2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スリランカ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 21:41:12 ID:TfKp3s2t
インド洋の島国、スリランカについて語るスレッド

◆前スレ
スリランカ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/988377595/l50


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 21:44:48 ID:TfKp3s2t
前スレが沈んだので立てたが、part2って入れるの忘れてたorz

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 20:27:08 ID:MVkL7P5K
フォンセカ前政府軍参謀長、軍法会議出廷 スリランカ
http://www.cnn.co.jp/world/CNN201003160027.html

(CNN) 
1月のスリランカ大統領選に野党統一候補として出馬し、ラジャパクサ大統領に敗れた
フォンセカ前軍参謀長の軍法会議が16日に開かれた。出廷したフォンセカ氏は、現役
軍人時代に政治に関与したとして訴追されており、判士3人が審理を担当する。
同氏は自身の政界追放を図る動きだと主張している。

フォンセカ氏のスポークスマンによると、同氏の弁護団は異議申し立てで
(1)判士が偏向している
(2)同氏は半年以上前に退役しているため軍法会議での審判は不可能──
の2点を主張する。次回の軍法会議は来月6日に開かれ、異議申し立てへの判断が示される。

ただしフォンセカ氏は17日、軍の調達手続き違反疑惑をめぐる別の軍法会議に臨む。
同氏は容疑が事実無根だとしている。

フォンセカ氏は反政府武装組織タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)との約25年に及んだ
内戦で、政府軍の勝利に貢献した英雄として人気を集めたが、先月支持者との会合中に
拘束され、軍によって事務所から連行された。その後は軍法会議が開かれたコロンボ市内
の海軍本部で拘置されている。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 12:18:41 ID:RdFuTChz
スリランカ民主社会主義共和国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/index.html

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 13:59:55 ID:RdFuTChz
最近のスリランカ情勢(2009年8月現在)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/kankei.html


1. 政治情勢
(1)内政
(イ)スリランカは大統領制を採用する民主主義国。1948年の独立後、一貫して選挙による
   政権交代が行われている。交互に政権を担ってきたのは1946年に結成された、知識人、
  上流階級を基盤とする統一国民党(UNP)と、1951年に結成された、農村部、労働者階級
   を基盤とするスリランカ自由党(SLFP)の2大政党だが、近年はスリランカ南部の貧困層、
  若者を基盤とするマルクス主義政党「人民解放戦線(JVP)」や、タミル国民連合(TNA)と
   いった、シンハラ・タミル双方の民族主義政党が台頭している。

(ロ)2001年の総選挙で政権に就いたウィクラマシンハ首相率いるUNPは2002年に、反政府
   武装組織「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との間で停戦合意を実現したものの、2004年
   4月の総選挙はSLFPとJVPを中心とした「統一人民自由連合(UPFA)」が政権を奪取した。
   その後、2005年6月にはJVPが政権を離脱したが、同年11月に就任したラージャパクサ大統領
  は民族問題への対応等で国民の支持を集め、2007年1月に野党UNPの幹部議員18名を与党
   に取り込む等して、総議席数225の国会の過半数である113議席を維持している。2008年5月、
   野党第二党のJVPは路線対立等から議員11名が離脱し、「国民自由戦線(JNP)」を設立した。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 14:04:30 ID:RdFuTChz
(2)民族問題
(イ)1815年以降スリランカ(当時はセイロン)全土を植民地とした英国は、少数民族タミル人
   を重用して多数派のシンハラ人を統治させる分割統治を行った。これを受けスリランカは
  独立後、多数派シンハラ人を主体とする政府によるシンハラ人優遇政策を取り、これに
   反発したタミル人の過激派がスリランカ北・東部地域をタミル人のホームランドであるとして、
   その独立を求め1972年に「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」を結成し、1983年には本格的
   内戦に発展、以降政府側LTTE側双方で7万人以上が死亡している。

(ロ)ノルウェー政府の仲介により2002年2月に政府とLTTEの間で停戦合意が結ばれ、6回の
  和平交渉、2回の直接協議が行われたが、その後和平に進展は見られず、停戦合意違反
   が恒常化した。2006年7月末からは戦闘が激化して停戦合意は事実上崩壊。2007年7月に
  スリランカ政府は東部LTTE支配地域を17年振りに奪回した。その後政府は北部への軍事的
   圧力をかけ、こうした政府側の動きに対してLTTEは軽飛行機による空爆やテロ攻撃等により
   応酬した。2008年1月3日、スリランカ政府は軍事衝突・テロ事件が頻発している状況を踏まえ
  停戦合意に実効性がないとして、同合意からの脱退を決定し、同16日に停戦合意は正式に
   失効した。政府軍は2009年1月にはキリノッチやムライティブ等、北部のLTTE主要拠点を全て
  陥落させ、3月には最後の拠点プドゥックディイルップを奪取し、同残存勢力を北部海岸地帯に
   追い込んだ。この過程でLTTEは自らの支配地域に一時20万人を超える国内避難民(IDP)を
  「人間の盾」として連行していたが、4月20日〜22日の間に約10万人、5月14日-17日の間に
   約7万人が政府支配地域に逃れ、政府は全てのIDPを全て救出した旨発表。
  5月18日、プラバカランLTTE指導者が殺害されLTTEは壊滅。5月19日、ラージャパクサ大統領は
   議会で戦闘終結を宣言し、今後は多数の国内避難民の再定住や国民和解のための政治プロセス
  を進めていく旨表明した。今後スリランカ政府は、安全確保、IDPの再定住等の実現を踏まえつつ、
   北部地域での州・市町村議会選挙を実施する方針。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 14:05:29 ID:RdFuTChz
>>6の続き

(ハ)ラージャパクサ大統領は、LTTEに軍事的圧力をかける一方で、全政党代表者委員会(APRC)
  において、民族問題を最終的に解決するため、少数民族タミル人が多く住む北・東部への権限
   委譲案の策定を進めている。停戦合意失効直後の1月23日、APRCは中央政府と州政府の権限
  を明確化し、右に基づく権限委譲の実施を内容とする勧告書を大統領に提出。
   スリランカ政府は、APRCの勧告を踏まえ3月及び5月に東部の地方議会選挙を実施した。両選挙
  では、2004年にLTTEから分派した武装勢力の政党「タミル人民解放の虎(TMVP)」も参加。
   東部州評議会選挙はTMVPと選挙協力を行った与党UPFAが勝利し、ピラヤンTMVP指導者が東部州首席大臣に就任した。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 14:06:50 ID:RdFuTChz
(3)人権・人道状況
(イ)2006年7月以降の政府軍とLTTEによる軍事衝突の際、仏系NGO現地職員の殺害、
  ムスリムの虐殺などの人権侵害事件が発生。直ちに事件の調査、犯人の訴追が
  行われなかったことから、スリランカ政府は国際的な非難を浴びた。スリランカ政府は
  2006年11月、右事件を含む過去の16件の事件解決のためラージャパクサ大統領の
  指示により事実調査委員会(CoI)及び右委員会が国際的基準に沿った手続きで
  調査・犯人の訴追を行うようモニターする独立国際有識者グループ(IIGEP)を設置した。
  日本からはIIGEPのメンバーとして横田洋三中央大学大学院教授が参加。その後一部
  事件についての公聴会が開始する等の進展はあったものの、事実調査委員会の調査に
  具体的進展は見られていない。IIGEPは2008年4月、事実調査委員会の問題点とその
  改善のための提言を公表して活動を終了した。

(ロ)国際NGO等は、強制失踪、誘拐事件が2006年12月頃よりコロンボ、東部地域、ジャフナ
  などで多発している旨指摘。欧米諸国では国連による人権監視の必要性を主張する声が高まっている。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 14:08:27 ID:RdFuTChz
>>8の続き

(ハ)2006年7月以降の戦闘激化によりスリランカ全体で20万人を越える国内避難民が発生した。
   うち東部については、2007年3月のピーク時にバティカロア県のみで15万人を超える国内
   避難民が存在したが、その後スリランカ政府の対策等により同年10月までに約12万人の
   国内避難民が帰還した。日本政府は2006年10月に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
   からの要請に応え、国際平和協力法に基づく物資協力としてスリーピングマット1万枚等の
   救援物資を供与する等、国内避難民支援を行っている。

(ニ)2009年5月の内戦終結時点で約28万人の国内避難民が発生し、政府の設置したキャンプに
   滞在している。スリランカ政府は同月、180日以内に国内避難民を再定住させる旨表明。
   日本は2008年10月以降北部の一般市民に対し、国連世界食糧計画(WFP)経由で
   約5,250トンの米の食糧援助を実施。また2009年5月1日、国内避難民への人道支援のため
   400万ドルを上限とした緊急無償資金協力(テント、水等の供与)の供与を決定。
   また、5月15日に追加的支援としてPKO法に基づき人道支援のための物資協力(約4700万円
   相当のテント、給水容器、ビニールシート等)を行った。

   この他、日本は2009年に入り、国際NGOを通した地雷除去支援として3件総額約2.2億円の支援を決定した。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/22(月) 20:58:25 ID:Cmnhs+lm
関西学院大学の人は、ミッション系ということもあってか国際協力や国際援助が大好きだけども、
一方で、ご自分はのうのうと高級家具に囲まれ ブランド物を重装備し 高級車を乗り回したりするような人もおり
まるでアグネス・チャン と有名ですね。




◆参考◆ アグネス・チャン

高級家具に囲まれながら貧しい国の子供達について語るアグネス・チャンの写真
http://gazou61.hp.infoseek.co.jp/agunesu.jpg
http://ime.nu/dl5.getuploader.com/g/4%7Cwwolfvct/16/agunesu.JPG
http://2ch-ita.net/upfiles/file2004.jpg

高級家具に囲まれながらソマリア(実はソマリーランド)について語るアグネス・チャンの動画
http://www.youtube.com/watch?v=GEL9Ozg2u48&fmt=37

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 18:33:56 ID:c5wCa8S7
スリランカ民主社会主義共和国に対する円借款及び無償資金協力に関する
書簡の交換について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20100326_233928.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/10(土) 10:37:08 ID:iPvyH0yg
スリランカ総選挙 与党連合圧勝、大統領が勝利宣言
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100410/asi1004100131001-n1.htm

8日に投票が行われたスリランカ総選挙(定数225)で、同国選挙管理委員会は9日、
中間開票結果を発表し、ラジャパクサ大統領率いる与党連合(UPFA)が過半数の
117議席を獲得して圧勝した。野党第1党の統一国民党(UNP)は46議席にとどまった。
AFP通信によると、大統領は同日夜、「この圧勝は、私が掲げる政策への支持だ」と
勝利宣言した。
22選挙区のうち投票妨害があった2選挙区(16議席)と、比例代表全国区の29議席の
結果は後日発表される。(ニューデリー 田北真樹子)

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 21:15:39 ID:V5pDBzQH
スリランカ新首相にジャヤラトナ氏を任命
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E3E2E6808DE0E0E2E6E0E2E3E29C9CE2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

【バンコク=共同】
スリランカのラジャパクサ大統領は21日、ジャヤラトナ・プランテーション産業相を首相に
任命、ジャヤラトナ氏は就任宣誓を行った。ジャヤラトナ氏は重鎮議員で、大統領に近い人物。

今月実施された総選挙では、大統領のスリランカ自由党(SLFP)を中心とする与党連合が144議席を獲得、圧勝した。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 01:37:11 ID:7G6xFu2s
スリランカ民主社会主義共和国に対する無償資金協力に関する書簡の交換
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/5/0525_02.html

本25日(火曜日)(現地時間同日),スリランカ民主社会主義共和国のコロンボに
おいて,我が方高橋邦夫駐スリランカ国大使と先方ジャヤスンダラ財務・計画省
次官(Dr. P.B. Jayasundera, Secretary, Ministry of Finance and Planning)との
間で,2億2,900万円の人材育成支援無償資金協力「人材育成奨学計画」
(the Project for Human Resource Development Scholarship)に関する交換
公文の署名式が行われました。

スリランカでは,昨年5月にスリランカ政府と反政府武装勢力のタミル・イーラム
解放の虎(LTTE)との戦闘が終結しましたが,平和の定着のためには,行政能力
の強化が重要課題となっています。特にスリランカ北・東部地域では開発を担う
行政官等が不足しており,持続的な開発の妨げとなっているため,復興開発の
推進に必要な人材の強化のための支援が不可欠な状況です。

本計画は,スリランカの将来を担う若手上級国家公務員等を対象に,日本の大学
に留学するために必要な学費等を供与するものです。本計画の実施により若手
行政官等が,我が国において学位を取得し,各分野の課題解決に資する専門的
知識を習得し,スリランカが抱える開発課題の解決に貢献するとともに,両国間の
相互理解及び友好親善関係の強化,国際的な知的ネットワークの強化等に寄与
することが期待されています。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 12:32:47 ID:8nU45nfH
スリランカ-内戦終結から1年
http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Region/Asia/Radar/20100614.html

内戦終結間近の経緯についてのまとめ

16 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:53:55 ID:FMYaPuNV
スリランカの国連事務所、閣僚主導のデモで閉鎖
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201007090006.html

スリランカ・コロンボ(CNN) 

国連の潘基文事務総長は8日、スリランカの特使を召還し、中心都市コロンボにある国連開発
計画(UNDP)の事務所を閉鎖すると発表した。事務所がデモ隊に包囲されて「通常機能」が
果たせなくなり、同国政府がデモを「阻止しなかった」ことを理由に挙げている。

潘事務総長がこのような形で国連加盟国を非難するのは異例。暴徒化したデモが閣僚の主導で
行われたことは「受け入れがたい」と述べ、スリランカ政府に対し、加盟国として国連に対する
責任を果たし、スリランカ国民を支援するための業務がこれ以上妨げらないよう保証することを求めた。

抗議デモはウィーラワンサ建設相の主導で始まり、国連に対して同国の人権問題についての
調査を中止するよう要求していた。

スリランカは昨年、政府軍と反政府武装組織タミル・イーラム解放の虎(LTTE)との間で長年
続いた内戦の終結を宣言したが、国連はこの終盤で双方が戦争犯罪を犯した疑いがあると指摘。
潘事務総長は先月、人権問題について調査するための委員会を設置していた。

ウィーラワンサ氏は8日、コロンボの国連ビルの前でハンストを開始、記者団に対し、潘事務総長
が調査委員会を解散させるまでハンストを続けると宣言した。周辺には同氏の支持者約100人が
集まったが、入り口は閉鎖されず、事務所に出入りする職員の姿も見られた。

ニューヨークの国連本部の報道官によれば、潘事務総長の首席補佐官はこの問題について
スリランカの国連大使と話し合った。大使は国連職員の安全を全面的に保証すると請け合ったという。

17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:06:25 ID:FMYaPuNV
EU、スリランカ向け特恵関税停止へ 「人権状況改善せず」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE2E4E2E1828DE2E5E2E5E0E2E3E29494E3E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

【ブリュッセル=瀬能繁】
欧州連合(EU)は、スリランカからの工業品、農産物の関税を一部免除する「一般特恵関税」
を停止する方針を固めた。人権状況の改善が不十分との判断による。8月15日から施行する。
人権外交でのEUの強硬姿勢が改めて鮮明になった格好。だが、スリランカ側もEUの要求を
拒否しており、ミャンマー問題と同様に対立が長引く可能性が出てきた。

一般特恵関税は「GSP+」と呼ばれ、途上国の人権、環境対策、労働条件の改善を促す
目的で通常よりも関税を大幅に下げたり、無税にしたりする制度。スリランカによるEU向け
輸出は年間12億ユーロで、Tシャツなど繊維製品が主力。関税の復活や引き上げなどで
一部に影響が出そうだ。

EUはかねてスリランカ政府による少数派のタミル人への人権侵害、報道機関への抑圧などを
強く非難してきた。EU加盟国は今年2月の外相理事会で一般特恵関税を8月に停止する
基本方針を決定。執行機関である欧州委員会は「人権状況が改善すれば実施時期を来年2月
以降に遅らせる」として同国の譲歩を促してきたものの、結果は「ゼロ回答」に終わり、8月施行が固まった。

EUのアシュトン外交安全保障上級代表はスリランカ側の対応について「極めて遺憾」としている。
だが、スリランカ側は年間の損失額は8500万ユーロ程度としたうえで「EUの条件は受け入れられない」と強硬な立場を崩していない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/25(日) 11:57:12 ID:m3qvIpDW
ピーリス・スリランカ外相及びラージャパクサ同経済開発相の来日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/7/0723_03.html

19 :test ◆.CzKQna1OU :2010/07/25(日) 12:59:29 ID:KNnGeDHq
test

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 23:00:06 ID:gRLFAX2k
テレビ局襲撃で2人負傷 スリランカ
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100730/asi1007302044007-n1.htm

スリランカの中心都市コロンボにある民放テレビ・ラジオ局に30日未明、武装集団が
押し入り、局内にいた社員2人を襲撃したほか、火炎瓶を投げるなどして建物に放火した。2人は負傷した。

警察当局によると、事件の背景は不明。AP通信は、襲われたテレビ・ラジオ局のオーナーが、
今年1月の大統領選で現職のラジャパクサ大統領に対抗して出馬し落選したフォンセカ前
軍参謀長を支持していたと報道、政治的理由が背景にある可能性を示唆した。(共同)

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)