2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part16

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 04:39:34 ID:+pcNsByY0
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/
>>856
>その「哲学」に違反した殺人犯人にはあなたはどんな刑罰が
ふさわしいと考えているのか。
→死刑を頂点とした刑罰体系が間違ってるのです。
「死刑の脅威」で防犯を図ろうという考え方自体を改める必要があります。
窮極の防犯モデルは警察国家であり、全体主義国家です。
「たばこのぽい捨てに一年間禁固刑」とか「一万円以上盗んだら、指切断」、
さらに、人殺しにしても、誰を殺したかによって、死刑の方法が違う、
などの刑罰をあれこれ考えても、犯罪の発生を防ぐことはできません。
厳しい罰であればあるほど、犯罪者は何としてでも捕まるまいとして、
逃走しようとするでしょう。さらなる凶悪事件も起こすでしょう。却って、危険です。
まず、公共の安全を第一に考えるべきです。それには、犯罪者をなるべく長く 隔離するというのは止むをえないでしょう。
暴力犯罪や性犯罪の前科がある人は、その居場所を常に公表するべきです。
人権問題があるなら、足首にGPS装置をつけることを義務化して、周囲の人口密度がある程度を超えると サイレンが鳴るようにすればいいでしょう。
アメリカでは、性犯罪歴がある人の再犯が社会問題化しています。
もちろん、犯罪者の中にも、立派に更生している人も少なくないのも当然で、 その人達の人権を優先的に考えるべきです。
どんな方法をとっても、やはり、私達は、ある程度、犯罪者達と共生する社会を目指していかなければならないのだと思います。
sこで、一度犯罪を犯せば、徹底的に排除するというナチ方式を選ぶか、
教育を主体にした自発的な「やり直し=蘇生」を選択させるかの問題なのです。
全体主義社会は、大衆を訓練により、規律に自ら従うようにさせる社会です。
問題はどういう教育をしていくべきかであって、「教育」という一見、美語に誤魔化されてはなりません。
「この国が忘れていた正義」(中嶋博行)に代表される、耳障りのいい厳罰主義に誤魔化されるべきではないのです。



2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 06:26:17 ID:082HKfhT0
>>1
どうして1にそんな頭の悪そうな長文を書きこむのですか?
普通は1では、簡潔にスレの方針を書くのが常識ですよね。
ここはyurikoの為の隔離スレと言うことですね?

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 06:35:04 ID:082HKfhT0

誰か、yurikoに邪魔されることのない本スレを立てて下さい。

お願いします。


4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 06:36:36 ID:082HKfhT0
訂正>>1
>→死刑を頂点とした刑罰体系が間違ってるのです。
「死刑の脅威」で防犯を図ろうという考え方自体を改める必要があります。
窮極の防犯モデルは警察国家であり、全体主義国家です。
「たばこのぽい捨てに一年間禁固刑」とか「一万円以上盗んだら、指切断」、
さらに、人殺しにしても、誰を殺したかによって、死刑の方法が違う、
などの刑罰をあれこれ考えても、犯罪の発生を防ぐことはできません。
厳しい罰であればあるほど、犯罪者は何としてでも捕まるまいとして、
逃走しようとするでしょう。さらなる凶悪事件も起こすでしょう。却って、危険です。
まず、公共の安全を第一に考えるべきです。それには、犯罪者をなるべく長く 隔離するというのは止むをえないでしょう。
暴力犯罪や性犯罪の前科がある人は、その居場所を常に公表するべきです。
人権問題があるなら、足首にGPS装置をつけることを義務化して、周囲の人口密度がある程度を超えると サイレンが鳴るようにすればいいでしょう。
アメリカでは、性犯罪歴がある人の再犯が社会問題化しています。
もちろん、犯罪者の中にも、立派に更生している人も少なくないのも当然で、 その人達の人権を優先的に考えるべきです。
どんな方法をとっても、やはり、私達は、ある程度、犯罪者達と共生する社会を目指していかなければならないのだと思います。
sこで、一度犯罪を犯せば、徹底的に排除するというナチ方式を選ぶか、
教育を主体にした自発的な「やり直し=蘇生」を選択させるかの問題なのです。
全体主義社会は、大衆を訓練により、規律に自ら従うようにさせる社会です。
問題はどういう教育をしていくべきかであって、「教育」という一見、美語に誤魔化されてはなりません。
「この国が忘れていた正義」(中嶋博行)に代表される、耳障りのいい厳罰主義に誤魔化されるべきではないのです。

→→死刑を頂点とした刑罰体系が間違ってるのです。
「死刑の脅威」で防犯を図ろうという考え方自体を改める必要があります。
窮極の防犯モデルは警察国家であり、全体主義国家です。
「たばこのぽい捨てに一年間禁固刑」とか「一万円以上盗んだら、指切断」、
さらに、人殺しにしても、誰を殺したかによって、死刑の方法が違う、
などの刑罰をあれこれ考えても、犯罪の発生を防ぐことはできません。
厳しい罰であればあるほど、犯罪者は何としてでも捕まるまいとして、
逃走しようとするでしょう。さらなる凶悪事件も起こすでしょう。却って、危険です。
まず、公共の安全を第一に考えるべきです。それには、犯罪者をなるべく長く 隔離するというのは止むをえないでしょう。
暴力犯罪や性犯罪の前科がある人は、その居場所を常に公表するべきです。
人権問題があるなら、足首にGPS装置をつけることを義務化して、周囲の人口密度がある程度を超えると サイレンが鳴るようにすればいいでしょう。
アメリカでは、性犯罪歴がある人の再犯が社会問題化しています。
もちろん、犯罪者の中にも、立派に更生している人も少なくないのも当然で、 その人達の人権を優先的に考えるべきです。
どんな方法をとっても、やはり、私達は、ある程度、犯罪者達と共生する社会を目指していかなければならないのだと思います。
そこで、一度犯罪を犯せば、徹底的に排除するというナチ方式を選ぶか、
教育を主体にした自発的な「やり直し=蘇生」を選択させるかの問題なのです。
全体主義社会は、大衆を訓練により、規律に自ら従うようにさせる社会です。
問題はどういう教育をしていくべきかであって、「教育」という一見、美語に誤魔化されてはなりません。
「この国が忘れていた正義」(中嶋博行)に代表される、耳障りのいい厳罰主義に誤魔化されるべきではないのです。


5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 06:37:51 ID:082HKfhT0

誰か、yurikoに邪魔されることのない本スレを立てて下さい。

お願いします。



6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 07:44:07 ID:SK7zgRiE0
全く、ここまで人の言うことに耳を貸さない人は滅多にいませんね。
ネットでしか生きられないネット住人にも、こういった場で進歩の道が
残されていると思うんですけどね。

長矢クンは本当に進歩がない。
何回でも繰り返す字の修正する前に、考え方や論理の修正が必要なのに
指摘、たしなめ、果てには憐れみ、いずれにも反応できないのは、やはり
一部で言われている人格障害なのでしょうか。
見ていて大変に不憫ですので、人格攻撃するつもりもなく真面目な話、
カウンセリング受けてください。更に重症化する前に。


7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 08:09:02 ID:082HKfhT0

yurikoの学習能力の無さは人間として致命的だと思う。



8 :死刑は基本的人権の侵害:2009/11/07(土) 09:11:53 ID:3T1xkuGD0
>>2-7へレス多謝です。
訂正>>1
>sこで、一度犯罪を犯せば、徹底的に排除するというナチ方式を選ぶか、
教育を主体にした自発的な「やり直し=蘇生」を選択させるかの問題なのです。
   ↓
>そこで、一度犯罪を犯せば、徹底的に排除するというナチ方式を選ぶか、
教育を主体にした自発的な「やり直し=蘇生」を選択させるかの問題なのです。

●法の正義とはなにか。
法の正義とは、必ずしも善とは限らない。
それでは、善とは、何か。
善とは、普遍の原理が基礎になっているべきで、世代、地域、歴史を超えて人々を幸福に導く原理でなければならない。
「ありときりぎりす」の噺では、きりぎりすは気候に恵まれ、食物が豊富にあるときは、遊んで暮らした。
きりぎりすにとっては、そのときが幸せだったのである。
つまり、法の正義とは「(自分にとって)悪いことは(他人に対して)するな」という
消極的な原理にとどまる。つまり、寛容の原理なのである。善と法の正義は異なるのだ。
法の正義とは、「同じ性質を持っている人には同じ扱いを要求するだけであって、
それが「どう扱いであるべきか」までは、規定していない」(井上達夫)
それを考えれば、「基本的人権の遵守」とは、本来、「善(良心)の実現」ではないのである。
そこで、凶悪事件を犯した人の人権を考えてみよう。
凶悪犯がその罪によって逮捕され、公共社会から隔離されるのは当然だろう。
しかし、防犯ー特に一般予防と言われる「見せしめ」によって、凶悪犯を処刑する必然性はない。
ありが皆、きりぎりすにっては共同体は崩壊する。でも、だからといって、きりぎりすを
みせしめのために殺していい理由にはならない。
せいぜい、「迷惑をかけないでほしい」に止まるべきなのである。
凶悪犯は日本国民として、最低限の文化的生活を生きる権利はある。
しかし、社会復帰の可能性(終身刑の必要性)はなくても、わざわざ命まで奪わなければならない、必然性はない。


9 :日本は国連死刑廃止決議に賛成するべき:2009/11/07(土) 09:57:41 ID:3T1xkuGD0
前スレ>>http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/840
>何人何百何千と殺しても何をやっても犯人の命は保証することに
なってしまうから。
→歴史を振り返るとき、
人類の歴史は、国家の成立(囲い込み)による戦争の歴史でした。
そこで戦争で勝てば、功績のあった兵士に勲章が与えられたのでした。
現在でも、戦争で犠牲になった敵方の兵士の死を悼む、国家指導者はいないのです。
ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領ですが、その大きな理由は、チェコ プラハに
於ける「核兵器廃絶宣言」にあったのは間違いないでしょう。
そこでオバマ大統領は「核兵器を実際に使用した唯一の国家としてのアメリカの道義的責任」を
強調しました。
女子供、病人から老人まで全てを殺すというのは、総力戦(tOTAL WAR)といわれる現代の国家間の戦争の
特徴です。果たして、大平洋戦争末期、二つの原爆を落としたアメリカ指導者の判断に
いかなる誤りもなかったのでしょうか。
そもそも、オバマ大統領は本当に原爆がもたらした悲劇を実感しているのでしょうか。
私は、オバマ大統領に広島にある原爆記念館を訪れるように、手紙を書こうと思っています。
アメリカでは、最初に原爆を投下したエノラゲイ機をスミソニアン博物館に展示することが
決定した際、原爆被災者の写真を展示することに対し、強い反対運動が起きて、取り止めになった経緯があります。
この事実をどれほど多くの日本人が知っているのでしょうか。
何万と人殺しをしてヒーローになり、異常人格として二人殺した人を非難し、
死刑にしてしまうことに、矛盾はないのでしょうか。
刑罰が必要ではない、とは主張していません。もっとも、「やるべきことがあるのではないか」
と主張してるのです。 


10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 10:07:53 ID:3T1xkuGD0
訂正>>8
>ありが皆、きりぎりすにっては共同体は崩壊する。でも、だからといって、きりぎりすを
みせしめのために殺していい理由にはならない。

ありが皆、きりぎりすになっては共同体は崩壊する。でも、だからといって、きりぎりすを
みせしめのために殺していい理由にはならない。

11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 11:47:43 ID:gXzuvjlq0
殺人率の減少を最優先に考えると一回、終身刑にして
殺人率が下がったらそのまま、上がったら、もとにもどして
終身刑の人を死刑にもどす

12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:11:24 ID:pKRC9HRBO
つまり、

誰か死んじゃうかも知れないボタンを試しに押してみたい。

って事?

13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:16:06 ID:gXzuvjlq0
>>12
周りの国や秋葉原のあの人の発言を見たら
下がる可能性は十分高いと思うけど?
お前の事を逆に言うと、もしかしたらボタンを
押せば助かる命を見捨ててるってことになるわな



14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:21:26 ID:pKRC9HRBO
少年犯罪で「死刑がないから〜」って話もあるわけだが、なんで本気かどうかからして疑わしい拡大自殺説や国民性や情勢の違う他国にばかり焦点をあてるの?

15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:33:22 ID:gXzuvjlq0
>>14
外国と日本は違うからそのデータは全く使えない?
日本と他の国はそこまで全く違うお国なんですか?


16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:40:28 ID:pKRC9HRBO
別の視点を無視して、他国の情勢を重視する理由は?

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 13:50:03 ID:gXzuvjlq0
>>16
あなた言う別の視点とは
少年の死刑にならないからやったっと発言したという事のようですが
そういう類の発言の数は死刑になりたいからやったという発言と数と同等かそれ以下
さらに言うとこのようなあいまいな物を重視するのには無理があるのでは?


18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 14:38:07 ID:j+2x/N7zO
「誰か助かるかもしれないけど誰か死ぬかもしれないボタン」
なんてものを渡されても、存置派と呼ばれる普通の人間ならまず押さない。

あえて押すのが廃止論者。

廃止論者が大事にしたいのは人権ではなく自分たちの主導権。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 14:42:52 ID:gXzuvjlq0
>>18
五分五分なら押さないよ
けど可能性が高ければ普通の人の中にも押す人もいるのでは?
勝手な決めつけで主導権を大事にしてるのはあなたでは?
後俺は人権には全く触れてないよ

20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 15:59:54 ID:pKRC9HRBO
自殺の方法なら楽なのも幾らでもあるのに、
わざわざ結論まで何年〜十何年も結論が出ずに、結果、死刑にならない可能性もあるのに、
わざわざ死刑を自殺の手段として選ぶと言う、
本気ならむしろ死ぬ気がないだろ、って話の主張を、
少なくとも、それよりは理由として一般的に納得でき、
且つ、表に出てきているのは死刑に抑止力を感じながら死刑がないために犯罪に走った限定の稀少例を数的に同等だの、内容が曖昧だのと言ってる時点でどうなんだろう。
調べてないけど、拡大自殺を主張してる犯人で、死刑判決に上告しなかった人や、
逆に死刑にならないから、死刑判決を求めて上告した人、
死刑判決が出て、粛々と死刑執行に応じた人ってどれくらいいるんだろう?

21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 16:27:02 ID:aZrPByKB0
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/healing/1256440107/

22 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 17:06:00 ID:gXzuvjlq0
>>20
文章下手すぎてイマイチ言いたい事わからんが
人のレスつつくよりもまずその少年の発言が死刑廃止の効果を説明するにあたって俺が
出した2つの例よりも重要だという根拠を言うのが先だろ


23 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 17:31:36 ID:bOICeyJL0
廃止論者の様な何も得られなかった守るべきものが無いダメな奴らの捨て身の理想論って怖いよな。
死刑の無い国へ行くか同族凶悪犯と共同体でも作って勝手にやってくれりゃ良いんだが
どうも一般に混じって思想まで押し付けたがる。
要は多数の中で利益だけは享受したいんだろうな。


24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 17:35:42 ID:pKRC9HRBO
こっちが
「それがこれより重視される理由は?」
って聞いてるのに
「これがそれより重視される理由が先」
ってオウム返しされてもなぁ。


とりあえず
「国民性や情勢の違う他国」
(宗教観や死生観も勿論違う)
「手段としてかなり不確実であり、成立するまでの手段(上告等)の行使やら成立した場合の本人の受刑時の様子に疑問の残る『拡大自殺』論」
を、一般的な感覚として理解し易い
「死刑にならないから〜」
と比較して
上2つについて論じながら、下について無視してるのは何故?

25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 18:03:25 ID:gXzuvjlq0
とりあえずお前の主張があまり重視されない理由な
さっきもいったけど、死刑を廃止するときのリスクを考える上で
お前の意見には数字がない、何人がそのことを言ってるかなど、お前はそんなことどうでもいいといったが
十分、リスクの大きさを計る上では重要な事、
さらにいったら殺人件数にたいしてお国がらの違いがとかいってるが
お前のいう主張も死刑どころか終身刑にもならない子供がした言葉じゃん
仮に死刑廃止されて死刑にならなくて一生終身刑でも同じ事言えるか?
国の違いはよくてこれはいいのか?
そもそも100個ぐらい死刑廃止後と前の殺人件数のデータがあるのに全く使えないとか
極論にもほどがある

26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 18:08:13 ID:GSZdIWlH0
>>3
>お前の事を逆に言うと、もしかしたらボタンを
押せば助かる命を見捨ててるってことになるわな
→横レス失礼します。
死刑場で五つあるボタンを一斉に押して、死刑囚が吊るされるわけですけど、
あれって可笑しいですよね。
誰が押したかわからなくても、結局刑務官が共同で吊るすという事実には変わらないんですからね。
ああいうことをするより、「五つのボタンの内一つに当たったら、助かる(吊るされない)」とした方が
刑務官は罪悪感を感じないと思うのです。
吊るされる可能性が80%以上でも、それは死刑囚の運が悪いかったといえるからです。
今では、都市伝説の一つになった観がありますが、もし死刑に失敗したら、
新しい戸籍が与えられて、裏口からこっそり帰されるというのがあります。
村野薫氏によれば、明治時代に一回だけ、失敗した死刑囚が家に遺体が着くや否や、
意識を取り戻した例があるそうですし、終戦のどさくさで、書類の紛失や原爆投下のどさくさで
減刑された死刑囚が実際にいるそうです。
ローマ時代では、コロシアムで野獣と闘って勝てば、解放されることもあったようです。
ULTIMATE FIGHT(総合格闘技大会)などを観戦していると、「コイツラだったら、野生のゴリラとやっても勝てそう」
と本気で思ってしまいます。
極真空手の映画で、野生の熊が惨殺される場面は、あまりに残酷すぎて正視できなかったけれど、
人はなんだかんだ言っても、死刑を見せ物としたいのではないでしょうか。

27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 18:24:11 ID:gXzuvjlq0
頼むから>>25の反論とかにしてくれよな
さっきみたいな意味不明のパズルは勘弁な

28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 19:10:33 ID:GSZdIWlH0
>>20
>拡大自殺を主張してる犯人で、死刑判決に上告しなかった人や、
逆に死刑にならないから、死刑判決を求めて上告した人、
死刑判決が出て、粛々と死刑執行に応じた人ってどれくらいいるんだろう?
→幼女殺害の小林薫は死刑判決にガッツポーズをとりました。
その後、弁護団が控訴したのですが、自ら控訴を取り下げて死刑を確定させました。
その後、どういうわけか再審請求をしたのですが、棄却されています。
拡大自殺の代表といえば、宅間守がいますが、宅間は死刑死執行を六ヶ月以内にしなければ訴訟を
起こすと言っていました。
2007年に犯行を起こした(当時25才)村松恭造の犯罪も、自暴自棄による
拡大自殺の典型です。自殺願望をもちながら、「死ぬ前に怨みのある親戚を道連れに死ぬ」などと
言っていたそうです。あまりに若すぎる人の犯罪は、やはり周りの人達にも責任があったのでは、
としか言えません。
矯正の余地がないとした最高裁の決定は正しかったかもしれませんが、「だから死刑」というのは
納得できません。
自殺の一つの方法として死刑が選択されてはならないのです。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/lobotomy.htm
自死権を求めて、告訴を棄却された人にロボトミー殺人事件の桜庭氏がいます。
桜庭氏は高裁で無期懲役でしたが、自ら控訴しました。
「無罪か死刑にしてほしい」というのがその理由です。
桜庭氏は確かに犯罪を犯しましたし、極刑に値するものだったでしょうが、
心神耗弱が認められてしかるべき典型的ケースでした。桜庭氏を冤罪被害者とまでは
いえませんが、司法(社会システム)の犯罪の被害者とはいえると思います。
もし、社会に何らかの償いをする用意があるのなら、自殺幇助が許される唯一のケースとさえいえます。

29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 19:45:40 ID:GSZdIWlH0
>>28
>死刑判決が出て、粛々と死刑執行に応じた人ってどれくらいいるんだろう?
→一般の死刑囚へのイメージというのは、最期の最期まで往生際が悪く、
罪を認めず、最期は刑務官に向かって暴れる問い得イメージがあります。
しかし、これは日本の死刑囚に限らず、死刑囚というのは自らの死を粛々と受け入れるというのが
一般的のようです。
大塚公子氏は昭和時代(戦後)の様々な死刑囚を取材しています。
その多くは、個人差はあるものの、死刑を贖罪の機会を捉え、粛々と死刑に臨んでいました。
日本の拘置所に於ける「死刑囚教育」は、場所の違いもありますが、やはり見事だったようです。
特に大坂拘置所では、死刑を単なる「極悪人への最後の鉄槌!」と捉えるのではなく、
死刑によって、本来、償えない罪を償える唯一の機会とまで捉えて、
「真人間になって贖罪をさせる」という一見、矛盾した活動をしていました。
死刑とは、本来、矯正不可能とされるわけですから、何もせず、暗い穴に入れておいて、
執行日までチューブで栄養補給をさせるというのが一般のイメージですが実際は違うのです。
申請すれば、週に何回かビデオテープを鑑賞できますし、読書も自由だし、月に一度くらいは、
集団処遇と称して、誕生会なども開かれるのです。(死刑囚に誕生会というのも嫌味かブラックユーモアですが 笑)
本村氏などは、人間らしい心を取り戻し、罪の深さを自覚させてからこそ死刑に意味がある、という
趣旨の発言をしていますが、それは如何なものでしょうか、
人間らしい心を取り戻し、自分の罪を悔い、反省できた死刑囚を吊るす意味はどれほどあるのでしょうか。
無罪放免というのは適わなくとも、少なくとも、生涯をかけて罪を償わせるべきではないでしょうか。

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 20:42:25 ID:bOICeyJL0
オメーはいい加減黙ってろオカマ

31 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 22:49:16 ID:EgWYeG1b0
冤罪があるから死刑はまずいな
極刑は拷問刑が妥当

32 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 00:04:42 ID:WbN74Jnt0
てか、ここは精神障害者yurikoの隔離スレでいいだろ

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 02:15:22 ID:JCNqtaep0

ここは脳に異常を抱えているyuriko君の隔離すれですね。


34 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 02:27:29 ID:OTyqq7GH0
訂正>>29
>最期は刑務官に向かって暴れる問い得イメージがあります。

最期は刑務官に向かって暴れるというイメージがあります。
 
玉井策郎氏は昭和24年から昭和28年まで大坂拘置所の所長を務めていました。
戦後まもなくから昭和40年くらいまでは、世の中が騒然としていて、
殺人事件、強姦・強盗、列車転覆事件・大量毒殺事件と超凶悪事件がたて続けに起こりました。
人心の乱れた心が社会環境に影響を与えたのか、乱れた社会環境が人々の心を
荒ませたのか、どちらが因でどちらが果なのか、恐らく因果の理法とは、
因果が同時に起こることを教えているのでしょう。
玉井氏が所長をしていた頃は、「凶悪犯罪には死刑で対処する」が当り前になっていたようです。
それだけに、ただ単に犯罪者を死刑にするというより、「死刑を通じて更生させる」という
窮極の矯正プログラムが当時の大坂拘置所に用意されていたのです。(死と壁 死刑はかくして執行される)
玉井所長の時代から、2、3年して、昭和30年前後に刑務官として務めた戸谷喜一氏は
宮城仙台拘置所と大坂拘置所という二つの全く異なる拘置所を体験し、二つの拘置所の
死刑囚への処遇が全く異なっていたことを明らかにしています。
端的に言えば、仙台拘置所は、単なる屠殺場で、大坂拘置所は「死刑囚のための更生施設」
ほどの違いがあったというのです。
現在の拘置所がどうなっているのか、比較対照できる人は残念ながらいません。しかし、僅かに洩れ伝わる情報によれば、
現在の大量死刑囚時代では、死刑囚管理はますます無機質的になっているのは確かなようです。
今は懐かしいとさえいえる、鳩山元法相の「死刑執行の自動化」発言には、
拘置所の屠殺場化が全国の拘置所に及でいることを想像させます。
私の個人的意見を述べれば、玉井所長が行っていたような「死刑囚更生施設としての拘置所」なら、
死刑制度はあってもいいのではないか、とも思います。何故なら、確かに人の中には自分の死に直面するからこそ、
良心に目覚めるということはあると思うからです。
尤も、ある元所長は取材をした大塚公子氏に「皆、助けてあげたかった」と言っていたといいます。
実際に毎日、何年も死刑囚と身近に接してきた刑務官達は、ととえ、過去、dpんな凶悪犯罪を
犯した者であろうと、簡単に殺せるものではないでしょう。
執行ボタンをいくつ増やそうと、死刑執行人の心が晴れることはないと思います。


35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 02:30:27 ID:JCNqtaep0

ここは脳に異常を抱えているyuriko君の隔離すれですね。


36 :DQNなタイポ:2009/11/08(日) 02:33:27 ID:JCNqtaep0

文章を読まなくてもすぐみつかるwww

一々訂正しないでいいからね。

恥はさらしたままの方が今後の成長のためだ。



dpんな凶悪犯罪

dpんな凶悪犯罪

dpんな凶悪犯罪

dpんな凶悪犯罪

dpんな凶悪犯罪

37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 04:06:06 ID:TAEZc4WbO
バカは死ななきゃ治らないと良く言うが、自制心をなくして凶悪犯罪まで犯してしまう、生まれつきの精神異常者は救いようがない
死刑で殺して、精神異常者として生きる苦痛から解放してやるのは人としての情けでもある
死刑は罰でもあり情けでもある


38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 06:31:48 ID:te1BeQUI0
>>34
>実際に毎日、何年も死刑囚と身近に接してきた刑務官達は、ととえ、過去、dpんな凶悪犯罪を
犯した者であろうと、簡単に殺せるものではない

実際に毎日、何年も死刑囚と身近に接してきた刑務官達は、たとえ、過去、どんな凶悪犯罪を
犯した者であろうと、簡単に殺せるものではない
>>36
>恥はさらしたまま
→確かに、タイポをなくした方がいい。
しかし、そもそも、完璧な人などいない。
私も一時、どうしても減らせないタイポの多さに酷く悩み、劣等感に苦しんだ。しかし、大学のある教授に、「完璧でないところを見せるのは、
弱点を晒すというより、率直さや暖かい人間味を感じさせることにもなる」と励まされたことがある。
大事なのはあくまで中味ということだよ。
もちろん、誠実にタイポを減らす努力は必要だ。
私の友人の中で、タイポ故に職を失った人がいる。
私は、恐らく、他にもいろいろ原因があって、タイポを口実とされたと見ている。
いかなる状況下でも、弱点を衝かれないように気をつけるべきだ。

39 :それでも死刑を廃止しましょう:2009/11/08(日) 08:13:09 ID:te1BeQUI0
アメリカで女性死刑囚といえば、Karla Faye Tuckerが有名だ。
http://www.parakeets4peace.com/kftucker/index.html
彼女に死刑が執行されたのは39才だから、あまりに若すぎる死だ。
一方、日本の女性死刑囚の内、被執行者の中で一番若いのは、
夕張保険金詐欺殺人事件の日高信子で享年51才だ。
日高信子の場合、天皇崩御に伴う恩赦を期待して、控訴を取り下げたのが
徒になった。要するに、本人は自分の犯した罪を死ぬまで悔いていなかった、ということだ。
死刑囚というのは、一見、既に人生が終わっているというのが、一般的な
見方だろうが、実際、彼等は一日でも長く生きようと、もがき苦しむらしい。
そういう意味では、享年51才で没した信子の場合、自業自得と言えるのかもしれない。
女性死刑囚では、林真寿美が今のところ一番若いのではないか。
鳥取県で、睡眠同乳剤を悪用して5人の男性を殺した、元ホステスの女は
まだ、その名前や写真さえ公開されていない。まして、裁判も開かれていない。
その段階で、彼女の運命を想像はできないが、もし、現在の法律が適用あれれば、
死刑判決→執行は確実だろう。


40 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 08:40:03 ID:WbN74Jnt0
>しかし、大学のある教授に、「完璧でないところを見せるのは、
>弱点を晒すというより、率直さや暖かい人間味を感じさせることにもなる」と励まされたことがある。

大学じゃなくて、中学校の先生だろ。
大学行ってないのに、卒業したフリすんな。
オカマタイポ

41 :ウキキ〜(^0_0^):2009/11/08(日) 09:57:03 ID:WX6F0QnF0
>>40
どーでみいいことですが、
アメリカの超一流大学を優秀な成績で卒業しました。
大学院は経済的事情で中途退学しました。
あと、大学生相手に日本語のチューターをしていました。
野山を駆け回る、日本人猿には到底及ばない世界です(苦笑)

42 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 11:01:48 ID:WbN74Jnt0
>>41
刑務所の矯正教育を受けて超一流大学かよ(大爆笑)
病院でカウンセル受けたほうがいいぞ。タイポ脳障害者

43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 12:31:19 ID:JCNqtaep0
>>41
>どーでみいいことですが、

どうでみいいことだが、お前って本当に猿並みの頭だな(爆笑)
たかが5行の文章なんだから、一度読み返せよ。
どんなに超一流大学を卒業したと自称しても、問題は中味だぜ(苦笑)
百歩譲って学歴が本当だったとしても、学歴にしか頼れないのは中味が無い証拠。
言っておくが俺も正真正銘の超一流大学を卒業しているぜ。
日本でもイギリスでも。
Affirmative Actionで養護施設代わりに大学に入れてもらった猿とは全然違う(爆笑)

>「完璧でないところを見せるのは、弱点を晒すというより、率直さや暖かい
>人間味を感じさせることにもなる」と励まされたことがある。大事なのは
>あくまで中味ということだよ。

その通りだ。
常に自分を偉そうに見せようとし、そのくせ中味の無い長文を連投するお前の
愚行は最低だ。
タイポだらけなのも見苦しいし、長文を連投する学習能力の無さも見苦しいが、
偉ぶった中味の無い駄文が一番見苦しい。
「ごめんなさい、私は学習障害者なのですが、日本のみなさん仲良くして下さい」
と素直に言えばいいんだよ。そうすればまだ可愛げがあるのに、馬鹿が偉そうに
するから手に負えない。何度も言われているだろ?

日本人を猿とか侮辱する前に、「ごめんなさい、私は学習障害者なのです。」
学習しろ!

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 12:48:09 ID:WbN74Jnt0
>「ごめんなさい、私は学習障害者なのですが、日本のみなさん仲良くして下さい」

いいえ、いやです。チンパンジーyurikoに土下座されても仲良くはできません。
差別感情丸出しのアフォは一人で砂漠を駆け回っていてください。(大爆笑)


45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 14:18:29 ID:JCNqtaep0
>>44
実はね「差別感情丸出し」ではなくて、「劣等感の裏返し」なのですよ。
本当は日本人として生きるのが生い立ちから見ても一番楽だったのに、
日本国籍は剥奪されアメリカ国籍を選択せざるを得なくなって・・・。
でも英語は下手だし、仕事も出来ないし・・・。
そもそも学習障害者だし・・・。
自慢できるのはAffirmative Actionのお陰で入れてもらった養護学校と
終戦直後〜成長期の日本人が憧れていたアメリカ国籍だけ。
非常に単純な話なのですよ。

仲良くしてやって下さいな。
相当な馬鹿だけど。

46 :野山を駆け巡るお猿さん:2009/11/08(日) 17:03:00 ID:WbN74Jnt0

どーでみいいことですが、
yurikoは、アメリカの超一流が集まる養護学校を卒業しました。
その後、経済的困窮のため犯罪を犯し、刑務所へ服役しました。
あと、同性愛者相手に性教育のチューターをしていました。
一回でいいから、まとめな職業に就いてみたいです。(苦笑)

47 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/08(日) 22:30:41 ID:WbN74Jnt0
そうか、yurikoは日本人になりたくてなれなかった、出来損ないなのか(苦笑)


48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 00:59:22 ID:Cl2K69nS0
yurikoってどんな人なのw

最近このスレ見出したんだけど、なんか2chで歴史(前科)の
ある人なの?
まとめ的なものってある?


49 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 01:17:55 ID:34PXk2ox0
>>43
>言っておくが俺も正真正銘の超一流大学を卒業しているぜ。
日本でもイギリスでも。
Affirmative Actionで養護施設代わりに大学に入れてもらった
→どーでもいいですが、養護学校と大学は違う教育施設ですよ。
お前は、もしかしたら日本の天皇陛下か?(爆笑)
ここから本題。●昨晩、小林薫「休暇」を見た。
ずっと見たかったのだが、二年前に劇場公開されて、DVDになるまで待ったから、
「やっと」という感じだ。
原作、吉村昭「休暇」は短編だ。
長編小説を映画化するのは難しいだろう。かといって、短編小説の映画化が
容易とも言い切れないだろう。なぜなら、原作にはない映画制作者の様々な「思い」を
盛り込めるという難しさがあるだろう。
元刑務官の坂本敏夫氏がアドバイザーを務めただけに、かなりリアリティーがある。
しかし、実際の処刑は一日がかりだし、「ささえ役」というのもフィクションだろう。
それに実際の処刑には、遺体を洗浄するという湯かんがある。
映画で死刑囚は殆ど暴れなかったが、実際は(もう何も失うものがない故)大暴れする死刑囚も
珍しくないのではないか。
映画の処刑は、処刑ボタンは三つになっているが、実際の処刑では五つと記してある文献もあった。
あと、最後に死刑囚の祭壇に供えてある饅頭を楽しみにしている死刑囚もいるらしい。
映画の中の教誨師はカトリック神父で、死後の安らぎを教誨していたが、他の宗派はどうなのか。


50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 01:31:08 ID:IYaZrjZE0
訂正>>49
>→どーでもいいですが、

どーでみいいですが、

51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 01:34:05 ID:IYaZrjZE0
再訂正>>50
>どーでみいいですが、

どーでみいーですが、

52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 01:42:00 ID:u0bZvClW0
おまいらちつこい

53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 01:49:43 ID:emUzMHaH0
>>48
まとめがあるかどうかは知らないけど、まともじゃないのは確かだね。
2〜3レス我慢して読んでみたらわかるよ。

@文をまとめられない。打ち間違いが止まらない。
A学歴にはこだわる。(長文矢印自身には学歴詐称の嫌疑あり)
B独善解釈し、人の意見には全く理解を示さない。
Cほとんど必ず他人の著書、他人の言葉を曲解して引用する。
D統計的データはほとんどが海外のもので、我田引水のものばかり。
Eこれは俺の主観だが、新興宗教の盲信者かと。

これらのポイントを踏まえて長文矢印のレスを読んでみて。
なんとなく、みんなから嫌われている理由が分かると思うよ。


54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 06:38:26 ID:IYaZrjZE0
Eに関して
yurikoは元は創価学会。
両親とも創価学会だったらしい。
中学高校は日本の創価学園というほどの熱心さw
しかしyurikoは散々人とぶつかった挙句、法華講に転宗。
今も法華講かどうかは不明。
一時期は再度創価学会に戻ろうか悩んでいるという書き込みをしていたこともある。
転宗後も創価板に創価批判の書き込みを続け、創価学会員からは総すかんを食らっていたw


55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 21:07:06 ID:Y1TVMANK0
>yurikoは元は創価学会。
>両親とも創価学会だったらしい。

最悪だね。yurikoが犯罪者にならないことを祈る。

56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 21:27:46 ID:Y1TVMANK0
>@文をまとめられない。打ち間違いが止まらない。
→とにかくダラダラと長文を書き込んで、スレを妨害する。
長文の後に100%訂正が入る。スレの無駄遣い。

A学歴にはこだわる。(長文矢印自身には学歴詐称の嫌疑あり)
→学歴詐称の嫌疑ではなく、詐称をしている。
アメリカの超一流大学を卒業したと言えば、世間の信用が得られると
勘違いしている。現実、こんな馬鹿が超一流大学へ入学できるわけもない。
養護学校で納得。

B独善解釈し、人の意見には全く理解を示さない。
→まともな義務教育を受けていないので、スタンダードな理解ができない。
自分が超越していると覚醒しているため、意見が異なると罵倒する。

Cほとんど必ず他人の著書、他人の言葉を曲解して引用する。
→B同様、一般人としての理解力に乏しいので、得られた情報は
自分の都合のよいように脳内変換される。要するに、基地外。

D統計的データはほとんどが海外のもので、我田引水のものばかり。
→データのほとんどが捏造。所詮、日本人は英語ができないからと
適当な引用ばかり引っ張ってきている。また、本人も英語ができないため誤訳ばかり。

Eこれは俺の主観だが、新興宗教の盲信者かと。
→yurikoは、オウム真理教並みの思想を持った恐ろしい人間です。

57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 22:18:13 ID:pMKBw5w60
アメリカの市民権を選択して尚英語が出来ず見た目も胡散臭い老けたアジアンのオカマじゃ
もう日本とアメリカどちらのコミュニティにも入れない。
自国のフォーラムがだめなら2chねるしかない。
一体僕のちんちんはなんでついてるんだろう?と言う毎日の嘆きの中で歪み、
宗教に救いを求めてみたが答えは見つからず、最終的に多数派を巻き込む捨て身のファンタジー廃止論を展開。
君は何で生きてるの?恥ずかしくないの?



58 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/09(月) 22:57:58 ID:Y1TVMANK0
yurikoはアマゾンでも死刑本の気狂いレビューを展開してます。ゾっとしますね。

http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1LY9755OL6R6G/ref=cm_pdp_rev_all?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 07:08:31 ID:rRa9KXlP0
39条と41条と精神鑑定の廃止が先決。

死刑が有ろうが無かろうが、目の前の危機じゃないよね。
人権派の工作で不起訴や減刑で社会出る事を止めるのが先き。


60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 07:25:40 ID:Ka3qSz3g0
yurikoの書き込みの最大の特徴は人と対話をすることができず、自分の読書や
映画鑑賞の感想文・個人的日記に終始していること。
そして聞き飽きた同じ言葉で唐突に「だから死刑は廃止されねばならないのです。」と
締めくくるだけの話。
ひたすら我田引水で説得力は皆無。
「私はこう感じました。」と言うべきことを「○○なのです。」と断定するから
みんなに「こいつ頭悪いな。論理性皆無だな。」と思われてしまう。

他人との対話として挙げられるのは、
@「お前はそーとーなアフォだな(大爆笑)」「日本の野山を駆け回るお猿さん、ウキキー」
などの罵倒文か、
A自分が書き始めるための言い訳としての「レス有難うございます。」の前置き。
(と言いながら全く関係無い話題にどんどんずれて行き、結局読書感想文になる。)

一緒にいる人間と何かを対話する能力が全くない。
これこそ彼の発達障害の典型的症状なのだろう。

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 11:21:47 ID:t7JQNjZPO
アメリカ、中国、韓国が死刑を廃止する分には全力で静観する覚悟なんで、ぜひそちらでやってください。

62 :Pre-Boy Pitterson:2009/11/10(火) 11:49:00 ID:Ka3qSz3g0
カリフォルニアでは、まだ死刑制度がある。
それは、何より、住民の間では「極刑=最高刑=死刑」が必要という意識が高いためだ。
平たく言えば、「もし、人として一線を超えたら、普通の刑罰では、遺族の気もすまないし、
人間としても赦されない罪があるのではないか」と一般国民の頭にあるということだと思う。
例えば、何年か前スコット ピターソンというプレボーイが出産を間近に控えた妻を殺害し、
裁判の結果、死刑判決が下った。まだ確定したわけではないが、全米が注目し、何ヶ月もメディアを賑わした。
そのときも、大多数の人は、反省をするどころか、罰から逃れようとする男に対して、一片の同情をもたなかった。
死刑判決が下ったときも、誰一人、刑の不当性を訴えた人はいなかった(本人と親族以外)
つまり、アメリカの国民の大部分は、死刑という刑罰は必要だと思っているということだ。

63 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 11:53:45 ID:Ka3qSz3g0
yurikoって、どうしてそんなにひどい脳障害になったの?
交通事故とも脳腫瘍とも言い訳しているけど、一体何が本当の原因なの?
お前の脳みその構造に心底疑問を抱くよ。
頭悪すぎ!

>6 名前:yuriko 投稿日: 2005/07/26(火) 04:47:40 [ NXLKpVpk ]
>続
>As I stated earlier, I had a near fatal auto accident many years ago.
>As a result of the accident I a(c)quired massive brain injuries.
>One of the most con(s)picuous symptom of the injuries was amnesia.
>The brain trauma affected my lingu(i)stic abil(i)ty the most.
>I tended to misspell words or (misplace) the order of words in a sentence.
>I tended to confuse between l and r.
>However, I came long way since the injuries to correct the problem.
>True, I still sometimes misspell words both in English and Japanese.
>However, I am trying very hard to make sure that I spell words
>correctly. All I can ask internet readers is to be
>more tolerant.
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1122233354/6
( )内はyurikoのタイポをこちらで修正した部分。原文のままではとても読めませんw


>151 :朝まで名無しさん:2007/08/17(金) 03:03:03 ID:ejVNs+bM
>>150
>>「どこから来てるの?」という質問にも答えてしまいました。
>退院してしばらくすると、自宅になぜか電話が掛かってくるようになり
>→というと、電話番号を教えたのですか?
>実を言いますと、私は交通事故で2年間入院していたことがあります。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1186490727/151


>642 名前:yurikoの後輩 ◆9J/o8x8BF. 投稿日: 2007/08/23(木) 03:59:30 [ 0LPWeSgM ]
>>632
>>交通事故で2年間入院したことがあるそうですが、あの常人を
>超越した独特の人格は、もしかして交通事故の後遺症
>→ど-でもいいことですが、ネタとして使われるのも嫌なので、
>訂正しておきます。
>私が入院してたのは事実ですが、病気でです。
>脳腫瘍です。
>人格に影響することはありませんでした。
>却って、頭よくなった気はしてます(笑)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4943/1094923995/642

64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 11:56:30 ID:7gOqVliX0
39条と41条と精神鑑定の廃止が先決。

死刑が有ろうが無かろうが、目の前の危機じゃないよね。
人権派の工作で不起訴や減刑で社会出る事を止めるのが先き。

65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 12:56:00 ID:w8Km9dFpO
禿同

66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 16:05:55 ID:MHG5GIN/0
>>59
>39条と41条と精神鑑定の廃止が先決
→その根拠は?
(心神喪失及び心神耗弱)
第39条 心神喪失者の行為は、罰しない。
2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。
(責任年齢)
第41条 14歳に満たない者の行為は、罰しない。
→これら二つの条文を削除しなければならないという根拠はなんだろうか。
要するに、犯罪を行っているとき、それが故意とはいえないからなんだよ。
実を言えば、第40条は削除された。第40条とは、「 イン唖者ノ行為ハ之ヲ罰セス又ハ其刑ヲ軽減ス」
つまり、たとえ障碍者でも故意であれば、責任があるとした。
適用しない。
(故意)
第38条 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
どんな凶悪犯でも、多重人格のような精神病に罹っていて、記憶障害があれば、罰する意味がない。
凶悪犯の多くも、犯行時、別の人格が自分の中に入ってるようだったと話してることが多い。
宮崎勤は「ねずみ人間」に犯行を命令されたと供述していた。
傍からみれば、どんなに荒唐無稽に聞こえても、本人にとっては現実なのだ。
「この国が忘れていた正義」の著者中嶋博行氏は弁護士でありがら、「司法の正義」に対する大きな誤解がある。
司法上の正義とは、あくまで「法益上の均衡」を目指すにすぎない。
したがって、それが時代・地域によって違うのは当然なのだ。
多民族・多宗教のマレーシアでは、イスラム法で仏教徒の中国人を裁けない。
死刑制度に関していえば、現代という時代性や世界的趨勢を考慮すれば、
廃止するのは必然といえる。なにがなんでも、「××の罪を犯せば、絶対に死刑」というものは
存在しないのである。

67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 16:15:35 ID:ZLjFr5rr0
鑑定結果が恣意的な思想で左右されてるからだろ。
社会的影響が大きい犯罪者は39条で押し切らない人権派。
人権派には39条と41条は錦の御旗であり最終兵器。

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 16:17:06 ID:Db9FyyaVO
存置派は単なる基地害

69 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 19:04:16 ID:ewncVmNY0
>>66

俺たちもねずみ人間に凶悪犯を死刑にしろと命令されたんだよ。
荒唐無稽に思えるかもしれないけどな。

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:54:10 ID:rhLSnzTu0
死刑制度に関するよくある勘違い

その1「死刑には抑止力がある」
刑罰の抑止効果は「比較的正常な判断が可能な軽度の犯罪」において認められるが、正常な判断ができない精神異常・錯乱・深い思い込み・洗脳状態で為される殺人等の重罪について同じ有効性を当て嵌めるのは、拡大解釈による錯誤である
「死刑が有る方が思い止まる確率が高まる」という見解は、以下に示すとおり「遵法精神に溢れ死を恐れる一般人の自己投影」「犯罪心理学に疎い無知で善良な市民が抱く希望的観測」「気が触れる程の強烈な殺意体験のない幸福者による楽観主義的錯覚」に過ぎない

怨恨による発作的衝動的な殺害の瞬間は、猛烈な快感に我を忘れ死刑はおろか逮捕すら頭にない。恐怖を回避する場合も、目の前にある恐怖に比べたら死刑など脳裏を掠めもしない
突発的なケースでは概して発想が偏狭で近視眼的になるので、己の死刑の可能性を考え始めるのは専ら殺害後、事件発覚を知った後、若しくは逮捕後である
本当に死刑に怯え始めるのは早くても殺害直後。まだ事を起こしてもいないうちから真剣に「死刑が怖い」と戦く者はいない
「犯行前に本気で死刑を恐れない」ということは、抑止にならないということである。尤も、事前に心底から恐怖するだけの豊かな感性と想像力があれば、元より殺人を余儀なくされるほどの視野狭窄に陥ることもなかろう

計画的なケースでも「バレないor逃げ遂せるor証拠ないから不起訴・無罪or有罪でも酌量され死刑はないor死刑上等」と思い込んでいる場合は、「死刑の」抑止力は働かない
「死刑だけは避けたい」という思惑が、同じ自己保身の「発覚だけは」「逮捕だけは」より優先されるとも考えにくい
何故なら「少なくともバレなければ絶対死刑にならない」ので、考慮するのは発覚防止のみでよいからである(実際、犯罪者はこうした「楽で都合のいい解釈」が大好きである)
「バレない」「逮捕されない」と思い込めば「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、逆に途中で「バレるかも」「逃げ切れる自信がない」等と思い止まったなら、抑止しているのは死刑ではなく「警察権力」である

従来の未成年や廃止後に見られるであろう「死刑が(になら)ないから殺害した」という主張は、「真の動機を誤魔化す為の口実、奇を衒った虚勢、歪んだ自己顕示欲の現れ」のいずれかである
殺人の動機・目的には怨恨や物欲・性欲、恐怖・不安回避など様々な背景・要因があり、それらを差し置いて「死刑制度の不存在」が殺害動機になることはない(逆に「死刑制度の存在」を動機にした拡大自殺は実在する)

「死刑がなければいつ人を殺すか分からない」「死刑がなかったら殺すのに」「こんな奴殺して自分が死刑になるなんて馬鹿らしい」等は、己の遵法精神の高さや憎しみの強さを強調・形容・アピール・認識するための虚勢・欺瞞の域を出ない
本当に恐怖しているのは「相手の抵抗、逮捕、殺人行為そのもの」等なのだが、自尊心がそれを隠すのである
殴り殺す最中ふと我に返り「これ以上やったら死刑になるかもと思い止まった」としても、その抑止の原因は「己を客観視できる程度にまで冷静さを取り戻したこと」「相手の死を畏怖したこと」であって、「死刑制度があること」ではない
本当に「逮捕・懲役は覚悟しているが死刑だけは避けたい」「相手の死ではなく己の死刑が怖い」なら、犯行後自ら救急車と警察を呼び自首して捜査に全面協力し裁判所では終始頭を垂れていれば死刑になる可能性はまずない
そうしないという事は、実際には死刑以外の事柄(逮捕、世間体、殺人行為そのもの等)を恐怖しているか、さもなくば「さほど切迫した殺意ではない」ということである
つまり「死刑」とは分かりやすい象徴・大義名分に過ぎず、殺害を止める真の理由は「必ず」別に存在する(「金が欲しくて強盗」の弁明が、真に欲しいのは金そのものではなく「金で買える食料・高級ブランド、借金苦からの解放等」なのと同じ)

続く

71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:55:18 ID:rhLSnzTu0
勿論上述は、殺人を図る者が少なくとも「必ずしも死刑になるとは限らない」という現状を認知している、という前提の上に成り立つ
もし「殺人したら必ず捕まり必ず死刑になる」と教え込まれそれを微塵も疑っていない世間知らずで純粋な余り賢くない者が実在し(要証明)、彼が「死刑になりたくない」という理由だけで殺人を止めた(要証明)なら、彼に対して抑止力が働いたと言えるだろう
ところが彼ほどの単純馬鹿なら、代わりに「殺人したら必ず一生刑務所暮らしになる」(その他本人が嫌がる条件。嘘でも可)と教え込んだとしても、何ら変わらない抑止効果が認められるのである(尤も、殺人するよう洗脳されやすいのもこのタイプだが)

実際に殺人を思い止まるのは「死刑になるかも」のような不確かな基準ではなく、次のような理由からである
@良心が痛む、人としてやってはいけない、周囲に迷惑を掛ける、世間体が、マスコミで取り沙汰されるのは恥、殺害せずとも問題解決の手はある筈、時間と共に冷静になった、まだ我慢できる、人生まだやり直せる、逮捕されたくない、殺人は不快、反吐が出る、e.t.c.
これらは裏を返せば
A良心?ナニソレ、一度でいいから人を殺したい、周囲に迷惑を掛けているのは寧ろ相手、世間体?糞食らえ、ワイドショーで騒がれたい、最早殺す以外に手はない、時間と共に憎悪が募る、もう我慢できない、どうにでもなれ、逮捕されたい、殺人は快楽、興奮する、e.t.c.
死刑の抑止力を証明するには、本心からAを肯定し@を否定している殺人計画者が「やっぱり死刑はイヤ」という理由だけで思い留まった実例や、「死刑の不存在が凶悪犯罪起因の十分条件になる論拠」を一つ提示すればよい
現実には、その科学的根拠がないことに気付き始めた国や地域が、次々と廃止しているのである

アメリカでは存置州より廃止州の方が殺人発生率が低い。なお廃止州データにはワシントンD.C.の異常値を含む(仮に統計に含めない場合、存廃州の数値差は更に広がる)
http://www.deathpenaltyinfo.org/deterrence-states-without-death-penalty-have-had-consistently-lower-murder-rates

その2「日本は死刑制度があるお陰で平和で安全」「社会秩序を保つ為に死刑は必要」
「日本は九条があるお陰で平和」と同類の空論。日本の平和は日本人の持つ寛容さや謙虚さがその原因である
死刑にはそれを回避するための逃亡や完全犯罪の策略、目撃者の口封じや拡大自殺を誘発する効果があり、秩序どころか犯罪の陰湿化隠蔽化(捜査の長期化)と凶悪化を招く
犯罪件数は社会的状況その他種々の情勢・要因に拠って増減する。例えば刑務所内の生活をホームレスよりも優遇すれば、刑務所入りたさに犯罪する者が増えるのは自明。統計を読むときはその裏にある因果やデータ要素の定義等を正しく見極めることが肝要である

その3「廃止すれば、三食屋根付き医療費無料の刑務所に入る為に殺人をする者が現れる」
越冬や堕胎を目的とした常習犯は実在するが、刑務所に入るには窃盗等軽犯罪で十分である。医療費無料も生活保護を受ければ実現可能であり、入所の為だけにわざわざ危険を冒して殺人する者はいない
本人の意思に反して無理矢理出所させる制度でない限り、「何度も窃盗する手間を省く為の殺人」もあり得ない

その4「死刑を廃止すれば憎悪を募らせた遺族による復讐・私刑執行者が増える」
その執行者を捕らえるまでである。「思い通りに加害者が死刑にならないのなら自ら手を下す」という発想は殺人犯と何ら変わらない事に気付くべきである
また既に殺人犯の殆どが死刑にならない現状にあっては、殆ど杞憂。遺族側の被害感情に十分配慮した裁判を行うことで対応可能である

その5「死刑にしなければいつ再犯するか分からない」「死刑にすれば100%再犯することはない」
分からないなら安易に釈放しないように制度を改めればよい。死刑が再犯防止の唯一策ではない。また、死刑にすれば「悔い改め更生すること」「生きて償うこと」も100%できなくなる。この手の主張は未然防止策に対する怠慢の表れに過ぎない

その6「犯人が死刑されてやっと前向きに生きられる人もいる」「遺族が犯人を死刑にしたがるのは自然な感情」
憎い相手の死を願うのは殺人犯の異常心理にも通じており、同情こそすれ肯定はできない。憎しみは自然であっても必然ではなく、死刑にしたがらない/生きて償って欲しいと願う遺族もいる
対話を重ねることで囚人が更生し遺族共々心のケアを図れたケースもあり、死刑はその可能性を奪うことにもなる

続く

72 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:56:00 ID:rhLSnzTu0
その7「死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのは税金の無駄」「死刑に処するのが国家の責任」
寧ろ更生するか死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのが、国家の責任である。死刑は、凶悪事件を未然防止できなかった国家による「臭いモノに蓋」式の責任逃れに他ならない
凶悪犯はある意味、殺人を犯さなければならないほどの不幸を背負い込み精神を病んだ哀れな被害者である。犯行に至るほどの状況に陥る前にこの一次被害者を救えていれば、二次被害者は生じない
いじめと同じで、一次被害者を救わず二次被害者のみを救おうとするのは偽善的自己満足に過ぎない

その8「更生の余地がない以上生かしても無駄」
更生の余地の有無は他人はおろか本人でさえ判断できるものではなく、いつ何時何をきっかけに改心し始めるかは誰にも分からない(分かるというのは傲慢)
可能性が0でない限りあらゆる手段を講じて更生を促しその結果を後世に伝えるべきであり、もし現代医学では手の施しようのない先天的な脳障害等があれば、尚更その治療法対処法を確立する為の研究に活用すべきである

その9「命には命を以て償うべき」「社会正義は命より優先されるべき」
「死が償いになる」という価値観は死を美徳化した自己満足的発想であり、3000年前の「目には目を」同様、安直で時代錯誤な思想。「死んでお詫びを」は、責任追及され非難糾弾される屈辱・生き恥を晒す苦痛・憎い相手を殺せないジレンマ等からの現実逃避に他ならない
何より正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、テロリズムを肯定するということである。そのような発想をする者が多い社会では、当然の帰着としてその反映としてテロ即ち犯罪が止まない

その10「死刑には生命の尊厳に対する教育的効果がある」
死刑制度を持つ国家は「理由があれば殺人も正当化される」という排他主義思想を容認し、自らそれを実践していると言える。「理由があれば殺人OK」は殺人犯やテロリストとも共通する考えであり、人命を尊んでいるとは到底言い難い
「都合の悪い存在を抹殺したがる国家/国民」はその反映として「都合の悪い存在を抹殺したがる犯罪者」を生む。国家が率先して自国民に対し「如何なる理由があろうと人命を奪う権利はない」と規範を示してこそ、教育的効果が図れる

その11「冤罪は死刑でなくても起こる。取り返しがつかないのは命だけではなく時間も同じ」
間違いではないが、「冤罪をなくそう」という議論にはなっても死刑制度を存置する理由にはならない
そもそも「時間はあればまだやり直しが利くが、命は無くなれば二度とやり直しが利かない」のは子供でも分かる理屈。「命あってこその時間」であり、時間と命を同列に扱うのは無理がある

その12「万一私が貴方を殺してもあなた方は私を殺すな、という廃止論の理屈は理不尽」
既に業務上過失致死等で法制化されている通り、誰もが等しくその条件下にあれば何ら理不尽ではない。この主張はまた、殺人犯の極一握りしか死刑に処せられない現実にもそぐわない

その13「廃止論者は、家族が殺されたら簡単に存置論に寝返る」
それは似非廃止論者。喩え愛する家族を八つ裂きにされても、そんな蛮行に及ばざるを得なかった加害者の生い立ちや境遇を思いやるのが、真の廃止論者である(これは目の前の蛮行を止めないということではない。罪を犯させないようすることが加害者の為)

その14「廃止論者は、自身が死刑になりたくないから廃止を主張している犯罪予備軍」
それも似非。実際にはこのような「楽で都合のいい解釈」を好む者の中にこそ、犯罪予備軍は多くいる(人は鏡)

その15「廃止論は偽善」「廃止論は宗教」「廃止論者はキチガイ」
真の廃止論は合目的的合理主義であってそもそも善悪で判断しないので、「偽善」はあり得ない。寧ろ被害者のみの立場に立って殺人犯を非難する行為こそ、「こんなにも加害者に憤怒して被害者を庇う私っていい人」アピールであり、偽善である
殺人犯に対し「なんて思いやりのない奴だ」と批判する者は、その批判を「殺人犯を思いやれてない己」に向けるべきである(人は鏡)
既述のとおり、存置派の主張は感情論に終始し得てして矛盾が多い。論理的整合性が無いにも関わらず「それでも抑止力はある」「存置すべき」と思い込むのは現実逃避であり、最早一種の宗教である(存置論ではなく存置教)
そしてそんな存置教信者ほど、「廃止論は宗教」と言いたがる(これまた人は鏡)

その16「国による合法殺人を禁止すべきなら、国による合法拉致・合法監禁も禁止すべきである」
典型的な拡大解釈である。死刑廃止論は刑罰廃止論ではない。犯罪に対して警察権力や罰則が抑止力として働く事は常識であり、無くす理由がない

続く

73 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:56:45 ID:rhLSnzTu0
その17「死刑廃止国が武器を輸出するのは、一方では殺人するなといい他方では殺人を奨励しているので矛盾する」
名目上「殺害する為の武器」ではなく「自分たちの命や治安を守る為の自衛用武器」としてその需要に応じて供給していれば、何ら矛盾しない。もしその目的に適っていないとすれば、それは「武器を使う側」の問題である

その18「ドラえもんが助けてくれると思ったなどという荒唐無稽な言い逃れを述べる弁護士は、頭がおかしい」
弁護士の仕事は被告人の弁護をすることである。如何に荒唐無稽であろうとも、被告人が「そのように弁護したい」と言えばその意思を尊重するのが弁護士の仕事
「そのような主張は通用しない。裁判官の印象を悪くするだけだ」などと助言をしても尚被告人が食い下がれば、その意向を最大限に汲み取るのが弁護士の職務である
決して弁護団が勝手に創作したり被告人の言い訳を鵜呑みにしたりする訳でもなければ、頭がおかしい訳でもない
更に言えば「ドラえもん云々が虚偽か真実か」は被告人本人しか知り得ない。「今まで言わなかったのはとても信じて貰えないだろうと思い弁護士にすら黙っていたからだ」とすれば筋も通るしその可能性は本人以外誰も否定出来ない
裁判官でも被害者遺族でもない第三者が、殊更犯罪者の異常性を煽り立て関心を引きたがる週刊誌等のゴシップ記事を鵜呑みにして「偽証だ詐称だ」と断定するのは傲慢である

その19「3人も殺しているのに無罪になるのはおかしい」
「被疑者、被告人、有罪確定者、受刑者」が真犯人とは限らない。犯人が誰かは、目撃者や犯人以外誰にも分からない
無罪になったのは少なくとも合理的に疑う余地があるからであって、証拠資料等を万遍なく精査した裁判官ですら判明出来ないことを第三者が分かるというのは傲慢である

その20「死刑廃止論者や、愛する者を奪われても犯人を恨まない人は、人の心がない」
「人の心」とは、「如何に理解不能な相手であってもその存在を許すことの出来る寛容な心」である。「許し難い相手は(私刑なり死刑なりして)殺してしまえば良いという不寛容な心」は「人の心」ではない。これは殺人犯も死刑推進派も同じである
相手に「人の心」がないからと言って、己も同じように「人の心」を忘れて良い理由にはならない。己に「人の心」が欠けているからこそ、相反する相手に「人の心」がないように見えるのである(人は鏡)
殺人犯が現在「人の心」を持っていなくても、人間である以上「人の心」を取り戻す可能性は0ではない。それは「人の心」を見失っている死刑推進派もまた同じである
今の時代いつ何時何が起こるかは誰にも分からない。生き死には天命と覚悟の上で毎日を生きるべきである。愛する者や己の生への執着は、エゴの発現に過ぎない
犯人を憎まない人は「罪を憎んで人を憎まず」「人を呪わば穴二つ」「物事は全て必然。意味のないことは起こらない」の意味を理解し「己のエゴに執着せず、いつどのように命を絶たれても悔いのない生き方」を実践しているだけである

その21「これを見ても死刑に反対する者は、脳内がお花畑だ(殺人現場の動画URL)」
そもそも殺人とはそういうものである。この程度の真実すら知らずに、知った時のショックから感情的になって死刑を推進する者の方が、よほど平和ボケした脳内お花畑である(人は鏡)
存置派は、人間の綺麗な面ばかり見て表向きの平和に甘んじることなく、より多くの真実に直面する勇気を養って「人間とは何か」の造詣を深めるべきであろう

その8の補足1「三つ子の魂百まで。人は変わらない。凶悪犯罪者に更生は不可能」
三歳児は意図的に殺人できない。人の心は変わる。人の心を変える術を知らない者が諦めているだけであり、「自分を変えることすら困難な者」による自己投影に過ぎない。

続く

74 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:57:37 ID:rhLSnzTu0
その13の補足1「元日弁連副会長の岡村勲氏は、妻を殺され廃止論者から存置論者に鞍替えした」
希望的憶測と「人権派弁護士=廃止論者」というステレオタイプが生んだ思い込みである。まず日弁連は「廃止論者でなければ副会長にさせない」ほど閉鎖的で人権意識の低い団体ではない(人権意識の低い人間ほどこの手の勘違いをする。人は鏡)
岡村氏は「自称・元人権派」であって元廃止論者ではない。仮に家族の犠牲を理由に転向したのが事実であっても、その13に記した通り似非である
しかも弁護士でありながら己が当事者になって初めて「被害者や遺族の悲惨さを知った」と述べており(全国犯罪被害者の会HP)、その想像力の乏しさは似非廃止論者どころか似非人権派と言わざるを得ない
つまり「最初から存置論者となるに相応しい人間が、家族を殺されて漸く一端の人権派弁護士になれた」というだけの事である(とはいえ彼の活動を支持しないものではない)

その1の補足1「死刑がなかったら私は誰々を殺す(殺した)。これは死刑に抑止力があることの証明である」
「私は法律を守る正しい人間だ」アピールに過ぎない。死刑を回避する手段は幾つもあり、仮に殺しても99%死刑にならないのが実態である。つまりこの手の発言者が本当に怖れるのは(即ち抑止になっているのは)死刑ではなく警察権力or世間体or面倒な事態である

その1の補足2「凶悪事件の被告人の殆どは死刑を回避したがる。これは死刑に抑止力があることの証明である」
警察官・刑務官・弁護士・宗教家等と接触するなどして冷静さを取り戻せば、死を恐れるようになるのは自然なことである。そもそも幾ら抑止が働いたところでそれが犯行「後」では抑止の意味がない。よって「被告人が回避したがる」は抑止力の根拠にならない

その1の補足3「拳銃を突き付けられたら殆どの犯罪者は死を恐れ犯行を止める。これは死刑に抑止力があることの証明である」
犯罪時に常に目の前に絞首台がある訳でもないので、拳銃のように死や痛みへの恐怖を直接的に連想させる力は死刑にはない。また拳銃を突き付けられるのは専ら犯罪を犯した後であり、これも抑止力の意味がない

その1の補足4「愛知女性拉致殺害事件の一人は死刑になりたくなかったから自首した。これは死刑に抑止力があることの証明である」
正確には「死刑になりたくなかったから自首した」のではなく「自首後その理由を聞かれたから、死刑になりたくなかったと答えた」のである。この事件に限らず理由を聞かれた時に最も通りやすい/それ以上警察等から追及されない言い訳が「死刑になりたくないから」である
彼はその後メディアの取材で自首した理由を「正直言って気の迷い。なんとなくの方が正しい。死刑になりたくなかったからではない」と否定しており、判決文でも自首した理由は「仲間と意見が合わず面倒になった」等とされている
実際「どうにでもなれ」「警察権力が怖い」「逃げ回るのに疲れた」「殺人行為を積み重ねるのが怖くなった」「自分を止めて欲しい」という心理が自首行動に向かわせることが知られているが、「死刑になりたくないから」が公式に認められた例はない

その1の補足5「18歳未満は死刑にならないからと犯行に及んだ者がいる。これは死刑に抑止力があることの証明である」
「18歳未満だから死刑にならない」という発言は、「自分が死刑になると知ってたら殺したか」「死刑が怖くないのか」「お前が大人なら死刑になるところだぞ」などと咎めてくる知人・警察・弁護士・裁判官・被害者遺族等に対する奇を衒った知識自慢に過ぎない
その本心は「愚問を発するなバ〜カ」「少年法くらい知ってますが何か」「よく考えてから物を言え」であり、言われた大人が目を丸くすれば、一層自己顕示欲を満足させ悦に入るのがオチである

その1の補足6「仮に全ての刑罰を死刑にすれば犯罪は確実に減る。これは死刑に抑止力があることの証拠である」
前半は正しい。軽犯罪において厳罰化に抑止効果があることは自明である。しかし「軽犯罪に当て嵌まるから重犯罪にも当て嵌まる」という拡大解釈は「軽犯罪者も重犯罪者も同じ心理状態下」という非現実的な極論を前提にしているために起こる錯誤である
軽犯罪に死刑が効くのは「罰則のデメリットに対して行為のメリットが釣り合わない」「軽犯罪を企図する者が比較的正常な判断力を有する」からであって、正常な判断力を失った者は刑の軽重に関わらずバレないだろうと思い込みor死刑覚悟の上で軽犯罪する

続く

75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 20:59:44 ID:YXfXonyp0
ここはyurikoの隔離スレですよね。

76 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 21:04:20 ID:rhLSnzTu0
その1の補足7「公開処刑にすれば抑止力になる」
免役のない一般市民には一時的に効果があるが慣れると次第に効果がなくなり、却って「どうしようもない存在は殺してしまえ」という排他的な価値観が広まり人々の心が荒廃し凶暴性が増す
また公開処刑を見た犯罪予備軍が「あんな風に処刑したい」或いは「あんな風に処刑されたい」と連想し、新たな犯罪の引き金にもなり兼ねない

その2の補足「死刑が存置されていれば、凶悪事件は減る」「廃止されれば凶悪事件が増える」
実際には大衆の一部に以下のような心理メカニズムが働くため、彼らの態度がより排他的で横柄かつ一時の感情に流されがちになり、結果として差別的言動が横行して揉め事や争いが増え、凶悪事件が増える
a.「存置されているのだからちょっとした刺激ではさすがのキチガイも一線を越えたりしないだろう」
b.「万が一自分が殺されても国家が復讐してくれる」
c.「国家ですら死刑を認めているのだから、社会不適合者に生きる資格はないということだ」
d.「危険人物は最終的に死刑にすればよいのだから、ある程度挑発してでも炙り出すべき」
e.「大事件を起こして死刑になったら、自分の名前が歴史に残る。伝説になれる」
逆に廃止されている場合は以下のような心理メカニズムが働くため、人々の言動がより軟化し慎重になり揉め事や争いが減って、結果として凶悪事件が減る
a.「廃止されているのだからちょっとした刺激でキチガイが一線を越える可能性がある」
b.「万が一自分が殺されても国家が復讐してくれないので死に損」
c.「国家ですら死刑を認めていないのだから、社会不適合者にも生きる資格はあるということだ」
d.「どんな危険人物も死刑にならないのだから、なるべく挑発しないようにしよう」
e.「大事件を起こしても一時的に世間を騒がすだけで一生独房。ミジメ」

その7の補足「加害者は、被害者の基本的人権の大根幹である人命を侵害したのだから、同じく加害者の人命を国家が侵害して然るべきだ。それをしないことは被害者の人命を蔑ろにしているに等しい]
加害者が人命侵害という愚を犯したからと言って、同じ愚を国家(有権者)が犯して良いことにはならない。そもそも罪を犯した以上どう転んでも「加害者の命は被害者の命よりも価値がない」のだから、今更加害者の人命を奪ったところで償いにならない
「加害者の人命を侵害すれば被害者の人命がチャラになる」「加害者を殺せば一件落着」という発想こそ、被害者の人命を冒涜している

その8の補足「廃止した為に起こる凶悪事件に関わる裁判費用と終身刑囚の養育費と被害者救済等のコスト一切を死刑廃止論者が負担するなら、廃止しても良い」
既述の通り「廃止したことが原因で起こる犯罪」は起こり得ないので負担額は永久に0円である。因みに現時点での凶悪事件に掛かるコストは「存置すべし」と主張する者(即ち全有権者の総意)が既に負担しているので何も言うことはない。自業自得

その23「加害者には被害者が受けた苦しみと同じ苦しみを味わわせるべき」
加害者は既に相当の悩み苦しみを味わっているからこそ、その苦悩から解放される為に殺人したのである
苦しみに耐えきれずついに殺人に至ってしまった者に更に苦痛を与えることは、その因果を理解出来ない「思いやりに欠けた者」による報復感情の満足・ストレス発散に他ならない(殺人犯と同じ)
その8でも述べたが加害者は一次被害者。社会が一次被害者の苦しみに無関心だったからこそ、一次被害者がその苦悩を解決出来ず、二次被害が発生したのである
一次被害者を無視して二次被害者のみを救おうとする行為は「二次被害者には感情移入出来るが一次被害者には感情移入できない」という愛と想像力の欠如した者による自己満足的偽善に他ならない(いじめ問題も同じ)

その24「社会不適合者は社会から抹殺すべき」
この思想は、同じ排他的発想で殺人をした加害者の思想と瓜二つ。このような浅はかな感情論を肯定する者が多い社会では、その反映として殺人者が多くなる

その25「死刑になりたくなければ殺さなければいい。殺したのだから死刑になってもしょうがない」
殺人に至った不幸者の境遇や背景に思いが至らない幸福者の、一種の現実逃避である

その26「死刑執行をやらざるを得ない刑務官がかわいそうだから死刑廃止すべき」
それが彼らの職責であり嫌なら辞めれば良い。職業選択の自由。そもそも就職前に仕事内容を把握して然るべきである

その27「EUを始め世界各国が死刑廃止しているのだから日本も死刑廃止すべき」
重要なのは「何故廃止しているのか」であって、単純に「他国が廃止しているから」という理由で廃止すべきではない

77 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/10(火) 21:05:21 ID:rhLSnzTu0
その28「人を裁けるのは神だけである。人は人を裁いてはならないから死刑廃止すべき」
裁いてならないのなら裁判所そのものを無くさなければならず、少なくとも現時点においては現実的でない。そもそも科学的根拠のない宗教観を基に廃止すべきではない

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 21:18:43 ID:ewncVmNY0
はい的外れ、次の方どうぞ。

79 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 21:21:10 ID:t7JQNjZPO
いよいよ本格的な隔離スレになってきましたなw

80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 21:32:58 ID:YXfXonyp0
yuriko バーカ 学歴詐称すんな 恥ずかしくないのか

81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 21:33:57 ID:FDy/kolrO
荒らし・煽り・脊椎反射・モラルハザード・自己矛盾・大嘘つき・無知・無学


でお馴染みのバ観念が復活

ここを隔離します

82 :暴力(犯罪)に暴力(死刑)で対抗するのは間違い!:2009/11/11(水) 05:18:51 ID:Wresroiv0
http://www.usatoday.com/news/washington/judicial/2009-11-09-dc-sniper-execution-court_N.htm
アメリカテキサス州の陸軍基地で13人が銃撃されるという事件があったばかりだが、
今日(火曜日)John Allen Muhammadがヴァージニアで処刑される予定だ。
陸軍基地の銃撃の犯人はイスラム教過激派アルカイダの影響があったとされる。
8年前に起きた、ワシントン周辺で10人を狙撃した犯人の背景も、ネイションオブイスラムという過激派が絡んでいた。
イスラム教と過激派(テロリスト)を同一視できないが、結果的に火に油を注ぐだけだろう。
アメリカ政府の意向が掴みきれない。
ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領だが、ケネディー大統領を尊敬していると語っていたように、
オバマは「暴力には暴力で対抗する」という、アメリカ人大統領らしい、信念みたいなものがあるようだ。
昨年(2008年)は、連邦最高裁が死刑の一時停止を決定したため、37の執行数にとどまった。
今年は既に42の執行数を数えている。
この分では、アメリカの死刑は、当分の間、続くだろう。
因に、死刑再開(1976年)以来、1999年の98が最高数だから、全体の減少傾向だけははっきりしている。


83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 05:20:50 ID:0q/UZPKGO
俺様の死刑判決の判断基準

・冤罪である可能性(余地)はあるか?
・将来、更生する可能性はあるか?
・社会にとって有益な人間であるか?

市橋達也のようなヤツは死刑でイイ。
人を殺してなくても(傷害罪程度でも)「死刑にすればイイのに」と思えるヤツが
世の中にゴマンといる。

不要な人間を高い税金使って(刑務所)まで養わずともコノ世から抹殺した方が良くないか?

84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 05:43:37 ID:Wresroiv0
因みに「確信犯」の本来の意味は、「強固な信念をもって犯罪を行う人」のことをいう。
しかがって、自爆テロリストや「聖戦(ジハード)」が、確信犯的に
拡大自殺的犯行(自分の命を捨てる覚悟)をした場合、死刑になんの意味がないことは明らかだろう。
実際、テキサス州陸軍基地に於ける、通り魔的大量虐殺に対して、
アルカイダのリーダーは、「よくやった!」と誉め称えているくらいだ。
死刑(威嚇行為)に全く意味がないのは当然としても、(確信犯的)テロリストに
何らかの身体刑をしても、懲らしめる意味もない。
キリスト教が今日のような世界最大の宗教になったのは、イエスが十字架の上で苦しみ続けたからなのだ。
狂信者に対して、暴力で対抗すれば逆効果と言うことを’いい加減わかってもいいと思うが…

85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 07:17:30 ID:5kwwtWpTO
そういや秋葉原の加藤に対して「拡大自殺、拡大自殺」と死刑廃止論者が大はしゃぎするところなんかアルカイダの指導者とソックリだな。
ホント「確信犯」てのは怖いですね。

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 11:40:28 ID:cAsC/Vcx0
>>85
廃止論者の思想はテロリストのソレと大差無いからね。

87 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 11:58:27 ID:C0/fJ5XDO
存置論者の思想はテロリストのソレと大差ないからね

88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 12:13:41 ID:cxZKHdrQO
とにかく死刑囚に税金を払いたくないので早く執行してほしい

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 12:16:45 ID:cAsC/Vcx0
>>87
オウム返しに切り返せば理屈が通ると思ったら大間違いだ小僧。
馬鹿が馬鹿を晒しただけだろ、それじゃ。

90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/11(水) 12:20:52 ID:C0/fJ5XDO
>>89
オマエモナー

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 05:02:18 ID:mVWfBi660
http://www.nydailynews.com/news/national/2009/11/11/2009-11-11_families_of_victims_of_dc_sniper_rampage_.html
●Families of DC sniper victims celebrate John Allen Muhammad's execution
○"I feel better. I think I can breathe better," Nelson Rivera said as he watched
the execution of convicted killer John Allen Muhammad. "I'm glad he's gone
because he's not going to hurt anyone else."
→やはり、被害者遺族は加害者が死刑にされて胸がすっきりするようだ。
しかし、これでいいのだろうか。
ヴァージニアの拘置所だけでも100人を越す死刑囚がいる。
カリフォルニアは何と、600人を越す死刑囚がいる。
死刑囚の中でも、優先順位があるということだろうか。すると何の為の死刑判決というのだろうか。
それなら、死刑判決を出すとき、「あなたの死刑優先度は50%」というような但し書きをつけるべきだろう。
中には、死刑判決が即、終身刑を意味する場合もあるだろう。果たして、20年以上拘禁した挙げ句、
死刑にする意味はあるのか、という意味もある。
昨日の死刑には、20人以上の被害者関係者が死刑を眺めたそうだが、立ち会いを拒否した人もいたのではないか。
被害者遺族の方が先に死ぬということもありうる。
昨日の死刑は「死刑判決の意味」を考える、よい機会だったことだけは確かだ。

92 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 09:52:47 ID:hShVz0uPO
これでいいのかと問うならば、むしろ「なぜ死刑はいけないのか」を説明してほしい。

93 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 10:21:50 ID:OkeIFVdeO
>92
説明したところでお前バカだから分からんだろ?

94 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 10:58:25 ID:hShVz0uPO
説明無しに信じろというなら、それは詐欺というものだ。

聞き手の努力だけに期待するなら、それはカルトだ。

あなたの好き放題な放言を、私たちが忍耐を尽くして理解しなければならない理由は存在しない。


95 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 12:51:03 ID:OkwrVm8V0
>>92
「自分が殺人をしたときに、死刑にされたら困るだろ」
何度かウッカリ、この本音を漏らして突っ込まれてるから、そう簡単には書かないだろ。
だから冤罪とか、他の国がーとか、詭弁で逃げるんだよ。
それすら何度も論破されているのに。



96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 12:55:13 ID:OkeIFVdeO
>>94
バカがなんか吠えよるわ…



氏ね!

97 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 12:57:03 ID:OkeIFVdeO
>>95
お前も氏ね

98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 12:58:43 ID:OkwrVm8V0
>>97
それは、「死刑になれ」って事か?w

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 15:56:51 ID:1nFfPH8z0
今のところ死刑を廃止するメリットは全く出てきていませんのでこのまま死刑存続と言う事で終了です

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 15:58:56 ID:hShVz0uPO
残念だ。
なにかしらの説明は当然できるものだと思って待っていたのに。
死刑廃止論者とはこの程度の人をいうのか?

101 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/12(木) 17:55:53 ID:OQoxFZRZ0
>100

説明なんかネット上に幾らでも転がってるじゃん
ちゃんと勉強すれば殆どの人が死刑廃止論に傾く
その証拠に死刑存置したがるのは勉強不足な者ばかり

102 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/12(木) 18:17:13 ID:OQoxFZRZ0
>85 秋葉原の加藤に対して「拡大自殺、拡大自殺」と死刑廃止論者が大はしゃぎする

大騒ぎが大はしゃぎに見えているらしいが、それは「自己投影」というものだ

>89 馬鹿が馬鹿を晒しただけだろ、それじゃ。

これも「自己投影」
流石ソンチ。俺のアク禁中も馬鹿丸出し

103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 18:23:36 ID:OkwrVm8V0
>>100
この程度だから廃止論者になんかなるんじゃないかな。

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 18:24:29 ID:OkwrVm8V0
あと、また荒らしが来たからスルーで。
馬鹿に餌を与えないで下さい。

105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 18:47:13 ID:hShVz0uPO
なんだか偉そうな人が現れたけど、この人は荒らしで有名な人なんでしょうか?


106 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/12(木) 18:55:05 ID:OQoxFZRZ0
荒らしだスルーだ言ってる者は>70-77を理解できてないだけだよ

107 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 19:20:14 ID:1nFfPH8z0
死刑は存続と言う結論ですので皆さんで今日のおかずや好きなせんべいのメーカー雑談でもしましょう

108 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 19:56:57 ID:hShVz0uPO
荒らしというか思想ゴロみたいな人だということはよくわかりました。
一理あるということと、それが正しいということは別物であると再確認できました。


109 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/12(木) 21:39:12 ID:OQoxFZRZ0
>107

スレチ

>108

一理あるが正しくないというなら、どこかに明らかな矛盾がある筈だよね
>70-77のどこが正しくないのか指摘してみ
単に「この部分の思想は受け入れられない」でもいいからさ

110 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 22:14:24 ID:hShVz0uPO
ナルシストの相手なんてゴメンですよ。


111 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 23:08:02 ID:f+oomiX4O
>>105
>なんだか偉そうな人が現れたけど、この人は荒らしで有名な人なんでしょうか?

元々哲学板を荒らしてたバ観念ですね

学問的な知見が無い、嘘つき、無知、無学のバ観念ですね

偉そうに頭の悪い意見を書くバ観念ですね


112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/12(木) 23:37:07 ID:OZTeK7Ge0
悪い奴が居なくなれば世の中は平和になると思うのは妄想だと、なぜ気づかないのかなぁ。
悪い奴の居ない世の中なんて存在しないんだけど。

113 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/12(木) 23:56:35 ID:OQoxFZRZ0
>110

そんな頭の悪そうな逃げ口上、久し振りに読んだ

>112

「悪い奴」の定義によるよ


114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 00:42:56 ID:I+wgPxQ90
>「バレない」「逮捕されない」と思い込めば「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、
逆に途中で「バレるかも」「逃げ切れる自信がない」等と思い止まったなら、抑止しているのは死刑ではなく「警察権力」である

>「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、

この部分とか随分とあいまいに誤魔化して都合よく解釈してるなw
詰めが甘すぎ。
考えが至らずとか仮に至っても中途半端とか全く根拠が無いしお前の主観妄想でしかない。
そこが破綻してるからそれ以下の文に対しても効力ゼロだな。
つーか初めからバレるかも、逮捕されるかも、そして最後には死刑になるかもと思い計画的犯行を留まった人間には
言及して無いしそう言う人間が存在しない事を如何証明する気だ?
バレない、逮捕されない、と思い込む片方前提で書き始め、主観で補足し都合よく一部を説明しただけ。
あれだけグダグダ駄文を書き連ねてもこんなこと一つが崩れれば死刑に抑止力が無いと言う主張が全て崩壊するなw全くアホらしw



115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 01:28:50 ID:hWlPmjuW0
福田和子も市橋も死刑にならないのに逃げた。
逃げる奴は罪に関係なく逃げるのよ。

116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 03:50:00 ID:EDpD+cf50
>>92
>これでいいのかと問うならば、むしろ「なぜ死刑はいけないのか」を説明してほしい。
→昔、脱臭剤のテレビコマーシャルで、「くさい。くさいは元を断たなきゃ駄目!」
というコピーが流れました。
犯罪対策、大きく言えば、戦争にしても、「何が人を犯罪に走らせるのか」「何が人を戦争に掻き立てるのか」
を考えなければ、また同じ原因で争いごとが起きてしまいます。
http://www.unesco.jp/contents/about/charter.html
ユネスコ憲章の前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」
としています。
「戦争」を「犯罪」と置き換えてもいいのではないでしょうか。
最善の防犯対策とは「犯罪が起きる前に対策すること」であり、「犯罪が起きにくい環境を作る」に
尽きるのではないでしょうか。
そもそも、犯罪者に常識を求めるのは間違っています。
なぜなら、多くの場合、犯罪者は「犯罪行為を後悔」するのではなく、「犯罪行為を咎められ、捕まったことを後悔」し、
「今度はもっと上手くやろう」と決意するからです。
そこで、なるべく長く拘禁しておこう!とか、死刑によって、無力化するという考え方に至るのです。
しかし、それでは生ゴミに蛆(うじ)が涌くように、次から次へと新しい犯罪者が生まれるだけです。
死刑廃止論の元祖的存在であるベッカリーアも、みせしめ的死刑のあり方を批判して、
「みせしめとして死刑が必要というのなら、社会には常に凶悪犯罪が必要ということになってしまう」(趣意)
と述べています。
犯罪という暴力を根絶するために暴力(死刑)を用いれば、社会は益々、殺伐となるだけはないでしょうか。
暴力とは憎しみの表現です。
憎しみを根絶するためには、その反対の表現「愛」をもってするしかないのです。

117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 04:24:24 ID:EDpD+cf50

それでは、「真の愛とはなにか」を考えたいところですが、
それは別の機会に譲りたいと思います。
ただ、「真の愛とはなにか」を巡って、人々の間に争いが起きてしまったのは、
歴史が示しているところです。
「真の愛」を正義と置き換えれば、正義の主張こそ争いの原因という奇妙な現象なのです。
人類の歴史は戦争と共にあり、20世紀の二つの戦争は、人類を滅亡の瀬戸際まで追い詰めました。
そこで登場した核兵器は、結果的に人類に平和をもたらしました。
格弾頭制限交渉の見出しには、「格兵器」を「ピースメーカー」という婉曲表現を使いましたが、
故なしとはしないのです。その背景にある思想こそ、「生命至上主義」、つまり、「命あっての物だね」があったのです。
「正義の価値」を一時棚上げにしよう、という考え方なのです。
ところが、冷戦が終わり、共産主義という正義が消滅した途端、民族主義などの
別の正義が登場してしまいました。
21世紀に入って、人類は新しい戦争ー「テロとの戦争」対策をしなければならなくなりました。
テロのの中で最大の脅威は「自爆テロ」です。
一昨年、19才のパレスチナ女子大生が自爆テロを敢行し、人々を驚かせました。
もしも、テロリスト達を思い止めさせることができるとしたら、新たな「生命至上主義」の
哲学が必要なのかもしれません。
それこそが「死刑廃止=非暴力主義」という「憎まない」よいう真の愛の哲学なのです。

118 :正義を主張する人こそ胡散臭い:2009/11/13(金) 04:35:00 ID:EDpD+cf50
訂正>>117

>よいう真の愛の哲学なのです。

という真の愛の哲学なのです。

119 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 09:06:22 ID:qu8gqrCQ0
↑一人とんでもなく頭の悪い奴がいるな(苦笑)

120 :VERY REASONABLE!!:2009/11/13(金) 09:12:30 ID:qu8gqrCQ0
Families of DC sniper victims celebrate John Allen Muhammad's execution

"I feel better. I think I can breathe better," Nelson Rivera said as he watched
the execution of convicted killer John Allen Muhammad. "I'm glad he's gone
because he's not going to hurt anyone else."

121 :VER:2009/11/13(金) 09:21:42 ID:qu8gqrCQ0
Life or death
Do you believe the death penalty is just?
Yes 74%
No 26%




122 :VERY VERY REASONABLE!!:2009/11/13(金) 09:26:00 ID:qu8gqrCQ0
カリフォルニアでは、まだ死刑制度がある。
それは、何より、住民の間では「極刑=最高刑=死刑」が必要という意識が高いためだ。
平たく言えば、「もし、人として一線を超えたら、普通の刑罰では、遺族の気もすまないし、
人間としても赦されない罪があるのではないか」と一般国民の頭にあるということだと思う。
例えば、何年か前スコット ピターソンというプレボーイが出産を間近に控えた妻を殺害し、
裁判の結果、死刑判決が下った。まだ確定したわけではないが、全米が注目し、何ヶ月もメディアを賑わした。
そのときも、大多数の人は、反省をするどころか、罰から逃れようとする男に対して、一片の同情をもたなかった。
死刑判決が下ったときも、誰一人、刑の不当性を訴えた人はいなかった(本人と親族以外)
つまり、アメリカの国民の大部分は、死刑という刑罰は必要だと思っているということだ。

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 13:29:57 ID:uR69WYkUO
ンギモヂイイ

124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 15:12:20 ID:8kx6F4ye0
>>110
だから、荒らしはスルーでと言っただろう。
調子こいちゃってるじゃねぇか。

125 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/13(金) 17:11:22 ID:3406ZlrG0
>114 >「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、
>
> この部分とか随分とあいまいに誤魔化して都合よく解釈してるなw

実際「中途半端」だから「中途半端」と表現したまで。まさかそれを「曖昧」と感じてるだけではないだろうね
「中途半端でない」というなら論拠をplz

> 考えが至らずとか仮に至っても中途半端とか全く根拠が無いしお前の主観妄想でしかない。

それもお前の主観妄想でしかない。で終了
反論したいならせめて反証を出さないと

> 言及して無いしそう言う人間が存在しない事を如何証明する気だ?

存在すると思ってる者に、その証明責任があるんだよ。存在しないことは証明できない

> あれだけグダグダ駄文を書き連ねてもこんなこと一つが崩れれば

「崩れれば」の話だね。まだ崩れてない(崩れた、というのはお前の主観妄想)

>116 憎しみを根絶するためには、その反対の表現「愛」をもってするしかないのです。

憎しみも愛もどちらも相手に関心を持ってる、という意味で似たようなもんですよ姐さん
愛の本当の反対は無関心

126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 17:56:38 ID:iREqDPpbO
>>124
どうせまたアク禁くらうんだから今のうちに相手してやったら?

127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 17:57:25 ID:iREqDPpbO
>>124
どうせまたアク禁くらうんだから今のうちに相手してやったら?

128 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 18:43:10 ID:I+wgPxQ90
>実際「中途半端」だから「中途半端」と表現したまで。

中途半端にその考えに至ったとは一体誰の事だ?
一体誰に聞いた?ソースは?
実際と表現したのだからそのモデルケースが実在すると言うことだろ?
まさかお前自身じゃないだろうな?
それが示せないならお前の妄想でしかない。

>それもお前の主観妄想でしかない。で終了
反論したいならせめて反証を出さないと

それも?自分の主観妄想は認めたと言うことかそうかそうか。
   ~~
>存在すると思ってる者に、その証明責任があるんだよ。存在しないことは証明できない

お前の一例は何のソースも無いお前の想像で書かれた物だ、俺の一例もお前と同様の条件で書かれた物だ。
条件同じだろアホ。
>計画的なケースでも「バレないor逃げ遂せるor証拠ないから不起訴・無罪or有罪でも酌量され死刑はないor
死刑上等」と思い込んでいる場合は、
じゃあこの様な人間が居たとする論拠を言いだしっぺのお前がどうぞ。


>「崩れれば」の話だね。まだ崩れてない(崩れた、というのはお前の主観妄想)

いやいやとっくに崩れてるよ。つうか初めから成立していない。(崩れてない、と言うのはお前の主観妄想)
哀れw



129 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 18:59:35 ID:I+wgPxQ90
まあ実際のところ抑止力なんて存置派が思っている程も無ければ、廃止派が思っているよりはある。程度の物だ。
それを事死刑に限ると全く存在しなくなると言う理屈を捏ね繰りまわした極論で片付けようとするから矛盾が出る。
実際のところ拡大自殺として利用されれば抑止力なんて効力は全く無いわけで。
その辺りは程度問題と認める人間と二極論で捉える幼稚な人間との差だわな。

部分的に理路整然と理屈が通っていても、恐らく来るであろう反論に主観で予防線を張り、継ぎ足し継ぎ足し増えていく
無駄なテンプレはもういいよ。

130 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/13(金) 23:21:48 ID:3406ZlrG0
>128 実際と表現したのだからそのモデルケースが実在すると言うことだろ?

そういうこと

> それが示せないならお前の妄想でしかない。

それより「(中途半端でなく)完璧に」考えて尚且つ思い留まったモデルケースを示して。思考実験でいいからさ
それが示せないならお前の妄想でしかない。

> 自分の主観妄想は認めたと言うことかそうかそうか。

いやお前の反論の仕方を真似ただけだよ。その意味の「も」。日本語もうちょっと勉強しなさい

> 俺の一例もお前と同様の条件で書かれた物だ。

同様の条件ではないし、立証責任は依然お前にあるんだが。まだ?

> じゃあこの様な人間が居たとする論拠を言いだしっぺのお前がどうぞ。

幾らでもいるじゃないの。実際の犯罪者の中にうようよ

> (崩れてない、と言うのはお前の主観妄想)

(崩れてる、と言うのはお前の主観妄想)

>129 それを事死刑に限ると全く存在しなくなると言う理屈を捏ね繰りまわした極論で片付けようとするから矛盾が出る。

どこに矛盾が?「程度問題」なら示せるはずだよ。思考実験で
・・・でもこうして具体論に入ろうとすると途端に黙るんだよな〜・・・・ソンチって
で代わりに人格攻撃やら罵詈雑言するしか能がない
・・・まぁ・・・・・・毎度のことだが

131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/13(金) 23:41:13 ID:CVhEoz80O
は?  ___
   /ノ 丶\
  / (● ●)\
(⌒丶 ⌒(_人_) |
`\ つ  |┬| /
 ||   ̄ \
―-\_ノ―(⌒__)―


132 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 03:03:15 ID:OLuV/Xgn0
"I feel better. I think I can breathe better," Nelson Rivera said as he watched
the execution of convicted killer Yuriko Walker. "I'm glad he's gone
because he's not going to hurt anyone else."

133 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 08:27:06 ID:P0zL52hB0
>>130
横レスだが。

>具体論に入ろうとすると

恣意の入った統計論は具体論ではないぞ。
事件は統計ではない。
個別の事件に対して、どう対処すべきかを考えないとな。
で、その個々の事件を出すのに冤罪ばかりを引き合いに出すのは
すり替えに過ぎないって話だ。

そんなに冤罪を問題にするなら、「冤罪を無くすには」スレでも立て
てそこでやれよ。そこでは意見はそんなに対立しないはずだ。
死刑スレでしか冤罪を取り上げないのは、死刑廃止理由としてだけ
冤罪を問題視している(ふりな)わけで、詭弁に他ならない。


134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 09:43:54 ID:2PaYuXrT0
>>130

ワロタw
そもそも抑止力が無い事の証明なんて出来るはずが無いだろ。
お前は無い事を証明した気になっているのかもしれんが実際はそれの一部を否定しただけの事。
存続派がある事を証明しなければ、今のところあるとも無いとも言えないってのが答えだ。
無いと断言できるお前は神にでもなったつもりか?赤っ恥君w


135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 10:13:16 ID:sYQNQBr40
>>125
>愛の本当の反対は無関心
→その通りだと思います。
そこで考えたのは、「死刑事件」とも呼べる重大事件を起こした犯人達の動機です。
特に、日本の犯罪史上特筆されるべき宅間守です。
Dカーネギーは「人を動かす」の中で、「人の行動を動機づけるのは、『重要人物になりたい』との欲求である」
と述べています。フロイトはそれを性衝動としたのですが、「なるほど!」と感動しましチた。
秋葉原通り魔事件を起こした加藤(容疑者?)にしても、本当なら派遣社員として、
「居たのか居なかったのかわからなかった存在」として歴史の中に消えていく存在でした。
そんな彼等が最後の自己主張として凶悪事件を選んだのです。
宅間の過去二人の妻が大教大出身の教員だったというのも偶然とは思えません。
宅間は弁護士にビートたけしや慶応大学の加藤某が「本人の思うつぼになるから塩漬けにせよ」という
発想に肚をたて、「憎悪をもっての嫌がらせ」と、反省どころか逆恨みの発言さえしているのです。
宅間の主張した「最後の一痛打」が死刑だったのでしょうが、もしあれで誰も何も気にしていなかったら、
宅間は確実に獄中で狂死していたに違いありません。

136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 10:41:23 ID:OLuV/Xgn0
"I feel better. I think I can breathe better," Nelson Rivera said as he watched
the execution of convicted killer Yuriko Walker. "I'm glad he's gone
because he's not going to hurt anyone else."

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 11:10:29 ID:O5Cn+ao9O
抑止力に期待するのであれば死刑はまだ甘いということだな。

138 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 12:59:59 ID:bePUMtir0
>>137
甘いというより、死刑だけに期待しても無理があると。
死刑ありきで他にも経済や教育の立て直しが必要。
死刑に過大な期待が出来ないから廃止しろってのが廃止論者の詭弁の一環。
そんな事言いだしゃ、全ての法律に決定的な抑止力は無い。
まぁそういう無法状態にしてやりたい放題やるのが廃止論者達の最終目標なんだろうが、
そんな甘くは無いからね。

139 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/14(土) 14:48:01 ID:NS8WWp2e0
>133 恣意の入った統計論は具体論ではないぞ。

思考実験は統計論ではないよ

> そんなに冤罪を問題にするなら、「冤罪を無くすには」スレでも立て

冤罪冤罪と言ってるところが全く的外れ。もう少し文脈を読みなさい

>134 そもそも抑止力が無い事の証明なんて出来るはずが無いだろ。

だから抑止力が「有る事」の証明をしろと言ってるんだが。まだなの?

> 実際はそれの一部を否定しただけの事。

では>70-71に当て嵌まらない例外を提示してね。つまり「死刑があるからこそ抑止された事例」を思考実験で。よろしく

> 今のところあるとも無いとも言えないってのが答えだ。

>70-71に具体的反論がない限りは「無い」と言える

> 無いと断言できるお前は神にでもなったつもりか?

まぁ神ほどではないが少なくともお前よりは犯罪者の心理を理解しているよ
人生経験が浅く想像力が無い者は、何度>71の前半読んでも全く犯罪者の心理を理解できない
だからいつまでも>70の最初の段落で述べてる「自己投影と希望的観測と錯覚」の域を出ない
要するにお前は善人なんだよ。平和ボケした善人。だから極悪人の深層心理なんて想像不可能。良かったね。平和で。でももう少し想像力を養おうね

>135 Dカーネギーは「人を動かす」の中で、「人の行動を動機づけるのは、『重要人物になりたい』との欲求である」

全ての人がそうではないと思うけどね
アイデンティティをその辺の価値基準にしか見いだせないバカだけでしょ

> ビートたけしや慶応大学の加藤某が「本人の思うつぼになるから塩漬けにせよ」という

俺も当時そう思ったんだけどね。あっという間に死刑にしちゃって。「あ〜あ、やっちゃったよ。馬鹿だな」と

>138 そんな事言いだしゃ、全ての法律に決定的な抑止力は無い。

こういう二元論的発想に何の疑問も抱かないのがソンチ

140 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 17:05:40 ID:ZQAYiIg/0
コンビニの店員が中国系なら・・・

日本を中国に売り渡します!

青山繁晴解説 
http://www.youtube.com/watch?v=1Q3m7i7ib9c

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 17:19:07 ID:O5Cn+ao9O
>>139
俺は死刑などやめて無期限拷問刑を採用すべきだと思うんだがどうかな?

この場合の仮釈放の条件は
1.被害者遺族が全員仮釈放に同意
2.国民の過半数が仮釈放に賛成
3.受刑者に充分な反省の態度がみうけられ
4.仮釈放後の行動と再犯に司法と行政が責任をおう
以上の全てをみたした場合に限って仮釈放を認めるというのはどう?

みたさない場合は寿命が尽きるまで死ぬ寸前の拷問を毎日くわえ、その経過報告を刑務所のHPに載せる。

死刑よりよほど抑止力もあるし、遺族も国民も納得すんじゃね?

142 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/14(土) 17:57:27 ID:NS8WWp2e0
>141

テロリズムの発想だな〜冤罪だったらどうするの
拷問を回避するために、凶悪事件後捕まりそうになったら反抗・逃亡・自殺する犯人が増える
結果、真相は誰にも分からないまま迷宮入りする事件が多発。社会が事件から何かを学ぶこともできず、被害者はますます浮かばれない

143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 18:35:20 ID:OLuV/Xgn0
誰か、Nelson Riveraさんに「死刑は無意味です。前近代的な愚かな刑罰です。」
と言いに行く奴はいないのか?

"I feel better. I think I can breathe better," Nelson Rivera said as he watched
the execution of convicted killer Yuriko Walker. "I'm glad he's gone
because he's not going to hurt anyone else."

因みに世界の範たる先進国アメリカでも4人中約3人がこの死刑を支持しています。
(NY Daily News)

144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 18:40:18 ID:TvWyuXKcO
無知無学のバ観念の脳みそで「しこうじっけん」したのかー

そーかそーか


145 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/14(土) 18:49:39 ID:NS8WWp2e0
そーかそーか

146 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 19:01:30 ID:2PaYuXrT0
>だから抑止力が「有る事」の証明をしろと言ってるんだが。まだなの?

しつこいなお前も。名古屋アベック殺人なんかも自分たちが死刑になる事は無いから殺せ、と命令し殺した。
少年法で死刑適応は無いだろうと言う理由だ。これが実際に起こった事件の ある と言う部分の証明だ。
彼らの中に死刑が存在し適応されてると分かっていたなら起こせなかった事件だ。

まあどうせ全力で認めないんだろうけどなお前はw


147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 19:03:56 ID:O5Cn+ao9O
>>141
へ〜〜〜これはアンタの持論だったのになぁ(笑)
いったい何人でそのコテ使ってんだかww

148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 19:25:53 ID:sYQNQBr40

「ドキュメント死刑囚」の中で、篠田氏は後に宅間の妻となる吉岡さんとは別に、
A子さんという女性を紹介している。
私はルックスという面だけなら宮崎勤の方がましだと思っていたが、何が彼女達を
「狂人」宅間守に惹き付けたのかだろうか。
篠田氏によれば、彼女達は被害者(子供達の親)より、加害者(宅間)に自己投影させ、
「自分も一歩間違えれば宅間守になっていたかもしれない」というのだ。
秋葉原事件の加藤に対しても同じような自己投影をする人がいた。
しかし、私はこれは如何なものか、と思う。
人の理性というのは、「決して超えてはならない太い一線」が心の中に引かれていて、
それを超えるや否や、自己破壊(溶解)が起こる仕掛けみたいなものではないのか。
その一線こそが殺人行為だと思う。
ところが、戦争など特殊な環境がその線を消してしまう。だから恐ろしい。
多くの犯罪者には、その線が最初からなかったり、ぼやけてるのだろう。
つまり、「自己投影をすること」と殺人行為は全く別次元ではないかと思う。
宅間の恋人になった「優しい女性達」を非難したくはないが、やはり宅間守は一遍の同情も
値しない悪魔というか、鬼畜、怪物(父親武士さんの言)としか思えない。
昔から、殺人行為(自殺も含めて)によって、何らかのメッセージを発し、
「どうか聞いてください」みたいな甘えがある。やはり、それに対する答えは、
ビートたけし(宅間はそう呼んでいた)の言うような「塩漬け」ではなかったのか。
暴力には非暴力(無抵抗や黙殺でもなく)こそが、成熟した、法秩序社会が出すべき答えでゃないのか。

149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 19:46:14 ID:2PaYuXrT0
オカマはいい加減にしておけよキモチ悪い。
宅間の一痛打を死刑にされる事とするなら、何が何でも死刑にしたい死刑一辺倒の人間からしたら
逆に一痛打与えてさせてやりたかった、だ。まさに思う壺。

お前らこそが宅間を深読みし紐解き、悪のヒーローとしていつまでも騒ぎ立ててるにすぎん。
あんなもんはセックスお化けの溜まった性欲が暴発した程度に言っておけばいい。
こんな事件は何十年に一度どんな社会でも起こる。いづれ起これば粛々と殺してやればいい。

150 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/14(土) 20:32:21 ID:sYQNQBr40
>>143
>因みに世界の範たる先進国アメリカでも4人中約3人がこの死刑を支持しています。
→9-11のテロ計画を立て実行に参画したアルカイダのメンバーがニューヨークで
裁かれることになった。
軍事法廷ではなく一般の刑事裁判で裁かれる。
無論、実行犯は既に全員死んでいるから、その共犯を裁くということらしい。
そして、求刑は全員死刑だそうだ。
私はこれはいかがなものいか、と思った。
確かに、ニューヨーク州には死刑制度はあるが、事実上の死刑廃止州(最後の死刑が1963年で
2004年に州最高裁で死刑違憲判決)だ。
http://www.tampabay.com/news/perspective/executions-are-expensive-and-an-ineffective-deterrent-should-the-death/1051396
Executions are expensive and an ineffective deterrent. Should the death penalty die?
「事実上の死刑廃止」と実際の執行との間は、どれくらいの距離があるのか。
やはり、最終的には死刑制度を全面的に廃止するべきだろう。

151 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/14(土) 22:42:13 ID:NS8WWp2e0
>146 名古屋アベック殺人なんかも自分たちが死刑になる事は無いから殺せ、と命令し殺した。

おかしいな。俺の知ってる限りでは「警察に逮捕されるのは嫌だ」から、顔を見られた二人を殺してるんだが
「少年だから死刑になる筈がない」と言ったのは裁判中のセリフ
それとも現場で誰が誰に「死刑になることはない」と言ってた、と誰が裁判で言ってるのかな?そこんとこソースyr

> これが実際に起こった事件の ある と言う部分の証明だ。

ソースが無い限り脳内証明乙としか言いようがない

152 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/14(土) 22:56:15 ID:NS8WWp2e0
ちょいとググったら犯人の名前も顔写真もワラワラ出てくるな〜しかし
少年法の法精神なんか、全く無視だな、ネットは
こりゃ名前変えないと生きていけないね
まぁ・・・自業自得だが
犯人どもは1988年当時、こうなることが予想できてればひょっとしたらある程度抑止できてたのかも
まぁでも、事を起こしたらこうなるよと
いい抑止力になるんじゃないかな

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 01:13:03 ID:fIBo4mvTO
>ソースが無い限り脳内証明乙としか言いようがない

バ観念の発言全てが脳内証明乙としか言いようがないわけだが


154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 02:19:27 ID:Uh91ZraE0





   思 考 実 験 = 脳 内 証 明 と 呼 ぶ

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 05:13:58 ID:/zXIFSqo0
>>149
>宅間の一痛打を死刑にされる事とするなら、何が何でも死刑にしたい死刑一辺倒の人間からしたら
逆に一痛打与えてさせてやりたかった、だ。まさに思う壺。
>お前らこそが宅間を深読みし紐解き、悪のヒーローとしていつまでも騒ぎ立ててるにすぎん。
>こんな事件は何十年に一度どんな社会でも起こる。いづれ起これば粛々と殺してやればいい。
→なんとも、わかりにくい日本語だな(苦笑)
確かに、世の中には残酷な光景を目の前にしながら、平気で飯を食べられる人もいる。
恐らく、公開処刑が日本で行われたら、後楽園ドームを埋め尽くすくらいの観客を集められるかもしれない。
そこで宅間などの「死刑志願者」と「死刑存置派」の利害が一致して、「目出度し、目出度し」としたいのだろうが、
そうはいかない。
最近、篠山紀信が公前猥褻罪で逮捕されたらしいが、要するに、「プライベートで何をしてもいいが、公共の場では
困りますよ」ということだろう。
もし、宅間がひっそりと自殺したり、処刑されるというのなら、別に構わないかもしれない。
しかし、少なくとも、日本では「人の命は地球より重い」(昭和23年最高裁大法廷判決)と認定されている。
ということは、死刑が私的、密行的に行われていいわけがない。
それなら、「死刑を目にしたくない」とか「死刑を子供に見せたくない」という国民も少なくないのではないか。
映画「休暇」では、刑務官役の小林薫、大杉漣が取っ組み合いをする場面がある。
「死刑囚の命と引き換えに、休暇が欲しい」という態度が気に入らないということらしい。
また、「休暇」の冒頭では、「死刑手続」が淡々と機械的に進む様子も描かれている。
『いかなる理由にせよ、人の命を何らかのメッセージを伝える手段にするのは間違っているのではないか?』
というメッセージが伝わってくる。
死刑の目的の一つが「一般予防=みせしめ」であることは、裁判官が読む「死刑判決」で
必ず引用されることから明らかだろう。
本当に「死刑=人殺し」でなくては、人々に「人を殺してはいけない」というメッセージは伝わらないのだろうか。
そもそも、凶悪事件を起こそうとしている人達が、「死刑ニュース」に敏感なのだろうか。
そもそも、「人を殺してはいけないかどうか」が議論されているのが奇異なことではないのか。
如何なる人の命であれ、寿命が尽きる前に奪うのは間違っているのではないか、このことは
殆どの人は小学校で習うのだが…(苦笑)


156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 13:46:20 ID:bxp9Dodc0
>>155

死刑廃止が、「人を殺してはいけない」の教育効果があるなら、
死刑廃止自体が、抑止力を持つことになるではないか。
そんなもの無いことは、廃止国が証明している。

「欲望を満たすために何人もの命を奪っても、自分だけは生きられる」
そんなことで「人を殺してはいけない」のメッセージが伝わるとでも思ってるのか?

寝言は寝てから言え。

157 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/15(日) 15:12:02 ID:gTRlqKjL0
>155 本当に「死刑=人殺し」でなくては、人々に「人を殺してはいけない」というメッセージは伝わらないのだろうか。

逆に「殺すしか価値のない存在は殺してしまえ」というメッセージが伝わるだろうね

>156 死刑廃止自体が、抑止力を持つことになるではないか。
> そんなもの無いことは、廃止国が証明して

>71の真ん中あたりのリンク読んだ?廃止州より存置州の方がずっと殺人率高いんだが
尤も逆に「死刑存置の促進力」と呼ぶべきかも知れないが

158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 17:39:27 ID:Uh91ZraE0
いいじゃないの宅間が如何殺されようが、宮崎が正規の手続き無視されて殺されようが。
被害者と同じ。もう死んだ人間。死人にくちなし。
廃止派は被害者が殺されてももう死んだ人間の一言で終わらせる癖に、死刑囚の死にはホント五月蝿いネェw忘れろよw

159 :存置派:2009/11/15(日) 18:13:49 ID:6GCsf/Cu0
>>157
…ああ、性懲りもなく、こっちでその表掲げてるんだ。

ttp://www.deathpenaltyinfo.org/deterrence-states-without-death-penalty-have-had-consistently-lower-murder-rates
この表が「見せ掛け上」存置州の方が殺人が減少していないようになっているのは、
実際にはニューヨーク州とカンザス州を入れ替えているから生じているものであり、
ニューヨーク州とカンザス州を抜いて、存置州と廃止州を比較した場合、
廃止州の方が存置州に比べ殺人が減っていないってこと、何も言訳できずに消えたのに。

それとも、ペテンの表を引っ張り出せる良い言い訳、何か考え付いた?

160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 18:42:56 ID:fIBo4mvTO
>>151:観念は具現化する◆3PwDX5T6IA 11/14(土) 22:42 NS8WWp2e0

>ソースが無い限り脳内証明乙としか言いようがない

バ観念の発言全てが脳内証明乙としか言いようがないニダ


161 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/15(日) 19:07:41 ID:gTRlqKjL0
>159 ニューヨーク州とカンザス州を抜いて、存置州と廃止州を比較した場合
>廃止州の方が存置州に比べ殺人が減っていない

何度も書いたが有意味な差ではないし、「既に廃止したことによる効果は落ち着いたから」とも説明出来るので、少なくとも「存置した方が抑止になるという反証」にはならない
それにニューヨークは死刑復活とほぼ同時にbrokenwindow理論に基づく政策やってるから、その効果も入れないと

しかしイラクの原発問題であれだけ矛盾を露呈したのに、まだ懲りないのかね・・・・キミは

162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 20:08:04 ID:Uh91ZraE0
>廃止州より存置州の方がずっと殺人率高いんだが

>少なくとも「存置した方が抑止になるという反証」にはならない

反証どころか最初に存置した方が殺人率が高いと断言してるじゃないかw
効果が落ち着いたとか今度は時系列ぐちゃぐちゃに弄りだしたなw

163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 20:40:52 ID:G1pNIU6F0
>>157
お前が出してる例より、存置の日本やシンガポールの方が
殺人率低いだろうが、バ観念。
さすが「死刑存置の促進力」だな。
命を奪ったものは、命で償うの教育結果だな。

それで、死刑廃止に教育効果など無いことは認めるんだろ。

>>161
おまけに、死刑の抑止力の否定を証明できてね-じぇね-かw

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 20:55:13 ID:ua++pibnO
頭でっかちな理屈は必要ないよ
悪い事をすれば、それ相応の罰を与える、死んで当然の罪か、否かそれだけのこと
一部の人に極悪人をどうしても生かしたくて理屈をこねくり回してたがる人がいる、それだけ
憎まれて当然の極悪人の味方をする人を殆どの人は理解しないのは自然ですよ

165 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/15(日) 21:25:27 ID:gTRlqKjL0
>163 存置の日本やシンガポールの方が
> 殺人率低いだろうが、バ観念。

国ごとの比較はあまり意味がない。それぞれ背景が違うから
だから米国内の存廃州比較こそ意味がある。結果も「廃止した方が殺人減る」と出てる

>164 憎まれて当然の極悪人の味方をする人を殆どの人は理解しないのは自然ですよ

自然だが当然ではないな。でも「自分たちは自然だ。だから理解しなくてOK」と思考停止するのは精神性が未熟な証拠

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 21:28:14 ID:ua++pibnO
自然であり道理
道理をねじ曲げる理屈はいらない


167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 21:30:32 ID:G1pNIU6F0
>>165
それじゃ、アメリカ内の死刑廃止派モカン教授の解析も認めろよ。
結果も「廃止した方が殺人が増える」と出てるんだからな。

それに韓国の事例も、カナダの事例も知ってるんだろ。
それとも国が違うと抑止力は認められちゃうのか?

終わってるな、バ観念。

168 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 21:35:18 ID:Uh91ZraE0
10000歩譲って廃止した方が殺人が減ったデータが取れたとしてそれを日本に持ってきたとしても
意味が無い。背景が違うから。

169 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/15(日) 23:02:56 ID:gTRlqKjL0
>166

↑典型的な思考停止

>167 結果も「廃止した方が殺人が増える」と出てるんだからな。

その手の似非統計はこれまで散々見たが、残念なことにどれも眉唾なんだよね
本当にそれを科学的に正しいと証明できるならソースyr

> それに韓国の事例も、カナダの事例も知ってるんだろ。

「死刑廃止したから増えた」という科学的論拠をどうぞ

>168 意味が無い。背景が違うから。

どのように「背景が違う」のかね?逃げずに答えてねー

170 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/15(日) 23:42:26 ID:G1pNIU6F0
>>169
眉唾だとするソースくれ。
どうせお前の主観で眉唾と判断してるだけなんだから。
そうだろ、バ観念。

>> それに韓国の事例も、カナダの事例も知ってるんだろ。
>「死刑廃止したから増えた」という科学的論拠をどうぞ

統計量で殺人が死刑廃止前・後を境に急増していることに対し、
科学的に死刑による影響ではないと否定してくれ。

お前の主観なんぞいらんから。な、バ観念。


171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 00:38:04 ID:keAkSFy50
>>169
別にお前如きが眉つばだー眉つばだーと騒いでも何の意味も無いな。
科学的に正しくないと言いたいのなら、お前自身がそれを「科学的」に否定して見せばいいだろ。
お前は科学って言葉がやたらとお気に入りなんだからさw



172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 00:38:47 ID:mfoFhh+dO
>>151:観念は具現化する◆3PwDX5T6IA 11/14(土) 22:42 NS8WWp2e0
>ソースが無い限り脳内証明乙としか言いようがない


バ観念の発言全てが脳内証明乙としか言いようがないナリ

バ観念の発言全てが脳内証明乙としか言いようがないナリっっっ!



173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 00:42:13 ID:keAkSFy50
>>165
国ごとの比較は意味が無いと言いながら、アメリカの州ごとの比較は意味があるってか?
どんだけ頭が悪いんだよお前は・・・。

174 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 01:04:53 ID:A+1+c61h0
観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA

こいつぁおもしれぇ玩具だなwwwwww

175 :存置派:2009/11/16(月) 01:26:36 ID:I+ac3GAr0
>>161
>何度も書いたが有意味な差ではないし
うん、カンザス州とニューヨーク州を廃止州に含めたり外したりした差は「有意味」
両州を最初から外した差は「有意味な差ではない」と延々と描いてたよね。その理由も示せず。

>「既に廃止したことによる効果は落ち着いたから」
「既に廃止したことによる効果は落ち着い」ているのに、
いちいちカンザス州とニューヨーク州を含めたり外したりしないと、廃止州に有利な数字が出てくれないのは何故かな?

>それにニューヨークは死刑復活とほぼ同時にbrokenwindow理論に基づく政策やってるから、その効果も入れないと
…日本語読める? 「ニューヨーク州とカンザス州を抜いて、存置州と廃止州を比較した場合」で、廃止州に不利な結果が出るんだけど?
そもそも、これだけ言われて、ニューヨーク州の殺人率すら見てないだろ、その言い訳。

>しかしイラクの原発問題であれだけ矛盾を露呈したのに、まだ懲りないのかね・・・・キミは
…え? お前の脳内では、あれ、俺が矛盾を露呈したことになってるの?
フランスがイラクに原子炉を売却し、核開発の可能性を危惧したイスラエルが空爆した事件に対し、
後のイラクの核開発計画を出されても、原子力技術の歴史を言われても、
ひたすらお前が「イラクに軍事利用の可能性はないのー」と、何の根拠も示せず、言い続けたあれが?

相変わらず、根拠の示せない幸せ回路が絶好調だね。

176 :存置派:2009/11/16(月) 01:31:14 ID:I+ac3GAr0
>>173
いやいや、ありえるんじゃない?
アメリカの州ごとの差は、酷い場合には国家同士並のものだって教わらない程度の
教育しか受けてこれなかったのなら。
…問題は、この日本に、義務教育をまともに受けてて、そのレベルってのがいるか否かってことだが。

177 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 03:38:50 ID:rjpC8RgKO
こっちでも嘘つき同士が議論してんのか。

178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 05:26:19 ID:ODN4fa0A0
>>155
>宅間を深読みし紐解き、悪のヒーロー
→死刑制度に異を唱えることが何故、死刑囚をヒーローとすることになるのか。
私は寧ろ、「悪人を塩漬けにしておけ」と主張している。
オバマ大統領はキューバ グアンタナモ収容所を閉鎖した。その決定は是としたい。
しかし、テロリスト達を民間の裁判所で裁き、死刑を求刑するというのは如何なものか。
死刑を事実上廃止したニューヨーク州で裁くというのは、単なるパフォーマンスかもしれない。
しかし、死刑を求刑したということは、死刑になんらかの効果があるという、期待があるのも
確かではないのか。
イエスを引用するまでもなく、狂信者を死刑にすれば、それは「殉教者としての誉れを与えることになる」
ということがわからないほど、オバマはバカでもないだろう。
昨年、秋葉原で無差別殺傷事件があった日が、池田小学校児童殺傷事件のあった、丁度7年目にあったというのは、
偶然では無論ない。犯人が宅間を悪のヒーローとしていたのではないにしろ、
凶悪事件が効果的なメッセージの伝達手段とみていたのは間違いない。
犯人がネットの書き込みを頻繁に行っていたというのも興味深い。
個人的には、派遣社員として使い捨てられるであろう犯人の境遇に同情したかった。
しかし、「なにも人殺しまでしなくてもいいだろ」と叫びたかった。
宅間に対しても、「たとえ人生に絶望したからといって、罪のない幼い子供達まで道連れにすることはないだろ」
と叫びたかった。
彼等みたいな、「逆恨みするトンデモナイ極悪人」が、例えば百万人に1人としても、
日本には100人以上の潜在的、「宅間」や「加藤」がいることになるだろう。
「死刑」が彼等への回答だとしか考えられないとしたら、それはお伽噺(おとぎばなし)になってしまう。




179 :裁判は復讐より和解の場を提供:2009/11/16(月) 06:47:43 ID:ODN4fa0A0
>>156
>死刑廃止自体が、抑止力を持つ
→「死刑廃止」には、確実に凶悪犯罪抑止に効果があります。
「人をいかなる状況下であっても、殺してはならない」ほど力強いメッセージが
あるでしょうか。
>「欲望を満たすために何人もの命を奪っても、自分だけは生きられる」
→あなたは、ちゃんと議論に付いてきてませんね。
宅間も言っているように、「大量の道連れによる自爆死」こそが現代犯罪の最も恐れるべき傾向に
なりつつあるのです。
それへの対策が死刑でないのは、あまりに明らかでしょう。
それなら、保険金目当ての殺人(自分は確実に生き残る)と狂信的殺人の間に刑罰の点で差別をつけるべきでしょうか。
否、複雑な現代社会に於いては、「欲望の犯罪と狂信の犯罪の間」に線を引くことはできなくなっているのです。
カーク ダグラス主演「ウオールストリート」で、主人公の仲買人が
「グリードイズグッド(欲望は善である)」という場面があります。
資本主義がキリスト教道徳と結びついたからこそ発達したというのは正しいのです。
「儲ければ儲けるほど成功者として尊敬される」というのは錯覚にすぎませんが、
それを未だに錯覚しているのが、堀江貴文でしょう(笑)
言い換えれば、現代の犯罪の特徴とは「如何なる手段を使っても目的を達すればよい」とする、
「終わりよければ全てよし」とする「幸福者の言い分」のみを尊重したものなのです。
そこに問題の核心があることがわからければ、何故、一見、よく見えるグローバリズムが問題の元凶なのか、
世界に広がる一方の貧富の格差やグローバルテロニズムの仕組みが見えてこないのです。
言い換えれば、「現代の成功者は必ずしも悪意をもっていない」という点が厄介なのです。
罪の自覚が全くない殺人者を死刑にすることに何の意義があるのでしょうか。
結局、人間の良心を死刑では裁けない、ということを認めるべきではないでしょうか。
「暴力」には「暴力を」では結局は、暴力が悪循環して全体の破滅が待っているだけなのです。
死刑の代替刑は、暴力より癒しを求める「教育刑」にあくまでこだわるということなのです。
刑事、民事に拘わらず、司法改革の中心は常に、「修正的司法」であるべきなのです。

180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 10:42:09 ID:t+CVcfWX0
「人をいかなる状況下であっても、殺してはならない」ほど力強いメッセージが
あるでしょうか。

死刑廃止で伝わるのは「人を身勝手に殺した人間を、殺してはならない」
という力強いメッセージなんだからヘナチョコなんだろ。これは事実だから。
お前の言うメッセージが伝わってたら、廃止国の殺人率が日本より低いはずだろ。
でも違うのが事実なんだから仕方ない。

あなたは、ちゃんと議論に付いてきてませんね。

お前は何を言ってるのか?死刑と自殺対策併用すれば良いだけのこと。
死刑廃止したら自暴自棄の銃乱射防げるのか?違うだろ。

「暴力」には「暴力を」では結局は、暴力が悪循環して全体の破滅が待っているだけなのです。

第3者が介在する刑罰としての死刑は暴力の連鎖止める。
2項対立の私的な終身刑だったら死刑じゃなくても、暴力の連鎖が起こるだろう?
極めて的外れ。

181 :報道機関はたまには殺人事件を報道しない日を作ってもいい:2009/11/16(月) 17:46:52 ID:KlCnj+nC0
>>180
>廃止国の殺人率が日本より低いはず
→それには、二つの間違った前提があります。
1 もし日本が死刑を廃止したら確実に殺人件数が上昇する
2 日本では凶悪事件が増えている
というものです。
これらの前提が間違ったものであることは、論証済みです。
先に死刑制度が廃止した韓国ですが、統計的にはっきりと殺人件数が減っています。
ところが、コリアレポートとかいう怪し気な新聞が3割増えた、とか報道したために、
鬼の首を取ったかかのように言っているのでしょう。
念のために、事実を示した統計を書き込もうと思っています。
但し、鳩山元法相も言っていたことですが、日本では先進国の中でも、司法解剖率が低いという問題があるのです。
他の先進国で殺人認知数が寧ろ上がったという事実の背景には、
司法解剖率が上がった為に、殺人認知数が上がっただけということも考えられるのです。
したがって、将来、日本で死刑が廃止されて、時計上の殺人認知数が上昇しても、
直接の因果関係は容易に導きだせないのです。
2が錯覚なのは実感としてわかるはずです。
ところが、日本のメディアは恰も、「一日のニュースの中で、必ず殺人事件を報道しなければならない」
という強迫観念があるようです。
私はアメリカでも殺人数が多い町に住んでいるのですが、近所で起きた殺人事件が新聞も、
テレビも全く報道しない、ということも珍しくありません。
年末になって、「今年の犯罪状況」というような統計になって、一喜一憂するくらいなのです。
考えてみれば恐ろしい話で、文字通り「人が1人いなくなっても誰も気にならない」
という状況があるのです。
それを考えれば、あらゆる田舎町の殺人事件や行方不明事件を報道する日本は平和な国なのです。
しかし、それによって、「日本はますます物騒になってる」と思い込むのも間違ってるのです。
欧米の基準からすれば、(もし死刑が犯罪対策の効果があるとして)何故、現在の日本に死刑が
必要なのか理解不能でしょう。日本に死刑がなくてはならない理由は全くないのです。


182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 18:02:26 ID:KlCnj+nC0
訂正>>181
>したがって、将来、日本で死刑が廃止されて、時計上の殺人認知数が上昇しても、
直接の因果関係は容易に導きだせないのです。

したがって、将来、日本で死刑が廃止されて、統計上の殺人認知数が上昇しても、
直接の因果関係は容易に導きだせないのです。

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 18:13:48 ID:t+CVcfWX0
>>181、182

言っとくが、以前のWHOの統計は不完全なんで止めとけよ。
すでに日本の犯罪白書の海外数値項目における韓国のデータよりも
少なく見積もられちゃってるくらい不完全な状態なんだから。(俺も最初だまされたがな)

ちなみにコリアレポートじゃなくて朝鮮日報という韓国の新聞。
そして新聞記事のデータの出所は、韓国の法務部。
韓国・国内の法務部のデータの方が信頼性が高いんで、
もちろん、お前さんも韓国内からその系列のデータを拾ってくるんだろ。

→それには、二つの間違った前提があります。
1 もし日本が死刑を廃止したら確実に殺人件数が上昇する
2 日本では凶悪事件が増えている


1 増える可能性があるとの認識で十分
2 全体の殺人件数はどうなってるか教えてくれ。

死刑と自殺対策を併用すれば良いのとの意見は変わらんよ。

→したがって、将来、日本で死刑が廃止されて、統計上の殺人認知数が上昇しても、
直接の因果関係は容易に導きだせないのです。

じゃ、容易に死刑廃止できないな、死刑廃止が要因である可能性が払拭できないんだから。

184 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 18:20:48 ID:t+CVcfWX0
>他の先進国で殺人認知数が寧ろ上がったという事実の背景には、
司法解剖率が上がった為に、殺人認知数が上がっただけということも考えられるのです。


司法解剖率は、死刑廃止後、廃止前急激に変化しない。下らないことぬかすな。

185 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/16(月) 18:43:44 ID:qtQvMvrH0
>170 眉唾だとするソースくれ。

眉唾でないとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾確定
但し「こんな研究結果が出たんだってさ」というニュース記事はソース足り得ないので、本物のソースを頼むよ
あと、できればそのソースの信憑性を議論したサイトもよろしく。そっち読んだ方が早いから・・・・・当然あるんだろ?そういうサイト

> 統計量で殺人が死刑廃止前・後を境に急増していることに対し、

殺人が増える要因なんて幾らでもあるのに、死刑廃止のみをその因子にするのは非科学的。殆ど「抑止力信仰」だよ
カナダと韓国で実際事件を起こした奴にインタビューした記事はないの?「廃止されたから殺人したんですか?」「勿論です」みたいな
無いなら「死刑廃止が原因で殺人が増えた」とは到底言えない(それを堂々と言えるのは無学無知無教養な抑止力信者だけ)

>171 お前自身がそれを「科学的」に否定して見せばいいだろ。

そもそも今の時点ではソースがないので否定しようがない。それよりお前が「科学的に」肯定してくれ
嫌ならいいよ。「都合のいい記事を鵜呑みにして正しいかどうかの検証すらしてない」という胡散臭さが残るだけだから

>173 国ごとの比較は意味が無いと言いながら、アメリカの州ごとの比較は意味があるってか?
>どんだけ頭が悪いんだよお前は・・・。

文化も習慣も価値観も異なる国別を比較するよりも余程有意味だろうに。そんな事も分からんのか
どんだけ頭が悪いんだよお前は・・・。

>175 両州を最初から外した差は「有意味な差ではない」と延々と描いてたよね。その理由も示せず。

理由示したじゃん。お前が最初ポイント差で比較して「差が出た!」と騒いでたのを俺が促して%で表したら統計学的に大した差がなかったろ
もう忘れたの?

> いちいちカンザス州とニューヨーク州を含めたり外したりしないと、廃止州に有利な数字が出てくれないのは何故かな?

「含めたり外したり」?意味不。お前の主張では「含めなかったら」存置州に有利なのではなかったか
まぁどう転んでも廃止州の殺人率>存置州の殺人率になることはないが

> 「ニューヨーク州とカンザス州を抜いて、存置州と廃止州を比較した場合」で、廃止州に不利な結果が出るんだけど?

それは有意味ではなかっただろと何度ry

> お前の脳内では、あれ、俺が矛盾を露呈したことになってるの?

俺以外の脳内でもそうなってるよ。おめでとう

> ひたすらお前が「イラクに軍事利用の可能性はないのー」と、何の根拠も示せず、言い続けたあれが?

俺は「可能性」がどうのとは言ってない筈だが。可能性を言い出したらお前がオカマである可能性も0ではないと言えてしまう

186 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 18:55:27 ID:mfoFhh+dO
>眉唾でないとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾確定


眉唾だとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾でないが確定

眉唾だとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾でないが確定

眉唾だとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾でないが確定



187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 19:28:06 ID:t+CVcfWX0
>>185
すげー笑った。研究の世界じゃ眉唾だったら検証否定論文でるのに、
結局、お前は眉唾と否定してる研究探せなかったって―ことじゃんww
眉唾と否定してる研究自体をお前が見つけ出せないことがソースの信憑性を証明してるじゃん。

さすが、バ観念。最高だ。

現実にニュースと研究が公開・提示されてるものに対して、
お前が否定するニュースと研究を提示すれば良いのに、
主観だけで叫んでるんだからバカにされて当たり前。

>殺人が増える要因なんて幾らでもあるのに、

ふむふむ、統計量で殺人が死刑廃止前・後を境に急増していることに対し、
その要因を取り除いて科学的に否定してくれ。
それまでは、統計的に死刑廃止が主要因であることには変わらないんでね。

お前が『「死刑廃止が原因で殺人が増えた」とは到底言えない』と主観で呟いてもね。

それとも、「死刑廃止が原因で殺人が増えた」とは到底言えないなんて言ってるのも関わらず、
自らの死刑廃止で殺人が減ったなんて『自己矛盾』すること言ってるのか?
大爆笑ものだろう。

まず、バ観念!お前の中の矛盾をなんとかしてくれ。
・殺人が増える要因なんて幾らでもあるのに、死刑廃止のみをその因子にするのは非科学的。
・だから米国内の存廃州比較こそ意味がある。結果も「廃止した方が殺人減る」と出てる

188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/16(月) 22:13:05 ID:A+1+c61h0
>殺人が増える要因なんて幾らでもあるのに、死刑廃止のみをその因子にするのは非科学的。殆ど「抑止力信仰」だよ

殺人が増える要因なんて幾らでもあるのに、死刑存続のみをその要因にするのは非科学的。
なんでこいつは反意語そのまま入れ替えて成立するような駄文をわざわざ書き込むのか。
アホウじゃなかろか。

189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 00:42:01 ID:rDONTD4L0
重大事件の反日似非人権派思想絶対主義者行動予想

結婚詐欺連続不審死→自供有り起訴ならは小さな小さな死刑回避運動
鳥取連続不審死→自供有り起訴なら小さな小さな死刑回避運動
自供無しなら無罪運動

島根女子大生平岡都さんバラバラ殺人事件→社会の注目続いてれば減刑運動
注目消えてれば39条無罪運動

死刑廃止も反日運動の一環だから、社会の反応で行動が変わる。

190 :存置派:2009/11/17(火) 03:23:11 ID:7snYhh5X0
>>185
…全部忘れているみたいだから、もう一回示してあげるか。
カンザス州とニューヨーク州を外した場合の存置州と廃止州の1990年の Murder Rate
 Death Penalty States  :9.5
 Non-death Penalty States:5.92
カンザス州とニューヨーク州を外した場合の存置州と廃止州の2007年の Murder Rate
 Death Penalty States  :5.99
 Non-death Penalty States:4.10
並べてみると
 Death Penalty States  :9.5→5.99(1990年を100とした場合、2007年は0.63)
 Non-death Penalty States:5.92→4.10(1990年を100とした場合、2007年は0.69)

>俺が促して%で表したら統計学的に大した差がなかったろ
おやおや、そもそも%で表した場合、つまり純粋にMurder/Populationをやった場合、
Murder Rate自体は0.00583や0.00410といったところだが?
0.00583-0.00410=0.0017に着目するお前が、0.69-0.63=0.06は大した差じゃないって言い張るなら、
それは「統計学」ではなく、ただのお前の、いつものダブスタってだけだよ。

しかも、結局「統計学的に大した差」でないとするならば結局、
お前の引っ張り出してきた表は「統計学的に大した差」を示してくれなくなるんだがね。

>「含めたり外したり」?意味不。
>まぁどう転んでも廃止州の殺人率>存置州の殺人率になることはないが
なぁんだ、お前、何も理解してなかったんだ。
この表の作者、お前よりは頭が良いようでさ、
「廃止州が存置州より殺人件数が少ないって示すだけじゃ『元々少ない地域なんだろ』で一蹴される」とはわかってたのさ。
だから、表の下にPercent Differenceなんて項目をつけて、さも存置州よりも廃止州の方が治安が良く「なっていってる」ように見せかけてるのさ。
(実際には、上記の通りだけどね)
で、この作者が着目したのが、人口が多く、且つMurder Rateも高い部類に入っていたニューヨーク州だったんだろうね。
1990年の段階ではニューヨーク州を廃止州でカウントすれば、廃止州のMurder Rateを高く出来る。
で、もっともらしい口実が生じた段階で、ニューヨーク州を存置州の側に入れれば、廃止州のMurder Rateはがくんと減ったように「見える」ってわけさ。

191 :存置派:2009/11/17(火) 03:50:04 ID:7snYhh5X0
>>185
>俺以外の脳内でもそうなってるよ。おめでとう
えーと…お前に賛同してくれた人間は、あのとき一人もいなかったはずだけど…
お前、何を根拠に「俺以外の脳内でも」と言ってるのかな? 書き込んでない人の脳内とか垣間見ちゃった?

>俺は「可能性」がどうのとは言ってない筈だが。
ああ、これも自覚がなかったわけか。…考えてみりゃ、さもありなんだなぁ。
フランス人の民度がそれなりに高いって証明するためには「イラクに軍事転用の可能性がない、または著しく低い」ってしなきゃ
結局フランス人は「危険な国家に金目当てで原子炉を売り払う連中」となり、廃止国の民度とやらを透けて見せさせちゃうのに、
お前がやっていたことは「証拠はー証拠はー」とわめくだけだったからなぁ。平和的利用の証拠も可能性も何一つ挙げられずに、一人の賛同者も得られずに。
…で、繰り返して聞くけど、あれ、お前の脳内では「相手が矛盾を晒した。俺以外の脳内でもそうなっている」って記憶されてるの?

>可能性を言い出したらお前がオカマである可能性も0ではないと言えてしまう
…いや、ゼロだよ。女装した覚えも、ネット上で女のふりした覚えもないから。

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 03:50:59 ID:sWIuXPDB0
中二病と言うかリアル中二には手加減してやれよw

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 05:22:35 ID:KrqKkK3x0
>>183
>増える可能性があるとの認識で十分
→死刑を廃止した後、日本の殺人認知数が増えるかもしれないし、減るかもしれない、
ということです。
死刑廃止後、窃盗件数が増えるかもしれないし、減るかもしれない。
死刑廃止後、交通事故死者数が増えるかもしれないし、減るかもしれない。
死刑廃止後、台風の日本上陸数が増えるかもしれないし、減るかもしれない。
せいぜい、その程度の因果関係しかいえない、ということです。
それは迷信に基ずくものです。宗教的観点から意見を述べるのは結構ですが、
それは科学ではないのです。
>>185
>カナダと韓国で実際事件を起こした奴にインタビューした記事はないの?「廃止されたから殺人したんですか?」「勿論です」みたいな
無いなら「死刑廃止が原因で殺人が増えた」とは到底言えない
→そうですよね。
ただ「日本の殺人などの凶悪事件発生傾向」などと同様に漠然と分析することはできると思います。
日本では2007年に戦後最低の殺人認知数を記録しました。
ところが、どういうわけか、この大ニュースをどこの報道機関も報道しなかったのです。
インターネットがなければ、この情報も闇から闇に葬られていたかもしれません(苦笑)
日本の低犯罪率は、江戸時代の五人組の伝統に代表される、「助け合い」の伝統があるからではないでしょうか。
ただ一般庶民が恐れるのは、たまに10年一度起きるような、「津山30人殺し」「連合赤軍事件」
「三菱銀行北畠支店猟銃.人質立て籠り事件」「オウム真理教事件」などの超凶悪事件なのです。
そうなると、庶民は「凶悪事件には厳罰主義で対応するしかない」→「極刑=死刑しかない」
となるのです。
アメリカでも、そういう傾向があって、「だからといって、死刑によって事件が防げたのか」
など、誰も疑問を出すさないのです。
精神異常者未満の人格破綻者に常識が通用しない、ということくらい、もうわかってもよさそうですが…

194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 06:04:24 ID:KrqKkK3x0

生物学者によれば、あらゆる生物の特徴として、
全体の頭数から、何%かは、必ず同性愛をする者があるそうです。
ある種類は両性が具わっていて、場合によって使い分けたり、オスがメスになったりすることもあるのです。
同様に、異端(他者に危害を加える)の存在も少くありません。
犯罪者、特に凶悪犯罪を起こす遺伝子が存在するのではないか、という疑いは遺伝子学が
発展する以前から、人々は直感で知っていたことです。
高年齢出産が母胎に危険があるだけでなく、生まれてくる子供の知能に悪影響があるという研究や
高年齢男性(40代以降)が父親の場合、子供が精神疾患をもつ可能性が非常に多いなど、
因果関係を似非科学的とは必ずしもいえないのです。
宅間守の母親は、守が宿ったとき、かなり強硬に堕胎を希望したそうですが、
笑ってすますこともできません。
因に、宅間守と四番目の妻との間には、子供が1人いますが、私達は決して差別してはならないのは当然でしょう。
他の凶悪犯の親をもった子供達に対しても同様です。
民族全体の凶悪性に関しても、ステレオタイプに決めつけることはできませんが、
(私の経験則だけですが)確かに凶暴な民族や人種はあると思います。
「どれ!」とはいえませんが、比較対照をすれば、日本人は大人しく、信用が置ける人が多い、
というのも事実なのです。
他の国籍、民族、人種に比べれば、日本人は幸運だと思います。
「桜の国日本」「人権平和憲法の国日本」「ノーベル受賞者が輩出する日本」を
もっと誇りに思っていいのではないでしょうか。
たまに出る、異端中の異端である凶悪事件を起こす犯人を、わざわざ死刑にしなければならない理由は
ないと思います。
彼等も同じ日本人として生を受けながら、何人も人殺しをしなくてはならないような道を選んでしまったのです。
憐れむべき存在なのです。
私達は彼等に「測隠の情」を示してもいいのではないでしょうか。

195 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 06:21:18 ID:ZHIs1oBM0
観念クンも長矢クンも、自分のレスを見返すことってあるのかな?

見返してないのなら、一度見返してみたら?
で、俺の思う下の感想例を参考にしてみて。

我ながら、感情に任せて書いてしまった。恥ずかしい。
ちょっと意味の通じないところがあるので、次から気をつけよう。
関係のない的外れを書いてしまったな。
−−−−−−−(常識人の壁)−−−−−−−−−−−−−
言いたいことを言っただけで、文脈は気にしてないな。
まあ、わかってもらえるんじゃないかな。
−−−−−−−(何とか普通人の壁)−−−−−−−−−−
俺は正しいんだから、俺以外の意見は無用だ。
著書に書かれていることは正しいので、引用すれば正しいのだ。
揚げ足をとってやった。快感。


ちなみに、俺は君らのレスを見ると吐き気がする。
まあ、読みとばしてるんでいいんだけどね。

人の意見:否定、揚げ足とり、煽り・挑発。
自分の意見;現実離れ、我田引水。
こんなことばかり、いつまで続けるんだい?


196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 06:28:43 ID:KrqKkK3x0
訂正>>194
>「測隠の情」→「惻隠の情」


197 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 12:34:30 ID:S1gH+0DB0
>>195
>こんなことばかり、いつまで続けるんだい?

死ぬまでじゃね?
他の板を見ても、同じ事をやらかしてるし。
そもそも、自覚症状の無い精神病患者が野放しになってるようなもんだからな。
少年犯罪板を見て解ったが、親も何か諦めてるような感じだったみたいだ。


198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 13:24:08 ID:GnuIH28wO
キミらがうんざりして諦めると我らの観念さんが勝利宣言出しちゃうけどなww


199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 15:33:01 ID:sWIuXPDB0
こいつらとの対話は超凶悪犯を更生させるのと同じ事だからな。一筋縄ではいかんよ。
犯罪者に同情し共感してる節があるしな。このスレにはシミュレーションとしての存在意義がある。

200 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/17(火) 18:35:58 ID:HSrEO/QY0
>187 研究の世界じゃ眉唾だったら検証否定論文でるのに、

必ずしもそうとは限らない。眉唾でなくても否定論文でるよ

> 眉唾と否定してる研究自体をお前が見つけ出せないことがソースの信憑性を証明してるじゃん。

それ以前にお前の頭がちょっぴり悪い、ということがこの一文で証明されてるじゃん

> 現実にニュースと研究が公開・提示されてるものに対して、

どこに公開されてるって?まずそれを示しなさい。話はそれからだ

>188

その前に誰が「存続のみを殺人が増える要因にしてる」んだい?
「廃止のみを殺人が増える要因にしてる」阿呆はソンチーズの中にちらほらいるが

>190  0.00583-0.00410=0.0017に着目するお前が、0.69-0.63=0.06は大した差じゃないって言い張るなら、
> それは「統計学」ではなく、ただのお前の、いつものダブスタってだけだよ。

こりゃ酷い。この、数字の意味を考えずに数字だけしか見てない感じ・・・
ごめん、なんだかもう・・・読む気しないや・・

>195 ちなみに、俺は君らのレスを見ると吐き気がする。

そりゃしょうがない。精神がまだ未熟な証拠。自業自得


で、モカンがどうのっていう資料の研究結果まだ?

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 18:50:21 ID:GtKO+QTz0
>>200
前スレにあったぞ、

USフロントライン
http://www.usfl.com/Daily/News/07/06/0611_007.asp?id=53910

論文
http://www.bus.lsu.edu/mocan/Mocan&Gittings.NBER.pdf

>その前に誰が「存続のみを殺人が増える要因にしてる」んだい?

死刑廃止後にあからさまに、殺人件数が増加してるから。

202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 19:01:03 ID:GtKO+QTz0
そして、観念の長時間の沈黙が始まるのだった。

203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 19:09:10 ID:VNJeNJjNO
>>185:観念は具現化する◆3PwDX5T6IA
>眉唾でないとするソースくれ。ソースが出てこなかったら眉唾確定


眉唾だとするソース出せや早く。
ソースが出てこなかったら眉唾でない確定。



204 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 19:12:14 ID:sWIuXPDB0
廃止を前提に都合の良い妄想(思考実験)を展開

いきなり綺麗に完全論破され、相手にソースや数字を要求。逆に要求は受け付けない。

最終的にはソース元の信憑性が無いと一方的に却下           ←今ココ

困った時はとりあえず言い返したら勝ち戦法

相手のレスは読む気がしないなどと、逃亡(一方的な勝利宣言等)。

逃亡は悔しいのでIDを変え成りすましで書キコ。

ここでも追い込まれ再びコテで登場。
幼稚な廃止工作のつけとして日本では廃止論は更に遠のく。。ダ・カーポ


205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 19:18:57 ID:sWIuXPDB0
>>202

ソースを要求して相手に手間をかけさせたところで初めから自分の都合の悪いデータを受け入れる器が無い。
ソース元に信憑性が無い、とするか、下らん言い訳を考えるのに必死である。時間はあげよう。

206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 20:05:52 ID:mfmdMSGOO
test

207 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 21:45:51 ID:IvYlRS0+0
yurikoはアフォ 以上

208 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/17(火) 21:59:15 ID:HSrEO/QY0
>201

1.ニュース記事ではコロラド大となってるがpdfではルイジアナ州立大になってるのは、なんで?
2.pdfの(1)式の中のベクトルDとかXとかの値はどこから来てるの?
3.pdfの後ろの方のグラフのトレンドがどう見ても不自然なんだけど、なんで?
4.pdfの最後の方の参照文献に、論文のタイトルと同じものがあるけど、なんで?

取り敢えず以上に回答yr
因みに幾つかの質問の目的は、お前が資料をどの程度熟読しているかどうかの判断も兼ねてるので誤魔化さずにきちんと答えるように

>202-205

妄想乙

209 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 22:17:02 ID:sWIuXPDB0
廃止を前提に都合の良い妄想(思考実験)を展開

いきなり綺麗に完全論破され、相手にソースや数字を要求。逆に要求は受け付けない。

最終的にはソース元の信憑性が無いと一方的に却下           

困った時はとりあえず言い返したら勝ち戦法。
図星を突かれた痛いレスにはとりあえず妄想レッテル貼り               ←今ココ

相手のレスは読む気がしないなどと、逃亡(一方的な勝利宣言等)。

逃亡は悔しいのでIDを変え成りすましで書キコ。

ここでも追い込まれ再びコテで登場。
幼稚な廃止工作のつけとして日本での廃止は更に遠のく。。ダ・カーポ


何の事は無い。ただのフナ虫である。

210 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 23:02:19 ID:Y3Ol51//0
>>208
バ観念。お前は自分で調べられないの?

<1>
CURRENT POSITION
Ourso Distinguished Chair of Economics, Louisiana State University.
PREVIOUS POSITION
Professor of Economics, University of Colorado at Denver and Health Sciences Center; Department of Economics.

<2>
ヒント:バ観念は、式だけしか見ず。
英文が読めない。単純な単語もわからない。

<3>
ヒント:死刑以外の要因。

<4>
self-citation

バ観念は、赤ちゃんだね。それとも、ただのフナ虫か。

211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/17(火) 23:05:57 ID:Y3Ol51//0
もしかして前スレで、
データ下さいとか、英訳下さいとか、泣いてたのはバ観念だったのか?
なんかそんな気がしてきた。

212 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/17(火) 23:35:58 ID:HSrEO/QY0
>210 お前は自分で調べられないの?

調べる暇がないの

> ヒント:バ観念は、式だけしか見ず。
> 英文が読めない。単純な単語もわからない。

ヒントじゃなくてズバリ答えをどうぞ
・・ああ、こうやって時間稼ぎしてるのか

> ヒント:死刑以外の要因。

「トレンド」なのになんでそこだけ死刑以外の要因を持ってくるの?

> self-citation

なんでそれをする必要があるの?あの位置なのはなんで?
自己引用率が高いとそれだけ胡散臭さが増すんだが、それを覆す理由をどうぞ

思ったとおり、まともな回答は1だけだったな

>211

妄想乙

213 :存置派:2009/11/17(火) 23:46:05 ID:a4woPizk0
>>200
>こりゃ酷い。この、数字の意味を考えずに数字だけしか見てない感じ・・・
いや、お前が、数字の意味を考えてるんじゃなく、
自分に都合の良い数字だけを受け入れようとしてるだけなんだが。

>ごめん、なんだかもう・・・読む気しないや・・
おや、またかな。読む気しないと「しか」言えなくなるのは。
で、今度はまた別のスレで、同じものを貼るのかな?
あるスレでは「統計上大した差はない」とした(と言い張りながら)、
こっちのスレでは、そのことを無視して、「死刑存置の促進力」と言っていたように。

…いやはや、犯罪者の更生ってのは難しいんだろうね。
ただ教育に恵まれなかっただけの子をまともにするのすら、こんなに難しいんだから。

214 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 00:10:21 ID:2eLmxhnz0
>>212
>ヒントじゃなくてズバリ答えをどうぞ
>・・ああ、こうやって時間稼ぎしてるのか

いつ、代入値のありかに気づくか試したくなった。
ヒント:再検証

>ズバリ答えをどうぞ

あんまり、笑わせないでくれ。中身知ってる奴の質問じゃねーだろ。

>「トレンド」なのになんでそこだけ死刑以外の要因を持ってくるの?

ヒント:お前の指摘に答えるように解析されている。

<4>
60本以上の論文が引用されている論文に対し、胡散臭いとかいうお前の質問は的はずれ。
ちなみに、使われ方は55ページもの本論文中の指摘箇所の記述に飛ぶため。

そもそも胡散臭かったら、
ルイジアナ州立大の経済学:主任教授なんてやってねーだろ。

215 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 00:19:03 ID:2eLmxhnz0
やっぱり、バ観念は教えて君とそっくりだな。質問箇所も前スレとそっくり。

216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 00:34:04 ID:Bp6WF2i70
観念「・・・は胡散臭い。」
yuriko「・・・は胡散臭い。」

皆さんココ笑うところですよw

217 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 05:12:01 ID:otpQiYV10
>214
>そもそも胡散臭かったら、
ルイジアナ州立大の経済学:主任教授なんてやってねーだろ。
→「権威」こそ疑わなければならないのです!
ブッシュ前大統領(もうすっかり過去の人となりましたが…)は、テキサス州知事時代、
テキサスでの死刑執行数が全米全体の執行数の半数以上を占めている事実に対して、
「死刑になりたくなければテキサスで犯罪を犯さなければいい」という、何とも間抜けな発言をしました。
そもそも、死刑制度があるから、犯罪者は凶悪犯罪を犯すのでしょうか。
まずは、犯罪の原因を取り除くことが先決ではないでしょうか。せめて犯罪が起きにくい環境を
整えるべきでしょう。
第二次大戦中、ナチスドイツが行った、ホロコースト政策は対象がユダヤ人だけでなく、
他の少数民族や凶悪犯、同性愛者、障害者、色魔などに向けられたことはよく知られています。
今からみれば、どんあにバカげた政策に見えても、当時は「最終的解決法(ファイナルソリューション)」として、
「権威」による支持があったのです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Milgram_experiment(権威への従順)で、
心理学者のミリグラムは、何故、人は「道徳的に間違っていることについても、権威に従順になれるのか」を
明らかにしています。
それは責任転嫁だというのです。「偉い人に命令された」というだけで、人々はどんなにバカげたことでも
諾々と従ってしまうのです。
あまりにバカげたことでも、州知事や大統領の言うことや、更に大学教授の尤もらしい統計を
示されれば、正しいと思ってしまうのでしょうか。
まずは「人を殺してはいけない」という常識を前提に、犯罪対策や刑罰を考えるべきではないでしょうか。
アメリカでも、よほどのことがない限り、応報的に「1人殺したら死刑」とはなりません。
法の原則として、法益の均衡を目指すなら正義が達成されることは殆どないでしょう。
「死刑を廃止したら、殺人事件が増えるかもしれない」と不安を煽るより、まずは、
「人として正しいことをする」と決意し、凶悪犯罪の発生を少しでも減らしていくべきなのです。
そもそも、日本の凶悪犯罪発生率は世界的にも当惑するほど低いのです。それが
日本が世界に誇る?死刑制度のお陰でないことは、証明するまでもないと思います(苦笑)


218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 05:50:12 ID:otpQiYV10

ミリグラムの「権威への従順」の実例として、アメリカでの事件を紹介したい。
アメリカ南部の州で男が権威(多くは警察官)になりすまし、マクドナルドレストランなどに電話をかけ、
従業員に様々な卑猥な行為をするように命令したのだ。
>>http://en.wikipedia.org/wiki/Strip_search_prank_call_scam
>Nix arrived and took over from Summers, following the caller's directions
for the next 2 hours. He removed the apron the employee had covered herself with and
ordered her to dance and perform jumping jacks. He also ordered her to sit on his
lap and kiss him, and when she refused he slapped her buttocks. The caller also
spoke to the employee, demanding that she do as she was told. During this time
the employee said that "I was scared for my life". After the employee had been
in the office for 22 hours, she was ordered to perform oral sex on Nix.
Summers had returned to the office periodically,
and during these visits the employee was instructed to cover herself up by the caller.


219 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 05:56:08 ID:otpQiYV10
訂正>>218
>22 hours→2時間半

220 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 06:29:42 ID:zdxB9Elt0
長文を書いて、必ず訂正が入るというのは、長文を書く能力もなければ、
文章をまとめる能力もないということです。

どちらの能力を改善しようとあなたの勝手ですが、長文で矢印がついて
いるというだけで、如何に有用なことが書かれていても読みとばされる
可能性が高いと思います。

短く要点をまとめる努力をすれば、副作用として訂正も減るでしょうし、
読んでもらえる可能性が高まるでしょう。

もっとも、自分の言いたいことさえ言えたら、一部の人以外からはまともに
相手にされない状態を良しと考えているなら仕方ありませんが。
ただ、あなたの行為は多数の人にとってスレ汚しで迷惑行為になって
おり、非道徳的であることは間違いないと思います。
一度でいいから振り返って考え直してみてください。
あなたの心に多少なりとも良心・良識が残っていることを期待します。


221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 10:29:52 ID:CRTNIDPS0
>>220
>長文を書いて、必ず訂正が入るというのは、長文を書く能力もなければ、
>文章をまとめる能力もないということです。

精神状態の可笑しい患者が文章を書くと、整理しまとめる能力が無いから、やたら長い文章を書くようなもんだな。
少し前なら、「これがサイコの手紙」みたいなのが結構あったが。
あれみたいなものだろ。

222 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 15:11:30 ID:hGwEy5IX0
俺も、「→」がついた書き込みは読まないようにしている。
どうせその後で100%の確率で訂正されるのなら、最初から読む意味がない。
でも訂正された後でも読む意味がないことはもう経験上明らかだから、結局
読まない。
斜め読みして、からかうネタを探すことはあるけどねw
長文矢印は間違いなく精神が尋常ではないね。
脳障害とか学習障害とからしいね。
お気の毒さまです。

223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 15:20:46 ID:hGwEy5IX0
で、からかうネタを探すためにちょっとサイコの手紙を眺めてみたw

>>219の訂正は「22 hours」の代わりに「2時間半」をいきなり挿入しろって
いうことなのか?
こういう分裂したことを平気でやれるとはどういう脳みそなんだよ?(苦笑)
たかが「2時間半」すら英語にできないのかよ(爆笑)
yurikoって本当にダメなオヤジなんだな。
アメリカの国力が落ちている原因は不良外国人を受け入れ過ぎたためだと
問題になっていたけれど、頷かざるを得ないよ(爆笑)

224 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 17:34:06 ID:Bp6WF2i70
>→「権威」こそ疑わなければならないのです!

俺を信じろってか。お前のが1000倍信用ならんね、何しろお前は胡散臭度MAXだからなw
盲目的にお前や観念の全て逆を選択した方が世の中上手くいくと思う。

>あまりにバカげたことでも、州知事や大統領の言うことや、更に大学教授の尤もらしい統計を
示されれば、正しいと思ってしまうのでしょうか。
まずは「人を殺してはいけない」という常識を前提に、犯罪対策や刑罰を考えるべきではないでしょうか。

じゃあ結局誰のソースを信じりゃ良いんだよwアムネスティ?w
自分の引用は信じろと言うが他人のソースは信憑性ゼロ、と。
お前らどうせソース元の信憑性を疑って信じる気が無いんだから初めからソースなんて求めるなよw
死刑存続したままで犯罪対策や刑罰を考えりゃいいよ。

225 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 18:16:28 ID:rOkjzZMDO
う〜〜〜〜トイレトイレ

226 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 18:51:40 ID:8sHrxPTi0
>214 いつ、代入値のありかに気づくか試したくなった。

お前が言及するまで気付いたと言うつもりはない
だから素直にこれに↓答えなさい
>2.pdfの(1)式の中のベクトルDとかXとかの値はどこから来てるの?
率直に答えないでいると、お前が論文を熟知してないという疑惑が広がるだけだよ

> >「トレンド」なのになんでそこだけ死刑以外の要因を持ってくるの?
>
> ヒント:お前の指摘に答えるように解析されている。

誤魔化し用のヒントはいいから、単刀直入に「トレンド線が不自然な理由」をどうぞ
そうやって時間稼ぎすればするほど、「抑止力の証明不可能でした」で終わる可能性が高まるよ

>60本以上の論文が引用されている論文に対し、胡散臭いとかいうお前の質問は的はずれ

引用論文の本数は胡散臭さに無関係。つまりお前の指摘は的外れ

> ちなみに、使われ方は55ページもの本論文中の指摘箇所の記述に飛ぶため。

何のためにわざわざそこから「飛ぶ」の?

> そもそも胡散臭かったら、
> ルイジアナ州立大の経済学:主任教授なんてやってねーだろ。

胡散臭さを覆す理由には全くならんな
あまりにアホっぽい発言にちょっぴりがっかり

>215

で、その教えて君に対してはちゃんと説得できたの?

>217 「死刑になりたくなければテキサスで犯罪を犯さなければいい」という、何とも間抜けな発言をしました。

お坊ちゃまだから。鳩邦と同じで
そういえば02年の10人射殺事件の犯人、死刑執行されたらしいね

>224 盲目的にお前や観念の全て逆を選択した方が世の中上手くいくと思う。

じゃ今度「不快感の原因は自分自身に100%ある」の逆を選択してみ。上手く行く訳がない

227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 18:57:37 ID:HoXREox90
>>220-224
的外れな上、内容に関しては反論できないようですね(笑)
>結局誰のソースを信じりゃ良いんだよ
→どこかの教授の論文のことですか?
はっきり言うと、アメリカでは、どこに行っても話題にさえ上ってませんよ。
要するに、その論文の骨子は、1死刑を執行すれば助かる命がある 2死刑には犯罪抑止効果がある
というものですね。
こういうのをバカバカしい、というのです(爆笑)以下、箇条書き的に反論すると。
1潜在的凶悪犯を見つけだすことは不可能(予防拘禁は絶対に許されない!)
2昨年だったかと思いますが、アメリカで終身刑に服していた囚人が護送中脱走して、
住人を殺害するという事件があったが、それはごく稀の出来事。
凶悪事件を起こした囚人が再犯する例は殆ど0に近い。
どうしても死刑にしなければならない必然性はない。どうしても心配なら、状況に応じて、
禁固刑を科したり、刑務所の警護を固くすればいいだけのこと。
2死刑に抑止効果があるかどうかを客観的に比較対照することは不可能。
同じ地域で、全く同じ人口密度、同じ年齢層、同じ人種、民族構成、同じ教育・文化的背景
ということはありえない。
日本でさえ、400年前の日本の状況と現在の状況を客観的に比較することは、
不可能とまでいえなくとも意味がない(笑)
まして、人口の流動が激しいと言われるアメリカで、たとえ同じ州であっても、客観的比較は不可能。
十年も違えば、比較対照に意味がない。
ただ、注目していい要素はある。
★アメリカでは一部を除いて、全体的に凶悪犯罪減少傾向にあります。
それでも、凶悪事件発生件数は日本の百倍に達しています。
人口数が日本の約3倍としても、桁違いというのは間違いないでしょう。
仮にアメリカの大学教授が「死刑は犯罪抑止効果があり、死刑数を増やせば増やすほど殺人数は減る」
というような似非統計を尤もらしく提供しても、日本に全く当て嵌まらないのです。

228 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:02:01 ID:fjfAaJToO
トンプソン明日死刑

229 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:05:45 ID:vSg4oX2g0
>>226
英語が読めない、故に論文を否定する根拠すら見つけられない
というお前に対する疑惑は一切無視かw

230 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:16:05 ID:frjB9cOn0
>>226
来たかと、思ったらこの程度のレベルかで残念無念バ観念チェゲラッチョ。

>お前が言及するまで気付いたと言うつもりはない
>だから素直にこれに↓答えなさい

結局、俺が出すヒントで答えられないバ観念は、教えて君と全く一緒。
教えて君は、バ観念という名前で復活して呆れる質問繰り返してる。
そして、値の出所を示す簡単な単語を読むことさえできないのがこれではっきりした。

>>いつ、代入値のありかに気づくか試したくなった。
>率直に答えないでいると、お前が論文を熟知してないという疑惑が広がるだけだよ

いや、お前の無能さが知れるだけ。全然無問題。
ヒント:いもずる

>誤魔化し用のヒントはいいから、単刀直入に「トレンド線が不自然な理由」をどうぞ
>そうやって時間稼ぎすればするほど、「抑止力の証明不可能でした」で終わる可能性が高まるよ

いや、ますます、お前が読んでないことが露呈して行くだけなので全く無問題。
それに「抑止力の証明不可能でした」は、お前の主観でしかないからな。
ヒント:要素分析

>引用論文の本数は胡散臭さに無関係。つまりお前の指摘は的外れ
>何のためにわざわざそこから「飛ぶ」の?

ヒント:自己引用"率"&脚注

少しは読む気になったかと思ったら、バ観念ほとんど読んでなくて、がっくり。

231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:19:00 ID:frjB9cOn0
>>227
>その論文の骨子は、1死刑を執行すれば助かる命がある 2死刑には犯罪抑止効果がある

残念だけど、お前も読んでねーな。

232 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:37:24 ID:Bp6WF2i70
>的外れな上、内容に関しては反論できないようですね(笑)

反論しようも無いほど内容が無いのでしょうがないw

>はっきり言うと、アメリカでは、どこに行っても話題にさえ上ってませんよ。

俺もカリフォルニア内だがお前の主張や引用も話題にすら上がってませんけど?w
とりあえずそれ以下は読んでない。お前らと反対へ進むだけw



233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:40:19 ID:HoXREox90
>>229
>英語が読めない、故に論文を否定する根拠
→英語のサイトだったら、いくらでも反論(死刑には犯罪抑止効果がない)とするものが見つかるよ。
それよりなにより、常識で考えても、死刑に犯罪抑止効果があるとか、
「一回の死刑で10人の命が助かる」なんていうのは如何わしいでしょ。
北アメリカの都市でricchimonndoという犯罪発生率が高い市があるのですが、
最近、高校の校舎で、学校でパーティーに出席した16才の女の子が集団レイプされるという事件が起きました。
犯人は10代から20代の男の子で、さすがに度胆を抜かれました。
また、比較的安全とされたシリコンバレーの中心都市サンノゼで、15才の男の子が、同級生から滅多刺しにされる
という事件がおきました。犯人の少年達(15才と16才)は、名前も顔もはっきりと
テレビに映しだされ、少年審判ではない、一般の刑事犯として裁かれることになりました。
さすがに、どちらの事件も言葉をなくしました。
ところが、日本人の論文で「アメリカに於ける少年への厳罰主義は犯罪抑止効果はない」
という論文を見つけました。
これは、そのまま大人の犯罪傾向にも当て嵌められると思います。
http://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA2.htm

234 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:57:15 ID:frjB9cOn0
葛野尋之「<名張事件>死刑廃止―共に生きる社会のために―」(法学セミナー/1996年10月)

死刑廃止派、バイアス乙

235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 19:59:57 ID:WqaZBpSe0
存置派に変身して工作活動してる、反日似非人権派思想絶対主義者

236 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 20:02:42 ID:HoXREox90
http://www.nydailynews.com/news/national/2009/10/27/2009-10 27_richmond_high_school_gang_rape_cops_arrest_2_in_attack_on_calif_teen_girl_bystan.html
★Richmond High School gang rape: Cops arrest 2 in attack on Calif. teen girl; Bystanders did nothing
http://www.insidebayarea.com/news/ci_13807738
★Two teens charged with murder in death of South San Jose classmate

237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 20:05:15 ID:frjB9cOn0
最近、高校の校舎で、学校でパーティーに出席した16才の女の子が集団レイプされるという事件が起きました。
犯人は10代から20代の男の子で、さすがに度胆を抜かれました。

また、比較的安全とされたシリコンバレーの中心都市サンノゼで、15才の男の子が、同級生から滅多刺しにされる
という事件がおきました。

このニュース記事がどうしたの?

238 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 20:06:30 ID:ACHMsTOC0
yurikoって自分がまともだと思ってんだろうな。
120%基地外なのに。

239 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 20:55:29 ID:8sHrxPTi0
>229 故に論文を否定する根拠すら見つけられない

それ以前に論文を肯定する根拠をまだ誰も示してないんだが・・・
肯定すらされてないのに否定のしようがない

>230 結局、俺が出すヒントで答えられないバ観念は、教えて君と全く一緒。

なんか最後までこの調子で誤魔化しそう・・・例の論文の胡散臭さが増す一方だな
モカンには罪ないのに、支持者がこの体たらく・・・なんかかわいそう

> 教えて君は、バ観念という名前で復活して

しかも逃げるところはいつもの妄想

> そして、値の出所を示す簡単な単語を読むことさえできないのがこれではっきりした。

いやそれお前なんだけど。現に答えられてないし。まさに人は鏡

> いや、お前の無能さが知れるだけ。全然無問題。

そうだな。お前の無能さが知れるだけ。全然無問題。

> ますます、お前が読んでないことが露呈して行くだけなので全く無問題。

今頃気付いてるようだが最初からあまり読んでないよ。だから目についたとこだけ質問してるんだよ。お前の理解度を図るために
で、結局ますます、お前が読んでないことが露呈して行くだけなので全く無問題。

> それに「抑止力の証明不可能でした」は、お前の主観でしかないからな。

実際お前が抑止力を証明できてないのは事実なんだからしょうがない

240 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:05:52 ID:frjB9cOn0
>>239
じゃしょがねーな、ゲームやろうかバ観念。

本論文での値の出所は、4項目に分かれ、12の引用から成り立っている。
まず、項目の一つ、州に関する解析用の引用元を俺が挙げてくので、次々交替で挙げていこうぜ。

まず一つ目
Total State Population and Age Representation: U.S. Department of Commerce, Bureau
of the Census, Population Division, Statistical Information Staff (electronic
files; Internet Release Dates: August 1995; March 9, 2000). Available at http://
eire.census.gov/popest/estimates.php.

次、バ観念どうぞ。

241 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 21:16:23 ID:8sHrxPTi0
時間稼ぎが露骨すぎてつまらん

もういいや。一つに絞る
単刀直入に「p49の図6で死刑廃止直後のトレンド線が不自然に上がってる理由」をどうぞ

さくっと。頼むよ

242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:19:19 ID:frjB9cOn0
>>239
論文を読んでもいないのに根拠ないとか、言わない方がいいと思うぜ。

恥ずかしーから。

243 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 21:24:54 ID:8sHrxPTi0
論文を読んでもいないのに根拠あるとか、言わない方がいいと思うぜ。

恥ずかしーから。

という風に単語入れ替えただけで反論になっちゃうレスも、ry

ry



そもそも俺、まだ1時間程度しか読んでないよアレ



それよりアレを(きちんと読んだ上で納得して)支持しているソンチーズに聞く

単刀直入に「p49の図6で死刑廃止直後のトレンド線が不自然に上がってる理由」をどうぞ

さくっと。頼むよ。男らしくズバッと

244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:29:02 ID:frjB9cOn0
>>241
>時間稼ぎが露骨すぎてつまらん
>もういいや。一つに絞る

大爆笑!値の出所記したとたん、お前は逃げるのか?
お前も答えてくれるんだろ。なにが「もういいや」だ。

>もういいや。一つに絞る
まず、トレンド線がどのように引かれてるか読めよ。
なんで論文読んでもいねー奴に、説明してやんなきゃいけねーんだよw

こっちは、大サービスしてんのによ。
お前から得られるものは、何もねーじゃねーかw


245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:29:45 ID:rOkjzZMDO
>243
いいこと思いついた!!お前俺のケツの中でションベンしろ!

246 :厳罰化(特に死刑の効用)では犯罪発生を防げない:2009/11/18(水) 21:48:39 ID:lfr8YWOU0
>>237
>このニュース記事がどうしたの?
→まず、リッチモンドの集団レイプだが、ニュースによれば、少なくとも、19才と15才の少年が
逮捕された。アメリカでは強姦の罪は重い。終身刑が下されるのも珍しくない。つまり、
殺人罪並に扱われる。今回も終身刑が言い渡される可能性がある。
それだけ重罪なのに何で、二人の少年は犯罪を犯したのだろうか。それなら、もし、強姦に死刑もありうると、
いうような重罰化によって犯罪は防げたのか、という問題提起をしたかった。
サンノゼの15才と16才の少年達にしろ、一般刑事犯として裁かれるとしたら、終身刑もありうる。
それなら、みせしめのための死刑があるとしたら、何らかの犯罪抑止効果があったというのだろうか。
そもそも、死刑が厳罰としての意味があるのか、という疑問もある。
テレビに映った少年はあまりにあどけなかった。

247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:54:36 ID:frjB9cOn0
>>246
終身刑に抑止力が無かったってことだろ。

248 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 21:56:51 ID:8sHrxPTi0
>244 値の出所記したとたん、お前は逃げるのか?

どの値の出所の話?俺が聞いてないことは答えなくていいよ

> お前も答えてくれるんだろ

なんで俺が答えにゃならんのw殆ど斜め読みしかしてないのに

> まず、トレンド線がどのように引かれてるか読めよ

ねぇねぇ、なんでズバッと答えないの?なんでなんで?ねぇなんで?

> なんで論文読んでもいねー奴に、説明してやんなきゃいけねーんだよw

別に「説明する義務」はない。「答える義務」があるんだよ
何をわざわざ説明しようとしてるんだか

> こっちは、大サービスしてんのによ。

全然明後日の意味での大サービスだけどね。本当におめでとうございました

> お前から得られるものは、何もねーじゃねーかw

それこっちのセリフ
つかモカンがマジでかわいそう

>245

それでこそソンチ。GJ

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 21:59:10 ID:vSg4oX2g0
>>243
研究者の出した結果をどう受け取るかの問題でしかないだろ。
ニュースソースの見方も本来はそういうもんだ。
どうやらお前はあらゆるニュースを実際に自分自身で取材して検証するつもりらしいが、
普通の人間はそういう必要性は持ち合わせていない、多様な情報の中から如何に取捨選択を判断するかって事だけで十分だ。
肯定も何も、俺達はそういう研究結果があるのかという一つの認識が得られればそれでいい。
ところが「お前だけ」は敢えて眉唾だー眉唾だーと騒ぎたて、検証しなければ気が済まないと言いだした。
ならソースはあるんだからお前が勝手に気の済むまで検証してみろってだけの話だ。
それなのにお前は「僕チン書いてある事が判らないー」「僕チン数値の意味が判らないー」
「僕チンデータの見方が判らないー」「こんなに判らない事ばっかりのモン信用出来ないもーん」としか言わない。
偉そうにあらゆるソースは検証するべきとか言いだしたんだからさ、実際に何をやってるのかくらいは見せてみろよw

250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 22:04:06 ID:lfr8YWOU0
>>231
>残念だけど、お前も読んでねーな。
→正確に言えば、ばかばかしくて途中で読むのを止めた(爆笑)
論文の要約(abstruct)がある。いかにもばかばかしい(苦笑)
http://www.nber.org/papers/w8639
「Each additional execution decreases homicides by 5 to 6,
while three additional pardons generate one to 1.5 additional homicides. 」


251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 22:26:35 ID:frjB9cOn0
>>248
>>2.pdfの(1)式の中のベクトルDとかXとかの値はどこから来てるの?
>どの値の出所の話?俺が聞いてないことは答えなくていいよ

健忘症か?お前に恵んでやったぞ。

>>因みに幾つかの質問の目的は、お前が資料をどの程度熟読しているかどうかの判断も兼ねてるので誤魔化さずにきちんと答えるように
>なんで俺が答えにゃならんのw殆ど斜め読みしかしてないのに

読んでない奴が判断かい。さすが、バ観念。

>別に「説明する義務」はない。「答える義務」があるんだよ。

おいおい?論文読んでない奴に、なんで「答える義務」があるんだ?
主観で判断されちまうじゃねーか。

>つかモカンがマジでかわいそう
全くそうだな・・・。論文を読んでもない奴に批判されて。

>>250
それ、違う論文だから、よく確かめろよったく。

>→正確に言えば、ばかばかしくて途中で読むのを止めた(爆笑)
話題にしてる論文、途中で読むこともしてねーだろ、嘘つくな。

252 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 22:51:33 ID:Bp6WF2i70
>>246
厳罰化しても飲酒運転する奴が未だ後を絶たないから厳罰化が意味無いと言ってるようなものだな。
お前みたいなアホが幾ら喚き散らしても実際検挙率は減ってるだろ。

253 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/18(水) 23:10:03 ID:8sHrxPTi0
>249 肯定も何も、俺達はそういう研究結果があるのかという一つの認識が得られればそれでいい。

そもそもアレを肯定してない人はお呼びでないんだが
つか未だにそのレベルの認識を得ることが必要なの?その程度の認識ならとうに俺でさえ持ってるんだがw?

> ならソースはあるんだからお前が勝手に気の済むまで検証してみろってだけの話だ。

俺は端から「ソンチーズがあれを検証したかどうか」の検証をしてるんだよ。まぁ大体終わったけど

> 「僕チンデータの見方が判らないー」「こんなに判らない事ばっかりのモン信用出来ないもーん」としか言わない。

妄想乙

>251 お前に恵んでやったぞ。

何を?pdfの(1)式の中のベクトルDとかXとかの値はどこから来てるの?の答えは全然恵んで貰ってないよ
あとトレンドの件も全然恵まれてない。さくっと男らしく潔く答えてね

> 読んでない奴が判断かい。

それこっちのセリフ

> 論文読んでない奴に、なんで「答える義務」があるんだ?

あまりに文章がバカっぽいのでもう少し正しい日本語でお願いします

> 論文を読んでもない奴に批判されて。

論文を読んでもない奴に支持されて、だよ。分かってないなお前はホントに
それに俺はモカンを批判してない。モカン論文を検証もせず盲信している抑止力信者を批判してるんだよ

254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 23:22:43 ID:frjB9cOn0
>>253

>>何を?pdfの(1)式の中のベクトルDとかXとかの値はどこから来てるの?の答えは全然恵んで貰ってないよ

>>240 
で恵んだよ。その答えが、とんちんかんな以下の文。 
>どの値の出所の話?俺が聞いてないことは答えなくていいよ。

こんな奴に判断任せてもいいのか???

>あとトレンドの件も全然恵まれてない。さくっと男らしく潔く答えてね
出所の判断すらできないレベルの人間に話しても、正常な判断されないやんけ。

>モカン論文を検証もせず盲信している抑止力信者を批判してるんだよ。
これは、笑っちまうしかないだろうwwww
論文読んでもないのに、検証したかどうか判断できるって言ってんだから。
俺が答えても、お前判断できねーじゃねーかwww

255 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/18(水) 23:48:35 ID:vSg4oX2g0
>>253
>つか未だにそのレベルの認識を得ることが必要なの?その程度の認識ならとうに俺でさえ持ってるんだがw?

嘘つくなよ、アレを眉唾だー眉唾だーって言ってたのは何処の誰なんだよw
何を以てお前がそう言っているのかをみんなは聞きたがってるだけなんだよ。
やたらと検証検証ってはしゃいでたのもお前だけ。
このスレ内で確認できる事なんだから、お前にだってそれくらいは「検証」出来るだろw

俺は端から「ソンチーズがあれを>検証したかどうか」の検証をしてるんだよ。まぁ大体終わったけど

笑わせるな。
お前の定義なんぞどうでもいいんだよ。
それとも、ソンチーズとやらが何も言わなかったらモカン氏の論文内容を認めるのか?

256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 00:34:40 ID:ekb9BMKQ0
分からないから教えてと教えを請う奴が実は分からない振りをしてお前らを試していたと。
スゲー上から目線だなwウケタw
そもそも死刑存置されてる国で何を廃止派に納得してもらう必要があろうか?
鼻くそでも穿りながら、納得できないお前が悪い、と一笑に付しておけばいいんだが。
例えこちらが論破されようが死刑が存続され続ける優越感で今日も余計に飯が美味いw

257 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 07:37:33 ID:FywSBJv80
>>252
>厳罰化しても飲酒運転する奴が未だ後を絶たないから厳罰化が意味無いと言ってるようなもの
→レスありがとうございました。やっと議論らしきものになってきましたね(苦笑)
刑罰に全く効果がない、とは言ってないんですよ。
しかし、それはせいぜい「お灸を据える」程度の罰の次元についてです。
社会全体の「嫌犯罪意識」を高めるためには、やはり幼いころから、「他人の痛みを自分のもののと
感じられる意識を育てることから」が最も重要ではないでしょうか。
そして、「他人には絶対迷惑をかけたくない」と思う大人が増えれば、自然に社会から犯罪が減っていくのではないでしょうか。
その過程で、「セカンドチャンス」を与えるのを前提に、「お灸を据える」程度なら刑罰に期待してもいいでしょう。
そこには、「根っから悪い人はいない」という人間信頼の哲学があるべきなのです。
それは、教育によって人を変えられるという教育哲学です。
神戸児童殺傷事件を裁いた井垣康弘判事が一般裁判から家裁へと関心が移る切っかけを語っています。
それは、最初から「死刑しか考えられないような」事件の裁判でした。
「人を殺すためだけの手続としての裁判」だったのです。逆に自分が「人殺しの主宰になったこと」に失望したというのです。
いくら厳罰といっても、そこには「罰によって人を教育する」という心があるのです。
しかし、死刑というのは、「別にもう変わらなくてもいいから、さっさと人間界から退場してくれ」といい追放宣言です。
死刑という刑罰による成果は全く期待されていないのです。
そういう点で、死刑を他の刑罰と同じ次元で考えてはいけない理由があるのです。
死刑の目的は「犯罪者の究極的無害化」であり、権力者が濫用したら大変な危険な治安手段でもあるのです。

258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 07:53:39 ID:FywSBJv80
>>251
>それ、違う論文だから、よく確かめろよったく。
→同一人物による全く同じ主旨の論文です。
すなわち、「死刑には犯罪抑止効果があり、死刑を増やせば増やす程、助かる命が増える」
というものです。
常識で考えても、「ありえねー」といったものです(苦笑)

259 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 08:12:44 ID:Cy9Y3W8v0
>>253
メールアドレスあるから直にモカン氏に質問できるよ。なぜしないの?

>>258
常識的に考えて、再犯ゼロなんだからその通りだよね。

260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 09:09:35 ID:1IhV2FQOO
>>258
韓国や日本でも常識です。

261 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 09:15:38 ID:1IhV2FQOO
韓国では死刑廃止後、3割殺人が増えたそうです。

262 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 11:00:45 ID:GdU1w7Sx0
>>258
おいおい、この論文は死刑存置州における死刑執行数の増減と殺人率の変化の
影響を調べたものだ。

しかし、非常に興味深い。
この論文紹介してくれたことに関しては素直にありがとうだわ。

>常識で考えても、「ありえねー」といったものです(苦笑)

お前には常識じゃなくても、
存置州において死刑を増やせば、殺人率が減って、死刑を減らせば、殺人率が増えるのを、
実際の統計データが表してしまっちゃってるよ、これ!?

お前の厳罰化は意味が無いという主張を、否定してしまっちゃってるよ。

263 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 18:20:21 ID:jXGXlP/L0
>>261
>韓国では死刑廃止後、3割殺人が増えたそうです。
→それはウソですよ(苦笑)実際は、微減しています。全体としては、
凶悪事件発生件数は減少傾向にありました。
一方、日本でも、戦後、凶悪事件の発生数が徐々に減っていました。
2007年には、終に戦後最低の殺人認知数を記録しました。
ピーク時の三分の一。アメリカと比べても、率にして30分の一に過ぎなかったのです。
ところが、鳩山法相(当時)の意向を受けて、先進国で唯一執行数を急増させた途端、
翌年には微増してしまうのです。
それに、「死刑になりたい犯罪」増えたのも、私達の記憶に新しいのです。
鳩山法相の採った、様々な死刑行政の失敗は非常にいい反面教師だったと思います(苦笑)

264 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/19(木) 18:22:05 ID:4Rsmgjtq0
>254 >>240 
> で恵んだよ。

えーと>240のURLを辿ったら、「男性同性愛者におけるフルオノキノロン耐性」とかいうのが2番目に引っ掛かったんだが
これは何かのジョーク?

> こんな奴に判断任せてもいいのか???

任せなくていい。俺がどう判断しようとお前が気にしなければいいだけの話
ところでモカン氏の論文って、突き詰めると抑止力があるのは「死刑執行」ではなく「死刑執行報道」だよな?違うなら反論plz

> 出所の判断すらできないレベルの人間に話しても、正常な判断されないやんけ。

論理的な間違いを含んだ文章↑。だが彼は自覚がない
この程度の知性でアレをどこまで理解してるのか・・・怪しいもんだ

> 論文読んでもないのに、検証したかどうか判断できるって言ってんだから

「何を検証したか」をきちんと理解してないと、こう↑なる

>255 アレを眉唾だー眉唾だーって言ってたのは何処の誰なんだよw

俺はモカン論文を名指しして眉唾だとは一言も言ってない。妄想乙

> 何を以てお前がそう言っているのかをみんなは聞きたがってるだけなんだよ。

ソンチーズのこれまでの態度と知性。いやモカンに罪はないよ。寧ろモカンは被害者だよ

> ソンチーズとやらが何も言わなかったらモカン氏の論文内容を認めるのか?

論文存在は認めても、「読んで検証もして無いのに」論文内容の正しさは認めない。これ当たり前

>257 そういう点で、死刑を他の刑罰と同じ次元で考えてはいけない理由があるのです。

でも教養のない者は同じに考えちゃうんだよね

>258 すなわち、「死刑には犯罪抑止効果があり、死刑を増やせば増やす程、助かる命が増える」

そっちでも結局、死刑そのものではなくて死刑報道でしょ?抑止力があるのは
つまり「何百人死刑執行しても、全く報道・周知されなければ抑止にならない」
つまり抑止力を持っているのは死刑執行ではなく死刑執行報道
死刑執行は必須ではない

265 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/19(木) 18:43:49 ID:4Rsmgjtq0
>261

その殺人者へのインタビューないの?

「死刑が廃止されたから、心置きなく殺人したんですよね?」
「勿論です」

そう言ってる殺人犯が、ざっくり3割はいるんでしょ?廃止されたことが原因なら
え?いない?
いないんなら、「死刑廃止が原因」ではないな
ん?間接的要因になる?
そこんとこkwsk

266 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/19(木) 18:51:17 ID:4Rsmgjtq0
http://www.aoa.gov/AoARoot/AoA_Programs/OAA/Aging_Network/IM/docs/IM-04-01-Stterr2002.pdf

なんで出所を書くのにさくっとこんな風に示せないんだろうか
よほど時間稼ぎがしたいのかな

267 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/19(木) 19:00:41 ID:4Rsmgjtq0
>210

<1>で、どして前職のルイジアナ州立大の時に発表した論文を、>201のニュース記事では「コロラド大のモカン教授が分析」と紹介してるの?

ニュース記事がおかしいのか、>201の論文が古いのか
強いて答えなくていいが、答えた方がいいと思うよ。胡散臭さを消すために

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 19:30:53 ID:GdU1w7Sx0
>>240

http://www.census.gov/ のリンク辿ってEstimatesをクリックしたら
Population Estimatesが出たんだが、お前のブラウザ腐ってる?

で俺が持ってきたのは、SectionIIで語られている式(I)のパラメータに使われるDataset
モカン教授の2003の論文でも同じDatasetが使われて、詳細が2003の論文に書かれている。
その一部を拾ってきてやったんだよ。2003の論文はもう、手元にあるわけ。
脚注に書いてあるだろ、2003年の論文の474-475見れって。
お前は、一体パラメータの何を語ってる&どこ見てるんだ?

http://www.bus.lsu.edu/mocan/Getting%20off%20Death%20Row.pdf

それで
The purpose of this paper is to provide a new and detailed analysis of the impact of leaving death row
(executions, commutations and other removals from death row) on state murder rates.

結局は、死刑囚が死刑にされるか、減刑されるか、(たぶん病死・獄死)が州ごとの殺人率に
どんな影響を与えるか見る。

そして、モカン教授の論文は、まんま経済学を利用した犯罪の動機解析、
物を買うとき価格が人を左右するように、犯罪の動機をコスト(リスク)関数で表すものだ。
死刑報道がどうとかの解析じゃねーよ。

もし、死刑報道が絡むなら(記述ねーけどな)、死刑執行数の増加・減少を皆が知ることだな。
死刑執行数の増加・減少これが、リスク関数にどう影響するかを語ってるから。

それで、モカン教授は純粋に科学的な観点から解析したらこんなふうになってしまったが、
廃止派とか存置派とかの偏っちゃった信念に基づく、言われのない批判は止めてくれって言ってるな。

>>267
>前職のルイジアナ州立大

【前職】がコロラド大つーの、【現職】がルイジアナ州立大、NBERでギリギリ発表するときに移ったんだろ。
PreviousとCurrent間違えるなや。ヒマだったらNBERって組織も調べてみろ。

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 19:38:29 ID:GdU1w7Sx0
>>263
ダウト(苦笑)

韓国殺人件数(韓国警察白書2007版より)
2006 1073
2005 1061

韓国犯罪白書(1990〜1994)より
1990 666
1992 630
1993 806
1994 705

270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 19:47:35 ID:ekb9BMKQ0
>つまり抑止力を持っているのは死刑執行ではなく死刑執行報道
>死刑執行は必須ではない

当たり前だろ。死んどけ池沼w
被害者Aが刺殺されて死亡したのは、刺殺した事ではなく出血多量による出血死と、
わざわざ言い換えてるような至極当たり前の事。それを喜々として書き込んでるのが恥ずい。
しかも必須ではないと言う文章が上段の文章とは繋がらんしな。
執行して無いのに執行報道するわけにいかんだろウジ虫w



271 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 20:53:59 ID:HDHVjHWS0
たとえば、「ゆるすな」は「はなすな」に変換可能でしょ

「ころされるぞ」は「はなされるぞ」に変換可能

「はなすな」って言って「ゆるすな」の意味になるのは面白い

後者も同様



272 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 20:55:47 ID:HDHVjHWS0
つまり、「いつもそばにいてね」って意味だと思う



273 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 20:57:08 ID:HDHVjHWS0
他にも変換可能な文字があったら教えてくれ

274 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/19(木) 21:39:09 ID:4Rsmgjtq0
>268 http://www.census.gov/ のリンク辿ってEstimatesをクリックしたら
>Population Estimatesが出たんだが

最初からそこを貼ればいいじゃん

> その一部を拾ってきてやったんだよ。

せめてURLをきちんと貼ってから「拾った」と言え

> お前は、一体パラメータの何を語ってる&どこ見てるんだ?

お前が>240で示したURLを素直に見てるんだが何か問題でも

> 死刑報道がどうとかの解析じゃねーよ。

でも普通に死刑執行が報道されてる状態下でのデータの、解析なんだろ?

> 【前職】がコロラド大つーの、【現職】がルイジアナ州立大

それでもニュース記事で「コロラド大の」と書いてるのに、その根拠論文がLSU時点で書かれてるのはおかしいだろ

>PreviousとCurrent間違えるなや。

ああそこは凡ミス

>270 被害者Aが刺殺されて死亡したのは、刺殺した事ではなく出血多量による出血死と、

もう少し正しい日本語でお願いします

> 執行して無いのに執行報道するわけにいかんだろウジ虫w

そういう体制作りは決して実現不可能ではない。金と権力と知性さえあれば一般国民を騙すことは幾らでも可能
大本営発表ですら一部のアホな国民を最後まで騙せてたんだから
勿論、同調しないメディアや内部告発者は出るだろうが、仮に「実は死刑してないらしい」という噂が立っても気にすることはない
核抑止と同じで真実が曖昧なままでも効果はある。まぁモカン論文が正しければ、の話だが

275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/19(木) 22:25:39 ID:ekb9BMKQ0
>そういう体制作りは決して実現不可能ではない。金と権力と知性さえあれば一般国民を騙すことは幾らでも可能
>大本営発表ですら一部のアホな国民を最後まで騙せてたんだから
>勿論、同調しないメディアや内部告発者は出るだろうが、仮に「実は死刑してないらしい」という噂が立っても気にすることはない
>核抑止と同じで真実が曖昧なままでも効果はある。まぁモカン論文が正しければ、の話だが

一般の国民と言ってみたり、一部のアホな国民と言ってみたり適当にほざくな。
じゃあ現在も死刑は執行して無い可能性もあるなw今もだまされてるんじゃね?
実は死刑にして無い可能性もあるから犯罪者や国民、廃止派は何の心配もしなくていいよw
逆に死刑廃止してても死刑にしてる可能性はあるわけか。なるほど。


ヤクザみたな言いがかりつけてんじゃ無いよこのハゲw




276 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 00:04:13 ID:jwOih/Qp0
>>274
お前、なんでも人の所為だなw
最初からお前が「読めて」いれば文句言うところじゃないだろ、それ。
しかも、妄想オツという呪文さえ唱えれば自分の詭弁や無能が帳消しになると信じてるっぽいw

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 01:10:06 ID:3sjzAa490
便所の落書き

278 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 02:55:56 ID:OVrGipnnO
“実験者効果”でググれ。

279 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 06:08:11 ID:8XkClO8m0
>>264
>つまり抑止力を持っているのは死刑執行ではなく死刑執行報道
死刑執行は必須ではない
→9-11テロ計画者(実行犯は全員死亡)に死刑が求刑されるという報道がありました。
最近の報道では、軍事法廷ではなく、一般の刑事裁判として裁くという決定が報道されたばかりです。
今回報道されたのは、連邦裁判所で裁くというものです。
連邦裁判所といえば、重罪犯(州を跨いだ犯罪)が裁かれます。
これは何を意味するかというと、死刑の求刑も判決、執行も可能ということです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9B%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%83%93%E3%83%AB%E7%88%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6
1995年に起きた連邦ビル爆破事件では、当時大統領だったクリントン大統領は、
「正義は速やかに犯人に裁きを下すだろう」と、「犯人にたいして死刑は当然」としました。
当時、私もあまり疑問には思っていなかったのですが、極刑は死刑というのがアメリカ人の間では常識だったのです。
ところが、捕まえてみれば、主犯は元イラク戦争重軍兵士で勲章も授与されていたティモシー マックベイで、
ごく普通の家庭人でもあったのです。
今から考えれば、あの時こそ、死刑執行に強く反対していればよかったと、悔やまれてなりません。
マックベイの死刑には、犠牲者家族を対象にした衛星放送でテレビ鑑賞があったのです。
当時は、あまり疑問に思わなかったのですが、やはり、「誰であれ人が殺されるのを眺めるのは悪趣味!」と
批判すればよかったと思います。
このように、モカン教授のいう「死刑抑止効果」とは、「重大犯罪を犯せば自分の命はない」という、
「漠然とした死刑威嚇効果」に期待するというもので、殆ど空想(幻想)の産物でしかないのです。
犬を訓練するのに、「褒美と罰」を上手く使い分けることはよく知られています。
しかし、精神異常者(サイコパスも含めて)に「褒美と罰」の効果がないのは当然として、
常識的な思考もできない上、自分勝手な理屈で自分の行動を正当化する凶悪犯に
普通の常識が通用するはずもないのです。
マックベイは執行直前、テレビ放送のインタビューも受け、「自分の行為は一種の戦争犯罪で、
多数の犠牲者を出したのはすまなかったが、目的の為の止むを得ぬ犠牲でもあった」と「戦争論」を
展開しました。
「正義の戦争」を主張する限り、アメリカにはテロリストを裁くための倫理的根拠はないのです。
まして、多数の犠牲者に新たにテロリストの屍を並べても意味がないことに気付くべきなのです。

280 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 06:38:06 ID:NObNt04s0
>>227
>的外れな上、内容に関しては反論できないようですね(笑)

220ですが、反論するに値する内容がないものに反論しません。
あなたのレスは、内容以前の問題です。
マナー、モラル、常識、会話のスキル、このあたりの問題なので
的外れと思うところが間違っているのです。
馬の耳に念仏かも知れませんので、ちょっと静観しておきます。


281 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 06:42:06 ID:8XkClO8m0
>>269
>ダウト(苦笑)
戦後、特に朝鮮戦争後の十年ごとの統計を比較しなければ意味がありませんよ。
それに、近年でさえ、韓国での殺人件数は微減傾向にあるのは、
あなたが提示した数字からも明らかでしょう。
韓国に於ても、殺人事件発生→犯人逮捕→裁判→執行
が同時に行われるわけではありません。
まして、公開処刑や拷問、残酷な処刑が行われているわけでもないのです。
韓国に於いても、「死刑執行」が「凶悪事件発生への抑止」にどう影響するかの、
直接的な因果関係を証明するのは殆ど不可能なのです。
観念氏の言うように、
犯人1人ひとりにインタビューをすることも不可能です(笑)
尤も、戦後、東京拘置所で精神科医官として勤め、全国的にもかなり大規模な調査を行った
加賀乙彦氏によれば、死刑囚の内で、「犯行中、死刑のことを考えたなかった人」が殆どだったといいます。
しかし、死刑囚は「だから死刑囚」といえるだけで(爆笑)、本来の調査(もし可能なら)は、
潜在的凶悪犯に、「もし、死刑がなかったら、あなたは殺したい人がいますか」と質問できるか、という話なのです。
これは要するに空想の領域であって、科学的因果律に基づいて、死刑威嚇効果による犯罪抑止効果を
証明することは不可能なのです。

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 08:25:59 ID:KijSvge8O
>直接的な因果関係を証明するのは殆ど不可能なのです。

抑止の因果関係ってのは心理的作用と考えられているものだから、物理みたいな直接因果関係なんてないんだよ。
直接因果関係を求めるレベルだと心理的作用の肯定も否定もなく「不可知」という結論が妥当でしょう。

しかし、バ観念君は「抑止効果は無い」「抑止効果が無い事が既に証明されている」と言っているのだから、しっかりその証明とやらをプレゼンしてもらわんとw


283 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 10:00:38 ID:sHOVhG4R0
>>274
それで、お前はDatasetの単語の意味も、
式(1)だけ見て、その上の重要な0.5ページほどの英文の意味も読み取れなかった。
こういう事実がさらけ出されるのは良いことだ。

>それでもニュース記事で「コロラド大の」と書いてるのに、その根拠論文がLSU時点で書かれてるのはおかしいだろ

NBERのPaperは、2003年度に出された論文の再検証。
発表時にギリギリ移動で、Paper内の仕事の大半は2003年次の仕事も含めコロラド大。
この仕事が、LSUで新たに始めた仕事じゃないだろうに。

>>259 のように、メールで質問すりゃいいんじゃないの?

なんか、全く関係ないことこ喰いついてくるな。
中身が無いんだから黙ってればいいのに。

284 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 10:10:04 ID:sHOVhG4R0
>>281
また、ダウト
2006 1073
2005 1061  年次見てる?

さらに
2008年の報告において、
5年間で殺人2.3%増加(警察庁資料)

2009/07/31 ソウル31日聯合ニュースより

>戦後、特に朝鮮戦争後の十年ごとの統計を比較しなければ意味がありませんよ。

『yurikoは、嘘つき』! のくせに死刑モラトリアム後・前の比較が意味無いだと?
ふざけるなよ、ボケ。

>近年でさえ、韓国での殺人件数は微減傾向にある

次の投稿で証拠見せろよ。嘘つきyurikoおじさん。

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 13:57:34 ID:sHOVhG4R0
>>274

>それでもニュース記事で「コロラド大の」と書いてるのに、その根拠論文がLSU時点で書かれてるのはおかしいだろ

ったく、きちんと調べてみたぞ。
NBERのPaperは、Oct. 2006 発表。 この時点で所属は、コロラド大。
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=938957

新聞発表 Jun. 2007  この時点でも所属は、コロラド大。
Aug. 2007でLSUに移籍

単純に提示論文の表紙を、現在の所属に差し替えただけの話。

286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 16:23:40 ID:wMdcirT00
なんでお前らは死刑の無い国へ行かないの?何でなの?逃げてないで答えろ。
俺は存廃で犯罪が増えようが減ろうがどうでもいい。そんなもんは誤差で片付く。
殺人が無くなる事なんて永久に無いし、だったら死刑のある国に住みたい。
少数の意見なんて押し付けないでくれる?

287 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 17:39:58 ID:Ih3/rN4LO
>>286
目的は死刑の存廃ではなく「少数の正義を押しつけること」そのものにあるのさ。


288 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 18:23:35 ID:3sjzAa490
多数派の傲慢から少数派を守るのが憲法だからな

まあ、最高裁は死刑を合憲としているが

政府の息のかかった機関の判決だ

俺は、イタリアに移住したいと思っている

289 :存置派:2009/11/20(金) 18:27:31 ID:4OJQLPlY0
>>288
「誰も止めない」というレスを待っているのだろうから、あえて止めよう。
…数年後、「私の夢見てたローマはこんな町じゃない!」とか言いそうだから
日本の恥部は日本を出ないでくれ。

290 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 18:31:07 ID:wMdcirT00
>多数派の傲慢から少数派を守るのが憲法だからな

何だこりゃ詳しく

291 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 18:32:59 ID:3sjzAa490
多数派(強者)から少数派(弱者)を守るのが憲法だということ

292 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 18:35:13 ID:3sjzAa490
>>289

いや、俺は何度もイタリアに行ったことがあるんでね

イタリアの友人もたくさんいるし

っていうか、そんなレス待ってないんだが

293 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/20(金) 18:46:35 ID:KuiXHYVy0
>275 じゃあ現在も死刑は執行して無い可能性もあるなw今もだまされてるんじゃね?

当然あるよ。お前も死刑囚の遺体見たことないだろ?
でも死刑になったと皆思ってる。国民がそっちの方に安堵感を覚えるうちは、それがメリットなんだろう

>実は死刑にして無い可能性もあるから犯罪者や国民、廃止派は何の心配もしなくていいよw

可能性でしかない、ということが分かってないらしい↑

>279 「誰であれ人が殺されるのを眺めるのは悪趣味!」と
> 批判すればよかったと思います。

いやぁしなくて良かったんじゃないかな。悪趣味かどうかは主観だし。主観を基に語ったら説得力無くなるよ

> 「正義の戦争」を主張する限り、アメリカにはテロリストを裁くための倫理的根拠はないのです。

全く同感。アメリカのやらかした史上最悪のテロが原爆だし

>281 観念氏の言うように、
> 犯人1人ひとりにインタビューをすることも不可能です(笑)

いやインタビューそのものは可能でしょう。でも何故かそういうインタビューをしたというソースがない
やってやれないことはないのに何故ないんだろう

>282 しっかりその証明とやらをプレゼンしてもらわんとw

>70-77でプレゼン済

>283 式(1)だけ見て、その上の重要な0.5ページほどの英文の意味も読み取れなかった。

読み取れないんじゃなくてまだ「読んでない」

> NBERのPaperは、2003年度に出された論文の再検証。

でも記事では「06年に同じ調査を見直した」とあるが、論文は少なくとも07以降にまとめられてるよ

>285ったく、きちんと調べてみたぞ。

お疲れーション

294 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:10:09 ID:EgjKxnDK0
>>286
>殺人が無くなる事なんて永久に無いし、だったら死刑のある国に住みたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%81%A9%E5%8F%B7
1970年によど号ハイジャック事件が起きました。
当時は、まだまだ共産主義への幻想は生きていて、犯人達にとっては、
全体主義国家(犯罪国家)は理想郷にみえたらしいのです。
おそらく、ピョンヤンの町には、ゴミが散らかってることも、売春婦が歩いているということもなかったでしょう。
しかし、恐らく、大部分の国民は飢え、飢餓や伝染病で死ぬ人や凶悪犯罪の犠牲になった人も
少なくなかったでしょう。
厳罰主義で社会から凶悪犯をバンバン処刑する国というのは、果たして、住み易い国なのでしょうか。
話は変わりますが、幼児の頃、泥遊びをさせてもらえなかった人は、大人になって、ある特殊の型の
糖尿病になる可能性が非常に高いそうです。つまり、幼い内にある程度のばい菌に晒されることで
免疫力を発達させるというのです。
社会の健全な発展のためにも、ある程度の「悪=異端」の存在があった方が、社会全体の寛容性を
発達させることができるのではないでしょうか。多元性・多様な社会は人々の創造力が刺激され、
社会の可能性が広がり、豊かになるのではないでしょうか。
何らかの理想をもって共産国家は建設されたのですが、その実験が惨めな失敗に終わったのは、
20世紀の歴史が示しているところです。
「死刑の国のある国に住みたい」という願望の裏には、「自分が差別されたり、被死刑執行者にはならない」という思い込みがあるのでしょう。
しかし、歴史が示しているのは、迫害者が迫害されたり、差別していた人が差別されるなどというのはよくあることなのです。
「凶悪事件を起こしさえしなければいい」というものでもありません。
全体主義国家では、密告によって、あらぬ罪を着せられて闇から闇に葬られることなど珍しくないのです。
「いい全体主義」や「非(反)民主主義」は存在しないということを私達は知るべきなのです。
民主主義で最も重要なのは、人権の保証です。その中でも、「誰でも公平な裁判を受ける権利がある」というのは、
基本的人権の内で、最も重要なものの一つです(日本憲法32条)
人権というのは自らのものだけでなく、他人の人権も侵させてはならないのです。
歴史が教えているのは、私達が少しでも油断すると、少しずつ、気付かない内に
権利が侵されていくものなのです。
人権とは本来、法律を超えるもので、統治機構は人権保障のために存在し、さらに理想に近付くべく、
「人権の創造」という考え方も絶対に必要なのです。こうなってくると、「人権真理教」みたいですが、
まさに、その通りです(笑)
はっきり言って、人権弁護士といわれたオバマ大統領には失望しました。
21世紀の世界には、地球中心主義を核にした、真の人権主義が必要だと思います。
死刑制度の廃止は、世界的なパラダイムシフトのための端緒としてどうしても必要なことなのです。

295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:12:48 ID:wMdcirT00
>多数派(強者)から少数派(弱者)を守るのが憲法だということ

なーるほど。じゃあ加害者(強者)から被害者(弱者)を守ると言う意味で
犯罪を犯すような奴は死刑で良いな。被害者の権利も守っていたかんと。
被害者を殺せる状況にあった時点で強者と断定するね俺は。
被害者以上の実害を被らない加害者が弱者とか言う屁理屈は受け付けんけどな。

>俺は、イタリアに移住したいと思っている

じゃあここナポリが丁度良い。
目の前で人が殺されても、マフィアの報復を恐れ無関心でしかいられない周囲も凄いぞ。
何が死刑廃止国だ笑わせるな。
廃止した方が人の命を奪ってはいけないと言う教育になるって?w

http://www.liveleak.com/view?i=6f4_1256842250

296 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:16:47 ID:wMdcirT00
>社会の健全な発展のためにも、ある程度の「悪=異端」の存在があった方が、社会全体の寛容性を
>発達させることができるのではないでしょうか。多元性・多様な社会は人々の創造力が刺激され、
>社会の可能性が広がり、豊かになるのではないでしょうか。

だからある程度の必要悪として死刑と言う物が必要なんだよ。分かった?

297 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:22:01 ID:sHOVhG4R0
>>293
>でも記事では「06年に同じ調査を見直した」とあるが、論文は少なくとも07以降にまとめられてるよ

で、これも調べてみたが、
NBERが2006のpaperをまんま転用して南アメリカで行うモカン教授のNBERセミナーのための資料にしたのが
最初に提示したNBERの資料のようだ。

だから、参考文献に2007のものが乗ってるし、表紙もLSUにすげ変わっちゃってるようだ。

298 :日本も死刑廃止国家宣言をしよう!:2009/11/20(金) 19:22:11 ID:EgjKxnDK0

はっきり言って、人権弁護士といわれたオバマ大統領には失望しました。
21世紀の世界には、地球中心主義を核にした、真の人権主義が必要だと思います。
死刑制度の廃止は、世界的なパラダイムシフトのための端緒としてどうしても必要なことなのです。
確かに、自分達がどんなに努力しても、逆恨みをして攻撃をしかけてくる国もあるかもしれません。
どんなに努力しても凶悪犯罪はなくならないかもしれません。
しかし、それら「悪」と闘うのは、暴力によってではあるべきないのです。
「正当防衛以外に人殺しはしない」というメッセージほど、人権平和国家・日本に
相応しいものはないし、国民に勇気と誇りを与えるものでもあります。

299 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:28:55 ID:3sjzAa490
>>295

いや、そういう単細胞な話をするつもりはないんで・・。

ちなみに、移住予定の地なら既に決めてるんで

わざわざ紹介していただいてありがとう



300 :人間の尊厳のための人権の創造性は不可欠!:2009/11/20(金) 19:29:24 ID:EgjKxnDK0
訂正>>298
>それら「悪」と闘うのは、暴力によってではあるべきないのです。
     ↓
それら「悪」と闘うのは、暴力によってではならないのです。

301 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:29:54 ID:sHOVhG4R0
>>298
韓国で、殺人が減っているというデータくれ。

302 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 19:56:07 ID:wMdcirT00
>>299
それではもうこのスレにも用は無いだろうし思う存分ROMっていてくれ。
さいなら。


観念と糞オカマはどうなんだ?早く死刑の無い国へ行く気になったか?
お前らなんて日本やアメリカにとって要らない子だぞ。

303 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 20:01:46 ID:3sjzAa490
まあ、しかし

憲法の意義も知らないで死刑論議とは、飲み屋談義は楽で良いね



304 :まずは死刑なしの刑法典を作ろう!:2009/11/20(金) 20:06:52 ID:EgjKxnDK0
>>296
>だからある程度の必要悪として死刑と言う物が必要なんだよ。分かった?
→人類が誕生し、社会を作り、国家が誕生しました。
そして、その国家はホッブスのいうリヴァイサンという怪物になってしまいました。
そのリヴァイサンにどうしても「たが」を嵌める必要になったのです。
文明文化が発展した国家・社会というのは、(民度という表現を使う人もいますが)国民が
罰や規則でがんじがらめにされるより、自発的に規律を守るのではないでしょうか。
その自発性こそ、権力者が目指す、窮極の管理社会だと主張する人も確かにいます。
しかし、「他人の心の痛みがわかる心」を育てるためには、教育はどうしても不可欠です。
国家や権力者に命令、管理されて法を守るというのでは、結局は、「法律の抜け穴を探す」に終始してしまうと思います。
「死刑という刑罰なしに、人々が法を守る」というのが理想ではないでしょうか。
「人が自分の都合で他人を殺してはいけない」のなら、当然、
「国家も自分の都合で人殺しをしてならない」となるべきで、
これほどの力強い「嫌犯罪」メッセージはないのです。


305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 20:43:31 ID:wMdcirT00
>しかし、「他人の心の痛みがわかる心」を育てるためには、教育はどうしても不可欠です。
>国家や権力者に命令、管理されて法を守るというのでは、結局は、「法律の抜け穴を探す」に終始してしまうと思います。
>「死刑という刑罰なしに、人々が法を守る」というのが理想ではないでしょうか。

まーた法律無くせ、かぁ。だから無秩序無法地帯へ勝手に行けよ。
コロンビアとかピッタリだよお前には。

306 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 20:44:55 ID:qEnfRZAL0
死刑無くして労働力としてこき使おうぜ。
水道管や下水も埋め変え必要だし、橋や学校も建て替える必要が有る。
公共事業費の大幅削減出来るし、収益を被害者救済に回せるだろ。
死刑廃止で死ぬまで強制労働が日本の為だ。

307 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/20(金) 21:11:53 ID:qEnfRZAL0
>>304
九条無くせ。
九条を守って来た日本人は信用せず、九条の存在褒め讃えてる基地外に言ってやれ。

308 :存置派:2009/11/21(土) 00:46:57 ID:Lg8FRqWu0
>>303
えっと、ごめん。移住の話、だちょうクラブの「押すなよ絶対に押すなよ!」系に見えたから。
それに若い女の子が海外に憧れて、旅行して良かったからって実際移住してみたら…みたいな件も聞いたことがあるからさ。

…憲法の意義以前に「何故少数は多数に対し、守られることが多いのか」っていうのを考えてみたことはある?
その答えは、裏を返すと「守られる必要がなければ少数は『少数だから』というだけで保護を受けない」ってことでもある。
例えば、個人の自由は「公共の福祉に反しない限り」守られるようにね。

「少数なら守られて当然!」って思考停止してたり
「少数の意見は、絶対に、多数の意見と同じ重みを持つ」って勘違いしていないかい?

309 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 00:51:05 ID:iH01mSQL0
遂にロシアも死刑廃止か。

いつか、子どもたちが「昔は、死刑という野蛮な制度があった」と学校で習う日も来るだろうな。

奴隷制のように。

310 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 00:55:34 ID:iH01mSQL0
>>308

してないよ。

「多数派の意見は常に正しい」という思考停止に陥ってる国民が多いのではないか、と危惧はしているが。



311 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 01:07:03 ID:gIIyyOZ4O
>>293:観念は具現化する◆3PwDX5T6IA
>>70-77でプレゼン済


そんな思考実験は脳内妄想乙としか言いようがないだろう


312 :存置派:2009/11/21(土) 01:32:12 ID:Lg8FRqWu0
>>310
その危惧自体はある意味、正しいと思うよ。
何故なら「基本的に、多数派の意見が正しいことの方が多い」というのは事実だから。

数学…というより、もう算数に近いレベルの話だけど
「ある問題に対し、ある一定の確率で正解する」と定義される存在が複数いて
かつ「ある問題」が複数の選択肢を用意している場合、
「ある一定の確率」にもよるが、基本的には正解の部分に最も数が集まるのは自明だろう?

実際の歴史を見ていっても、ヒトラーの例があまりにインパクトが強いだけで
歴史上は異端者が大惨事を引き起こしたケースの方が多いしさ。
(ヒトラーの例は、純粋に『不正解』とも言い辛いしね)
虐殺の犠牲者数に関しても、むしろ少数が多数を支配してしまったケース
例えば毛沢東やスターリン、ポル・ポトなどの場合の方が、実は多いんだよね。

313 :存置派:2009/11/21(土) 01:38:40 ID:Lg8FRqWu0
>>309
数十年前も同じことを言ってた人たちがいたよ。

彼らは資本主義はいずれ滅びると信じ、共産主義国家の様々な問題点に眼を瞑り
『昔は資本主義という野蛮な制度があった』と教えられる日が来る」と願ったけど
…ま、結果はご覧の有様だよ。

314 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 02:04:23 ID:iH01mSQL0
>>309

死刑制度と資本主義を同列に語っている時点で教養の低さが伺えるね

現に、死刑廃止は世界の流れだからね

数十年前に同じようなことを言ってた人がいたけど、以降、死刑を(実質的に)廃止した国は一つもない、と言うのなら「まだ」分かるけどね

315 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 02:10:11 ID:iH01mSQL0
>>312

なにかコメントしておかなきゃ、というあなたの必死さだけは伝わってきたよ

でも、だから?って感じだよね

「多数派の意見は常に正しい」という命題を証明するレスでもしてくれたのかと思って期待しちゃった・・



316 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 02:11:16 ID:iH01mSQL0
アンカー間違えた

>>309 は >>313 ね



317 :存置派:2009/11/21(土) 02:43:36 ID:Lg8FRqWu0
>>315
何の責任もなかった人間を奴隷として蹂躙することを改めることと、
我欲で無辜の人間の命を踏み躙った人間を、さらに一般市民からの搾取で生かし続けるようにすることを
同列に語るのは、君にとって教養のある行為なのかな?
あぁ、それと、共産主義国や社会主義国の増加も数十年前は「世界の流れ」とされたよ。
もっとも、そのからくりを知っている人間にとっては、笑い種だったけど。

「多数派が常に正しい」とする根拠なんてないさ。単に確率の話だからね。
強いて言うならば、最終的に多数派となった意見が「正当」とされるのが民主主義ってぐらいかな。
…それに君が期待しているのは「多数派が常に正しいという命題を証明するレス」ではなく
「自分が少数派に属するのは『多数派が常に正しい』と思い込んでる人がいるだけ」と信じ込みたいだけのように見受けるけど?
だから「だから?」としか感じず、自分の「危惧」の是非を見直す可能性も感じないんじゃないかな。

318 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 02:48:23 ID:/Nv9ztMP0
>現に、死刑廃止は世界の流れだからね


>「多数派の意見は常に正しい」という命題を証明するレスでもしてくれたのかと思って期待しちゃった・・

矛盾しまくりだな。
ロシアも廃止しちゃったとか指折り数えてる奴に数の論理振りかざされてもねぇ。


319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 03:02:05 ID:sPXm6Y6mO
死刑制度は無くなっていいから、仇討ち制度を復活させて欲しい

高齢や体力的問題で仇討ちが実行不可の場合に限り助太刀を認めてさぁ

320 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 05:04:52 ID:iH01mSQL0
>>317

>何の責任もなかった人間を奴隷として蹂躙することを改めることと、
我欲で無辜の人間の命を踏み躙った人間を、さらに一般市民からの搾取で生かし続けるようにすることを
同列に語る

まず、当時、「黒人は劣等な種族だから奴隷として酷使して良い」という価値観が白人支配層にはあった
「凶悪犯罪者は殺されて当然」も「黒人は酷使されて当然」も「当然」と考えられていた(る)、という点では同様
そもそも、「奴隷制は悪」という考えは、現代の価値観にすぎない
現代の文明国に産まれたから、我々は奴隷制を悪と考えるが、当時の白人支配階級に産まれていたら、彼らと同じように価値観が規定されていたのではないか
君の言う「我欲で無辜の人間の命を踏み躙った人間」も君の犯罪観であって、私のそれとは違う
前提の違う相手と議論してもかみ合わないので、君とまじめに議論するつもりはない
私もそこまで暇ではないし

それと、民主主義(民主政治)と言っても、一義的ではない
君のいう民主主義は「マジョリタリアンデモクラシー」のことだろ
日本は、「コンスティチューショナルデモクラシー」(立憲民主主義)を採用している
だから、国家レベルでも「多数派の意見=正当」と定言的には考えない






321 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 05:09:31 ID:iH01mSQL0
>>318

矛盾してませんよ
私は、「死刑廃止は世界の流れだから、日本もいずれ死刑を廃止するだろう」と言っているのであって、
「死刑廃止は世界の流れだから、死刑制度は間違っている」なんて一言も言ってませんよ
曲解するのはやめてね


322 :存置派:2009/11/21(土) 05:33:44 ID:Lg8FRqWu0
>>320
延々と述べているけど、結論、君の犯罪観では奴隷も凶悪犯も同じなのかな?
まぁ、そりゃ「犯罪者は悪ではない」という価値観が成立した世界でなら奴隷制と死刑制度を同列で語れるかもね。
…それを「教養」って思えるのは、きっと君だけだと思うけどな。

あ、それと。
少数が少数のまま「正当」と認められることはないのは立憲民主主義でも同じだよ。
民主主義下の国では少数が自分の意見を通すには、多数を説得し、最終的に自らの側を多数にする必要がある。
だから「多数派=正当」ってわけ。
立憲民主主義の方が、憲法や法律の改正とかのプロセスが挟まる分、そのあたりは、より厳密になるんじゃない?

むしろ多数に「間違っている」と認識される少数の意見が「正しい」と無理やりされ、実行されるのは
立憲民主主義じゃなく、ただの独裁主義の類になると思うけど。

323 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 05:49:19 ID:iH01mSQL0
>>322

>延々と述べているけど、結論、君の犯罪観では奴隷も凶悪犯も同じなのかな?

まあ、延々と述べてきているのは明らかに君の方なのだけど
とりあえず君の読解力の低さは把握したので、できる限りはっきり伝えておこうか
誰も「奴隷も凶悪犯も同じ」なんて言ってないよね
「当然」と考えられていたことが「当然」でなくなる、という点において同じだと言っているの
つまり「常識は変わる」ということだよ

>あ、それと。
少数が少数のまま「正当」と認められることはないのは立憲民主主義でも同じだよ。
民主主義下の国では少数が自分の意見を通すには、多数を説得し、最終的に自らの側を多数にする必要がある。
だから「多数派=正当」ってわけ。

うーん
おそらく立憲民主主義というものを理解できていないんだろうね
ものすごく分かりやすく言うと
国会で「在日は殺して良い」という法律ができました(あくまで仮定ね)
じゃあ、国会で成立した法律だから国家はこれを実行して良いか
ダメだよね
どうして?
憲法の人権規定に反するからだね
この場合、在日の人たちは、国会議員を説得して彼らの価値観を変えなきゃいけないの?
そんなことないよね
そんな法律は、そもそも違憲無効だ
「多数を説得し、最終的に自らの側を多数にする必要」なんてないんだよ
分かる?
つまり、国民の代表である国会議員が決めたことでも、憲法に反することはできない
これが立憲民主主義の基本
理解できたかな?








324 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 07:21:44 ID:+B+P5e3nO
この廃止論者氏には
「他人と同じく自分も間違っているのかもしれない」
という視座が決定的に欠けている。
まるでデスノートの主人公のように。

325 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 07:30:53 ID:9iUK4h1Z0
反日似非人権死刑廃止運動家は、存置派を偽りながら、選択肢(国民的議論の高まり)を潰す事と存置派のイメージを貶める事を繰り返しています。
日本国民の殆どが死刑存続を容認してる現状で、議論が高まれば存続が選択されてしまうと考えてるのでしょう。

反日似非人権死刑廃止派は、廃止と同時に終身刑反対(刑の軽減)運動を行なっています。
選択肢が増える事を、極端に否定する流れを辿ってみたく、炙り出しを決行してみました。

彼には似非人権論者の言い分にそった主張しか無く、指摘すると異常な執着を続け、持論(似非人権論)を振りかざし論点摺り替えと誹謗中傷を繰り返す事で議論から逃げて行く手法です。

良識有る日本国民の方々にはご迷惑だったでしょうが、反日似非人権派の工作活動の異常さにを改めて認識して頂ければと。

反日工作員が、自己の感情を押さえる事すら出来ず、確認も無く他者を愚弄し、その責任すら他者に転換しようとする異常な精神構造の持ち主でもあると。
証拠レス
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part15 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/
330 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:01:57 ID: qWeQbVG80
>>327
お前、ID: HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
331 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:18:38 ID: qWeQbVG80
お前、どうせID:HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
違ってたら済まんな。そのID:hmyPueng=ID:jcVcanBhって輩は
廃止論者だけに平気でそういう事やるんだわ。

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 07:32:52 ID:9iUK4h1Z0
特徴と行動基準

自分達が思い描いてる、「反日似非人権死刑廃止派」像しか認めない

個人的な廃止思想や意見を、「反日似非人権死刑廃止運動家」のルールで縛る

ルールと称して廃止派に、「反日似非人権死刑廃止思想」を強制強要

思想信条の違う廃止派を、「反日似非人権死刑廃止思想」の敵と攻撃

導き出される彼らの思想信条は
廃止派は「反日似非人権死刑廃止運動家」であるべき
廃止派は「反日似非人権死刑廃止思想」しか認めない

以上の事から、彼らの本質は、「反日似非人権派思想絶対主義者」であると想像する事は容易いであろう。

327 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 07:41:34 ID:LdWkask10
>>323
>国会で「在日は殺して良い」という法律ができました(あくまで仮定ね)

横レス失礼します。
じゃあ、あくまでも仮定だけど、その意見が国民の9割に支持されたら
実行されると思うよ。

国会議員は、確かに国民の代表だけど、国会議員の多数派が国民の
多数派でないという前提に立っているから、あなたの意見に正当性が
あるように見せかけられるだけ。

逆に聞くと、「犯罪者は野放しにしよう」っていう考えが多数派になると
思えるかい?君の意見はそれとおなじくらい愚かな極論だ。


328 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:03:03 ID:iH01mSQL0
>>327

>じゃあ、あくまでも仮定だけど、その意見が国民の9割に支持されたら
実行されると思うよ。

違憲無効な法律を政府は実行できません
もしも実行されたなら、もはや立憲民主主義の崩壊であり、文明国としても終わりですね
国際社会からの猛烈なバッシングも不可避でしょう
まあ、そんな法律ができること自体ありえないと思いますが







329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:20:03 ID:jz0SiguB0
yurikoの書き込みを見ていると、人の心の痛みを理解するどころか、人の心の
痛んでいるところをこれでもかこれでもかと突いているような気がする。
KYとは彼の為にあるような言葉だと思う。

330 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:30:22 ID:LdWkask10
>>328
国民ありきじゃなくて、法律ありき?
あなたが言ってるのは立憲民主主義でなくて、立憲君主制ですよ。

100歩譲っても、死刑は「民主的に」刑法で定められた法律です。

で、あなたの「あくまでも仮定」に「あくまでも仮定」でお答えしただけ
なのに、そこにだけ食いつかれてもねぇ。

国際社会がどうであれ、国民の総意が違えば政策はそちらに向かう
と思いますよ。外圧に屈することを国民が容認しなければね。

あなたが、どうしてもそれがいやなら、その国を出るべきです。人間
その地域に生まれた限り、そこの民意に従わざるを得ません。

あなたが北朝鮮や、南アに生まれていたらどうだったと思いますか?
生まれる地域は自分ではどうにもならないことです。変えられるのは
自分が移動することですよ。


331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:41:15 ID:iH01mSQL0
>>330

かみ合いませんねえ
まずは、憲法と法律の違いから勉強されてはいかが?
基礎的な知識すらない人とはお話ができませんからね

私は、国民の多数派が在日を殺せと言ってもそれはできませんよ、という例えを出しただけなんですが
立憲民主主義というものを説明するために

食いついてきたのはあなたでしょう・・

また、日本の政体を立憲君主制とする説も有力ですよ
もっとも、天皇自体に政治権力はありませんが





332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:44:40 ID:Q6HAt8f30
国民の意思とは関係なく、議員の力関係で日本は動いてます。
政党政治議院内閣制ですから。



333 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 08:48:34 ID:Q6HAt8f30
>>331
北一輝の日本改造法案大綱が良いと思います。

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 12:37:56 ID:MUUYlPXmO
人を殺してはいけないから死刑反対!

335 :存置派:2009/11/21(土) 13:27:52 ID:Lg8FRqWu0
>>323
>つまり「常識は変わる」ということだよ
…で、奴隷制と死刑制度を同列に並べるには
まさに「奴隷も凶悪犯も同じ」と常識が変わらないといけないんだけどね
そもそも、君自身、>>309で「死刑制度はいずれ奴隷制と同じ評価を受ける」とし
また>>323で奴隷と凶悪犯の差異があることに対し「自分の犯罪観では違う」としているんだけど。

>おそらく立憲民主主義というものを理解できていないんだろうね
国民が望むことが「違憲無効だから」というだけで不可能ならば、
然るべきプロセスを経て、憲法を変え、合憲としようという動きが出るだろう。
勿論、それに反対する動きも出る。そしてどちらが多数派になるかにより、結果は変わる。
(…まぁ、ここで3分の2だから(ryとは言うまいね)

酷く単純に言うと、君が「憲法」というものを誤解しているだけだよ。
憲法は別に神の言葉でも何でもなく、改定規定の有る法の一つに過ぎないんだよ。

336 :存置派:2009/11/21(土) 13:54:52 ID:Lg8FRqWu0
>>328
ああ、それと、揚げ足を取るようで申し訳ないが、
…仮に違憲無効な法律がごり押しされようと「国際的なバッシング」は受けないよ。
国内で国民が国の憲法をどう扱おうが、他国からすりゃ何の関係もない。

逆に言うと、合憲だろうが何だろうが、
利益を阻害されたり、不利益をこうむったり、自国民の感情を傷つけられれば、バッシングするんだけどさ。

337 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 14:45:29 ID:Bpu2KbFQO
死刑並のドギツイ罰を考えればいんじゃね? 「いっそ殺してくれ!」って言いたくなるような。
死刑は無くなり、犯罪も少しへるかな?

338 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 15:10:32 ID:MUUYlPXmO
>337
定期的に沸いてくるなー この手のバカは

339 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 15:44:19 ID:IfuRwOrs0
人間に意思決定の自由があるかないかは肯定、否定、中間論があるが私は否定説をとる。
従って、刑法においては違法(法益侵害)はあろうとも、
責任(反規範的人格態度に対する道義的非難)という概念は処罰する側からの自己満足の概念であり、
処罰される側には意思決定の自由がない以上、「殺さないことも選択できたのに、なぜ殺すほうを選択したんだ。」などと言っても無意味。
そもそも、あの時点での福田には犯罪をしないという脳の情報処理による行動は期待しえなかったのだから。
それが俺が福田を非難しない理由であり、福田を非難できない以上、非難を理由としての死刑の選択もしない理由だ。
将来的な改善は福田の持って生まれた人格と今後の福田のあみだくじの線(福田の脳の情報処理)次第だが、
終身刑導入を持って社会防衛、福田の再犯の可能性は塀の中で完結する。
例えば、サカキバラは家庭から出て、医療少年院、少年院の生活で改善し、そこで暖かい人との出会いもあり、人格が変わった。
つまり、あみだくじの線がサカキバラを違う方向へと導いたのだ。
当然、ここには経済的余裕が必要となるが、死刑囚100人の日本で、一人年300万円としても3億円で足りる。
日本の国家予算から見ればチリや埃程度の金額。国民一人当たり年間3円の金額。
感情的に許せないという反論があろうが、上記のとおり、福田に意思決定の選択の余地がなかった以上、
福田の不幸なあみだくじの因果の流れに同情こそすれ、非難するのは酷だ。
永山が兄弟は犯罪者にならなかったのに、永山だけが犯罪者になったから不幸な家庭環境は原因とならないとか、
不幸な家庭環境でもまっとうに生きているから云々という反論もあるが、全く反論になっていない。
あみだくじの線は一人一人違うし、持って生まれた人格も人間は皆違う。
あみだくじのスタート地点(生誕時の人格、脳機能)は人によって違うし、
人間が導かれるあみだくじの線(外部的環境因子)の数は星の数ほどある天文学的な線なのだ。
君の今の人格、今この瞬間の思考は、遺伝的生来的人格と、生誕後に与えられた情報の連鎖を脳内処理して、今この瞬間の君の思考がある。
自由意思などありえない。従って、行為後に犯罪者を非難し、刑罰を与えることは犯罪者への意思決定の因子(外部的環境因子)として有効だが、
行為時の犯罪者を非難することは非難する側の自分勝手な自己満足に過ぎん。
刑罰が外部的環境因子として与えられた場合に、犯罪者を改善更正させる外部的環境因子として機能するのかという問いがあろうが、
ある者には機能するであろうし、ある者には機能しないであろう。
人間の意思(自由意思ではない)決定は、生来的人格(生まれた時点での脳)が
外部的環境因子(生誕後に脳の意思決定に影響する全ての因子)の影響を受け、人格が形成され、
それによって形成された意思(脳機能)が外部的環境因子の影響を受け、それによって人格が外部的環境因子の影響を受けの繰り返しである。
生来的人格と外部的環境因子の数、それによって形成された人格は計測不能、認識不能であるゆえ、
どの外部的環境因子がどのように影響するかなど明らかにはできない。
終身刑導入が人間実存の本質から導かれる論理的帰結。


340 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/21(土) 15:48:38 ID:+kEJoXMl0
>297

なあるほど。ところで件のトレンド線が不自然な理由は結局何だったの?

>311 そんな思考実験は脳内妄想乙としか言いようがないだろう

そもそも脳内ではない証拠に、ちゃんとお前にも読めるようになってる。>70-77

>315 でも、だから?って感じだよね

そうそう。相手にそう思わせるのが彼の十八番

341 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 15:59:05 ID:iH01mSQL0
>>335

まだ言ってくるの?
しつこいな

>…で、奴隷制と死刑制度を同列に並べるには
まさに「奴隷も凶悪犯も同じ」と常識が変わらないといけないんだけどね

真性なのかな?
ここまで読解力のない人と話したのは初めて
「当然」と考えられていたことが「当然」でなくなる、という点において同じだと言ってるんだけど
「奴隷も凶悪犯も同じ」なんて一言も言ってないんだが
「天動説から地動説に変わったように」と言った方が良かった?
まさか「君は天動説と凶悪犯は同じと考えている」なんて滑稽なことは言わないよね

>国民が望むことが「違憲無効だから」というだけで不可能ならば、
然るべきプロセスを経て、憲法を変え、合憲としようという動きが出るだろう。
勿論、それに反対する動きも出る。そしてどちらが多数派になるかにより、結果は変わる。

もちろん、国民には改憲権があるからね
然るべきプロセスを辿れば改憲することはできるよ
しかし、多数派から少数派を守るための憲法を多数派の意思決定によって変えることができることの矛盾は残る
その矛盾をどう乗り越えるかが、憲法学の課題でもあると思うが

>…仮に違憲無効な法律がごり押しされようと「国際的なバッシング」は受けないよ。

こんな稚拙なレスに反論するのも気が引けるけど・・
「在日は殺して良い」なんて法律が施行されれば確実にバッシングされると思うよ^^;







342 :存置派:2009/11/21(土) 16:47:38 ID:Lg8FRqWu0
>まさか「君は天動説と凶悪犯は同じと考えている」なんて滑稽なことは言わないよね
いや「今日本で主流を占める凶悪犯への捉え方が、いつか天動説のように覆って欲しい」と願っているのは君じゃないかな?
あえて言えば、私の考えは「君の凶悪犯への捉え方は、安保に反対した学生並のものだ」と考えている程度だ。

まぁ、良いか。徹頭徹尾同じと扱われるのが嫌いであるのならば
「『当然』と考えられていたことが『当然』でなくなる」という文脈に対し、
例えば凶悪犯を「無辜の国民の税金で生かし続ける価値のない存在」という「当然」が多数を占める現状が
君の…まぁ、どういう価値観かも語って欲しいところだが…ともかく、
「凶悪犯は何の罪もない国民の税金で保護されて然るべき存在」という「当然」が多数を占めなければ
死刑制度から終身刑制度への転換は行わる「べきではない」と、私は思うのだが、どうだろうね?
それとも、君にとっては、後者が少数であっても死刑制度は廃止されるべきだと思うかな?

>その矛盾をどう乗り越えるかが、憲法学の課題でもあると思うが
いや、そんな課題を憲法学は抱えていないよ。
それは「憲法を利用して少数派である自分たちの保護を訴える者」だけが持つ課題だから。
憲法においては(現状で既にそうだが)国民が「少数を保護する必要性の有るケースだ」と認めた場合はそうすればいい。
例えばセーフティネットだ。失敗しセーフティネットの保護を受けるものは少数だが、
挑戦や失敗に対する価値観や、自らがその少数になる危惧などから、それを支持する国民が多数を占めるから、あれはそうある。
…逆に言えば多数の人間が「筋違いだ」と思うような少数は、憲法で守る価値など無いよ。

>「在日は殺して良い」なんて法律が施行されれば確実にバッシングされると思うよ^^;
勿論さ。ただ、それは例え「もし仮に憲法に『在日は殺しても良い』と書いてあったとしても」ね。
君が期待するような、違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる、なんて事態はありえないのさ。

343 :存置派:2009/11/21(土) 16:52:55 ID:Lg8FRqWu0
>>340
懲りないね、お前も。
お前は「だからお前の理論は間違っている」って言われ続けているんだが。
まぁ、「自分は間違えない」と考える場合は、「だから…」以上の意味がわからなくなるのだろうけど。

344 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 17:10:29 ID:iH01mSQL0
>>342

一つだけ言っておくけど、私は匿名掲示板で深い議論をするつもりはない
もしも、死刑制度の是非について本気で語るのならば、膨大な資料とそれらに対する深い考察が必要となる
また、法学・社会学・哲学・犯罪学・生物学・心理学などの側面からも考察する必要がある
だから、こんなところでそのような深い議論をすることは不可能だし、そんな意欲もない
君がしつこく食い下がってくるので、あくまでそれに応答するだけだ

>「凶悪犯は何の罪もない国民の税金で保護されて然るべき存在」という「当然」が多数を占めなければ
死刑制度から終身刑制度への転換は行わる「べきではない」と、私は思うのだが、どうだろうね?

私は、「べき論」の話など一切していないんだが
世界の流れから考えて日本の死刑廃止も時間の問題だろうね、程度のレスをしただけなのに、こんなに食いかかってくるあなたはなんなの?
まあ、一応答えておくと、「死刑制度が違憲ではない」という前提に立つならば、そうだろうね
違憲でないものは、多数派による意思決定で決まるのだから、民主政の過程で変えていくべきなのは当たり前
しかし、私はその前提には立っていないので
(何度も言うが、その辺に関する深い議論をここでするつもりはない)

>…逆に言えば多数の人間が「筋違いだ」と思うような少数は、憲法で守る価値など無いよ。

ああ、本当に立憲主義というものを理解できていないようだね
今すぐ書店に行って憲法に関する書籍を購入することをお勧めするよ
多数派から少数派を守るのが憲法なの
多数派の意思で少数派の人権を蹂躙するようなことはできません

中学生に授業してるみたいだ・・

>君が期待するような、違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる、なんて事態はありえないのさ。

これもまた曲解だね
私は、「違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる」なんて一言も言ってないよね
「在日は殺しても良い」なんて法律が施行されれば、国際的なバッシングは不可避だと言っているんだけど
なんとか反論しておきたいからと言って、曲解するのはやめてくれる?


345 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 17:16:43 ID:iH01mSQL0
また、明らかな違憲立法は、文明的整合性のとれない立法でもあるだろう
ならば、そのような立法が行われれば、先進諸国からの非難は免れないだろうね


346 :存置派:2009/11/21(土) 17:48:47 ID:Lg8FRqWu0
>>344
>君がしつこく食い下がってくるので、あくまでそれに応答するだけだ
なるほど、君は軽い気持ちで、死刑を奴隷制のようにいずれ扱われるだろうと言ったわけだ。
ならば、この話はここら辺で終わりにしておくか。
…出来れば、その行為は死刑に関わる人間にも、奴隷制の犠牲者にも、失礼だったと認識はして欲しいが。

>私は、「べき論」の話など一切していないんだが
ん? 散々民主主義が…と題目を述べていたのは君だったと思うが。
民主主義が何を「べき」とするものかを考えずに、習ったとおりにまじょりちーとか言ってただけかい?
>しかし、私はその前提には立っていないので
なるほど。…まぁ、おそらく君の「前提」が多数になる日は相当遠いだろうね。

>中学生に授業してるみたいだ・・
おそらく、君よりは本は読んでいると思うのだが…その立場から言わせて貰うと、
君は「憲法に何故少数を保護する役割が期待されるのか」を中学生段階で思考を止めてしまってるようだ。
「多数派から少数派を守るのが憲法なの」と教わって以来、その意味を考えてきてなかったように見受けられる。
…あるいは君が本当に中学生なのかもね。
例えば今の日本の憲法のベースとなるものが歴史上どこから来たのかとかは習ってないのかな?

>私は、「違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる」なんて一言も言ってないよね
>>328「違憲無効な法律を政府は実行できません
   もしも実行されたなら(中略)国際社会からの猛烈なバッシングも不可避でしょう」
通例、これを理解するならば「違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる」という意味だと思うが。
この文の前後のどこで、君は違憲性ではなく、法律の内容そのもののバッシングについて語ったんだい?

まぁ、いいや。結局、君が>>344の文末や>>345で述べたとおり、
国際的なバッシングが生まれるとしたら、人道性や公平性の文脈によるものだろうさ。
逆に言えば、仮にそれらの面で問題がないなら、違憲立法であっても他国の非難は受けないよ。

347 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 18:04:01 ID:iH01mSQL0
>>346

よほど頭に来たのかな?
急にムキになったみたいだけど

>なるほど、君は軽い気持ちで、死刑を奴隷制のようにいずれ扱われるだろうと言ったわけだ。

また曲解ですか
いい加減イヤになりますね
どう解釈したら「軽い気持ちで」と取られるのだろうか・・
深く議論するつもりはない、と言っただけなのに

>ん? 散々民主主義が…と題目を述べていたのは君だったと思うが。
民主主義が何を「べき」とするものかを考えずに、習ったとおりにまじょりちーとか言ってただけかい?

私は、君に立憲民主主義というものを「教えて」いただけだよ
「べき論」の話などしていないのだが
たとえば、「死刑は廃止されるべき」とも明言した覚えはないしね

>なるほど。…まぁ、おそらく君の「前提」が多数になる日は相当遠いだろうね。

もっとも、死刑廃止国は既に世界の多数派になっているがね

>君は「憲法に何故少数を保護する役割が期待されるのか」を中学生段階で思考を止めてしまってるようだ。
「多数派から少数派を守るのが憲法なの」と教わって以来、その意味を考えてきてなかったように見受けられる。
…あるいは君が本当に中学生なのかもね。
例えば今の日本の憲法のベースとなるものが歴史上どこから来たのかとかは習ってないのかな?

そもそも、君が憲法の意義を本当に理解しているのならば、過去ログのような発言にはならないのだけどね
マグナ・カルタ以来の歴史を知らないのは君の方では?
「法の支配」と「形式的法治主義」の違いさえ理解できていないのでは?

>通例、これを理解するならば「違憲の行為であるがゆえに国際的なバッシングが起きる」という意味だと思うが。

全体的な文脈が読めないの?
明らかに「在日は殺しても良い」という法律に関する話の中でのレスだよね?
事実、「まあ、そんな法律ができること自体ありえないと思いますが 」とも書いてると思うが


もういい加減あきらめたら?





348 :存置派:2009/11/21(土) 19:08:44 ID:Lg8FRqWu0
>>347
私はクールだ…具体的に言うと、冒険王ビィトのグリニデ様並にクールだ…

>私は、君に立憲民主主義というものを「教えて」いただけだよ
その割には「民主主義って言うのはこうだって、ボクは学校で習いましたぁ」の域を出ておらず、
「何故そうなってるのかな」と言う部分には思考が至っていないし、
関係のない単語を意気揚々と持ってきちゃう程度の知識量のようだが。

>もっとも、死刑廃止国は既に世界の多数派になっているがね
おやおや「先生」君。その何割がキリスト教国であり、
またその何割がEU諸国と旧植民地で構成されてるか、ぐらいは考えているんだよね?

>マグナ・カルタ以来の歴史を知らないのは君の方では?
>「法の支配」と「形式的法治主義」の違いさえ理解できていないのでは?
…「先生」君。それらのキーワードがどうやって「何故憲法は少数派を保護するのか」に至るのかを説明できる?
私には難しいなぁ。…施政者と国民との権利関係を語るのであれば、役に立つ単語だけど、
「少数派の保護」っていうテーマには本質的に関係のない単語だからね。


>全体的な文脈が読めないの?
全体的な文脈は「立憲民主主義において多数であることは正当の根拠となりえるか」
「在日は殺しても良いという法律」は君が適当に出してきた、ただの君オリジナルの電波。
…まぁいいや。で、結局「違憲立法を行ったということについて、諸外国のバッシングはあるはず」と君は思うのかな?

>もういい加減あきらめたら?
何を諦めるの? 例えば突っ込み待ち級の勝利宣言に対して突っ込みをいれること?
中学生レベルの知識しかない子に「学んで思わざれば即ち暗し」って教えてあげること?

349 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 19:48:11 ID:/Nv9ztMP0
そもそも唯の人種の違いと、国家との最大の契約違反を犯した者との例えがアホ臭すぎるわなw


350 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 19:54:00 ID:iH01mSQL0
誰かバトンタッチしてくれ(笑)
馬耳東風とはまさにこのことだな
嫌気がさす

>>348

>その割には「民主主義って言うのはこうだって、ボクは学校で習いましたぁ」の域を出ておらず、
「何故そうなってるのかな」と言う部分には思考が至っていないし、
関係のない単語を意気揚々と持ってきちゃう程度の知識量のようだが。

だから?
なぜ私が君に「何故そうなってるのかな」という部分まで説明しなければいけないわけ?
君が、「立憲民主主義」というものに対して余りに無知だから、その何たるかを教えてあげただけなんだが?

>おやおや「先生」君。その何割がキリスト教国であり、
またその何割がEU諸国と旧植民地で構成されてるか、ぐらいは考えているんだよね?

で?
何割がキリスト教国だろうが、世界の流れであることに変わりはないんですが
ロシアも死刑廃止したしね

>…「先生」君。それらのキーワードがどうやって「何故憲法は少数派を保護するのか」に至るのかを説明できる?
私には難しいなぁ。…施政者と国民との権利関係を語るのであれば、役に立つ単語だけど、
「少数派の保護」っていうテーマには本質的に関係のない単語だからね。

あらら
その程度の知識しかないのに、まだ噛みついてごちゃごちゃ言ってるの?
本当に「法の支配」と「形式的法治主義」の違いすら分かっていないのだろうね
じゃあ、今度は「先生」が質問するけど、「君は憲法史についてどれだけ語れるわけ?」

>結局「違憲立法を行ったということについて、諸外国のバッシングはあるはず」と君は思うのかな?

まあ、「違憲立法」の時点で国内で施行することはできないんだけどね
仮に、裁判所の判決を無視して、政府が独裁に走るようなことになれば、先進諸国からの非難は免れないだろうね
ってかその時点で、文明国としての日本は崩壊するが

>多数の人間が「筋違いだ」と思うような少数は、憲法で守る価値など無いよ。

そもそもこんなトンデモなことを平気で言う人とまともに議論できるはずもないか(笑)








351 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 20:09:05 ID:MUUYlPXmO
いいこと思いついた!!お前ら俺のケツの中でションベンしろ!!

352 :存置派:2009/11/21(土) 20:20:18 ID:Lg8FRqWu0
>>350
>馬耳東風とはまさにこのことだな
あるいは「COOL -RENTAL BODY GUARD-」並にcool…ごめん、もういいか。で、嫌気が差す割に頑張るね、君も。
私はまぁ知識の不足した人間に知識を与えるのは教育に恵まれた者の義務と考えるから、君と話をするのはかまわないけど
別に君はそう思わないのなら、君の軽薄と無知のフォロー以外、もう私との会話でやるべきことは残ってないはずだけど?

>なぜ私が君に「何故そうなってるのかな」という部分まで説明しなければいけないわけ?
いや、説明しなくてもいいよ。「考えていない」のはわかるから。
君の特徴は「憲法は〜の性質を持つ」と教わった程度で終わってるってところ。
「何故その性質を持つようになったのか、それに期待された機能は」と考えていない。
概ね、廃止論者であることも「先生がそういってたから」の域を脱していないんじゃないかな。

>何割がキリスト教国だろうが、世界の流れであることに変わりはないんですが
冷戦後の思想的空白と民族主義の高揚、あるいはEUの拡大とソフトパワーとか、大体わかる?
わかるなら話が早いし、わからないなら面倒臭いけど教えるけど。

>あらら その程度の知識しかないのに、まだ噛みついてごちゃごちゃ言ってるの?
…それらの単語の意味も、憲法史内で果たした意味もわかった上で、関係ない単語を出すなよと諌めてるんだけど、わからないかな?
>じゃあ、今度は「先生」が質問するけど、「君は憲法史についてどれだけ語れるわけ?」
漠然と「憲法史」を語れ、と言われても、余りのテーマの広大さと、それを認識できない出題者の知識の狭さに頭が痛くなる程度に。

>ってかその時点で、文明国としての日本は崩壊するが
おや。だとすると日本は既に崩壊してるなぁ。…自衛隊とかの判例、まだ習ってないのかな?
君の望むほど、そして君ほど、社会は憲法を信仰も溺愛もしてないよ。

353 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 20:27:44 ID:MUUYlPXmO
>>352
ああ…次はションベンだ

354 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 22:24:41 ID:vyfCjrL20
>>340
まじかよ、お前人に頼りすぎ。
今、遊んでるヒマがねーから直接的に。

単一被験対象への有効な統計解析手法である時系列分析(interrupted time-series analysis:ITSA)を適用している。
データ変動(深い振動)の多い時系列要素を扱うときに、その中の振動要素成分三角波(の繋がり)を、差っぴいた時に直線の繋がりがトレンドに表れてくるから(図7と図4と同様)。
図の傾向としては、データの偏りに引っ張られ、大きな上下振動が多いと中心直線になりがち。

それ以上のことを聞きたいのであれば、モカン教授に直接アクセスしろ。
今ちょと忙しい。

355 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/21(土) 22:50:43 ID:+kEJoXMl0
>348 私はクールだ…具体的に言うと、冒険王ビィトのグリニデ様並にクールだ…

コメント自体はクールを越して寒いな

>354

おろ?前は「死刑以外の要因がどうの」って言ってなかったっけ?

356 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/21(土) 23:21:51 ID:vyfCjrL20
>>355
振動要素成分と死刑以外の要因がリンク。

357 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 00:08:43 ID:AjCm+vsE0
>>350
>誰かバトンタッチしてくれ(笑)

誰も受け取らんよ、そんなバトン。
この存置派は悦に浸る為かのように2chに粘着して寝言を語り続けてる。
相手にしても何も生めない議論しか出来ん。
こいつに関して言える事は、
「こんだけ異常でなければ、死刑を正当化できない」って事だね。

人間が人間を殺す事を肯定できる人間なんて、こんなんばっかだよ

358 :存置派:2009/11/22(日) 00:28:34 ID:O4p8hHyQ0
>>357
…どこかで会話したことのある人かな。

日本での死刑の支持率を考えると、
君の生きる社会は、君にとって異常で非生産的な人間ばかりなんだろう。
申し訳ないが、確かにそんな孤独な世界観を持つ人に、私が出来る行為は無いんだろうね。

359 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 02:25:21 ID:9A4nJvvW0
こんなんばっかなんだったら直ぐにでも死刑の無い国へ出て行けばいいのにw
なぜか行く予定だとかかんとか理由をつけては一向に出て行かないw

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 02:44:42 ID:0wQkW9IWO
>>359
やらないか

361 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 03:58:52 ID:CGixrGbg0
>>358
オラ達、グループ組んでここに書き込みしてるんだぜ!って自己紹介してた、
「死刑反対クンと愉快な仲間たち」なんじゃね?w

362 :「人間だけが殺したいから殺す(手塚治虫 ブッダ)」にNOという:2009/11/22(日) 04:08:04 ID:B8/+fC+E0
>>305
>まーた法律無くせ、かぁ。だから無秩序無法地帯へ勝手に行けよ。
→どの意見も興味深く、皆さんの一つ一つの書き込みにレスしたいところですが、
直接のレスだけにレスします。
まず、私の立場をはっきり申し上げると、私は
「民主主義者」とか「日本憲法護憲派」でもありまえん。
特定の宗教信者でもありません。
私は「基本的人権真理教信者」といっていいでしょう(爆笑)
第一次大戦後、ヨーロッパ(国際社会)では、ある理想(ユートピア)を作り上げようという、
文化運動というか「うねり」みたいなものがあったのは確かなのです。
アメリカ ウイルソン大統領が提唱した国際連盟は一つの結実でもあったのです。
ところが、その当のアメリカが孤立主義を採って、連盟に参加しなかったことに象徴されるように、
その理想は最初から、破滅が約束されていました。
ドイツでは、社会権も取り入れた、画期的な人権民主憲法であるワイマール憲法が制定されました。
ナチスドイツにしろ、元々はドイツ社会主義労働者党という名称が示すように、
その目指すところは、一般労働者を中心にしたユートピアを目指すものだったのです。
日本の社会主義運動も、元々は共産主義と同一のもので、スターリンや毛沢東を神のように
信奉していたのは、私が指摘するまでもないでしょ。
問題は「理想を実現する方法」にあったのです。
すなわち、そこに「人間の尊厳を守る」という人権の原則がなかったために、人間が手段とされ、
民主的方法で人権侵害が行われ、人間の尊厳が蔑ろにされてしまったのです。
民主主義とは多数決を基本とするのです。少数意見を尊重するから民主主義ではないのです。
もっと重要なのは、「たとえ民主的方法をもってしても侵してはならない人権がある」とするのが基本的人権の考え方なのです。
その基本的人権の中心にあるのは生存権なのは言うまでもありませんが、基本的人権(無条件に保護されるべき権利)の解釈は、
建設的、且つ創造的でなければなりません。
死刑廃止運動は単に、凶悪犯を憐れむ、クリスチャンシスターが命乞いをする運動ではないのです!
それは、人間の尊厳を基本にした基本的人権の確立運動であり、生命の尊厳を優先させる運動なのです。


363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 07:49:51 ID:9gSbRiFA0
>>331
あなたは被害妄想の少数派オタクなんでしょ?
憲法が絶対なら、自衛隊の海外派遣がされると思いますか?
憲法違反を国債社会(ヒステリーの中国、北朝鮮を除いて)が非難していますか?

もっと現実をちゃんと見たほうがいいですよ。
在日を殺すっていうバカな事例を出したのはあなたです。
最初からあり得ないことを言っておいて、そんなことあり得ないなんて逃げ口上がありますか?

少数派に立つことは勇気の要ることです。
しかし、それは本当にその少数派が正論を言っている時です。
正論じゃないのに、少数派に立っている俺は勇気があるんだと勘違いしている人はかわいそうです。
それと、自分は間違えていないと思い込むのも、傍目からは気の毒な人に見えます。
見るに忍びないので、一度ニュートラルに立ち返って冷静に見られてはいかがですか?


364 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 08:14:30 ID:9gSbRiFA0
>>362
>私は「基本的人権真理教信者」といっていいでしょう(爆笑)

笑い茸でも食ったのか?そうやって一生笑ってろよ。

で、全くレスになってないカキコでスレを汚すな。


365 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 10:00:21 ID:MpKA6+Sb0
政治板で叩き潰された、存置派装った反日工作員が暴れてるね。



366 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 11:48:50 ID:mrcccO+fO
死刑廃止国は正当防衛の垣根が低いし、一般人も自衛の為に武器を持つ事が認められてる国がほとんど。

日本のように事実上自己防衛が禁止の上に正当防衛もほとんど認められない国で死刑廃止などしたら犯罪者の利益になるばかりだ。

367 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 12:48:57 ID:0wQkW9IWO
>>366
いいこと思いついた!お前俺のケツの中でションベンしろ

368 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 13:18:28 ID:19l/7aeB0
日本の死刑廃止派は、まず自分達を整理しろ
宗教?政治犯解放反共人権派か?共産主義人権派?
ごちゃ混ぜでうっとうしい。

369 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/22(日) 13:19:32 ID:3iui404Y0
>356 振動要素成分と死刑以外の要因がリンク。

「死刑以外の要因」ってのは具体的に何?まさか「=振動要素成分」ではあるまい



370 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/22(日) 13:26:25 ID:3iui404Y0
>357

全く、だな

>364 で、全くレスになってないカキコでスレを汚すな。

お前だよそれ

>366 死刑廃止国は正当防衛の垣根が低いし、一般人も自衛の為に武器を持つ事が認められてる国がほとんど。

ほとんど?具体的には何%?

>368 日本の死刑廃止派は、まず自分達を整理しろ

お前が自分の脳内で整理できてないだけじゃん。不勉強を恥じなさい

371 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 13:34:04 ID:P4Of29Cx0
>>369
ところで、お前は論文読んでるのか?

372 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 13:39:28 ID:mrcccO+fO
>370
ほとんどだよ。
何%だとか幼稚なソース厨みたいなレスは馬鹿丸出しだぞ。

例えば路上で女性を殴ってる男に止めろ!と制止したら殴り掛かってきたのでやむなく相手を殴りかえしたら傷害罪になる。
こんな国は日本くらいだろ。

373 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 13:55:37 ID:P4Of29Cx0
>>369
お前は、自分で論文読みもしないで俺に要求ばかり出してんのか?あ?

俺が、お前にリクエストしたものがまだ一つも届いてないな。
モカン教授の論文を否定するソースの提示がまだなんだが、早く出してくれ。
AP通信クラスのニュースとか論文な。

それと、カナダ・韓国が死刑廃止後に殺人が急増した件についても死刑存置派に納得いくように解説してくれ。

上記2つは、全く来ないんで早くしてくれ。

それとyurikoの代わりにお前でもいいから、韓国で死刑廃止後に殺人が減ったというソース頼む。
yurikoは、この件については、逃げたみたいだしな。

374 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 14:04:51 ID:YOgTE0Mz0
>>366
>死刑廃止国は正当防衛の垣根が低いし、一般人も自衛の為に武器を持つ事が認められてる国がほとんど
→それはどういうことでしょうか。
日本でも、刑法に明確に「罪を犯す意思がない行為は罰しない」(第38条1)と
「情状酌量」(同3 並び67、8条)に定められ、「正当防衛」(同36条)、
「緊急避難」(同37条)と明確に定められています。
アメリカでも、無条件で武器の携帯が許されているわけではないので、「正当防衛の垣根が低い」と
必ずしもいえません。
ですから、死刑制度のあるなしと正当防衛の可否は全く関係がないのです。
死刑制度がある、警察官が常に武器の使用が勧められてるわけでもないのです。
最近のアメリカの保安状況として、火器の高精度化が挙げられます。
その結果、一般市民でも、正当防衛のために、空き巣を撃ち殺したとか、テキサスでは
隣に入った空き巣犯を隣人が撃ち殺して罪に問われたりしました(結局、不起訴)
秋葉原通り魔事件でも、犯人のもっていたナイフを高精度の諸刃でした。危険性を考慮すれば、
現場射殺もあってよかったのです。
死刑制度の有無より、これから高精度化する武器を考慮すれば、警察官による現場射殺の機会が増えると思います。


375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 14:20:17 ID:P4Of29Cx0
>>374
いいから、お前は韓国で殺人が減ったと言うソース出せ。

>私は「基本的人権真理教信者」といっていいでしょう(爆笑)
それと、正当防衛で殺された奴の基本的人権(生存権)の扱いはどうなってんの?

376 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 15:03:00 ID:mrcccO+fO
「正当防衛」「緊急避難」と法律にあっても現実に適用されるのは滅多に無い。

377 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 15:20:33 ID:mrcccO+fO
絶対に死刑を存続させるべきだとは思っていない。
しかし、死刑廃止にするなら犯罪抑止の為の法整備もするべきだ。
中国の犯罪集団などは日本の警察は発砲しないし取り調べでも殴らないから日本は犯罪がやりやすいと供述してる始末。
市橋だってアメリカだったら最初に警官の制止を振り切って逃げた時点で発砲、逮捕、或いは射殺されてたろう。

378 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/22(日) 16:25:15 ID:3iui404Y0
>371

この連休にちょこっとね。無罪放免はcommutationに含むの?それともremoveになるの?

>372 何%だとか幼稚なソース厨みたいなレスは馬鹿丸出しだぞ。

「ソースはないので聞かないで」と解釈

> 殴り掛かってきたのでやむなく相手を殴りかえしたら傷害罪になる。

正当防衛じゃん。実際それで傷害罪になった事例ってどれ?

>373 自分で論文読みもしないで俺に要求ばかり出してんのか?あ?

要求に答えるか答えないかはお前の自由だが。要求されると困ることでもあんのか?あ?

> モカン教授の論文を否定するソースの提示がまだ

まだ肯定する論評も見たことがないんだが。そっちのソースはないの?他の専門家による評論

> カナダ・韓国が死刑廃止後に殺人が急増した件についても死刑存置派に納得いくように解説してくれ。

それはどっかにサイトがあったような気が。調べてくるよ

> yurikoは、この件については、逃げたみたいだしな。

ねえさ〜ん。逃げたって妄想してるみたいだよ。答えてあげて

379 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 16:37:45 ID:0wQkW9IWO
>>375

いいこと思いついた!お前俺のケツの中でションベンしろ!

>>378

ああ…次はションベンだ

380 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 16:49:39 ID:55W7WDp30
>>376-377
>お前は韓国で殺人が減ったと言うソース出せ。
→自分でググルか、韓国大使館に行くか、国立国会図書館か東大法学部の図書館に行けばすむこと。
こちらこそ、よろしく♪
>犯罪抑止の為の法整備
→そもそも、アメリカと比べたら、日本の凶悪犯罪発生率は三十分の一なのです!
それなのに、ある報道機関の調査によれば、国民の体感犯罪指数は戦後最悪だというのです。
あの死に神法相鳩山(弟)氏は「論点2009」に駄論を寄せ、
「国民の多くは年々治安が悪化していると感じているのではないか」などと無責任なことを書いているのです。
ああやって、国民の間に危機意識を煽っておけば、政治家として仕事が減らないとでも思ってるのかもしれません(爆笑)
ネットで調べたら、あの風光明媚で平和そうなブルガリアでさえ、日本の殺人発生率の5倍というのです。
アメリカでは、日本の交通事故死者数の二倍近くの人々が銃の暴力によって命を
落としているのです。
はっきりいって、アメリカで暮らしてると、私も恐いし、頭のどこかで、自分も含めた家族の誰かが殺人事件の犠牲者になることを
覚悟してますよ(涙)
それでも、世界に目を向ければ、アメリカより遥かに治安が悪いところなんて沢山あるし、
戦争や麻薬犯罪(一般犯罪以外で)で毎年、必ず何千人と命を失っている国もあるのです。
死刑の最大の目的が「みせしめ=一般予防」であることは、殆どの裁判官が死刑判決で読み上げることから
常識でしょう。
なんで、世界的にみても、平和、人権、ノーベル賞受賞者を輩出する日本に「おどろおどろしい」死刑が
必要なのでしょうか。
たしかに、時々報道される、残酷な殺人事件の実態を国民は知っておくべきでしょうが、
それはせいぜい一週間に一度、まとめて報道してくれるだけで十分ではないでしょうか。
死刑判決を受けるような酷い犯罪を犯した人達が、「ひょろひょろと」町中を歩いてもらっても困りますが、
つかめるのは当然としても、しっかりと隔離しておいてくれれば十分ではないでしょうか。
殺さなければならない、ということはないでしょ。
さらに、どんな悪人とはいえ、生身の人間を殺さなければならない、刑務官達の気持ちも
思い遣ってもいいのではないでしょうか。

381 :日本には死刑精度はもう必要ないですね:2009/11/22(日) 16:55:19 ID:55W7WDp30
>>380
>つかめる

つかめえる

382 :秋葉原歩行者天国を再開しよう!:2009/11/22(日) 17:21:46 ID:sJe+kUXX0

犯罪大国・韓国という感じですが、せいぜい凶悪事件数が日本の5倍程度で、
世界的には「安全な国」とされてるのです。
ただ、強姦数が多いのは、韓国に於ける治安の心配材料ではありますが、
ある程度、注意して覚悟しておけば大丈夫でしょ。
日本のいかなる場所に住んでいても自然災害に遭う可能性があるし、
海水浴に行けば、溺死をする可能性はあるということです。
一昨年に起きた、秋葉原通り魔殺傷事件など、またどこかで起こる可能性はゼロといえない、
というだけでリラックスし過ぎてもだめですが、「日本も物騒になった」とかいう性質のものでもないのです。
まして、鳩山法相(当時)の言うような、「こういうときのために死刑がある!」みたいな、
「死刑ありき!」ではないのです。
犯人が公平な裁判を受けられるようにするのは当然としても、
死刑が治安に貢献しているような錯覚ももつべきでないのです。
同じような事件が絶対に起きないように願いながら、安全対策をするべきですが、
恰も、凶悪事件が日常茶飯であるかのように思い込むことも間違いなのです。


383 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 17:31:44 ID:9A4nJvvW0
廃止派の死刑が悔しくて喚き散らしてる姿がおかしくてたまらんなwwww
もっとやってくれwwww

384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 18:27:10 ID:6ao3uTuF0
刑法は一条で足る
頭脳戦のみに限定される
腕力にうったえ肉弾戦をしたものは
人手が足りない業界の即戦力として無給で働かせたらどうか

385 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 18:36:26 ID:ufy8fzG10
>>382

ちゃんと大学ぐらい卒業しとけよ。
知性のかけらも感じない書き込みは遠慮してくれ。

386 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 20:31:58 ID:mrcccO+fO
大学は卒業してるかもしれないぜ。
朝鮮大学かもしれないけど。

387 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/22(日) 20:50:37 ID:3iui404Y0
>380 ある報道機関の調査によれば、国民の体感犯罪指数は戦後最悪だというのです。

平和な証拠

> あの風光明媚で平和そうなブルガリアでさえ、日本の殺人発生率の5倍というのです。

民度が低いんだろうね

388 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 21:49:13 ID:DDI6f1zP0
>>382
人口比出してみろ。
GDB比出してみろ。

389 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 22:42:58 ID:CGixrGbg0
>>387
お前、長文→の言う戯言だけは「検証」せずに鵜呑みにするんだな・・・。
流石の屑っぷりだなw

390 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 22:53:39 ID:ufy8fzG10
観念もyurikoも、結局、中卒か高卒レベルってとこだろ。

391 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 23:38:25 ID:9gSbRiFA0
観念クンや長矢クンに期待しちゃダメだよ。
何度同じことを言われても全く理解できない連中だからね。
それも、主義主張についてならともかく、明らかな矛盾点とか、
理論の不整合、飛躍、曲解などの指摘が理解できないんだから。

面白半分に相手しとかなきゃ、腹立たしくなるだけだよ。


392 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 01:34:30 ID:OcE18vgjO
>>391
ウホッいい男…やらないか

393 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 01:39:01 ID:m0yKL9YJ0
今も昔もこれから先のずっと遠い未来もこの世は所詮弱肉強食なんだよ。
生まれたらずっと他人との競争と戦い。表面上の野蛮な戦が減ったとしてもペンで人が殺せるし
他人を自殺に追い込む世の中だ。前時代も近代も本質的には何も変わっちゃいない。
凶悪犯はその戦いに敗れただけだ。



394 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 12:49:01 ID:iUELgl3q0
>>378
>この連休にちょこっとね。無罪放免はcommutationに含むの?それともremoveになるの?
あのな、Removalの理由が(execution, commutation, etc.)な。
それでcommutationは減刑・恩赦。無罪放免は敢えて言うならetcになっちまうが、
「無罪放免」について冤罪を考えてんのなら、その記述は無いな。

>要求に答えるか答えないかはお前の自由だが。要求されると困ることでもあんのか?あ?
あぁ、不公平で困るね。お前は要求ONLYだから。

>まだ肯定する論評も見たことがないんだが。
なんだい肯定する論評って?AP通信のニュース記事ならすでに出てるだろ。
論文に従ってその通りという論評・論文なんぞ、後追いで新規性・独自性無いから学術的に意味無し。
否定論文・見解が出なきゃ、その研究結果がまかり通るのは他の研究分野でも同じ。

当然、他の研究者たちが他方式でも抑止力が確認されたとする方は学術的に有意義。
(1年以降、死刑の犯罪抑止効果について数十件の研究が行われているが、
いずれも死刑には犯罪抑止効果があると結論している。ニュース記事より)

同じく、上記を否定する論文・論評は学術的に新規性・独自性を含むから重要。
これは、お前の方で提示してくれるんだろ?
それともメタ解析(解析手法の解析)で抑止力が確認されちゃったとする論文情報でも欲しいか?

>> カナダ・韓国が死刑廃止後に殺人が急増した件について
>それはどっかにサイトがあったような気が。調べてくるよ
あぁ、調べて提示してくれ。皆、待ってるんで。

> ねえさ〜ん。逃げたって妄想してるみたいだよ。答えてあげて
結果は、ググレだとよ。

>>380
>>お前は韓国で殺人が減ったと言うソース出せ。
>→自分でググルか、韓国大使館に行くか、国立国会図書館か東大法学部の図書館に行けばすむこと。
韓国の犯罪白書・法務部のデータをに基づいて調べたら、
お前が言っていた「韓国で殺人が減少傾向にある」と言う事実は無い。

395 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 12:53:29 ID:DBFs+1AF0
観念がyurikoおじさんを「姐さん」と呼ぶのを見ると背筋が寒くなるw

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 14:11:36 ID:UNLs4kyd0
青く濃いヒゲを生やした自称40代のメガネ女性w

397 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 14:12:39 ID:UNLs4kyd0
>>396
訂正
女性→男性(yuriko)

398 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/23(月) 14:53:50 ID:MkFiJ1tm0
>394 あのな、Removalの理由が(execution, commutation, etc.)な。

じゃ表1A他で分子にexecとcommとremoveが並んでるのはどして?removeに前二者も含んでるの?

> あぁ、不公平で困るね。お前は要求ONLYだから。

でもモカン論文の正しさを証明するためなんだからお前も協力しろよ。嫌なら無理にとは言わんが

> なんだい肯定する論評って?AP通信のニュース記事ならすでに出てるだろ

ニュース記事は「こんな論文が存在します」という記事。内容は肯定も否定もしてない
お前は未だに「論文がある=抑止力がある」と勘違いしてるのか?

> 論文に従ってその通りという論評・論文なんぞ、後追いで新規性・独自性無いから学術的に意味無し。

じゃ誰もあれを検証してないってこと?眉唾度が一気に高まるな

> 否定論文・見解が出なきゃ、その研究結果がまかり通るのは他の研究分野でも同じ。

その前に全然「まかり通ってない」。抑止力信仰者が盲目的にしがみついてるだけ

> 当然、他の研究者たちが他方式でも抑止力が確認されたとする方は学術的に有意義。

どれも抑止は「死刑執行」ではなく「死刑執行報道」にあるじゃん
「死刑執行そのもの」に抑止があるとする研究結果ではない。ちゃんと「報道の効力」を考慮してる研究はないの?

>同じく、上記を否定する論文・論評は学術的に新規性・独自性を含むから重要。

俺の上の指摘は「上記を否定する論評」だと思うんだが。反論どうぞ
「死刑報道」ではなく「死刑」に抑止効果があると結論した研究結果がないなら、「死刑(執行)に抑止力はない」で終了
モカンの論文が正しければ「減刑を報道しない(遺族や関係者のみに伝える)」だけでも効果がありそうだし

399 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/23(月) 14:56:31 ID:MkFiJ1tm0
その1の補足「”死刑を執行したり死刑執行を早めれば殺人が減る”という研究結果がある。これは死刑に抑止力があることの証明である」
事件の記憶が生々しいうちに厳罰を処すれば、人々に「社会正義は機能している」という安堵感と政府への信頼感を与え、それが間接的に凶悪犯罪の抑止に繋がる事は考えられる
しかしこの場合、抑止力があるのは「死刑執行」ではなく「死刑執行報道」である(何人執行しても、それが全く周知されなければ効果がない)
つまり外部との接触を一切断絶して死刑執行を適当な時期に「報道するだけ」でも同じ抑止効果が期待できるので、死刑「執行」は必須ではない(当然一般国民は真実を知らされないことが前提。この制度の実現は不可能ではない)
なお、都合のいいデータを拾い集めて辻褄を合わせれば幾らでも「偽科学論文」を仕上げることは可能なので、「研究結果がある」というだけでは「抑止力の証明」にはならない

その1の補足「名古屋アベック殺人事件では19歳のAが17歳のBに”死刑にならないからやれ”と言って殺人した。これは死刑に抑止力があることの証明である」
これも希望的憶測が生んだガセネタである。Aは実行犯で逮捕直後に「未成年だからすぐ帰れる」と思っていた節があり、公判中に「(自分は)少年だから死刑にならない」と述べている(つまりAは少年法をよく知らなかったのである。実際、一審では死刑判決を受けた)
仮にAがBに「お前は死刑にならないからお前が殺せ」と教唆し殺害させたとしても(共同正犯でAが死刑になる可能性が有るがそれはさておき)故意犯には違いなく、実行犯が変わるだけで殺害が起こっている以上「抑止力がある」とは言えない

400 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 16:06:49 ID:vjZZ6f3f0
>>399
結局、お前の作文に対してコメントして欲しかったんで色々絡んでるのか?
お前の主観でしか無い前提で書いた妄想作文について何かを語るなんて全く意味が無い事だと思うが・・・。

犯罪抑止力についてのコメントを聞く場合、普通なら誰でもモカン氏の論文を紹介した報道記事の方を選択するよ

401 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/23(月) 16:16:28 ID:MkFiJ1tm0
そりゃ選択するだろう。「抑止力があると主張する論文が存在する=抑止力がある」と思考停止する人なら
しかしそれは「普通」ではない
「神がいると聖書に書いてある=神がいる」と同じ、一種の信仰だよ

402 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 17:16:20 ID:iUELgl3q0
>>398
>じゃ表1A他で分子にexecとcommとremoveが並んでるのはどして?removeに前二者も含んでるの?
REMOVEは、Other removalsだろ、後半で省略されてるからってちゃんと書けよ。
そんで無罪放免はcommutationのようだ。記述を発見。

>でもモカン論文の正しさを証明するためなんだからお前も協力しろよ。
お前は単純に、論文否定するために俺を利用してるだけだろ。まぁ頑張れよ。
後、誰かがモカン教授に直接メール出す方法もあると書いてるな。

>お前は未だに「論文がある=抑止力がある」と勘違いしてるのか?
否定論文をお前が提示しない限りね。

>じゃ誰もあれを検証してないってこと?眉唾度が一気に高まるな

廃止派なら検証してるだろ。それに応じて否定論文がでる。
『肯定論文が出る』と言うお前が間違っている。理由は書いた通り。

>その前に全然「まかり通ってない」。
否定論文が出なきゃまかり通るよ。どの研究分野でもそうだ。
ちなみに肯定論文が出るケースを考慮するなら、否定論文が出た後。
形式的には、その否定に意義有という論文だ。そうすることで新規性を生む。
結局は、否定の否定の形式で論じるから、否定論文出せと言っている。

>「死刑執行報道」にあるじゃん
そう思ってるなら、ソースを出せば良い。

>俺の上の指摘は「上記を否定する論評」だと思うんだが。反論どうぞ
お前の主観だろ。客観的なデータを出せよ。
そもそも、死刑しないで死刑を行ったなんて宣言する国が存在しないんだから。

>「死刑報道」ではなく「死刑」に抑止効果があると結論した研究結果がないなら、「死刑(執行)に抑止力はない」で終了

終了は論理的に間違い。「死刑」に抑止効果がないと結論した研究結果が探してくれ。
1年以降、死刑の犯罪抑止効果について数十件の研究が行われているが、
いずれも死刑には犯罪抑止効果があると結論している論文がもう出ちゃってるんだから。
モカン教授の論文はその一件にしか過ぎないんだよ。

そして、両方が存在して議論が継続するようであれば「証明されていない」が暫定的結論。

403 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 17:19:25 ID:iUELgl3q0
>>399
>その1補足・・・
じゃ、死刑廃止は口に出しちゃいけないな。あくまで死刑存置としなきゃ。

>「研究結果がある」というだけでは「抑止力の証明」にはならない。
「研究結果がある」というだけでは「抑止力が無いという証明」にもならんな。
「偽科学論文」という表現が片方だけに適用されるならバイアス脳。

そして、韓国やカナダのケースを科学的に論じてくれと言っている。

>名古屋アベック殺人事件
まんま「(自分は)少年だから死刑にならない」から殺人したんだろ。

>共同正犯でAが死刑になる可能性が有るがそれはさておき
なんで「さておき」なんだ?

>>401
お前は、死刑に抑止力は無いと信仰してるんだろ。
カナダ・韓国のケースを、解説せよというのは、
その信仰が思考停止の可能性があるからだ。

404 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 17:22:02 ID:vjZZ6f3f0
>>401
わざわざ犯罪抑止力についてのコメントを聞く場合、って書いてるのに・・・w

「僕チンが信じないから死刑に抑止力なんて無いんだもーーんと言うお前の作文」と
「抑止力があると主張する論文を紹介する報道」を比較しての事だよ。
そんなの思考停止だよーんっていうお前の妄想とは関係なく、「普通」は一応根拠のある報道の方を選択するよ。


405 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/23(月) 18:13:01 ID:MkFiJ1tm0
>402 そんで無罪放免はcommutationのようだ。記述を発見。

マジ?それ何ページ?
ところで無罪放免以外の減刑理由って何?恩赦?

> お前は単純に、論文否定するために俺を利用してるだけだろ

論文肯定させるためにお前を利用してるんだよ。だってお前以外に肯定できそうな人いないんだもん

> >お前は未だに「論文がある=抑止力がある」と勘違いしてるのか?
> 否定論文をお前が提示しない限りね。

抑止力が「死刑に」あると勘違いしてるの?それとも「死刑報道に」あると認識してるの?どっち?

> 否定論文が出なきゃまかり通るよ。

と思ってる人たちの間ではね

> 結局は、否定の否定の形式で論じるから、否定論文出せと言っている。

「モカン論文が示しているのは死刑報道抑止力であって、死刑抑止力ではない」
以上、否定論文提示終了。さ、否定して

> >「死刑執行報道」にあるじゃん
> そう思ってるなら、ソースを出せば良い。

モカン論文そのものが上記否定論文のソース。さ、否定して

> お前の主観だろ。客観的なデータを出せよ。

客観的なデータはモカン論文。モカン論文の前提を理解して肯定しているお前なら、分かるよな?

> そもそも、死刑しないで死刑を行ったなんて宣言する国が存在しないんだから。

存在しないとは誰にも証明できない
実際宅間は今頃名前と顔を変えて、見知らぬ土地で暮らしてるかも知れない
死刑になったと日本国民が思い込まされてるだけで

> いずれも死刑には犯罪抑止効果があると結論している論文がもう出ちゃってるんだから。

「犯罪抑止効果」はあるよ。万引きを全部死刑にすれば万引き減るし
論点は「殺人抑止効果」だよ

> モカン教授の論文はその一件にしか過ぎないんだよ。

モカン論文が示しているのは「死刑報道抑止力」

>403 死刑廃止は口に出しちゃいけないな。あくまで死刑存置としなきゃ。

モカン論文が正しければね。で、病気や自殺で獄死した場合に「死刑にした」と言えばいい

> そして、韓国やカナダのケースを科学的に論じてくれと言っている。

お前が論じてもいいんだよ。「死刑廃止以外の要因はない」ということを
勿論「数ある廃止国の中で何故韓国とカナダだけが増えたのか」の説明も要るけど

> まんま「(自分は)少年だから死刑にならない」から殺人したんだろ。

いや「顔見られてるし警察に垂れ込まれるとヤバい」から殺人したんだよ
つまりこの時点で警察に見付かる可能性すら、彼の頭の中では無くなってるんだよ。分かる?

406 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 19:08:52 ID:MfimHPd30
日本のエセ人権派が唱えてる、死刑廃止や終身刑反対の考えの源流は、大量の政治犯を最も安価なも労働力に変える手法論だよね。
更生教育も共産思想教育だよね。

同じ死刑廃止でも、宗教や民主主義思想(反共産、政治犯解放)とは真逆から生まれた物だよね。

407 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 19:19:51 ID:m0yKL9YJ0
>>405
放っておけばいいだろ、実際遺族が死刑にしてくれって言うのが殆どのケースなんだから。
好きにさせてやれよ。したくなきゃしないで良い。
お前に何の関係があるの?

408 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 19:58:21 ID:D5JDiQdr0
財政赤字と国力は安価な囚人労働力で回復させようw

409 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 20:08:30 ID:iUELgl3q0
>>405
>マジ?それ何ページ? >ところで無罪放免以外の減刑理由って何?恩赦?

これは、判決系と早とちりしたかもしれん。ようだと書いたのは確定できなかったからだ。
5ページ下から5行目以降、commutationを含む他の理由例が提示されている。
その中のsentence or conviction being overturnedは、逆転判決(有罪判決の逆転等の意味)
ただし、上記理由例がREMOVEに属するかは、きちんと見つけれていない。

純粋にcommutation of the sentenceがCOMMでそれ以外はREMOVEかもしれんな。
一応commutation, and all removals other than executions and deathsと
減刑と獄死を含む他の要因に分けてはいるがな。

一応commutationとclemencyに関する記述もあるので、恩赦はCOMMに入るな。

410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 20:11:28 ID:iUELgl3q0
>>405
>論文肯定させるためにお前を利用してるんだよ。
モカン教授に直接聞くのがベストだろう。

>抑止力が「死刑に」あると勘違いしてるの?それとも「死刑報道に」あると認識してるの?どっち?
そもそも、死刑してないのに死刑したという国家の存在を信じていない。

> 否定論文が出なきゃまかり通るよ。 と思ってる人たちの間ではね
お前が何を言っても、直接的な肯定論文なんて学術的意味無いから出ねーの。
否定されない間は、まかり通ってるよ。どんな研究分野もな。

>「モカン論文が示しているのは死刑報道抑止力であって、死刑抑止力ではない」
>以上、否定論文提示終了。さ、否定して

死刑報道抑止力に関するデータを示す必要があります。
また、現実には存在しない事例を基にした議論は、その有効性が確認できません。
と否定論評・論文とすら認められないだろうな。Rejectされる。
仮想に仮想を重ねた論述は査読者に対して通用しないんだよ。

>存在しないとは誰にも証明できない
悪魔の証明出せばなんでも解決すると思っちゃいけない。

上記と同じ、本研究における想定条件の有効性を示すためには、実際のデータを示す必要があります。
と、お前さんの研究はRejectされる。論文関連はそんな感じ。

敢えて言うなら、文学系の研究は主観OKかもな。

>論点は「殺人抑止効果」だよ
あぁ、その「殺人抑止効果」に関する論文だよ。

>モカン論文が示しているのは「死刑報道抑止力」
そうならば、報道力の強弱によるデータが存在するはずなので提示してくれ。

>お前が論じてもいいんだよ。
俺は、死刑には抑止力が存在する可能性があります。データはこの通りですと、
示したんで廃止派が科学的に否定してくれ。

>いや「顔見られてるし警察に垂れ込まれるとヤバい」から殺人したんだよ
「顔見られてるし警察に垂れ込まれるとヤバい」と「(自分は)少年だから死刑にならない」
から殺したんだろ。本人が供述してるんだから。

411 :NPCさん:2009/11/23(月) 20:40:10 ID:Lp242pFQ0
4573898564038428968943423798578+20=4573898564038428968943423798598
2+1=3
少林寺小学校 http://www.sakai.ed.jp/shorinji-e/?20091123&rt545749883268738624
多比保育園 http://www.ans.co.jp/u/numazu/tabi/?20091123&rt5446583940649573
少彦名神 http://www.din.or.jp/~a-kotaro/gods/kamigami/sukuna.html?20091123&rt5457829729721
法多山の数珠 - sarasa123の日記 http://d.hatena.ne.jp/sarasa123/20090727?20091123&rt5534782794293
診断くん(taruo.net) http://taruo.net/e/?20091123&rt66753724984598298
国本中央小学校 http://www.ueis.ed.jp/school/kunimoto-c/?20091123&rt546495838469734
人見保育所 http://210.175.74.81/welfare/childcare/hoiku/hitomi/?20091123&rt464589340845
明浄保育園 http://meijyou.net/?20091123&rt545839409465839
真覚寺保育園 http://www.shinkakuji.com/?20091123&rt44593404868942
正色小学校 http://www.syoshiki-e.nagoya-c.ed.jp/index.htm?20091123&rt334965804945423
平等寺保育園(北緯33度49分12.732秒,東経130度34分6.01秒) http://www.ans.co.jp/n/byoudouji/?20091123&rt344895308480534
オリジナル地球 http://www.universe-s.com/img/news/2004/0520_01.jpg
龍郷町立 円小学校 http://ensyou.synapse-blog.jp/?20091123&rt449853480468934
高知市立 追手前小学校 / のびゆく記録 http://www.kochinet.ed.jp/otemae-e/kiroku/?20091123&rt4458495389530
薬利小学校 http://www.nakagawa.ed.jp/eskuzuri/?20091123&rt449534803508
生浜小学校 http://www.cabinet-cbc.ed.jp/school/es/024/?20091123&rt546489534803
有住小学校 http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/elarizum/?20091123&rt54457934983
幸福の森幼稚園 http://www.shiawasenomori.com/?20091123&rt335347939298
2ちゃんねる http://www.2ch.net/?20091123&rt4597834972497

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 20:47:42 ID:OcE18vgjO
>>410
いいこと思いついた!お前俺のケツの中でションベンしろ!

413 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/23(月) 22:31:53 ID:MkFiJ1tm0
>409 その中のsentence or conviction being overturnedは、逆転判決(有罪判決の逆転等の意味)

なんだ、最終結審が分母のsentenceじゃないの?
一審で死刑で二審で無期(で終結)なら、commとしてカウントされてるの?

>410 モカン教授に直接聞くのがベストだろう。

お前の方が暇そうじゃん

> そもそも、死刑してないのに死刑したという国家の存在を信じていない。

じゃ「報道がある」って前提なわけだ。抑止効果は死刑報道にあるってことで了

> 否定されない間は、まかり通ってるよ。どんな研究分野もな。

単にスルーされてるだけかも知れないじゃん(読まれてないから否定もされない)

> 死刑報道抑止力に関するデータを示す必要があります。

モカン論文がそれ。報道されることが大前提の研究だから

> あぁ、その「殺人抑止効果」に関する論文だよ。

全部報道されてることが前提でしょ?そうでない論文あったら紹介して

> そうならば、報道力の強弱によるデータが存在するはずなので提示してくれ。

報道力って何。どれほどマスメディアが発達してるかとか?
発達してない方が報道力が集権化されることがあるよね

> 俺は、死刑には抑止力が存在する可能性があります

可能性を言ったら何でも言える

> 「(自分は)少年だから死刑にならない」 から殺したんだろ。本人が供述してるんだから。

典型的な「強がり」だよ。公判中の状況から>74のその1の補足5にそのまんま当て嵌まる

414 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/23(月) 23:20:08 ID:6Wunzuaw0
死刑存置も終身刑導入は反対だな。
有期刑(最長三十年)で強制労働が良い。
まじめに働けば刑期短縮も唱えて、思想教育で労働の悦びを芽生えさせ力一杯働いて貰おうよ。

一定の思想国家がやったように、満期前に使い潰せば良い。
生き残りそうなら、囚人同士の自己批判と総括でなぶり殺しも有りで。

415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 03:04:03 ID:ONwCZbLM0

WHOが定めるICD(疾病および関連保険問題の国際統計分類)に基づいた統計の、 韓国での他殺による死亡者数、
カッコ内は他殺による死亡率(人口10万対)

1985年 395(1.0)
1986年 412(1.0)
1987年 447(1.1)
1988年 431(1.1)
1989年 595(1.4)
1990年 658(1.5
1991年 620(1.5)
1992年 560(1.3)
1993年 721(1.7)
1994年 720(1.6)
1995年 824(1.8)
1996年 882(1.9)
1997年 985(2.2) ←最後の執行
1998年 988(2.1)
1999年 790(1.7)
2000年 819(1.7)
2001年 760(1.6)
2002年 806(1.7)
2005年 866(1.8)

日本総人口 127.767.994人

韓国総人口  48.379.392人

416 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 03:18:25 ID:ONwCZbLM0
>>415の資料で明らかなのは、存置派が騒ぐような、
「死刑廃止後の急激な殺人事件の増加」はないよいうことですね。
さらに、ここで注意したいのは、「marder rate」=「殺人事件」≠「他殺による死亡者数」
ということです。
日本では、年、約1300件の殺人事件が起きていますが、その内、死者は
600人足らずです。やはり、人口半分以下なのに、800人の他殺があるというのは、
いかに殺人事件が多いかということです。
それでも、欧米や途上国などとくらべると、韓国の治安はまだいい方なのです。
ただ気をつけるべきは、韓国に於ける強姦事件の多さです。
これだけは、世界1、2二位を争うようです。

417 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 04:28:35 ID:0Cm8Smxq0

お里が知れるようなタイポだな(苦笑)


418 :代替刑として終身刑は止むをえないでしょう:2009/11/24(火) 07:49:14 ID:YVL4+dVU0
>>415
これを人口増減と他殺増減を一つのグラフに書けば、もっとわかりやすいのではないでしょうか。
確かに、数の上で殺人数は倍増していますが、それだけ人口も増えているということです。
そういう中で、金大中氏は死刑を廃止したのですから、その背景には
自身への死刑判決が影響していたに違いありません。
やはり、日本で死刑が廃止されるとしたら、そこのに、
1政治家の強いリーダーシップ、2「死刑はもう沢山」というような国民的合意が必要ではないでしょうか。
イギリスで死刑が廃止されたのは、やはり誤判によって、無実の人が死刑になるということが、
真犯人発覚後に判明したことでした。
確かに、如何なる冤罪もあってはならないことですが、死刑の場合、「取り返しが付かない」という点で
より深刻です。
無論、日本の死刑囚の6割が繰り返し再審請求をすることで刑から逃れ、実質的に
終身刑に服しているという実態もあります。
宅間は看守から、その潔さを誉められたと恋人に自慢げに書いていますが、
被害者遺族はどんな気持ちで受け止めたのでしょうか。「のうのうと生きていても困る」し
「かっこうよく死なせる(宅間は最後の痛打と呼んだ)」のも受入れ難いことでしょう。
やはり、宅間が弁護士に語った、ビートたけしが言ったという「塩漬け=無期禁固、又は終身刑」くらいが、
彼等(現在の死刑囚)に最も相応しいのではないでしょうか。
彼等にしても、限られたスペースにしろ、全く更生の機会がないわけでもありませんし、
万一誤判でも、再審請求の機会が奪われるわけでもありません。

419 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 09:36:43 ID:MJyfGQD0O
ところで俺のキンタマを見てくれ。コイツをどう思う?

420 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 10:15:07 ID:wfhDEPbq0
http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_masunaga.html
益永 スミコさん
  死刑囚養母
トシ カザマさんの死刑囚写真展
http://homepage2.nifty.com/shihai/report/kazama/photo8.html
http://homepage2.nifty.com/shihai/report/kazama/photo3.html
ジャニーオブホープ 犯罪被害者の立場から死刑に反対する人達
http://mvfhr.blogspot.com/


421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 10:15:20 ID:0Cm8Smxq0
>>419
yurikoさんの金玉の方が立派にブラ〜ンブラ〜ンと揺れているぞw

422 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 10:21:58 ID:wfhDEPbq0
訂正>>416
>「marder rate」=「殺人事件」

「murder rate」=「殺人事件」

423 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 11:58:11 ID:kQpREqNq0
>>422
ダウト3回目

WHOを過信しちゃいけないよ。
違うデータ(韓国警察白書に基づいた国連登録データ)で示そうか

(intentional homicide, completed 未遂含まず)
1995   589 (1.31)
1996 636 (1.4)
1997 716 (1.56)←最後の執行

(intentional homicide, completed 未遂含まず)
1998 975 (2.1)
1999 993 (2.12)
2000 955 (2.02)

韓国警察白書及び国連データ(未遂も含む、殺人率のみ)
2001 (2.2)
2002 (2.1)
2003 (2.19)
2004 (2.18)

さらに
2008年の報告において、
5年間で殺人2.3%増加(警察庁資料)
ちなみにこの期間 人口増加 1%

424 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 11:59:18 ID:kQpREqNq0
>>413

>お前の方が暇そうじゃん
そうかい、じゃ以降モカン教授に直接聞いてくれ。

>単にスルーされてるだけかも知れないじゃん(読まれてないから否定もされない)
可能性を言ったら何でも言えるな。
NBER情報+AP通信を見てる奴には広まってるよ。

>全部報道されてることが前提でしょ?そうでない論文あったら紹介して
そうだな。その前提である死刑報道を研究した論文は皆無だな。

>じゃ「報道がある」って前提なわけだ。抑止効果は死刑報道にあるってことで了
>モカン論文がそれ。報道されることが大前提の研究だから

了じゃねーよ。抑止効果に関して、死刑報道がパラメータになるんだから、
その強弱に抑止力は比例しなければならない。
死刑報道抑止力についての論文だという主張なんだから、そいつを示す必要がある。
また、報道のみという証明は死刑をしてなくても死刑報道をしたという国のデータが必要になるな。
死刑報道の比較検討には必須だろ。

>可能性を言ったら何でも言える
抑止力を示すデータと言い換えても別にかまわんよ。科学的に否定してくれ。

>典型的な「強がり」だよ。公判中の状況から>74のその1の補足5にそのまんま当て嵌まる
典型的な「強がり」とするのは、お前の推測であって、それで加害者供述を否定するなよ。
「強がりだから違います」と供述否定してないだろ。
後、この発言は弁護士に語ってるのになんで検察に対する強がりなんだ?

その13の補足で、岡村勲氏は日弁連推進の死刑廃止運動に参加している。
まず、その13は否定されるな。

それと、死刑報道力をお前さんが積極的に論ずるのはかまわんのだが、
そうするとその1の大半を自己否定する形になるぞ。

425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 12:06:55 ID:0Cm8Smxq0
>>422
お里が知れちゃったんだから、一々訂正でスレを汚さなくていいよw
リンク先にもjentleとかみっともないタイポがあって、語学力の低さを
痛感するよ。

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 12:18:05 ID:Z9jhn1cQ0
>>71
>死刑にはそれを回避するための逃亡や完全犯罪の策略、目撃者の口封じや拡大自殺を誘発する効果があり、

拡大自殺って何?

>堕胎を目的とした常習犯は実在するが、

何それ?捕まったら中絶になるの?

>>72
>何より正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)

何故人命が絶対的客観なんだ?

>既に業務上過失致死等で法制化されている通り、誰もが等しくその条件下にあれば何ら理不尽ではない。

その条件下の条件って何?

>真の廃止論は合目的的合理主義であって

何その合目的的合理主義って?

>犯罪に対して警察権力や罰則が抑止力として働く事は常識であり、
>無くす理由がない

無くさない理由はあるの?

>>76
>そもそも罪を犯した以上どう転んでも「加害者の命は被害者の命よりも価値がない」

何故?

>既述の通り「廃止したことが原因で起こる犯罪」は起こり得ないので負担額は永久に0円である。

つまり、金の無駄ってこと?



427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 12:18:14 ID:MJyfGQD0O
>>421
なにィ〜今度はウンコォ? お前俺をバキュームカーと間違えてんじゃねーのか?

428 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 12:23:51 ID:MJyfGQD0O
>>426
お前俺のケツの中でションベンしろ!

429 :人権主義ー普遍の理想に向かって:2009/11/24(火) 14:28:02 ID:TtGMnNJ10
>>423
ダウトもなにも、殺人数たった1%しか増えてないということは、
とてもじゃないけど、「急増」などとはいえませんね。
まして、死刑の存廃とは全く関係ないですね。
仮に、韓国で死刑を復活させたとします。それも、大々的に宣伝して。
そしたら、目にみえて、殺人数が減ると思いますか?
それこそ、ダウトでしょ(爆笑)
だからこそ、死刑廃止国で死刑制度が復活した例がないのです(一ヵ国くらいはあるかもしれない)
常識的に、ある国で死刑廃止が論議されてて、その様子をじっと潜在的凶悪犯が見守っていて、
死刑が廃止された途端、保険金殺人とか誘拐殺人、強姦殺人を始めるとは思えないのです。
仮に、そういう人が居たとしたら、そういう人は、人間として共同社会に住んでないでしょ。
やくざだって、一応のルールがあるらしいし…
本当のキチガイだったら、「13日の金曜日」のモンスター・ジェイソンみたいに、
スーパーマックス医療刑務所に隔離されてるでしょ。
「民度」とかいう単語を使う人もいましたが、よほどの悪環境な上、深刻な人格障害を
抱えていない限り、人というのは簡単に人殺しができるものではないのです。
公開死刑が行われない現代社会(公開死刑自体が残酷な刑かもしれない)では、
死刑に威嚇作用を求めることさえできないのです。
犯罪ー特に凶悪犯罪を抑制するには、まずは、一人ひとりが「他人に迷惑をかけてはならない」という
心を育てるべきなのです。
これは、「恥の文化」ともいえるし、「思い遣り=責任」社会でもあるのです。
日本文化の特徴として、「和の心」を挙げる人がいますが、それが良い方向に生かされれば、
凶悪犯罪を防ぐことにも役立つと思います。  
悪く働けば「長いモノに巻かれろ」という無責任主義にもなりうるでしょ。
コインの裏表のように、実存的価値は変わらないが、それをどう生かしていくべきかという話なのです。
日本人の伝統文化の良い所を残していきながら、時代の変化、特に国際環境の変化に
敏感であるべきなのです。次ぎに改めて、日本国憲法の前文の一部を書き込みます。

430 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 14:34:07 ID:kQpREqNq0
>>429
忙しいんで、数行レス。

1997 716 (1.56)←最後の執行
1998 975 (2.1)

431 :日本国憲法前文(一部):2009/11/24(火) 14:35:34 ID:TtGMnNJ10
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高 な理想を深く自覚するのであって、
平和を愛する諸国民の公正と信義 に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、 平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しよう と努めてゐる国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のう ちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視 してはならないのであって、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、 この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立た うとする各国の責務であると信ずる。 日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

432 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 14:36:37 ID:9E8h/d1d0
>因みに現時点での凶悪事件に掛かるコストは「存置すべし」と主張する者(即ち全有権者の総意)が
>既に負担しているので何も言うことはない。自業自得

盛大に吹いたwww
何も言う事は無い、と言っておきながら直後に 自業自得 などと負け犬の遠吠えw
コストは廃止派まで負担させられてざまあって感じなんだがなぜこちらが自業自得?負担するのは当たり前の事だろ?
そんなものは基本タダって乞食根性の人?w
それ以前に廃止派の方が踏んだり蹴ったりな状態なんだがw


>その8の補足「廃止した為に起こる凶悪事件に関わる裁判費用と終身刑囚の養育費と被害者救済等の
>コスト一切を死刑廃止論者が負担するなら、廃止しても良い」
>既述の通り「廃止したことが原因で起こる犯罪」は起こり得ないので負担額は永久に0円である。

いやいや、廃止したために起こった凶悪事件なんて誰も言って無い、勝手に言い換えないようにw
廃止した後の全凶悪犯を飼う費用と被害者救済費用で良いw
なんで額が低くなると思われるような見積もりでこっちが条件出すんだよ。
お前らが犯罪全般に全額支払って極貧生活に陥る事が笑い所なのにw
お前の思考実験に都合の良い方向になるような部分ををわざわざ拾ってくる辺りホント姑息でみっともないよw


433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 15:51:01 ID:MJyfGQD0O
>>432
や ら な い か

434 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 16:00:33 ID:9E8h/d1d0
ツマンネ

435 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 17:30:57 ID:dPh4lq/m0
工作続けてる反日似非人権派思想絶対主義者はサイコパスの域に達してるなw

436 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 17:45:19 ID:9E8h/d1d0
>だからこそ、死刑廃止国で死刑制度が復活した例がないのです(一ヵ国くらいはあるかもしれない)

フィリピンがあるだろ。覚えとけ。

437 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 18:19:28 ID:6h68wVF10
>424 その前提である死刑報道を研究した論文は皆無だな。

皆無?報道の在り方について研究した論文が一つもないの?重要なパラメータだと思うんだが。つかよく「皆無」って断定できるね

> 報道のみという証明は死刑をしてなくても死刑報道をしたという国のデータが必要になるな。

必要ない。思考実験で容易に推察可能。何百人死刑にしても全く報道されなかったら・・・・もし遺族や加害者の家族など一部の国民にしかこっそり知らされない、という制度だったら・・・
結果が変わり得ることはちょいと想像力を働かせれば分かるだろ。それに「本当に死刑してるかしてないか」は元々、一般市民には確認しようがない。皆報道を信じてるだけなんだよ

> 死刑報道の比較検討には必須だろ。

わざわざ報道の何を比較?

>典型的な「強がり」とするのは、お前の推測であって、それで加害者供述を否定するなよ。

否定できるんだからしょうがない。強がりを否定できる論拠あるの?

> 後、この発言は弁護士に語ってるのになんで検察に対する強がりなんだ?

誰も検察に限定してないよ

> その13の補足で、岡村勲氏は日弁連推進の死刑廃止運動に参加している。

参加してるだけじゃ廃止論者とは限らん

> 死刑報道力をお前さんが積極的に論ずるのはかまわんのだが、 そうするとその1の大半を自己否定する形になるぞ。

大半?例えばどの文?

>426 拡大自殺って何?

宅間や加藤や金川がしたような行為。wikiで引いた方が早いし詳しいよ

> 何それ?捕まったら中絶になるの?

中絶するためにワザと逮捕されるんだよ。刑務所では医療費無料だから。尤も近頃は一般病院でも「産み逃げ」が多いらしいが

> 何故人命が絶対的客観なんだ?

人命は「掛け替えのないもの」だからだよ

> その条件下の条件って何?

「万一私が貴方を殺してもあなた方は私を殺すな」という条件

> 何その合目的的合理主義って?

目的と理に適うような行動を良しとする立場

> 無くさない理由はあるの?

あるよ。「抑止として働いてる」がそれ

> 何故?

人殺してんだもの。忍耐力がないし我儘だし。当然、価値は劣るでしょ

> つまり、金の無駄ってこと?

何が?

438 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:24:34 ID:4/+V75P70
>>437
>宅間や加藤や金川がしたような行為。wikiで引いた方が早いし詳しいよ

結果ありきの誤った考え。

439 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:26:28 ID:4/+V75P70
観念は>>435だねw


440 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:32:40 ID:MJyfGQD0O
お前ら俺のケツの中でションベンしろ!

441 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:39:14 ID:tj+JlJly0
39条廃止には、日本精神医学の遅れを散々喚きながら、都合良く拡大自殺だけ採用する反日工作員。

不自然なスルーや一定人物と長文流し。

いつまで工作活動続ける気だ?

442 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 18:54:45 ID:6h68wVF10
>438

反論は具体的に

>439

妄想は程々に

443 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:55:03 ID:9E8h/d1d0
ワロタw

> 俺は、死刑には抑止力が存在する可能性があります
>>可能性を言ったら何でも言える

>>70->>76
「可能性」  レス抽出数 7

お前が一番憶測だろw
毎回憶測で語ってる計算じゃねーかw




>否定できるんだからしょうがない。強がりを否定できる論拠あるの?

容易に想像できるとかどうでもいいよ。
お前の思考実験など何の価値も無い。本人の供述を覆すようなデータを出せ。
そもそもソース元がwiki程度のもんだし可能性を言ったらこの事件自体本当に起こったことなのか100%
の保証も無い。
>その19「3人も殺しているのに無罪になるのはおかしい」
>「被疑者、被告人、有罪確定者、受刑者」が真犯人とは限らない。犯人が誰かは、目撃者や犯人以外誰にも分からない

お前もこう言ってるぐらいだし100%なんて求めんからソース元と同じ程度信憑性のあるデータぐらい出せよ。
逃げないでよろしくな。逃げたら論破完了と言う事でw



444 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:56:02 ID:MJyfGQD0O
>>441
ああ、次はションベンだ…

445 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 18:59:20 ID:MJyfGQD0O
>>443
>逃げないでよろしくな

ぷっバカじゃねーの

446 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:16:57 ID:9E8h/d1d0
>>>可能性でしかない、ということが分かってないらしい↑


> 俺は、死刑には抑止力が存在する可能性があります
>>>可能性を言ったら何でも言える

まあ出るわ出るわ一瞬自己レスかと思ったがw
何よコレ?ハイ言い訳どーぞw



447 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:22:21 ID:MJyfGQD0O
>>446
いいこと思いついた!!お前俺のケツの中でションベンしろ!!

448 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 19:34:09 ID:6h68wVF10
>443 > 俺は、死刑には抑止力が存在する可能性があります
> >>可能性を言ったら何でも言える

「可能性があります」とだけなら猿にも言える。論拠を書かないと
モカン論文は論拠にならない。あれが示してるのは「死刑報道に抑止力が存在する可能性」だから
はい反論どぞー

449 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:39:22 ID:MJyfGQD0O
>>448
お前も俺のケツの中でションベンしろ!

450 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:43:42 ID:tzVKqyMs0
>>442
>>438
>
>反論は具体的に

>>441
>39条廃止には、日本精神医学の遅れを散々喚きながら、都合良く拡大自殺だけ採用する反日工作員。
>
>不自然なスルーや一定人物と長文流し。
>
>いつまで工作活動続ける気だ?


451 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:44:02 ID:9E8h/d1d0
>「可能性があります」とだけなら猿にも言える。論拠を書かないと

論拠?後から付け足してもダメだよw
論拠じゃなくて妄想だろお前のは。故に他人に証拠、数字の上での科学的根拠を求めた。
お前も数字上の科学的根拠を出せ。自分の言い放った可能性とやらには論拠と言う思考実験で済ませ、
他人には何らかの科学的根拠を求める。卑怯じゃないの君?w
はい反論どーぞw


452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 19:46:00 ID:9E8h/d1d0
あ、まあ出すのは心理学で常考とやらとなっている文章でも何でも良いよw

453 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 20:03:54 ID:6h68wVF10
>452

既に>70-77と>399で出してる。サンキューキュー

454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 20:06:36 ID:KGNkz65w0
>>436
>フィリピンがあるだろ。覚えとけ。
→偉そうに…
その上、間違えてるんだから、救いがありませんね(こう笑)
フィリピンは1987年に死刑が復活しましたが、2006年に再び、廃止されました。
それよりグアテマラでは、従来より殺人率が高かったのですが、昨年死刑が復活しました。
それより、ロシアが来年から死刑を復活する予定にしています。
ロシアはEUと歴史を共有し、地続きということもあり、ただでは済まないでしょう。
ただ、ロシアは社会主義から資本主義に移行中で、社会不安を抱えています。
その結果、異常な数の自殺者と他殺があるのです。
根本的解決策の提案もなしに、ロシアの内政を干渉しても、事態を悪化させるだけではないでしょうか。
そういう外国の事情を察しても、ここで、日本が死刑制度を廃止することは、
世界に人権・平和国家の手本を示すことになると思います。
あとは、世界で最高の数の死刑を執行してきた中国ですが、
執行数を抑えることに同意しても、完全に廃止するまでには時間がかかると思います。
インドも難しいでしょう。

455 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 20:13:25 ID:9E8h/d1d0
>>454
>その上、間違えてるんだから、救いがありませんね(こう笑)
>フィリピンは1987年に死刑が復活しましたが、2006年に再び、廃止されました。

はぁ?復活した例を挙げたんだろ?何も間違えてませんが?w
再び廃止された事も知ってるし、短期間に繰り返されてる事も知ってますけど?

>>453
>既に>70-77と>399で出してる。サンキューキュー

吹いたわw求めてるのはお前の文章じゃねーよwww
まあお前が何か出せるなんてこっちはハナから思っても無いけどなw
遊びだよ遊び。唯の玩具だしw
あー面白かった腹一杯www

456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/24(火) 21:01:47 ID:MJyfGQD0O
>>455
基地害負け犬の遠吠え

457 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 22:39:25 ID:6h68wVF10
>432 盛大に吹いたwww
>443 ワロタw
>455 吹いたわw

どんだけストレス溜まってんだよお前・・・

458 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/24(火) 23:59:01 ID:6h68wVF10
ストレス溜まりまくりなソンチに愛の知を

http://ameblo.jp/fujii-seiji/

書評だけでも読んだらえんとちゃうんか(´・ω・`)ゴルァ

459 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 07:03:45 ID:F47ZWvO10
長矢クンのプロファイル
 人の意見を理解する能力がない。
 自分の意見をまとめることができない。
 どんな空虚な内容であってもとにかく主張したい。

観念クンのプロファイル
 論理的思考能力がない。
 思い込んだら一途、というか依怙地。
 ご都合主義。

長矢クンは、人にレスするふりして言いたいこと言ってるだけだから
まあ放っておくしかない。
観念クンの唯一の拠り所である>70-77も>399も、ただの羅列であって
抽出された分析結果でも、体系的に分類されたものでもない。

もういい加減、死刑廃止=よりよい社会、の幻想から脱却して、本当に
よりよい社会を築いて、死刑の要らない社会にするにはどうするかの
議論に移行してはどうか?


460 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 07:52:47 ID:i6R5CLAa0
>>458
>書評だけでも読んだらえんとちゃうんか(´・ω・`)ゴルァ
→やっと日本社会も「死刑廃止の常識」がわかりかけてきたといったところでしょうか(嬌笑)
インターネットではとっくに「常識」となっていたことでも、有名人が対談本を出すと
売れるというのは仕方がないことなんでしょう(冷笑)
本当なら中山千夏(まだ生きてるのか)とか大塚公子(まだ見たこともない)、原田さん(名古屋保険金殺人遺族)
とかいう、もう何十年と死刑囚に拘わってる人達の意見を聞いてみたところです。
何十年といえば、「創(つくり)」の編集長、篠田氏も宮崎勤と11年間、文通したという実績がある。
恐らく、死刑囚と十年、二十年、三十年と文通し、拘わってる人もいるはずだ。
私はそういう人達の意見も聞いてみたい。
大塚公子「57人の死刑囚」の中でも登場していた秋山芳光などは、二十年拘置された挙げ句、処刑された。
76才という高年齢で、車椅子に腰掛けさられたまま吊るされたという。本人もまさか、と思っていただろう。
それも、共犯の兄はとっくに出所していた。
終身刑化する日本の死刑囚達の生の声を聞くことは、死刑の代替刑としての終身刑の是非を
考える意味でも重要なことだと思うのだが…

461 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 07:55:05 ID:RUJ3jaGE0
>>459
長矢君は政治板で潰された、自称保守左派の反日似非人権派思想絶対主義者だよ。

観念君と長矢君のバトルはスレ潰し狙いの工作活動なんだよ。

462 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 08:07:12 ID:N3mt6bYr0
>>460
>→やっと日本社会も「死刑廃止の常識」がわかりかけてきたといったところでしょうか(嬌笑)

残念ながら、お前の国アメリカでは死刑支持がまだ7割を超える水準だが何か?



463 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 08:19:19 ID:ep+9kzA00
>>437
> つまり、金の無駄ってこと?
>何が?

「存置すべし」と主張する者(即ち全有権者の総意)が既に負担している現時点での凶悪事件に掛かるコスト

464 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 09:01:05 ID:i6R5CLAa0
>>459
>もういい加減、死刑廃止=よりよい社会、の幻想から脱却して、本当に
よりよい社会を築いて、死刑の要らない社会にするにはどうするか
→失礼ですが、ずれまくってるのは、あなたの方でしょ(哄笑)
テレビドラマに登場する人達で、「根っからの悪者」って滅多にいないでしょ。
「遠山の金さん」とか「銭型平次」(わざと古いのを出した)に登場する極悪人にしろ、
あくまでフィクションの中で、「悪役を演じる」悪者なわけです。
そういう点では、ドストエフスキー「罪と罰」に登場する主人公の方が現実味があるのです。
「罪と罰」の粗筋は、「主人公の貧しい大学生ラスコーリニコフが金貸しの老婆を殺害した」というものですが、
この「悪者の屁理屈=言い分」をどう解決していくかを考えないかぎり、犯罪、大きくいえば、
戦争もテロも解決しないのです。というか、人間存在という矛盾がある限り、解決しないでしょ。
そこで私が提案しているのが、「犯罪者と共生」を目指すという新しい視点なのです!
私は、そこで『犯罪者に優しくあれ』とか『被害者は我慢しろ!』とかを主張してるのではないのです。
冤罪被害者問題も含めて、『加害者の視点で物事を考えることも必要』と主張してるのです。
つい出来心で、電車の中で、(孫にも相当するような)女子中学生の尻を撫でてしまった定年退職間近の
サラリーマンの心理に同情しよう!と提案してるのです。
どうしても犯罪を根絶できないなら、ただ単なる厳罰主義ーまして死刑では何も解決しないというとです。
鳩山元法相は「論点2009」で、死刑の目的を「勧善懲悪」としました。あまりに単細胞的発想でしょ(涙)
アメリカでは『原爆によって大平洋戦争が終わった』という単純な構図が、未だに主流です。
ベトナム戦争、9ー11同時多発テロに対しても、単純な「勧善懲悪」の構図で
説明しようとしているのです。これでは、戦火は収まらないでしょ。
「死刑廃止」が最終目標では無論ありません。私が主張しているのは、それをきっかけとした
「パラダイムシフト」→発想の優先順位を変えていこう、というものです。
残念ながら、まだ存置論の根底にあるのは、「忠臣蔵」的「怨みを晴らそう!」なのです。
私自身も、暴力犯罪被害者です。復讐より、自分の中で、「如何に自分と向き合うか」を考えることで、
自尊心を取り戻すことで、ようやく乗り越えることができたのです。
「よりよい社会建設」=ユートピアは所詮は、「絵に描いた餅」にすぎません。
まずは、死刑を廃止し、リサイクル→人間再生・蘇生の選択(見捨てない、諦めない)→セカンドチャンスを
犯罪被害者も含めて、実現を目指すべきなのです。

465 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 10:21:14 ID:nIWolnYcO
>>437
>人命は「掛け替えのないもの」だからだよ

凶悪犯罪者の人命は「掛け替えのないもの」ではない(と考える人も居る)から、人命の尊重とは「相対的主観」ですね。

というより、そもそも無知無学のバ観念さんは「絶対」と「相対」と「客観」と「主観」の意味が分かってないのではないかと。


466 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 12:00:14 ID:azUyLrU70
>>437
>皆無?報道の在り方について研究した論文が一つもないの?重要なパラメータだと思うんだが。つかよく「皆無」って断定できるね

重要なパラメータだと思うなら、それを分離して影響度を調べる必要があるが、
お前は主観だけで、客観的な情報に基づく回答は無し。

>> 報道のみという証明は死刑をしてなくても死刑報道をしたという国のデータが必要になるな。
>必要ない。・・・

お前の思考実験なんて無意味。実現してないんだから。
あるパラメータの影響度を調べるなら、それに+されていたパラメータを固定して調べる。
こんなの当たり前の話。それ無視するお前は非常識。

だから、抑止力系(モカン教授も含む)の論文でも報道はなされてると一律の中で、
死刑数がうんたらとかいう論述になるんだろ。あえて言うなら結局報道の中身。

>もし遺族や加害者の家族など一部の国民にしかこっそり知らされない
結局全部に知れるだろ。そもそも、そういう事例が無い。
抑止力について語ってんのに、何この思考実験、お粗末すぎるな。

それで、何を目的に一部の国民にしかこっそり知らされないというのも謎。

>わざわざ報道の何を比較?
お前は、死刑報道する人数と仮定したんだろ。それに関するデータを出してくれ。
無いなら現状の報道前提の一択で了。そこからは中身の問題。

>否定できるんだからしょうがない。強がりを否定できる論拠あるの?
>誰も検察に限定してないよ
普通に裁判記述で「強がりです。あの供述は違います」という本人の供述を出せばいい。
そうじゃなきゃあの供述通りだ。お前の主観・推測なんぞ無意味。
推測だと何でも言えちゃうだろ。

467 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 12:01:26 ID:azUyLrU70
>>437
>参加してるだけじゃ廃止論者とは限らん
>岡村氏は「自称・元人権派」であって元廃止論者ではない。

なぜ、元廃止論者ではないと断定したんだ?
客観的な理由が存在しないので、その13の補足1は削除。
それとも廃止運動に参加してたという客観的事実に基づいて書き直すか?

>大半?例えばどの文?
犯罪心理に関する記述全部。

>その10「死刑には生命の尊厳に対する教育的効果がある」
そんなら、死刑廃止の抑止力を示してくれ。教育的効果があると『断定』したんだろ。
推測・仮定のみなら同じく削除。

>その14 
これニーチェが廃止論者に対して言ったものの改編だよな。ニーチェの言葉として残しとけよ。
「死刑廃止運動は、廃止論者が自らのためにやっているのではないか?」
実際、身近な人が死刑になりそうだったら、あなたは賛成するの?と問う
廃止論者は実際にいる、だから客観的に上記に当てはまる。

>実際にはこのような「楽で都合のいい解釈」を好む者の中にこそ、犯罪予備軍は多くいる
これこそ推測のみなので削除。

後、カナダと韓国についての科学的な考察も頼む。俺は、データを出したんで。
また、更生の話題についてもおいおい聞いてくか。人命の尊重も??

468 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 12:47:34 ID:N3mt6bYr0
>>464
お前が一番ずれまくっている(嘲笑)

469 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 12:56:57 ID:4O3x2LlKO
>>464
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

470 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 13:07:30 ID:4O3x2LlKO
いいんだよ、殺しても

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 13:40:07 ID:N3mt6bYr0
>>464
お前、全く解っていないな(苦笑)

472 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 13:57:57 ID:rB8EK+OB0
反日似非人権死刑廃止運動家は、存置派を偽りながら、選択肢(国民的議論の高まり)を潰す事と存置派のイメージを貶める事を繰り返しています。
日本国民の殆どが死刑存続を容認してる現状で、議論が高まれば存続が選択されてしまうと考えてるのでしょう。

反日似非人権死刑廃止派は、廃止と同時に終身刑反対(刑の軽減)運動を行なっています。
選択肢が増える事を、極端に否定する流れを辿ってみたく、炙り出しを決行してみました。

彼には似非人権論者の言い分にそった主張しか無く、指摘すると異常な執着を続け、持論(似非人権論)を振りかざし論点摺り替えと誹謗中傷を繰り返す事で議論から逃げて行く手法です。

良識有る日本国民の方々にはご迷惑だったでしょうが、反日似非人権派の工作活動の異常さにを改めて認識して頂ければと。

反日工作員が、自己の感情を押さえる事すら出来ず、確認も無く他者を愚弄し、その責任すら他者に転換しようとする異常な精神構造の持ち主でもあると。
証拠レス
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part15 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/
330 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:01:57 ID: qWeQbVG80
>>327
お前、ID: HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
331 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:18:38 ID: qWeQbVG80
お前、どうせID:HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
違ってたら済まんな。そのID:hmyPueng=ID:jcVcanBhって輩は
廃止論者だけに平気でそういう事やるんだわ。

473 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 13:59:09 ID:rB8EK+OB0
特徴と書込みパターン

自分達が思い描いてる、「反日似非人権死刑廃止派」像しか認めない

個人的な廃止思想や意見を、「反日似非人権死刑廃止運動家」のルールで縛る

ルールと称して廃止派に、「反日似非人権死刑廃止思想」を強制強要

思想信条の違う廃止派を、「反日似非人権死刑廃止思想」の敵と攻撃

導き出される彼らの思想信条は
廃止派は「反日似非人権死刑廃止運動家」であるべき
廃止派は「反日似非人権死刑廃止思想」しか認めない

以上の事から、彼らの本質は、「反日似非人権派思想絶対主義者」であると想像する事は容易いであろう。

474 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 15:30:42 ID:ZDBxoXka0
民主主義であればやはり死刑は必要だ。
廃止派は個別の死刑相当の事案でただ死刑を回避出来るように闘っていけばいいだけなのだ。
もし死刑を廃止してみろ、死刑制度が必要と望む大半の意思はどうなる?
裁判であっても死刑を求刑する事が出来ない。
こんな著しく不公平な状況を避けるためにも死刑は必要だ。

475 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 16:13:28 ID:4O3x2LlKO
>>474
いいこと思いついた!お前俺のケツの中でションベンしろ!

476 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 16:33:22 ID:4O3x2LlKO
>>472-473
ところで俺のキンタマを見てくれ。コイツをどう思う?

477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 17:12:06 ID:ep+9kzA00



















スゴクオオキイデス

478 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/25(水) 18:45:06 ID:mnDJOsy40
>460 もう何十年と死刑囚に拘わってる人達の意見を聞いてみたところです。

みたところ、なの?みたいところ、じゃなくて

>462 残念ながら、お前の国アメリカでは死刑支持がまだ7割を超える水準だが何か?

未だに進化論より創造論を支持するお国柄だもの。基本ハッピーバカなんだよ。アメリカ人は

>463

いや?無駄ではない

>464 そこで私が提案しているのが、「犯罪者と共生」を目指すという新しい視点なのです!

既に共生してるよ。指名手配の犯罪者が日本中にゴロゴロ

>465 凶悪犯罪者の人命は「掛け替えのないもの」ではない(と考える人も居る)から、人命の尊重とは「相対的主観」ですね。

そう考える人にとってはね。だから殺人犯は殺人する。でもそれは主観に過ぎない

> そもそも無知無学のバ観念さんは「絶対」と「相対」と「客観」と「主観」の意味が分かってないのではないかと。

人は鏡

>466 重要なパラメータだと思うなら、それを分離して影響度を調べる必要があるが、

調べてるのがありそうじゃん。モカン論文のrefの2番目辺りに
ところで>394 それでcommutationは減刑・恩赦。
とあるけど、「恩赦は減刑とは別物」と書いてあったよ

> お前の思考実験なんて無意味。実現してないんだから。

「実現してないから思考実験は無意味だ」は命題として全然正しくない

> あるパラメータの影響度を調べるなら、それに+されていたパラメータを固定して調べる。

仮に報道を一切しないと「固定」したら、「死刑執行そのものに抑止効果はない」と結論が出るでしょ。反論あるならどぞ

> 結局全部に知れるだろ。

「全部に知れる」なんて物理的にあり得んだろ

479 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/25(水) 18:46:07 ID:mnDJOsy40
続き
> お前は、死刑報道する人数と仮定したんだろ

「人数」なんて言及した覚えもない

> 無いなら現状の報道前提の一択で了。

なるほど。お前は思考実験の意味が分かってない

> 普通に裁判記述で「強がりです。あの供述は違います」という本人の供述を出せばいい。

供述がなくても「強がりだった」という仮定は崩れない

>467 なぜ、元廃止論者ではないと断定したんだ?

様々な情報から。彼が元廃止論者だという証拠があったら、「お詫びして訂正」するよ

> それとも廃止運動に参加してたという客観的事実に基づいて書き直すか?

だから運動に参加してたくらいじゃ廃止論者にならないってば。冷やかしかもしれんだろ

> 犯罪心理に関する記述全部。

どれも「死刑報道に抑止がある」と矛盾しないんだが

> そんなら、死刑廃止の抑止力を示してくれ。

その10に書いてあるまんまだよ

> これニーチェが廃止論者に対して言ったものの改編だよな。

ニーチェじゃなくてソンチが言ったことだよ。かの有名なソンチが

> 後、カナダと韓国についての科学的な考察も頼む。俺は、データを出したんで。

まぁそれでもカナダや韓国のデータが即「死刑に抑止力がある」とは全然言えないけどね。科学的に
それを「あれは抑止力があることを示してるのだ」と主張するのは宗教

480 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 18:53:10 ID:4O3x2LlKO
>>477
でかいのはいいからさ
このままじゃおさまりがつかないんだよな


ヒョイ!

481 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 19:09:02 ID:4O3x2LlKO
>>478-479
四つん這いになれば、免許返していただけるんですね

482 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 19:16:51 ID:Bcdy3hgd0
>>478
>「犯罪者と共生」を目指すという新しい視点なのです!

国家が犯罪者との共生を強制するのは人権侵害にならないのか?
更生の確認も保証も無いんだろ?
国民を危険に強制する国家は人権侵害にならないのか?

>でもそれは主観に過ぎない
人命は掛け替え無いものだから、掛け替えの無い人命で償う。

483 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 19:19:54 ID:VC6OwsIW0
>>464
>よりよい社会を築いて、死刑の要らない社会にするにはどうするか
→失礼ですが、ずれまくってるのは、あなたの方でしょ(哄笑)
テレビドラマに登場する人達で、「根っからの悪者」って滅多にいないでしょ。
→大塚公子の一連の「死刑モノ」に登場する死刑囚というのは、実に平凡な人達ばかりだ。
まだ、宅間とか宮崎のように、どこか病的な部分があって、「却って死刑によって救われたかも知れない」
という人ではない。いわば、本当に「どこにでも居いそうな人」だ。拘置所長による、
反死刑本「死と壁」みたいな本は、恐らく、最初で最後だろうが、ここに登場する死刑囚達も実に凡庸な人物ばかりだ。
恐らく、実際の死刑囚というのも、本当の「キチガイ」みたいな人は少ないというか、居ないのではないか。
大塚公子氏は「死刑囚の最後の瞬間」の「あとがき」で次のように述べている。
『死刑では何事も終わらない。国家が死刑を行うことで、人々の心はいっそう粟立つのではないだろうか。とげとげしい、ささくれだった気分に
なるのではないだろうか。人間の性は善である。本当の悪人はいないのである。(略)死刑に
することよりも、愛を訴えたほうが、どれだけ救われるか、はかりしれない。
死刑囚と呼ばれる身になった人たちの、だれ一人として、自分がやってしまったことはいいことだとは
考えてはいない(私から一言「そうとは言い切れない…」)』


484 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 19:27:20 ID:4O3x2LlKO
>>482-483
それじゃ…
やります…

クン…
ズ!ズズ!
ニュグ!

は…はいりました…

ああ…次はションベンだ

485 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 19:52:40 ID:VC6OwsIW0
>>482
>国家が犯罪者との共生を強制するのは人権侵害にならないのか?
更生の確認も保証も無いんだろ?
国民を危険に強制する国家は人権侵害にならないのか?
→レスありがとうございます。
私が第一に主張したいのは、死刑によっては何も解決しない、ということです。
私達の社会が何となく、「死刑でけじめをつけている」と特に被害者遺族を納得させてるのです。
観念さんが紹介してくださった、「死刑のある国」によれば、(坂本「死刑のすべて」にも
同趣旨の記述がある)検察官が死刑判決を得れば、「手柄」だそうです。
つまり、日本の死刑制度というのは、「被害者の人権尊重、回復の最善の結果が加害者の死刑」となっているのです。
やはり、死刑を仇討ちの系譜とし、被害者遺族への「助太刀」が死刑なのでしょ。
まるでやってることが子供じみてるのです。
もし、そういうことなら、99%の殺人事件の有罪判決は死刑以外という実態を鑑みれば、
彼等は惨めというだけで、反対に目出度く?加害者へ死刑判決が下った遺族は「ラッキー!」といことでしょうか。
私の言う「共生」とは、もっと被害者遺族に思い遣りを持とうということです。
近年立法化された国がサポートする「犯罪被害者支援」はやっとという感じです。
罪を犯した、殆どの犯罪者が出所する実態を考えれば、より矯正教育に力をいれるべきですが、
こちらの方も徐々に改善されつつあるようです。
後残るのが、「煮ても焼いても食えない」というような、本当の「矯正不可能」と断罪された人達ですが、
その絶対数が少ないことを考えれば、わざわざ死刑にすることもないだろ、ということです。

486 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 20:11:07 ID:VC6OwsIW0
>>482
>掛け替えの無い人命で償う。
→「死刑による償い」が錯覚なのです。
2007年、東京都で交番勤務の警察官による、ストーカー殺人という、
私の知る範囲では、古今東西例のない事件が起きました。
この事件では、犯人の男は無理心中ということで、名前さえ公開されていません。
その上、退職金として遺族に4千万円を支払われたのです。
犯人遺族は全額を被害者遺族に譲渡を申し出たのですが、断られたそうです。
被害者遺族の気持ちを察するに余りあります。
私は本来なら、被害者遺族は同じ気持ちで、「被害者と同じ死に枕を並べてもらっても困る」というべきではないでしょうか。
一にも二にも、凶悪事件を防ぐことに努力するべきです。意趣返しのように、
死刑判決、執行を願っても意味がないのです。
無論、加害者には犯した罪に見合った刑罰が下されるべきですが、そこに死刑を含むべきではない、
ということです。

487 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 20:26:57 ID:N3mt6bYr0
>>485-486
筋違い!

488 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 20:36:11 ID:LfeB4jmY0
>>485
結局、国家の共生強制は人権侵害にならないのか?
君の考えは自由だが、今現実に死刑制度を受け入れてる大多数の国民を納得させる意見では無いと思う。
>>486
犯人死亡で真相究明出来ないのと死刑制度は全然全く関係ない話。
警察検察の不手際不祥事と死刑制度も関係無い。

個別事情と制度問題を同レベルに考えてるのは頂けない。
死刑制度は凶悪事件を確実に防いでる。
再犯は確実に不可能ですよ。
数は少ないが、凶悪犯を射殺で解決した事件など、今の風潮(死刑反対派)考えれば死刑制度が無ければ出来ない判断だったのでは無いかな?


489 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 20:57:01 ID:MfzOBPkM0
>>485->>486
お前、高校中退だろ(大爆笑)

490 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/25(水) 22:08:10 ID:mnDJOsy40
>488 死刑制度は凶悪事件を確実に防いでる。

「防いでいるといいなぁ」「防いでいる筈」「防いでくれてなきゃ困る」
という善良な市民のささやかな願望に過ぎない。論拠は>70-77&>399

491 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 22:21:41 ID:KWGjTNa60
>>490
>>488
>再犯は確実に不可能ですよ。
>数は少ないが、凶悪犯を射殺で解決した事件など、今の風潮(死刑反対派)考えれば死刑制度が無ければ出来ない判断だったのでは無いかな?

これは認めるだろ。
追跡や銃使用で抗議しまくってるのは死刑反対と同じメンバーだからね。

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 22:37:12 ID:uG03xlx70
法的罰則超える措置は選択出来ない罠w
射殺や発砲後死亡で罰せられるなら、銃持った犯罪者は最強だ罠w

493 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 23:13:50 ID:nIWolnYcO
>>478
>そう考える人にとってはね。だから殺人犯は殺人する。でもそれは主観に過ぎない

うん。だからさぁ「人命は掛け替えのないものである」ってのも、バ観念さんがそう考えてるだけなんだよ。
そう考えられる事はとても素晴らしい事だと思うよ。でもそれは相対性を免れる事は出来ないから主観に過ぎないんだよ。

だから、無知無学のバ観念さんは「絶対」と「相対」と「客観」と「主観」の意味を調べてから発言した方が良いんだよ。

494 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/25(水) 23:37:25 ID:F47ZWvO10
>>464
459で
>>長矢クンは、人にレスするふりして言いたいこと言ってるだけだから
>>まあ放っておくしかない。
と言ってるんですけど。

あなたには
>>もういい加減、死刑廃止=よりよい社会、の幻想から脱却して、本当に
>>よりよい社会を築いて、死刑の要らない社会にするにはどうするか
にレスしてもらう気はないですよ。

でもせっかくなので一点だけ指摘すると
>私が提案しているのが、「犯罪者と共生」を目指すという新しい視点なのです!
すでに誰でも犯罪者と共生してますけど。
いまさら何を大袈裟に、さも発見でもしたかのように言ってるんですかね。
そのあとの論理も支離滅裂、脈絡なしではツッコミようもありません。

あなたの病気説は一種の煽りかと思ってましたけど、最近確信に変わりつつあります。
せいぜいご自愛ください。お大事に。


495 :存置派:2009/11/26(木) 00:05:36 ID:OoPjsFyJ0
>>490
…いい加減「αはβである! 論拠は、俺のαに関する一方的な想像!」ってのが
傍から見ると、どれだけ馬鹿アピールになってるか、理解しないものかなぁ…。

496 :存置派:2009/11/26(木) 00:22:58 ID:OoPjsFyJ0
>>485
存置論者の大半の意見は「恨みを晴らすために殺さないと気がすまない」ではなく
「生かしてもコストとリスクを生じるだけなら、新たな被害を生む前に殺すべきだ」だし
そのことは何度も様々な人が様々な言葉で君に説明してきたのだが
何故そうまで「死刑支持派は恨み辛みで犯罪者を殺している」というイメージに固執するんだ?

例えば犯罪増加のリスクを犯してまで、凶悪犯を国民の血税で生かし続けることで
君の妄想する(廃止国の一国も迎えていない)「パラダイムシフト」とやら以外に
国民はどんな利益を得られるか、ということを思考して欲しい。
そのとき、皆が価値を認められるような何かがあるなら、死刑廃止も説得力を持つ。
でも、その答えがないのなら君の思想は「まず犯罪者を殺してはいけない」から始まっており
また君は他人の人命や財産より、自分の思想に価値を見出すタイプの人間と謗りを受けても仕方ないと思うのだが。

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 01:35:02 ID:9YcpwgYQ0
まあこの廃止派コテの馬鹿二人はどうせ子供もいなければ所帯を持った事もないような
ダメ人間だからな。失うものなど無い。
建前は理想論だが何のことは無い、僕たちダメ人間の価値観にお前ら勝ち組は合わせなちゃい!
って言うしょーもない駄々っ子と同じ。

498 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 01:53:37 ID:5BWX1ZDn0
>>488
>再犯は確実に不可能ですよ。
→終身刑によっても、再犯を防げますね。
あと、「死刑によって確実に再犯を防ぐ」ということに関して一言あります。
2008年に起きた、秋葉原無差別殺傷事件は宅間の池田小学校児童無差別殺傷事件の
丁度、7年目に起きました。
犯人のプロファイルが、ある意味重なっています。
どちらも、社会に不適応者であり、幸福な人間(エリート)の存在が自分の不幸の原因だという、
典型的「逆恨み症候群」です。一般的には、「やきもち=嫉妬」ですが、この不平等感こそ
社会革命→進歩としたのがマルクスでした。共産革命は死に絶えましたが、その社会主義的政策は
現代では、あまりに当り前になりました。つまり、「弱者=貧乏人の言い分」も聞かざるをえなくなったのです。
宅間も加藤も、自分の不満を凶悪事件を起こすことでしか、コミュニケート(伝達)できなかったのです。
「ドキュメント死刑囚」で篠田氏は、少なからぬ人々が宅間に自己投影していたsことに、驚きを隠しませんでした。
「秋葉の加藤」に対しても、自己投影していた派遣社員達も少なくなかったのです。
歴史に目を向ければ、「民族の怨みは7世代続く」といわれています。アメリカ原住民、アフリカから連れてこられた黒人奴隷、
朝鮮人慰安婦問題など、たとえ逆恨みとしか言い様がないことでも、怨みの感情は世代を超えて伝染するのです。
たとえ、死刑によって、物理的に凶悪犯の命を断っても、そのエッセンスは伝わるといっていいでしょう。

499 ::2009/11/26(木) 02:44:11 ID:h6224hoLO
極廃止派と極存置派が決して解りあえない事はもう解りきっているのにだらだらと無駄に同じ議論を繰り返すのは何故か?

死刑の存否などという優先順位の低い問題に時間と労力を費やすのは何故か?

命の価値と国家の安全保障を語りたいなら集団的自衛権の行使による先制攻撃の賛否について議論しなさい。


死刑の賛否と天皇制の賛否を暑苦しく語る奴ほど暇な奴はいない。

500 :生きてみたい、もう一度:2009/11/26(木) 03:48:46 ID:5BWX1ZDn0
>>488
>犯人死亡で真相究明出来ないのと死刑制度は全然全く関係ない話。
警察検察の不手際不祥事と死刑制度も関係無い。
個別事情と制度問題を同レベルに考えてるのは頂けない。
死刑制度は凶悪事件を確実に防いでる。
再犯は確実に不可能ですよ。
数は少ないが、凶悪犯を射殺で解決した事件
http://pitaro.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-c8c4.html
丁度、約一年前、岩手県で住職親子を殺害後、現金を奪った疑いで裁判を受けて居た、
千葉正子被告が一審の死刑判決後、拘置所で自殺しました。
千葉被告は裁判で「死ねというなら死ぬ」と語っていたそうです。
この場合も、犯人は死を最初から覚悟しての犯行という意味で、拡大自殺といえるかもしれません。
千葉被告は写真からだけでは判断できないけれど、46才の年齢からしても、まだ若く、
まだ「色仕掛け」で、何とか鐘の工面ができそうな雰囲気だ。なんで、そこまでして、現金15万円が欲しかったのでしょうか。
全く意味不明です。
それに被害者は寺の住職です。千葉被告は本当は、何かを相談に訪れただけかもしれないのです。
「死ねば全てが解決する」と思い込んっでいたことに、もう一つの悲劇はなかったのでしょうか。
さらに、死刑弁護士安田氏が拘わった、最初の事件、新宿駅西口バス放火事件の丸山いる。
安田氏によれば、当初、現行犯ということだったが、放火の現場が目撃されていたわけでもなかったというのだ。
それに、極悪人というイメージからも程遠い。裁判が始まる前から「死んでお詫びしたい」を繰り返すのみだったという。
丸山は後に、被害女性と接見し、交流までする。杉原さんだ。
杉原さんは、後に「生きてみたいもう一度」を出版したのだが、事件当時35才で全身80%の大火傷を負った自身への
慟哭とともに、後の刑務所で自殺してしまった丸山へ贈る言葉でもあったように思う。
杉原さんは、裁判中に丸山の人柄のよさに打たれ、面会をはたす。そして、無期出所後の身元引受人の
役まで申し出ている。本当なら、丁度、今頃、二人の新生活が始まっていたかもしれない…
結局、丸山は事件17年後、刑務所で首を吊ってしんでしまった。
「なんでもう少し辛抱できなかったのだろうか」という思いは、安田氏や杉原さんの共通した思いだったのではないか。
それとも、裁判所が当初、死刑を選択(減刑を選択)したように、本来「死ぬべきだった」から、
正義が実現したと安堵するべきだったのだろうか。
「加害者の死」によって、一件落着はちょっと酷いのではないか。
三浦事件(昨年自殺)のときも、思ったのだが、被害者、加害者の立場を超えて、「加害者の死によって幕引き」は
間違ってるのではないか。そう感じるのも間違ってるように思う。
安田氏は丸山が自殺したことに対して、深く悔やんでいる。
「私はMさんの刑が確定したことで、弁護は終わったと錯覚していた。Mさんにとって刑の確定は、
いつ終わるともわからない長い受刑の始まりに過ぎなかった。長い受刑の期間こそ、
弁護が、そして支えが必要だったのである」(死刑弁護人)


501 :山びこ:2009/11/26(木) 03:54:04 ID:5BWX1ZDn0
三浦事件(昨年自殺)のときも、思ったのだが、被害者、加害者の立場を超えて、「加害者の死によって幕引き」は
間違ってるのではないか。そう感じるのも間違ってるように思う。
安田氏は丸山が自殺したことに対して、深く悔やんでいる。

「私はMさんの刑が確定したことで、弁護は終わったと錯覚していた。Mさんにとって刑の確定は、
いつ終わるともわからない長い受刑の始まりに過ぎなかった。長い受刑の期間こそ、
弁護が、そして支えが必要だったのである」(死刑弁護人)



502 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 05:54:31 ID:FNS07WurO
かつてニューヨークは死刑を執行せず、事実上廃止の状態にあった。
この間に治安は悪化し、世界一危険な都市と言われた。
それが死刑復活後に劇的に治安が善くなり、かつてハーレムと呼ばれた地区は今は商業地区となり観光スポットになっている。

503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 08:22:16 ID:lFs7lKOn0
訂正>>500
>何とか鐘の工面
   ↓
何とか金の工面

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 08:43:55 ID:RiiclmQKO
>>502
アッー!アッー!アッー!

ンギモヂイイ!

505 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 08:50:25 ID:NA8ol/Oh0
アホらしい考えの代表例。

>>500
>現金15万円が欲しかったのでしょうか。
15万が目的的ではなく、結果15万しか取れなかった。
有れば、100万でも200万でも取ってる。

湾曲矮小が常の人権派弁護士と同じ思考パターン。

506 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 08:51:06 ID:l4Oa38uz0
規制じゃないよな?

507 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 09:28:18 ID:l4Oa38uz0
凶悪犯は基本的に反省が出来ないと考えます。
過去に何度も犯罪を繰り返し、その犯罪者が導き出した答えとして、
あろうことか「死人に口なし」とばかりに連続強盗殺人を犯した事例。
強盗殺人で無期懲役から仮出獄後、半年で殺人を犯した事例。
性犯罪+殺人未遂まで犯し、服役後出獄して幼女を殺してしまった者。
有期刑や無期懲役では、反省出来ない。
もっと詳しく調査すれば、このような事例は結構あると考えます。
死刑囚全てに当てはまらないですが、死刑確定後、自分のこれからの
運命を悟り、独居の中でもがき苦しみぬいて心の安定を求めた結果、
見事なまでに厚生し真人間に立ち直った事例が多々あります。
宗教に目覚め被害者のために仏像を彫り、生きている間すべての時間を
贖罪に費やし、最後は堂々と刑に臨んだ方もいらっしゃいます。
「私のためではなく、私が殺めてしまった被害者の方の冥福を祈って下
さい」
「私は成仏して、被害者に会って謝りたいんです。どうか皆さん!私が
成仏出来るよう祈って下さい」
「一足お先に!極楽では私のほうが先輩ですよ!」(おちゃらけた最後
の言葉ですが、この方は見事に厚生されております)
まだまだ沢山ありますが、真人間になることが出来た死刑囚達の最後の
言葉です。
一つの考え方として、死刑という刑罰があるからこそ、自分の死につい
てそれこそ気も狂わんばかりに悩んだ結果、このような真の反省が出来
たのではないでしょうか?
無期懲役や有期刑では、到底ここまでの反省は出来なかったと私は考え
ます。逆にこれでも反省出来ない連中にはそれこそ情状酌量の余地なし
と割り切ってもいいでしょう。中国が採用している死刑執行猶予という
措置は有効だと考えます。一度自らが死刑判決を受けることで、自らを
見つめなおす時間を与え、厚生させていく。
もうひとつは野蛮な考えかもしれませんが「死刑以上の刑」というのも
必要かもしれません。
本当かどうか調べるすべもありませんが、ある書籍に書いてありました。
17歳の少女をなぶり殺しにした有名事件加害者の主犯格(現在は出所
している)は、服役中に他の服役囚から「被害者が枕元に立ったらどう
する?」と聞かれた際、「もちろんもう一回犯してやりますよ!結構可
愛かったですからね!あ!でも足がないから犯れねえのかな??わはは
っは!」とのたまっていたらしいです。
今の厳罰化の裁判傾向に照らし合わせると、確実に死刑判決が出ていた
残虐非道の犯罪事件です。
当時は少年法の縛りが強かった流れから、有期刑にしてしまったため、
加害者共は反省もないまま出所してしまっているのです。
そういった事例を見ていくうちに、やはり死刑は必要不可欠な刑罰だと
考えました。
執行方法は刑務官への配慮から、ある意味完全に割り切った人間達で構成
する死刑執行専門の部隊の必要性があると思いました。
長文すみません。
一つの考え方として参考にして貰えれば幸いです。



508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 09:35:09 ID:RiiclmQKO
>507

お前俺のケツの中でションベンしろ!

509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 09:51:35 ID:Xq5x1c/IO
廃止派はキモイね

510 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 09:56:30 ID:lFs7lKOn0
>>502
>それが死刑復活後に劇的に治安が善くなり
→それは真逆でしょ。ニューヨークは州として、最後の処刑が1963年で
2004年には州憲法違反と正式に宣言されました。
よくもそういう出鱈目を書けますね。
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_individuals_executed_in_New_York
確かに、かつて、ニューヨークは犯罪都市と恐れられられました。
1960年から2000年まで、ニューヨークではベトナム戦争で戦死した兵士よりも多くの
市民が殺害されました(意外と少ない?)
ところが、特に1994年から2001年まで、ニューヨーク市長を務めた Giulianは改革を
進め、殺人事件の件数などは、ピーク時の四分の一にまで下がったのです。
今では、犯罪で恐れられていたハーレムでは、日本人観光客で賑わっているのは有名です。
前市長 Giuliani氏は次期大統領戦に立候補するという噂もありますが、
有権者の頭を悩ませることになりそうです(苦笑)

511 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 10:29:55 ID:lFs7lKOn0
>>156
>死刑廃止が、「人を殺してはいけない」の教育効果があるなら、
死刑廃止自体が、抑止力を持つことになるではないか。
そんなもの無いことは、廃止国が証明している。
→遅レス失礼します。
殺人発生率と死刑制度の直接の因果関係を証明することは困難ですが、
死刑廃止は確実に「犯罪抑止効果」があります。
>「欲望を満たすために何人もの命を奪っても、自分だけは生きられる」
そんなことで「人を殺してはいけない」のメッセージが伝わるとでも思ってるのか?
→現代世界では、個人が何人もの命を、自分のエゴで奪うことより、
宗教、民族、国家などの理想を実現するという新しい正義の名の下で奪うことの方が
深刻なのです。


512 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 11:44:44 ID:0sQ3y4Yy0
>>511
>宗教、民族、国家などの理想を実現するという新しい正義の名の下で奪う
→この「正義」ほど強力な大義名分はありません。
「敵」を殺せば殺すほど、勲章の数が増えるというのは、
今に始まったことではありません。
ところで、自爆テロを敢行するテロリストは、「自爆テロをして天国に行けば76人の処女が待っている」
と教えるそうですが、私がこれを聞いたとき、
「イスラム教徒殉教者は天国に行っても地獄が待っているのか…」
と思いましたが、そう感じたのは私だけだったようです…(苦笑)

513 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:00:02 ID:+RstQaQP0
>>479
>調べてるのがありそうじゃん。モカン論文のrefの2番目辺りに
現在TV普及率99.4%だが、面白そうだ。

>とあるけど、「恩赦は減刑とは別物」と書いてあったよ
うん、俺も万能じゃないんで、本文のclemency見て、脚注のpardon見落とし。
モカン教授に聞くのがベスト。

>「実現してないから思考実験は無意味だ」は命題として全然正しくない
うん、正しくない。正しいのは「観念の思考実験は無意味だ」。

>仮に報道を一切しないと「固定」したら、「死刑執行そのものに抑止効果はない」と結論が出るでしょ。反論あるならどぞ
判決が出て死刑執行されてるかも状態が国民に蔓延するとどういう影響がでるかってことだな。
いろんな憶測が飛び交って結論でねーだろ。

>「全部に知れる」なんて物理的にあり得んだろ
別にほとんどでもかまわんよ。でも、お前は広まらないと断定してるんだっけ?

>「人数」なんて言及した覚えもない
遺族や関係者だけ人数限定した場合の思考実験してんだろ?

>> 無いなら現状の報道前提の一択で了。
>なるほど。お前は思考実験の意味が分かってない
現実の抑止力有無の話してんのに、そこに思考実験の意味あんの?
報道前提の一択で了。しかもTV普及率99.4%。

それで、何を目的に一部の国民にしかこっそり知らされないというのもやっぱり謎。何?

514 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:00:44 ID:+RstQaQP0
>>479
>供述がなくても「強がりだった」という仮定は崩れない
あらら、供述ないのかい。仮定は仮定、主観・推論乙。供述は事実なんだから仕方がない。

>様々な情報から。彼が元廃止論者だという証拠があったら、「お詫びして訂正」するよ
本人の談話で一発なのに、結局お前は断定できないってことか。似非様々な情報も乙。
じゃ「死刑廃止運動に携わった人間」が親族殺されて存置論者として活躍という事実に書き直せよ。

>だから運動に参加してたくらいじゃ廃止論者にならないってば。冷やかしかもしれんだろ
あらら、また主観・推論かよ。それとも宗教か?

>どれも「死刑報道に抑止がある」と矛盾しないんだが
ん、死刑報道でもいいんだが抑止力認めんの?

>その4
増える懸念に対する答えになってねーな。削除。

>その8
死に向き合って更生する機会を奪ってるな。それも書いとけよ。

>その9
正当防衛・現場射殺で殺される奴の人命(絶対的客観)はどうなってんの?
都合よく相対的に変わんの?

>その10に書いてあるまんまだよ
ほら、またまた主観・推論。死刑廃止の抑止力示せないのに「図れる」って断定すんな。
10も削除。

>その14ニーチェじゃなくてソンチが言ったことだよ。かの有名なソンチが
「死刑廃止を主張することはおまえたち自身にとって利得があるのではないか?」
素晴らしい言葉だな、おい。ボードレールか?これ載せろよ。
身内が加害者になったら死刑反対しないんですかって聞く廃止論者は上記に該当と書いとけ。

>まぁそれでもカナダや韓国のデータが即「死刑に抑止力がある」とは全然言えないけどね。科学的に
>それを「あれは抑止力があることを示してるのだ」と主張するのは宗教
統計に則して扱うことを宗教とはこれまたお粗末な主観。科学的な否定よろしく。
お前ができないなら、Yurikoおじさん召喚でもいいよ。

515 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:01:32 ID:+RstQaQP0
>>511
殺人発生率と死刑制度の直接の因果関係を証明することは困難としてるのに
死刑廃止は確実に「犯罪抑止効果」がありますとしちゃえるの?

>「欲望を満たすために何人もの命を奪っても、自分だけは生きられる」
この教育効果とはなんぞや。個人主義の助長か?

と思ったら、

>現代世界では・・・

死刑廃止論者は、殺人事件(究極の個人主義)には関心が薄いということだな。
すげーや。

516 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:14:51 ID:0sQ3y4Yy0
>>505
>有れば、100万でも200万でも取ってる。
湾曲矮小が常の人権派弁護士と同じ思考パターン。
→千葉正子が「寺には金がある」と思い込んだのかもしれません。
実際、寺に何度も強盗に入り、何千万円も奪ったという事件がありました。
宗派に拘わらず、何とも酷い、罰当たりなことをするものだと思いました。
しかし、正子は住職に面会してるのです。
計画的な犯行だったのでしょうか。
銀行強盗の方が大金を奪えるし、成功の確率が高かったのではないでしょうか。
正子は同居していた、住職の母親も殺しているのです。
犯行が成功すると、少しでも思ったのでしょうか。
ラーメン店の店員とありましたが、なんで金が必要だったのでしょうか。
そこに、「悪い男の影」を見るのは私だけでしょうか。


517 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:16:33 ID:fwwSAbve0
>>511
>→現代世界では、個人が何人もの命を、自分のエゴで奪うことより、
>宗教、民族、国家などの理想を実現するという新しい正義の名の下で奪うことの方が
>深刻なのです。

お前ら廃止論者にとって、殺人事件の被害者の命は、どうでもいいものなのが、良く解った。
キチガイ犯罪崇拝者が。


518 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 12:18:30 ID:G14Y/G1u0
>>516
お前、たまにはキンタマを良く洗え。
すえた臭いがするぞ。

519 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 13:31:59 ID:zuW+H11k0
>>518
>すえた臭い
→どんな臭いですか?
そもそも、女性に対して失礼ですよ(苦笑)

520 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 14:06:52 ID:RiiclmQKO
>>519
えーっ!おしりの中へですかぁ?

521 :「矯正の可能性がないから死刑」は間違い:2009/11/26(木) 15:29:33 ID:ccB9ZhPE0
>>507
>無期懲役や有期刑では、到底ここまでの反省は出来なかったと私は考え
ます。逆にこれでも反省出来ない連中にはそれこそ情状酌量の余地なし
と割り切ってもいいでしょう。中国が採用している死刑執行猶予という
措置は有効
→あなたは、心から自分の犯行を悔い、反省した死刑囚を吊るす意味がないと思いますか。
逆に、被害者への謝罪、慰謝するどころか、その犯罪を自慢する犯罪者もいるのです。
彼等は、自分の犯罪を悔いることはなく、「(手際が狂って)捕まってしまった」ことに後悔するのです。
郷田マモラ「モリのアサガオ」では、反省悔悟した途端に吊るされてしまう、他の死刑囚をみて、
「わしは絶対に反省なんぞせえへん。反省した途端に殺されるのや」と嘯く凶悪犯が登場します。
真人間になった人を殺すのに意味がないのと同時に、荒れ果てた心のままの人を殺すのに
どれだけの意味があるのでしょうか。
光市の本村氏は「反省し、命の大切を知ったぎりぎりで、被害者の命の価値と釣り合うときがあるかもしれない。
そのときこそ、吊るす意義がある」旨の発言をしたことがあります。
確かに、拘置所の方針というのも、死刑囚に教育をする目的もそこにあるのです。
しかし、それなら、何故「生きて償いをさせる」という選択肢が許されないのでしょうか。
失われた被害者の命は決して還ってきません。それなら、せめて、加害者に生涯をかけて、
1自分の犯した犯罪を忘れさせない 2生きされた命を無駄にすることなく、、社会貢献をさせる
とした方がよっぽど、理に適ってるのではないでしょうか。
「償いきれない罪を償わせること」ほど、厳しい罰はありません。

522 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 15:36:49 ID:cvCOqlX00
そんなこと言って、おまいら心のどこかでは皆、死ねばいいとか思ってんだろ?見え見えなんだよ。

523 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 15:51:39 ID:9YcpwgYQ0
凶悪犯の吸う酸素が無駄。凶悪犯の消費する食料が無駄。
凶悪犯を監視する労力が無駄。凶悪犯にかかる諸経費が無駄。
殺しとけばタダ。
生かしておくのにどれ程の意味があるのでしょうか。

524 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 15:57:06 ID:RiiclmQKO
>>523
男は度胸! なんでも試してみるのさ。
きっといい気持ちだぜ。

525 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 16:27:49 ID:RiiclmQKO
>>521-522
ああ…次はションベンだ…

526 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 20:14:44 ID:h6usn+o7O
在日の人らに言わせると
「たかが日本人の女を二三人強姦して殺したぐらいで死刑はねーだろ」
てことなんだろうな。


527 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 20:55:26 ID:RiiclmQKO
殺してもいいんだよ

528 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 21:10:13 ID:RiiclmQKO
死ねばいいと思うよ。

529 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 21:19:37 ID:h6usn+o7O
いやいや
廃止論者さんたち的には
「死んでもいい」とか「殺してもいい」とかはNGなわけで。

そこをギリギリおして
「日本人なら犯罪者に殺されてもいいが…」
と言ってるわけでしょ。
彼ら在日の廃止論者さんにとって犯罪者であろうとどうだろうと、在日の同胞が日本人ごときの手にかけられることだけは許せんわけですよ。
だからこその死刑廃止論じゃないですか。

530 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/26(木) 21:22:43 ID:m4+gdGSx0
>523

この世に無駄なものなど存在しない。無駄なものが存在すると思ってる人が存在するだけだ
反論どぞ

531 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/26(木) 21:23:41 ID:m4+gdGSx0
というか今日はどのスレも妙に勢いがあるな


何かあったの?

532 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 21:40:15 ID:h6usn+o7O
知らないの?
市橋容疑者が

533 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 21:58:43 ID:vLqOy7njO
死刑の犯罪抑止力は今や弱いので死刑以上の強制労働を刑にしてみようよ。睡眠時間は短く食事は最低限、いつまで続くか分からない労働は本当にキツいと思う。

534 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/26(木) 22:30:34 ID:bgtQuLWV0
>>521
郷田ラモラだろw それにしてもしつこく同じ論理の繰り返しだな。
お前が卒業したと嘘をつくUCBの卒業生は皆活躍してるのに、
なんだお前のその有様は。人間の恥だな。

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 04:17:09 ID:VNksS6R40
>>534
お前こそ、「招かざる客」だよ。
アフォ!

536 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 08:51:42 ID:HXM+yC0hO
>>534-535
うれしいこと言ってくれるじゃないの。
それじゃとことんよろこばせてやるからな

537 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 09:18:37 ID:POLBSF/CO
おめでとうございました

538 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 09:52:23 ID:42tq8HVR0
>>535
おい、脳障害!
早く地獄に落ちろ!

539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 12:12:51 ID:HXM+yC0hO
>>538
お願いだ、俺のウンコを食ってくれ

540 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 18:47:35 ID:kiGVwV2s0
>>530
横レスだけど、答えは君のレスだね。


541 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/27(金) 18:52:06 ID:wSEkQdW50
>513だからさぁ「人命は掛け替えのないものである」ってのも、バ観念さんがそう考えてるだけなんだよ。

「掛け替えのないものである」は俺の主観だが、人命が絶対的客観である事実は俺の主観とは無関係。分かる?

>でもそれは相対性を免れる事は出来ないから主観に過ぎないんだよ。

んじゃ「バラク・フセイン・オバマ・ジュニアの人命」の相対概念は何?
相対性を免れないなら、答えはある筈だよなぁ

>だから、無知無学のバ観念さんは「絶対」と「相対」と「客観」と「主観」の意味を調べてから発言した方が良いんだよ。

人は鏡

542 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 18:59:08 ID:HXM+yC0hO
>>541
この分だと相当我慢してたみたいだな、
腹の中がパンパンだぜ

543 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 20:15:35 ID:POLBSF/CO
アンカも間違えてるし反論も論点のすり替えだし…

ここはバ観念のリハビリ施設じゃねぇぞw

544 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 20:38:37 ID:GgDkS0pS0
>>535

おい、長文ラモラ!!!
お前が卒業したと嘘をつくUCBの卒業生は皆100%社会で活躍している。
それにひきかえ、何だ、お前のその糞みたいな惨めな有様は???
UCB卒と自称するなら、自分がどのように米国経済へ貢献しているか言ってみろ。
生活保護受けて家でネット三昧しているyurikoは、人間のカスだな。死刑に相当する。


545 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/27(金) 21:38:25 ID:wSEkQdW50
>543 アンカ

ああ、>513じゃなくて>493ね

で「バラク・フセイン・オバマ・ジュニアの人命」の相対概念は何?
彼がもし死んだら誰が「彼を生きる」の?
これらの質問に答えられないなら、「人命は客観的絶対」ということで終了

546 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/27(金) 21:58:54 ID:wSEkQdW50
>513 うん、正しくない。正しいのは「観念の思考実験は無意味だ」。

うん、正しくない。正しいのは「観念の思考実験は無意味だと定義すると楽だ」

> いろんな憶測が飛び交って結論でねーだろ。

何の結論?

> でも、お前は広まらないと断定してるんだっけ?

どこで断定してるって?

> 遺族や関係者だけ人数限定した場合の思考実験してんだろ?

何の思考実験の話?

> >> 無いなら現状の報道前提の一択で了。
> >なるほど。お前は思考実験の意味が分かってない
> 現実の抑止力有無の話してんのに、そこに思考実験の意味あんの?
> 報道前提の一択で了。しかもTV普及率99.4%。

で「抑止力があるのは死刑ではなく死刑報道」に対する反論は?

> それで、何を目的に一部の国民にしかこっそり知らされないというのもやっぱり謎。何?

目的は「殺人の未然防止」だよ
モカン論文が正しければ「減刑を報道しなければ殺人は増えない」んだろ?

547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 23:04:41 ID:PKnWsoPX0
えっ?!
桜も、寿司も、SAMURAIも、NINJAも、日本刀も、剣道も、柔道も、茶道も、歌舞伎も、UKIYOEも全部日本が韓国から盗み出した文化なの? 

韓国人が組織的に大嘘を世界中に広めている!韓国人の異常性を世界に広めて嘘に対抗しよう!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC

548 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/27(金) 23:13:22 ID:42tq8HVR0
yurikoは糞臭い。
観念は青臭い。
どっちもガキだな。

549 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/27(金) 23:34:35 ID:wSEkQdW50
>548

人は鏡なので、お前は「糞青臭いガキ」ということになる

550 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 00:10:27 ID:e7wnxXXu0
>>549
はいはい、そうでちゅねー、よかったでちゅねー。
「ここで」僕チンの言う事は絶対なんだもーんでちゅねー。

551 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 01:00:48 ID:LpNXjKdQO
>>549-550
お前ら俺のケツの中でションベンしてみないか

552 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 08:10:40 ID:OTYFBQ9r0
>>549
鏡が色んな方向に反射して人間全員「糞青臭いガキ」ということになった

553 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 08:14:37 ID:OTYFBQ9r0
>>545
クローン

554 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 11:11:02 ID:a38LpT6g0
被害者、その遺族の感情を前面に押し出して考えた場合。
死刑は絶対必要だな。
俺だって2歳の息子が理不尽に殺された場合、犯人は八つ裂きだよ。
犯罪者は犯罪を犯す際、死刑制度のことなんかあまり考えてはいないでしょう。
ごく稀に死刑制度が有効な場合もあるけどね。
名古屋の闇サイト事件加害者の一人が自首した理由は死刑が怖かったから。
死刑は抑止力は少しはあるが、皆が思う程力はないかもね。
だからと言って死刑廃止が正しいのか?
法のそもそもの目的とは?
社会の秩序維持、これで間違いないか?
ってことは、法に照らして考える死刑制度の意味はなんだろう。



555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 11:20:10 ID:LpNXjKdQO
>>554
お前俺のケツの中でションベンしろ!

556 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 11:26:01 ID:GAUKGNUc0
>>
今忙しいから、1行レス。明日の12時に回答すんよ。その3の削除・修正要請も含めて

557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 12:38:02 ID:AeY+EHKo0
>>554
>俺だって2歳の息子が理不尽に殺された場合、犯人は八つ裂きだよ。
→その息子が長じて、幼児殺しにならないという保証はない。
その場合、自分で自分の息子を八つ裂きにできるのか、という問題なんだよ。
>>544
>自分がどのように米国経済へ貢献しているか言ってみろ。
→A consumer!(爆笑)
なんて冗談だが、
そもそも、私はyurikoさんではない。
お前に関係ない。恐らく、お前より生産的だろう…

558 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 12:49:01 ID:6zsplUoO0
>>557
>その息子が長じて、幼児殺しにならないという保証はない。
>その場合、自分で自分の息子を八つ裂きにできるのか、という問題なんだよ。

自分の子供と他人の子供に持つ感情が同じと考えてるのか?
死刑反対派の鳥越俊太郎が、自分の子供が殺されたら犯人を殺したいと吐露してた。
慌てて謝罪訂正してたけど、何に誰に謝罪訂正したのか意味不明だった。

559 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 13:21:42 ID:LpNXjKdQO
>>557
なにイ!?今度はウンコオ?
お前俺をバキュームカーと間違えてるんじゃねーのか!?

560 :存置派:2009/11/28(土) 13:31:43 ID:1h5/b82w0
死刑廃止によるメリット
 ・終身刑囚が寿命を迎える前に発覚した場合のみ、冤罪発生時の被害の減少
  (終身刑囚が冤罪のまま獄死した場合、冤罪死刑を受けたのと同等として評価する)
 ・犯罪減少の可能性。ただし、これを唱える廃止派が可能性を証明しうるデータを持ってきたことはない。
 ・道徳によい影響を与える可能性。ただし、既に廃止した国でこれが見られた形跡はない。
 ・「拡大自殺」者が、本当に自殺願望を強く持つ人間であれば、その実行が抑えられる可能性がある。
  
死刑廃止によるデメリット
 ・犯罪増加の可能性。実際に増加した国としては、英国、韓国など事例がある。
 ・終身刑を導入した場合、終身刑化による収監費用の増加
 ・終身刑を導入しなかった場合、再犯の発生確率が増加
 ・「拡大自殺」者が持つのが自殺願望ではなく、ただの自暴自棄の場合、その実行がむしろ増える可能性がある。

…整理するほど、どうも廃止にメリットがないように思えるんだがなぁ。

561 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 13:37:23 ID:gvt1RcsQ0
延々と同じことをまだ言い合ってんのか^^;
矢印君も元気そうだし観念君もまた出てきたんだね〜

あいかわらず廃止論者は
「存置派は死刑廃止論者を納得させる説明をするべき。」 って言い続けてるのかな?

逆なのにな

562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 13:52:57 ID:LpNXjKdQO
>>560-561
四つん這いになれば、免許返していただけるんですね?

563 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 14:02:53 ID:gvt1RcsQ0
>>560に追加
死刑によるメリット
 ・厳罰に対する恐怖感等、つまり社会的な気の引き締め効果。これは必ずある。
 ・道徳に良い影響を与える可能性、ただし、公正公平に執行されるのは絶対条件。
 ・自殺を望むから人を殺すということは有り得ない。自分で手を下せないから大きな権力によって・・・というのであれば
  ヤクザなど強いものを的にかければよいのだが、狙うのは弱いもののみ。自暴自棄で正解。
 ・身内を失った人間の仇討ちの感情を社会的理知的に抑制する。公平な応報の理念の浸透。
 ・犯罪者自身が、自らの更正の可能性が残されたラインを認識して踏みとどまる可能性。

死刑によるデメリット
 ・犯罪者の更正の可能性が無くなる。
 ・応報感情が行き過ぎると心が荒む
 ・冤罪の可能性(これは死刑に限ったことではないが)


廃止論者は、死刑廃止によって心が清らかになる可能性をあげているが、それは可能性としてはありえるだろうとは思う
が、同時に気の緩みが発生するのは必至であるといえる。
双方のバランスが大事だと感じる。

564 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 14:11:04 ID:gvt1RcsQ0
>>563に追加で
死刑によるメリット
 ・安い金で殺し屋に仕立てることがし難くなる。
 ・立場の弱い、道徳の通用しない外国人等、刑務所に入ってもあまりデメリットを感じない人間に対する抑止効果。

死刑によるデメリット
 ・犯罪者自身が、自らの更正の可能性が残されたラインを超えてしまったと認識したときに自暴自棄になる可能性。
  (拡大自殺よりもこれをどうするかのほうが重要)

565 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 14:37:53 ID:LpNXjKdQO
>>563-564
いいこと思いついた!!お前俺のケツの中でションベンしろ!

566 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 16:02:48 ID:LKEMB1ptO
死刑廃止によるメリットなんて「一部勢力による国家の主導」ぐらいしかないだろう。
つまり「彼ら」の利益であって、「我々」の利益ではない。

567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 16:05:38 ID:LpNXjKdQO
>>566
やらないか

568 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 16:10:56 ID:gvt1RcsQ0
まぁ存置や廃止のメリットデメリットなんて言われてだらだらと色んなものが並ぶけど
どれもこれもが同列で語られるものではないということは分かってるよな?

そして、存置派の人の死刑への考えは「最終手段」であって
廃止論者の考えは、「まず最初に死刑廃止ありき」 であるのも相変わらずだ

569 :死刑を含んだ日本文化は変わるべきですが…:2009/11/28(土) 16:33:56 ID:w5c6RSsx0
>>558
>自分の子供と他人の子供に持つ感情が同じと考えてるのか?
→以前の書き込みで、
「もし、自分の息子が人殺しをするような大人になったとしたら、自分が殺しにいく」
戸言うのが蟻ありました。
私はある意味、感動しました。
それだけ自分の息子を信頼しているのだ、と思ったからです。
しかし、現実には、人は様々な理由で、「人殺し」になってしまうのです。
最近、初公判が開かれた「元厚生省次官連続殺人事件」ですが、小泉が逮捕された当時、
父親は「(連絡が取れにくなり、様子がおかしくなって)嫁さんが見つかったのかと思った。」などと、
脳天気なことを言っていました。明らかに育てかたを間違えたのでしょう。
そもそも、小泉は「しろの仇」とか「保健所で処理されている犬達がかわいそう」などと、
謝罪を拒否しているそうです。
当初は、年金問題に絡んでの「みせしめ」的犯行かとさえ思われたのです。
拘置所はちゃんと小泉に、「厚生省は保健所を管轄していない」とはっきり教えたのでしょうか。
まず、それを先にするべきだったでしょう。
そして親は、まず人殺しの息子(もう50近いとはいえ)を育ててしまったことに対してて
謝罪をするべきだったのです。
親は何才まで、子供に対して責任をもたねばならないのか、という問題はあります。
私は、敢えて、「一生」と言っておきます。
中国仏教の経典で偽経といわれてるなかに、
「父母恩重経」というものがあります。
たとえ「偽」でも、中味は中国的伝統(儒教道徳)を超えて感動させるものがあります。
それは、この「父母恩重」というのは実は、「それだけ親は子供を大切にしなくてはならない」
ということなのです。
斉藤孝氏は「かつて日本では子供天国だった」と当時、日本を訪れていた外国人の目を
紹介しています。つまり、現代日本は少子現象にともなって、子供の受難時代があって、
昔は「貧乏の子沢山」で子供を大切にする文化があったようなのです。
少子化を反映して、青少年犯罪の絶対数は当然、減少し、全体から見ての相対的数も少なくなってるでしょう。
しかし、本当に現代の子供は、愛のある生活を送ってるのでしょうか。
犯罪とか死刑問題以前に、「失ってはならない、美しい日本の文化」はあると思います。

570 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 16:47:16 ID:gvt1RcsQ0
>>569
あいかわらず貴方は、もっともではあるが、直接は死刑廃止と何も関係ない長文を書きますね
そうですね、そういう美しい日本文化を取り戻すことも大事ですね、死刑を廃止したら、それすらも失いますね
凛とした厳しさと儚さのあるところに、美しさも存在すると思います

571 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 18:14:43 ID:+TikN6j30
>>570
>死刑を廃止したら、それすらも失いますね
→いえ、死刑はなくさなければならないのです。
小泉首相は当時、靖国神社を訪れ、
「当時の若者達が守ろうとした美しい日本を私達は思い出し、彼等に感謝しなければならない」
という旨を話をしていました。
私はそうした心情はよくわかるのです。
ユダヤの格言に、「赤ん坊を湯あみして、お湯と一緒に赤ん坊まで流してはならない」
というものがあるそうです。
その心は、新しいものを取り入れつつ、古い伝統も大切しなければならない、というものです。
たしかに、4千年以上の歴史があるユダヤ教らしい教えだと思います。
日本にも誇るべき伝統があります。
しかし、日本の場合、その「純粋な日本らしさ」自体が実は、外国にルーツがあったりします。
詳しくは述べる余裕がありませんが、漢字文化一つとっても、あれは元々中国語だったのを
上手く「日本人向け」に作り変えたのです。仏教文化も元々は外国文化です。
というか、日本の文化DNAに、「水に流す」とか「こだわらない」というものがあるようなのです。
「死刑が日本文化のDNA」というのも、もっと慎重に検討するべきではないでしょうか。
過去、日本の法相達は、「日本文化には死んでお詫びするというものがる」旨の
発言をしたことがあります。
しかし、それは本当に、日本文化の「無くてはならない」部分だったのでしょうか。
逆に「生きて償いをする」という考え方はなかったのでしょうか。


572 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/28(土) 18:51:01 ID:itJ4ndhL0
>554 名古屋の闇サイト事件加害者の一人が自首した理由は死刑が怖かったから。

と、「当初報道されてた」のは確かだが、当人は後になってそれを否定してるよ
http://www.youtube.com/watch?v=oQDaDMKinzQ

>560  ・犯罪減少の可能性。ただし、これを唱える廃止派が可能性を証明しうるデータを持ってきたことはない。

思考実験したら分かるよ。廃止してる方が人々が喧嘩をしなくなる。何故なら「こいつをこれ以上挑発したら、後ろから刺されるかも」と考えるから

> ・犯罪増加の可能性。実際に増加した国としては、英国、韓国など事例がある。

あれ?カナダは?イギリスが増えたってのは何年と何年を比較して?

>563 死刑によるメリット
>  ・厳罰に対する恐怖感等、つまり社会的な気の引き締め効果。これは必ずある。

それは死刑によるメリットではなく死刑報道によるメリット

573 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 18:53:52 ID:yYalL4eb0
>>571
繰り返し言うが、
お前は本当に意味のわからない文章をダラダラと書き続けて、
偽UCB卒業生として恥ずかしくないのか???
本当にUCBを立派に卒業した人々は、今、世界のさまざまな地域で
社会・経済でかなりの活躍をしているぞ。それにひきかえ、お前のその有様は何だ??
オークランドみたいな貧困層しか住み着かないような地域に障害者手当を当てにへばりついている。
まともに職に就いたこともなく、中学生並の語学力しかないのに翻訳業などと嘘をつく。
朝から晩まで宗教宣伝をして、ネット上をうろついている。
yuriko、お前はUCBを馬鹿にしているのか??? 大学に恨みでもあるのか???


574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 18:58:50 ID:8y1zWAS60
>>571
>日本の文化DNAに、「水に流す」とか「こだわらない」というものがあるようなのです。

償えば水に流す。償いが済めば拘らない。
回復不能の人命の償いは?

>>572
>それは死刑によるメリットではなく死刑報道によるメリット

死刑廃止したら死刑報道無く成る訳だがw

575 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 19:02:54 ID:wtx5/Zwt0
そもそも自分のタイポを見つける努力すらしない知恵遅れに翻訳など出来る
はずがない。(今日もタイポ満載w)
2ちゃんねるをウロウロして、飯食って、糞をして、オナニーして寝るのだけの毎日。
何でもいいが、2ちゃんねるに書き込んだ後には「トイレその後に」をシュッと
やってほしいものだ。
yurikoの糞は臭すぎる。

576 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/28(土) 19:04:14 ID:itJ4ndhL0
小泉容疑者「官僚は悪だ、ゴミだ。家族も雑魚だ。だからやった」



うーむ、明らかに過剰な官僚叩き報道の影響だね

577 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 19:12:53 ID:wtx5/Zwt0
>>576
その通りで蟻あります!
君は頭がいいね。
「過剰な官僚叩き報道のせいで家族が雑魚に見える」戸の学説は
広く支持されています。

578 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 19:14:25 ID:dZkXlFay0
年金テロと犬殺処分の違いは有ったが政策政治目的だから完全なテロだね。

死刑反対派と同じ反政府運動かだら守ってやれよw

579 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/28(土) 19:25:42 ID:c2EIwrB+0
年金政策ならテロ、殺処分政策なら私怨の扱いは間違ってるわな
反日エセ人権死刑廃止派と同じ反政府反行政反政策の闘士だわ

580 :死刑は已む無し:2009/11/28(土) 22:21:28 ID:gvt1RcsQ0
>>572
>何故なら「こいつをこれ以上挑発したら、後ろから刺されるかも」と考えるから

これをシレっとメリットとか言っちゃうから廃止論者は信用されないのがわからないんだね
相変わらず過ぎて懐かしいな

581 :必要なのは大岡裁き:2009/11/29(日) 02:26:53 ID:rsZDB4b10
>>574
>償えば水に流す。償いが済めば拘らない。
回復不能の人命の償いは?
→ないですよね。
毎年、日本では約100万人が死亡し、その内、病院以外の場所で不慮の死を迎える人は
15万人とされています。さらに、普通なら「病院に着いた!一安心!」でしょうが、
実際は、これからが本当の試練が始まるのです。
細菌やウイルスで溢れた病院では、院内感染で死亡する確率は自宅の場合より何百倍も高いのです。
医者は「術死など当り前!」と思い切らなければ、人の体にメスなど入れられるものではないのです。
昭和23年に下された、「死刑合憲判決」(最高裁大法廷)は今日でも、唯一といっていい「死刑合憲判断」の根拠なのです。
そこに「人の命は地球より重い」という明から様な欺瞞は、被害者の命に対してではなく、
殺人者の命への呼び掛けなのです。
20世紀の人類は、二つの世界大戦と大小の戦争がで6千万人の命が奪われたといいます。
「裸の王様」の寓話ではありません、何故、こんなバカげたことが起きてしまったのでしょうか。
今でも、超大国アメリカは「テロとの戦い」という大義名分の下、戦争をしています。
ノーベル平和賞を受章したばかりのオバマ大統領は「正義の戦争」を「戦争を防ぐため」に戦っているのです。
そんなものがあるわけがありません!死刑も同様です。「人の命を守るための死刑」など、
存在するわけがないのです。
「失われた命は還って来ない」と見定めるのが、第一歩でしょう。
その上に立って、可能ならば、できるだけ加害者に反省してもらい、更生(生まれ変わって)もらうしか
ないでしょう。
「決して償えない罪を犯してしまった」と気付かせるほど、辛く厳しい刑罰はないのです。

582 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 02:32:55 ID:lTwfBitSO
>>1-581
と、こんなわけで、僕のはじめてのハッテン場体験は、クソミソな結果に終わったのでした

583 :アフォ!:2009/11/29(日) 02:43:28 ID:rsZDB4b10
>>573
>偽UCB卒業生として恥ずかしくないのか???
→お前も、ソートーアフォだな(哄笑)
『「ほんものの」UCB卒業生なら恥ずかしくないのか?』というのが
正しい日本語だろ。または、
『偽UCB卒業生で、恥ずかしいと思わないのか?』と問いかけるべきだろう。
お前には、やはり「日本語補補習校」がぴったりのようだ(爆笑)

584 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 03:26:02 ID:T90rZ6pC0
>>583

「トイレその後に」シュ〜〜〜♪

それにしても糞臭いオヤジだな。




585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 06:47:06 ID:my+FPK8J0
>>581
相変わらず糞味噌のような書き込みをダラダラと書き続ける
イカサマ詐欺師【yuriko じょーじ walker】

何度でも言ってやるが、お前は、ネット上で低脳を晒し続けて、
イカサマUCB卒業生として恥ずかしくないのか???
UCBを卒業生は例外なく米国社会で財産も名誉も獲得している。
それにひきかえ、何だ、お前のその無様な姿は??? まるで乞食じゃないか???
イカサマUCB卒業生として恥ずかしくないのか???

UCBなんてyurikoみたいな脳障害者には
あまりにも不釣合いで雲の上のような存在だから、どうせ嘘つくなら
そこら辺の語学学校修了生とあらためたほうがいいぞ。(大爆笑)


586 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 07:51:26 ID:T90rZ6pC0

Hint!

UCB=unacceptable crazy bitch


587 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 08:09:24 ID:YrI5Gt7T0
>>585
>あまりにも不釣合いで雲の上のような存在
→アメリカの犯罪史には、残念ながらIVリーグ出身者の殺人鬼(シリアルキラー)や
残念ながら、UCバークリー(こちらの方が実際の発音に近い)出身者に
殺人鬼もいる。更に、近年、残念なことに、安全である筈のキャンパス内で殺人(犯人は捕まってない)も
起きてしまった。
東京大学では、タリウム殺人事件(平成2年)が記憶に新しいが、
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage367.htm
被害者、加害者ともに、東大生(OBでも院でもない)ではなかった。
ただし、小説「東京大學殺人事件」佐藤 亜有子 著がある。
キャンパス外でUCBの学生が殺人事件に巻き込まれることは、残念ながら珍しくない。
くれぐれも、私を狙うなどということは止めていただきたい。
「偽卒業生と思った」では、洒落にもならない(爆笑)

588 :存置派:2009/11/29(日) 08:22:20 ID:/GaUZDnZ0
>>572
>思考実験したら分かるよ。
…相変わらず「これは正しい。ソースは俺の脳内会議!」なわけだねぇ。

>何故なら「こいつをこれ以上挑発したら、後ろから刺されるかも」と考えるから
かくして、人を刺す人間が幅を利かし、刺される側の人間は暴力に怯え、意見を述べられなくなる社会が到来する、か。
…ちなみに、おそらく君の理想社会に最も近いだろうコロンビアの治安は中々最悪なわけだがなぁ。

>あれ?カナダは?
ん? 廃止派に有利なデータなら君が持ってくれば? 違うなら、まぁ、いいや。

>イギリスが増えたってのは何年と何年を比較して?
1965年と1970年という、死刑のモラトリアム期間をもっても、
廃止後の23年間をもっても、まぁ、廃止派に有効なデータにはならないけど?

589 :存置派:2009/11/29(日) 08:27:55 ID:/GaUZDnZ0
>>587
いや、「偽」と認識したら襲われないだろ…。
(その小説が「偽卒業生を標的にしてた」という筋書きなら、すまんがね)
…まぁ、そんな阿呆な間違いばっかりしてりゃ
有名大学卒業生はおろか、大卒にすら見てもらえないとは思うから、安心しとけ。

590 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 08:38:17 ID:my+FPK8J0
>>587
>くれぐれも、私を狙うなどということは止めていただきたい。

何でお前みたいな脳障害者を相手として狙う必要があるのだ??? 
それともあまりにも暇だから、「狙ってほしい」と言っているのか???

名声高きUCBの名誉を傷つけているお前の行為は犯罪だ。
お前の存在自体が死刑に相当する。いまからでもいいから、
「実は、私はUCB卒業生ではない。偽UCB卒業生である。各界で
活躍しているUCB卒業生達には大変迷惑をかけた。申し訳ない。」
と土下座のうえ謝罪したほうがいいぞ。無期懲役に減刑されるかもしれない。

それにしても、何だ、お前のその惨めな格好は??? お金ないのか???
偽UCB卒業生ならば、もう少しまともな身なりをしたほうがいいぞ。(蔑笑)

591 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 08:54:31 ID:YrI5Gt7T0
>>590
お前みたいなノータリンを相手にするほど暇ではない(苦笑)
シリアルキラーとして有名なのは、Unabomber Theodore Kaczynskiがいる。
この男はハーバード大学を卒業している上、UCBで教鞭を取ったこともある。
http://www.allserialkillers.com/the_unabomer.htm以下引用
At Michigan he held a National Science Foundation fellowship, taught undergraduates
for three years, and published two articles related to his dissertation in mathematical
journals. After he left Michigan, he published four more papers.
Kaczynski was hired as an assistant professor of mathematics at the University
of California, Berkeley, in the fall of 1967. Kaczynski's aloofness and reserve
made him a rather dull teacher and his students rated him very poorly.
Against the attempt at persuasion by the department staff, Kaczynski resigned
without explanation in 1969. Calvin Moore, vice chairman of the department in 1968,
said that given Kaczynski's "impressive" thesis and record of publications,
"he could have advanced up the ranks and been a senior member of the faculty today."

592 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 08:59:33 ID:kEEcODDn0
死刑賛成  理屈はいらない アメリカの様に被害者家族に死刑の現場を見せる事を希望

593 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 09:31:07 ID:L35pN8G+0
既婚女性板はカルト団体の糖一教回や、そよ風などが支配し世論工作をしています。
既婚女性に成り済ましレスを繰り返してます。
残念だが既婚板の政治スレは全部カルトの工作スレです。
例えばこのスレ

【民主党の政策に不安を感じる奥様の雑談室】その80
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1259420965/
web魚拓
http://s03.megalodon.jp/2009-1129-0505-19/hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1259420965/

ちなみに北から日本にやってきたカルト糖一は死刑賛成派です。
死刑にしないと韓国人の凶悪犯がやって来るなどと煽ってますw
日本人を支配しようとしてる奴らは死刑賛成派です。
そのほうが精神的に管理しやすいからね、羊として

594 :死刑代替施設としてのスーパーマックス:2009/11/29(日) 09:38:07 ID:YrI5Gt7T0
>>590
>迷惑をかけた。申し訳ない。」
と土下座のうえ謝罪したほうがいいぞ。
→いかにもノータリンな発言だな。何度も言うが、もし仮に「偽卒業生」として、
何らかの利益を得ていたとしたら、罪に問われることがあるだろう。
しかし、そういう場合、騙された人達が後で、不利益を被ったと気付くのだよ。
もし、お前が主張するように、「偽卒業生!」と見破った?(笑)なら、不利益を被る前だから、
私はお前に謝罪する意味はないのだよ。
それより、お前の悪意のこもったデマによって、私は非常に不愉快になった。それだけで大変な被害だ。
お前のことを見つけ次第、警察に訴えるつもりだ。私は本気だ、甘くみない方がいい。
それより、本題だ(苦笑)
元UCバ−クリ−教諭テッド カジンスキーは、コロラドにあるスパーマックスと呼ばれる、
連邦最重要警備刑務所に収容されている。
この刑務所は拘置所も兼ねていて、オクラホマ連邦ビル爆破事件の主犯マクベイ
も死刑執行まで収されていた。現在、共犯が収容されたままだ。
スーパーマックス刑務所の収容者には、いかなる外部者とのコンタクトも禁じられている上、
収容者同士は無論、看守と顔を会わせることもない。まさに、目的が「完全な隔離」にある。
運営費用は無論、死刑にかかる費用に見合うくらい膨大なものになる。
もしも、「せめて命だけでも…」というのなら、このスーパーマックスは一つの答えだろうが、
窮極の人権侵害施設であることも確かだ。
http://en.wikipedia.org/wiki/ADX_Florence
http://www.supermaxed.com/Federal-SM-Page.htm

595 :死刑は已む無し:2009/11/29(日) 09:48:42 ID:qfK2r0x/0
>>594
>もしも、「せめて命だけでも…」というのなら、このスーパーマックスは一つの答えだろうが、
>窮極の人権侵害施設であることも確かだ。

それがわかってて死刑に反対するんだな
ということは、殺人しようがなにしようが無条件で許せ、と言いたい訳か
あなたは精神統一に励んだほうが良い

596 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 10:18:33 ID:my+FPK8J0
>>594
>私はお前に謝罪する意味はないのだよ。

お前が俺に謝れなどど、いつ言ったのか???
偽UCB卒業生であるお前が本当のUCB卒業生達に謝罪するように勧めているのだが。(笑)
どうやら、このノータリンyurikoは日本語をまともに読めないようだな(苦笑)

>それより、お前の悪意のこもったデマによって、私は非常に不愉快になった。それだけで大変な被害だ。
>お前のことを見つけ次第、警察に訴えるつもりだ。私は本気だ、甘くみない方がいい。

悪意のこもったデマではない。お前が偽であるという事実を指摘したまでだ。
文句があるなら、かかってこい。(ビシッw バシッw!!!)
俺の日本にいる。お前は旅券法違反で神聖なる日本国へは入国できない。
よって見つけ出すことはできない。
俺はお前をいつも甘く見下していることを忘れないほうがいい。

お前が非常に不愉快になったことは大変嬉しい。

何度でも言ってやろう、「お前は偽UCB卒業生だ。偽であることを恥じて懺悔するがよい。
輝かしい社会貢献をしているUCB卒業生達へ謝罪しろ。そして警察へ自首するのが
お前自身のためだ。」



597 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 10:20:26 ID:LsmsizmB0
日本の人権死刑反対の思想は、共産主義の幻想が元になってるんだね。
共産主義国には犯罪者や障害者はいないと宣伝してたの信じて作られた思想だね。

598 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 10:36:56 ID:YrI5Gt7T0
>>595
>それがわかってて死刑に反対するんだな
ということは、殺人しようがなにしようが無条件で許せ、
→死刑が復讐=仕返しである意味はないでしょ。
死刑に意味があるあるとしたら、それは
「再犯を防ぐための窮極の方法」で、特別予防といわれる死刑の目的です。
しかし、もし、スパーマックス刑務所が資金的、物理的に建設可能なら、
死刑に替わる施設となりうる、ということです。
スパーマックスでは、監房では白黒テレビが一台据えられているそうですから、完全な孤独ではないようです。
手紙類は例え親族でも禁じられているようですが、それは改善するべきでしょう。
現在、百人を越す日本の死刑囚が暮らす拘置所の状態もスパーマックスに近いものがるようです。
もっとも、現在の拘置所では、再審請求もしない従順な死刑囚への処遇は良好なようです。
月一回の誕生会(却って嫌味な気がするが…)や集団ビデオ観賞会もあるらしい。
拘置所に於ける処遇が場所によって大きな違いがあるのは、意外と知られていないが、
是非とも改善してほしい。
私の希望としては、死刑囚に限らず、自分の犯した罪を悔い、反省しているのなら、
処罰より、更生、さらに(たとえ何年かかろうとも)社会復帰を手助けするべきだろう。
参考 必見!
ライファーズhttp://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html

599 :なんだ、負け犬の遠吠えかよ(爆笑):2009/11/29(日) 10:45:11 ID:YrI5Gt7T0
訂正>>596
>俺の日本にいる

俺は日本にいる

→アメリカに来る気があったら、
私の豪邸に何時でも、何泊でも泊まりにきてもいいぞ(爆笑)

600 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 11:07:48 ID:my+FPK8J0
>>599
見苦しいから、お前のようにいちいち訂正はしない。

>私の豪邸に何時でも、何泊でも泊まりにきてもいいぞ(爆笑)

をいをい、豪邸だとよ。ホモのゴミ屋敷じゃなかったのか???
もちろん泊まりに行く気など毛頭ない(笑)
そもそも会いたいなどと一言も言ってない。頭、大丈夫か???

お前はUCB卒業生だと偽っている時点でルーザーなんだよ。
誇り高き本当のUCB卒業生たちへ謝罪しろ。
そして、ネット上で垂らし流した自らの虚偽の書き込みを削除して回れ。
さらにお前自身が犯したネット犯罪を償うため、速やかに警察へ自首し、
刑の執行を受けるがよい。

601 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 11:11:55 ID:my+FPK8J0
訂正>>597
>死刑に意味があるあるとしたら、それは

死刑に意味があるとしたら、それは

>スパーマックスでは、監房では

スパーマックスの監房では

>スパーマックスに近いものがるようです。

スパーマックスに近いものがあるようです。

602 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 11:12:35 ID:my+FPK8J0
訂正>>597

訂正>>598


603 :日本のモンキーよ、お前はアフォか?:2009/11/29(日) 11:22:47 ID:YrI5Gt7T0
>>600
>お前はUCB卒業生だと偽っている時点でルーザーなんだよ。
→「お前はUCB卒業生だと偽っている」→その根拠はなんだ?
お前こそ、なんだ?
私にはどうでもいいが、せいぜいプロファイルで参考になれば、という程度だ。
もろん、リザメイには真実を書かなければならない。
さもなければ、詐欺だ(爆笑)
もういい加減、物陰から石を投げるような行為は止めたほうがいい(苦笑)

604 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 11:46:33 ID:jTnMLF/uO
どうでもいいけど訂正訂正ってウザい。
どうせ訂正するなら長矢の頭の中をまるごと訂正しないと、いつまでも訂正し続ける事になるぞ。

605 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 11:50:25 ID:BTNpuo6L0
こいつら政治板でボロクソにされた反日似非人権派思想絶対主義者だからw

存続派が付き合いきれなく成るまで荒らす作戦なんだよ

606 :学歴詐称は立派な犯罪である:2009/11/29(日) 11:58:25 ID:my+FPK8J0
>>603
>→その根拠はなんだ?
卒業生名簿にお前の名前がないことだ。
そもそもアメリカの大学はお前程度の能力の人間が入れるところではない。
UCBのキャンパスを散歩して横切っただけで、卒業生と妄想するのはやめて欲しい。

逆に聞くが、お前がUCB卒業生であるという根拠は何だ???

>お前こそ、なんだ?
俺は、これまでの悪意に満ちたお前の書き込みをよく思わない人間だ。
支離滅裂、嘘、脅し、人種差別・・・・
うっとうしいから、2ちゃんねるから消えてくれればそれでよいと思っている。
お前が書き込みを続ける限り、お前を否定続ける。

まずは迷惑を掛けているUCB卒業生へ謝罪を入れろ。

607 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 12:00:26 ID:dqx2ZQBf0
>>546
>うん、正しくない。正しいのは「観念の思考実験は無意味だと定義すると楽だ」
違うだろ。「観念の思考実験は無意味だと定義するのは楽だ」が正しい。

>もし遺族や加害者の家族など一部の国民にしかこっそり知らされない、という制度だったら
思考実験の考察が浅いんだから仕方ない。

>> いろんな憶測が飛び交って結論でねーだろ。 >何の結論?
死刑報道しないことが、抑止力に影響を与えるか。

>どこで断定してるって?
そうか、じゃ広まんのか?それともどちらか、わかんねーのか?

>何の思考実験の話?
>もし遺族や加害者の家族など一部の国民にしかこっそり知らされない、という制度だったら
痴呆乙

>で「抑止力があるのは死刑ではなく死刑報道」に対する反論は?
>目的は「殺人の未然防止」だよ

死刑判決後の死刑報道の有無は、結論が出ないで了。
執行されたのか減刑されたのかわかんねんだろ。

ところで、死刑報道が無い状態と、報道前提の執行・減刑が無い状態の違いがわかるか?
それと、死刑報道は抑止力があると認めてちゃってるってことか?

>「減刑を報道しなければ殺人は増えない」
どういう状態を基準として増えないとか言ってんの?

>れ?カナダは?
カナダを次のフェーズに移せよ。そっちの方が俺にとっては都合がいい。

>その3
なんで、こんなしょーもないこと書くのかね。さっさと削除。
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090801081.html
http://www.kik-izoku.com/kik-news/l-39.htm
他にもボロボロ出てくんぞ。

>正当防衛・現場射殺で殺される奴の人命(絶対的客観)はどうなってんの?
>都合よく相対的に変わんの?

ちゃんと質問に答えろよったく。オバマの話なんて聞いてねーから。

608 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 12:35:09 ID:NBuW6OrN0
>>606
>卒業生名簿にお前の名前がないことだ。
→私のメールボックスには、様々な卒業生をあてにした寄付金を募る手紙がくる。
「こいつらどーやって私の住所を調べたのだ?」というものまである。
私は一切をオープンにしているから、別に気にならない。
それなのに、日本のサルになんで情報が伝わらないのだ?
原因は様々だろう。
実は私は本名を使っていなかった。それも一つある。
もう一つは、アラムナイの会合に一度も出席していない。
でも、毎年、万という数の卒業生がいるUCBだ。
すべての卒業生の住所を辿れるわけではないだろ。
それより、私がちらっと疑問に思ったのは、お前がどうやって、その「卒業者名簿」を
手に入れたかだ。
参考「頭隠して尻隠さず」
The foolish ostrich(ダチョウ) buries his head in the sand and thinks he is not seen.《愚かなダチョウは砂に頭を隠して自分は見えないと思っている》

があります。



609 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 13:02:46 ID:T90rZ6pC0
UCBを卒業したと自称する人間にしては、妙にタイポが多いね。
一度読み直すことすら出来ないほど頭悪いの?
大事なことはね、出身大学の名前じゃないんだよ。
本人の実力。
yurikoはボロボロの脳障害者としての位置づけしかされていないんだよ。
そのくせ、日本人を猿扱いするからみんなからからかわれる。
一体どういう実力があるっていうんだよ。
俺たちにはお前の実力が全く見えない。
せめて英語ぐらい書けるのかと思いきや、それすら出来ない。
文章は回りくどくて何もまとまっていない。
タイポと訂正だらけ。
論理は常に飛躍。
単なる馬鹿じゃないか?w

610 :「ガラスの地球を救え(二十一世紀の君たちへ)」:2009/11/29(日) 13:28:01 ID:NBuW6OrN0
>>606
>UCB卒業生であるという根拠は何だ???
→卒業証書(爆笑)
>お前こそ、なんだ?
俺は、これまでの悪意に満ちたお前の書き込みをよく思わない人間だ。
支離滅裂、嘘、脅し、人種差別・・・・
→わけのわかんないことを言うなって。
私は人権学を学んだ。そういうのを「釈迦に説法」という(苦笑)
私の主張は「日本は死刑を廃止するべし」これだけだ。
恐らく、民主党政権下では、死刑は執行されないだろう。
心配なのは、自民党が単独で政権復帰した場合だ。
現在の自民党は、公明党というパラサイトがついているから、その間も
死刑は停止されたままだろう。公明党のもつ宗教票に自民党の政党としての運命を託してしまっている。
故藤原弘達が予想したことが、ここまで適中するとは誰が思っただろうか。
そうでなくとも、自民党は元々、様々な寄生虫の巣みたいなところだ。
自民党が再生できるとしたら、「脱宗教化=せいぜい非宗教化」して、国民政党を目指すときだろう。
民主党が先にそれをやってに成功した。
21世紀は、人権の世紀となるのは間違いない。さらに言えば、
「宇宙船地球号」時代となる。そう自覚するしか、人類の未来はない。
私の前に、手塚治虫の遺書ともなった「ガラスの地球を救え(二十一世紀の君たちへ)」
がある。
手塚氏は二十一世紀を見る前に亡くなった。
二十世紀、未来学者が予想していなかったことが一つだけある。
それは意外なことだが、「携帯電話機の発展と普及」だったそうだ。
ビデオ付き携帯電話機の普及は、インターネットの普及以上に、人類の一体性を強めることになった。
アメリカでは、警察官が、たとえ正当な手続で市民を逮捕しても、その映像がすぐにネットに流れる。
この仕組みがアフリカや中国の奥地にまで広がったら、人権侵害行為も少なくなるのではないか。
手塚治虫は次のように語っている、(宇宙飛行士の目を通して)
『大宇宙の孤独に耐えて、ガラスのように壊れやすく、美しい地球が浮かんでいる。
戦争の爆弾の火や、緑が後退して砂漠化が進む荒廃ぶりなど、まるで自分が神のように
眼下に見えてしまう衝撃。
そして、人間のはかなさが手に取るようにわかってしまうのにちがいないのです。
宇宙の果てしない闇の深さにくらべる、この水の惑星の何という美しさでしょう。
それはもう、神秘そのものかもしれません。(略)
きっと彼等未来人、そして宇宙人でもある子どもたちは、新しい地球規模の
哲学を携えて、地上の人々に警告を発することでしょう。
その時こそ、やっと人類は宇宙の一員になれるのかもしれません。』


611 :読み易いようにリピートしました:2009/11/29(日) 13:32:10 ID:NBuW6OrN0
『大宇宙の孤独に耐えて、ガラスのように壊れやすく、美しい地球が浮かんでいる。
戦争の爆弾の火や、緑が後退して砂漠化が進む荒廃ぶりなど、まるで自分が神のように
眼下に見えてしまう衝撃。
そして、人間のはかなさが手に取るようにわかってしまうのにちがいないのです。
宇宙の果てしない闇の深さにくらべる、この水の惑星の何という美しさでしょう。
それはもう、神秘そのものかもしれません。(略)
きっと彼等未来人、そして宇宙人でもある子どもたちは、新しい地球規模の
哲学を携えて、地上の人々に警告を発することでしょう。
その時こそ、やっと人類は宇宙の一員になれるのかもしれません。』



612 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 13:49:19 ID:L0pZ+Fg40
>574 死刑廃止したら死刑報道無く成る訳だがw

死刑廃止して終身拷問刑を導入したと報道すれば良い。勿論実際には拷問などはしないが、犯罪予備軍に含まれるようなアホな愚民は幾らでも騙せる

>578 死刑反対派と同じ反政府運動かだら守ってやれよw

反「死刑制度」運動は反「政府」運動ではない。拡大解釈乙

613 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 14:25:57 ID:Ufr6I1Q70
>>612
>死刑廃止して終身拷問刑を導入したと報道すれば良い。勿論実際には拷問などはしないが、犯罪予備軍に含まれるようなアホな愚民は幾らでも騙せる

なら死刑存続させといて、死刑廃止して終身拷問刑を導入したと報道すればw

>反「死刑制度」運動は反「政府」運動ではない。拡大解釈乙

反日運動家の反政府運動の1つが死刑廃止運動だからw
運動の為の運動を縮小解釈乙!


614 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 15:06:48 ID:spkb1xKn0
>>613
そいつ、ちょっと頭が可笑しいから、相手にしない方がいいよ。

615 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 15:35:55 ID:L0pZ+Fg40
>607

取り敢えず、落ち着け(初っ端から何言ってるか分からんしアンカも無いし引用gdgdだし)
そして一番俺に回答して欲しい個所を論点まとめて挙げなさい

>613 なら死刑存続させといて、死刑廃止して終身拷問刑を導入したと報道すればw

それだと存続させる意味がない。単に「理解不能な存在はとにかく消したい」というソンチーズの欝憤晴らしが目的、というなら分かる

> 反日運動家の反政府運動の1つが死刑廃止運動だからw

反「死刑制度」運動は反「政府」運動ではない。拡大解釈乙(再掲)

616 :死刑は已む無し:2009/11/29(日) 15:38:52 ID:qfK2r0x/0
観念君は頭が可笑しくなんか無いよ?ただ必死なだけ
その証拠に、都合が悪いレスにだけは返事しないし、完全に行き詰ると姿を消す(名無しになるだけだが)
都合が悪いっていうことが認識出来るのだから、頭が可笑しいわけではない

617 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 15:54:15 ID:L0pZ+Fg40
>616 その証拠に、都合が悪いレスにだけは返事しないし、完全に行き詰ると姿を消す(名無しになるだけだが)

二つの妄想並べて「証拠」と言える図太さ。これがソンチクォリティ

618 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 15:56:18 ID:L0pZ+Fg40
ところで「バラク・オバマの命」の相対概念は提示できたの?
最近勢いあり過ぎて全レス読んでないから提示してるレスあったらアンカつけて

619 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 16:48:40 ID:L0pZ+Fg40
>598

ライファーズか
その手のドキュメンタリ映画ってツタヤとかで借りられないのかな

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD35997/story.html
更生プログラム「AMITY(アミティ)」で、再犯率が他の刑務所の3分の1だって
つか他の刑務所何やってんの?
怠慢でしょ明らかにこれ

620 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 16:51:04 ID:L0pZ+Fg40
>606

お前はとりあえずこれの1-3読め↓

外界は内界を映し出す鏡だって言ってたようちの婆も
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1252552483/

621 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 16:52:28 ID:L0pZ+Fg40
>607 他にもボロボロ出てくんぞ。

それらのどこが、その3の反論?そもそもどれも「殺人」してないじゃん

622 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 17:25:13 ID:tAzB4Zr80
>618
バ観念逃げに回ってるようです。都合が悪いレスにだけは返事しません。

オバマの命も相互認証で、成り立ってるじゃん。
絶対的なら暗殺から守る必要ないね。
ボディーガードがオバマの命守ってます。
オバマがもし誰かを殺そうとしたら、逆に殺されるかもしれないね。
オバマの命は絶対的なんて笑っちゃうね。プ。

623 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 18:20:21 ID:L0pZ+Fg40
>622 オバマの命は絶対的なんて笑っちゃうね。プ。

お前の命も絶対的客観なんだよ。オバマは単なる一例
しかしまぁ・・・・・ホント・・・・・よく恥ずかしげもなくそんな堂々と頭悪いレスできるね

624 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 18:26:53 ID:L0pZ+Fg40
>622 絶対的なら暗殺から守る必要ないね。

「絶対的」の意味すら理解してなさそうなのがよく分かる、稀代の名文句

625 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 18:30:59 ID:L0pZ+Fg40
この調子だとこのスレが1000に行くまでに「オバマの人命の相対概念」が出て来そうにないので、「人命は絶対的客観」が結論ということで終了

客観と主観、絶対と相対の区別がつく存置論者、いないの?ここ

626 :偽UCB卒業生 さようなら さようなら もうここにはこないで!!!:2009/11/29(日) 18:49:05 ID:my+FPK8J0
>>610

お前はUCBオープンキャンパスのメールアドレスへ登録したから、
さまざまな手紙が郵送されてくるだけなのだろう。
オープンキャンパスは一般人であれば誰でも参加できるからな。
ところで、オープンキャンパスでも人類学をやっているのかい???
それは、人種差別論(特にアジア人に対する)ではなかったかい?!? (笑)

今日は、妙にゴキブリyurikoの食いつきがよくて、とても愉快だ。
リアルのUCB卒業生と比較されて、偽卒業生であるだけに社会的格差の事実を
実感して、さぞかし悔しいのだろう。(苦笑)

お前はすべてをオープンにしているというが、猿の日本人に対しても自らを曝け出してみてはどうだろうか。
本当のUCB卒業生ならば、ほぼ100%の人間が社会的に著名であり、既にメディアや新聞で有名だろうから、
ここでオープンにすることに何のためらいも持たないだろう。

yuriko、お前にそれができるか??? いやできないだろう。
何故ならば、お前は偽のUCB卒業生であるからだ。
学歴を詐称しているからだ。何度も言うが、これは犯罪だ。

ところでお前は自分とyurikoさんは関係ないと言っているが、
そうならば、お前は一体誰なのだ??? 何でそんなに怒っているのだ??? (大爆笑)


627 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 18:55:42 ID:tAzB4Zr80
>623
ぼくちん、誰かの命を奪おうとしたら、正当防衛で奪われちゃうかもしれないよ。
でも、命を互いに尊重したら奪われないね!
オバマの命もぼくちんの命も相対的だね。
>624
絶対的なら、暗殺者もオバマの命を絶対的客観してるってことだね。
そんなこと、ないない。
絶対的客観の一人歩き、なんだか変なバ観念最高!

628 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 19:03:28 ID:tAzB4Zr80
>625
バ観念、人命は絶対的客観って誰のうんこ?
そこで一句、バ観念、肉を食うのは、無問題。

629 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 19:43:25 ID:dQtd/a660
>>615
>それだと存続させる意味がない。単に「理解不能な存在はとにかく消したい」というソンチーズの欝憤晴らしが目的、というなら分かる

廃止論者が言ってる、凶悪犯罪者の減少が出来るんじゃないかw

630 :凶悪犯でも愛によって変わる:2009/11/29(日) 20:10:25 ID:McKZv/wB0
>>619
>更生プログラム「AMITY(アミティ)」で、再犯率が他の刑務所の3分の1だって
つか他の刑務所何やってんの?
→「AMITY(アミティ)」では、一般市民(ボランティア)の参加があるのです。
つまり、そこには、愛があるのです。
日本でも、死刑囚歌人・島秋人はあれ果てた人生の末、死刑囚になってしまいます。
しかし、中学校のとき、一度だけ絵の先生に「構図がいい」と誉められたのを思い出し、
旧師に手紙を送ったのが交流の始まりです。島はどうして旧師に手紙を書こうと思ったのでしょうか。
「この世に誰かが自分を認めてくれた人がいる」ということが、自尊心を与え、生きる勇気を与えてくれたのではないでしょうか。
島は旧師の妻から歌を習い、才能を開花させていったのです。
http://www.sutv.zaq.ne.jp/ckaty207/sima.html
心の荒れ果てた死刑囚に養父母がつくことがあります。
http://homepage2.nifty.com/katatsumuri/starthp/subpage20.html
死刑囚・向井伸二は向井夫婦と出会うことで、「他人の心の痛み」を感じられるようになりました。
死刑囚達は判決文で、裁判長から「矯正の可能性がない」と断罪されるわけですが、でも、何故、
「だから死刑(命を絶つ)」でなくてはならないのでしょうか。
島にしろ向井にしろ、真実の愛と出会ったことで別の人間に生まれかわったのではないでしょうか。
また、永山基準として、死刑判断の基準を示した永山則夫は19才で罪を犯し、死刑判決を受けたのですが、
拘置所内で獄中結婚など、新しい愛との出会いによって、真実の愛に目覚めていったのです。
ところが、永山は犯行から丁度、20年目に処刑されてしまうのです。なんのための死刑だったのでしょうか。
何らかの辻褄会わせにしか思えません。


631 :「遅すぎる」ということは決してない!:2009/11/29(日) 20:18:16 ID:McKZv/wB0
訂正>>630
>日本でも、死刑囚歌人・島秋人はあれ果てた人生の末、死刑囚になってしまいます。
     ↓
日本でも、凶悪犯が養父母や、獄中結婚をした妻との出会いなどを通じて、真実の愛に目覚めることがあります。
死刑囚歌人・島秋人は荒れ果てた人生の末、死刑囚になってしまいます。

632 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 20:31:56 ID:my+FPK8J0
>>630->>631

お前は偽UCB卒業生のくせに、世の中をわかったかのような口を利くな。
お前は語学学校生のくせに、日本人を猿呼ばわりして、日本の社会を偉そうに語るな。
お前は学歴を詐称して自分に嘘をついているくせに、
人に理解を求めるかのような書き込みをするな。

自分に嘘をついている人間は、その文章にも嘘が表れるものだ。
お前は自分の書き込みが美しいかのように思っているかもしれないが、
皆は、お前の書き込みを汚れた便所の糞のようにしか思っていない。
そのことに気づかずに、延々とダラダラと糞を垂らし続けるお前は、
やはり、偽UCB卒業生たる所以だ(笑)

633 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 20:36:50 ID:McKZv/wB0
>>626
>人類学をやっているのかい
→相変わらず、超頭悪そうだな(爆笑)
人類学はANTHROPOLOGY
physical ANTHROPOLOGYは、インディアナ ジョーンズなどの考古学, social,
cultural ANTHROPOLOGYは比較文化研究だ。
私が言ってるのは、HUMAN RIGHTSで、PEACE & conflict studies(平和学)の一部だ。

634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 20:50:41 ID:my+FPK8J0
>>633
中学生レベルの英単語などいちいち書き込まなくてもよい。
お前よりはよっぽど語学力はあるからな。

タイポ書き込みをすると、お前が過剰に反応するようだから、
今後はあえてタイポすることにした。
せいぜい血眼になって訂正するがよかろう。(大笑い)

ところでひとつ質問だが、お前は偽USB卒業生か???(大爆笑)

635 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 21:05:52 ID:my+FPK8J0
>>633
why are you so angry today???
because I accused you of lying about academic fraud of UC berkeley???
Unfortunately, it is true that you are faking your academic history. you have to admit it.
you should be put you into jail!!! lol


636 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 22:30:47 ID:gw0YHh3pO
しかし死刑反対論者は自分だけは巻き込まれ無いとでも思ってるのかねぇ〜
自分の両親、友人、娘、兄弟、大事に想ってる人達、それらの人達がたった一人に殺され、レイプもされ、捕まった犯人に「別に死刑にならないしな」とか言われても、死刑反対と言えるのかね?
また言う覚悟がなきゃ駄目なんだぜ?

637 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/29(日) 23:01:32 ID:L0pZ+Fg40
>629

凶悪犯罪の減少は教育によって為し得る。刑罰によってではない

>630 →「AMITY(アミティ)」では、一般市民(ボランティア)の参加があるのです。
> つまり、そこには、愛があるのです。

キリスト教的な愛なんだろうねー

> でも、何故、
> 「だから死刑(命を絶つ)」でなくてはならないのでしょうか。

全然絶つ必要はないですよね

>636 とか言われても、死刑反対と言えるのかね?

当たり前

638 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/29(日) 23:45:33 ID:T90rZ6pC0
yurikoの訂正の嵐は実に読みづらい。
しかも>>611みたいな無意味な繰り返しも読みづらい。
もっとUCB卒業生のように頭の良い文章を最初から書いてもらいたい。
yurikoって、本当にダメな人間なんだな・・・。
一体何の職業やっているの?

639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 00:08:43 ID:gdf5XDGk0
>>625

http://www.h7.dion.ne.jp/~pensiero/archives/ex_objectivity.html

3.1 第一段:絶対的客観性

これは、恐らく最も厳密な意味での客観性であり、従来理念として抱かれ続けてきた客観性である。即ち、「物事をありのままに認識している percept things as they really are」状態、これを絶対的客観性と呼ぶことにしたい。
この「物事のありのままの状態」とは、先の広辞苑の定義「主観の働きとは独立している」状態と言わんとしていることは同じであり、また、主観に左右されない物事それ自体が有する状態だからこそ、普遍的であると言えよう。

しかし、この客観性は定義からして、実現不可能な、矛盾した客観性である。
何故なら、「物事をありのままに認識している」という言明のうちに、既に「認識」という主観の働きが入り込んでいるからである。
つまり、この絶対的客観性の根本的な矛盾点は、「ありのままに」という事物の存在の仕方と、「認識している」という認識者の認識の仕方、即ち「存在論的側面」と「認識論的側面」とが、同時に定義に入ってしまうという逆説にある。
「事物のありのまま」は決して認識者に左右されてはならない以上、それは具体的な個々の認識者によって認識されるものであってはならない。
その結果、「事物をありのままに認識している」状態とは、ネーゲルの指摘する通り、「何処にもない場所からの視点」ということになってしまう5)。

このように、客観性の純粋さを突き詰め、一切の主観性を排除した認識を行おうと目指した場合、避け難い逆説に落ち込んでしまう。
「認識」という以上、それは「わたし」の認識を超えることはあり得ないのだから。

5.1 絶対的客観性の正しさ

「物事のありのまま」の状態である絶対的客観性においては、それに対応する正しさもまた、文字通り絶対的真理と呼びうるものであるに違いない。
しかし、なるほどそうしたものが手に入るのであればめでたいことなのだが、絶対的客観性は「何処にもない視点」という実現不可能な客観性である以上、当然この絶対的真理も実現不可能である。

640 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 03:13:11 ID:Vdov6/krO
テスト

641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 03:33:20 ID:Vdov6/krO
>>観念君
証拠って何のために必要だと思っているのかな?
別にお前の罪を立件しようというわけでは無いから安心しなさい

で、死刑が無くなると、自分や身内が殺される可能性を恐れて
言い争いの無い素晴らしい世の中になるんですよね?

弱い者は脅しに対抗出来ずに泣き寝入り又は言いなり
また、「殺すぞ」という脅しに屈しない心優しい者は殺され
粗野な者同士は殺し合う

これが廃止によるメリットなんですよね?

642 :死刑は止む無し@携帯:2009/11/30(月) 03:52:58 ID:Vdov6/krO
観念君よ、他のことで君がどんなにもっともらしいことを言ったとしても
この思想ひとつでダメだ・・・ダメだよ・・・・

643 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 06:13:00 ID:M4dKV8ZZO
バ観念が高校レベルの知識すらない無知無学の白痴である事が確定。

644 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 07:07:55 ID:8bLrtX0FO
日本の刑はあまい

645 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 08:24:00 ID:/QnN7AUC0
オバマの相対概念は非オバマに決まってんだろw

646 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 11:59:54 ID:XRtNiPSY0
>>637
>キリスト教的な愛なんだろうねー
→「キリスト教的」とは、どういう意味でしょうか。
それを否定的意味で使っているのでしょうか。
キリスト教もイスラム教も、そのルーツはユダヤ教で、
その最大の特徴は「唯一絶対神」です。
「唯一絶対」ということは、「絶対的な不寛容」といっていいでしょう。
彼等が内ゲバを繰り返してきたのは、歴史が証明しています。
そこに、「死刑」が中心的役割を果たしてきたのです。
その、行き着いた先が帝国主義ヨーロッパ文明であり、二つの世界大戦だったのです。
大まかすぎて、批判されるのを覚悟で、そう述べたのですが、
そのヨーロッパから、「もう国による人殺しはうんざり」→「死刑を廃止しよう」という
動きが出て来たという事実にこそ、注目するべきなのです。

647 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 12:02:54 ID:Nu7t7u8t0
>>625 >>639
>「人命は絶対的客観」が結論ということで終了
珍念の大自爆乙。これ、お前自身の戒めのために残しとけ。

>>621
>それらのどこが、その3の反論?そもそもどれも「殺人」してないじゃん
http://ybswnews.typepad.jp/column/2009/11/post-0a9b.html
殺人の情報が欲しかったか?まだあるぞ。苦しい言い訳いらんから、さっさと削除しろよ。

>>615
>取り敢えず、落ち着け(初っ端から何言ってるか分からんしアンカも無いし引用gdgdだし)
>そして一番俺に回答して欲しい個所を論点まとめて挙げなさい
アンカ追えば繋がんのに、ったく珍念ファッビョんなよ。
質問に答えられないなら、Yuriko召喚でもかまわんよ。

648 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 17:51:18 ID:/VbUCgFe0
観念は具現化する

1983年生まれ
東京工業大学卒業→一橋大学大学院卒業→弁理士



教育によって凶悪犯罪を減らせるは同意。
人にはそもそも何らかの欠陥遺伝子があると
考えられる、それを教育によって丸くするのが
重要。死刑はとりあえずは停止でOK。

649 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/30(月) 18:20:52 ID:7NaDh2gC0
>639これを絶対的客観性と呼ぶことにしたい。

「したい」←思いっきり主観
つかお前は他人の言葉を借りないと反論もできんのか

>「何処にもない場所からの視点」ということになってしまう5)

そういうことだ。で「オバマの命」は絶対的客観なの?それとも相対的主観なの?
ひょっとして「オバマの命の価値」と「オバマの命」を混同してない?

> 「認識」という以上、それは「わたし」の認識を超えることはあり得ないのだから。

だから「認識」という言葉を最初から定義に用いるな、という話

>以上、当然この絶対的真理も実現不可能である。

筆者の主観ではね(了)
で、「オバマの命」の相対概念はまだ?

>641 で、死刑が無くなると、自分や身内が殺される可能性を恐れて
> 言い争いの無い素晴らしい世の中になるんですよね?

いや?誰がそんな世の中になるって言ったの?

> これが廃止によるメリットなんですよね?

いや違うね。・・・まるで廃止論を理解してないのに、何故このスレ覗いてるんだ?順番逆だろ

>672

「この思想」がどの思想なのかが分からない

>646 それを否定的意味で使っているのでしょうか。

いや全然。でも一神教は仏教よりは劣ると思ってる。姐さんはキリスト教信者なの?

>647 これ、お前自身の戒めのために残しとけ。

上記のとおり反論済み。お前自身の言葉で反論できないからって、どこまで他力本願なんだよ

> 殺人の情報が欲しかったか?まだあるぞ。

でそれのどこがその3の反論?自分の言葉で反論しなさい

650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 20:03:54 ID:1CiuwNuc0
>>646
あなたは、偽UCB卒業生ですね。
たくさんの真UCB卒業生が社会で活躍しているのに、
yurikoは無職で仕事がないってどういうこと?

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 20:06:18 ID:Vdov6/krO
とぼければ済むと考えるのならばそれで結構
廃止派すべてがこうだとは言わないが、それでも
中にこういうのが紛れているというだけで、いや、実はそういうのが中心で
純粋な者のほうが御輿にされているのではないかとすら邪推してしまうのだ

652 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 20:09:23 ID:N5lbhVBJ0
>>650
単純な話です。
「学歴詐称」だからです。

653 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 21:58:28 ID:1CiuwNuc0
>>652
レスいただきありがとうございます。
そうですか、やっぱりyurikoは学歴詐称なので、
就職したことがないのですね。無職ということですね。

yurikoはUCB卒業証書を持っていないということですね。

精神障害者が「俺は犯罪者だ、ハーバード卒業生だ。」とか、
ネット上で触れ回ったら、ハーバード卒業生はみな迷惑に感じますよね。
どうして、yurikoはそのことがわからないのでしょうか。

654 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 22:01:38 ID:CvH/hZsN0
千葉の女子大生殺人事件は、出所したばかりの強盗犯だったらしいな。

655 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 22:20:00 ID:iWWdP/wMO
観念てクズまだいるのか。

ろくに働きもしないで死刑廃止を呪文のように唱えキモいんだよ。


観念みたいな死刑廃止論者のゴミどもはテメー等の身内がぶち殺されたら加害者を許してやればいいだろ。

テメー等のキモい思想を語る暇あるなら外に出て死刑囚の嘆願でもしてろよ。

何もできね〜で死刑廃止をネットでうだうだと、ホントゴミだな。

656 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/30(月) 23:09:37 ID:7NaDh2gC0
うだうだ

657 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 23:36:56 ID:M4dKV8ZZO
>>649
「命」という表現がそもそも主観だという事にすら全く気付いてないくせに反論したつもりで自己陶酔している無知無学のバ観念は早く糞して寝ろ。

658 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 23:50:31 ID:N5lbhVBJ0
>>653
本当にひどい話ですね。
yuriko君は一応翻訳家・通訳などと詐称していますが、あのタイポの酷さから
判断するととてもまともな仕事には就けないでしょう。
脳障害者を支援する団体からの保護無くしては、今の2ちゃん三昧の暇な生活は
成立しないのは当然のことです。
40代にもなって、こういう愚かなことに無駄な時間を費やしていることに疑問を
抱けないのは真性の脳障害だからでしょう。
彼がせめて英語ができるならば、アメリカ国内に迷惑を閉じ込めておくことも
出来るのに、日本語しか出来ないものだから、日本に迷惑をかけてばかりです。
ゴキブリの様な害虫yurikoには一刻も早く死んでくれることを願うばかりです。

659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/30(月) 23:52:57 ID:7F7QYCOr0
>>649
絶対的客観性など無いから「呼ぶことにしたい」なのにね。
君が「主観だ」と文章を反論していること自体、君の主観のなのに、
そんなことに気付かないなんて抜けてるね。

オバマの命は「絶対的客観」だ。これは君の視点による主観だし、
「筆者の主観ではね(了)」これも君の主観。抜けた言動は止めよう。

「オバマの命」は、相対的主観。
「オバマの命」の相対概念は「オバマの生体内活動」、
君の主観を全く含まずに、絶対的客観性からこれを否定して下さいな。

>つかお前は他人の言葉を借りないと反論もできんのか
絶対的客観を妄信している人間とは思えない発言だね。

660 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/30(月) 23:55:03 ID:7NaDh2gC0
>657 「命」という表現がそもそも主観

意味不。誰の命もお前の主観とは別に存在するだろうに
それが「絶対的客観」だという事にすら全く気付いてないくせに反論したつもりで自己陶酔している無知無学のお前こそ早く糞して寝ろ。

661 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/11/30(月) 23:56:21 ID:7NaDh2gC0
>659 「オバマの命」の相対概念は「オバマの生体内活動」、

不正解。全然ワカットランね

662 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/01(火) 00:01:23 ID:pXkes2uV0
>659 絶対的客観性など無い

概念としては「有る」だろうに

> 君が「主観だ」と文章を反論していること自体、君の主観のなのに、

俺の書いた文章は全て(これまでもこれからも)俺の主観だよ
当たり前のことだから言わないけど
でそれが何か?

> 君の主観を全く含まずに、絶対的客観性からこれを否定して下さいな。

はい。それは相対概念ではなくトートロジーです。以上、否定終わり

663 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/01(火) 00:03:54 ID:7NaDh2gC0
つか哲学の基礎もワカットラン者が死刑制度を云々するのは順番が逆
まず>620リンクに行け

664 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 00:06:59 ID:Uc5bCytK0
やあ、観念万年君。向こうが過疎っちゃったので覘きに来ちゃったよ。

665 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 00:19:17 ID:7uENnulz0
>>662

>概念としては「有る」だろう。
>俺の書いた文章は全て(これまでもこれからも)俺の主観だよ
>当たり前のことだから言わないけど
>でそれが何か?
では、絶対的客観じゃないじゃない。

>はい。それは相対概念ではなくトートロジーです。以上、否定終わり
主観で、否定しちゃ絶対的客観が泣くよ。
トートロジーだと絶対的客観で証明しなきゃ。

666 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 00:38:49 ID:7uENnulz0
>>660
>意味不。誰の命もお前の主観とは別に存在するだろうに
>それが「絶対的客観」だという事にすら全く気付いてないくせに反論したつもりで自己陶酔している無知無学のお前こそ早く糞して寝ろ。

これ、君の視点から語れてるから、反論になってないよ。

667 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 03:00:57 ID:Wi8oUJ9jO
簡単に他人の命を消すなどという事を出来る奴は人間性を疑う。
他人の命と自分の命を同等と思えない限り死刑は無くならない。
遥か昔から続いてきた事。

668 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 07:00:28 ID:Xp/18/RXO
>>660
どうしてお前はそんなに馬鹿なんだ?「命」というのは「存在」しているわけではなく>>639にあるように「認識」しているだけなんだよ。
医学的には「命」ではなく「心臓」という表現の方が客観性に優れているわけだからな。

>>663
哲学板であれだけ無知無学を晒されて泣いて逃げてきた分際でよく言うよw
お前、哲学では常識の「ヴィトゲンシュタイン」すら知らなかったんだろ?
そのうえ「絶対的客観」と「相対的主観」の意味も知らないんだなw


669 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 08:52:20 ID:JJsXoi+Z0
学歴詐称なんて、自分で盲目的に思いこまないとできないことだよね。
まあ、yurikoの盲目さに鑑みると、全く不思議ではないがw

670 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 10:14:01 ID:tWyh2ubE0
インド人一家に在留特別許可 最高裁で敗訴確定後に法相
2009年12月1日7時28分

不法滞在で国外退去を命じられていた東京都足立区のインド人一家5人に、
千葉景子法相は30日、在留特別許可(在特)を出した。
一家は最高裁で退去処分の取り消し請求訴訟の敗訴が確定していたが、異例の決定となった。
http://www.asahi.com/national/update/1201/TKY200911300531.html

またやってくれたね。
今度は家族全員なのか。
こんな事ばっかりするんだったら最高裁なんていらないじゃん。
千葉法相は法相でいてはいけない人だわ。
早くやめさせることはできないかしら。
千葉はこれで何例目かな?前にも在留認めてる家族いるよね?
在留認めるなら己の議員報酬で食わせてやれよと思う。
税金使うなヴォケ!!

671 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 10:32:33 ID:NpI/ACzQO
観念あるところに過疎ありか…
もの凄いsageチンだねw

672 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 12:01:05 ID:Acw0wFRw0
>>649
>上記のとおり反論済み。お前自身の言葉で反論できないからって、どこまで他力本願なんだよ

お前がオバマの命を言及すること自体、客観性を有してない。
珍念の実在論の客観性の証明を見せろよ。

つーか哲学論なら逃げてきた古巣に戻れよ。

>でそれのどこがその3の反論?
>>71 >その3…入所の為だけにわざわざ危険を冒して殺人する者はいない
その反証、
http://ybswnews.typepad.jp/column/2009/11/post-0a9b.html
殺人の理由「刑務所に入りたかった」。よってその3は削除。
醜い言い訳不要。論理的に批判しろよったく。

>自分の言葉で反論しなさい
自己矛盾に陥ってるんじゃねーの。

673 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 16:09:39 ID:eD/RBkPK0
>>646
「キリスト教の愛」が出てきましたので、少し続けます。
正直、私はクリスチャンではありますが、キリスト教会には、数え切れないくらい行ったことがあります。
牧師さんのお家(LAではかなり有名)に下宿したこともあります。
聖書もそれなりに勉強し、クリスチャンの方と教義論議もしたことがあります。
自分の中では、内村鑑三の「無教会主義」が好きです。
それでも、やはり、キリスト教会史に於ける、「不寛容」が同じ宗派、カトリックとプロテスタント。キリスト教とイスラム教の
間の血を血で洗う宗教戦争が、どうしても、咽に刺さった、魚の小骨のように気になってしまうのです。
ヒットラーはクリスチャンではなかったのは確かですが、キリストの再臨を装ったのも本当のことです。
ナチスとカトリック教会の結びつきも指摘されています。
やはり、私達が警戒すべきは、「宗教」というより、原理主義であり、狂信者なのです。
死刑存廃論議にしても、人間の生死が拘わっている以上、それが宗教的になるのは当然としても、
議論の中心は非宗教的であるべきです。


674 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 16:37:59 ID:JJsXoi+Z0
UCB(Univ.of China Beijing)入学試験

<問>次の文章はある脳障害者が書いたものである。論理的矛盾点を指摘せよ。

「正直、私はクリスチャンではありますが、キリスト教会には、数え切れないくらい行ったことがあります。」


675 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 16:46:01 ID:JJsXoi+Z0
>>673
最も宗教じみているのはyuriko君本人だよ。
しかも、宗教じみていると言うよりは原理主義であり、狂信者であるのが
yuriko君なのだよ。
人の話を聞かずにひたすら自分の言いたいことを論理性なく(タイポだらけで)
書き連ねる馬鹿がyuriko君なのだよ。
君はそーとー頭悪いよねw

676 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 17:14:59 ID:RQanAa2I0
人権は宗教・イデオロギーである。
日本の人権派は、他の一神教や共産や社会主義等と複合させてる思想思考に無理が有る。


677 :あなたなら、どっちを選ぶ?:2009/12/01(火) 17:53:27 ID:eD/RBkPK0

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/man-hunted-after-fatal-shooting-of-four-police-officers-1831654.html
今年3月、カリフォルニア州オークランドで3人の警察官が銃撃戦で死亡した。
今度はワシントン州で、無防備の4人の警察官がコーヒーショップで射殺されるという事件が起きてしまった。
犯人の男は9年前に刑務所を出所したのだが、それが何と、16才のときに犯した罪で、、
95年(108年という報道もある)の刑期を12年すませただけで、恩赦が与えられていたというのだ。
実質的には無期懲役の人が仮出所したようなものだ。
一体全体、どういう基準で恩赦を与えたというのだろうか。また、仮出所の基準が
見直されるのは必至だろう。
一番迷惑を被っているのは、多分、仮出所制度のお陰で、早く刑務所から出て来て、立派に更生している人達だろう。
私達は、不信に満ちていても、より安全な社会に生きるのか、人々の間で信頼はあるものの、
凶悪犯と共存する社会を選ぶのかが問題になる。
全体主義社会は確かに、管理が行き届き、安全かもしれないが、
人々から活力を奪い取るのは、20世紀後半に惨めに崩壊した共産主義国家の実例がある。

678 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 18:00:18 ID:eD/RBkPK0
訂正>>673
>正直、私はクリスチャンではありますが、

正直、私はクリスチャンではありませんが、

679 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/01(火) 18:09:56 ID:pXkes2uV0
>665 では、絶対的客観じゃないじゃない。

どぼじで?

> 主観で、否定しちゃ絶対的客観が泣くよ。

俺は主観程度で否定されるような客観の話はしてない

> トートロジーだと絶対的客観で証明しなきゃ。

生命≒生体内活動であることになんか証明必要?

>667

その通り。「俺の命の方があいつより価値がある」と思ってる人々が多い時代にできあがった制度、それが死刑

>668 「命」というのは「存在」しているわけではなく>>639にあるように「認識」しているだけなんだよ。

あそうですか。本当におめでとうございます

> 哲学板であれだけ無知無学を晒されて泣いて逃げてきた

と妄想したいんry

>673 正直、私はクリスチャンではありますが、

あそうなんだ

> 聖書もそれなりに勉強し

んじゃQ資料についてどう思ってる?

> やはり、私達が警戒すべきは、「宗教」というより、原理主義であり、狂信者なのです。

そうだね。よく「宗教があるから戦争が起こる」なんて言ってる馬鹿がいるが、全く間違ってるよね

>675

人は鏡

>677 一体全体、どういう基準で恩赦を与えたというのだろうか。

全くだ

680 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 18:26:55 ID:Uc5bCytK0
観念万年君、最近こんにゃく問答に趣旨を変えたのか?子供の論理で進行する会話は
君の言うところの知性や哲学とは対極にある。それとも限界が見えてきたのか?

681 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 23:04:15 ID:dEBJAzzr0
>679
なんか、過疎っちゃったね。

>どぼじで?

絶対的な客観性を持って語ってなんだもん。ダメダメ。

>俺は主観程度で否定されるような客観の話はしてない

これって、絶対的客観性のこと?嘘でしょ。君の主観とすり替えないでよ。

>> トートロジーだと絶対的客観で証明しなきゃ。
>生命≒生体内活動であることになんか証明必要?

なんか、微妙に違うよ。命と比べてちゃんと証明しなきゃ。
気になるんだけどさ、命って誰が定義したの?

>その通り。「俺の命の方があいつより価値がある」と思ってる人々が多い時代にできあがった制度、それが死刑

あは、なんか価値の話にすり替わったwwww
実の話、死刑に関係するのは価値の方なんでしょwwww

682 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 23:07:05 ID:VsTxJgh00
と言う事でまともな解答が出せる廃止論者が出て来てない以上死刑は存続で終了

683 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/01(火) 23:26:51 ID:pXkes2uV0
>681 絶対的な客観性を持って語ってなんだもん。ダメダメ。

でも俺やお前に命があることは、お前が幾ら主観で否定しようと、絶対的客観なんだよ

> これって、絶対的客観性のこと?

「これ」って何

> なんか、微妙に違うよ。

だから≒にしてる

> 実の話、死刑に関係するのは価値の方なんでしょwwww

命の価値を主観でしか考えない者が、そうやって死刑に依存するということだ

684 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/01(火) 23:39:37 ID:Uc5bCytK0
こんにゃく問答だなぁ。これは、哲学の論争で現実的、法的な討論ではないな。
向こうが過疎ったので来てみたが、客を呼ぶならもうちょっと捻りが必要だな。
言葉尻をつかまえて、批判のしあいは思春期の子供の屁理屈と同じだ。何十年も
同じ論議を言葉を変えて続けているだけだ。

685 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 00:48:35 ID:xU+HDF61O
糞観念よ〜、オメーは、ごたく並べるしか能がないのか?


オメーみたいなクズこそ通り魔に刺されて死んでしまえばいいんだよ。


だ〜れも悲しむ人いないし、加害者は無罪でいいよな。

686 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 01:46:42 ID:OKDNP3IH0
>>557
>そもそも、私はyurikoさんではない

ああ、そう言えばお前はyuriko君でもなければ、yuriko君が誰だかも知らないと
言っていたねwww

yuriko君っていうのはね、前世、前々世からの呪いを受けて生まれて来た
哀れな脳障害者のことなんだよ。
父親は米軍の脱走兵、母親はサイパンとの混血の売春婦。
返還前の沖縄で生まれたんだ。
米国政府との密約(大爆笑)のお陰で日本に住んでいたのだが、結局
日本の国籍は剥奪されて今ではカリフォルニアに住んでいるんだよ。
創価学会に入っていたのだが、毎度のことながら人間関係で失敗ばかり
して、今では法華講w
学歴詐称やら傷害事件やら色々問題を起こす奴で、彼のことを好きだと
言う人は全くいないのさ。

687 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 05:02:53 ID:yHKbPl+pO
>>679
結局「人命」が「絶対的客観」である事は証明できないでFA?

観念終了。

688 :(^_^)(^_)( ^)( )(^ )(_^ )(^_^) くるっと:2009/12/02(水) 06:43:02 ID:pZl1Izt60
>>686
どーでも構わないのですが、あんまり個人情報を晒すのは如何なものでしょうか。
日本の小学生が、負け惜しみに、遠くから、他人の悪口をいいます。
「お前のか〜ちゃん で〜べそ!」と叫んでいた男の子がいました。
何か、言ってやらないと気にいらないらしいのです。
お前は、ひょっとして、その小学生かい?(爆笑)
_(_ _ )ミ☆ バンバン大笑い



689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 06:59:29 ID:OKDNP3IH0
>>688
売春婦が妊娠するなんて大失敗だよね。
いや・・・、実は大成功だったのかな?(爆笑)
生まれて来た子供(yuriko君)は惨めだけどね。
案の定、呪われて生まれてきたから脳障害だったし(大爆笑)

ところでお前、自分の文章読み直してから書き込んでいるかい?
>>688もへんちくりんな文章だぞw
負け惜しみに慌ててレスするからそうなるんだぞ。
お前も(とても不思議なことに)yuriko君と全く同じレベルの重度脳障害だな(大爆笑)


690 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 08:21:48 ID:PMX2AX6s0
>683
>でも俺やお前に命があることは、お前が幾ら主観で否定しようと、絶対的客観なんだよ

はは、これも君の主観じゃない。

>「これ」って何

君の主観で話す客観のことだよ。

> なんか、微妙に違うよ。
>だから≒にしてる

命を生命にしたら、とたんに雰囲気変わっちゃうよ。
命と比べてちゃんと証明しなきゃ。
気になるんだけどさ、命って誰が定義したの?

>命の価値を主観でしか考えない者が、そうやって死刑に依存するということだ。
ははは、それじゃ「命」じゃなくて「命の価値」が絶対的か相対的かの話じゃない。

命の価値を主観でしか考えない者がいる自体、絶対的じゃないじゃん。
やっぱり、おつむが弱いねチミは。

691 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 09:13:21 ID:PMX2AX6s0
人それぞれに異なる価値を、絶対的と言っちゃうのは頂けないね。
価値は相対的だよ。

692 :ご相談:2009/12/02(水) 10:21:07 ID:OKDNP3IH0
僕は学校の成績が悪かった上に、日本語補習校ですらろくな成績を取れなかった
落ちこぼれdえす。
そんな僕に、誰か「son of a bitch」の意味を教えて下さい。
アメリカのカリフォルニアと言うところで、黒人にそう言われて唾を吐きかけられ
ました。
僕は全然意味が解らなくてポカーンとしていました。
何の意味だったのでしょうか?
通訳とか翻訳とか出来る人からのアドゥヴァーエスを頂けたら幸いです。

693 :リフレイン:2009/12/02(水) 10:22:34 ID:OKDNP3IH0
通訳とか翻訳とか出来る人からのアドゥヴァーエスを頂けたら幸いです。

694 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 10:25:32 ID:OKDNP3IH0
訂正>>692
>僕は学校の成績が悪かった上に、日本語補習校ですらろくな成績を取れなかった
落ちこぼれdえす。

僕は学校の成績が悪かった上に、日本語補習校ですらろくな成績を取れなかった
落ちこぼれです。

695 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 13:43:32 ID:aN9HtyYh0
犯罪が少ない国が平和な国だというのは、勉強のできる人は良い人だと言っているようなものだ。
犯罪とは法律を犯すことではない、犯罪とは罪を犯すことである。
全世界の人々が目指しているものは、犯罪のない世界ではなく、多くの人が幸せを感じる世界である。
価値観は国や人や時代によって大きく異なるが、私の理想は分け隔て無く皆が幸せを目指す世界が理想だ。

696 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 14:15:59 ID:v02MQ+NH0
>>695
一行目のたとえ話の意味がわからん。
二行目三行目の「犯罪」に「勉強」を当てはめるとどう対応するんだ?

つか、理想持つだけならどんな荒唐無稽でも自由なんで、その事についての議論は不毛なんだが、
君はそれを表明してどんな反応を期待してるの?
他人の何かを変えようとしてるの?

697 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 15:02:33 ID:8wgfZfyR0
死刑クルー 個室ビデオ店放火 判決、主文後回し
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259733453/l50


698 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 15:03:14 ID:aN9HtyYh0
ただのTwitterです

699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 17:12:43 ID:v02MQ+NH0
>>698
ふーん。で、君はそれを書き込んでどんな反応を期待してるの?
他人の何かを変えようとしてるの?

700 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 17:21:23 ID:aN9HtyYh0
Twitterでは反応を期待したりはしないです。


701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 17:27:28 ID:v02MQ+NH0
>>700
意味が無い文章を読ませるという無駄なリソースを他人に割かせる事になって迷惑だから、
何も期待して無いなら、何も書かないほうがいいよ。

702 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/02(水) 18:10:57 ID:vqJap9F20
>685

ソンチの典型みたいな奴だなw

>687

妄想乙

>690 はは、これも君の主観じゃない。

何度も言うが俺の発言は全て俺の主観。で?

> 君の主観で話す客観のことだよ。

具体的には?

> 命を生命にしたら、とたんに雰囲気変わっちゃうよ。

あそうですかおめでとうございます

> 命の価値を主観でしか考えない者がいる自体、絶対的じゃないじゃん。

そうは言えない。「命」と「命の価値」は同じ概念ではないから

>691

そうだね。で俺は「価値は絶対」と言った覚えはない

703 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 19:09:26 ID:M8jtXfGC0
>>695
>犯罪とは法律を犯すことではない、犯罪とは罪を犯すことである。
全世界の人々が目指しているものは、犯罪のない世界ではなく、多くの人が幸せを感じる世界である。
→それは、いかがなものでしょうか。
犯罪とは刑法で定められている法を犯すことです。
したがって、罪刑法定主義というものがあって、もし、法律で明確に「刑法を犯している」と定められていなければ、
本来なら罰することはできないのです。
オーム事件が起きたとき、日本人の内、誰一人と疑問の声を上げることなく、
「オーム新法」なるものを国会で通して、それに基づいて彼等を罰しました。
別件逮捕の連続で不法逮捕、拘置を濫用しただでなく、法治国家として、
「絶対にやってはいけないこと」をして、彼等を罰したのです。
そういう意味で、オウム死刑囚は全員無罪という主張もなりうるです。
小室直樹氏は「日本人のための憲法原論」で、
刑事訴訟法を刑法よりも重要な法律としています。
そして、「適法手続き」(デュープロセス)の重要性を主張しています。
さらに、これに関連して、「誰が角栄を殺したか」で、如何に日本人が、戦前から戦後にかけて、
法に於ける「手続」に疎いかを曝露しています。
小室直樹氏は更に、「法三章」(殺すな、傷つけるな、盗むな)のような道徳法と
刑法は根本的に違うとしています。
小室氏によれば、国家権力という巨大な力を裁判官が濫用しないように(法律で定められていること以外で)、
刑法があるというのです。
「多くの人が幸せを感じる」というのも漠然としています。
日本国憲法12条で国民の幸福追求権を定めているのですが、そこには、「濫用」
してはならないと、但し書きが付いています。
この但し書きの意味こそ、法律による制限なのです。つまり、全体の利益が常に優先されるということです。

704 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 19:20:14 ID:yHKbPl+pO
>>702
そんなレスばっかりしてないでさぁ、早く「人命」が「絶対的客観」である証明プリーズ

705 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 19:39:37 ID:RAUtHV+g0
まったく観念万年君はお子様だなあ。ご観覧中の皆さんの中には、お気づきの方も
おられるでしょうが、あまりにも子供のオイタが過ぎて板が過疎化してきたので、
あえて書こう。
観念万年君の文章を読んで、参加を取りやめた方の中に、イラッとしている方々が
居られると思うが、これは、思春期のころの子供の会話の仕方です。人によって成長
の度合いは違うので、だいたい中学校から高校ぐらいの成長期の子供ということで
書きますが、この頃の子供は体の成長と心の成長がアンバランスで、この年頃のお子様
をお持ちの父兄の方、教職についておられるかたは、日々このような子供との接触
お疲れ様です。
まあ、簡単PCに例えると、処理速度の上がったCPU。容量の増えたハードディスク
にメモリ。これを感じたときに子供は舞い上がってしまい、ぼくは大人より賢いという
勘違いをするわけです。ところが、よく考えてください。肝心のOS、つまり心が
子供のまま、バージョンが1未満の開発中のOSです。この乖離が攻撃という形で現れる
わけです。その結果、安定性を失ったOS,心は相手をイライラさせる事で自分が優位
という錯覚で均衡をとろうとするわけです。
長文になるのでまずはここまで。

706 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 20:31:59 ID:COtojGVh0
>>703
貴方もいかがなものでしょうか。
自分でUCB卒業生と偽りながら、どうみてもそうとは思えない言動ばかり。
普通に考えれば、「あ・・、この人はUCB卒業生ではないんだろうな。」と思わざるを得ないのです。
昔はそうかもしれませんでしたが、今の日本は、学歴偏向主義の世の中ではないのです。
アフォ社会のアメリカでは学歴が自分の能力以上に重要なので、UCB卒業生を語っているのかもしれませんが、
優秀な日本人達からみると、ただのおバカな芸能人としか思われませんよ・・。
ましてや、yurikoさんが芸能人ほどの美貌があればいいのでしょうが、オカマらしいですし、
はっきりいってブサイクなんでしょ? 話になりません、論外です。
あと、もう少し英語の勉強してください。恥ずかしいです。

707 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/02(水) 20:34:52 ID:vqJap9F20
>704 早く「人命」が「絶対的客観」である証明プリーズ

その前に聞くけど、「地球」の相対概念は何?

>705

お前にも聞いとこう。「感情」の原因は何?

708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 20:57:39 ID:9NmuNg800
>>703
そんなに法律ばかり重視していると、幸せになれませんよ。
大切なのは「感情」です。
感情を法という文字で定義しようと何千万行法律を作っても無駄です。
もっと、揺らぎや矛盾も含めて人を許容できる心が必要です。
目指すべき世界はいかに少ない法律で幸せな社会を作れるかなのです。

709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 22:01:35 ID:YLV2gyZzO
>>707
質問返しばっかりしてないで、とっとと答えてやれよ。


710 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 22:33:49 ID:EoKmVOS00
観念君よお前が家畜等の肉を喰らう理由を答えてみろ。
ゴキブリなどの虫ケラを殺す理由を答えてみろ。

711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 22:38:01 ID:RAUtHV+g0
しょうがないなぁ、観念万年君。質問には答えなさい。まあ、それは出来ないでしょうね。お子様ですから。
君の書き込みは、言葉尻を捕まえる事でしか成立しないからね。自分の発言に矛盾が生じることは、肛門を
人前にさらすより恥ずかしいことだからね。ノラリクラリと返すことが快感であり、君の存在意義だしね。
この、質問の返し方は生身の人間と討論をしたことがないね。失礼、経験が少ないね。以前、他の板で想定内の
書き込みに、がっかりした話をしてなかったね。それは、子供の返答だったからだよ。大人になれない子供の
典型的(君の好きな言葉だ)な返しなんだよ。おそらく二十歳前後の法学かぶれの学生かな。逆に、20代後半
以降なら痛い大人だね。
質問には要点だけを簡潔に答えてね。

712 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 22:45:20 ID:kc4EcSYK0
>>702

>何度も言うが俺の発言は全て俺の主観。で?
>> 君の主観で話す客観のことだよ。
>具体的には?

具体的には、君の主観で絶対的客観を語ってることだよ?
なんか君、矛盾してるよね。 君の語る「絶対的客観」は君の主観なんだもの。

>命と比べてちゃんと証明しなきゃ。
>気になるんだけどさ、命って誰が定義したの?

この質問に回答しないのはなぜなんだろうね。
回答できないのかな?おつむが弱いから。
再掲するけど「命」の相対概念は「生体内活動」だよ。
チミはきちんとした否定できないしね。

>そうは言えない。「命」と「命の価値」は同じ概念ではないから
>そうだね。で俺は「価値は絶対」と言った覚えはない

命の価値は相対的でFAでーす。
まだ、気になることがあったよ。チミ、なにでオバマのこと知ったの?
それと、絶対的客観に関係することで質問。
うちの近所に「権三郎おぢさん」という人がいるんだけど、
その人の命も「絶対的客観」なの?お答えお待ちしてマース。

713 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 22:52:29 ID:OKDNP3IH0
>>706
私もあなたに同感です。
yuriko氏はいかがなものでしょうか?
自分の能力が無いことを棚に上げて、学歴を詐称しそして学歴を武器とする。
何と前近代的な猿なのでしょう。
その猿が日本人を「ウキキー」などと揶揄するのは、自分を馬鹿だと認めて
いるとしか見えません。何とも愚かなことです。
現代社会では実力が最優先。
たまたま4年間在籍した大学の名前で一生箔がつくなどと思う人間は未開国の
落ちこぼれだけでしょう。
yuriko氏の文章を読んで、誰か「うむ、こいつは頭の良い奴だ」と思う人が
いるでしょうか?
論理は飛躍し、議論はかみ合わず、小学生低学年並みのタイポとその訂正の
連続。
誰が見ても単なる知的障害者に過ぎません。
yuriko氏がこの辺を克服しない限りは、50歳になろうが、80歳になろうが
認められることは無いでしょう。
もっとも、彼の場合それ以前に脳腫瘍が再発し地獄に落ちることになるのは
目に見えていますが(祝)

714 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/02(水) 23:01:15 ID:vqJap9F20
>712 具体的には、君の主観で絶対的客観を語ってることだよ?

うんだから、具体的にどう語ってるの?

> なんか君、矛盾してるよね。

そりゃ「矛盾してるように見える」だろうね。人は鏡だから

> 再掲するけど「命」の相対概念は「生体内活動」だよ。

さよでっか。本当におめでとうございました

> その人の命も「絶対的客観」なの?

実在するならね

715 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/02(水) 23:02:06 ID:vqJap9F20
>711

>620のリンク先読んだ?

716 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 23:03:54 ID:27B4psHp0


親は医者だが、自分は医者になれなかった
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1258073707/l50



717 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 23:10:44 ID:OKDNP3IH0
>>703
日本の最高裁で「人間の命は地球よりも重い」と表明された後に、アメリカの
マック・アーサー主導の東京裁判で如何にして東条英機らを死刑に追い込んだ
のか知っているのか?
お前の表面的でお花畑的な日本批判は通用しないんだよ。無知が。
多少は勉強してから書き込め。馬鹿。

718 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 23:11:39 ID:B47ZSuo80
私東海大学卒、垣野正通は、株式会社ブランディングで出川哲朗のブログを担当していると自称している、自称栃沢(裏の顔は朝鮮総連の幹部だと自称もしていた)に命を狙われている。
バーニングプロダクションの社長、周防郁夫さんの息子、周防省悟さんとも親交があり、
また各所芸能事務所関係者、電通のプロデューサー健太郎さんや、芸能事務所レヴィアーツの西原さんやadeco三上さん、Hideのスタイリストのヒデさんとも交流があった。
また彼と一緒に、芸能人永井大とも一緒にカートをしたこともある。

彼との始めての出会いの場はa-lifeで、adeco三上さんと一緒にいた栃沢と出会った。
その後三年間、彼とパーティなどで親交を深め、今年の2月頃に、彼に「自分もマスコミ関係者になりたい」と告げたところ、
株式会社ブランディングの社員の方々と一緒に、自分は見習いとして、一緒にテレビ朝日の「アメトークのDVD完成披露記者会見」に一緒に記者として参加した経緯もある。
フジテレビの三夜連続特番の中日の、ドラマの背景が、どうやら自分の家族の私生活と類似しており、なにか関係があるようだと感じた。
彼からの脳に植え込まれたチップを介した電気信号によると、朝鮮総連が新開発した、脳内に植え込む事が出来、そこから電気信号を送り、人間を操れるチップを開発した。
三年経過の中でその事実を知らされた自分は、命が狙われている。

719 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 23:52:28 ID:RAUtHV+g0
観念万年君、君の書き込みには再びがっかりだ。どうやら、怒ったようだね。君自身は否定するだろうが
その対応の仕方が幼稚だ。君のバグの多いOSではまだハードを使い切れていないようだ。
相手を怒らせて性的興奮のにも似た快感がたまらなく好きなのはしょうがない。
マスターベーション=オナニーと捉えられるように、その快感はエンドルフィン並み?なのかな。
どだい君の理論、論理は先人達が幾度も重ねてきたことだ。君がたどり着いたの当然の結果だよ。5千年たっても
文明が進化しただけで、人の総体は変わっていない。(こんな感じどう?)

720 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 00:12:39 ID:WjgybcBz0
>>714

>そりゃ「矛盾してるように見える」だろうね。

矛盾してるよ。主観で絶対的客観だなんて言ってるんだもの。

>人は鏡だから

はは、今度は相対的だという意見らしいぞ。

>>まだ、気になることがあったよ。チミ、なにでオバマのこと知ったの?
>> その人の命も「絶対的客観」なの?
>実在するならね

ははは、オバマについて解答できないのかな?
それにチミきちんと回答できないのなぜ?
実在するかどうか、一度、認識しないと答えられないの?
結局、君の言う「絶対的客観」はブラフだね。

>命と比べてちゃんと証明しなきゃ。
>気になるんだけどさ、命って誰が定義したの?

この質問に回答しないのはなぜなんだろうね(4回目)。
回答できないのかな?おつむが弱いから。

721 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 01:18:23 ID:mfAKI+4gO
>>707
>その前に聞くけど、「地球」の相対概念は何?
チンコ。

さぁ早く「人命」が「絶対的客観」である証明プリーズ


722 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 02:20:50 ID:7jt/NN/k0
観念氏の言ってる事には整合性が無い に一票

723 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 03:04:04 ID:7bBudLGj0
>>703
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091202/trl0912021634004-n1.htm
昨日の時点で予想されたことだが、昨年起きた「大坂ビデオ個室店放火殺人事件」の被告に
死刑判決がくだった。
16人が死亡という日本の犯罪史上でも特筆されるべき数だ。
そこで、思い出すのは、やはり宅間守のことだ。
ビデオ個室店の犯人も、人生に絶望した上で自暴自棄となった上で、「どうとでもなれ!」という
心境で犯行に及んだのではないか。
宅間が書いた手紙の内容は、「幸福な人達への憎悪」に溢れている。
何故、自分に対する嫌悪が「幸福な人達を道連れに死ぬこと」になるのか、それを
単に「倒錯心理」とだけで済ますことはできない。さらに、
今回の「ビデオ個室店放火殺人」の犯人に「死刑判決!」に如何なる意味があるのか。
いかなる刑罰上の目的が達せられるというのか。
「被害者感情の慰撫」というが、どう慰撫されるのか、疑問なのだ。


724 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 03:15:27 ID:7bBudLGj0
続1
荒れ果てた宅間の心だったが、死ぬ間際、ほんの瞬間だったものの癒された(そうみえた)ときがあった。
それは、宅間と文通、面会をしていた二人の女性だった。
私が注目したのは宅間と獄中結婚した女性の他に、B子さんの存在だ。


725 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 03:28:02 ID:mYcvIZJa0
なんで子供7人も刺殺した奴が結婚出来て癒されなきゃならんのか。アホウじゃなかろか。
宅間も死んだしもう終わった話だ。

726 :もう一つの本当の愛:2009/12/03(木) 04:47:59 ID:7bBudLGj0
続2
篠田博之“ドキュメント死刑囚”から
『彼女(宅間と最初に交際していたA子さん)は小さい頃からいじめに遭い、自分が
社会から疎外された存在と感じていたという。そして宅間守があの池田小学事件を
起こした時、その思いが理解できると感じたというのだ。(略)しかし、後にA子さんに話を聞いて、被害者の側でなく、
宅間の側に自分を投影して事件を受けとめた人がいるのを知って、私は驚き、認識を
新たにしたのだった。』
(宅間がA子さんに宛てた手紙)『今まで数々の金品の差し入れ本当にありがとうございました。
JRか近鉄かで、わざわざ何回も大坂へ足を運ばれたあなたをよく想像していました。座席に座れたかな、
立っているんじゃないだろうか。風景を身ながら来られるのかな、それとも雑誌を見ながら来られるのかなと
想像しておりました。』
私はこの宅間の手紙を見て、不覚にも涙が溢れてしまった。
私達は宅間の何を見ていたのでしょうか。何を知っていたのでしょうか。“死刑”という手段で
「人の皮を被った害虫を駆除できた!」とくらいしか思っていなかったのではないでしょうか。
宅間が結婚したという大坂教育大出身の小学校教師に対しても、「物好き!」くらいしか、思っていなかったのではないでしょうか。
私は宅間にこんなに「他人を思い遣る心」があるとは想像だにしていませんでした。
恐らく、宅間と結婚した女性達も宅間の、そんな「人間的な心」を好きになって結婚したのではないでしょうか。
確かに、他人の心を滅茶苦茶に踏み荒らした、凶悪犯達の凶行を許すことはできません。
それなりの刑罰も必要でしょう。
しかし、何より、彼等は人であること、害虫ではないことを改めて、思い致すべきではないでしょうか。
彼等にセカンドチャンスを与えよ!と主張しているのではないのです。
ただ、彼等にも人間としての尊厳を認めるべきだし、まして「死刑=駆除」で犯罪事実を帳消し、
更に償わせたと思うのは間違っているのではないか、と思うのです。
死刑を除いた、平和・人権の国に相応しい刑法典を作るべきではないでしょうか。


727 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 05:44:47 ID:R0u+g7lu0
yurikoは全く人と交われない奴だな。
典型的なアスペルガー症候群だね。
引きこもってネット三昧の生活をしていないで、たまには外に出て太陽の光を浴びて
スポーツでもしなさい。

728 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 05:48:18 ID:tsjOAEjj0
>>717
>マック・アーサー
http://en.wikipedia.org/wiki/Douglas_MacArthur
(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ
アフォやね。
マッカーサーと読みなさい!

729 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 06:45:06 ID:R0u+g7lu0
>>728
やったぁ!
糞yurikoが釣れた!!www

それでは、マッカーサーにお詳しいようなので、彼がどうやって東条英機を死刑に
追いやったのか肝心なところを論説して下さい。

お前はいつも本題には答えず、英語の下らないところだけに反応する脳障害
なんだから、今度こそ本題に答えて頭の良いところを披露してみろよ。
自称UCB卒業生なんだろ?w
それともやっぱり詐称。
で、何学部?
頭が悪くても平気なPractice of Artとか?(大爆笑)

730 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 08:07:26 ID:7jt/NN/k0
テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。

731 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 08:12:37 ID:R0u+g7lu0

yuriko氏は只今「東京裁判」を検索中です。

マック・アーサーがどうしても東条らを死刑にしたかった理由とその方法を

必死に探しています。

でも、なかなか解らないのでしれっと無視しようか心が揺れています。

知的障害者なので突然話が飛んでも許してやって下さいwww

今、血圧が上昇して顔が真っ赤になっていますので・・・www


732 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 08:35:41 ID:UzO79zbkO
生活保護受給者も死刑にしましょう

733 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 10:54:28 ID:VBy3Fnp/0
命を大切に。
人を殺してはいけない。
死刑も例外にあらず。


734 :存置派:2009/12/03(木) 11:37:43 ID:DwhCI/lyO
>>733
命を大切に。
いや、結局はこの一語に尽きるな。

後は「今そこにある犯罪者の命だけ守ろう」で終わるか
「再犯は?抑止力は?予算は?…結局一番死人が少ないのは?」まで考えるかで
支持する意見が変わるということだ。

735 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 12:05:43 ID:R7YdyWlO0
>>733
大賛成!
でも、欲望の為に他人を殺した動物は人なのかな?

736 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:01:26 ID:DBTIcPhjO
>>735
お前俺のケツの中でションベンしろ!

737 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:01:35 ID:R0u+g7lu0
>>732
yurikoのように社会に迷惑をかける障害者も死刑にしましょう。
謙虚に頑張る障害者にはちゃんと給付金を続けても良いが、仕訳作業が必要。

738 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:02:03 ID:VBy3Fnp/0
>>735
>でも、欲望の為に他人を殺した動物は人なのかな?
もちろん人です。

739 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:02:36 ID:7jt/NN/k0
>>734支持

740 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:13:39 ID:VBy3Fnp/0
>>734
そうですね。
人の命を殺めた者の命まで含めて「人の命を保護する」という立場に絶つかどうかでしょう。


741 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:31:43 ID:7jt/NN/k0
>>740
そこではないと思います。
人の命を殺めた者の命を保護した所までで満足する立場に立つかどうか、でしょう。

742 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:47:16 ID:VBy3Fnp/0
>>741
そうではなく
どの時点と言う立ち位置の話ではなく、どの視点という立ち位置の話をしているつもりです。


743 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 15:59:06 ID:mYcvIZJa0
>>726
こんな下心丸出しの手紙で泣いてんじゃねーよ。
被害者や遺族のドキュメントなんか見たら泣き過ぎて死んじゃうんじゃね?
とにかくお前らは加害者の方に感情移入しすぎ。

744 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 16:02:52 ID:VBy3Fnp/0
>>743
これは確かに芝居じみた内容の手紙ですね。
でも、死刑囚と何人も付き合った刑務官の言葉として、「死刑囚はみな驚くほど普通の人間だった」という
言葉に嘘はないと思います。


745 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 16:37:29 ID:8lJOgcDC0
>>1->>744
廃止派は合理的で論理的で意識的で経済的だが
存置派は感情的で非論理的で無意識的で社会的で心理的だな

746 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 16:52:03 ID:2HeOrs3h0
左翼人権派の死刑反対は無農薬と同じぐらい無理が有る

共産主義は感情を認めない。
人権は感情論だ。

747 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 16:52:37 ID:9lIev8i+0
法律が平等でないならまもらなくていいよね?悪いものだし

そうでないために平等に死刑はあるべきだと思う

748 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 17:26:43 ID:AfOBmZpeO
>>745
えっ?
廃止派は、ごり押し的でロンリー的で自意識過剰的で軽薄的?


それなら同感です。

749 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 17:38:28 ID:AfOBmZpeO
>>745
付け加えると、お前らは社会的な人間の対極にいると自覚してるんだなw

750 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 17:47:14 ID:gc7m4Pt10
>>745
感情の無い御偉い方々が、合理的に論理的に犯罪者の肩を持ち、被害者を
感情のあるバカ扱いできる神経が分からんな。差別主義の人権派の思考回路は
常人には理解できないのでしょうね。

751 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 17:55:06 ID:VBy3Fnp/0
>>750
感情には怒りの感情もあれば、慈悲の感情もあります。


752 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/03(木) 18:10:28 ID:beO+bPRX0
>717 お前の表面的でお花畑的な

こんな感じで批判してくるソンチーズの脳内こそお花畑であることは>70-77で証明済み

>720 矛盾してるよ。主観で絶対的客観だなんて言ってるんだもの。

主観で「これは絶対的客観だ」と主張することは何ら矛盾しない
もう少し哲学を勉強してからおいで。死刑存廃を論じるのが早過ぎる

> 結局、君の言う「絶対的客観」はブラフだね。

本当におめでたいことで

>721 >その前に聞くけど、「地球」の相対概念は何?
> チンコ。

本当におめでたいことで

>723 宅間が書いた手紙の内容は、「幸福な人達への憎悪」に溢れている。

あの事件はまさに他人の不幸に無関心な日本人が多いことの表れだったな
まぁそれだけ不幸な日本人が多いんだろうけど

> 今回の「ビデオ個室店放火殺人」の犯人に「死刑判決!」に如何なる意味があるのか。

あるとしたらカタルシス

>726 (宅間がA子さんに宛てた手紙)

もっと公開すべきだよね。全部読めるサイトがあればいいのに

>734 「再犯は?抑止力は?予算は?…結局一番死人が少ないのは?」まで考えるかで

まだ死刑に抑止力があると思い込んでるソンチッチの典型↑

>735

人だよ

753 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 18:19:21 ID:R0u+g7lu0

そろそろ脱走兵と売春婦の間に産まれた障害者が支離滅裂な長文を垂れ流すころかな?w

訂正が要らないように書き込む前にちゃんと読みなおせよ!



754 :大切なことは繰り返されます:2009/12/03(木) 18:20:20 ID:R0u+g7lu0


訂 正 が 要 ら な い よ う に 書 き 込 む 前 に ち ゃ ん と 読 み な お せ よ !




755 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 18:21:03 ID:mfAKI+4gO
>>752

「人命」が「絶対的客観」である証明まだー?


756 :大切なことは何度でも繰り返されます:2009/12/03(木) 18:21:20 ID:R0u+g7lu0


訂 正 が 要 ら な い よ う に 書 き 込 む 前 に ち ゃ ん と 読 み な お せ よ !





757 :脳障害者のためにもう一度!:2009/12/03(木) 18:22:28 ID:R0u+g7lu0


訂 正 が 要 ら な い よ う に 書 き 込 む 前 に ち ゃ ん と 読 み な お せ よ !





758 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 18:32:28 ID:1VEhFaow0
>>752

バ観念は、>>720の質問に答えずに逃げ回ってます。

はやくー、「人命」が「絶対的客観」である証明まだー?

759 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 18:40:07 ID:9lIev8i+0
そもそも人権だ命だは死んでからも保証されないとなんの価値もないわけで、被害者コロシテ終りじゃある意味すらない

760 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 18:43:21 ID:9lIev8i+0
>>751
そもそも被害者見捨てる人に慈悲の心なんかないわけだが

761 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:11:51 ID:X4q6DnVW0
>743-744
>被害者や遺族のドキュメントなんか見たら泣き過ぎて死んじゃうんじゃね?
とにかくお前らは加害者の方に感情移入しすぎ
>刑務官の言葉として、「死刑囚はみな驚くほど普通の人間だった」という
言葉に嘘はないと思います
→レスありがとうございました。
別々の方でしょうが、まとめてレスさせてください。
死刑囚というのは、死刑だけが受ける刑であるために、居る場所は刑務所ではなくて、
拘置所。法律的には未決拘禁者として処遇にも配慮されなければなりません。
もっとも、拘置所での処遇が「代理監獄」として、諸外国から人権上の配慮がない、と批判されてるのも事実です。
拘置所では、死刑囚は私服を着ているために、外見だけでは普通の人と変わらない、というのです。
死刑囚には身分帳というのが付いて回って、そこには「どういう罪を犯したのか、その後、どう慰謝したのか」
など詳しく書かれてるそうです。
刑務官達はこれを常に読んで、「どういう人間と接しているのか」を常に、自分に問いかけているそうです。
一日の殆ど、それも何年も死刑囚と生活を共にする刑務官の中には、極悪人と蔑まれた死刑囚に
感情移入をしてしまう人もいるそうです。(大塚公子 「死刑執行人の苦悩」に詳しい)
一昨年公開された小林薫主演「休暇」では、感情移入し過ぎた刑務官という、一見不自然な設定になっています(苦笑)
振り返って、私達はどういう態度を取ればいいのでしょうか。
「犯罪者に優しく!」と訴えているのではないのです。「凶悪犯は元々、罪を犯すべくこの世に生まれてきた
わけではない」ということを知るべきではないでしょうか。
「自分も一歩間違えたら、凶悪犯の立場に立たされていたかもしれない」という感情移入は必要ではないでしょうか。

762 :存置派:2009/12/03(木) 19:15:50 ID:DwhCI/lyO
>>740
…言わんとするところが誤解されたのか、皮肉なのか。
敢えて保護と区分でいうならば
存廃で直接死ぬ人間までを保護区分とするか
存廃の影響で死ぬかも知れない人間を含めるか、だなぁ

>>752
…ごめん「ソースは俺の想像!以上!」って言って憚らない規格外は
ちょっと類型とかそういうのには不適当だわ

763 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:18:28 ID:9lIev8i+0
>>761
あなたがおかしのはさ、身勝手に自分のことだけ考えてることだよ。そして自分が助かるためなら他人を犠牲にして平気な心。慈悲や愛なんてないじゃない?詭弁につかうかもしれんが、事実がそうだ。

764 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:30:26 ID:9lIev8i+0
結局さ犯罪者利用して、自分が人殺しをした時、死刑にならないよう安心したいんでしょ?廃止派は。透けて見えるのだけど。

765 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:40:43 ID:X4q6DnVW0
>>752
>もっと公開すべきだよね。全部読めるサイトがあればいいのに
→観念さん、レスありがとうございます。
私達は、どうしても「凶悪犯」というと、どうしょうもないステレオタイプで考えてしまう傾向があると思います。
ステレオタイブ(型に嵌まった人種偏見)というのは、「当たらずとも遠からず」という面もあるのです。
日本人の欧米でのステレオタイプというのは、チビ、出っ歯、黒ぶちメガネ、カメラを首に下げているというものなのです。
今どき、世界中探しても、そんな日本人は見つかりませんが、(あくまで仮定として)
「居てもおかしくない」というのがステレオタイプの恐いところです。
ある日本のテレビドラマで死刑囚が登場したのですが、その様子は重篤の精神病患者という感じで、
「有り得ない!」と思わず叫んでしまったくらいです(爆笑)
宅間守の裁判所での奇行・奇言ばかりに注目すれば、宅間の本当の姿を見失ってしまうと思います。
というか、私達(一般人)は、「宅間」という怪物を社会の片隅に追い込むことで、「幕引き」
をしたいのです。
しかし、そういう差別感情こそが、宅間や加藤の“疎外感”や“被害者意識=逆恨み”を育てたという事実を
忘れては鳴りません。第二、第三の宅間や加藤は必ず出て来ると思います。

766 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:47:48 ID:9lIev8i+0
第2第3の加藤や宅間なんて、昔から作られてます。死刑にならないから殺したと何回きいたことか・・・・

767 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 19:52:19 ID:9lIev8i+0
法律が平等じゃないから加藤や宅間は人を殺したのだと思いますよ。死刑のあるなしと同じように。


768 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 20:52:20 ID:Spoii2PA0
>>765
UCBにPractice of dirtなんてなかったぞ。
やっぱり、お前はUCB卒業生ではないんだな。
UCBには天才的な人間が多いのに、そいつらにあやかろうなんて、
yurikoはとんでもない奴だ。せいぜい、US草加大学にしとけ。アフォ

769 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 21:39:33 ID:mYcvIZJa0
観念、yuriko ←いい歳こいて嫁ももらえず子供もいない負け犬廃止論者

770 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 21:56:46 ID:ivMGvumIO
「死刑廃止論」に耳をかそうとしたこのスレの多くの存置派が残した物は、スレの過疎化(社会の荒廃)と観念矢印などの荒らし行為の激化(犯罪者の跳梁)だけでした。
現実の社会が同じ轍を踏まないことを祈りたいものです。



771 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/03(木) 22:06:48 ID:beO+bPRX0
>755>758 「人命」が「絶対的客観」である証明まだー?

もう証明したよ

>765 そういう差別感情こそが、宅間や加藤の“疎外感”や“被害者意識=逆恨み”を育てた

全く同感。なんでこんな簡単なメカニズムがソンチーズには分からないんだろうね

772 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 22:07:43 ID:gc7m4Pt10
>>770
観念は具現化するのだから、いずれ同じ轍を踏むんじゃないかな。廃止デモという行動が
暴動へ。群集心理のコントロールは無理だし。

773 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 22:14:13 ID:gc7m4Pt10
観念万年君、粘着質なところはいいことだ。でも答えがつまらないよ。人間の根本を
理解できないのだからしょうがないけど。
君のつまらない正義感の論理は、君が否定している存置派の人間と同じだね。でも、人は
鏡なのだからそうだよね。君も逆恨みを生み、犯罪者を産み落としている。
すばらしい!

774 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 22:40:29 ID:Bvb0az0B0
>>752 >>771

>>755>758 「人命」が「絶対的客観」である証明まだー?
>もう証明したよ

おつむが弱いからって、嘘は止めようね。

>主観で「これは絶対的客観だ」と主張することは何ら矛盾しない

主張するのはいいんだけど、その主張が矛盾してて間違ってるのが問題なんだよね。
おめでたいことに、結局、君の言う「絶対的客観」はブラフでFA。
君はおつむが弱い子なんだから、もっと謙虚に勉強しなきゃ、、、一から。

>>まだ、気になることがあったよ。チミ、なにでオバマのこと知ったの?
>> 権三郎おぢさんの命も「絶対的客観」なの?

きちんと答えようよ。特に下の質問はYesかNoなんだから。
あ、そうか「絶対的客観」はブラフだから答えられないのか?
認識という過程を経なきゃ答えられないんだっけ?
君さ、しょーがないから答えられる人、さっさと見つけてきてよ。

>命と比べてちゃんと証明しなきゃ。
>気になるんだけどさ、命って誰が定義したの?

この質問に回答しないのはなぜなんだろうね(5回目)。
回答できないのかな?おつむが弱いから。

>死刑存廃を論じるのが早過ぎる

ははは、人は鏡だっけ。おつむの弱い子の言うことはあどけないね。

775 :磯野波平:2009/12/03(木) 23:40:06 ID:DBTIcPhjO
アッー!アッー!アッー!ンギモヂイイ!

776 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 23:44:44 ID:R0u+g7lu0
>>765
おい、学歴詐称者。訂正はしないのか?
書き込む前に読み直せってあれだけ言われていてもまだダメか?
どうしようもない無能力者だな(苦笑)

>どうし「ょ」うもない

>忘れては「鳴」りません

777 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 23:47:12 ID:gc7m4Pt10
観念万年君。君のような理想主義のお子様は、ネットが出来る前から沸いて出てきていたけど
ネットという防壁ができてからレベルが下がったね。この手の子供の理想の集大成は、自殺か
無差別殺人が多いけど、この病気は大人になれば完治するよ。でも、それまでに死刑が無くなっ
てれば大丈夫ってこと?それまでに後者を選択実行してしまったら弁護士に一任しないと心象が
悪いね。でも心神耗弱か、心神喪失で減刑を狙う?

778 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/03(木) 23:48:02 ID:UK3oBv6Q0
存置の人の根拠・理由は何なの?

779 :磯野波平:2009/12/03(木) 23:54:52 ID:DBTIcPhjO
>>777
なにィ 今度はウンコオ? お前わしをバキュームカーと間違えとるんじゃないか?

780 :磯野波平:2009/12/04(金) 00:00:11 ID:DBTIcPhjO
>>778
ああ…つぎはションベンじゃ…

781 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 00:10:15 ID:T8l7NyQB0
>>778
反対派の否定してることだろ?
波平さんそこはトイレじゃないよ。

782 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 00:22:10 ID:FruUm8E60
>>780
>>778
ちゃんと具体的に言ってよ。

783 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 00:23:10 ID:FruUm8E60
わりまちがえた。
>>778×
>>781

784 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 00:35:54 ID:T8l7NyQB0
>>783
説明しよう。存置派の根拠とは、犯罪の抑止力と罪と罰の公平性である。しかし、犯罪抑止力は殺人者は目的が殺人なので
抑止力の効果はないというのが反対派の意見である。しかし、夏目漱石の作品にもあるように殺意は誰にでも生まれる。生来
殺人鬼で無い限りは良心と常識、そして殺人者は死刑という刑罰により殺人を止めるというのが存置派の意見である。
そして、罪に対する罰。この場合は死には死を。ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」という量刑の基本にということで
ある。しばしいば、ハムラビ法典は復習の論理と間違われるが、目を潰されたら相手の目を潰す以上の行為は不当であるという
ことである。
以上!簡単な説明である!

785 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 00:48:53 ID:FruUm8E60
>>784
>しかし、犯罪抑止力は殺人者は目的が殺人なので
>抑止力の効果はないというのが反対派の意見である。
間違い。抑止効果に関する統計的な報告は「ある」「ない」どちらもあって
よくわかってないのが現状。よって論拠には不十分

>夏目漱石の作品にもあるように殺意は誰にでも生まれる。
死刑存廃議論で文学を持ち出すとかw

>罪に対する罰。この場合は死には死を。ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」という量刑の基本にということで
>ある。
野蛮で残虐であるため、現行法では復讐法や身体刑はとられていない。
身体刑が科されないことをよく考えろ。

786 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 01:02:49 ID:T8l7NyQB0
>>785
おいおい、説明に難癖つけるなよ。観念万年君なのか?一般論に答えていると
疲れるぞ。君はいちいち説明書にまで添削、突っ込みをするのか?

787 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 01:26:40 ID:FruUm8E60
>>786
観念万年君じゃねーよ。

具体的な反論がないなら、すっこんでろ

788 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 01:32:05 ID:T8l7NyQB0
>>787
説明を求められたから説明しただけだ。個人の見解じゃない。子供の駄々はかわいいね。
一から手取り足取りじゃないとシーシも出来ないの。

789 :磯野波平:2009/12/04(金) 02:16:56 ID:j6tb6BYDO
>>788
ところでお前わしのキンタマを見てくれ。コイツをどう思う?

790 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 02:25:20 ID:FruUm8E60
>>788
だからさ、その説明が存置の理由として十分じゃないって反論してんだよw
早く反論しろよw

791 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 03:12:37 ID:k5/YboWN0
kyouhaiihikanala ?

792 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 04:08:16 ID:KY0vh+f8O
死刑には生理的に反対だけど声高に「廃止しろー!」なんて言うほど大事な問題とも思えない。
死をもって償えは日本の文化だからね、そういう感覚野蛮だとは思うけど仕方無いかなぁと思う。

こんな私は存置?or廃止?

793 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 04:30:44 ID:uN+stfIB0
>>792
存置派か容認派。

理想のレベルで死刑に否定的でも、現実問題のレベルで存置派に廃止を強制しようとはしていないので、
少なくとも廃止派とは言わない。

794 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 05:38:18 ID:o/VjMCsA0
>>792
>死をもって償えは日本の文化
→一昨年、TBSアナウンサー川田亜子さんが自殺しました。
車のウインドウに目貼りしての練炭自殺で、覚悟の上での自殺のようでした。
伝えられているところによれば、亜子さんはかなり悩んでいた様子で、
「死んでお詫びするしかない」などと回りに漏らしていたと伝えられています。
実際、彼女のブログには、「母の日に私は悪魔になってしまいました」と書かれていて、
自分の犯した罪の償いとして死を選んだのは明らかです。
私は、それだけ悩んだ亜子さんを批判するつもりはありません。名門女子大を卒業し、
留学経験もある上、女性としては、最高のキャリアの道を歩み、将来も約束されていたはずです。
今頃、CNNENGLISHEXORESSの巻頭インタビューにも登場していたかもしれません(涙)
真に非難されるべきは、日本の糞伝統である「死んでお詫びをする」です。
青少年の手本にもなるべき教育者の自殺も珍しくありません。
「いい加減にしろ、日本人!」と日本で育ったアメリカ人である私が叫ぶ気持ちも、察していただきたいのです…

795 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 06:06:51 ID:uN+stfIB0
>>794
的外れ

796 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 06:34:05 ID:yzLs8zEU0
>>795
いつものことです。
ちなみに、的に当たったことがありません。


797 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 07:19:30 ID:1zsUv3VM0
平等以外は不公平、理不尽

犯罪者のすることとかわらん

798 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 07:30:55 ID:EI8LUMh9O
ところでバ観念〜

「人命」が「絶対的客観」である証明まだー?
五回くらい聞いてるけど全然証明出来ないねー?

証明するまで粘着するからねー


799 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 08:28:23 ID:xRQsWxyD0
糞yurikoもUCB卒業などと詐称していないで、CNNENGLISHEXORESS(大爆笑)の
巻頭インタービューにでも載れば立派な人だと認められるのにね・・・。
小学校低学年並みのタイポはもう直せないのかな?
一度読み返すくらいの簡単なことすらきちんと出来ない馬鹿じゃもう無理だね(涙)
一度Exorcistにお祓いしてもらったらどう?
お前、どうみても呪われて生まれて来たとしか思えないよ(大爆笑)
しっかりしろ!Exo猿yuriko!

800 :磯野波平:2009/12/04(金) 08:33:43 ID:j6tb6BYDO
>>799
ところでわしのキンタマを見てくれ。コイツをどう思う?

801 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 11:47:04 ID:PdHOtGFS0
存置の方は基本的に保守的で現状維持を望んでいるのだと思います。
現在、死刑に賛成している存置の方の半数は、死刑制度が廃止になった場合、
今度は保守的に死刑制度は無いほうが良いというでしょう。


802 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 12:03:12 ID:1zsUv3VM0
こうやって身勝手に他人の考えをねつ造するから嫌われるのだと思いますよ
なぜあなたが勝手に言ったことが他人の言葉になるのか教えてください

803 :磯野波平:2009/12/04(金) 12:29:18 ID:j6tb6BYDO
な…なんじゃこれは…出たり入ったりして…

804 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 12:44:43 ID:uN+stfIB0
>>801
だからどんな汚い手を使ってでもまず廃止してしまえ、
というのが日本の廃止論者の基本姿勢のように思われます。
それがまた信用を失う原因になるのでしょう。

805 :磯野波平:2009/12/04(金) 12:45:23 ID:j6tb6BYDO
>>801
まあ、多分そうじゃろうな

806 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 12:58:20 ID:IUjgTUo00
>>804
実は廃止になると困るのは廃止運動家
本気で廃止なら、国会か法務省の前に全員集めてハンガーストライキでもしてる
結局イデオロギー運動の一環だから

807 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 13:00:40 ID:+9zqhdyT0
市橋の事件を必要以上に報道して、鳥取・豊島区の詐欺女の不審死を世間の目から消し去ろうとしてる

マスゴミ&内閣府男女共同参画&法務省

808 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 13:21:21 ID:TxtVCHEU0
39条と41条と精神鑑定の廃止が先決。

死刑が有ろうが無かろうが、目の前の危機じゃないよね。
人権派の工作で不起訴や減刑で社会出る事を止めるのが先き。

809 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 14:17:07 ID:PdHOtGFS0
>>808
減刑や社会復帰は慎重に行うべきだけど、精神鑑定は必要だろ。
法律を理解できない奴に法を守れと言っても無駄なこと。
それは保護者の問題だろ。

810 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 14:27:14 ID:iHl0YE2a0
恣意的な鑑定結果で減刑や無罪は必要ない。
法律を理解出来ないなら理解するまで教育か隔離。
保護者の法的責任を明確化。

変な思想に悪用されてる39・41条は廃止。

811 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 15:12:35 ID:PdHOtGFS0
恣意的なとか、変な思想に悪用されてるとか、
法の精神とは違う問題をもって廃止を訴えるのはいかがなものかと。
恣意的な運用が出来なくなるような改訂、思想で悪用できなくなるように改訂
等をこうずるのが正道かと。
39・41条の思想は必要だもの。

812 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 15:25:35 ID:iHl0YE2a0
死刑廃止派も認めてる様に、日本の精神医学会は遅れてますから。
正しい鑑定出来るまで鑑定を採用しないのが法的平等。
精神鑑定の整合性追求しろ。

遅れてる鑑定で無罪?遅れてる鑑定結果で減刑?

変な思想に悪用されてる39・41条は廃止。

813 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 16:39:51 ID:OBDJNLBi0
>>794
>CNNENGLISHEXORESS→CNNENGLISHEXPRESS
>>799
一々、はしゃぐなって…(苦笑)
実は投稿した瞬間に気が付いた。だが、訂正するまでもないだろ、と思った。
実を言えば、今日、本屋でCNNENGLISHEXPRESS12月号を購入した。
実はCNNENGLISHEXPRESSは創刊以来、殆ど毎月購入してきた。無論、CD付になる前で、
別売のカセットテープは高額ということで殆ど買わなかった。
以前は時事英語研究の愛読者だったが、現在はCNNENGLISHEXPRESSを愛読している。
今月号の巻頭インタビューはフランス人で俳句集を出版したという、マブソン青眼氏だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%96%E3%82%BD%E3%83%B3%E9%9D%92%E7%9C%BC
でも、ここで、「ちょっとまてよ?」と思った。
CNNENGLISHEXPRESSは主に、時事問題に焦点を当てた、英語学習雑誌だ。ネイティブが読んでも、
読み応えがある。
しかし、マブソン青眼氏は、フランス人だ。インタビューを読っで、「もしや?」とも思ったが、
英語の話題は全く出てこない。
一体全体、編集者は何を考えていたのか。私には全くわからない。
それは兎も角(爆笑)、今月号には、オバマの「核なき世界(チェコ プラハ)」演説の全文が
掲載されている。
ところが、オバマは一日、米兵3万人規模の追加派兵を決定したと、演説で明らかにした。
http://www.canada.com/news/Full+text+Obama+speech+Afghanistan+strategy/2291683/story.html
オバマの「戦争を終わらせるための新たな派兵」というのは、ブッシュが使った、似たようなレトリック
「戦争を防ぐための戦争」とあまり変わらない。
やたらに「戦争反対!」を無責任に叫ぶ「左翼」も胡散臭いが、「暴力は悪循環する」という真理もある。
「核なき世界」は、要するに、「核なしの戦争は容認する」ということなのだろうか。
オバマにその真意を聞いてみたいところだ。


814 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 16:46:34 ID:uN+stfIB0
>>813
筋違い

815 :死刑はもう必要ない:2009/12/04(金) 16:56:14 ID:OBDJNLBi0

同様なことは、死刑存廃論にも当て嵌まるかもしれない。
一部の存置派と思われる人から、「死刑廃止を前提に議論するより、死刑の必要のない社会建設ー
すなわち、凶悪犯罪が起こりにくい社会建設を論議するべきでは」
という意見が出された。
一見尤もだが、この人が現実を見ていないか、騙されてるのだ。
これまで、私はなんども指摘してきたことだが、
マスコミが如何にセンセーショナルに「世の中住みにくくなった」「凶悪事件が増えている!」
と伝えても、統計を見れば一目瞭然で、日本は戦後、人々の必死の努力が実を結び、
世界でも類例がないほど、平和で安全な国を作りあげた。無論、それは自民党政権の成果というべきではない。
それどころか、鳩山元法相は、そんな日本人を自己卑下に導きたかったのかもしれないが、
「凶悪事件は増えている→勧善懲悪としての刑は必要→(みせしめ的)死刑こそが最良の防犯効果→死刑執行数の急増」
と、訴えた。
これは、そもそも事実とは真逆だったから、逆に「死刑の不必要性」を訴えることになってしまった(苦笑)


816 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 17:01:32 ID:JrCy9tZD0
オカマ爺さんになっても1人者で子供無しか。何のために生きてるんだろ?
久々言うわこの言葉、ちょっと恥ずかしいけど。




    逝 っ て よ し

817 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 17:30:25 ID:uN+stfIB0
テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。

818 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 17:36:19 ID:bAhQclPM0
市橋の事件を必要以上に報道して、鳥取・豊島区の詐欺女の不審死を世間の目から消し去ろうとしてる

マスゴミ&内閣府男女共同参画&法務省




819 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 17:51:41 ID:1zsUv3VM0
>>815
この人ってバカなの?結論もでていないのに、同様のことが言えるって?無理矢理文章つなげてるだけだね。
ゴミレス

820 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 18:15:28 ID:yn5T4Z+O0
39条と41条と精神鑑定の廃止が先決。

死刑が有ろうが無かろうが、目の前の危機じゃない。
人権派工作で、不起訴や減刑で社会出る事を止めるのが先き。

821 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/04(金) 18:22:07 ID:d+HpmAb/0
>774 この質問に回答しないのはなぜなんだろうね(5回目)。

決まってるじゃん。愚問だからだよ
「100回目」に達したらその努力に免じて答えてあ・げ・でゅ

>785 抑止効果に関する統計的な報告は「ある」「ない」どちらもあって
> よくわかってないのが現状。

んじゃアメリカの存置州の方が廃止州より殺人率が高い理由を説明して

>792

どっちでもいい派。そんな人に>70-77の感想が聞きたい

>794 真に非難されるべきは、日本の糞伝統である「死んでお詫びをする」です

確かに糞伝統かも。現実逃避の最たるものだもんな。死ねば済むと勘違いしてるところがある
以前、農水相が自殺したときに都知事が言った一言が「彼も侍だった」云々
批判の矢面に立たされる勇気もなく逃げ死んだ卑怯者のどこが侍か、と

822 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 18:23:42 ID:T8l7NyQB0
>>790
子供には説明するのが大人の役目であった。君のやり方でやってみよう。

>間違い。抑止効果に関する統計的な報告は「ある」「ない」どちらもあって
>よくわかってないのが現状。よって論拠には不十分
これは、お互い様。両者がよく唱える文言。だったらこのことで反対も出来ないはずだが
反対派はよく歌う。

>死刑存廃議論で文学を持ち出すとかw
作品読めばわかるはずだが、これが結構良く当たっている。殺意の芽生えについて例えたがお気に召さぬようで。

>野蛮で残虐であるため、現行法では復讐法や身体刑はとられていない。
>身体刑が科されないことをよく考えろ。
だから量刑の基本だってば。君の言うのは復讐論だ。犯した罪に見合う量刑が必要だってことだ。そのために各罪ごとに
量刑がある。おれ自身の意見ではそうなってないと思うが、法律がそうなんだからそれが法だ。
で、殺人犯にはそれ相当の刑罰が必要だが、存置派はそれが死刑ということだ。

823 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 18:34:00 ID:T8l7NyQB0
やあ観念万年君、今日の書き込みはよかったよ。くやしいけど

>確かに糞伝統かも。現実逃避の最たるものだもんな。死ねば済むと勘違いしてるところがある
>以前、農水相が自殺したときに都知事が言った一言が「彼も侍だった」云々
>批判の矢面に立たされる勇気もなく逃げ死んだ卑怯者のどこが侍か、と

これは同じ意見だった。残念。自殺に関しては最高の逃げ道だと思ってるからね。都知事の言う
侍魂は、太平の世の中で出来た詭弁だからね。
ところで785の初心者にはやさしくしてやれよ。友達になれるかもしれないじゃないか。

824 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 19:16:03 ID:xRQsWxyD0
>>813
お前こそはしゃぐなよ(嘲笑)
書き込んだ瞬間に分かるなら、書き込む直前に分かれよ(爆笑)
しかも、>>813もタイポだらけ。
せめて、CNNENGLISHEXPRESSじゃなくて、CNN ENGLISH EXPRESSと書いてくれないか?
その程度のこと、自分でも気づくだろ?
一度読み返す程度のごく単純な注意力さえ無いようじゃ、仕事は出来ないな。
お前は一体何の職業やっているの?

825 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 19:20:07 ID:BTuLNls70
>「100回目」に達したらその努力に免じて答えてあ・げ・でゅ

これでチーズフォンディユ食いたくなった俺は変態?

826 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 20:02:37 ID:yn5T4Z+O0
39条と41条と精神鑑定の廃止が先決。

死刑が有ろうが無かろうが、目の前の危機じゃない。
人権派工作で、不起訴や減刑で社会出る事を止めるのが先き。

827 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 20:21:27 ID:EI8LUMh9O
結局、廃止派の誰も「人命」が「絶対的客観」である証明は出来ないって事でFA?

828 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 22:22:24 ID:1qCuk1RJ0
結局、yurikoは学歴を詐称してるだけなんだよな。
本当の卒業生とは月とすっっぱんぐらい能力の差があるのに、
本人は妄想して自分がUCB卒業生と信じ込んでいる。
草加学会会員だけのことはあるね。

829 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/04(金) 22:49:13 ID:d+HpmAb/0
>827

地球の存在って、絶対的客観だよね?
相対的主観だというならそれを論証してみ
論証できなければ人命も地球と同じということでFA

830 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 23:03:34 ID:PAb4B+vJ0
>>821

>>774 この質問に回答しないのはなぜなんだろうね(5回目)。
>決まってるじゃん。愚問だからだよ
>「100回目」に達したらその努力に免じて答えてあ・げ・でゅ

はは、見るからに君らしい。
絶対的客観に関する内容に関する記述は一切無しというのが、
おつむが弱いことの証明になってしまった。
結局、チミが答えられないことを露呈してしまったわけだ。

ところで、地球の相対概念は「天球」なんだけれども・・・。
もう一つ気になってることがあって、絶対概念と絶対的客観性の関係って何?
ちゃんと説明してよ。

831 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 23:16:18 ID:T8l7NyQB0
観念万年君、またこんにゃく問答かい。死刑廃止論はどうしたのぉ。哲学に逃げるのぉ。
死刑は私刑でいいじゃない。子供の理屈なんだから。でも、それじゃあ廃止の根拠になら
ないよねぇ。

832 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 23:23:53 ID:EI8LUMh9O
>>829
本当にびっくりするほど馬鹿なんだね

まず「地球」が絶対的客観である証明と
「地球」が絶対的客観であれば「人命」も絶対的客観である
という、「地球」と「人命」に何の関係があるかを証明して。

別に「地球」じゃなくても「テレビ」でも「タバコ」でも「チンコ」でもなんでもいいから証明に挑戦してね。待ってる。

833 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 01:52:58 ID:hNj5mW0V0
絶対的客観って言ったら、exo-yurikoが学歴を詐称していることしかないじゃん!w

834 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 03:33:56 ID:MbDEgfeM0
つうか絶対的客観ってなんだよw
客観だけで一般的、普遍的って意味があるのに、それに絶対をつけてどうしたいの?
多用してるヤツ、ものすごい客観的!とか言ってるみたいでバカみたいだぞ

何かの証明っていうのは、厳密にいえば、多分誰も為し得ていないし、何も為されたことがない
ある程度の、学問レベルでの研究や一般性があるものなら疑わないもの、公理的なものとして扱う

もともとのレス読んだけど、
正義が価値観の一つで概念であるのに対して、人命は物質的で誰にでも確認できる、って意味だろ?
哲学的思考もアリだろうが、ものの存在自体にケチつけるのは、自分の生活や人生否定してるみたいで気持ち悪いぞ

835 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 06:52:11 ID:hvgVEEf60
>>815
>鳩山元法相は、そんな日本人を自己卑下に導きたかったのかもしれないが、
「凶悪事件は増えている→勧善懲悪としての刑は必要→(みせしめ的)死刑こそが最良の防犯効果→死刑執行数の急増」
と、訴えた。
→村野薫氏は「死刑はこうして執行される」で、オウム真理教事件(1995年)以来、明らかな
司法の厳罰化が進んだとしている。それは1裁判のスピード化 2確定判決から執行までのスピード化
に現れているという。
その中でも、宅間守は本人の希望があったとはいえ、確定から約1年で執行されてしまった。
宅間と獄中結婚した吉岡さんとしては、ある意味、やっと新婚生活が始まったばかりで、寝耳に水だったようだ。
月刊「創(つくり)」編集長 篠田氏は1996年に突然、宮崎勤から手紙を受け取って以来、8年間付き合っていたのだが、
確定後、わずか2年で執行されたことに衝撃を受けたとしている。
一方で、日本の司法の原則?である、「疑わしきは死刑にせず」に依って、確定囚は
常時100人という異常な事態ができてしまった。
鳩山法相前は、どんな凶悪な確定囚でも、最終判決から平均7、8年で執行されていたために、
反省しながら死の準備をすることができた。
ところが、千葉新法相は「死刑反対議連」のメンバーということもあり、民主党政権下では、
死刑が執行されない可能性が高い。これは、どういうことかというと、司法の厳罰化の流れで、死刑囚が
ひたすら量産されるということだ。
村野薫氏は執筆当時、大量死刑囚に続く、大量執行を懸念していたが、この分では、大量死刑囚のみが残ることになる。



836 :死刑廃止を明文化した新憲法の作成:2009/12/05(土) 07:31:31 ID:hvgVEEf60

大量の死刑確定者で、未執行という、事実上の「死刑廃止」は韓国の例もあり、
一つにありかたでもある。それに、日本では平安時代から346年間死刑が廃止されていたとされるが、
それは単に「事実上の停止」ということで、実際には私刑が行われていたことは証明するまでもない。
日本人は、摂政関白制度から北條執権制度、さらには江戸幕府に至るまで「事実上の天皇制や将軍」を据えてきた。
表と裏(本音と建て前)の使い分けは日本人の得意分野だったのだ。
そういう点で、「事実上の死刑廃止」は国民からも受入れやすいかもしれない。
それに、極刑としての死刑は、たとえ名目上としても、けじめとしてなければ、遺族感情を慰撫できないのではないか、
という議論もあるだろう。
しかし、私の意見としては、日本は、もうそろそろ(遅すぎるという意見もあろうが)、規範憲法を中心とした、
法が支配する社会を目指すべきではないだろうか。
ロッキード事件やダッカハイジャック事件で「超法規処置」というインチキをしたり、
オウム新法作成という露骨な憲法違反を「国民の総意」で行うのではなく、死刑の廃止を
憲法に明文化するべきではないだろうか。
日本国憲法前文は憲法の規範として格調高い。規範とは全体を貫く基本精神のことだ。
そこに明確に「国際社会において、名誉ある地位」と宣言されているのである。
憲法の改善は「よりよい憲法を作ろう」という人権.平和憲法の常識であることを
比較憲法の権威である西修氏は明らかにしている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E4%BF%AE

837 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 08:25:35 ID:U/WUrRzV0

テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。


838 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 08:29:33 ID:KPmTf5h40
客観は主観の集合の一つだと思う。
ある物体が存在しているという「事実」ですら、その人の網膜に移った映像を
その人の脳が処理した結果、「その人が物体と認知した」から物体とされる。
それを、全部の人が同じ認知を行うから、物体として共通認識、つまり客観的
事実となるわけだ。
逆に言えば、客観は分解していくと個人の主観に行き着くはずだ。だから、
主観の客観のと言い合ったって仕方がない。どうしても白黒をつけるならば、
論理的には、より多くの支持を得たほうが客観的と言わざるを得ないだろう。

ちなみに狭義で主観、客観と言っているのであれば、当事者以外は全部客観
なんだから、主観なんてほとんど存在しないよ。
いずれにせよこの議論は無意味。


839 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 08:35:22 ID:hNj5mW0V0
>>835-836
おい、どうしてタイポを直してから投稿しないんだよ?
お前馬鹿か?
一度読み返せよ!
こんな簡単なことが出来ないなんて、よほどの無能者だな。
どこの職業訓練校に行っても、成績最下位だろ(大爆笑)
心の底から軽蔑するよ。
馬鹿!

840 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 08:36:06 ID:U/WUrRzV0
>>838
そのどちらの意味においても辻褄の合わない観念氏の誤りを指摘する議論なので、
無意味とは違うだろう。

841 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 08:47:51 ID:KPmTf5h40
>>840
観念クンを相手にすることは、それだけで充分無意味です。
何しろ、自分に都合のいいところ以外は「理解」ということをしないので。
文意、文脈に対するレスでなく、単文に対するレスしかできないのがその証拠です。
煽りレスに反応すると気分を害するだけ損しますよ。


842 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 09:36:21 ID:Yx9TvCdl0
>>838
観念君は、>>639を否定するために、>>649で 
>だから「認識」という言葉を最初から定義に用いるな、という話

なんて、おつむの弱い発言しちゃったんだよ。困っちゃうよね。

「認識」に関する >>774 の質問に答えられずに逃げ回ってるから、
「命」が認知・認識を必要としない絶対的客観なんてのはブラフでFA。

843 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 10:03:19 ID:HegZO0OA0
>>836
おい、学歴詐称者! その駄文は高学歴のものとはとても思えないぞ。
実は、yurikoは、高校中退であることを白状したらどうだ?
自分が日本人よりもすべての面で劣っていることを認めたら、
許してやってもいいぞ。

844 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 14:20:10 ID:lVPZDhv+O
観念さんの存在は
「廃止論とは単なる独り善がりの似非ヒューマニズム」
であることの雄弁な証明であるので、いつまでもこのスレで熱弁を奮っていただきたいものです。


845 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 15:39:07 ID:hNj5mW0V0
>>843
yurikoはどうやら創価高校は卒業したらしいよ。
当然成績は悪かったが、南無妙法蓮華経と泣きながら1000回唱えたら卒業させて
くれたらしいw
まあ、その後の職業訓練校や養護学校は全部中退。
注意散漫で対人能力も無いから絶対に無理だわな(爆笑)

846 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 17:21:01 ID:kjBMpMBFO
観念とかYurikoっていう人は、荒らしだから相手にしない方がいいの?

847 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 17:37:36 ID:ZBer6FND0
>>846
どちらも反日似非人権死刑廃止運動家。
存置派コテも仲間。

848 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 18:08:08 ID:j6HJuUuV0
>>846
観念万年君はその行為自体が荒らし行為であるが、かれの論理は本気です。そこが痛々しい。
相手にするかしないかは個人の判断ですが、関わり方によっては共犯になってしまいます。
でも、子供のやることなので大目に見てください。でも基本スルーです。

849 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 18:11:04 ID:Z5hyYZKW0
こっちで叩かれて政治板に復活してるw

850 :死刑がなくとも国家権力は機能する:2009/12/05(土) 19:35:10 ID:6cIiZR2U0
>>837
>テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれる
→国家や帝国の存在が「囲い込み」による暴力に期限があるのは、説明するまでもないでしょ。
領土拡大のために戦った兵士は、手柄(敵兵を殺せば殺すほどベター)に応じて、論功行賞が
行われたのです。
とはいっても、今日のような「国」になったのは、ヨーロッパに関していえば、中世を経て、
近代国家ー憲法が支配するようになってからです。近代国家の特徴とは、国境、国土、国民の三つです。
絶対王権が成立すると権力ー暴力の集中が起きるのです。
トマス・ホッブスは近代国家をリヴァイサン(ゴジラに似た怪物)に例えています。
その怪物に鎖(法律cf罪刑法定主義)で縛った上で、さらに太い鎖(憲法)で国家権力を縛る必要があったのです。
やくざやギャングにも「守るべきルール」があり、親分も守ることで秩序を作ったのでしょう。そこにルールを破ったら、
罰がくだるとしたのも当然でしょう。
しかし、そういう無法者達のちっぽけな集まりと国家を同一視するのは根本的に間違っています。
なんといっても、私達は地上最強の怪物リヴァイサンを相手にしているのです。放っておいたら、
何をしでかすかわからない怪物を相手にしているのです。
国家が使う暴力手段が最強なのは説明するまでもないでしょ。
私はアメリカで偶然、ライオットポリス(機動隊)を見る機会があったのですが、
まさに圧巻で、あたかも怪物軍団といった感じで、取り締まりを受ける人達の身の安全を祈ったほどでした。
国家権力による暴力装置を甘くみるべきではないのです。
死刑制度とは、その国家暴力の象徴ともいえるもので、だから恐いのです。
その恐ろしさは、宅間や加藤のような凶悪犯が束になって、かかっても絶対にかなわないのです!
死刑という窮極の暴力装置がなくとも、国家権力は十分すぎるくらい機能するはずなのです。

851 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 19:41:45 ID:j6HJuUuV0
>>849
大丈夫。すぐ帰ってくるよ。

852 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 19:42:01 ID:6cIiZR2U0
訂正>>850
>国家や帝国の存在が「囲い込み」による暴力に期限があるのは、説明するまでもないでしょ。

国家や帝国の存在が「囲い込み」という暴力に起源があるのは、説明するまでもないでしょ。

853 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/05(土) 20:12:30 ID:sWDxKf++0
>830 地球の相対概念は「天球」

お前は天動説時代の人間かw
地球は実在するが天球は実在しないから、互いに相対概念であるとは言えない

> 絶対概念と絶対的客観性の関係って何?

その前に俺は「絶対的客観性」なんて言葉、使ったことないよ

>832 まず「地球」が絶対的客観である証明と

そこから教えないといかんの?

> 「地球」と「人命」に何の関係があるかを証明して。

どっちも「実在する」だろ

>834 正義が価値観の一つで概念であるのに対して、人命は物質的で誰にでも確認できる、って意味だろ?

そう。だから前者は相対的主観で、絶対的客観
当たり前のことをただ当たり前に言ってるだけ

> ものの存在自体にケチつけるのは、自分の生活や人生否定してるみたいで気持ち悪いぞ

確かにソンチーズはキモイ

>837

要するにバカほどソンチだということだな。何を今さら

>838 論理的には、より多くの支持を得たほうが客観的と言わざるを得ない

客観的ではあっても客観ではないな

>842 「命」が認知・認識を必要としない絶対的客観なんてのはブラフでFA。

まぁでもお前が今日死んだとしても、明日「オバマの命」は存在するんだよ。その他の命や「地球」もだけど
それが現実

854 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 20:22:05 ID:Ayy1TJEiO
それで?

ここ数日、結局バ観念は一人で何が言いたいんだ?死刑と何の関係が?


855 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 20:37:13 ID:j6HJuUuV0
観念万年君。もうスレタイを忘れてしまったの。それともこれが対談なの?お子様だから
目的のための手段で、目的を忘れてしまったのかな?
ソンチーズはキモイなら、ハイシーズー犬は臭いってのどう?じぶんが賢いと思うのはバカ
じゃなくて分裂症なのかな?
最近の観念万年君は虚勢が見え見えだよう。

856 :存置派:2009/12/05(土) 20:55:35 ID:xEHix8Sw0
>>847
…ふむ「存置派コテ」とやらは俺のことか?
だとしたら外れだな。俺は人権には余り興味がない。
人権を守るために人命を踏み躙る似非人権主義者は、どちらかというと嫌いでね。

>>853
案じるな。
どれだけ周囲を馬鹿だ何だと断じようと、凡そお前の程度は既に周知だ。
…「ソースは俺」を連呼する馬鹿が真っ当な教育を受ける機会に恵まれたと思う人間がどこにいる?

857 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/05(土) 22:50:01 ID:f8YNkw7V0
>>853

>>830 地球の相対概念は「天球」
>お前は天動説時代の人間かw

今も使ってる概念を君の勝手で消し去るの子供のワガママだよ。

>地球は実在するが天球は実在しないから、互いに相対概念であるとは言えない

これ、君ルール?

>その前に俺は「絶対的客観性」なんて言葉、使ったことないよ

ははは、ごめんごめん、君が使ってたのは、
>>545 「人命は客観的絶対」ということで終了
わけのわからない「客観的絶対」という君の造語だったか。
君の造語だったら、君の主観・君ルール適用でなんとかなっちゃうかな。

>>834 ・・・・・人命は物質的で誰にでも確認できる、って意味だろ?
>そう。だから前者は相対的主観で、絶対的客観当たり前のことをただ当たり前に言ってるだけ

「確認」作業が入ってるのに、絶対的客観なんて当たり前に使っちゃうところが芸人みたいだね。

>>842 「命」が認知・認識を必要としない絶対的客観なんてのはブラフでFA。
>まぁでもお前が今日死んだとしても、明日「オバマの命」は存在するんだよ。その他の命や「地球」もだけどそれが現実。

絶対的客観なんてのはブラフでFA。
だって君はオバマのこと知ってなきゃこんなこと言えないんだもの。
だから、聞いてるんだよ>>774で。それと命の定義を誰がしたのかと言う質問も是非聞きたいな。

それに死刑存廃論に関連するのは、命に対する価値観の方だよね。
君のいままでの絶対的客観の話って存廃については、まさに「ひとり相撲」状態。

>>848
スルーか・・結構楽しかったけど不健全かもね。放任も考えとくか。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)