2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part14

1 :本スレはこちらです。:2009/09/18(金) 22:01:05 ID:hrWdMUgs0
前スレ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1252052604/

何度言われても解らないゴミがいますが、ダラダラした長文や同じ文章の
末尾だけの繰り返しは止めること。
いい加減に基本的なネット上のエチケットを学習しましょう。

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/18(金) 22:10:55 ID:ei55+VDj0
まだやんの?

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 08:58:24 ID:s2oKdFt90
あっちは観念と長文矢印の隔離スレでいいのでは?
まともな議論をしたいものです。
と言っても、まともな廃止論者がいないんだからしかたないけど。


4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 11:32:13 ID:Tk025tyU0
>>3
死刑の必要性を語れる存置派が皆無なのも現実なんだが?

あなたが望む「まともな議論」とは、どんな議論ですか?
お互いに否定し合う議論ではなく、お互いの必要性を精査し合う議論ではないの?
今までの流れでは、廃止派が廃止の必要性・存置の不必要性を語り、
それに存置派が程度の低い反論を繰り返す、ってパターンでしょ。
存置派も、死刑の必要性・廃止の不必要性を語れれば良いのにね。

文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている。
この恥ずべき風習は、一刻も早く無くすべきだ。

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:05:59 ID:2L8TZOKTO
>>4
わたしは少しも恥ずかしいと思わないから死刑は残しておいて欲しい。


6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:17:01 ID:Tk025tyU0
無知って、ある意味、最強かもね…

7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:22:56 ID:TWNdc17v0
 【廃止派の代表的な死刑の抑止力に関する詭弁】

多くの廃止派が採用する抑止力がナイ理由として、国連が調査して、
「死刑に他の刑罰以上の特別な犯罪抑止力があるかということについては、
 多くの研究が行われてきましたが、その存在は、証明されていません」
という文章が発表された事実を利用して脳タリン思想を振りまいてるだけ、
なぜなら、”他の刑罰以上”と”証明されていません”という、2つのキーワードがミソ
実際には、キチンとした比較データがないことによる結果
以下詳細

【脳タリンポイント1】

国連というモノの中身は、各国の利害が渦巻いている。
キチンとした情報源もなく、真に受けるのは、ただのバカだし、
真相はキチンとしたデータがないだけで、
二元論的にあると証明できなければ無いとするのは。もっとバカ
抑止力が認められないことと、抑止力が現実にあることは別

他の刑罰と一緒かどうかは、正確な比較で判明する
また、よく使われる詭弁としての悪魔の証明による立証責任回避は、
悪魔の証明とは、存在証明のハズなのに詭弁を弄して
立証責任を存置派に無理に押し付けて議論展開を有利にしようとする詭弁

そもそも、死刑や死に対して行動強制効果があるのは、軍隊で証明されている。
歴史や事実を知らないだけ


【脳タリンポイント2】

正確な比較とは、ホントは、同じ人間がAという罰とBという罰を受ける時に
同じ反応を示すかどうかで測定できるが、問題は、正確な比較が出来てないことにある
廃止派の言い分は、違う刑罰なのに人間は同じ反応をするという
荒唐無稽なこと言ってるのに、海外の廃止論者の詭弁にだまされて思考がストップしてる


【脳タリンポイント3】

統計結果として使えるまでに数字がこなれてない(収束してない)という事実を利用してるだけ
人間が違い、環境や状況も違う以上は、同じ条件化では、測定不能
実効性として、抑止力の証明は結局、統計に頼るしかないが、
いかんせんデータが圧倒的に足りないし、比較するデータの種類も少なく
それにより、死刑に抑止力がない等と言い切るのは、荒唐無稽
閉鎖的空間ではなく、現実社会での数字は、他の雑多な影響が混じり、いい加減になる
また、犯罪統計の元は、犯罪認知件数を元に作られているという事実もある
ただし、廃止国が増えている実状から、今後面白いデータが出てくるのは、目に見えている
事実として、廃止して治安が悪くなったデータの方が多い



8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:23:57 ID:TWNdc17v0
続き
【脳タリンポイント4】

数字が全く理解できないほど低脳
抑止力を測定する場合は、モチロン抑止が効いた人間の数を比較するのが順当である
抑止効果がわからないとか少ないから廃止というのも、人命軽視の恐ろしい詭弁

仮に抑止が効くとした場合、死刑になる様な犯罪者が平均して3人殺している場合、
 年間に4人、死刑があるおかげで犯罪を思い止まれば、効果として被害者人数で12人、
 つまり、ほぼ、現在の死刑執行人数と比較して、凶悪犯罪者と被害者の命は等価になる
 年に1300〜1500件の殺人犯の内で4件、もしくは、1億人の中から4件殺人事件が減ればいい計算になる
 それが、数字として感知できなければ、無いと言い切る根拠は全くない
 殺人発生率がさほど変わらずに、年に一件でも効果絶大だと思われる
上記のような正確な比較や数字検討は現実には一切なされていない


【その他の脳タリンポイント番外】【完全なる妄想や詭弁の類】

(死刑を犯す犯罪者は、死刑を犯行時見据えてないから効果がナイ等)
全ての刑罰違反者は、犯行時に刑罰を見据えている確率は少ない。当たり前のハナシ
遅刻を犯す人間は、刑罰が効かないと言ってるのと同じ
抑止が効かない例だけに注目して抑止のハナシをする。完全な詭弁

(現在の死刑は、適用が少なく、滅多に適用されないから抑止にならない等)
全ての犯罪者が、死刑の適用状況を正確に把握していたり、
自分の未来の裁判結果を想定しているとは限らない。完全な詭弁

(アメリカでは抑止力が無いという研究結果が出ているという噂があるらしい)
上記でも述べているが、キチンとした比較によってなされていない。
また、アメリカでは、FBIやSWATなどが存在し、スーパーで銃が購入できるような銃社会で
刑務所では、殺人や暴動が発生している。
これらの事実を考慮するならば、もしあなた凶悪犯罪者であるなら、
もし死刑にならなくても、州警察ではなく、連邦警察と銃撃戦をやって射殺される確率が高く
刑務所に入っても身の安全は保証されていない。という結果になる。
その状況下での死刑の抑止を日本での死刑の抑止に当てはめようとすること自体が間違い。



9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:27:50 ID:D7P8wVae0
事実上、このスレがyurikoや観念の隔離スレとなっているような気が・・・w
まあ、ここであれこれ書いても実社会に影響があるとは思えないし、思う存分
ここで無駄な時間を使って頂くのが一番いい形なのではないでしょうか?w

某学習障害者のために、>>1の注意文を私もコピペしておきます。
何度言われても同じ犯罪を繰り返す奴に対して、更生教育が意味あるのか、
それとも馬鹿は死ななきゃ治らないのか、このスレで観察してみましょうw
yurikoの場合は死ななきゃ治らないような気がしますが・・・、もしかして
今後改善されるならば、ちょっとは見直すかもねw

>何度言われても解らないゴミがいますが、ダラダラした長文や同じ文章の
>末尾だけの繰り返しは止めること。
>いい加減に基本的なネット上のエチケットを学習しましょう。

10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:36:27 ID:cnK3Qo8O0
>>9
病原菌みたいな連中だから、どのスレでも現れる。


11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 12:37:09 ID:TWNdc17v0
>>4
横レスだが
>死刑の必要性を語れる存置派が皆無なのも現実なんだが?

随分、現実認識が違うもんだw

>あなたが望む「まともな議論」とは、どんな議論ですか?
>お互いに否定し合う議論ではなく、お互いの必要性を精査し合う議論ではないの?

まともな議論って今迄ないから示しようもナイw
そう思うけど?廃止派がキチンと議論のテーブルについたことある?

>今までの流れでは、廃止派が廃止の必要性・存置の不必要性を語り、
>それに存置派が程度の低い反論を繰り返す、ってパターンでしょ。

どっちが程度の低い反論かは、個々の価値判断だが・・・

>存置派も、死刑の必要性・廃止の不必要性を語れれば良いのにね。

はぁ?抑止力、7-8で理由は示してる

>文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている。
>この恥ずべき風習は、一刻も早く無くすべきだ。

先進国として、日本を無視する理由は?
他国がやったから正しいという意見は論理的ではない
何故恥ずべき風習なのかの具体的な説明は?

俺の価値観では、あなたの書込みは程度が低い
あなたの価値観では、俺の書込みは程度が低い
議論から逃げ出せずに最後まで答えれる廃止派が今迄いた?

12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 13:01:05 ID:2L8TZOKTO
>>6
それは貴方の敗北宣言と受け取らせていただきます。

13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 13:05:40 ID:s4h7wCiP0
>>4
>文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている

ヨーロッパの中で先進国と呼ばれる国でイギリス・フランスは核保有国、
その他ほとんども核共有国ですが、日本も文明国に倣い核武装した方がいいと思いますか?

14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:34:50 ID:9Ks5cJdcO
核の保有と死刑の存廃は関係無い

15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:40:43 ID:k2gE09q10
>>14
そうだね。
廃止派が「先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いているから廃止すべき」という理屈を持ち出すまではそうだったね。

16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:41:58 ID:1Pe5AykJ0
なら、他国の死刑廃止と日本の死刑存置も関係ない

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:49:20 ID:k2gE09q10
>>16
最初からそういう話だよね。

18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:57:06 ID:e4StSbZe0
文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが核保有に傾いている。
この恥ずべき風習は、一刻も早く無くすべきだ。

文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが兵器輸出に傾いている。
この恥ずべき風習は、一刻も早く無くすべきだ。

さぁ我々も文明国として恥ずかしくない選択をしましょう。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:57:08 ID:+LyZ4g0u0
まあ、世の潮流だから廃止しろ、だなんて形でしか推進できないなら、
裏を返せば国民を死刑制廃止に傾けさせるだけの力と説得力が廃止派にないって事で、
そんないい加減なものならなおのこと拒否すべきって話になるだけなんだけどな。

20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 14:57:27 ID:1Pe5AykJ0
>>17
日本ドメスティックな問題。
歴史とか宗教とかは他国と比較できない
例えば、外国人のいでたちを見て前近代的などということ自体ナンセンス

21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 15:10:02 ID:k2gE09q10
>>20
それは「先進国と呼ばれる国の殆どが○○に傾いているから○○すべき」という理屈を持ち出さない側の話。
持ち出してしまった側は核保有と死刑廃止が同じ理由で正当化されてしまうから、核も認めないとダブルスタンダードになってしまう。
だから廃止論は破綻する。

22 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 04:52:20 ID:/+geGh7C0
>>11
>随分、現実認識が違うもんだw
では、死刑の必要性を説いて頂きたいね。

>そう思うけど?廃止派がキチンと議論のテーブルについたことある?
キチンとした議論のテーブルってどこ?

>どっちが程度の低い反論かは、個々の価値判断だが・・・
死刑の必要性、死刑の不必要性をお互いに出し合い、そこから問題点を議論すればいい。
死刑の必要性も説けないで、程度の低い否定ばかり繰り返してるのは、存置派ですよ。

>はぁ?抑止力、7-8で理由は示してる
死刑でしか得られない抑止力など、幻想ですから。

>先進国として、日本を無視する理由は?
何言ってるの? 無視って何?

>何故恥ずべき風習なのかの具体的な説明は?
暴力で問題を解決しようなどという風習は、恥ずべき風習だ。

>議論から逃げ出せずに最後まで答えれる廃止派が今迄いた?
議論がまともに続くなら、最後まで付き合うよ。
やれ「自演だ」、やれ「キチガイだ」、やれ「宗教だ」などと、
訳のわからんイチャモンを付けて、議論を壊すのは常に存置派だろうに。

>>13
>その他ほとんども核共有国ですが、日本も文明国に倣い核武装した方がいいと思いますか?
いいえ。
核の悲惨さ、核の現実、核の歴史を知れば、核武装など日本がするべきではない事くらい、
普通の認識なら理解できるはずなんだが。
先進国の例を出したのは、
先進国と呼ばれるような、物質的に余裕があり、高度な教育を受けられ、
暴力などに頼らず、暴力など用いなくても、安定した生活が出来る環境で、
刑罰として殺人行為を正当化している社会は異常だ、という事を言いたかったから。
核の背景と死刑の背景は、全く違う。
小学生レベルの比喩でしょ。

>>21
そんな発言を恥ずかしくもなく堂々とするから、まともな存置論者がいないって言われるんだよ。

23 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 05:01:15 ID:74nhS4Od0
>>22
内容がなくてもとにかく何か書いておこう、というのが許されるのは、大学の入試テストまでだよ?

24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 05:08:37 ID:/+geGh7C0
>>23
内容が理解できない議論に、首を突っ込むもんじゃない。
理解できるようになってから、参加しなさい。


25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 06:56:02 ID:0S9BOrPV0
>>22
暴力で問題を解決???
犯罪者を捕まえて裁判にかけて裁判の結果が出るその時点で問題は解決してる
その先は問題を解決すると言う過程では無いあくまで裁判の結果を執行しているに
過ぎない
死刑の必要性?刑罰として必要
凶悪な犯罪者の再犯を防ぐ事が出来る、それ以上に何が必要?
死刑にしなくても再犯は防げるなんて言う話は絶対的終身刑が成立する見込みが出て
絶対的終身刑が成立してからの話だ
その見込みもない今の時点で死刑廃止の必要性は普通の人間には感じられない

他国の話を持ち出せばそういう批判は出るのは当たり前
自国の方針を他の国がこうだからこれが正しいからと言って無条件で受け入れるような
姿勢の方が恥ずかしい



26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 08:10:20 ID:R10ySuP2O
>>22>>24
みっともない。
お前の負けだよ。

27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 09:32:58 ID:YqvtTbYw0
>>22
>>随分、現実認識が違うもんだw
>では、死刑の必要性を説いて頂きたいね。

死刑の必要な理由は抑止力

>>そう思うけど?廃止派がキチンと議論のテーブルについたことある?
>キチンとした議論のテーブルってどこ?

どこ?って場所が知りたいの?ココでしかありえない
こんなバカな返答しか書き込まないから、中傷されるんじゃない?
何が小学生レベルなんだか・・・
あなたなりに議題とルールとゴールを決めて、キチンとしたテーブルを作れば、話になるんじゃない?
意味分からないなら別にかまわないけど・・
どうにもレベルが低いと思われる原因は、自分の発言が招いていると思う

>死刑の必要性、死刑の不必要性をお互いに出し合い、そこから問題点を議論すればいい。
>死刑の必要性も説けないで、程度の低い否定ばかり繰り返してるのは、存置派ですよ。

抑止力と既に書いてる。あなたの不必要性は?

>死刑でしか得られない抑止力など、幻想ですから。

なんで幻想と断定できるの?

>>先進国として、日本を無視する理由は?
>何言ってるの? 無視って何?

4での文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている。 に対応した返答だが・・・
日本では、少なくとも世論は、廃止に傾いてないよ

>暴力で問題を解決しようなどという風習は、恥ずべき風習だ。

「恥ずべき」はあなたの感覚文言なので、否定はできない
こちらの個人の感覚では、死刑=暴力とは考えないし、
また、立派な法であるとして、風習とも捉えていない

>>議論から逃げ出せずに最後まで答えれる廃止派が今迄いた?
>議論がまともに続くなら、最後まで付き合うよ。

では、最低限、議題やルールやまともを定義すべき
自分のルールで、最後まで付き合わないなら、逃げたと思われるのはしょうがない
あとは、質問内容にキチンと答えているかどうかもハッキリさせないと

>やれ「自演だ」、やれ「キチガイだ」、やれ「宗教だ」などと、
>訳のわからんイチャモンを付けて、議論を壊すのは常に存置派だろうに。

他人から見るとその素養が充分に感じられるから、そういう文句が出てるだけ
あなた自身が議論を壊さず続きを述べればいいのでは?


28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 09:34:42 ID:YqvtTbYw0
>>22 続き
横レスとプラスアルファ

13と21が何で核の話を持ち出したのかの文脈が理解できてないだけでは?
4は、こちらでも勘違いする文章だ

>先進国の例を出したのは、
>先進国と呼ばれるような、物質的に余裕があり、高度な教育を受けられ、
>暴力などに頼らず、暴力など用いなくても、安定した生活が出来る環境で、
>刑罰として殺人行為を正当化している社会は異常だ、という事を言いたかったから。
>核の背景と死刑の背景は、全く違う。
>小学生レベルの比喩でしょ。

のような文章で、初めて高度な教育と安定した生活が出来る環境がキーワードであることがわかり、
先進国が実は関係がないと分かる
であるなら、4での、文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている。
では、言葉不足でしょ。どう読んでも先進国=死刑廃止のようなロジックと捉えられる
違うなら違うでキチンと説明した方がいいのでは?
高度な教育と安定した生活が出来る環境が死刑廃止とどう関係してるのかを述べるべき
何が小学生レベルの返答や比喩かを、よく考えた方がよい

ホントに高度な教育と安定した生活が出来る環境が先進国で揃ってるなら、
日本より犯罪発生率が高くて、死刑の不必要性を説いているのかも意味不明
結局、ロジックがハッキリしてないから突っ込みが入る

>そんな発言を恥ずかしくもなく堂々とするから、まともな存置論者がいないって言われるんだよ。

人の批判より、キチンとロジックを述べたら?
察するに、自分はキチンとロジックを述べているつもりで、
相手は述べていないと言ってるだけ
会話や議論をする気がないのは、どっち?
なんだかホントに日本語学校みたいだ・・・


他人から見ると
>>4
存置派が程度が低い
先進国は廃止だ
>>22
存置派が程度が低い
と、全く内容の無い意見を述べているとしか解釈できない


29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 11:26:35 ID:74nhS4Od0
冤罪理由の存廃議論パターンA

廃止派「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さないよ。だから死刑廃止」

容認派「無辜の人間が死ぬリスクは死刑以外でも発生するから、死刑廃止論を通り越して刑罰廃止論だよ」

廃止派「常識的に刑罰が廃止できるわけないだろ。だから死刑だけ廃止」

容認派「常識を盾にとっていいなら、死刑容認が日本の常識だから・・・」

廃止派Dead end

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 11:34:26 ID:7Z2Vu4CU0
ウォーカー君が住んでいるカリフォルニアで死刑を執行しようとしたにも
拘わらず、注射の針が上手く血管に入らず執行を中止した事件があったね。
薬物注射なんていう方法を取るからそういうことになるのだよ。
首に縄をかけ落下させて一瞬のうちに頸骨を骨折させ、神経・動脈を断裂させ、
意識と生命を失わせる日本型の処刑法にすれば良かったのに・・・。
野蛮国アメリカの中でも、カリフォルニアは特に野蛮な州だね。
まあ、ウォーカー君が住んでいるのだから仕方ないかw

31 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 12:06:56 ID:/+geGh7C0
>>25
>暴力で問題を解決???
死刑は、立派な暴力。 殺人行為と言う暴力だ。

>死刑の必要性?刑罰として必要
死刑という暴力に訴えなくても、刑罰の目的は達せられる。
過剰な刑罰と言える。

>絶対的終身刑が成立してからの話だ
○○がないと、○○できないって、子供の良い訳ですか?

>>27
>死刑の必要な理由は抑止力
その抑止力は、証明できるのか?

>どこ?って場所が知りたいの?ココでしかありえない
ここですか… ここがまともですか…
顔も見えず、匿名で、罵声や罵倒の絶えないここが、まともですか…

>抑止力と既に書いてる。あなたの不必要性は?
死刑には特別な抑止力はない。
人間が人間を殺す行為、殺す行為に対する価値観への影響、冤罪の危険性、など。

>なんで幻想と断定できるの?
どこにも、死刑でしか得られない抑止力を証明していないから。

>日本では、少なくとも世論は、廃止に傾いてないよ
『殆ど』の意味、理解できる?

>こちらの個人の感覚では、死刑=暴力とは考えないし、また、立派な法であるとして、風習とも捉えていない
この発言自体が、恥ずべき対象なんですが?

>では、最低限、議題やルールやまともを定義すべき
勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。
罵倒しない。
相手の質問には、極力答える。
こんなルールだけで、十分、今よりは建設的な議論ができる。

>他人から見るとその素養が充分に感じられるから、そういう文句が出てるだけ
勝手な思い込みにより、議論を壊しているんだろ?

32 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 12:37:52 ID:O7UalyBM0
自分は死刑の存在が必要だと感じているけど、
キチガイ鳩山が、死刑反対の千葉景子を法務大臣にしたから、
しばらく死刑の執行はないだろう。

法律できまっているのに、こんな事許されるの?
民主党政権って糞だよ。

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 12:38:25 ID:/+geGh7C0
>>28
>のような文章で、初めて高度な教育と安定した生活が出来る環境がキーワードであることがわかり
「先進国」の定義も理解してないの? 先進国=核、って感じなのか?
呆れるしかできんわ。

>高度な教育と安定した生活が出来る環境が死刑廃止とどう関係してるのかを述べるべき
歴史を学べば、簡単に導き出せるんじゃないの?
十字架も魔女狩りも拷問も残忍な処刑も、歴史から消えていった。 何故だと思う?
人間が成長し、文明が進化したからだよ。

>結局、ロジックがハッキリしてないから突っ込みが入る
理解の浅さ、想像力の欠如、学ぶ姿勢がない、だから、下らん突っ込みを入れるんだろ?

>会話や議論をする気がないのは、どっち?
最低限の理解や知識を持ってから、参加したら?

34 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 13:52:26 ID:YqvtTbYw0
>>31
>その抑止力は、証明できるのか?

単純に抑止力はある。軍隊などで証明されてる
7-8は読んだの?同じ話を何回も聞かないと理解できないの?
ただし、キチンと他の刑罰との比較証明はできてない
よって、死刑の抑止力について議論するなら、どうしてもメタな話になる
メタな議論であれば、死刑に抑止力があると考慮する方が自然

>顔も見えず、匿名で、罵声や罵倒の絶えないここが、まともですか…

じゃマトモに議論する気ないの?
まともかどうかは相手しだい、自分しだいじゃないの?
別に相手が変でもマトモな意見を言ってれば、支持は得られると思う

>>抑止力と既に書いてる。あなたの不必要性は?
>死刑には特別な抑止力はない。

その抑止力はないは、証明できるのか?
>>7-8で既に出てるような詭弁はやめて欲しい
既に述べてるけど、お互いハッキリとした証拠は無い
よってメタな議論になるけど、議論を打ち切って逃げてるのは廃止派と思う

>人間が人間を殺す行為、殺す行為に対する価値観への影響、冤罪の危険性、など。

全部、以前に出たことのあるハナシだな
今までのハナシのどこの部分や何に納得できてないの?

こっちは、人間が人間を殺す行為も必要であるという考え
好きで、人間を殺しているわけではない。あくまで、アクションありきのリアクション
アクションが無くなれば、死刑の執行も無くなる
価値観の影響って何?
現在、死刑がある社会だが、その価値観の影響は誰に対してどこに出てるの?
冤罪の危険性は、全ての刑罰につきまとうし、
散々、既出の話だけど、死刑の冤罪だけが特別に許せない理由は?
ロジックとして、冤罪の危険性が原因で、死刑廃止したら、その原因はどうなる?
冤罪の危険性がない現行犯や、しっかりした証拠のある犯罪者に対しては死刑の執行は?

>>なんで幻想と断定できるの?
>どこにも、死刑でしか得られない抑止力を証明していないから。

ハァ・・・7-8は読んだ?
証明できてないことと、現実は別でしょ
そんなに証明にこだわるなら、死刑囚を使って実験でもしたらイイと思うけど
無いと考える方が異常に不自然

>>日本では、少なくとも世論は、廃止に傾いてないよ
>『殆ど』の意味、理解できる?

元のロジックは?だったら先進国は廃止理由にならない

>>こちらの個人の感覚では、死刑=暴力とは考えないし、また、立派な法であるとして、風習とも捉えていない
>この発言自体が、恥ずべき対象なんですが?

恥ずべきという感覚文言では、どうにもならんと言ってるのだが・・


35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 13:53:21 ID:YqvtTbYw0
>>31 続き
>>では、最低限、議題やルールやまともを定義すべき
>勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。
>罵倒しない。
>相手の質問には、極力答える。
>こんなルールだけで、十分、今よりは建設的な議論ができる。

ハッキリ言うと不十分、キチンと議論する議題は何?
漠然とした命題で議論しても決着がつかないし、建設的にもならない
どうなったら、議論に決着がついたと定義するの?ゴールは何?

>>他人から見るとその素養が充分に感じられるから、そういう文句が出てるだけ
>勝手な思い込みにより、議論を壊しているんだろ?

だから、議論のルールやゴールを決めないと・・・
”議論を相手が壊している”が、あなたの主観だけでは、それも勝手な思い込みの可能性もある


あなたの書込みからして、そもそもロジックという概念が理解できないと思われる
結局、何が言いたいのかハッキリしない。

「他人の意見の一部分に文句つけたい」「もしくは、何か言い返したい」
ぐらいのレベルの返答としか受け取れない。あなたの言いたいキチンとした論旨は一体何?

お互いに、相手の意見を考慮せずに、主観でしか述べなければ、
あなたの主観ではそうかも知れないけど、こっちはそうは考えないよ
それでハナシは終了じゃない?それが議論なの?
議論を壊している以前に、議論になってないよ

まず議題は何にするの?
死刑に抑止力はあるか否か?という命題を採用するのか
死刑は国家の殺人であるか否か?という命題を採用するのか
それについてのお互いの考慮ポイントは何なのか?

抑止について話がしたいなら、
こっちの抑止力についての考察はある程度>>7-8で既に述べてる

あなたのやるべきことは、抑止力についてなら、
まず、あなたなりの抑止力が何故ないと考えられるのかの考察を述べ
>>7-8にキチンと反論するするのが順当だと思う
こちらのやるべきことは、考察は述べてるから、あなたの意見に反論するしかない
その意見が、ロジックもハッキリしてない中身の少ない文章では意味もない
あとは、あまりにもバカらしくて相手が返答を反す気もしないというのもありえる


36 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 13:54:12 ID:YqvtTbYw0
>>33
>のような文章で、初めて高度な教育と安定した生活が出来る環境がキーワードであることがわかり
「先進国」の定義も理解してないの? 先進国=核、って感じなのか?
呆れるしかできんわ。

あなたの文章から想像されるロジックからは、そういう風に読み取れる
先進国=死刑廃止、先進国=核でなにがどう違う?どっちも説明が足りないし乱暴なロジック
だから、自分以外にも13,21にも思われてるし、そういう反論になる
なんで、先進国の定義話になるのかのハナシの経緯や文脈も理解できないの?
自分の文章の稚拙さが招いたのが発端
こっちが呆れるしかできん

>>高度な教育と安定した生活が出来る環境が死刑廃止とどう関係してるのかを述べるべき
>歴史を学べば、簡単に導き出せるんじゃないの?

アホくさいな、以前と全く一緒のハナシだな
歴史は有史以来、死刑が存続してることを示している
「歴史を学べば」の中身を話さないと意味はない、なんで簡単に導きだせるのかが、分からない
少なくとも、あなたの文章からは、到底導きだせない
それで、理解しろって方がハナシの筋としてムリ

>十字架も魔女狩りも拷問も残忍な処刑も、歴史から消えていった。 何故だと思う?
>人間が成長し、文明が進化したからだよ。

イヤだから、そんなロジックは説明不足、もしくは、理解不能のロジック
人間が成長し、文明が進化すれば、刑罰がどんどん軽くなるって何?

>>結局、ロジックがハッキリしてないから突っ込みが入る
>理解の浅さ、想像力の欠如、学ぶ姿勢がない、だから、下らん突っ込みを入れるんだろ?

全部、相手の責任だな
それは、あなたにも言えることだと思わないの?
現在、この掲示板や、日本は、理解の浅さ、想像力の欠如、学ぶ姿勢がない
だから、俺様理論が正しいくて、相手が悪いのか?

>>会話や議論をする気がないのは、どっち?
>最低限の理解や知識を持ってから、参加したら?

じゃ、相手しなければいいんじゃない?
こっちも相手したくないときもあるよ
こっちの主観だが、最低限の会話のルールがわからなければね

37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 16:32:24 ID:rCxBAr1GO
>36
お前 アホだろ?


38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 16:40:52 ID:R10ySuP2O
先進国=主にキリスト教国=キリスト教的近代化により死刑廃止
かも知れんから、「先進国=死刑廃止」だって乱暴。
「先進国=主に戦勝国=核武装」と乱暴な一般化という意味では一緒やね。
ちなみにこの見方の場合、日本が核武装せず、死刑も廃止しない理由付けには一応なるねw

39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 17:24:34 ID:YqvtTbYw0
>>38
結局、自分の文章の中のロジックが何か?という視点が全くないだけだと思う

>>4で、
文明を築き、先進国と呼ばれる国の殆どが廃止に傾いている。
この恥ずべき風習は、一刻も早く無くすべきだ。
    ↓
先進国=死刑廃止はおかしくない?
だったら先進国=核武装も考えられるよね?
    ↓
>>22で、
先進国の例を出したのは、
先進国と呼ばれるような、物質的に余裕があり、高度な教育を受けられ、
暴力などに頼らず、暴力など用いなくても、安定した生活が出来る環境で、
刑罰として殺人行為を正当化している社会は異常だ、という事を言いたかったから。
    ↓
じゃ、先進国が理由じゃなくて、
物質的に余裕があり、高度な教育を受けられるとか、安定した生活が出来る環境も
理由にならないんじゃない?詳しくは死刑と何の関係がある?
    ↓
>>33
>高度な教育と安定した生活が出来る環境が死刑廃止とどう関係してるのかを述べるべき
歴史を学べば、簡単に導き出せるんじゃないの?
十字架も魔女狩りも拷問も残忍な処刑も、歴史から消えていった。 何故だと思う?
人間が成長し、文明が進化したからだよ。
    ↓
じゃ、物質的に余裕があり、高度な教育を受けられるとか、
安定した生活が出来る環境も理由じゃなくて、
歴史を学び、人間が成長し、文明が進化したことが、死刑と何の関係がある?
    ↓
  今、ココ

結局、死刑の廃止理由を明確に述べてないとしか、理解できない
全て、自分が何を書いているのかロジックが何か?という視点がない
自分の文章が稚拙であることが原因

そして、守るべきルールは
>勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。
>罵倒しない。
>相手の質問には、極力答える。
だそうだw


40 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 17:52:34 ID:0S9BOrPV0
>>31
問題の解決は犯罪者を逮捕し裁判を受けさせ事実認定が済み判決が出た時点で
終了、判決はどのようなものでも問題の解決した後の結果であり
問題の解決のプロセスでは無いと言ってる
死刑で問題解決なんてこっちは言ってないが

犯罪者が社会に戻れないようにするには、今は死刑にするしかない
死刑の次は無期である今の状態で廃止なんてもってのほか
ましてや日本で絶対的終身刑が実現することはありえないので
話にならん



41 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:10:24 ID:74nhS4Od0
廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

42 :存置派:2009/09/20(日) 18:14:28 ID:XA6NHa2WO
>>31
混ぜてもらっても良いかな?
ダメなら良いが。

とりあえず暴力って意味じゃ懲役も罰金も暴力だ。
あとは必要性の問題なんだろうが
コストについてはどう考える?
金は大事だよ。…何たって病人や怪我人、娑婆で苦しむ一般人の命も救えるんだから。

あとさ、何を恥ずべきかってのは公共の福祉に反しない限り自由じゃないかな?
何も「死刑に反対しない奴は思想訓練所で再教育だ」とか言ってるわけじゃないしさ

43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:20:21 ID:iK/qPEjy0
このスレにも永山基準はおかしいと考えてる人は多いと思う。
星島被告の上告見送りを撤回して欲しい人、どうか東京高検にメールを!

東京高等検察庁
tp://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_tokyo/h_tokyo.shtml
東京高等検察庁へのメールはこちらから をクリックするとメールフォーム
tp://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_tokyo/oshirase/01111200603080/iken.html

この事件が無期でも検察がかなり頑張った結果なのは知ってる。
でも、検察には最高裁まで戦ってもらい、出来れば死刑を勝ち取ってもらいたいし、
また無期判決を最高裁が支持すれば、最高裁は世論の批判にされされる事になる。
この永山基準のおかしさがクローズアップされるのは確実だと思う。
被害者の命が軽視される現状を打破する契機にして欲しい。

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:44:38 ID:F/FyWpyv0
本村原理主義、被害者感情絶対主義の時代は終わった。
日本は一方にぶれる国家。
小泉の高い支持率が、とたんに民主党の高い支持率、
まさにオセロゲームの如し。
その意味において、本村洋も謙虚さがたらなかった、この一語に尽きる。
本村原理主義は被害者感情絶対主義以上に議論を深化させなかった。
本村原理主義は死刑存廃論を思考停止状態に陥らせたといえる。
議論するためには全見解を国民に提示することが必要。
民主党のマニフェストを読んで民主党に投票した有権者は10%程度しかいない。
そのマニフェストを契約書として契約の履行をしようとしているのが現在の姿。
まさに約款を読まずに契約した消費者の如し。
死刑論の全論理を理解されたし。
被害者感情絶対主義、
現在の制度、つまりは死刑肯定絶対主義の時代は終わったのだ。
謙虚になれ、
議論をした後、最後に主義を選択せよ。
脳神経の快楽に導かれ、おのれの主義が先にありきの脳神経作用の欺瞞に陥るな。
謙虚になれ。


45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:46:20 ID:F/FyWpyv0
そもそも、このスレにいる死刑論者の脳は転向する脳ではない。
それは殺人者が殺人をするのと同じく必然の世界なり。
ゆえに、このスレは各説に立つ各自が思考のウォーミングアップをする場なり。
殺人者が殺人を犯すのと同様に、
意思決定の自由のない死刑論者はその自由のない意思によって死刑に固執する脳に支配されておる。
従って、このスレの死刑論者は決して転向をすることがないであろう。
それはまた、彼を支配する脳が頑なに転向することを拒むのは、
終身刑論者が死刑論者に転向することよりも強い脳の抵抗に支配される。
脳が強い拒否反応を示す。
自由意思のない脳の支配からは誰も逃れられない。
死刑存廃の決着は
いまだ死刑存廃に関して詰めた思考をしたことのない人間、
思考がぐらついている人間に、
全主張を提示し、ニュートラルな人間、ぐらついている人間を説得し、
はっきりとした立場をとらせることにある。
そのために叩く、対立した説を叩く、論理をもって。
頑なまでに抵抗するであろうが。
かなりの部分は論理の問題。
最後の選択は純粋思弁的論理ではなく、主義の問題。
論はサイエンス・論理の世界なり、主義は価値観の世界なり。
人間に自由意思がなく、自由意思のない脳に支配されておるのはサイエンスの世界なり。
自由意思否定論、ゆえに社会的責任論、復讐権としては終身刑を与える主義、
復讐権として死刑を認めるか、終身刑にするかは人間観の価値観による判断なり。
どちらの選択もありえよう、あとは国民の判断なり。
当方、あくまでも自由意思否定論、社会的責任論、自由意思のない殺人者の脳を生かす道を選択す。
自由意思否定論はサイエンス、科学の世界なり。
死刑論はイデオロギー、主義主張の世界なり。
選挙同様、100%の国民が同一政党に投票することはなかりけり。



46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:47:43 ID:F/FyWpyv0
人間の脳は甘いもんやあらへんで。
確かに、改善更正社会復帰ということができればそらええ。
だが、人間の脳はそんなに甘くはない。
愛犬家殺人の関根、快楽殺人鬼の松永、
ロボトミーでもせんと改善更正は無理やろな。
ムショ内で生かす、ただそれだけのこと、
わしは別に彼らに悔い改めてを期待はしとらん。
理想は悔い改めてやろがな。
生かしたいから生かすわけでもないしのお。
改善更正社会復帰は出所を前提とした制度。
終身刑囚に改善更正はあれば被害者遺族はよかろが、
ないものねだりをしても無理なものは無理。
人間の脳の中には深い絶望がある。
逃げずに人間の真理に直面されたし。
酷な言い方だが、それがいやなら無人島でLOSTよろしく生きるしかない。
人間社会で生きる以上、誰かに殺される抽象的危険は誰しもが持っている。
それが交通事故、医療事故などの「許された危険(Erlaubtes Risiko)」なのか、
殺人者による故意殺人かの違いはあるがな。
残念だがな。


47 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 19:06:49 ID:F/FyWpyv0
排除の論理、差別、排除、これは人間集団の必然だ。
差別、排除の意識が死刑を生む。
日本の場合、農民中心の共同体村国家、江戸幕府の長い統治、戦争時の人権制限の激しい統治、
戦後の高度成長期の製造業を主体とした組織構造。
これらが自由主義、個人の尊厳に制限的に働いた。
贈収賄の製財官の村的談合システムもこの現れである。
死刑を好むものは、被害者遺族が感情的に死刑を求める本村原理主義、被害者感情絶対主義を別にすれば、
自由主義、個人の尊厳という憲法の基本概念の回路が脳内でできていないことに起因する。
法律家に死刑廃止論者が多いのは、憲法を徹底的に学び、自由主義、個人の尊厳を叩き込まれ、
また、刑法を学び、自由意思否定論(社会的責任論)に対しても理解があるからである、
行為無価値、要するに行為者を道義的非難する道義的責任論が主体であったことも日本的文化構造に起因する。
とはいえ、日本の法律家、検察官、裁判官は論理としては道義的責任論に立っている者が多いが、
その矛盾は充分理解しておるのであり、
明治大正戦前教育を受けた者はその文化的背景から道義的責任論にたちやすいが、
科学が進歩し、脳に対する研究の進んだ今日、社会的責任論が主流となる環境は整っておる。、
いわゆる責任論において、社会的責任論ではなく、道義的責任論が主流となった理由は
国民の基本的人権に関する意識がそこまで高くなかったゆえである。
個人の尊厳、自由意思否定論、社会的責任論、これらの概念が根底にない者はそもそも死刑廃止論を理解する能力はないのである。
国民の人権意識、人間の脳に対する理解を学校教育でより進める必要がある。

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 19:18:46 ID:74nhS4Od0
>>44-47
それは無い。

49 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 19:24:28 ID:COTn+Si3O
>>44-47
連投うざい。死ね

50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 22:24:20 ID:mfn7AB1v0
>>49
↓このレスのレス流しかと思われ。埋没して目立たなくなってるし。

43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 18:20:21 ID:iK/qPEjy0
このスレにも永山基準はおかしいと考えてる人は多いと思う。
星島被告の上告見送りを撤回して欲しい人、どうか東京高検にメールを!

東京高等検察庁
tp://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_tokyo/h_tokyo.shtml
東京高等検察庁へのメールはこちらから をクリックするとメールフォーム
tp://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_tokyo/oshirase/01111200603080/iken.html

この事件が無期でも検察がかなり頑張った結果なのは知ってる。
でも、検察には最高裁まで戦ってもらい、出来れば死刑を勝ち取ってもらいたいし、
また無期判決を最高裁が支持すれば、最高裁は世論の批判にされされる事になる。
この永山基準のおかしさがクローズアップされるのは確実だと思う。
被害者の命が軽視される現状を打破する契機にして欲しい。

51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 23:05:06 ID:mfn7AB1v0
もし埋没狙いなら妨害しとこ

52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 23:06:41 ID:mfn7AB1v0
そうそう、撤回して欲しい人、メールしてあげてね。
ひとりひとりの力は弱くても、数が集まれば力になるから。

53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 04:38:36 ID:6A6IS0eo0
>>34
>単純に抑止力はある。軍隊などで証明されてる
死刑にしか得られない特別な抑止力など、どこで証明されてるんだ?

>メタな議論であれば、死刑に抑止力があると考慮する方が自然
完全にアホ発言ですな。
死刑には抑止力はあるよ。 終身刑や長期懲役刑と変わらない抑止力がね。

>じゃマトモに議論する気ないの?
議論が壊れたら、続けるつもりはないだけ。

>よってメタな議論になるけど、議論を打ち切って逃げてるのは廃止派と思う
だからね、死刑でしか得られない抑止力が公に証明されるなら認めるよ。
現在では、そんな抑止力は認められていないの。
これ、死刑議論の常識なんですが?

>今までのハナシのどこの部分や何に納得できてないの?
人間が人間を殺す行為を正当化してる社会や、それによって一般人が影響される価値観に納得がいきません。

>現在、死刑がある社会だが、その価値観の影響は誰に対してどこに出てるの?
国民全体に対して社会に、ですが?

>ロジックとして、冤罪の危険性が原因で、死刑廃止したら、その原因はどうなる?
>冤罪の危険性がない現行犯や、しっかりした証拠のある犯罪者に対しては死刑の執行は?
冤罪だけで反対してるんじゃないし。 人間が人間を殺す行為を正当化している社会・制度に反対してるの。
あと、ロジックロジックうるさいけど、ここは死刑を議論する場。
で、俺は死刑に反対の立場。 この時点でロジックが明確になってるんだが?

>証明できてないことと、現実は別でしょ
証明できない現実など認められないね。 それは現実ではないよ。

>元のロジックは?だったら先進国は廃止理由にならない
もはや、議論が継続できない程、アホな発言になってますが?


54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 04:50:13 ID:6A6IS0eo0
>>35
>どうなったら、議論に決着がついたと定義するの?ゴールは何?
死刑の有効性が証明されるか、死刑の有効性が証明されないか、じゃないの?

>結局、何が言いたいのかハッキリしない。
あなたの理解がアぺトぺなだけでしょ。

>それについてのお互いの考慮ポイントは何なのか?
死刑制度が社会にとって有効なら、議論は終わる。
また、有効と証明できなければ、そこでもこの議論は終わる。
死刑が必要と言うなら、死刑の必要性や有効性を語ればいい。
俺ら廃止派は、死刑の不必要性を説き、非有効性を語れば良い。
そこを互いに精査して考慮すりゃ良いんじゃないの?
今までの流れでは、存置派が廃止派の意見を否定する事に徹してるだけだろ?

>じゃ、相手しなければいいんじゃない?
以後、そうさせてもらいます。

55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 04:57:24 ID:6A6IS0eo0
>>42
>とりあえず暴力って意味じゃ懲役も罰金も暴力だ。
そうかもね。 
だが、死刑のように過剰な暴力ではなく、必要な暴力と言えるんじゃないか?
今後、人類と社会が進化したら、こんな暴力も必要じゃなくなる世界になるかもね。

>コストについてはどう考える?
金の為なら殺人もOKですか? 俺は反対ですね。

>あとさ、何を恥ずべきかってのは公共の福祉に反しない限り自由じゃないかな?
良いんじゃない、自由で。
ただ俺は「恥ずかしい」と思ってるし、恥ずかしい行為は慎むべきだと思ってる。
存置派には、この羞恥心がないだけの話でしょ?

56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 08:05:39 ID:jrVy9U6k0
冤罪理由の存廃議論パターンA

廃止派「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さないよ。だから死刑廃止」

容認派「無辜の人間が死ぬリスクは死刑以外でも発生するから、死刑廃止論を通り越して刑罰廃止論だよ」

廃止派「常識的に刑罰が廃止できるわけないだろ。だから死刑だけ廃止」

容認派「常識を盾にとっていいなら、死刑容認が日本の常識だから・・・」

廃止派Dead end

57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 09:20:27 ID:ZuUf3o7T0
>>53
>死刑にしか得られない特別な抑止力など、どこで証明されてるんだ?
>死刑には抑止力はあるよ。 終身刑や長期懲役刑と変わらない抑止力がね。

前レス>>34をキチンと読んでないとしか・・全く同じ発言は意味ないよ
>>7-8をキチンと読んで反論して
あくまで、あなたの言うように特別な抑止力は証明はされてない
しかし、それが、現実での抑止力がないという否定にならないといってるんだが・・

あなたのロジックで言うと終身刑も必要ない
あなたのロジックの意味がわかりますか?
長期懲役刑って何年のこと?
長期とそうじゃない懲役刑の間はどこ?
それらの違いは証明されてるの?

>>じゃマトモに議論する気ないの?
>議論が壊れたら、続けるつもりはないだけ。

では、議論が壊れるとは何を指すの?
 >勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。
 >罵倒しない。
 >相手の質問には、極力答える。
をあなたはキチンと守ってると言えるの?
あなたの極力答えるってこのレベル?

>>よってメタな議論になるけど、議論を打ち切って逃げてるのは廃止派と思う
>だからね、死刑でしか得られない抑止力が公に証明されるなら認めるよ。
>現在では、そんな抑止力は認められていないの。
>これ、死刑議論の常識なんですが?

あなたは、メタな議論って意味を理解できますか?
公に証明されないものは、世の中に存在しませんか?
死刑議論の常識ではない。それはあなたの勝手な妄想
廃止派の常識かもしれないが、多くの存置派は納得してない

証明されなければ、認めないというのは、現実にそぐわない二元論でしょ
死刑にあくまで、”特別な”抑止力が証明されてないとして、
それは現実での抑止力がないこととは、イコールにならない可能性の方が高い
あなたの理解や証明できないものは世の中にないの?
可能性の高い事実としてのハナシは出来ないし、理解できないってことかな?


58 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 09:22:17 ID:ZuUf3o7T0
>>53 続き
>>今までのハナシのどこの部分や何に納得できてないの?
>人間が人間を殺す行為を正当化してる社会や、それによって一般人が影響される価値観に納得がいきません。

社会や価値観に納得がいかないだけでは、ただの反政府思想だね
一般人に影響される価値観とは、何?と質問したのだが・・

>>現在、死刑がある社会だが、その価値観の影響は誰に対してどこに出てるの?
>国民全体に対して社会に、ですが?

あなたのロジックで言うと、そんなもの無いよ
当然、証明しろというハナシになる
そうでなければ、どういう仕組みで価値観に影響が出て、
その価値観のどのような影響によってどんな弊害があるのかを述べるべき

>冤罪だけで反対してるんじゃないし。 人間が人間を殺す行為を正当化している社会・制度に反対してるの。
>あと、ロジックロジックうるさいけど、ここは死刑を議論する場。
>で、俺は死刑に反対の立場。 この時点でロジックが明確になってるんだが?

ロジックにうるさくしないと、議論じゃないよ
論理性のない意見なんかずっと続けても意味無いよ、
ただの評価文で、罵倒しあってどうするの?ゴミスレと評価されて終わりだね
死刑に反対の立場って文に何のロジックもないよ、ただの形態説明文
あなたが、なぜ反対の立場かの論理性は含まれていない
ロジックが理解できないから議論にならないんじゃないかな

人間が人間を殺す行為を正当化している社会・制度に反対して死刑反対はロジック
違いがわかるかな?

これに、反論するなら、ロジックが粗い
人間が人間を殺す行為を行っているのは、他でもない凶悪犯罪者
その殺人行為を、助長するような行為も、行為を正当化する社会かも知れない
突き詰めると、正当化する社会・制度とは何?というハナシになる
つまり、死刑の抑止力を完全に否定できて、初めて成り立つロジックだねということになる
だから廃止派にこそ、死刑の抑止力を完全否定する義務が生じるハズなんだけど・・

理解できるかな?
存置派は、現実として、「正当化している社会・制度」という問題に対して
あなたのロジックで考えた場合も考慮して、今の方がマシと考えてる

>>証明できてないことと、現実は別でしょ
>証明できない現実など認められないね。 それは現実ではないよ。

では、あなたとは現実認識が違う
証明できてない現実なんて、いくらでも世の中に存在する
あなたは、真実がどうかより、議論に勝ちたいだけの駄々っ子理論に聞こえるよ

>>元のロジックは?だったら先進国は廃止理由にならない
>もはや、議論が継続できない程、アホな発言になってますが?

元がアホなロジックの発言だからしょうがない
ロジックがわからんなら議論にもならない


59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 09:23:54 ID:ZuUf3o7T0
>>54
>>どうなったら、議論に決着がついたと定義するの?ゴールは何?
>死刑の有効性が証明されるか、死刑の有効性が証明されないか、じゃないの?

上記で思考ストップするなら議論は終了。メタな議論の意味を理解できないと思われる
現在は、死刑の”特別な”有効性の証明はなされていない
ただ、特別予防に関して言えば、刑務所の中でも犯罪は起きないという意味において確実な違いはある
何度も、言いたくないが、現実には、死刑の無効性も証明できてないんだよ
証明できてない=現実ではない

>>結局、何が言いたいのかハッキリしない。
>あなたの理解がアぺトぺなだけでしょ。

あなたの文章がアぺトぺな可能性もある
その説明もしてるつもりだが・・・

>>それについてのお互いの考慮ポイントは何なのか?
>死刑制度が社会にとって有効なら、議論は終わる。
>また、有効と証明できなければ、そこでもこの議論は終わる。

では、あなた達のような廃止派は、思考ストップ集団としか理解できない

>死刑が必要と言うなら、死刑の必要性や有効性を語ればいい。

証明されてないから、正直難しい
だから、死刑存廃論なんてモノが起きると思うよ
ただ、聞く気や、議論する気があるかは別問題

>>俺ら廃止派は、死刑の不必要性を説き、非有効性を語れば良い。
>そこを互いに精査して考慮すりゃ良いんじゃないの?
>今までの流れでは、存置派が廃止派の意見を否定する事に徹してるだけだろ?

そうだね、是非、死刑の不必要性と非有効性を分かりやすく説いてください
ついでに議論から逃げない姿勢を示し
それが、キチンと精査されれば、日本でも廃止派が増えると思う

>>会話や議論をする気がないのは、どっち?
>最低限の理解や知識を持ってから、参加したら?
>>じゃ、相手しなければいいんじゃない?
>以後、そうさせてもらいます。

まぁ、相手の態度を強制はできない
 >勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。
 >罵倒しない。
 >相手の質問には、極力答える。
を自分で破るなよ

自分自身は破ってないつもりでも相手がそう思えば一緒だけどなw
こっちは、極力答えない人間にカナリ極力答えたつもり
次は知らん。これも議論のルールがないからな
最低限の理解や知識とは何かが大きくずれてると議論にならんのかもw


60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 09:28:02 ID:jrVy9U6k0
日本の死刑廃止論は結局理屈云々じゃなくて、
「絞首という手段で殺すことが気に入らない」という好き嫌いと
「死刑未満の獄死は囚人が勝手に死んだだけ」と割り切れる無神経で構成されている。
そして一番悪いのは、その無神経に気付かず、自分が非難している行為を最も危険な形で行っている自覚が無い事だ。

だから

 20までに死刑廃止論に傾倒しないものは情熱が足りない。
 20を過ぎて死刑廃止論に傾倒するものは知能が足りない。

と形容される。

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:18:04 ID:6A6IS0eo0
>>57
相手にしないと言ったけど、あまりにもなんでお答えします。

>しかし、それが、現実での抑止力がないという否定にならないといってるんだが・・
だから、死刑でしか得られない特別な抑止力を証明して見せてって。
妄想や戯言ではなくて、公に認められる形で公表したら?

>あなたのロジックの意味がわかりますか?
ロジック【logic】
1 論法。論理。2 論理学。[類語] 理屈・論理
ろん‐り【論理】
1 考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保証される法則や形式。
ここは、死刑議論のスレ。 存置派と廃止派が対談するスレット。
存置派か廃止派かを表明した時点で、ロジックは明らか。
細かな部分にこだわり過ぎ、全体をぼやかし、それを「ロジック」の連呼で誤魔化そうとしても、
『あなたに理解力・読解力がないだけ』となる。

>長期懲役刑って何年のこと?
>長期とそうじゃない懲役刑の間はどこ?
>それらの違いは証明されてるの?
自分で辞書くらいひけよ。 長期懲役刑を知らないで、よく死刑議論に参加してるな。

>では、議論が壊れるとは何を指すの?
このやり取りのように、基本も知らない癖に、自分の知識・感覚・感情が全てのような議論展開し、
議論の方向性をズラし、議論が進まない事を相手の責任として押し付けるような状態。

>をあなたはキチンと守ってると言えるの?
出来得る限りはね。
>あなたの極力答えるってこのレベル?
ある程度、基本を学んでから参加しろ、って言ってるでしょ?

>公に証明されないものは、世の中に存在しませんか?
得てして、「妄想」「幻想」という形で存在してるよ。

>死刑にあくまで、”特別な”抑止力が証明されてないとして、
だ か ら 、抑止力はあるよ。 他の刑罰と同程度のね。
死刑でしか得られない『特別な』抑止力など、現在の世界では認識されていないんだよ。


62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:32:06 ID:6A6IS0eo0
>>58
>一般人に影響される価値観とは、何?と質問したのだが・・
激情に支配された時、他者を傷つけるという選択肢を、一般人の潜在意識に刷り込んでいる。

>その価値観のどのような影響によってどんな弊害があるのかを述べるべき
毎日起きている、世の中の悲惨な事件を理解しな。 深く深く理解してみろよ。
そんなトボケた発言が二度と出来なくなるから。

>ロジックが理解できないから議論にならないんじゃないかな
そうそう。 ロジック坊やには理解できない、って事が問題。
それをこちらの問題とされても、何も解決はしないから。
君、ロジック坊やの理解力・読解力の問題ですから。

>つまり、死刑の抑止力を完全に否定できて、初めて成り立つロジックだねということになる
>だから廃止派にこそ、死刑の抑止力を完全否定する義務が生じるハズなんだけど・・
この卑怯な存置派のスタンスが、議論を滞らせている原因なんだよ。
廃止派は、国連の調査を基に「死刑には特別な抑止力は認められない」と言っている。
君ら存置派は、死刑には抑止力があると断言しながら、何を表明してるんだ?
断言するからには、その根拠を提示しろと言ってるんだよ。

>あなたは、真実がどうかより、議論に勝ちたいだけの駄々っ子理論に聞こえるよ
俺がそんな事言ったら、存置派から一斉に「お花畑」攻撃が始まるんだがな。
証明できない現実の方が、証明されてる現実より、より現実的だ!って言ってるんだよ、君は。
おバカじゃない?

>ロジックがわからんなら議論にもならない
ロジックについてのスレでも立てたら?

63 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:39:30 ID:jrVy9U6k0
廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:46:52 ID:jrVy9U6k0
>>61
>だから、死刑でしか得られない特別な抑止力を証明して見せてって。

再犯の可能性が完全にゼロ。
それを置いとくとしても、死刑も死刑廃止も同時にやめるという選択肢が無い以上、
どちらも「抑止力が証明できない」のであれば、多数派の意見に正当性が発生する。
つまり「抑止力が証明できない」は廃止論に有利に働く事は無いので、
君の理屈は自分の首を絞めている。

65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:48:12 ID:6A6IS0eo0
>>59
>何度も、言いたくないが、現実には、死刑の無効性も証明できてないんだよ
「刑罰の目的」を理解してから発言しなよ。

>証明されてないから、正直難しい
その認識でよく、存置派として発言してられるな。 恥ずかしくないか?

>そうだね、是非、死刑の不必要性と非有効性を分かりやすく説いてください
すでに、様々なとこで説明してるんで、是非、理解力を身につけてから参加して下さい。

たぶん、ロジック坊やのレスは、他の存置派には迷惑なのかも知れないよ。

66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 10:57:29 ID:6A6IS0eo0
>>64
>どちらも「抑止力が証明できない」のであれば、多数派の意見に正当性が発生する。
この意識、この認識がナチスを生んだんですよ。
正確には、「証明できない」んであれば、抑止力をこの議論に持ち出すべきではないんだよ。
『多数だから正当』な訳では、決してありませんから。

ちなみに、死刑議論で抑止力を持ち出すのは、100%、存置派からですから。

>再犯の可能性が完全にゼロ。
終身刑、長期懲役刑などで十分。
再犯の可能性がない人間が死刑になる事に、何か、感じませんか?
終身刑や長期懲役刑などで、再犯が十分抑止出来る人間を、殺す必要はあるんですかね?
極々稀に、脱走を図り、再犯を犯す人間が現れるかも知れない。
だが、死刑囚すべてが、死刑にしないと再犯が防げない訳ではないんですよ。

67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 11:27:01 ID:jrVy9U6k0
>>66
「この意識、この認識がナチスを生んだんですよ。」
→根拠なし。印象操作。

「正確には、「証明できない」んであれば、抑止力をこの議論に持ち出すべきではないんだよ。 」
→再犯の可能性が 終身刑<死刑 である事以外はね。

「『多数だから正当』な訳では、決してありませんから。」
→論点ずらし。民主主義否定。「どちらが正しいかわからないときは多数派に正当性がある。」
 「少数でなおかつ不当」である可能性を無視しすぎ。

>ちなみに、死刑議論で抑止力を持ち出すのは、100%、存置派からですから。
→根拠なし。

「終身刑、長期懲役刑などで十分。」
→根拠なし。ヨーロッパでは終身刑・長期懲役刑は死刑より残酷であるとされており、また
 「無辜の人間が死ぬリスクは、可能性すらも一切許さない」のであれば、再犯の犠牲の可能性も一切許されないので、
 廃止論には矛盾の元、自滅理論でしかない。

「再犯の可能性がない人間が死刑になる事に、何か、感じませんか? 」
→「死刑にしなくても再犯の可能性が無い」というのは想像にすぎない。「死刑になった人間は再犯しない」は事実。
 そもそも明らかに再犯しないと裁判の段階で判断されれば、死刑判決自体を受けない。

「終身刑や長期懲役刑などで、再犯が十分抑止出来る人間を、殺す必要はあるんですかね? 」
→現状の自由刑で再犯が多発しているので、説得力なし。

「極々稀に、脱走を図り、再犯を犯す人間が現れるかも知れない。
だが、死刑囚すべてが、死刑にしないと再犯が防げない訳ではないんですよ。」
→一部でも防げるなら、それは死刑の抑止力肯定。
 また、犯人の犠牲は許さず、脱走・再犯による一般人の犠牲は仕方ないとしている時点で
 ダブルスタンダードであり説得力なし。

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 11:36:16 ID:jrVy9U6k0
>>67修正
×再犯の可能性が 終身刑<死刑
○再犯の可能性が 終身刑>死刑

69 :存置派:2009/09/21(月) 11:42:59 ID:9B6zkkdo0
>>55
「金のための殺人」が嫌いなようだが、金は誰かを救うために有効な道具だってこと、意図的に忘れてないかい?
誰かを救うための、他者を傷つける者への殺人まで、否定したいわけではないだろ?

死刑の抑止力が証明されていない、というのが君の拠り所のようだが、同時に不存在も証明されていない。
(…真面目に調べて『ない』という結論すら出せないのは実質の敗北宣言と、文系出身ならわかるわけだが)
では、問題。
抑止力がないとして、死刑を存置した場合、失われるのは自分の行いの責任で一生刑務所から出れない凶悪犯の命です。
抑止力があるとして、死刑を廃止した場合、失われるのは一般人の命です。しかも往々にして一回の事件で複数名の命が失われます。
さて、抑止力がないかあるかわからないとき、政府として行うべき政策はどちらでしょう?

それと、何やら死刑が随分と人間の心理に影響を与えているとの考えのようだが…
現状でも「『無辜の』人間を、人間が殺してはいけない」という倫理で法律は形成されている。
しかし、犯罪者はそれを無視して行動する。この「無辜の」というのを取っただけで、君の述べる理想社会は来るのかな?

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 11:48:16 ID:ZuUf3o7T0
>>61
>妄想や戯言ではなくて、公に認められる形で公表したら?

同じハナシしかできないのか?
現実として、現在は、公で認められる形では公表できてないし、公表できるデータも存在しない

>存置派か廃止派かを表明した時点で、ロジックは明らか。
>細かな部分にこだわり過ぎ、全体をぼやかし、それを「ロジック」の連呼で誤魔化そうとしても、
>『あなたに理解力・読解力がないだけ』となる。

表明すること=ロジックか?どんなロジック含まれてて、何が明らかなんだ?w
理解できないもの同士が議論する場合、細かい部分を詰めないと合意には至らない
『あなたに理解力・読解力がないだけ』『あなたに説明力・会話力がないだけ』等と言っても解決しない

>>長期とそうじゃない懲役刑の間はどこ?
>>それらの違いは証明されてるの?
>自分で辞書くらいひけよ。 長期懲役刑を知らないで、よく死刑議論に参加してるな。

公に証明されてないものは、存在を認めないというロジックに返答した文章
俺が長期刑の意味を知ってるかどうかの問題ではない。反応するところがピントはずれ
完全な議論のすり替え。議論の方向性をズラしてるように思える
あなたのロジックで言うと終身刑も必要ない等に反応しない理由は?
”>相手の質問には、極力答える”を守ってくれ、自分が出したルールだろ

>>では、議論が壊れるとは何を指すの?
>このやり取りのように、基本も知らない癖に、自分の知識・感覚・感情が全てのような議論展開し、
>議論の方向性をズラし、議論が進まない事を相手の責任として押し付けるような状態。

「基本も知らない癖に、自分の知識・感覚・感情」を全て定義してくれ
議論の方向性をズラした覚えはない。具体的に、どうズラしてる?あと押し付けもしてない

>>をあなたはキチンと守ってると言えるの?
>出来得る限りはね。
>>あなたの極力答えるってこのレベル?
>ある程度、基本を学んでから参加しろ、って言ってるでしょ?

じゃ存置派は基本を学んでないからこのスレッドに来るなってこと?
基本の意味がわかない。ただの傲慢にしか思えん
”>勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。”を守ってくれ

>公に証明されないものは、世の中に存在しませんか?
得てして、「妄想」「幻想」という形で存在してるよ。

それ以外でも存在する
あなたの想像力や理解力が足りないだけ
現在、科学的に証明できてないものも世の中には数多く存在する

>>死刑にあくまで、”特別な”抑止力が証明されてないとして、
>だ か ら 、抑止力はあるよ。 他の刑罰と同程度のね。
>死刑でしか得られない『特別な』抑止力など、現在の世界では認識されていないんだよ。

認識して、死刑制度を支持してる国もあるんだが・・・
現在の世界は自分だけの定義、廃止派だけの定義の可能性もある
再犯の可能性が完全に0というハナシには答えてないな


71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 11:49:11 ID:ZuUf3o7T0
>>62
>>一般人に影響される価値観とは、何?と質問したのだが・・
>激情に支配された時、他者を傷つけるという選択肢を、一般人の潜在意識に刷り込んでいる。

では、あなたのロジックで反すと、公に証明してみせてくれ
公に証明できなければ無いと判断するんじゃないの?
その潜在意識に影響したら何なの?

>>その価値観のどのような影響によってどんな弊害があるのかを述べるべき
>毎日起きている、世の中の悲惨な事件を理解しな。 深く深く理解してみろよ。
>そんなトボケた発言が二度と出来なくなるから。

潜在意識や価値観と世の中の悲惨な事件との因果関係は?
死刑廃止国でも悲惨な事件はなくなったり、減ったりしてないよ
現在、死刑廃止によって犯罪発生率が減った評価なんてない

>君、ロジック坊やの理解力・読解力の問題ですから。

”>罵倒しない。”も自分が言い出したルールだろ、
せめて自分は守れよ、自分から破るな
他にも、「トボケた発言」「おバカじゃない?」等の
罵倒に近い文言が出てきてるが・・
その表現によって何か解決するのか?
あなたの理解力や読解力も問題あるかも知れないのに・・
論理性やロジックや細かい部分にこだわらなくて、なんで理解しあえるの?

>>つまり、死刑の抑止力を完全に否定できて、初めて成り立つロジックだねということになる
>>だから廃止派にこそ、死刑の抑止力を完全否定する義務が生じるハズなんだけど・・
>この卑怯な存置派のスタンスが、議論を滞らせている原因なんだよ。

何が卑怯なんだか理解不能
死刑の不必要性や、非有効性に対しても、廃止派が発言するべきなのは、自分でも述べてる
こっちは、あなたのロジックに乗っ取っても、その説明責任があるのでは?と問いてるだけ

>廃止派は、国連の調査を基に「死刑には特別な抑止力は認められない」と言っている。

その調査をキチンと評価した?その調査報告ってどこ?
他人のハナシを盲目的に信じてるだけなら妄言や妄想の可能性もある


72 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 11:50:57 ID:ZuUf3o7T0
>>62 続き
>君ら存置派は、死刑には抑止力があると断言しながら、何を表明してるんだ?
>断言するからには、その根拠を提示しろと言ってるんだよ。

>>あなたは、真実がどうかより、議論に勝ちたいだけの駄々っ子理論に聞こえるよ
>俺がそんな事言ったら、存置派から一斉に「お花畑」攻撃が始まるんだがな。
>証明できない現実の方が、証明されてる現実より、より現実的だ!って言ってるんだよ、君は。
>おバカじゃない?

違うスレから拾った意見だが以下

一回目の殺人で無期懲役になり、仮釈放を認められた後に再び殺人を
犯してようやく死刑判決を受けた犯罪者たち。
一度目で死刑にしなかったがために、二度目の殺人被害者が出た。

横田謙二 川口バラバラ殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage530.htm
萬谷義幸 地下鉄短大生殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage507.htm
牧野正 北九州母娘殺傷事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage557.htm
高田勝利 飲食店主殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage554.htm
佐藤真志 幼女猥褻殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage559.htm
島津新治 パチンコ景品商殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage563.htm
武安幸久 直方強盗殺人事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage549.htm
宇井りょう次 岡山女性殺害事件
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage618.htm

「死刑を執行された犯罪者は二度と犯罪を起こさない」という絶対的な
犯罪抑止力があるのに、気付かない死刑廃止派は本当に頭が悪い。

というハナシもある

>>ロジックがわからんなら議論にもならない
>ロジックについてのスレでも立てたら?

イヤそんな意味不明なスレなんか立てても仕方ない
肝心なのは、オマエが理解できるかどうか


>>65
オマエの罵倒のラインはどこ?
俺もオマエレベルの発言はいいってことか?

>すでに、様々なとこで説明してるんで、是非、理解力を身につけてから参加して下さい。

名無しのくせに答えになってない
完全な逃げだなw
相手の質問に極力答えずに、自分で言った死刑の不必要性や非有効性も述べない
ずいぶんと立派な態度だなw

>たぶん、ロジック坊やのレスは、他の存置派には迷惑なのかも知れないよ。
妄想で勝手な決めつけかも知れんなw

全部、自分で言ったルールを破ってるなww


73 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 12:27:02 ID:NCTPwldn0
なんで死刑廃止派の千葉景子を、よりによって法務大臣になんかしたんだろう?

民主党は死刑制度を停止するってマニフェストに書いてなかったな。

書いていれば、絶対に投票しなかった。
とんでもない詐欺政党だ。

74 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 12:32:17 ID:NCTPwldn0
千葉景子の経歴見たら、日本国家の破壊工作員としか思えん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E6%99%AF%E5%AD%90
こんな奴、法務大臣にした民主党って、完全に狂ってる。

75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 13:19:01 ID:ZuUf3o7T0
元からロクなのいないからしょうがないんじゃない
なんせ元はあやしい社会党系も入ってる寄せ集めだから

小沢や他の閣僚との調整、女性、法曹資格をもってて官僚にバカにされない。
ぐらいで選んだとしか評価できない

まぁ次の参議院選挙が楽しみだなw
仕事しない大臣と国民に認識される可能性もある
福島瑞穂は比例だから落選はムリにしても・・人物的にそうとう変なのは確か
納得性でいくと、亀井静香や福島瑞穂が閣僚の方が、国民としては納得いかない
国民は自民党を支持しないことを選択したのであって、
国民新党や社民を選んだのではない
個人的には、はやく政界再編して欲しいのが本音。

76 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 15:54:05 ID:Xbrmv+CT0
>>72 一回目の殺人で終身刑にすれば済む話。
それらの再犯者はそもそも1回目の殺人時に死刑制度がある上で再犯で人を殺しているわけだ。
それは刑罰の適用基準が問題なのであって、死刑存廃論とはつながらない。
死刑を廃止すれば、当然、終身刑を作ることになる。
終身刑が再犯を抑止できるので問題なし。
日本の場合には死刑のハードルが高いが故に、逆に殺人犯が出所するという現象もある。
ここらの判断基準を終身刑導入で、検討する必要がある。
そもそも再犯はあらゆる犯罪者の問題であって、再犯者は必ず出る。
罪刑均衡を前提に終身刑と無期有期懲役との刑罰を適用することとなる。
脱獄は管理する側の問題であって、
そのリスクを終身刑囚全員に負わせるのは脱獄する気のない終身刑囚を不必要に殺すことになるし、
脱獄した終身刑囚全員が脱獄後に殺人や犯罪をするわけでもない。
終身刑という制度導入は、可及的にそれを避ける努力をする前提で、
脱獄されるリスクを社会が負うことも当然にその中に含まれた上での議論である。



77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 16:21:57 ID:jrVy9U6k0
>>76
>死刑を廃止すれば、当然、終身刑を作ることになる。

ならない。
終身刑は死刑より残酷であるとするとする、ヨーロッパの実際の廃止国で主流の定義に従えば、
終身刑創設は死刑存置状態よりも被害が拡大する事に他ならないから。

抑止力を取れば残酷さが増し、残酷さの排除を取れば抑止力が失われる
というトレードオフがあることを、廃止論は自ら浮き彫りにしている。
廃止論同士で理論の統一を図らず、身内びいきでその欠陥を放置している限り、
いくら断定口調で言ってみてもそれは根拠の無い強弁でしかない。

君が、死刑をなくすという己の欲望を果たした後はどうなろうが知ったこっちゃ無い、というなら別だが・・・

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:04:16 ID:ZuUf3o7T0
>>76
>一回目の殺人で終身刑にすれば済む話。

では、死刑廃止派は、殺人を犯したら絶対的終身刑導入派なの?
死刑廃止国の多くは、相対的終身刑になってるという事実もある
あとは、廃止派の中でも意見にバラツキがある
あなたにとっては終身刑にして済むハナシかも知れないが、あくまで、特別予防に関してだけのハナシ
その特別予防でも、刑務所の治安がよくなるインセンティブはなく、刑務所内部の治安が悪化する可能性が高い

廃止国での刑務所の治安のデータは無いが、今手元にないが、メキシコなどでは実際に廃止後に暴動が起きてる
刑務所内で、将来殺人が起きたり、暴動が発生しやすくなる可能性は確実にある
また、終身刑にして全て解決ではない。刑務所内XX組や、刑務所内XX真理狂等が出来てもおかしくない

>それらの再犯者はそもそも1回目の殺人時に死刑制度がある上で再犯で人を殺しているわけだ。

何が言いたい?1回目の殺人時で、既に抑止が効かなかったと言いたいのかな?
一人殺したぐらいでは、死刑にならないと考えた人間もいたかも知れないし、
抑止が効かない例だけに着目してもしょうがない
また、なにより死刑にしとけば、2回目は確実に無い

>それは刑罰の適用基準が問題なのであって、死刑存廃論とはつながらない。

あくまで、特別防犯に対して、適用基準だけの問題かもしれんが、
現在の刑罰の適用基準を変える必要があり、死刑存廃問題も多いに関係あると思う

具体的にどのような適用基準にすればいいの?
現在一人殺せば、無期で、複数殺して死刑の場合は、
あなたの意見は、将来殺人は、終身刑にして済ませるということ?
廃止論としてや、廃止後の具体策も述べずに廃止と言ってるのは、順番が違うと思う

>死刑を廃止すれば、当然、終身刑を作ることになる。

当然って、廃止派の中でも分かれてるでしょ意見は
相対的終身刑のまま、つまり、現在の無期懲役でいいという人もいる
余所の廃止国も相対的終身刑がいいという結論に近い
現在の無期懲役とは、そもそも相対的終身刑だったはず


79 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:05:06 ID:ZuUf3o7T0
>>76 続き
>終身刑が再犯を抑止できるので問題なし。

完全に特別予防だけのハナシになってるが、
なんで将来の事を問題なしと言い切れる?
刑務所内での犯罪は?
手法として、排除と隔離は別だよ、なんで全く一緒の効果になる?

>日本の場合には死刑のハードルが高いが故に、逆に殺人犯が出所するという現象もある。
>ここらの判断基準を終身刑導入で、検討する必要がある。

じゃ検討して、あなたなりの案や、廃止論を述べることがまず先だね

>そもそも再犯はあらゆる犯罪者の問題であって、再犯者は必ず出る。
>罪刑均衡を前提に終身刑と無期有期懲役との刑罰を適用することとなる。
>脱獄は管理する側の問題であって、
>そのリスクを終身刑囚全員に負わせるのは脱獄する気のない終身刑囚を不必要に殺すことになるし、
>脱獄した終身刑囚全員が脱獄後に殺人や犯罪をするわけでもない。

再犯は必ず出るのは、確実に死刑適用者以外で出る
前レスはあくまで、一例、ニュースにならないのも沢山あると思われる
犯罪白書によると、平成19年度で、年間30件も殺人の再犯が起きてるし、なんらかの前科だと412件
管理の問題?問題はどれぐらい、それに懸念して問題視するかだと思うけど・・
あなたは、現在の国の法制度に文句がある訳でしょ?
存置派も文句があり、再犯などが少しでも少ない死刑はあっても良いと考えてるだけ

>終身刑という制度導入は、可及的にそれを避ける努力をする前提で、
>脱獄されるリスクを社会が負うことも当然にその中に含まれた上での議論である。

あなたの前提は今、初めて聞いた
だから、あなたなりの廃止論なり、死刑の不必要性を述べることが先
存置派の指摘やハナシに無理に合わせてるだけだから、ボロが多い理論だと勘違いされる
では、あなたの前提にプラス死刑の廃止の有効性と実現性について述べるべき

社会リスクをどのように取るかは、個々人の考えで違うでしょ?
だから議論してるんじゃないの?
社会リスクは、結局は個人が負うんでしょ?だったらその社会の多数派の意見が採用されるべき
存置派からすれば、非人道的と海外から非難されるリスクの方が、実際に被害が出るよりマシ
なんで、非難リスクや、自己満足リスクより、実際の犯罪被害リスクの方が軽いの?

まず、あなたなりの意見をちゃんと述べたら?
あなたは、メタな議論という意味がわかって付き合える人なの?
IDも変わって同じ人物かどうかは知らないけど、イキナリ特別予防に限った話だけに突っ込み入れられてもな・・
礼儀や議論作法を知らないのは、明らかに存置より、廃止派だと思う
お互いに意見を出し、お互いに反駁しないと議論として正々堂々とした態度に思われないよ
あなたが、今迄のやり取りを見てどう思ったのか知らんけど・・


80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:15:26 ID:OwNkxMZZ0
>>77
絶対的終身刑は実質的に拷問刑だからね。
人権を理由に死刑制廃止を唱えるならその矛盾がネックになる。
もともと廃止論者は相対的終身刑で一本化したい奴らだから
そうなればそうなったで逆に利用しそうだけど。

81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:32:19 ID:zzcu7Qhc0
このスレッドが立ったのは
2009/09/18(金) 22:01:05
一方、もう一つの同名スレが立ったのが
2009/09/18(金) 19:10:37 ID:51
3時間も前に立っています。
明らかに。わざとであり、悪意に満ちてます。

82 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:35:08 ID:HYpqJawz0
>>81
サイレントマジョリティーがスレを支配するのです。
スレが立った時間など関係ありません。

yurikoは隔離スレへ速やかに戻ってください。
ここはあなたが書き込めるスレではありません。
長文矢印の書き込みを禁止します。

83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:36:21 ID:Xbrmv+CT0
絶対的終身刑囚の処遇をどうするかは個別の問題だ。
文字通りの狂人は独居房で生ける屍となろうが、
個別の場合には、人間的生活、運動、読書などの文化的生活も与えることとなる。
以下の実際に会ったアメリカでの刑事と犯人との会話を参照。
(注 もちろん、刑罰を決めるのは裁判官だが刑事があえて取調べ中に犯人に諭した会話)
おのれの殺人衝動を抑えられない殺人者に対して、
刑事「なあ、お前、お前は悪くない。
だが、お前は外に出たら必ずまた人を殺す。
だから、塀の中で一生過ごせばいいんだよ。」
殺人犯「そうだな、俺もそう思う。」
以上。

84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:52:21 ID:JlHcRnWB0
死刑廃止賛成の方へ!面白いものを見つけました↓(逃げずに答えて下さい)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430845539

85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 19:05:48 ID:bn5QRmqF0
この問題は存続派の俺も良く考える。
当然死刑廃止の島にはどんどん元受刑者が加算されていく事になり治安も悪くなる。
恐らく廃止派は死刑存続の国を選ぶだろう。
同じ国に死刑が存続されている事自体が赦せないからそこで廃止を叫ぶと言う名目だ。

または廃止の島に住むと大見得を切るか。その場合死刑の廃止されている欧州へでも移民する事と変わらんのだが
奴らは絶対にそれをしない。要は海外に住む手間以下に死刑を廃止したいってだけのものなわけ。
人命だなんだ言っても所詮はその程度よ。

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 19:44:04 ID:fDkCPpit0
>>84

要は割合の問題で、1000人と言わず100人ではどうだろう?
一割の人間が「元殺人者」だと理解し、かつ敬愛の精神を持って生活できるか・・・だよな。


87 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 20:12:12 ID:NCTPwldn0
人口千人の島に住んでいたら、殺人者に殺されるのと死刑になって死ぬのとどっちの確率が高いか、
どんな馬鹿でも簡単に計算できる。

人口1億人の島に住んでも、全く同じ理屈なんだが、何で判らないのだろうか?
勿論、独裁国家でなく民主国家であることが条件だが。

88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 20:28:46 ID:tTy2wTgS0
>>84
まぁ死刑のある島で死刑廃止を訴えるか、死刑の無い島で一斉に殺し合いが始まって、2〜3人殺したあと、お互い何を狙っているのかに
気が付いて、慌てて「今から死刑復活を」と喚くか。
どっちかだろうな。

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 20:36:21 ID:fDkCPpit0
>人口千人の島に住んでいたら、殺人者に殺されるのと死刑になって死ぬのとどっちの確率が高いか、
どんな馬鹿でも簡単に計算できる。

どんな計算???僕バカだからおせーて。

90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 20:46:03 ID:1uHlhaMU0
>>81
yurikoさんは自分の隔離スレに書き込めばいいではないですか。
ここはyurikoさん以外の人が書き込むようにしますから。

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 23:06:04 ID:1uHlhaMU0
yurikoさんは美人です。
眼鏡とおひげがとっても似合います。
でも出来れば、眼鏡はいつもきちんと拭いておいた方がいいかな?
あんなに脂汚れが酷かったら、普通の人に見えるものも見えなくなってしまいますよ。

92 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 02:00:12 ID:UBOghRb40
>>78
>廃止国での刑務所の治安のデータ

これはどうかな

>早稲田大学法学部水島ゼミ ホームページ
>ttp://mizushima-s.pos.to/lecture/2002/020529/020529_08.html

>絶対的拘禁刑に服する受刑者が増加するに連れて、刑務所内の暴力、殺人も増加しており、
>76年から81年の間に矯正施設での殺人数は2倍に増加した。
>また、仮釈放なし25年の絶対的拘禁刑は死刑よりも残酷な刑罰であると受刑者からも主張されており、
>82年には300人の殺人犯の約3分の1が死刑を希望しているとの報告もある。

93 :3だけど:2009/09/22(火) 07:15:15 ID:89ANEJ2L0
>>4は観念クンだと思うよ。
俺が隔離スレを宣言したもんだから、名を出さずに書き方も少し変えて
書いたんだと思う。
でも、内容が稚拙で空虚で決めつけでしかないから、そんな書き込みを
臆面もなくできるのは例の二人くらいのもの。
で、そのあとに続く書き込みを見たら、観念クン丸出しになってるので
確定でしょう。


94 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 09:19:32 ID:rFE9SwFx0
>>92
サンクス、参考になった
まぁ現状維持と不安要素が確実に増えるのを比べれば絶対に確率も増えるのは
間違いないハズ

>>93
自分もそう思うw
恐ろしいくらいに反応がそっくりw
逃げっぷりも一緒w
どっちにしろ低脳であるのは間違いないw

ちなみにEUの方で昨日からイキナリ抑止力のハナシが出てるw

95 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 11:03:57 ID:LNlGhsUO0
加害者の人権を尊重し、「死刑廃止」賛成の方へ!

人口1000人の2つの小さな島国、A島とB島があります。

A島には死刑制度はなく殺人を犯した元殺人犯10人が
刑期を終えて社会復帰して自由に住んでいます。

(人口1010人)

B島には死刑制度があり殺人を犯した殺人犯10人は
既に処刑されており島には住んでいません。
(人口1000人)

あなたはどちらの島国にも住む権利があり
自分の意思で選ぶ事が出来ます。

死刑廃止賛成の方は当然A島を選んで住みますよね?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430845539

96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 15:05:51 ID:KxR0OGqT0
というかレス4って今読んだが本当に酷い内容だな。
事実と真逆の事が平気で書かれてる。
廃止派は長文投下で反論したかのように偽装してるだけだし。

97 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 15:16:04 ID:JYZWJ5ea0
カリフォルニアでは、まだ死刑制度がある。
それは、何より、住民の間では「極刑=最高刑=死刑」が必要という意識が高いためだ。
平たく言えば、「もし、人として一線を超えたら、普通の刑罰では、遺族の気もすまないし、
人間としても赦されない罪があるのではないか」と一般国民の頭にあるということだと思う。
例えば、何年か前スコット ピターソンというプレボーイが出産を間近に控えた妻を殺害し、
裁判の結果、死刑判決が下った。まだ確定したわけではないが、全米が注目し、何ヶ月もメディアを賑わした。
そのときも、大多数の人は、反省をするどころか、罰から逃れようとする男に対して、一片の同情をもたなかった。
死刑判決が下ったときも、誰一人、刑の不当性を訴えた人はいなかった(本人と親族以外)
つまり、アメリカの国民の大部分は、死刑という刑罰は必要だと思っているということだ。


98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 15:32:23 ID:cZSzImVF0
>>93
何年も前から死刑関係スレで荒らしまくってた「死刑反対クン」ってのが居たな。
発言内容的にはそいつの言い分その物だ。

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 15:39:41 ID:rUr+QMlSO
>>98
死刑反対君ならもう少ししつこい気もする。

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 17:28:43 ID:t0aTcfiy0
>>97
yurikoはこのスレに書き込まないで欲しい。
隔離スレへ戻れ。悩乱野郎!!!

101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 17:46:48 ID:P4Cyv5M/O
終身刑は餌代(税金)の無駄

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 17:53:04 ID:VON1P68O0
観念は必死で言い返してきたつもりなんだろうけど黙って何もしない方がよっぽど廃止論のイメージはマシ
だったと思うな。こいつが騒げば騒ぐほどイメージ下げる。まあ助かるけどね。

103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 01:48:26 ID:tcdJGJQs0
>>69
>「金のための殺人」が嫌いなようだが、金は誰かを救うために有効な道具だってこと、意図的に忘れてないかい?
この話題、好きだね。 ずっと引きずってるもんね?
あなたが言うように、もし、死刑を廃止する事で金が掛るとしたら、
それでも、死刑には反対するよ。
例えば、死刑廃止の為に使用する金があれば、誰かを救える、
その金がないと、救える命が救えない、ってな状況になったら、考えるけどね。
残念ながら、日本はそんなに貧乏ではない。
しかも、ロスの試算では、死刑制度の方が遥かに金が掛っている。
あなたの比較は、考慮に値しないのが現状ですよ。

>さて、抑止力がないかあるかわからないとき、政府として行うべき政策はどちらでしょう?
死刑を廃止しても、同等の抑止力を与えられる刑罰を存置すれば良いだけ。
国連の調査結果では、
「終身刑や長期懲役刑より、死刑には特別な抑止力は確認されない」とあったはず。
死刑を廃止したからと言って、一般人の犠牲者が増えるとは妄想の世界の話になるな。

>この「無辜の」というのを取っただけで、君の述べる理想社会は来るのかな?
来ると思うよ。
理由があれば人を殺して良い、などという価値観は、社会から撲滅させるべきだから。
どんな犯罪者も殺さない、という社会の選択は、国民に新たな価値観を与えるよ。

人を傷つけなければ解決できない問題を、社会は放置している。
人間を殺さなければ解決できないと思い込んでいる人間を、社会は救おうとしない。
放置し、追い込み、そして人間が人間を殺す価値観を与えている。
犯罪とは、その社会の反映でしかない。
個人の問題にしてる限り、抑止力など働かない。

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 04:38:41 ID:E7EMJ8NP0
>>103
>残念ながら、日本はそんなに貧乏ではない。

経済的理由で自殺する者は少なくないと思うんだが、
民主党政治によって彼らを救済する施策が模索される場合、
死刑の代替としての絶対的終身刑に使う金が優先されるべきだとは思わない。
福祉政策に使われる金が絶対的に足りていないと感じられる日本の現状で
死刑の代替としての絶対的終身刑に使う金が優先されるべきだとは思わない。
また、地方の道路や災害措置、インフラの為に使われる予算よりも
死刑の代替としての絶対的終身刑に使う金が優先されるべきだとは思わない。
日本や地方が抱えている赤字財政の回復や赤字国債の返済よりも
死刑の代替としての絶対的終身刑に使う金が優先されるべきだとは思わない。
日本の場合、どう考えても絶対的終身刑の導入によって凶悪犯罪者をただ生かす為の予算は計上不可能だと思うな。

>死刑を廃止しても、同等の抑止力を与えられる刑罰を存置すれば良いだけ。

君のロジックでは同等の抑止力しか無いと想定出来る場合は応報的な重刑は必要が無くなるんだね。
では、現状の無期懲役と懲役10年の刑罰としての抑止力の差を証明出来るかな?
証明出来ない場合は無期懲役は無駄に長期間収監するだけの残酷な刑だという事が出来る事になるけど・・・。

>来ると思うよ。

そう思う根拠が希薄過ぎて話にならない。
君が信じる宗教を全ての人類が信じれば全員が幸せになると言っているだけの事。
君の理屈は「如何なる残虐非道な行いをしようとも、其の者の命だけは絶対に担保する社会」って価値観を生む可能性だってある。

>人を傷つけなければ解決できない問題を、社会は放置している。

自分の不遇も失敗も不満も怒りも全て社会や周りが手を差し伸べなかった所為だとする思考だね。
社会との関わりあいというのは、自己責任無くして語れる物ではないと思う。
凶悪犯罪を犯して死刑になる者がどれ程自己中心的性向によって犯罪を成しているかだと思う。
君が言うように、社会によって追い込まれたと言える程の自己責任を果たした者が一体どれ程存在するのだろうか。

105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 06:26:33 ID:N06bksQR0
或る規範を破ることを認識、認容しつつ罪を犯すわけだから
責任要素の観点からいっても死刑罪の許容性はあるのではないだろうか。
死刑に処されるような罪は、それ相応の類型なのである。
任意でロシアンルーレットを一発試みて死ぬのに文句は言えない。
必要性の観点から言うと犯罪抑止力と社会からの危険の排除と言ったところか。

106 :容認派:2009/09/23(水) 07:16:43 ID:yrFnu73j0
>>103
横レス失礼します。

>しかも、ロスの試算では、死刑制度の方が遥かに金が掛っている。

何で外国なのかはさておいて、その試算の明細を教えてもらえませんか?
死刑以下の予算で囚人を生かしているということは、相当に酷い扱いかと。

>犯罪とは、その社会の反映でしかない。
>個人の問題にしてる限り、抑止力など働かない。

社会とは個人が構成するものであって、社会というものが個人と切り離された
存在ではありえないと思いますが。
外交でも、大臣級の会合などで「個人的関係」を築くとか言ってるでしょ?
逆に社会とは、突き詰めると個人に帰っていくのだと思いますよ。


107 :容認派:2009/09/23(水) 07:32:29 ID:yrFnu73j0
連投失礼します。

みかん箱が社会で、みかんは個人とします。みかんが腐って、腐ったのは
みかんのせいじゃないと言って放置するとどうなるでしょう?

完全放置。
刑罰否定に当たると思います。

みかんが腐ったところを新聞紙で覆って、そのまま保管。
有期刑に当たると思います。

腐ったみかんをビニール袋に詰めて口を縛り、そのまま保管。
絶対終身刑に当たると思います。

腐ったみかんを捨てて保管。
死刑に当たると思います。

この「腐った」という判断を如何に行うかは、非常に重要な論点だと思いますし、
腐ったみかんを甦らせる技術があるのなら話は別ですが、そういう論理もなく
無闇に人類の種としての自己防衛本能を否定することに正当性は感じません。


108 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 07:47:52 ID:JjBCHd940
>>100
>yurikoはこのスレに書き込まないで欲しい。
隔離スレへ戻れ。悩乱野郎!!!
→誰か勝手に貼りつけたのです。
>>106
>その試算の明細を教えてもらえませんか?
→死刑囚にかかるお金の9割は裁判費用(鑑定も含めて)なのです。
「それなら死刑囚でなくても費用はかかるだろ!」という意見が出るでしょうが、
それもその通りなのです。
ところが、現代というのは不思議な時代で、歪んだ生命至上主義が当り前となってしまいました。
「生きていさえすればいい」ということで、植物人間となった人が10年、20年と「呼吸」だけをして生き続けています。
フロリダのカレン嬢の場合、新たな議論の種を蒔きました。
更に、最近の驚くべき医学の進歩で、そういう植物人間となった人が、限度はあるものの生還した例が
次々に報告されてるのです。
昭和23年の最高裁大法廷で死刑合憲判決が出された際、冒頭で有名な
「一人の生命は地球より重い」と宣言したのですが、
これを欺瞞とばかり、無視するわけにはいかないのです。
つまり、一旦、死刑が求刑されれば、裁判官は地球上の一大事として検討に検討を重ねざるをえなくなったのです。
一方、他の刑の場合、もちろん再審請求は可能ですが、生きている限り、どう受け止めるかはそれぞれの’受刑者が
決めることで、自動的ではないだけ、費用もかからないのです。
やはり、死刑の場合、費用がかかり過ぎるという問題はあるのです。

109 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 08:24:19 ID:6P7Dzaqm0
>>108
ということは、死刑があったほうが凶悪犯罪は、しっかりと審議されて冤罪の可能性も少ないって事だね?
なんだ、死刑があった方が良いじゃん。
死刑が無ければ、いい加減な審議で無期懲役、再審なしの方がよっぽど辛い。
大体、囚人一人当たりの収監コストって300万円弱だから、無期懲役だって金はかかるんだよ。

110 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 08:42:32 ID:/AOUtCl/0
>>108

誰かが勝手に貼り付けたとかいった後に、
書き込み始めるなよ。アフォか、お前は。

yurikoはさっさと隔離スレへ戻れよ。相手にしてやるから。

111 :存置派:2009/09/23(水) 09:10:29 ID:T7Nr9T+40
>>103
> この話題、好きだね。 ずっと引きずってるもんね?
だって人命尊重を叫ぶ人間が、一番人命を救える道具を適当にしてるんだよ。
そりゃ気になって当然じゃないか。
ああ、ところで、ロスの計算とやらだが
死刑が「求刑された事件」の捜査や訴訟の費用を、死刑「判決が下りた」件数で割ったり
死刑廃止時には死刑と同等になる筈の再審請求の回数を、終身刑や無期でも据え置きしたりと
まぁ、正直、ペテンとしか言いようのない、アレのことかい?

> 国連の調査結果では、「終身刑や長期懲役刑より、死刑には特別な抑止力は確認されない」とあったはず。
残念。正解は、国連の調査結果は「確認されるとも、されないとも言えない」だ。

> 来ると思うよ。
その自信の根拠を聞いてもいいかい?
今、この社会が「どんな理由があっても、無辜の人間を殺してはならない」という価値観で動き、
且つ凶悪犯罪者が悉くそれを無視してきていることを踏まえて、さ。

> 個人の問題にしてる限り、抑止力など働かない。
良いポエムだね。コロコロかボンボンあたりなら受けるんじゃないかな?
でも君にとって残念なのか幸いなのか、公務に携わる人間に、犯罪を個人の問題のみで捉える人間はいないよ。
公私を問わず、組織を管理する側の人間に要求されていく仕事の一つとして
「社会生活に支障がある性格の持ち主に、いかにして問題を起こさせないか」というのがあるからね。
(もちろん問題が起きれば、管理者の責任も問われるが、
 管理者の責任を口実に、問題を起こした人間の責任が減殺されることもあり得ないがね)

112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 10:20:23 ID:Y4Gpvxah0
>>109
>死刑があったほうが凶悪犯罪は、しっかりと審議されて冤罪の可能性も少ない
→それも一理あるのです。
ですから、理想としては、韓国式ー事実上の死刑制度廃止が今の日本人にあってるような気がします。
もちろん、これは形式だけですから、意味ないような気もします(笑)
いずれにしても、如何なる刑であろうと、冤罪は司法の犯罪といえるものです。
最近のDNA検査の精度は素晴らしく、冤罪防止に役立っています。
しかし、逆に、その精度を逆利用される可能性もあるのです。
いずれにしても、絶対はない、とするしかないと思います。

113 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 10:38:11 ID:cihap+Vk0
>>112
長文矢印は自分の隔離スレに戻って下さい!
迷惑です!!

114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 10:43:50 ID:/AOUtCl/0
>>112

早く自分が立てたスレへ戻れよ。

115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 13:41:08 ID:tcdJGJQs0
>>111
>まぁ、正直、ペテンとしか言いようのない、アレのことかい?
そのデータを基に、世の中の認識が変わってきてる。
こんな掲示板で匿名で参加してるあなたが「ペテン」と言っても、
あなたの意見よりは信憑性があるよ、俺には。

>残念。正解は、国連の調査結果は「確認されるとも、されないとも言えない」だ。
違うんじゃない?
「確認されるとも、されないとも言えない」と言ってるのは、死刑でしか得られない特別な抑止力についてでしょ?
終身刑や長期懲役刑との比較では、ハッキリ、「確認されていない」と言ってるはずなんだが?

>その自信の根拠を聞いてもいいかい?
犯罪を犯してしまった加害者にとって被害者は、無辜の人間ではない場合が多い。
何かしら、身勝手な理由を付けて、犯した犯罪の原因を語っている。
「殺す」という選択肢しか選べない人間が多い事が問題。
その選択肢を与えている社会と、窮地に追い込まれた人間を救うシステムがない社会。
犯罪の元凶は、こんな社会の構図にあるんだから。

>公務に携わる人間に、犯罪を個人の問題のみで捉える人間はいないよ。
死刑囚が発生する度に、社会はどんな責任を取ってきたと言うんだ?
何も、社会が責任を取って、加害者本人を許せ!なんて言ってないから。
社会にも責任がある事を認め、その上で加害者を罰すれば良い。

116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 16:25:08 ID:SeYCCt/OO
死刑賛成派の意見が幼稚にみえるのはおれだけ?

117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 17:54:33 ID:PgH4EfwX0
安心しろお前とyurikoと観念の3馬鹿だけ。

118 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 19:32:21 ID:ntzlLbd+O
>>115
おまえも匿名じゃんww


119 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 20:06:15 ID:Onnw+6A50
自分で作ったルールに自分で引っかかる。
それが廃止論者クオリティ。

120 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 20:55:59 ID:PgH4EfwX0
また赤っ恥君だった様だなw

121 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 02:25:47 ID:Vl4PzNKy0
>>その選択肢を与えている社会と、窮地に追い込まれた人間を救うシステムがない社会。
  犯罪の元凶は、こんな社会の構図にあるんだから。



それは違うな犯罪の元区は犯罪者そのもにある。
人を殺すような凶悪犯罪を犯す人はほーーーーんの一握りだけ、
ほとんどの人間は殺人などの凶悪犯罪を犯さない。
多少社会的背景はあるかもしれないが皆同じ国、社会、環境、法律のもとに
日々の暮らしをしている。
人によっては多かれ少なかれ生活環境は違うかもしれないが、人殺しなどする人は
極めて少ない。
犯罪者本人に責任がある事は免れない。

死刑廃止は本当幼稚で困るな、自分が殺されないとわからないんだろうな。
(つまり死ぬまで一生わからない)

122 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 05:25:52 ID:XSD/LIWT0
窮地に追い込まれた人間には、それなりの酌量減軽の余地が残されているだろ。
それとは別に環境による固有の人格形成を過剰に斟酌するというならば、そもそも刑罰を科す意義は何なのか。
死刑廃止まで主張するのは法益侵害や故意の規範違反という態様を軽視したスタンスではなかろうか。

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 05:58:50 ID:ieSkgyo/0
>>121
>犯罪者本人に責任がある事は免れない。
もちろん、本人に『も』、責任はあるさ。
だが、本人『だけ』の問題ではない。

宅間や宮崎、加藤などと全く同じ環境で育てられ、全く同じ経験をしていたとしたら、
犯罪を犯さないと断言できるか?
精神が崩壊するような環境(社会)で、法を守り、自己を保ち、生活が出来ると言えるか?

>多少社会的背景はあるかもしれないが皆同じ国、社会、環境、法律のもとに
この解釈、この理解こそ、『幼稚』そのものなんだけどね。

もし、家族が過去の死刑囚のような状況に追い込まれ、人格に異常が発生したとしたら、どうする?
何処に相談する? 誰に相談する? 相談する時間も金もなかったら?
もし、自分がそうなったら? 相談する相手が皆無だったら?
自分の全て、自分が置かれている環境の全てに絶望したとしたら、どうする?
社会は気づき、救ってくれるだろうか? 誰も助けが来なかったら?
社会は、あなたを救えるか? あなたはあなたを救えるか? 

俺の答えはNOだ。 きっと、自分の人生を壊そうとするだろうよ。
「幸せな人間がいるから、自分が不幸なんだ」と思うかも知れない。
そんな時、この社会の何が、誰が、自分を救ってくれるのか、俺には分からない。
そこでだ。 「悪人は殺しても良い」という価値観が俺の中にあったなら、
俺は、俺が決めた「悪人」を殺しに行くかも知れない。
そして捕まり、俺一人の責任にされ、殺される。
ここで、俺の問題は解決するかもな。 だが、社会の問題が解決したとは言えないわな。

犯罪者を罰する事より、生まない努力の方が、社会には必要なんじゃないか?

124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 06:21:05 ID:XSD/LIWT0
>犯罪者を罰する事より、生まない努力の方が、社会には必要なんじゃないか?

横だが、両方からのアプローチが必要だろ。
双方矛盾関係には無い。

125 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 06:28:20 ID:ieSkgyo/0
>>122
>それとは別に環境による固有の人格形成を過剰に斟酌するというならば、そもそも刑罰を科す意義は何なのか。
社会から犯罪を撲滅させる為に、刑罰を与えるべきだろうね。
加害者を苦しめる為にではなく、犯罪を理解し、犯罪者を理解し、犯罪を無くす為に刑罰を利用するべきだ。
刑罰とはそもそも、犯罪から社会を守る為に施行されているはずなんだよ。
仕返しでも復讐でもない。 社会全体の為に機能するべきなんだよ。

国民の生命より経済が、人間の命より金や効率が重要みたないな社会の中で、
何を核に生きていけば良いと言うんだ?
自己を形成しながら生きるという権利は、国家が保障するべきだとは思わないか?
国や環境の為に自己を犠牲にして、社会の一部になる事が「幸せ」だと思うか?
自問自答し、少し強い自己を持って、社会に馴染めない人間になった時、
この社会は、そんな人間をどう扱うと思う? 優しく包み込んでくれると思うか?

俺たちは、犯罪を理解してないんだよ。 だからコントロール出来ないんだ。
刑罰を利用して、犯罪を理解すれば良い。 犯罪者から学べば良い。
死刑という制度で、何かを学び、犯罪を抑止できると言うなら、死刑に賛成するよ。


126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 06:33:09 ID:ieSkgyo/0
>>124
>横だが、両方からのアプローチが必要だろ。
死刑は片方のアプローチを遮断する制度と言えるんじゃないか?


127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 07:17:32 ID:XSD/LIWT0
>>125
>社会から犯罪を撲滅させる為に、刑罰を与えるべきだろうね。
その、「犯罪」とはどういう類型の事柄か、という論点から検討しなくてはならない。

>加害者を苦しめる為にではなく、犯罪を理解し、犯罪者を理解し、犯罪を無くす為に刑罰を利用するべきだ。
「起きなければ」加害者、被害者双方の利益になるので事前抑止力は重視すべき。
そうすると、故意犯での法益侵害性の高い罪での重罰もやむなし、と考える。

>刑罰とはそもそも、犯罪から社会を守る為に施行されているはずなんだよ。
>仕返しでも復讐でもない。
同意。個人的には遺族感情などは過剰に考慮すべきではないと考える。

>国や環境の為に自己を犠牲にして、
この論点は公共の福祉と個の尊重が対立する場面であり、制度問題としての調整はイデオロギーに左右される。
故に思想を選挙で対立させるべき事案と言え、個人の思想問題と言える。

>死刑は片方のアプローチを遮断する制度と言えるんじゃないか?
「再犯を生まない」なら遮断される。
結局、社会秩序と、更生効果、どちらを優先するかが主義の大きな分かれ目と思える。
仮に代替措置にて社会秩序を維持できるというのなら、当方は廃止賛成の立場と言える。
決して人権を軽視してはいない。加害者、被害者「双方」の人権を考慮しているだけ。

128 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 07:23:24 ID:XSD/LIWT0
追記。
当方は犯罪を生まないアプローチを社会制度および風土、慣習まで考慮したうえで述べている。
環境すべてが要素となりうるので。

129 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 09:52:53 ID:gUcVWPATO
去年、小学一年生の女の子をレイプして殺したペルー国籍のヤギ被告が、広島地裁で無期懲役になりました。
上告されたとはいえ、ひとまず死刑廃止論者さんたちの大勝利ですね。
ただ、嬉しいのはわかるけど、地裁の前での万歳三唱はやりすぎじゃないかな。

130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 10:04:56 ID:Vl4PzNKy0
>>129
マジですか?万歳三唱ありえない・・・



131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 10:19:07 ID:4FDCXLmhO
こうやって見ていくと、死刑廃止国ってのは
「被害者に冷たい社会」である事が前提にあるのだろうな

死刑を廃止して得をするのは死刑囚だけだしな


132 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 10:25:52 ID:Vl4PzNKy0
>>123
>>宅間や宮崎、加藤などと全く同じ環境で育てられ、全く同じ経験をしていたとしたら、
犯罪を犯さないと断言できるか?
精神が崩壊するような環境(社会)で、法を守り、自己を保ち、生活が出来ると言えるか?
(確かに100%犯罪を犯さないと断言はできないが、99%以上の人は理性を保ち
犯罪を犯さないといえる。そうなったらまず自殺を考えるだろう、そこで他にを殺してやる
無茶苦茶にしてやると言う考えを抱き殺人をするような考えがおかしいんのであって、
やはり犯罪者本人が原因である。秋葉原加藤なんてまさにそれ、被害者はたまったものではない)

>>「幸せな人間がいるから、自分が不幸なんだ」と思うかも知れない。
(この考え方がそもそもの間違い、そう思ったからと言って他人を殺してもいいことには
ならない。そう言う考えをもった人は数多くいると思うが他人を殺す人なんて極めていない。
やはり犯罪者が元区であり死刑にされても文句は言えない。そこで人権がどうのこうのとゴネテ
る事はおかしいし、その事と刑罰での死刑判決は別問題)

>>そこでだ。 「悪人は殺しても良い」という価値観が俺の中にあったなら、
俺は、俺が決めた「悪人」を殺しに行くかも知れない。
そして捕まり、俺一人の責任にされ、殺される。
(残念だが、やはり貴方の中にはいつか自分が殺人を犯してしまうかもしれない
だから死刑廃止賛成である、死刑制度が怖いと言う考えが根底にあるみたいですね。
勿論あなたが殺人を起こすと決めつけている訳ではないですが貴方の深層心理には
自分でも気づいていないそう言う考えがあると思えます。なので貴方にはすぐにでも
精神科医に行く事をお勧めします。正常で健全な人はそう言う考えはもちません。
貴方に殺される犠牲者がでるまえに、まずはそうならないように自分からそうして下さい。
これ異常他人迷惑をかけないで下さい。宜しくお願いします。)





133 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 10:33:23 ID:mP72ONSr0
>>130
それが廃止論者。
奴等は、類共の潜在的犯罪者集団だからな。

134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 12:22:05 ID:ieSkgyo/0
>>127
>その、「犯罪」とはどういう類型の事柄か、という論点から検討しなくてはならない。
そうね。 様々な状況が想定されますね。
ここでの発言の意図は、あくまでも「死刑対象の犯罪」についてです。
少し広げて、「殺人事件」とした方が良いかもね。

>そうすると、故意犯での法益侵害性の高い罪での重罰もやむなし、と考える。
死刑という制度に特別な抑止力が認められるならね。
死刑以外の重罰でも、十分、抑止力は与えられますよ。

>故に思想を選挙で対立させるべき事案と言え、個人の思想問題と言える。
そうですか…。
俺は、個人が幸福になる事と公共の福祉が充実する事は、相反するとは思っていません。
個の充実が全の充実に繋がると考えています。
今までが、全の充実の為に、個が犠牲になってきたと思ってますから。
確かに、思想的な理解が必要になるでしょう。
価値観や意識の変化を促さなければ、社会が混乱するとは思いますが。

>結局、社会秩序と、更生効果、どちらを優先するかが主義の大きな分かれ目と思える。
終身刑や長期懲役刑で、その中間が選択できますよ。
ルールの為のルールではなく、人間の為のルールとして機能させれば良いだけだと思ってます。

>仮に代替措置にて社会秩序を維持できるというのなら、当方は廃止賛成の立場と言える。
修復的司法やVOMなど、犯罪加害者の新しい社会との関係を理解できれば、可能性は広がりますよ。

>環境すべてが要素となりうるので。
同意です。 金、経済の為の世の中から、人間の為の世の中にシフトするべき時代だと思います。
現在の「当たり前」を、一から精査し、人間にとって有効な環境を再構築するべきですね。


135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 12:34:26 ID:ieSkgyo/0
>>129
>ただ、嬉しいのはわかるけど、地裁の前での万歳三唱はやりすぎじゃないかな。
確かに。 加害者との関係者ではないの?

>殺人をするような考えがおかしいんのであって、やはり犯罪者本人が原因である。
毎日、どれだけの殺人事件がおきているか、ご存知ですか?
確かに窮地に追い込まれても耐えている人々もいるでしょう。 自殺を選択する人も少なくない。
だが、どんな身勝手な犯罪に見えても、そこには加害者に課せられた耐えがたい現実は存在する。
犯罪抑止が名目ならば、刑罰の観点から、この現実を変える必要はあるんじゃないか?

>そう言う考えをもった人は数多くいると思うが他人を殺す人なんて極めていない。
そういう考えを持った人間がいる事自体、問題なんですよ。

>だから死刑廃止賛成である、死刑制度が怖いと言う考えが根底にあるみたいですね。
さすが、存置派ですね。
俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に補償を求めますから。
きちんと税金を払ってきた国民が苦しんでいる事を、国に放置はさせませんよ。
どうせ、自分の人生を犠牲にするなら、犯罪など選択せず、国に喧嘩を売りますよ。


136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 13:08:38 ID:gUcVWPATO
廃止論者がテロ宣言いたしました。
よく「森の精」とか「山の精」とかファンタジーに出てくるけど、「国の精」と言うのは初めてみたよ。

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 13:28:29 ID:Vl4PzNKy0
>>135
>>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に補償を求めますから。
きちんと税金を払ってきた国民が苦しんでいる事を、国に放置はさせませんよ。
どうせ、自分の人生を犠牲にするなら、犯罪など選択せず、国に喧嘩を売りますよ。


ネット上での書き込みや口ではなんとでもいえるけど、貴方みたいな人が
窮地に追い込まれた時に無実で関係ない人達を無差別に殺してしまうと私は考えます。
アキバの加藤みたいに・・・

はっきり言って自分からそんな事を公表の面前言う人を私は信じません。



138 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 13:31:36 ID:Vl4PzNKy0
>>135
>>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に補償を求めますから。

貴方は自分が犯してしまった取り返しのつかない凶悪犯罪を自分は責任を取らず、
全て国のせいにしようと言うのですか?
貴方の考えは狂ってますよ。

速やかに精神科医に行って下さい、貴方の存在は危険です。

139 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 13:58:25 ID:0xnoV52Z0
社会とか環境の責任って・・・

金銭の問題であれば「国」という単位で考える事もできようが、
犯罪に手を染めようという個人に手取り足取り指導せよという環境の問題は、
結局「対象に近しい地域・組織に属する個々人」に負担を求める物でしかない。

だいたい、社会が責任を取ればそれで犯罪が減らせるとか、人心が安定するとかなのであれば、
その施策(具体策としてそんなものがあるのか自体眉唾だが)は死刑相当以外の対象でも実行可能なわけで、
そうできないのを死刑のせいにするのはお門違い。

死刑廃止を訴えるのは、それで「犯罪者でない」ニートや失業者やホームレスが救われる事がわかってからで良い。
その程度の努力もしないで、望まない人にまで博打のリスクを負わせるなんてのは、
テロリストの発想と同じである事に気付くべき。

140 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 14:16:33 ID:r3+AlCEK0
俺は岡山であった生き埋め事件で死刑判決を受けた馬鹿がいたがあの事件なら
被害者のせいだし無罪でも良いと思っている。
しかし大抵の死刑囚は何の落ち度も無い被害者をしに至らしめている時点で加害者の責任。
環境が悪かったならその境遇においた奴らに復讐すればよい。社会が悪いなら政治家でも殺せばいい。
大抵セクース目的や幼女趣味のだろ。小林なんて東南アジアで幼女買えば済んだ話だろ。陵辱付きで買える。
そんな事も知らないで拉致して強姦殺人。ただの無知です。
まあ現代社会においてこんな事すら知らなかったとは思えんけどな。お金がもったいなかったか、海外行くのが
面倒だったか。こんな事まで社会のせいにするな。

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 14:25:15 ID:0xnoV52Z0
>>140
性犯罪は、エロ本のような性的な文化に対して不寛容な時代の方が多く起きてる、というのが統計で明らかだから、
社会のせいを重視する奴らは、死刑よりもまずそういうのの規制強化に反対して、政治家を攻撃するべきだろうな。

142 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 14:32:24 ID:Q6oVN+I10
ID:ieSkgyo/0
↑こいつみたいなヘタレというかキチガイがいるから凶悪犯罪がなくならないということだ。
殺人犯と同じような状況なら自分も同じ事をしかねないと言ってんだから。
いくら辛くても真っ当に生きている人はごまんといる。
恵まれない環境にある人が皆こいつみたいに考えてたら、今の何倍も殺人事件が起きてなきゃおかしい。

143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:31:15 ID:ieSkgyo/0
>>137
>窮地に追い込まれた時に無実で関係ない人達を無差別に殺してしまうと私は考えます。
ご勝手にお考え下さい。
ただ、あなたの妄想を基に決めつけで話をしないで下さいね。

>全て国のせいにしようと言うのですか?
どんだけ読解力がないんでしょうか?
犯罪者に『も』責任はあると、言ってますよね? 理解できますか?

>>139
その認識が現在の社会を構成してるんだろうよ。
自分には災難が降りかからなければ、その意識でも不都合はないだろうね。
現実では、毎日、悲惨な事件に巻き込まれる人間がいるんだよ。
自分がそんな被害者になっても、同じ事が言えますか?

被害に遭えば、加害者を憎むのは当然だろう。
加害者が罰せられ、世間的には問題解決とされた後、どんな生活が待ってると思う?
現在の刑罰、事件を未然に防げなかった社会、自分の存在を含めた全てを否定したくなるよ。
俺が今まで会ってきた被害者や遺族の方々は、例外なく、そんな状況で生活をしていた。

あなたが言う努力をしろよ。
加害者を殺さなくても、感情を消化できる、強い自己を形成しなよ。

>>142
独り言でからまずに、反論があるなら正々堂々と意見をぶつけてきたら?
それが出来ないから、そうなんだろうけど…。

144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:49:07 ID:0xnoV52Z0
>>143
ハイハイ。
いくら相手を貶めても、君の正当性はそれ以下な事は変わらない。

廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

145 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:53:41 ID:Vl4PzNKy0
>>143
その通りだと思う

146 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:54:26 ID:Q6oVN+I10
>>143
ご勝手にお考え下さい。
ただ、あなたの妄想を基に決めつけで話をしないで下さいね。

147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:55:14 ID:Vl4PzNKy0
間違えた!


>>144
その通りだと思う

×
>>143
その通りだと思う

148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:57:03 ID:r3+AlCEK0
死刑は多数が支持してるし予め決められたルールだ。
じゃなきゃとっくの昔に改善要求してるだろうしそれが民主主義。
嫌なら無人島にでも行って孤独に暮らせばいい。
人が社会的に生きると言うことはそのルールを守る事が大前提。それだけの事。
少数が理屈を捏ね繰り回して廃止にしようとすればそれは民主的とは言えない。


149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 15:57:55 ID:0xnoV52Z0
どの道、廃止論がSF的机上の空論や自滅理論を振り回している限り、
「廃止論が正しいから死刑廃止」というのはありえない。

150 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 16:07:44 ID:r3+AlCEK0
>「廃止論が正しいから死刑廃止」というのはありえない。
まさにその通りですな。

>ID:ieSkgyo/0
死刑廃止を唱えるのも糾弾するのもまあ自由にしたらいいがその理屈は正当でないしあまり大合唱しない
方がいい。かっこ悪いから。それだけ。
俺は凶悪犯をも思いやれる、例え被害者になっても大きな慈悲で加害者を救える、と唱えればよいだけ。
その思想に信憑性があり真に人々のこころが動かせられれば君や廃止論は尊敬に値され支持され死刑制度自体が淘汰される。
しかし現状はそうではない。つまりそう言う事だ。

151 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 17:32:01 ID:W9+QRXfc0
>>143
理由さえあれば他人の金品を奪ってもかまわない、理由さえあれば他人を拉致監禁洗脳してもかまわない
って価値観を日本人に植え付けて、日本をどうしたいの?

152 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 20:46:34 ID:ieSkgyo/0
結局、こういう流れになるね、いつも。
廃止派が死刑の不必要性を語っても、訳分からんイチャモンしか付けれない存置派。
発想も、発言も、内容も、煽り方も、全てが幼稚。
事実を指摘すれば「貶め」と言う。 どんだけ被害妄想が激しいんだか…。
相対的な立場にいて、それぞれから見た自分と相手を表現する際、事実を指摘し合うのは当然だろ。
もし「貶め」と感じるなら、軽蔑されそうな発言を控えれば良いんじゃないの?

>>150
>俺は凶悪犯をも思いやれる、例え被害者になっても大きな慈悲で加害者を救える、と唱えればよいだけ。
この意識を理解できない存置派が多い事実、この意識を信じられない存置派が多い事実、
こんな事を言う人間を攻撃せずにはいられない存置派が多い事実、
これらの事実が、廃止派に発言の機会を与えているんですよ。

それとね、どこに正当性がないのか指摘してもらえなければ、全く意味のない発言ですから。

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:01:57 ID:0xnoV52Z0
>>152
君のその死刑容認派への接し方が、君の理屈の誤りを照明している。
まずそこから気付こうか。

廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。


154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:02:31 ID:Q6oVN+I10
>>152

>>146

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:02:47 ID:0xnoV52Z0
×照明
○証明

156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:06:50 ID:r3+AlCEK0
まだ良く分かってないようだねぇ。

どうしてこんな簡単な事が分からない?どうして廃止論は支持されないんだ!と言うイライラから
廃止論自体が被害者や死刑支持者への恨み節込みだからこうなる。
死刑支持者が感情的だと言うのならその感情に訴えかけないでどうする?
だからいつまで経っても死刑制度は磐石のまま。そう言うところチミやその他廃止論者は全然クレバーじゃない。

157 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:25:22 ID:ieSkgyo/0
>>153
どの辺が貶められてると感じるんですか?

>>156
>廃止論自体が被害者や死刑支持者への恨み節込みだからこうなる。
全くイライラしてないし、だれにも恨みはない。
死刑議論は、感情を主に進めるべき問題ではない。
感情を優先させ結論を出す問題ではないからね。

具体的な指摘もなく、感覚的な否定発言しかできない存置派が何を言おうが説得力はない。
妄想を基にしか話を進められない現状を認めたらどうだ?

158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:45:33 ID:Q6oVN+I10
>>157

>>146

159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 21:55:33 ID:g9Bg643yO
>158

みっともないからヤメレ

160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 22:02:45 ID:aI3L18q70
>>157
お前さんはお前さんが理想と思っている事だけを基に話をするから
相手にされない事に気づけよ

あ、後 加藤の話が出たんで言うが、同じ環境で育った弟は犯罪者にはならなかった
ようだが、それも周りの環境のせいにするの?
お前さんの123以降のレスには犯罪者に”も”責任はあるって話は全然出て来てないが?
ただ、犯罪者の状況はこうです、だから社会が救え、そうでなければ犯罪に
走るぞって話しか出て来てないけどねえ

>>143
俺の後輩で被害者遺族だった奴もそいつに紹介してもらった遺族の人たちも
加害者が罰せられて事件が終わってもちゃんと前向きに生きて行っててすべてを否定して
自暴自棄に暮らしてる人なんて殆ど居なかったが、なにか?






161 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 22:03:30 ID:r3+AlCEK0
>具体的な指摘もなく、感覚的な否定発言しかできない存置派が何を言おうが説得力はない。

しょうがないでしょ。今まで散々議論してきたしチミの発言も余り読んでいない。
興味ないもの。
>>151さんの発言を訳の分からないイチャモン一つで片付けてる人に言われても説得力ないよ。


162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 22:06:20 ID:0xnoV52Z0
>>157
だから、そうやって相手がいかに低いかの説明をいくらしたところで、
君が相手を上回っている証明にはならない。

また、相手の同意の無い「俺ルール」の上にいくら緻密な理論を積み上げても
それは自分勝手な理屈でしかない。

そしてお互いにそのレベルから先に進まず、どちらの理屈が正しいのかわからない場合、
民主主義では多数派が正当性を持つ。

君の理屈はだいぶ手前の段階で「俺ルール」に突入してる。
君の理屈内の不備にあえて眼をつぶったとしても、少数意見(おそらく廃止論の中でも)を唱える君は、
多数派と同じ形而上レベルの「俺理屈」が捏ねられたとしても、それだけでは負けなのに気付くべき。

「俺理屈」レベルでも、聞きたいと思わせる何らかの魅力があるのならともかく、
意見を述べる過程で他人の感情を害しても、自分の首を絞めるだけだぞ。
まして具体的な実現策も無い君の意見は、聞かなくても誰も困らないんだからな。

163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 22:47:49 ID:ieSkgyo/0
>>160
>お前さんはお前さんが理想と思っている事だけを基に話をするから相手にされない事に気づけよ
あらそう。 ご都合が良いですね。
その理想を一つも論理的に否定できない癖に、論理的に否定できない事を認められませんか?

>それも周りの環境のせいにするの?
兄と同じ経験を積んでいたら、同じような行動に出る可能性はあるだろうよ。
兄弟でも、同じ環境を共有できるのは、極一部だよ。

>犯罪者に”も”責任はあるって話は全然出て来てないが?
このスレ、初めから読み直してみ?

>自暴自棄に暮らしてる人なんて殆ど居なかったが、なにか?
自暴自棄になってる人は少ないよ。
だが、事件や事故を引きずり、苦しみの中で生活してる人が殆どですが?

>>161
>しょうがないでしょ。今まで散々議論してきたしチミの発言も余り読んでいない。
所詮、これが存置派レベルですか。

>>162
だから、具体的に反論したらどうだ?
どのレスのどの部分の事を言ってるんだよ?
あなたのレスは、全く死刑議論に無関係な内容になっている事に気づいてるか?
もっともらしく否定してるが、具体的な意見など皆無。
俺の意見を否定できる内容は、一つもない。

>民主主義では多数派が正当性を持つ。
今の世界の常識では、第三者機関に意見を求めるんじゃないか?
ナチを支えた思想だろ? それ。

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 22:57:44 ID:0xnoV52Z0
うわあ・・・

165 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 23:39:28 ID:0MGFuiIn0
ID:ieSkgyo/0

俺様の言うことは全て正しい、存置派の言うことは全て間違ってるから全否定。
どうやら真正のキチガイのようだから相手するだけスレの無駄使いだな。

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 23:40:51 ID:aI3L18q70
>>163
どっちが都合いいんだか、このスレの殆どの存置派の人のでお前さんの意見は論理的に否定されてますが
お前が認めないだけでしょ 
そこがお前さんが思っている理想を基にしか話してないってとこだよ

極一部って人格形成の殆どの部分は共有してるんですが?

このスレのお前のレスに犯罪者の責任を追及してる部分は無い
ただ罰を与えるだけとしか言ってない
しかも犯した罰に見合う刑罰を与えるんじゃなくて
どう考えても死者より生きてるものが大事みたいな話しかしてない
それでどこが犯罪者に責任”も”って話になるのか?

事件の事を忘れて生きて行こうとする人たちが殆どですけど
それも被害者の事を忘れるんじゃなくて、事件を起こしたやつの存在そのものが
無かったように考えてね


167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 23:43:48 ID:0xnoV52Z0
奇しくもID:ieSkgyo/0は、社会が努力しても、対象の個人がそれを気に入らなければ従いやしない、
そしてどんどん狭い世界の方へ自分で行ってしまう、ということを自分で証明してしまったわけだ。

やっぱり犯罪性向のある個人に対して社会が努力しろ、というのは無理がある。

168 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 23:45:02 ID:aI3L18q70
ミス
犯した罪に見合うでした


169 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/24(木) 23:48:54 ID:Vl4PzNKy0
>>163
貴方はナチだったんですね、このスレでナチと言う言葉が自分から出る時点
でもうダメですね。

170 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 00:07:36 ID:TB/oE0v70
しかも、死刑囚の中には比較的裕福な家庭に育ったものも多数いる。
また、そういう者が不幸な幼年期を過ごした者を殺害した事例もある。
こういう場合は社会が悪く、個人の責任はないというのか?

171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 00:16:59 ID:cqN+xL+60
>>170
もちろん個人だけの責任ではありません
何不自由ない生活を許した社会に責任があるんです(棒

172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 00:17:02 ID:Zr7iYRbk0
>>163
よく凶悪犯罪を犯した人が社会復帰した時に過去の事で差別を受けるとか仕事につけないとか
そうならないように保護したり配慮が必要だと言う人権屋さんいるけど、
それはしょうがないんじゃないの?
過去に自分がそれだけの事をしてきたわけだから。
いくら法律の元に制裁をうけつとめをはたしたと言っても自分が犯した過去の罪は
一生消えないわけだから。
被害者から言えば一生消えない死ぬまで忘れられない深い傷をつけられてるのだから。

被害者は生き返らず、親族は一生消えない深い傷を背負って生きていくのに
犯罪を犯した本人が法律上の制裁を終えたから自分は罪を忘れのうのうと自由の楽しく
生きていくのは虫が良すぎるのではないか?

だからと言って元犯罪者がずっと下を向いて生きていけとか、残りの人生楽しむなとか
言っている訳ではない。
ただ過去の犯罪により周りの人達に冷たい対応をされても、それは過去に自分のしてきた
事によりそう見られているのだから仕方ないし受け入れるべきと言う事だ。
それは当然犯罪者が一生背負って行くべき事なのだ。
それをかばってそこまで過保護になる必要はまったくない。

犯罪に限らず一般社会でも遅刻した人なんかは「あいつは時間にルーズだから」
と見られるしそれは自分自身が過去にしてきたことによるものなのでしょうがない事なのだ。





173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 00:20:12 ID:Zr7iYRbk0
>>171
貴方はなんでも社会のせいにしようとして狂ってますね。
もう思考回路がそうなってて他の意見は受け付けない頭になっていて
非常に危険な状態なので早く精神科医に行って下さい。

はっきり言って怖いです・・・

174 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 01:06:11 ID:cqN+xL+60
>>173
俺はID:ieSkgyo/0じゃないよ、存置派だよ。
茶化すつもりじゃないんだよ、ごめん。

恵まれてようがそうでなかろうが社会にも責任があるという理屈ならこうなるだろうと書いただけ。
自分のやったことを棚に上げて、他者に責任転嫁するなんてのは卑怯者のすることだからね。
それでも社会悪いというなら徹底した管理社会にして、自由を著しく制限し、洗脳するしかないだろうな。
(どうやったら実現できるかは全く思いつかないけど)
いざとなったら人殺しもしかねないなんて書いただけでも逮捕しないとね。


175 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 01:43:01 ID:GPx2KeWK0
>>163
基本的な知識がないから相手にならんが、とりあえず横レス
>あらそう。 ご都合が良いですね。
>その理想を一つも論理的に否定できない癖に、論理的に否定できない事を認められませんか?

理想に対しての意見が論理的でないとダメ・・・
まずあなたは、自分の論理性を棚にあげてるでしょw

>兄弟でも、同じ環境を共有できるのは、極一部だよ。

運命論や、どこかの自由意志否定論に近い・・・
なんで、国ごとや地域ごとに犯罪率が違ったりするんだろうね
国の施策として努力しなければ、犯罪率は悪化すると訴えるくせに、
最重要である犯罪者本人の責任については運命や、社会の所為・・

>>犯罪者に”も”責任はあるって話は全然出て来てないが?
>このスレ、初めから読み直してみ?

自分の説明責任を果たすべきところでは、過去スレ参照

>>自暴自棄に暮らしてる人なんて殆ど居なかったが、なにか?
>自暴自棄になってる人は少ないよ。
>だが、事件や事故を引きずり、苦しみの中で生活してる人が殆どですが?

ピントはずれの対応や反応

>>しょうがないでしょ。今まで散々議論してきたしチミの発言も余り読んでいない。
>所詮、これが存置派レベルですか。

自分の発言は無礼でもなく罵倒ではなく、存置派のそれらしい発言には、必ず食い付く

>だから、具体的に反論したらどうだ?
>どのレスのどの部分の事を言ってるんだよ?

どの文章の何が、何に対して、どのように具体的な反論になってないかを省略するので、ただの存置派批判
どのレスのどの部分かを最もハッキリさせないのは自分
最後は最低限の知識がないとかの、知識の具体性に述べずに、遁走を図る

>あなたのレスは、全く死刑議論に無関係な内容になっている事に気づいてるか?
>もっともらしく否定してるが、具体的な意見など皆無。
>俺の意見を否定できる内容は、一つもない。

上記のような文句をそのまま反しても意味は無い
それが、具体性を欠くということ
人は鑑
あなたの発言内容は、100%存置派に対する文句で成り立ってる

>>民主主義では多数派が正当性を持つ。
>今の世界の常識では、第三者機関に意見を求めるんじゃないか?
>ナチを支えた思想だろ? それ。

第三者機関の正しさは?
自分の発想もナチに似てるかも知れんなw

どーでもイイけど、発言のクオリティがある人物そっくりだなw
発言内容が成長しないと、本気でグズに思える


176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 03:18:03 ID:Zr7iYRbk0
>>そこでだ。 「悪人は殺しても良い」という価値観が俺の中にあったなら、
俺は、俺が決めた「悪人」を殺しに行くかも知れない。
そして捕まり、俺一人の責任にされ、殺される。

★勘違いも甚だしいですね↑↑↑
「悪人は殺しても良い」という価値観と「凶悪犯罪を犯した人を死刑にする」
と言う事はまったく違う事です。
死刑制度を残す事とだったら自分の決めた悪人を殺してもいいって発想と
何の関係があるんですか?

被害者は自分の大切な人を殺されてるんですよ、貴方の言う「俺が決めた悪人」
から貴方は直接的な被害、親族を殺された訳ではないでしょう。
貴方の言ってる事はめちゃくちゃですね。

それに凶悪犯罪の被害者者は直接自分が殺すのでじゃなく法律にのっとって
死刑を求めているだけなのにそれの何がいけないのい?貴方は何が不満なのですか?

177 :存置派:2009/09/25(金) 04:30:50 ID:6OehbJiF0
>>115
>あなたの意見よりは信憑性があるよ、俺には。
うん「君には」そうなのは、別に言わなくても大丈夫。
お互いにとって問題なのは、世間一般がどう考えるかってことだろう?
尤も「世の中の認識が変わってきてる」と思う君たち廃止論者が
絶滅危惧種だということは、数字で出てしまっていることなのだがね。

>「確認されるとも、されないとも言えない」と言ってるのは、死刑でしか得られない特別な抑止力についてでしょ?
>終身刑や長期懲役刑との比較では、ハッキリ、「確認されていない」と言ってるはずなんだが?
へぇ。…そもそも、それ、その文章同士で矛盾しあってると思わない? 

>何かしら、身勝手な理由を付けて、犯した犯罪の原因を語っている。
例えばそこで「その身勝手な理由が、俺の理想社会ではつけられなくなってくれるのか?」とは考えないのかなぁ…
本当にどんな理由があっても殺人を許さないとするなら、正当防衛や自衛も駄目になってしまうね。
それを「〜だから良い」としたら、お前の価値観ではどこかで凶悪犯が「身勝手な理由」をつけてしまうのだろう?

>死刑囚が発生する度に、社会はどんな責任を取ってきたと言うんだ?
治安対策、社会不安の対策etc… 君が読まずに捨ててきた新聞にしっかり書いてあることだよ。
>社会にも責任がある事を認め、その上で加害者を罰すれば良い
例えば加藤は、派遣問題についてという形で社会がその責任をまさにどう果たそうか考えてはいるね。
そういった部分を踏まえると、社会は自分たちの責任は割と果たしているがね。

ああ、それと
>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に補償を求めますから。
だそうだが、勘違いしないでくれ。その金は別にドラえもんがつくってくれるものじゃない。
君の親の、友人の、仲間たちの集めたお金なんだ。だから、その台詞を言うときは同時に
>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に頼んで、お隣のうちから金持ってこさせますから
という意味でもあると肝に銘じておいてくれ。
銘じた上で「どこか誰かの金を奪う権利が俺にはある!」と判断した上で言うなら、それはそれでよし。

178 :存置派:2009/09/25(金) 04:33:59 ID:6OehbJiF0
>>115
>あなたの意見よりは信憑性があるよ、俺には。
うん「君には」そうなのは、別に言わなくても大丈夫。
お互いにとって問題なのは、世間一般がどう考えるかってことだろう?
尤も「世の中の認識が変わってきてる」と思う君たち廃止論者が
絶滅危惧種だということは、数字で出てしまっていることなのだがね。

>「確認されるとも、されないとも言えない」と言ってるのは、死刑でしか得られない特別な抑止力についてでしょ?
>終身刑や長期懲役刑との比較では、ハッキリ、「確認されていない」と言ってるはずなんだが?
へぇ。…そもそも、それ、その文章同士で矛盾しあってると思わない? 

>何かしら、身勝手な理由を付けて、犯した犯罪の原因を語っている。
例えばそこで「その身勝手な理由が、俺の理想社会ではつけられなくなってくれるのか?」とは考えないのかなぁ…
本当にどんな理由があっても殺人を許さないとするなら、正当防衛や自衛も駄目になってしまうね。
それを「〜だから良い」としたら、お前の価値観ではどこかで凶悪犯が「身勝手な理由」をつけてしまうのだろう?

>死刑囚が発生する度に、社会はどんな責任を取ってきたと言うんだ?
治安対策、社会不安の対策etc… 君が読まずに捨ててきた新聞にしっかり書いてあることだよ。
>社会にも責任がある事を認め、その上で加害者を罰すれば良い
例えば加藤は、派遣問題についてという形で社会がその責任をまさにどう果たそうか考えてはいるね。
そういった部分を踏まえると、社会は自分たちの責任は割と果たしているがね。

ああ、それと
>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に補償を求めますから。
だそうだが、勘違いしないでくれ。その金は別にドラえもんがつくってくれるものじゃない。
君の親の、友人の、仲間たちの集めたお金なんだ。だから、その台詞を言うときは同時に
>俺がもし、過去の犯罪者のように窮地に追い込まれたら、国に頼んで、お隣のうちから金持ってこさせますから
という意味でもあると肝に銘じておいてくれ。
銘じた上で「どこか誰かの金を奪う権利が俺にはある!」と判断した上で言うなら、それはそれでよし。

179 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 05:55:19 ID:Ym78qxvC0
ウクライナ21動画見ても反対なんて言えるのかねぇ
死刑制度の見直しはするべきかもしれないが
はなから死刑をなくす必要性はないでしょうに
いち選択肢として残しておくべきでしょ


180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 10:11:11 ID:iDFxxwiW0
>>176
>それに凶悪犯罪の被害者者は直接自分が殺すのでじゃなく法律にのっとって
>死刑を求めているだけなのにそれの何がいけないのい?貴方は何が不満なのですか?

いつか自分が加害者側になる事を考えている廃止論者にとっては、自分の死を期待されているような
気分になるんじゃないかね。

181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 10:30:42 ID:LuWO6Sfp0
>>166
>極一部って人格形成の殆どの部分は共有してるんですが?
双子でもない限り、兄弟だからと言って同じ環境を与える方が難しい。
親になれば理解できる。
人間とは、環境に適応しようと変化する。
変化する手段や方法に問題があれば、その問題を具現化する選択をしてしまう可能性は高くなる。
人間への理解が浅いと、あなたのような意見が出るんだよ。

>>172
差別容認主義者ですか?

>>175
>まずあなたは、自分の論理性を棚にあげてるでしょw
言い訳は良いから、一つ一つ否定していけば良いんじゃない?

>自分の発想もナチに似てるかも知れんなw
ナチがあれだけの力を持った背景を学んでから発言しろよ。
無知な国民がナチを支え巨大な力を与えたんだよ。
ヒトラー一人の責任ではなく、ナチを支えた思想・国民にも責任はある。
「多数が正当」などと無条件で受け入れるような思想は、ナチを支えた国民と同じ。


182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 10:39:32 ID:LuWO6Sfp0
>>177
>お互いにとって問題なのは、世間一般がどう考えるかってことだろう?
世界と強調し足並みを揃えようとしてる政府ができましたから、ね。
「世間」なんて、不安定要素を盾にされても。

>へぇ。…そもそも、それ、その文章同士で矛盾しあってると思わない? 
全然。

>それを「〜だから良い」としたら、お前の価値観ではどこかで凶悪犯が「身勝手な理由」をつけてしまうのだろう?
またこの話題ですか。
生命を守る為の殺人までは否定しないから。 ここは死刑を語るスレ。
正当防衛や緊急避難や医療行為まで議論するつもりはないからね。

>治安対策、社会不安の対策etc… 君が読まずに捨ててきた新聞にしっかり書いてあることだよ。
役に立ってるなら、何も文句は言わないから。

>そういった部分を踏まえると、社会は自分たちの責任は割と果たしているがね。
なら、「足りない」と言うべきだな。

>銘じた上で「どこか誰かの金を奪う権利が俺にはある!」と判断した上で言うなら、それはそれでよし。
俺が今まで払ってきた税金の5分の1でも返してくれたら、お釣りが出るよ。
他人様の納めた税金まで「よこせ」と言うつもりはない。

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 10:52:17 ID:JWw09koF0
>>181
>変化する手段や方法に問題があれば、その問題を具現化する選択をしてしまう可能性は高くなる。

で、その問題とは何?「死刑の存在」以外には無いとでもいってるの?
「死刑の存在」以外にもあるなら、まず制度を変えなくてもできる問題解決をやってみて、
それが効果をあげてからでいいよね。
君の理論で行けば、効果をあげた地域では問題が具現化しない→犯罪ゼロになるんだから。
そうすれば誰も文句言わないよ。

>無知な国民がナチを支え巨大な力を与えたんだよ。

廃止論はその国民のバックアップさえ無いナチってだけ。

184 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 11:01:09 ID:JWw09koF0
>>182
>生命を守る為の殺人までは否定しないから。 ここは死刑を語るスレ。

なら、「死刑執行後の犯人の再犯率は完全にゼロ」つまり特別予防力は確実に「死刑未満<死刑」
これは確実に人の生命を守ってる。

>なら、「足りない」と言うべきだな。

「足りない」という意味では、君は結局それ以下という順番は変わらないから、
いくら相手を低く見なしても、同時に自分がもっと下へ落ちるだけなんだけど。

>他人様の納めた税金まで「よこせ」と言うつもりはない。

いや制度化にある国民全体に求めてるんだから、言ってる事になる。

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 14:15:22 ID:MDFt2iOC0
>>181
> >>166
> >極一部って人格形成の殆どの部分は共有してるんですが?
> 双子でもない限り、兄弟だからと言って同じ環境を与える方が難しい。
> 親になれば理解できる。
> 人間とは、環境に適応しようと変化する。

一般に兄弟は基本的な人格形成がなされる年代まで似たような環境で育てられる事が多いが、
それでも大きく違う人格や行動をとる可能性のほうが高いということだな。
まして、赤の他人なら全く違う環境で生活しているから千差万別。いくら犯罪者を研究しようと、
将来の犯罪予防には何の役にも立たないという事になる。
似たような事件に見えても原因はそれぞれ別のところにあり、一件一件個別に対応しなければ
防ぎようがない訳だからな。
しかし、対応していない社会が悪い、犯罪者を社会のために生かせとは無茶苦茶な話だ。

ホント抽象的なことばかりで具体的な話は全く出てこないし、その場を取り繕ってばかりだから
いくらでもボロが出てきて議論以前の問題だな< ID:LuWO6Sfp0

186 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 14:24:36 ID:vp80uhNW0
死刑と絶対的終身刑の抑止力に明確な差は無い、故に死刑だけが持つ特別な抑止力は無いと言える。
よってより残酷な死刑は無くてもよい。
絶対的終身刑と無期懲役刑の抑止力に明確な差は無い、故に絶対的終身刑だけが持つ特別な抑止力は無いと言える。
よってより残酷な絶対的終身刑は無くともよい。
無期懲役刑と懲役20年刑の抑止力に明確な差は無い、故に無期懲役刑だけが持つ特別な抑止力は無いと言える。
よってより残酷な無期懲役刑は無くともよい。
懲役20年刑と懲役10年刑の抑止力に明確な差は無い、故に懲役20年刑だけが持つ特別な抑止力は無いと言える。
よってより残酷な懲役20年刑は無くともよい。
懲役10年刑と懲役5年刑の抑止力に明確な差は無い、故に懲役10年刑だけが持つ特別な抑止力は無いと言える。
よってより残酷な懲役10年刑は無くともよい。
刑の軽重の問題では無く、犯罪から学んで犯罪者の反省を促し更生をさせる事が目的なのだ。
それが出来ないのは社会の価値観が悪いからだ。
あと、警官の業務上の射殺は良い殺人だから許すが、死刑だけは悪い殺人だから反対です。

ID:LuWO6Sfp0が言っているユートピアってこういう事なんだよね?

187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 14:48:09 ID:IP/xeyQk0
>>183
>で、その問題とは何?「死刑の存在」以外には無いとでもいってるの?
「悪い人間は殺しても良い」という価値観の問題。
本当に苦しい生活をしている人間が保護されない社会の状態。
常識的に生活出来ない人間を保護出来ない社会。など。
死刑だけの問題ではないが、死刑制度の必要性や認識は、今の社会に大きな影響を与えている。

>廃止論はその国民のバックアップさえ無いナチってだけ。
ナチに反対したドイツ国民は黙殺され弾圧されたんだけどね。

>>184
>なら、「死刑執行後の犯人の再犯率は完全にゼロ」つまり特別予防力は確実に「死刑未満<死刑」
終身刑でも十分ですよ。

>いや制度化にある国民全体に求めてるんだから、言ってる事になる。
自分が払った税金分くらいは、国に補償を求めるよ。

>>185
>将来の犯罪予防には何の役にも立たないという事になる。
学び知恵を得れば、何らかの予測が出来るようになる。

>>186
>ID:LuWO6Sfp0が言っているユートピアってこういう事なんだよね?
一行目だけ合ってるよ。 以下は、全く筋違い。


188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 15:18:50 ID:m1YDaYKw0
>>187
絶対的終身刑は実現することはないので十分な訳ありません

仮に知恵を得たとして、ある程度のパターン予測ができたとする
そしてその対処法やらが見つかったとするよ
で、それを 今は何の兆候も示してない犯罪者予備軍を見つけて
どういう法根拠でその対処法を施すつもりなの?
その前に犯罪者を研究したら何の兆候も示していない犯罪者予備軍を発見
する方法が見つかるとでも?

で、お前さんのレスの何処に犯罪者の責任を追及した部分があるの?
それが無かったら犯罪者に“も”責任はあるって言う話の”も”の部分は
お前は全く述べてないことになるが


189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 15:47:30 ID:JWw09koF0
>>187
>「悪い人間は殺しても良い」という価値観

根拠なし。抽象的過ぎ。
そもそもそれが原因で起きた犯罪なんて聞いたこと無いし、あったとして極少数、しかも真偽は定かじゃないだろう。
そうでないというならソースがないと説得力が無い。
それとも君に、そういう理由で罪を犯す予定があるのか?

>死刑だけの問題ではないが、

だから、それならまず制度を変えなくてもできる問題解決をやってみて、
それが効果をあげてからでいいよね。
君の理論で行けば、効果をあげた地域では問題が具現化しない→犯罪ゼロになるんだから。
そうすれば誰も文句言わないよ。

>ナチに反対したドイツ国民は黙殺され弾圧されたんだけどね。

君は単に弾圧する力も無いだけ。意見が違う人に対する行動原理はナチと一緒。

>終身刑でも十分ですよ。

根拠なし。
また、君は「理由があれば一般人を再犯の犠牲にしても良い」という価値観の話をしてるので、
そういう理由が許されるのなら死刑も正当化される。

>自分が払った税金分くらいは、国に補償を求めるよ。

的外れ。
だったら君一人でやってれば良い。制度を変えなくてもできる。

>学び知恵を得れば、何らかの予測が出来るようになる。

それができるようになってから言ってください。
現状君自身がそれに逆行するような事ばかりして
誰一人説得できて無いから全く説得力が無い。
まずはここで、先回りして「君への反発」という問題が具現化しないようにすればみんな信じるよ。
君の説が真ならできるだろ。


で、そろそろ、
問題を察知して具現化し内容にする技術を、ミクロな話で良いから具体例出してくれる?

190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 17:36:18 ID:JWw09koF0
結局、「問題が具現化する前に何らかの手段や方法で対応して犯罪を防ぐ」なんてのは、
「人間が息をしないで生きれば二酸化炭素削減になる」並のSF理論でしかない。
技術も無いのに実行しようとすれば、思想犯大量生産による再教育施設大繁盛になるのがオチ。
というか、そもそも死刑存廃とつながってない。

理想として持つのは自由だが、他人を動かすだけの正当性も説得力も無い。
まして絶望的マイノリティで、語り口に魅力も無いのでは。

191 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 21:21:04 ID:u051vqpaO
そんなことが出来るなら、遠慮せずに今すぐやればいい。
そうすりゃお粗末な廃止論にも説得力がつくというものだ。

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 23:08:55 ID:1Gjj1J77O
ここのスレ住人に質問。
死刑の可視化に賛成? それとも反対?

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/25(金) 23:32:20 ID:JWw09koF0
>>192
意図も、可視化の具体的な定義もわからない質問に答えたところで
意味のある結論がでるとは思えないので棄権する。

194 :存置派:2009/09/26(土) 01:27:34 ID:Hg/t7H+90
>>182
>「世間」なんて、不安定要素を盾にされても。
お前の大好きな民主党政権を生んだのも、その「世間」の投票なんだがね。
幾ら不安定要素と馬鹿にしてても、国民の大多数が廃止を拒んでる状態での廃止派不本意だろう?

>全然
じゃ、聞きたいんだけどさ。
終身刑や長期懲役刑との比較ではハッキリ「確認されていない」とされる死刑の特別な抑止力が
別の文脈では「確認されないとも言えない」となっちゃうのかなぁ?
…いや、たまにあるけどね。こういう前後の矛盾。
意思疎通の取れてない集団が、宣伝のためだけに書いた書籍とかでさ。

>正当防衛や緊急避難や医療行為まで議論するつもりはないからね。
うん、それ自体の是非を議論するつもりは俺もないよ。
ただ犯罪者にとっては、それらも身勝手な理由で自分の行為を追認するための道具になっちゃうよねってこと。
口実を作ること自体を潰せるならともかく、口実の材料を一つだけ潰したって、また別の口実を見つけるだけだよね。

>なら、「足りない」と言うべきだな。
まぁ、そういうなよ。結構頑張ってるんだよ?
あまりきつくやると、刑罰絡みは既得権者が少ない分「人権」団体が暴れ始めるからさ

>俺が今まで払ってきた税金の5分の1でも返してくれたら、お釣りが出るよ
残念。どこに住んでる何屋の誰さんだかわからないが、君の正体がホリエモンか何かじゃない限り、
「5分の1」なんてのなら、インフラ整備や教育、福祉、行政サービスの分野で君はもうせしめてる。
…ま、その「お釣り」とやらは、それこそ君が恵まれない人のために使ってくれ。

195 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 02:01:18 ID:n2QgC3QT0
怨み屋本舗。
怨み屋本舗reboot最終回が終わった。
非常に参考になる最終回だった。
やはり、死刑は廃止、終身刑にすべきだ。
国家が人を殺す、このような殺人代行業をすべきではない。
国家はあくまでも個人の価値を尊び、人間存在の哀しさを哀しみ、
人殺しとなったものを慈しみ、終身刑とすべきだ。
憎悪、情念といった遺族の感情は遺族本人が処理すべきだ。
具体的には復讐をしたい者は、おのれのその情念をおのれ自身の手で晴らすべきだ。
そう、おのれの手で復讐をせよ。
国会という理性的機関に復讐代行を頼んではならない。
国家は復讐を禁じているのか。
否。
規範として刑法典は存在すれども、刑法は事後的に適用されるもの。
殺人者が殺人者の情念で人を殺したのと同様に、
殺したいならば、殺人者同様におのれの手で人を殺さなければならない。
情念、怨念は晴らすのに国家の手を借りてはならない。
口で殺すというのと実際に殺すのとではその情念には差がある。
殺人者はその情念を持っていた。
憎いなら己の情念で殺されたし。
それができないならば、国家の復讐代行はあくまでも理性的に終身刑までで終わらせるべきだ。
繰り返す。
人を殺すにはそれ相応の情念が必要なのだ。
犯人を憎む君にその情念が本当にあるか。
あれば法廷に来た犯人を貴君の手で殺されたし。
決して国家の手を借りてはならないのだ。

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 02:11:53 ID:D8ks92AD0
遺族ってもはじめから被害者に死んで欲しいと思ってる奴が居れば
被害者は殺され損だし、ホームレスはどうなる?

俺がもし凶悪犯に切り刻まれ正に死を覚悟した時社会は必ずこいつらに復讐してくれる、と思うのと
社会はこいつらを己が支払ってきたであろう税金で無駄に生きながらえさせると思った時
後者なら俺はその社会に絶望する。

197 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 02:33:40 ID:GVJIS3jj0
悪いことをしたけど
更生の可能性がある者に対しては有期刑
更生の可能性が殆どない者に対しては無期刑
生きる価値のない者は死刑

198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 02:40:56 ID:MAUWzTb20
>>195
漫画と現実をごっちゃにするなって小さい頃言われなかった?

199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 03:36:26 ID:HXdJvh+A0
                                   ┏━━━┓
                                   ┃前月慰┃
   /\                             ┃借収安┃
  /   \ アーン アーン 強制連行されちゃいますニダァ〜┃三三婦┃
/ 救 国 \                          ┃○○大┃
\ 慰安婦../\  ∧_,,∧     ∧∧     ∩∧∩  ┃○○募┃
  \   /   \< `∀´>    < `∀>   <.| | `∀> ┃○圓集┃
    \/    ,,ノつ  つ      / つつ   /'  /  ┃圓以 ..┃
         ⊂,   ノ      ⊂..,, /   ⊂..,, /   ┃迄上  ┃
  ,.,.,..,.,..,.,.,.,.,.,.,.,.,.,"ヽフ.,.,.,.,.,.,.,.,,.,.,.,,.,.,.,,.,.,ヽフ.,.,.,.,.,.,.,.,ヽフ.,.,.,.,.,┃可    ┃
                                   .┗━━━┛


200 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 05:21:44 ID:L4JwDqAY0


      
   
           y u r i k o の 書 き 込 み は 悪 意 に 満 ち て い る

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 05:24:44 ID:L4JwDqAY0



 y u r i k o は 日 本 人 を 人 種 差 別 し て い る 。

202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 08:30:01 ID:ERwzOpCK0
>>188
>どういう法根拠でその対処法を施すつもりなの?
学校での教育に活用すれば良い。 
得た知恵で、避難所を作れば良い。
国が守る守備範囲を広げる事を国民に告げ、もっと余裕のある生活を提供すれば良い。
更生教育に役立てれば良い。
破壊的な精神を養う社会ではなく、建設的な精神が養える社会にすれば良い。

>で、お前さんのレスの何処に犯罪者の責任を追及した部分があるの?
犯罪者は拘束し、人格の再構築を施し、研究材料の一例として協力させ、被害者や遺族への償いの日々を遅らせれば良い。

>>189
>それとも君に、そういう理由で罪を犯す予定があるのか?
全くないよ。
日々起きる事件を表面だけではなく、真意を見る意識を持った方が良いね。

>それが効果をあげてからでいいよね。
その為に、死刑に反対してるんだが。

>君は単に弾圧する力も無いだけ。意見が違う人に対する行動原理はナチと一緒。
完全に勘違い発言だね。 俺に弾圧する力があっても、するつもりもない。
弾圧してるのは「多数だから正当」と言ってる存置派の方々なんだよ。
その行動が、ナチを支えた群衆と同じと言っている。

>また、君は「理由があれば一般人を再犯の犠牲にしても良い」という価値観の話をしてるので、
終身刑でなぜ、一般人の生命が犠牲になるんだ?
終身刑で問題なのは、その刑の内容、釈放の基準、管理、とかだろ?
目的に沿った終身刑を設置し、それを安全に運用すれば良いだけだろうに。

>それができるようになってから言ってください。
その為に、死刑に反対している。

203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 08:41:54 ID:ERwzOpCK0
>>194
>幾ら不安定要素と馬鹿にしてても、国民の大多数が廃止を拒んでる状態での廃止派不本意だろう?
別に。 

>意思疎通の取れてない集団が、宣伝のためだけに書いた書籍とかでさ。
理解しようとして受け取ってないからだろ?

>口実を作ること自体を潰せるならともかく、口実の材料を一つだけ潰したって、また別の口実を見つけるだけだよね。
そうかもね。 だからって、最悪の口実の材料を放置する訳にはいかない。

>あまりきつくやると、刑罰絡みは既得権者が少ない分「人権」団体が暴れ始めるからさ
人権の認識が理解されていないから、だろ。
人権を叫ぶ側も、それを否定する側も、個と全体の関係性すら理解してないように見える。

>「5分の1」なんてのなら、インフラ整備や教育、福祉、行政サービスの分野で君はもうせしめてる。
そう、俺も行政のサービスを受け取っている。 
俺が払った税金の5分の4でもお釣りが出る程のサービスをね。
自分が困窮した時に、残りの一部で救ってくれと言うだけ。

>>195
良い事言うね。

204 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 09:38:12 ID:7k0PU6FR0
>>202
答えを期待したつもりはなかったが、まさか観念とほぼ同じ答えになってない答えで笑った
もっとちゃんと現実的な方法を模索してるんかと思ったが
お前さんの言ってるような方法で犯罪が無くなるんなら
死刑廃止国ですでに犯罪が無くなってなきゃおかしいね
世界の潮流などと言い出すくらいだから欧州やらがよっぽど好きな人間だろうから
聞くがEU及び死刑廃止国で犯罪が無くなってるの?
減ってるとかのランクじゃない無くなってるって話だよ
お前も観念と同じで話のスパンが4〜5世代先の話を今してるって事なら
現実性を求めるのは無理か・・・


犯罪者は拘束し、人格の再構築を施し、研究材料の一例として協力させ、被害者や遺族への償いの日々を遅らせれば良い。

これは犯罪者の責任を追及しているのではない、犯罪者をどう処理するかの話、
犯罪者の責任を追及してる部分を出せと言ってる
延々と社会の責任をあげつらって出してるように犯罪者の責任追及をしてる部分をな
そうでなければお前の犯罪者に”も”責任はある の”も”の部分が
お前のレスには無いと言うことだ




205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 10:00:58 ID:ERwzOpCK0
>>204
>死刑廃止国ですでに犯罪が無くなってなきゃおかしいね
この飛躍。 所詮、存置派ですね。

>聞くがEU及び死刑廃止国で犯罪が無くなってるの?
無くなってないんじゃない? ちょっと調べれば分かる事でしょ。

>お前も観念と同じで話のスパンが4〜5世代先の話を今してるって事なら
観念氏がどうかは知らんが、未来の為に考え発言する事に何か問題があるか?
4〜5世代先に必要、もしくは可能な話なら、なおの事、今、議論するべきだわな。
自分の事、しかも、今の自分しか考えられないあなたのような人間には、無理かも知れんが。

>これは犯罪者の責任を追及しているのではない、犯罪者をどう処理するかの話、
脳みそ、動いているか?
どんな犯罪だろうと、犯してしまえば、その行為に対して責任は発生する。
これもいちいち、説明しなければ理解できんのか?
罰を与える時点で、責任を追及している。
責任があるからこそ、罰せられるんだよ、分かった?

206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 10:08:46 ID:MAUWzTb20

廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

207 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 10:11:50 ID:ERwzOpCK0
>>206
被害妄想が激し過ぎ。
存置派が廃止派を叩く事は問題なく、
廃止派が存置派を見たまんま、表現するだけで、「貶めて」と言う。
ご都合主義もほどほどにね。

208 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 10:19:15 ID:MAUWzTb20
>>207
残念だけど、そんな事言ってるうちは君の話が受け入れられる事は無いよ。

209 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 10:43:00 ID:kbbH8V4Q0
>>208
ってか207に限らず、気が狂ってるか、弁護士みたいに自分の利益の為じゃない限り廃止派になんかならないから、
そもそも一般的には誰も受け入れないな。

210 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 12:15:35 ID:7k0PU6FR0
>>205
飛躍?それはお前さんらのほうが得意だろ
結果が同じならそこに至る経緯やプロセスすっとばして
死刑=殺人だと言い続けてるしな
別にお前さんが現実的で可能な話をすれば
こんなすっとんだ話をする気はないよ、どうすればそういう風にできるかを
真剣に議論するわな
それをすっとびまくったお花畑な話するからアホな返ししたまでだ

調べなくても分かるよ、あえてお前に聞いただけ
あり得ない話だし

こっちは4〜5代先に可能だとは思えないから、議論にならんのよ
てか、お前らの言う未来の話が正しいと誰が決めた?決めつけてるのはお前らだけだろ

分かってる?って聞きたいのはこっち
お前がこのスレでさんざん言い散らかした犯罪者が出た事に対する
社会の責任については一つ一つあげつらってるくせに
犯罪者が犯罪に至った部分の事に一つも触れないのはおかしいと言ってる
個別の事例を挙げなくても金が欲しくてやら相手が憎いやら色々個人的で自己中心的な理由を
一つ一つ追及しろと言ってるそれをしないで
社会が悪いからこうなったみたいな話しかしないから犯罪者の責任”も”の
”も”の部分が無いと言ってる
罰は結果であって責任の追及はその前の段階
どっちが見たままの話ができてないか分かってる?
 


211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 12:44:48 ID:fWA5zyWg0
外国の動物園で白熊の檻に、自分の不注意で落っこちて、命からがら救助された人騒がせなおばさんがいた。
もしそのおばさんが、白熊に食われて死んだとしても、誰も殺人事件だなんていわないだろう。

死刑の存在する日本で、それを承知の上で凶悪な犯罪を敢行した人間が死刑になったからって、
それを殺人だって大騒ぎするのはおかしい。

死刑囚の行為は、自らライオンの檻に飛び込んだようなものだから、
死刑=殺人というよりも、死刑=自殺って感じがする。

212 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 13:51:19 ID:ERwzOpCK0
>>210
>死刑=殺人だと言い続けてるしな
死刑は立派な殺人行為です。

>別にお前さんが現実的で可能な話をすれば
刑罰の目的に照らせば、死刑制度自体、現実的ではないんだが、
それを盲目的に支持しておいての、この台詞。 あなたの事が心配になってきたわ。

>こっちは4〜5代先に可能だとは思えないから、議論にならんのよ
現在でも文明的な社会が死刑を支持し、魔女狩りやギロチンが存在していたら、こんな想像はしない。
歴史の流れから、死刑に頼らない社会の秩序・価値観が必要になるのは、簡単に予測できる。
何度も言うが、今の自分しか考えられない人種には、理解できないよ。

>犯罪者が犯罪に至った部分の事に一つも触れないのはおかしいと言ってる
犯罪一つ一つ、状況が違ってくるんだが?
一個一個、詳しく知りたいなら、裁判の議事録でも調べてみたら?



213 :存置派:2009/09/26(土) 13:51:35 ID:J/qo0d2t0
>>203
>別に。 
…あー…そう言えば、お前、そういう子だっけ。
何か民主党政権を礼賛してる奴に限って、民主主義嫌いだよな。
正体は、自民党のネガキャンだったりしてw

>理解しようとして受け取ってないからだろ?
ん? お前、内容を理解してないのに「各人ごとの結論が意思疎通取れてないなぁ」とか思っちゃう子?
別に理解=肯定じゃないよ。理解した結果「うわ、くだらね」ってうんざりすることもある。
たまに自分の意見が否定されると「俺の意見を理解してないからだ!」と言い出す子もいるが、そういうのに限って理解された上で否定されてるって気づかない。
…ま、そもそも理解するつもりがない本、買ったり借りたりしませんがな。

>だからって、最悪の口実の材料を放置する訳にはいかない。
死刑だけ廃止しても、別の口実の材料を見つけてくるだけだよ。
例えば「正義のための殺人」「悪の抹殺」ってだけでも、警察官や軍人の銃、メディア、英雄話や復讐話などの娯楽作品…と、ごちゃごちゃある。
そんな状態で「口実があるから…」なんて言い出すのではなく、「口実にする奴が馬鹿」とした方がいいんじゃない?

>人権を叫ぶ側も、それを否定する側も、個と全体の関係性すら理解してないように見える。
さらに利害が絡むからねぇ。職業としてみたときの「人権派」弁護士、あるいは同和利権とか、市民団体とか。
ま、君が「足りない」「足りない」と言っている管理者の側も結構頑張ってるのさ。

>自分が困窮した時に、残りの一部で救ってくれと言うだけ。
ほー。つまり1か。…大言壮語の割には、意外と理想低いね、お前

214 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 14:04:21 ID:ERwzOpCK0
>>213
>何か民主党政権を礼賛してる奴に限って、民主主義嫌いだよな。
民主主義が嫌いな訳ではないから。
「多数が必ずしも正しい」という解釈には、疑問を持っているけどね。
少数意見が正しかった、と後に認識が覆った事実は沢山あるからな。

>…ま、そもそも理解するつもりがない本、買ったり借りたりしませんがな。
つくづく、存置派とナチがかぶる…。
本を読まずに焼いていたナチと同じ感覚なんだろうな…。

>死刑だけ廃止しても、別の口実の材料を見つけてくるだけだよ。
そうなったら、また、その口実の材料について問題視すれば良い。

>そんな状態で「口実があるから…」なんて言い出すのではなく、「口実にする奴が馬鹿」とした方がいいんじゃない?
それで犯罪が防げるなら、良いんじゃない?

>ま、君が「足りない」「足りない」と言っている管理者の側も結構頑張ってるのさ。
「がんばってるから、OK」で済む話ではない。

>ほー。つまり1か。…大言壮語の割には、意外と理想低いね、お前
全てを他人に頼らなきゃいけない程、弱い人間じゃないんでね。
微々たる助けで、救われる人間は大勢いる。
その「微々たる」協力さえ、ままならないのが現在の社会なんだよ。

215 :存置派:2009/09/26(土) 15:27:50 ID:J/qo0d2t0
>>214
>民主主義が嫌いな訳ではないから。
の割には「世間なんて不確か」だそうだけどな。
…ま、いいや、別にここは政治板じゃないんだし、お前が選民思想家でも問題はないし。

>つくづく、存置派とナチがかぶる…。
いや、理解するつもりのない本を買わないのは、普通じゃないのか?
創価学会員でもない限り、人間革命とか、いちいち高い値段買わないだろ。それもナチなの?

>そうなったら、また、その口実の材料について問題視すれば良い。
で、次は警官から銃を取り上げる? 自衛隊員を丸腰で海外に放り出す?
まぁ、どこまで考えているかはわからないけど、一つ二つ口実を潰したって、君の理論では無駄だよ。
死刑が、治安維持の政策として行われているってことを無視して、口実に利用されてやむなしってしちゃってる時点で。

>「がんばってるから、OK」で済む話ではない。
うん、そう思うなら今からきちんと犯罪を学んで、将来画期的な犯罪予防策を打ち出して提唱して。
…出来れば「俺の思想に刃向かう奴は思想学習所行きだァーッ」なんて、一昔前の悪役みたいなのはやめてね。

>全てを他人に頼らなきゃいけない程、弱い人間じゃないんでね。
逆だ逆。馬鹿かお前。
社会福祉やセーフティネットのことを考えるなら、自分が1貰うことを国に要求するんじゃなく、
自分が差し引き0.8や0.9になっても、恵まれない奴や不運な奴に1.1や1.2を与えることを国に要求しろよ。

216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 16:10:44 ID:D8ks92AD0
>「多数が必ずしも正しい」という解釈には、疑問を持っているけどね。
>少数意見が正しかった、と後に認識が覆った事実は沢山あるからな。

>死刑廃止は派世界の世界の潮流

ぷっw凄い矛盾www

217 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 16:11:34 ID:D8ks92AD0
>死刑廃止は派世界の世界の潮流

訂正

>死刑廃止は世界の潮流

218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 17:13:52 ID:zAx7vlLA0
>>202
>弾圧してるのはと言ってる存置派の方々なんだよ。
>その行動が、ナチを支えた群衆と同じと言っている。

つまり、多くの国民が死刑廃止を支持しても「多数だから正当」ではないし
「ナチを支えた群衆と同じ」だから、民主主義の下で死刑廃止は不可能だという事だな。

自分で議論を終わらせていることにすら気付かない頭の悪さはすげえなw
さすが笑わしてくれるわwww



219 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 18:13:58 ID:7k0PU6FR0
>>212
違います死刑はあくまで刑罰です、結果として犯罪者が死んでるだけです

刑罰は犯罪者に罰を与えるものです、目的からは外れてません、あくまで応報刑支持なんでね
こっちからすれば死刑廃止のほうが現実的ではありません

別に個別の事情を話せと言ってるんじゃない
一方的に社会だけに責任を追及しているくせに、
犯罪者に”も”責任があるなんてお為ごかし、どの面下げて言ってるんかなとね
素直に言ったら?犯罪者には責任があるとは考えてない、すべて社会が悪いと
考えてるとね

220 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 18:23:36 ID:+pgCNorG0
死刑廃止と簡単にいうが

憲法違反を訴えて裁判を起こしても到底勝てるわけがない。
政治力で廃止を訴えても、被害者会等が署名運動とかして
国民の支持を集め、政権政党(民主)の支持率を落とすだけで不可能。

どっちに転んでも、日本で死刑廃止など出来るわけがないと思うんだが。
廃止派の人たちは具体的なビジョンがあるのか?

221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 19:35:51 ID:nbAnINpf0
今現在の死刑廃止後の具体的なビジョンならあるよ

http://blog.livedoor.jp/onisoku/archives/53592214.html

222 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 22:06:47 ID:rR8DpoJ10
観念クン、もういい加減にコテハン入れて真摯なレスしたらどうだい?
そんな思い込みレスしてるのは、君と長矢クンくらいのものだから
バレバレなんだし。

まあ、反対クンってのもいたが、もう少し狂ってた気がするな。
もしかしたら反対クンは観念クンの別キャラだったのかも知れないが。

とにかく、そんな態度じゃ、人心に訴えるなんて無理すぎるよ。


223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 00:13:11 ID:1I3QiBJU0
ずっとやってるとカンネンは消え
新たな少しマシなキャラが出てくる予感

224 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 02:04:06 ID:/Eb+0aPT0
>>215
>いや、理解するつもりのない本を買わないのは、普通じゃないのか?
死刑議論を例にするなら、存置廃止両方の意見を知るべきだと思うが?
俺は、存置論の本も廃止論の本も読んだよ。
片方だけを見て、存廃論を語るのは図々しくないか?

>で、次は警官から銃を取り上げる? 自衛隊員を丸腰で海外に放り出す?
そんな時代が来たら、同じ意見で戦えるかもね。

>うん、そう思うなら今からきちんと犯罪を学んで、将来画期的な犯罪予防策を打ち出して提唱して。
だから、犯罪者から学べば良いって言ってるでしょ。

>逆だ逆。馬鹿かお前。
話の流れ、覚えているか?
自分が犯罪を犯すかも知んないくらい窮地に追い込まれたら?って話なんだけど?
そうなったら、犯罪など犯さずに、国に救いを求めるよ、って流れ。
そこでの、この発言。 バカはどっちだ?
普通に余裕があったら、あなたの言うように生きるよ。

>>219
>違います死刑はあくまで刑罰です、結果として犯罪者が死んでるだけです
凄い事、サラッと言ってるけど、大丈夫か?

>あくまで応報刑支持なんでね
完全に、時代に取り残されていますよ。

>素直に言ったら?犯罪者には責任があるとは考えてない、すべて社会が悪いと考えてるとね
いいえ。
社会にも犯罪者にも責任はありますよ。

225 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 02:19:45 ID:BJr49AFp0
>>221
そうか、その手があったか。

226 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 02:51:22 ID:1I3QiBJU0
>>225
ねw
ココにいるのは、アホだから死刑廃止しか述べないでしょw

227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 03:19:32 ID:aPLpJIuq0
■外国人参政権反対・緊急街宣のお知らせ■
与党首脳が来月と来年一月に強行可決しようとしている外国人参政権付与法案
外国人の中でも、反日の人による日本乗っ取りを招きかねないこの法案の成立は
私たちの子供たちの将来と安全の為にも何としても阻止しなければいけません

※可決されたら取り消すのは難しくなります

現在日本の在日60万人、中国人70万人

【政治】公明、永住外国人の地方参政権付与法案を提出へ★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1253980865/

【外国人参政権】成立阻止を目指す超大規模OFF 4
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1253976629/

日の丸を”うんこ”にした旗を掲げて、選挙権を要求する在日韓国人たち
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7361457
http://blog-imgs-30-origin.fc2.com/n/i/d/nidasoku/unkohinomaru.jpg


外国人参政権動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8343920
コメとマイリスで注目度あげよう

◎日時:平成21年9月27日(日)東京
◎場所:デモ行進:13時30分集合@秋葉原公園
◎主催:在特会 ほか
◎URL:http://www.z●aitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=269
(URLの●を消してアクセスしてください)

本日はいよいよ東京決戦です!! 皆さん奮ってご参加下さい

228 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 03:22:43 ID:G+oF0N7K0
でもなあ、廃止論は身内の矛盾に甘いせいで、自分で自分の首絞めてるからなあ

229 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 08:31:07 ID:8Iq0CQUu0
面白い事実を発見した。
http://en.wikipedia.org/wiki/Homicide_rate

現在、日本の殺人発生率は、、下記の資料にあるように0.44で、世界第三位の低さです。
更に優秀なシンガポールは0.39で、死刑どころか鞭打ち刑まであります。
その上のセネガルは2000年までのデータしかありませんが、0.33です。
ところが、何と2004年12月に死刑を廃止してしまいました。
興味深いことに、最近全く殺人発生率を公表していません。
死刑廃止後、劇的に悪化している可能性があります。

それでネットで検索したら
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=109

外務省のHPに、なんと渡航延期勧告が出ていた。

セネガルに対する渡航情報(危険情報)の発出(2009/08/17)

 ●カザマンス地方(ジガンショール市、カップスキリング地区及びジガン
  ショール市〜シガナル〜ウスイ〜ジャケンヌ〜カップスキリング地区を
  結ぶ州道20号線を除く)
    :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
 ●カザマンス地方のジガンショール市〜シガナル〜ウスイ〜ジャケンヌ〜
  カップスキリング地区を結ぶ州道20号線
    :「渡航の是非を検討してください。」(継続)
 ●カザマンス地方のジガンショール市及びカップスキリング地区
    :「十分注意してください。」(継続)


230 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 09:42:39 ID:1I3QiBJU0
>>229
セネガルなんて、ちゃんとした統計取れてるかどうかも疑問
手元の資料によると、
南部カザマンス地方で、カザマンス民主勢力運動(MFDC)が独立運動を展開。
04年に新たな和平協定に調印。しかし交渉は事実上停止状態。
平均寿命 58.8歳
識字率  42.6%

元の殺人発生率でさえ、どのような政府がどんな方法で統計とったんだろうねw
統計って簡単にウソつけるから目安ぐらいで考えた方が良いよ
2ちゃんと一緒でソース元をキチンと確認した方がイイ

シンガポールは厳罰国で有名だねww
マネしたらいいんじゃねw

231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 10:12:41 ID:dl1JVdSL0
日本は、引き金(死刑制度廃止)を引いてしまうのか?
・現在、日本には、頭のイカレタ凶悪犯罪者予備軍が多数潜在
する!
・死刑制度が、あっても無くても犯罪を犯す奴は犯すって言う意見もある?
でも、こういう連中っていつも社会に不満を持っていて、社会の責任に
したがる。
そういう時代に(死刑制度廃止)って大義名分を与えるってことだ!
(死刑にならないんだったら・・・・)
大量殺人が起こったら?また大量殺人の連鎖が起こったら?
1.日本の警察で抑え込めるのか?発砲するたびに、”適切な発砲・・・”
てコメントを人権団体に配慮して出さないといけない国でさ?
本当に国民を守れるの?
2.大量殺人を行った囚人が刑務所で生命の保障を受けて暮らすことに
被害者遺族や国民は納得できるのだろうか?

一旦、法律が施行されると後戻りは難しい。俺は本当に議論を尽くして
慎重にやらないと大変なことになると警告する。
しょうもない反論はいらない。要は1,2について本当に不安は無いのか?
意見を聞きたい。

232 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 12:21:01 ID:44oQVmmz0
>>224
横レス失礼します。

>俺は、存置論の本も廃止論の本も読んだよ。
>片方だけを見て、存廃論を語るのは図々しくないか?

すいませんが、双方のポイントは何で、あなたが廃止論者となる理由が
どこにあったのか教えてもらえませんか?

>だから、犯罪者から学べば良いって言ってるでしょ。

今現在(死刑があるから?)、学べない、学ばない理由は何ですか?

>社会にも犯罪者にも責任はありますよ。

「社会」という抽象的存在がどうやって具体的責任を取るんですか?
犯罪者はどうやって具体的責任を取るんですか?
反省したって、何の贖罪にもなってないと思いますけど。


233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 13:03:57 ID:bDyROhZS0
>>230
一応、記録に載ってるんだから、マア許してよ。
廃止派なんて、もっとトンデモな資料を出してくるんだから。

234 :存置派:2009/09/27(日) 13:09:53 ID:aXPmgBJM0
>>224
>俺は、存置論の本も廃止論の本も読んだよ。
ほほぅ。しかし存置論の本は「理解するつもりのない」状態だったのな?
…ちなみに>>194の「…いや、たまにあるけどね(以下略」は一般論だったんだが…まぁ、いいか。

>そんな時代が来たら、同じ意見で戦えるかもね。
現代でも言ってる人いるよん。
「おいおい警察官や自衛隊員の命はどうでもいいのかよ」って突っ込まれたら、狼狽してたけど。

>だから、犯罪者から学べば良いって言ってるでしょ。
うん。で、もっと詳しく聞かせてくれないかな?
今のところ、君が語っているのは、現状で各国政府が行っているのと同程度か、それ以下の曖昧さだ。
君が明らかにしているアイデアでは、おそらく君の「足りない」は解消できないだろう。
さ、もっと明確に、詳細、具体的に聞かせてくれ。

…適当な思いつき、曖昧な思考、抽象的なアイデアしか持ってない輩が
実務に携わり、日々努力を重ねている人々を「足りない」と罵倒するっていうのなら、
それは「若いから」で済む程度の無礼じゃねぇんだぞ。

>自分が犯罪を犯すかも知んないくらい窮地に追い込まれたら?って話なんだけど?
で、何故そこで「自力で立て直す」って思考がないんだろうねーと思うのよ。
ま、お前さんが「自分が犯罪を犯すかも知んないくらい窮地に追い込まれたら」手をつけようって企んでる場所は
本来なら老人や病人、弱者を救うための予算であり、他の人の汗水流して作った財産だってことをわかってりゃ、それでいいけどさ。

235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 16:16:25 ID:1I3QiBJU0
>>233
そだなwまぁシンガポールと日本は確実に治安が良さそうであることは間違いない

236 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 16:26:14 ID:lAMMbRm/0
キリスト教とイスラム教の混在しているところは
死刑を実施すると更に国に対して報復行為などが起こる可能性があるから廃止したと思う。


237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 16:38:40 ID:1I3QiBJU0
>>236
そうね、自分の感想は、民族紛争と軍事政権は、国連の言うジェノサイドの危険性や人権から廃止してもイイと思うけど
戦時でもなく、民族間対立の火種にもならない国は存置でいいと思う
あと、セネガルの旧宗主はフランスで、
アフリカのほとんどの国は、EUとの貿易的つながりが深い
最近、価値観外交とかいう政策も取ってる
死刑が復活しにくい理由としては、キリスト教は関係あると思う

まぁくだらんことで、国際間対立を国連が推奨するのはオカシイと思う

以下参考
http://www.news.janjan.jp/world/0803/0803021836/1.php

238 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 17:33:09 ID:R4hNhKE20
犯罪者から何かを学ぶなんて抽象論はどうでもいいよ。
小林薫はとんでもないブ男で女にモテナイ童貞だから成人女性に相手にされずロリコンに走った。
それだけだろ。おまけに堪え性がなかった、と。
世の女どもに言ってやれ、人間は外見じゃないよってな。
それともブ男はイケ面に整形でもするか?国の補助金で。

宅間の様な国民として飼いならせない様な奴には障害者保険を10倍ぐらい出すべきだったか。
殺して脳みそホルマリン漬けにして研究すりゃいいよ。

239 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/27(日) 22:39:31 ID:gqhSvEtIO
死刑廃止派の人に言いたいんだが、全く無関係な人を殺しても反省しない人間ってごくまれだがいるんだよ。
そういう考え方の人間が居なくならない限りは死刑は無くならないと思う。

死刑を完全に廃止する、という極論は少し無理があるのでは。

240 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 01:03:34 ID:V1DH6GkE0
>>232
>双方のポイントは何で、あなたが廃止論者となる理由がどこにあったのか教えてもらえませんか?
ポイントは死刑の有効性で、廃止論者になった理由は死刑は社会に悪影響を与えてると気付いたからです。

>今現在(死刑があるから?)、学べない、学ばない理由は何ですか?
刑罰自体が、学ぼうというコンセプトがないからでしょ、たぶん。

>「社会」という抽象的存在がどうやって具体的責任を取るんですか?
不備があったら認め、速やかに環境を変えれる事で責任は取れるんじゃない?

>犯罪者はどうやって具体的責任を取るんですか?
罰を受け、償いの日々をおくる事で。



241 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 01:19:15 ID:V1DH6GkE0
>>234
>ほほぅ。しかし存置論の本は「理解するつもりのない」状態だったのな?
いいえ。 死刑議論を始めたころは存置論者だったんで。

>現代でも言ってる人いるよん。
俺は違います。

>さ、もっと明確に、詳細、具体的に聞かせてくれ。
犯罪者を詳しく理解し、人格形成の問題点を明確にして、教育や社会の価値観作りに役立てれば良い。

>実務に携わり、日々努力を重ねている人々を「足りない」と罵倒するっていうのなら、
>それは「若いから」で済む程度の無礼じゃねぇんだぞ。
済まなかったどうなんだ?
こんな掲示板で鼻息荒くしても、何も影響はないよ。
事実、毎日のように殺人事件が起きてる世の中で、犯罪抑止の努力も知恵も足りないと言っている。
「がんばってるから」許される問題じゃない。
現状で不幸な現実を受けとる人間がいるんだから、OKとする訳にはいかんね。

>本来なら老人や病人、弱者を救うための予算であり、他の人の汗水流して作った財産だってことをわかってりゃ、それでいいけどさ
そうね。
俺も救ってる。 だから、俺が困ったら救ってもらう。
救う側ばかりでもないし、救われる側に居続けようとも思ってない。
俺が窮地に追い込まれ、自力で脱出できない状況になったら、国に助けを求めるよ。


242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 01:24:42 ID:V1DH6GkE0
>>239
>全く無関係な人を殺しても反省しない人間ってごくまれだがいるんだよ。
それが問題なんだよ。 これが問題の核なんですよ。
なんでこういう人間が生まれてくるのか?が、問題なんですよ。
処分する事だけでは、撲滅は出来ませんよ。
どうしたら、こういう人間が生まれてこなくなるのか?の答えを探すべきです。

先天性なものなのか、後天性なのか?
どんな環境が、どの位影響するのか?

現在の社会は、全くなす術がないのが現状です。

243 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 02:31:26 ID:4Ai3zUkHO
>>242
いや‥死刑制度を廃止したって撲滅出来ないだろ。
凶悪犯罪を撲滅する事が死刑の目的じゃない。

244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 07:14:19 ID:jRFMXhd8O
……死刑に過剰な期待をかけていた人が、その効果の意外な薄さ(あくまで彼らの期待に比べたら)に「裏切られた!」という気持ちになって転向したのが死刑廃止論者なのではないだろうか?

上記の彼の言い分を聴くと、かっては死刑制度に求めていた万能薬効果を、今では死刑廃止に求めているように思えてしまう。

思想の世界ではままあるのだが、極右的な思想を持つ者が個人的な衝撃的体験を経て反対側の極左的思想にジャンプしてしまうことが。
彼らの特徴は極論から極論に跳び、決して中庸に収まるということが無いところだ。
聞いたことは無いだろうか?
「昔は自分も強固な死刑制度存置論者だったが、今では誤ちを悟って死刑廃止を支持している」と語る廃止論者の弁を。
そう「強固な」賛成者が「強固な」廃止論者にジャンプしているのだ。
彼らは元々が「極論派」であるにすぎない。
その極端な人格をもつ少々変わった人たちが、圧倒的多数の普通の人々である存置派を、「劣った思想を持つ哀れなヤツら」と思い込み、猛烈な勢いで罵倒しているのが日本における死刑廃止運動の正体なのではないだろうか?


245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 07:24:28 ID:kNXjbZ3Z0
廃止派の理屈には相当無理があるよ。
日本が人権教育の面で遅れているから犯罪が減らない。
だから死刑を廃止しろ。と主張する。
また死刑には抑止力がないから無駄だと。

ところが死刑のあるシンガポールと日本が、犯罪率、殺人事件発生率とも圧倒的に、
死刑廃止の先進国より勝っている。
大都市を有する死刑廃止国の犯罪発生率、殺人発生率は、日本の約3倍から10倍以上。

死刑に抑止力がないと仮定すれば、日本の人権教育が素晴らしいってことになる。
大体、日本の殺人事件の多くは、韓国、中国から入国するプロの犯罪者によるものだからな。

廃止論者は、犯罪の統計を素直に見れば、
日本の人権教育が素晴らしい、または死刑に抑止力があるののどちらかを認めるしかない。
それとも、日本には、犯罪を犯す自由がないなんて言い始めるのかな?

246 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 07:38:41 ID:cMpmLI4U0
>>242
横レスだがヒドスぎ

>>全く無関係な人を殺しても反省しない人間ってごくまれだがいるんだよ。
>それが問題なんだよ。 これが問題の核なんですよ。
>なんでこういう人間が生まれてくるのか?が、問題なんですよ。
>処分する事だけでは、撲滅は出来ませんよ。
>どうしたら、こういう人間が生まれてこなくなるのか?の答えを探すべきです。

理想論はいいから、具体的な策と実現性をキチンと述べて

>先天性なものなのか、後天性なのか?
>どんな環境が、どの位影響するのか?

だから、そんな研究は普通の人間でも出来てない
あなたは近眼の原因を解明できるとでも?

>現在の社会は、全くなす術がないのが現状です。

じゃ死刑があってもしょうがなくね


>>244
可能性はあるかも
ただ彼らは反社会的運動ならなんでもイイというタイプだと思うけど


>>245
もともと理屈じゃない、ただの感情論です


247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 08:14:41 ID:V1DH6GkE0
>>243
>凶悪犯罪を撲滅する事が死刑の目的じゃない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%AD%98%E5%BB%83%E5%95%8F%E9%A1%8C

最低限の知識を有してから発言した方が良いよ。

>>244
「極論」が目的ではなくて、「より安全な社会の実現」が目的ですから。

>>245
>ところが死刑のあるシンガポールと日本が、犯罪率、殺人事件発生率とも圧倒的に、死刑廃止の先進国より勝っている。
そういう単純な比較なら、廃止国より犯罪が多い存置国もあるよ。
米の場合、廃止州より存置州の方が殺人率が高いと言われている。
どう説明できる?

>日本の人権教育が素晴らしい、または死刑に抑止力があるののどちらかを認めるしかない。
もっと良くしよう、とは思わない?
今よりも犠牲の少ない社会を築こう、とは思いませんか?

>>246
>理想論はいいから、具体的な策と実現性をキチンと述べて
うん、建設的な議論が出来る人と話すよ。 一緒に考えてくれるような人とかね。

>あなたは近眼の原因を解明できるとでも?
研究していけば解明できるんじゃないの?

>じゃ死刑があってもしょうがなくね
死刑がある社会で、日々発生してる事件の犠牲者には、なんて言うの?


248 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 08:17:05 ID:IwbEmEF/0
>先天性なものなのか、後天性なのか?
どんな環境が、どの位影響するのか?

ゴルゴ13の何巻だったか毛沢東のクローンを何人か作って各環境に置かせ
観察すると言ったものを思い出したが、まったくの他人で統計を取っても横やりを入れる要素は多分にあるでしょう。
技術的には不可能ではないし、倫理的問題をクリアーすれば宅間を何人か作りあげ
各環境に送り込めばはっきりとした答えがはじき出せると思うんだが。
これは犯罪を未然に防げる方法論であり再犯に関する有効手段ではないがな。

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 08:29:07 ID:GRTbRBBn0
>>247
死刑を廃止するより日本風な死刑の運用をしたほうが犯罪を犯さない価値観を築けるってことでしょう。


250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 08:58:16 ID:TDnE9nWH0
・日本の警官が発砲に消極的なのは?
警察官職務執行法というものの7条で武器の使用について制限
があることが大きな理由なのじゃ。
・犯人逮捕、逃走の防止、自己または他人の防護、公務執行妨害の
抑止のためであること
・必要であると認める相当な理由があること
・合理的に必要と判断される限度であること
がそろわなければ武器を使用することが出来ません。
しかも上記の条件で出来るのは威嚇射撃ぐらいなものです。
相手を撃ち殺さないまでも相手の体をに危害を加える場合は正当防衛
や緊急避難であったりする必要も出てきます。
つまりは上記の条件に当てはまらない場合は処分に値する、下手したら
過失傷害、過失致死などということにもなりかないということです。

↑これで死刑廃止して治安大丈夫?

251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 09:28:15 ID:jRFMXhd8O
瀬戸内シージャク事件の時は犯人を狙撃した警官が人権団体から「殺人罪」で告訴された。
廃止論者の団体は警察官を無力化したいらしい。

252 :存置派:2009/09/28(月) 10:09:00 ID:N9rpsz2dO
>>241
…つまり君も理解するつもりで両立場の本を買ったんだろ?
別の立場の本についても、その別の立場を理解するつもりで。
何故「理解する気のない本は普通最初から買わない」にそうも噛みつくんだ?

まぁ犯罪者分析については曖昧もいいとこだな。
その程度のことは既になされてる。
君が満足できる社会になってないのは、君が提唱する方法が不十分なのではなく
単にその方法では君の満足する社会に辿り着けなかっただけの話だ。

鼻息荒くしたつもりはないが…ま、余りに無礼だったんでね。
口調を変えてみた。
例えば、君の仕事について、その業種に関わりのない男から
君の仕事を「不十分」「無責任」と罵倒された挙げ句
その男が個別具体的なことは何も考えてなかったらどう思う?
あるいは君が学生なら、君の数学の成績を痛罵し
「俺の言ったとおりの思考法をしないからだ」と言った男が
その実、三次方程式もろくに解けなかったら、どう思う?
君がやってるのは、そういうことだ。
存廃以前の礼儀の問題として、ね。

253 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 10:10:54 ID:TDnE9nWH0
外国の例って日本に当てはまるの?
よく○○国では死刑廃止しても凶悪犯罪は
増えてないって奴いるけどさ?
中身の分析って無いんだよね?
つまり何故なのか?って科学的検証が無いわけよ?
最低限さ、警察官の凶悪犯への対応、宗教的背景
や国民の倫理観、道徳意識等は日本と比較しないと
いけないってこと。
例えば
メジャーでホームラン30本打った選手が日本で
打てるか?って言ったら、普通に?ってなるよね?
又逆もあるゴジラ松井みたいに日本でホームラン
量産できてもメジャーじゃ30本越えるのが難しい
ってこともある。(確か1,2回だけだろ?)
要は、環境が変われば結果が変わるなんてことは
よくあることってことさw。



254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 13:41:52 ID:3T2KvM7F0
ID:V1DH6GkE0

こいつ、まず「廃止ありき」で完全に思考停止してるな。
質問にもまともに答えず逃げてばかりだしどうしようもないね。

255 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 13:48:01 ID:V1DH6GkE0
>>248
>これは犯罪を未然に防げる方法論であり再犯に関する有効手段ではないがな。
そうですね。 非現実的ですけど。

>>249
その死刑の運用方法を存置論者で議論してみたら?

>>252
>何故「理解する気のない本は普通最初から買わない」にそうも噛みつくんだ?
対立する意見を持っているなら、片側だけを理解して語るのは違うんじゃない?ってこと。
「どちらの意見も理解できるが、こっちが有効」という意見であるべきじゃないの?
頭ごなしに理解しようともせず、その努力も否定しておいて、自分の意見側だけ正しいって、
ガキの発想そのもじゃないか。

>その程度のことは既になされてる。
どこで、どの程度、どんな手法でなされているんですか?
また、希望的観測による意見じゃないだろうね?

>君がやってるのは、そういうことだ。
俺の職場では良くある事なんだが。
無関係な人間ほど、関係者には気づけないシンプルな指摘が出来る。
その意見は、常に真摯に受け止め、向上の為、役立ててるが?

256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 14:02:14 ID:3T2KvM7F0
>対立する意見を持っているなら、片側だけを理解して語るのは違うんじゃない?ってこと。
>「どちらの意見も理解できるが、こっちが有効」という意見であるべきじゃないの?
>頭ごなしに理解しようともせず、その努力も否定しておいて、自分の意見側だけ正しいって、
>ガキの発想そのもじゃないか。

今更自己紹介しなくてもみんな知ってるよ

257 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 14:45:40 ID:v5/Vx8580
>>244
ID:V1DH6GkE0
以前は「一人殺せば死刑」って言ってた存置論者だった筈だよ。


258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 15:16:49 ID:EMt6ltID0
>>257
つまり、ちょっとオカシイ奴が廃止論者になると。

259 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 16:32:17 ID:cKoZamN/0
>>255
犯罪を減らすことにはあまり興味が無いみたいですね。


260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 17:22:56 ID:2e49vL110
>>255
>その程度のことは既になされてる。
どこで、どの程度、どんな手法でなされているんですか?
また、希望的観測による意見じゃないだろうね?

他人には具体的な回答を求めるくせに、

>うん、そう思うなら今からきちんと犯罪を学んで、将来画期的な犯罪予防策を打ち出して提唱して。
だから、犯罪者から学べば良いって言ってるでしょ。

具体的な回答なし
「どこで、どの程度、どんな手法で」行うのか考えてもいない?

>今現在(死刑があるから?)、学べない、学ばない理由は何ですか?
刑罰自体が、学ぼうというコンセプトがないからでしょ、たぶん。

たぶん?
全く根拠がない妄想?

>理想論はいいから、具体的な策と実現性をキチンと述べて
うん、建設的な議論が出来る人と話すよ。 一緒に考えてくれるような人とかね。

で、全く答えようとしない

「 具体的な策 と 実現性 を キチンと 述べ」ろよ
それとも、ひたすら逃げることしか出来ないのかい、チキン君


261 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 17:28:36 ID:Csz/5q850
>>258
「一人殺せば死刑」って別に考え方としては過激でも変でもないけど。
二人以上でなければ死刑は出しちゃいけない、という方が異常。
殺人罪は原則死刑で、事情等で量刑を軽くしていく減点制にしたらいい。
こういう考えの人って意外といるよ。

262 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 17:44:24 ID:ZPol5Tj+0
残念ながら絞首刑なんて方法では抑止効果は薄いだろう。
絶対に死刑にはなりたくないと思える程の拷問にかけるべき。
そこでエセ人権屋、廃止論者、死刑囚自体が邪魔をしてそうは出来ない。
いい加減にしろ。

263 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 17:58:32 ID:v5/Vx8580
>>261
そういう論調では無く、まさに>>244が言うような極論しか言わない感じだったから>>244に対してレスした訳。
如何なる事情も経緯も考慮する事無く(過失致死であっても)「一人殺せば死刑」って事を延々と言っていて、
廃止論者ではなく、存置論者からボロカスに叩かれてた様な気がする。


264 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 18:07:03 ID:kNXjbZ3Z0
>>247

>>245
>>ところが死刑のあるシンガポールと日本が、犯罪率、殺人事件発生率とも圧倒的に、死刑廃止の先進国より勝っている。
>そういう単純な比較なら、廃止国より犯罪が多い存置国もあるよ。
>米の場合、廃止州より存置州の方が殺人率が高いと言われている。
>どう説明できる?

貴方は、何が何でも死刑には抑止力だないと主張されるわけだ。
ならどうして、日本の殺人事件の発生率が、死刑を廃止した先進国の3分の1から10分の1以下なの?
貴方の主張に従えば、必然的に、日本は、他人の生存権を尊重する人間が殆どで、
世界でも最高の人権教育を施している国だって話になるな。
日本人の民度は世界最高ということになる。

世界最高の民度を誇る日本が、人殺しが多い諸外国を見習う必要あんてあるの?
諸外国こそ、日本を見習う必要があるんじゃないの?

265 :存置派:2009/09/28(月) 22:49:10 ID:w/0FWAOX0
>>255
>対立する意見を持っているなら、片側だけを理解して語るのは違うんじゃない?ってこと。
…いや、だからね…お前は何と戦ってるんだ…? 俺がいつ「片側だけ理解して、そっち側の本だけ買え」って言った…?
対立する意見ならばこそ、本を読んでやるべきだし、その本を「読もう」としてる時点で「理解しよう」って意思があるってこと。

「…いや、たまにあるけどね。こういう前後の矛盾。
 意思疎通の取れてない集団が、宣伝のためだけに書いた書籍とかでさ」
「理解しようとして受け取ってないからだろ?」
「別に理解=肯定じゃないよ。理解した結果「うわ、くだらね」ってうんざりすることもある。
 …ま、そもそも理解するつもりがない本、買ったり借りたりしませんがな」

この流れで、いつ俺が「対立する意見を持っているなら、片側だけを理解して語れ」と言ってるんだ…?

>どこで、どの程度、どんな手法でなされているんですか?
プロファイリングって聞いたことある? 日本でもその名前で呼ばれてるかは知らんが大体似たような手法が使われてる。
少年犯罪者の更生を担う者は、真っ先にケーススタディから始める。
貧困が、犯罪の忌むべき温床だって言うのは、今では各国の常識だ。
普通に、今そこにある治安対策が、君の言う程度のことは「打開策」ではなく「やって当たり前」で取り入れてるんだよ。

>俺の職場では良くある事なんだが。
ふぅん…職域聞いていい? まさか何かの業種の「お客様の声」程度をイメージしてるんじゃないよね?
例えば飲食業で言うなら、君のやってることは「まずい」「もう少しサービスを良くしろ」とアンケートに書く程度じゃなく
仕入れや調理法の悪口を堂々と言うわりには、自分では魚の鮮度の良し悪しもわからず、鰯も捌けないってレベルなんだけどね。

266 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 23:05:10 ID:ZPol5Tj+0
廃止派って自分が死んでる事に気が付かない自縛霊に似てる。最もたちが悪い。
完全KOされてマットに仰向けになって勝利のガッツポーズしてる様な人たち。最恐。


267 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 23:16:39 ID:jRFMXhd8O
まるで亀田のボクシングみたいですね。

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 23:26:48 ID:l/Io6So50
>>267
亀田の場合はある程度強いし興行でわざと過激にやってた節があるが、
廃止派は根っからのDQNで自分らの異常性に対する自覚すらないぞ。

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 23:45:28 ID:abaVdGMc0
ずっと廃止論者やってる奴って、止めを刺されずにゴネられる技術ばっかり学んで、理論自体はちっとも深くならないよな。
まあ深く考えられる奴は廃止論の矛盾に気がつくから、廃止論者なんて卒業するんだけど。

270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/28(月) 23:53:19 ID:cMpmLI4U0
>>247
>>理想論はいいから、具体的な策と実現性をキチンと述べて
>うん、建設的な議論が出来る人と話すよ。 一緒に考えてくれるような人とかね。

どーでもいいけど、その姿勢は、一緒に考えるじゃなくて、
どこかの誰かが、自分に取って都合の良い建設的な意見を出すのを待ってるだけのようだな

>>あなたは近眼の原因を解明できるとでも?
>研究していけば解明できるんじゃないの?

じゃ近眼が解明できてからで良くね
仮に現在の眼の病気と一緒の解析状況に近くなったらどうするの?
つまり、遺伝も考えられるし、環境も考えられるとなった場合、
犯罪者の遺伝子を持つものは、世の中から排除するとかいう
ナチみたいな選民思想にでもつなげるつもり?
遺伝の変化が起きた赤ん坊は殺すべき?
本人責任追及するのが一番なんだよ

>>じゃ死刑があってもしょうがなくね
>死刑がある社会で、日々発生してる事件の犠牲者には、なんて言うの?

あの・・・応対文の意味理解できる?
悪いが、その質問には、ループしか出来んよ、答えはあなたの設定である
>>242 の 「現在の社会は、全くなす術がないのが現状です。」でしかありえない


横レス
>最低限の知識を有してから発言した方が良いよ。

じゃwikiから死刑存廃問題の決着の記述が無くなるまで、ハッキリしたことは言えんなw
オマエの知識は偏ってるよw

>そういう単純な比較なら、廃止国より犯罪が多い存置国もあるよ。

面積も人口規模も少ない小国じゃね?

>米の場合、廃止州より存置州の方が殺人率が高いと言われている。
>どう説明できる?

仮に日本で死刑を県で、存廃を決めていいとすると、
廃止にする県は殺人率が高い県?それとも低い県?

まぁ単純な比較であるのは間違いないが、廃止派の理屈よりはマシ


271 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:00:26 ID:onPFLHxN0
>>262
>絶対に死刑にはなりたくないと思える程の拷問にかけるべき。
→もしそうなれば、「死刑を逃れるためにはどんなことでもする」という
凶悪犯がいくらでも現れるでしょう。
裁判にかけられれば、心神耗弱状態を主張して、極刑を免れる可能性だってあります。
現代の殺人の主流は自爆テロになりつつあります。
自分の命さえ惜しくない上、できるだけ多くの人を道連れにしようとするのです。
罰に全く効果がないとまで言いませんが、罰だけで防犯は不可能であることは、
既に歴史が証明しています。
もし「よりましな状態を目指す」だけなら、もっと慎重に、犯罪の起こる原因を研究した上で、
犯罪対策をするべきでしょう。
そもそも、「昔はよかった。今の世の中腐っている」というのは迷信にすぎません。
何より、大不況とはいえ、100年前のように、不況で道端に餓死者が横たわる、という時代ではないのです。
拷問とか、死刑とかいうのは、遠い昔の遺物なのです。
その効果がないのは勿論のこと、そうした野蛮は地球上から消える運命にあるのです。

272 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:20:59 ID:c3P+35Oa0
まあ、ここ30年くらいで廃止論者が減少の一途をたどってるのは、
野蛮な廃止論が地球上から消える運命にあるからなんだろうな

273 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:27:42 ID:cjIiXCGF0
>もしそうなれば、「死刑を逃れるためにはどんなことでもする」という
凶悪犯がいくらでも現れるでしょう。

そりゃ現れるだろ。現代じゃそう言った類の精神疾患を判定する場合特殊な判別法を採用しているしそう
簡単には認められないけどな。幾らでもあがけばいいし実際そうなるだろう。

絶対に死刑になりたくないので死刑が適応されるような犯罪は犯さない≧死刑を免れるためにはどんなことでもする

が目的だからな。

>罰だけで防犯は不可能であることは、既に歴史が証明しています。

当たり前。犯罪ゼロなんて不可能だし死刑廃止にしたって防犯は不可能だろ。

>そうした野蛮は地球上から消える運命にあるのです。

ドMに謝れ。



274 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:30:13 ID:c3P+35Oa0
>>理想論はいいから、具体的な策と実現性をキチンと述べて
>うん、建設的な議論が出来る人と話すよ。 一緒に考えてくれるような人とかね。

これって、こういうところに来る前に身内でやっておけよ、って話だよなw

275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:51:27 ID:juJesvFM0
てか、「都合の悪い」議論を避けてんのは自分自身だしな
議論にならねえと言いながら連日粘着してるのも自分だし
まったく迷惑なかまってチャンだよなw


276 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 00:51:39 ID:xe8GHKj00
>>274
まぁ結局、スレタイ無視で、自分のご都合主義ってだけw

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 03:35:19 ID:rwmgTZIy0
死刑が無くなる(とする)
 ↓
加害者はいずれ釈放される(こともある)
 ↓
被害者遺族はそれを受け入れ(前向きに生き)なければならない
 ↓
被害者遺族もやがて何かの拍子に笑うことが出来るようになる(こともある)
 ↓
加害者はそれを見て、自分の加害行動による経験を経て
彼らは人間的にも成長したし、元のように笑うことも出来るようになった
自分の行いは間違いではなかった(T-T)と涙ぐむ

278 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 03:45:00 ID:Kuf3UpWB0

>>271

あなたは自分が立てた隔離スレに戻って下さい。

このスレには書き込まないで下さい。


279 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 05:41:37 ID:BXEUtbff0
人間に意思決定の自由があるかないかは肯定、否定、中間論があるが私は否定説をとる。
従って、刑法においては違法(法益侵害)はあろうとも、
責任(反規範的人格態度に対する道義的非難)という概念は処罰する側からの自己満足の概念であり、
処罰される側には意思決定の自由がない以上、「殺さないことも選択できたのに、なぜ殺すほうを選択したんだ。」などと言っても無意味。
そもそも、あの時点での福田には犯罪をしないという脳の情報処理による行動は期待しえなかったのだから。
それが俺が福田を非難しない理由であり、福田を非難できない以上、非難を理由としての死刑の選択もしない理由だ。
将来的な改善は福田の持って生まれた人格と今後の福田のあみだくじの線(福田の脳の情報処理)次第だが、
終身刑導入を持って社会防衛、福田の再犯の可能性は塀の中で完結する。
例えば、サカキバラは家庭から出て、医療少年院、少年院の生活で改善し、そこで暖かい人との出会いもあり、人格が変わった。
つまり、あみだくじの線がサカキバラを違う方向へと導いたのだ。
当然、ここには経済的余裕が必要となるが、死刑囚100人の日本で、一人年300万円としても3億円で足りる。
日本の国家予算から見ればチリや埃程度の金額。国民一人当たり年間3円の金額。
感情的に許せないという反論があろうが、上記のとおり、福田に意思決定の選択の余地がなかった以上、
福田の不幸なあみだくじの因果の流れに同情こそすれ、非難するのは酷だ。
永山が兄弟は犯罪者にならなかったのに、永山だけが犯罪者になったから不幸な家庭環境は原因とならないとか、
不幸な家庭環境でもまっとうに生きているから云々という反論もあるが、全く反論になっていない。
あみだくじの線は一人一人違うし、持って生まれた人格も人間は皆違う。
あみだくじのスタート地点(生誕時の人格、脳機能)は人によって違うし、
人間が導かれるあみだくじの線(外部的環境因子)の数は星の数ほどある天文学的な線なのだ。
君の今の人格、今この瞬間の思考は、遺伝的生来的人格と、生誕後に与えられた情報の連鎖を脳内処理して、今この瞬間の君の思考がある。
自由意思などありえない。従って、行為後に犯罪者を非難し、刑罰を与えることは犯罪者への意思決定の因子(外部的環境因子)として有効だが、
行為時の犯罪者を非難することは非難する側の自分勝手な自己満足に過ぎん。
刑罰が外部的環境因子として与えられた場合に、犯罪者を改善更正させる外部的環境因子として機能するのかという問いがあろうが、
ある者には機能するであろうし、ある者には機能しないであろう。
人間の意思(自由意思ではない)決定は、生来的人格(生まれた時点での脳)が
外部的環境因子(生誕後に脳の意思決定に影響する全ての因子)の影響を受け、人格が形成され、
それによって形成された意思(脳機能)が外部的環境因子の影響を受け、それによって人格が外部的環境因子の影響を受けの繰り返しである。
生来的人格と外部的環境因子の数、それによって形成された人格は計測不能、認識不能であるゆえ、
どの外部的環境因子がどのように影響するかなど明らかにはできない。
終身刑導入が人間実存の本質から導かれる論理的帰結。

280 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 06:48:36 ID:HwUK/R5m0
>>240
>>双方のポイントは何で、あなたが廃止論者となる理由がどこにあったのか教えてもらえませんか?
>ポイントは死刑の有効性で、廃止論者になった理由は死刑は社会に悪影響を与えてると気付いたからです。

悪影響を与えていると「気付いた」と書けば事実のように聞こえると思ってますか?
客観的に見れば「思い込み」にしか見えないんですけど。

>>今現在(死刑があるから?)、学べない、学ばない理由は何ですか?
>刑罰自体が、学ぼうというコンセプトがないからでしょ、たぶん。

「死刑」じゃなくて「刑罰」ですか?
それじゃ、「刑罰廃止」であって、「死刑」の存廃とは関係ないですね。

>>「社会」という抽象的存在がどうやって具体的責任を取るんですか?
>不備があったら認め、速やかに環境を変えれる事で責任は取れるんじゃない?

「不備」自体があなたの意見に過ぎないし、「具体的」には何の答えにもなってませんが。

>>犯罪者はどうやって具体的責任を取るんですか?
>罰を受け、償いの日々をおくる事で。

どういう罰で、どういう償いなのかが「具体的」の意味です。

あなたは、元存置派だったと言っているようですが、こんなに思い込みだけで意見を言う
存置派はほとんど見たことがありません。多かれ少なかれ「現実」というのを意識してます。
空想家はたまに出没する荒しか、同サイドからも嫌われる困ったちゃんくらいのものです。
遅レスしてて言うのも何ですが、論理の通ったレスをお願いします。


281 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 07:30:31 ID:HMlcS69V0
廃止派:日本は先進国で死刑を有する、人権無視の野蛮な国家だから死刑を廃止すべき。
廃止派:それを支持する日本国民は民度が低い。
廃止派:人権意識にすぐれた欧米先進国を見習うべき。
廃止派:死刑には犯罪抑止力が全く無いので、死刑を存続する意味なゼロ。

事実:死刑を有する日本の殺人事件、犯罪の発生率は、廃止先進国の3分の1から10分の1以下
事実:近年の凶悪犯罪は、韓国や、中国から入国する外国人の比率が急増しているので、日本人による殺人事件の発生率は更に低い。

死刑に犯罪抑止力が全くないと仮定すれば、
日本人は他人の生存権を尊重しない人間の比率が、死刑を廃止した欧米先進国より圧倒的に少ないという事になり、
日本人は人権意識にすぐれた民度の高い国民という結論になってしまう。

質問:日本人は、他人の生存権を尊重する世界最高の民度を誇る国民です。
どうして、日本より民度が低い、殺し合いが大好きな死刑廃止先進国を見習う必要があるのでしょうか?

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 09:09:01 ID:uKiwx+eK0
>>犯罪者はどうやって具体的責任を取るんですか?
>罰を受け、償いの日々をおくる事で。

これがどうもわっかんねーな?
罰→懲役?・・・ですかね
償いの日々→何をどんな風に償えるんだろうね・・・年数で償えるって概念がどうもね



283 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 09:33:38 ID:/opNcIr1O
答え:廃止論者の目的が日本の弱体化だから。


284 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 17:56:15 ID:nXTgUgVq0
刑罰なんていうのは見てる側が如何に満足するかどうかの問題だろ。
教育刑なんていうが、死刑に相当する罪を犯した者でも反省してる者は反省してる。
例えば、星嶋なんかは懲役一日で出しても、もう再犯の恐れはないだろう。
逆に、飲酒運転の常習犯なんていうのは、懲役30年食らっても、また出てきたらやるだろう。
でもそれでは、見てる側が納得しない。だから、最高は死刑があっていいと思う。
こんなにひどいことをしたのだから死刑になって当然。それが規範になってるんだってば。

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 18:41:46 ID:uKiwx+eK0
>刑罰なんていうのは見てる側が如何に満足するかどうかの問題だろ。

例えば懲役刑で言えば
収監されてからの各抑圧によって二度とこんな所に戻ってくるもんか・・・という反省心をもつ人間と
犯罪集団のように一種の我慢刑程度の認識で、釈放されるまでの刑務所での楽しみを探すもしくは
そこで知り合った同等の人間との付き合いを重視する土壌でしかないんだなw

死刑では「遺族感情の代行」「国民感情の代行」が主な内容で
判決理由でも「死刑を回避する妥当な理由が見つからない」との抽象的な判断だよな?

そもそも事件性について犯人にいかな理由があろうが、犯行自体の回避理由は見つからない。
よって死刑に処する以外に妥当な刑罰は見つからない・・・以上!!!

286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 18:59:24 ID:QbV00zON0
>>265
>…いや、だからね…お前は何と戦ってるんだ…? 
国連の発表を理解しようともせず、自分勝手な解釈で言い掛かりを付けてる人とですが?

>この流れで、いつ俺が「対立する意見を持っているなら、片側だけを理解して語れ」と言ってるんだ…?
「理解する気はない」と言ってるよね?
死刑議論に参加しておいて、存置派側しか「理解しようとしない」と。

>普通に、今そこにある治安対策が、君の言う程度のことは「打開策」ではなく「やって当たり前」で取り入れてるんだよ。
何度も言うが、「やってるから良し」ではないんだよ。
毎日、犠牲者が生まれてる社会に、誰が責任を負うんだ? 
貧困のように、研究し知恵を得れれば、新たな原因が見つかるかも知れない。
現在が限界ではないだろ? 
結果が伴っていない現状を、「これで良い」とは言えないんだよ。

>ふぅん…職域聞いていい? まさか何かの業種の「お客様の声」程度をイメージしてるんじゃないよね?
全くの異業種間で、意見を交換し合い、互いに啓発し合う。
様々な企業で取り入れてると思うが。
無責任だからこそ、斬新な意見が出る。
保守的な頭では、気づく事すら出来ないような意見が、バンバン出るよ。

小さなコミュニティから全体をイメージすれば、不可能な事じゃない。
いきなり全体に変化を求めるような改革は、効率的には働かない。
各自治体の権限や国のサポートの在り方、いろんな部分が非効率的に見えるんだよ。

287 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 19:07:02 ID:cjIiXCGF0
こいつらの妄想与太話ファンタジーに付き合うぐらいならタイムスリップや
クローン記憶再生に時間と労力費やした方が余程早そうだし現実味あるわなw

288 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 19:11:20 ID:QbV00zON0
>>280
>悪影響を与えていると「気付いた」と書けば事実のように聞こえると思ってますか?
あのね、受け取る側の責任まで負えませんから。
俺は、正直に書いてるだけ。
あなたがどう受け取るかは、あなたの問題。

>「死刑」じゃなくて「刑罰」ですか?
死刑も刑罰です。
刑罰の在り方を変えても、罰金や懲役刑は必要かも知れんが、死刑は不必要になる。

>「不備」自体があなたの意見に過ぎないし、「具体的」には何の答えにもなってませんが。
世の中で起きてる事件を、よーく見て考えてみたら?
全てが可能だとしたら、どんな方法で抑止出来たか?
社会の在り方に問題が見えてくるから。

>どういう罰で、どういう償いなのかが「具体的」の意味です。
社会から隔離され、自由を制限され、犯罪抑止に協力させ、社会に対して奉仕する事が罰で、
一生、労働で得た賃金の一部を被害者に渡し、償いの精神で生きてる事を社会に晒す事が償い。
こんな感じですか。

>多かれ少なかれ「現実」というのを意識してます。
よくも、まぁ…。
仮想の抑止力、擬似体験の怒りや憎しみ、そんなのを基礎に存置論を語る人が殆どなんですけどね。

289 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 19:31:12 ID:QbV00zON0
>>281
>質問:日本人は、他人の生存権を尊重する世界最高の民度を誇る国民です。
だからこそ、殺人行為である死刑という蛮行を、国家主導で正当化しているシステムを破棄するべきなんですよ。

>どうして、日本より民度が低い、殺し合いが大好きな死刑廃止先進国を見習う必要があるのでしょうか?
見習うんじゃないでしょ。
ちゃんとした価値観を形成して、死刑を手放せば良いんじゃないの?
死刑廃止の思想もないまま死刑を廃止しても、社会が混乱するだけじゃない?

290 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 19:37:51 ID:ggd7o2yY0
ぐだぐだつまらん事を言うだけで、相変わらず「具体的」な答えは何一つないねえ、チキン君はw


291 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 20:03:37 ID:HMlcS69V0
>>289
欧米先進諸国を見習う必要はない、日本人は日本人が最善と考える事を行えば良いということですね。

世界最高の民度を誇る日本人は、凶悪犯罪を敢行して逮捕されたら、
潔く自分の命を持って罪を償う覚悟が出来ている。
だから、死刑の支持率は、50%を遥かに超えている。

高潔な人格を有する日本人が、誇りを持って死刑を支持しているんだから、問題ない。
民度の高い日本人は、死刑を蛮行とは思っていない。
人間としての責任の取り方、けじめだと考えている。

292 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 20:10:18 ID:cjIiXCGF0
セニョール五十嵐はバレてるんだからそろそろコテ出せよwww

293 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 20:28:02 ID:QbV00zON0
>>291
そうね、そういう見方もできる。

俺は、中国の死刑や北朝鮮、イスラム圏、そしてアメリカの死刑も、
出来る限りの情報を得て、客観的に見たよ。
どう、ひいき目に見ても、人間として未熟な人種に見える。
日本は特別で、他の死刑存置国のような野蛮な国ではない、と信じたい。
でも、同じなんだよ。
どんなに崇高な理由を付けても、人間が人間を殺すという蛮行には変わりない。
ただ、日本の場合、情報が極めて少なく、死刑を美化しやすい環境にあると言えるだけ。

真に高潔な人間が、相手を殺さなければ許せない、と思うんでしょうか?
民度の高い国民が、国家がコソコソやっている殺人行為の全貌を知らない、っておかしくないですか?

死刑に抵抗し、反省の言葉もなく、無理やり殺される事が、けじめになりますか?

死刑を勝ち取った僅かな被害者や遺族にも、死刑はそれほど救いにはなっていない。
身内が殺され、死刑を受けない被害者や遺族は遥かに多い。
何を持って「罰」とするのか? 何のための「罰」なのか?
この問いにさえ、正確な答えを出す事が出来ないのが、現在の「民度の高い」「高潔な人格を有する」日本人なんですよ。

294 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 20:46:45 ID:HMlcS69V0
>>293
死刑が人間を人間が殺す蛮行とは全くいえない。。
貴方がそう思っている限り、この話は平行線なんで、どうしようもない。

最近、外国の動物園で、シロクマの檻に自分の不注意で落っこちて、
命からがら救助してもらった人騒がせなオバサンがいた。
もし、このオバサンの救助に失敗し、オバサンがシロクマに殺害された場合、
動物園の職員は、人殺しとして殺人罪の問われるのでしょうか?
人殺しと罵声を浴びせられるのでしょうか?
ありえませんね。

結局、死刑が有る日本で、それを承知の上で、凶悪犯罪を敢行した人間に死刑が執行されたとしても、
それは、ライオンの檻に自ら飛び込んだようなもので、愚かな自殺行為だと世間は受け止めるだけですよ。

295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 20:47:30 ID:b4EMXdFe0
>>293
>死刑に抵抗し、反省の言葉もなく、無理やり殺される事が、けじめになりますか?

懲役刑に抵抗し、反省の言葉もなく、無理やり閉じ込められる事が、けじめになりますか?

>身内が殺され、死刑を受けない被害者や遺族は遥かに多い。
>何を持って「罰」とするのか? 何のための「罰」なのか?

死刑が廃止されれば犯罪者は誰一人として死刑にならない。
何を持って「罰」とするのか? 何のための「罰」なのか?


お前の中身がスカスカの頭にブーメランが当たってるぞwww

296 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 21:11:26 ID:QbV00zON0
>>295
>懲役刑に抵抗し、反省の言葉もなく、無理やり閉じ込められる事が、けじめになりますか?
抵抗しなくなるまで、反省するまで、自ら償いの精神を受け入れるまで、拘束すればけじめになるでしょうね。

>何を持って「罰」とするのか? 
犯した罪に対し、反省させ償いの経験をさせる事が罰だよ。

>何のための「罰」なのか?
社会の為。 社会の安全の為に罰は利用されるべき。

あなたの頭では答えられないんでしょ?
でも、大丈夫。 そんな存置派は少なくないから。

297 :存置派:2009/09/29(火) 21:41:19 ID:o97txKJB0
>>286
>国連の発表を理解しようともせず、自分勝手な解釈で言い掛かりを付けてる人とですが?
理解しているよ。ある一方の立場から調査を開始したのに、その立場を完全に肯定する論拠を見つけられなかったことの意味も含めてね。
ついでに言えば、国連という組織についても、多分、君よりは理解していると思う。これでも文系なのでね。

>「理解する気はない」と言ってるよね? 死刑議論に参加しておいて、存置派側しか「理解しようとしない」と。
言ってない。…君はどこの文章をどう解釈してそう思ったんだ?
誤解しているようだが、俺は、反論には相手の意見を理解する必要があると考えるし、最初から反論ありきの理解は歪んでいると考える。
もちろん、君の意見を否定しているのも、君を理解したと考えた上で行っている。わかるかい?

>現在が限界ではないだろ? 
残念だが、君の唱える手法については、概ね今が限界だ。
君は知らないのだろうが、死刑になるような凶悪犯罪者の研究は、一般論と個人の特性の境界の淵まで来ている。
>結果が伴っていない現状を、「これで良い」とは言えないんだよ。
然り。しかし、敢えて言うなら、犯罪研究の歴史上、君の唱える手法を積み重ねても「これで良い」に到達することはない。

>全くの異業種間で、意見を交換し合い、互いに啓発し合う。
…だから、業種を言えと…まぁいいか。
君の言っている意見交換は、ある専門分野を持つ人間が、その分野からの視点で、別の分野について述べ合うのが前提だ。
その意見は、別の分野とは言え、一定の知識と実例に基づき形成されているからこそ、参考としての意味を持つ。
君のように、拠る分野の無い人間が、自分の専門としない分野から、知識に基づかない曖昧な意見を、実現可能性を考えずに言うのとは意味が違う。
後者を何と言うか、知っているかな? クレーマーだ。

違うと叫びたいかい? でもクレーマーも「自分はクレーマーじゃない!」と叫ぶものだ。
君は君自身がクレーマーじゃないことを示すなら、君のプランについての詳細、
例えば新しい犯人群のカテゴライズの手法など、何か具体的なことを述べ、それに関して知識と知能を示せばいい。

「存置派は」とレッテルを貼る前に、君にはまだやることが残っているよ。

298 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 21:59:35 ID:QbV00zON0
>>297
>理解しているよ。ある一方の立場から調査を開始したのに、その立場を完全に肯定する論拠を見つけられなかったことの意味も含めてね
この発言自体が、すでに歪んでいるんだが?

>もちろん、君の意見を否定しているのも、君を理解したと考えた上で行っている。わかるかい?
このスットコドッコイな発言を繰り返しておいて、「理解した上で」ですか…
自惚れというか、自意識過剰というか、お気の毒ですよ。

>君は知らないのだろうが、死刑になるような凶悪犯罪者の研究は、一般論と個人の特性の境界の淵まで来ている。
最低、年に4回は、専門の人間たちと話をしているよ。
まだまだやらなきゃない事は山積みだが、限界的な話など出てきた事はない。
あなたは、どこの誰と話して、そんな結論を導き出してんだ?

>しかし、敢えて言うなら、犯罪研究の歴史上、君の唱える手法を積み重ねても「これで良い」に到達することはない。
ふーん。 凄いね、あなた。
やってもいない事を断言出来ちゃうんだから。 未来が見えるのか?

>後者を何と言うか、知っているかな? クレーマーだ。
クレーマーで結構だ。 クレームを言う資格はあるからね。
このクレームに対し、社会が真摯に受け止め、より良い社会を築く為に変化してくれりゃそれで良い。

>例えば新しい犯人群のカテゴライズの手法など、何か具体的なことを述べ、それに関して知識と知能を示せばいい。
社会は何のために税金を徴収してるんだ? 
何故、税金を払ってる側が、それを考えなくちゃいけないんだよ。 バカか?
あなたが求める事を答える責任があるのは、国民の安全に責任がある、社会の側だろうに。
それに不満を抱いている国民側が答えなきゃないのか?
税金払わせられて。 アホですか?

299 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 22:23:18 ID:xe8GHKj00
>>286、288-289
>国連の発表を理解しようともせず、自分勝手な解釈で言い掛かりを付けてる人とですが?

国連の発表の中身までちゃんと確認しようね
現在、現実として、死刑の抑止力は否定できてないよ

あと、言いたい理想論はキチンとまとめて欲しい、ぐだぐだになってるよ

>社会から隔離され、自由を制限され、犯罪抑止に協力させ、社会に対して奉仕する事が罰で、
>一生、労働で得た賃金の一部を被害者に渡し、償いの精神で生きてる事を社会に晒す事が償い。

犯罪抑止の為に悪い見本となって死んでもらうのもアリだね
奉仕ってどうやって監視するんだ?反省しない犯罪者がいるのがわからんみたいだな
償いの精神wwそれどうやって確認するんだ?基本どうやっても償えないんだよw
生きてる事を晒す事が償い?何の意味も無いな

>よくも、まぁ…。
>仮想の抑止力、擬似体験の怒りや憎しみ、そんなのを基礎に存置論を語る人が殆どなんですけどね。

よくも、まぁ…。脳内で勝手に妄想して存置論を決め付けないでねw
悪魔の証明とか言って逃げないで、抑止力が仮想であることを証明しないのは廃止派

>だからこそ、殺人行為である死刑という蛮行を、国家主導で正当化しているシステムを破棄するべきなんですよ。

だからこそ、べきが全くイミフ
蛮行だか、システムだか、法なのか表現を感情で置き換えてないで、べきの理由をキチンと述べて

>>どうして、日本より民度が低い、殺し合いが大好きな死刑廃止先進国を見習う必要があるのでしょうか?
>見習うんじゃないでしょ。
>ちゃんとした価値観を形成して、死刑を手放せば良いんじゃないの?
>死刑廃止の思想もないまま死刑を廃止しても、社会が混乱するだけじゃない?

ちゃんんとした価値観を全然述べれてないよw
あなたの脳内で形成されてるだけ、もしくは疑問や文句を言われてる
今のまんまじゃ、混乱するのは理解できてるらしいが・・・


300 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 22:24:16 ID:xe8GHKj00
>>293
>民度の高い国民が、国家がコソコソやっている殺人行為の全貌を知らない、っておかしくないですか?

公開処刑にしろとか言うタイプか?処刑現場なんか興味ない
何が具体的にどうコソコソなんだ?

>死刑に抵抗し、反省の言葉もなく、無理やり殺される事が、けじめになりますか?

処刑という、刑を処することがケジメになるんであって、対象の態度だけのことではない

>死刑を勝ち取った僅かな被害者や遺族にも、死刑はそれほど救いにはなっていない。
>身内が殺され、死刑を受けない被害者や遺族は遥かに多い。
>何を持って「罰」とするのか? 何のための「罰」なのか?
>この問いにさえ、正確な答えを出す事が出来ないのが、現在の「民度の高い」「高潔な人格を有する」日本人なんですよ。

それほど救いになっていない?少しでも救いになるならいいんじゃね?
抑止力を理解できず、その他の価値も認めないオマエだけが、
罰や死刑の意味を勝手に脳内で問いかけてるだけ、
正確な答えは廃止派以外はキチンと持ってるよw

>抵抗しなくなるまで、反省するまで、自ら償いの精神を受け入れるまで、拘束すればけじめになるでしょうね。

反省しないのもいるんだよ。刑務官でもないクセに気軽に言うなよ
刑務所で殺人や暴動が起きたら責任取れるのか?
ココでも全く他人の言うこと聞かない人間がいるよ。

>社会の為。 社会の安全の為に罰は利用されるべき。

その意味を死刑にだけ認めない理由が不明瞭


301 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 22:25:08 ID:cjIiXCGF0
ID:QbV00zON0

この子はファンタジー世界の龍の子太郎。
専門の人と議論を重ねてる割にはとっくの昔に出尽くした幼稚な見解しか持ってない。
きっとデンデン太鼓持って龍にでも乗れると本気で思ってるよw

302 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 22:34:22 ID:rbdB4naW0
>>301
おそらくその専門家とやらはID:QbV00zON0と議論しているのではなく、
こいつの病んだ脳やイカレタ思考を研究しているのだと思われる。
キチガイの研究のために精神科医が医療刑務所に行くのと同じだろう。


303 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 22:50:32 ID:QbV00zON0
>>299
>現在、現実として、死刑の抑止力は否定できてないよ
何度言えば解るんだろうね。 死刑には抑止力はあるよ。 他の刑罰と同等の抑止力がね。

>抑止力が仮想であることを証明しないのは廃止派
抑止力を盾に死刑の正当性を訴えてるんだろ?
死刑でしか得られない抑止力がある事を証明する責任は、存置派にあるんだよ。
本気で言ってるなら、この議論に参加する資格はないから。

>蛮行だか、システムだか、法なのか表現を感情で置き換えてないで、べきの理由をキチンと述べて
おまけに読解力も無しですか…

>何が具体的にどうコソコソなんだ?
あなたは、死刑の何を知ってるんだ? 教えてくれないか?

>処刑という、刑を処することがケジメになるんであって、対象の態度だけのことではない
誰が誰の為に施すけじめなのよ? ホントに頭悪いんじゃないの?

>正確な答えは廃止派以外はキチンと持ってるよw
是非、教えてくれないか? キチンとした答えを。

>刑務所で殺人や暴動が起きたら責任取れるのか?
だから、殺すのか? 恥ずかしくないか?

こんな存置派に、誰も突っ込まないのが存置派クオリティなんだよな?
完璧に、存置派のレベルを下げるレスでも、仲間意識が強いんだね。

304 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 23:15:58 ID:cjIiXCGF0
落ち着け太郎よw
よく恥ずかしげも無くアナル同様の幼稚な文章晒せるよお前はw
見てるこちらが照れるw

305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 23:16:56 ID:6x0YOVdo0
>>302
いや、やっぱりID:QbV00zON0は「専門家」と議論をしていると思う。
ただ、その「専門家」は、ID:QbV00zON0にしか見えていないだけ。
つまり、何が言いたいかと言うとだね。
係わらない方がいい。

306 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/29(火) 23:27:09 ID:xe8GHKj00
>>303
何度も言わせてもらうけど、あんたのレスって内容が薄いよ
他人の文句だけでしか成り立ってない

>>現在、現実として、死刑の抑止力は否定できてないよ
>何度言えば解るんだろうね。 死刑には抑止力はあるよ。 他の刑罰と同等の抑止力がね。

他の刑罰と同等って証明がなされてないと言ってるんだが・・・
同等という証拠を早く提示しろよ

>抑止力を盾に死刑の正当性を訴えてるんだろ?
>死刑でしか得られない抑止力がある事を証明する責任は、存置派にあるんだよ。
>本気で言ってるなら、この議論に参加する資格はないから。

1 刑務所内を含め再犯の確率が0、
2 一般人が刑罰を見据えて犯行を思い止まる、複数の殺人を犯す場合は、2人目で思い止まる可能性
3 犯行途中に追い詰められての自首の可能性
証明責任を他人にだけ、なすりつけ、自分は深く考えないという理由はアホっぽいよ
死刑に抑止力が無いというキチンとした説明は未だに無いねw
資格なんか、あんたに決める権利もない

>>蛮行だか、システムだか、法なのか表現を感情で置き換えてないで、べきの理由をキチンと述べて
>おまけに読解力も無しですか…

読解力が無いのは、どっちなんだか・・・
せめて現行スレを遡ってみろよ、廃止派がマトモと思われる意見を出したことはない
また、廃止派に鞍替えした人間もいそうにないw

>>何が具体的にどうコソコソなんだ?
>あなたは、死刑の何を知ってるんだ? 教えてくれないか?

質問に質問返しして、自分は答えないってのも廃止派のデフォ?

>>処刑という、刑を処することがケジメになるんであって、対象の態度だけのことではない
>誰が誰の為に施すけじめなのよ? ホントに頭悪いんじゃないの?

犯罪人が遺族や国民の為にするケジメ。ホントに頭悪いんじゃないの?

>>正確な答えは廃止派以外はキチンと持ってるよw
>是非、教えてくれないか? キチンとした答えを。

あんたが理解しようとしないだけ、過去スレを含めてよく読んだら?
読み取る能力がないと宣伝してるだけだろw

>>刑務所で殺人や暴動が起きたら責任取れるのか?
>だから、殺すのか? 恥ずかしくないか?

死人や被害者が出るよりマシ。恥ずかしくはない

>こんな存置派に、誰も突っ込まないのが存置派クオリティなんだよな?
>完璧に、存置派のレベルを下げるレスでも、仲間意識が強いんだね。

余計なお世話。廃止派の応援もないねw


307 :責任者とクレイマーの立場の差が如実にwww:2009/09/29(火) 23:54:03 ID:Kuf3UpWB0
千葉法相、死刑廃止議連外れる 「距離置き、役目に専念」
2009年9月29日(火)17:33 (KYODO)
「死刑廃止を推進する議員連盟」に参加している千葉法相は29日、報道各社
インタビューに「距離を置いて、政府の一員としての役目、役割に専念する」
と述べ、議連メンバーから外れる意向を表明した。法相は死刑執行について、
就任記者会見で「職責を踏まえながら慎重に扱いたい」としていた。また
「政策にかかわる議員連盟はいったん遠慮する」と述べ、事務局長を務める
アムネスティ議員連盟からも外れる考えを示した。


308 :307:2009/09/29(火) 23:56:51 ID:Kuf3UpWB0
すまんが、たとえ名無しであっても、yurikoと観念は隔離スレでやってくれ!
あっちのスレの方がいるんだから君たちにはお似合いだよw

309 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:12:46 ID:6uLE9GQf0
と言うかね、日本で現状存在し大多数に容認されている死刑は、どんな感情や理屈に基づいていようと、
それによって一般人に納得されている限り問題は無い。そういう間口の広さがある。

それに対して日本の廃止論は、マイノリティであるハンデをひっくり返すため理論に基づいて廃止しようというのだから、
理論に矛盾や不足を許してしまったら普通の多数決となってしまい、その時点で自滅終了してしまう構造になっている。

で、実際廃止派の中で、終身刑導入派と終身刑否定派のように矛盾した理論が存在してしまっている以上、
そこを放置してしていたら廃止派は自縄自縛で身動きが取れなくなるのは必然。
だから廃止派による

>こんな存置派に、誰も突っ込まないのが存置派クオリティなんだよな?

という突っ込みはまったく無意味。というか「自分は考えが浅いです」と表明しているようなもの。

310 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:15:08 ID:S+DgD49i0
>>307
笑えるwwマァ国民と感覚の程遠い大臣だが、意見の修正がどこまで効くかだなw
亀井は雰囲気アヤシイな切捨てかなw
あとは、国民と感覚がずれまくってる消費者・少子化担当大臣の福島瑞穂がガンだなw

311 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:21:18 ID:dVoHR4D30
>>305
うん、関わろうなんて微塵も思わんよ。
しかし、医療刑務所の囚人にも引けを取らない逸材なのは間違いない。

312 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:22:06 ID:sJTZ0Dgo0
千葉は夫婦別姓などで名を上げたいから
法務官僚との駆け引きで意外とあっさり執行印を押しそうな気がする。

313 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:30:40 ID:9AixROvC0
賛成派と反対派による対談で、両者の合意による本日の結論は以下のとおりです。

死刑存続を支持する日本国民は、決して野蛮ではなく、道徳観念に優れ、他人の生存権、人権を心から尊重し、世界最高の民度を誇る。
現状、殺人発生率が日本の3倍から10倍以上もある死刑廃止欧米先進国のモノマネをする必要は全く無い。

以上

314 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 00:41:06 ID:S+DgD49i0
>>312
確かに・・・、しかし、少子化の今、ジェンダーも流行らんと思うけど、
不況で婚活の時代だというのに、別姓にこだわっても得点になるんかな・・

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092901000855.html

315 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 02:09:13 ID:dDIFzko90
>>306
>同等という証拠を早く提示しろよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%BB%83%E6%AD%A2%E8%AB%96#.E6.AD.BB.E5.88.91.E5.88.B6.E5.BA.A6.E3.81.AE.E7.8A.AF.E7.BD.AA.E6.8A.91.E6.AD.A2.E5.8A.B9.E6.9E.9C
どうぞ。

>1 刑務所内を含め再犯の確率が0、
刑務所内の問題は、管理体制の問題。 無期刑の囚人が犯す犯罪も問題だし、死刑執行前に犯罪を犯す可能性もある。
一般社会での再犯は、危険がある人間を社会にもどさなければ良いだけ。

>2 一般人が刑罰を見据えて犯行を思い止まる、複数の殺人を犯す場合は、2人目で思い止まる可能性
一人目の犠牲が出てる時点でoutです。

>3 犯行途中に追い詰められての自首の可能性
犯行後、死刑を恐れ、目撃者を殺すという行為をする者もいるんですが?

>質問に質問返しして、自分は答えないってのも廃止派のデフォ?
あなたが答えられない事が、俺からの答えだよ。

>犯罪人が遺族や国民の為にするケジメ。ホントに頭悪いんじゃないの?
それなのに、加害者の態度は関係ないの?

>あんたが理解しようとしないだけ、過去スレを含めてよく読んだら?
どのスレのどの部分? これも答えられないの?

>死人や被害者が出るよりマシ。恥ずかしくはない
あっそ。 刑罰の目的をちゃんと理解した方が良い。



316 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 03:29:31 ID:iSWzEcfh0
一人犠牲者が出たら後は何人犠牲者が出ても変わらないって考えか。
おぞましい。

317 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 04:33:29 ID:2xUJxVCq0
>>306
>1 刑務所内を含め再犯の確率が0、
2 一般人が刑罰を見据えて犯行を思い止まる、複数の殺人を犯す場合は、2人目で思い止まる可能性
3 犯行途中に追い詰められての自首の可能性
証明責任を他人にだけ、なすりつけ、自分は深く考えないという理由はアホっぽいよ
死刑に抑止力が無いというキチンとした説明は未だに無い
→横レス失礼します。
1絶対的終身刑でも、工夫によって再犯を防ぐことはできます。
死刑囚でも死刑判決が下った瞬間、薬玉が割れるように執行されるわけではないのです。
最近は執行まで確定から平均2年としても、逮捕から含めれば、5年程度はかかっているのです。
確定から最短で死刑を確定させた宅間にしても、犯行から三年経って、漸く執行されたのです。
心神喪失、耗弱状態の死刑囚に執行しても無意味です。その結果、多くの死刑囚は実質的に
減刑され終身刑に服しているのです。
一般人は普通、人殺しをしようとは思わないのです。(笑)まして、複数の殺人プラスα−が死刑の要件だとすれば、
よほどの異常人格者しか死刑囚にならないのです。そういう異常人格者が常に、「死刑情報」に敏感であろうはずもありません。
例えば、子供に時々、死刑執行場を見学させて、「悪いことをしたらこうなるんだぞ!」と説教してどれほど役に立つというのでしょうか。
かえって、その児童は捻くれ、歪んだ人間性になるでしょう。
そういえば、鳩山法相の肝いりで、二ヶ月毎に死刑が執行されていたとき、
女子中学生が「死刑になりたい」と同級生を刺したり、駅のプラットホームから人を落として、「死刑になりたかった」
などと言った青年もいました。


318 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 04:34:26 ID:ks9V9T280
>犯行後、死刑を恐れ、目撃者を殺すという行為をする者もいるんですが?
>>死刑を恐れ、

あちゃーっ、猛烈に自爆してるなw
この恐れによる目撃者の殺人が他の有期刑、罰金刑と同等とは思えんけどなwwwwwwwww

319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 04:35:17 ID:2xUJxVCq0

死刑は公に行われれば、行われるほど社会はぎすぎすして残酷になるのです。
まして、「命の大切さ」を死刑を通じて教えることなどできるわけないのです。(鳩山元法相は
論点2009で「命の大切さを教えるために死刑をする」という、牽強付会の屁理屈で誤魔化そうとしていますが、ただ単なるアフォというだけです)
3最後に、「追い詰められて自首」は、全く逆で、「もう後がない。どうせ死ぬなら多くの人を道連れに」
となるものです。
自爆テロリストの心理がまさにこれで、死刑は大量殺人の一つの動機となるのです。
昭和46年(1971年)に事件を起こし、昭和51年に執行された大久保清の場合も、
実は半ば「死刑になりたかった」が犯行動機でした。
供述によれば、「すべてを失ってしまったことだ。もうどうなってもかまわない。(略)そのためには
人間を捨てるんだ。(略)どうせ死刑にんるんだったら二十人ぐらいの人を殺してやろう。
そしておれも死ぬんだ」(大塚 死刑囚の最後の瞬間)
大久保は明らかに死刑を利用した復讐が動機でした。こういう男にとって、死刑が刑として脅威になる
筈がありません。
現在の法律ですら、一人殺しただけで、死刑が確定することは殆どありません。
でも、これって、「国民の権利として、一人一殺までOK!」ということではありませんよね(笑)
「民度」と誰か書いていましたが、教育、経済環境、福祉、社会全体の物心両面に渡るインフラ整備
などが進めば、凶悪犯罪は次第に起きにくくなるものです。
たまにしか執行されない上、おどろおどろしい死刑を、みせしめに利用するなど時代錯誤としか言い様がありません。



320 :存置派:2009/09/30(水) 04:50:30 ID:9mY4SA2h0
>>298
>最低、年に4回は、専門の人間たちと話をしているよ。
それは興味深いね。つまり、どの程度の「専門の人間」なのかについてだ。答えてくれるかな?
実務に携わる人間なのか、それとも大学で○○学を専攻してるだけの人間なのか
あるいはいわゆるプロ市民の類なのかぐらいは答えても差し支えあるまい?

>やってもいない事を断言出来ちゃうんだから。 未来が見えるのか?
生身で新幹線より速く走りたい、という男がいたとする。
彼の夢が妄想で終わることぐらい、未来が見えなくてもわかるだろう?

>このクレームに対し、社会が真摯に受け止め、より良い社会を築く為に変化してくれりゃそれで良い。
残念だが、幾ら真摯に受け止めても、より良いモノを造る参考にすらならないから、それはクレームと呼ばれるんだ。
何故ならクレームはバックボーンとしての知識のなさゆえに、実現可能性の無い机上の空論や
結論から逆算されて構築された理論と言う形式を取るからね。

>何故、税金を払ってる側が、それを考えなくちゃいけないんだよ。 バカか?
…とりあえず、yesかnoで答えてくれ。
いや、大変失礼な質問なのだが…詳細についてそのような言葉で拒むと言うことは、ひょっとして君は
「犯人に学べ!」と言っている割に「何をどう学ぶかに関しては考えていません!」と言っているわけなのかい?

>それに不満を抱いている国民側が答えなきゃないのか?
いや、別に。君が「治安をもっと良くして欲しい」という不満を表明してるだけなら、それでいい。
政府は自由にそのための手段を講じることが出来る。
ただ君は「死刑を廃止することで」治安をもっと良くして欲しいという不満を表明しているんだ。
なら最低限の、死刑廃止と治安好転のプロセスを示さないことには、提案者としての義務を果たしていないのは明白だろう?

321 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 05:55:15 ID:X3zyKv2P0
>>317 >>319
お前はこのスレに来るなって何度言われたら分かるんだ?
自分が立てた隔離スレがあるだろう?
自分が立てた隔離スレが!

322 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 06:48:24 ID:mDjJAH/n0
>>321
お前か?鬱陶しすぎだよ(爆笑)
「隔離、隔離」と叫びながら、私の立てたスレに来て荒らしてるのは。
「気違いに刃物」「気違いにインターネット」だから、
まともに相手にするべきじゃないんだろうが、
少しは、成長したらどうだ?
お前が一切、書き込みをせず、見もしなかったら、
万事、事は丸く修まるというものだよ。

323 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 06:52:08 ID:d9gM9AZ90
>>288
>俺は、正直に書いてるだけ。

それはあなたの自由です。あなたの意見が思い込みにしか感じられないのも私の自由です。

>死刑も刑罰です。 ・・・・・・・・・・・・ 論点すれてます。
>刑罰の在り方を変えても、罰金や懲役刑は必要かも知れんが、・・・・・・ 意味不明。
>死刑は不必要になる。 ・・・・・・・・・・・ 論理が飛躍していて根拠なし。

>全てが可能だとしたら、どんな方法で抑止出来たか?
>社会の在り方に問題が見えてくるから。

「だとしたら」、そんな言葉を使うのなら、死刑になる事件がなくなったとしたら議論の必要なしでは?

>社会から隔離され、自由を制限され、・・・・・・・・・ 絶対終身刑?拘束が何か償いになる?
>犯罪抑止に協力させ、社会に対して奉仕する事が罰で、 ・・・・・・ 具体例は?
>一生、労働で得た賃金の一部を被害者に渡し、 ・・・・・・・・・・ 労働拒否したらどうする?
>償いの精神で生きてる事を社会に晒す事が償い。 ・・・・・・・・・・ 出所したらまた人を殺してやるって言ったら?

拘束は3食と睡眠を保証するものでもあるから、罰と言えるかどうかは囚人の受け取り方次第だよね。
それに実際に絶対終身刑で、一生出られないとなると、看守に従う意志はなくなるんじゃない?
模範囚になる必要もメリットもないんだからさ。

>仮想の抑止力、擬似体験の怒りや憎しみ、そんなのを基礎に存置論を語る人が殆どなんですけどね

死刑は否定、代替刑も考えない。
教育刑を語るわけでもない。
社会のせいで、なんでもかんでも責任転嫁。
だれでも善人になれるようなお花畑思想。
そんな廃止論者に何の現実があるって言うんでしょう。


324 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 08:17:31 ID:X3zyKv2P0
>>322
yurikoが一切、書き込みをしなかったら、
万事、事は丸く修まるというものだよ。
(「万事、事は」と重複させてごめんなさい。バカだから許して下さい。)

325 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 08:23:42 ID:hyflckW60
→長文と観念はスレが伸びてる方に引き寄せられる習性をもっている。
自分の落書きをより多くの人目に晒す事が目的なのだから。

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 08:56:28 ID:csKRKCgd0
>>325
公開オナニーだな。
まぁ頭が変なのは周知だから、どんな性癖があっても今更な感じだ。

327 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 12:05:20 ID:dDIFzko90
>>320
>それは興味深いね。つまり、どの程度の「専門の人間」なのかについてだ。答えてくれるかな?
弁護士や元弁護士、元検事の方や犯罪被害者やその遺族、
交通事故の被害者やその遺族、その他、一般市民による構成されたNPO法人。

こっちの問いにも答えてもらえるか?
あなたの発言は、何を基に断言してるんだ?

>彼の夢が妄想で終わることぐらい、未来が見えなくてもわかるだろう?
あなたの言葉は、相手にしなくて良い、って事だな。

>残念だが、幾ら真摯に受け止めても、より良いモノを造る参考にすらならないから、それはクレームと呼ばれるんだ。
何言ってんの? 
あなたが企業家なら、あなたの企業は生き抜けないだろうよ。

>「犯人に学べ!」と言っている割に「何をどう学ぶかに関しては考えていません!」と言っているわけなのかい?
どんな環境が危険な思想や行動に、どう影響したのか?
社会に、どんな避難場所があったら、犯罪を犯さずに済んだのか?
社会への意見、親しい人間への意見、被害者への意見、など、
犯罪を抑止しようという事を最優先に考えた知識や環境を、学ぶ意識で学ぶべきだと思っている。

>ただ君は「死刑を廃止することで」治安をもっと良くして欲しいという不満を表明しているんだ
現在、死刑囚と呼ばれる人間から学ばなければ、死刑囚が生まれるような事件の情報は得られない。
凶悪犯罪を無くそうと思うなら、死刑囚のような人間から学ぶ必要がある。
と、何度も言ってるが、人間が人間を復習や罰と称して殺す行為を正当化している社会が、
一般人に与えてる影響として、憂慮すべき可能性がある。
命を尊ぶ価値観や意識を育てる為に、死刑は悪影響を与えていると考えてるから。



328 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 15:15:15 ID:ks9V9T280
廃止派はあんまり考え過ぎ無くていいよ、論理的でなくてもいい。
余り理屈を捏ね繰り回しだすと1+1も2じゃ無くなる。
頭の理屈が2を拒否しだし、自分の中でその理屈が矛盾しなくなる。
当たり前の事も考えようによっては幾らでも否定(言い訳)できる。
妄想も思い込み、意識一つで現実に出来る。
考えすぎて頭のモヤモヤが振り払えなくなったら多数を信じておけばいい。
まあお前らは病気ですよw

329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 15:20:13 ID:7phWfiEgO
要は思考を停止させろと?
多数を信じ自分で考えるなと?

死刑に賛成する人らしいお言葉ですね

330 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 15:34:29 ID:csKRKCgd0
>>329
最低限の人間性と社会性と常識を身に付けてから考えろって事じゃね?
せめて自分の妄想が世界共通の情報と思い込む所を止めたら一歩前進出来るんじゃないかと。
快楽殺人鬼が自分の考えが正しいと言った所で、誰も認めないよ。

331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 15:37:02 ID:hyflckW60
>>327
以前、存在しない被害者の会を挙げて散々批難されてなかったっけ、君?

332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 16:23:21 ID:ks9V9T280
>要は思考を停止させろと?
>多数を信じ自分で考えるなと?

そうそう盲目的に多数に従っておけばいい。
お前ら自体もともとが病人の思考と発想で正しいわけが無い。カオスに向かってる事に本人は気づけないから。
幾ら負けていても全く気づこうとしないギャンブラーと同じ。どうやら本人にだけは根拠があるらしく中毒に陥ってる。
アル中ニコチン中毒も同じだよ。

お前らは孤高の存在になろうと脳内麻薬を走らせて満足してる。自己愛傾向が死刑廃止論。
所詮現実論とファンタジー論じゃ永久に平行線なんだよね。
賛成論と反対論の行き着くところは廃止論者を救ってやる事。犯罪者を救う理屈なんてのはどうでもいい。
被害者加害者じゃなく廃止論者の全員救出の方が先だよ。それがこの議論の到達点。



333 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 16:31:31 ID:ks9V9T280
続き

そろそろ妄想で作り上げた理屈ってのは捨てるべきだな。
感覚的に正しい方を選べるようにリハビリを始めるべきなんだわ。
今まで培ってきた天邪鬼性分を改善する方向へ変換した方がいい。

今更後へは引けないなんて豆粒みたいな下らんプライドを捨てる勇気を持て。
今までだって学校でも会社でも変態扱い。気が付きゃ隅っこで損な役回り。
自分を変えたいだろ?太郎よw

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 16:32:25 ID:N6Kawi7y0
>>331
>以前、存在しない被害者の会を挙げて散々批難されてなかったっけ、君?

レス持ってるんで貼りますw

335 :これが問題になったレスです:2009/09/30(水) 16:33:23 ID:N6Kawi7y0
53 :名無しさん@3周年:2009/08/06(木) 03:55:20 ID:n1UmCkYo
>>52
それは賛成派のほうがやりそうだ。


あすの会は犯罪被害者の団体を自称するにもかかわらず、犯罪被害者や被害者遺族でありながら死刑廃止を訴える人達に物凄く冷淡だし、

会の方針に異を唱えれば除名もする。
実体は死刑支持団体だよ。

あすの会が本当に犯罪被害者や被害者遺族のための会なら、なぜ犯罪被害者団体が幾つもある?
なぜ、犯罪被害者や被害者遺族が1つに纏まることが出来ずにいる?

226 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/08(土) 15:49:05 ID:alVWuJnkO
被害者団体が複数あることは確認できたんだ?


あすの会発起人の1人、渋谷とみこさんのHP
http://ime.nu/www.k2.dion.ne.jp/~saiko/shibuya/zenshibuya/0409gi.htm

その中の
犯罪被害者の会幹事を辞任しました
って所読んでみな。

336 :どうして問題になったかと言うと:2009/09/30(水) 16:41:43 ID:N6Kawi7y0
まず、下記の事実が全くなかったことが第一点。

>会の方針に異を唱えれば除名もする

続いて、下記が相当悪質なネガキャンであった事。

>あすの会が本当に犯罪被害者や被害者遺族のための会なら、なぜ犯罪被害者団体が幾つもある?
>なぜ、犯罪被害者や被害者遺族が1つに纏まることが出来ずにいる?

犯罪被害者と遺族には、交通事故から殺人事件まで事件の性質に幅がある為、
むしろ適切な対応の為に細分化されているというのが事実であり、
彼が言うような何らかの事情で団体が分かれている等という事実がなかった。
事実歪曲であすの会を中傷したんですよね。

そして更に、自分のネガキャンに根拠がない事が発覚すると、
今度は、相手がリンク先までググって読まないというように計算した上で、
「会の方針に異を唱えれば除名」したソースがあるかのように偽装した。

>あすの会発起人の1人、渋谷とみこさんのHP
>http://ime.nu/www.k2.dion.ne.jp/~saiko/shibuya/zenshibuya/0409gi.htm
>
>その中の
>犯罪被害者の会幹事を辞任しました
>って所読んでみな。

この「渋谷とみこ」氏は被害者遺族という立場ではない方で、
また自分の信念=死刑反対を貫く為に、会を「自主的に抜けられた」だけだった。
みのならず、氏のページを読むと、リンクを貼った側を不利にする様々な疑問点が浮上。

337 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 16:43:36 ID:N6Kawi7y0
興味がある方は渋谷とみこ氏のサイトを読んでください。
もっとも記述が削除されている可能性もありますが。
ネット上で記述について散々批判しましたから。

338 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 18:58:45 ID:EsUI5SiW0
まあ、あいつの言うNPO法人が実在してたとしても、それは被害者や遺族のことを考える人たちであって
別に凶悪犯罪者を研究してるわけでもなければ犯罪学の専門家でもない。
結局、存置派氏の言ってることが全く理解できてないということだ。


339 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 19:32:42 ID:S+DgD49i0
>>315
何がどうぞなんだ?メチャクチャいい加減な返答だなw
wikiの死刑存廃問題のどこに、
「死刑と他の刑罰が同等の抑止を持つと証明できました」と書いてあるんだい?
その一番重要な”証明できた”と書いてある部分を抜き出してくれないか?
長いならその文章の出だしの一部でも提示を頼む。モチロン他の文章と区別が付く程度の長さで

>>1 刑務所内を含め再犯の確率が0、
>刑務所内の問題は、管理体制の問題。 無期刑の囚人が犯す犯罪も問題だし、死刑執行前に犯罪を犯す可能性もある。
>一般社会での再犯は、危険がある人間を社会にもどさなければ良いだけ。

再犯の確率が0というのは、抑止のハナシ。管理体制の問題のハナシにすり替えるなよ
発言が無責任。管理体制をどうやったら刑務所内の秩序が良くなるんだ?
死刑がある場合と無い場合は、どっちが暴動や殺人が起きる可能性が高い?
管理体制だけの問題では無く、明らかにメリットはあるんだよ
無期刑の囚人が犯す犯罪、死刑執行前に犯罪を犯す可能性もあるけど、死刑にした後は再犯は絶対に無い
戻さなければ良いだけ?現在その良いだけのことも出来てないよ
現在、管理体制もできてないし、戻さないと良いだけの事も出来てない。死刑の廃止は夢のまた夢だなw


>>2 一般人が刑罰を見据えて犯行を思い止まる、複数の殺人を犯す場合は、2人目で思い止まる可能性
>一人目の犠牲が出てる時点でoutです。

・・・死刑のある場合と無い場合の抑止の差について、ハナシをしてるんだが・・
一人目だろうと二人目だろうと、その犠牲が死刑を廃止したら、死刑がある場合より出ないのか?
相変わらず、思考の構造がスゴイなwなにがどうoutなんだ?
問いが理解できないか、脳内妄想してるだけだろ
全く答えになってないよ
一般人にも、よりイヤがる死刑の方が抑止が効く可能性も高い
厳罰化って何がどう厳罰化か分かる?より嫌がる厳しい罰って意味だよ
なんで厳罰化効果がイキナリ死刑だけ、ストップするんだ?
何にも論理的に答えられてないよ


340 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 19:33:46 ID:S+DgD49i0
>>315 続き
>>3 犯行途中に追い詰められての自首の可能性
>犯行後、死刑を恐れ、目撃者を殺すという行為をする者もいるんですが?

死刑を恐れてるという確実な保証もないな
捕まることを恐れてるなら、死刑廃止しても意味もない
その事例があったとしても、冷静でない人間と冷静になる可能性では、後者に望みを託すのみ
死刑を廃止したら、殺さないという保証もない

>>質問に質問返しして、自分は答えないってのも廃止派のデフォ?
>あなたが答えられない事が、俺からの答えだよ。

意味がワカラナイ・・・
問いかけに対して返答が出来ない脳なのはワカルけど
あんたが答えずに逃げることはあっても、こっちはあんたの文を省略することは少ないが?

>>犯罪人が遺族や国民の為にするケジメ。ホントに頭悪いんじゃないの?
>それなのに、加害者の態度は関係ないの?

よく文章を読みましょう
 >>処刑という、刑を処することがケジメになるんであって、対象の態度だけのことではない
態度が関係ないとは、述べてない。妄想がヒドいな

>あんたが理解しようとしないだけ、過去スレを含めてよく読んだら?
どのスレのどの部分? これも答えられないの?

イヤ、もういいから現状の質問にもマトモに答えられないんだろ?w
抑止力って言ってるだろ、あんたが理解せずに逃げてるだけ。
このスレ含めこれを否定できた廃止派はいない。7-8で廃止派の詭弁を説明してる

>死人や被害者が出るよりマシ。恥ずかしくはない
あっそ。 刑罰の目的をちゃんと理解した方が良い。

あんたは、抑止力の意味を逃げずにちゃんと理解した方が良い。


341 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 19:37:23 ID:S+DgD49i0
>>317、319
前レスの「廃止派の応援もないねw」 にワザワザ飛び付いて出てきたの?w
アンタのやってるのは、
迷ってる人間に対して洗脳することが目的なんだろ?

いつも文章が支離滅裂でまとまりがなく、どう読んでも
>証明責任を他人にだけ、なすりつけ、自分は深く考えないという理由はアホっぽいよ
>死刑に抑止力が無いというキチンとした説明は未だに無い
に対応した文章ではないと思うんだが・・出来るだけ反応した結果は以下

>死刑は公に行われれば、行われるほど社会はぎすぎすして残酷になるのです。

死刑になるような犯罪者がいればいるほど、社会はギスギスして残酷になるの間違いじゃね

>自爆テロリストの心理がまさにこれで、死刑は大量殺人の一つの動機となるのです。

イヤ、死刑のある場合とない場合でどっちがマシなの?
死刑がない場合は、「もう後がない。どうせ捕まるなら多くの人を道連れに」 は無くなるの?
冷静でないものは、冷静でないだけでしょ。何が動機かキチンとホントに分析できてるの?
死刑を目的にした犯行だとか、犯罪者の冷静でない事情に合わせる為に、死刑を無くすのか?
意味もないし、本末転倒なんだよ
キチガイはキチガイ、抑止が効かない者もいる。だから?

>現在の法律ですら、一人殺しただけで、死刑が確定することは殆どありません。
>でも、これって、「国民の権利として、一人一殺までOK!」ということではありませんよね(笑)

何が可笑しいんだ?(笑)とか付けない方がイイんじゃねーの?危ないヤツにしか思われないよ
一人なら死刑にならないと抑止力を疑問視しながら、抑止力を無効化しようとしてるのは廃止派
世間はその意見に反発して、逆に厳罰化を望むだけ、
凶悪犯罪者が勘違いしないように、一人殺しても死刑は採用するべき
くだらん事言って殺人の助長行為を行っているのは、廃止派

>「民度」と誰か書いていましたが、教育、経済環境、福祉、社会全体の物心両面に渡るインフラ整備
>などが進めば、凶悪犯罪は次第に起きにくくなるものです。
>たまにしか執行されない上、おどろおどろしい死刑を、みせしめに利用するなど時代錯誤としか言い様がありません。

凶悪犯罪が起きにくくなるのは、良い事だが、更に死刑制度があって治安が良くなれば更に良いだけ
たまにしか執行されないのをなんで気にする?もっと死刑が増えて欲しいのか?
凶悪犯罪が起きなければ、死刑もあって無きが如し、死刑存廃と関係ないな
みせしめの意味をみせつけの意味に捉えるなよ。規範としての事実があれば良いんだよ
死刑廃止の方が時代の流行病の可能性が高いとしか思えないんだが・・


342 :存置派:2009/09/30(水) 19:58:49 ID:nlnhzx0R0
>>327
>弁護士や(以下略
中に犯罪予防の専門の人間が全く含まれていな…うお、台詞とられたぁーッ!?

…こほん。もし可能であればそのNPO法人の名前や、会った弁護士の名前を教えてくれるかい?
いや、例えば私が幾ら専門家の団体に会ったと言ってもその団体名が「死刑大好き死ね死ね団」とかだったりしたら
君もそれが論拠になるとは思えないだろう? それと同じことだ。

>あなたの発言は、何を基に断言してるんだ?
犯罪学、犯人の類型分析についての書籍、内政という分野から見た治安維持などの知識等かな。

>あなたの言葉は、相手にしなくて良い、って事だな。
それもまたよし。俺も、新幹線より速く走ることを夢見る少年を、邪魔する趣味は無い。
ただ、それが新幹線より速く走ることを他人に強要する人間については、少々話が別だがね。

>あなたが企業家なら、あなたの企業は生き抜けないだろうよ。
それはまた痛烈な予言だね。未来でも見えるのかな?
ああ、それと、悪いが俺は記憶力も悪くてね。…罵倒はやめようって言い出したのは誰だっけかな?

>犯罪を抑止しようという事を最優先に考えた知識や環境を、学ぶ意識で学ぶべきだと思っている。
凡庸だね。その程度のことは既に研究は為されている。

>現在、死刑囚と呼ばれる人間から学ばなければ、死刑囚が生まれるような事件の情報は得られない。
ふむ、では、死刑囚が生まれるような事件の膨大な情報において、
死刑囚が生きてなければ得られない情報はほんの一部に過ぎないことを君はどう思う?

>命を尊ぶ価値観や意識を育てる為に、死刑は悪影響を与えていると考えてるから。
例えば何人もの人命を奪っても、国家の懐に逃げ込んだが最後、死を免れるという事態を
「命を尊ぶ価値観や意識を育てるのに悪影響を与える」と感じる人間もいるだろう。
そこで君はそう感じないように「教育」――まぁ、それを大抵は「洗脳」というのだが――すればいいと語るかもしれない。
でも、それは「他人の生命を我欲で奪えば死ぬというルールが、命を尊ぶ価値観や意識に良い影響を与える」と
同じく「教育」「洗脳」すればいい…というのと、条件はイーブンなんだ。
つまり、その「悪影響」はあくまで君の価値観であって、皆の共有するシステムを左右する論拠にはなりえないよ。

343 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:02:17 ID:4P1h5lP00
>>341
>凶悪犯罪者が勘違いしないように、一人殺しても死刑は採用するべき
→日本の死刑史は、戦前を別にしても、昭和32年と昭和35年に全国で39人に
死刑が執行されています。
もし、今日、年間39人が処刑される状況を想像してみて下さい。
十日に一度は死刑が執行されるのです。どんな理由にしろ、国が公開で人殺しをするのです。
拘置所は文字通り「屍体生産所」と化すのです。
毎年、1300件の殺人事件が発生し、その内、600人は確実に死ぬのです。
原則。一人殺して死刑というなら、僅かな複数殺人の発生を考慮しても、加害者の数は、500人以上は確実にいるでしょう。
毎年、500人が死刑になる日本ーそんな気味の悪い国には誰も住みたくないだろうし、
外国から訪れる人もいなくなるのではないでしょうか。

344 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:17:45 ID:S+DgD49i0
>>343
>>凶悪犯罪者が勘違いしないように、一人殺しても死刑は採用するべき
>→日本の死刑史は、戦前を別にしても、昭和32年と昭和35年に全国で39人に
>死刑が執行されています。
>もし、今日、年間39人が処刑される状況を想像してみて下さい。

年間39人がなんでいけないの?
殺人の再犯は年30件起きてることの方が異常と思えるが・・

>十日に一度は死刑が執行されるのです。どんな理由にしろ、国が公開で人殺しをするのです。

ハァ?公開しろなんて言ってないが・・・
どんな理由にしろ??他人を殺したという理由なんだが・・

>拘置所は文字通り「屍体生産所」と化すのです。

えっ?裁判するよ
拘置所=死刑ではない

>毎年、1300件の殺人事件が発生し、その内、600人は確実に死ぬのです。
>原則。一人殺して死刑というなら、僅かな複数殺人の発生を考慮しても、加害者の数は、500人以上は確実にいるでしょう。

原則にしたいところだが、まぁムリなのは分かってる
ただ、一人殺したぐらいじゃ死刑にならないとかいう甘えた考えは無くした方が良い
個人的には、一割の100件ぐらいやった方がいい、せめて再犯よりは多くするべき

>毎年、500人が死刑になる日本ーそんな気味の悪い国には誰も住みたくないだろうし、
>外国から訪れる人もいなくなるのではないでしょうか。

こっちは安全な国に住みたい
別に海外から日本の死刑を気味悪がるような犯罪予備軍は来て欲しくないけど?



345 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:24:06 ID:9AixROvC0
廃止論者のレスを読んでいるとつくづく命には格差があると思うよ。

酒酔い運転による死亡事故件数は、いまだに年間200件以上ある。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むなというスローガンを無視して。

日本の自殺者は、毎年3万件を越えている。

日本の殺人事件の年間件数は1200件ー1300件。
何で年間、10件程度の死刑にこれほど大騒ぎするのかね?
もっと大騒ぎしなけりゃならないことが山ほどあるのに?

死刑囚の命って、馬鹿な廃止論者にとっては、一般市民の命と比較して100倍以上の価値があるのは間違いない。

死刑廃止運動を扇動する指導者たちは、当然別の意図を持ってやっているだろうとは、推測できるが。

346 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:40:43 ID:4P1h5lP00
>>344
>こっちは安全な国に住みたい
→だから、死刑によって安全・安心を築けると思うのは錯覚にすぎないのです。
日本では毎年3万人の自殺者が出ます。
ロシアなど、旧共産圏の国々では、社会は不安定で人々は、希望を失うことが多いでしょう。
それに比べれば、日本は遥かにましとはいえ、先進国の間では異常な数です。
小学校の卒業生名簿の内、自殺者はどれくらいいるでしょうか。中学校は…高校では…
と考えていくと、誰しも気が重くなるのではないでしょうか。
さらに、日本の自殺者の際だった特は、65才以上の自殺者が異常に多いのです。
老人の自殺は悲しすぎます、何故なら、それまで生きて来た人生を全否定することにもなるからです。
死刑制度によって、安全な国を保っていると思わせるのは、権力者達が本質的な問題から
目を逸らさせようとしているだけなのです。

347 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:54:01 ID:S+DgD49i0
>>346
>>こっちは安全な国に住みたい
>→だから、死刑によって安全・安心を築けると思うのは錯覚にすぎないのです。

だからって説明が無いよ
錯覚にすぎないと思い込んでる錯覚してるだけだろ?
死刑が錯覚、抑止力が無いと妄想してるのは、廃止派だけ、違うなら証拠を出して

>日本では毎年3万人の自殺者が出ます。
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>老人の自殺は悲しすぎます、何故なら、それまで生きて来た人生を全否定することにもなるからです。

イヤ自殺が多いのは憂うべきことだが、死刑の存廃と関係ない
終身刑にしてムダメシ食わすぐらいなら、自殺対策に回した方が税金の使い方としてマシ
いつもいつも死刑の存廃と全く関係ない話が多いね

>死刑制度によって、安全な国を保っていると思わせるのは、権力者達が本質的な問題から
>目を逸らさせようとしているだけなのです。

あなたの言う権力者とは、具体的に誰の事?
現在の死刑囚は、権力者が、何もしないのに自由に選び、疑わしい証拠もなく死刑判決を出してるのか?
本質的な問題と対策をキチンと述べてね、それが実施されても、更に死刑はあってもいい


348 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 20:58:40 ID:9AixROvC0
自殺者数が3万人と、死刑が存在するのって何の関係もない。

むしろ、何でたった10人程度の死刑について大騒ぎして、年間3万人の自殺者数について大騒ぎしないのかって話になる。

匿名スレってのは、メリットも多いけど、気印も参加できるという欠点があるな。

349 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 21:11:19 ID:mxSmwblb0
>>346

だからお前はこのスレには書き込むなって言ってんだろが アフォオヤジ

350 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 21:48:07 ID:4P1h5lP00
>>348
>自殺者数が3万人と、死刑が存在するのって何の関係もない。
→小泉政権下で法相を務めた森山真弓氏は、
欧州評議会司法人権セミナーで
「死んでお詫びするというのが我が国独特の罪悪にたいする感覚だ」
と発言し、出席者から失笑されました。
しかし、それが錯覚だとしても、そういう迷信を実践する日本人が多いのも
事実なのです。
昨年自殺した川田亜子さんも、「死んでお詫びする」が自殺の大きな原因でした。
政治家の自殺や教育者、管理職の自殺の原因も多くが「死んでお詫びする」というものです。
日本人の皆さん!もう、こういう変な伝統文化を捨てませんか。
「死ぬことでお詫びなどできるわけないのです」!
大体、自分の死が何の償いになるというのでしょうか。たとえば、腎臓癌に罹っている人に、
自分の腎臓を提供するために自殺するというのでしょうか(苦笑)
私ははっきり言って、死刑囚の命をあまり惜しいとは思いません。
しかし、私の「死刑廃止に関する発言」が少しでも、日本人の間で、「掛け替えない命の価値」を
再認識するのに役立てれば、と思うのです。
死刑を「罪を命で償う刑」とするのは間違っているのです。
すると死刑が極刑=最高刑でないとするなら、どんな刑罰をもってすればいいのか、
というのは全く別の議論なのです。


351 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 21:56:42 ID:9AixROvC0
>>350
観念とだけ話をしていても本当につまらないから、どうしてもコチラのスレに来てしまうんだね?
正直、観念の事どう思っているの?

352 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 21:57:34 ID:Fy5Im2GUO
>>345
しかも、殺人1000件の被害者はともかく、死刑なんて殺人を犯さないようにすれば個人個人で充分回避出来るしな。

353 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 22:04:46 ID:nxsyZQBk0
>>338
廃止派は存置派を潰す為なら詭弁も捏造も歪曲も何でも御座れだから。
そして結果的にそういうカルト的手法から支持離れが起きているという皮肉。

354 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 22:27:59 ID:OnIGI5e20
>「死んでお詫びするというのが我が国独特の罪悪にたいする感覚だ」

これが本質かもしれないな。
執行を見学した人が「ある種、美しさを感じた」と言ったらしいけど、
死刑というのは日本の美しさなのかもしれないと思った。

355 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 22:51:26 ID:nxsyZQBk0
>>354
一時期、企業経営者が責任とって自殺した場合、マスコミが卑怯だとハッシングし、
世論調査とか取って、卑怯だから死ぬな、生きて責任を取れ、とキャンペーン貼ったけど、
結局、全くといっていいほど功を奏さなかったよね。
やはり死ぬ事でお詫びするというものを受け容れる気持ちがある。
自殺は本当にしちゃいけないけど、お詫びの為の自殺は、自殺ではなく、
やはり切腹と同じで償いの為の死なんだよな。

皮肉と言うか何と言うか、ろくでもない大悪党や知能犯罪者に限って、
絶対に「死んでお詫びを」とか考えず、ふてぶてしく生き延びて、酷い奴になると開き直る。
生きて責任を取るとか口先だけで、実際には何もせずただ生きながらえるという。
マスコミが貼ったキャンペーンが見事に裏目に出でて。
日本では、犯罪絡みでは、善人ほど、死んでいき、悪人ほど、生き残る。

あれ、そういえば、死刑廃止論者も(以下自主規制

356 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 23:10:28 ID:p7CkSuoF0
経営者自殺してお詫びと言うより、もう将来も希望も無くなった
有るのは負債と世間の冷たい目だけ それだけだよ

357 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 23:15:29 ID:ks9V9T280
太郎が逃亡したと思えば今度は長文矢印か。
廃止派の治療ってのは骨が折れる。

358 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 23:52:35 ID:X3zyKv2P0
yurikoはどうしてここに書き込むんだよ!
自分のスレがあるだろ!
そこに籠っていろ!

359 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/30(水) 23:55:35 ID:Fy5Im2GUO
>>357
不治の病だしなw

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 07:17:11 ID:pFSLDGMN0
日本は、世界有数の地震国で有る上に、大都市の人口密度が異常に高い。

全ての人の命が、廃止論者が主張されるように、
凶悪犯罪者も含めて同等と仮定すれば、
年間10件程度の死刑廃止よりも、
一回の大地震で数万人の犠牲者が出るだろうと言われている地震対策の方が、1000倍重要だよね。

それについては、廃止論者もさすがに異論はないですよね?

361 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 08:51:57 ID:YH9kCCTT0
>>360
>大地震で数万人の犠牲者が出るだろうと言われている地震対策の方が、1000倍重要だよね。
それについては、廃止論者もさすがに異論はないですよね?
→∞無限大の比較はできませんよね。
一人の命の尊さが無限大∞だとしたら、当然、その集合である共同体の尊さも無限大∞です。
両者の大小、軽重の比較は、最初から成立しないのです。
ところが、現実世界では、露骨に軽重の差別があります。
「全ての命は等しく、尊い」なら、一人の命の尊さもそれだけ重いのです。



362 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 09:07:57 ID:UKHhii8J0

【10月の臨時国会で民主・公明が外国人参政権法案提出へ】

            _,‐/.|       ヽ.,лi'\,‐i
           ノ   .|      ,ノ  (´・ω・`)´i
          /    `'‐´`'-,_,‐'v'‐-ー,__,、,-、_`'!_ _
    _ __ノ‐-ー'     ,‐^'‐‐,iー,,l´        ~   ,}
 ‐‐=''‐'`フ   中国  ,‐´     `\   朝鮮  /"
     .t_   . i`ヽ_/   < `∀´ >   ~j      `i、
     .л)   .`j     ___,,,--、   '‐!      ζ
    __| . jヽ‐'´~    /''     `ヽ  ヽ, ,,---'´´~
    `フ `i      ノ        ヽ, /
    `'''ーt´   ,‐,/~          .i /
      <   _j 

韓国人の民度
ttp://www.kjclub.com/jp/exchange/theme/read.php?uid=98279&fid=98279&thread=1000000&idx=1&page=1&tname=exc_board_59&number=83664
貸し出しと返却を自由に市民たちの良心に任せる良心本棚がオープン !

 …3ヶ月後, 3千冊全部 紛失&未返却 orz

363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 09:45:08 ID:69GUr0eC0
>>361
一人死ぬのも千人死ぬのも一緒ってことを言いたいの?

364 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 09:53:20 ID:HJuqVYR80
>>361
全ての命が等しいなら、奪われた命の代償は、等価である殺人犯の命でしか清算出来ないだろ。

被害者の命と加害者の命は等しくないのか?

365 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 09:58:40 ID:4c/7dRl10
>>339
>「死刑と他の刑罰が同等の抑止を持つと証明できました」と書いてあるんだい?
証明できてないんだよ。
死刑と他の刑罰での違いを見出す事が出来てないの。
こういう発表自体が、死刑による特別な抑止力を否定してるんだが?

>再犯の確率が0というのは、抑止のハナシ。管理体制の問題のハナシにすり替えるなよ
管理がしっかりしていれば、懲役刑でも再犯は防げるから。

>・・・死刑のある場合と無い場合の抑止の差について、ハナシをしてるんだが・・
こっちは、刑罰を通して犠牲者を極力、生まない社会の話をしてるんだよ。

>死刑を廃止したら、殺さないという保証もない
現実に、「死刑を恐れて」目撃者を殺した、という事例があるらしいよ。
リンク先、全部読んだ?

>あんたが答えずに逃げることはあっても、こっちはあんたの文を省略することは少ないが?
だから、あなたは死刑について何を知ってるんだ?
一般人が死刑について詳しく知ってるなら、「コソコソ」は取り消すよ。

>イヤ、もういいから現状の質問にもマトモに答えられないんだろ?w
良いから答えろって。 「キチンとした答え」を。
自分で「キチンとした答え」を持っている、と言ってるんだから。
答えられないのか?

>あんたは、抑止力の意味を逃げずにちゃんと理解した方が良い。
辞書があるから大丈夫。

366 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 10:08:43 ID:4c/7dRl10
>>342
>…こほん。もし可能であればそのNPO法人の名前や、会った弁護士の名前を教えてくれるかい?
ここじゃ無理。
俺が参加してる場所には、死刑支持者もいるよ。
ただ、死刑では何も解決しない事を知ってるけどね。

>犯罪学、犯人の類型分析についての書籍、内政という分野から見た治安維持などの知識等かな。
机上論って事ね。

>ああ、それと、悪いが俺は記憶力も悪くてね。…罵倒はやめようって言い出したのは誰だっけかな?
罵倒に聞こえたか? 優しくアドバイスしたつもりなんだが?

>凡庸だね。その程度のことは既に研究は為されている。
だ か ら 、足りないと言ってるんだよ。

>死刑囚が生きてなければ得られない情報はほんの一部に過ぎないことを君はどう思う?
ほんの一部だろうが、その知恵のおかげで犯罪が防げるなら必要だと思うが?

>でも、それは「他人の生命を我欲で奪えば死ぬというルールが、命を尊ぶ価値観や意識に良い影響を与える」と
>同じく「教育」「洗脳」すればいい…というのと、条件はイーブンなんだ。
この教育では、宅間などは正当な人間になるな。
自分の命を差し出して、他者の生命を奪う事は、正常になる。
自己を犠牲にすれば、他者の生命を奪っても良い、か?

367 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 10:21:06 ID:mIQOU7yt0
だからさぁ、そんな価値観いらないの。
そんな価値観が蔓延したら普通に他人の金品強奪したり、
気軽に他人を監禁したりする社会になっちゃうでしょ。

もしかして刑罰撤廃をたくらんでるの?

368 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 10:43:13 ID:sbUySvXI0
>>361
いいから、自分のスレに戻れ!

369 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 11:42:39 ID:bwZfwviAO
>>366

キミの参加している場所というのを公開してくれたまえ。

370 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 11:46:46 ID:4c/7dRl10
>>369
残念だけど、こんな場所で何も公開するつもりはないから。 ごめんね。

371 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 12:01:27 ID:bwZfwviAO
存在しないということですね?

372 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 13:23:18 ID:HJuqVYR80
これは観念、yorikoに続く大物登場か?

373 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 13:28:06 ID:prMhHXEk0
刑罰には抑止力がある場合もない場合もある。
それは行為者の人格次第だ。
そして、死刑の抑止力は終身刑の抑止力と同じと評価できる。
懲役も短すぎれば違うのだろうが、数十年ならば同じだろう。
そもそも、長い懲役だろうが死刑だろうが、殺るときには殺るのが人間だ。

374 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 13:57:33 ID:bwZfwviAO
>>372
どんなに大きくてもファールでは点にならないのが残念。

375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 14:58:26 ID:FIPd7b1K0
ID:4c/7dRl10

お前の主張する廃止論がお前にとって美学だってのは出来る事なら理解してやりたい。
ただこの問題は個人の変態的趣味志向で終わらせられる様な簡単な問題じゃない。
俺はお前らを日常に還してやりたい。
大事なのは健常者の存在に触れる事。その重力に引き寄せられる事だ。
決して振り返っちゃいけない。あちらの世界で妖精たちと長居すれば帰ってこられなくなる
怖い世界だ。
自称人権派の安田弁護士の顔を見てみろ、ありゃババアのウンコ喰ってる顔だ。
もはや黄金とウンコの区別すら付かない。ああなるともう手遅れ。
黄金とウンコの違いを証明しろとでも言い出しかねん。
人間の創造力と言うか妄想力ってのは凄いな。
何れお前にも同じ症状が起こる。その前に俺たち存続派はお前らを救うのが使命だ。


賛成派「やっぱり黄金とウンコは違うよ。鉱物と排泄物だし、そもそも食べ物じゃないし。
    上手く説明も出来ないし証明も出来ないな。。」

反対派「そうかそうかやっぱり証明できないんだな。分子、原子、素粒子単位まで物質を
    分解すれば成り立ちは根本的に同じさ。お前らの概念で物を喋るな。フグの毒だって発酵すれば
    食べられるしタランチュラの毒素も熱すれば食べられる。本質的に違いなどありゃしないじゃないか。」

賛成派「・・・・・。」


お前らにとってこのやり取りは完勝だろうが、人としては既に 負け である、と。
いい加減気づいてくれよな?太郎よw

376 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 15:03:26 ID:HJuqVYR80
>>374
誰が上手い事を言えと。

377 :社会は新しい「大量殺人」に備えるべきだ:2009/10/01(木) 15:40:08 ID:Kczx9ZfH0
>>363
>一人死ぬのも千人死ぬのも一緒ってことを言いたいの?
→これは、私の個人的意見を述べているのではないのです。
二つの世界大戦を経て、二つの超大国が50年以上、互いの国民を何十回も殺せるだけの、
核ミサイルで睨み合った20世紀後半から21世紀という特殊な時代について話をしているのです。
昭和23年、最高裁判所大法廷で、死刑の合憲性を確かめました。以来、一度も、死刑の合憲性が問題になったことはありません。
判決文で裁判長は、「一人の生命は地球より重い」としましたが、この一人とは、
凶悪犯罪を犯した被告を指しているのは明らかです。すなわち、「人として最低のことをしたとしても、」
人の生命の価値は無限大だということです。
いうまでもなく、何の落ち度もないのに殺された人の命こそ重要です。その価値も無限大です。
つまり、無限大に無限大を重ねても、何も生まれないということです。
死刑というのは、被告と被害者の法益を釣り合わせるための方便ですが、そんなことは不可能だし、錯覚にすぎないのです。
死刑は被告に無理心中させることで、被害者遺族の中には、却って迷惑に感じる人もいる、と書いたこともあります。
宅間は弁護士に宛てた手紙の中で、窮極の道連れ、無理心中として、ガソリンを使った自爆大量殺人を主張しています。
死刑を「一痛打」というメッセージに利用することに成功した宅間でしたが、
社会から疎外されているという被害者意識に固まった、秋葉原事件の加藤智大と根は同じなのです。
自分の命の価値を顧みない「自爆テロ型の大量殺人者」に対して、死刑は最早、お伽噺にすぎないのです。


378 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 16:16:03 ID:8DIoAXkb0
>>377
横レスですが
どんな刑罰にしても、その刑罰を受けたいという変わった人は出てきますよ。
ただ、自然法とか根本規範とか、人間の感覚の最大公約数なんです。
人が汚いと思うことでも、それが好きな人もいる。
人糞は汚い物だから水洗便所が発明された。でも、人によっては人糞を食べる人もいるわけです。
だからといって、人糞を食べる人の為に人糞を集めてそれを食べる施設を便所の横に作ろうなんて意見は出てこないでしょ?
刑罰も同じです。常識的な感覚において作らざるを得ない。
一般的な思考を持った人が、これは死刑しかない、と思う犯罪においては死刑が存在すべきだし
一般的な思考を持った人が、こんなひどい事をしたら死刑になり得る、と思うから抑止が働くわけです。

379 :義人:2009/10/01(木) 16:56:26 ID:wsVISHkM0
意味が分からない。日本で廃止論がでる意味が。
人の人権を奪っておきながら、最低限の生活を他人の金、ひいては被害者遺族の金でしていくということだ。
終身刑ができてみろ。罪を犯したわけではないが働き口がなく飢えや、絶望で死んでいく人を横目に、
法を犯し人権を奪った生かしておいてはいけない輩がのうのうと生きながらえる時代になるぞ。
今ですら、死刑はなかなか執行されずにそうなっている面もあるんだ。許されるのか、それが。

俺は別に被害者遺族になった訳ではないが、殺人や強姦殺人の記事や判決を見るたびに思う。
俺が被害者遺族だったら耐えられるのかと。罪のない人を自分本意の考えや感情で殺しておいて
よくて死刑、ともすれば懲役数年で出所……耐えられるわけがない。
罪のない人の命を奪った犯人には、被害者が味わった苦痛+将来起きえたであろう幸福を奪われた痛みを
加味した罰を与えるべきであるんだ。死刑すら生ぬるいんだよ。

つまり死刑以上の刑をつくるか、もしくは被害者遺族に被害者が味わった苦痛を犯人に与えることのできる法を
つくるべきなんだよ。
もちろん俺の考えが過激なのは重々承知している。だけどこれが人の道じゃないのか?
人の道を外れたやつらをのうのうと社会に放っておいて生きるなんて俺にはできないんだよ。
存置派、廃止派どちらからの意見も聞きたいのでコテハンをつけておく。

最後に勘違いしないでもらいたいのだが、上記はあくまで正当な裁判を経た上での
刑についての話であって人を一人殺したら、どんな理由によっても死刑にすべきだなどとは
決して思っていない。

380 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 17:01:33 ID:HJuqVYR80
>>379
>意味が分からない。日本で廃止論がでる意味が。

廃止論者自身が何度かウッカリ書いてる。

「自分が死刑になったら嫌だろ」

これが、廃止論者達の根本的な理由。

381 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 17:38:22 ID:WsOz4q/o0
>>379
社会全体として考えると、感情論に偏ってしまうのはよくないから、
死刑廃止論はバランス取るためのアンチテーゼとしての意味合いもあると思うよ。

自分の場合も死刑を論じる時は廃止側に偏ってはいても、実は現状維持がベストだと思ってるし。

382 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 17:47:29 ID:TMGApIWP0
>>377
殺人者を死刑にするのもしないのも一緒ってことで結論がでてしまいましたね。

それではごきげんよう。

383 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 18:22:31 ID:FIPd7b1K0
こいつらは元廃止派だとか同族意識を暗に植え付けたり、死刑支持派は死刑になっても何も言えない
とか言ってみたり遺族を冒涜する発言をしてみたりやりたい放題である。
もともと聞く耳を持つこと自体が危険。相手は悪魔と同じである。

主治医と患者の関係において対等であるわけがない。
嫌ならどうぞ他の病院をあたってくれ、(嫌ならどうぞ死刑が無い国へ行ってくれ)
で片付く代物。
話を聞く素振りこそ見せはすれ右から左に流しておくのが大人のやり方。

犯罪こそ犯す前の意見とは言え表現思想の自由と称して自ら企てる理想郷のため躍起になっている
彼らを封殺する事はなかなか難しい。
映画マイノリティーリポートの様な世界なら彼らは今頃檻の中だろう。いずれやらかす。

過激な遺族感情や死刑制度が殺人犯と同じ、であるならばわざわざ殺人を犯した者から研究し学ばなくとも
私たちや遺族から学べばよい、事である。
ごちゃごちゃと複雑回りくどい言い回しで善良な市民を煙に巻き、社会を混乱させる事が奴らの目的。


384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 18:34:36 ID:FIPd7b1K0
>こいつらは元廃止派だとか同族意識を暗に植え付けたり

訂正

こいつらは元存置派だとか同族意識を暗に植え付けたり

385 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 18:54:24 ID:bwZfwviAO
要は特亜の強姦殺人を大目にみてあげられる社会にしたいわけですよ、廃止論者様ときたら。


386 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 19:32:31 ID:YikJKd6i0
>>366
>ここじゃ無理。
>俺が参加してる場所には、死刑支持者もいるよ。
>ただ、死刑では何も解決しない事を知ってるけどね。

で、どこに犯罪者研究の専門家がいるのか教えてくれ。

387 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 20:56:54 ID:bxYs2XgR0
>>365
>>「死刑と他の刑罰が同等の抑止を持つと証明できました」と書いてあるんだい?
>証明できてないんだよ。

 ”同等”と証明できてないのに、同等とする理由の答えになってないな
 ”他の刑罰と同等である”は完全な妄想でしかありえない
 こちらは否定するなら、証拠を出せといってる。
 証明もできてないのに、どうして勝手に他の刑罰と同等とするの?
 お願いだから、ウソはつかないでね

>死刑と他の刑罰での違いを見出す事が出来てないの。
>こういう発表自体が、死刑による特別な抑止力を否定してるんだが?

 あくまで、統計的な側面から見てだろ?そりゃデータがお粗末だと見出せんよw
 違いは論理的に説明してやってるだろ?どうして、違うものが同じになるんだ?
 こういう発表の中身はチャント確認したのか?どういう発表だ?w発表しただけで真実になるのか?
 他の刑罰以上という統計的な証拠が無いんだろ?そんな証明は、終身刑でも他の懲役刑でもなされてない
 他の刑罰と同等という証拠は全くないよね?という日本語が理解できないの?
 あくまでも、勝手にご都合主義で、廃止派が否定して勝手に他の刑罰と同等としてるだけ
 そんな立派な証明が出来てるなら、
 アムネスティと言う、日本の国家や国旗を掲げる必要がないとする囚人の為の人権団体が、
 その証拠を配りまくってるよ。
 現に他から指摘されるまで、カナダの恣意的なデータを配ってた
 何より、証明されてるなら死刑復活運動も起きないし、
 死刑復活国もないはずだけど、何を妄想したいの?

>>再犯の確率が0というのは、抑止のハナシ。管理体制の問題のハナシにすり替えるなよ
>管理がしっかりしていれば、懲役刑でも再犯は防げるから。

 だから過去レスも読めないと思われる。>>78-79で既出、
 >再犯は必ず出るのは、確実に死刑適用者以外で出る
 >前レスはあくまで、一例、ニュースにならないのも沢山あると思われる
 >犯罪白書によると、平成19年度で、年間30件も殺人の再犯が起きてるし、なんらかの前科だと412件
 >管理の問題?問題はどれぐらい、それに懸念して問題視するかだと思うけど・・
 管理なんか出来てもないのにエラソウにその先なんか述べてもムダ

>>・・・死刑のある場合と無い場合の抑止の差について、ハナシをしてるんだが・・
>こっちは、刑罰を通して犠牲者を極力、生まない社会の話をしてるんだよ。

 子供みたいな屁理屈や、絵に描いた餅のハナシや脳内理想郷は余所でやって
 言いたいことは、具体策と実現性を明らかにした上で述べるのが大人


388 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 20:59:39 ID:bxYs2XgR0
>>365 続き
>>死刑を廃止したら、殺さないという保証もない
>現実に、「死刑を恐れて」目撃者を殺した、という事例があるらしいよ。
>リンク先、全部読んだ?

 だから何? >>340-341でも答えてる
 >イヤ、死刑のある場合とない場合でどっちがマシなの?
 >死刑がない場合は、「もう後がない。どうせ捕まるなら多くの人を道連れに」 は無くなるの?
 >冷静でないものは、冷静でないだけでしょ。何が動機かキチンとホントに分析できてるの?
 >死刑を目的にした犯行だとか、犯罪者の冷静でない事情に合わせる為に、死刑を無くすのか?
 >意味もないし、本末転倒なんだよ
 >キチガイはキチガイ、抑止が効かない者もいる。だから?

>>あんたが答えずに逃げることはあっても、こっちはあんたの文を省略することは少ないが?
>だから、あなたは死刑について何を知ってるんだ?
>一般人が死刑について詳しく知ってるなら、「コソコソ」は取り消すよ。

 俺の死刑に対する知識をここでつらつら述べて、何になるの?
 会話が出来れば知識はおのずと明らかになる。
 あんたは、過去スレも見ないし、理解できないんだろ?
 一般人や他人の知識がどうかとか簡単に推し量る術はない。勝手な思い込みはヤメレ

>>イヤ、もういいから現状の質問にもマトモに答えられないんだろ?w
>良いから答えろって。 「キチンとした答え」を。
>自分で「キチンとした答え」を持っている、と言ってるんだから。
>答えられないのか?

 他人にだけ答えろって言って自分は全然誠実に答えないねw
 抑止力と何度も何度も述べてるし、答えてる
 過去レスも見ず、会話や議論をする気がなくて、逃げてるから理解できないんだろ?
 現在の会話ですら、意志の疎通が難しい
 まずは、キチンと会話できる能力を示したら?

>>あんたは、抑止力の意味を逃げずにちゃんと理解した方が良い。
>辞書があるから大丈夫。

 辞書や誰かが書いたものばかりに頼りすぎると、自分で考える力が無くなるよ
 特にwikiは、他人が編集してて、問題も含んでる書込みもある。注意書きも読もうね
 辞書に載ってないものも自分で考える能力を養おう
 そういうのを机上論って言うんじゃねーの?


389 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 21:09:55 ID:vVVMx+Pp0
>>377

お前は、自分の隔離スレへ戻れよ。

議論の邪魔だって言われてんだろうが。

390 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 21:36:50 ID:pFSLDGMN0
死刑は少なくとも、無期懲役よりは、抑止力があるな。

なぜなら、死刑判決を不服として上告する人間の方が圧倒的に多いから。

人殺ししたら死刑になるのを承知の上で、人殺した奴らでさえ死刑になるのが嫌なんだから、
死刑があるから、殺人を犯さなかった人間は、世の中に相当いると思う。

391 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 21:42:55 ID:FIPd7b1K0
>>366
>机上論って事ね。

彼は机上論どころか騎乗論。なんせ龍の子太郎だからな。顔面だし。
乗れるものならファルコンでも龍でも何でも乗るよw

392 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:14:40 ID:bwZfwviAO
>>391
そして今は調子に乗っている

393 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:34:47 ID:FIPd7b1K0
吹いてもたw

394 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:36:02 ID:PNVxqbvB0
自演乙

395 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:43:46 ID:r/r8/jox0
もし、本当に地獄というものがあるとしたら、廃止論者は地獄直行だろうね。
教育刑がどうとかという珍妙な詭弁を展開し、凶悪事件の加害者を生かし、
被害者や遺族に、人間のする事とは思えない暴言と中傷、人格攻撃を加えて苦しめ、
挙句、廃止論を正当化する為に、被害者や遺族を利用すらする。
かような蛮行、あの世だろうが、この世だろうが、絶対に許されないだろう。

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:51:55 ID:r/r8/jox0
ちなみに下記が廃止論者が落ちるであろう地獄です。

阿鼻地獄(無間地獄)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E7%8D%84

殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見・犯持戒人、父母殺害・阿羅漢(聖者)殺害。

地獄の最下層に位置する。大きさは前7つより大きく、縦横高さそれぞれ二万由旬。
最下層ゆえ、地獄に落ちるまで、まっ逆さまに(自由落下速度で)落ち続けて到着するまで2000年かかる。
前の7大地獄並びに別処の一切の諸苦を以て一分として、大阿鼻地獄の苦、1000倍もあるという。
剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。
背丈が4由旬、64の目を持ち火を吐く奇怪な鬼がいる。
舌を抜き出されて100本の釘を打たれ、毒や火を吐く虫や大蛇に責めさいなまれ、熱鉄の山を上り下りさせられる。
これまでの地獄さえ、この無間地獄に比べれば夢のような幸福だという。

この無間地獄の寿命の長短は1中劫という。
1中劫とは、この人寿無量歳なりしが100年に一寿を減じ、
また100年に一寿を減ずるほどに、人寿10歳の時に減ずるを一減という。
また10歳より100年に一寿を増し、また100年に一寿を増する程に、8万歳に増するを一増という。
この一増一減の程を小劫として、20の増減を一中劫という。
例えの一例としては、一辺が一由旬の巨大な正方形の石を、100年に一度柔らかな綿で軽く払い、
その繰り返しで石が磨耗、消滅するよりもさらに長い時間だと言われる。
この地獄に堕ちたる者は、これ程久しく無間地獄に住して大苦を受くという。

397 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 22:58:36 ID:bwZfwviAO
地獄がほんとにあるんなら死刑制度なんか廃止したってかまわんけどな。
どうも天国も地獄も無さそうなんで、この世のことはこの世の人間の手で決着をつけてやらんと、被害者が浮かばれんわね。

398 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 23:05:18 ID:pFSLDGMN0
>>397
刑務所を地獄のようにすれば良いのだろうけれど、絶対無理だし、存続派の自分でも人道的とは言えないので賛成できない。

しかし、年末、暖かいところで寝たいからと犯罪を犯す人が多いのもどうかとは思う。

399 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 23:05:45 ID:r/r8/jox0
>>397
もちろん、そうですよ。
まあ、ですから、あくまでも、本当にあったら、の話です。
廃止論者が行っている事は、単なる犯罪加害者の擁護ではなく、
本来なら彼らが受けるべき報いを受けさせないようにするという、
とんでもない犯罪行為なんですよね。
のみならず、被害者や遺族に暴言を吐いたり、中傷したり、
人格攻撃を加えることによって、その罪を更に重ねている。
命を直接的に奪っていないと言うだけで、廃止論者の犯す罪は、
凶悪殺人に匹敵する、ほぼ同等と言って過言でない凶悪なものです。
しかし、とうの本人達にその自覚がないのがなんともはや・・・・。

400 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 23:07:06 ID:kEYid+IC0
市川の関も未成年ってことで
「(死刑になんてなるわけない、無期懲役で)余裕でしょ」と言ってたというからな。
死刑がなくなったら、「余裕でしょ」ってやつが増えてくる。

401 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/01(木) 23:26:16 ID:r/r8/jox0
>>398
犯罪といってもピンきりで、貧しさに負けて仕方なくやったもの、
救い難い凶悪犯罪、この二つの事件の受刑囚を同列には扱えないからな。
実際、更生・矯正による社会復帰が望ましいタイプも居るし。

402 :存置派:2009/10/02(金) 00:15:47 ID:Gr2yiIqP0
>>366
>ただ、死刑では何も解決しない事を知ってるけどね。
ああ、死刑では何も解決しないと「考えている」のではなく、死刑では何も解決しない「事を知ってる」人か。
自分の意見を「個人としての考え」ではなく「知識」にカテゴライズしちゃうような。
…ふむ、つまり君のNPO法人やら弁護士やらというのは、つまりそういう団体というわけだ。
ありがとう。参考になった。

>机上論って事ね。
実務に携わった者、然るべき機関に研究者として迎えられていた人間の書いた書籍を机上論というのなら、そうだね。
尤も、それすら机上論というのなら、凡そ文字のある文明を否定するようなものだが。

>罵倒に聞こえたか? 優しくアドバイスしたつもりなんだが?
成る程、自分の場合は「優しいアドバイス」、他人からの場合は「罵倒」というわけか。
知識や知能の低い人間にありがちな、無自覚なダブルスタンダードだな。
君がもし学生なら一人で出来る職業を目指すべきだ。
通常の企業には君はまず面接で受からないだろうし(そもそも十分な学歴を得られるかも課題だが)、
運良く面接官が病気などで洞察力に障害をきたしており、君を採用したとしても、
すぐに職場で孤立し、かつ君はそれを周囲のせいにして成長の機会を得られないだろう。
…優しいアドバイスだよ。素直に受け止めたまえ。

>だ か ら 、足りないと言ってるんだよ。
だ か ら 、幾ら積み上げても、君の凡庸な視点では君の望む理想には届かないと言っているんだけど。

>その知恵のおかげで犯罪が防げるなら必要だと思うが?
防げる「なら」ね。現実には、その知恵は既に獲得されたものと大差がないがために、犯罪を防げない。よって不要だよ。
一体、君は今まで何人の死刑囚や無期懲役囚が研究され、そのデータが採取されてきたと思っているんだい?

>この教育では、宅間などは正当な人間になるな。
意図的な曲解だね。
同じく意図的な曲解で返すなら、君の求める理想社会は「自分の命を奪われる恐れもなく、他者の生命を奪える社会」
「他者の生命を奪い、かつ自分の命は守ってもらうのが、正常な社会」ということになるんだがねぇ。

403 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 12:19:57 ID:Y9K9p7Zw0
>>400
増えるだろうな。
何しろ、それを待っているのが廃止論者だから。

404 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 17:29:44 ID:o1hsuVoQ0
>>400
七年でひょっこりと芽を出すっていう輩もいたしな。

405 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 20:17:17 ID:VkVvZVsA0
>>400、403、404
何のことか判らなかったんで調べたけど、これのことですか。

市川一家4人惨殺強姦犯 関光彦【当時19歳】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/youth/1224050737/

406 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 20:19:07 ID:VkVvZVsA0
市川一家4人殺人事件
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 市川一家4人殺人事件(いちかわいっか4にんさつじんじけん)は、
 1992年3月5日に千葉県市川市で発生した当時19歳の未成年者による殺人事件である。

 事件の概要
 1992年2月、少年(当時19歳)は、フィリピン人のホステスと性的関係を持ったことにより、
 暴力団関係者から200万円を要求されていた。工面に困った少年は、その数日前に交通事故で
 轢き強姦した女子高校生のA子さん(当時15歳)の家に強盗目的で押し入る事にした。

 3月5日午後4時30分頃、少年は家に押し入り、現金8万円を奪った後A子さんの祖母(当時83歳)を絞殺。
 その後、帰宅したA子さんを監禁し、午後7時頃に帰宅したA子さんの母親(当時36歳)を刺殺。
 A子さんを強姦した後、午後9時頃に帰宅したA子さんの父親の会社社長(当時42歳)を殺害、預金通帳を奪う。
 翌6日午前6時頃、A子さんの妹(当時4歳)を刺殺。

 同日午前9時過ぎ、A子さんの父親の会社から「様子がおかしい」と通報が入り、
 警察官が駆けつけて少年を逮捕し、A子さんを保護した。

 裁判
 1994年8月8日、千葉地裁で少年に死刑判決が言い渡された。
 少年は控訴したが、1996年7月2日に東京高裁は控訴を棄却。
 更に上告するが、2001年12月3日に最高裁で上告が棄却され、死刑が確定した。

 過去に暴行事件や強姦事件(事件実行当日にも別の被害者への強姦事件を起こしている)を起こしていた点、
 逮捕されてから裁判中まで、被疑者の当時の少年には事件を起こしたことに対して
 全く反省した態度が見られない点、A子さんの目の前でA子さんの肉親を殺害したという残虐性、
 警察が踏み込んだ際にA子さんに包丁を持たせ自分が被害者を演じた計画性などが裁判で重く見られた。

 未成年者に死刑が言い渡され、刑が確定するに至ったのは、永山則夫連続射殺事件の永山則夫以来であった。

407 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 20:22:06 ID:VkVvZVsA0
死刑の執行方法って、詳しくは知らないけど、
こういうクズ外道だけは、A子さんに直接仇を取らせてやりたいね。
せめて死刑執行のボタンを直接押させてあげたいわ。

しかし、廃止論者はこういう凶悪犯罪者でも人権があるとのたまい、
相対的終身刑を最高刑にして刑務所から出せと言ってんだよな。
こいつ、もし最高刑が無期で、数十年で出てこれるようだったら、
絶対に再犯するぞ。

408 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 20:51:04 ID:xJSl+nTe0
下記の情報って、本当に参考になるね。
因みにイタリアの殺人事件の発生率は日本の2.5倍。
死刑を廃止したら、マフィアが真の権力者になったということだろうね。

>マフィアはその右派的行動よりもその経済行動に問題がある。
>すでにマフィアはイタリアで巨大な利権を手に入れておりイタリア政財界への影響力が非常に強いことが知られている。
>EUとの経済統合でもイタリアはその問題解決を迫られている。

>極左過激派もマフィアも政府・司法関係者へのテロを行うことが特徴である。
>特にマフィアはマフィアに敢然と立ち向かった裁判官、警察官、検察官、政治家はもちろん犯罪学者までを殺害している。
>1994年の裁判では身の安全を守るため判事が刑務所の独房に入り裁判所に通うという信じられない事態にもなった。
>マフィアの問題は戦前からあったが死刑存置している頃はそのような政府・司法関係者への加害活動はなされていなかったともいわれ、
>死刑復活論の理由のひとつにもなっている。


409 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 21:00:49 ID:vace0Lv/0
廃止派は死刑を廃止すれば市川の事件でも凶悪犯が更生し、
Aさんがいつか笑える日が来るとか思ってるんだろうな。
つかもう加害者どころか自分の人生もどうでもいいぐらい絶望してるだろ。
こう言う鬼畜の人権を主張するような鬼畜は同人種として死刑にするべきだ。

410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 21:14:19 ID:fdrBrCLn0
然るべき→しかるべき
尤も→もっとも
凡そ→おおよそ
成る程→なるほど

存置派君に一言!
別に同じ存置派として言わせてもらうが
こんなのは鼻につくから止めたほうがいいと思う。
いかにも俺は・・・・・的な・・・・・解かるよな?

411 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 22:12:12 ID:EoYCAoCk0
>>410
わかかったよ。

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 23:31:13 ID:E0qyPtKyO
鼻に?
つかんつかん。好きにやればいいじゃん。

413 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/02(金) 23:58:21 ID:ymSb+edb0
>>387
> お願いだから、ウソはつかないでね
あなたのこの屁理屈に誰も突っ込まないのが不思議でしょうがない。
今時の小学生以下だろ、こんなの。
あなたら存置派が「死刑には特別な抑止力があるから死刑は必要」という。
「そんなモノはない」と言っている。 誰にも証明されていないの。
そしたら、このやり取り。 呆れる事ももったいないわ。

以後、スルーで。

>>402
>自分の意見を「個人としての考え」ではなく「知識」にカテゴライズしちゃうような。
そうね。 いろんな人の意見や経験を基に、そんな知識を得た人が多いね。

>尤も、それすら机上論というのなら、凡そ文字のある文明を否定するようなものだが。
あなたの自信満々の断言の根拠が机上論ってのが腑に落ちていないだけ。

>…優しいアドバイスだよ。素直に受け止めたまえ。
たまにある、あなたのこうした指摘が的確なら、少しはあなたの発言も意味があるかも知れんな。
あなたの指摘は、一つたりとも、かすった事すらない。
一応、社会では「成功」している側にいるし、仕事も順調だよ。全てがね。
手がけた仕事が、失敗に終わった事は、これまでのところ無いから。
部下も、常に20〜30人は預けられてるし、人間関係も円滑だから。
あなたの希望的観測による独り言は、俺があなたへ抱く信用を落とすだけのものになってるよ。

>だ か ら 、幾ら積み上げても、君の凡庸な視点では君の望む理想には届かないと言っているんだけど。
あなたの判断など、無意味だと。

>一体、君は今まで何人の死刑囚や無期懲役囚が研究され、そのデータが採取されてきたと思っているんだい?
さあね。
意味のあるデータ、社会に役立つデータ、としたら、殆ど無いんじゃないの?
そんなデータが取れていたなら、社会はもっと変化して然るべきだろうから。

>「他者の生命を奪い、かつ自分の命は守ってもらうのが、正常な社会」ということになるんだがねぇ。
無期や終身刑、長期懲役刑をくらった人間に「守られてる」という認識があると思うか?
一生の時間をかけて償う罰を与えられるんだよ。
何が「守られて」なんだよ。 こういう部分がバカっぽいんだって。

414 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:16:47 ID:QQs19Cxw0
命ってのを除いたのは意識してなの?
それともほんとに意味が理解できてないの?


415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:29:08 ID:EnLaqwly0
廃止派の人はいくら人も殺しても
死刑がないということで犯罪を大きくしてしまう
可能性は、未来永劫1人も絶対に出てこないと
思っていますか?

416 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:29:43 ID:6NvPF1550
>>413
>>「他者の生命を奪い、かつ自分の命は守ってもらうのが、正常な社会」ということになるんだがねぇ。
>無期や終身刑、長期懲役刑をくらった人間に「守られてる」という認識があると思うか?
>一生の時間をかけて償う罰を与えられるんだよ。
>何が「守られて」なんだよ。 こういう部分がバカっぽいんだって。

お前さあ、実際に死刑判決受けた連中は、死刑になって死にたくないから、最高裁まで争うんだろ。
一生償わされる方がマシだと凶悪犯罪者どもは現実に考えてる。
そいつらにとったら生きてるだけで御の字なんだよ。

馬鹿でなく、サイコパスのお前には、一生、理解出来ないだろうけどな。

417 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:41:53 ID:p+ZWXCfY0
>>413
どっちが、バカなんだか 無期や長期懲役刑(終身刑は日本には無いので除外)
を受けている連中は少なくとも命を奪われることはない、その状態を指して
命を守ってもらうって402は表現してるのよ
別に犯罪者を守るなんて話は一切してないし、犯罪者の認識なんて一切関係無し
他人の話を自分の都合のいい部分だけ抜き出して勝手に改ざんする卑怯なやり方
そろそろやめれ

それとこちらからすればお前の判断のほうが無意味、無価値だよ
402の人やら387の人が今までお前に正してやってた話の方がよっぽど意味がある

自分らの考え方が正しくてすべての人間の共通の常識みたいな
傲慢な考えの人間の集まりに参加してるから、ここまで傲慢で独り善がりな
レス書き続けられるのね




418 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:45:15 ID:YefKJZdz0
>>416
>そいつらにとったら生きてるだけで御の字なんだよ。
そして現実には、終身刑や長期懲役刑を食らった囚人は、死刑を望んでいるんだよ。
あなたらの想像以上に、自由を奪われ償う事しか許されない人生は、苦しいんじゃないの?

自分達のちっぽけな想像の世界が現実だと思い込むのは、そろそろ止めたら?

419 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:50:41 ID:p+ZWXCfY0
苦しんで当たり前なんですけど?それを考えない奴らに現実だの言われてもねえ

420 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 00:58:33 ID:YefKJZdz0
>>419
>苦しんで当たり前なんですけど?
だろ?
なら、死よりも辛い罰を与える事に、何か問題でもあるのか?
死ぬまで、苦しみ続ければ良いんだよ。
殺す事で救ってやる必要など、微塵もない。

自分達の感情を満たす為に、殺して救ってるんじゃないの?
生かし続けて、反省させ詫びさせ償いとして残りの人生を生かせば良い。
短期の苦痛を与えて解放するなど、全く、罰にならん。
罰を与える側の視点だろ?存置論って。
罰を受ける側に立てば、死刑など救いにしかならんのだよ。
自分の人生にケつまづいて、一か八かで犯罪を犯した人間を、殺す事で救ってるんじゃないの?
逃げ出そうとした人生を、償いというテーマだけを与えて生かし続ける方が、余程罰に相応しいわ。

421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:14:36 ID:ovIOet6x0
死刑になるくらいの罪を犯した者に対してはね
もう、心からの更生とか望めないし、更生してほしくないって意味もあると思う。
そうなれば、その犯罪者からの視点はどうでもよく、
見てる側、被害者とかその親族とか、もっと言えば国民、
これらの人が如何に納得できるか、が重要なんだと思う。
宅間がそうでしょ?宅間は死にたいと言って犯罪を犯してる。
そんなやつに対しては、苦しめて生かしておくのも罰かもしれないけど
宅間を生かしておくとか、宅間の為に教育するとか、治療するとか・・・
そういうことはどうでもいいんだよ。
見てる側の人間が如何に納得するか。そんなやつは死刑にしてしまえばいい。
それが今まで日本の国民のコンセンサスとして出来ているんだよ。
だから、宅間も死刑でそれで矛盾はなかったと思う。
死刑に相当する罪を犯した者に対しては見てる側の人間を如何に納得させるかというのが重要なんです。

422 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:19:11 ID:yRkmuLXP0
>終身刑や長期懲役刑を食らった囚人は、死刑を望んでいるんだよ。

馬鹿だなぁ。凶悪犯罪を犯すような基地外は出所したら美味いもん食って風俗行く事ぐらいしか
考えてネーよハゲw
反省も糞も無い人間は苦しくも何とも無いんだよw
お前はネーバーランドかディズニーシーでミッキーと戯れてろwww

423 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:20:52 ID:w5HYpWnU0
まあ司法も犯罪者よりも被害者または遺族を優先してほしいね。遺族が望む判決を出してあげればいいんだよ。殺人・強姦は死刑は当然だろ。
その他の犯罪者は刑期を終えたら,ICチップを埋め込んで出獄させればいいんだよ。国民全員がネットで居場所をチェックできるようにね。

424 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:23:11 ID:YefKJZdz0
>>421
>そうなれば、その犯罪者からの視点はどうでもよく、
>見てる側、被害者とかその親族とか、もっと言えば国民、
>これらの人が如何に納得できるか、が重要なんだと思う。
全然、重要ではないから。
刑罰とは、そんな「納得」を得る為に機能させるべき制度ではありませんから。

>死刑に相当する罪を犯した者に対しては見てる側の人間を如何に納得させるかというのが重要なんです。
日本の教育が、とうとうここまで来たか、と思わせる良い例だね。
本気で言ってるとしたら、全国の教育委員会に配布せにゃならんよ。

道理で最近、自己中で常識人には理解できない事件が多発する訳だ。
こんな解釈を野放しにしてたら、秩序が乱れて当然だわな。

425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:24:14 ID:WZjFsVHN0
>>418、420
詭弁吐いてる馬鹿にレスつけたくもないが、
お前が言ってるのは絶対的終身刑の話。相対的終身刑ではない。
相対的の方は、仮釈放という希望があるから、お前が言うような苦しみは味わわない。
あんな生温い刑罰はないだろう。
そしてまともに反省する犯罪者はまずいない。

お前のような廃止論者には贖罪がどうたらなんて話は理解不能だろうがな。
被害者や遺族が犯人を許さなかったら復讐の鬼だと罵倒する廃止論者には。

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:29:37 ID:YefKJZdz0
>>422
>馬鹿だなぁ。凶悪犯罪を犯すような基地外は出所したら美味いもん食って風俗行く事ぐらいしか
>考えてネーよハゲw
あらそう。
なら、二度と出所はない事を教えてあげれば良い。
そんな人間を社会に戻す事の方が、死刑よりも大きな問題だわ。

>>423
>まあ司法も犯罪者よりも被害者または遺族を優先してほしいね
社会が「死刑でなくても許せる」犯罪でも、死刑を宣告する遺族に、どんな対応が待ってるんだろうね?
遺族は、憎しみと世間体の間に挟まれ、さらに苦しみを経験するだろうよ。



427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:35:07 ID:G5xQwZAZ0
>>425
ハンムラビ法典大好き?

428 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:35:32 ID:w5HYpWnU0
死刑反対派の奴は自分の嫁や子供が殺された時も同じことが言えるのか。言えるっていうならそれこそキチガイだな。まあそんな奴には嫁も子供もできないだろーけどな。

429 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:35:42 ID:YefKJZdz0
>>425
>相対的の方は、仮釈放という希望があるから、お前が言うような苦しみは味わわない。
仮釈放の基準や手法が間違ってるってことでしょ?
仮釈放の敷居を高くしてやれば、殺さなくて良いし、社会に戻さなくても良い。
相対的終身刑で、絶対に釈放させなければいけない、という基準が間違いなんでしょ?
社会に戻す事で、危険が生じたり、反省や償いに繋がらないなら、出す必要はないだろ?
何も、殺す事しか手段がない訳ではない。

430 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:39:36 ID:RKT4M1tX0
ID:YefKJZdz0

反論するなら論理的に反論したらどうだ?
バカ丸出しじゃないか

431 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:40:26 ID:pkCqgEf1O
429←廃止論者のくせにまぁまぁいいこというじゃねぇか


頭ごなしに逆らってる存置論者のほうが少々アレにみえるぞ

432 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:42:12 ID:w5HYpWnU0
>>426
>社会が「死刑でなくても許せる」犯罪でも、死刑を宣告する遺族に、どんな対応が待ってるんだろうね?
遺族は、憎しみと世間体の間に挟まれ、さらに苦しみを経験するだろうよ。

家族を殺した犯罪者が生きてる方が苦痛だろ。家族を殺されたら世間体なんか気にしないよ。「死刑でなくても許せる」犯罪なんかないよ。飲酒運転や酒気帯び運転まで死刑でいいだろ。

433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:51:47 ID:YefKJZdz0
>>432
過失でも?
例えば、家で飲んでて、子供が急病になり、呼吸が止まりそうになって、
あわてて病院へ連れて行こうとした際、誤って、近所で強盗を働いた加害者をはねて殺した。
後にこの優しい親は、被害者の遺族から「死刑」と言われた。
社会は、こんな「死刑」をどう受け止めるだろうね?

悔しい判決を受けている遺族が殆どなんだよ。
死刑にしたって、何も得やしない。
遺族が求める事は、事実と真実と心からの謝罪ですよ。
一回で良いから、事件や事故に巻き込まれた被害者や遺族の方々とお会いすれば良い。
話を聞いて、何が問題なのか? 何が癒しにつながるのか? を考えてみれば分かる。

現在の刑罰なんかで、救われている被害者や遺族など、皆無ですから。

434 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:53:05 ID:RKT4M1tX0
>>429
お前の言ってることは、今の無期懲役でほぼ達成されてることなんだがな
なら仮に、100人殺して、従順に反省しきった者に対してはどうすればいいの?
ある程度したら、刑務所を出せばいいの?

435 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:56:47 ID:WZjFsVHN0
>>427、429
全然違うよ。
相対的終身刑では死刑の代替を果たせない。
代替というなら、最低でも絶対的終身刑でなければ意味がない。

>何も、殺す事しか手段がない訳ではない。

処刑以外が手段はない犯罪者も現実にいる。
市川事件の犯人とかな。

お前が被害者の前で犯人を許せといってきたら本物だと認めてやる。
ただし本当にそれを言ってきたらお前はその時点で人間ではない。
だから軽蔑するし、私は被害者に対して申し訳ない気持ちになる。
謝罪どころでは許されない罪を、私も負う事になる。

お前のような浅はかな馬鹿者には、私の言葉の意味が判らないだろう。
そういう馬鹿は贖罪がどうだのと語る資格自体を持ち合わせていない。

436 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 01:59:46 ID:YefKJZdz0
>>434
100人殺した人間を社会に戻せますか?
どんなに反省しても、無理でしょ。
100人に対しての償いが、短い時間で達せられる訳ないと思いますが。
100人殺しておいて、正常な精神を持ってるとは思えないし。



437 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:01:29 ID:5aoESte00
>>433
これって死刑の問題じゃないじゃん
昔からある死刑廃止論者の安い論じ方そのもの

どっかでコテハン使ってる人じゃないんですか?www

438 :存置派:2009/10/03(土) 02:08:24 ID:PRzCcDVB0
>>413
>そうね。 いろんな人の意見や経験を基に、そんな知識を得た人が多いね。
普通は、いろんな人の意見や経験を基にした意見であっても
所詮は自分の意見であり他の考えもありうる、と考える。
それを「知識」としてしまった時点で、意見でも論理でもなく、ただの信仰。

>あなたの自信満々の断言の根拠が机上論ってのが腑に落ちていないだけ。
そうか? 逆に、ある思想に基づき運動をしている弁護士やNPOに会ったり、
犯罪被害者(これも本当にニュートラルな立場の人たちなのかな?)に会うことで
机上論を脱却できる、と考える方がおかしいと思うが。
例えば、馬鹿なNPOの中には「私たちは途上国に行って実際に貧困を眼にした!」と言いながら
解決策は何も言い出さず、また技術教育を含めた貧困への支援も行ってない団体もいるが、
そういうのって役に立つと思う?

>あなたの希望的観測による独り言は、俺があなたへ抱く信用を落とすだけのものになってるよ。
ふむ、君の発言の真偽はともかく、君の企業論もとりあえず俺の現実にかすりもせず、同じ事を起こしている。
…流石に、君と違って、企業家を自称するつもりは無いがね。
ああ、それと。君の業種を教えてくれと言ったつもりだったんだが、業界と役職ぐらいは言ってくれないかな?
それに基づき多少の質問をして、その真偽を確かめてみたいだけだが。

>あなたの判断など、無意味だと。
さて、それでは、そろそろ無意味である根拠を示してくれないかな? 
例えば、君のありきたりな視点から導き出される、新しい治安対策のアイディアなどを。
…よもやそれすらなく、「俺は信じない」「俺には無意味だと思える」っていうだけではあるまいね。

>そんなデータが取れていたなら、社会はもっと変化して然るべきだろうから。
残念ながら、君の示した程度の視点で得られるデータが変えられたのは、現状までだ。
…というより、変えた現状から君の視点が構成されていると言った方が正しいか。

>何が「守られて」なんだよ。 こういう部分がバカっぽいんだって。
刑務所の中というのは、凡そ復讐を願う誰の手も届かない領域だが。
一生の時間をかけて償う罰も、逆に言えば、一生の寝食を保障された生活でもある。
君の価値観とは別の価値観は常に存在する。君の意見は価値観を越えた、共有可能な利益をもたらすものかな?

439 :存置派:2009/10/03(土) 02:14:14 ID:PRzCcDVB0
>>410
IME君に言ってくれ。
…そもそも、尤も以外は漢字の方がよく目にしないか?
漢字の方が、短くて済むし。

440 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:18:02 ID:G5xQwZAZ0
>>425
ハンムラビ法典大好き?

441 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:20:27 ID:5aoESte00
一応、念のために貼っとく

42 名前:観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA [] 投稿日:2009/09/19(土) 16:10:09 ID:dolHss/G0
だが断る
俺は一板に一スレしか顔を出さない主義なので。なんせ5-10のアンカをそれぞれで覚えるの大変だし
というかこのスレを、俺と姐さんの隔離スレにでもすればいいじゃん
で、別スレで「ボクタチ正しいよねー観念がキチガイなんだよねー」(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
とこれまで通りチチクリあってればいい

442 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:21:37 ID:w5HYpWnU0
>>433
>過失でも?
例えば、家で飲んでて、子供が急病になり、呼吸が止まりそうになって、
あわてて病院へ連れて行こうとした際、誤って、近所で強盗を働いた加害者をはねて殺した。
後にこの優しい親は、被害者の遺族から「死刑」と言われた。

 この場合は,跳ねられた強盗犯は死刑として(もう跳ねられて死んでるけど),子供を搬送するために飲酒運転した親も死刑でいいんじゃないの?
要は,悪いことをしたら死刑でいいんですよ。


>悔しい判決を受けている遺族が殆どなんだよ。
 
 だから日本の司法がまちがってるんだよ。

>死刑にしたって、何も得やしない。
遺族が求める事は、事実と真実と心からの謝罪ですよ。
 
  テレビドラマの見過ぎですよ!殺されたものは帰って来ない,謝罪されても。

>一回で良いから、事件や事故に巻き込まれた被害者や遺族の方々とお会いすれば良い。
話を聞いて、何が問題なのか? 何が癒しにつながるのか? を考えてみれば分かる。
 
  話はお聞きしたことがあります。その方は謝罪されても解決にならない。最低でも死をもって償ってほしいと言っておられました。


443 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:22:00 ID:yRkmuLXP0
もう詭弁はうんざりだ。完全に聞き飽きた。
そんなに凶悪犯を救いたいなら自分の金で飼え。日本中の廃止論者集めりゃそこそこの額にはなる。
それこそ塵やホコリ程の負担でなんとかなるさ。そこまで言うなら例え予想を超える額でもなりふり構わず負担してもらうが。
そいつらと共同体でも組んで一緒に暮らせ。四の五の言わず金を出せ。
存置派は一切手を貸すつもりは無い。嫌なら死刑の無い国へどうぞご自由に。

結局廃止派なんて何もしない。最後まで吠えて駄々こねるだけ。ゴネ得、ゴネ得。
気概ってものをまず見せろ。
本当に何とかしたいと思うなら募金でもして終身刑用の費用でも確保しておけ。
出来る事なんて幾らでもある。
お前らは廃止はしたいけど、ちょっとそれは出来ない・・って程度なんだろうが。



444 :存置派:2009/10/03(土) 02:25:31 ID:PRzCcDVB0
>>433
その事例については、社会は「死刑でなくてもいいだろう」と言うだろうし
実際「優しい親」が飲酒でもしてない限り、死刑判決はまず下りないだろうね。

逆に、強盗に押し入った際、偶然、その家の子供が急病で呼吸困難に陥っており、
その子供を「目障りだ」という理由で刺殺した人間がいたら、
その人間に遺族が「死刑」と言っても、社会は賛同するだろうし、おそらく判決もそうなる。

死刑が存在するのは、「遺族が死刑を望んだ場合それに必ず従う」と言う意味ではない。
「それに賛同するかどうかを社会が選択できる」と言う意味だよ。

「遺族が求める事は、事実と真実と心からの謝罪」とするが
俺の知る限り、加害者に反省も悔悟も期待せず死を求めた遺族もいた。
君の言う癒しというものに、加害者の存命は必要不可欠なのかな?

445 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:33:59 ID:YefKJZdz0
>>438
>それを「知識」としてしまった時点で、意見でも論理でもなく、ただの信仰。
その方々の感情は、まぎれもなく、「経験」だよ。
いろんな意見を聞き、自分の経験と照らし、自分の答えを導いてる。
それを否定する事は俺には出来ないし、知りもせず否定する人間を信用したりしない。

>そういうのって役に立つと思う?
さあね。 
表面からしか見てなければ、見えない部分もあるんじゃない?
全てがそうであったら、「役に立つ」とは言えないだろうけど、全体を知っての判断かどうかって話になるな。

>それに基づき多少の質問をして、その真偽を確かめてみたいだけだが。
飲食、飲食のコンサル、卸、農業、販売、で役職は様々だが。

>例えば、君のありきたりな視点から導き出される、新しい治安対策のアイディアなどを。
飽きるほど話し、飽きるほどあなたに否定されてるよ。

>…というより、変えた現状から君の視点が構成されていると言った方が正しいか。
俺が経験した現実では、そういう答えは得られなかったね。

>君の意見は価値観を越えた、共有可能な利益をもたらすものかな?
今のところはね。
今ね、出来る限りの様々な犯罪の加害者の話を集めてもらっている。
人生を台無しにするような刑を受けた人間からは、まだ少数しか回答がないらしい。
それでも、刑務所が「保障」や「安全」と認知してる人間はいないから。
「常に窮地に追い込まれてるようだった」という答えもあった。
「こんな自分を認めたくない」と思いながら生活をしていた受刑者もいる。
今のところ全てに共通しているのが「恐怖」についてだよ。
何が怖いかって、「また、犯罪を犯さなければならないような環境に追い込まれる事」と答えている。
あなたたちは、「個人の問題」というだろう。 でも、違うんだよ。
確かに弱い人間かも知れん。 だからと言って放置したら犠牲者が生まれる。
犯罪を犯そうとする人間を救う事が、被害者を救う事に繋がるんだって。


446 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 02:45:42 ID:YefKJZdz0
>>442
> 話はお聞きしたことがあります。その方は謝罪されても解決にならない。最低でも死をもって償ってほしいと言っておられました。
そうですか。
俺の周りには、一時的にそんな感情に支配される人はいたけど、冷静になれば大抵、違う意見をしてたよ。

>>443
>存置派は一切手を貸すつもりは無い。嫌なら死刑の無い国へどうぞご自由に。
現在の死刑制度は、廃止派の税金も使われているんだが?

>>444
>「それに賛同するかどうかを社会が選択できる」と言う意味だよ。
そんな曖昧な話ではない。 存置派の極論を議論してるんだよ。
勝手に流れを変えないでもらえるか?

>君の言う癒しというものに、加害者の存命は必要不可欠なのかな?
修復的司法の成功例をみれば、不可欠だわな。


447 :義人:2009/10/03(土) 02:52:27 ID:E6Yba+Nk0
>>445
>何が怖いかって、「また、犯罪を犯さなければならないような環境に追い込まれる事」と答えている。
あなたたちは、「個人の問題」というだろう。 でも、違うんだよ。
確かに弱い人間かも知れん。 だからと言って放置したら犠牲者が生まれる。
犯罪を犯そうとする人間を救う事が、被害者を救う事に繋がるんだって

ふざけるんじゃない、どれだけ甘えれば気が済むんだ加害者は。
環境や社会のせいにばかりしてるからダメなんだよ。
そいつらは自分ができるかぎりの努力をほんとにしてきたのか?そんなのはそいつらにしかわからんし、
そういう環境にいるやつらが全部犯罪を犯してるのかといったら絶対に違うハズだ。
ようするにどんな環境にいようとそれを選択したのは加害者なんだよ、だからどんな言い訳も聞くきはない。
ただただ、罪を償えばいい。

あとな犯罪を犯そうとする人間を救うくらいならな、犯してない善良な市民にその力を注げよ!

自分は存置でも、廃止でもなく上位刑を望んでる者だから過激なこと言ってるかもしれんが、
おまえさんの考え方や論理は全く持って理解できないし、元犯罪者なんじゃないかと思ってしまうよ。

448 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 03:00:49 ID:YefKJZdz0
>>447
>あとな犯罪を犯そうとする人間を救うくらいならな、犯してない善良な市民にその力を注げよ!
冷静になれよ。
「犯罪を犯そうとする人間」って、犯罪を犯してないんだから「善良な市民」になるんだが?

>おまえさんの考え方や論理は全く持って理解できないし、元犯罪者なんじゃないかと思ってしまうよ。
前科はありませんので。
例えば殺人を犯す人。
あなたのように「理解できない相手」に殺意を抱いたりするもんですよ。敵意むき出しで。
俺はあなたを理解できるよ。 可哀そうだとさえ思える。
あなたのように善悪を分け、自分は善側と信じて疑わないような人間が危険なんだよ。


449 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 03:02:46 ID:4va7cXXD0
>>445
> それでも、刑務所が「保障」や「安全」と認知してる人間はいないから。
> 「常に窮地に追い込まれてるようだった」という答えもあった。
> 「こんな自分を認めたくない」と思いながら生活をしていた受刑者もいる。
> 今のところ全てに共通しているのが「恐怖」についてだよ。
> 何が怖いかって、「また、犯罪を犯さなければならないような環境に追い込まれる事」と答えている。

お前の理屈だと、それは受刑者の意思ではなく環境がそう思わせたり答えさせてんだろ?
なにしろ人間の意思ではなく環境が犯行を犯させてんだから。


450 :義人:2009/10/03(土) 03:10:52 ID:E6Yba+Nk0
>>448
おいおい、文脈も読めないのか?
「犯罪を犯そうとする人間」ってのはおまえさんが>>445で語った、受刑者の話からとったわけだが。
というより、わざとやってるだろ。詭弁を弄するために。

それとな、いつ俺が自分のことを善良だと言った?
過激な意見だと言うことは自分で分かってる。だけどな今の加害者擁護の司法には納得できないから
こういう考えを持つようになっただけだ。

おまえさんには言いたいことが色々あるがまた、どこかの文だけを抜き出して詭弁を弄する気なんだろ?
いいかげんにしろよ! 本音でぶつかってこい、体の良い偽善者ぶった話はもう聞き飽きたよ。

451 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 03:13:03 ID:VyZCN5I20
かんねーーーーーん

452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 03:16:12 ID:yRkmuLXP0
>現在の死刑制度は、廃止派の税金も使われているんだが?

それが一体どうした?
結局それを理由に終身刑にかかる募金は拒否か?
お前らは常に余計な面倒を嫌い駄々こねてるだけ。
心の底から救いたいと思えばそんな事は関係ない例え周囲に止められようとも募金を止めない、ぐらいの
気概はないのか?
自分たちから身銭を切り社会全体を牽引しようとは思わないのか?
存続派も、せーので同時じゃないとやりたくありません。ってか?
永久に駄々捏ねてろ。


453 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 03:20:37 ID:W+pVvRj30
>>446
修復的司法が上手くいくケースは比較的罪の軽いものではないでしょうか?
ブランクのいうように報復的司法と相反するものではなく
凶悪犯罪のようなものに対して論じるのはかなりの無理があると思います。
多分、プロ市民的な方で上から教えられたことを宗教のように盲目的に信じられてるだけでは?
あなたのレスを読んでいると「反省するものは出してやれ、しないものは一生閉じ込めろ」と
読めるのですが、それで被害者側の感情がおさまると思いますか?
ただ、宗教のように難しい教義を理解も出来ず信じている人たちと同等に思えるのですが。

454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 04:10:24 ID:6x9+quoK0
まあほとんどの受刑者は「反省してるふり」して早期釈放を目論んでるだけどな。

455 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 06:55:00 ID:qMeNMwfWO
殺人罪は修復不可能な罪だから修復的司法の正義は妥当ではない。
修復的司法の限界を超える罪だと言える。


456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 07:29:48 ID:gZXXWPBZO
俺が徹夜で原稿あげてる時に、おまえらときたらプロ市民臭いヤツ相手に楽しそうに……

457 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 08:39:55 ID:UND+N1H10
>>454
それは、本当。
以前、刑務所に服役していた人から聞いた事がある。
祥月命日には、殺人者はお線香を上げることになっている。
加害者は、その件をおどけて笑いながら話していたそうだ。
遺族が知ったら頭にくるだろうから、書きたくなかったけど、
千葉景子みたいのが法務大臣になったから敢て書くよ。

458 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 08:49:20 ID:lBOVGx7x0
若干スレの本意からズレますが一言だけ。@
今回民主党が政権を獲りましたね。
その中で無駄を無くすことを表明しております。
これは私も同感です。
そこで、現在死刑囚として100名前後収監
されておりますが法律では死刑が確定後6ヶ月
以内に執行することになっていますが、実際には
刑が執行されず何年、十数年、場合によっては
刑務所で人生を終える(終身刑同様)のケース
もかなり、あるようです。そういう場合たいてい
再審請求されて却下されたが冤罪くさいので
執行せず・・・って終身刑扱いにしてるみたいです。
でも法治国家としてこれで良いのでしょうか?

459 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 08:50:05 ID:lBOVGx7x0
若干スレの本意からズレますが一言だけ。A
問題は法治国家として法律上の問題と囚人
1人当たり1ヶ月3万円程度経費が掛かるということです。
つまり1ヶ月300万、1年で3千6百万税金を投入
するっていうことです。つまり現在の執行率からいくと
ほぼこの経費は毎年掛かるってことです。
今回政権交代で法務大臣が代わりましたので
是非刑が確定して6ヶ月経過したものは速やかに
執行していただきたいものです。
ただ気になるのは今回の大臣は筋金入りの
死刑廃止論者で刑の執行は慎重・・・・って
明言しています。これって党の方針と相反したもの
ですよね?


460 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 08:51:01 ID:lBOVGx7x0
若干スレの本意からズレますが一言だけ。B
もし大臣が担当期間(4年任期として)執行を停止
した場合。4年x3千6百万円=1億4千万程度無条件
に税金が投入されるということです。
まさか、そのような矛盾したことが行われるはずは無いと
確信しますが、そのような無駄な税金が投入されないよう
しっかり監督していきましょう。
死刑制度廃止の議論は自由ですがこの国が法治国家
であることを忘れないで、いただきたいものですよね。

461 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 08:51:58 ID:YefKJZdz0
>>452
>結局それを理由に終身刑にかかる募金は拒否か?
まずは、自分で言った事を自分でやってから人に言えと。
自分はやらんが、他人はやれって、どんだけご都合主義なんだよ。

>>450
>というより、わざとやってるだろ。詭弁を弄するために。
無意味ですよ。

>それとな、いつ俺が自分のことを善良だと言った?
理解できない自分は正常で、理解できない相手は元犯罪者なんだろ?

>本音でぶつかってこい、体の良い偽善者ぶった話はもう聞き飽きたよ。
全て本音ですが?

>>453
>修復的司法が上手くいくケースは比較的罪の軽いものではないでしょうか?
米の例などを参考にしてみたら?

462 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 09:21:56 ID:lBOVGx7x0
あのさ、いろいろ議論するのは良いんだけどさ?
何のために法改正(死刑制度廃止)するのか?
ってポイントが、全く見えてこないんだよね?
国民にとって、それが良いこと、メリットがある
ってのが前提だろ?違うかい?
だからさ、廃止派の人らは合理的理由を
述べてキッチリ国民にとってのメリットを示せば
良いんじゃない?
何かさ、加害者のことグダグダ書き連ねて
可哀想だ、反省してる・・・・ってw。
感情論で訴えてるけどさ?
感情論で国の法律は変わらんし、
感情論持ち出すなら被害者遺族側の
意見や主張も同時に載せて判断させないと
不公平だし不愉快なだけだけど?
悪いけど、感情論で言えば絶対被害者遺族が
優先だし考慮されるべきだよ。
何故?わかりきってるやん、加害者が刑罰
を受けるのは”自業自得”であることを
忘れてはいけない。
もっと、発展的に議論しようよ!

463 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 09:24:32 ID:YefKJZdz0
>>462
>もっと、発展的に議論しようよ!
まずは、このスレだけでも頭から読んだら?

464 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 09:30:17 ID:TmiGIXQ00
廃止論者

 @論理的思考のできない、あるいは極端に苦手な人。

 A自己顕示欲に満ち、反対のための反対を好む人。

 B決して自分の手を汚すことなく、全ての紛争が解決すると思っている人。

 C欧米にひどいコンプレックスを抱いている人。

 D詭弁を使うことに長け、論理ではなく揚げ足取りが得意な人。

 Gいつか自分が凶悪犯になると思っている人。

 F税金は使い放題で無尽蔵と思っている金銭感覚のない人。

 G暴力的、あるいは文化的テロを目論んでいる宗教の信者。

 H何かのトラウマにより正常な判断ができなくなった人。

こんなところかな?


465 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 09:37:25 ID:dHO6nKM80
千葉法相って死刑反対派だよね。
それをあえて任命したって事は、最高裁判事にもメスを入れると思うんだけど。

法律上・慣例上の最高裁判所長官・判事の指名・任命って
実務上はどういう形で行っているものなの?
地上・国U憲法レベルの知識しか無いから、その辺教えてほしい。

民主党の政策と判例と大きく食い違っているから、
民主党としてはそれなりに大きな判例改革を推進したいはず。

一票の格差問題では最高裁がリベラル判決出してきたけど。
どうなんでしょう?

466 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 10:08:30 ID:gZXXWPBZO
>>464
I 自分という小さな存在に耐えられず、なにか大きな社会運動に関わることによって自己を肯定しようとした、一種のナルシスト。

467 :存置派:2009/10/03(土) 10:22:13 ID:PRzCcDVB0
>>446
>いろんな意見を聞き、自分の経験と照らし、自分の答えを導いてる。
ならば「と知っている」なんて書き方は止めてあげるべきだな。
おそらく当人が一番嫌う書き方だろうよ。
>それを否定する事は俺には出来ないし、知りもせず否定する人間を信用したりしない。
…何か、君は誤解してるようだが、君の信用は別に何のバロメーターにもならないのだが。

>全てがそうであったら、「役に立つ」とは言えないだろうけど、全体を知っての判断かどうかって話になるな。
その視点で行けば、何が本当に役に立っているかはわからないだろうな。
死刑廃止論者が

>飲食、飲食のコンサル、卸、農業、販売、で役職は様々だが。
へぇ、なるほど。では、その中で、クレームが成功に役立った体験をぼかしてもいいので話してくれるかな?
もちろんそのクレームは、君が今まで呈してきたような、ありふれた内容で且つ専門的見地のないもので、だ。

>飽きるほど話し、飽きるほどあなたに否定されてるよ。
おいおい、まさか今までのがアイディアと言えると思ってないだろうね。
君の部下が「勉強して生かします」というだけの企画書を持ってきたら、それを企画として検討するかい?

>確かに弱い人間かも知れん。 だからと言って放置したら犠牲者が生まれる。
更生させても、殺しても、再犯の犠牲者は生まれんよ。
前者の方がコストの問題と、何より更生の失敗という可能性で劣っているが。
それと「集めてもらっている」そうだが、集め方は相当に工夫をしたほうがいい。
死刑の存廃を問わず、そもそも一定のイデオロギーを丸出しにしている団体に回答するのは、イデオロギーに共鳴する人間だけだ。
例えば、君が「右翼だ」と認識するような団体の質問に律儀に回答する人間の票を以って
日本人の韓国との関係者による韓国への感情を論じても、君は胡散臭いと思うだろう?

>勝手に流れを変えないでもらえるか?
極論に極論を加えても意味は無いと思うが。
まぁ、元々俺は遺族感情を判決に反映すべきと思ってはいないが、その極論で廃止を訴えられても興ざめなので口を挟んだだけだ。

>修復的司法の成功例をみれば、不可欠だわな。
修復的司法を行うメリットは遺族側にある? 他の軽微な犯罪と違い、この場合の遺族側の回復はあくまで精神的なものだ。
そこで、加害者の死を最上とするか、加害者の謝罪を最上とするかは個人によるだろう。
よもや以前、死刑を肯定する価値観の持ち主を「教育」するといったように、
今度は「謝罪を最上とするように遺族を『教育』する」とまでは言うまい?

468 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 10:37:08 ID:UND+N1H10
>>459
一人当たり年間250万円ぐらいだったはず。

安ホテルに宿泊させるのと違って、逃亡を防ぐ施設、厳重な警備を給料の高い公務員が行うのだから、当然高コスト。

469 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 11:23:01 ID:gZXXWPBZO
ゴメンで済むなら警察はいらない

470 :義人:2009/10/03(土) 12:01:54 ID:E6Yba+Nk0
>>461
おまえさんは本当にいちいちひねくれてんなぁ。
ホントに管理職にいるのか?だとしたらその部下も会社も可哀想に思えてきたよ。

それでまったく俺の質問に答えてくれないのは、なんでなんだ?
自身の意志で殺人や強姦殺人を犯したやつらに、なぜそれ以外の人々が
環境や社会が悪かったねといって涙して、あまつさえ最低限生活できるだけの金を払わなけりゃならないんだ?
おまえさんの意見を聞いてると加害者の事ばかりしか見えてこない。いいか?重要なのは被害者や遺族の方なんだよ、それをまずは考えろ

そして俺のように善悪を分けたらのなんたらかんたらの、おまえさんの話だがな
殺人や強姦殺人の加害者と、俺(もちろん前科はない)をこの日本で見た場合にかぎるなら、
俺が善でなんら間違いないと思うが、そこはどうなんだ?

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 12:13:58 ID:UND+N1H10
>>464
J 鉄砲玉が必要なヤクザ、新興宗教、政治家、結社の親玉。

472 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 12:27:09 ID:QlmT81zAO
死刑は必要だと思う。
確実に殺意があった反抗に関しては被害者(殺害された人)が1人だったとしても死刑にするべきだし、今の死刑が簡易過ぎるから犯罪者を増やす原因にもなってると思う。

473 :[名無し]さん(bin+cue).rar:2009/10/03(土) 12:33:36 ID:p4efoRtU0
■あいの日記

◆アーモンド小魚の小魚は 片口鰯らしいよ。
2009/10/02 06:52

峰不二子になりたい今日このごろ。

はい

あいちゃんです。


ぐっもーにーん。


朝方にアーモンド小魚食べてます。


おいしいです。

おいしすぎます。

やめられません。




ドンキでのお菓子大量買いがやめられません。

おそらく太客です。





お魚さんが歯につまりました。

念入りに歯みがきをしてから寝たいと思います。


それでは。


おやすみなさい

474 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 13:29:05 ID:YefKJZdz0
>>467
>君の信用は別に何のバロメーターにもならないのだが。
あまりにも信用がない相手にレスを返す事はなくなるが。

>その視点で行けば、何が本当に役に立っているかはわからないだろうな。
上辺だけでは判断したくないんでね。

>クレームが成功に役立った体験をぼかしてもいいので話してくれるかな?
例えば、農。 全くと言って良い程の赤字経営をしてた生産者にクレームが届いた。
種類、品質、値段、全てにおいてと言っていいくらいのクレームだよ。
相手はもちろん、農業ののの字も知らないようなど素人。
今までは全く相手にしなかった生産者だったが、そのクレームを基に、大改革をしたら、
今ではその頃の4倍から5倍の収入になってるよ。
異業種からのクレーム、消費者からのクレーム、いろんなクレームが彼を救った良い例だ。
真摯に受け止め、変わる事を受け入れなかったら、現在も出稼ぎに行き、極貧生活だったろうよ。

>君の部下が「勉強して生かします」というだけの企画書を持ってきたら、それを企画として検討するかい?
頭ごなしには否定せず、形になるまで協力するな、たぶん。
ここには、否定派しかいないからな。 考える事は微塵もせず、否定の為の否定に終始する。
そんな非建設的な人間相手にデモはしないよ、もうね。

>前者の方がコストの問題と、何より更生の失敗という可能性で劣っているが。
コストの為に人間を殺す事も、失敗を前提に努力を放棄して人間を殺すことにも反対だよ。

>極論に極論を加えても意味は無いと思うが。
極論のバカらしさが露呈されれば、それで良い。

>修復的司法を行うメリットは遺族側にある? 他の軽微な犯罪と違い、この場合の遺族側の回復はあくまで精神的なものだ。
あるよ。
死刑支持者が修復的司法を施され、死刑反対派になった人間は少なくないから。
米の死刑反対団体の大勢は、事件の被害者や遺族から構成されている。


475 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 13:35:04 ID:YefKJZdz0
>>470
>それでまったく俺の質問に答えてくれないのは、なんでなんだ?
どこにどんな質問があるんだ?

>環境や社会が悪かったねといって涙して、あまつさえ最低限生活できるだけの金を払わなけりゃならないんだ?
誰がそんな事言ってんの?

>いいか?重要なのは被害者や遺族の方なんだよ、それをまずは考えろ
重要なのは、社会の安全だ。

>俺が善でなんら間違いないと思うが、そこはどうなんだ?
なんだ? この返し。
「いつ自分で善って言った?」などと言っておいて、開き直りか?
あなたの勝手な思い込みによる善悪の定義など、危険でしかあり得ないと言っている。
勝手なレッテル貼りまくって、自分の犯した犯罪を正当化する犯罪者のようだよ。

476 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 13:53:23 ID:pXRuNmbk0
まぁ、プロ市民だな。
修復的司法=共産主義みたいなものだ。
共産主義で世の中はすべてお花畑になりますみたいな論理。
「少ないない」とか「大勢」とか、そういう言い方もその種の人らがよく使う表現。

477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 14:02:29 ID:G+5y9BFF0
プロ市民というより得体の知れない何かに憑りつかれた精神病患者だろ

478 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 14:04:38 ID:olUzEinu0
>>476
いや、匿名掲示板でここまで自分自身を美化して発言する意味がプロ市民には無いだろ。
単に自分が気持ちよくなりたいだけのお花畑だと思うよ。

479 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 15:09:19 ID:gZXXWPBZO
プロ市民だと思う。
「事件の被害者遺族が修復的司法を施されて死刑廃止派になった」なんて話しを素晴らしいもののように語るあたりがプロ市民臭い。
常識的に考えてそこは「洗脳された」と思うものだ。
自分自身が被害者遺族と同じ立場に立たない限り、自分がいかに残酷なことを口にしているか、永久に気づかないんだろうな。


480 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 15:47:04 ID:t7s32XQy0
>>457
思うんだけど、殺人で加害者が反省するケースって、
被害者が血縁者か関係の深い人物というケースに限定される気がする。
相手の事をよく知っていて、人間であるときちんと認識できていて、
それで申し訳ないという気持ちが芽生えるからこそ、
反省もするし、贖罪の念も持つのだろうね。
赤の他人をいきなり犯罪に巻き込んで殺すような人でなしは、
強盗殺人なんか顕著だけど、何があっても絶対に反省しないと思う。
もともと自己中心的で犯罪を引き起こしてる奴らだから。
反省できるタイプの奴は、基本的に相手を思いやる気持ちがあるわけで、
そういう人は犯罪を起こすより自殺してしまうケースが多そう。

481 :存置派:2009/10/03(土) 15:47:54 ID:PRzCcDVB0
>>474
>あまりにも信用がない相手にレスを返す事はなくなるが。
その人間の信用を傷つけるような表現をしているのは君なのに? おやおや、それは困ったな。
夢見がちな学生の目を覚まさせてやるのは年長者の使命と思っているのに、
自分の世界に閉じこもられてしまっては面白くない。

>上辺だけでは判断したくないんでね。
ふむ、例えばある社会党党員が知事になった際、散々ばら撒きをやったのだが
マスコミはその負債について何も報道せず、次の知事にあたかも責任があるかのように報道するように、かな?

>相手はもちろん、農業ののの字も知らないようなど素人。
ただの消費者かね? それとも流通等の異業種の関係者? 小売業者かな?
また、そのクレームには農法についての指示があったかな?

>考える事は微塵もせず、否定の為の否定に終始する。
それは当然だ。君の発言が事実なら、君は部下の指導で給料を貰っているのだが
ここにいる人間は原則として君に協力してあげる義務は無い。
そして君は「勉強して生かします」だけで形の無い企画書のまま会議でプレゼンをしているようなものだ。
否定されないはずが無いと思わないかい?

>コストの為に人間を殺す事も、失敗を前提に努力を放棄して人間を殺すことにも反対だよ。
素晴らしい倫理観だ! そこで生じたコストのために死ぬ人間や、失敗で死ぬ人間の命を盛大に無視するセクショナリズムだね。
でも、せめて、手向けの言葉ぐらいは送ってくれないかな? 彼らも犯罪者と同じ人間なんだから。

>死刑支持者が修復的司法を施され、死刑反対派になった人間は少なくないから。
おや。俺の記憶では修復的司法における犯人との面会の最低条件に、遺族の同意は含まれていたはずなんだが。
本当にその人間は「死刑支持者」だったのかい? 
それと転向の時期を知りたいね。キツネとブドウの話は知っているだろう?

482 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 17:37:12 ID:yRkmuLXP0
>>461
こちらは終身刑などに興味は無い。お前ら廃止派が死刑廃止したいんだろうが?基地外。
このまま余裕で存置だからな。これまで通りで構わん。

んでなぜだ?何で、分かった非力ながらそう言う活動もして行こうと思う。と言えんのだ?
一向に本気度が伝わらん。不思議でしょうがない。延々と逃げ口実を重ねるだけ。
それが伝わればこのスレの存置派でも心打たれ手を貸そうと言う奴だって出てくるかもしれん。
その程度で本当に死刑制度が廃止できると思っているのか?本当に加害者を更生させられる
システムが出来ると思っているのか?

生半可な気持ちで考えるなよ。お前ら人権屋や廃止派が本気でなくて誰が本気になる?
お前らが加害者以上の気持ちが無けりゃお馬鹿加害者どもは更生などせんぞ。
お前らにはお前らの生活の中で限界があり、存置派にも加害者の程度によって限界がある。
いつの日か死刑が無くなりお前らに凶悪犯の教育を任せた場合自身を持てるんだろうな?
被害者遺族が加害者の更生を信じ待ち続けたが結局なんの贖罪の念も引き出せないまま獄中死なんて
事は絶対無いんだな?遺族も加害者も永遠に生き続けるわけじゃない。リミットはある。当然限界がある。
結局殺しておけば良かったなんてオチでどう責任取るつもりだ?糞虫よ


483 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 21:04:16 ID:ch4+WBHf0
>>413
>> お願いだから、ウソはつかないでね
>あなたのこの屁理屈に誰も突っ込まないのが不思議でしょうがない。

突っ込めてないから、意見が崩れないんじゃね?
廃止派であるオマエの突っ込みもショボイ・・・

>今時の小学生以下だろ、こんなの。
>あなたら存置派が「死刑には特別な抑止力があるから死刑は必要」という。
>「そんなモノはない」と言っている。 誰にも証明されていないの。

ただ言ってるだけで、「そんなモノはない」の理由になってないんだよ
あくまで、統計的に他の刑罰との違いを見出すことが証明されてないだけだろ?
そんな証明は、死刑以外の刑罰でもなされて無い。
「他の刑罰と同等とみなす証明は?」というハナシの意味が理解できないみたいだな
再犯が0ですら、管理体制の問題とか言って逃げまくってるし・・・
証明されなかったら無いことにしてるだけのご都合主義以外のなにものでもない
思考ストップして、低脳ってことを宣伝してるだけだろ

あと、その妄想の統計的以外の論理的な理由は?
どっかの低脳みたいに、犯行時の心理状況だけをみて、刑罰に意味が無いとか言い出すつもり?
何より、論理的な理由が全く示せてないことに気付いてるか?

>そしたら、このやり取り。 呆れる事ももったいないわ。
>以後、スルーで。

結局、オマエの応対って、このレベル・・・
まず会話や議論が出来るように訓練しよう。
次に、具体論と実現性を述べて明確に理由を述べる訓練をしよう
ぐらいに言ってみても逃げ出すのか?情けないヤツだなw

ところで、
>勝手な妄想で決めつけ、結論を出さない。ーーー 証拠も出さずに、自分の意見をとおす
>罵倒しない。 ーーーーーーーーーーーーーーー 小学生以下、呆れることももったいない等
>相手の質問には、極力答える。ーーーーーーーー 答える質問を選り好み、スルー
で、相変わらずに自分の言った事もスルーは見事だなwどこまで逃げ続けるんだ?w

あと横レスだが、
>一応、社会では「成功」している側にいるし、仕事も順調だよ。全てがね。
>手がけた仕事が、失敗に終わった事は、これまでのところ無いから。
>部下も、常に20〜30人は預けられてるし、人間関係も円滑だから。
>あなたの希望的観測による独り言は、俺があなたへ抱く信用を落とすだけのものになってるよ。

には、激ワロタwww
他人を部下に見立てて、会話も議論も説得も納得もさせる能力もない
としか、他人には思われてないよw
人間関係円滑プゲラ乙w


484 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 21:06:23 ID:ch4+WBHf0
>>420
罰を受ける側に立てば、死刑など救いにしかならんのだよ。
自分の人生にケつまづいて、一か八かで犯罪を犯した人間を、殺す事で救ってるんじゃないの?
逃げ出そうとした人生を、償いというテーマだけを与えて生かし続ける方が、余程罰に相応しいわ。

勝手な妄想好きのようだが、じゃ死刑で救ってやってもよくね?
もっとつらい拷問刑や絶対的終身刑を創設するべきというハナシには聞こえても、
死刑の廃止理由にカスリもしてないな

>>424
>全然、重要ではないから。
>刑罰とは、そんな「納得」を得る為に機能させるべき制度ではありませんから。

じゃ、オマエが納得がいかないから死刑廃止とか言うなよw

>>429
>社会に戻す事で、危険が生じたり、反省や償いに繋がらないなら、出す必要はないだろ?
>何も、殺す事しか手段がない訳ではない。

エラソウに言う前に具体的な手段と実現可能な運用手法を示せよ
年間30件起きてる殺人の再犯を具体的にどうするんだ?
絶対的終身刑の導入を叫ぶなら、そっちがハナシとして先
現在、絶対的終身刑は根付かないというのが、廃止国でも共通認識
理想論は脳内だけでヤレ

485 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 21:07:17 ID:ch4+WBHf0
>>433
>悔しい判決を受けている遺族が殆どなんだよ。
>死刑にしたって、何も得やしない。
>遺族が求める事は、事実と真実と心からの謝罪ですよ。

最低のバカだな、ヒドぎ。オマエごときが、勝手に遺族感情を決め付けるな。本音は、
謝罪なんか欲しくないし、顔も見たくないんだよ、なにより被害を弁済しろというのが、普通の感情。
オマエの言う意味の無い謝罪が償いになる、とかゴミみたい意見は最低すぎる
ただ、態度として、反省や謝罪するのが当たり前なだけ
その当たり前もできない人間のゴミがいる事実を無視して、
オマエだけの理想論なんか語るんじゃねーよ
他人の税金使って、生かして、謝罪の意味もよく考えないくせに、
まず、オマエが現在の無期懲役者に全て反省させ、
全ての遺族に納得いく謝罪をさせる事が、出来るようになってから妄想は言えよ

>一回で良いから、事件や事故に巻き込まれた被害者や遺族の方々とお会いすれば良い。
>話を聞いて、何が問題なのか? 何が癒しにつながるのか? を考えてみれば分かる。

オマエ、真剣に向き合ったことないだろ?メチャクチャ偉そうだな
いくら部外者でも、そんな最低な態度だと、遺族に恨まれかねんぞ
最低の遺族感情無視+決め付けをするなよ、
オマエは間違いなく、最低の部類の死刑廃止論者

遺族っていうのは、事実を知りたくても、本来は加害者の顔も見たくないんだよ
犯罪者だけが生きて笑えることがムカツクし、その金を税金で出してることも納得できないの
また、そんな思いをするのは、現在の遺族だけで充分と考えて、
抑止力や規範の意味で死刑を望む
低脳だけならまだしも無神経すぎるキチガイだな

>現在の刑罰なんかで、救われている被害者や遺族など、皆無ですから。

社会のゴミが、無神経で最低な決め付けするなよ

>>446
意味の無い、一、二行煽りレスになってるぞw
妄想で決め付けずに、相手の質問に極力答えてやれよ


486 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 21:16:25 ID:YrGsMHM80
プロ市民の人はゆとりだから話にならないよ。
たまたまいた犯罪被害者が「加害者のことを死刑にしないで」
と言った稀有な例をすべてだと思い込んでるだけだから。

487 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 22:47:32 ID:UND+N1H10
人間にはチャンスは平等に与えられるべきだろうが、
結果についてまで全く平等を主張するのは可笑しいよね。

酒を浴びるように飲み続けたら、肝硬変で死ぬ事になっても、酒造メーカーを人殺しだと非難する人はいない。
ヘビースモーカーが、肺がんになっても、タバコ会社を殺人罪で訴える人はいない。
スピード違反で交通事故を起こして死亡しても、自動車メーカーを人殺しだと訴える遺族っていない。

死刑があるのを承知の上で、凶悪犯罪を敢行して死刑になった人だけが特別扱いされるのは、
どう考えてもアンバランスだと思うけど。

普通に考えれば、凶悪犯罪で死刑になる年間10人程度の人たちより、
酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎ、スピードの出しすぎで亡くなった人たちのほうが、
圧倒的に人数も多いし、又、同情されるべきだと思う。

死刑廃止論者達は、禁酒法とか、タバコ廃絶運動とか、車のスピード制限を30km以下にする運動とかしないの?

488 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 22:51:36 ID:pkCqgEf1O
ヒドいな‥ここの存置論者
凶暴な輩の集まりのようだ

489 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 22:57:31 ID:p+ZWXCfY0
>>487
そういう話すると奴がまた騒ぐぞ極論極論って自分のことは
棚に上げて嬉しそうに存置の極論がどうのこうのってね

490 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 23:52:16 ID:gZXXWPBZO
>>488
存置派の凶暴さに対抗する為には、きみら廃止論者も数を集めないといけないな。
ホラ、ぐずぐずしてないでさっさと集めなよ。

491 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/03(土) 23:59:45 ID:UND+N1H10
>>489
極論じゃないと思うけどな?

死刑が国家による殺人という定義に従えば、喫煙による肺がんは、JTによる大量殺人だよ。
「喫煙はあなたにとって肺がんの原因の一つとなります」
なんて注意書き程度で許されるもんじゃない。

死刑という法律があって、それに従って死刑を執行することが国家による殺人だったら、
JTなんて間違いなく大量殺人会社だよ。

案外、廃止論者の勤め先がJTだったら笑える。

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 01:08:52 ID:Uo69lTgk0
こんなところで死刑で殺すななんて発狂して効率の悪い事やるぐらいならヤクザの事務所で
都合の悪い人間を殺すなとご高説たれた方が早い。
過去に凶悪犯罪を犯した奴に言うのもグッドだな。性犯罪者や精神病患者も。
しっかしまあ絶対こう言う本当に意義のある事はやらんねぇ彼らは。

動物愛護団体のグリーンピースとかもそうだけど戦争で犠牲になってる本当の意味で守るべき人間と言う動物は
華麗にスルーだしな。武力行使もじさない割には紛争地帯はNGと。
廃止派ともどもこれらの偽善団体はお見事!の一言。

493 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 01:10:26 ID:Uo69lTgk0
あ、もちろん戦争で犠牲になってる民間人の話ね。

494 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 01:41:28 ID:GRPAywdJ0
>>492
お前馬鹿だろ?
日本という先進国(自称)による死刑と、ヤクザの私刑を同列に捉えてるのか?
日本が民度ヒクー、なら別に何やっても不思議じゃないし、文句も言わんさ
でも一応先進国ヅラしてるから、それなりのこと言ってやってるだけさ

495 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 02:00:50 ID:fHqyM5AD0
だから>>421が結論
死刑を受刑者のために行うと考えるから矛盾が出てくる。
例えば、葬式は死者のためにするわけではない。
死んだことを生きてる者が葬式によって知らしめるためにやる。
同様に死刑は世間が納得するために行う儀式であると思えば矛盾はない。

496 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 02:08:07 ID:GRPAywdJ0
>>495
オマイみたいのをハンムラビ法典原理主義者って言うんだよ

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 02:13:19 ID:SC8Qkkqi0
>>496
死刑抑止論なんていうのは普通にあることだから
ハムラビ法典でもなんでもないの。
てか、揚げ足ばっかりとってるんだったら自分の意見を述べたらどうだい?

498 :義人:2009/10/04(日) 02:31:03 ID:xhrNTimW0
>>475
コテつけてあるからもう一度俺のレスを読み返してくれないか?
と思ったがおまえさんの、都合のいいレスと一文を抜きだして詭弁を弄する腐った読み方では
ダメだと思ったからまとめてやろう。

>>445でおまえさんが言っていた
>今ね、出来る限りの様々な犯罪の加害者の話を集めてもらっている。
>人生を台無しにするような刑を受けた人間からは、まだ少数しか回答がないらしい。
>それでも、刑務所が「保障」や「安全」と認知してる人間はいないから。
>「常に窮地に追い込まれてるようだった」という答えもあった。
>「こんな自分を認めたくない」と思いながら生活をしていた受刑者もいる。
>今のところ全てに共通しているのが「恐怖」についてだよ。
>何が怖いかって、「また、犯罪を犯さなければならないような環境に追い込まれる事」と答えている。
>あなたたちは、「個人の問題」というだろう。 でも、違うんだよ。
>確かに弱い人間かも知れん。 だからと言って放置したら犠牲者が生まれる。
>犯罪を犯そうとする人間を救う事が、被害者を救う事に繋がるんだって。
のレスに、俺が上記のやつらに対して国が力を注ぐくらいなら、善良な市民にその力を注げよ! と言ったことを
おまえさんは、得意の抜き出し詭弁論でねじ曲げた。
だからその件についてのおまえさんの意見が聞きたい。

そして上記の件はおまえさんが>>475の2番目で答えている「誰がそんなこといってんの?」
にもかかるわけだ。
おまえさんがわざと曲解してるんじゃなければ、「 環境や社会が悪かったねといって涙して、あまつさえ最低限生活できるだけの金を払わなけりゃならないんだ?」
とは犯罪者に注いでる金を善良な市民へと注げ、、につながるわけだ。

ちょっと俺自身まとめきれてないと思ったが、まだ続ける。
>重要なのは、社会の安全だ
おまえさん矛盾に気づかないのか? そう思うならなぜ凶悪な死刑囚を世に出す危険のある選択肢を選ぶんだ。

>なんだ? この返し
以降の文に関して。日本で、死刑囚と俺を天秤にかけた場合は俺が善だろ?
と言ったわけだが、そのことに関してはなんも答えていないな……いいや詭弁が通じないから仕方ないのだな。

いいか? もう一度言うぞ、もう詭弁はやめろ。
加害者擁護すぎるおまえの考え方の本音をぶちまければいい。






499 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 02:40:04 ID:Uo69lTgk0
>>494
お前馬鹿だな(断言)
死刑があるないで先進国かどうか決まるわけじゃないんだよ低脳くん。
間違いなくお前は民度が低いけどな。

500 :窮極の目標は何か:2009/10/04(日) 03:10:12 ID:WPDCkYyC0
>>378-379
>自然法とか根本規範とか、人間の感覚の最大公約数なんです。
>人が汚いと思うことでも、それが好きな人もいる。
>人糞は汚い物だから水洗便所が発明された。でも、人によっては人糞を食べる人もいるわけです。
>だからといって、人糞を食べる人の為に人糞を集めてそれを食べる施設を便所の横に作ろうなんて意見は出てこないでしょ?
>法を犯し人権を奪った生かしておいてはいけない輩がのうのうと生きながらえる時代になる
→同じ人の書き込みかは不明ですが、レスありがとうございました。
死刑を単なる「社会規範遵守の象徴」とだけは見てはいけません。
「悪いことをしたら罰せられる」という規範と死刑は同一ではないのです。
「社会規範」=タブーと法律は違うということです。「窮極の法律違反者への罰は死刑」であるはずがありません。
生命刑は本質的に刑罰に入るべきでないのです。
もし、「ばれなければなんでもやる」となれば、人間失格でしょう(苦笑)
タブーの内で最も最たるものは、カニバリズム=人肉を食べる でしょう。
しかし、それが法律で極刑となっていないのは当り前ですよね。死刑以上の極刑など
存在する意味がないのです。
インドで過去、飢饉が人々を襲ったことが何度かありました。ところが、人々は
「牛を食べるくらいなら死んだ方がまし」だったのです。それがタブーであり、社会規範というものです。
もし、インドの人々が飢饉のときに、牛を食べたらどうなるでしょうか。
一時的に人命は救われるでしょうが、今度、耕作に不可欠な牛がいなくなり、作物を作れなくなり、
今度は共同体は全滅するでしょう。
放射能汚染、地球温暖化、オゾン層破壊、有害化学物質などは、「そのときはよかろう」と思っても、
世代を超えて、人類を滅亡に導きます。「自分の欲せざることを他人に施すことなかれ」というタブーを
破った結果です。
人糞の例えはわかりにくいのですが、死刑を必要とする一つの理由に、「自分が死ぬのがいやなら
他人をも殺すな」があると思います。しかし、そういう子供騙し的「決り事」が
「きちがい」の大人には通用しません(苦笑)
「自分(自分達)さえ良ければ(生きていさえすれば)いい」となれば、共同体は殺しあいも世界になり、
適者生存(弱肉強食)の論理が拡大解釈され、全体が自滅の道を歩むだけなのです。
山崎正和氏は現代の倒錯した「生命至上主義」が、所詮、「利己的な取り引き」の裏返しとしました(正義から儀礼へ 1987)
これを言い換えれば、「儲け至上主義」であり、バブルエコノミーに於ける哲学だったのです。
「儲かりすればいい」「収入によって人の価値が測れる」というのは、まさに、アメリカ型の資本主義の象徴です。
現在、そのアメリカ発の経済不況の暗雲が地球を覆っています。地球温暖化の元凶という意味も含めて、人類はそれを地球規模の危機
と捉えるべきなのです。
話は飛躍しましたが(苦笑)、死刑存廃論議の根っこも、「凶悪犯には消えてもらいさえすればいい」という論理に於いては、
取り引きの哲学なのです。大塚公子氏によれば、日本の拘置所は益々、屠殺場化しているとしています。
しかし、そんな対症療法では、何も解決しないのです!
死刑存廃論議は「何を優先的に解決していくべきか」を考える、パラダイムシフトの問題でもあるのです。
>>487
>刑廃止論者達は、禁酒法とか、タバコ廃絶運動とか、車のスピード制限を30km以下にする運動とかしないの?
→「死廃」の窮極の目標は、防犯です。健康を害するのであれば、酒もタバコ、スピード違反も禁ずるのは当然です(苦笑)

501 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 03:17:23 ID:WPDCkYyC0

「儲かりすればいい」「収入によって人の価値が測れる」というのは、まさに、アメリカ型の資本主義の象徴です。
現在、そのアメリカ発の経済不況の暗雲が地球を覆っています。地球温暖化の元凶という意味も含めて、人類はそれを地球規模の危機
と捉えるべきなのです。
話は飛躍しましたが(苦笑)、死刑存廃論議の根っこも、「凶悪犯には消えてもらいさえすればいい」という論理に於いては、
取り引きの哲学なのです。大塚公子氏によれば、日本の拘置所は益々、屠殺場化しているとしています。
しかし、そんな対症療法では、何も解決しないのです!
死刑存廃論議は「何を優先的に解決していくべきか」を考える、パラダイムシフトの問題でもあるのです。
>>487
>刑廃止論者達は、禁酒法とか、タバコ廃絶運動とか、車のスピード制限を30km以下にする運動とかしないの?
→「死廃」の窮極の目標は、防犯です。健康を害するのであれば、酒もタバコ、スピード違反も禁ずるのは当然です(苦笑)



502 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 03:27:50 ID:qJ9ot61V0
yurikoは自分のスレに戻って、オフ会のアレンジをして下さい!

503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 03:30:02 ID:qJ9ot61V0
yurikoって本当に学習能力無いね。
何度言われても、文章の尻尾を無駄に繰り返す。
IQどれくらいあるんだろう?
馬鹿としか言いようがない。

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 03:32:59 ID:qJ9ot61V0
>>501
何度言われても解らないゴミがいますが、ダラダラした長文や同じ文章の
末尾だけの繰り返しは止めること。
いい加減に基本的なネット上のエチケットを学習しましょう。(>>1)


505 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 04:28:28 ID:kV/P0fDWO
>>496

あのさ、ハムラビ法典と相対的応報刑論の違いくらい調べてきたら?


506 :愛は地球を救う:2009/10/04(日) 05:23:14 ID:EDBeWXBI0
>>502-505
レスありがとうございます。
ちょっと考えたのですが、
やはり、従来の死刑存廃論に欠けていたのは、「愛」だったのではないでしょうか。
排除の思想こそ死刑であり、不信こそ犯罪の温床なのです。
死刑存廃以前にあるのが防犯であり(>>501)、信じあえる社会を築くことが犯罪に対する、
最善の対策なのです。
不信の最大の表明は、やはり戦争ではないでしょうか。
オバマ政権の最大の試金石は、やはりアフガン戦争の行方のようです。
もしも、オバマが従来の超大国型の力で一方的に押さえ込むやり方を採用すれば、
アフガンの人々から反感を買い、失敗は目に見えています。
如何に、アフガンの人々から信頼を勝ち取るかが最大の問題となってきているのです。
それは、最早、戦争の勝敗を超えたものです。共倒れの道を歩むか、共存共生の道を歩むかなのです。
そういう点からすれば、ブッシュ政権が採った、イラク政策は必ずしも失敗とはいえなかったのです。
もし、日本がアメリカと対等の同盟国と自負し、世界平和に積極的に貢献する決意をするなら、
何らかの形で、積極的にアフガン戦争終結に向けて協力するべきです。
それは、アフガンの人々の誇りと幸福を再生するための戦いでもあるのです。

507 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 07:18:00 ID:S+M1zEuK0
>酒を浴びるように飲み続けたら、肝硬変で死ぬ事になっても、酒造メーカーを人殺しだと非難する人はいない。
ヘビースモーカーが、肺がんになっても、タバコ会社を殺人罪で訴える人はいない。
スピード違反で交通事故を起こして死亡しても、自動車メーカーを人殺しだと訴える遺族っていない。

日本の文化ではこれが正解でもアメリカでは平然と告訴し賠償金をせしめている。
そもそも各国文化の違いがあるのに同列の感性を論じあうことにムリがある。


508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 08:09:10 ID:EDBeWXBI0
訂正>>506
>如何に、アフガンの人々から信頼を勝ち取るかが最大の問題となってきているのです。

如何に、アフガンの人々から信頼を勝ち取るかが最大の課題となってきているのです。

509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 08:21:44 ID:S+M1zEuK0
>>508

課題→問題をあたえること
問題→答えを求めて出す質問。論議により解決すべき事柄。

だから問題でいいんじゃね?

510 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 08:34:57 ID:qJ9ot61V0

糞yurikoは自分の隔離スレに戻れよ!



511 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 09:05:12 ID:EDBeWXBI0
>>503
>文章の尻尾を無駄に繰り返す
→サイレントマジョリティーの方々の意見が聞きたかったのですが…
不評のようですね。
それでは、従来の続1、続2、続3に切り替えます。
大変失礼しますた…

512 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 09:54:31 ID:HbEDyVnI0
>>511

お前はウザイから、このスレへ書き込みを遠慮してくれるかな。
正直、あんなに長い文章・・・誰も読んでないし。
自分のスレがあるらしいから、そっちで勝手にやってくれ。

513 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 10:24:48 ID:Kk8rRQR70
>>481
>自分の世界に閉じこもられてしまっては面白くない。
こバカにするくらいなら、大目にみれるよ。
でも、信用がなくなるような発言は控えた方が良いんじゃない?

>マスコミはその負債について何も報道せず、次の知事にあたかも責任があるかのように報道するように、かな?
何を言ってんの?

>小売業者かな?
小売りも飲食店も消費者も。

>また、そのクレームには農法についての指示があったかな?
あったよ。 農薬や科学肥料を使用してた農法から、低農薬・有機栽培にシフトした。
全く、方法など知らないような人間達からね。

>ここにいる人間は原則として君に協力してあげる義務は無い。
あなたが忘れた頃にたまに発言する「社会の安全の為」に議論してるなら、こんな発言はしない方が良いんじゃない?
例えばあなたが、死刑を利用して「安全な社会を実現させる」話をしたら、俺はこんな事は言わないよ。
こういう発言が、あなたの信用を無くすんだよ。

>そこで生じたコストのために死ぬ人間や、失敗で死ぬ人間の命を盛大に無視するセクショナリズムだね。
無視? 考え犠牲が出ないよう、最大限の努力しても「無視」か?

>本当にその人間は「死刑支持者」だったのかい? 
ネットでも調べられるよ。


514 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 10:54:03 ID:m1yQiRqK0
低脳の文章は中身が全く無い
その短い文をつなげて読もうが、クソ長い文を熟読しようが、
死刑の廃止と全く関係ない話がほとんど
死刑と関係ある話でも、特に具体的な話をする能力は無い
突っ込まれても、話をそらすか、逃げがデフォ
意味の無い話の繰り返しをして、レスを消費して、クソスレを作る
他人に迷惑を掛けることしか出来ない、最低の生きる価値もない社会のゴミ


515 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 11:03:47 ID:Kk8rRQR70
>>498
>だからその件についてのおまえさんの意見が聞きたい。
俺の意見とあなたの意見は、さほど大差はないよ。
「善良な市民を救う社会」になれば、お互いの望みが達せられる。
ただ、この「善良な市民」の定義の問題でしょ? それと、どこまでが「救い」になるか? どんな「救い」を施すか?

>犯罪者に注いでる金を善良な市民へと注げ、、につながるわけだ。
涙を流す必要はないし、社会や環境「だけ」が悪い訳ではないから。
どんな風に苦しんでる市民に、どんな助けが、どれだけ必要だとお考えですか?
助けが受けれず、犯罪に手を出した人間から学べるとは思えないか?

>そう思うならなぜ凶悪な死刑囚を世に出す危険のある選択肢を選ぶんだ。
そんな危険は選択しないから。 一生、閉じ込めておけばいい。

>と言ったわけだが、そのことに関してはなんも答えていないな……いいや詭弁が通じないから仕方ないのだな。
だからね、一方的に自分を「善」と称する事は危険と言っている。
あなたの質問に答えるなら、「善とは思わない」だ。
様々な状況が考えられる状態を無視して「俺の方が善」と言い切る人間が「善」とは思えないから。

>加害者擁護すぎるおまえの考え方の本音をぶちまければいい。
加害者も社会の一部として、利用して、社会の安全をもっと強固にするべきだ。
これが本音だよ。

516 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 12:25:42 ID:UQZlQW22O
>490

正常な意識を持った人間なら、こんなところで過激な存置論者相手に議論などせんよ


ここの廃止論者はある意味、好きモノなんだよな

517 :存置派:2009/10/04(日) 12:31:59 ID:RsqVuuW10
>>513
>こバカにするくらいなら、大目にみれるよ。
この程度で「こバカにする」というのなら、君の発言はどうなのかな?
それに、君の某団体の同志の信用を傷つけたのは、他ならぬ君自身の表現だけど。

>何を言ってんの?
そういう地域があったのさ。20歳以下だとわからないだろうけど。

>小売りも飲食店も消費者も。
>あったよ。 農薬や科学肥料を使用してた農法から、低農薬・有機栽培にシフトした。
おやおや。素晴らしいね。
低農薬・有機栽培にシフトした場合、コストが数倍にも跳ね上がるし、ある事情から供給量事態がまるで減ってしまう。
当然、販売形態を見直さなければならないが、通例、販売形態はその土地の客層にあわせて最適に形成される。
商売に携わらない人間でもわかりやすく言うのであれば、町の定食屋の場所で、高級ホテルの商売は出来ない。
「お客様が来れば」っていうのは漫画の中だけなんだ。実際の飲食店は定食の値段を100円上げるだけで大問題だ。
さて、その飲食店はどうやってこの問題をクリアしたんだい?

>例えばあなたが、死刑を利用して「安全な社会を実現させる」話をしたら、俺はこんな事は言わないよ。
ん? 死刑は現状で低コスト且つ確実に再犯を予防しているし、
その抑止力について、少なくとも終身刑や無期懲役が優越していると言う証明も無いが?
そうだな。より最適化を望むのであれば、下らん判例主義からの脱却こそが必要だろうな。

>無視? 考え犠牲が出ないよう、最大限の努力しても「無視」か?
ああ、表現が悪かった。その最大限の努力を行うのであれば、即ち
「コストの為に人間を殺す事も、失敗を前提に努力を放棄して人間を殺すことにも反対」するために
本来であれば平穏に暮らせるはずのその人たちの命を危険に晒してから、最大限の努力をすると言ったあたりだな。

>ネットでも調べられるよ。
ふむ、名前かURLでもくれるかな? それとついでに
「米の死刑反対団体の大勢は、事件の被害者や遺族から構成されている」という内訳も、あれば、ね。

518 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 17:28:59 ID:qJ9ot61V0
>>511
何を勘違いしているのやら・・・(苦笑)

・同じ文章なのに尻尾だけ繰り返す。
・一つの投稿なのに、続、続1、続2と分けて連投する。

いずれも常識外れ!エチケット違反!
本当に学習障害を相手にするのは疲れるよ。やれやれだよ・・・。
何故そんなにまでしてここに来たがるんだ!この馬鹿!

最低限のエチケットは、
・短い簡潔な文章で投稿する。
・一つのレスにまとめる。
・連投はしない。

お前の場合は、
・yurikoは書き込まない。
も必要だな。
少なくともこのスレには書き込むな。
自分の隔離スレに引きこもっていろ。馬鹿!

519 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 17:34:10 ID:UQZlQW22O
いちいち相手にしてんなよ
このyurikoマニアが


520 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 17:49:15 ID:spfkkuhc0
>>506
>やはり、従来の死刑存廃論に欠けていたのは、「愛」だったのではないでしょうか。
>排除の思想こそ死刑であり、不信こそ犯罪の温床なのです。
>死刑存廃以前にあるのが防犯であり(>>501)、信じあえる社会を築くことが犯罪に対する、
>最善の対策なのです。

キモイな、コイツ。
愛が欠けてるから、遺族や被害者の気持ちも考えずに、死刑廃止論を唱えられる。
その事は被害者遺族に加害者への同情を強要した廃止派の平岡民主党議員の舌禍事件で明らかだ。
愛のある人間が相手の気持ちを思いやらず平気で同情の強要なんかするか?
気色悪いんだよ。

521 :存置派:2009/10/04(日) 18:57:01 ID:RsqVuuW10
>>506
排除しないことによる負担を負うのが君だけであり
信頼を裏切られ、被害を受けるのが君だけであるなら、君の発言は愛に溢れている。
問題は、負担も被害も君以外が受けるってことだ。
犯罪者を愛するのは結構。
だけど、一般人も同程度に愛してもらえないかな?

…ああ、ただ、その愛はアガペー的な方の愛にしてくれよ。
犯罪者と結婚した人間の話を延々と貼る君だ。どんな趣味を持っているかは想像がつくが、
エロス的な方の愛については、存分に犯罪者に向けたままにしていてくれ。

522 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 20:12:26 ID:SRwrm/dz0
>>506はレスが欲しくて、馬鹿げた理論を展開しているのかね?
愛が有り余るほどあるから、自分の愛する人を無惨に殺害した犯人が許せないんだよね。
愛が無ければ憎しみも無い。
悲嘆にくれる遺族に平気で「汝の敵を愛せよ」って説ける馬鹿って、爬虫類並みの冷血漢、
もしくは木石にも等しい感性を持ったナルシスト。

523 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 20:32:54 ID:Uo69lTgk0
まーだじゃれてんのかよ。変態どもと。




変態スカトロマニアの廃止派  「愛さえあればウンコは食える!お前たちには愛は無い!」

一般市民  「そうかもね。まあこれと言ってウンコを喰わなきゃいけない理由も無いからさぁ。」

変態スカトロマニアの廃止派  「喰おうと思えば喰えるものを喰わないお前らは向上心が無い。そんなところで思考停止するな!」

一般市民 「・・・。」



もう人として完敗なんですよお前ら廃止派はw






524 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 20:38:46 ID:S+M1zEuK0
まーあれだな

死刑囚を支援する団体とか、文通を重ねることで愛が芽生え結婚するモノ好きに聞きたい。

君たちは自分の身内や「自分」がその被害者になっても「許せる」のかな?
自分が首を絞められても「あ〜いい人生だった」・・・と慈愛の念で相手を思いやれるのかな?

525 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 20:49:50 ID:SfiHTnGCO
殺された側の被害者遺族の方々はほとんど死刑を望みますね、当然ですけど。

526 :映画 嫌われ松子の一生☆☆☆☆:2009/10/04(日) 20:57:41 ID:fgLjMfTr0
>>520
>遺族や被害者の気持ちも考えずに、
→死刑による厳罰論を唱えることが、遺族や被害者の気持ちを考えることではありませんよ。
何度言えばいいのやら…
>>521
>一般人も同程度に愛してもらえないかな?
…ああ、ただ、その愛はアガペー的な方の愛にしてくれよ。
犯罪者と結婚した人間の話を延々と貼る君だ。どんな趣味を持っているかは想像がつくが、
→レスありがとうございます。
さっき、「嫌われ松子の一生」映画を観終えました。
感動しました。日本映画がここまで優れた作品を作っていたとは思ってもいませんでした。
原作もさっそく読もうと思っています。
何より、感心したのは、この映画が現代日本史を最もよく描いている、という実感を
抱かせた点です。
丁度、松子が成長し、就職した時期というのは、日本のバブル経済の真只中で、
日本は、世界中から羨望の目で見られていたのです。
バブル経済を予兆するようにヴォーゲル ハーヴァード大学教授が「ジャパンアズナンバーワン」(1980年)を
書きました。誉められるのが大好きな日本人ですが、これは誉められてるといういうより、
「小馬鹿にされた」と思った人も多かったのではないでしょうか。
世界第二位の経済力といっても、大部分の庶民は実感できなかったのです。
松子はひも男を殺して8年間、女子刑務所に収監されるのですが、優秀な弁護士なら
正当防衛で無罪となっていた可能性もあります。
底辺で暮らす日本人は、松子が生きていた時代はまだまだ多かったのです。(昭和25年から平成まで)
特に、昭和20年代後半から昭和46年(昭和43年のみ法相がサインを拒否で、ゼロ)までは、
平均して20くらいの死刑執行数で、昭和32年と35年には39の執行数だったのです。
世の中は、凶悪犯罪が現在の2倍から3倍発生していて、凶悪犯罪に対しては、
死刑が当り前だったのです。死刑の威嚇力を当時、人々は無邪に信じていたのです。
結局、松子は真夜中に河川敷にたむろしていた中学生達に惨殺されてしまうのですが、
平成の世、それも東京であんなことが起きるとは、想像しずらかったです。同作品(映画)に
欠点があるとすれば、その松子の不自然な死に様だけです。
要するに、現代日本で凶悪な事件を設定すること自体、不自然なのです。
実際、日本に於いては、特諸外国と比べた場合、異常ともいえるほど青少年による凶悪犯罪が少ないのです。
(無論皆無ではありません)
新聞の三面記事で話題になってるのは、60才代から70才代の所謂、「談魂の世代」です。
松子はとんだ転落の人生を歩んでしまいましたが、本当なら、社会的セーフティネットワークによって、
更生できた筈です。
尤も、映画の中でも、死の直前、松子は立ち直る決意をしたのですが、直後に殺されてしまいます。


527 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 21:07:05 ID:S+M1zEuK0
>>526
君は何が言いたいんだね。

528 :存置派:2009/10/04(日) 21:07:17 ID:RsqVuuW10
>>526
談魂…だんこん…え? 立川流の人?
まさか「団塊」の間違いじゃないよね?

…それとさ。前も言ったはずなんだけど
関係ない話するなら、レスのふりするのやめてくれる?

529 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 21:14:27 ID:fgLjMfTr0
訂正>>526
>談魂の世代→団塊(だんかい)の世代

530 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 21:14:31 ID:S+M1zEuK0
>>528

この人へたに絡むと怖いからあえてそこは突っ込まなかったんだがw

531 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 21:39:11 ID:HbEDyVnI0
>>526

その支離滅裂な文章は、お前が受けた教育環境の悪さからくるんだろうな。
お前はロクな人間ではないことは明白だ。かわいそうに。
お前がどのような学歴をたどったのか、是非、小学時代から知りたいものだ。

532 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 21:58:59 ID:fgLjMfTr0
>>527-528
>君は何が言いたいんだね。
→鳩山元法相は「論点2009」に於いて、
『国民の多くは年々治安が悪化していると感じているのではないか』
と書いています。
普通の人がこれを読めば、元法務大臣の言うことだから、統計的裏付けがあって言ってるのだろう、
と思うはずです。
ところが、私が様々な統計を引用して示したのは、それとは全く逆です。
「日本ほど安全で住み易い国はない」「特に日本の青少年は優秀で、大人しい。不良が少ない」
ということです。
ところが、あるメディア機関の調査によると、一般国民の「体感治安は戦後最悪になっている」
というのです。
映画「嫌われ松子の生涯」にしても、松子の最後は、不良中学生によってメッタ打ちにされるという
悲惨なものです。
これは、どうも政府とマスメディアが企んだ、巧みな印象操作というか、洗脳ではないかという疑いがあるのです。
鳩山元法相は愚論の中で「…だから死刑は必要!」と主張しているのです。
それが可笑しい!と私は主張しているのです。
昭和23年、最高裁大法廷は死刑を合憲としました。しかし、そこには但し書きがついていて、
「将来、死刑を必要としない時代が来るだろう。そのときは、国会が中心となって、制度を廃止すべきだ」
としています。さらに、2001年、名古屋連続保険金殺人事件の判決で、
弁護士出身の大野判事は、世界が死刑制度廃止の方向に向かっていて、日本も将来、世界状勢を見極めながら、制度の存廃を検討するべきだとしちます。
2007年には、日本に於いては、殺人認知件数は戦後最低を記録しました。
ところが、大部分のマスコミは、それを大ニュースとしてとりあげませんでした。
一体全体、危機意識を煽って、誰が特してるのでしょうか。
日本人全体に劣等感をもたせ、「リラックスするな。もっと働け!日本人の生活水準はまだまだ低いのだ!」
として、馬車馬を走らせるように、後ろから鞭を叩きたいのでしょう。
日本人は毎年のように、アジアから唯一といっていいくらい、あらゆる分野のノーベル賞がノミネートされ、
受賞者が出ます。
もういい加減、日本人は自分達のことを誉めてもいいのではないか、と思うのです。
石原氏と盛田氏共著の「NOといえる日本」はどこに行ってしまったのでしょうか?(笑)
あんまり傲慢すぎる日本人も困ったものですが、何かというと自国民を貶す、評論家や
政治家も「もういいだろ」と言いたいのです。
但し、私は竹村健一氏の言い分(日本の常識は世界の非常識)だけは納得できる部分は大きいです。


533 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 22:02:01 ID:S+M1zEuK0
要はあれかな?
「嫌われ松子の一生」・・・映画は見てないが
自分の生い立ちから環境にいたるまで一般的に「同情」する内容で
自分を利用するだけの男(ヒモ)を痴情のもつれから殺害してしまう。
刑期を終えある一定の人生を過ごした結果自分の過ちを反省するに至った・・・が
最後は理不尽な少年達に惨殺されてしまう。

で、ここにあなたが伝えたい「何」があるのかな?

534 :存置派:2009/10/04(日) 22:07:10 ID:RsqVuuW10
>>532
死刑廃止にNOといえる日本

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 22:09:38 ID:S+M1zEuK0
>「日本ほど安全で住み易い国はない」
暴対法の規制により多国籍の犯罪者の天下になりつつある現状を理解していない君って・・・おめでたい頭なんだねw

>「特に日本の青少年は優秀で、大人しい。不良が少ない」
仮にそうであっても、多い少ないの価値観ではないだろう。
犯罪の「質」によるもので刑罰の基本は崩すべきではない。

536 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 22:41:41 ID:qJ9ot61V0

yurikoはここに書き込むな!

自分の隔離スレに行け!


537 :義人:2009/10/04(日) 22:46:24 ID:xhrNTimW0
>>515
>俺の意見とあなたの意見は、さほど大差はないよ。
>「善良な市民を救う社会」になれば、お互いの望みが達せられる。
>ただ、この「善良な市民」の定義の問題でしょ? それと、どこまでが「救い」になるか? どんな「救い」を施すか?
どこらへんを見て意見に大差がないなどと、戯れ言を言えるんだ?
俺はな、自分本位の感情や理由で犯罪を犯したやつらの言い訳は聞く気はない。ただ罪を償え。とレスしている。
つまり「善良な市民」とは自分本位な感情や理由で犯罪を犯してない人々の事。
おまえさんの場合はそこに加害者が含まれる……いや文を読んでいると加害者の事しか考えていない。
この時点で全く意見が異なるわけだ。
そんでな、「救い」「救い」と言ってるが社会や国が救いを施す必要はないと俺は思っている。
あくまで本人のやる気や努力を「補助」「援助」するだけでいいんだ。これは「善良な市民」の場合であり犯罪加害者には全く持って必要ないとも考えている。

>涙を流す必要はないし、社会や環境「だけ」が悪い訳ではないから。
>どんな風に苦しんでる市民に、どんな助けが、どれだけ必要だとお考えですか?
>助けが受けれず、犯罪に手を出した人間から学べるとは思えないか?
1行目に関してはおまえさん自身のレスを読み返せよ。常に社会や環境がとふざけた論理を振りかざしてるだろうが。
2行目に関してはもう上で書いたから割愛する。
3行目、俺はまったくそうは思わないし、それを楯に酌量を求めるなら反吐が出る意見だなと思う。
何度も言っているが、加害者は自身で考えてその犯罪を犯したんだ。だからただ罪を償えばいい。
そこに更生を持ち込むこと自体、被害者への冒涜。
単に研究材料として扱うなら別に否定はしない。

>そんな危険は選択しないから。 一生、閉じ込めておけばいい。
どれだけ想像力が欠如してるんだ? そこかしこのレスで語ってる管理職説は本当に嘘であってほしい、会社と同僚達のためにも。
仮に終身刑だとして、その囚人が生涯塀の外に出てこない保証はおまえさんがしてくれるのか?

>だからね、一方的に自分を「善」と称する事は危険と言っている。
>あなたの質問に答えるなら、「善とは思わない」だ。
>様々な状況が考えられる状態を無視して「俺の方が善」と言い切る人間が「善」とは思えないから
様々な状況って……俺は限定した状況を提示しただろうが。
善悪の判断や一方的な押しつけが危険な事はわかっているよ、だから限定条件で聞いた。
俺に言わせればどんな状況でも同じことしか答えられない、あるいは詭弁を弄するおまえさんのが危険だと思うよ。

>加害者も社会の一部として、利用して、社会の安全をもっと強固にするべきだ
なるほど、それがおまえさんの考えってわけだ。
続けて聞いてみたいんだが、おまえさんはその加害者達をどう利用して、社会の安全を強固にすべきと考えているんだ?


538 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/04(日) 23:51:11 ID:jF+wswgN0
>>537
>そこかしこのレスで語ってる管理職説は本当に嘘であってほしい、会社と同僚達のためにも。

連日のように、平日の真昼間から深夜まで2chに書き込んでるぐらいだからお得意の妄想だろ。
第一、相手のレスどころか、自分の言ってることすら理解できないキチガイを雇う会社はないだろw

539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 00:54:09 ID:PYHiZxmh0
廃止論者は今まさに自分でいった事で自分の首を絞めてる事にどうして気付かないんだろう。
どうしてそういう奴ばかり廃止論者なんだろう。

540 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 01:49:25 ID:FVLk/bea0
本当に更生すれば他人の命を奪った罪の大きさに耐えられる筈が無いしのうのうと生きていけると思えるはずが無い。
自殺するのがオチだな。
そうならないとすれば更生した凶悪犯を自害できないように拘束着で雁字搦めにしなきゃならん。これも下手をすれば
命に関わる。
そんなに無理やり凶悪犯から学ばなくとも死刑で人を殺す社会や存置派から色々と学んでくださいな。
より強固な社会とやらを作るためにね。

541 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 03:26:09 ID:ijzjN/hs0
死刑は廃止するべきものです


542 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 03:32:30 ID:PYHiZxmh0
そう思うまでは自由です

543 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 04:07:08 ID:0FQg2P7E0
>>533
>で、ここにあなたが伝えたい「何」があるのかな?
→松子が生まれたのが1950年です。
まだ、戦中の防空壕があちこちに当り前に残っていたころです。
それが高度経済成長に入って、国民の平均所得が倍増するのです。
丁度、ここ20年くらいの中国みたいなものです。
ちょっと前までは、中国経済が脅威になると考えた人は誰もいませんでした。
まさか、「あの共産中国が!」といった感じでした。私的には1989年の天安門事件がいい意味での、
ターニングポイントだったと思っています。
1950年代、1960年代、1970年代生まれの世代は、良くも悪くも、現在の日本の中核を担っています。
そして、その世代は、まさに「手塚治虫マンガ世代」なのです。
もうそろそろ新しい何かが結晶として生まれてきてもいいと思うのです。
それ以前の世代は、「死刑存置派世代」と呼んでいいのではないでしょうか。
こういう風に、ステレオタイプ且つ、カテゴライズするのは、偏見を醸成し、危険かなことかもしれませんが、
ときには便利なのです(笑)
ある意味、すごい時代だったと思います。
そして、現代世界が直面しているのは、冷戦時代の核戦争による人類の滅亡以上に切実な、
地球の消滅です。科学者によれば、地球環境の破壊がこのまま進めば、ある時点で「不可逆地点」に達するというのです。
この「不可逆地点」を一旦超えると、もう二度と再生は不可能になり、人類の滅亡は時間の問題だというのです。
それは、余命宣告を受けた癌患者のように、「せいぜい20年くらいの余裕がある」程度になるのです。
しかし、ここで人類が一丸となって取り組めば、もしかしたら救いがあるかもしれないのです。
そのために、全ての優先順位を見直す作業が必要とされているのです。それを「パラダムシフト」と呼ぶのです。
冷戦時代の「生命至上主義」は取り引きの論理で、正義は犠牲となりました。
現代は倒錯した形ではありますが、正義が復活しました。ただ、その正義が特定の民族や国に偏っては何にもなりません。
沖縄に伝わる言葉「いのちは宝」をあらゆる生きとし生きるものに、当て嵌めるべきなのです。
死刑制度の廃止は、人類にとって、何を優先するべきかを考える縁に過ぎないのです。

544 :人間だけが殺したいから殺す:2009/10/05(月) 04:36:53 ID:0FQg2P7E0

手塚治虫の「ブッダ」は、氏が21世紀の人類に最も伝えたかったメッセージが
含まれています。
「永遠の時と空間にとって、人の一生などほんのひとかけらの氷の粒にすぎない。
いま、生きて美しく輝くとみれば、つかのまに消え去って、時の流れの中にとけこんでしまう」
「川の流れがつねに動いているように、運命というものははじめから決まってはいない。つぎつぎ変わっていくものだ…。災難はさけられないものとさけられるものとがある。さけられるものは、人間が自らの手で予測してさけることができます。」
「なぜ、たべもしないものを殺したの。ただ殺したのはなぜなの?
おまえが人間だからよ。」

545 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 04:49:24 ID:0FQg2P7E0
>>535
>暴対法の規制により多国籍の犯罪者の天下になりつつある現状を理解していない君って・・・おめでたい頭なんだねw
→もっと世界に目を向けてみてください。
日本の治安に課題がない、とまでいいません。
しかし、世界に目を向ければ、「この世の地獄」としか思えない地も、まだまだ沢山あることを忘れないでほしいのです。


546 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 05:58:18 ID:qlZAvlQA0
ID:0FQg2P7E0

君は北極あたりで政治家でも目指してなさい。
それかみかん箱で本の執筆でもいいよw

結局何が言いたいんだかさっぱり判らん。
地球の存亡論が死刑論とどう繋がるんだ?
支離滅裂という四文字熟語がきれいに当てはまる人格だよ君。

日本の治安には課題がありすぎるだろ?
世界を引きあいに出すのはナンセンスだが。
規制により抑えつけられた裏社会のバランスが水面下で逆転しつつある。
ある時点で「不可逆地点」に達するんだよ明智君!
世界より足元のことをマジメに考えろ。

547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 07:20:45 ID:qQePe7qT0
>>545
yurikoは来るなって何度言われたら解るんだ?
自分の隔離スレに書き込めよ!

548 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 07:24:31 ID:qQePe7qT0

yurikoって、どうしてそんなにひどい脳障害になったの?
交通事故とも脳腫瘍とも言い訳しているけど、一体何が本当の原因なの?
お前の脳みその構造に心底疑問を抱くよ。
頭悪すぎ!

>6 名前:yuriko 投稿日: 2005/07/26(火) 04:47:40 [ NXLKpVpk ]
>続
>As I stated earlier, I had a near fatal auto accident many years ago.
>As a result of the accident I a(c)quired massive brain injuries.
>One of the most con(s)picuous symptom of the injuries was amnesia.
>The brain trauma affected my lingu(i)stic abil(i)ty the most.
>I tended to misspell words or (misplace) the order of words in a sentence.
>I tended to confuse between l and r.
>However, I came long way since the injuries to correct the problem.
>True, I still sometimes misspell words both in English and Japanese.
>However, I am trying very hard to make sure that I spell words
>correctly. All I can ask internet readers is to be
>more tolerant.
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1122233354/6
( )内はyurikoのタイポをこちらで修正した部分。原文のままではとても読めませんw


>151 :朝まで名無しさん:2007/08/17(金) 03:03:03 ID:ejVNs+bM
>>150
>>「どこから来てるの?」という質問にも答えてしまいました。
>退院してしばらくすると、自宅になぜか電話が掛かってくるようになり
>→というと、電話番号を教えたのですか?
>実を言いますと、私は交通事故で2年間入院していたことがあります。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1186490727/151


>642 名前:yurikoの後輩 ◆9J/o8x8BF. 投稿日: 2007/08/23(木) 03:59:30 [ 0LPWeSgM ]
>>632
>>交通事故で2年間入院したことがあるそうですが、あの常人を
>超越した独特の人格は、もしかして交通事故の後遺症
>→ど-でもいいことですが、ネタとして使われるのも嫌なので、
>訂正しておきます。
>私が入院してたのは事実ですが、病気でです。
>脳腫瘍です。
>人格に影響することはありませんでした。
>却って、頭よくなった気はしてます(笑)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1094923995/642





549 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 07:26:25 ID:XC73azQaO
最近目立ってきた廃止論者クンの
「有機農法で売り上げが四五倍」
て発言は、20年ぐらい前の「美味しんぼ」あたりがとばしたヨタ話しを、真に受けちゃったものだと思う。


550 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 07:35:01 ID:YBUzpiia0
>>547
結局、隔離スレで観念とだけ話していても、死ぬほどつまらないんだろ?
ここに来れば、自分より優秀な人が相手をしてくれるから楽しいハズ。
知恵の付き始めた子どもは、子どもは大人と話したがる。
普通、子どもは、好奇心が旺盛で、素直で柔軟性があるから、大人も面白い。
ところが、彼は、頑固で柔軟性ゼロで人の話は殆ど聞かないから。

551 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 08:38:03 ID:Ck5ukj2w0
中川昭一氏の死亡。
人間の業はかくの如き、深きもの。
それでも君は殺人者に死ね、死ね、といえるのか。
中川昭一氏の死亡。
人間の背負った運命の業はかくの如き、深きもの。
それでも君は殺人者に死ね、死ね、と殺すことができるのか。


552 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 08:43:49 ID:Ck5ukj2w0
Each event is a link in a chain, bringing him to this moment.
We wonder what the probability of such a series of events was.
One in a thousand? A million? A trillion?
Such a thing could never be calculated.
That is life−anything is possible, everything infinitely unlikely,
yet among all the improbable events, something must always be chosen,
something must occur.

553 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 09:01:33 ID:qQePe7qT0

As for yuriko, nothing is possible. LOL

Go back to your thread!


554 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 09:37:08 ID:ijzjN/hs0
これが死刑の現実

OECD加盟国、つまり先進国といわれる国家で

死刑廃止国
 オーストリア   アイルランド    スイス      ハンガリー
 ベルギー     イタリア      トルコ      ポーランド
 カナダ      ルクセンブルグ   イギリス     スロバキア
 デンマーク    オランダ      フィンランド
 フランス     ノルウェー     オーストラリア
 ドイツ      ポルトガル     ニュージーランド
 ギリシャ     スペイン      メキシコ
 アイスランド   スウェーデン    チェコ

事実上の廃止国(制度は存置しているが死刑が執行されていない)
 韓国

死刑存置国
 アメリカ合衆国 ※
 日本

※アメリカ合衆国の死刑廃止地域
 アラスカ州      ヴァーモント州       北マリアナ諸島
 ハワイ州       ウェスト・ヴァージニア州  米領ヴァージン諸島
 メイン州       ウィスコンシン州      米領サモア
 マサチューセッツ州  ニュー・ジャージー州
 ミシガン州      ニュー・メキシコ州
 ロード・アイランド州 コロンビア特別区(ワシントンD.C.)
 ミネソタ州      プエルト・リコ
 ノース・ダコタ州   グアム


555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 09:44:24 ID:BKSupSGK0
>>554
だから何?

556 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 10:19:46 ID:ijzjN/hs0
死刑の問題はそんなに単純ではない。
廃止を実施している国々は取り返しの付かない過ちを経験している。
日本は冤罪の死刑執行が存在しているのに長年この問題を避けている。

冤罪で死刑が執行されたもの

 日本
  1947年 福岡事件
  1951年 藤本事件

 海外
  1919年 サッコ・バンゼッティ事件
  1949年 エヴァンス事件
  1950年 ローゼンバーグ事件
  1961年 ハンラッティ事件

現在も再審請求中の事件
 1963年 狭山事件
 1966年 川端町事件
 1967年 日産サニー事件
 1971年 三崎事件
 1976年 北海道庁爆破事件
 1979年 野田事件

冤罪が疑われている死刑執行
 1992年 飯塚事件 2008年10月28日 福岡拘置所で死刑執行
             ^^^^^^^^


557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 10:54:10 ID:RwB5Frg50
えらい大昔の事件まで探してくれてご苦労はんです。
えらい悪いんやけど可能性が、あるっていうだけで
確定なんかしてまへんでw?
今まで国が冤罪で死刑執行までしたと公的に認めたもん
は絶対ありまへん。もしあったら法改正に影響があったかも
知れないけどなw。残念でしたw。
最低でも国が過失を認めて遺族に謝罪、賠償ってことに
ならないとなw。
でも、それってかなり難しいって思うよw。
あとさ、死刑廃止は死刑さえ執行されなかったら
十数年後に足利事件?みたいに冤罪が証明されて
・・・・っていうメリットが在るだけじゃん?それなら今みたいに
死刑執行されないまま・・・・でも同じだけどね。それより事件捜査の
有り方や裁判方法の見直しとかのほうが余程良いと思うけどw。
死ぬまで刑務所に入っても死ななければ良しとするのは
あんただけ。
ご苦労さんw。

558 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 11:18:01 ID:ijzjN/hs0
>>557
また大阪か


559 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 12:44:35 ID:XK9Uk5sf0
>>517
>この程度で「こバカにする」というのなら、君の発言はどうなのかな?
意図的にこバカにしてる発言はしていが?

>さて、その飲食店はどうやってこの問題をクリアしたんだい?
あなたの机上論は、現場では全く役に立たない事が証明されたようなもんだ。
あなたが考えてるような単純な問題じゃないから。
こんな不景気の時期に、広告費を削るのは常識だし、戦略を変えて予算を作る事はどこでもやってる。
原価が上がったから、価格を上げよう、なんて営業している業態が生き残れる時代ではないんだよ。

>その抑止力について、少なくとも終身刑や無期懲役が優越していると言う証明も無いが?
定期的に犠牲に遭われた方々に会うと、現状を良しとは言えないんだよ。

>本来であれば平穏に暮らせるはずのその人たちの命を危険に晒してから、最大限の努力をすると
現在の社会でも、平穏に暮らしていた人達が事件に巻き込まれているんだよ。

>ふむ、名前かURLでもくれるかな?
修復的司法で検索すりゃ出てくるよ。

560 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 12:59:02 ID:XK9Uk5sf0
>>537
>どこらへんを見て意見に大差がないなどと、戯れ言を言えるんだ?
あなたは、「善良な市民を守る事」と「犯罪者を罰する事」、どちらの方が重要なの?
どっちかを選べば、どちらかが達成できないとしたら、どちらを選ぶんだ?
もしあなたが「善良な市民を守る」方を選ぶなら、大差はないよ。

>あくまで本人のやる気や努力を「補助」「援助」するだけでいいんだ。
それを「救い」と言っている。

>常に社会や環境がとふざけた論理を振りかざしてるだろうが。
何度でも言ってやるよ。
犯罪とは、社会による環境と犯罪加害者に原因がある。 どちらかだけの問題ではない。

>単に研究材料として扱うなら別に否定はしない。
そういう事だ。 
「何故、犯罪を犯すに至ったか?」「どうすれば犯罪を回避できたか?」
研究材料として、新しい犯罪予防につながる知恵を学びとれば良い。

>仮に終身刑だとして、その囚人が生涯塀の外に出てこない保証はおまえさんがしてくれるのか?
そんなのは俺の仕事じゃなくて、社会の仕事だよ。

>おまえさんはその加害者達をどう利用して、社会の安全を強固にすべきと考えているんだ?
犯罪が発生する仕組みを理解して、予防できるようになれば良い。
その為に、犯罪を犯してしまった人間から、知恵を得て学べば良い。
それと、逮捕され裁判が結審したら社会から抹殺される存在になるのではなく、
逃げ出そうとした社会の一部とする事で、殺すよりも苦しい刑を与えるべきと考えている。


561 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 13:08:52 ID:XK9Uk5sf0
少し話がズレるが、先進国の中で愛国心についての調査が行われたそうだ。
33ヶ国中、日本は最下位。 オーストラリアがトップだったらしい。
日本人が自国に点数をつけると、50点台だった。

金があるはずで、インフラの整備もトップクラス。
教育も娯楽も充実した国が、最下位だって。
ここの存置派を見てると、なんとなく理解できる。
自分の事ばかりで、全体が見えない。というか見ようとしない。

国が崩壊していくプロセスを辿っているようにみえるよ。


562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 14:11:17 ID:RvEgvXW10
と言うことで見事に >>560 で振り出しに戻ったわけだが。

まぁ、どう贔屓目にみても彼が死刑廃止を本気で考えているようにはみえない。

「死刑の存在する国で死刑廃止を叫ぶ」のが目的であり、そのためには死刑制度は必須ってことか。

563 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 16:11:20 ID:PYHiZxmh0
廃止論がどんな崇高な理念を掲げても、相手を貶めて正当化を図ってる限り、
その理念が自分の首の方をきつく絞める事に、廃止論者は気付くべき。

564 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 16:39:06 ID:bHnWghLe0
>>546
>地球の存亡論が死刑論とどう繋がるんだ?
→わかりませんか┓(´_`)┏
http://d.hatena.ne.jp/arumakant/20090407/1239113428
2009年4月オバマ大統領はチェコ プラハに於いて、「核廃絶は道義的責任」
と宣言しました。
オバマ大統領は武器としての核が存在する理由は、そこに不信があるからとしています。
ユネスコ憲章を持ち出すまでもなく、戦争の根底には憎しみがあり、それは心の中に生じるものなのです。
憎しみに憎しみを返せば、果てしない悪循環になるだけなのです。
憎しみは戦争の原因ともなり、犯罪の原因ともなるのです。
どこから、始めて、その悪循環を断ち切ればいいのでしょうか。
それは、まず信じるところから始めるべきなのです。それを人は愛と呼びます。
世界市民を目指し、コモンセンスを重んじた新渡戸 稲造は日米の懸け橋になりました。
もし、10人の「新渡戸 稲造」が居れば、日米戦争は避けられたでしょう。
しかし、戦後、新渡戸を「おじさま」と呼び、親しんだ神谷美恵子を初め、どこかだ、その遺志は
受け継がれたのです。
凶悪犯罪を犯してしまう人間は、ほぼ例外なく、愛のない家庭にそだったと、大塚公子氏は
明らかにしています。
大坂で個室ビデオ火災を起こし、6人を殺した男は、両親が亡くなった後、誰一人支える人がいなかったようです。
「追い詰める前に手を差しのべる」ことが、最強の防犯となるのではないでしょうか。
死刑制度こそ、人間不信の究極的表現なのです。
人間不信は人類を滅ぼすことにもなるのです。

565 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 16:53:48 ID:PYHiZxmh0

願望と現実は区別した方がいいよ

566 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 17:33:10 ID:bHnWghLe0
>>565
>願望と現実は区別した方がいいよ
→1963年ワシントン大行進の際、キング牧師は、有名な「I Have a Dream」スピーチを
行いました。
ところが、現在明らかになっているのは、あのスピーチ原稿は、即興的にスピーチライターによって
書かれたものです。
しかし、もうそんなことはあまり問題ではありません。あの「I Have a Dream」スピ−チは、
あまりに見事に、キング牧師の依って立つところの理想を描いています。
もし、人々が、その時実現不可能に思える事業い勇気をもって立ち向かわなければ、
事業は実現しないどころか、最初から何もなかったように歴史の中に消えていくのです。
引き継ぐ人すらいないのです。
まずは、大きな希望を述べる、そこから理想実現への道が開かれるのです。

567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 18:46:08 ID:PYHiZxmh0

願望と現実は区別した方がいいよ

568 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 18:58:49 ID:PYHiZxmh0
どんな無茶苦茶な教義を掲げるカルト宗教でも、「嘘も百篇」で騙される人が出る事は避けられない。

日本におけるし刑廃止論は、ほぼそれ。
迷惑長文矢印の使ってる手段は、完全にそれ。

569 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 19:48:39 ID:YBUzpiia0
>>556
じゃあ、死刑をなくしたら、冤罪は減るとでも思ってるの?

死刑判決が出るような裁判は、非常に慎重に行われるから、冤罪事件が起きる可能性は少ない。
痴漢事件の冤罪が多いように、死刑が無くなって無期懲役が最高になったら、
冤罪事件はむしろ増加すると思うね。

あの三浦和義氏の場合も、状況証拠は多くても、無罪判決となったからね。

570 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 20:49:43 ID:ijzjN/hs0
>>569
冤罪が減るなんてどこにも主張していない。
死刑を廃止すると冤罪による死刑が無くなる。


571 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 20:57:35 ID:B+2qC42z0
>>570
冤罪による刑死は刑の執行停止で対応可能ですから。

572 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:00:13 ID:u9wWN+jX0
冤罪の可能性のある事件は法務大臣が判を押さない

573 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:01:31 ID:B+2qC42z0
訂正

× 冤罪による刑死は刑の執行停止で対応可能ですから
○ 冤罪による刑死は、冤罪可能性がある死刑囚への刑の執行停止で対応可能ですから

>冤罪が減るなんてどこにも主張していない。

その通り、冤罪問題の主体は、捜査段階での冤罪発生を防止する仕組みの構築、
裁判段階で冤罪事件を焙り出す仕組みの構築、この二点が最重点課題ですから。
死刑制とリンクするポイントは、あくまでもサブの位置づけです。
死刑制廃止論者は、冤罪事件を、廃止論に利用しているだけ。

574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:02:35 ID:nVshFS70O
>死刑を廃止すると冤罪による死刑が無くなる。
そして冤罪による終身刑が増えるんだろ?

で?
死刑廃止しても結局冤罪は減らないんだろ?

じゃあ意味無いじゃ〜ん


575 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:05:34 ID:B+2qC42z0
死刑制が廃止されれば、
加害者の命を被害者の命より尊重するアンバランスさが出る。
人権派が人権を強調して死刑制廃止論を唱えれば唱えるほど、
その人権を奪う殺人行為も比例してより一層重いものになる。
人権を理由とする死刑制廃止論は論理的に破綻している。

>>572
原則そうなんですが、飯塚事件への対応はやはり問題がありますね。
まだ冤罪事件と決まった訳ではありませんし、どうなるか判りませんが。
死刑制廃止論者の主張を潰す為にも、手を打つ必要があるかと。

576 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:24:46 ID:ijzjN/hs0
>>573
> ○ 冤罪による刑死は、冤罪可能性がある死刑囚への刑の執行停止で対応可能
> ですから
刑が執行されてしまうと失われた命は戻ってこないですから

> >冤罪が減るなんてどこにも主張していない。
> その通り、冤罪問題の主体は、捜査段階での冤罪発生を防止する仕組みの構築、
> 裁判段階で冤罪事件を焙り出す仕組みの構築、この二点が最重点課題ですから。
> 死刑制とリンクするポイントは、あくまでもサブの位置づけです。
> 死刑制廃止論者は、冤罪事件を、廃止論に利用しているだけ。
利用していません。理由にしています。


577 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:27:05 ID:ijzjN/hs0
>>575
> その人権を奪う殺人行為も比例してより一層重いものになる。
根拠となる統計データでもあるのか?


578 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:29:47 ID:hz5Ur1EVO
>>576
>利用していません。理由にしています。


それなら秋葉原の加藤や宅間みたいな冤罪の可能性がない奴らなら死刑でOKだよな。


579 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:33:15 ID:B+2qC42z0
>>576
普通に利用してます。
反論にもならない反論を書いているのがその証拠。

>刑が執行されてしまうと失われた命は戻ってこないですから

というが、冤罪可能性のある死刑囚の刑の執行を停止すると書いてあるのに、
ありえない刑が執行された状態の事を書いて無視し、話を進めている。
毎回このパターン。都合の悪い話は無視する。
手口がカルト教団が批判者の言を回避する手法と全く同じ。

カルト教団の手口=批判者の言葉はスルー&自分の主張だけは通す

それとも、反論になってない事がわからないんですか?
ま、そういう人なら仕方ないですけどね。

580 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:35:17 ID:B+2qC42z0
>>577
>> その人権を奪う殺人行為も比例してより一層重いものになる。
>根拠となる統計データでもあるのか?

つまり反論出来ないというのがあなたの答えですね。

581 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:37:40 ID:YBUzpiia0
>>578
お見事。 冤罪を死刑廃止に結びつけるナンセンスを、簡潔に指摘。

582 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:38:37 ID:ijzjN/hs0
>>578
冤罪の可能性が無いことを証明してください。


583 :義人:2009/10/05(月) 21:40:06 ID:l2zHRBVJ0
>>560
>もしあなたが「善良な市民を守る」方を選ぶなら、大差はないよ
おまえさんは「加害者を守る」姿勢なんだから180度違うだろうが、よく考えろ。

>それを「救い」と言っている
おまえさんは、なにも自身からは動かないやつに国や社会が手を差し伸べて引っ張ってあげる事を、「救い」として使っている。
だがな、俺は自身で動き出そうとするやつの背を後押ししてあげる事を「援助」「補助」として使っている。
これは似てるようで全然違うことだからな、もしわからないようなら言ってくれ。

>何度でも言ってやるよ。
>犯罪とは、社会による環境と犯罪加害者に原因がある。 どちらかだけの問題ではない
こちらこそ何度でもいってやろう。
おまえさんはまず自身のレスを読み返せ。犯罪加害者それ自体に原因はないととれる文しか書いていない。
ようするに、おまえさんは犯罪加害者が出たこと自体が、社会や環境のせいと思ってるんだよ。

>研究材料として、新しい犯罪予防につながる知恵を学びとれば良い
俺が言っている「研究材料」とはまず人扱いをしないことが前提にある。
なぜなら俺は存置でも廃止でもなく上位刑を望む者だからだ。
それを踏まえてもおまえさんとは意見が一致するのかな?

>そんなのは俺の仕事じゃなくて、社会の仕事だよ
こう切り返すこと自体、責任感の欠如を語っているようなものだし、
それによって出てきた加害者がまた被害者をつくった場合、おまえさんは被害者になんて答えるつもりだ?
おまえさんに足りないのは、想像力と責任感、そして他人の気持ちを汲む、人としての心だな。

>それと、逮捕され裁判が結審したら社会から抹殺される存在になるのではなく、
>逃げ出そうとした社会の一部とする事で、殺すよりも苦しい刑を与えるべきと考えている
あれ、おまえさんも上位刑を望むものなのかい?
それなら俺がレスしてきた中に、俺が考える案をだしてあるから是非意見を聞きたい。
たしか370あたりからレスしはじめたから探してみてくれ。

584 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:41:05 ID:ijzjN/hs0
>>580
根拠となる統計データは?

585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:41:23 ID:YBUzpiia0
>>582
秋葉原の加藤、宅間が冤罪である事を証明してください。

586 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:44:41 ID:ijzjN/hs0
>>585
秋葉原の加藤、宅間が冤罪でない事を証明してください。


587 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:44:41 ID:FVLk/bea0
なんと言われても廃止なんて無理だなぁー。
情けだとか愛だとか謳ってみても、殺人犯の育った境遇や犯行に至った経緯、
同情されるべき内容は一切1ミクロンも出てこない。恐らく調べても無いだろう。
そこにお前らの口先だけって本質が出てる。

こいつらは凶悪犯擁護ですらない。愛は地球を救うでも無い。
単に死刑制度が嫌いなだけ。ただそれだけのために延々言い訳の限りを尽くす。

588 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:45:38 ID:ijzjN/hs0
>>587
死刑の廃止が無理だとする理由は?



589 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:49:57 ID:FVLk/bea0
>死刑の廃止が無理だとする理由は?

君も含めて生理的に無理だから

590 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:50:21 ID:YBUzpiia0
>>586
証言者が多数存在するこの2つの事件を冤罪だと主張するのだから、証明責任はそちらにあるな。

591 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:52:20 ID:zVAAy+8qO
スレ違い承知でスマソ

『殺伐の為の言葉』

この文章でおかしい所はないですか?

592 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 21:57:18 ID:ijzjN/hs0
>>589
「生理的」というのは個人の主観なので論理的な理由にはなりません。

>>554のように先進国のほとんどが現実に死刑を廃止しています。
死刑の廃止が無理だと言いきる理由は何ですか?



593 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:01:08 ID:FVLk/bea0
>「生理的」というのは個人の主観なので論理的な理由にはなりません。

誰も論理的とか主観じゃないなど一言も申しておりません。
そう言うところが生理的に無理。

594 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:05:04 ID:hz5Ur1EVO
>>581
これはID:ijzjN/hs0こと死刑反対君が何年も前から指摘されて来た事だよ。

こいつは、冤罪の可能性がある場合の執行停止と言う明確な解決策を提示されても定期的に冤罪の話題で死刑廃止を訴えてるんだから、意図的に冤罪を利用しているんだけ。
彼が本当に冤罪死刑を回避したいなら死刑廃止より先に出来る事や、するべき事があるんだがね。


595 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:06:28 ID:HgdaNVju0
ウゼーよ、yuriko

このスレに書き込むなって言ってんだろうが。

支離滅裂なカス野郎

596 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:09:04 ID:ijzjN/hs0
>>593
「生理的」というのは個人の主観です。
死刑の廃止が無理だと言いきる理由は何ですか?



597 :存置派:2009/10/05(月) 22:12:55 ID:U5ykAXpt0
>>559
>意図的にこバカにしてる発言はしていが?
してい…? 文脈から「してない」と読ませてもらうが、
なるほど、君は意図しないで「つくづく、存置派とナチがかぶる…本を読まずに焼いていたナチと同じ感覚なんだろうな…」とか
「あなたが企業家なら、あなたの企業は生き抜けないだろうよ」と言ってしまうわけだ。
「飲食、飲食のコンサル、卸、農業、販売、で役職は様々」だそうだが…
君のキャリアについてアドバイスするが、飲食問わず、様々なコンサルに戻されることはまずないと思っていいんじゃないかな。

>こんな不景気の時期に、広告費を削るのは常識だし、戦略を変えて予算を作る事はどこでもやってる。
すまんが、食品業界、こと飲食業には趣味の都合でそれなりに詳しくてね。
飲食業における広告費がどの程度のものかは知っているし、それが材料費、特に野菜系統の上昇を賄えるものではないのもよく知っている。
また有機農法の最大の問題点を君の主張はカバーできていない。即ち、安定した供給という分野さ。
不安定な供給を無理やり安定化させようとすれば、品質を落とすか、コストを上げるか、客数を自ら限るしかない。
それを踏まえて、販売形態の変化にどう対応したのか、と聞いたのだがね。…これぐらい、飲食に携わるならバイトでもわかる範囲だよ。

>定期的に犠牲に遭われた方々に会うと、現状を良しとは言えないんだよ。
ならば、現状より悪化する公算が高い行為はより「良し」とは言えるまいに。

>現在の社会でも、平穏に暮らしていた人達が事件に巻き込まれているんだよ。
だから、事件に巻き込まれている人間が増えてもかまわない、とは言うまい?
君の主張は、その人間に「生じたコストのために死ぬ人間や、失敗で死ぬ」可能性をより高くすることに他ならない。
それも君が「コストの為に人間を殺す事も、失敗を前提に努力を放棄して人間を殺すことにも反対」するためだけに、だ。
ある部類の人間の命には拘泥する割に、一般人の命は危険に晒す可能性を増やしても「努力はすればいい」で終わらせる。
このあり方は、君の良心にかなうものなのかな?

>修復的司法で検索すりゃ出てくるよ。
どうも、廃止論者の方々は名前やURLを要求するとそういった言い方しかしないね…。

598 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:13:25 ID:FVLk/bea0
>死刑の廃止が無理だと言いきる理由は何ですか?

お前の様な馬鹿がいるからじゃないでしょうか。

599 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:16:52 ID:ijzjN/hs0
>>598
特定の個人が馬鹿であれば死刑の廃止が無理だと決めつける理由は何ですか?


600 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:18:33 ID:92xEygp/0
冤罪で無期刑で服してる間に病気になって
ろくな治療も受けられず亡くなる人だっているわけで。
これだって大変な人権侵害だと思う。

601 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:19:20 ID:YBUzpiia0
死刑を廃止した先進諸国の、殺人発生率が日本の3倍から10倍以上。
日本での殺人事件は年間1200件から1300件。
年間の死刑執行数は10件程度。

死刑を廃止した事により、日本の殺人事件が現状の3倍になれば、2000人以上も殺人による犠牲者が増加することになる。
このリスクを考慮すれば、廃止論者は死刑に無期懲役以上の犯罪抑止力が無いことを証明し無ければならない。

それとも、廃止論者は、死刑囚の命が、一般市民の命の200倍以上も重いと考えているのですか?

602 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:22:55 ID:FVLk/bea0
>特定の個人が馬鹿であれば死刑の廃止が無理だと決めつける理由は何ですか?

理由など必要ありません。決め付けと思う理由でもあるのでしょうか?
>無理だなぁー。
これはただの感想です。
まあ腹の底では1000%無理だと思っていますがね。
こう言う下らない言葉遊びで絡んでくるところが生理的に無理。

603 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:23:20 ID:hz5Ur1EVO
586:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2009/10/05(月) 21:44:41 ID:ijzjN/hs0 >>585
秋葉原の加藤、宅間が冤罪でない事を証明してください。



この発言だけで冤罪云々が単なる屁理屈だと証明されました。
そして被害者や遺族を完全に無視した犯罪者擁護でしかない事も良く分かりました。

604 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:32:48 ID:qQePe7qT0
嘘を百篇言い続けて本当らしく見せようとするのがyurikoのやり方。
ところが、あまりにも見え透いた嘘なので逆効果になっているのがyurikoの結果。
yurikoは何度も同じミスを犯しているのに学習できない大馬鹿者www
脳障害らしいから仕方ないねwww

605 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:34:36 ID:ijzjN/hs0
>>601
生活習慣も法律も全く異なる他の国と直接犯罪率を比較しても無意味です。
まずは死刑に犯罪抑止力があるとする根拠を示して下さい。
キーワード「悪魔の証明」

> それとも、廃止論者は、死刑囚の命が、一般市民の命の200倍以上も
> 重いと考えているのですか?
事件に全く関与していない冤罪被害者が死刑で命を奪われる可能性があれ
ば市民の命が奪われるのと同じことです。


606 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:37:06 ID:ijzjN/hs0
>>603
冤罪であれば警察と司法が犯罪の加害者となり死刑を執行された
被告が殺人事件の被害者となります。


607 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:40:24 ID:hz5Ur1EVO
>>605
話題を逸らすのに必死なのは分かるが、先に加藤や宅間が冤罪だと言う根拠を示してくれ。
無理なら逃げていいけどな。
自分が持ち出して自爆した冤罪の話題から早く逃げたいだろうし(笑)

608 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:46:55 ID:YBUzpiia0
>>605
死刑があることを承知の上で凶悪犯罪を敢行した犯人の殆どが、死刑判決の後上告しているという事実。
つまり、死刑より無期懲役を殆どの犯人が望んでいる。

では、死刑に無期懲役以上の犯罪抑止力が無いことを証明してください。

609 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:49:01 ID:ijzjN/hs0
>>607
加藤や宅間が冤罪では無いという根拠を示して下さい。

610 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 22:53:51 ID:XK9Uk5sf0
>>583
>おまえさんは「加害者を守る」姿勢なんだから180度違うだろうが、よく考えろ。
加害者を守る気などさらさらない。 罰を与えるべきとしか考えてないが?
と、答えになってないからね。 あなたはどっち?

>これは似てるようで全然違うことだからな、もしわからないようなら言ってくれ。
あなたの言いたい事は分かる。
俺はね、そのあなたが許せない奴でも、救わなければ犠牲がでるなら救うべきだと考えてる。
積極的に、ダメな人間をダメにする為に「救え」と言ってる訳ではない。
そういう人間は、強制的に施設に入れてしまえば良い、とさえ思ってる。
ただ、社会がそんな人間を放置する事で、犠牲になる人がいる事も現実なんですよ。

>ようするに、おまえさんは犯罪加害者が出たこと自体が、社会や環境のせいと思ってるんだよ。
なんで、俺の意見をあなたの解釈で決めつけ、俺を作り上げてんだ?
社会も悪いし加害者も悪い。 それ以上でもそれ以下でもない。

>それを踏まえてもおまえさんとは意見が一致するのかな?
人間を「人扱いしない」など、同意する訳ないだろうが。
そういう考えが、犯罪の温床だと思ってるからね。

>それによって出てきた加害者がまた被害者をつくった場合、おまえさんは被害者になんて答えるつもりだ?
あのね、現在、死刑になるような人間を社会に戻す事など、大反対ですから。

>おまえさんに足りないのは、想像力と責任感、そして他人の気持ちを汲む、人としての心だな。
あらそう。あなたはどんな責任を負って、どんな責任を果たしているんだ?
死刑を支持している国民が多い事で、死刑がある社会で、死刑を求め犯罪が起きた時、
死刑支持者は、どんな責任を果たしているんだろうね。
自分達は何の責任も果たさず、他者には責任を押し付けてるって感じか?

>たしか370あたりからレスしはじめたから探してみてくれ。
時間に余裕がある時に。

611 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 23:12:10 ID:XK9Uk5sf0
>>597
>君のキャリアについてアドバイスするが、飲食問わず、様々なコンサルに戻されることはまずないと思っていいんじゃないかな。
ありがとう。 でも、参考にはならんアドバイスだわ。

>すまんが、食品業界、こと飲食業には趣味の都合でそれなりに詳しくてね。
30坪、50坪、100坪、150坪、総売り上げの何%が適当な広告費だと思う?
それぞれ、年中無休だとして、売り上げの目標は? そこに掛ける経費、利益率は?
一概に答えなど出る事ではない。 昼か夜か、客層、立地、様々な環境で違った答えが出る。
それを、何の情報もない状況を「知っている」と断言するとこあたり、あなたらしいね。

>それを踏まえて、販売形態の変化にどう対応したのか、と聞いたのだがね
商品を絞り、売り切りの数を増やし、時間を短縮し、人件費・広告費などを削り、
客単を上げ、総合的に費用対効果を上げただけ。
確かに、有機野菜を中心にすれば「安定供給」は、難しくなる。
そこは企業努力になるわな。

こんな話をダラダラするつもりはないんだが。
クレームを真摯に受け止め、変化を受け入れ、より良い方向へ向かった例を認めるのか?

>ならば、現状より悪化する公算が高い行為はより「良し」とは言えるまいに。
その「公算」が正しい計算とは思えないからな。

>だから、事件に巻き込まれている人間が増えてもかまわない、とは言うまい?
「増える」が確定なら、こんな事は言わんよ。 減らす為に言ってるんだよ。

>君の主張は、その人間に「生じたコストのために死ぬ人間や、失敗で死ぬ」可能性をより高くすることに他ならない。
あなたの脳内の話をされてもね。

>どうも、廃止論者の方々は名前やURLを要求するとそういった言い方しかしないね…。
存置派に、自ら調べる人間が少ないからじゃないの?

612 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 23:14:55 ID:PYHiZxmh0
>存置派に、自ら調べる人間が少ないからじゃないの?

うわあ・・・廃止論者ってやっぱり自分に甘いな・・・

613 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 23:19:47 ID:hz5Ur1EVO
>>609
質問に質問で答えるなよ。
俺の質問に先に答えろ。
加藤や宅間が冤罪だと言う根拠は?

幼稚なレスで誤魔化すしか出来ないだろうけど頑張って答えろよ(笑)

614 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 23:42:50 ID:6AaRNPDL0
>>612
甘いというか、ろくに知らないのにデタラメ言ってるからでしょ


615 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/05(月) 23:52:31 ID:fI4Tv7MK0
中身のない煽りスレをしたいだけ

廃止派が中身のあるレスをしたり、情報を出すことは、滅多に無い
これも低脳の低脳たる由縁

616 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 00:55:37 ID:1JQ0/fEQ0
>>613
加藤や宅間が冤罪では無いという根拠を示して下さい。
これは全ての捜査や裁判に通じることですが人間の判断には誤り
があります。
死刑を廃止した国は例外なく冤罪による国家の殺人を回避するため
にその決断をしています。


617 :オバマが提案する「核兵器のない世界実現」を全面的に支持します:2009/10/06(火) 01:07:14 ID:XnyK/Rxw0
>>566
>もし、人々が、その時実現不可能に思える事業い勇気をもって立ち向かわなければ、
事業は実現しないどころか、最初から何もなかったように歴史の中に消えていくのです。

もし、人々が、その時実現不可能にみえる事業に対しても、勇気をもって取りかからなければ
事業は実現しないどころか、最初から何もなかったように歴史の中に消えていくのです。

618 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 01:07:39 ID:6aGqEs1n0
>>616
人間の認識メカニズムの限界に挑戦する気なら、
真っ先に君自身の認識が誤りであることを疑うべきなんだが。

619 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 01:09:18 ID:AJbYte4T0
・小沢の不正献金の件で西松の社長を逮捕したら、その日たまたま西松元専務が死亡。
・その3日後、重要参考人だった長野知事の元秘書がたまたま自殺。
・その後、小沢を告発していた元議員がたまたまソウルで心臓発作で死亡。
・民主支部家宅捜査の翌日にたまたま民主事務所から出火して全焼、全資料焼失。
・火事の第一通報者がたまたま民主党員の秘書だった。
・しかし「第一通報者は通行人」と報道した番組が複数あった。
・平成16・17年に鳩山の収支監査をやった花田順正税理士が衆院選の前日にたまたま心不全で死亡。
┌─────┐
│偶 然 だ ぞ |
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ

620 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 01:17:00 ID:bgZN1z1X0
>>616
お前は言葉が通じない異常者だと言う事は判った。
詭弁を弄して言葉遊びで勝っても失笑を買うだけだ。
周囲にお前に対する憎悪を撒き散らしてるだけだと
理解する頭がないらしい。

それにお前は墓穴を掘ってる。
お前の話は、人間には正確な認識が出来ない、
それが出来るのは神だけだ、だから許されない、
というキリスト教的な話と結びついていく。

語るに落ちたな。

621 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 01:56:35 ID:NIpXfkRv0
>>601
>死刑を廃止した事により、日本の殺人事件が現状の3倍になれば、2000人以上も殺人による犠牲者が増加することになる。
→そういう議論は、「死刑には凶悪事件に対する抑止力がある」という盲目的信仰に基づいているのです。
私はと観念さんは、これまで何度も、「凶悪犯罪発生の背景は単純なものではない」と主張し、
具体的事例(たとえば、死刑になりたかったと言った犯罪者)を挙げて、
死刑を中心とした犯罪対策は機能していないし、意味がないことを論証しました。
凶悪事件発生の背景には、社会環境、個人的病質などが複雑に絡んでいて、単純ではないのです。
私はナチスドイツの凶悪事件対策を厳しく批判してきました。
ナチに限らず、戦争の本質は人殺しであり、人間の尊厳を根底的否定することです。
映画「猿の惑星」の一シーンで記憶に残っているもので、
未来の地球は核戦争の結果、猿に支配され、人間は猿の奴隷となっています。
奴隷狩りから逃れた人間達は、地下に集まって、何やらを拝んでいます。
崇拝されていた物は、巨大な核ミサイル不発弾でした。
これには、象徴的意味があると思います。
「核こそが戦争抑止力がある」という盲目的信仰が絶対ではないし、非現実的なものです。
ソビエトがまだ健在だったころ、米ソの核兵器削減交渉が行われました。
そこでは、核ミサイルを「PEACE MAKER」(平和の死者)と呼びました。こうした婉曲表現は
政治の世界では珍しくありませんが、現実がどうであれ、偽善であり、猿の惑星の場合など、
「狂信」ともいえるののです。「どこか可笑しい!」と声を上げるべきなのです。
誰かのマンガで、犯罪気質にある男の脳に、「犯罪の欲求度が増したら、自動的に爆発するチップ」を埋め込みます。
この男が「幼児愛性癖」をもっているかどうかは不明ですが、どういうわけか小学校の用務員をしています。
確か、宅間も小学校の用務員だったこともありました。
死刑制度に単純な犯罪抑止力を期待するのは、この「爆発チップ」や「核ミサイル不発弾」に
愛を期待するのと同じことではないでしょうか。
まずは、死刑を廃止し、社会全体が「凶悪犯罪発生を絶対に許さない」と決意することです。
教育インフラ、経済インフラを整備していくことが、最大の犯罪抑止効果になるのです。


622 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 02:04:16 ID:6aGqEs1n0

願望と現実は区別した方がいいよ。

623 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 02:24:53 ID:z9OqYalE0
冤罪と死刑反対は別問題だと思う。
死刑に反対する人は、死刑囚が出ないような社会や
教育を考えた方が有意義だと思う。

624 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 02:37:46 ID:AuZZncn+0
廃止論者の強い味方は
冤罪問題とヨーロッパ諸国の死刑廃止
この二点のみだな。

625 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 02:46:00 ID:EwKaUGs+0
>>624
>廃止論者の強い味方
→存置派の味方はいないのです!
世界に目を向けましょう!

626 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 02:46:20 ID:6aGqEs1n0
>>624
冤罪で死ぬ可能性がある刑は死刑だけじゃないから、死刑だけの廃止論にはならないし、
ヨーロッパ諸国の死刑廃止論と日本の死刑廃止論は別物で、両立しようとすると理論的に矛盾するから、
実は全然味方にならない。

627 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 06:36:21 ID:S9Swa9V20
長文矢印が書き込めば書き込むほど廃止派の味方ですら遠ざかっていく現実w
こいつ正真正銘のアスペルガーじゃないか?w
人の心、空気を全く読めていない。

628 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 06:55:21 ID:SKMrUwut0
>>626
>冤罪で死ぬ可能性がある刑は死刑だけじゃないから、死刑だけの廃止論にはならない
→パスカルはパンセで、
「すべての人間は幸福になることを求めている。これには例外がない。そのための手段はいかに異なっていようとも、
彼らはみなこの目的に向かっている。これはあらゆる人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、
あらゆる行為の動機である」
「多数の人々が鎖につながれ、死刑を宣告されているさまを想像しよう。
幾人かが日ごとに眼前で絞め殺され、残った者は、自分たちも同じ運命をたどることを悟り、
悲しみと絶望の中で互いに顔を見合わせながら、自分の番がくるのを待っている。
これが人間の状態なのである」
…パスカルの人物評価や信仰は別にして、哲学者として鋭い見方だと思います。
「冤罪で死ぬ可能性がある刑は死刑だけじゃない」から、死刑囚はつべこべ言うな、というんですか。
もういい加減にしろ、と(笑)
「人間は必ず死ぬ。死に方を選べる人はいない」という冷厳な事実があります。
しかし、やはり悲劇をできるだけ避けようー無駄死にー死なくていい死をできるだけ避けようとするのは、
人間としての義務ではないでしょうか。
アメリカで何年も前に飛行機事故がありました。
飛行機の中に閉じ込められた乗客を救おうとしたのですが、ある男性は自分の身を犠牲にして、
次々に乗客を先に送りました。水面の下に沈んでいく男性は何を思ったのでしょうか。
死刑は要するに他者が強制的に、人の命を奪うという殺人行為に於いては変わらないのです。
正当防衛なら、殺人は奨励されるべきでしょうか。
一旦拘禁された犯罪者が社会に対していかなる脅威を与えるというのでしょうか。
日本の刑法に於ける、刑罰の極刑は死刑ですが、その次の厳罰は、実は「無期禁固」というものがあります。
これは、実は現在論議されている終身刑に最も近いものです。
そもそも、一方的な厳罰主義には与することはできませんが、現在の法制度を少し改編すれば、
死刑を廃止しても十分、対応できるということです。

629 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 07:15:07 ID:MpKlAaAl0
昨日の廃止論 ID:ijzjN/hs0 ID:1JQ0/fEQ0は、最後には、発狂したな。
ひょっとして死刑肯定派が、廃止論者の評判を落とすために、
廃止論者を騙っていたのではないかと勘繰ってしまうほどのウルトラ馬鹿だった。

>609 傍聴席@名無しさんでいっぱい 2009/10/05(月) 22:49:01 ID:ijzjN/hs0
>>>607
>加藤や宅間が冤罪では無いという根拠を示して下さい。

>616 傍聴席@名無しさんでいっぱい New! 2009/10/06(火) 00:55:37 ID:1JQ0/fEQ0
>>>613
>加藤や宅間が冤罪では無いという根拠を示して下さい。
>これは全ての捜査や裁判に通じることですが人間の判断には誤り
>があります。
>死刑を廃止した国は例外なく冤罪による国家の殺人を回避するため
>にその決断をしています。


630 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 07:22:06 ID:MpKlAaAl0
>>627
隔離スレで観念と二人だけで話していても、死ぬほどつまらないんでしょう。
気印の廃止論者だけで、現実離れした話をしていても全く虚しいだけ。

They are really nowhere men.
Sitting on their nowhere land.
Making on their nowhere plan for nobady.

631 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 07:26:24 ID:MpKlAaAl0
>>627
隔離スレで観念と二人だけで話していても、死ぬほどつまらないんでしょう。
気印の廃止論者だけで、現実離れした話をしていても全く虚しいだけ。

They are really nowhere men.
Sitting on their nowhere land.
Making on their nowhere plan for nobody.


632 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 08:40:32 ID:SKMrUwut0
>>627
>長文矢印が書き込めば書き込むほど廃止派の味方ですら遠ざかっていく現実
→いえ、存置派と共に、
私の主張に納得して、サイレントマジョリティーになっただけでしょう(苦笑)

633 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 08:55:30 ID:S9Swa9V20
馬鹿の一つ覚えでサイレントマジョリティーかよwww
そんなあなたに、信頼できる人物wの書いた以下の書き込みをご参考まで↓

カリフォルニアでは、まだ死刑制度がある。
それは、何より、住民の間では「極刑=最高刑=死刑」が必要という意識が高いためだ。
平たく言えば、「もし、人として一線を超えたら、普通の刑罰では、遺族の気もすまないし、
人間としても赦されない罪があるのではないか」と一般国民の頭にあるということだと思う。
例えば、何年か前スコット ピターソンというプレボーイが出産を間近に控えた妻を殺害し、
裁判の結果、死刑判決が下った。まだ確定したわけではないが、全米が注目し、何ヶ月もメディアを賑わした。
そのときも、大多数の人は、反省をするどころか、罰から逃れようとする男に対して、一片の同情をもたなかった。
死刑判決が下ったときも、誰一人、刑の不当性を訴えた人はいなかった(本人と親族以外)
つまり、アメリカの国民の大部分は、死刑という刑罰は必要だと思っているということだ。

634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 08:56:32 ID:S9Swa9V20
yurikoって、どうしてそんなにひどい脳障害になったの?
交通事故とも脳腫瘍とも言い訳しているけど、一体何が本当の原因なの?
お前の脳みその構造に心底疑問を抱くよ。
頭悪すぎ!

>6 名前:yuriko 投稿日: 2005/07/26(火) 04:47:40 [ NXLKpVpk ]
>続
>As I stated earlier, I had a near fatal auto accident many years ago.
>As a result of the accident I a(c)quired massive brain injuries.
>One of the most con(s)picuous symptom of the injuries was amnesia.
>The brain trauma affected my lingu(i)stic abil(i)ty the most.
>I tended to misspell words or (misplace) the order of words in a sentence.
>I tended to confuse between l and r.
>However, I came long way since the injuries to correct the problem.
>True, I still sometimes misspell words both in English and Japanese.
>However, I am trying very hard to make sure that I spell words
>correctly. All I can ask internet readers is to be
>more tolerant.
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1122233354/6
( )内はyurikoのタイポをこちらで修正した部分。原文のままではとても読めませんw


>151 :朝まで名無しさん:2007/08/17(金) 03:03:03 ID:ejVNs+bM
>>150
>>「どこから来てるの?」という質問にも答えてしまいました。
>退院してしばらくすると、自宅になぜか電話が掛かってくるようになり
>→というと、電話番号を教えたのですか?
>実を言いますと、私は交通事故で2年間入院していたことがあります。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1186490727/151


>642 名前:yurikoの後輩 ◆9J/o8x8BF. 投稿日: 2007/08/23(木) 03:59:30 [ 0LPWeSgM ]
>>632
>>交通事故で2年間入院したことがあるそうですが、あの常人を
>超越した独特の人格は、もしかして交通事故の後遺症
>→ど-でもいいことですが、ネタとして使われるのも嫌なので、
>訂正しておきます。
>私が入院してたのは事実ですが、病気でです。
>脳腫瘍です。
>人格に影響することはありませんでした。
>却って、頭よくなった気はしてます(笑)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1094923995/642

635 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 09:36:25 ID:EZcWdw+E0
詭弁君は死刑廃止になったら何か
やりたいことあるんじゃないの?


636 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 14:42:05 ID:8dNd14m9O
廃止されたら廃止されたで、またグダグダと他人にケチをつけだすと思う。


637 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 15:05:28 ID:IImHPKTc0
>>635
死刑が廃止になると、誰(というか、何をした奴)にどう利益があるかを考えれば直ぐ解るね。

638 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 16:50:40 ID:3N7Xg5sm0
>>637
>何をした奴)にどう利益があるか
→死刑が廃止されたイタリアで、
それまで死刑囚で、現在は終身刑を受刑指定田人達が暴動を起こしたそうです。
彼等の要求はなんと、「死刑制度を復活しろ!」だったのです。
イタリアの刑務所がどれほど厳しいものかはわかりませんが、
かなり厳しいものらしいです。
どこの国であろうと、凶悪犯罪を犯した人達に優しいとは思えません。
さすがに、拷問や肉体刑はないとは思います。
私は受刑者には、法で許される限りの人権が保証されるべきだと思います。
しかし、名古屋で刑務官の暴行によって受刑者が死ぬという事件がありました。
また、刑務所に勤める医官が、受刑者の睾丸を潰すという事件もありました。
もしかしたら、其の受刑者は連続強姦魔だったかもしれません。
終身刑が楽な受刑だという印象を与えるのは、何らかの意図があるような気さえします。
私達は死刑囚が何を思い、どんな生活をしているんのか、知らな過ぎると思います。
まずは、実態をもと知ってから、結論を出すべきなのです。

639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 16:54:45 ID:6aGqEs1n0

→つまり、迷惑長文矢印はまず現実を見るべきなのです。

640 :うっかりしてました:2009/10/06(火) 16:55:52 ID:3N7Xg5sm0
訂正>>638
>それまで死刑囚で、現在は終身刑を受刑指定田人達が暴動を起こしたそうです。

それまで死刑囚で、終身刑に減刑された人達が暴動を起こしたそうです。

641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 16:57:23 ID:6aGqEs1n0

→つまり、迷惑長文矢印はまず現実を見るべきなのです。

642 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 17:07:23 ID:2W3vhzex0
死刑存廃論でもう海外の話題出すのやめね?もちろん存置派廃止派共に。


643 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 17:23:45 ID:EZcWdw+E0
大量殺人の現行犯でも冤罪の可能性を
語ってた人はどこいった?

644 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 17:31:17 ID:8dNd14m9O
ほっといても夜になればまた来る

645 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 18:35:31 ID:UDMkUaNK0
>>643
>大量殺人の現行犯でも冤罪の可能性を
語ってた人はどこいった?
→横レスということのなるのでしょうが…失礼します。
刑法
第39条 心神喪失者の行為は、罰しない。
2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。
とあります。あまりに有名などで解説の必要はないと思います。

如何なる犯罪でも、そこに酌量すべき要件があるばあい、 冤罪が発生する可能性があります。
つまり、正しい裁判が行われず、不当に重い罰を科せらる恐れがあるのです。
現在、100人以上いる確定死刑囚の内、4割が再審請求をしているのですが、
その大部分は、その科料についてなのです。
たとえば、自分は確かに、3人殺した。しかし、その内の一人は正当防衛で、もう一人は
当時、覚醒剤とアルコールの影響で、酩酊状態で何も覚えていない。
といて具合に減免を求めているのです。
場合によっては、滑稽なものや時間稼ぎだけというものもありますが、
国民として請願権はあるのです。
また、本当だったら、公平な裁判が行われていなかったことを意味します。
つまり、極刑が死刑である以上、後になって、再審ということは殆ど期待できないのです。
死刑囚遺族が代理訴訟を起こすこともありますが、殆どないし、意味もない場合が殆どなのです。
死刑存廃問題以前に、公平な裁判が行われなければなりません。
「死人に口なし」という事態が絶対におきない、とは限らないのです。
それを見越してか、政府当局の既定方針は、「疑わしきは罰せず」と冤罪の可能性のある、
死刑囚を30年、40年と拘束し続けてるのです。
明らかな、意図的な人権侵害なのです。
多重人格者や記憶喪失者が実際に凶悪事件を起こした例はあるのです。
無実ではないにしろ、全く別の人格を罰するーまして死刑にしても、意味は全くないどころか、
司法の犯罪とも呼べるものです。


646 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 18:39:24 ID:1JQ0/fEQ0
>>556


647 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 18:41:10 ID:EZcWdw+E0
>>645
>如何なる犯罪でも、そこに酌量すべき要件があるばあい

ある場合と書いてるということは ない場合もあるってことだよね
その場合はどう?

648 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 18:41:48 ID:1JQ0/fEQ0
>>554


649 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 19:40:59 ID:6aGqEs1n0
>>92


650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 19:43:25 ID:LqZE3tPa0
サイレントマジョリティのひとりでしたが、yurikoさんにどうしてもひとこと。
あなたあまりにも勘違いが激しすぎるよ。
自分のわがままだけじゃなくてみんなと協調する精神はないの?
このスレの中で一番愛のない人は荒らし君でもなんでもなくて、自分だよ。
早く気付いてほしいよ。
このままじゃ存置廃止問わず総すかんだよ。

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 20:42:00 ID:UosQgHoZ0
>>650
もうすでに総スカンですから。
この人は、自分を認めてもらいたいだけ。
自分の意見が人に受け入れてもらい、「自分って凄い!」って思われたいだけですから。
この人も確かに問題だが、いちいち相手にしてる奴、おっかけ的な人間にも問題アリなんですよ。
こういう人は、完璧無視しか方法はないんだけど、イジメ大好きな人達がチヤホヤするからね。

あなたの気持は理解できるけど、レスを付けると喜ばせる結果になる。
レス内容は関係なく、ね。
相手にしないのが一番ですよ。

652 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 21:08:25 ID:7iZM2AF3O
>>651
>この人は、自分を認めてもらいたいだけ。
>自分の意見が人に受け入れてもらい、「自分って凄い!」って思われたいだけですから。


それってyuriko、観念、死刑反対君の全員に共通する特徴じゃね?


653 :義人:2009/10/06(火) 21:44:09 ID:BBA14dJf0
>>610
>加害者を守る気などさらさらない。 罰を与えるべきとしか考えてないが?
おまえさん、自分のレスの内容をしっかり把握してるか?
どうとらえても加害者擁護しかしてないんだって。きっちり整理してくれ。
そして俺は、「善良な市民」ひいては被害者擁護の姿勢だ。

>俺はね、そのあなたが許せない奴でも、救わなければ犠牲がでるなら救うべきだと考えてる
言ってることはご立派だが、俺の許せいない奴とは何度も述べているように、自分本位の感情や理由で加害者になったやつのことだ。
つまり、そんなやつらを救う必要はこれっぽっちもないと考えている。ただ罪を償えばいい。
そして、上の文でもわかるようにおまえさんはどうして、そうまでして加害者を擁護するんだ?なにか理由があるのか?

>そういう人間は、強制的に施設に入れてしまえば良い、とさえ思ってる。
>ただ、社会がそんな人間を放置する事で、犠牲になる人がいる事も現実なんですよ
上で言っている「そういう人間」がなにを指すのかイマイチわからない。
犯罪を犯してしまった人なのか、そうなる前の予備軍なのか、もしくはそれ以外の意味なのか。
そのどれになるかで俺が言いたいことが変わってくるので、教えてくれ。

>なんで、俺の意見をあなたの解釈で決めつけ、俺を作り上げてんだ?
>社会も悪いし加害者も悪い。 それ以上でもそれ以下でもない
これは実社会でも同じことなのだが、人のことは言動や行動などからしか判断できない。
何十年も連れ添った夫婦や家族ならまた別だろうが、他人同士が議論の場に出たときに
その人物を評価、判断する材料は口調、態度、言論の内容などになる。
そして俺が、おまえさんのレスから解釈、判断した結果そうなっただけということだ。
もし違う、と言うのであればおまえさんの説明不足または、俺に伝えきれなかった己の不備を恥じるべきだ。
これは俺にも言えることなので、理解できないことがあれば簡単に俺のことをわかったふりしてないでそう言うべきだ。

>人間を「人扱いしない」など、同意する訳ないだろうが。
>そういう考えが、犯罪の温床だと思ってるからね
ここで言う人間とは、犯罪加害者のことだろう?
被害者のことを人扱いせず(したとしても人権を侵害し、奪った)に自分本位な感情と理由で犯罪を犯した加害者を、
なぜ人扱いしないといけないんだ? それこそ被害者への人権侵害、ひいては冒涜になると俺は考えている。
上記のことを理解した上で、まだそれが犯罪の温床と言えるならその理由を教えてくれ。

>あのね、現在、死刑になるような人間を社会に戻す事など、大反対ですから
だからさ、何度想像力が……ってもういいよ。いいか? 説明するからな。
もし死刑が廃止され、終身刑に変わったとしよう。終身刑になったことでそこに使われる「善良な市民」のお金が
莫大に増えてしまうことについてはここでは触れない。
俺が言う出てきてしまう可能性とは、なにも恩赦とか刑の減軽だけではない。
脱走や、暴動など起きる可能性は0%ではない。俺が言いたいのはここの部分だ。
死刑になれば、上の可能性は0%にできる。
それを踏まえておまえさんに、もし囚人が出てきてしまい被害者を出してしまったときにどう責任がとれるのかと言っている。

>あらそう。あなたはどんな責任を負って、どんな責任を果たしているんだ?
>死刑を支持している国民が多い事で、死刑がある社会で、死刑を求め犯罪が起きた時、
>死刑支持者は、どんな責任を果たしているんだろうね。
>自分達は何の責任も果たさず、他者には責任を押し付けてるって感じか?
死刑を支持し、それを実行してもらうために税金を払っている我々市民がどう責任を果たしてないと言うんだ?
いいか? 日本の法律にしたがい、税金も払う。それが死刑と決まっているにも関わらずなかなか大臣の承認が出ないせいで
先延ばしになっている間、我々は苦渋を飲んでその死刑囚が暮らせるための維持費を払いつづけているんだ。
いったい、どこが無責任だというんだ? 税金を納めていないというなら納得もしようが。

俺がおまえさんは責任感がないといってる意味がわかっているか?
それはな、死刑を廃止し終身刑をもうけた場合にでる被害者にたいして責任もとれないくせに、
ましてそれに対する良案があるわけでなく、廃止廃止と言ってるから責任感がないと言っているんだ。

654 :存置派:2009/10/06(火) 21:50:51 ID:nXoIn0Zz0
>>611
>でも、参考にはならんアドバイスだわ。
という一言を「意図的に」ではなく、言ってしまうような口なのだろう?
コンサルや営業に回されることは無いと思うよ。

>一概に答えなど出る事ではない。 昼か夜か、客層、立地、様々な環境で違った答えが出る。
うん? その「昼か夜か、客層、立地、様々な環境で違った答えが出る」べき広告費を削って、
材料費のコスト上昇分を補ったと言っていたのは君だが? 設定が矛盾し始めたね。
また、150坪の飲食店、というのも、随分とイマジネーションが豊かなようだ。
君の会社は、町の定食屋からフードコートまで手がけているのかな?
(もっともフードコートの管理を飲食産業というのかも微妙なところだが)
ああ、ちなみに、そのどの坪数でも、広告費程度では材料費のコストの根本的な上昇は購えないよ。

>商品を絞り、売り切りの数を増やし、時間を短縮し、人件費・広告費などを削り、
>客単を上げ、総合的に費用対効果を上げただけ。
つまりは、まるっきり販売形態を変えたということだが、
そこで繰り返されるのが「定食屋の立地で高級レストランの商いはできない」ってことさ。
場所や交通から自ずと客層と人数は決まってしまうし、最適の商品の種類の幅、仕入れ、営業時間も決まってしまう。
君の提示した企業努力は、元が余程阿漕な商売をしてない限り、自滅への努力なんだ。
…さ、中学生が漫画で呼んだ知識を元に騙ってるわけでもあるまい? 
君の例が行ったウルトラCを早く提示してくれ。

>クレームを真摯に受け止め、変化を受け入れ、より良い方向へ向かった例を認めるのか?
…そうか。まだわからないのか。俺は君の成功体験はおろか、君の自称するキャリア諸共疑っているんだ。
まぁ、「信じてくれないならもう話さない!」といじけるのも結構だが、
その際、俺が「ところで俺はギリシャ神話のテミスの息子なんだ」と言ったらそれを信じてくれるんだろうね?

>「増える」が確定なら、こんな事は言わんよ。 減らす為に言ってるんだよ。
死刑にすれば、終身刑のようなコストもかからず、無期懲役のような再犯の可能性も起きない。
君の「人心の荒廃が以下略」という論拠も、君の述べる新しい倫理に
既存の倫理に従わない凶悪犯たちを従わせる魔法が見つからない限り、何の意味も持たない。
結局、他人に実現の可能性を思わせる部分の無い君の論理は、
>その「公算」が正しい計算とは思えないからな。
という、「自分が思えない」「自分がそう思う」以上を脱却するものではない。
それを聞かされてもこちらはまさに「あなたの脳内の話をされてもね」というものだ。

>存置派に、自ら調べる人間が少ないからじゃないの?
ディベート上は、自分の論理を補強する材料は、自分で提示するのが正常なんだ。
対立する側の材料を勝手に用意し、その材料を切り崩したところで、何の意味も無いからね。
例えば、存置派は、今まで自分の論理の裏づけとなるデータは、君から求められれば自ら調べて持ってきただろう?
それが正常なディベートと言うものだ。文系で大学に行ったら必要となるから、覚えておくといいよ。

655 :643:2009/10/06(火) 22:00:10 ID:zT00LDvV0
>>645
>>647横レスする位なら聞いたことには答えて欲しいな
ついでに聞くけど心身喪失者の定義は何?
ソレは誰が判断する?精神科医かな?
その精神科医が喪失状態じゃなかったと判断した大量殺人現行犯の場合でも
死刑なし?

>現在、100人以上いる確定死刑囚の内、4割が再審請求をしているのですが、
その大部分は、その科料についてなのです。
 
残りの6割についての能書きも語ってください

656 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 22:25:30 ID:UosQgHoZ0
>>653
>どうとらえても加害者擁護しかしてないんだって。きっちり整理してくれ。
あなたの「捉え方」の問題ですよね?
>加害者を守る気などさらさらない。 罰を与えるべきとしか考えてないが?
この言葉に嘘はない。

>つまり、そんなやつらを救う必要はこれっぽっちもないと考えている。ただ罪を償えばいい。
あなたが言う「そんな奴ら」は、事件を起こした後の人間、ね。
俺が救いたいと言ってる人間は、犯罪を犯す前の人間。
宮崎も宅間も、事件を起こす前に彼らを救えていたら、犠牲は生まずに済んだ。
それと、もう犯罪を犯してしまった加害者については、死刑にしない=救う、ではないから。
死刑にするより辛い刑を与え、その刑の中に「研究材料」としての要素を加え、
犯罪予防に役立つ知恵を社会は犯罪者から学ぶべきだと言っているんだよ。

>上で言っている「そういう人間」がなにを指すのかイマイチわからない。
何の努力もせずに、救いだけ求めるような人間。 
あなたが「救う必要はない」と言っていた人間たちだよ。

>もし違う、と言うのであればおまえさんの説明不足または、俺に伝えきれなかった己の不備を恥じるべきだ。
色眼鏡で見ずに、素直に意見を受け取ってくれるだけで良いんだが。

>上記のことを理解した上で、まだそれが犯罪の温床と言えるならその理由を教えてくれ。
犯罪者は、あなたと同じような思考で犯罪を犯すと思うよ。
自分にとって不都合な人間、苦痛を与える人間、憎しみの対象になる人間、
こんな奴等は「人間扱いする必要はない」と。 「殺しても問題ない」とね。
傍から見たら、全く道理に適っていなくても、その瞬間の当人には、犯罪の動機には十分な理由になる。
そんな考え・意識・価値観が、犯罪の温床だと考えているから。

>脱走や、暴動など起きる可能性は0%ではない。俺が言いたいのはここの部分だ。
それは、システムの問題。 管理・運営の問題。
管理・運営の力量がないから、人殺しが正当化できるのか?
車を運転し、人を引き殺す可能性があるから、運転手を殺せるか?
そんな可能性の為に、死刑を正当化できる訳がない。

>それを踏まえておまえさんに、もし囚人が出てきてしまい被害者を出してしまったときにどう責任がとれるのかと言っている。
その責任は、死刑を廃止した事に対しではなく、脱走や暴動を許した管轄だろ?

>死刑を支持し、それを実行してもらうために税金を払っている我々市民がどう責任を果たしてないと言うんだ?
反対している人間の税金も使われているよ。
しかも、被害者を無くす為の税金が、それを実現できず、事後処理に使われている。
存置派廃止派共に、立場は同じ。 「自分達だけは」と考えるのは違うだろ。

>それはな、死刑を廃止し終身刑をもうけた場合にでる被害者にたいして責任もとれないくせに、
あなた達存置派は、死刑囚が起こした事件の被害者や遺族に何かしてるんですか?

657 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 22:30:06 ID:S9Swa9V20
yurikoって、どうしてそんなにひどい脳障害になったの?
交通事故とも脳腫瘍とも言い訳しているけど、一体何が本当の原因なの?
お前の脳みその構造に心底疑問を抱くよ。
頭悪すぎ!

>6 名前:yuriko 投稿日: 2005/07/26(火) 04:47:40 [ NXLKpVpk ]
>続
>As I stated earlier, I had a near fatal auto accident many years ago.
>As a result of the accident I a(c)quired massive brain injuries.
>One of the most con(s)picuous symptom of the injuries was amnesia.
>The brain trauma affected my lingu(i)stic abil(i)ty the most.
>I tended to misspell words or (misplace) the order of words in a sentence.
>I tended to confuse between l and r.
>However, I came long way since the injuries to correct the problem.
>True, I still sometimes misspell words both in English and Japanese.
>However, I am trying very hard to make sure that I spell words
>correctly. All I can ask internet readers is to be
>more tolerant.
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1122233354/6
( )内はyurikoのタイポをこちらで修正した部分。原文のままではとても読めませんw


>151 :朝まで名無しさん:2007/08/17(金) 03:03:03 ID:ejVNs+bM
>>150
>>「どこから来てるの?」という質問にも答えてしまいました。
>退院してしばらくすると、自宅になぜか電話が掛かってくるようになり
>→というと、電話番号を教えたのですか?
>実を言いますと、私は交通事故で2年間入院していたことがあります。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1186490727/151


>642 名前:yurikoの後輩 ◆9J/o8x8BF. 投稿日: 2007/08/23(木) 03:59:30 [ 0LPWeSgM ]
>>632
>>交通事故で2年間入院したことがあるそうですが、あの常人を
>超越した独特の人格は、もしかして交通事故の後遺症
>→ど-でもいいことですが、ネタとして使われるのも嫌なので、
>訂正しておきます。
>私が入院してたのは事実ですが、病気でです。
>脳腫瘍です。
>人格に影響することはありませんでした。
>却って、頭よくなった気はしてます(笑)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1094923995/642

658 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 22:36:38 ID:6aGqEs1n0
>>656は詭弁 に一票

659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 22:47:59 ID:rrYE4w7W0
>>658
はぐらかしてばかりでマトモな答えになってねえしな。
自分のことを棚にあげて>>651見たいな事を平気で言うし。
自分自身にそっくり当てはまってんのにさ。

660 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 22:48:26 ID:UosQgHoZ0
>>654
>コンサルや営業に回されることは無いと思うよ。
あなたの「思うよ」は、当たってないよ。

>材料費のコスト上昇分を補ったと言っていたのは君だが? 設定が矛盾し始めたね。
ホントに気の毒な人だね。
そんな設定などしないで「広告費」とだけ言ったら、あなたが「知っている」と言いだした。
何が「矛盾」なんだよ。 付き合いきれないんですけど?

>ああ、ちなみに、そのどの坪数でも、広告費程度では材料費のコストの根本的な上昇は購えないよ。
うん、誰も「広告費だけで」賄ってるとは言ってないね?

>つまりは、まるっきり販売形態を変えたということだが、
全然。 和食は和食。 昼食屋は昼食屋。 夜は夜。 全く「まるっきり」ではないよ。

>君の提示した企業努力は、元が余程阿漕な商売をしてない限り、自滅への努力なんだ。
今の、有機野菜や健康食材に対しての飲食店の進出、需要、などご存じか?
野菜作りを知らない人間達が、生産者にクレームを付け、生産者がそれに応じ、
今までと違う商品を提供し始め、今のところ、流通・販売・飲食・そして生産者、
全ての利益が向上した。 時代が求めるサービスを提供出来ているからだよ。
アグリビジネス、低農薬・無農薬野菜・有機野菜・健康野菜、などで検索すれば現実を見れる。

>…そうか。まだわからないのか。俺は君の成功体験はおろか、君の自称するキャリア諸共疑っているんだ。
あっそう。 ご自由に。

>ディベート上は、自分の論理を補強する材料は、自分で提示するのが正常なんだ。
ふーん。 で、提示がなければ調べる努力も必要ないのか?

>例えば、存置派は、今まで自分の論理の裏づけとなるデータは、君から求められれば自ら調べて持ってきただろう?
どこが? 手始めに、死刑の特別な抑止力についてのデータを出してもらえるか?

あなたのように、下手な話のすり替えで、自己を正当化する事ばかりの議論など、
ディベートだとは思っちゃいないから。
しかもディベート目的ではなく、社会の安全の実現が目的なんでね。
建設的な議論も出来ず、信頼にも値しなければ、あなたのお相手はご遠慮するよ。

661 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:04:51 ID:UosQgHoZ0
>>654
>その際、俺が「ところで俺はギリシャ神話のテミスの息子なんだ」と言ったらそれを信じてくれるんだろうね?

話の流れ、憶えているか?
あなたが俺を「クレーマー」と言った。 
俺は「クレーマーで結構、クレームを言う権利はある、クレームで状況が変われば良い」と言った。
するとあなたが「クレームで状況が変わることなどない」みたいなことを言いだした。
俺は「経験があるし」と言い、その経験を話しだした。
すると今度は「信じない」と言いだした。
これをディベートなどと言いだした。
恥ずかしくないか? いい加減にしてもらいたんだよ。

クレームの力が信じられないなら、「つぼ八」とか調べてみ?
8坪も店からスタートし、クレームのおかげで全国展開したお店だよ。

俺には社会にクレームを付ける権利はあるし、クレームには現状を変える力がある。
俺が経験したクレームの経験も、あなたに信じてもらわなくても結構。
だが、ひとつひとつ自分の発言に責任を持ち、下手なすり替えで逃げんなよ。
役にも立たない机上論でちっちゃな知識を広げて悦に浸ってるようだが、バカバカしいんだよ。

何が「ギリシャ神話」なんだ? またすり替えか? 
逃げ出したいなら、黙って逃げろよ。 見逃してやるから。

662 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:12:23 ID:6aGqEs1n0
ID:UosQgHoZ0 は他人を批判するその目でまず自分を見たらどうか

663 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:18:37 ID:UosQgHoZ0
>>662
まずは、どこが詭弁なのか、説明してから話しかけてくれるか?

http://dic.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E8%A9%AD%E5%BC%81

何が「道理に合わないか?」どの辺が「虚偽なのか?」
まともな議論も出来ず、陰口みたいなレスしか付けれないなら出てくんなよ。
あなたの意見を俺に「はい、分かりました」と言わせたいなら、それに伴う責任を果たしなさい。
それが出来ないなら、しゃしゃり出てこないでもらえるか?

664 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:19:10 ID:kj4zXJoP0
>>656
いや、653の人だけじゃなく、俺もここに来てる人の中で長文の人とかもう2人位の
廃止派以外の人たちの殆どが、お前さんのこのスレのレスに加害者擁護の部分しか
発見できないよ犯罪者の責任追及を罰を与えることで済ましてるレスしかはっきり言って無い

同じ指摘を前にもしたけどねえ、懲りない奴だ本当に


665 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:22:57 ID:8dNd14m9O
「つぼ八がクレームのおかげで全国的に発展できた」というところを詳しくお願いしたい。


666 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:24:19 ID:hC67Ulgq0
ちっちゃな知識も披露できない廃止派

抑止力が無いという論拠や証明を示すことができず
逃げ回る廃止派

他人を説得できる能力がないから、結局特定の存置の足を引っ張るだけ
死刑の話では、なく意味のない話ばっかりで、内容がない
あとは議論から逃げ出すだけ
憐れで、情けなくて、しょうもない


667 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:31:55 ID:UosQgHoZ0
>>665
つぼ八は、来た客にクレームを求めたの。
クレームを出してくれたお客に「一品サービス」みたいな企画で。
そしたら、クレームが毎日届き、そのクレームを無くす店作りをしていった。
結果、お客に支持され、売り上げが伸び、店舗展開を図り、全国に進出した。
本も出てるし、飲食業界のは知ってて当然の話ですよ。


668 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:32:03 ID:8dNd14m9O
まぁまぁ、何日も頑張ってらっしゃるんだから、話ぐらいは聞いてさしあげましょうや。

669 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:34:52 ID:8dNd14m9O
>>667
なるほど。納得できる話しですな。
利益を与えることで素人から積極的な批判を引き出したわけですね。


670 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:35:01 ID:36fc4gym0
>>656

そもそも死刑廃止国は、クレームの力で死刑廃止したんだろうか?
そして、死刑廃止後に良い国になったのだろうか?
死刑廃止が社会の安全(犯罪抑止力)になるということだろうか?
そうはならないことを死刑廃止国が証明している。

死刑にするより辛い刑とはなんだろうか?
それなら、死刑は人道的ではないだろうか?

研究対象になるのは、犯罪前の状況・心理状態であって、
犯罪後の状況・心理状態を研究して何の犯罪を防ぐのだろうか?

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jacp2/
日本犯罪心理学学会、死刑が存置している日本ですでにこんな学会も
存在しているのに・・・・・。

671 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/06(火) 23:43:48 ID:2W3vhzex0
死刑廃止で終身刑でもいいよ。頼むから自由自足してくれ。
まあ利益の殆どは被害者の手に渡るわけだが。それで納得してくれ。

672 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:02:33 ID:PPDC9IiD0
>>671
一般人に可能で、利益が出て食っていける仕事があるなら、犯罪者でない求職者に先に与えるべき。

673 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:05:02 ID:K3AkzYId0
>>670
>そもそも死刑廃止国は、クレームの力で死刑廃止したんだろうか?
違うんじゃない?
人権擁護の観点から、廃止の流れが強まったんでしょ?

>そして、死刑廃止後に良い国になったのだろうか?
さぁね。 著しく悪くなった国はないようだけど。

>死刑廃止が社会の安全(犯罪抑止力)になるということだろうか?
廃止したら安全になる、ではないでしょう。
廃止する事で、生命への尊厳を尊ぶ価値観が生まれ育ち、それが社会に浸透しないとね。

>死刑にするより辛い刑とはなんだろうか?
終身刑や長期懲役刑。 労働や償いなどを義務付けた刑にするべきだね。

>それなら、死刑は人道的ではないだろうか?
人間が人間を意図的に殺す行為が人道的な訳がない。

>犯罪後の状況・心理状態を研究して何の犯罪を防ぐのだろうか?
何がどうなれば、事件を犯さずに済んだのか? の知恵は得られるでしょ?
犯罪の愚かさを啓蒙活動させても良いし。

>日本犯罪心理学学会、死刑が存置している日本ですでにこんな学会も存在しているのに・・・・・。
何を目的とし、どんな実績を上げているのか? 
国民の税金で成り立ってるはずだが、国民の利益になっているのか分からない組織ですよね。

674 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:08:46 ID:PPDC9IiD0
廃止論者が生命を尊いと定義すればするほど、それを私利私欲で奪った罪も重くなり、
死刑容認論にも正当性を与える。

675 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:16:10 ID:lhlg3Lol0
>>670
死刑廃止の要因の一つは、キリスト教社会の共通認識、人が人を裁くのは傲慢であるということ。
人間は神が創ったものであり、その人間が犯した罪を人間ごときが裁いてはいけない
=神しか裁けないのだから、犯罪者は一時的に隔離して、後で社会に返す(許そう)という考えがあるから。
これが死刑に反対している人たちの根底にあって、社会の安全とか人権云々は後付け理由。

676 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:16:50 ID:ewflvR4x0
そして低脳は一、二行の内容の無い煽りレスに戻る
低脳はもっと脳を働かせることが出来ないの?

677 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:22:29 ID:pWwpZFzy0
>>672
俺が考えているのはまず、農業で自分が消費するぶんだけの食料確保。
それからハムスターの様に延々と体を動かす形の人力発電。
これも自分たちで必要なぶんを発電してもらい。残りの電力は遺族や税金として国に没収される。
労働は一日強制的に20時間。

678 :義人:2009/10/07(水) 00:23:20 ID:5m+GFhBa0
>>656
>あなたの「捉え方」の問題ですよね?
>加害者を守る気などさらさらない。 罰を与えるべきとしか考えてないが?
>この言葉に嘘はない
わかった。おまえさんが過去にレスしていた加害者擁護的な発言は俺の「捉え方」が悪かったとしよう。
だが、今後加害者擁護のレスを見かけたら許さないし、それはイコールおまえさんの論理の破綻とみなす。

>あなたが言う「そんな奴ら」は、事件を起こした後の人間、ね。
>俺が救いたいと言ってる人間は、犯罪を犯す前の人間。
>宮崎も宅間も、事件を起こす前に彼らを救えていたら、犠牲は生まずに済んだ。
>それと、もう犯罪を犯してしまった加害者については、死刑にしない=救う、ではないから。
>死刑にするより辛い刑を与え、その刑の中に「研究材料」としての要素を加え、
>犯罪予防に役立つ知恵を社会は犯罪者から学ぶべきだと言っているんだよ
犯罪予防、たしかに実現できれば一番良いだろう。だがおまえさんはもう少し現実を見た方が良い。
残念ながら今の俺にはそれを実現できる具体案が一つも浮かんでこない。おまえさんは何かあるかい?

>何の努力もせずに、救いだけ求めるような人間。 
>あなたが「救う必要はない」と言っていた人間たちだよ
>>610と上記をつなげた上で言うが、もし犯罪を起こしそうな人を事前に施設にいれるなり捕まえる。
なんて本気で考えているなら、それこそ映画の世界になってしまうぞ。実際に「マイノリティリポート」と言うのがあるから見てみるといい。
ようするに、ここでも現実的でないんだ。もし可能だと思う具体案があれば聞くぞ。

>色眼鏡で見ずに、素直に意見を受け取ってくれるだけで良いんだが
たしかに、俺は眼鏡を掛けているが…決して色つきではない。
すまん、つまらん冗談だ。
俺はおまえさんに伝わりきらなかったという己の不備に憤っているよ。

>犯罪者は、あなたと同じような思考で犯罪を犯すと思うよ。
>自分にとって不都合な人間、苦痛を与える人間、憎しみの対象になる人間、
>こんな奴等は「人間扱いする必要はない」と。 「殺しても問題ない」とね。
>傍から見たら、全く道理に適っていなくても、その瞬間の当人には、犯罪の動機には十分な理由になる。
>そんな考え・意識・価値観が、犯罪の温床だと考えているから
これなんだけどさ、もし本当に俺みたいな思考、意識、価値観の人間が犯罪を犯すとするなら。
なにも本当に犯してしまった加害者に税金を使って研究するより、俺のようなまだ善良な市民に踏みとどまってる
人々で研究すればいいんじゃないか?
よって犯罪加害者を人道的に研究する必要は生まれなくなる。
俺じゃないぞ、おまえさんが言ったんだからな。

679 :義人:2009/10/07(水) 00:24:46 ID:5m+GFhBa0
長くなってしまったので続き&連投スマン
>それは、システムの問題。 管理・運営の問題。
>管理・運営の力量がないから、人殺しが正当化できるのか?
>車を運転し、人を引き殺す可能性があるから、運転手を殺せるか?
>そんな可能性の為に、死刑を正当化できる訳がない
これが詭弁だと言っている。システムが問題なんだろ?
なら人をひき殺す可能性のある車を無くせばいいが普通じゃないのか? なんで運転手なんだよ。
まぁいいや、元に戻そう。管理、運営の問題と言うがそれが整ってない段階で死刑を無くす意味はなんだい?
いや、本当に時間をかければ100%脱走も暴動もおきなくなると思っているのか?

>その責任は、死刑を廃止した事に対しではなく、脱走や暴動を許した管轄だろ?
だから、死刑があればそれすら起きる可能性がなくなるって言ってんだよ。
しかもその言いぐさを聞く限り、ほんとに廃止したあとの事を真剣に考えてないんだろう?

>反対している人間の税金も使われているよ。
>しかも、被害者を無くす為の税金が、それを実現できず、事後処理に使われている。
>存置派廃止派共に、立場は同じ。 「自分達だけは」と考えるのは違うだろ
被害者を無くすためって、だからどうすればできんの? マイノリティリポート?
死刑を執行してもらいたい存置派の税金も、執行されずにずっと生かされてるやつらに使われてる。
そういうのはお互い様っていうんだよ。誰も自分たちだけはとは言ってないだろ。

>あなた達存置派は、死刑囚が起こした事件の被害者や遺族に何かしてるんですか?
なにもできないし、それが悔しいよ。だからこそせめて、遺族の心が少しでも癒されるようにその元凶を
断って欲しい。そう思って死刑存置派は生きているはずだ。
俺はそれ以上に過激な考えを持つ上位刑を望む者だから、逆に遺族にとっては迷惑な考えになってしまっているかもとは常々思っている。
だからこそ、廃止派が何を考えて、何を思いそうなったのか聞きたかったのだが。
今の現状では到底納得できる説明をしている者は一人もおらん。
廃止にするとなにかおまえさんたちにいいことでもあるんじゃないかと疑ってしまうよ。

680 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:27:56 ID:LDOj+hp+0
>>673
>終身刑や長期懲役刑。 労働や償いなどを義務付けた刑にするべきだね。

現行の無期懲役とはどう違うのですか?

681 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:29:42 ID:pD9ZRgqHO
>>677
それは人権的な意味でクレームの対象にはなりませんか?

682 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:31:29 ID:lTnJkPb40
中川昭一氏の死亡。
人間の業はかくの如き、深きもの。
それでも君は殺人者に死ね、死ね、死ねといえるのか。
中川昭一氏の死亡。
人間の背負った運命の業はかくの如き、深きもの。
それでも君は殺人者に死ね、死ね、死ねと殺すことができるのか。



683 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:33:20 ID:lTnJkPb40
Each event is a link in the chain, bringing him to this moment.
We wonder what the probability of such a series of events is.
One in a thousand? A million? A trillion?
Such a thing could never be calculated.
That is life−anything is possible, everything infinitely unlikely,
yet among all the improbable events, something must always be chosen,
something must occur.


684 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:35:39 ID:pD9ZRgqHO
>>682
言うどころか執行のボタンだって平気で押せますよ、コピペさん。
それより、そんなナイーブなことでよく生きていけますね?

685 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:38:11 ID:pWwpZFzy0
>人権的な意味で

他人の生命を奪った奴に人権はもう必要無いし存在しないと考える。
クレームも対象外。生存権だけは認めてやる、と。
労働を拒否する人への対策として、一日ごとに規定額分の被害者や社会への返済を済ませる事。
すませなければ食料に有りつけない。餓死しようがどうなろうが当然。


686 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 00:41:36 ID:YoJkp2EM0
>>673

>人権擁護の観点から、廃止の流れが強まったんでしょ?

では、クレームうんぬんは関係ないのではないだろうか?
また、死刑より辛い刑罰を与えるなら人権擁護でもないですね。

>さぁね。 著しく悪くなった国はないようだけど。

それでは、死刑廃止は社会の安全には役立たないわけですね。

>廃止したら安全になる、ではないでしょう。
>廃止する事で、生命への尊厳を尊ぶ価値観が生まれ育ち、それが社会に浸透しないとね。

死刑廃止は、実質、殺人を犯した凶悪犯罪者の生命の尊厳しか扱っていないので、
教育的効果などないですね。それは、死刑廃止国が証明していますね。
それが社会に浸透しているかを図るパラメータは「殺人率」。

>>死刑にするより辛い刑とはなんだろうか?
>終身刑や長期懲役刑。 労働や償いなどを義務付けた刑にするべきだね。

まず、償いは、誰が誰にするもの?
死刑級の凶悪犯罪は、どのようにすれば償ったことになるの?

>>それなら、死刑は人道的ではないだろうか?
>人間が人間を意図的に殺す行為が人道的な訳がない。

矛盾してますね。
人間が人間を意図的に長期・終身監禁し、あなたが人道的でないとする
死刑よりも辛い刑罰を、犯罪者に与えるのでしょう?
そうなら、あなたが考える辛い刑罰のほうがもっと非人道的ではないですか?

>>犯罪後の状況・心理状態を研究して何の犯罪を防ぐのだろうか?
>何がどうなれば、事件を犯さずに済んだのか? の知恵は得られるでしょ?

これは、すべて犯罪前の状況・精神状態に関連し、犯罪後のものではありません。

>犯罪の愚かさを啓蒙活動させても良いし。

死刑囚でも可能です。

>>日本犯罪心理学学会、死刑が存置している日本ですでにこんな学会も存在しているのに・・・・・。
>何を目的とし、どんな実績を上げているのか? 
>国民の税金で成り立ってるはずだが、国民の利益になっているのか分からない組織ですよね。

何がどうなれば、事件を犯さずに済んだのか?または再犯防止の知恵は得るための研究機関ですよ。

687 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:05:17 ID:lhlg3Lol0
>廃止する事で、生命への尊厳を尊ぶ価値観が生まれ育ち、それが社会に浸透しないとね。

死刑を廃止したところで、何十年経ってもその価値観が社会に浸透しないことは廃止国が証明しているな。
つまり、死刑廃止はそのような価値観を浸透させることに大した意味を持たないということだ。

688 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:06:36 ID:9dbFo7sM0
>>556


689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:07:49 ID:pD9ZRgqHO
>>685
あなたがそう思うのは勝手ですが、死刑にクレームをつける人間がその罰則にクレームを付けないはずがない。


690 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:09:37 ID:9dbFo7sM0
>>554


691 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:12:10 ID:x8CxvS3gO
>>687
むしろ、日本の方が根付いてるよな。
殺人事件に対する嫌悪感はハンパないし、不況の中にあって殺人は1500件も無い。

692 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:15:05 ID:PPDC9IiD0
>>92

693 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:15:21 ID:x8CxvS3gO
義人って、端から端まで死刑反対君だな……

694 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:15:48 ID:K3AkzYId0
>>678
>残念ながら今の俺にはそれを実現できる具体案が一つも浮かんでこない。おまえさんは何かあるかい?
人生を生きていく上で、の教育全体の見直し。
凶悪犯罪を犯す人間には、「社会に適応できていない」という共通点がある。
現在の教育では、フォローしきれない事を認め、セーフティネットを設け、適応できない人間を保護する。
この教育の基準、保護の基準は、実際に犯罪を犯すまでに追い込まれた人間からしか学べない。
それと、経済(金)の為の社会ではなく、人間の為の社会を再構築するべき。
この基準にも、現在の犯罪者の経験は役に立つはず。
刑罰は、逃げ出そうとした社会に残す事で、それまでの人格を再教育する必要性を与える。
今までの自己を否定し、社会に適応できる人間に改造される。
これは、死刑に相当するよ。 しかも、それを社会に晒せば良い。
どんな苦しい生活が待っているのか、を一般人が理解できれば、抑止に繋がる。

>ようするに、ここでも現実的でないんだ。もし可能だと思う具体案があれば聞くぞ。
映画の話ではない。
社会に適応できていない人間で、コミュニティを作れば良い。
上で出てるが、休耕地を与え、農産物を作らせたり、船を与え漁に出ても良い。
山にこもり、山林の整備でも良い。
現在の日本では、求人はあるが募集に来ない仕事など、山ほどある。
昔、戸塚ヨットがあったが、あんな施設が合法の範囲内で国が運営したら、余程、国力が上がると思うよ。

>俺のようなまだ善良な市民に踏みとどまってる人々で研究すればいいんじゃないか?
「仮定」を基に、人間の人生を左右するのは、危険だと思いますけど。

>いや、本当に時間をかければ100%脱走も暴動もおきなくなると思っているのか?
その時はね。 でも永遠ではない。 犯罪も進化するから、防犯も進化するべき。
環境が整ってない状態で、「死刑廃止しろ!」などと叫びはしない。
死刑に頼らない社会を築く意識が生まれ、制度が変わり、環境が整って、初めて死刑が廃止される。
まずは、意識だよ。 意識を変える事が一番の難関だろうけどね。

>しかもその言いぐさを聞く限り、ほんとに廃止したあとの事を真剣に考えてないんだろう?
人類は月にも行ったんだよ。 本気になれば犯罪など無くせるはずだ。
何故、無くならないか? 犯罪を無くす事より、優先させることがあるんじゃないか?
経済や国の体裁や政治的な環境とか。
犯罪を無くす為に金と時間を使い、国がそれを重視するなら、もっと犯罪は減るよ。

>誰も自分たちだけはとは言ってないだろ。
なら、「どんな責任を取るんだ?」などと言うべきではないんじゃないの?

>廃止にするとなにかおまえさんたちにいいことでもあるんじゃないかと疑ってしまうよ。
俺への良い事は、安全な社会が実現する事。 息子が遊びに行っても心配いらない社会になる事だ。
死刑が存置される社会で、それが実現されるなら、死刑に反対などせんよ。

695 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:17:45 ID:YoJkp2EM0
>>689

反対派に対して、死刑廃止は罪刑不均衡を招くからいけない
というクレームを出すと改善して死刑に賛成してくれるのですか?

696 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:21:00 ID:x8CxvS3gO
>>694
>現在の日本では、求人はあるが募集に来ない仕事など、山ほどある。

犯罪者に回す事に税金を使うなら、そういう産業の雇用条件の改善に勤めた方が建設的。
優先順位を履き違えてるな。

更に言えば、社会に適応できない人間のコミュニティーなんて、体の良いセーフティネットにしかならない。
ちょうどアメリカのテキサスのような問題に発展する事請け合い。土地もひたすらにひたすらに無駄。

697 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:30:08 ID:K3AkzYId0
>>686
>また、死刑より辛い刑罰を与えるなら人権擁護でもないですね。
俺は、人権擁護の為に死刑反対を謳ってる訳ではないんで。

>それでは、死刑廃止は社会の安全には役立たないわけですね。
死刑廃止を、社会の安全の為に利用してる国を知りません。

>それが社会に浸透しているかを図るパラメータは「殺人率」。
あなたの理屈だと、死刑の執行が多い国の殺人率は、どう説明しますか?

>まず、償いは、誰が誰にするもの?
加害者が被害者及び遺族へ。 個人的には加害者の家族も償いに参加するべきと思ってる。

>死刑級の凶悪犯罪は、どのようにすれば償ったことになるの?
被害者及び遺族から赦しが得られるまで。

>そうなら、あなたが考える辛い刑罰のほうがもっと非人道的ではないですか?
教育し、労働させ、償いを強制する。 その為に拘束し自由を奪う。
犯罪を犯した者に対する行為として、これが非人道的とは思っていない。

>これは、すべて犯罪前の状況・精神状態に関連し、犯罪後のものではありません。
何言ってんの?

>死刑囚でも可能です。
死刑という刑を理解した方が良い。
死刑と宣告された時点で、罰は与えられたとし、それ以上の強制を断じているんだよ。
出来るならやってもらってくれ。 それで死刑が維持できるなら、努力するだろ?

>何がどうなれば、事件を犯さずに済んだのか?または再犯防止の知恵は得るための研究機関ですよ。
あらそう。 では、機能していないね、と言うしかない。


698 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:32:35 ID:pWwpZFzy0
>>689
言わせておけばいいでしょ。ところであなたは存置派?廃止派?

699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:38:41 ID:K3AkzYId0
>>691
>殺人事件に対する嫌悪感はハンパないし、不況の中にあって殺人は1500件も無い。
その1500件の犠牲者は生贄か? 減らす努力は? 他国より少ないからOKか?
それを半分にする努力、さらにその半分、いずれは0にする為の努力は必要ないのか?

死刑だけに頼ってるような治安では、限界が来てるとは思わんか?




700 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:40:51 ID:x8CxvS3gO
>>699
そうだな。死刑廃止なんて無意味で危険性の高い事に時間と金を割くよりは、防犯に力を入れるべきだと俺も思うよ。

701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 01:50:31 ID:PPDC9IiD0
>>677
そんな事が可能だとは思わないが、可能だったとしても、
そのために死刑廃止しなければならない理由も無い。

702 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 02:16:49 ID:x4jJ81Q/0
ここまで読んで廃止論者の死刑廃止以後のビジョンは稚拙過ぎる。
実現不可能なことばかり。
結局、廃止になったとすれば、今の無期懲役が実質、死刑の代わりとなるだけ。
受刑者が30過ぎてたら実質の完全終身刑だろうし、
それより若ければ、出てくる可能性も無いわけではない。
それで、満足できるか?という前提で議論しないと空論だろ。
犯罪が起こらない世の中がいいに決まってるが、
人類史上そんな時代は無かった。

703 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 02:19:31 ID:K3AkzYId0
ちょっとスレチになるが、自民党社会では、日本は終わってたよ。
民主党になって、本当の変革が為されなければ、日本の国力は落ちてく一方だろう。

子供を作らない国民、何の為か分からない教育、権力者の為の経済、国の為の政治、官僚の為のシステム、
国の体裁を保つ為の刑罰・司法、経済の為の常識、国民を欺く為の習慣、行き先が見えない社会、
こんな世の中で、部品の一部のような人生を強いられ、それを幸せと思い込ませる価値観、
本当に、犯罪者だけを罰すれば、それで済むと思えるのか?

社会に出て、夢や目標が自分を突き動かす原動力である事を知った。
自分を保つ事が、いろんな出来事に左右されない自己を支えてくれる事を知った。
罰を怖がってではなく、他者に迷惑をかけない為に、ルールを守る事を知った。
社会の一員として、果たすべき義務・負うべき責任の重要性を知った。
目に見えないものは、目に見えないモノでしか得られない事を知った。
金や名誉、権力や名声が幸せを与えてくれる訳ではない事を知った。
自分が困った時、社会は無力な事を知った。
警察は市民の見方ではなく、自分の出世の為に市民を監視している事を知った。
自分に為に生きる事が、この国では難しい事を知った。

子供の頃に知っていたなら、もっと賢い生き方が出来ただろうと思う。
一歩踏み外せば、自殺か犯罪を犯すか苦しい人生を受け入れるしか無い社会で、
今の世の中の何を信頼し、何に安心し、何処に向かえば良いのか? 知ってる人間ってどの位いるんだろう。

人間が人間を殺す目的で殺す行為を正当化している社会で、何が正義なのか?分からない。
深く、死刑制度、現在の刑罰の在り方を考えて頂きたい。
他者を罵って、ストレスを発散させるのも良い。 ここならさほど影響はないだろうから。
でも、刑罰の目的を真剣に考えてもらいたい。
犠牲に遭ってから、世の中を呪っても、時すでに遅しだよ。

世の中は、変革の時代になってる事くらいは認めて頂きたいね。

704 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 02:26:42 ID:PPDC9IiD0
>>702
それだと廃止論に勝ち目が無いから、廃止論者は理屈や権力でひっくり返そうとしているわけで、
どちらにしても・・・

705 :義人:2009/10/07(水) 02:29:23 ID:5m+GFhBa0
>>693
釣りか? それとも俺の説明不足なのか? 俺は廃止派ではなく上位刑施行派だ。

>>694
>人生を生きていく上で、の教育全体の見直し。
>凶悪犯罪を犯す人間には、「社会に適応できていない」という共通点がある。
>現在の教育では、フォローしきれない事を認め、セーフティネットを設け、適応できない人間を保護する。
>この教育の基準、保護の基準は、実際に犯罪を犯すまでに追い込まれた人間からしか学べない
教育全体の見直しはどんどんやってもらって結構。
しかし、凶悪犯罪者が社会に適応できていないからそこを研究し、基準を作るというのはありえない。
なぜなら適応できてないから犯罪を犯すというその自分本位な感情、理由がおかしいからだ。
普通の人は「適応できてない」から「適応できるよう」努力をするものだよ。
そこを甘えてしまうと言うなら、結局はどんなに救いを施そうと、どんな助けをしようとも犯罪を犯すやつは出てくるよ。
あとな、最後の行。「実際に犯罪を犯すまでに追い込まれた人間」、この表現が加害者擁護に他ならぬと言っている。
わざとじゃないなら、今ここで理解して次から気をつけて書き込め。ホントに許さんぞ。

>これは、死刑に相当するよ
死刑に相当するなら、死刑のままでなんら問題ないだろ。コスト的に見てもそうなる。
もし反論に人道的に見てなんて言うなよ? その人の道を先に踏み外し、被害者の人権を奪ったのは他ならぬ加害者なのだから。

>「仮定」を基に、人間の人生を左右するのは、危険だと思いますけど
そのまま返そうか。おまえさんもその「仮定」とやらを元に、まだ犯罪を犯していない人々をマイノリティリポートよろしく
施設に強制送還などしようとしてなかったか?

>その時はね。 でも永遠ではない。 犯罪も進化するから、防犯も進化するべき。
>環境が整ってない状態で、「死刑廃止しろ!」などと叫びはしない。
>死刑に頼らない社会を築く意識が生まれ、制度が変わり、環境が整って、初めて死刑が廃止される。
>まずは、意識だよ。 意識を変える事が一番の難関だろうけどね。
永遠でないなら、やはりコストの面など考慮しても終身刑より死刑のがいいだろう?
なぜなら死刑になった囚人が外にでて被害者をつくることは「永遠に」ないからだ。
上でも述べたが、その終身刑の制度が100%安全に囚人を外に出さないシステムになることは「永遠に」こないよ。
だからおまえさんが言う、環境が整うことはあり得ない。
そして意識を変えると言うが、俺にしろおまえさんにしろ、こうまでして議論してもなかなか変わるものじゃないんだ。
だからこそいいたい、現実をまず見てそしてできたら、おまえさん自身のレスをよく見て整理してからレスしろと。

>人類は月にも行ったんだよ。 本気になれば犯罪など無くせるはずだ。
>何故、無くならないか? 犯罪を無くす事より、優先させることがあるんじゃないか?
>経済や国の体裁や政治的な環境とか。
>犯罪を無くす為に金と時間を使い、国がそれを重視するなら、もっと犯罪は減るよ
犯罪を無くすことは現実的に無理だろう。それは国や経済の体裁とか政治的な環境は一切関係ない。
もし「本気」で考えているなら、我々人類が滅亡するしかないだろう……まぁこれは詭弁だな。

>なら、「どんな責任を取るんだ?」などと言うべきではないんじゃないの?
まずは文を理解す……いや俺の説明不足だな。
俺が言った「どんな責任をとるんだ?」とは「現状」の死刑制度を無くしたときに
終身刑などで万が一塀の外へ出てきてしまった犯罪者が被害者をつくったときに
おまえさん、ひいては廃止論者はどうその被害者や遺族達に責任をとるんだ? と言ったまで。
なぜなら、「現状」の死刑制度のままならそんな責任は発生しないからだ。わかったかい?

>俺への良い事は、安全な社会が実現する事。 息子が遊びに行っても心配いらない社会になる事だ。
>死刑が存置される社会で、それが実現されるなら、死刑に反対などせんよ。
死刑が廃止され、終身刑がもうけられた時に万が一その犯罪者が塀の外へ出てきて、おまえさんの息子を殺したとしたら、
おまえさんはまだ、死刑廃止を訴え続け加害者に更生の道や、おまえさんの税金で生かす事に耐えられるのかな?
俺は無理だね……

706 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 03:10:03 ID:K3AkzYId0
>>705
>なぜなら適応できてないから犯罪を犯すというその自分本位な感情、理由がおかしいからだ。
犯罪を犯すタイプは大きく分けて2種類と言って良いだろう。
社会に適応できていないタイプと、現在の状況を良くしようと考えてのタイプ。
一生懸命、努力した結果、耐えられない孤独に襲われてる人間もいるんだよ。

>わざとじゃないなら、今ここで理解して次から気をつけて書き込め。ホントに許さんぞ。
許してもらわなくても良いよ。 現実だから。
何も、犯罪加害者を擁護するつもりはない。 犯罪を犯したら罰すれば良い。
だが、その原因が加害者本人だけの問題では解決できない環境もある。 これは事実だから。
突発的で安易な犯罪を言ってるんじゃない。
計画的で、非人間的な行為を求めるところまで追い詰められた人間はいるんだよ。
しかも、死刑囚になるような人間には多い。
社会の無関心・放置が生んだ事件など、ザラだから。

>その人の道を先に踏み外し、被害者の人権を奪ったのは他ならぬ加害者なのだから。
刑罰は、仕返しではないんで。
死刑に相当する苦しみを与えるなら、何も殺す必要はあるまい。 
あなたが嫌いな「人として」ね。

>施設に強制送還などしようとしてなかったか?
宅間も宮崎もサカキバラも、その他の犯罪者も、何らかの予兆はあった。
その時点で、何らかの処置が出来ていたら、被害者は生まれなかった。
当人だけの問題ではなく、家族の問題もある。
何の予兆もない人間を拘束しようなどと言ってる訳ではないんで。

>永遠でないなら、やはりコストの面など考慮しても終身刑より死刑のがいいだろう?
「金の為に人を殺せ」ですか? 反対です。

>そして意識を変えると言うが、俺にしろおまえさんにしろ、こうまでして議論してもなかなか変わるものじゃないんだ。
そう、簡単じゃない。 でも不可能でもないよ。
明日、明後日に結果を出そうなんて思っちゃいないから。

>犯罪を無くすことは現実的に無理だろう。それは国や経済の体裁とか政治的な環境は一切関係ない。
いいや、出来るよ。 絶対に。
一族から犯罪者を出したら、どうなる? 悲惨な人生が待っているが、
それを知らない国民が多い。 なぜなら、隠しているから。
事実を知ったら、身内から犯罪者を出さない努力をするよ。
まして、加害者だけが悪く、自分ら身内は関係ない、なんて態度はとれないから。
家族から地域、地域から社会へと犯罪に対する責任を課せば、もっと防犯の意識は高まる。

>おまえさん、ひいては廃止論者はどうその被害者や遺族達に責任をとるんだ? と言ったまで。
だから、それはお互いさまでしょ? 存置派だって何も出来てはいないんだから。

>おまえさんはまだ、死刑廃止を訴え続け加害者に更生の道や、おまえさんの税金で生かす事に耐えられるのかな?
何度でも言うよ。
死刑の有無の問題ではなく、管理の問題。
管理しきれなかった管轄を訴えるかもね。
死刑廃止を支持し、労働を与え、自らの収入で生かすべきと訴えるよ。


707 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 03:42:08 ID:x8CxvS3gO
>>705
すまん。なんか勘違いしてたみたいだな。多分読むレスがずれてたんだと思う。

708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 03:43:59 ID:x8CxvS3gO
>>706
自分が他人の命にさえ関心が持てないのに、他人にばかり自分に関心を持てなんて言っても、そんなもん、通用する訳が無いだろうよ。

709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 04:12:25 ID:PPDC9IiD0
>>706
君の話を要約すると

「死刑相当の犯罪者は、やむをえない何らかの理由で何らかの予兆があったはずだから誰か何とかできたに決まっている。
どんな理由でのどんな予兆に誰がどうすべきかはお前らが考えて実行しろ」

こんな他力本願の駄々は、君のパパやママには通用したかもしれないが、
社会一般では普通相手にされないぞ。
君だってそんな仕事の押し付けられ方したらやらないだろ?
というか君は現に何だかんだ理由くっつけてやらない見本になってるしな。

710 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 04:17:32 ID:pWwpZFzy0
>だから、それはお互いさまでしょ? 存置派だって何も出来てはいないんだから。

再犯の話だろ。死刑で再犯は防いでるでしょ。
お互いさまで何も出来てないと主張すると言う事は暗に、泣き寝入りしてくださいねと言う事。
責任無いし何もしませんよ、と。

死刑廃止から生まれた責任を自分たちじゃなく管理の責任にシフトするのは汚い。
じゃあ予めその管理で脱獄を100%防ぐ方法を用意しておく責任ぐらい果たすべき。
それで再犯が起きた時はじめて管理者を責めればいい。
この世に壊せないものは無いと言って4度脱獄した白鳥由栄の様な超人が現れ無い可能性だって無い。


711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 06:48:16 ID:4S4JJDzj0
加藤や宅間が冤罪とか言ってる人って、自分の胸にナイフが刺さってても
事実誤認と思ってそのまま生きていくんでしょうか?

事実を事実と認めないなんてことを言い出したら、世の中何も動かないし
動けないよね。

ここからは主観的意見だけど、世の中にはキチガイって確かにいるし、
言葉だけを差別用語だとか言ってなくしてみても、存在する事実は変わら
ない。逆に、その事実を認めないために対応ができなかったり送れたり
する。
廃止論者の発言を見ていると、事実と向き合うことなく自分の思い通りに
事が運んだらって話ばかりで、聞くには忍耐がいるね。

死刑を廃止するより、まず国際紛争をなくすほうが先だと思う。
それこそ「罪のない人達」が殺し合いをさせられ、大勢の一般市民が
死んでいるんだから。死刑の比じゃないよ。
欧米を信仰するのは、そいつらが国際紛争を解決したあとでいいのでは?


712 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 06:49:24 ID:4S4JJDzj0

訂正

×送れたり
○遅れたり

713 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/07(水) 06:57:09 ID:mp0/oHdY0
>>647
>酌量すべき要件があるばあい
ある場合と書いてるということは ない場合もあるってことだよね
その場合はどう?
→二つの問題点があります。
一つは法律というのは普遍性がなければなりませんから、死刑を廃止した場合、
「ほくそ笑む大悪党」に絶対にいる!
というのが存置の理由としているようです。
アメリカでも、ポリークラスという幼女が自宅から、キャリアクリミナルと呼ばれる、
累犯凶悪犯に誘拐され、殺害されるという事件以来、スリストライクアウト法がカリフォルニアで成立しました。
ところが、中には、こそ泥とかドメステックバイオレンスや「累犯障害者」の問題が浮上したのです。
その結果、裁判の量刑で杓子定規に法律を当て嵌めるのではなく、裁判長の裁量権に任せられる部分が大きくなりました。
これでは、法律が有名無実化しているようですが、当然だと思います。
死刑判決の場合、極刑ですから、死刑の方法で差別するわけにもいきません。
生かすか、殺すかなのです。
「死刑によって正義が実現する」というのは錯覚と思い定めるしかないのではないでしょうか。
そこで、もう一つの問題点である、「反省を拒絶する凶悪犯に対しても死刑をするべきでない」というのがあります。
これはこれまで何度も引用している、神戸児童連続殺傷事件を裁いた、元判事・井垣康弘氏の体験から学ぶべきでしょう。
氏が主任裁判官として、死刑しか考えられないような事件を裁き、その結果。トラウマとなってしまいました。
氏の裁判官としての信念は、「刑罰は教育」という理念があったのに、この裁判では、
「ただ人を殺すためだけの手続の主宰」という違和感が氏の「生き甲斐・誇り」を木っ端微塵に打ち砕いてしまったのです。
どんな極悪人にも公平な裁判を受けさせるというのが人権の第一なのです。
例えば、誰の目からも死刑しか考えられなかった宮崎勤事件でも、精神鑑定に20年近くかけたのです。
その果てに、鳩山法務大臣(当時)に「こいつだけは二度吊るしたかった」(論点2009)などと揶揄されて、
吊るす意味はどこにあったのでしょうか。
また、昭和20年代から昭和30年代後半まで大坂拘置所で実践されていた、死刑囚学校的は
井垣氏のいう、「刑罰は教育」を実現したものでもあったのです。
近年の大量死刑判決→大量執行は拘置所を単なる屠殺場に変えただけだったのです。
死刑判決を受けるような極悪人にも人間としての尊厳を保たせるという意味で、
死刑に代わる刑の設置が必要なのです。
参考「ライファーズ〜終身刑を超えて〜」
http://www.cain-j.org/Lifers/contents.html


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)