2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆国際結婚で民族紛争は抑止可能か?

1 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/06/19(土) 05:04:46 ID:D3PZ0Pw90
何処の国にも異民族が大嫌いって連中は多いよね(早めに抑止しないと民族紛争が・・・)
ココで中国人の皆さん及び貴殿達の政府機関に公開書簡・・・

国際結婚(民族間結婚)を増加させる事で紛争抑止って可能?
まあ、両民族の婚姻が年間10万組ぐらいになればそれなりの数の
ハーフが毎年産まれる訳だし次の世代にはその倍のクオーターが産まれるよね。

もし、中国政府が日本に暮らす全ての中国国籍者に国際結婚に必要な証明書(独身証明等)を
送って国際結婚を推奨したらどうなるだろうね?

日本には膨大な数の独身者が存在するし、東京等には年頃の中国人が一杯。

日本での少子化問題は軽減するし、大陸での人口問題も軽減される。
子供や孫の顔を見れば相手の民族を憎いって喚く訳にはいかなくなる(相互抑止)
どんなモンだろうね?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 06:26:34 ID:+93dSsiB0
別に日本人は漢民族が憎いんじゃなくて漢民族や朝鮮民族の態度が気に入らないんだ
ルールやマナー無視ですぐ開き直る民度の低さ

つまり憎しみを持ってるのはシナだけって事で日本人には関係ない問題

3 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/19(土) 09:55:20 ID:dibCy0AY0
国際結婚で民族紛争の防止は無理。

・ユーゴスラビアでは民族融和が推奨されたが、冷戦終結後に内乱発生。
・ルワンダもフツ族とツチ族の明確な区別は存在しない位、
 融和が進んでいたが貧困によって内乱発生。
・移民を受け入れている欧州の国でも対立が起きている。

民族紛争を防止したいなら、外国人を受け入れない。
これが一番まともな防止策になる。

一人っ子政策のお陰で中国の男女の人口比は男子が圧倒的に多い。
その男子が日本で結婚するとなると、今度は日本人男性が結婚できなくなる。
それによって問題が発生する可能性も充分にある。

人口比や民族融和が進んだ国で起きた紛争を理解せずに意見を述べても解決には繋がらんよ。

4 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/19(土) 10:38:45 ID:dibCy0AY0
追記:
まぁ、憎悪し合っているだけでは先進国で民族紛争は発生しない。
精々ヘイトクライムや弾圧が起きるだけ。
問題は、自国の国民保護の為に外国が口出しをしてくる事。

グルジア戦争ではロシア国籍のグルジア国民保護を口実にロシアが多大な干渉を行い、
結果としてグルジア側の反発を生んで紛争が発生した。
移民ウン万人受け入れ構想とかは、諸外国に干渉の余地を与え紛争に発展しかねない・・・

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 18:06:44 ID:4dbZDbNv0
>>3-4
のうような思考が紛争の原因だと思う。
挙げた民族紛争の例は、民族間というより貧困から来た問題で、
強者が弱者を食い物にして、民族問題にすり替えているだけ。
世界中が何でも共有し合ってるのに、人間だけを除外できるわけがない。
もちろん異文化の衝突は避けられないが、単なる外国人受け入れ拒否は
問題を先送りにしているだけだ。

6 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/20(日) 04:51:10 ID:B8Ssz64O0
>>5
現実を見ずに意見を出されてもねぇ・・・

実際、異民族間の結婚が推奨されてもユーゴみたいに紛争は起きている訳ですよ。
これはルワンダでも一緒。
ここまでは事実で宜しいね?
この段階で異民族間の紛争は、国際結婚では抑止できない事が明らかになっている。

その上で話を進めようか。
確かに対立を煽る存在はいるだろうが・・・それでも他民族の排斥活動は人間の感情に大きく影響する。
そしてそれは、異民族間の結婚が推奨されたユーゴや、
異民族間の結婚が自然に行われて、異民族間の肉体的特長が失われたルワンダでも影響力を発揮した。
つまり・・・人々は国際結婚が進んでも民族紛争を引き起こす可能性を秘めている訳。

>もちろん異文化の衝突は避けられないが、単なる外国人受け入れ拒否は
>問題を先送りにしているだけだ。
共有をしていないから対立が起きているんだが。
そもそも人類は一体何を共有している訳?
異民族への憎悪は不偏的な感情かも知れんがね。
お前さんの認識と現実には大きな隔たりがあるようだが・・・しっかりしてくれw

まぁ、外国人を受け入れないって選択肢は飛ばしすぎだが、受け入れる人間の区別は必要になるだろうねぇ。
極論を言って申し訳ない。

7 :ナイアルラトホテップ:2010/06/21(月) 21:56:03 ID:9u6gUJXc0
>>6
いや、極論では無いと思うよ
IQ120ぐらいが適切な線引きかな

8 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/22(火) 22:21:10 ID:7JwcRfg10
>>7
私、これでもミスカトニック大学卒ですので・・・

9 :ナイアルラトホテップ:2010/06/23(水) 04:44:54 ID:Gs1G3fni0
>>8
それは素晴らしい

10 :ナイアルラトホテップ:2010/06/23(水) 23:06:34 ID:Gs1G3fni0
>>8
初夏の贈り物です、お受け取り下さい

http://www.youtube.com/watch?v=t1gvMsOZDyY&NR=1&feature=fvwp

http://www.youtube.com/watch?v=Ixsyrr9IXKg&feature=related

11 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/25(金) 22:42:20 ID:+M2yU/DP0
>>10
涼しくなるどころかSAN値が著しく低下する訳だが。
それどころか海に行きたくなってキタ━━━ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ━━━!!!!

12 :ナイアルラトホテップ:2010/06/25(金) 22:58:34 ID:RdEEgVAb0
>>11
SAN値なんかがあり過ぎるから考えすぎるのです。
http://www.youtube.com/watch?v=pxJ-vTr150g
そんなもの、一気に減少させてしまえば悩みも消え去る。

さあ、海辺で魚を食うのです(ビールなんかを片手に)
それで全ての問題は解決する。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 10:19:03 ID:JzPrSef70
>ルワンダもフツ族とツチ族の明確な区別は存在しない位、
>融和が進んでいたが貧困によって内乱発生。

ちょっと違う。
もともとルワンダでは確かにフツ族とツチ族はせいぜい
「農耕民(フツ族)と遊牧民(ツチ族)」
程度の区分でしかなかった。
数百年前には民族的な違いはあったらしい(推測なのはルワンダには記録を
文章で残す習慣がなかったので、口伝でしか歴史が残っていないから)
のだが、欧米の植民地になった頃には殆ど違いは無くなっていた。
だが第一次大戦後にルワンダを支配したベルギーは分割統治の為に
「もともとルワンダにいた多数派のフツ族を白人の血を引くツチ族が支配した」
というでっち上げの歴史を造り上げ、そうルワンダ人を教育した。
このときフツ族とツチ族、その他、を分類した記録が作られたのだが
もともと明確な区分なんか無いものだから、ある地域では「身長何センチ以上」
ある地域では「家畜を飼っているか否か」という具合に、バラバラでいい加減な
基準で区分けがなされた。
その後、ベルギーから独立すると今度は多数派のフツ族がベルギー時代のウソの
歴史を逆手に取って
「自分たちはルワンダの先住民であり正当なルワンダ人。白人の血を引くツチ族は侵略者」
という主張をして民族主義を煽ったんだな。
その後、クーデターで実権を握ったハビャリマナ政権が自分たちの不正や汚職に対する
批判を「ツチ族VSフツ族」の図式にすり替えて非難した事で次第に民族主義が暴走して
最終的には虐殺へと繋がった。
貧困も大きな原因ではあるのだが、もっと前からいろいろな問題が積み重なっていたんだよ。

14 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/26(土) 12:05:59 ID:zn+6Yaw40
>>12
私は本棚に向かうと様々な背表紙の中から一冊の本を取り出した。
『闇の奥の奥』の隣に位置しているその本は、デフォルメされたが故により禍々しくなっているしゃれこうべが書かれたデザインとなっていた。
私はうっすらと積もった埃を手で払い、その冒涜的且つ人間には決して見る事の出来ない異次元からの角度で描かれた表紙を開く。
その本を開くたびに私は考えずにはいられない。
神がわれわれに与えた最大の恩寵は、物の関連性に思い当たる能力を、
われわれ人類の心から取り除いたことであろう、
人類は無限に広がる暗黒の海に浮かぶ、《無知》の孤島に生きている。
いうなれば、無明の海を乗り切って、彼岸にたどり着く道を閉ざされているのだ。
諸科学はそれぞれの目的に向かって努力し、
その成果が人類を傷つけるケースは、少なくともこれまでのところ多くなかった。
だが、いつの日か、方面を異にしたこれらの知識が総合されて、真実の怖ろしい様相が明瞭になるときがくる。
そのときこそ、われわれ人類は自己のおかれた戦慄すべき位置を知り、狂気に陥るのでなければ、
死を秘めた光の世界から新しく始まる闇の世界へ逃避し、かりそめの平安を希うことにならざるをえないはずだ。
ルワンダの虐殺のような禍々しくも人間性が浮き彫りになった邪悪な虐殺であった。
私はジェノサイドの丘を開き、記憶の片隅をつつく>>13の言葉を辿る。
書物の助けを借りて記憶の糸を辿り、切れてしまった記憶の糸を紡ぎ合わせる行為へと勤しんだ。
私は>>13の指摘が正しいのを理解し、自らの忘却の理由を思い出すべくパソコンの前へと座る。
そう言えば先程から下劣でくぐもった音を出す太鼓の狂おしい連打と、
呪われたフルートのか細くも単調な音色を再現したと思われる音が、
そして邪教の巫女が人間とは違う不自然な、恐らく彼女には人間らしい発音をする構造が備わっていないと思わせる、
不自然な歌声が響き渡っている。
私はその歌声を消すべく、起動していたファイアフォックスを落とし、>>12のリンク先ごと終了する。
しかし耳にこびり付いた道徳的な歌詞と非人間的な歌声を消す事ができない。
私は頭を抱えたまま振り返ると
ああ!窓に!窓に!

>>13
フォロー有難うございます。
どうも私の記憶力に問題があったようで。
他にも増えすぎた人口を養えるだけの産業が無かったのもの原因と言われていますね。

15 :ナイアルラトホテップ:2010/06/27(日) 23:24:11 ID:NM7XFW3n0
>>13

               l^丶
               |  '゙''"'''゙ y―, あ ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう
               ミ ´ ∀ `  ,:'     
             (丶    (丶 ミ   いあ    いあ
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';  ';´∀`';, ,
              `:;       ,:'  c  c.ミ' c  c.ミ 
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J   u''゙"J


            /^l
     ,―y'"'~"゙´  |   それ  るるいえ うがふなぐる ふたぐん
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)    いあ    いあ
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ    ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u   ι''"゙''u

ずっと前の話だけど海水浴場でナルトビエイとすれ違って度肝を抜かれた時がある
(サメよけネットは穴だらけらしい)

>>12
その意味では戸籍等の公的文書に民族名を明記する事は絶対に間違いですね。

16 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/28(月) 00:24:14 ID:ryFpXEG60
まぁ、2chでのブサヨク・ネトウヨによる『あいつ等扱い』を見ても解る通り、人間にはそういう部分があるのだろうなぁ。
解決策は他人の顔を認識する脳の部分を切除して、認識させないようにする事位でしょうか。

>>15

              ,.-‐'''''''''''―---..,,__
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;-'ヽ
           ,':,r‐'''~~''''''―‐―'"7::::::::::::\
          l'/::           ミ::::::::::::ヽ
          !'::             ゙、::::::::::゙l
          ,'::::::              ヾ:::::::::::l
         ,l:;;;     ,ィ::::::....       ミ:::::::::l
          j彡ミヽ、  彡",....__       .、ミ::::::::l  ポッ
         ゙Kソ_,ヾ    ヽ.'-'..>   ..:::::r'"/ヘl
          l::::'''' .,'   .:.. ̄     ..::::l イ-、.l
          l::`..::,'   ::. /////  ..:::.::: l/::... .}
          {::..::( .  ::...       :::::: l':::.. /
            l::. ヾ r'^ヾ ::.      :::::: __/
          l::.  ::"         ...:::::::V
            l:: ;:-――-      ..::::::::|
           .l::.:   ̄       .:::: ..::::|
           .l:::::...........     ...::   .::::ト、、
            ゙、::::      ,,.-''    ./ .〉ヽ、
            ヽ、__,,.-''"     / ./ .::::\
             /l::::::::::::::::::   ,,-''  ./:::::::::::::::`
             ノ:::lヾ、::::::::::  /    /:::::::::::::::::::::

バカデカいエイが泳いでいたらびっくりするでしょうな。
どうでもいいけど、カニやエビを食べた後の手の匂いを何とかしたい。

17 :ナイアルラトホテップ:2010/06/29(火) 02:30:46 ID:NsMnEWWK0
>>16
>>まぁ、2chでのブサヨク・ネトウヨによる『あいつ等扱い』を見ても解る通り、人間にはそういう部分があるのだろうなぁ

人間にはって言うより連中にはって感じかも知れませんね。

>>解決策は他人の顔を認識する脳の部分を切除して、認識させないようにする事位でしょうか。

もともと、連中には顔を認識する部分は無いようですよ。(苦笑)


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/29(火) 02:56:04 ID:VobVZJOG0
ag

19 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/06/30(水) 20:00:17 ID:FMpmrbZV0
>>17
>人間にはって言うより連中にはって感じかも知れませんね。
どうなんでしょうねぇ・・・教育によってある程度変えられるとは思いますが。
個人的な経験則ですが、そういう人々は肥大した自己正当化願望があるように思われます。
絶対の正義とか、自分の考えが正しいと思い込んで曲げようとしない傾向が。
更に言えば極端な自己愛ですかねぇ・・・

宵闇幻想草紙(仙北の果実?)でしたっけ?
あれの原子力ロボットの話のアメリカ人への評価がそのまま当て嵌まるようなw

>もともと、連中には顔を認識する部分は無いようですよ。(
重要なのはレッテルを貼ったカテゴリであって、個人ではない・・・のうでしょうか(苦笑

懐かしくなったので動画を。
http://www.youtube.com/watch?v=gZo1BLYcMJ4

御大は人造人間ネタはやりませんでしたねぇ。

20 :ナイアルラトホテップ:2010/07/01(木) 04:00:23 ID:okcaZzzv0
>>19
どうでしょうね、教育で変える事はかなり困難かも?

>>個人的な経験則ですが、そういう人々は肥大した自己正当化願望があるように思われます。
絶対の正義とか、自分の考えが正しいと思い込んで曲げようとしない傾向が。
更に言えば極端な自己愛ですかねぇ・・・

それって言えますよ、私の地域にも差別意識を盛り上げる事に
全人生を捧げてるってお人が多いですけどね。
(哀れな人生だとは思いますが・・・)

その動画ですけどドイツのメトロポリスでしたっけ?
映画史に残る名画の一つですよね。

21 :ナイアルラトホテップ:2010/07/01(木) 04:04:52 ID:okcaZzzv0
追伸

少なくない数の人々の心理バランスには極めて大きな弱点が潜んでいるように思えますね。
自分に確たる部分が存在しないから他人と同じか否かだけで自分自身を評価する。

その手の連中にとっては異質な人々を冷静に語る事が出来ないのでしょうね。

22 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/01(木) 22:07:00 ID:Muj5xqZQ0
>>20
そうですかね?教育ってのは育つ環境も含めての教育・・・だと思って頂ければ。
ご家庭の環境は重要だと思いますよ、私はね。

>それって言えますよ、私の地域にも差別意識を盛り上げる事に
>全人生を捧げてるってお人が多いですけどね。
難しい問題ですね。
自信を持ち過ぎれば他者を見下す事になり、自信が無さ過ぎても優越感を味わおうと他者を見下す。
どちらにも意味は無いのですが、被害に遭われる方々を何だと思っているんでしょうね。

>その動画ですけどドイツのメトロポリスでしたっけ?
>映画史に残る名画の一つですよね。
左様で。
少なからずウェルズのタイムマシンの影響を受けた映画ですかね。
若しくは当時の世相を繁栄していただけでしょうか。

http://www.youtube.com/watch#!v=-CxKA1uETxE&feature=related
ま、たまには私好みの音楽でも。

23 :ナイアルラトホテップ:2010/07/01(木) 23:49:08 ID:okcaZzzv0
>>22
そりゃあ、家庭の環境も重要ですよ。
朝から晩まで異民族嫌悪と家柄意識を吹き込まれれば人間以下のクズが
仕上がってしまう危険性は極めて高いですからね。

コレは乱暴な意見かも知れませんが一番の教育は身内の赤ちゃんですよ
異民族の血が混じった赤ちゃんが身内にいれば極めて高い確率で差別意識を
軽減する事が可能になります。

>>自信を持ち過ぎれば他者を見下す事になり、自信が無さ過ぎても優越感を味わおうと他者を見下す。
どちらにも意味は無いのですが、被害に遭われる方々を何だと思っているんでしょうね。

たぶん、何とも思っていませんね。
他者に危害を加える事に悦楽を覚える変態連中ですからね。

ちょっと過激な映像も含まれてますが国境に関する音楽など如何でしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=KkP2Fo2yGQM

国境が外から見える傷口だとすれば、異民族嫌悪は魂を腐らす疫病ですな。

24 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/03(土) 01:11:43 ID:tIDB/Qwb0
>>23
まぁ、異民族の血が混じった赤ん坊を身内が愛するとは限らないだろうがね。
確率の問題であったり・・・無論、社会環境が変化しているか?も絡むだろう。
民族浄化の一環として生まれた子供が愛されるとは限らないだろうしね。
私自身は差別意識が無いつもりなので、私が見聞きした範囲でしか想像出来ないのだよ。

>国境が外から見える傷口だとすれば、異民族嫌悪は魂を腐らす疫病ですな。
私は魂と肉体を分離しないので何とも言えないが。
(一方で精神的な・・・詩的な表現をすれば苦悩する魂を持っており・・・苦悩を感じるのも事実だ。)

さて、国境問題も異民族嫌悪も我々の1.3kg前後の重さを持つ内臓・・・つまり脳が生み出すものだよ。
我々の脳が学習機能を持たず、歴史を学べなければ国境は存在しなかっただろうね。
これは異民族への嫌悪の半分に当て嵌まり、残りの半分は個人個人の教育や環境によって変わる。

君は子供が他者を罵倒する時に自分(或いは母集団)とは違う身体的な特徴を指摘する、と知っているかな?
つまり教育を受けていない、特定の価値観(身体的特徴の揶揄は許されない)を叩き込まれていない子供は、
恐らくその精神を引き摺ったまま成長し、身体的能力・知的(狡猾さ?)能力・・・
場合によっては、社会的地位を高める事になる。

私は散々、自称インテリ、自称社会的ステータスの高い護憲派のそういった態度を見てきたからね。
まぁ、高い身体的能力は暴力による意思の実現を約束する訳だし、
高い知能は自己正当化の為の理屈を生み出し、さらには他者を扇動する能力を与えるだろう。
社会的地位はそれを更に高みへともたらす。

私が権威とそれを利用する態度が不誠実なクソったれだと下品な表現をするのは・・・
恐らくそれを感じているからだろうね。

もしくは私自身の身体的能力、知的能力、或いは社会的地位の低さ故に全てを否定したがるのかもしれない。
そういった意味では、ハミッド・ダバシが『イラン 背反する民』の序文に書いた歴史の外側に立つ、
『「歴史の終わり」を否定する非抑圧的下層民の一人なのだ』とも言えるだろうが、
一方で只単に自己憐憫に浸る子供なのかもしれない。
或いは、ひょっとしたら・・・知性に誠実であろうと努めている、とも言えるだろうが、
そうやって自尊心を満たしているのかも知れない。

長くなったが、肉体と魂は分割出来るものではないと思う。
それは少年愛に耽ったプラトンの『肉体は魂の牢獄である』が間違いであると・・・
エドワード・オズボーン・ウィルソンがシロアリの倫理を生み出して見事に書ききって見せた。
(彼の著書である「知の挑戦」を読む事を強く推奨する。)

寧ろ、我々の精神活動こそが牢獄なのかもしれない。
より合理的な精神を持っていれば、我々は文明に於いて遥かな高みに達していたかも知れないのだからね。
その場合、魂の感じた何かを人に伝えようとする芸術は発展しなかっただろうが。

話が脱線したが、国境問題も異民族への嫌悪も我々のちっぽけな頭脳が生み出した代物に過ぎない。
長くなったが、時には長々と語る事でしか表現できない事もあるのでね。
それに文章化すると考えが比較的纏まる・・・からね。
という訳で長文失礼。

邦楽は長い事聞かなかったが中々骨のある歌詞だね。
私はよりピンポイントに北アイルランド問題に関する音楽を。
歌詞に関してはググってくれ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=6Ejga4kJUts

ブリテン島の大地を踏みしめる機会は永遠に失われてしまったが、
私に取って、あの土地は第二の故郷とも言える場所なんだ。

25 :ナイアルラトホテップ:2010/07/04(日) 22:15:33 ID:Xj1OPbqd0
ブリテン島の事は私も聞いた事はあるけど・・・
なかなか難しい問題だよなあ。

少し前にほんの少しだけ生物学を齧った事があるんだけどね
交雑不可能でニッチェ(生態的な地位)が類似した種は殲滅戦に
なり易いんだよね。

近年で言えば、メダカとカダヤシがそんな感じかな。
逆に言えば交雑が可能なケースでは穏便に済むケースが多い
タイリクバラタナゴとニッポンバラタナゴがそんな感じかな。

人間の場合には文化・思想的な問題が交雑を難しくしているんだろうが
ブリテンの場合には憎しみ合っていても話にならんと思うんだよ。

>>まぁ、異民族の血が混じった赤ん坊を身内が愛するとは限らないだろうがね

関西的感覚では良くある事なんだよね(姻戚が異民族だってケースは)
私の知る限りでは何とかなってるようなんだが(大阪民国って呼ばれる原因かも知れんがね)



26 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/05(月) 22:14:17 ID:TfRO5lXr0
>>25
異民族間と言えども同じ人間ですからね。
単純に協力して子孫を残すべきか、子孫を残せないので食べた方が良いか・・・で変わる気が。
生態的地位が類似すれば、資源(食料)を巡って争いをするでしょうし。

まぁ、関西人云々は解りませんので何とも。
あっちは朝鮮民族のDNAの保有率が高い、と聞いた事はあります。
煽りでも差別でもなく科学的な話で・・・と断らなきゃいけない環境もどうかと思いますが。
まぁ、近年の嫌韓感情は良くも悪くもネットによる繋がりの表れだと思うんですがねぇ・・・
但し個人的な考えなんで何とも。

上手くっていればそれに越した事はありませんが、
取り合えず異民族間の結婚で問題解決って安易な考えには賛成できません。
自称リベラルな私としては、ね。

北アイルランド問題は経済的な問題であると同時に、歴史的な問題ですからね。
時間が憎悪を熟成させた、とでも言いましょうか。
許すのも人間、憎むのも人間という訳で。

では、今日の一曲。
アンディ・ウィリアムズでダニー・ボーイ。
http://www.youtube.com/watch#!v=ujr8dQJgQUU&feature=related

27 :ナイアルラトホテップ:2010/07/09(金) 23:34:39 ID:k1vxwr8S0
>>26
>>あっちは朝鮮民族のDNAの保有率が高い、と聞いた事はあります

何処までが文化でどのあたりが遺伝なのかは知りませんが
関東圏に出かけると興味深い観察が出来ますね。

観察例1)パレードにて
パレードを見ていたんですが、ビルの段差の上に昇ったら簡単に見れるんです
でも、そこには「昇るな」って張り紙がしてあります。
関西圏なら誰かが引きずりおろさない限りそこは黒山の人だかりになります。
関東圏では驚く事に誰もそこによじ登りません。
(私は何処で見物していたか? それは黙秘権って事で)

観察例2)電車で
関東では電車に乗る時に列を作りますし、電車の中ではやたら静かですね。
関西ではモーターの駆動音よりおしゃべりがやかましくて眠り難い事があります。

直接の観察例では無いですが)
都庁の傍にホームレスが住み着いた時ですが、商店主の方々が熱心に排除を都庁に請願するニュースを聞きました。
関西なら邪魔にならないなら気にしませんし、邪魔になるなら自分で排除(場合によっては手荒になるのが欠点です)

関西では自分に直接の迷惑にならない限り他人のマナーなんか知った事かってヒトが多いようですね。
良い事か悪い事かは何とも言えませんが。

ちょっと暴言を許して頂ければマスコミが血相を変えてる博打の問題なんか
関西人の感覚では「アホめ」の一言で済ませてしまいますね。

ちょっと雰囲気の変わった曲など如何でしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=BdVCW40EFfo

28 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/11(日) 00:34:12 ID:DJiICUa90
>>27
東西の違いは中々興味深いですね。
昨日は関西圏にお住まいの人を迎えに行ったのですが、終始その違いを言ってましたっけ。

違いの原因を考えるに・・・社会環境の違いかな、と思います。
関西の歴史や環境を知らないのであくまでも、あくまでも個人的な考えになりますが・・・
東京は様々な土地から様々な人々が集まっているので、目に見えるルールが必要なのかな、と。
ホームレスの排除の活動がその典型的な例なんじゃないでしょうか。
逆に京都なんかは独特の風習が未だに根付いている、身内と余所者の区別が凄いと聞きますが。
まぁ、関西でも地域差は有ると思うので何とも。

では私も趣向をかえて。
http://www.youtube.com/watch?v=ZES3nJQYJok

ちょっと調べたら、たまも息が長いんですね。
「電車かもしれない」に合わせて「さよなら人類」も聞いてみましたが、何とも独特な。
ある種SAN値が下がりそうな歌詞ですねw

29 :ナイアルラトホテップ:2010/07/11(日) 01:35:51 ID:AOaXG5N/0
>>28
SAN値が下がりそうですか・・・
http://www.youtube.com/watch?v=1ftld7Ohojg
では一気に下げてみましょうよ。

>>社会環境の違いかな、と思います
むしろ、商業(本音)に頼った歴史と武士道(道徳)に頼った歴史の違いかも
知れませんね。

極めて過激な例かも知れませんが法的(道徳・倫理等)側面で正しい事と
現実的に正しい事が一致するとは限らないと思うんです。

ケース1)法的(道徳・倫理等)側面で正しく、現実にも正しい。
ケース2)法的(道徳・倫理等)側面で正しき、現実には間違い。
ケース3)法的(道徳・倫理等)側面で間違い、現実には正しい。
ケース4)法的(道徳・倫理等)側面で間違い、現実にも間違い。

武士的な生活ならケース1)とケース4)だけで大丈夫ですが
商人的な生活ならケース2)とケース3)の見極めが最重要です。

近年の例で言えば不動産ですが、合理的根拠の無い値上がりが始まると
関西商人は逃げる(売り逃げ)したケースも多かったかも知れません。

他人がどのように思うか?常識ではどうか?その場の空気?等は参考にはなりません。
ヤバイと思ったら逃げるのは自己責任ですし、その場の空気など冷笑するだけです。

>>身内と余所者の区別が凄いと聞きますが

地域によっては差別意識は激烈ですね。
差別意識を高揚させる事が人生の目的だなんて最低のクズも生息してますよ。

なに、その手の差別意識満点のクズは努力しませんからすぐに人生から滑り落ちます。
(滑り落ちてくれないと困りますよ、差別満点が社会の上層部に残ったら商業道徳が消えますからね)



30 :ナイアルラトホテップ:2010/07/17(土) 06:33:13 ID:Ueki52060
懐疑主義者さん?
いないの?

31 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/17(土) 11:18:24 ID:kQqAJJla0
いやはや、一週間近く書き込み出来なくて申し訳ない。
別スレが酷く荒れていたので、そちらに懸かりっきりになってしまった。
プロパガンダ的手法で反対意見を押し潰すのは、如何なものかと思うがね・・・

>>29
>むしろ、商業(本音)に頼った歴史と武士道(道徳)に頼った歴史の違いかも知れませんね。
なるほど、大変興味深い話ですね。
商業文化の発展した国家には倫理観が無いような気がします。
アメリカとか中国とか・・・w
まぁ、勝つために合理的な手段を取れば、それを制限する道徳は最低限のラインまで落ちる気がします。
しかし、合理的な生き残り戦略を取り続けるので、自分の損失には敏感になるでしょう。
結果として近年の不動産の、非合理的な値上がりが危険であると考えて逃げ出したとしてもおかしくはない。
一方でアメリカの投資会社の社員や役員の高額な報酬は保障される訳で、逃げ出す必要が無い?
(此処ら辺の比較は上手く表現できません。前者は個人商売で保護されていない・・・という観点での発言です。)

その道徳に対する感覚も地域社会、つまり文化規模で変わってくるのでしょうが。

>地域によっては差別意識は激烈ですね。
まぁ、閉鎖的な環境ではその傾向が強いですよね。
村社会的と言うか、個々人の繋がりが強固過ぎる事が約束されている。

>なに、その手の差別意識満点のクズは努力しませんからすぐに人生から滑り落ちます。
まぁ、それでも生き残る人間がいる訳で(苦笑

上手く表現できているか不明ですが、今回はこんな感じで。
友人達と飯食ってきます。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 14:08:27 ID:CbTy0l3q0
自演乙

33 :ナイアルラトホテップ:2010/07/22(木) 02:14:37 ID:XdDVT7BS0
>>31

>>近年の不動産の非合理的な値上がりが危険であると考えて逃げ出したとしてもおかしくはない

実例で言えば関西のある地域の不動産が片っ端から関東系の会社の所有物になった時には
腹を抱えて笑っていた者が多かったようですけどね。
(不動産を考えるにあたって重要なのは利用価値です、所有そのものには価値などありません・・・関西メンタリテイ)

まあ、最後には自己責任(世間の空気や法律は言い訳にならない)って感性かな?
法的な話で言えば、誰が見てもクズ物件に100億円の抵当権を設定しても法的には100%正しいですよね。
でも、経済学的には100%間違ってますよね。

戦艦大和の出撃は法的には100%合法ですよね。
でも戦理から言えば100%間違ってますよね。

>>まぁ、それでも生き残る人間がいる訳で(苦笑

差別意識だけで生きてるような奴は日本社会にとって有害なだけです。
なるべく社会から退場して頂くように努力(暗躍)を怠らないようにしましょう。



34 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/22(木) 20:35:19 ID:0zuBjds10
>>33
>実例で言えば関西のある地域の不動産が片っ端から関東系の会社の所有物になった時には
>腹を抱えて笑っていた者が多かったようですけどね。
えーと、それはクズ物件(失礼!)が高く売れたからって事ですかね。

>不動産を考えるにあたって重要なのは利用価値です、所有そのものには価値などありません・・・関西メンタリテイ
これは当然なんですが、バブル期の日本人には出来なかった芸当ですね。
逆に今は台湾やら中国の人々が利用価値の高い物件を買い漁っているとか。
(或いは、厳選して値上がりが期待できる土地でしょうか。)
土地転は売れれば利益になりますが、売れずに尚且つ、運用しないと意味がありませんからね。
大変合理的な発想で、海外の経済的な価値観に通ずるものがあるかと思います。

>なるべく社会から退場して頂くように努力(暗躍)を怠らないようにしましょう。
まぁ、差別撤廃で努力するのは兎も角、暗躍は危険な気が。
(勿論、差別撤廃には賛成ですが。)
日本人のメンタリティだと『○○は差別!』って言われたら反論せずに自主規制してしまいますからね。
黒人差別をなくす会のような事になっても面倒ですし、似たようなテクニックが議論の邪魔をしますからね。

今日の一曲は黒人差別絡みという事で2pacのchanges。
http://www.youtube.com/watch?v=FeMKM-eQPB4

今回も歌詞はググってくれ。
マッキャベリは黒人大統領が誕生するのを見ずに殺されたが、彼が今の状況を見たら何と言うだろね。
それにしてもバラク・オバマはタイミングが悪過ぎた。

35 :ナイアルラトホテップ:2010/07/23(金) 00:13:04 ID:twiymbjQ0
>>34

>>えーと、それはクズ物件(失礼!)が高く売れたからって事ですかね

そうです、100%そうなんですよね。

>>これは当然なんですが、バブル期の日本人には出来なかった芸当ですね

今でも、多くの日本人には到底できないような感じですよ。
○○鑑定団ってモノの値段を鑑定する番組があるんですけど、其の物の値段で
所有者の自分の価値が決まるって思っているヒトが案外多いようで笑えますな。


>>日本人のメンタリティだと『○○は差別!』って言われたら反論せずに自主規制してしまいますからね

メクラウナギ騒動なんてのもありましたよね

さかな関係の歌など
http://www.youtube.com/watch?v=u7-YmyMSEhI

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 11:59:59 ID:ChMHuABh0
自演乙

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/23(金) 14:31:48 ID:sdOom2sC0

在日韓国人
http://koreanzainichi.clanteam.com/
http://koreanzainichi.clanteam.com/
http://koreanzainichi.clanteam.com/
http://koreanzainichi.clanteam.com/
http://koreanzainichi.clanteam.com/

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 04:15:38 ID:izN77ELbO
日本の金 日本人配偶者 金とビザ 日本で仕事して送金する その為に日本人を利用している 文化や習慣等々の違いは絶対越えられない 日本人が服従し召し使いになれば 別だが日本人が一生我慢する 自己反省出来ない 国家間で紛争が起こった場合 混血児は悲惨な思いをする

39 :名無しさん@お腹いっぱい:2010/07/24(土) 23:38:48 ID:WjqjAio40
>>38
君、日本語が下手なようだが・・・

40 :ナイアルラトホテップ:2010/07/26(月) 22:55:59 ID:oEqKi2U+0
懐疑主義者さん
読んでる?

http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/mainsite/
インセプションを見て来たよ(面白かった)

正確な情報収集(正確か否か、複数の視点か否かが重要であり、合法的な情報収集か否かは些細な問題)
的確な情勢判断(的確か否か、多面的か否かが重要であり、倫理的か否かは些細な問題)
明確な戦略目標(明確か否か、単純か否かが重要であり、道徳的か否かは些細な問題)
可能な戦術選択(実行可能か否か、効果的か否かが重要であり、正義か否かは・・・)

これこそが関西メンタリティ・・・

道徳面では多少の問題を感じますが、頭に血を昇らせて飛行機で真珠湾を奇襲したり
折角作った満州国を民族的偏見で潰すような損な役回りを関西人は回避するのです
(満州国で国籍法を制定しなかった所為で5族協和を潰すようなドジは踏みませんよ)

41 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/28(水) 21:48:29 ID:AfJ7j63E0
どうも、アク禁の巻き添えを喰らっていましてね。

>インセプションを見て来たよ(面白かった)
映画雑誌の記事を読んで興味が出てきたところなんで見てみますね。
折角のお勧めですし。
最後に映画館で見たグリーンゾーンは今一つでした・・・

さて。
>道徳面では多少の問題を感じますが、
そもそも道徳の外側にいる国家が主体となるので個人の道徳を当て嵌める必要は無いでしょう。
インテリジュエンスは、怪物にならないように努力しなければならないヒーチェ的世界です。
我々一個人は国家になれないのですから、国家的な視点で日常生活を送ると大変な事になりますw

>頭に血を昇らせて飛行機で真珠湾を奇襲したり
>折角作った満州国を民族的偏見で潰すような損な役回りを関西人は回避するのです
これは日露戦争の頃に遡る問題なのです。
日露戦争で様々な工作を行って勝ち逃げした日本ですが・・・
頭に血を上らせて日米満州共同開発を蹴っ飛ばしてしまったのです。
アレが無ければ今頃ねぇ・・・って感じですよ、本当に。

日露戦争は明石元二郎が面白いのでぐぐってみて下さい。

ちなみに私はあまり関西人が好きではなかったりしますw
付き合い方を学ぶまでは一緒に仕事したくないな、ってのが感想でした。
やはり相手を正しく理解しないと対策は作れませんねぇ・・・

42 :ナイアルラトホテップ:2010/07/29(木) 21:40:44 ID:lLcIBM6w0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%85%E7%94%B2%E8%BB%8A

懐疑主義者さん

アク禁ですか、それは大変でしたね(私もちょいちょいなります)。

関西人ってのは装甲車みたいな傾向がありますね。
装甲車ってのは戦車と正面から撃ち合うのは到底無理ですが、ある程度の防御力なら所持しています。
関西人もアジア各地で華僑と正面から商戦を繰り広げる実力はありませんが
同僚やご近所に中国さんがやってきてもうろたえないレベルのしぶとさなら所持しています。

こんなジョークを聞いた事があります(忠義の関東・信義の関西)
武士文化の関東では忠義が重んじられます、ですから主を変えるなんて間違ってますし裏切るなんて論外ですね。
商人文化の関西では忠義より信義が重んじられます、ですから家来と主は建前はともかく内心では相対的な地位の違いだけです。
主が信義に反する行為を平然と行えば主を変えるのは当然ですし(7回主を変えるぐらいで無ければ武士とは言えぬ)。
「返り忠」(主人が器に欠けるようなら部下は主人を見限って昨日までの敵に忠義を尽くすべきである)なんて
朱子学から言えば論外って行動パターンが発生する訳なんですよ。

43 :懐疑主義者 ◆gp8K9xaeSI :2010/07/29(木) 23:23:32 ID:oZu8no2Q0
ドラッカーが『断絶の日々』でゲリラ戦を戦うトロッコの例を出しましたが、
ゲリラ戦を戦うのに有効なのは、機動力と火力に優れた装甲車なのかもしれない。
或いは、テクニカルのようなもっと防御力が低い車両かもしれませんが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB

運用思想も含めて好きな装甲車はストライカーだったりします。
http://www.youtube.com/watch?v=Hzi8cBiHfGM

乗るならプーマにしたいですけどね、重いから防御力も高いだろうし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%9E%E8%A3%85%E7%94%B2%E6%AD%A9%E5%85%B5%E6%88%A6%E9%97%98%E8%BB%8A

さて、趣味の話題は程々に本題に入りましょうか。
関東人は正規戦を戦う正規軍って感じですかね。
個人の技量よりも組織としてのパフォーマンスを重視している気がします。
無論、データなんぞないのでただの偏見なんでしょうが。

関東人は無関心を装っているが故にうろたえない気がします。
ただ、戦略や軸にブレが出るかもです。妙な遠慮とかね。
まぁ、仕事柄外国人とよく接するのですが、
コミュニケーションの壁を必要以上に高く見積もっている人が多い気がします。
私は面の皮が厚い上に、言語を道具として捕らえているので
比較的、抵抗無くコミュニケーションが取れますが・・・

関西人は、コミュニケーションが取れないのを相手の責任にする気がします。
深読みすればパフォーマンスで優位性を確保しようとしているのでしょうか?

商人文化って西洋の文化に近い気がします。
あっちだと都市部の市民が革命を起して幸せになった訳で、支配階級の武士とは大きく違うと考えます。

>信義云々の部分に関して。
理解出来るような気がします。
以下は私の考えなので、間違っていたら勘弁願います。

・武士は超強力なピラミッド社会。
 一人の君主に仕えていれば、君主がポカをしない限り喰っていける。
 武士は既に組織の人間であって、末端に責任は生じない。

・商売人の世界はフラットな社会。
 その社会には、強制的な命令を出す君主などいないので自己責任になる。
 自己の判断が信義に欠けると思われれば、商売の相手にしてもらえなくなる。

こんな感じかな?

44 :ナイアルラトホテップ:2010/07/30(金) 20:25:12 ID:hNsse8qS0
懐疑主義者さん

まさしく、そんな感じですよね。
商人の社会では主人だの奉公人だの言っていても何年か後にはひっくり返る時もあります。
工夫を凝らさずに家柄や血統に頼る人間は最も軽蔑されるのが現実です。

>>末端に責任は生じない

こんな言葉があります、「邪悪な法に従う者は邪悪な者である」

関東人のいうコンプライアンスとは最も離れた価値観ですよね。

ちょっと詳しく言えばこんな感じですか。

法は「今の時代に適合しているか?」
「もっと良い方法があるのではないか?」
「そもそも、前提条件となる認識が間違っているのではないか?」
と、不断の問いかけがなされているからこそ法の名に値するのであり
それを怠れば法と呼ぶに値しない。

45 :ナイアルラトホテップ:2010/08/01(日) 22:19:44 ID:MLWhZk6y0
懐疑主義者さん

>>商人文化って西洋の文化に近い気がします

厳密に言えば関西人ではありませんが薩摩藩を例にとって考えますね

1)薩摩藩は徳川家と縁組をしたり禁門の変では幕府の戦友だったりしましたよね
でも、徳川が日本の盟主に相応しい器でないと考えれば御用盗等の外道な手段を使って
幕府を平然と葬りましたよね(外道その1)

2)薩摩武士は明治維新の後に廃藩置県を行って薩摩の島津家を蹴り倒しましたね
島津の殿様も日本の盟主の器では無いと考えたのでしょう(外道その2)

3)維新の後まで武士意識が抜けない鹿児島県は四民平等の邪魔だったんでしょうね。
日本の全戦力を掌握した新政府は西南戦争で薩摩武士を叩きのめしましたね(外道その3)

大久保等の振る舞いは外道ではあっても政治的に一部の隙もありません(明治維新の為には必要な事です)

海外で良く似たケースとしてはアイゼンハワー大統領かな?

1)アメリカ国籍のドイツ人・アイゼンハワーはヨーロッパ方面での連合軍全戦力を掌握。

2)連合軍はドイツ全土に爆弾の雨を降らせ、地上戦でドイツは地獄と化す。
ちなみに連合軍の最強戦闘機を作ったのはメッサーシュミット社員(亡命)・・・まるで内戦。

3)アイゼンハワーは戦勝の功績でアメリカ大統領に当選。
連合軍最強の武装集団に皇帝として君臨。

何だか似てません?

http://movies.foxjapan.com/avatar/
映画で言えばアバターですかね?
主君(人類文明)が信義に欠ける行いを為す時は敵国(異星人)に身を投じ
全戦力を掌握して人類文明に戦線布告・・・

物凄く似てません?

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)