんだよね?

388 :山田AG:2009/07/29(水) 20:59:34 ID:TD/VWKAfO
>>387
クソワロタwwwww
そんなヤシ連れてこれる訳無いだろーwwww

389 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:00:51 ID:x8uDnNEl0
真面目な話、人権派とか死刑廃止論者とか殺人犯LOVEな異常者どもは死んだほうが世のためだと思うね。
彼らが死刑の抑止力を弱めたせいで、どれだけの人間が罪を犯し、どれだけの人が死んでいったか・・・。
よし、手当たりしだい死刑廃止論者を殺してやろう!
奴らも、大好きな殺人者に殺されれば本望に違いない!

・・・でも、あんなクズ共のために自分が死刑になるのは馬鹿馬鹿しいや。や〜〜めた!
ほら、死刑が嫌だから殺人をやめてやったぞ。
満足か?

390 :329ぐらい:2009/07/29(水) 21:02:28 ID:lR9q5VEq0
流れが速いと思ったら、こういうことか…

391 :山田AG:2009/07/29(水) 21:04:03 ID:TD/VWKAfO
>>387
あ、そうだ、拡大自殺と言えば、宅間守なんかどう?

392 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:05:07 ID:QeXmvFf3O
>>384
読点が無駄に多過ぎじゃね?

393 :山田AG:2009/07/29(水) 21:06:45 ID:TD/VWKAfO
>>389
バーカ

394 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:09:53 ID:tAkKcljCO
>>390
夏休みですから。

395 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:17:53 ID:QROxkJVz0
>>391

ブッ お前、バカじゃねぇの?

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:19:27 ID:tAkKcljCO
>>391
あそこまでいくと無理心中デラックスだな。

397 :山田AG:2009/07/29(水) 21:20:22 ID:TD/VWKAfO
>>395
バーカ

398 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:21:11 ID:7eftIMu30
山田は意志が弱いな。それでこそ観念のサポーターにふさわしい。
存置論者も心強いだろうな。

399 :山田AG:2009/07/29(水) 21:22:17 ID:TD/VWKAfO
>>398
バーカ

400 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:54:52 ID:7eftIMu30
その調子でガンバレ山田!

401 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 21:57:58 ID:QROxkJVz0
マジでバカなんだろ、山田w
長文矢印ぐらい長文書いてみろよ、
お前がいかにバカなのかよくわかるからw

402 :山田AG:2009/07/29(水) 21:58:29 ID:TD/VWKAfO
>>400
オゥ!頑張っちゃうよ!!

403 :山田AG:2009/07/29(水) 21:59:36 ID:TD/VWKAfO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

404 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 22:01:56 ID:7eftIMu30
何だもう少しできるだろ山田!

405 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 22:05:18 ID:xMxW+i3s0
カンネーーン!! カンネーーーん!!!

406 :山田AG:2009/07/29(水) 22:07:38 ID:TD/VWKAfO
>>401
今、日本が全ての囚人達を解放すれば、それは、一発逆転サヨナラ満塁ホームランを打つことに等しい。
打てる!!打つべきである!!麻生太郎は男である。刑罰なんて必要ない!!全ては「神が裁く」の一言で充分だったのである!!

407 :山田AG:2009/07/29(水) 22:09:23 ID:TD/VWKAfO
カーンネーン!!
カーンネーン!!

408 :山田AG:2009/07/29(水) 22:15:01 ID:TD/VWKAfO
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

409 :山田AG:2009/07/29(水) 22:16:13 ID:TD/VWKAfO
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!

410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 22:18:56 ID:tAkKcljCO
あいつまた規制されたのかな?

411 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 22:23:35 ID:7eftIMu30
あれ、買いかぶりすぎたか?観念を超えるつもりで気張れ山田!

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/29(水) 22:32:08 ID:tAkKcljCO
もう俺たちの期待にこたえられるのは山田しかいないな。

413 :存置派:2009/07/29(水) 23:34:22 ID:74DuAWzq0
>>365
>俺は「そんな奴は実在しない」と言ってるんだから連れて来ようがない。「実在する」と言ってるお前が連れてくるんだよ
意図的に誤読しているんだろうけどね、
俺は>37のとおりの思考で犯罪に至った者、もしくは犯罪に至らなかった者を
お前に連れてこいといっているわけなんだが。

>お前にとっては実在するんだから、決して不可能ではないだろ。頑張れ
実在しても、そいつをこんな酔狂に連れてこれるかどうかは別でね。
例えば、お前に「お前の友人をここに連れて来い」と言ったとして、それは可能かね?
…先に謝っておくが「友達なんて実在しないもん!」とかだったら…その、すまない。

>目星がついてるならさっさと探し出して連れて来いっつの
悪い。元ヤンの知人はいるが友人はいない。

>そうそう。分かってるならPCの前に連れてきなさい。とっとと
んー、とどのつまり、お前は妄想を根拠に>37を述べて、反論には実在の人物を求めちゃう子ってことでおっけー?

>お前が不勉強なだけじゃん
ある男が「俺は鉛を金に変える方法を知っている!」と言いました。
周囲の人間は「どうやるの?」と聞いても、男は「お前たちは錬金術を理解できない!」としか答えません。
科学的に鉛が金になるはずが無いと教えても、男は「お前たちは錬金術を不勉強なだけだ!」と言うだけです。
子供がくすくす笑いながら、はやし立てました。「錬金術士さん頑張れー!」
男は揶揄と受け取るどころか「おっと、俺が不利に見えるような声援はやめてくれ」といって気取ります。
さて、男はこの後、皆から認められたでしょうか。それとも肩を落として広場から「また」消える羽目になるのでしょうか。
…お前はどう思う? 多分「イミフ」と言うだけだろうから、この話の結末を簡潔に予測してくれ。

414 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 01:00:34 ID:r2coVr/h0
>>355
>被害者の家族には「賠償を望むならば、できる限りやりたい。
命がほしければ、命まで差し出したい」とした。
→やはり、この中国人死刑囚の念頭にあったのは、臓器移植ではなかったのか。
しかし、中国の死刑囚は、執行後、その屍体は政府によって接収されるという。
家族は遺体と対面できない。
「中国に帰りたい」とは、誰か別の中国人の身体の一部となって帰国したい、
という意味もあったような気がする。

415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 01:11:48 ID:G+KsCslc0
死刑囚は死刑にされた事で罪を償ったのだからTV等の報道では敬称を付けるべき
もしくは、’・・事件の犯人’程度の表現に抑えるべき
被害者の遺族はともかく、直接関係の無い人が死刑をもって罪を償った人に対しアレコレ言うのは如何なものか
これだけの数の人間が社会生活を送っているのだから死刑になるような罪を犯す人もいるだろう
被害者の遺族はともかく、社会としては客観的に事実を捉えるべき、またそんな奴らが出てこないような仕組みを社会で考えるべき

先日NHK観てたら爆笑問題がある研究者(大先生)を訪ねて色々雑談する番組をやってた
その研究者は殺人とかを統計的に研究している大先生だったが、その仮説は’人は殺人をする生き物’という事だった
統計で見ると殺人犯は(やはり)男が圧倒的に多く女は少ない、戦争期以外の殺人の発生率は毎年だいたい同じ、
主観的には人間と言えども動物、理性がコントロール出来ない事も無きにしも非ずなのだろうとの事だった

死んだ人をまた叩いても何にもなら無い、何の進歩も無い、
そんな死んだ人を叩くような世知辛い世の中がまた殺人犯を生み出すのではないか?


416 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 01:17:33 ID:TLfUiNLi0
>>415
普通の突っ込みどころもあるが、とりあえず、真ん中の段の話は何で入れたの?

417 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 02:54:42 ID:G+KsCslc0
え?
それは自分が考える殺人事件に対する考え方と合ってたから。
(殺人事件の被害者・遺族は別として)
社会としてはもっと客観的に(統計とか)殺人事件を捉えるべきだと感じる自分の意見にある意味沿う内容の番組で印象に残った番組だったから。

ひと昔まえ交通死亡事故が頻発して交通戦争とか言ってた時代があった
しかし、社会が信号機を巧く導入するとか見えにくい交差点を見え易くするとか道路の工夫をするとか・・・・
さらには(特に運転者へは)シートベルトの着用を義務付けるとかでその当時と比べれば劇的に死亡事故が減ったであろう
しかし、それでも全国都道府県別死亡事故の数は一位北海道、二位以下愛知、神奈川、大阪とか、、詳しくは忘れたけど
だいたいこの順番は変わらない
つまり、なにが言いたいかというと、一つ一つの事故を見れば、たまたまあの時横見したからとか、、たまたまアイツが運転中に
電話してきたからとか、、たまたま車内に蜂が入ってきて横見してしまった、、、とか全てたまたまだらけが事故の原因なのだろう(おそらく)
しかしそれでも1位の北海道は変わらない、
統計的客観的に見れば事故は起こるべきして起こった、ともとれるわけだ
もちろん、事故を起こした者へは社会的制裁を課すべきだろう
しかし、事故を起こした当人を叩くだけなら交通戦争は昔より今の方が酷くなってたかもしれない

殺人事件の場合は個人のマインドが深くかかわる問題なので交通事故のように物理的に社会が解決策を施すのも難しいだろう
しかし、社会は殺人事件もこの様な交通事故と同じように考えていいと思うし考えるべきじゃないのかな

418 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 02:58:03 ID:czmdx2I+0
スレ荒らしている山田AGってこいつか?

【1000万】りゅう◎◎,山田AG敗訴逃亡中【払え】16
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1245416181/


419 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 03:43:49 ID:r2coVr/h0
>>367
>高齢まで生きた老人に、死によって贖罪意識を持たすのは難しい
→死刑囚が天寿を全うすることの異常さに、どれだけの人が思い至っているのか。
一昨日行われた死刑では、死刑囚の若さが際だっていたが、
どういう基準で被執行者を選んでいるのか、公開するべきではないのか。
そこで思い出すのは、昨年12月に亡くなった澤地和夫死刑囚だ。
胃癌で死亡したのだが、最期に弁護士に伝えた言葉は、
「死刑で死ななかったことに感謝する」だったおうだ。
私は、元より、死刑制度に反対の立場をとってきたが、この言葉には
「ふざけるな!」と思った。
澤地は元警官として、エリート機動隊員でもあった。
死刑判決を受けることになった事件では、若い不動産会社社長を騙して殺し、
現金を奪うというものだ。他に宝石商など二人を殺害した。
澤地は20年以上、死刑囚として獄中生活を送っている。
なぜ、この男を死刑にしなかったのだろうか。それは、やはり、澤地が元警官で
自分達の仲間だった、という情実はなかったのか。
澤地は享年69才だ。長寿とはいえないが、天寿を全うしたともいえる。
死刑囚が後悔と謝罪の言葉をもって死ぬのは珍しくまいが、一方で
この澤地のように一辺の反省の言葉もなく、死ぬ死刑囚も珍しくない。
「今更反省しても」というのと、「反省の言葉で自分の犯した罪の大きさを
軽くしたくない」というのもある。
鳩山法相から、死刑囚の氏名や罪名が公開されるようになった。密行的と批判されていたことに、
応えた。それなら、一つ踏み込んで、実際に執行される死刑囚の人選も公表するべきだろう。
現在、日本の確定死刑囚は104人。
高齢の死刑囚も多くいる。当然の如く、拘置期間が恐ろしく長い。
ちょっと前まで、刑が確定しても、執行されるまで、平均8年を要したから、
それまで反省する時間だたっぷりあった。
現在の「執行しやすいところから」では、憲法で定められた法の下の平等の理念にも
反する。


420 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 04:40:56 ID:fixpmidh0
>>415
>死刑囚は死刑にされた事で罪を償ったのだからTV等の報道では敬称を付けるべき
もしくは、’・・事件の犯人’程度の表現に抑えるべき
→イヤー、難しいですね(笑)
「元死刑囚」というのが無難かもしれないけど、そうすると
再審無罪判決を得た、「元」死刑囚も含まれ、混乱するかもしれないでしょ。
そもそも、現在、104人いる死刑囚の内、60%が再審請求をしています。
中には、完全な無罪を主張している人もいますが、殆どが量刑についてです。
「盗人猛々しい」ともいえますが、死刑が極刑である以上、少しでも減刑要素があれば、それを無視できません。
死刑が執行された人というのは、自分の罪を認め、刑によって償いたいという、
立派な心をもっているともいえます。
したがって、拘置所では大事にされます(大塚公子)
確かに、贖罪したのだから、犯罪者とはいえません。
しかし、より重要なのは、死刑制度とは国のありかたであって、宗教ではないのです。
鳩山元法相も、本気ではないと思いますが、「執行された人に失礼」などと、いかにも
被執行者を敬っているかのように思わせる発言もあります。
しかし、この男の本音は「死刑囚を二度吊るしたかった」ではなかったでしょうか。
「事件の犯人」という表現は間違っています。
「事件の犯人とされた人」くらいが無難ではないでしょうか。

421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 07:10:33 ID:v58mi30s0

それに関連してですけど、「死刑廃止」を訴えるサイトなどでは、被執行者を
「さん」付けで呼んでいますね。
確かに、丁寧な敬称(様)をつけるとまで言えませんが、一般的な敬称をつけています。
しかし、むごたらしく殺された被害者遺族にしてみれば、たとえ「さん」づけでも、
いたたまれない気持ちになるのではないでしょうか。
日本には、長い間被差別部落問題がありました。
被差別部落民は伝統的に、浄土真宗信徒が多いのですが、
彼等の戒名がひどいのです。差別的なのです。戒名とは、死後、仏弟子となるために与えられる名前の
ことですが、死んでも差別されるとは酷すぎます。
そして、調査によれば、そういう戒名に関する差別は仏教各派に及んでいたというのです。
日蓮自身が自分を「せんだらの子」と呼んだ日蓮の宗派にもあったのは驚きです。
戒名に値段があり、差別があるなると、宗教的救済の意味さえなくなるのではないでしょうか。
そこでですが、死刑囚に対しては、どうなんでしょうか。戒名はつけられるのでしょうか(仏教式葬儀を望んだ場合)
日本には、宗教ともいえない、神道があるのですが、
神道では、生きとし生けるものは無論のこと、死んで禊をすますみたいな伝統があり、
死ねば、皆神になるという信仰があります。仏教は、元々、輪廻を信じるが故に、死後の魂の存在は認めません。
しかし、日本の仏教は神道から、「良い影響」を受けて、「死ねば皆仏様になる」という信仰も発展させてきたのです。
私は、「いいな」と思います。
確かに、被害者遺族にしてみれば、たとえ死んだとしても、その存在は「穢れている」でしょうが、
そこは、一つ枠を超えられないでしょうか。つまり、「禊をすます」のです。
それが出来たら、さらに一歩進めて、刑務所に収監され、きちっと贖罪教育を受けさえすれば、別人となることもある、
と思えないでしょうか。言い換えれば、「憎むべき犯罪者」は、もうこの世に存在しないと思うことです。
これは、イメージトレーニングですが、そうすることで被害者遺族の心をリハビリするべきなのです。
死刑廃止で最大の障害になるは、やはり、「被害者感情」を慰撫することでしょうが、
それこそ、回りの人の暖かい励ましと同情が必要なのです。

422 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 07:25:31 ID:SLwv2u4nO
死ねば仏様になるのだから死刑執行に何の問題もないし、
「死刑廃止の最大の障害」なんぞ考える必要もない。

はい、次の方どうぞ
    ↓

423 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 08:20:55 ID:v1HWhpwq0
>>422
>「死刑廃止の最大の障害」なんぞ考える必要もない。
→昔、必殺仕掛け人シリーズで、坊主の仕置き人が居たような気がします。
人殺しをする毎に、念仏を唱えていたような気がします。
死んで「即身成仏する」というのは、あくまで日本の葬式仏教に根ざした、迷信です。
本来の即春成仏とは、現世で仏の境界に達して、四苦八苦に代表される苦悩の原因となる
煩悩を克服することにあるのです。
死んではダメなのです。というか、四苦八苦の「死苦」は最も大きな苦悩なのです。
フランス映画に「BETWEEN HEAVEN & EARTH」というものがあるのですが、これは
60年代のフランスに於ける、学生運動を描いています。
女学生が妊娠するのですが、胎児が母親に、「生まれたくない」と話しかけるのが、
メインストーリーです。
輪廻思想によれば、人は生まれるとき、そのあまりの苦しみのため、過去世の記憶を全て、
失ってしまう、とされています。
「死」が楽しいなどという考えは事実でないし、倫理道徳的にも間違ってるのです。何故、
それがわからないのでしょうか。
死刑の本当の苦しみは、その瞬間を待つまでにあります。
それなら、死刑が確定した瞬間に、射殺するようなシステムを開発すればいいのでしょうか。
そういうシステムを採用している国はありません。何故だかは、お前への宿題だ(笑)
どんな罪を犯した人でも、できるなら、その罪を自覚させ、被害者の苦悩と悲しみを感じさせるべきなのです。
ひとたび、それを感じれば、その苦痛は測り知れないものがあるでしょう。
その苦悩こそ、加害者が感じるべきものなのです。その体験のみが、償いに近いものになるのです。


424 :どーでもいいことですが:2009/07/30(木) 08:28:31 ID:v1HWhpwq0
訂正>>423
>本来の即春成仏とは、

本来の即身成仏とは、

425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 08:41:32 ID:jLFcKl+A0
長文矢印は書き込みすべてに「どーでもいいことですが」と書いておけよw
本当にスレ汚しの迷惑者だな。
日本語のセンスゼロだよ。

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 09:41:02 ID:G+KsCslc0
これだけたくさんの色々な人が暮らしている社会
死刑になる様な罪を犯してしまう人も少なからずいる
’ヒトは殺人をする生き物’、ある意味仕方がない
これは確率の問題
ドロボーがいなくなれば警察官も検察官も偉い裁判官もオマンマ食い上げ
刑務所拘置所の職員も失業
世の中には必ず表と裏の顔がある、それで成り立ってる
殺された被害者や遺族に対しては十分ケアする必要があるが
殺人を犯してしまった犯人をよってたかって社会がなぶり殺す事で済ませるのは
なんとも進歩が無い、殺人事件を生まない社会を作るべく工夫すべき

死刑になった人の名前(漢字)をみると
なんとも前向きなその人の人生への期待が込められたものとなってる
頭が良く司法試験に合格すれば裁判官にもなれたかも
そんなの紙一重


427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 09:44:26 ID:TLfUiNLi0
>>417
>>415の流れだと

殺人の発生自体を防ぐべき

殺人の発生自体は防げない

殺人の発生自体を防ぐべき

しか読み取れないので、真ん中と前後が矛盾してるか、大事な部分をすっ飛ばしたようにしか見えない。
出すならそっちの交通戦争の例だったな。

428 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 10:37:44 ID:G+KsCslc0
>>427
そっか、誤解を招くような書き方だったんだな
すまんすまん

429 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 11:18:43 ID:TLfUiNLi0
>>426
それは死刑存廃とはあんまり関係ない。
世の中には必ず表と裏の顔があるとわかるのなら、
「死刑が無くなれば、死刑さえあれば罪を犯さなかった人が犠牲になる」
というトレードオフもわかるはずだ。

そもそも、殺人を生まないように工夫をすべきだなんて事は大抵の一般人だってわかる事で、
それがなされようとしなかった時代なんてない。

ただ、工夫が効果をあげるかどうかは数十年単位の追跡調査しかなく、
例え効果が現れたように見えても、その間に世の中が変わってしまったらその工夫は逆効果になるかも知れず、
人間の体は車のように物理的グレードアップできず、人間から内心の自由を奪う事も、社会から殺人に使える道具全てを奪うこともできない以上、
犯罪の発生そのものに対しては、実質いたちごっこの対処療法しかないという事が論理的に導かれている。
これは主に警察力の問題。

強いて言うなら、事前になるべくいろんなタイプの犯罪者に事前にリスク気にしてもらえるように、いろんなベクトルの罰を用意し周知する事が有効だが、
その点から考えると「生命刑」という一つのキャッチーな大ベクトルを無くしてしまうのは全くいただけないと言える。

そこからブレイクスルーした代案があるならともかく、理想だけ語っても極々ありきたりだし、
むしろ周囲の人間を、その程度も思いつかない未熟者扱いしてる事になって反感を買うかもしれない。

430 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 11:35:18 ID:TLfUiNLi0
あ、むしろ>>426
「殺人犯がいなくなれば死刑も自然消滅するのだから、廃止論者はそっちに精を出すべき」
と読むべきだったのかな?

431 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 12:08:22 ID:z1mkIt2x0
>363死刑廃止のリスクは死刑廃止派のみで負え!

死刑に抑止力があると未だ思ってるらしい↑>227のリンクで勉強しなさい

>367 少年院は本気で、 山地で社会復帰できると思ったのだろうか。

全くだな

>387 の答えが出せるんだろうね。

お前が実在すると思ってる「死刑が怖いから止めた人」をここに連れて来た後だよ

>やっぱり、グダグダ言い訳してうやむやにしちゃうの?いつものように

それこっちのセリフなんだけど

> 殺そうとしえいる人
> い場合はは実在し

落ち着けw

>389

>37以下読んでみて

>413 俺は>37のとおりの思考で犯罪に至った者、もしくは犯罪に至らなかった者を お前に連れてこいといっている

へぇ。・・・・何故?

> お前に「お前の友人をここに連れて来い」と言ったとして、それは可能かね?

可能だけど

> 悪い。元ヤンの知人はいるが友人はいない。

その知人を辿って、さっさと探し出して連れて来いっつの

> お前は妄想を根拠に>37を述べて、反論には実在の人物を求めちゃう子ってことでおっけー?

>37が妄想だという根拠がないから、その反証を求めてるんだが
お前は「人物は実在する」という妄想を根拠に>37を妄想と断定しちゃう子ってことでおっけー?

> …お前はどう思う? 

お前の脳内が垣間見えてなかなか面白かったよ
揶揄してるんだと思いたい気持ちも分からんではない

>419 現在、日本の確定死刑囚は104人。

こないだ101人にならなかったっけ

>421 死刑廃止で最大の障害になるは、やはり、「被害者感情」を慰撫すること

全くだね。存置派が多いのもそこが如何ともし難いからだろうな

>423 その苦悩こそ、加害者が感じるべきものなのです

いや加害者は加害した時点で既に苦悩を抱えてる

432 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 12:15:42 ID:TLfUiNLi0
観念の方が整合性が低い に一票

433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 12:22:55 ID:Hkg+sjRb0
人は鏡
落ち着け

は魔法の言葉。これ以上この事についてふれてはいけませんの意。


434 :山田AG:2009/07/30(木) 13:02:22 ID:9NIkdtSnO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

435 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 13:05:53 ID:TLfUiNLi0
【1000万】りゅう◎◎,山田AG敗訴逃亡中【払え】16
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1245416181/

436 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 13:26:51 ID:ToSOl6bkO
>>426
犯人に殺された人は、確率の問題だから仕方ない
けど、殺人犯を殺しちゃいけない

なんともはや、かける言葉も見当たらない

何故、罪を犯してない一般人だけが、殺される確率の中で、殺人犯を生かしながら生きてかなきゃならないのやら……

437 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 13:41:21 ID:cRlz7KOdO
>>431
君の友人はいつ頃このスレに登場予定ですか?



438 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 14:01:09 ID:G+KsCslc0
>>436

>何故、罪を犯してない一般人だけが、殺される確率の中で、

罪を犯してない一般人と言いますけどね、自分の考えでは
その罪を犯していない一般人の中から殺人犯が生まれるのですよ
この場合、どんなに偉い裁判長さんでも悪と戦う検察官さんでも
お坊さんでもみ〜んな一般人と捉えるべきだと思うのですよ
そしてその中から(’人は殺人をする生き物’だから)殺人犯が生まれるのですよ
み〜〜んな同じ人間でしょ?
自分はそういう視点にたっているのですよ


439 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 14:08:53 ID:TLfUiNLi0
>>438
そういう視点に立つと何で殺人犯を生かすことにつながるの?
また大事な部分すっ飛ばしてる気が・・・

440 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 15:21:46 ID:66YwwjHUO
>>438
じゃあお前、山田AGの一千万の負債、いくらか払ってやれよ。

441 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 16:08:42 ID:G+KsCslc0
>>439
ども
自分は昨日からここで色々書いてるけど(他のニュースの板では軽いのが多いので)、
なんかココの人達はレベルが高くて使われる単語も難しいよ
自分は文章の書き方が下手だがもしよかったら読んでくれ

>そういう視点に立つと何で殺人犯を生かすことにつながるの?

それは社会として人間として進歩する事を考えるべきだと考えるから
、、、と言っても答えになっていないのでよく考えた・・・・
実は正直に言うと死刑にされちゃう人が可哀想というのもある
ああ、ああ、、わかってる
そう言うとお前バカか被害者の方がどれだけ可哀想か
凄惨でむごい事件の生写真見てみろとか滅茶苦茶叩かれる
でも’人は殺人をする生き物’の視点に立つ自分からすれば
死刑にされちゃう人が可哀想と感じるのも自然でしょ?
裁判官、宇宙飛行士、ソープ嬢、文学青年、プロレスラー
有名キャスター、、、そんな人の集まりの中から出ちゃったんだよ殺人犯が、、
残念ながら、自分達の中から出たんだよ
出ちゃったものをよってたかって苛めるって可哀想に思うしそれを消し去るだけでは社会は進歩しないでしょ?
出ちゃった、ととるべきだよ、そして、可哀想だから死なないようにしてあげるべきだよyそれが人間だよ
そんなのが出ないように社会は工夫すべきだよ、交通戦争を終わらせたみたいに、、、、
それに被害者、遺族と同じ感情にあかの他人の場合なれないよ、現実問題

、、、、、と、言いながらだ、、、
もし仮に自分が被害者になったら絶対に犯人を許さない
犯人を死刑にしてくれ!!と狂ったように叫ぶに違いない
ここで書いた冷静さなど忘れ去るに違いない、まあ、それは死刑を反対している人も似たようなものだろう
子供の頃は昆虫など無駄な殺生をした事もある
ほとんど興味本位でイスラム社会で首を切られる残酷な動画をネットで見る事もある
個人の中にも表と裏の顔があるのだ

自分は’ヒトは殺人をする動物’だと思うし、それは社会から必要悪的に出ちゃうし、
そういう視点からすれば出ちゃった人を社会がなぶり殺すのはよくないと思し、
必要悪になっちゃった人はある意味可哀想だと思うから死刑などしない方がよいと思うし
むしろそういう人が出ない社会になるよう工夫する事の方が建設的だし、、、
もちろん被害者のケアに対し社会は何よりも全力で取り組まなければならないし
そういう人が出ないようにする為に工夫しなければなるまい
でも出ちゃうよ、例えば今年中に死刑になるような殺人を犯す人が、必ず、、、
でも新型インフルエンザの騒ぎみたいにマスメディアで殺人を絶対に水際でくい止める、とかって運動すれば効果あると思うがね
現実的にはそんな事無理としても社会で取り組めば殺人は減らせられるよ、それが言いたい

442 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 17:19:06 ID:lp5RrbUP0
>>431
>>37が妄想じゃないって言う根拠の人間を連れてきてから初めて
>>37が妄想じゃないということがわかる。
反証はその@でしょうが
理屈を示した人間がその根拠を先に明らかにするのが当たり前だと思うけどねえ



443 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 17:20:38 ID:sCruHV/wO
>>431
ここは日本だ、海外とは違う、海外の糞データーなんぞ何の根拠にもならん
だからよ、アホ死刑廃止論者を何十人、何百人殺しても惨殺しても死刑にならないという法律にでもすればいいんだよw
そして死刑廃止論者は死刑囚を出さないためにも自らすすんで被害者にでもなるがいいさw

444 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 17:24:58 ID:66YwwjHUO
>>441
「死刑執行される人」を「社会の必要悪として生まれた可哀想な人」と定義している時点で、読む人の共感を得られない変わり者の意見になってしまっている。

次に「社会の努力が足りない」としている点だけど、きみは日本の社会がシステムとして何の努力もせずに、現在の治安を維持していると思うのか?
まさか思うまい。
なら「さらなる努力」を要求するのであれば、それは具体的な方策とセットでなければ、誰も耳はかすまい。

要は、読んでいる人が何を思っているか意識すること。
その人を動かすにはどんな言葉が必要なのかを考えること。
この二点だけだ。
難しいとは思うがやってみなよ。

445 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 17:49:24 ID:z1mkIt2x0
>442 >>37が妄想じゃないって言う根拠の人間連れてきてから初めて >>37が妄想じゃないということがわかる。

んー・・・・・要するに「私は馬鹿です」と言いたいの?

> 理屈を示した人間がその根拠を先に明らかにするのが当たり前

理屈と根拠はすでに>37で示してるが

>443 ここは日本だ、海外とは違う、海外の糞データーなんぞ何の根拠にもならん

>227のリンクが根拠にならないらしい↑
こうなるともう何を出しても彼にとっては「根拠にならない」

> アホ死刑廃止論者を何十人、何百人殺しても惨殺しても死刑にならないという法律にでもすればいいんだよw

妄想しながらなんだか嬉しそうである↑ここまでくると哀れである

>444 「死刑執行される人」を「社会の必要悪として生まれた可哀想な人」と定義している時点で、読む人の共感を得られない

「読む人の共感」じゃなくて「ソンチの共感」
あまりそうやって主観を客観化し過ぎると読む人の共感を得られないよ

446 :山田AG:2009/07/30(木) 18:02:45 ID:9NIkdtSnO
人を殺してはいけないから死刑反対!!!

447 :山田AG:2009/07/30(木) 18:05:43 ID:9NIkdtSnO
>>444
別に変わり者の意見って程でもないでしょう

448 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:06:19 ID:QXwyta7SO
死刑が廃止されれば、組織暴力団の幹部は組員に、「あのタマ(標的)をとってこい。さもなければ殺す」という「究極の選択」をつきつけ得ることになる。
「暴力団員が堅気の人間を殺しても死刑にはならないが、親分は彼を殺せるし、殺しても死刑にはならない」という状況が出現することになる。
つまり、映画『ミンボーの女』を制作して暴力団員二人に襲撃された伊丹十三監督はあの場合、あっさり殺されていた蓋然性が高くなるのである。
一時期イタリアでは、マフィアに対抗した裁判官、検察官、政治家、さらに犯罪学者がマフィアによって次々と殺されたことがある。
平成六(一九九四)年九月、マフィアの裁判にあたっていた判事たちに、警察は、刑務所に入ってもらうよりほかに、皆さん方の安全を保証する方法はないと通告、判事たちはやむを得ず刑務所の独房に入り、そこから法廷に出向くという事態になった。
マフィアに対抗した者は昔から殺されていたのではないかと思われがちであるが、死刑が廃止されるまでは、これほどまでにあっさりと、しかも次から次へと殺されるなどということはなかった。
つまり、イタリアにおいては、死刑の廃止は失敗だったと言えるであろう。
イギリスでも、死刑を廃止して以来テロリストによる警官殺しが増え、死刑廃止は失敗だったという声が各方面からあがっている。

小田晋(おだすすむ)、筑波大学社会医学系教授・社会精神病理学および犯罪学、「人はなぜ、人を殺すのか?」、はまの出版、1996年、pp. 235-236


449 :山田AG:2009/07/30(木) 18:09:48 ID:9NIkdtSnO
>>448
脳内乙

450 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:18:21 ID:QXwyta7SO
>>449

「意味のない中傷しかできません」ですか

わかります


451 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 18:22:02 ID:z1mkIt2x0
>448 「あのタマ(標的)をとってこい。さもなければ殺す」という「究極の選択」

「はいとってきます」と言って逃げればいいじゃん
或いは「親分に脅迫されて命を狙われてる。保護して」と警察に行けばいい
どこが究極なんだか


「山地死刑囚の犯行時の詳細を読んで、鳥肌が立った」「鬼畜だ」「理解不能」とか言ってる人がいるが・・・どんだけ世間知らずなんだ?
己の無知・不勉強を棚に上げて感情論で非難轟々
どんだけ平和に育ってるのか知らんが、知識・免疫が無さ過ぎる
社会には一定の割合でああいう変態が出てくることくらい知っとけ、と

452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:30:43 ID:66YwwjHUO
>>447
一般的な意見とも言えないだろ。彼が話す相手は存置派なんだし。
ところで1000万の負債ってマジ?



観念さんもなんか言ってたけど、話しても無駄なのは知ってるから、あんたはあんたで勝手にアドバイスなりなんなりしてやんな。


453 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:35:32 ID:QXwyta7SO
>>451

『「はいとってきます」と言って逃げればいい』が全称命題か普遍量化文として(全ての場合に於いて)成立するなら別にいいんだけどさ。


どんだけ平和に育ってるのか知らんが、知識・免疫が無さ過ぎる


454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:41:13 ID:cRlz7KOdO
>>451
で、君の友人はいつ頃これるのかな?

今のままじゃ「私の友人は妄想の中にしか存在しません。」
って宣言してるだけですよ。

455 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:54:18 ID:66YwwjHUO
>>454
言っていいことと悪いことがある

456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:59:11 ID:lp5RrbUP0
>>445
37以下の何処に理屈の根拠がある??
観念くんの述べてる心理描写や犯罪に際しての人間心理どうりの人間を
連れてこなけりゃ根拠にならん
で、実際にそう考える人間を知ってるんだったら連れて来いと
反証はその後だろうが


457 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 18:59:38 ID:wytuJERl0
カンネン様ーーーーーーー!!

458 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 20:14:17 ID:Cb49Rili0
>>425
>日本語のセンスゼロだよ。
→なんですか、その「センス」って?
それこそ、おかしな日本語ですよ(爆笑)

459 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 20:53:01 ID:jLFcKl+A0
糞yurikoへ

つまりだな・・・、
yurikoは日本語を美的に書くという意識、感覚、感性を持ち合わせて
いないということ。
長文ダラダラ、誤字脱字多発、論理メチャクチャ。
まあ、英語でも同じだけどなw

誰かこれを否定する人いますか?

460 :山田AG:2009/07/30(木) 21:04:25 ID:9NIkdtSnO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

461 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 21:08:36 ID:z1mkIt2x0
>453

例外は自分の家族や友人が人質に取られてるときか殺し屋が付いて回るケースくらいだろ
それ以外で究極の選択になるケースがあるなら言ってみ

>454

結局、「死刑が怖くて殺人止めました」という人物は「私の妄想の中にしか存在しません。」、ということでFA?

>456 観念くんの述べてる心理描写や犯罪に際しての人間心理どうりの人間を
> 連れてこなけりゃ根拠にならん

「何の」根拠にならんの?抑止力がない根拠?
それともお前が>37を理解する根拠?

>459

長文で誤字が多いのは確かだが論理はしっかりしてるし知識も豊富
理解できないソンチだけだろ、論理がメチャクチャとか言ってるの

462 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:14:40 ID:wytuJERl0
カンネーーン!  待ってました♪

463 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:16:37 ID:NIyG7EYL0
「死刑が無くなれば、犯罪者が増える」考えれば馬鹿でも解ることだよね?
それが理解できない程に歪んだ思想に凝り固まった人間を説得するのは難しいね。

そんなわけで、ちょっと視点を変えて、架空の話をしようと思う。
「動物開放派」という人達がいるとしよう。
彼等は動物愛護の精神で活動し、檻に閉じ込められてる動物を開放しよう!という団体だ。
もちろん、動物園から動物が逃げ出せばどれだけ危険かは、馬鹿でもわかる。
だが、彼等には理解できない。いや、聞こうとしない。
なにしろ、閉じ込められてる動物は虐待されてるのと同じである。と、主張してるぐらいだからね。
「逃げた動物が人を襲ったらどうする?」と聞かれれば
「動物が自由になったら襲ってくるという勘違いは、たんなる被害妄想である。
今まで虐待してきた動物が自由になったら、復讐されるのではないかという虐待者特有の感情である」
とか
「アフリカでは動物達が自由に暮らしているが、住民が襲われたりしない。
ゼロとは言わないが、アフリカに住む人間の死因の一割も占めてない」
とか
「日本でも、檻を隔てず動物達に接する職業の人達がいるが、彼らが襲われたという事実は稀であることからも、
正しく動物達と接してさえば安全であることは証明されている」
など延々と語って否定してくる。
「檻に閉じ込めることは、動物虐待ではない」
と反論すれば、
「子供が親に檻に入れられてるのをみても、虐待だとは言わないのか?」
「君は危険かもしれないからという理由で、牢屋にいれられたらどう思う?」
など、頓珍漢な言葉で返してくる。
それどころか、
「動物達を閉じ込めて自由を奪うことで、優越感に浸る異常者」
「自分以外の存在は危険だと決め付ける、頭が弱い被害妄想の持ち主」
とまで言って罵倒してくるしまつ。
しまいには、
「人間を一番殺してる生き物は人間だよ。
空腹にならなければ、他者を襲わない動物達を危険だからと閉じ込め
遊び半分で人や動物を殺す人間を野放しにするのはおかしい。
自分達は特別だ!なんて思い込んで他者を迫害する考え方はナチスと同じだ。
そういった頭のおかしな馬鹿のせいで、どれだけの種族が絶滅したとおもってる!?」
なんて白熱したりする。
「日本でも、野生の熊に襲われて死んだひともいる」
と、つっこめば
「人間が野山を荒らし熊達を追い込まなければ、人里まで降りて人を襲わなかっただろう。
本当に被害者なのはどっちか考えればわかりそうなものだけどね。ごめん、馬鹿にはわからなかったかww」
それに、食べるのに困ったら、人を襲うの奴がいるのは人間だっておなじだろ?」
とにかく、馬鹿な返答しかしない。
で、「結局は動物を逃がしたら危険だ」という馬鹿でもわかるはずのことを、認めようとしないわけだ。

さて、ここで死刑廃止論者に質問だ。
こういった思想に取り付かれて、考えればわかる簡単なことがわからない人がいたら、どう思う?
どうすれば説得できるんだろう?

一応だけど、「動物開放派」ってのは、普通の人から見た「死刑廃止論者」の馬鹿っぷりを客観的に見つめてほしくて作った架空の団体だからね。
まちがっても、動物園行って檻を壊すなんてしないでくれよ。
長文すまない。

464 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:19:32 ID:wytuJERl0
              ♪  ガンバレ  ♪
  ;;"~'゙;; .∧_∧ ;;"~'゙;; ;;"~'゙;;. ∧_∧ ;;"~'゙;;;;"'~'゙;;. ∧_∧ ;;"~'゙;;
  ミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミ
     \    /      \    /      \    /
      |⌒I、│        |⌒I、│       |⌒I、│
     (_) ノ          (_) ノ       (_) ノ
        ∪           ∪              ∪
  カンネン♪ カンネーーーん♪   カ♪ン♪ネ♪ン♪ 

465 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:21:37 ID:Cb49Rili0
今回処刑された山地死刑囚だが、毎度のことながら、
「それにしても、死刑が何かの解決になったのだろうか」と
思わざるをえない。
http://yabusaka.moo.jp/yamaji.htm
私がおかしい、と思ったのが、山地に死刑を求める署名が2万人以上、集まったことだ。
署名した人達は恐らく、加害者を死刑にすることと被害者の冥福を祈ることと同じだと思っていたのではないか。
山地は山地で、それなりに不幸な人生を歩んでしまった。
果たして、山地は赤ん坊として、この世に生を受けた瞬間から、殺人者になることを約束されていたのか。
矯正官達は、少年院にたった3年居ただけで、更生させることができると考えていたのだろうか。
矯正教育に資金を注ぐことに、「税金の無駄」と言う人が居るが、終身刑にできないなら、
そういう無責任な発言を慎むべきだ。もし、第二の犯行を防げていたら、いくらかけても惜しくはなかったはずだ。
実際、山地が少年院を仮退院したとき、その更生度を疑問視していた精神科医がいた。
私がもっと疑問に感じたのは、死刑判決を言い渡した裁判長の言葉だ、
『裁判長は「遺族の悲しみはどれほどかをもう一度考え、幼いころの人間性や家族との温かい交流を思い起こし、遺族の苦しみの万分の一でも理解してほしい」と説諭した』
この裁判長は何を考えていたのか。凶悪事件を起こした人間に月並みの説教をして、何が生まれるというのか。
まして、死刑によって、被告が更生できるという確証があったのだろうか。
もし、最期まで反省も後悔もしなかったら、その死刑はどんな意味があるというのか。
山地は、明らかに社会的なサポートシステムから抜け落ちてしまった落伍者だった。
そうなる前に、本来なら誰かが手を差し伸べるべきだった。
レイプされた挙げ句、惨殺された姉妹の苦悩とそれを残りの生涯、思い出しながら生きていかねばならない、
両親の苦衷を察するに思い余る。
しかし、そこに決して望んでそういう人生を選択したのではなかった、加害者の屍を並べて、
誰が喜ぶというのか。
この世にたった25年間しかいなかった人の命を無理矢理奪う必然性はなかった。


466 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:24:06 ID:wytuJERl0
■死刑囚、最後の言葉
・孫 斗八「ゴラァ!だまし討ちにするのか!」
・佐藤虎美「殺られてたまるかーー!」
・永山則夫「うおーーーーっ!!オレを殺すと革命が起きるぞ!」
・菊池正「おかやん、おかやん、助けてくれよ・・・」
・渡辺健一「ウソやろ!・・・・かなわんなあ・・・」
・宅間守「タバコとジュースくれや!」
・宮崎勤「あのビデオまだ途中なのに・・」
・大久保清「グエッ・・・」
・小原保「真人間になって死んでいきます。ナスの漬物おいしゅうございました」
・小林カウ「長い間お世話になりました。思い残す事も言い残す事もありません」
・坂巻脩吉「お先に!先生、お世話になりました。元気でね!」
・奥野清「お母ちゃん、いま行くで、待っとれよ」
・中島一夫「あの世で被害者に会ってお詫びできることを思うとやはり死ぬことは喜びです」
・堀越喜代八「どうか皆さん、ぼくの冥福を祈って成仏できるよう助けて下さい」
・片桐操「皆さん、ありがとうございました。お先に失礼します」
・杉村サダメ「あの世では被害者の皆さんに会って罪を償いたいと思います」
・大谷高雄「先に行ってます。極楽では私のほうが先輩ですからね」


467 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 21:34:08 ID:z1mkIt2x0
>463 「死刑が無くなれば、犯罪者が増える」考えれば馬鹿でも解ることだよね?

つか馬鹿だから解るんだよ
死刑に抑止力があると思うのなら>227のリンク先に反論よろしく

> 彼等は動物愛護の精神で活動し、檻に閉じ込められてる動物を開放しよう!という団体だ。

喩え話の中ですら妄想が酷い↑流石ソンチ、留まる事を知らない

>465 矯正官達は、少年院にたった3年居ただけで、更生させることができると考えていたのだろうか。

全くだな。少年院における矯正教育がまるで効いてない、といういい証拠

> 『裁判長は「遺族の悲しみはどれほどかをもう一度考え、幼いころの人間性や家族との温かい交流を思い起こし、遺族の苦しみの万分の一でも理解してほしい」と説諭した』

これは山地には響かんだろ。内容が能天気過ぎる

468 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:35:36 ID:lp5RrbUP0
>>461
お前さんの理論が間違ってないって根拠
それが無けりゃ>>37なんてお前さんの勝手な推測か希望的観測
他人に反証を求める前に自分の理論の根拠を提示してからにしな
>>37に書いてある通りの考え方と行動原理の奴をな


469 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:41:14 ID:QXwyta7SO
>>461

>例外は自分の家族や友人が人質に取られてるときか殺し屋が付いて回るケースくらいだろ

一例でも考えうるケースがある時点で全称命題が成立してない。

だいたい犯罪心理学や犯罪学なんて、せいぜい擬似科学止まりのトンデモ学問だろ。


470 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:49:01 ID:jLFcKl+A0
yurikoはみんなから嫌われていて誰も応援しようとしないが、カンネンには
応援団がいて賑やかだねw

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:54:24 ID:G+KsCslc0
マジレスしようと思ってパソコン開いたらわけわからなくなってる
所詮2chってことか・・
まあいい、それに対し苦労して答えるのはやめる

必要悪は社会が更生させないと。。。それが社会の使命であり義務

まあいい、、、
こんな角度からの検討はどううだ?
死刑に追い込んだ関係者がいる
おそらく自分はこんな奴とは無関係と思ってるだろう
しかしだ、自分の祖先は2の二乗で過去に広がっている
それはどんなに偉い裁判官でも人間である以上絶対だ
昔の寿命は短かったろうから人生30年としよう
20代前の直系の先祖は何人だ?
軽く100万人は超えてる
20代前の生きた時代はおよそ何年前だ?
20x30=600
たった600年前か?
まぁ、、そう単純ではないかもしれんが少なくとも20代前の直系の祖先が100万人以上
たったの20代前で100万人だぞ
すごいよな

まあいい
何が言いたいかというと、みんな親戚、
そんな遠い親戚関係あるかというかもしれないがそれじゃぁ、、野良犬と変わらないでしょ?



472 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 21:58:21 ID:xD7LFkCGO
>>465
>この世にたった25年間しかいなかった人の命を無理矢理奪う必然性はなかった。

そのたった25年で、無理矢理奪う必然性はなかった人の命を己の欲望のままに複数奪っているんだがな。
三年も税金を投入して更正の機会を与えられていながら何も得られない者を終身刑にして、さらに無駄に生涯養う意味などない。
これだけの事を仕出かしたら反省や謝罪などでは済まない。
死刑が嫌なら殺人を行わなければ良い。
人として簡単な事だ。

473 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 22:03:45 ID:NIyG7EYL0
>467
どうせ死刑の話をすれば、むきになって否定するだけで無意味だから
喩え話にすれば、少しは冷静に考えられると期待したんだがな・・・やっぱり無駄だったか。
「動物愛護派」を否定するか賛成するかで、考え方や説得する方法を見つけるヒントになるかと思ったんだけどね。
なんというか・・・想像していた以上に知能が低すぎる
きっと「アリとキリギリス」の寓話を読んでも、
「キリギリスがバイオリン引くわけ無いじゃん。作者はソンチなの?」
って感想しか持てなかった頭の弱い少年だったんだろうな
ま、読解力や想像力が人並み外れて、低いとわかっただけでも良しとしよう

ちなみに、その妄想話に対して「酷い」と君が感じた感想は
普通の人が抱いている「死刑廃止論者」の言動への感想に近かったりするわけなのだが
ちょっとは、理解してもらえたようで良かったよ

474 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 22:07:39 ID:xD7LFkCGO
>>471
>死刑に追い込んだ関係者がいる

たしかに所詮2chだねw


>おそらく自分はこんな奴とは無関係と思ってるだろう
>しかしだ、自分の祖先は2の二乗で過去に広がっている

被害者と繋がる可能性の方が高いよ。
ほとんどの死刑囚は一人に対して複数の被害者がいるんだから。

475 :山田AG:2009/07/30(木) 22:25:15 ID:9NIkdtSnO
>>463
お前の文は死刑問題とはまったく関係無い、頓珍漢な例えの多い駄文だと思いました

あと、君は死刑の抑止力を素朴に信じているみたいだけど死刑の抑止力は計りようはありませんので。無いとも有るとも言えませんね

476 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 22:29:26 ID:wytuJERl0
人を殺してはいけないから死刑反対!!!

477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 22:29:35 ID:SViC7qZ/0
正直言って、これだけ議論を尽くしても
やはりどうしてもそこまでして死刑は必要かと考えると
疑問に思わざるを得ない。
死刑になるほどの事件を起こす前に、なんとかならなかったのだろうかと、
(これは、一般の事件にも言えることだが)
これは社会全体のテーマなんで、犯人をさっさと死刑にしろだけでは進まないと思う。
まあ、それができないのも社会の一面なのかなあ。

478 :山田AG:2009/07/30(木) 22:47:38 ID:9NIkdtSnO
>>473
頼みたいことがあるんだけど、君さ、もうここに書き込みするの辞めてもらえない?君の妄想には付き合ってらんないよ。

じゃ最後に一言


脳内乙

479 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 22:50:14 ID:Qqo0uVY20
>>478
損害賠償金、どうやって払うんだよ。判決に従って、ちゃんと払えよ、ボク。


480 :山田AG:2009/07/30(木) 22:53:39 ID:9NIkdtSnO
>>479
賠償金?いーのいーのほっとけば

481 :山田AG:2009/07/30(木) 23:05:22 ID:9NIkdtSnO
>>466
なかなか興味深いね。何かの本の引用ですか?

482 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 23:10:07 ID:sCruHV/wO
夜逃げして住所不定な山田かAGってのはAhoでGayですって意味だろw
36歳にまでなってネットカフェ難民でもしてるのか
おおかた、ただ飯食うために犯罪でもして刑務所暮らしでも予定しているんだろ?
それで死刑で死にたくないから死刑反対か?納得だよw
さすがは死刑反対派、そんなバカばっかw

483 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 23:10:56 ID:wytuJERl0
               ___
          ., -‐ '"::::::::::::::::::::::`> 、
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::l::::::::::::: \ , --‐‐-..,
       ,':::::::::l:::::::::::::/|:ト,:::::::::::::: ト,::::::::::::::::`ヽ‐- / /   ヽ
       イ::::::!:::|:::::::l ム+!-、:::::::::::| V::::|:::::::::::::トゝト/ /    ヽ
     /:::::::::: |:: |:::::::!/  _L  、::::イ厂l::/:::::::.:::::}  ゙.-〈__r,'、   ヽ_
.  /::::::::ハ::: !:::lハ::::レ'朽.ヾ  ヽ/,チモミ〈|::::::::::::/    ゙‐ヽ、_,,  /l
. /::::::::/ .ヽ }::::::::ヽト弋_ソ     ト' リ 〉l:::::::,イ     .,//゙l   //\ お前ココおかしいんじゃねえか?
/::::::::/    Y::::::::: | ,,,,,,   ,  `´ イ レ':∧     |l    //   }
::::::::/       l:::::::::::|    __  "" j: |l::::::: |     |,l   //    l
:::: /         !::::::::::|    ヽ...ノ   ノ::::|ハ:::::: |   .___l ヽ //     |
::./         l:::::::::|>、      イ:::::::::ハ::::: !___./ |  ∨/      ,}
'         入:::: l`ヽ、`' ‐r<  |:::::::/  l:::::::!    .,|          ,l
       , -<  |ヽゝ  ,ィV,、 ト、_lイ/   !::::::l\           /
     /      |  ト  / 〉仆、j  l>、_   !:::::} ヽ         /j
.    /       \ ヽ' //l!!ト、v |;;;| >、 .!:::::l
.     {        く  V〈/.ハl } | |;;;|   } !::: |


484 :山田AG:2009/07/30(木) 23:16:14 ID:9NIkdtSnO
>>482
人は鏡

485 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 23:26:27 ID:z1mkIt2x0
>468 お前さんの理論が間違ってないって根拠

一般相対性の論文を読んだ後に「一般相対性が間違ってない根拠を出せ」と言ってるように聞こえるんだが

>469 一例でも考えうるケースがある時点で全称命題が成立してない。

その前に全称命題を成立させる気がないんだが
「全てそれで解決する」なんて誰も言ってないし

> だいたい犯罪心理学や犯罪学なんて、せいぜい擬似科学止まりのトンデモ学問だろ

それは>227に反論してから言って

>472 死刑が嫌なら殺人を行わなければ良い。
> 人として簡単な事だ。

そう簡単に片がつくなら誰も殺人なんかしないよ

>473 ちなみに、その妄想話に対して「酷い」と君が感じた感想は

ごめん、俺が酷いと思ったのは「動物を檻から出す愛護団体」という喩の時点。それ以降「話自体」は読んでない
長々と書いてたようだけど、読む気しなかったので。ホントごめん

>475 死刑の抑止力は計りようはありませんので。

>227で計れてる。「抑止力はない。寧ろ誘発力がある」と結論が出てる
あのテキサス州のダラスにある新聞紙でも社説で「抑止効果はない。テキサス州でも死刑廃止しようではないか」と訴えてるくらいだ

486 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 23:46:40 ID:lp5RrbUP0
>>485
お前さんの勝手な決め付けと一般相対性を一緒にするな
不遜な奴やなあ、ホンマ
で、お前さんの決め付けが間違っていないって根拠は?
>>37で書いてるような人間が実際に居るの?居ないの?

487 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/30(木) 23:48:58 ID:fvjUkn0O0
>>341
同じ死でも、獄中死など不確定な要素と絶対的な死刑を比べるのはどうかと思うよ。
それこそ冤罪で罰金刑になってしまい、
罰金を収めに行く途中で持病や熱中症で死亡・・何てこともあるだろうし。
それと死刑とが同じ冤罪被害というのは無理あるんじゃない?

多分僕と君とでは冤罪の捉え方が違うんだと思う。
冤罪は司法全体の問題で、改善すべき問題に間違いないんだけど、
全ての罪において冤罪というのは絶対に無くならないんだよね。絶対に。
ある意味冤罪と付き合っていくしかないと思ってる。
人間のやる事なんだから間違いは起こる。
だから、ミスが起こった時に何が出来るのか?
またそれに対応できる権利があるのか?
が非常に重要になる。
死刑だけ実質的にそれがないんだよね。
死刑って死ぬ事が刑なんだから、執行後には何も出来ないよね。
冤罪証明などただでさえハードルが高いのに本人いないのではどうしようもない。
そうならないような最低限の権利が必要なんじゃないかという事。
死刑が特別というよりは、死刑だけにそれが当てはまるという意味。


488 :存置派:2009/07/30(木) 23:58:19 ID:GC7+9wD10
>>431
>可能だけど
なら実行してくれ。
「お前が先にやったらな」といういつものは勘弁してくれよ。
何回も凝りもせず>37を張るのはお前なんだから。

>へぇ。・・・・何故?
ん? 手続き踏もうか? 
「いるはずがないから。ソースは俺の脳内。いるっていうなら反証しろ」はい、終了。
それじゃ早速連れてきてくれ。ああ、理屈でこれに反論するのはやめてくれよ。お前自身がそれを否定してるんだから。

>揶揄してるんだと思いたい気持ちも分からんではない
…いや、その、な? あの文章で伝えたかったのは「お前は嘲笑われてるんだよ」って意味じゃなく
「内容を言わずに『お前が不勉強なだけ』と連呼するお前の言い分はまるで信憑性が無いんだよ」って意味なんだが…
全体の分量の中でその部分に触れるか…お前さ、高校は入れた?

489 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/30(木) 23:59:13 ID:z1mkIt2x0
>486 お前さんの勝手な決め付けと一般相対性を一緒にするな

あれ?じゃ一般相対性理論は理解してるの?
あれを理解できるなら>37くらい簡単に理解できるでしょ
今まで散々議論し尽くされた当たり前のことしか書いてないんだし

> >>37で書いてるような人間が実際に居るの?

>37の何行目で書いてる人間?>37にはいろんなケース・事例を書いてるから具体的に言って貰わんと答えようがない
それより>37に当て嵌まらない例外の人間の事例をたった一人お前が挙げた方が「>37が正しくない証明」ができて手っ取り早いと思うんだが
それをしないのは何故?

>487

禿同

490 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 00:09:17 ID:p1EGwHNuO
>485

>「抑止力はない。寧ろ誘発力がある」と結論が出てる

その結論が科学的方法論に基づいたプロの科学者が結論したものだとしたら、「抑止力はない。寧ろ誘発力がある」とゆう結論は、「ただし、普遍的絶対的な意味での結論ではない(普遍量化文ではない)」とゆう前提付きの結論だろ。

そうでないなら科学哲学を知らないただのアホだ。


491 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 00:13:40 ID:i2KWK8pG0
それと、言い忘れたけど、
死刑だけが、その冤罪リスクを比較的容易にゼロに出来るんだよ。
大昔みたいに大量に処刑され恐々としていた時代なら難しいだろうけど、
現代では年に数人しか処刑してないんだから。
権力にミスで人を殺させないような権利を持つ事、
民主主義・国民主権である為の大切な事だと思うけどな。

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 00:43:38 ID:cGB6b2Sv0
やぁ 妄想の友人しかいない観念君。2chではレスが貰えて幸せだよね。


493 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 00:58:55 ID:KPZjTTkBO
>>461

>>454
>結局、「死刑が怖くて殺人止めました」という人物は「私の妄想の中にしか存在しません。」、ということでFA?

誰が何を言った結果から導きだした結論なのか?

ってなことを、ほんの僅かでも考える能力があれば
恥ずかしくてそんなことは言えないと思うよ。

妄想の友人しかいない結果なのだろうけど、自分が
言ったことと、他人が言ったことは、少し区別して
考えてみようね。

494 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 01:53:43 ID:TbrHTu/80
>>489
読んで理解するのと、それが正しいか間違ってるのかを判断するのは
全然ちがう、正しいという根拠が示されなければその理屈には意味が無い
それとも読んで理解したらその考えに同調せなあかんとでも言うのか?

>>37でお前さんが決めつけてるいろんなケース、事例に一つでも当てはまる人間だよ
理屈を示したものがその根拠を先に示すのが普通だろ、それが示されて初めて
その反証を示すのが正しい順序ってもんだ


495 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 02:25:37 ID:qpsvKIGM0
山田英嗣

496 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 04:28:55 ID:anuZRI9b0
>>487
冤罪での死自体が不確定な要素だから、それを一つも、可能性さえも許さない、とする理屈を捏ねるなら、
冤罪死刑だけでなく、冤罪での獄中死や冤罪での逮捕時のショック死などの可能性も許されないことにしかならない。

それでも死刑だけが許されないというのなら、前提として死刑だけを悪とする別の理屈が無いと成り立たず、それは冤罪抜きで語れるはずだ。

つまり冤罪の問題は死刑存廃の問題ではない。

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 05:55:47 ID:6BnXyA2KO
>>485
>>227で計れてる。「抑止力はない。寧ろ誘発力がある」と結論が出てる
>あのテキサス州のダラスにある新聞紙でも社説で「抑止効果はない。テキサス州でも死刑廃止しようではないか」と訴えてるくらいだ

死刑が怖いと自首した闇サイト殺人の犯人の言葉を否定するお前が、他国のしかも地方紙の社説を根拠に死刑に犯罪の誘発力があると主張してるのかw
せめてその社説が正しいと言う根拠をだせよw

498 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 07:20:41 ID:8n14tqq8O
>>480
え、やっぱり1000万の賠償金支払命令ってマジなの?
早くなんとかしないとやばくないか?

499 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 08:46:00 ID:qpsvKIGM0
山田アホガキはこのまま賠償金支払いを無視し続けていると死刑になるぞ。
死刑を廃止しようと試みる前に、死刑にならないような行いを心掛けよ。
刑罰廃止よりも、犯罪防止の方が百万倍も社会的で合理的。
社会に暮らす人間ならば、罰を下される前に自己を改めよ。
これ社会ルールの本質な。
鶏と卵の議論でごまかしてはいけないぞ。
後悔先に立たず。
子供の頃から言われて来ただろう?

500 :山田AG:2009/07/31(金) 09:16:59 ID:ynEhaREoO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

501 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 09:28:12 ID:8n14tqq8O
>>500
いやマジで、相手の弁護士さんに頭下げていくらかまけてもらえよ。
もともとはそこまでの賠償じゃなかったんだろ?

502 :山田AG:2009/07/31(金) 09:41:30 ID:ynEhaREoO
>>501
いーんだよ。ほっとけば。

503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 09:56:44 ID:qpsvKIGM0
山田アホガキを見ていると、やはり徹底的に罰を与えて社会の秩序を示すことが
必要だと思えてくる。

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:01:00 ID:M97TPOj00
>>501
廃止論者に法律とか、社会のルールとか、その手の話は意味が無い。
こいつらは独善的な、独自のルールで物を考え、それに周りを合わさせようとしている集団だから。


505 :山田AG:2009/07/31(金) 10:06:35 ID:ynEhaREoO
>>503
バーカ

>>504
バーカ

506 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:21:51 ID:8n14tqq8O
>>504
たとえそうであっても、山道でこけてるヤツを見たら、声ぐらいかけるだろう?
追い詰められて犯罪とか自殺とかするより、かっこ悪くても頭下げて支払い額を減らすほうが賢明じゃないかな?


507 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:21:56 ID:XG8ykxSf0
本物の山田英嗣なら、「山田」という名前にすら過剰反応して
「個人情報さらした!この犯罪者」と騒ぎまくるからID:ynEhaREoOは
山田の名前を借りて低俗レス返してウサ晴らししてる山田英嗣並のアホ

508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:23:44 ID:8n14tqq8O
>>507
それを聞いて安心した。

509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:23:55 ID:iVtViAaV0
>>497
>せめてその社説が正しいと言う根拠をだせよw

>>227が根拠になるだろw

510 :山田AG:2009/07/31(金) 10:30:13 ID:ynEhaREoO
>>507
人は鏡

511 :山田AG:2009/07/31(金) 10:35:31 ID:ynEhaREoO
なんかチンコが痒くなってきた

512 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:40:19 ID:XG8ykxSf0
>>508
ついでにいうと賠償金支払いの事実も山田の脳内ではもう「そんな判決出てない」になってるので
ほっときゃいい、なんてことは絶対言わない

更生の余地もない人間には死刑は執行されるべき、抑止力だなんだというきれいごとは(゚听)イラネ

513 :山田AG:2009/07/31(金) 10:43:02 ID:ynEhaREoO
>>512
は?何言ってんだこいつ…バカじゃねーの

514 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 10:51:15 ID:p1EGwHNuO
カワイイのうww

515 :山田AG:2009/07/31(金) 10:51:39 ID:ynEhaREoO
うーむ、今度は肛門が痒くなってきたなー

516 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:04:17 ID:anuZRI9b0
>>509
そんなレベル根拠でいいなら観念も認めてるカナダの例でも充分だ。
千日手もいいところ。
その上事実日本はどの死刑廃止国よりうまくやってるんだから、
そんな事言ってて廃止論に有利になる事はない。

517 :山田AG:2009/07/31(金) 11:05:54 ID:ynEhaREoO
>>516
バーカ

518 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:07:53 ID:anuZRI9b0
山田、パワーダウンした?

519 :山田AG:2009/07/31(金) 11:09:02 ID:ynEhaREoO
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

520 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:10:16 ID:anuZRI9b0
しっかりしろ山田元気出せ

521 :山田AG:2009/07/31(金) 11:16:48 ID:ynEhaREoO
今、日本が世界に先駆けて、全ての刑罰を廃止すれば、それは一発逆転サヨナラ満塁ホームランを打つことに等しい!!
打てる!!打つべきである!!麻生太郎は男である!!
刑罰なんて必要ない!!全ての囚人達を解放せよ!!

全ては「神が裁く」の一言で充分だったのである

522 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:21:40 ID:anuZRI9b0
なんかパクリ臭いフレーズだな・・・
もっと面白い事いえただろ山田!

523 :山田AG(本人):2009/07/31(金) 11:32:35 ID:ynEhaREoO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

524 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:34:11 ID:anuZRI9b0
照れるな本気出していいぞ山田

525 :山田AG(本物):2009/07/31(金) 11:40:35 ID:ynEhaREoO
俺は賠償金1000万円なんて、怖くなーい!!

パチスロで稼げば、そんなんすぐ返せるンだぞ!

526 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:45:24 ID:anuZRI9b0
おいおいそんなんじゃ観念を任せられないぞ山田

527 :山田AG:2009/07/31(金) 11:50:51 ID:ynEhaREoO
>>526
え?俺、観念氏を任せられてたの?
そんな大役、無理のムリムリだよ

528 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 11:52:53 ID:anuZRI9b0
弱気になるなガンバレ山田!

529 :山田AG:2009/07/31(金) 11:56:33 ID:ynEhaREoO
>>528
観念氏は観念氏で頑張るだろうよ

俺は関係ねーし。

そんなことより、日本は死刑を公開処刑にしたほうがいいと思うよ

530 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 12:00:53 ID:anuZRI9b0
あんなに好きだった観念を受け付けないなんて、うつ病か山田
死ぬな山田!

531 :山田AG:2009/07/31(金) 12:09:36 ID:ynEhaREoO
>>530
いや、まあ、俺は観念氏好きだけどね、
氏が言う「死刑に抑止力がない」
っていう意見には賛成しかねるんだわ。

抑止力っていうのは計りようがないから「ある」とも「ない」とも言えないからね。

532 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 12:21:08 ID:qpsvKIGM0
山田、全然元気無いな・・・。
体調悪いか?
気をつけろよ。

533 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 12:24:02 ID:anuZRI9b0
だが今一瞬観念を越えた

534 :山田AG:2009/07/31(金) 12:47:05 ID:ynEhaREoO
>>532
バーカ

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 12:52:59 ID:anuZRI9b0
そんな遠慮せず全力出していいぞ山田

536 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 12:59:03 ID:8n14tqq8O
面白いってことなら山田AGは観念さんよりずっと上だよ。

パチンコで一千万稼ぐ方法教えてよ。犯罪の抑止力になるぜ間違いなく。

537 :山田AG:2009/07/31(金) 13:02:00 ID:ynEhaREoO
>>535
何期待してんだよww
おじさん脱いじゃうよww

538 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 13:13:51 ID:anuZRI9b0
脱いでないからいまいちだったんだな!
やっちゃえ山田!

539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 13:25:14 ID:8n14tqq8O
や……山田AGの拘束具が解除される……ッ!?

540 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 13:28:39 ID:k/cGQV2l0
カンネン!  カンネーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!

541 :山田AG:2009/07/31(金) 14:21:02 ID:ynEhaREoO
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!

542 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 14:33:28 ID:anuZRI9b0
こんな覇気のない山田、観念が見たらがっかりするぞしっかりしろ

543 :山田AG:2009/07/31(金) 14:35:17 ID:ynEhaREoO
観念観念観念観念観念観念観念観念観念観念

カーンネーン!!!!

544 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 14:45:53 ID:anuZRI9b0
昔の力を取り戻せ山田

545 :山田AG:2009/07/31(金) 14:55:16 ID:ynEhaREoO
>>542
>>544
困ったなー
そんなに期待されちゃー…

カーンネーン!!助けてくれー!!

546 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 14:58:46 ID:anuZRI9b0
今の山田の状態じゃ観念も出るに出れないよ。
夏バテか山田

547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 17:00:41 ID:8n14tqq8O
観念は山田AGの成長に期待してるのさ。

548 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 17:58:46 ID:qpsvKIGM0
同じAGでも山田アホガキは人間的に可愛げがあるが、yurikoアホ外人は目の
焦点が完全にあちゃらの世界を向いてしまっているので不気味でしかない。
いかに夏だとは言え、白目を向きながら必死に長文を打っている姿を想像すると
背筋が寒くなる。


549 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 18:27:47 ID:8n14tqq8O
想像しなきゃいいのに

550 :山田AG:2009/07/31(金) 18:33:00 ID:ynEhaREoO
飲酒運転は最近の厳罰化によってずいぶん減ってきた。しかし一部のバカは、この厳罰化にも関わらずいまだに飲酒運転を続けている。
厳罰化によって犯罪はある程度までは少なくできるが、一部のバカは我々の想像の斜め上を行っているため、
どんな厳罰化も効果のない例外は、どうしても出てしまう。

殺人などの事件は、こういった「例外」の人達、つまり、あらゆる厳罰化も効果のなかった人達が起こす場合が多い。

我々は死を決した人間の犯行を止めることは出来ないだろう。

そういったことから、観念氏は「死刑には抑止力がない」と言っているのだろう。

確かにその通りだ。
死刑が直接犯行の抑止力にはならない。

しかし、死刑という制度には、「間接的な抑止力」というものが存在するのではないだろうか?

我々の想像の斜め上を行く「例外」の人達には死刑は抑止にならなくても、一般人にとってみれば、一定の効果がある可能性もある。
ただし、「未然に防がれた事件」の数など、悪魔の証明と同じで、計りようがない。
観念氏の言うような人をここに連れてくることなんて、出来っこない。

よって死刑に抑止力は「ある」とも「ない」とも言えない。だから抑止力云々の議論はもうこれ以上続けても不毛だと思う

551 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 18:43:05 ID:8n14tqq8O
>>550
いきなり本気出すからびっくりするじゃないか。

うん。その通りだと思う。

552 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 18:54:40 ID:ad+LC54eO
まあ、抑止力が「無い」って事にならなきゃ、死刑廃止論の現実的なアピールポイントって、殆どなくなるんだがな。
冤罪も、教育も、どんなに綺麗事を並べ立てた所で、抑止力が「無い」って事にならなきゃ、より大量の人を犠牲にして少数を救うっていう事にしかならない。

現在確実に抑止されている再犯も増加するだろうから、これに対する対策も必要だしな。

有るか無いか解らないってした所で、その可能性を容認してる事実は変わりないし、殺人が増える可能性を放置している無責任さは、批判されて然るべき問題。

死刑廃止論っていう理屈の正当性は、その大部分が「死刑の抑止力が無い可能性」に依存する形で展開している。
死刑の抑止力が仮にあったとすれば、死刑廃止は殺人を増長させる制度だったとなるのに、そんな危険なギャンブルに巻き込まれる方もたまったもんじゃないよ……

有るか無いか解らない状態なら、一般人が危険に晒される可能性よりは、一般人が危険に晒されない可能性をとるのは当たり前の事。
犯罪者の為に死にたい人なんか居ないからな。

どっかの誰かさん達みたいに、「自分だけは大丈夫」みたいな、根拠の無い自信が持てれば、殺人発生率が上がっても怖がらずにいられるんだろうけどなぁ……

553 :山田AG:2009/07/31(金) 19:13:32 ID:ynEhaREoO
>>552
バーカ

554 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 19:27:41 ID:iVtViAaV0
>>552
>殺人発生率が上がっても怖がらず

今の日本でも殺人発生率は上がったり下がったりするもんだろw
お前の上がるっていう意味は何だ?

555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 19:38:44 ID:ad+LC54eO
>>554
欧州で数倍に膨れ上がってるのを見りゃ、そりゃあ普通は恐怖するだろう、少なくとも、死刑廃止には危機感を覚えて当たり前。
一割二割ってレベルじゃないし、日本みたいに減少傾向ですら無いんだぞ?

しかも、欧州の推し進める死刑廃止ってのが、その上昇した殺人発生率を放置した上で広がってるのだから当たり前。
殺人発生率が微増してるような状況で「ほら、死刑廃止と殺人発生率は関係ないかもしれないじゃないか」とか言われて、何を納得しろってんだ?

確か、戦後最低から一割増加した時に「ほら増えたほら増えた」って騒ぎ立ててたのも廃止論者だったな。
最低からの一割増加であんなに過敏に反応出来る廃止論者様なら、数倍に膨れ上がる危険性なんて、鳥肌物だと思うが?

556 :山田AG:2009/07/31(金) 19:45:13 ID:ynEhaREoO
>>555
キリ番オメ

バーカ

557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 20:07:19 ID:k/cGQV2l0
     ∧_∧
 ピュー (´・ω・`) <山田AGをよろしくね〜★
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎


558 :山田AG:2009/07/31(金) 20:08:42 ID:ynEhaREoO
>>557
バーカ

559 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 20:22:29 ID:dZswzR+T0

日本では同時に何人も殺すと死刑になり、一人だけだと数年で出て来る。
犯行の悪質さから言うと複数の者で一人に寄って集ってなぶり殺し、いじめ殺しした方が悪質だ。
だから、複数で一人の人を殺した場合は、全員死刑にする法習慣を作っても良いのではないか。


560 :山田AG:2009/07/31(金) 20:25:31 ID:ynEhaREoO
>>559
バーカ

561 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/31(金) 20:39:23 ID:d6ldHNLF0
>488 なら実行してくれ。

へ・・・・?どして?

> 「いるはずがないから。ソースは俺の脳内。いるっていうなら反証しろ」はい、終了。

・・・・反証は既に>37にあるんだが?
はっはーん、お前はひょっとしてあれか?俺に「ここまで頭悪いとは」と思わせたいのか?

> (略)って意味なんだが…

まぁいずれにせよ、揶揄してるんだと思いたい気持ちも分からんではない(二回目)

>494 正しいという根拠が示されなければその理屈には意味が無い

んだから正しいという根拠は既に>37がそれなんだが。何度も言うようだけど

> それとも読んで理解したらその考えに同調せなあかんとでも言うのか?

理解してるなら反論くらいできるでしょ

>理屈を示したものがその根拠を先に示すのが普通

うん、だから「死刑に抑止力はない」という理屈の根拠が>37に滔々と

>496 それでも死刑だけが許されないというのなら、前提として死刑だけを悪とする別の理屈が無いと成り立たず、それは冤罪抜きで語れるはずだ。

>37以下は殆ど冤罪抜きで語ってるよ

>497 死刑が怖いと自首した闇サイト殺人の犯人の言葉を否定するお前が

その犯人、その後「死刑が怖くて、というのは嘘」と言ってたよ。TVのインタビューで

> せめてその社説が正しいと言う根拠をだせよw

>227。バカ過ぎて話にならんなこりゃ

>503

幼稚な発想だな〜
そういう発想が、社会の中に殺人犯を生み出す、ということにまだ気付かんのかね

>512 更生の余地もない人間

マジレスするとそんな断言をできる者は本人を含めて誰もいない

>531> 氏が言う「死刑に抑止力がない」
> っていう意見には賛成しかねるんだわ。

>227見た?

>548 白目を向きながら必死に長文を打っている姿を想像すると

それ想像じゃなくて妄想

>550 ただし、「未然に防がれた事件」の数など、悪魔の証明と同じで、計りようがない。

いやいや、「思い留まった者は実在する」と思うなら、その体験者を探して連れてくればいいんだよ。>37の反証として
ソンチーズはそれができないもんだから、四の五の言い訳に逃げてるが

562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 20:46:49 ID:k/cGQV2l0
カンネーン!  カンネーーーン!!カンネーーン!!

563 :山田AG:2009/07/31(金) 20:50:50 ID:ynEhaREoO
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!

564 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 20:58:52 ID:p1EGwHNuO
カンネン君は「抑止力は無い」って信じたいんだね


565 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/31(金) 21:02:54 ID:d6ldHNLF0
>550 ただし、「未然に防がれた事件」の数など、悪魔の証明と同じで、計りようがない。

悪魔の証明の使い方が間違ってる
ソンチーズは「思い留まった者は実在する」と言ってるんだから、そいつを連れてくればいいんだよ
そいつが本当に「死刑を理由に殺人止めた」ならそれだけで>37の反証になる
でもソンチーズはそれができない
四の五のごちゃごちゃ、これでもかと言わんばかりにみっともない言い訳並べて逃げてばっかし
挙句の果てには>37が正しいことを証明しろ、とキタコレ
もうね、アホかと

566 :山田AG:2009/07/31(金) 21:07:14 ID:ynEhaREoO
>>561

>>227見た?

ごめん、俺ね、携帯から見てるんだけど、>>227見れないんだ。
悪いんだけど、227に書かれていることを説明してくれたらありがたいんだけど…

567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 21:09:58 ID:TGQzNyTXO
あたし、職場でニュースの検索してるの
で、今日 ハ ッ キ リ わかったわ
キリスト教圏の死刑廃止派どもは過去から学ぶ事を覚えないバカヤロ様だって(爆笑)
日本でさらに凶悪犯への死刑が執行された事について、衆院選後に物申すって国連が意気込んでるけどさ
これって価値観の押し付けでしょ?
死刑廃止だってそのうち、単に廃止するだけではおかしいって話になるわよ
間違いない!
断言するわ!
軍隊っていう殺人組織をかかえたままで、人道主義となえても説得力ないって!!
国連だって、第一次大戦の反省から最初は完全軍備放棄を目指してたじゃない(国際連盟)
でもヒトラーっていうチョビヒゲクソヤローを押さえられなかった反省から、連合軍の編成を認める事を銘記したのよ(国連軍の事ね…必要最小限にしなければならないけど)
みんなの為、ぶっ殺さなきゃならない場合だってある事をみとめたの!
日本の刑法だってそうよ
人を殺したら全部死刑じゃないわよ
どう考えても許せない場合だけよ、死刑判決は!!
全部死刑にしたら裁判官の首が飛ぶっての…だれが人殺しなんぞの為に、人生棒に振るってのさ!!
それを何?自国内で公示してある刑法の運用にケチつけんな!てめえら!麻原みたいなクサレヒトラーにデカイ顔させようってのか!?日本人舐めんな!ボケェ!!
テメエら、フセイン殺して、日本人は死刑をつかうなってか!?まずはメリケンとエゲレスに文句を言えっての!?
何を根拠に他国の要人くびり殺した?
ふざけんじゃナイワヨ!!

…ゴメンネ!今日仕事で疲れていてさ
酒飲んだら無茶苦茶回った(笑)
酔っ払いの戯言無視してね


568 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 21:27:31 ID:qQngfstc0
>>469
>せいぜい擬似科学止まりのトンデモ学問だろ。
→私の友人で、犯罪学を大学院で学んだ人がいます。
相当奥深いし、必要な学問ですよ。
「どうして犯罪が起きるのか」を科学することで、
一見、理不尽な犯罪者の心理を分析し、動機を解明するのに役立ちます。
確かに、犯罪者の中には、精神疾患やアルコールや薬物中毒の結果、
犯罪を行う人もいます。そういう人を分析するのは大事です。
現在は普通の社会生活を送り、小学校の教師をしている友人がいます。
彼は日本に留学中に統合失調症を発症して、事件を起こしました。
彼は冷静に犯行の瞬間を分析しています。
当時、彼は交際相手との精神的軋轢から、ストレスが高くなっていたのですが、
妄想に悩まされるようになりました。
「人が突然、自分を襲ってくる」という典型的、被害妄想です。
そして、ある日、コンビニで支払いをしていると、後ろに立っていた客が突然、自分を襲ってきたというのです。
彼は当然のように、抵抗したのですが、結局、精神病院に入院することになりました。
彼の場合、精神疾患ですから、治療により改善する見込みがありました。
一般の犯罪者にしても、多かれ少なかれ、ボーダラインと言われる、妄想癖をもっているのが普通です。
アメリカでは、犯罪学を大学で教えていた教授が妻殺しで逮捕されたことがありましたが、
犯行の計画や実行、逃走はあまりにお粗末なもので、私達は「何故?」と驚愕しました。
それにしても、科学的分析をすれば、何かを発見し、防犯に役立つかもしれません。
「自分は被害者にも加害者にもならない」と決めつけることは、保険に入らず運転するようなものです。
自分が被害者でなくとも、回りを見渡せば、被害者も加害者も多いことに気付くでしょう。
何らかの形で、心の準備をしておくべきでしょう。

569 :山田AG:2009/07/31(金) 21:31:54 ID:ynEhaREoO
>>565
いや、だからさ、死刑に直接的な抑止力が無いのは認めるよ。でも間接的な抑止力なら有るかもしれないよ

570 :山田AG:2009/07/31(金) 21:34:19 ID:ynEhaREoO
>>567
脳内乙

571 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 21:35:42 ID:8n14tqq8O
>>569
ムダな問いだと思うよ。
きみのは意見だけど、彼のは信仰のレベルだから。
俺は存置派だけど、きみの意見は正しいと思う。

572 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 21:50:42 ID:ad+LC54eO
>>571
死刑廃止推進国ですら、死刑の抑止力を否定出来ないもんでやきもきしてるくらいだけどな(笑)

日本の場合、常識的に考えれば、殺人=死刑の可能性じゃないから、殺人そのものを踏みとどまらせる刑罰として機能してないだけで、死刑にならない為に死刑にならないような範囲で犯罪を犯してる事例は存在してる。

死刑にならないと高をくくって犯す犯罪。
それが、「死刑相応の犯罪を犯す事」を踏みとどまらせてる実例。

まず、死刑が抑止力として働く=殺人を踏みとどまらせるって前提が、判例的におかしいんだよな。
本来、死刑が抑止力として働いてるのは、死刑相応の犯罪でなければおかしい。

観念君は無い無い騒いでるみたいだが、むしろ無期懲役(終身刑)では抑止にはならないが、死刑が抑止力として働いてる好例が存在する。

まあ、どのみち年に数十単位で、数字に出る程じゃない筈なんだろうけどな。本当に、なんで死刑廃止するとあれだけ跳ね上がるんだか。

573 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 21:57:00 ID:TGQzNyTXO
>>572
抑止力がきかない犯罪者に用意されている刑があってもおかしくないし、ないほうが変よね
だからこそ、精是非弁別神鑑定もあるんだし

574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:04:21 ID:8n14tqq8O
そういうヤツにこそアレどうよ「観念式終身刑」
死なないギリギリの拷問を毎日加え続けるやつ。
死刑より嫌だろ、これ。

575 :山田AG:2009/07/31(金) 22:09:56 ID:ynEhaREoO
>>573
まあ、死刑は抑止力の観点から存置にするって言うよりも、被害者遺族の感情をなだめる為っていうのが一番大きな理由だと思う。

観念氏は被害者遺族の感情についてはどう考えてるんだろう?

僕は被害者遺族には、国から補助金でも与えて、諦めてもらうしかないと思うけどね、いたずらに被害者遺族の立場に立つ必要はないと思う

576 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:10:03 ID:8n14tqq8O
>>572
死刑を廃止したことが悪かったんじゃなくて、(欧州において)死刑廃止を主張するような人達に政治的な力を与えてしまったのがいかんかったんじゃないかな?
よくは知らんけど「死刑廃止」だけでは済まなかったんだろ?

577 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:15:34 ID:TGQzNyTXO
>>574
それこそ人権侵害って叩かれないと変よ(笑)
でも、廃止論からすると
・反省しないから犯罪をおかす
・全ての犯罪者には反省の機会を与えるべし
の二つが大前提なんだから、ありとあらゆる可能性を追求する事を国は課され…反省させられないと、責任を問われてしまう…突き詰めると>>574の意見もでてくるわけでかえって怖い事になるかも

578 :死刑は刑罰として意味がない:2009/07/31(金) 22:15:42 ID:qQngfstc0
>>567
>フセイン殺して、日本人は死刑をつかうなってか!?
→「欧米」=「一枚岩の人権」と決めつけるべきではありませんよ。
日本人に人気のオバマ大統領にしても、必ずしも反戦・人権主義者というわけではありません。
私は、無論、いかなる人に対しても、死刑は絶対に反省してきました。
「それなら正当防衛は?」と聞かれそうですが、
正当防衛とは、自分が攻撃され、自分の命を守るために反撃するというだけで、その
行為を称賛するべきではない、と思っています。
そこで、「命懸けで国を守ろうとする軍人に勲章を渡すべきでないのか。
無駄死にと、蔑むのか」という反論が返ってきそうです。
確かに、アメリカでも、どの戦争で傷ついたかで、人々の評価が分かれます。
第二次大戦などで傷ついた元軍人に対してのものとベトナム戦争で傷ついた軍人への
世間の目が違うのは、事実としてあります。
アメリカでは、市民の安全を守る警察官や消防士が殉職し、コミュニティーを
挙げて、その死を悼むことは珍しくありません。
しかし、だからといって、警察官が犯罪者(とされる人)に過剰ともいえる攻撃をし、
決して少なくない、無実の市民が犠牲になっていることに問題なし、としているのではないのです。
人権主義の立場とは、一方的に偏った人権を主張するものではないのです。
犯罪被害者の人権も加害者の人権も同様に、守るべきということです。
憲法に定められてある、「人権主義」とは、本来、普遍的人権を主張したものである筈なのに、
偏見によって、犯罪者(とされる人)の人権が不当に差別されている、というのが問題なのです。
「自分の犯した犯罪を悔いている人」を死刑で罰する意味がないのと同時に、
「自分の犯した犯罪を悔いていない人」も死刑で罰する意味がないのです。

579 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:17:44 ID:8n14tqq8O
>>575
前に観念さんにその質問をした時は「司法が遺族側に立つ必要はない」で終わりだったな。
覚えてるかどうかは知らんけど。

580 :重要な訂正です:2009/07/31(金) 22:20:55 ID:qQngfstc0
訂正>>578
>私は、無論、いかなる人に対しても、死刑は絶対に反省してきました。

私は、無論、いかなる人に対しても、死刑は絶対に反対してきました。

581 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:21:19 ID:k/cGQV2l0
カンネーーーーン!!!かんねーーーーーーーーーーーーん!

582 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:22:18 ID:8Pd9UEME0
yurikoに山田にカンネン

このスレ、ていうか廃止論者、もうすごいね。アホかと

583 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:23:17 ID:DbfXTF1s0
それより、死刑廃止については、国際的にはっきり自国の立場を説明できるんだから、
今国連かなんかで言われてる慰安婦だかなんかのこともはっきり言えばいい。
「この件は解決済み」と。
なんかおかしいぞ。

584 :山田AG:2009/07/31(金) 22:23:46 ID:ynEhaREoO
>>578
まあ、死刑に意味があるとすれば、そりゃ遺族感情をなだめることじゃね?

長文矢印氏は犯罪を犯した人の人権も守るべきだと考えてるんだね、やさしいんだね

585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:24:33 ID:8n14tqq8O
>>577
俺の意見提案じゃないからなw
あくまで、深く敬愛する観念さんがほざい……おっしゃっていたことだ。


586 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:25:26 ID:k/cGQV2l0
      ☆ チン     マチクタビレタ〜
                        マチクタビレタ〜
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) <     カンネン! カンネン!
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       | 湯河原みかん |/


587 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:27:47 ID:ad+LC54eO
>>576
まあ、ざっくばらんに言えばね。
死刑廃止に限らず、EUってのは、どこか世界中を先導する立場に立ちたがっている節があるな。

まあ、アメリカに対抗する為に国同士で組むような連中だからな。
それは平気で内政干渉繰り返してる辺りからも明らか。

死刑廃止は世界の潮流なんて曰っちゃいるが、実際には半々だし、EUとEUの内政干渉に流された国をひとまとめにして数えたら一体どういう結果になる事やら……

588 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:29:10 ID:TGQzNyTXO
>>偏見によって、犯罪者(とされる人)の人権が不当に差別されている、というのが問題なのです。
偏見?偏見じゃないでしょ?
実際犯罪を犯したから罰をうけるの
犯罪はなぜ罰っせられるとされているのかしら?
さっきも書いたけど、どうやっても反省しようとしない人間もいるのよ
こういうのに対しても用意されている刑はあってもおかしくはない
刑罰がなんのためにあるのか、という問題にも関わるけどね
刑は反省したものに課すの?反省させるために課すの?
どちらかというと反省させるために課すんじゃないの?
だとすれば、これ以上ない罰を宣告されて、悔いるか悔いないかは犯罪者本人の問題でしょ?


589 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:37:11 ID:8n14tqq8O
>>587
フランスなんか特にそうだよね。
最先端と呼ばれる為なら死んでもいいというような国民性には、呆れるやら感心するやら。


590 :山田AG:2009/07/31(金) 22:37:17 ID:ynEhaREoO
カーンネーン!!!!カーンネーン!!!!カーンネーン!!!!カーンネーン!!!!カーンネーン!!!!

591 :山田AG:2009/07/31(金) 22:43:32 ID:ynEhaREoO
人を殺してはいけないから死刑反対!!

592 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:45:00 ID:k/cGQV2l0
死刑なんて野蛮な刑罰は必要ない!!

593 :山田AG:2009/07/31(金) 22:47:21 ID:ynEhaREoO
>>592
ありゃ……先に言われてしまった…

くやしいのう(泣)
くやしいのう(泣)

594 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 22:49:55 ID:TGQzNyTXO
>>589
フランスって人道主義国じゃないわよ
グリーンソルジャーの船沈めたし
>>585
んなことわかってるわよwだいたい廃止派ってその場限りのお説が大半だもん
あたしがいった根拠自体そうでしょ?
反省しようとしない人間を反省させるには洗脳しかないのよ
これって、最大の人権侵害よ
人道主義が聞いてあきれるわw

天井回ったw
寝ますw

595 :山田AG:2009/07/31(金) 22:52:55 ID:ynEhaREoO
あーチンコが痒くなってきたー

カンネーンなんとかしてー

596 :278(称呼番号でなくレス番ね):2009/07/31(金) 22:58:01 ID:DbfXTF1s0
スレッドの流れ早いとは思うが、もう一週間くらいたっているのか…

597 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 23:05:27 ID:p1EGwHNuO
>>568

>「どうして犯罪が起きるのか」を科学することで

犯罪学者ってーのは、擬似科学と科学の違いを知らんから「科学的〜科学的〜」なんて出鱈目が言えるんだよ

科学的方法論ってゆういくつもの基準があり、それの総合点とか合わせ技で科学とみなされるものとそうでないものとの間には大きな隔たりがある

ただ、犯罪学が「科学を目指す」とゆう理想自体は別に構わないけど、理想は理想でしょ。

598 :山田AG:2009/07/31(金) 23:12:38 ID:ynEhaREoO
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!

599 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/07/31(金) 23:14:54 ID:d6ldHNLF0
>566

>227のリンク先は存置州より廃止州の方が殺人発生率が低い(少なくとも過去16年間に渡ってずっと)ことと、廃止州の殺人発生率の減り具合が、存置州のそれより大きいことを示している

>569 でも間接的な抑止力なら有るかもしれないよ

間接的抑止力って?

>571 彼のは信仰のレベルだから。

>43のその15

>572 死刑にならない為に死刑にならないような範囲で犯罪を犯してる事例は存在してる
>無期懲役(終身刑)では抑止にはならないが、死刑が抑止力として働いてる好例が存在する

そこんとこ事件名でkwsk。「死刑がなければ凶悪化していた」と言えるんだろうから、その辺もきちんと書いてね

> 本当に、なんで死刑廃止するとあれだけ跳ね上がるんだか

あれだけってどれだけ?>227みたいにグラフのあるURLyrsk

>575 観念氏は被害者遺族の感情についてはどう考えてるんだろう?

>38のその4、6、>39のその7辺り

>579

言った覚えないし言う訳ない

600 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 23:24:31 ID:8n14tqq8O
いつになったら深く敬愛する観念さんから「覚えている」という言葉がきけるのやら。


601 :山田AG:2009/07/31(金) 23:29:46 ID:ynEhaREoO
>>599

>間接的抑止力って?


差し迫った殺意のある人への直接的な抑止力ではなくて、
普通に、一般人が、生活している中で、「どを越えた犯罪を犯すと死刑になることもある」と考える程度の軽度な抑止力。

人を殺すには色々な理由があるだろうから、死刑の有無が犯行を思い留まる切っ掛けぐらいにはなるんじゃないかと

602 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 23:36:50 ID:p1EGwHNuO
>227のリンク先は存置州より廃止州の方が殺人発生率が低い(少なくとも過去16年間に渡ってずっと)ことと、廃止州の殺人発生率の減り具合が、存置州のそれより大きいことを示している

そうゆう研究はいくつかあるが一向に「抑止力は無い」と言える研究が出てこない件


603 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/31(金) 23:55:21 ID:hCO19IJl0
観念君の友人ってのはいつになったらくるのかな?

観念君てのはその場しのぎ嘘を平気で吐く口先だけ人間なのかな?

604 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:03:48 ID:KPZjTTkBO
>>599


>>493

605 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 00:17:01 ID:EfE2jYz50
>595

痒いの痒いの飛んでけー(なんで俺が?

>597

そこまで言うなら>227が似非科学であることを科学的に証明して御覧なさい

>600

俺が言ったと立証できないうちは無理

>601 生活している中で、「どを越えた犯罪を犯すと死刑になることもある」と考える程度の軽度な抑止力。

比較的平常であれば誰でもその程度は意識してる。それが本当に「いざという時に」抑止になってるかが問題

> 人を殺すには色々な理由があるだろうから、死刑の有無が犯行を思い留まる切っ掛けぐらいにはなるんじゃないかと

その程度で思い留まるなら、さほど大した殺意ではない
ということにはならんの?

>602

>227が「抑止力はない」ことを示してるじゃん

>493 誰が何を言った結果から導きだした結論なのか?

あまりにアホ過ぎて「胸に手を当ててよーく考えれ」としか言い様がなかった、というのが正直な感想

606 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:18:59 ID:qsHibKnj0
>>572
>無期懲役(終身刑)では抑止にはならないが、死刑が抑止力として働いてる好例が存在する。
→横レス失礼します。もっと、具体的には?
それは「死刑」を中心にした刑罰という信仰みたいなもので、
偏見に過ぎませんよ(笑)
「先進国」といわれる日本人の圧倒的多数は、犯罪加害者とは無縁の存在でしょう。
それでは、どう犯罪被害から、一般の市民を守るべきか、
為政者が考えるのは、警察力を強化して、犯罪者を検挙して、
バンバン厳しい刑罰を科するべきー死刑が最も有効な刑罰のはずである
という結論でしょう。
そいう実は、そういう警察国家の誕生こそ恐ろしいのです。
「町にはゴミ一つおちていない」というのは却って恐ろしいのです。
たしかに、通りにゴミが溢れていても、誰も気にしない、というのも社会が乱れている証拠でしょう。
でも、だからといって、「きれい」過ぎるというのも何か狂っている証拠です。
「全体主義がいい」などと言っていた宗教指導者がいたそうですが、
その人は「様々な表情をした真の人間主義」というものが、如何に貴重なのか、わかってなかったのでしょう(笑)

中国では、死刑執行数は減っているようですが、非公式のものを含めて、
年間1万人が処刑されている、といわれています。
というのなら、犯罪が罰によって防げるというのなら、痴漢に死刑、横領に死刑、としていけば、
さぞかし住み良い社会が誕生するのでしょうか。
   
論語の「民はよらしむべし、知らしむべからず」の「べし」の解釈を曲解して、
「衆愚支配の正当性」を主張する人は多いです。しかし、この論語の真意は、「べし」は可能ととるべきで、
「すべての国民に政策の真意を理解させるのは難しい」くらいに読むべきなのです。
「飴と鞭」の特に「鞭」は偶然にも「無知」にも通じていて、「悪い奴は切り捨てる」とは、排除の哲学なのです。
現代は嫌が応にも、共生の哲学が必要となっています。どこに「寛容」のレベルを置くかは、
別の課題でしょう。そういう余裕のない社会や時代が過去に存在したのは、事実ですが、
それは、もう過去の出来事なのです。
現代社会に相応しい、寛容と共生の文明を作り上げていく必要があるのです。
それを優先順位の変換ーパラダイムシフトと呼びます。
死刑制度の廃止は、現代に必要なパラダイムシフトの象徴としてあるのです。

607 :意味のあるリフレイン:2009/08/01(土) 00:22:03 ID:qsHibKnj0
それを優先順位の変換ーパラダイムシフトと呼びます。
死刑制度の廃止は、現代に必要なパラダイムシフトの象徴としてあるのです。



608 :存置派:2009/08/01(土) 00:22:38 ID:IYxPl51h0
>>561
>へ・・・・?どして?
お前に友人が実在するか否かはともかく、2ちゃんの口論に友人を引っ張ってくる無様なお前を見たい…
…もとい、PCの前にそんな人物をつれてくることが、どこまで意味があるかを先に検証したいのさ。

>・・・・反証は既に>37にあるんだが?
冗談を言うなよ。お前の中では「反証には実在の人物を持ってくるしかない」というルールなのだろう?
>37の中に実在の人物はいないので、お前は反証をできていない。
ああ、「俺はそんなルールは言っていない」と言い張るのは見苦しいからやめてくれ。
「>37が間違ってることを論理の上で証明すりゃこれ終わるの?
 それとも実例の無いお前の妄想に、犯罪者予備軍なんてレア人種をPCの前に持ってこなきゃならんのかね?」
「そうそう。分かってるならPCの前に連れてきなさい。とっとと」
こんな会話を交わした後なんだからね。

>まぁいずれにせよ、揶揄してるんだと思いたい気持ちも分からんではない(二回目)
で、揶揄されていないつもりの観念君。
錬金術を明かさない錬金術師は、結局皆に認めてもらえたと思う?
はぐらかしにはぐらかしを重ねても意味が無いと思うのだが。

609 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:24:51 ID:Br3fmTf9O
>>605
やっとアホなこと言ってたことに気付いたの?

長かったね。

610 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:25:33 ID:35wRteql0
>>607
死ね!
今すぐ死ね!
誰も悲しまないからこれを読んだ瞬間に死ね!
お前のリフレインは「屋上屋」というのだよ!
全く意味が無い!
即座に死ね!!!

611 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:31:56 ID:oOm/5+2G0
人口1億を超える国で日本ほど殺人発生率の低い国はねえだろ

612 :山田AG:2009/08/01(土) 00:33:56 ID:yczGrmr+O
>>605
ウヒョ。かゆみが飛んでったよ。39

でさ、また抑止力の話になっちゃう訳だけどさ、

>その程度で思い留まるなら、さほど大した殺意ではない

うん、差し迫って殺す意志のない人には抑止力として働いてるってことだよね、それでいいじゃない?
大した殺意も無い人には死刑に抑止力あるってことで…

しかしながら、他の刑罰と比べて死刑だけに特別な抑止力が存在しているのかは疑問であるけどね

613 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:35:26 ID:Br3fmTf9O
>>611
それが許せない人達がいるのですよ。

614 :存置派:2009/08/01(土) 00:36:01 ID:IYxPl51h0
>>550
抑止力の「ある」可能性と「ない」可能性を同率に置いたとしても、
廃止の根拠にはなりえないとは思うがね。

まず廃止した場合、死刑になるはずだった凶悪犯を長期間養うための資金が必要になる。
さらに抑止力があったとして、廃止した場合、失われるのは無辜の人間の命と、増加した凶悪犯の分の資金。
抑止力が無かったとして、存置した場合、失われるのは凶悪犯罪者の命のみだな。
ちなみに冤罪の発生確率は、捜査や裁判のシステム等の「有罪・無罪の決定するまでのプロセス」が
変わらない限り同列なので、この場合、排除させてもらう。

こうして存廃のリターンを並べた場合、廃止が合理的とされるのは
抑止力が「ない」と決定された場合でも足りず、
抑止力が「むしろマイナスである」と決定された場合に限ると思うがね。

と、まぁ、抑止力が「ある」と考える立場から意見を述べてみる。
「ない」と信じきっちゃってる人から見たらどうかは知らん。

615 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:36:11 ID:qsHibKnj0
>>610
わざわざ、他人への悪口を書き込むのはいかがなものでしょうか。

616 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 00:39:00 ID:08DMyQFDO
>>605
>そこまで言うなら>227が似非科学であることを科学的に証明して御覧

「因果関係の未検証」と「サンプルの量の少なさ(帰納法の早まった一般化)」だけで充分擬似科学だし。

>227が「抑止力はない」ことを示してるじゃん

「抑止力は無い」とゆう発見があったらノーベル賞もんだし


617 :山田AG:2009/08/01(土) 01:17:47 ID:yczGrmr+O
>>614
いや、俺はね、抑止力は、あるともないとも言えないぐらい不確かなものなら、死刑廃止すりゃいいじゃん、つって思った訳さ。

なぜなら、俺は被害者遺族の立場には立たないから。
それに死刑は新しく死ぬ人が増えるだけだと思うから。被害者増やしてどうすんだと

…しかし、被害者遺族の立場になって考えるべきだと思えたなら、俺は死刑賛成派になると思う。

あと、話は飛ぶが死刑がないっていうことは、「どんな悪いことをしても死なない」「この世には万死に値する罪はない」っていうことになる。……それはあまりイイことだとは思えないんだ。

やはり死刑はあるのはしょうがないのかなーと。

本当は死刑なんて野蛮な刑罰は無くしたほうがいいと思うんだけどね

618 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 01:39:07 ID:pLbP5fgQO
デスノートの夜神月は正義か悪かのアンケートで
正義が6割強だってさ

俺は死刑は存置派だがこれは呆れた。恐ろしいと思った。キラ=神なんてやつも沢山いたし

619 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 01:51:14 ID:14SQru36O
思うに衝動的な行動の結果、殺人に至る場合は殺人は防げない
だが計画的に殺人を行う場合、当然死刑になるリスクを負ってまで殺人を行うか考える
もちろん死刑が割に合わないと考えれば犯行を思いとどまるはずである


620 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 02:19:07 ID:Y1ptA35OO
>>618
現実の話題に漫画の話題を突っ込むその愉快な脳みそが面白いわ。

621 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 04:41:38 ID:bQ6olRLe0
サカキバラ、宅間、福田、今回の男などにとって、
死刑は予防的効果がないと考えている。
極刑が死刑であるにしても、この種の犯罪者に予防的効果など無意味。
予防的効果を求めるならば、応報刑概念の超克によってのみ予防的効果があろう。
そもそも、犯罪をしたということは犯罪者に限っては予防的効果がなかったわけであり、
一般予防という概念は「一般人に犯罪をさせない」という意味なのであるから、犯罪をさせてしまったらそもそも予防になっていなく無意味である。
つまり、一般予防という用語は犯罪をしないという結果に対して、予防的効果があると推認するわけであり、
犯罪者が出たとき、その効果は初犯である当該犯罪者にとっては機能していないことの証明になる。
特別予防も同様である。
刑罰による抑止効は応報刑概念の超克にこそ意味があり、
残りのことは刑罰論に限らない刑事政策・社会政策によって解決されるべき問題であろう。
家制度というものを超克することが問題解決の本質であると考える。
サカキバラも宅間の今回の男も「家制度」が人格形成に与えた影響が多すぎるのであり、
家制度の影響を少なくすれば場合によっては避けられた犯罪であると考える。
法は家庭に入らずという概念があるが、そうであるとしたら、法はこの種の犯罪防止に関しては無力であろう。
特別予防の概念は社会復帰を前提にある概念であり、死刑囚、仮釈放のない終身刑囚共に塀の外に出ない以上、(塀の中を除いてはだが)再犯が不可能(刑務所内での殺人を防止するという意味では特別予防効果はあるのかもしらんが)。
塀の外の社会秩序は維持される。

622 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 04:43:18 ID:bQ6olRLe0
犯罪の抑止効に関しては、
応報刑の概念を超えれば抑止効はあろう。
それは特に財産犯や道路交通法違反の犯罪者に関して言える。
殺人犯に関しては死刑があるとしても、死刑以上の罪はありえない。
殺人犯を殺しても、殺された被害者は帰ってこない。
殺人犯を二度殺すことは不可能である以上、二人以上殺したとして死刑にしても応報刑にはなりえない。
だが、
スピードや駐車違反者を死刑にすれば、 スピード違反や駐車違反はなくなろう。
財産犯に関しても被害金額の10倍の損害賠償や死刑にすれば犯罪は減ろう。
刑罰の抑止効を主張するものは
死刑相当の犯罪ではなく
死刑以外の刑罰相当とされる事件の刑罰を加重すれば抑止効足りうる。
死刑に関して抑止効を議論することの無意味さではなく、
死刑相当犯罪以外の犯罪の厳罰化を議論することが犯罪の抑止効を議論することとしては意味がある。
死刑の応報刑性は当たり前なのであるからして、
犯罪の抑止効の議論をするならば死刑以外の犯罪について議論されたし。
犯罪予防を主張する輩は
応報刑概念を超克すべし。
貴君の脱税に関して、死刑が宣告されることとなれば貴君は必死になって納税しようとするであろう。
犯罪の抑止効としての死刑は重犯罪ではなく、軽犯罪にこそ犯罪の抑止効としての意味がある。
死刑概念はサカキバラ、福田、宅間などではなく
貴君の犯す駐車違反、脱税、戦友離脱物横領などにこそ意味がある。
その点を勘違いしてはいかん。

623 :訂正:2009/08/01(土) 04:44:00 ID:bQ6olRLe0
戦友→占有

624 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 04:52:39 ID:35wRteql0
もうアホかとバカかと・・・(苦笑)

625 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 05:51:40 ID:Y1r0BAtIO
>>621
その中に、犯行前からわざわざ精神病を装った奴と未成年だから死刑にならんと確信して犯行に及んだ奴がいるがな。

626 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 07:09:18 ID:kTyGaU3wO
>>618
夜神月とおまえの顔を入れ替えて、もっかいアンケートを取ったら安心できる結果になるさ。


627 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 07:26:55 ID:gv8BTo3k0
>>621
>今回の男
→誰のことですか

628 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 07:39:36 ID:35wRteql0
>>627
yurikoのことだろ(爆笑)

629 :存置派:2009/08/01(土) 09:39:47 ID:IYxPl51h0
>>617
俺も被害者遺族の立場には立ってないがね。
強いて言うなら一般人最優先の立場か。
凶悪犯の更生は信じてないし、それを信じた賭けに国民を付き合わせる道理も無いと思うし。
だから、終身刑導入が、抑止力・コストの両面でより多くの一般人の人命を救えるなら
廃止派になるだろうね。

あと、これはもう個人的な好みの領域になると思うが
「上っ面はきれいだが、より多くの犠牲が支払われる」ってのは
どうも「進歩的」や「文化的」、「人道的」って表現に相応しくないと思うんだよ。
理念だけの「進歩的」文化人たちの与した思想がこの50年間で何万人を殺したことか。
「何人死んでも廃止しようぜ」っていう奴らがたまにいるが…あっちの方が野蛮に見えるがね、と。

630 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 10:40:28 ID:jYyD3Urv0
>>627

長文矢印 薄汚い詐欺オヤジのことだよ。

631 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 12:35:49 ID:EfE2jYz50
>608 2ちゃんの口論に友人を引っ張ってくる無様なお前を見たい…

これジョーク?全然笑えない

> PCの前にそんな人物をつれてくることが、どこまで意味があるかを先に検証したいのさ。

脳内で検証すれば?

> >37の中に実在の人物はいない、お前は反証をできていない。

これは酷い

> 錬金術を明かさない錬金術師は、結局皆に認めてもらえたと思う?

錬金術を明かしてもそれを理解できない者は皆、認めることはないだろうね

> はぐらかしにはぐらかしを重ねても意味が無いと思うのだが。

そんなお前がよう言うた

>610

感情は自己責任、というのを学んだ方がいいな

>612 差し迫って殺す意志のない人には抑止力として働いてるってことだよね

差し迫って殺す意志がないんだから、死刑があってもなくても殺すことはないんだよ
殺さないための方便(己への言い訳)として死刑が利用されてるだけ

> 他の刑罰と比べて死刑だけに特別な抑止力が存在しているのかは疑問

実態は、「死刑だけに特別な誘発力が存在」してるね

632 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 12:37:15 ID:EfE2jYz50
>614 死刑になるはずだった凶悪犯を長期間養うための資金が必要になる。

それを国家が賄うのは当然の責任だわな。凶悪犯罪を未然防止できなかったのだから

> さらに抑止力があったとして、

その前提自体が間違ってることは少し勉強すれば分かること

>抑止力が無かったとして、存置した場合、失われるのは凶悪犯罪者の命のみだな。

冤罪被害者の命も含まれるよ。発生確率が同列だから排除とか意味不

> 捜査や裁判のシステム等の「有罪・無罪の決定するまでのプロセス」が 変わらない

裁判官一人一人がその「プロセス」が違うってのに?(だからこそ一審で有罪が二審で無罪とかその逆があり得るのに?)
あと裁判員制度は「プロセスの変化」として考慮しないの?

> 「ない」と信じきっちゃってる人から見たらどうかは知らん。

どうかは知らん、で思考停止するなっつの。あと「ある」と信じきる前に>227を読め

>615

まぁいいじゃないの。悪口を言うのも表現の自由。あれぞソンチなんだし

>616 「因果関係の未検証」と「サンプルの量の少なさ(帰納法の早まった一般化)」だけで充分擬似科学

もう少し具体的に言いましょう。これ↑では何の反論にもなりません

> 「抑止力は無い」とゆう発見があったらノーベル賞もんだし

ノーベル賞ほどの発見ではない。何故なら識者の間ではとうの昔から「当たり前のこと」だから

>617 「どんな悪いことをしても死なない」「この世には万死に値する罪はない」

この考えの根底には「命よりも大事な正義が存在する」という価値観があるね
本当に命より正義の方が大事?命は絶対的客観。正義は相対的主観だよ
何が正義で悪かなんて、観点が違えば変わるのに、「絶対的悪は存在する」と思ってない?

>619 もちろん死刑が割に合わないと考えれば犯行を思いとどまるはずである

「死刑なら割に合わないが、懲役25年だったら割に合う」と思った者が思い留まるなら、死刑に抑止力がある、と言える
だがそんな者は犯罪心理学に疎い善良な市民が抱く幻想だよ。実在しない
実際に抑止力として働いているのは警察権力であり司法権力。死刑制度そのものではない

633 :存置派:2009/08/01(土) 13:26:05 ID:IYxPl51h0
>>631
>これジョーク?全然笑えない
お前の友人が実在するなら笑い飛ばせる内容だと思ったが。悪趣味だったらすまんね。

>脳内で検証すれば?
で、俺の脳内検証で無意味となりました、でお前はいいのかな?

>これは酷い
何がどう酷いのかねぇ。お前のダブスタっぷり?
…いや、まぁ、お前自身「俺が>37の実例だ!」とか言うなら、実例挙がってるんだけどさ。

>錬金術を明かしてもそれを理解できない者は皆、認めることはないだろうね
錬金術の中でも、明かされ、また実際にそうであると認められた要素は、現代の化学に繋がってるよ。
明かされない錬金術が認められることはなかったし、明かした結果「迷信」ってなったものも多いがね。
…己の末路がよくわかっているようで。今度の「アク禁」は何ヶ月の予定?

>それを国家が賄うのは当然の責任だわな。凶悪犯罪を未然防止できなかったのだから
おや、いつぞやかの名無しと同じことを言う。で、何故当然なんだ?
俺は、凶悪犯罪を未然防止できなかった責任は、次の凶悪犯罪を防止することで果たすべきであり、
逆に凶悪犯を手厚く保護して養ってやったところで、国民には何の責任も果たせないと思うが。

>発生確率が同列だから排除とか意味不
裁判や捜査の精度が同一であれば、最高刑が死刑だろうが終身刑だろうが「冤罪で最高刑に処せられる確率」は同じになるってことさ。
>裁判官一人一人がその「プロセス」が違うってのに?(だからこそ一審で有罪が二審で無罪とかその逆があり得るのに?)
…お前、実は自分が何言ってるのか、よくわかってないだろ。
最高刑が死刑でも終身刑でも「最終的な量刑は個々の判断が違う裁判官が下す」という点は一緒だろうに。

>どうかは知らん、で思考停止するなっつの。あと「ある」と信じきる前に>227を読め
「ない」と信じきっちゃった上に、「それが識者の共通見解だ」と妄想しちゃってる人に言われても…。
で。石油資源で潤うアラスカと、移民の流入や貧富拡大などの問題を抱えるニューメキシコを同列に並べる>227がどうかした?

634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 13:40:30 ID:bTDox6cF0
momaera tanosisou dana

635 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 13:50:38 ID:RcIj3JQ90
    ∧__∧
    (´・ω・`) <カンネーーーーーン☆
ピョン ( つ┳つ
 ピョン (__)‖_)
     ⊂§⊃ カンカンカンネーーン!!!   
      §
⌒ヽ〃⌒ヽ〃


636 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 13:59:38 ID:08DMyQFDO
>>632
>もう少し具体的に言いましょう。これ↑では何の反論にもなりません


「難しい話なので意味がわかりません」とハッキリ言えばいいだろ。これ↑では何の反論にもなりません


>ノーベル賞ほどの発見ではない。何故なら識者の間ではとうの昔から「当たり前のこと」だから

カンネンが住んでる星では「科学」ってゆうものは無いらしいな
「当たり前のことだから信じています」とか

どんだけ無知なのか底が知れないから教えてやるが
地球の識者の間では「抑止力はない」も「抑止力はある」も、どちらも永遠に不確定な命題だとゆう事になってる。
第一、カンネンが熱心に信仰している>227の筆者自信「これは科学ではなく単なる社会学程度の意見にしかならないだろう」と思っているに違いない

はた迷惑な話だろ

これまでには>227以外にも「抑止力はない」とゆう研究も「抑止力はある」とゆう研究も数十件あるが
何故>227にこだわるのか分からんな

カンネンの星の検索エンジンでは>227程度しかヒットしなかったのか?


637 :山田AG:2009/08/01(土) 14:33:25 ID:yczGrmr+O
>>631
>実態は「死刑だけに特別な誘発力が存在」している

え?ちょっと意味わかんないんだけど、死刑に犯行を誘発する力があるの?
拡大自殺の考えでいくと、
死刑制度がある場合には「死刑になりたかった」って言う人は
死刑の無くなった世界では
「終身刑になりたかった」って言い換えるだけだと思うよ。

638 :山田AG:2009/08/01(土) 15:03:06 ID:yczGrmr+O
>>632
命よりも大切な正義は存在するよ。
というより、そんな見方をしてしまう時っていうのはあるよ。

この世には「万死に値する罪」というものがある。(概念上は)

まあ、正義は相対的主観であるという点はその通りだと思う。
しかし命は本当に絶対的な客観か?人は自殺が出来る生き物なんだぞ

639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 16:08:46 ID:4qWVCMrM0
山田くんの方がまともな事書いてる
ちゃんとしてるのは何故??
観念の100倍まともなんですが・・・・・一体どうなっとるの?

640 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 16:20:37 ID:EfE2jYz50
>625 犯行前からわざわざ精神病を装った奴と

でも殺人は遂行したわけだ。元々精神を病んでたんだよ

>未成年だから死刑にならんと確信して犯行に及んだ奴がいるがな。

「未成年は死刑にならない」は殆どの未成年者が知っていて確信していること。でも殆どの未成年者はそれを理由に殺人なぞしない
つまり「未成年は死刑にならない」という既成事実は、何ら殺人の原因ではない
捕まったアホが己のプライドを保つために嘯いてるんだよ

>633 悪趣味だったらすまんね。

いや謝ることはない。ソンチの脳内がよく分かるなかなかいい暴露だったよ

> で、俺の脳内検証で無意味となりました、

おめでとう。では「死刑があるので殺人止めた」実在の人物とやらをここへ呼んできなさい

> 何がどう酷いのかねぇ。お前のダブスタっぷり?

いやお前のダブスタっぷり

> 錬金術の中でも、明かされ、また実際にそうであると認められた要素は、現代の化学に繋がってるよ。

>37とそれを裏付ける>227が、今後の科学に繋がるように?でも認めない者はいつの時代もいるじゃん。お前がいい例

> 凶悪犯罪を未然防止できなかった責任は、次の凶悪犯罪を防止することで果たすべきであり、

空論だな。「次の凶悪犯罪を防止した」など誰がどうやって判別するのかね

> 裁判や捜査の精度が同一であれば

捜査の精度が同一でないことは静岡県警に冤罪が多いことでも既に常識

>最高刑が死刑でも終身刑でも「最終的な量刑は個々の判断が違う裁判官が下す」という点は一緒だろうに。

無理矢理に共通点を見出してるとこがそこはかとなく痛々しい

> 石油資源で潤うアラスカと、移民の流入や貧富拡大などの問題を抱えるニューメキシコを同列に並べる>227がどうかした?

え?どこで「同列に並べてる」んだ?「同列に並べてる英文箇所」を示してくれ
まさか棒グラフで並べてるから「同列」って訳ではないよな

641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 16:21:31 ID:kTyGaU3wO
観念より山田AGのほうが頭が良くて他人に通じる言葉をもっているよな。
深く敬愛する観念さんもそろそろ終わりかな。


642 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 16:21:49 ID:EfE2jYz50
>636 「難しい話なので意味がわかりません」とハッキリ言えばいいだろ。

ありゃ。もう妄想に走ったか
話にならんな

> >227の筆者自信「これは科学ではなく単なる社会学程度の意見にしかならないだろう」と思っているに違いない

社会学も科学の一分野ですが何か

> >227以外にも「抑止力はない」とゆう研究も「抑止力はある」とゆう研究も数十件あるが

では是非提示してくれたまえ。さあ
数十件もあるなら一件くらい提示できるだろ

> 何故>227にこだわるのか分からんな

>227に科学的論理的反論が全くないので、利用してるだけだよ

>637 死刑制度がある場合には「死刑になりたかった」って言う人は
> 死刑の無くなった世界では 「終身刑になりたかった」って言い換えるだけ

終身刑になるには殺人の必要はないんだよね。軽犯罪を繰り返せば実質的終身刑は達成可能(こういう人は実在する)。だからその言い換えはできない

>638 命よりも大切な正義は存在するよ。

同じことをテロリストも言ってる。オウム信者も911テロも、そう
神風特攻隊も同じように思って突っ込んで行った(自分の正義の為に相手の命を奪った)
彼らに共通するのは「洗脳下にあった」ということだ
それともう一つ共通点がある。何だと思う?これはこれを読んでる全ての読者へのクイズにしよう
一定の期間を置いて、答えを書きます

> この世には「万死に値する罪」というものがある。(概念上は)

逆に言えば概念上にしかない

> しかし命は本当に絶対的な客観か?人は自殺が出来る生き物なんだぞ

自殺ができるのは精神的に病んでるからだよ。拡大自殺もそうだけど
病んでる人が命を軽視できるからって、絶対ではないとは言えない

643 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 16:37:08 ID:kTyGaU3wO
どんな犠牲を払っても死刑廃止せよと言う観念さんも同じなんだけど、こんなこと言ったら深く敬愛する観念さんから、ソンチがどうのとか俺のポエムを読んで勉強しろとか言われるんだろうなぁ。


644 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 16:42:25 ID:Y1r0BAtIO
>>640
>「未成年は死刑にならない」は殆どの未成年者が知っていて確信していること。でも殆どの未成年者はそれを理由に殺人なぞしない
>つまり「未成年は死刑にならない」という既成事実は、何ら殺人の原因ではない

馬鹿かお前はw
未成年が死刑にならない事が事件原因ではなく、殺人願望や犯罪を犯したい未成年が己の死刑の可能性が無いと言う事を利用して欲望を叶えようとしただけだろ。

お前は山田の爪の垢でも煎じて飲め!

645 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 17:25:07 ID:EfE2jYz50
>639

自分が理解できることを言う者はまともに見える
というだけの話

>644 未成年が死刑にならない事が事件原因ではなく、

それは既に>640で俺が言ってる

> 殺人願望や犯罪を犯したい未成年が己の死刑の可能性が無いと言う事を利用して欲望を叶えようとしただけ

でも「だから死刑は0歳から適用すべきだ」と言いたいんだろ?
なら「未成年が死刑にならない事が事件原因」と言ってるのと同じことじゃん

> お前は山田の爪の垢でも煎じて飲め!

それはこっちのセリフだよ

646 :山田AG:2009/08/01(土) 17:33:11 ID:yczGrmr+O
>>642
>同じことをテロリストも言ってる

いや、でもさ、理念というのは命よりも大切になるときってあるさ。俺も「死刑は正義のために行っている」とは思わないし、どっちかっていうと死刑反対だけど…、

観念氏は死刑で人を殺すことと、テロリストが起こす殺人は同じようなものだと考えてるみたいだね


>それともう一つ共通点がある。なんだと思う?

命を軽視してるっていう点かい?

647 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 17:47:27 ID:EfE2jYz50
>646 理念というのは命よりも大切になるときってある

どんな時に?俺なら安楽死なり尊厳死のときくらいしか思いつかないが

> 観念氏は死刑で人を殺すことと、テロリストが起こす殺人は同じようなものだと考えてるみたいだね

根は同じだからね。「理由があれば殺人も可」という価値観

> 命を軽視してるっていう点かい?

まぁ、それも答えだが、命を軽視するという思想に洗脳されてるから、それは「洗脳下にある」に含まれる

648 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 18:16:39 ID:BcpJToAB0
千葉地方裁判所と市川簡易裁判所は法律を悪用するキチガイ共の巣窟である
強制的に罪もない人間の逮捕状を取る糞機関が死ね
罪もない人間を冤罪にしたりと違法しまくる糞裁判官共が死ね
マジ潰れて消えろ糞市川簡易裁判所!マジ潰れて死ね糞千葉地裁!クズ共の集まりが死ね^^

649 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 18:37:41 ID:Y1r0BAtIO
>>645
>でも「だから死刑は0歳から適用すべきだ」と言いたいんだろ?

すごい妄想力だな。
思春期か?

650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 18:39:47 ID:RcIj3JQ90
カンネン頑張れ!!頑張れ!!カンネン!!!

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 18:41:59 ID:mjTh8bww0
まぁ、抑止力の存在が証明されない限り、ないとするのが科学的な考え方なのだがなw
抑止力を信じる奴はどこの信者だ?w

652 :ピラニア2号:2009/08/01(土) 18:58:53 ID:QWvBwpMU0
坂本弁護士一家殺害など7事件で殺人罪などに問われたオウム真理教元幹部
早川紀代秀被告(60)について、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は7月
31日付で、死刑判決に対する被告側の訂正申し立てを棄却する決定をした。
死刑が確定した。 (時事通信)


653 :存置派:2009/08/01(土) 19:20:16 ID:ZaryDxoz0
>>640
>おめでとう。では「死刑があるので殺人止めた」実在の人物とやらをここへ呼んできなさい
俺の脳内検証で、実在の人物を連れてくることは無意味となったので、無意味な行為はしません。
これに反証したいのなら、お前が実在の「お前の友人」をつれてきて、意味があることを立証しなさい。

>いやお前のダブスタっぷり
へぇ、どのあたりの? 具体的に示してくれよ。
長い間自称「アク禁」期間を得たのに、何も考えずに「お前が」「お前こそ」って言ってしまう癖、変わってないんだね。

>>37とそれを裏付ける>227が、今後の科学に繋がるように?
いや、繋がらないから。誇大妄想も程ほどにしておけ。
お前は学者でも研究員でもなく、2ちゃんでネタ扱いされる可哀想な子。ここでの発言が科学に繋がることは無いよ。
>227は(それ自体の成否を差し置いても)お前の発言の補強になってくれる内容ではない。

>空論だな。「次の凶悪犯罪を防止した」など誰がどうやって判別するのかね
社会的に認められた専門家が、データに基づいた比較と分析で判別する。

>捜査の精度が同一でないことは静岡県警に冤罪が多いことでも既に常識
…で、その偏差、最高刑が終身刑に変わったら何か変わるの? 
変わらないなら、冤罪の発生頻度は同じなんだけど。変わるんだよね? 具体的にどうぞ。

>まさか棒グラフで並べてるから「同列」って訳ではないよな
ページのメインとなる存置州と廃止州の犯罪の増減グラフは
各州の財政状況と移民流入の割合を全く無関係に合計したものだけど。…excite使わないと英語読めなかったりする?

654 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 19:42:58 ID:Y1r0BAtIO
観念→廃止派
山田→廃止論者
yuriko→ただの基地外


最近こんなかんじに見えるは気のせいか?

655 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 19:54:27 ID:+GexZfz/0
>>628さんへ
yurikoさんは、女性ですよ…(苦笑)

656 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 20:38:31 ID:Y1r0BAtIO
>>655
年増のメスブタですね(苦笑)

657 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 20:47:54 ID:+GexZfz/0
>>654
>最近こんなかんじに見えるは気のせいか?
→ネット掲示板の特徴は、「書き込み者のIDがわからない」点でしょう。
そう書き込んでるお前は女子中学生かもしれないし、65才くらいの耄碌(もうろく)爺さんか、
それはわからない。
そういえば、「たかじんのそこまで言って委員会」に居た、レギュラー出演者、
三宅爺さんはどうしてます。生きてますか?
三宅爺さんは番組で、仲間のレギュラー出演者宮崎氏に
「私の親族が殺されたら、必殺仕掛人・梅安に頼んで、殺ってもらうんだが…
宮崎さん、あんたやってくれんか(アハハハ)」などと言ってましたっけ。
もう、ばかかと…
そのとき、私は何の脈絡もなく、
「人を呪ろば穴二つ」という俗言を思い出した。

最近、DVD映画をレンタルしたのだが、
「落語娘」をみた。
ミムラと津川雅彦が出ていた。
「緋扇長屋」という架空の落語の中で、呪われた若だんなが改心して語る
「人を呪わば穴二つ」が妙に印象に残った。
長く生きていれば、人は思わぬ人から逆恨みされることもある。
つくづく気をつけなければいけないな、と思う。



658 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:02:18 ID:Y1ptA35OO
>>654
会話が成り立たないって点では、観念も基地外の域だろ、〜派とか関係なくな。

長文矢印が強烈過ぎるだけ。

659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:09:35 ID:RcIj3JQ90
((  ∧_∧
  ((・∀・ /゙) age-
   ヽ,   〈
    ヽ (⌒ノ)   カンネーーーーーーん!!
     l,_,ノ  ))


660 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:10:21 ID:RcIj3JQ90
    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧( ´∀`)< あげ
 ( ⊂    ⊃ \____
 ( つ ノ ノ
 |(__)_)
 (__)_)


661 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:13:46 ID:Y1ptA35OO
>>651
有った場合と無かった場合のリスクを考えて、より安全な手段を取るのは社会的ってだけの事だ。
死刑に抑止力がある可能性があるだけで、それが科学では無いと仮定された所で、世の中がその危険性を受け入れなきゃいけない訳じゃあるめえ。

抑止力が無くても危険は無い。仮に死刑目的の犯罪があったとしても、再犯の危険性を現在も超過してはいないし、死刑ではなく、『最高刑』が目的で有った場合は、本質的な解決にはならない。

けど、抑止力が仮にあったとして、死刑廃止にしてしまえば、それは国民が危険を晒される事を意味する。

抑止力があるかないか解らないって状況なら、どちらを選ぶのが安全かなんて決まってる。

662 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:15:23 ID:qvTvkAk5O
「人を呪ろば穴二つ」 …ってなに?
日本語にそんな格言ってあった?
だいたい「人を呪わば穴ふたつ」の使い方まちがってるし

663 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:23:13 ID:35wRteql0
>>655
いいえ、yurikoは汚らしいオカマですよ。
本人は女だと思いこんでいるらしいですが(苦笑)

664 :山田AG:2009/08/01(土) 21:24:10 ID:yczGrmr+O
>>661
抑止力があるかないか分からないぐらいの微々たるものだったら、いっそのこと死刑廃止でもいいじゃない。
死刑廃止のほうが倫理的に成熟された社会だと思うよ、まあ、安全ではないかもしれんが

665 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:27:14 ID:RcIj3JQ90
\_____________
   |  ||    |    ||
   |  ||    |    ||
   |  ||    |    ||
   |  ||.   ∧_∧ .||age ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |  ||.   (.  ´∀).|| △<  とりあえずsageとこう!
   |  ||.   (    )つ▼  \____________
   |  ||     |  |  | ||sage
 /  ̄ ̄ ̄ (__)_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
下へ参りま〜す


666 :山田AG:2009/08/01(土) 21:29:33 ID:yczGrmr+O
>>647
うん、分かった。君のほうが正しいよ

667 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:51:54 ID:s2w7dtEa0
>>662
>だいたい「人を呪わば穴ふたつ」の使い方まちがってるし
→●人を呪わば穴二つ(ひとを のろわば あな ふたつ)
1. 人を呪うにはそれなりの覚悟が必要だという事。転じて、安易に他人を恨むことを戒める。
語源・由来
* 平安期、加持祈祷を生業とした陰陽師は、人を呪殺しようとするとき、呪い返しに遭うことを覚悟し、
墓穴を自分の分も含め二つ用意させたことに由来。
→正直、「落語娘」に出て来たセリフをそのまま引用しただけですよ。
あれには、原作があるらしいいのですが、確かに、「人を呪わば穴二つ」の使い方は
間違ってると思いました。
でも、そんなことは、どーでもいいのでしょう。
ただ、もう少し考えてもよかったのでは、と思いました。

668 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 21:58:45 ID:EfE2jYz50
>653 俺の脳内検証で、実在の人物を連れてくることは無意味となった

あそっち?どして無意味にしたの?連れてくれば抑止力があることの証明になるのに

> へぇ、どのあたりの? 具体的に示してくれよ。

今まで散々示してるじゃん。示されてる自覚すらないのか。アホ過ぎるだろ普通に

> >227は(それ自体の成否を差し置いても)お前の発言の補強になってくれる内容ではない。

あそう・・・・・・・その論拠は?

> 社会的に認められた専門家が、データに基づいた比較と分析で判別する。

でその「凶悪犯を未然防止した」というデータってどこにあるの?

> 変わらないなら、冤罪の発生頻度は同じなんだけど。

冤罪の発生頻度が同じなら、死刑より終身刑の方がマシだな。科学の進歩で生きてるうちに冤罪が晴れる可能性も出てくる

> ページのメインとなる存置州と廃止州の犯罪の増減グラフは
> 各州の財政状況と移民流入の割合を全く無関係に合計したものだけど。

うんそうだけど。それが何か
財政状況と移民流入を加味したらどう変わるのか、ってことをきちんと論理的に説明しないと意味ないよ

>657 三宅爺さんはどうしてます。生きてますか?

まだご健在ですよ。俺はあの人好きだけどなぁ、ちょっと感情論的な方向に走るところがあるけど
宮崎氏は反対派だよね。まぁ二人の意見の違いはその年齢にあるんでしょう。三宅さんはやっぱり年相応に考えが古い

>661 抑止力が無くても危険は無い。

被死刑願望者の無差別殺傷の危険があるだろうに

> 抑止力があるかないか解らないって状況なら、

抑止力はない、と結論が出てる。>227参照

669 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 21:59:50 ID:qvTvkAk5O
番組趣旨が、「思ったままを述べて下さい。」
なんだから、いいんじゃないの?
「たかじん〜」はそういう番組ですよ?あれは教養番組じゃないの


670 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:05:20 ID:Y1r0BAtIO
>>667
>原作があるらしいいのですが

指摘された間違いの言い訳の最中に再び間違えるとは恥の上塗りですね。

671 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:12:15 ID:qvTvkAk5O
>>670
代弁ありがとう、感謝します!


672 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:19:36 ID:s2w7dtEa0
>>670
>指摘された間違いの言い訳
→細かいことを一々言うなって。
人から嫌われるわよ(呵々爆笑)

673 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:37:25 ID:mjTh8bww0
>>661
お前は都合のいいやつだなw
そんなこといったら、死刑自体が殺人を助長する可能性だってあるだろ。
お前の先入観で勝手に安全を決めるなよw

674 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:39:08 ID:qvTvkAk5O
>>672
論点ずらすな
間違いなら間違いと認めなさい
それこそ嫌われるよ

675 :山田AG:2009/08/01(土) 22:42:11 ID:yczGrmr+O
>>668
死刑は直接犯行の抑止力にはならないんだから、「死刑のおかげで犯行やめた人間」なんているわけないでしょ。
実在する人物を連れてくるなんて2ちゃんねるでは出来ないって。
出来もしないって分かった上で「実在の人物を連れてこい」なんて、ちょっとひどくないかい?

676 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:46:32 ID:35wRteql0
>>672
あなたは人に嫌われる点では天才ですね(大爆笑)
自分には甘く、他人には厳しく。
とても素晴らしい人格です(涙)

677 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 22:52:28 ID:35wRteql0
<yurikoの「愉快な日本語」>

「人を呪ろば穴二つ」が妙に印象に残った。
長く生きていれば、人は思わぬ人から逆恨みされることもある。
つくづく気をつけなければいけないな、と思う。

678 :山田AG:2009/08/01(土) 22:59:14 ID:yczGrmr+O
昔は日本は、拷問刑があって、それが当たり前だった。
今は拷問刑が禁止されたけど、それが良いことだとみんなに思われている。

死刑も同じように止めてみたら、それが当たり前みたいになると思うよ。日本社会にも馴染むと思うけどな、他の国でも死刑無しで国はちゃんと運営されてるんだし。
死刑無くしても日本は大丈夫だと思うよ。その代わり絶対終身刑は必要になるかもしれないけど

679 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 23:01:54 ID:qvTvkAk5O
>>676
>>672は「凶悪犯は絶対更生しえない」とみとめておきながら、「更生させるべし」、と求め、不況下の凶悪犯罪の増加を、英国では不況のせいである、とし、日本では死刑執行のせいだ、とするような人だから…
支離滅裂にしていきあたりばったり、自説絶対…
>>672のような、明々白々たる間違いを認める事ができない人には議論参加の資格ないよね

680 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 23:13:44 ID:mjTh8bww0
山田、お前ってやつはw
バーカを連発しなければなかなかどうして。
いい意見を言うじゃないかw

681 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/01(土) 23:14:16 ID:EfE2jYz50
>670

「い」がダブったくらいで仰々しい
その程度の誤打はいつものことじゃんか

>675 出来もしないって分かった上で「実在の人物を連れてこい」なんて、ちょっとひどくないかい?

まぁねwところがどうも実在してると本気で主張してるソンチがまだ約2名程いるんだよ
だから「実在するなら連れて来い」と再三言ってるんだが、未だに見苦しい言い訳と論点すり替えに終始してる(しかも反証責任がどっちにあるか、すら理解してない)
彼には前にも一度「死刑が怖くて止めた予備軍の心理描写」をさせたんだが、これまた小学生の感想文並みに酷くてさ
「あーすげー殺したい。こいつ殺したい。死ぬほど殺したい。でもこんな奴の為に俺が死刑になるなんて馬鹿らしい」←こんな感じ
これだけで「死刑に抑止力はある」と思い込めるんだから、相当ハッピーなんだよきっと

682 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/01(土) 23:43:22 ID:qvTvkAk5O
いろいろいってるけど、死刑廃止国のなかには、いつまた復活するかわからない国もあるんじゃない

683 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 00:09:06 ID:hHEC069cO
山田AGの存在が観念が単なるカルトであることを浮き彫りにしてしまったな。
山田AGの主張を聞くと存置派の俺でも8割り以上同意できるし、将来的には死刑廃止もアリだなと思ってしまうもの。


684 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 00:19:16 ID:fej/BA1LO
つーか、被害者からすべてを奪っておきながら、凶悪犯が生きていかなる喜びを得る事も許せない権利もない
死刑囚とは生きる権利がない人だ
凶悪犯の利益ばかりを尊重する人権団体のバカ共


685 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 00:20:56 ID:tps8hr2O0
\_____________
   |  ||    |    ||
   |  ||    |    ||
   |  ||    |    ||
   |  ||.   ∧_∧ .||age ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |  ||.   (.  ´∀).|| △<  とりあえずsageとこう!
   |  ||.   (    )つ▼  \____________
   |  ||     |  |  | ||sage
 /  ̄ ̄ ̄ (__)_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
下へ参りま〜す


686 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 00:30:18 ID:mXPRFwE5O
>>681
山田がいるからお前は安心して消えて良いぞ。
どうしても必要な時はアンカーで指名するから関係ないレスに口出しするな。

687 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 00:38:39 ID:MLXRDYP60
yurikoより山田AGのほうが説得力あるな

688 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 01:03:24 ID:1Ke4z5gtO
人間が複数集まり、社会をつくると、ルールが必要になる。
そのなかでは構成員の権利や義務が定められ、各種法律を形作る。
また法律の実効性を担保するため、ルール違反に対する罰則が定められ、他者の権利を侵害した場合には、違反者の権利の一部または全部の停止・剥奪をする、としるされ、法典として公示される
これが刑法典である
むろんルールを破ったからといって、どんな罰を加えてもよい訳ではなく、ルールを破った結果、侵害された権利に見合った罰でなければならないとされる。
他人の生命という、構成員が享有すべき各種権利の大前提となる権利を奪った場合(殺人etc)、その最高刑として規定するには、その者の全権利の剥奪→死刑となるのはとりたてておかしくはない。
また、その旨が事前に公示されているにも関わらず、あえて他者の生命を奪った者に死刑が課せられても不当ではないであろう。


689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 03:24:23 ID:K0EgMY520
>>687
いかに山田と言えども、yurikoと比較されちゃ気分悪いだろうよ。
人間とゴキブリを比較するようなものだぞ。
山田に謝っとけ。

690 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 03:52:09 ID:yq9gs0UO0
住所不定、無職で「刑務所に戻りたいから人を刺した」って奴が、
犯行の確たる証人である「犠牲者」に「伴わなれて」出頭してきたそうだ。
その犠牲者とは、犯人がたまたま見つけた路上生活者で、いきなり背中を3ヶ所刺されたと被害を訴えたそうだ。
全治一か月の重傷だが、命に別条は無いという被害だった。
凶器は刃渡りが20p以上もある牛刀。
その牛刀で背中を3ヶ所も刺しているにも関わらず、全ての傷が致命傷に至らない程度の傷だったのは何故だろうか。
刃渡り20pの刃物で背中を3ヶ所刺された被害者自らが最寄りの交番に100m程歩いて直接被害を訴えて来る程度の傷だった訳だ。
この犯人が相手を殺さなかったのは、最高刑である死刑を恐れ避ける為であったと考えても無理は無いだろう。
前科者の出所後の再犯であるし、犯行動機から推測すれば、もし死刑が無ければ相手を殺していた確率は高い様に思う。

死刑を廃し、絶対的終身刑を取り入れたりしたらこういう輩は大喜びで何人もの犠牲者を出すだろうな。
犯行の残虐性、被害者の数等が甚大であればある程、最高刑を科される確度は上がるのだから、
刑務所で一生を過ごしたいという目的を達成する為に出来るだけ多くの者を殺そうと考えるだろう。
この国に死刑さえ無ければ、無辜の他人をどれだけ傷つけ殺しても自分の命だけは絶対に奪われる事無く担保されるのだから。


691 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 04:18:51 ID:1Ke4z5gtO
スレ違いを謝ります
でも、↓って

結局いじめる奴が悪い

ttp://mamono.2ch.net/test/read.cgi/youth/1237899616/133

長文の上に、表現のねじれ…
アレと同一人物?

692 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 05:12:29 ID:rc4qHtmA0
>>690
>犯行の確たる証人である「犠牲者」に「伴わなれて」出頭してきた
→「狂言」(やらせ)ということも考えられますよ(苦笑)
犠牲者には、犯罪被害者給付金が支払われる可能性もありますし、
さらに障害者年金も受けられる可能性があります。
加害者は殺人未遂として、無期懲役刑を受けられる可能性があります。
あまり疑っても気の毒な気もしますが、実際問題として、
不況が長引けば、そういう「やぶれかぶれ」の犯行は増えてくると思いますね。

693 :存置派:2009/08/02(日) 07:38:53 ID:bW7kotay0
>>668
>あそっち?どして無意味にしたの?
好みのやり方ではないからね。
元々「PCの前に実在の人物を連れてくる」というのを最上の手段と主張しなきゃいけないのは、他人にそれを要求するお前。
その手段を「無意味」となったら、他人に無意味を強制してることになるのに、それを人の脳内会議に任せるかねえ…。

>今まで散々示してるじゃん。示されてる自覚すらないのか。アホ過ぎるだろ普通に
お前は「具体的に」といわれるとすぐそういうね。
…ああ、これも自称「拡大自殺」同様、お前の公開できない錬金術の領域なのかな?

>あそう・・・・・・・その論拠は?
お前の文章と>227の間に論理的なつながりはないから。
>227は存置州と廃止州との殺人発生比率の比較であり、その数字の理由について>37のようなことは一言も書いてない。
…っていうか、赤の他人の作った関係ないデータが、自分の推察だか妄想だかわからん代物の補強になるって、どういう誇大妄想だ。

>でその「凶悪犯を未然防止した」というデータってどこにあるの?
犯罪白書数年分とにらめっこでもすれば?
お前自身が「犯罪増加には様々な要因がある」としていたが、その要因を一つずつ改善すりゃ論理的には減るはずだしね。
少なくとも、金の使い道として犯罪予防に意味がある「と思われる」程度の精度でも
凶悪犯を終生食わせたり、人体実験だの拷問だの一部の廃止派のSFじみたSMに使ったりするよりは有用と思うが。

694 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 10:01:25 ID:QitKd5/A0
観念が支離滅裂に一票

695 :山田AG:2009/08/02(日) 10:02:47 ID:9LzjpPu0O
存置派のみんなにとっては、死刑の抑止力ってそんなに重要なことかね?
あるかないかも分からないような抑止力だよ。
存置派のみんなにとっては本当は抑止力の有る無しなんて意にかえさないんじゃない?

残酷過ぎる犯罪が起きた場合、抑止力の有無なんて関係なしで、死刑にすりゃいいって存置派は思ってるんじゃない?

死刑が存置される一番の理由は抑止力うんぬんじゃなくて、被害者遺族の感情と世論をなだめる為だと思うよ。

696 :存置派:2009/08/02(日) 10:37:48 ID:JIrCE70HO
>>695
俺はあくまで抑止力とコストの観点から廃止には反対なんだがね。
明確に抑止力を否定できておらず
終身刑にした際のコスト増加を解決できていない、
凶悪犯の再犯も(ヤバいのは死刑にしてる今ですら)ゴロゴロ起きてるって現状を踏まえると
治安のためには死刑存置>廃止と思える。
っていうわけで俺は存置派。

抑止力に関して廃止>存置としっかりとしたデータで証明され、
且つコストと再犯の問題が解決したら
いつでも廃止派になるつもりだ。
遺族感情は実質どうでもいい…って言うと失礼だが
遺族感情よりゃ殺人が新しく起きて新しく「遺族」が生まれるのを阻止する方が大事に思えるんでね。

ま、深層心理でバイアスかかってる可能性は否定せんが。
…いや、一部の廃止派の思想が何とも嫌いでねぇ
抑止力やコストの問題に真っ向から挑むのならともかく
「多少危険でも」「国民に負担をかけても」って許容して廃止を唱えるのは
「自分の理想や好み>他人の人命や財産」って大声で叫ぶのと同じなんでさ。
そいつらが自らを「文化的」「人道的」って称するのは
…こう…吐き気がする。

697 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 10:50:50 ID:MLXRDYP60
yurikoの書き込みは…こう…吐き気がする。

698 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 11:01:17 ID:K0EgMY520
>>697
お前、あいつの書き込みを読んだのか?
まさかあの無意味な長文を読んだのか?

699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 11:35:44 ID:QitKd5/A0
>>695
議論の中で持ち出された廃止論者の理論を正しいとするならば、抑止力は重要といわざるを得ない。

なんて展開になる事も多い(他の論点でも頻繁にある)んで、
死刑存置派がみんな抑止力を後生大事にしてる、ってのとはちょっと違うと思うぞ。

700 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 12:08:26 ID:MLXRDYP60
>>698
いや、読んでない。
糞みたいにべっとりとした長文が視界に入ってきて、吐き気がした。

701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 12:56:12 ID:K0EgMY520
>>700
確かにあいつの書き込みをPCで開くだけでも糞の臭いがするんだよな。
あの糞オヤジ早く死んで欲しい。

702 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 13:07:23 ID:CrFyEDYZ0
>687 yurikoより山田AGのほうが説得力あるな

=専門書より入門書の方が理解しやすいな

>690 この犯人が相手を殺さなかったのは、最高刑である死刑を恐れ避ける為であったと考えても無理は無いだろう。

恐れていたかどうかはこれでは分からんな。元々目的が「死刑にならずに刑務所に入るため」だから
「これくらいなら死刑にまではならないだろう」と計算の上で淡々と刺した可能性もある
傷害事件を起こして何度も刑務所入りする人間は何人もいるよ。特に冬が近づくと多くなる
彼らは「死刑を恐れる故に手加減した」のではなく「相手を殺すことではなく刑務所に入るのが目的であるが故に手加減した」が正しい

>前科者の出所後の再犯であるし、

その前に出所させるなよ。本人刑務所好きなのに。・・・とは考えないの?

> 死刑を廃し、絶対的終身刑を取り入れたりしたらこういう輩は大喜びで何人もの犠牲者を出すだろうな。

本人に聞いてみるといい。「大喜びで何人も殺したか?」と
きちんと自分の目や耳で真実を確かめれば、その推測が「想像の欠如をカバーするための妄想」であることが分かるから

> 刑務所で一生を過ごしたいという目的を達成する為に出来るだけ多くの者を殺そうと考えるだろう。

犯罪者の心理に疎い者が考えそうなことだ。この辺は>37その3に既に書いてる

>693 好みのやり方ではないからね。

アなるほど。「僕の好みじゃないことは無意味だ」と言いたいのですね。分かります

> に、それを人の脳内会議に任せるかねえ…。

お前の脳内妄想に任せた俺が悪かった。もういいよ>37への反証は。元々期待してないし

> お前は「具体的に」といわれるとすぐそういうね。

実際既にこのスレで散々指摘してるんだからしょうがない。自覚がないお前が再度スレ読み返せばいいだけのこと

>お前の文章と>227の間に論理的なつながりはないから。

>37が言ってるのは「死刑に抑止力はない」「寧ろ凶悪化を促進する」だよ。その結果が>227にそのまま表れてるじゃん
なのに「つながりがない」?どんだけ性格歪んでるんだよ

> 犯罪白書数年分とにらめっこでもすれば?

何年から何年の犯罪白書だね?URLで示しなさい

>696 明確に抑止力を否定できておらず

>227で否定出来てる。科学的思考力を身に付けなさい

>700

まぁ自業自得だな


日本が100人の村だとする。1人が犯罪予備軍(以下Aとする)。いつキレるか分からない。9人が「死刑に抑止力はない」と考える廃止派(以下、B)。90人が「死刑に抑止力はある」と考える存置派(以下、C)としよう
その村では毎年交互に存置年と廃止年を設置することにした、とする。毎年1月1日から12月31日まで死刑を廃止したら、次の年は同じく一年間存置。勿論、逮捕日や判決日ではなく殺人発生日が基準
ここで簡単な思考実験により、存置年より廃止年の方が殺人発生率が減る、ということが分かる
賢明な読者なら、このメカニズム、自分で解けるよね?12月31日のCグループの考えることと、殺人が起こる原因を想像すれば分かることだ
逆に「存置年の方が殺人発生率が減る」と思う者はその年の人々の思考過程から何故そうなるか理屈を書きなさい

703 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 13:14:44 ID:CrFyEDYZ0
因みにBが増えてCが減れば、それも「殺人発生率の低下」に繋がる
これも思考実験をすれば自明の理
>227が示しているのは、このこと

さてソンチーズの諸君、いつもの「反論にならない反論」、待ってるよ

704 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:17:05 ID:tps8hr2O0
カンネン!! カンネーーーーン頑張れ!!  いける!!!  いいよ!!!

705 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:18:20 ID:tps8hr2O0
  ;;"~'゙;; .∧_∧ ;;"~'゙;; ;;"~'゙;;. ∧_∧ ;;"~'゙;;;;"'~'゙;;. ∧_∧ ;;"~'゙;;
  ミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミミ,,,_,,,ミ( ・∀・ )ミ,,,_,,,ミ
     \ 上  /      \ が /      \ れ  /
      |⌒I、│        |⌒I、│       |⌒I、│
     (_) ノ          (_) ノ       (_) ノ
        ∪


706 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:31:37 ID:QitKd5/A0
観念教の専門書は、専門書界では他の宗派に質と信者の数で負け、入門書に裾野の広さで負けてるんで
自分を専門書に例える事はむしろ不名誉である事に気付くべき。

707 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:38:43 ID:hHEC069cO
とうとう観念が山田AGに嫉妬しだしたか。
もう老害の域だな。
これがかって深く敬愛していた観念さんの末路かと思うと……(涙)


708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:50:06 ID:hHEC069cO
>>695
俺はその存置派だな。
国民のほとんどが不満足とする行政サービス(死刑廃止)を、人権がどうのこうのなんていう理由で押し付けられちゃかなわないし、それは民主主義の基本から外れていると思うんだ。
だから山田AGの言うような「死刑廃止」なら将来的には賛成できるけど、深く敬愛する観念さんのようなカルトな「死刑廃止」には賛同できない。


709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:53:01 ID:K0EgMY520
少なくともyurikoは専門書じゃないよ。
裏物、際物だけを乱雑に集めたオタクのブログだな。

710 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 13:57:27 ID:hHEC069cO
>>709
そこは自分の名前を入れたかったんだと思うよ観念さん。さすがにテレが出たんじゃないかな?

711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 14:14:49 ID:MLXRDYP60
yurikoが専門書って・・
コピペばかりのただの基地外オジサンじゃん。

712 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 14:38:45 ID:CrFyEDYZ0
いつもの「反論にならない反論」がわらわら

713 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 14:53:16 ID:rxWNHGd5O
観念と山田と矢印を死刑にすればよい。
これで全て丸くおさまる。

714 :山田AG:2009/08/02(日) 15:08:35 ID:9LzjpPu0O
>>696
レスありがとう。
そうだね、コストのことを言われると廃止論的には弱っちゃうんだよなー
囚人一人につき月20万円ぐらいかかってるんでしょ。

しかし、命の目方を決める問題ならば、多少のコストはしょうが無いと思うね。俺は金よりも精神的なものを取りたいから…

あと、被害者遺族の感情についてはあまり重要視していないっていうのには驚いた。
存置派はみんな被害者遺族のことを重視してるもんだと思ってた

715 :山田AG:2009/08/02(日) 15:15:50 ID:9LzjpPu0O
>>699
レスありがとう
まあ、そうだろうねぇ抑止力なんてそんなに目立ったほどの効力はないだろうから、存置派も抑止力のみを理由に、死刑に賛成している訳じゃなさそうだ

716 :山田AG:2009/08/02(日) 15:24:28 ID:9LzjpPu0O
>>708
レスありがとう
たしかに、人権を理由に死刑廃止はありえないと思う。
あと、世論が死刑賛成多数なのも、廃止派としては苦しいものがあるな

717 :山田AG:2009/08/02(日) 15:27:09 ID:9LzjpPu0O
>>713
バーカ

718 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 15:44:14 ID:yq9gs0UO0
>>702
>恐れていたかどうかはこれでは分からんな。元々目的が「死刑にならずに刑務所に入るため」だから
>「これくらいなら死刑にまではならないだろう」と計算の上で淡々と刺した可能性もある

何故犯行の際に「これくらいなら死刑にまではならないだろう」と考える必要があったのかを言っている。
それはこの国に最高刑としての死刑が存在するからに他ならない。
あくまでも利己の目的によって他人を害するのであって、その上で自身が望まない不利益を避ける為にそう考えるのだろう。
そういう場合の推測に死刑を恐れ避ける為であると考える事は誤りだとは言えない。

>その前に出所させるなよ。本人刑務所好きなのに。・・・とは考えないの?

利己の為に簡単に犯罪者になる輩とは往々にして身勝手な事を考えるものだ。
刑期中は「早く出たい」と考え反省を顕わにし真面目に服役するが、
出所後に世の中で自分の思い通りにならない事があると「刑務所の方が楽だったから戻りたい」と考える様になる。

>本人に聞いてみるといい。

その必要はない。
事実として、利己の為に3度も繰り返し人を刺す行為から、その様に推測し得る人間であると客観的に認められれば充分だ。
そして、服役以上の刑を受けたくないと考えるからこそ手加減をしたのであって、
可能性として死刑が無かった場合は殺していただろうと考える事は推測し得る範囲内である。

>犯罪者の心理に疎い者が考えそうなことだ。この辺は>37その3に既に書いてる

そこに書いてある妄想には具体的根拠が全く見受けられないので読むだけ無駄だった。


719 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 16:44:52 ID:MLXRDYP60
反論って・・w

720 :山田AG:2009/08/02(日) 17:05:28 ID:9LzjpPu0O
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!
カーンネーン!!!!

721 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 17:20:27 ID:CrFyEDYZ0
>713

ソンチの排他主義的発想がよく表れた名文句だな

>718 何故犯行の際に「これくらいなら死刑にまではならないだろう」と考える必要があったのかを言っている。

目的が「刑務所に入ること」だから、だよ

> それはこの国に最高刑としての死刑が存在するからに他ならない。

死刑の代わりに終身刑があっても変わりはない。何故なら目的が「刑務所に入ること」だから

> そういう場合の推測に死刑を恐れ避ける為であると考える事は誤りだとは言えない。

本人に聞いてみるといい。「死刑が怖かったのか?」と
本人はこう答えるだろう「飢え死にするのが怖かった」と
結局、抑止しているのは死刑ではない。反論どうぞ

> その様に推測し得る人間であると客観的に認められれば充分だ。

幾ら主観で「客観的に認め」ても主観は主観

> そして、服役以上の刑を受けたくないと考えるからこそ手加減をした

目的を達成するために相手を殺す必要がなかったからこそ手加減したんだよ。相手を殺すのが目的ではないから

> そこに書いてある妄想には具体的根拠が全く見受けられないので読むだけ無駄

ソンチの常套句↑

722 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 17:24:56 ID:tps8hr2O0
   n ∧_∧
  (ヨ(。・ω・。) グッジョブ!!
    Y    つ


723 :山田AG:2009/08/02(日) 17:26:26 ID:9LzjpPu0O
みんな〜(´Д`) 観念がキター

724 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 17:35:41 ID:fej/BA1LO
刑務所に入るのが目的で最高刑が終身刑ならば
刑務所を出たり入ったりするより最初から凶悪犯罪を起こして最高刑を狙ってくると思いますよ


725 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 17:41:29 ID:CrFyEDYZ0
>724

その辺も>37じゃなくて>38のその3に書いてる
本人が望まなければ出さなければ良い

726 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 17:43:14 ID:CrFyEDYZ0
本人が望んでも出してはいかんが

727 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 18:35:17 ID:fej/BA1LO
>>725
出さなくて良いとかじゃなくて、再犯でもし死刑になるならそいつは犯罪は犯さなかっただろう


728 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 18:57:47 ID:3W0FPxLn0
>>714
おい、山田。ホントにコストが増加するのか疑わないのか?
ここで出てくるコスト計算なんて参考にもならないゴミが多いぞw
>>696がしっかりとしたデータでコスト計算をしたとはとても思えないがなw

729 :山田AG:2009/08/02(日) 19:10:52 ID:9LzjpPu0O
>>702
>ここで簡単な思考実験により存置年より廃止年の方が殺人発生率が減るということが分かる

ごめん(^_^;)全然分からない

>逆に「存置年の方が殺人発生率が減る」と思う者はその年の人々の思考過程から何故そうなるか理屈を書きなさい

いや、なぜそうなるか分からないし、そんな意味不明なことに対して理屈なんか書けないよ。存置年だろうが廃止年だろうが、殺人は起きる時にゃ起きてしまうんじゃ…

>>703
>因みにBが増えてCが減ればそれも「殺人発生率の低下」に繋がる。これも思考実験をすれば自明の理

本当に自明の理なのか?ごめん、これもさっぱり分からない。(^_^;)
なんでか理由を教えて貰えますか?

730 :山田AG:2009/08/02(日) 19:16:19 ID:9LzjpPu0O
>>728
え?普通に考えて、死刑囚を養わなければいけない分、コストがかかるんじゃ…?

731 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 19:17:37 ID:ZAIgHpuUO
終身刑の無い現在の日本では死刑制度は有効である
ってことで全員一致したみたいだね。

732 :存置派:2009/08/02(日) 19:30:37 ID:JIrCE70HO
>>714
基本的に、大事な人を失うことで欠ける何かって
何をどうやっても埋まらないからねぇ。


ただ他人のそういったものを欠けさせた凶悪犯を
日々汗水流して糊口をしのいでる人たちの財産を使ってまで
国庫で生き長らえさせるのには相応の理由がいると思う。
キリスト教圏ならキリストがそれになりうるし
EU絡みなら正直金や覇権も関係するし。
一方、日本ではそうした理由はないからなぁ
廃止がマジョリティになるには相当情報操作しないと無理じゃね?

あ、マジョリティにならずに廃止ってのは論外な。
理も利もねぇや。

733 :存置派:2009/08/02(日) 19:41:17 ID:JIrCE70HO
>>728
参考にもならない計算ってのは
死刑・終身刑に関わらず最高刑には付き物になるだろう部分の経費を全部死刑に押し付けたり
死刑が「問われた」事件の関係諸費用を死刑が「下りた」件数で割ったり…と
いかさま通り越して涙ぐましい努力してる計算のこと?
それとも、囚人一人当たりのコストをやすく見せかけたい一心か
刑務所の建設費用等だけを数えて
何故か人件費はノーカウントだったりする計算のこと?

割と心当たりは多いんだが。
…廃止派の持ってくるデータの方にはね。

734 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 19:47:33 ID:hHEC069cO
廃止論者(山田AGじゃなくて観念みたいなの)がマジョリティを形成するとしたら、民主党が政権取って外国人参政権を地方から国政まで拡大し、移民や帰化の条件をバンバン甘くして、「犯罪を犯すのが当たり前」の層を日本に生み出すことじゃないかな?
これ以外で多数派を形成する方法はちょっと思い付かないな。


735 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 19:48:18 ID:mXPRFwE5O
>>714
俺は総合的に見てる。
抑止力、遺族感情、コスト、再犯防止、その他…
他人の命の重さが分からない者に、自分の命が奪った命と同等だと知らしめる意味合いも感じるしね。
だから一方だけ否定されても、全体的なメリットをそれ以上の明確なデメリットで否定されない限りあまり揺るがないと思う。

まあ、それ以前に廃止派の人格に疑問も感じているがね。
お前に冗談抜きで聞くが、尊敬出来る代表的な廃止派っているか?
こんな場所じゃまともな奴ほど簡単に淘汰されるから仕方ないのかも知れんが、詭弁や言い逃れが上手くなるもの、支離滅裂な者、存置に対して異常に攻撃的になる者、高圧的な者ばかり…
謝罪や償いが通じないほどの悪行を犯した者を擁護する以上は、己がせめて真摯な態度の対話見せるべきだと思うんだ。


736 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:02:52 ID:3W0FPxLn0
>>730
そう考えるのが一般的な傾向かもしれないが、コスト計算を感覚に頼るなw
たとえ実際にそうだったとしても、数値化されて初めて気づくこともあるということだ。
要は根拠となる項目とか数字とかが示されてないものを安易に信じ込むなということだw

>>733
そんなことはどうでもいいんだが、お前の根拠をしっかりとしたデータで示せよw

737 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:04:28 ID:q29eLVSBO
>>728
死刑にかかるコストが三千万ぐらいって話を聞いた事があるが。死刑自体のコストでは無く、関係者に払われる費用が大半らしい。まあ、絞首するだけだから当然だな。
んで、その費用にしたって、三人程度が併せて執行されている現状では、どうしても一人当たりの費用は目減りする。

けど敢えて三千万で計算して、囚人一人当たりのコストを150万(200万以上かかるらしいから、言いがかりつけないように)とした所で、20年余分に生きただけで追いついてしまう。
平均80歳まで生きると考えて、10年の拘留期間で死刑を執行したとしても、死刑が確定した時の年齢が平均50歳にでもならない限り、死刑にかかるコスト<絶対的終身刑にかかるコストは不動だわ。

これだけ死刑廃止論者に有利な数字で計算してやってもこの有り様だぞ?まだ他にお望みかい?

738 :山田AG:2009/08/02(日) 20:05:05 ID:9LzjpPu0O
>>735
>尊敬出来る代表的な廃止派っているか?

いるいる。観念観念。

739 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:08:35 ID:3W0FPxLn0
>>737
らしい。聞いたことがある。考えると。有利な数字。

アホかw

740 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:15:07 ID:hHEC069cO
やっぱりこういう人が出てくるんだなぁw

741 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:16:35 ID:tps8hr2O0
    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |  <死刑とはざんこくなものです
____.|ミ\___|    ( _●_)  ミ
    |┃=___    |∪|   \
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \ ガラッ


742 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:17:11 ID:q29eLVSBO
>>739
じゃあ何か、たかだか一人の首吊るだけに、億もかかると思ってんのか?三千万でも高すぎるくらいだろう。
それとも、今の日本で、一人の人間が数十万で生きてけるとでも思ってんのか?

当たり前に金払ってりゃ、150万でも難しいくらいだ。今日日、老人ホームですらもっと金かかっとるわ。

現実的な数字当てられて、反証もできないくせに、嘘だ嘘だって喚きたててる事しか出来ないのか?

743 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:24:29 ID:mXPRFwE5O
>>738
正直どんな意味での尊敬?

744 :山田AG:2009/08/02(日) 20:31:53 ID:9LzjpPu0O
>>743
いや、普通の意味で尊敬しているよw
彼はどんな反論にも屈しないからねw

745 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 20:35:07 ID:3W0FPxLn0
>>742
お前のしっかりとしたデータはわかった。
お前はもういいw



746 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 21:04:08 ID:CrFyEDYZ0
>727 再犯でもし死刑になるならそいつは犯罪は犯さなかっただろう

死刑にしなくても閉じ込めとけばいいじゃん
社会に溶け込んで上手く生きる能力が無い者を出すから犯罪に手を染める

>729 なんでか理由を教えて貰えますか?

ホントに分からんの?大晦日にCグループがどう考える?「明日から廃止年だ」「明日から存置年だ」だからどうしよう、と心構えが違うだろ。何故ならCは「死刑に抑止力はある」と思ってるから

747 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 21:06:38 ID:hHEC069cO
>>744
遠回しに珍獣扱いしてないかw

748 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 21:28:40 ID:fej/BA1LO
>>746
言い方を変えよう
その犯罪者は死刑は割に合わないが、刑務所行きなら割に合ったから犯罪を行った例ではないのか?
死刑が抑止力のある証明ではないか


749 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 22:52:17 ID:ZAIgHpuUO
>>746

>>731

750 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 23:03:31 ID:CrFyEDYZ0
>748 その犯罪者は死刑は割に合わないが、刑務所行きなら割に合ったから犯罪を行った例ではないのか?

本人に聞いてみるといい。「死刑が怖かったのか?」と
本人はこう答えるだろう「飢え死にするのが怖かった」と
結局、抑止しているのは死刑ではない。反論どうぞ

>749

何か言いたいことがあるなら>227に反論してから言いましょう

751 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 23:12:36 ID:QitKd5/A0
いつも思うが、観念は自分の作ったルールにまず自分を当てはめてみてから喋るべきだと思う。

752 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 23:19:07 ID:K0EgMY520
>>738
「あの気違い外人オカマ」の名前を書かなかっただけ褒めてやろうw

753 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/02(日) 23:35:49 ID:CrFyEDYZ0
執着の度合いがどう見ても異常↑

754 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 23:37:57 ID:fej/BA1LO
>>750
いちいち回答するの面倒くさいね
こういう言い合いしてもどうせ意味がないと思っているが…だらだら長文書いても同じだし、簡単に反論しとくか

飢え死にするのが怖かった=死ぬのは嫌=死刑だけは嫌

同じ事です
ま、納得しないと言ってくると思いますがね
納得しないなら勝手にどうぞ

755 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/02(日) 23:38:56 ID:QitKd5/A0
>>753
人は鏡

756 :存置派:2009/08/03(月) 01:25:25 ID:YOWPVG07O
>>702
趣味的か否かは、自分の理論に対して他人の理論を拒否し
演技を強要したり、犯罪者予備軍を連れてこいと言ったりした
お前に言われたくはないが。
まぁ、勝手に自爆してくれて有り難う。

俺の性格が悪いってのは正解かもな。
データから読み取れる事象と、自分の空想を同じにしてしまう子を放置できるほど優しくないのだから。
>227が示そうとしているのは存置の悪影響であり
(それからして廃止州の経済状況に触れてない時点で微妙だが)
>37でお前が述べている犯罪者の心理に対する妄想の根拠にはなってくれない。
別の心理の働きを否定するものではないのだから。
他人の褌で相撲を取るなとは言わないが
自分にぴったり合う褌を選べないものかね。

あ、ついでに。
社会に適応しない人間を
社会の構成員である国民一人一人が養わなきゃいけない理由って
何かあるのかね?

757 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 01:27:44 ID:/My/INqh0
確か、コスト三千万って、確定から執行までのではなかったか。
だとするとだいたい年三百万前後くらいといったところか。
でも、税金にかんしては、もっと無駄に使われているところもあるはず。
このことに関して、無駄という意見に関して、だいたいどう考えているかわかるような気もする。

それと、もし刑務所のほうがぬるいというようなことで入りたくて犯罪を犯したというのなら、
ある意味、世の中のほうがおかしいような気もする。
それをもって、社会に責任転嫁するきはないんですが。

758 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 02:01:49 ID:uhi+iwG90
そもそも、死刑判決を受けるような人は、完全な人格異常者と言い切っていいでしょう。
普通に「きれやすい性格」の人が人殺しをしてしまっても、長くて7年くらいの刑期でしょう。
それで心から反省すれば、親戚も、共同社会もセカンドチャンスを与える鵜ものなのです。
ところが、なかには、そのセカンドチャンスを踏みにじる人がたまにいます。
ここで話題になった森川哲行も、最初の殺人で服役し、出所したとき、親戚の人は
「仕事くらい世話をしてあげよう」という話だったのです。
それを踏みにじり、刑務所に戻され、三度目に出所したとき、死刑に値する罪を犯してしまったのです。
普通の基準でも、一人殺害は許しがいですが、二人以上殺してしまう人というのは、
どう考えても、超がつく異常人格でしょう。そういう人をみせしめで、わざわざ殺して意味があるのか、
という話なのです。

759 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 02:20:52 ID:uhi+iwG90
何才で死刑うんぬんという議論っておかしいですよ。19才でも死刑判決が出るのは、永山事件で常識だったでしょ。
よしんば、錯覚していたとして、
光市の少年はどうですか。18才になったばかりで、よもや死刑になうと思っていなかったのでしょうか。
しかし、死刑は18才に適用されそうですね。
そうすると、仮に17才の少年が似たような犯罪を行えば、今度こそ死刑から逃れられるというのですか。
それでも、敢えて死刑判決が下ったとします(国際法的には、ありえませんが)
次は、16才…ときりもなく、死刑適用基準が下がっていく危険がありますね。アメリカでは、
米でそういう現象が既に起きていますが、実際に犯行時未成年者が死刑になった例は、第二次大戦後はありません。
つまり、死刑の威嚇効果というのは迷信に過ぎないのです。
心神耗弱者や精神病者に死刑判決が下る心配も殆どありません。そもそも、自分の罪を
自覚できない人を罰する意味がないのです。
死刑に本当の威嚇効果を持たせたいのなら、死刑適用の刑法違反のケースを拡大すればいいのです。
二千万円以上の業務上横領を死刑にしたり、売春や麻薬売買に死刑を適用すれば、
日本の治安は劇的によくなるのでしょうか。
現在の日本の治安のよさは、世界最高レベルなのに、それ以上、良くする切実性はありませんね。
却って、悪くなるような気がするのは、私だけでしょうか。
死刑制度を治安対策の中心としなければならない必然性は、如何なる国であろうと、
どういう経済状態であろうと、先進国とか後進国とか関係なく、全くありません。

760 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 03:38:41 ID:KXJ2J6hj0
糞yurikoの文章などどうせ読まないけれどさ・・・。
一見してすぐに誤字脱字ばかり目立つ幼稚な文章は書きこまないでくれよ。
せめて一度自分のブログにアップして、何度も読み返してから、特別に良い
出来栄えのものだけ書き込むようにしてくれないか?
本当にスレ汚しなんだよ!

あっ、上の書き込みの訂正文章なんかいらないからな!!
訂正、訂正でスレを潰すくらいなら、最初からきちんと読み直して、人様に
読ませて恥ずかしくないような文章かチェックする癖をつけろよ。
何度も何度も何度も何度もみんなから言われていることだろ。
呆れる・・・。

761 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 04:53:04 ID:rhsoQC800
死刑で殺された永山さんの著書の印税は
ペルーの恵まれない子供たちに毎年、寄付されている。
死刑時にあった1200万円とその後は年数十万円程度、
それでもペルーではかなりの大金。恵まれない子供たちが学校に通えるようになる助けとなっている。
永山死刑囚は自分の育った劣悪な生育環境を憎み、
ペルーの子供たちへ印税を送金して寄付するという遺言を残した。
死刑時の担当弁護士が遺産管理人として毎年、ペルーへ送金している。

762 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 05:45:16 ID:XOr7lexZO
>>750
>本人はこう答えるだろう「飢え死にするのが怖かった」と


本人がこう答えるという根拠は?


763 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 06:24:21 ID:XOr7lexZO
>>759
>現在の日本の治安のよさは、世界最高レベルなのに、それ以上、良くする切実性はありませんね。


・・・・・(苦笑)

764 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 07:21:46 ID:KXJ2J6hj0
>>763
つまり、矢印おっさんは「最初に死刑廃止ありき」なんだよ。
そしてその結論に結び付けようとして、思いついたことをダラダラ書き連ねる。
論理的に考えた上で一つの結論に帰納させる訳じゃないから、正常な論理性を
持った人間には支離滅裂にしか見えないんだよね。
彼の脳が未熟ということなんだろうね。
発達障害の典型的な症例だ。

765 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 08:22:46 ID:jr1ZE39GO
長文矢印は何のために刑罰を考えているかも解らなくなってんだな。憐れみすら覚えるよ。

766 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 08:26:28 ID:jr1ZE39GO
>>757
だとしたら、余計に死刑の方が低予算って事になるな。
まあ、死刑の執行にかかる予算だとしても、まだ死刑の方が安上がりだけど。

767 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 10:22:54 ID:F86LzqjjO
「まず死刑廃止ありき」じゃない廃止論者なんて山田AG以外にいないじゃないか。


768 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 11:07:34 ID:2hGfRf+R0
「山田AG」は本物が別にいるかも知れないから、なんか他の呼び名にした方がいいかもな。

山田メンバーとかそんなんで

769 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 14:27:27 ID:F86LzqjjO
俺的にはここにいるのが「山田AG」なので、本物がいるならいるで、そいつに本家なり元祖なり勝手に名乗ってもらえばいいと思う。


770 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 14:48:58 ID:KXJ2J6hj0
山田死刑囚・・・、略して「山田SS」なんてどう?w

771 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 17:57:37 ID:V4fPl/YR0
>>767
いや、死刑廃止論者は全て、まず死刑廃止。その後の事は知らないって奴だけだぞ。
「試しに、まず廃止にしてみればいいんですよ」とか。
「犯罪が増えるかなんて、廃止にしてみないと解らない」とか。
中には「死刑が廃止になれば、犯罪が多少増えたっていいじゃない」と、本音丸出しの奴もいる。


772 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 18:04:02 ID:LXbVcWqy0
勝手に他人に死刑執行したから自分も死刑を執行されるわけで
死刑が嫌なら人殺さなきゃいいじゃん

773 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 18:16:41 ID:7SBGdsgC0
>754 飢え死にするのが怖かった=死ぬのは嫌=死刑だけは嫌
>
> 同じ事です

同じことらしい

> 納得しないなら勝手にどうぞ

そうしとく

>755

使い方、間違ってるよ

>756自分の理論に対して他人の理論を拒否し

別に拒否してないんだけど。だから>227>37へ反論どうぞと常々

> 演技を強要したり、

強要してないんだけど。強要したところでそれに乗っかるか否かはお前の選択
乗っかってモノの見事に不様な結果に終わったからって相手のせいにするなよみっともない

>犯罪者予備軍を連れてこいと言ったりした

>37を否定しているお前に立証責任がある以上、当然のこと
いや連れて来たくないなら連れてこなくていいんだよ。寧ろこっちはその方がいい。お前の反論に説得力がなくなるだけのことなんだから

> まぁ、勝手に自爆してくれて有り難う。

どっちが自爆してんだか

> >37でお前が述べている犯罪者の心理に対する妄想の根拠にはなってくれない

>37が妄想だ、というお前の理屈が、妄想でしかなかったじゃん。今まで散々聞いたけど
え?妄想ではない?じゃぁ、>37の反証となる予備軍連れて来なさい。元ヤンの知人のつてを辿ればそう難しくないだろ?

> 別の心理の働きを否定するものではないのだから。

別の心理って?具体的どうぞ。仮に否定するものでなくても、それが「どの程度結果に影響あるか」くらいは説明付けてね

> 社会の構成員である国民一人一人が養わなきゃいけない理由って何かあるのかね?

>39のその8に書いてる。反論yrsk

>758 そもそも、死刑判決を受けるような人は、完全な人格異常者と言い切っていいでしょう。

その通り。病気なんだよ。病人を前以て監理監視する機構を社会に持たせないと
実際そっちの議論の方が死刑制度云々よりも大事

>762 本人がこう答えるという根拠は?

経験上の推測。勿論本人がワザと急所を外した、という前提でだが
でも三カ所刺すってのはやっぱり多少怨恨があるんだろうとも推測

>764 つまり、矢印おっさんは

結局おっさんなのかおばさんなのかオカマなのか、どっちだよ

774 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 18:18:35 ID:7SBGdsgC0
>771 いや、死刑廃止論者は全て、まず死刑廃止。その後の事は知らないって奴だけだぞ。

へーそうなの
じゃ俺は(少なくともお前の言う)死刑廃止論者ではないな

>772

そういうのを「善良な市民の平和ボケ的発想」という
そう単純に行くんなら世の中もっと平和だっつの

775 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 18:26:17 ID:XOr7lexZO
>>774
たしかに論じゃないもんな。

776 :山田AG:2009/08/03(月) 18:36:59 ID:rJstgVbkO
観念!!観念!!観念!!観念!!観念!!

777 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 18:45:09 ID:F86LzqjjO
>>771
山田AGだけは違うよ。
彼は「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人や「名古屋アベック誘拐殺人事件」の犯人に対しては「死刑でもいい」と発言している。
それ以外の発言を見ても、彼は「死刑は廃止した方がよいのではないか?」という意見をもつ廃止論者であって、観念や→のような狂信者ではないよ。


778 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 19:11:06 ID:7SBGdsgC0
>775

んじゃまず>37が「論ではない」ということを論じて証明してみて

779 :山田AG:2009/08/03(月) 19:31:45 ID:rJstgVbkO
ねー観念さん、>>729に答えてよー

780 :山田AG:2009/08/03(月) 20:01:12 ID:rJstgVbkO
>>778
どんな法律を作っても、殺人は起きる時には起きるものだから、死刑なんて意味無いって言いたいんでしょ?
でもさ、罪を犯した人間にはそれ相応の罰が必要なんじゃない?

781 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 20:17:00 ID:7SBGdsgC0
>779

大晦日にCグループがどう考える?「明日から廃止年だ」「明日から存置年だ」だからどうしよう、と心構えが違うだろ。何故ならCは「死刑に抑止力はある」と思ってるから
Cグループ同士でどんな会話するか想像してご覧

>780 どんな法律を作っても、殺人は起きる時には起きるものだから、死刑なんて意味無いって言いたいんでしょ?

俺が?俺はそんな理由で死刑が意味ないとは思わんよ

> でもさ、罪を犯した人間にはそれ相応の罰が必要なんじゃない?

寧ろ、それ相応の罰を受けてる人間がその苦悩苦痛から逃れるために罪を犯すんだよ

782 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 20:28:58 ID:XOr7lexZO
>>781
>寧ろ、それ相応の罰を受けてる人間がその苦悩苦痛から逃れるために罪を犯すんだよ

それは断言出来る位多数なんだろうな?
その理論で死刑になったのは具体的に誰だ?


783 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 21:10:46 ID:Pxy0uXt20
あの気違い外人オカマ → 長文矢印 yuriko

山田グループ → 山田AG 観念は糞化する 長文矢印

784 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 21:53:24 ID:7SBGdsgC0
>782 それは断言出来る位多数なんだろうな?

そうでないとしたら彼らが何故罪を犯したと思うんだ?
快楽殺人なんてほんの僅かだよ
しかもその快楽殺人、現在は昔ほど出てこない。さてそれは一体何故でしょう
これもクイズにするか。一定の期間を置いて回答します

> その理論で死刑になったのは具体的に誰だ?

冤罪を除く全ての死刑者

785 :757くらい:2009/08/03(月) 22:09:03 ID:/My/INqh0
どうやらやっとスレが落ち着いてきたよう。
実は欧州の死刑廃止って、キリスト教の影響が強いとよく言われるけど、
もちろんそれも大きいのだが、実は死刑を見世物や娯楽と同列にしてきた反省に
よるところもあるらしいです。日本は、そういった文化はなかったので、
(江戸時代は公開処刑もあったが、決して娯楽的なものではなかった)
刑罰文化が違うといえば違う。でもなあ。
たとえば仏教的な慈悲心だってあるし、死刑廃止は絶対受け入れられない
とも言い切れないような気もしないでもないような気もする。と。

786 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 22:22:40 ID:F86LzqjjO
できるのにできてないとしたら廃止論者が怠慢なのか無能なのかどちらかでしょうな。

787 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/03(月) 22:44:52 ID:XOr7lexZO
>>784
>快楽殺人なんてほんの僅かだよ
>冤罪を除く全ての死刑者

自分の言ってる矛盾に気付かんのか?
そんな馬鹿だからこんな死刑反省君と同じ思考なんだろ。
↓↓↓↓↓
>>781
>寧ろ、それ相応の罰を受けてる人間がその苦悩苦痛から逃れるために罪を犯すんだよ


788 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/03(月) 23:50:14 ID:7SBGdsgC0
>786 廃止論者が怠慢なのか無能なのかどちらかでしょうな。

お前が廃止論を理解できない原因こそ、お前の怠慢と無能だよ。人は鏡

>787

別に「全員が全員、苦悩苦痛から逃れることを理由に殺人する」とは言ってないんだが
どして文脈から文意を読み取れないの?

789 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 01:06:38 ID:fFpBs34tO
>>788
なんだ、きみの理想の為に俺に努力して欲しかったんだw
しょうがねぇなぁw

790 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 01:08:15 ID:ekL9WwrNO
被害者に行った行為に対する報いを犯罪者は受けなきゃいけない
被害者が殺されたのに凶悪犯が生きて笑っていられるなんて理不尽、遺族からすれば絶対に受け入れられない話だ
死刑囚は死刑で死んでせめて遺族の憎しみ悲しみ痛みを受け止めさせなきゃいかん
死刑廃止など言語道断である

791 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 01:25:40 ID:XI7L8NR80
>>788

で、君の友人はいったいいつになったらこのすれに来るのかな?

自分では実行できないことを人に要求し、その結果で相手を否定するってのは相当みっともないし、説得力のかけらも無いよ。

逆に君の言ってることが誤りであるとしか思えないよ。

792 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 01:33:01 ID:24WaBuaG0
>>785
>(江戸時代は公開処刑もあったが、決して娯楽的なものではなかった)
刑罰文化が違うといえば違う。でもなあ。
たとえば仏教的な慈悲心だってあるし、死刑廃止は絶対受け入れられない
とも言い切れない
→2点だけ言いたいことがあります。
まず、確かに日本の死刑には、ピクニック気分の見せ物としての死刑はありませんでしたが、
やはり、「恐いものみたさ」としての死刑はありましたよ。
そうは日本人が歌舞伎でよく親しんできたものでしょ。
秀吉の時代、大盗賊の石川五右衛門は三条河原で釜煎り(かまゆで)にされたといいます。
手下20人と母親も共に、釜の中に入れられたといいますから、凄い景観だったでしょう。
やはり、人間には恐いものみたさというのはあるのですよ。
忠臣蔵で、事を終えた赤穂浪士は、切腹を命じられ、大名家で切腹するのですが、
「立派に死ぬこと」自体が娯楽だったと思います。
中国の死刑を描いた映画があったのですが、刑場に送られる前、売春婦が首から罪を書いた札をさげ、
町中を歩かされるのですが、後ろから子供達が囃したてながら、ついて行きます。
古今東西、葬式は当然として、人間の死は生きているものにとって、一大イベントというのは
変わらないのです。
ところで、吉良上野介は当時、名君として名高く、 愚鈍な浅野内匠頭に逆恨みされたのです。
ところが、仇討ちが大好きな日本人によって、仇を討たれる悪者として欠かせない存在となりました。


793 :だいたい785:2009/08/04(火) 01:51:19 ID:XWLmTten0
>>792
だから、違うと思う。どっちかといえば、日本では美化すらされる。
他所では、さげすまれる。死んでからも。特にそっちで書いてる中国なんか。
最近の傾向として、日本の死刑も、昔の外国みたいになってしまうのだろうか
という懸念はある。死刑がないにこしたことはないんですがね。

794 :「死刑による償い」は迷信だ:2009/08/04(火) 02:13:38 ID:24WaBuaG0

あと、日本人にとっての死生観と死刑は密接な関係にあるのではないでしょうか。
日本人にとって、死が次の世界への再生の一歩という信仰みたいなものはないでしょうか。
キリスト教やイスラム教が生まれた中東というのは、日本と全く異なった気候地帯にありました。
そこに於いては、死とは一切の終わりで、そこに「次」はありませんでした。
一説によれば、イエスが生きていた頃、中東一帯は、現在より遥かに緑に溢れ、
気候も温暖だったというのです。ところが、「文明」の名の下、乱開発され、その結果、
砂漠化が進んだというのです。
そうであったにしても、神と人間の間の契約が中心となる聖書に貫かれる精神は、
寛容の心ではなく、「契約違反したものへの罰」です。古代において、「罰」とは死を意味していました。
いわば、死刑文化だったのです(笑)
ところが、モンスーン気候帯に位置する日本は、四季に恵まれています。
言い換えれば、「冬は必ず春となる」に象徴されるように、蘇生が中心となる環境です。
死刑に関していえば、罪人は死刑によって禊(みそぎ)を済ませば、罪を流して
蘇生するという考え方ができるのです。
幾つか前のレスで、「刑を受け、亡くなった死刑囚に敬称略するのは如何か」という
ものがありましたが、それなどは、奈留程、そうした「禊」を念頭にしていたのではないでしょうか。
元大阪拘置所長・玉井策郎氏の「死と壁」でも、拘置所という死刑囚学校の卒業式として、
死刑が描かれていました。
死刑囚の中には、自ら希望して、「せめて被害者の命日の日に死刑になりたい」という人がいました。
被害者と同じ日に死んだところで、被害者遺族にとっては、迷惑でしかないでしょうが、
少なくとも、死刑囚にとっては、せめてもの償いとなると思ったのでしょう。
そういう場合は、まさに「死刑囚が死によって再生した」といえなくもないのです。
死刑判決を下す日本の裁判官の頭には、「死刑によって、死刑囚の命で罪を償える」という信仰みたいなものがあるようです。
無論、死刑によって、如何なる罪も償えるはずもなく、それは迷信にすぎません。

795 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 03:09:56 ID:9OvHU1NL0
本当にダラダラ、ダラダラ・・・、一体何なんだ?この長文オヤジは。
書く文章じゃなくて、口でしゃべる内容をそのまま全部記録したような文章。
偉人の語り伝えじゃないんだからさ・・・(苦笑)

796 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 05:05:36 ID:wa4WftHi0
訂正>>795
×長文オヤジ○美文ねえさん
>口でしゃべる内容をそのまま全部記録
→言葉というのは、話し言葉が基本です。
「話すように書く」が基本ですよ。
仏典の最初には、如是我聞(にょぜがもん)と記されています。
つまり、「私はこのように聞いた」と阿難尊者(アーナンダ)が記したのです。
実は釈尊は、書き言葉を信用せず、全て話し言葉で説法したのです。
釈尊在世の頃は、もちろん文字が発明されていたのですが、書き言葉を使用しなかったのです。
これは、応病与薬(おうびょうよやく)といって、当意即妙にその場と、直感の智慧で
コミュニケーション(意思疎通)をしていたからと思われます。
勿論、仏滅後、弟子達が集まって、仏典結集(ぶってんけつじゅう)といって、
自分達が記憶していることを文字に写して、遺したという事実があるのです。
このことは、新約聖書に四つの福音書が主要な部分を占めている事実と対応しています。
インターネットの機能は、チャットから掲示板への書き込み、さらにブログホームページ、ブログに発展していきました。
そこの最も顕著な特徴は、匿名性と同時性です。
書物はどうしても、どこの、どれほど有名な大学者が執筆したかによって、価値の違いが生まれます。
極端な話し、作品として図書館に装飾品として飾られるのを目的としているのです。
美術作品にしても、本来、芸術家は美術館に`展示されることを目指して制作するものではないのです。
内から湧き出る、止むに止まれぬ制作意欲に突き動かされて、芸術作品は生まれるものなのです。
アメリカでは、ゲリラアートといって、時に、公共に迷惑をかけながら、芸術作品を展示する動きが
大きな潮流として既にあります。
「思った言葉をそのまま書く」というブロガーの存在は、中には、専門分野のブロガーを生みながら
益々重要になってくるでしょう。

797 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 06:05:53 ID:9OvHU1NL0
>>796
お前は「話すように書くが基本」の意味を全く理解していない。
言葉の表面だけで自分を正当化するな!
ダラダラ長く書くのが基本じゃないんだぞ!
小学校並みの作文力の糞オヤジが!

798 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 06:08:57 ID:9OvHU1NL0
>アメリカでは、ゲリラアートといって、時に、公共に迷惑をかけながら、芸術作品を展示する動きが
>大きな潮流として既にあります。

公共に迷惑をかけてアートとは言い難い汚い糞文章を垂れ流すオヤジをどう思いますか?

799 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 06:22:34 ID:fFpBs34tO
迷惑をかけている自覚があったのには驚いた。

800 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 08:53:02 ID:d579+hof0
>>796
>仏滅後、弟子達が集まって、仏典結集(ぶってんけつじゅう)
→この仏典結集にしても、すぐには文字に写しませんでした。
何世代にも亘って、覚え易いようにリズムをつけて、口誦していったのです。



801 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 10:22:45 ID:KY6QnGzi0
死刑廃止論者になった夢を見た
泣きそうになった

802 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 11:16:16 ID:fFpBs34tO
思いきり泣いた方がいいよ。


803 :訂正:2009/08/04(火) 13:59:53 ID:n/VG5XWE0
>>801
>死刑廃止論者になった夢を見た
泣きそうになった
→恐らく、思わず書き間違えたのでしょう。
   ↓
○死刑になった夢を見た
泣きそうになった


804 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 14:32:12 ID:9OvHU1NL0
>>803
おいっ、おせっかいオヤジ、他人様の文章を勝手に訂正するな!
しかも想像で!

805 :801:2009/08/04(火) 16:27:47 ID:nOYIQ1Fo0
>>803
貴方のような人間になった夢を見れば
泣きたくもなるよ

806 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 16:40:46 ID:9OvHU1NL0
>>805
心から同情申し上げます。

807 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 18:00:54 ID:MLFffLOe0
>789なんだ、きみの理想の為に俺に努力して欲しかったんだw

意味不。言われなくても努力しなさい

>790

>37をご覧ください

>791 で、君の友人はいったいいつになったらこのすれに来るのかな?

誰かさんが>37の反証人を連れてきた後ジャネ

> 逆に君の言ってることが誤りであるとしか思えないよ。

妄想の自由

>794 「冬は必ず春となる」に象徴されるように、蘇生が中心となる環境です

なるほど

> 無論、死刑によって、如何なる罪も償えるはずもなく、それは迷信にすぎません。

償えるという迷信(というか殆ど宗教)が自殺の多さにも現れてるな
「死んで償い(お詫び)を」の実態は、責任追及され非難糾弾される屈辱・生き恥を晒す苦痛・憎い相手を殺せないジレンマ等からの現実逃避、言うなれば卑怯者の所為に他ならない(以上、>39からの抜粋)
のに

>796

ところで美文ねえさん、ブログとか開設してるの?してたらURL教えて

>804

まぁまぁ。オモロイやないのw

808 :山田AG:2009/08/04(火) 18:17:58 ID:dmSw2T7oO
観念キターー!!

観念!!観念!!観念!!観念!!観念!!観念!!

809 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:29:50 ID:P+ETQEz50
>>808
観念の事馬鹿にしてない?


810 :山田AG:2009/08/04(火) 18:36:09 ID:dmSw2T7oO
>>809
してない、してない

てか、>37が完璧過ぎて、誰も論破できなくて、凄いなーと。
どんな反論にも屈しない所も、尊敬に値するよ。

がんばれカンネン

811 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:41:43 ID:P+ETQEz50
>>810
本当は馬鹿にしてるんでしょ?


812 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 18:46:06 ID:MLFffLOe0
>810てか、>37が完璧過ぎて、

それが分かってるなら少なくともソンチーズよりずっと頭良いということだ
んじゃ>784のクイズに答えてみて
>782のソンチくんは答えられないみたいだから代わりに答えてあげて

813 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:47:35 ID:fFpBs34tO
>>810
過去にさんざっぱら論破されてんのに本人が認めないだけじゃん。

ここにいる廃止論者で尊敬に値するのはキミだけだよ山田AG

814 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 18:47:39 ID:MLFffLOe0
>811

未だに彼のキャラを理解できてないソンチの悪足掻きの図
妄想が酷いと人を見る目が失われる、という好例

815 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:48:54 ID:fFpBs34tO
>>814
それおまえだよw

816 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 18:51:39 ID:MLFffLOe0
>813 過去にさんざっぱら論破されてんのに本人が認めないだけじゃん。

まさに人は鏡
因みにソンチーズの「論」が立証責任の区別もつかないお粗末なものであることは、本スレにて既に立証済み

817 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:55:29 ID:P+ETQEz50
>>814
観念が良いなら良いけどw

818 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 18:56:36 ID:fFpBs34tO
>>816
カルトの教祖様になりたいのはわかったから、くれぐれも山田AGの邪魔はするなよ。
俺はあいつの言葉が読みたくてお前の駄文に耐えてんだからな。

819 :山田AG:2009/08/04(火) 19:03:14 ID:dmSw2T7oO
>>812
>784のクイズに

いゃー難しくて分からないや

820 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 19:04:59 ID:MLFffLOe0
>818 カルトの教祖様になりたいのはわかったから

勝手に勘違いして勝手に結論↑>43のその15読んだ?

>俺はあいつの言葉が読みたくてお前の駄文に耐えてんだからな

あそー「耐えてん」の。そりゃ御苦労さん
お前が邪魔しなければ俺とAGの会話が増えるよ
だからAGの言葉を読みたければ「お前が邪魔をするな」
分かったか?
ところで「耐えて」るってことは、俺の文章を読んでイライラしてるの?
そのイライラの原因は、お前自身の心の未熟さだよ。俺にはない
いつものことだがソンチは感情に自己責任が取れてないな
そこも「いつまでも存置に執着する」原因だが

821 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 19:11:28 ID:ZzzJXp7a0
>>816
妄想だから連れて来れない

これの立証責任は誰にあるのかな?

822 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 19:16:52 ID:fFpBs34tO
>>819
答えてやんなよ。
どんな答えを出しても屁理屈が返ってくるから楽しいぞ。

823 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 19:18:58 ID:fFpBs34tO
>>820
お前のそれは妄想とは言わんのかよw

824 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 19:25:44 ID:P+ETQEz50
観念の考えたソンチーズって
誰も使ってくれないね


825 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 20:05:14 ID:MLFffLOe0
>819

簡単だって。考え過ぎなんじゃない?

>821

何が妄想で誰を連れてくるって?どっちの話かはっきりさせてから再度質問しなさい

>822どんな答えを出しても屁理屈が返ってくるから楽しいぞ。

「どんな答えを出しても屁理屈が返ってくる」と妄想するから、楽しいんだろ?お前の場合

>823

それってどれ

>824

ソンチーズは俺が考えたんじゃない。ソンチソンチと言ってたらソンチ自ら「俺たちソンチーズには」と自嘲気味に言ってたらからいいネーミングだと思って拝借しただけ
因みに右翼なソンチはウンチだそうだ。これは廃止派の誰かが言ってたな

826 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:11:01 ID:MDoTLHBh0
どっちの話かはっきりしなきゃ答えられないってこと?



827 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:11:24 ID:hZEIZPx50
>>825
ふ〜んw
ソンチーズなんて使ってるの観念しか見たこと無いけど
観念が言うならソンチ自らソンチーズと言ったって事で良いよw

828 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:25:10 ID:fFpBs34tO
そろそろ使用料を払ってもらいたいもんだ。

829 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:26:29 ID:ekL9WwrNO
>>807
お前のは何を言ってるんだ?
俺は抑止力の話などしていない

被害者が死んで凶悪犯が生きて笑っていられる理不尽を誰が納得できるかと言っているんだ
死んで当然の死刑囚をかばう廃止論者のバカ共

830 :山田AG:2009/08/04(火) 20:27:09 ID:dmSw2T7oO
観念氏へ

普通に考えて、刑罰の重さは 死刑>無期懲役だろ?犯した罪に比例するように刑罰を置けばいいんじゃないか?
>>37
>刑罰の抑止効果は「比較的正常な判断が可能な軽度の犯罪」において認められ

観念氏は重犯罪と軽犯罪を分けて考えるのが好きみたいだけど、軽犯罪の場合だって、起こってしまった時点で、抑止効果はなかったってことにならないか?
どんな刑罰を作ろうと、それを破ろうとする犯罪者は出てしまう。それは軽犯罪だろうが重犯罪だろうが関係ない。
俺はさ、刑罰自体がそんなに抑止力は無いと思うんだ。教育や経済を向上させることの方が抑止力になると思う。

軽犯罪だろうが重犯罪だろうが、犯した罪に応じた罰を受けさせるべきだと思う。

831 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:27:35 ID:hZEIZPx50
>>828がソンチーズを考えたの?

832 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:29:42 ID:fFpBs34tO
そうだよん

833 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:31:59 ID:hZEIZPx50
>>832
お〜っ!
本当に観念が考えたんじゃないんだw

834 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 20:37:57 ID:fFpBs34tO
小学生が「ウンコ、ウンコ」と連呼するような結果になってしまったので今は反省しています。
こんな軽い人間だとは思わなかったんだ。


835 :山田AG:2009/08/04(火) 20:45:24 ID:dmSw2T7oO
>>784
そうでないとしたら彼らが何故罪を犯したと思うんだ?

…常識がなかったから

>しかもその快楽殺人、現在は昔ほど出てこない。さてそれは一体何故でしょう?

…団塊の世代が定年を迎えたから

836 :ほぼ793:2009/08/04(火) 21:24:25 ID:XWLmTten0
いやあ、夏だねえ。
AG、ガンガレ。

837 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 22:09:22 ID:9OvHU1NL0
「廃止論者」を略して「敗者」に特許申請!

838 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/04(火) 22:46:36 ID:MLFffLOe0
>829 被害者が死んで凶悪犯が生きて笑っていられる理不尽を誰が納得できるかと言っているんだ

それが理不尽だと思うなら凶悪犯を未然防止する対策を取りましょう。後手後手の死刑ではなく
あと理不尽や不合理ってのは無教養で無知な者からそう見えるに過ぎない。もっと勉強しなさい。この世に理不尽など存在しないことを理解するまで
あれは理不尽だこれは不合理だといってるのは無知だから、だよ

>830 普通に考えて、刑罰の重さは 死刑>無期懲役だろ?

そうだね。普通はね

>犯した罪に比例するように刑罰を置けばいいんじゃないか?

そうだね。でも最高刑が死刑である必要性はない
寧ろ死刑は(100人村の喩をちょっと考えれば分かるように)国民を攻撃的にさせる効果がある。逆効果。それが>227に結果として現れてる

> 軽犯罪の場合だって、起こってしまった時点で、抑止効果はなかったってことにならないか?

その通りだが結果論だな

> 俺はさ、刑罰自体がそんなに抑止力は無いと思うんだ。

でも飲酒運転を厳罰化したら少なくなったよね。抑止力大有りじゃん
勿論、飲酒運転という行為自体が人々にとって「さほど必要でなかった」ことも影響している。だから効果があった
今や飲酒運転が必要な人は余程急用のある者かアル中患者くらい
幼子が何人も死んで、やっと人々の間に「飲酒運転をやめさせよう」という意識が広まったことも、減った要因の一つだが

>教育や経済を向上させることの方が抑止力になると思う。

それは一理ある

>835 …常識がなかったから

それはトートロジー。犯罪することが非常識、という定義が先にある。だから非常識は原因にはならない

> …団塊の世代が定年を迎えたから

団塊の世代には快楽殺人が多いの?

839 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 23:09:27 ID:dMFGMdiu0
>>837
観念君も敗者と呼ぶの?


840 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/04(火) 23:45:39 ID:1UuXq1MS0
口を挟ませていただきます。
その昔、倫理や道徳、宗教、罪や罰そして償い等の概念が無かったであろう
人が今のサルに近い頃からの状況に一度立ち返って見るのもいかがかと。
殆どの場合、自分や又、その属する者(その利益)になる仲間と言っても
いい者に対して・・・。
害(広い意味)を及ぼす者(人に限らず)を人は
「排除」してきたのでは?
「擁護」もしてきたのでは?
我々は幸福にも酷にも、その行為の結果に存在しているのでは?
法だの、常識だの、宗教だデータだのとても崇高で現代的な議論のずっと昔から
人は何をして今日に至るのか?
自分や社会、日々の生活が何の犠牲も伴わず成り立っているのでしょうか?
「どっかの国は死刑が無い」「自国は死刑がある」と国の境を区切って
言い切れるのでしょうか。
そもそも、どこかの人同士、国同士の争い犯罪の結果や、
あなたの行動と因果関係があったかも知れない人が原因は何れにしても
今日生きている。
今日迄に死んだ人、これから死ぬであろう人も。
ここではとても崇高な議論をしているのに
全く他人事の様に議論している印象を受ける。
では、そもそも犯罪や争いを無くす(減らす)努力や議論はしなくてもいいのか?
でも無くならない。
こうしたジレンマが無くなった試しが過去にありますか?
ここでこうして書き込んでいられるのも、今日まで直接的で無いにせよ
膨大な争いや犯罪の犠牲、こうした努力や議論の上に成り立っているのでは?
高々この国の人達だけで、死刑の賛否を決められますか?
少数の理論だけで決め付けられますか?
社会(世界)全体で議論するものではないでしょか。
誰かの誹謗中傷するのは、社会の中で孤立しているからでしょうか?
誰かの誹謗中傷では、これ含をめた問題の解決に至らないし、
過去の事件をいくら取上げても、今後の犯罪の予測や抑止に完全には成らない。
では、犯罪が全く無くなれば世界全体が幸福でいられるのか。
それと引換えに、世界全体が不便極まりなく貧しい生活を強いられるとしたら。
極端な表現ですが少し考えて見て下さい。
個々の欲求を満たすことが、完全に社会全体の利益に必ずしも成るのであれば
犯罪も争いも起きないはずでは。
自分は何の罪も犯していない、自分は何もしていない(直接的には)。
自分が起こした行動の結果を全て把握できますか?
社会の影響があなたに与えた影響を全て理解できますか?
簡単に言い切れ無い筈です。
ここでの本題より、拡大したかの様に思われるでしょうが
皆様なら、考えが及ぶと思いますので書き込みました。

841 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 00:09:50 ID:j6D76xfS0
日本が死刑廃止になるのも時間の問題だな。
なぜなら日本人は「みんなやってません」って言葉に弱いから(爆

つまんねぇ意地でも張ってみろ。捕鯨主義と死刑主義で、
それこそ世界一の知恵遅れ国家としてこっぴどく嘲笑されっから(藁

死刑存続派は、腰みの付けて槍振りかざしてウホウホ言ってなさい。

842 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/05(水) 00:19:24 ID:FEmftvOm0
中国、コンゴ民主共和国、イラン、ナイジェリア、パキスタン、サウジアラビア、スーダン、米国、イエメン

以上は1990年以降子供を死刑にした国、だそうな
見れば全くどれも如何にも子供を死刑にしそうな野蛮で未熟な国ばかり
まぁアメリカは州によるけど

>840

おっしゃりたいことがよく分かりません。取り敢えず>37を読んでくだちゃい

843 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 00:39:08 ID:ZjYHQWPl0
>>841
何年も前から同じ事を言ってるけど
現実は・・・

廃止論者は頑張って死刑を廃止しないと
死刑囚が次々と死んでしまうよ

844 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 01:09:50 ID:dL6nQwTH0
>>838
筋の通らない事を主張して反論できなくなると
相手が無知と罵るだけ
何でも知っている天才気取りか、うぬぼれるのもいいかげんにしろよ何様なんだおまえは!





845 :存置派:2009/08/05(水) 01:19:47 ID:QFpP6+UP0
>>773
>別に拒否してないんだけど。だから>227>37へ反論どうぞと常々
「>37が間違ってることを論理の上で証明すりゃこれ終わるの?
 それとも実例の無いお前の妄想に、犯罪者予備軍なんてレア人種をPCの前に持ってこなきゃならんのかね?」
「そうそう。分かってるならPCの前に連れてきなさい。とっとと」
通常、「論理は聞かない、人持って来いよ!」という抗弁を、反論の拒否というのだがね。
実際、今でも
>いや連れて来たくないなら連れてこなくていいんだよ。寧ろこっちはその方がいい。お前の反論に説得力がなくなるだけのことなんだから
と、「人を連れてこない限り(観念にとって)説得力はない」という前提で話しているわけだ。

>>37を否定しているお前に立証責任がある以上、当然のこと
>37が妄想だ、というお前の理屈が、妄想でしかなかったじゃん。今まで散々聞いたけど
え?妄想ではない?じゃぁ、>37の反証となる予備軍連れて来なさい。元ヤンの知人のつてを辿ればそう難しくないだろ?
…さて。お前の中では「証明となる人間が含まれていない文章はただの妄想」というわけだ。
そのルールに従えば、>37は自然、妄想となるわけだが。
違うというのであれば>37の証拠となる人間なり、お前の中の証拠の有無による妄想と理論の区別を言ってごらん。

>別の心理って?具体的どうぞ。
お前流に返すなら「お前が不勉強だからわからないだけだよ」とでもしておくかね。
>227の文章は、抑止の有無について語るものであり、>37のような心理の動きがなされていると語る文脈は一個もない。
…というか、存置州と廃止州の殺人の発生件数の変化で、犯罪者の心理を語ることこそ、妄想の類なわけだが…
簡潔に言おうか? 「虎の衣を借ろうとしている狐さん。残念ですが、着方が間違ってますよ」ってこった。

で、39のその8だっけ?

>凶悪犯はある意味、殺人を犯さなければならないほどの不幸を背負い込み精神を病んだ哀れな被害者である。
お前はちゃんと犯罪者の経歴をいくつもみたのかな? 宅間と加藤位しか知らないんじゃないのかね。
至って問題のない過程から生じる犯罪者や、自業自得の転落人生の末路に犯罪に走る輩も死刑囚には数多くいる。
…と、言うとお前はまた「精神が歪んでいるからには悲劇があったに違いないんだ!」とでも言い出すのだろうがね。
そいつは結論ありきの議論のうえ、自己ループを起こしているだけだよ。

>寧ろ死刑によって(中略)繰り返されかねない
一時的に溜飲を下ろさないでも、単にずっと恨みが残るだけだと思うがね。それも個人に向けた代物が。
ま、殺しても残るんだけどさ。…お前にとっては理解しがたいことだろうけれど。
基本的に「愛する」家族を失った辛さというのは、犯人を殺すだけで終わる溜飲という部類じゃないんだ。
ああ、それとね。それは廃止を声高に叫ぶ連中の中に真っ当に犯罪研究に挑んでいるものがいれば通るがね。
現実、人権派の弁護士って言うのは「死刑にならなきゃいいや」「後の犯罪? 知るかよ」ってスタンスだったんだ。
お前も「溜飲を下げるな」というわりに、犯罪抑止についてまともに考えてないだろ? …まともに考えてこれなら、すまん。
殺して終わるような程度の軽い個人的な恨みならばね、犯罪者を生かしておいても犯罪そのものへの碇には転化しえんよ。

というわけで、その8とやら、犯罪者の心理への考察と国民の心理への考察の二点を指摘させてもらったが。
…よもや、ここでも「そんな国民/犯罪者を持って来い。持ってこなければ聞ーこーえーなーいー!」なんて駄々はこねるまいね?

846 :存置派:2009/08/05(水) 01:24:26 ID:QFpP6+UP0
>>841
50年前にも、お前みたいなのがいたんだろうな。
「共産主義は世界を救う!日本は米国に隷属してると世界から孤立するぞ!」とね。

…で、その流行に背を向けたから、
今の日本人は槍持って鹿を追い回さないで済んでるんだが。

847 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 01:32:55 ID:8E+sXacb0
観念君は自分でも認めている通り、友人や知人が妄想の世界にしかいないからね。

そりゃあ観念君の妄想世界の人達なら観念君の言葉が神の御言葉だし、最終的には観念君の想定した行動しかしないだろう。
どんなに矛盾したことを言っても誰も疑問を持つことはないだろう。

それをが現実の世界(って言っても2chなんだけどね)でも通用すると信じてるんだよ。

848 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 01:39:53 ID:fh1i8Ko8O
コシミノ&槍装着でウホウホ言ってられるんなら、今より楽しそうでいいじゃんw

どうも廃止論者は神様気取りか罵倒大将になりやすいみたいだ。
山田AGがそうならない事を祈りたい。

849 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 01:48:35 ID:PdJCmxI70
>>848
>今より楽しそうでいいじゃんw
ホント楽しそうだなw


850 :山田AG:2009/08/05(水) 12:42:55 ID:SAQOyxbPO
>>784
分かんねーマジ難しいよ

851 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 13:02:24 ID:fh1i8Ko8O
この類いのクイズには出題者の喜びそうなことを適当に言っておけばいいんだよ。

852 :山田AG:2009/08/05(水) 14:28:56 ID:SAQOyxbPO
どうも観念氏は存置論者を犯罪者予備軍だと考えてるみたいだな。この辺にクイズのヒントがありそうだ

853 :山田AG:2009/08/05(水) 14:33:11 ID:SAQOyxbPO
>>851
出題者が喜びそうなことねー

観念がカッコイイから

854 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 15:15:02 ID:fh1i8Ko8O
そのうち本人が「なんだそりゃ?」てな解答を得意気に発表するから、興味があるならそれから質問してみ。

前の答えは「宇宙ステーション」と「戦車に千年間正拳突き」だったな。
まじめに考えてた存置派の怒ること、怒ることw
こういう一休さんのボツネタみたいなのに「なるほど、それも一理ある」と思えるようじゃないと、あの社会派ポエマーの相手はできんと思うな。

855 :山田AG:2009/08/05(水) 15:17:34 ID:SAQOyxbPO
>>838
いくら勉強しても、理不尽なことって無くならないと思うよ。世界はそもそもデタラメに出来ているんだし…まあ、世界に対する認識は人それぞれだけど。

>最高刑が死刑である必要性はない

まあ、これは同意だな。死刑なんて無くせるもんなら無くしたいね

>寧ろ死刑は国民を攻撃的にさせる効果がある

え?死刑って刑罰が国民を攻撃的にするの?何故?

856 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 16:34:18 ID:yl3788Af0
今年の夏は蚊取り線香が強力だから
蚊が少なくて助かるねw

857 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 17:22:42 ID:EIL6Kr330
>>847
父親は寛容に、それでいて憐れみの目で観念を認め、母親は泣きながら否定し、観念はそんな母親を「馬鹿」と罵る。
そりゃ現実から逃げるよ。

858 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/05(水) 18:18:12 ID:FEmftvOm0
>844 筋の通らない事を主張して反論できなくなると
> 相手が無知と罵るだけ

そりゃソンチじゃん。人は鏡
それに俺は罵ってない。単に事実を述べてる

>845

ごめん、なんかお前の相手するの飽きた。無駄に長いし
どうしても回答が欲しいなら質問を一つずつに絞って再度投稿して。そしたら見る

>847 観念君は自分でも認めている通り、友人や知人が妄想の世界にしかいない

と妄想しているらしい

>850

AGが分からないそうです。ソンチーズの皆、助けてあげて!

>852 どうも観念氏は存置論者を犯罪者予備軍だと考えてるみたいだな。

まぁ俺が考える以前にこのスレで彼ら自身が証明してるよね
実際短絡的で感情的で無知で排他的なところがまんま予備軍
その辺は既に>43辺りのその14、15にも書いてる

>この辺にクイズのヒントがありそうだ

最後のクイズのヒントにはならない。100人村のヒントには、なる

>853

ボケるならもう少しおもろいこと言わんと

>854 前の答えは「宇宙ステーション」と「戦車に千年間正拳突き」だったな。

宇宙ステーション?何の答えだっけそれ
戦車については「素手で戦車を解体できるか」って妙な喩えを一人のソンチ(お前か?w)が言ったから「長い目で見れば可能」と答えただけのこと

>まじめに考えてた存置派の怒ること、怒ることw

「まじめに」考えてたんじゃなくて「視野狭窄的に」考えてたんでしょ

>855 いくら勉強しても、理不尽なことって無くならないと思うよ。

何故?ホントに勉強した上で言ってる?

>世界はそもそもデタラメに出来ているんだし

ランダムってこと?でもそれ量子理論レベルの話でしょ

> 死刑って刑罰が国民を攻撃的にするの?

100人村で廃止年と存置年のそれぞれの前日の大晦日にCが考えそうなことをセリフで言ってみて
全く想像できないならソンチーズに助けを求めて。ソンチーズの中には答えを知ってる者がいるだろう。彼ら自身がCなのだから

>857

妄想御苦労さんw

859 :山田AG:2009/08/05(水) 18:35:46 ID:SAQOyxbPO
お、観念来たね。今日も議論よろしく

860 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 18:46:01 ID:fh1i8Ko8O
本日も始まりました世界一アンフェアなクイズ番組

‘クイズ 観念だけに聞きました!’

司会はおなじみ、自分の声は神の声・観念は具現化する(笑)さんです。
ではみなさん、このスレの冒頭に掲げられた観念氏のポエムをヒントに、氏の繰り出す実りの無いクイズにいちいち答えてあげてください。
万が一、正解者が出ますと存置派廃止派の区別なく、観念氏からお褒めの言葉が頂けるとともに、
副賞としてハンター×ハンターの連載が再開されます。

ではみなさん、嫌々ながらレディ・ゴー!

861 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 18:49:33 ID:fh1i8Ko8O
>>858
戦車うんぬんはピラニアさんだろ。
俺じゃねーよ妄想ポエマー。

862 :山田AG:2009/08/05(水) 19:07:27 ID:SAQOyxbPO
100人の村の話なんだけど、Cの存置論者はことを起こす前に早めにAを死刑にしようと企むわけだよね?
まあ、でも俺はAを殺さないで、隔離でもして犯行が出来なくさせりゃ充分だと思うけど…

でもさ、現実の社会では、誰がA(=犯罪者予備軍)かは分からないと思うよ。

863 :山田AG:2009/08/05(水) 19:09:19 ID:SAQOyxbPO
>>860
超ワロタww

864 :山田AG:2009/08/05(水) 20:38:33 ID:SAQOyxbPO
今日は長文矢印は来ないね

865 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/05(水) 20:55:35 ID:FEmftvOm0
>860

暇なやっちゃ

>861 戦車うんぬんはピラニアさんだろ。

懐wいや「ピラニア」じゃない。「存置派」だ
俺が聞いてもいないのに一人でベラベラ知識披露してたちょっとイタい人
でもってちょっとでも議論で不利になると相手を「〜な子」と表現したがるカマっぽい奴

>862 Cの存置論者はことを起こす前に早めにAを死刑にしようと企むわけだよね?

それは存置年の前日の話?それとも廃止年?
ところでAGって以前はなんてコテだったっけ?

> でもさ、現実の社会では、誰がA(=犯罪者予備軍)かは分からないと思うよ。

その通り。誰かは分からない。実際はCの中でも特に妄想が激しく排他的で何かあるとすぐキレるやつがA

866 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 21:11:52 ID:KVLYVxQM0
今日も蚊取り線香は絶好調w

867 :山田AG:2009/08/05(水) 21:13:13 ID:SAQOyxbPO
>>865
それは存置年の前日の話?それとも廃止年?

いや、Cの人達は死刑に出来る間に、さっさと死刑にしようとするんじゃない?

>ところでAGって以前はなんてコテだったっけ

あ、実はqwertってコテだった(爆)

868 :qwert ◆M2clACoxQA :2009/08/05(水) 21:20:23 ID:SAQOyxbPO
テスト

869 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 21:24:07 ID:W+tg7VA8O
被害者が死んだのに一回死刑になっても足りないくらいの罪を犯した凶悪犯を生かしておくなんて死刑廃止派にしか通じない道理など誰が納得できるものか
どう考えても理不尽、筋がとおらない
もはや勉強云々の問題ではない、極端に被害者軽視に偏った考え
そんな偏った考えは死刑廃止派が被害者になった時だけにしろ

870 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 21:35:39 ID:EQfXLO+T0
>>869
被害者を植物人間にさせた加害者は生きて笑うだろうが
それは道理か?

871 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 21:44:16 ID:fh1i8Ko8O
>>869
廃止論者の遺族が存置派だったらかなり微妙なことになるよ。


敬虔なキリスト教徒が死んであの世に行ったら、天国の門の前で、アラーの神さんがもの凄い顔して仁王立ちしていた。ていう笑い話思いだした。

872 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:02:22 ID:KVLYVxQM0
愚者の最も確かな証拠は、自説を固守して興奮することである。

                       モンテーニュ


873 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:04:17 ID:KVLYVxQM0
愚者のみが死を怖れるあまり齢を重ねんとす。

874 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:06:21 ID:fh1i8Ko8O
それここにいるヤツ全員じゃないかw

875 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:06:27 ID:KVLYVxQM0
木に樹脂がぴったりとくっついているように、愚者には思い上がりと高慢がつきものである。

                                      ヤコービ

876 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:06:59 ID:FnQcaoNd0
>>858
本当に相変わらず卑怯な奴だねえ観念
>>845に反論できないからってまた逃げるわけだ
無駄に長いのはお前の妄想&決め付けの方だろ
ちゃんと議論出来なけりゃあんな偉そうな決め付けぶちあげなきゃいいのに

877 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 22:10:36 ID:KVLYVxQM0
阿呆は英知について語ることを最も好み、悪徳漢は道徳について語ることを最も好む。

                                   エルンスト

878 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/05(水) 22:37:26 ID:FEmftvOm0
>867 Cの人達は死刑に出来る間に、さっさと死刑にしようとするんじゃない?

どうやって?Aを挑発して誰かを殺人させるの?誰かを犠牲に

> あ、実はqwertってコテだった(爆)

あーいたっけねぇ

>869 もはや勉強云々の問題ではない、

ソンチが思考停止した決定的瞬間↑

>極端に被害者軽視に偏った考え

そう見えるのはお前が「極端に加害者軽視に偏ってる」証拠。人は鏡

>876 >>845に反論できないからってまた逃げるわけだ

「できない」というのがまず妄想
>どうしても回答が欲しいなら質問を一つずつに絞って再度投稿して。そしたら見る
これ↑を無視して「たった一つに絞ることすらやらない」お前が、逃げてるんだよ。人は鏡

879 :つる@koruma:2009/08/05(水) 22:40:01 ID:stiiLrfk0
哲学板からの出張でございまつる(←うまい

もし人間に本当にあるべき姿というのがあるのだとしたら、あらゆる犯罪は「間違い」によっておこる。
間違いはあくまで間違いであり、悪ではない。
だから犯罪を犯した人間というのは間違いを犯した人間であって、その間違いを正す必要はあるが、その人間の存在を消す必要はない。



880 :およそ八百三十六:2009/08/05(水) 22:53:12 ID:kyBRqGej0
>>879
たぶん、それだ。欧州の死刑廃止の背景が、キリスト教だけでは
ないんではないかと、何かが足りないとは思っていたけど…
哲学については、やっぱりまだまだ学ぶとこ多いかもね。

>>874
自分でも自覚してるよ…

まあ、観念、ガンガレ。

881 :つる@koruma:2009/08/05(水) 22:53:28 ID:stiiLrfk0
>>869
>被害者が死んだのに一回死刑になっても足りないくらいの罪を犯した凶悪犯を生かしておくなんて死刑廃止派にしか通じない道理など誰が納得できるものか
>どう考えても理不尽、筋がとおらない
>もはや勉強云々の問題ではない、極端に被害者軽視に偏った考え
その被害者が加害者に死んで欲しいという感情は「復讐心」じゃないか?
君は「復讐心」を肯定しているから死刑に賛成しているわけだよね。
復讐心は不正を正す力も持っているかもしれないけど、犯罪を生む力も持っているわけだ。
果たして善い感情なのか悪い感情なのか・・

882 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:01:11 ID:FnQcaoNd0
>>878
は?>>845に書いてある>>227>>37の根拠足りえないって事一つにも
反論できないんだ?
反論出来なくなったら自分のルールに持って行って煙に巻こうとする
そのやり方が逃げてないとでも?
存置派さんはずーっと長いことお前さんの卑怯なやり方にもちゃんと
答えてきてるのにねえ
それをお前さんがいとも簡単に自分の卑怯なルールで切り捨てようとするやり方が
我慢できなかったので876を書いただけだ
馬鹿馬鹿しいお前さんのルールに従わなかったら逃げてる?阿呆か?
お前さんは>>845に書いてある通り自分の決めたルールをおのずから破ってる
人は鏡なんて気安く言うなお前ほど卑怯な奴なんてそうは居ない



883 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:03:51 ID:fh1i8Ko8O
「過ちを許しましょう」
と言うなら「許す行為」を失わせる死刑はもちろん、絶対的終身刑もダメってことになる。
「反省したら釈放します」と公言しながら死刑廃止運動を繰り広げてみなよ。


884 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:06:12 ID:SMAULF9R0
>>881
罪を犯した者。
例えば窃盗を犯した者に相応の懲役刑を科す事は君にとって復讐心なのか?
君が犯罪に対し相応と思える刑を科す事が即ち復讐だと思うのは勝手だが、
少なくとも俺は刑罰に対しそういう認識は持っていないな。

885 :つる@koruma:2009/08/05(水) 23:17:11 ID:stiiLrfk0
罪を憎んで人を憎まず

>>884
懲役は過ちを正すために必要な期間であると解釈しています
僕は被害者の気持ち(復讐心)を汲んで犯罪者を死刑にするという考え方が正しいのか疑問だということを述べただけです。



886 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:21:01 ID:fh1i8Ko8O
ぼくはお金が好きだ。
お金は差別をしない。
誰に使われるのが嫌だとか、誰に溜め込まれるのが嫌だとかも言ったりしない。
正義とか信念なんて赤の他人には全然通用しないけど、お金はどんな人間にでも同じ価値をもっているじゃないか。


パタリロ・ド・マリネール

887 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:22:24 ID:FnQcaoNd0
どうでもいいが俺は存置派さんでは無いので
878みたいな同じ人物みたいな書き方するな
存置派さんが迷惑する

888 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/05(水) 23:29:28 ID:SMAULF9R0
>>885
行いによってその期間に差があるのは何故?
また、窃盗の被害者は復讐心によって懲役刑を望むのであり、
法律はその被害者の気持ちを汲んで懲役刑を科すのだとでも思ってるの?
何故被害者の気持ちは復讐心であるという、君の決めつけによる前提でしか物を考えて無いの?

889 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 00:02:36 ID:FEmftvOm0
>879 間違いはあくまで間違いであり、悪ではない。

確かに。悪は「間違い」だ、と言ってる人がいるが、悪とは「弱さ」に他ならない

>882 >>845に書いてある>>227>>37の根拠足りえないって事一つにも
> 反論できないんだ?

うん、残念ながら反論できない
何故なら、「読んでない」から
何度でも言うが、読んで欲しいなら抜粋してね

> そのやり方が逃げてないとでも?

うん。逃げてない。10年くらい経ったらこのスレ最初から読み返してみ。そしたら分かるよ
>37>227を妄想だと信じ込んで何の具体的反論もできないお前自身が、逃げてるということがね

> お前さんは>>845に書いてある通り自分の決めたルールをおのずから破ってる

ように見えるんだよ

>883 と言うなら「許す行為」を失わせる死刑はもちろん、絶対的終身刑もダメってことになる。

そういうこと。最終的には相対的終身刑に落ち着く

> 「反省したら釈放します」と公言しながら死刑廃止運動を繰り広げてみなよ。

だが当然、現行制度みたいに安易に出所させない
釈放も段階的になるだろうね

890 :つる:2009/08/06(木) 00:02:52 ID:aIyWU74a0
>>888
>また、窃盗の被害者は復讐心によって懲役刑を望むのであり、
>法律はその被害者の気持ちを汲んで懲役刑を科すのだとでも思ってるの?
人によるでしょう。
すべてが復讐心だとはどこにも書いた記憶がありませんけど
というか、そいういう主張をするならそれをメインにどこかに書くはずだと思いませんか?
すべての裁きは復讐心によるものだ、って
間違いなく文脈から読み取れること以外で相手の批判をするのはよくないと思います。


>何故被害者の気持ちは復讐心であるという、君の決めつけによる前提でしか物を考えて無いの?
すべてがそうだとはどこにも書いてないです。
拡大解釈しないでください。
あとここは死刑についてのスレですから窃盗とかの軽犯罪については特に何か言おうとしてません

891 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 00:06:31 ID:WjVaVeQNO
>>881
俺は遺族の復讐心は肯定する
だが一方的に被害者や遺族の復讐心を満たせとは言っていない
もちろん加害者側の言い分や所業を十分考慮の上での刑罰の決定を望む
世の中全ての犯罪が『間違い』だけで済まされない
故意に私利私欲を満たす為に安易に人を殺しまくった者が、死刑にならず生きていかなる喜びを得る事すら許せん
刑務所でさえ食べる喜びを得られる
犯罪者はそれ相応の報いを受けるべき
死刑廃止など言語道断

892 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 00:41:50 ID:6V1m36wp0
>>891
>俺は遺族の復讐心は肯定する
>だが一方的に被害者や遺族の復讐心を満たせとは言っていない

そういう話は、廃止論者には通じないよ。
あいつらは、死刑と快楽殺人の区別がつかず、全部「快楽殺人」で考えてるから。
廃止論者にとって「殺人」は「娯楽」以外の価値がないからね。
他の理由なんか、理解出来ない。

893 :存置派:2009/08/06(木) 00:52:48 ID:cFzPQJ1M0
>>858
>どうしても回答が欲しいなら質問を一つずつに絞って再度投稿して。そしたら見る
んー…いや、正直、それほど回答が欲しいわけではない。というか、どうせはぐらかすだけだろうし。
何、「はぐらかし続ける自分」というものに気がつけば、お前自身が無根拠な自信を見直すきっかけになるだろうと思ったが…
…脳が拒否を始めたか。「読んでいない」つもりだろうが、実質は「読めない」なんだが、それもわからないんだろう。

やはり人一人更生させるというのは難しいものだね。
少なくとも、俺には不可能なようだ。

>>882
予測の範疇につき、気にするな。
…そもそも、あれが自分の矛盾と正対できるようだったら、
俺自身「犯罪者が須らく更生するとは限らない」と信じる根拠を失うことになるのでね。

894 :存置派:2009/08/06(木) 01:03:27 ID:cFzPQJ1M0
>>885
遺族感情に基づく刑罰ってのは、死刑にせよ終身刑にせよ、ろくでもないと思うがね…
犯罪者を話の中心に考えた場合「間違い」「過ち」で終わるものであっても、
被害者を話の中心に考えた場合、そいつが人生の終焉になっちゃうケースもあるんでね。
「間違い」を量産する個体を、通常の個体に優先させるには相応の理由が必要だと思うが。

895 :つる:2009/08/06(木) 02:13:48 ID:aIyWU74a0
>>891
>生きていかなる喜びを得る事すら許せん
それはあなたが人を人ではなく「犯罪者」として扱って憎むから。
でも犯罪者もあなたと同じように食事や就寝に喜びを感じる。
それはあなたが感じるのと同じ喜びです。

>故意に私利私欲を満たす為に安易に人を殺しまくった者
あなたはなぜ「私利私欲を満たす為に安易に人を殺しまくる」ことをしないのですか?
それが間違いだとわかっているからでしょう?
犯罪者はそれがよくないことだとわからなかったのです。

もちろん、犯罪者がそれが世間的には悪と呼ばれることは知っているでしょう。
でも自分にとってよいことだと思っているから罪を犯すのです。
あなたは自分にとっても悪いことだと思っているからやらないのでしょう?
その理由を犯罪者に説明できますか?
もしできるなら犯罪者は間違いを正すことができるでしょう。

>>891
復讐心が美しい類の感情だと思いますか?
被害者の遺族は復讐心で人を殺したいと念じて、誰も途中でそれを咎めなければそれば心の底まで復讐心に染まるでしょう。
人前に出たとき、自分が人を殺したいほどの復讐心を持ったことのある人間であるという意識は、決して良いものではないと思います。
それは復讐心がよくない感情であることを知っているからではないかと憶測しているのですが、どう思いますか?

896 :つる:2009/08/06(木) 02:26:04 ID:aIyWU74a0
人間が最も残酷になれるのは、自分が「善」または「正義」で、相手が「悪」だと思ったとき。
相手を人間だとは思わずに、ただ打ち滅ぼすべき存在としか感じなくなる。
そういう考え方は思考を硬直化させるし、それが民族単位の思考であればとんでもない大惨事を生む。
でもそういうときに相手が同じことに喜びを感じる人間であるという意識があれば、そんなことは起きない。

犯罪者を死刑にすべきだという考え方は、そういった思考の硬直化が生むものだろう。
僕はそういった考え方には賛成できない。


897 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 02:40:54 ID:Q69+YJzl0
>>896
自分自身が最初から結論ありきの硬直した認識や思考で物を言っている事は許容しちゃうのね。

898 :つる:2009/08/06(木) 02:47:55 ID:aIyWU74a0
>>897
どこら辺が?
君はどういう考え方してるの?

899 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 06:44:52 ID:XnnCLEgYO
「犯罪者を死刑に」ではなくて「限度を超えた凶悪な犯罪を犯した者には死刑を」ということなんだから、これを復讐心や正義感の暴走というには無理がある。
暴走と呼ぶにはせめて
「裁判では懲役20年と判決が出たが、それを不服とした遺族たちが多数の同調者を引き連れて拘置所を襲撃し、事件の加害者を人民裁判と称して縛り首にして殺害した」
とまぁ、これぐらいの事件が頻発してくれないと説得力が無い。
強弁するだけなら、罰金刑すら復讐心の暴走と、無理矢理定義付けることも可能なのだ。
現行の死刑制度を復讐心の暴走などと感じるのは極少数のあなた方だけであり、存置派の側にあなた方と同じように感じなければならない理由は何もない。


900 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 07:04:55 ID:tDBgTdTH0
>>889
存置派さんまでさじ投げ始めたなあ・・・・
227が37の根拠足りえないから37が妄想及び決め付けだと
存置派さんは言ってるんだがねえ、227はただの存廃の推移のデータだから
それを妄想なんて誰も言ってないがね
37の根拠を求めたら227だってお前さんが言うから
それはおかしいだろって話。
文脈を自分の都合のいいように改ざんして
相手の言ってる事を変えようとするやり方も相変わらずやね


901 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 10:04:29 ID:/t+xXW7XO
>>896
正義か悪かで人を二分し、「悪」、すなわち殺人犯をただ討ち滅ぼすべき相手としか見ていないなら、殺人犯に懲役刑が課せられる事は無いし、それを容認する社会が成り立つ訳がない。

思考の硬直以前に、君、世の中の見方から間違い。

まず、世の中の人が、自分を「絶対正義」であるかのように感覚麻痺を起こしてるって前提から間違いなんだよな。
むしろ、死刑反対君とか死刑廃止論者の方が「死刑廃止こそが正義」「死刑廃止しないと、良い社会は作れない」とか言ってたくらいで、周囲から反発されてた。

で、人間が最も残酷になれるのはどう思った時だったけ?
正義を振りかざしてるのは、むしろ廃止論者の方みたいだけど?

902 :国家による人殺しはもう沢山だ:2009/08/06(木) 12:05:10 ID:+a9Gcxoq0
>>256
>死刑じゃなければ良いと言うのは、すでに廃止論の中でも考え方が古い。無神経。
→それでは、「新しい考え方」とは何でしょうか。
もう随分前になりますが、私のアパートでゴキブリが大発生したことがあります。
ゴキブリも命があるはずですが、私はゴキブリを殺すのに全く、良心の呵責を感じませんでした。
存置論者の人権感覚も似たようなものでしょう(笑)
日本のゴキブリって相当大きいですよね。
幼い頃、昆虫採集の宿題で、餌のキュウリ、ゴキブリ、バッタ、カマキリを同じ虫カゴに入れて学校にもって行ったら、
食物連鎖の標本として誉められたことがあります(笑)冗談ですが(爆笑)
ところで、日本人が「鬼畜米英」といい、中国人を殺しまくっていたのは、そんな昔の話ではないのです(苦笑)
「漫画のらくろ」では、日本人は犬、中国人はブタとして描かれています。
ドイツは戦後、いち早く死刑制度を廃止しました(最初は西ドイツ、東ドイツは後から)
多数の自国民が犠牲になっただけでなく、二千万人以上の戦死者を出したことに、国家・民族として、
価値転換が行われたのです。分けても、ユダヤ人を中心とした強制収容所で、600万人以上虐殺された事実が、
大きな傷として残りました。「もう人殺しはうんざり」という心理が圧倒したのです。
本来なら、日本人にも「人殺しはうんざり」というメンタリティーがあってもよかったのではなおでしょうか。
地方の神社には、まだ地元出征兵士の名を刻んだ、「忠魂碑」がまだあるはずです。
「もう人が死ぬのを見るのはうんざり」が「もう死刑はうんざり」というメンタリティーに
変化してもいいのではないでしょうか。

903 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 14:24:50 ID:XnnCLEgYO
ゴキブリ大発生ってアンタどんな生活してんの?

904 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 16:05:36 ID:OQmRXkqW0
yurikoはいい加減に天に召されて欲しい。

905 :存置派:2009/08/06(木) 17:19:33 ID:vUjJyajgO
>>902
で、さ。一つ聞きたいんだけど。
何でお前、自分の「思いやり」に従って
自分の飯と衛生を犠牲にして、ゴキブリと共存しなかったの?

906 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 18:05:42 ID:42PifWRa0
>891 故意に私利私欲を満たす為に安易に人を殺しまくった者が、死刑にならず生きていかなる喜びを得る事すら許せん

一度でも「殺人を止められなくなってしまうほどの苦悩」を想像したことがある者ならそんな独善的発言はしないもんだが

> 犯罪者はそれ相応の報いを受けるべき

既に報いを受けていた(そしてそれに耐えきれなかった)から殺人したのだ、という観点について反論どぞ

>893 お前自身が無根拠な自信を見直すきっかけになるだろうと思ったが…

無根拠、ではない。根拠は懇切丁寧に>37に書いてあるし>227もその裏付けとなってる。妄想もほどほどに
未だに抑止力がある論拠を提示できてないお前自身が、「無根拠な自信を見直」してない。だから相手がそう見えるんだよ。人は鏡

>「読んでいない」つもりだろうが、実質は「読めない」なんだが、それもわからないんだろう。

と妄想したいんですね。分かります

>少なくとも、俺には不可能なようだ。

土台説得力がないからしょうがない

>900  227が37の根拠足りえないから37が妄想及び決め付けだと
> 存置派さんは言ってるんだがねえ

言うだけなら誰でも言えるんだがねえ

> 37の根拠を求めたら227だってお前さんが言うから
>それはおかしいだろって話。

どう「おかしい」の?そこを何故言わない?
「おかしいだろ」と言うだけなら誰でも言えるじゃん
ソンチーズの主張の何が欠落しているかというと、反証となるデータなり論拠が全く示されないことなんだよ
ただ只管「おかしい」「根拠にならない」というだけ。あれで反論してるつもりらしいから驚く
え?ちゃんと論拠を述べてるって?ではレス番で答えてね。俺が反論済みのレスを除いて

>901

人は鏡

>905

ヒント:人は人、ゴキブリはゴキブリ





907 :山田AG:2009/08/06(木) 18:21:54 ID:HREQOfl5O
ウヒョ 相変わらず頑張ってるなー観念氏

908 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 18:26:00 ID:XnnCLEgYO
こおいうのをムダな努力というのだ。


909 :山田AG:2009/08/06(木) 18:46:38 ID:HREQOfl5O
>>906
既に報いを受けていたっていうのはよく分からないんだけど、
観念氏は加害者にはとってもやさしいんだね

910 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 18:53:56 ID:42PifWRa0
日本の政党で死刑制度廃止を公言しているのは公明党だけである。
その一方で死刑制度存置を強く主張する政治家は、検察官など法務官僚に一定の支持を得る必要がある現職の法務大臣以外は実はほとんどいないとの指摘がある。
たとえば東京拘置所の処刑設備を見学した事のある国会議員の保坂展人が、インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」で死刑制度に関するディベート番組が制作されたが、
保坂は死刑廃止論者として出演したが、死刑存置派の国会議員を放送局で探したところ誰も出演しなかったため、仕方なしに刑法学者が出演したという。
そのため保坂は死刑推進派といえる国会議員は実際には存在せず『小選挙区制になったことから、多くの人の支持を得る為には死刑廃止とはいえない、
俗論におもむっているだけである。そのため(欧州諸国とは違い世論を政治家が変えようというリーダーシップがないので)日本はみんな横並び意識が働いている』と主張しており、
実際は死刑制度を存置するのは一般世論に迎合している政治家の不作為だとしている。

以上はwikiより。存置派を堂々と主張する政治家っていないの?
死刑廃止を訴える有名人の各論が読めるウェブはすぐ見つかるけど、存置を主張する著名人の各論が読めるサイトってどこ?
あったら教えてよ、ソンチーズ


>909

まずは加害者(=一次被害者)を救わないと。一次被害者を救えば自動的に二次被害者は救われる(二次被害が発生しない)
いじめと同じだよ

911 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 19:04:42 ID:XnnCLEgYO
大阪府の知事とか東京都の知事ではあきまへんか?

それと政治家が世論におもねる=配慮するのは当たり前だと思うんだけど、何がそんなに気に入らないの?

912 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 19:39:13 ID:X1aSTPfI0
観念君が走馬灯のように回っている。

913 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 19:45:46 ID:X1aSTPfI0
モウソーモウソー言いながら回っている。

914 :山田AG:2009/08/06(木) 19:48:36 ID:HREQOfl5O
>>912-913
なんか幻覚でも見えてんの(´Д`)?

915 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 19:51:59 ID:42PifWRa0
>911

その二人の主張はまるきし感情論じゃん
もうちょっときちんと理詰めで主張してる人はいないの?

916 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 19:57:03 ID:42PifWRa0
私はピアスを男がしているのを見ると嫌な気がする。女の装身具を男が身につけているのがなんで男伊達なのか、どうしてあれがマッチョなのかと思う。
そういうと息子たちにいかにも古いと笑われるが、生理的な反発はどうしようもない。
こんなに華美な時代に男がなおその身を飾りたいならニューギニアの原住民のしているペニスサックでもしたらどうなのだ。


以上、石原慎太郎公式hpより

・・・しょーもないw

917 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:01:17 ID:XnnCLEgYO
>>915
お気に召さなかったようですね。

>>916
死刑廃止に関係のある部分で笑ってあげればいかが?

918 :山田AG:2009/08/06(木) 20:06:03 ID:HREQOfl5O
>>916
びっくりした〜
観念がピアス嫌いなのかとオモタ。いきなり何言い出すのかと(笑)

919 :山田AG:2009/08/06(木) 20:10:35 ID:HREQOfl5O
>>916
一瞬観念に息子がいるのかとオモタよ。

920 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:14:56 ID:i8pvSfvb0
>>906
前にも存置派さんが言ってた気がするが
227はアメリカの州の殺人発生率の推移のデータであって
37に書いてあるような犯罪者心理はこうだからこうなるみたいな話の
裏付けにはならんからおかしいと言ってる
大体、世情、考え方、銃を持てる社会かどうかも違うアメリカの
データの推移で日本の話の根拠になるって思う事自体がおかしいと思うけどね

先に加害者になりそうな奴をどういう風に見つけてどうやって救うの??
犯罪者をどんなに研究したってそんな事絶対に出来ないし
それこそトムクルーズかなんかの映画でしかできねえよ
それと加害者を一時被害者なんて言うのはやめろ、本当に加害者の事しか
考えてないのね、だから>>39で被害者の事を卑怯者よばわりしてるんだね
追い詰められてるのは加害者だけみたいな言い方もほんといい加減にしてほしい

921 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:17:52 ID:i8pvSfvb0
訂正
被害者遺族の事をでした

922 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:26:06 ID:P//B0gck0
日本が死刑を廃止する日は遠いな・・・

923 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:37:06 ID:i8pvSfvb0
あ、あと俺は死刑には抑止力があるから死刑が必要なんて言わないから
犯罪抑止は司法と警察、それと教育が一番のファクターだと思ってるので
刑罰としての死刑が必要だと言ってるだけ
実際すべての人間の欲望を抑えるために国民総番号制にして一人一人洗脳でも
していかなけりゃ犯罪を無くすことは無理だと思うしね

どう考えても観念の妄想やら決め付けよりも存置派さんの方が正しいと
思えるから観念の態度が我慢できずにここまで参加しただけよ


924 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 20:43:47 ID:i8pvSfvb0
あ、経済状況が良くなることも重要だった

925 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 21:08:48 ID:WjVaVeQNO
>>906
加害者は苦悩していた、報いを受けていたというのは加害者側の言い分
そんな理由で好き勝手やって罪のない人々を殺して許される道理はない
そんな理由で殺されて許せるかっつーの
だから死刑廃止派は犯罪者側に偏より過ぎなんだ
そういう理屈は死刑廃止論者が被害者になった時にだけ加害者の減刑を望め


926 :山田AG:2009/08/06(木) 21:36:21 ID:HREQOfl5O
別に殺さなくてもいいと思うんだけどな…ボソ

927 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 21:48:06 ID:RA7UtOXGO
>>902
ゴキブリも命があるはずですが、私はゴキブリを殺すのに全く、良心の呵責を感じませんでした。 →この時点ですでに論理破綻をきたしている事に気付きませんか?命は命でしょう?
何故ゴキブリと人の命と人の命に差をつけるのか、その根拠は?


928 :つる:2009/08/06(木) 21:57:33 ID:SB7Y9dU40
>>899 901
僕の主張をかなり誤読しているようですね。
まあそれは僕の文章力にも問題があるようなのでしょうがないです。
とりあえず死刑については昨日何も考えずに思うがままに書いてしまったのでもう少し考えることにします。


929 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 22:09:02 ID:6V1m36wp0
>>925 >>927
相手は頭可笑しいんだから、適当に流してりゃいいの。
そもそも、読んでやる必要が無い妄想の羅列なんだから。

930 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 22:16:21 ID:25WKHYGB0
やっぱり一般人が裁判員になると量刑は重くなるんだね。
常識ハズレな理屈で量刑を軽くするって作戦は、一般人には通用しないんだね。

今日の裁判員のニュース見てそう思った。

931 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/06(木) 22:23:49 ID:42PifWRa0
>917 死刑廃止に関係のある部分で笑ってあげればいかが?

それが見当たらなかったんだよ
教えて、ソンチーズ

>918



>920  227はアメリカの州の殺人発生率の推移のデータであって
> 37に書いてあるような犯罪者心理はこうだからこうなるみたいな話の
> 裏付けにはならんからおかしいと言ってる

うんだから、そこで「何故裏付けにならない」のかを書かないと!w
「裏付けにならない」と述べれば反論になると勘違いしてないか?

> アメリカの データの推移で日本の話の根拠になるっ

>37は別に日本に限定した話ではないのでその指摘は意味がない

> 先に加害者になりそうな奴をどういう風に見つけてどうやって救うの??

監視管理隔離治癒治療

> 犯罪者をどんなに研究したってそんな事絶対に出来ないし

「絶対に出来ない」という論拠をどうぞ
そんな事が言える権利があるのは実際に人生掛けて研究した者くらいだが、お前はどこまで研究したの?

> それと加害者を一時被害者なんて言うのはやめろ

一時じゃなくて一次ね
加害者は一次被害者。この一次被害者を救わないから二次被害が出る
二次被害者のことを真剣に助けたい、出したくない、と思うなら一次被害者をまず助けることを考えるべきだ
二次被害者だけを救えばそれでOK、というのは単なる自己満足に過ぎない
いじめについても同じこと。虐める側が一次被害者、虐められる側が二次被害者。虐めっ子を無視して苛められっ子のみ助けようとするのは自己満
本当に救わないといけないのは、「愛が欠如した苛めっ子」だ

> 本当に加害者の事しか 考えてないのね

そう見えるのは、お前が「二次被害者のことしか考えてない」からだよ。人は鏡

> だから>>39で被害者の事を卑怯者よばわりしてるんだね

>39のどこで??ソンチは卑怯、てのはどこかで言った記憶はあるが

>925 加害者は苦悩していた、報いを受けていたというのは加害者側の言い分

いや「客観的事実」だよ
ソンチーズはそこをまず認識しないと

932 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 22:24:19 ID:RA7UtOXGO
>>929
長矢さんは完膚無きまでに無視するほうがいいわけね
りょーかいっ!!

933 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 22:28:56 ID:RA7UtOXGO
>>931
いや「客観的事実」だよ
ソンチーズはそこをまず認識しないと

理解できるか!!
ストーカー殺人なんか、単なる思い込みの性犯罪じゃないの
女はだまって乱暴されてろってのか、クソボケ!!
てめえなんぞオカマ掘られてろ!!

934 :存置派:2009/08/06(木) 23:16:01 ID:ojs81WU60
>>906
んー、お前はかまって欲しいのか欲しくないのか、どっちなんだ?
>37をまた丁寧に指摘して欲しいならそれはそれでいいし、
>227が>37の根拠になっていないことを説明して欲しいなら、そこから始めてもいいけどさ。
基本的に、厨二病の先輩として後輩が助けを望むならそれなりには手伝ってやれるし、
ま、それでお前が人並みに礼節を保てる人間になりゃ、どこかで誰かが喜ぶわけだし、俺はかまわないってあたりで。

>無根拠、ではない。根拠は懇切丁寧に>37に書いてあるし
ん? この場合の無根拠といったのはお前の抑止力無し論ではなく、お前の自信そのものだが。
いや、端的に言って、お前のプライドに耐えうるだけの知識をお前は有してないんだけどねってあたり。
>>227もその裏付けとなってる。妄想もほどほどに
で、>227が裏づけにならないってのを言ってるんだけど、読んでないんだっけ?

>と妄想したいんですね。分かります
基本的に人間の精神は自己保存を何よりも優先するため、一定以上精神が歪んでしまった人間の場合、
それを受け入れることで自分の精神が崩壊するような現実は認識できなくなるってのは、心理学では初歩の話なわけでね。
ま、このスレの他人とのやり取りを通じても、お前はそれに該当し始めてるな、と俺は思った。
それを妄想だと思って精神の平衡を保つのも、自分がちゃんと認識してるかどうかを再確認するのもお前の自由。
で、>845は読めたかい?

>ヒント:人は人、ゴキブリはゴキブリ
んー、お前以外の人間の動機について、お前にヒントを提示されてもなァ…
いやいや、ゴキブリだって言って見りゃ「苦悩している被害者」だよ?
アレが存在する場所に勝手に人間が割り込んできたから、彼らは住環境を人間の家屋内に移してるわけでね。
ま、俺は容赦なく潰す部類の人間なので、それ以上ゴキブリ弁護はしないがね。
あえてお前にヒントを言うなら「一般人は一般人、凶悪犯は凶悪犯」ってあたりかねぇ。

で、
>>加害者は苦悩していた、報いを受けていたというのは加害者側の言い分
>いや「客観的事実」だよ ソンチーズはそこをまず認識しないと
苦悩のない殺人鬼もたまにいるんだがねー。…もしかして猟奇殺人犯とか強盗の話とか嫌い? 
どうもお前、宅間と加藤の類型ぐらいしか知識にないようなんだよね。
今度図書館にでも行って、世界の凶悪犯!的な本でも読んでみ。結構面白いぞ。

さてと…で、そもそも「苦悩していた」タイプの加害者においてすら、死刑廃止の論拠にならんのよ。
根本的にその「苦悩」について責任を取らなきゃいけないのは、苦悩の原因を作った奴と、苦悩から救わなきゃいけなかった奴ぐらい。
で、そいつらもその「苦悩」をつくった責任をとらなきゃいけないにしても、
凶悪犯が誰かにその苦悩を押し付ける、つまり犯行に及んだ責任は、凶悪犯そのものにある。
まして、何も関係のない国民が、自分が作ったわけでもない「苦悩」の責任として
再犯のリスクや終身刑化による費用を追わなきゃいけない道理はないのさ。
…耳に届く言葉で言ってやろうか。「『○○ちゃんが最初悪かった!』で許してもらえるのは、子供の間だけ」ってことさ。

と、まぁ、相変わらず突っ込みどころ満載なので、長くなってしまったが。
お前は幸せな世界に浸るチャンスを捨てて、一々からみ直してきたんだ。
『読んでないけど俺が正しいに違いない!』なんてホルホルするのはやめてくれよ?

935 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/06(木) 23:34:49 ID:Y4bwiWcd0
>>931
だからどういう風に先に加害者予備軍を見つけるんだよ?
え?お前の言う2次被害者が出ないようにするにはお前の言う一次被害者が
犯罪を犯す前に見つけて監視隔離しないとあかんやろうが
もう犯罪を犯した者を監視隔離治癒治療したって何の意味もないわ

お前のルールに乗るのは嫌だが
殺人発生率の推移のデータがなんで犯罪者心理がこうだからこうなるという
裏付けになるの?関連性が無いんですが
それとも37で述べた事が実際にこのデータを導き出したとでも言いたいの?
まあ抑止力のある無しには興味ないんでどうでもいいけどね

ああ、俺は外国の話なんてどうでもいいんで俺は日本に限定した話しか聞かない
ので37はますます意味が無くなったわ

39のその7でだよ
後さあ勝手に遺族が報われる条件決めるなよ
遺族が悲しみを癒して新しい道や生活に進むためには加害者によって
身内が奪われたって事を忘れていく事も重要なんだよ
その意味でも身内を殺した人間がいつまでも生きてて忘れられるはずが無い
お前みたいにすべての遺族に事件に向き合ってすべてを許せみたいな話を聞けるか



936 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:15:14 ID:S33+iFC00
死刑賛成派って人間に対する理解が浅いよな
人間は一人で大人になるんじゃなくて社会に教育されて大人になるんだ
犯罪を犯すのは教育仮定に間違いがあったからなんだよ
凶悪事件の責任は俺たちにもある
苦悩する人間を救えない今の社会構造や国民性に問題がある


937 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 00:19:02 ID:lX575iib0
>933 ストーカー殺人なんか、単なる思い込みの性犯罪じゃないの

彼らは相当モテないことの苦悩と恋愛が思い通りにならない辛さを味わってると思うよ?
そりゃ彼らは幼稚だけど

> 女はだまって乱暴されてろってのか

誰もそんな事言ってない。少し冷静になりなさい

>934 お前はかまって欲しいのか欲しくないのか、どっちなんだ?

暇なときにお前をかまってやってるだけだよ。勘違いするなw

> >227が>37の根拠になっていないことを説明して欲しいなら、そこから始めてもいいけどさ。

おおw始めてくれ。論理的に頼むよ
絶対「うんだから、そこで「何故裏付けにならない」のかを書かないと!w」と俺に言わせるなよ

> 基本的に、厨二病の先輩として

お前厨二病だったのか。さもありなん

> この場合の無根拠といったのはお前の抑止力無し論ではなく

ほう。これ↑は暗に「>37は根拠がある」って認めたということでFA?

> お前のプライドに耐えうるだけの知識をお前は有してないんだけどねってあたり

「観念は知識がない」と言いたいんですね。分かる分かる。人は鏡

> で、>227が裏づけにならないってのを言ってるんだけ

あ、どこで?抜粋してコピペして。お前の主観じゃなく科学的論拠が書いてあることを期待してるよ

> ってのは、心理学では初歩の話なわけでね。

お前が身を以て示してるようにね

> で、>845は読めたかい?

読んで欲しいなら読んで欲しいところを一段落だけ選んで抜粋してコピペしなさい

> お前以外の人間の動機について、お前にヒントを提示されてもなァ

そういうことは既に>37でやってるんだけど

938 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 00:21:29 ID:lX575iib0
> あえてお前にヒントを言うなら「一般人は一般人、凶悪犯は凶悪犯」ってあたりかねぇ。

でお前はどうやって一般人と凶悪犯の区別付けてるの?
うわ。この辺から指摘してくることが低レベル過ぎて答えるのが急にめんどくさくなってきた。悪いけど後半無視

>935 だからどういう風に先に加害者予備軍を見つけるんだよ?

例えばこのスレで妄想性人格障害のケのある者は公安でチェック

> 殺人発生率の推移のデータがなんで犯罪者心理がこうだからこうなるという
> 裏付けになるの?関連性が無いんですが

はい、そこで「何故関連性がないか」を論理的に言わないと!w
もうソンチって、自分が「関連性がない」「裏付けにならない」と言えばそれが通ると思ってるんだから

> まあ抑止力のある無しには興味ないんでどうでもいいけどね

所詮ソンチの関心はこの程度↑

> 俺は外国の話なんてどうでもいいんで俺は日本に限定した話しか聞かない

自ら視野を狭めるソンチの図↑

> 39のその7でだよ

いきなり話出すんじゃなくて引用くらいしろw

> 加害者によって
> 身内が奪われたって事を忘れていく事も重要なんだよ

忘れることができると思っているらしい↑ソンチの脳内の目出度さがよく分かる

> その意味でも身内を殺した人間がいつまでも生きてて忘れられるはずが無い

お前にとってはね。感情に自己責任取れてないし
だが加害者が死ぬと世間は「一件落着」と事件を忘れる
犠牲となった被害者までも世間は忘れる
このことも、本当の意味では被害者の供養にはならないんだよ

> お前みたいにすべての遺族に事件に向き合ってすべてを許せみたいな話を聞けるか

「聞けるか」って言い放つ割にはしっかり読んで答える健気なソンチの図↑

939 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 00:22:34 ID:lX575iib0
>936 犯罪を犯すのは教育仮定に間違いがあったからなんだよ

全くその通り。オウム事件もその象徴

> 苦悩する人間を救えない今の社会構造や国民性に問題がある

こう考える人間がもっと増えれば、犯罪も減るだろうね

940 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:25:49 ID:S33+iFC00
苦悩したことのない人間は苦悩して犯罪を犯す人間のことなど想像もつかないんだろうな
ちょっと悩みがありました程度のことを苦悩とは言わないんで勘違いすんなよww

しかも絶対的な価値がないこの世界で人が人を裁くとかいうこと事態がおかしいのに
取り返しのつかない死刑をするとかどんだけ傲慢なのかと

941 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:36:01 ID:r1aNCRma0 ?2BP(69)
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1246101525/

942 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:48:10 ID:ZC8+vkgpO
>>937
>>彼らは相当モテないことの苦悩と恋愛が思い通りにならない辛さを味わってると思うよ?
そりゃ彼らは幼稚だけど
>>少し冷静になりなさい

結局論理的反論ができてないからごまかしね
恋愛なんて思い通りにならなくて当然なの
だいたい恋愛が思い通りならないからっていちいち殺されてやらなきゃならない根拠は?


943 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:57:02 ID:S33+iFC00
>>942
主張もないのに揚げ足だけ取るのがお好きなんですね


944 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 00:58:57 ID:ZC8+vkgpO
>>943
主張もないのに揚げ足だけ取るのがお好きなんですね


945 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:01:56 ID:S33+iFC00
>>944
主張もないのに揚げ足だけ取るのがお好きなんですね

946 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:07:34 ID:uXwZeI7sO
死刑廃止論者は相変わらず犯罪を正当化するバカ共だ
話にならないね

凶悪事件の責任は俺たちにあるとかぬかすなら、死刑廃止論者は犯罪者の代わりに責任とって死刑台に上がったらどう?
犯罪者の尻拭いは全て死刑廃止論者がやってねw
いいか?ちゃんと犯罪者の代わりに責任とるんだぞ!お前らの責任なんだから行動で示してねw



947 :存置派:2009/08/07(金) 01:12:40 ID:PX/Heg4q0
>>937
>おおw始めてくれ。論理的に頼むよ
>お前の主観じゃなく科学的論拠が書いてあることを期待してるよ
理論の構造の話だからなぁ。科学的って表現にあうかどうかはわからんがね。
「AはBである」という他人の主張をもってきても、「Bである理由はCだ」とする主張の補強にはならない。
「Bである理由はCだ」とデータで証明するためには、「Cかつ≠Aならどうか」や「Aならば必ずC」というデータが必要。

…といってもわからんか。

立場を変えてみるか?
例えば、お前といい、長文矢印といい、どうもこのスレの廃止論者は一般人に比べ国際政治や軍事にひどく疎かったりするが
俺が「国際政治や軍事に疎いのは廃止論のせいだ、廃止論は〜という理由でそれらの学習に悪影響を与える」と言い出して、
さらにその論拠を「論拠はお前の戦車素手解体宣言」とか言ったら正気を疑うだろう?
このスレだけでも片っ端からお前と長文矢印とやらは知識不足を露呈して回っているが、
それらは廃止論の学習に対する悪影響を主張する論の補強にはならない。だって言っていることが違うのだから。

>37の補強に>227を使おうってのはそれぐらい無理があるってことさ。

>ほう。これ↑は暗に「>37は根拠がある」って認めたということでFA?
…いや、全く違うんだが…どこをどう誤読すると、そう読めるんだ…? 
>37は論理の上で無茶苦茶だし、繰り返しになるが「人間の実例以外を根拠に認めない」って言うお前のスタンスでも無根拠。

>読んで欲しいなら読んで欲しいところを一段落だけ選んで抜粋してコピペしなさい
この程度の分量の文章を読めないって時点で、理解力か忍耐力に欠陥があるか、あるいは精神的なブレーキがかかってるかってわけでね。
お前が、お前への批判をしっかり我慢して読めるのかってこと自体がテスト。コピペじゃ意味がないのさ。

>そういうことは既に>37でやってるんだけど
意味合いが違うと思うがね。別の誰かの、お前への質問を、俺が勝手に答えたとして、その答えに意味があるのかねってこと。

>うわ。この辺から指摘してくることが低レベル過ぎて答えるのが急にめんどくさくなってきた。悪いけど後半無視
…いや、お前の中では
>でお前はどうやって一般人と凶悪犯の区別付けてるの?
これ、低レベルじゃないの?

948 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:19:00 ID:S33+iFC00
>>946
お前みたいなのに一番責任があるからお前は電気椅子とギロチンと股裂きと五右衛門風呂と磔を同時にできるような刑を受けるといいと思うよ
死刑台に立つまでに自分の罪を自覚できるかどうかは知らんが
つうかくだらん煽りするなよな
相手にしてもつまらん

死刑が必要だって主張を論理的にする人間が全然出てこないのは何でだ?
感情的にしかものを言えないからか?


949 :存置派:2009/08/07(金) 01:21:50 ID:PX/Heg4q0
>>936>>936
理解が浅い…というより、責任の転嫁に馴染めないといった方が正確かな。
例えば凶悪犯と同じような境遇に置かれても、他人に責任を転嫁せずに生きてきた者は大勢いてね。
そういった人間から見りゃ「苦悩したから他人にそれを押し付けていい」なんて考え自体、甘えにしか聞こえん。

もう一つは国や社会の構成員が何なのかをわかっているということだな。
「社会が悪い」「国が悪い」とするのは簡単なんだが、負担を実際に受けるのは構成員である国民や市民だ。
彼らからしてみれば、何の落ち度もないのに、どこかで適当な転落人生をおくった人間の責任を、何故か負わされる…ってことになる。
そいつが道理のかなう姿とは思えないんだがね。お前はどうなの?

950 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:30:05 ID:uXwZeI7sO
>>948
俺たちに責任があると抜かしたのはお前だろ?
なぜ責任をとらん、責任感じるんだろ?早く責任とれよw

俺はお前らのトンチンカンな理屈には付き合えないよw


951 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:36:23 ID:OPj8GbeR0
>>938
まあどうでもいいが少なくとも俺の知ってる被害者遺族の人は許したわけでもなく
相手が死刑判決を受けてやっと忘れられたと言ってるし
それも被害者自身のことを忘れるんじゃなく殺した奴が居たということを
忘れられたと言ってるしね

ネットを利用しない犯罪者予備軍をどうやって見つけるんだよ?
その前に素行に問題が無いのに突然犯罪者になる奴らをどうやって見つけるんだよ
不可能なこと言うな

犯罪者を研究して仮に家庭環境や生育環境やら教育環境が加害者を加害者たらしめたと
分かったとする、でそれがわかったところで全世帯の家庭やら先生やら近所付き合い
やらをぜーんぶ改善出来るのか?誰が?どうやって?
937の例に出てくる人間にぴったりの相手をあてがったりできるの?すべての奴に?






952 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:46:38 ID:S33+iFC00
>例えば凶悪犯と同じような境遇に置かれても、他人に責任を転嫁せずに生きてきた者は大勢いてね。
それはそもそも受けた教育が違うからだろう。人間は同じ人間だ。初期値はみな一緒だが、受けた教育によって人は変わる。
どんな考え方をしようと、どう決断をしようと、それが不幸な結果を生んでしまう人は哀れむべき存在だ。
正しい道を知らない、それを知るための方法がわからない。
正しい考え方のできない出来損ないは消すという考え方がお前の考え方だろ?

お前は自分が凶悪犯じゃない理由はなんだと思う?
お前が善人として生まれてきたからか?
で、犯罪者は悪人として生まれてきた?
そんなはずはないのはわかるな。

まだ知能もない人間に情報の取捨選択や正しい判断の要求はするまい?
子供の頃の環境や教育によって価値観や思想が形成される。
その過程に犯罪者としての素質を持ってしまった子供に責任があると?
そのまま更正の機会を得ることができないで、捻じ曲がった性格で大人になってしまった人間に責任があると?
あらゆる人間は幸福に生きたいに決まってるんだ。世界を肯定して、人間を肯定して生きるほうが楽しいことはわかりきってる。
それができるように育った人間は自分が幸せだと感じるべきなんだよ



953 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:53:41 ID:S33+iFC00
死刑賛成派は自分が犯罪を犯さないように育ってきたことを幸福だと感じたことは一度もないんだろうな
自分は自分の力で正しく生きているんだと信じ込んでる
すごい思い上がりだ

>>950
もう責任をとってるよ、現在進行形で
お前はとってないだろう 
自分の罪を自覚していないから


じゃあお前のトンチンカンじゃない死刑賛成の理由を語ってくれよ


954 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 01:54:58 ID:S33+iFC00
>>952>>949への返答ね

955 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:00:52 ID:ZC8+vkgpO
>>953
>>死刑賛成派は自分が犯罪を犯さないように育ってきたことを幸福だと感じたことは一度もないんだろうな
自分は自分の力で正しく生きているんだと信じ込んでる
すごい思い上がりだ

罪を犯さないという当たり前の事を維持する大切さを知らないとみえる
それを認めないから「すごい思い上がり」などといえるんだろう。
それこそ何様のつもりだ?

956 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:03:29 ID:S33+iFC00
>>955
953は952の続きだからそれを読んだ上で反論してくれる


957 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:06:00 ID:ZC8+vkgpO
読んだうえでだけどなにか?

958 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:12:39 ID:uXwZeI7sO
>>953
は?責任とっている?
なんでまだ生きてるの?
犯罪者が犯罪をお前らの責任なんだから、自ら死刑台に上がるなり自殺しろよなw
遺書に犯罪者の犯罪は全て死刑廃止論者の責任ですので責任とりますとでも書いてさw

笑えるね、死刑廃止論者ってバカみたいw

959 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:13:04 ID:S33+iFC00
>>957
ああ、そう
じゃあ
どこに
罪を犯さないという当たり前の事を維持することが大切じゃない
ってことが読み取れるのか教えてくれる?


960 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:17:53 ID:S33+iFC00
>>958
お前は責任とるのは死ぬしかないと思ってる人間なのね?
正直お前が釣りにしろ真性にしろ笑う気にもなれないレスだわ
もう相手にしたくないから 今度まじめな議論したいならID変えてから来いよ

961 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:26:25 ID:uXwZeI7sO
>>960
バカだなあ
議論して分かり合えると思うか?
お互いの主張をぶつけ合うだけで話は平行線なだけ
俺は別に考えを押し付けるつもりはないしな
廃止論者ってバカだなあって思うだけw
俺は廃止論者のトンチンカンな理屈を理屈を理解することはきっと一生ないよ

962 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:34:26 ID:azShsCRe0
   

963 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:40:16 ID:ZC8+vkgpO
>>959
たとえばここ
「子供の頃の環境や教育によって価値観や思想が形成される。
その過程に犯罪者としての素質を持ってしまった子供に責任があると?
そのまま更正の機会を得ることができないで、捻じ曲がった性格で大人になってしまった人間に責任があると?」
全てを他人の責任にする発言でしかない。
正しい選択をするための判断を学ぶ事ができなかった、というが、少なくとも現代の日本ではそこまで極端な環境で育った人に対しては死刑判決はでない。
さらには、現代日本では義務教育制度が普及しており、法を含めた最低限の社会的ルールを学ぶ機会は十二分に提供されている
にも関わらず、そのルールを守り続ける事を放棄した者に責任がなく、周囲が学ばせなかった事に責めがあるとしているのは、そうではないと?
人は、周囲から教えてもらうだけではなく、それを自らの血肉にする努力をしてるんだよ
犯罪を犯すことはその努力の放棄では?

964 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 02:57:20 ID:azShsCRe0
駄スレ埋め

965 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 03:28:05 ID:e7TyA9Yh0
死刑って、公務員の懲戒免職くらい軽かったんだなw

【裁判】 「飲酒運転で懲戒免職…重すぎ!」と訴えた教師、勝訴→福岡高裁「公務員にとって懲戒免職は死刑宣告。重すぎ」の1審支持★3
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2009/08/06(木) 10:00:05 ID:???0
★飲酒運転→懲戒免職は重すぎ…福岡高裁判決

・飲酒運転をしたとして懲戒免職になった佐賀県立高校の元教諭の男性(39)が「処分が重すぎる」と
 して県に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁であった。
 森野俊彦裁判長は、処分を取り消した1審・佐賀地裁判決を支持し、県側の控訴を棄却した。

 昨年12月の1審判決によると、元教諭は2006年7月13日夜、佐賀市内で開かれた学校関連の
 会合で飲酒し、さらに2次会のスナックでも飲んだ。その後、車の中で約30分間仮眠して、14日
 未明に車で帰宅した。

 元教諭は14日朝、通報を受けた佐賀県警から呼び出され、運転から約8時間後に飲酒検知した結果、
 道路交通法の酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル中0・15ミリ・グラム)以下の0・07ミリ・グラムの
 アルコール分が検出された。

 元教諭は県警や県教委に「ビール大瓶2本や日本酒1合、ウイスキー水割り1・5杯を飲んだ」と申告。
 県教委は同月20日付で懲戒免職にした。

 1審判決は飲酒運転について、「飲酒量は元教諭の記憶に基づく推定で、運転時に酒気帯び運転の
 基準を超えるアルコール分だったと認められない」と指摘。「懲戒免職は公務員にとって死刑宣告に
 等しい。処分は重きに失し、社会通念上著しく妥当性を欠く」として処分を取り消した。県側は判決を
 不服として控訴していた。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000557-yom-soci

966 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 04:59:25 ID:fSsa1MC0O
It's統計マジック

967 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 05:02:18 ID:Qvo2NHSL0
【芸能】「知人から立ち去るように促された」押尾学容疑者供述が二転三転★90
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1249584064/

968 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 05:03:34 ID:OIpB75XB0
>>192
>暖簾に腕押しを何年も続けて、全員から馬鹿にされ、軽蔑されているのですから。
これで何も感じないとしたら、本当の精神病ですよ。
まあ、あなたは多分精神を患っていますから、一度ゆっくり病院に行って下さい。
→あまりに些末な書き込みで見過ごしていた。
こういう悪意の隠った書き込みが平気でできる人格こそ問題だ。
第一、「全員」とは誰のことだい?
「誰それは精神病」と決めつけることは、重大な人権侵害行為であり、
犯罪だ。気をつけた方がいい。
日本の世論は確実に、死刑制度廃止に向かっているよ。

969 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 07:23:19 ID:6oflkF0V0
>>34
>動物の場合、群れの中に狂った個体、
他を傷つけるしかなくなった個体がでた場合それを殺害する。
数少ない同族殺しの例の一つだよ。
>「命に触れるな」と言う理想のために
結局、より多くの命が奪われる未来を選ぶ者こそ
糾弾されるべきと思うがね。
→あんたの理屈は「戦争論」であり、マキャベリズムです。
すなわち、「結果が手段を正当化する」というものです。
確かに、生物の殆どの種類は、「異端」を嫌い、種全体の存続のために、異端を
抹殺します。
しかし、同時に、その異端の存在は種に活性化現象をもたらします。
実際、生物の進化の歴史は、突然変異と、適者生存によって、自然淘汰されて繁栄してきました。
それを資本主義者はレイゼフェア(自由放任)でいいと思ってきたのです。
ところが、それだと、あまりに多くの「不適格者」が置きざりにされてしまうことが明らかになってきました。
現代では、社会主義の要素を多く取り入れた、「修正資本主義」が世界の大勢を占めています。
その評価は暫く措くとしても、自然界の競争原理をそのまま人間社会に応用することはできません。
参考にするべきは参考にするのは当然でしょう。
「異端」の存在が種に活性化をもたらすというのは、人間界でも容易に見つけられます。
やはり、人類の文明が進歩してきたのは、そうした、一見「異端」に見える存在だったのです。
あらゆる種類の革命が人類に恩恵をもたらしてきたのは、論を待たないでしょう。
「勝てば官軍」という諺に象徴されるように、従来。異端=悪だった存在が正義となった例は、幾らでもあるのです。
私は、だからといって、無条件に、特に凶悪犯罪者に対して寛容の心をもて、と主張するのではないのです。
私が主張しているのは、文化が発展し、その懐が深くなるにつれて、
差別や排除の思想からの転換を図るべきということです。
幸い、日本は終戦直後の世相が騒然としていた時期に比べて、劇的ともいえるほど、治安が
向上したのです。これは、決して、警察力が向上したためだけというより、
民度と呼ばれるような、国民全体の教育程度があがり、教養も深くなり、極貧層が減少したためだったのです。
「人は放っておけば悪くなる一方」といった、性悪説に立った政策は民主主義的ではありません。
国民、特に家庭を中心にした教育の成果が民度の向上に貢献したのではないでしょうか。
存在してもいない、潜在的凶悪犯に向けてのメッセージとして、見せしめにために
ごく僅かの凶悪犯を死刑にすることにどれほどの意味があるのでしょうか。
凶悪犯と蔑まれて死刑にされた人達でも、一歩深く立ち入れば、そこには複雑な不幸がたまたま重なってしまった、という場合も少なくないのです。
鳩山奉書鵜から、「こいつだけは二度吊るしたかった」と揶揄された宮崎勤にしろ、
他人には窺いしれない不幸があったのです。
死刑囚の親族が罪を償うかのように自殺することは珍しくありません。
宮崎勤の父親も犠牲者遺族に金銭的慰謝をした後、自殺しています。鳩山氏は、「自業自得!一件落着!」
と大見得を切るつもりだったのでしょうか(苦笑)
死刑がよりオープンになったからといって、将来、日本で公開死刑が実現するとは思えません。
もしそうなれば、却って、社会は殺伐となり、残酷になるのではないでしょうか。
ごくごく僅かな凶悪犯を死刑にする(殺人罪有罪の内1%)死刑という刑罰で何が実現するというのでしょうか。


970 :リフレイン:2009/08/07(金) 07:26:45 ID:6oflkF0V0

国民、特に家庭を中心にした教育の成果が民度の向上に貢献したのではないでしょうか。
存在してもいない、潜在的凶悪犯に向けてのメッセージとして、見せしめにために
ごく僅かの凶悪犯を死刑にすることにどれほどの意味があるのでしょうか。
凶悪犯と蔑まれて死刑にされた人達でも、一歩深く立ち入れば、そこには複雑な不幸がたまたま重なってしまった、という場合も少なくないのです。
鳩山奉書鵜から、「こいつだけは二度吊るしたかった」と揶揄された宮崎勤にしろ、
他人には窺いしれない不幸があったのです。
死刑囚の親族が罪を償うかのように自殺することは珍しくありません。
宮崎勤の父親も犠牲者遺族に金銭的慰謝をした後、自殺しています。鳩山氏は、「自業自得!一件落着!」
と大見得を切るつもりだったのでしょうか(苦笑)
死刑がよりオープンになったからといって、将来、日本で公開死刑が実現するとは思えません。
もしそうなれば、却って、社会は殺伐となり、残酷になるのではないでしょうか。
ごくごく僅かな凶悪犯を死刑にする(殺人罪有罪の内1%)死刑という刑罰で何が実現するというのでしょうか。




971 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 07:36:41 ID:6oflkF0V0
訂正>>970-971
>鳩山奉書鵜
  ↓
鳩山法相

大した間違いではなかったのですが、
名前と大臣職でしたので訂正しました。

972 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 08:03:47 ID:EO+DbN/PO
山田AGとつるさんに質問
観念氏が言い出した犯罪加害者を「一次被害者」と定義することに異存は無い?

973 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 08:32:29 ID:6oflkF0V0
観念さん
>>322
>「公開絞首刑が見せしめにならないもう一つの例は、1820年のものだ。250人の死刑囚に関するイギリスの調査によれば、そのうち170名が1回以上処刑の現場を見たことがあるという。
1886年の同様の調査では、絞首刑を宣告されてブリストル監獄に拘留された167人のうち、処刑を見たことがない者はたった3人だった。」
→詳しい情報、ありがとうございます。
毎年出る自殺者総数は、3万人以上だそうですね。
原因が何であれ、その人達の頭には、「生命の尊厳」という言葉は全く、なかったのではないでしょうか。
死刑を公開すれば、社会全体が残酷になるのではないでしょうか。
曾て、日本人の自殺の定番といえば、首吊りでした。
昭和23年の最高裁死刑合憲判決では、死刑は残酷な刑罰に当たらない、とされてきました。
それに気をよくした人達が、信じて首吊りを自殺法`に選んだのでしょう。
ところが最近の主流は、練炭や硫化水素といったガス自殺が主流のようです。
果たして、「苦痛が伴わなければ残酷でない」といえるのでしょうか。
訂正>>969
>勝てば官軍」という諺に象徴されるように、従来。異端=悪だった存在が正義となった例は、幾らでもあるのです。

勝てば官軍」という諺に象徴されるように、本来、異端=悪だった存在が正義となった例は、幾らでもあるのです。


974 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 09:16:44 ID:S33+iFC00
>>963
>そのルールを守り続ける事を放棄しない
>それを自らの血肉にする努力をしてる
そういうことをするべきだという考えに至らなかったのは、本人の責任だけでなく
そういう考えに至らせられなかった社会の責任でもある。

無論「最低限」の教育の機会が与えられることはわかりきっているから、その上での発言だ。
しかし、教えるという事は単に言葉とその意味を教えるだけじゃだめだ。
相手がどんな世界観を抱いていようと納得させるだけの説明がなければいけない。
「〜は当たり前だからね」、だけじゃ子供はそれを信じる気にはならないだろう。
最低限の教育で必要十分だという補償はどこにもない
犯罪が起きないような十分な教育ができない社会、つまりは国民に問題がある。

975 :山田AG:2009/08/07(金) 09:42:51 ID:tVHjptewO
>>972
加害者を一次被害者として捉えるのには無理があると思う

976 :存置派:2009/08/07(金) 11:09:45 ID:PX/Heg4q0
>あんたの理屈は「戦争論」であり、マキャベリズムです。 すなわち、「結果が手段を正当化する」というものです。
…お前さ、クラウゼヴィッツもマキャベリも読んだことないだろ。
俺自身が「結果が手段を正当化する」と思っているとしても、あの二人は別にそういう思想を持ってたわけじゃないぞ。

で。詳しく言うと俺の思想も「結果が手段を正当化する」ってものじゃなくてなぁ。
「結果が期待できない手段は、正当化されるべきじゃない」ってことさ。
人道って結果を期待しておいて、結果的に失われうる人命に無関心なのは
神の国の為に異教徒虐殺して回った連中や、共産主義の理想の為に自国民を飢餓に追い込んだ連中とどれだけ違うのかね、と。
ま、犯罪者を進化の可能性と崇めるお前にとっちゃ「多くの人命」ってのが結果として期待したい要素じゃないんだろうけど。

あと、まぁ、どういう文化的背景で生まれ育ったかは知らないが、
自己犠牲による寛容は美徳としても、他人を犠牲にする寛容ってのは、日本でも欧米でも美徳じゃないと思うんだがねぇ。
ごくごく僅かな凶悪犯を、何もしてない一般人に負担をかけていちいち生かすって思想で、何が実現するんだ?
フランスやカリフォルニアの殺伐具合をみていると、どうもろくでもないものが実現するようなんだが。

977 :存置派:2009/08/07(金) 11:35:19 ID:PX/Heg4q0
>>952
>正しい考え方のできない出来損ないは消すという考え方がお前の考え方だろ?
誤解を恐れずに言うとさ、その問いについちゃYesなんだ。
よく「十を生かすために一を殺してよいかどうか?」ってのあるだろ。
諸々条件はあるが、一を生かすために十が犠牲になるってことがあっちゃいけないと俺は思う。
その「出来損ない」一人を生かすために、普通に生きてきた人間が二人も三人も犠牲にしちゃいけない。
だから「出来損ない」とその信者には「人殺し」と言われようが、死刑を俺は支持している。

ま、もっともイーブンな「一」と「十」とも思えんがね。
余程の境遇でない限り、今の日本では様々な人間の思想や倫理に触れる機会は無限にある。
「犯罪者としての素質」というのがどれほどのものを言うかは知らんが、
そいつを抑えて、ごく普通の人間として生きていくことは幾らでも出来たんだ。

例えばさ、仮にお前が親にまともに教育を受けさせてもらえず、高校中退→無職→引きこもりって状況だったとする。
でも、今の日本なら就職して並みの家庭を築くことも、金ためて大検受けて人生やり直すこともできるわけさ。
でもそこで「僕は努力できないように育っちゃったんですぅ!」なんて言い出したら、ただの甘えさ。
おそらくお前という個体はその甘えから永劫に脱却できないだろうし、
その甘えた個体を生かすために、通常の個体に負担をかけ続けるってのは、倫理的にも生物的にもおかしい。
お前の親御さんがいたら、俺はこうアドバイスする。「PC壊して、息子さんを家の外に放り投げるべきだ」と。

あえて挑発的な例を用いたが、このようにお前の犯罪者かわいそ論はただの甘え。
確かに、凶悪犯の中には、幼児期に親からの暴力的虐待+世間の蔑視+貧困+教育を受けられず無知…と、
「確かにそりゃ誰でも性根曲がるわ」って類もいるがね、そういう奴には「情状酌量」ってのが働くのが日本の司法だ。
凶悪犯罪を犯したからには、本人の選択以外の部分で可哀想なことが「あったに違いない」とするのは、ただの結論ありきって奴だよ。

…と、お前風に言うなら「幸福に育った」らしい俺はそう考える。
暴力つきの虐待も受けなかったし、そこそこ以上の教育を与えられてきたおかげで、
犯罪者のみではなく、その犠牲者や、犯罪者を生かすために負担を負わされる人々にも共感できる程度の心の余裕はあるんでね。

後、気になったんだが「もう責任は取ってるよ、現在進行形で」ってのはどういう意味だい?
たとえば若年犯罪者更生のための施設を手伝ったり、基金に募金してたりするのかな。
…よもや「廃止論者って時点で責任は取っているんだ!」とはいうまいね。

978 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 13:55:41 ID:SbfZAXBR0
>>976
>…お前さ、クラウゼヴィッツもマキャベリも読んだことないだろ。
→日本語ではありません。
●クラウゼヴィッツ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84
●戦争論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AB%96_(%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84)
●マッキャヴェッリ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%AA
>「結果が期待できない手段は、正当化されるべきじゃない」
>人道って結果を期待しておいて、結果的に失われうる人命に無関心
>他人を犠牲にする寛容ってのは、日本でも欧米でも美徳じゃない
続く ↓


979 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 14:51:53 ID:SbfZAXBR0
続1
お前は要するに「死刑」教信者なんだよ。
お前は、死刑の実態をどれほど知ってるんだ?
実際の死刑囚と話をしたことってあるのかい?
まっ、あったとしても、お前の立場が刑務官か、家族か、被害者遺族か、
で全く違うだろう。
死刑を執行する前、刑務官は死刑囚の身分帳をよく読んで、敵愾心を募らせるそうだ。
さもなければ、それまで何年か付き合い、必要なときには、身の上相談をしてきた刑務官だ、
人の命を簡単に奪えるものではない。
老死刑囚の命を奪うのも無意味だと思うが、まだ20代、30代、40代前半の死刑囚の
命を奪うのにどれほどの意義があるというのか。先週執行された死刑囚は若者といっていい年齢だった。
アメリカの州知事で、死刑囚に恩赦を与え、釈放したところ、すぐに殺人事件を起こした。
無論、世間の批判は激しかった。日本でも似たようなケースがあった(松戸OL殺人事件)
そういうのを「味噌と糞を一緒にする」というのだよ(笑)
厳罰か寛容かの、二者択一というんじゃないんだよ。


980 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 14:52:59 ID:SbfZAXBR0
続2
第一、これは何度も書いてるが、死刑囚を死刑にしなければならない、という必然性がわからない。
死刑囚が死んで被害者が生き返った例はない(笑)死に枕を増やすことにどれほどの意味があるというのか。
過去、問題があったのは、更生度に問題のあった人を仮釈放などにしたばかりに、全く関係のない人が犠牲になったことがある。
そういう場合は、矯正プログラムや仮釈放を決定した委員会のあり方に問題があったのだろう。
逆に、現在のような厳しすぎる仮釈放の条件の方が問題だろう。
厳罰化を無批判に進めていく必然性がわかrない。多分こういうことだろう。
1凶悪犯罪の絶対数が減少→2警察・公安・法務検察関係者の仕事が減る→3利権が減る→3天下りの減少
となる。つまり、安全で平和な社会を最も怖れているのは、当局権力者側ということなんだよ。
今から20年前なら無期懲役刑だったであろう事件の犯人に死刑判決が下ったりしている。
死刑が本当に極刑としての意味があるのかどうか、という議論は暫く措くとして、
鳩山(前法相)・森(現法相)系の勧善懲悪実現の手段として死刑を利用するのは許されるべきではない。
命を手段化するべきではないのだよ。
ベッカリーアがいみじくも言っているように「正義の見本の為の死刑が必要とするなら、見本となる凶悪犯が常に必要」
ということになってしまうんだよ。
漫画やお伽話では、常に「極悪人」は反面教師として必要だ。しかし、現実の世界で
悪者(=死刑囚)をわざわざ作り出す必要はない(爆笑)

981 :存置派:2009/08/07(金) 15:43:41 ID:PX/Heg4q0
>>980
…終わったかな。
自分の正義を汚されて頭に血が上ったの? それとも日本語は不自由なのかな?
お前にかける言葉が見つからん…ええと、うん、あれだ、「ご愁傷様」

現状で再犯が問題視されてるが、死刑を廃止して、もっと釈放される人間を増やせ。
更生してない犯罪者を緩い基準で野に放て。
警察は悪だ。刑罰を緩和して仕事を減らして頭数を減らせ。
幸せな人間を何人殺し、腸液を受け釈放されても殺し続ける人間も「悪者」にしちゃいけない
…抽出すると、まぁ、すげぇ倫理観を丸出しにして来たもんだ。

…あのさ、漫画しかどうせ読めねぇんだろうから、その漫画を読み返してみ。
ただし、どれだけ犯罪者とその味方が主人公として書かれてても、そいつら以外にも感情移入しながら読むんだ。
被害者も、犯罪に怯える一般人も、犯罪を止めようとする当局も、1コマしか登場しない奴も
現実の世界ではお前と同じように日々それなりに精一杯生きてきた人間なんだ…って思いながらよ。

馬鹿には馬鹿なりの学び方あるんだから。諦めんなよ。

982 :山田AG:2009/08/07(金) 18:05:47 ID:tVHjptewO
死刑廃止論者はどいつもこいつも遊び心があって
視野が広くて他人の痛みが理解出来て社会正義の塊で、
物事の大局を見通す力があるヤシばかりだな

983 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 18:36:06 ID:lX575iib0
>940 取り返しのつかない死刑をするとかどんだけ傲慢なのかと

そのとおり。そんな死刑を肯定するなら、同じ価値観で行われる私刑をも肯定してることになる
両者の違いは「賛成する人が多いか少ないか」という程度問題でしかない

>946

久々にソンチらしいソンチ

>947 「AはBである」という他人の主張をもってきても、「Bである理由はCだ」とする主張の補強にはならない。

別にCであることを主張するのが趣旨じゃないからね>37は
それにプロセスこそ違えど>227と>37は互いに補強しあってる。何故ならどちらも「結論(抑止力はない)は同じ」だから
ハイ反論どうぞ

> 「Cかつ≠Aならどうか」や「Aならば必ずC」というデータが必要。

それは「Bの理由はC」に異論のある者が提示すべきことじゃん?
だから俺がお前にずっとその必要性を説いては「はよ出せや」と何度も言ってるんだが。そこすらまだ分からん?

> とか言ったら正気を疑うだろう?

@いやさして疑わない。お前の喩えの稚拙さは十二分に承知してるから
Aうん疑う。その的外れな喩えの飛躍の度合いに
迷ったので両方載せました

> >37の補強に>227を使おうってのはそれぐらい無理があるってことさ

とお前は思ってる訳だな。お前の思考内容はよく分かった

>…いや、全く違うんだが…どこをどう誤読すると、そう読めるんだ…?

誤読はしてないが、>37が無根拠ならこう↓表現するのが普通だからね
>この場合の無根拠といったのはお前の抑止力無し論「だけ」でなく
まぁいいや。相手に誤解されたくないなら、以後表現に気を付けなさい

> >37は論理の上で無茶苦茶だし

どこがどう「無茶苦茶」なのか無根拠

> この程度の分量の文章を読めないって時点で

分量よりも内容なんだよ。お前だって「つまらん文章」(しかもダラダラ)読もうと思わんだろ?

> 俺が勝手に答えたとして、その答えに意味があるのかねってこと。

ないことはない。たまに参考になる横レスあるじゃん

984 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 18:36:55 ID:lX575iib0
> これ、低レベルじゃないの?

ゴキブリと人間より全然レベル高いでしょ

>948

そゆこと

>951 ネットを利用しない犯罪者予備軍をどうやって見つけるんだよ?

まずは国民が「犯罪予備軍に見え隠れする兆候」を学ぶこと。児童虐待のように通報義務を課すこと
普段から

>その前に素行に問題が無いのに突然犯罪者になる奴らをどうやって見つけるんだよ

「突然犯罪者になる」ってのは具体的に誰を指してるの?第三者にとっては突然でも日頃接してる人から見れば決して突然ではない
トラブルに巻き込まれてたり多重債務してたり、些細なことでも顔の表情が暗かったり挨拶の返事がなかったりというだけでも兆候は見える
そうした変化に鈍感だから犯罪に至る。「突然」という感覚が鈍感の証拠

> 不可能なこと言うな

不可能だと言うな。やるべきことをやってもいないくせに

> やらをぜーんぶ改善出来るのか?誰が?どうやって?

できる。国民一人一人が。手始めに「犯罪未然防止法」でも作るか

> 937の例に出てくる人間にぴったりの相手をあてがったりできるの?すべての奴に?

937?何行目の話?

>961

「バカの壁」のいい例

985 :山田AG:2009/08/07(金) 18:45:11 ID:tVHjptewO
観念、次スレ立ててよ。一発カッコイイのをさ

986 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 19:15:57 ID:OPj8GbeR0
>>984
鈍感とかそういう問題じゃないお前の言う些細な兆候だけで相手を監視管理できる
訳ないだろうが、それこそ人権無視の行動だろうが
だから国民が兆候を学んで通報義務ってお互いがお互いを監視しあうような
どこかの共産主義国みたいなありえない国家にでもなる気か?
それとも何か身の回りの人間が気付いてあげて
愛で包んであげろってお涙ちょうだいな話か?

国民一人一人が個人の主義や生活志向プライバシーを
無理矢理誰が決めたか分からない方向にもって行くような法を作れるわけが無い
そんな不自由な社会なんて誰も望まねえよ

モテナイ事の苦悩うんぬんの奴のこと



987 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 20:16:05 ID:Z0HKea0K0
>>980
長文矢印の書き込みって気持ち悪い 執拗で男性ストーカーみたい
この人、男なの 女なの?

988 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 20:28:41 ID:lX575iib0
>985

死刑に抑止力はない、というスレなら立てるけど
なんかめんどいな

>986 鈍感とかそういう問題じゃない

そういう問題

> お前の言う些細な兆候だけで相手を監視管理できる
> 訳ないだろうが

監視くらいできるだろ。そういう制度を布けば

> それこそ人権無視の行動だろうが

んじゃ被害者が犠牲になるまで放置していいの?それこそ人権無視だろ

>それとも何か身の回りの人間が気付いてあげて

それができてれば今までの殺人事件の殆どが起こってないと言える

> 愛で包んであげろってお涙ちょうだいな話か?

愛で包んだくらいでお前泣くの?おセンチな奴だな。よっぽど日頃愛に欠けてるんだな

> 無理矢理誰が決めたか分からない方向にもって行くような法を作れるわけが無い

でもお前は既にプライバシーを行政に伝えてるじゃん。住所氏名本籍生年月日納税額から結婚年月日まで。法律作れてるじゃん

> そんな不自由な社会なんて誰も望まねえよ

お前が犯罪予備軍に近いからそう思うんだよ

989 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 20:44:08 ID:EO+DbN/PO
>>975
どう思う観念

990 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 20:54:04 ID:lX575iib0
>975

どこに無理があると思うのかぇ?
いじめと一緒、という理屈は納得してるのかぇ?

991 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/08/07(金) 20:57:32 ID:lX575iib0
つか一次被害者の概念については>39その8で既に触れてるじゃん。今気付いたけど

992 :山田AG:2009/08/07(金) 21:03:56 ID:tVHjptewO
>>990
いじめの場合も、加害者は面白半分で、悪意があってやってる場合もあるので、むやみに加害者に太陽政策を施すのは逆効果かもよ。
いじめの加害者はがつんと一発、信頼のおける大人に怒られた方がいいかも。

僕は加害者は既に罰を受けているとは思わないけど、
まあ、観念氏がそう思うなら、それはそれでいいんじゃない。慈悲があって。

993 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 21:13:09 ID:EO+DbN/PO
観念がそう思うならそれでいいのか。
廃止論者にとって加害者を「一次被害者」と定義するのはその程度の価値ってことか。

994 :存置派:2009/08/07(金) 21:29:13 ID:PX/Heg4q0
>>983
>別にCであることを主張するのが趣旨じゃないからね>37は
その割には随分長々と犯罪者の心理について書いてあるようだが…
お前が>227で懸命に補強したがっているのは「死刑に抑止力は無い」という主張だけであり、
>37で延々と述べているお前の犯罪者の心理分析もどき自体は>227で補強されるものではないということでいいのかね?

>それは「Bの理由はC」に異論のある者が提示すべきことじゃん?
おや、そのルールでは最初に「〜の理由はこうだ!」という者には何の証拠の提示も要らなくなってしまうよ。
…そも、イギリスの例はどうしたのかな? お前は何一つ真っ当な反論のできていないアレに関しては?

>迷ったので両方載せました
ふむ、じゃ「稚拙な例え」とお前の虎の威未遂がどう違うのか、言ってごらん。
「お前が考えろ」は禁止だよ。…お前がどう違うのかをきちんと考えないと意味が無いからね。

>誤読はしてないが、>37が無根拠ならこう↓表現するのが普通だからね
>>この場合の無根拠といったのはお前の抑止力無し論「だけ」でなく
「お前自身が無根拠な自信を見直すきっかけになるだろうと思ったが…」
普通は、この文章の「無根拠」が文中に登場していないお前の理論を修飾すると思えないはずなんだが…?
…お前さ、ネイティヴの日本人だよな? 最終学歴はせめて高校は出てるよな?

>どこがどう「無茶苦茶」なのか無根拠
根拠を示して、一個一個嬲ろうか? お前にとって「面白い」文章にならない自信はあるが。

>分量よりも内容なんだよ。お前だって「つまらん文章」(しかもダラダラ)読もうと思わんだろ?
おや、自虐ネタは良くないよ? 毎度長ったらしい妄想を貼り付けては、総スカンをくらって「アク禁」になる観念君。
…ああ、なお、俺は自分に対する批判なら読んだあと、もっともであれば受け入れ、間違っていれば全て返り討ちにする主義だ。

>ゴキブリと人間より全然レベル高いでしょ
自分ひいきをさしひいても、五十歩百歩と思うがね。
で、犯罪者の面倒を一般人が見なきゃいけない理由はそろそろ明かしてもらえるのかね?
「国が」「社会が」と個々の構成員の権利を無視した時代遅れの低レベルな回答は、よもやするまいね。

995 :存置派:2009/08/07(金) 21:34:34 ID:PX/Heg4q0
>>982
遊び心、ね…確かに散々批判を浴びた挙句「今までのは全部釣り!」といった遊び心の塊はいたなァ
ま、俺も大局を見る視線は無いらしい。
犯罪者に同情すると同時に、彼等の犠牲になった人や、彼等の負担を負わされる人間にも視線が行ってしまう。
より多くの人間の幸福を考えると、他人に犠牲になることを強いる社会正義とやらに価値を感じられなくなってしまうよ。

996 :山田AG:2009/08/07(金) 21:42:21 ID:tVHjptewO
>>993
まあ、僕は議論によって他人の信条まで変えてやろうとは思わないから、観念が何を信じていようが、関係無いと思う。

観念は加害者にも同情できて凄いなーぐらいにしか思わないよ。

でも、犯罪の加害者って色々なタイプがいるだろうから、苦悩を背負いこんだ人間ばかりではないと思う。観念が必死で守ろうとしている犯罪加害者は、実は庇うに値しない、クズみたいな人間かもね

まあ、観念はそれでも「死んでいい人間なんていない」と答えてくれると思う。そういう人間はこの社会には必要だろう。社会のみんなが全員死刑賛成だと、ちょっと危ないと思うな。結局死刑って人を殺してる訳だし

997 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 21:52:50 ID:EO+DbN/PO
>>996
やっぱりそうやって付け足さないと不安になるわけだね。

998 :山田AG:2009/08/07(金) 22:09:24 ID:tVHjptewO
>997
え?どういう意味?なんの付け足し?

てか、本当誰が次スレ建てろや

999 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 22:17:41 ID:EO+DbN/PO
堂々巡りなんで次のスレなんか別にいらないと思うな。

「山田AGが語る廃止論」てスレなら読みに行くけど?

1000 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/07(金) 22:22:43 ID:OPj8GbeR0
>>988
トラブルや多重債務が些細な兆候に入るのがおかしいけどね
それを本人が周りには必死で隠すだろうしね
些細なことってのは表情が暗いとか挨拶しても返事がないとかの事だ
その兆候が見られただけで監視管理できるような制度が作れるかっつーの

戸籍情報を国に登録する事を拡大して個人の主義主張や生活志向、趣味まで
登録する法律を作るってーの?そんなもん出来るわけねーだろ
どんな夢想家なんだお前さんはよ

誰も被害者が犠牲になっていいなんて言ってないだろが
お前さんの主張する方法が実現不可能だって言ってるだけだ



1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

483 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)