2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

疑問です

1 :マハカーラ:2010/01/01(金) 01:37:30 ID:ha+UVD6T
なぜ仏教の根本である釈迦の教えである中道から離れて,自分たちが正義であるとか偏った道を歩むのでしょうか?
釈迦は,人がなぜ悩み苦しむのかを真剣に考え色々と修行をされた上で,中道を歩むという考えにいたり,その考え
が仏教と言われるものです。
人それぞれに色々な考えや悩みがあり解決方法も違うと釈迦は当然に感じていられたので,それぞれに合った解決方
法を授けました。ゆえに色々な莫大な教典と称される釈迦の言葉が残っているわけです。
当然に釈迦の言葉を受けて後の弟子達以降の人たちが,その言葉に自分の考え体験を踏まえ作られた教典も数多くあ
ります。
大乗仏教教典が特にその堅調なもので,より多くのものを救いたいと考えた人々により作られました。これは,学術
的にも各種教典の成立が研究されてきており,間違いはありません。
大乗仏教経典は,全ての人を幸せにしようと考えて作られており,大変すばらしいと考えますが,それにはまず,そ
れを説くものが根本的釈迦の教えを勉強し,中道を学び実践できていなければなりません。
それは,自分が出来ていないのに他人を救うことなど出来るはずがないからです。これは,至極当然のことだと思い
ます。

2 :マハカーラ:2010/01/01(金) 01:38:35 ID:ha+UVD6T
(続きです)
大乗仏教経典は,書き方が難解で難しいものです。私は法華経に興味があり色々な解釈本などを読みました。しかし
なぜ,学会等,法華経を信ずるものは多の教典や他者を馬鹿にしたり間違っているなど,争いが生じるのか疑問でした。
釈迦が一番嫌っていた争いを,釈迦が説いたとさ教えに基づいてかかれた教典を信じている者が起こしているからです。
そんなときとある本にであいました。東京大学の梵語を研究していらした教授で法華経が好きで何十年と法華経の梵語で
書かれた原典を研究されている方の本でした。
その方は,私と同じでなぜ仏教同士特に法華経信者が争うのかと言う疑問を持ってあられる方でした。
それによると,梵語の解釈が一部間違っていると「信力」「信解」という漢字をあててしまったことにより,「もとめる
心」「心の向かうところ」「志す方向」「心がもとめているもと」という本来の意味である「求める」からかけ離れ,
「信じる」事が第一という誤った理解が生まれてしまったとしています。
法華経は,日々から悟りを得ること,たとえばなぜに人は生きていられるのか,自分の意志とは無関係に呼吸をしている
からであり,自然に生かされていると感じることとかだと思います。
また,三界の火宅などは,大きな家(今で言う会社や団体的組織)の中にいて外からその家がどうなっているか見ること
によって,その家の中にいる自分がどれほど危ない家にいたか初めてわかるという方便を説いています。

3 :マハカーラ:2010/01/01(金) 01:39:16 ID:ha+UVD6T
(更に続きです)
今一度,真に釈迦が説かれた仏教を学びたいのであれば,あれは駄目だとか偏った見方をせず,スッタニパーヤなど古典
教典なども含め真に釈迦が何を伝えたかったかなどを学ぶべきであると思います。
また,法華経にしても何が書かれていてどういう内容なのかを知らなければ意味がありません。
日蓮の手紙や解釈論のみを呼んでも,原点である法華経に何が書かれているか独学して,意味を理解しなければ真に法華
経を理解しているといえるのでしょうか?
意味も分からず,題目や経を唱えていても意味はないと思います。ましてや仏に単に経を唱えていても仏はすでにその内
容を知っている存在であり,意味はありませんし,仏も意味もなく読んでいる者に対し何もいえないでしょう。
経を読むとは,内容を理解し,自分自身にその内容をしみこませることにあり,それを仏の前で行い仏から何かを感じ受
け取り,新たに悟り学んでいくことではないでしょうか?
法華経はどちらかというと折伏より摂受を説いていると思います。
他者と争うことは,釈迦の中道に反する行為であります。
色々書いてしまいましたが,皆さんはどのようにお考えでしょうか?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)