2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【電子書籍】出版社の未来を考える【キンドルipad】

1 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 08:31:14 ID:Kc7lcZWmO
出版社転職スレから派生したスレ。
キンドル等電子書籍の動きが如実に報道され始め、危機を感じている・またはビジネスチャンスをうかがっている出版人の
意見・情報等交換できる場になれば。

派生元


2 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 08:44:45 ID:Kc7lcZWmO
派生元:http://orz.2ch.io/p/-/changi.2ch.net/job/1262782243/

3 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 09:51:00 ID:nyooK/RHO
思ったより早く新聞や紙は消えるだろうね。

4 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:29:40 ID:AE1eimy20
CD−ROM付き専門書を作っていた者だけど、
年配の教授たちは紙媒体をつかい研究室の若手は
ROMを使っていると聞きました。
たぶん、紙と電子書籍も世代交代に合わせ緩やかに、
かつ確実に交代していくのでは。

5 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 12:01:21 ID:r6md1WG+i
iPhoneの青空文庫ビューアは案外いける
紙に合わせる義理はないから黒地に白字で目にやさしく
暗いところでも読めるのがいい

6 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 12:38:54 ID:1GoZuEPf0
日本は独自に連合作って電子書籍やるんでしょ?
上手くいくんでしょうか。

7 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 19:23:04 ID:oGendM/30
取次はどうするのかね? 電子になったら死ぬのは出版社より取次だと思うんだが…
黙ってみてるとも思えないが

8 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 19:53:26 ID:lFOEJyY30
>3
それは今後電子媒体がどう進化するかによると思う

自分的には
「文字の読みやすさ」
(紙媒体が有する豊富な書体表現にどこまで近づけるのか)
「持ち運びの手軽さ」
(コンパクトでも重量を感じるようではダメだと思う。せめて0.5s切らないと)
「PCとの差別化または同一化」
(今のキンドルやipadではパソコンとスマートフォンを足して2で割っただけな印象)

が実現されないと普及第一歩もまだ難しいと思う

価格も重要だろうし。
現在の、地デジ移行期のテレビ市場のように
「これ買わないともう見れないよ」くらいの購入理由は今のところないし
5ケタ以上するハードを買って通常3〜4ケタの商品を
どれだけ買ったら消費者はモトがとれるのやら

先進気取りたい人は食いつくかもしれないけど
一市民に伝わるにはまだ必要性が低い。

何より子どもに向かないメディアだしね。

9 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 03:28:35 ID:n8N2J1sR0
夜中に寂しいから評論家風情な余計なことを書いとくかw

>>8さんがいってるようにハードの単価は諸刃だな
・安ければ市場を大きくできるが、配信料のような費用も下げなくてはならない(コモディティ化)
・高止まりすれば市場は小さいが、iPhoneのようにたいしたものでないアプリでもカネが取れる(セレブ向けラグジュアリ)


たとえ市場ができても、勝ち負けが顕著に出るだろうな
・配達や印刷業界への影響
・単価の関係から少額にせざるを得ない(月額100円だと一万人のユーザで100万になる・多いと見るか少ないと見るかは略)
・ネットである程度の情報がタダで得られるのにそう多くのカネを払いたい人はいない
・アカデミックなものは、単価が高い上、そもそも品質の問題があるためうまくいかないだろう

具体例としては(個人的な趣味で申し訳ないが)外国語学習なんかはWikipediaのこれを日本語に翻訳した方が早い
http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Grammars_of_specific_languages
白水社の「エクスプレス」は平均2000円するが、Wikipediaに書いてあるものより内容は薄い


結局グラビアとかポルノ市場頼みかw

10 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 08:40:15 ID:IPco74BQP
よーわからんが、
取り次ぎがなくなったら、委託制度とかオイシイものがなくなるってことでしょ
出版社は、取り次ぎを大事にするんじゃないかな
委託制度がなくなったら、出版社激減するだろ

よって、電子書籍も、取り次ぎを介したなにがしかのやり方じゃないと無理じゃね

11 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 08:52:24 ID:HsIxc9qEP
現実にはありえんと思うが、電子出版になって紙媒体が消えたら
在庫は関係ないから委託販売制度なんかいらなくないか?

12 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 16:10:11 ID:OEl9rRPuO
電子書籍が一般化しても紙媒体はなくならない
出版社はそれを前提にビジネスモデルをつくってかなきゃいけないと思うんだ

今紙でやってることすべてデジタルにするのは無理だよ
コンテンツビジネスを活性化させるためにデジタルを利用するっていうスタイルが理想だと思う。

個人的には雑誌や新聞でやってることをデジタルでやってそこからコンテンツを書籍にアウトプットっていう形が確立されたらいいと思う。
足の早い雑誌や新聞なら印刷・配本の時間が短縮されることも大きな魅力だし
何より廃棄資源が減る

13 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 16:42:53 ID:uJGJphbx0
>>9
アカデミックこそ電子書籍がうまくいっている分野だと思うのだが
93年くらいからネットで論文読めるようになっているからある意味パイオニア的存在

編集より印刷とかのほうがヤバイと思うのだが。まあ、似たり寄ったりだが。
電子ペーパーとか読みやすいハードが出てきたら完全に電子書籍時代が始まる。
だから今はkindleとかipadとかお世辞にも読みやすいとは言えないハードを出してるわけで。
とりあえず言えるのはこのまま何もしなければオワタと言うことだ

14 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 01:00:12 ID:fyY+9BN+O
とはいえ自分らに何ができよう。

15 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 04:39:59 ID:sKlugZgF0
腕磨くしかないんじゃないの

16 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 20:33:38 ID:WQjenUKF0
そこちゃんと考えなきゃw

17 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 22:43:10 ID:pz4haM2n0
静かなのはみんな阿佐ヶ谷ロフトに行ってるから…とか

18 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 23:28:03 ID:/laVEBFS0
みんなtwitterやってるんじゃないの。
職種でいうと、編集者とかweb関係がやたら多い印象を受ける

19 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 10:40:59 ID:594F9Bvx0
電子書籍が「普及」または「普及しない」理由

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100215-00000027-zdn_mkt-bus_all

電子書籍を読んだことがあるという人(61.8%)は、どのような機器で読んだことがあるのだろうか。
調査会社ORIMOの調べによると「携帯電話(iPhone以外)」(68.4%)が最も多く、
次いで「PC」(44.7%)、「iPhone」(32.0%)であることが分かった。

【拡大画像や調査結果のグラフを含む記事】

 このほか「電子辞書」(6.6%)、「PDA」(6.3%)のほか「アマゾン・キンドル」はわずか1.5%にとどまった。

 無料または有料での電子書籍購読経験を聞いたところ、
「無料の電子書籍のみ」が59.0%、「有料の電子書籍のみ」が10.0%、「無料・有料両方」が32.0%だった。
電子書籍で読んだことのあるジャンルを聞いたところ、最も多かったのが「コミック・アニメ」(77.9%)だった。
次いで「小説」(49.5%)、「雑誌」(17.5%)、「写真集」(17.2%)、「その他」(11.7%)だった。

 インターネットを使った調査で、18歳以上の男女667人が回答した。
調査期間は2月9日から2月13日まで。

●今後、電子書籍で読みたいジャンル

 全員に今後、電子書籍で読みたいジャンルを聞いたところ
「コミック・アニメ」(59.2%)、「小説」(52.8%)、「雑誌」(41.4%)が上位。
読んだことのあるジャンルの結果と比較すると、「雑誌」(17.5%→41.4%)が大きく伸ばしており、
「電子書籍市場で伸びるジャンルとして期待できる結果となった」(ORIMO)

20 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 10:44:06 ID:594F9Bvx0
 今後、電子書籍が日本市場で普及すると思っている人はどのくらいいるのだろうか。
「普及する」と回答した人は43.6%。普及すると答えた人に、その理由を聞いたところ
「現代はコンビニのような『いつでもどこでも手軽に』が主流になっており、電子書籍に関してもこれに当てはまるから」
「わざわざ本を買いにいく面倒がないから」
「書籍のデジタル化は時代の流れであり、閲覧もそれに対応せざるを得ない。
限られた書庫スペースの節約と省スペース省エネ、エコにも貢献する」
「初めは浸透しなかった音楽ダウンロードもiPodで浸透したから。
iPadがそれになるかどうかは分からないが可能性はあると思う」といった声があった。

 一方「普及しない」(18.9%)と「分からない」(37.5%)と答えた人に、その理由を聞いたところ
「デジタル書籍の充実と全国的なネット環境(特に地方)の整備が必要に思う。
デジタルコンテンツに必要な速度を地方では得られていない」
「データとして残す、在庫を作らないという点では便利だが、
紙媒体の質感や読む際の状態など、冊子独特の雰囲気に慣れた人がいるかぎりなくならないと思う。
生まれた時から携帯に慣れ親しんだ人達がどのように世の中を動かすかが鍵だと思う」
「日本の出版社が積極的に見えない」
「これまで装丁等が素晴らしかった書籍がいくつもあり、それは電子化では置き換えられない。
また、教科書などは空いたスペースに書き込みしたり線を引いたりしたいという希望もあるはず。
電子書籍が普及するのは、ごく一部のジャンルのような気がする」などの意見があった。

 米Appleが1月27日に発表した「iPad」についての認知度を聞いたところ、
「どのようなものか知っている」(48.7%)と「名前は知っている」(29.1%)
を合わせるとiPadの認知率は77.8%だった。
iPadについて関心があるかどうかを聞いたところ、50.7%が「関心がある」と回答。
一方「関心がない」は32.5%、「分からない」が16.8%だった。【土肥義則】


21 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 10:56:16 ID:594F9Bvx0
先日のワンピースフライング事件は、ネットでの無断流布+5日のフライングが問題なので
本質が違うかもですが
「早く読みたい」という熱狂的なニーズが
ネットに向かっていることの証と言えたと思います。
とくに熱狂的に支持されるもの、「早く読みたい」にこたえるデバイスが
望まれていると思います。
雑誌は店頭に向かわねば買えず、発売時期に地方格差があり、在庫も入手可否に関わる。
連載物については書籍は一度出回ったもののまとめですから、「渇望度」は雑誌には及ばないと思います。
雑誌が売れなくなっているのはコンテンツの不充実が一番の問題だと思いますが
何より雑誌は読者を「渦」に巻かなければ伸びないのです。
雑誌に取り込まなければ、購読者をつかめない。
より可能性のあるインフラの整備が急務だと思いますが…。
どうなんでしょうね。
少なくともうちの会社では、まったくもって傍観の構えです。
マイクロソフト・凸版・シャープ等と共同開発を進めている集英社では、
社内での電子プラットフォーム議論も活発なのでしょうか。

22 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 07:05:36 ID:NqWKI3Kl0
集英社はあんまり…わかってる人がいな(ry

23 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 00:50:54 ID:NWGkanuzO
ま、著作権保護したいがためにCDにプロテクト→音質下がっちゃった^^→コアなファンから不況を買う。加えて音楽離れ
を起こした視野の狭い馬鹿なお偉方のパターンはだいたい同じような事するだろうから
電子書籍でも日本は勝てないだろうな。いつまでもユーザー軽視の古い考えしてるだろうし

しかしAmazonとかGoogleとか凄いことになってきたからどうなるか見もの

24 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 09:53:55 ID:RFg+ikRaP
でも、音楽離れの根本原因は、ポップス全体に面白くなくなってるからだと思うけどね


25 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 00:59:56 ID:4nnBiu/A0
電子書籍の立ち上げ目指す3省合同の懇談会が初会合
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100317/1023639/
 米ソニーエレクトロニクス上級副社長の野口不二夫氏は、米国で電子書籍リーダー
「Sony Reader」や電子書籍販売サイト「Reader Store」を立ち上げた経験を基に、「専
用端末は高齢者に喜ばれている。紙の本では目が疲れるが、電子書籍リーダーは
文字を大きくできるから買うといった具合に、理由は単純だ。また、電子ペーパー方式の
電子書籍リーダーはバッテリーが長持ちするなど、メリットがたくさんある。さらに、
電子書籍リーダーでは視覚障害者も読めるようテキストの音声読み上げ機能を提供
できるが、こうしたサービスの提供にまつわる権利関係は米国でも明確でない。先々
でも結構なので議論してほしい」と指摘。

 また、続けて野口氏は、「ソニーは、英国で書店、ドイツで流通業者、フランスで小売
業者とそれぞれ提携して電子書籍を提供するなど、国ごとに異なる手法で電子書籍
事業を展開している。日本では国立国会図書館の電子書籍構想に慎重な意見もあるようだが、
デジタルならば電子書籍の提供後1週間で読めなくするといった具合に、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
紙の書籍よりも明確な運用ができるメリットもある」と語り、海外事例を参考にしつつ日本市場に
適した手法を模索していくことを提案した。

26 :文責・名無しさん:2010/03/20(土) 15:08:55 ID:/VStw7rV0
CD業界で今後起こる事が書籍業界の未来になるはずです。

27 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 15:20:36 ID:sQyl0qg70
電子書籍も普及しないし右肩下がりの書籍売り上げも今後加速度的に落ちるだろう。

28 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 23:30:18 ID:qxElUCjs0
ニーズは十分あると思うんだけど
供給側に足元の鎖が多すぎるんだよねぇ…

29 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 14:58:38 ID:dmqfP6fd0
出版業界ってガチガチに鎖国的ですからな。
ほかの業界はザンギリ頭なのに、
出版業界っていまだにチョンマゲ結ってる感じ。
それはそうと、「TOKYO一週間」を電子書籍で読みたかった…


30 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 16:30:58 ID:/Rwdm27B0
キンドルやiPadなんて
これから定年リタイアを迎えるパソコン第1世代が
経済新聞なんかを読むために買う
そんなものだろ

31 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 17:50:32 ID:XXifQSFIP
おまいら。
最近電車の中で雑誌読んでる奴見たことあるか?
ほとんどいないよな。たまにいるぐらい。

大抵は、ゲームやってるか携帯か、文庫読んでる。
この文庫読んでるのが、キンドルになるんだろね。
家の本棚がいらなくなるね。

新聞もiPadになっていくかな。。。


32 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 23:20:45 ID:5t50n52s0
デジタルの台頭で食われてるのは書籍じゃなく
雑誌だもんね。
今後電子書籍のフォーム整備次第で
惜しまれつつ休刊したいろんな雑誌が復刊する可能性もあるのかも。

ふと思ったんだけど
漫画やらはどちらかというと書籍で買って本棚にきれいに並べて
景観も楽しみたいほうだけど
電子書籍に何十冊分も入れられて出先に大量に持ち運べるのはすごく魅力と思う
ただそうすると、自分の端末に入れてるコンテンツを
これまで「これおもしろいよ」とかって手渡してたように貸し借りするのはどうなるんだろうか
コンテンツが単独で端末間を移動できるなら可能になるけど
端末内にとどまったままとなるとお勧め貸しするのに端末を貸す必要があることになる

>31
電車の中雑誌よりも漫画よりも文庫小説読んでる人が多いと思う。

33 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 10:33:49 ID:9cUOFIaBP
でもさ、マンガって一番電子書籍向いて内容に思うんだがどうなんだろう。
あのコマ割って、紙の冊子のためにあるものだよね。

実際、マンガをパソコン等で読んでる人が多いなら、
そうなのかもしれんが。。。

34 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 11:55:52 ID:CNOpd0Fk0
>>32
>自分の端末に入れてるコンテンツを
>これまで「これおもしろいよ」とかって手渡してたように貸し借りするのはどうなるんだろうか
>コンテンツが単独で端末間を移動できるなら可能になるけど

ポケモン方式、そんなに難しくないと思うけどどうなんだろうね

35 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 21:29:24 ID:o22vSRpX0
>>31
>この文庫読んでるのが、キンドルになるんだろね。
なるかね? 
文庫読んでるやつはやっぱり文庫読んでるんじゃないだろうか

キンドルで一冊9.99ドルってあきらかに文庫より高いぞ?
文庫みたいな安価な書籍がない地域では流行るかも知れないが。


36 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 21:45:48 ID:+9NNgM0GP
9.99ってアメリカのアマゾン?
それってペーパーバックの値段なのかな。
アメリカに文庫はないでしょ。

文庫だったら、文庫なりの値段になるんじゃないの?

37 :文責・名無しさん:2010/04/19(月) 22:00:31 ID:KKW4qKyu0
蔵書2万5000冊の男が断言 小飼弾「紙の本は90パーセント消えます」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100419-00000302-gtwo-ind

書評をメインにした人気ブログで知られる小飼弾氏。
小飼氏がブログで紹介した本はベストセラーになると言われるほどで、自宅には出版社から月300冊もの献本が届くという。
小飼氏に「本の未来」について聞いた(取材・構成/岸武史)

―小飼さんは、ブログなどで紙の本はいずれなくなってしまうのではないかと発言されていますね。

小飼 僕は100%なくなるとは言っていません。
紙の本は90%なくなるでしょう。
でも紙の本が完全になくなることはない。
この問題で僕がよく例に挙げるのは、ポケベルとファクスです。
ポケベルは完全になくなりましたよね。
なぜなくなったのかというと、携帯電話のメールで完全に置き換えが可能になったからです。
一方でファクスはしぶとく生き残っています。
確かにファクスも電子メールなどで置き換えが可能になりましたが、電子メールでは、直接紙を送り込むという機能までは補いきれないのです。
書籍や雑誌も、これから普及していく電子書籍端末に置き換えられるでしょうが、紙のもつ機能、つまり「再生装置がなくても読める」という機能まで置き換えられない限り、完全になくなることはないでしょう。
紙の最大の利点は、紙それ自体が再生装置であるということなのです。



38 :文責・名無しさん:2010/04/19(月) 22:01:37 ID:KKW4qKyu0
―小飼さんは、幼少期から大変な読書家だったそうですね。紙の本に対する親しみは人一倍あろうかと思います。

小飼 確かに僕は印刷された本が大好きです。
しかし、誰もが自宅にこういう本棚を持てますか?(そう言って、約2万5000冊!が収容可能だという巨大な本棚を指さす)
この本棚の存在こそが紙の欠点なのです。
本を置いておくにはスペースが必要なんです。
数冊しか本を所有していない人は気にならないでしょうが、数百冊になったら収納する本棚が必要になります。
さらに、数千冊、数万冊になったら、うちにあるような大きな本棚を買わなければいけません。
この本棚は特注したもので、引っ越す時に奮発して、約200万円かけて作りました。
この時、本棚の代金だけを考えてはいけません。
この本棚を設置できる条件として、マンションの不動産コストも考えなければいけないのです。
では、数十万冊の蔵書がある図書館となったらどうでしょうか。
不動産コストのほかに、インデックスしたりラベリングする人件費もかかってくる。
僕の試算するところ、大きな図書館では、ただ本を一冊置いておくというコストだけで年間2000円以上の維持費がかかるのです。
本代よりも高い。

39 :文責・名無しさん:2010/04/19(月) 22:03:40 ID:KKW4qKyu0
―電子化すればこんな大層な本棚は必要なくなりますね。

小飼 そうです。
活字よりもデータ量が多いマンガでさえ、スキャンしてデジタル化したら、一冊100メガバイトくらいです。
1テラバイトのハードディスクであれば、1万冊のマンガが収納可能。
今、1テラバイトのハードディスクは1万円あれば購入できるので、たった数万円でこの巨大な本棚が無用の長物となります。
作る側のコストも減りますから、価格も下がります。
電子書籍は紙代、印刷代がかからないという大きなメリットがあります。
僕も著書の『決弾』『弾言』を電子ブックにしていますが、紙の本が一冊1500円なのに対して電子版は350円です。
実は電子版のほうが売れ行きがいい。
読者は紙の本でなくても、きちんと読むんです。
一冊1000円が100円になれば、もっと読みますよ。
例えば「ゴルゴ13」のようなマンガならば、電子出版にすれば一冊ではなく一話数十円で切り売りすることだって可能になります。
価格が手ごろになり、わざわざ本屋に行かなくても済むようになれば、もっと本は読まれるようになるでしょう。

■本棚がノスタルジアになる日

―活字離れなどが原因で、本が読まれなくなっていると言われていますが。

小飼 僕はそれは一面的な話だと思っています。
確かに本を読まない人は増えてきています。
しかし、一方で読む人はますます読むようになっているんです。
書籍や雑誌だけで考えるのではなく、ウェブページ、メールなども入れて平均して考えれば、読むという行為自体は減っていないし、むしろ増えているかもしれない。
コレ(再び本棚を指さす)の制約を解いてあげれば、もっと本は読まれるようになります。
今、日本の出版点数は年間9万冊と言われていますが、製作コストが下がれば、もっとたくさん出版できるようになります。
コミックマーケットに出品されている希少本だって、商業ルートに乗せることが可能になる。僕はそういう本をもっと読んでみたいんです。同じような希望を持っている潜在的読者はかなりいるはずです。
電子ブックが当たり前の時代に、紙の本は贅沢品として残っていくでしょう。
我が家の本棚はノスタルジアになりますよ。
万里の長城みたいに観光客が訪れるようになるかもしれない(笑)。

40 :文責・名無しさん:2010/04/19(月) 22:07:41 ID:KKW4qKyu0
―そうかもしれません(笑)。では、アマゾンのキンドル、アップルのiPadは日本でも普及していくのでしょうか。

小飼 これからを考える前に、現状を考えてみましょう。
たった数年の間に、日本の出版物の10冊に1冊が、アマゾンで買われるようになりました。
なぜかといえば、本屋に行かずともワンクリックで購入できるのは読者にとって便利だったからです。
この厳然たる事実を、日本の出版業界は考える必要があるでしょう。確かにアマゾンやアップルには、売り上げを公表しないなど傲慢な部分があります。
しかし、消費者の視点から見ればどうでもよいことで、安さや便利さに勝るものはありません。
グーグルが今一人勝ちしているのは、サービスのほとんどがタダだからです。
出版業界も最後は読者の側に立った方が勝つのでは。

―『フリー』日本版の帯に推薦文を寄せられていますが、あの本をどう読みましたか。

小飼 今の時代では、あの本に書かれていることは基本中の基本です。
賛成とか反対とかいう問題ではない。
僕がブログでやっている書評、あれもフリーです。
ブログ読者は無料で僕のブログを読んでいますが、僕にはアフィリエイト収入が入ってきます。
しかし、『フリー』を読んで、肩肘を張ってフリーで儲けようとやったってダメ。
儲けは無視して、とりあえずやってみようという気持ちが大事なのです。
今の時代、ネットで上手くいっている人たちのほとんどが片手間で始めたのです。
本業になったのはずっと後のことです。

―現在では想像もつかない形態の出版業が近い将来出てくるかもしれません。

小飼 そうです。
江戸時代には新書本とか、文庫本はなかったわけです。
人々が読んだり、書いたりする間に試行錯誤の結果、今の形になりました。
本が電子化していくなかでも、試行錯誤して形にしていけばよいのです。


■小飼弾(Dan Kogai)
1969年、東京都生まれ。99年にオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)に就任し01年退任。
現ディーエイエヌ有限会社代表取締役。著書に『弾言』『決弾』(アスペクト)など

41 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 03:37:42 ID:wgnFsWs00
小飼弾、けっこう好きだったのにこの文章読んで
アホなのが分かって幻滅したw

42 :文責・名無しさん:2010/04/23(金) 00:10:19 ID:AJQxN7F/0
どのへんがアホなの?

43 :文責・名無しさん:2010/04/23(金) 23:09:20 ID:pbN62Hjg0
アホなことを言ってるけど、アホじゃないよ。
ここはホラをふいて、仕事を増やそうとしてるんでしょ。

よく読むと、いつまでに流行るとか期間はまったく言ってないし、
ipadやキンドルが普及するか? の質問はうまくはぐらかしてる。

44 :文責・名無しさん:2010/05/09(日) 12:58:14 ID:xGKXxubp0
日本の電子書籍市場が600億とか言われてるけど、
市場に出資しているインプレスの発表だから眉唾ものだね。
しかも市場の90%以上が携帯メディアのエロ漫画なんだから
これを電子書籍市場の急成長と短絡的に呼んでいいものかどうか。


45 :文責・名無しさん:2010/05/09(日) 20:05:29 ID:hFeVR0nP0
そんなこと言い出したら
アマゾンやアップルの言うことも眉唾ものじゃないw

電子書籍が黒船とか流行ってるってのも提灯記事だし

46 :文責・名無しさん:2010/05/10(月) 18:16:43 ID:lJ/20h8d0
日本でキンドルは3G経由でダウンロードできるんですか?

47 :文責・名無しさん:2010/05/11(火) 11:51:10 ID:Gy1jj6rR0
電子出版はD通が仕切るとな

48 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 16:59:47 ID:JFyJ49jG0
日本で3G 経由で洋書を自由にダウンロードできます。しかしこれは技適マークをとってないので違法だと思われます。

49 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 20:10:40 ID:LcCQCwBZ0
>>48

ストリーミングだから違法じゃないでしょ
ちゃんとdocomoとか表示されるってkindleスレで見たけど?


50 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 20:42:15 ID:RBOCoeiR0
いや昨今のエコ推進の流れもあって、電子出版はこれから普及すると
思うね。

今まではコンテンツが少ない、高速データ通信が普及していない等の
問題があったけど、それらも整備されてきて残るハードでiPadが出て
くれば、追随してWindows版タブレットも出てくるよ。

ハード・ソフト・インフラと3つ揃えば、電子出版を利用できる環境が
整った訳だし、新聞や週刊誌など多くの出版物が一回読んで廃棄される
為に使われる紙資源のムダや、品切・返本などのパフォーマンスの悪さ
が大いに解消される訳で、多くの人にメリットあると思うね。

ただ逆にこれで非常に困る人もいる訳で、時代の趨勢と言えばそれまで
だが、行政機関は何か考える必要があると思うね。
(電子出版を円滑に進める上でも)

51 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 21:41:26 ID:62g61VS90
「リーダーかPCが必要」の時点でほとんどの国民が手を出さないと思う

安価な娯楽を高価な機器で楽しもうって考えるのは、
そういうのが好きな変わり者だけじゃ?

52 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 22:50:23 ID:LcCQCwBZ0
>>51
同意
だから、出版社も恐れる事無いのにねぇ。。。
本の置き場に困ってる人か、新し物好きしか電子書籍リーダー買わないってのに
あ、あと大型書店かネット書店でしか買えないようなマイナーな本を買う人もかな
専門書とか










ばっちり私だ。。。Orz


53 :文責・名無しさん:2010/05/13(木) 08:09:56 ID:ovlHI36B0
キンドルの裏面を見ると日本の技適マーク発見!合法でした。

54 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 12:53:48 ID:W4WHC9l50
まあ、今年の暮頃までには様子が分かるんじゃねえか、本屋がCD屋の後を追うんじゃないかな、予想が外れる事を祈るよ。

55 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 16:45:56 ID:QnFK5+3j0
>>54
正直、本屋が潰れる原因はiPad/kindleじゃなくて、amazonのサイトだと思う


56 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 19:38:26 ID:KPy1oJWQ0
>>55
あぁ、それは言えるな。

ていうか、iPadやkindleのような電子書籍端末は
過剰に期待され、過剰に恐れられ過ぎてるように思う。
まだ、今のところ「ITおたくの玩具」って段階じゃなかろか。

新しモノ好きなツイッターあたりでは、今や電子書籍の伝道師となった
S氏の影響で絶賛の嵐なわけだが、あの人の著書を読んでみたら
従来の出版ビジネスモデルの問題点を凄く的確な目で捉えているのに
一方の電子書籍についてはかなり大甘な見解…というか、夢いっぱいな
ところにしか触れてなくて、ちょっとアンバランスに感じたな。

まぁ、そういう志向の本だといえばそれまでだが…。

57 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 19:50:40 ID:KxTntKI/0
米アップルが iPad 発表 電子書籍市場に本格進出
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=img.news.goo.ne.jp/picture/kyodo/PN2010012801000219.-.-.CI0003.jpg
2010012801000219 jpg
http://townnavi.sanyo.oni.co.jp/newsk/2010/01/28/2010012801000219.jpg
4ibook jpg
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100128/179720/4ibook.jpg
日本電子書籍出版社協会 設立記者会見レポート Kindle iPad 電子書籍端末という黒船に対峙する日本出版界最初の一手
http://ca.c.yimg.jp/annex/1269522039/netallica.ya hoo.co.jp/images/content/-/76086.jpg


58 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 20:02:08 ID:f/v8JzyU0
>>56
>従来の出版ビジネスモデルの問題点を凄く的確な目で捉えている
2001年に流行った『出版大崩壊』を読んでたんじゃ?

59 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 22:17:41 ID:KPy1oJWQ0
>>58
まぁ元々は出版社に勤めてたらしいから、その辺は知ってて当たり前かもね。



60 :文責・名無しさん:2010/05/18(火) 12:00:46 ID:WkO9/7PJ0
日本の電子書籍市場が600億とか言われてるけど、
市場に出資しているインプレスの発表だから眉唾ものだね。
しかも市場の90%以上が携帯メディアのエロ漫画なんだから
これを電子書籍市場の急成長と短絡的に呼んでいいものかどうか。

61 :文責・名無しさん:2010/05/18(火) 20:03:51 ID:r5kjmybd0
エロ漫画で安心か。

62 :文責・名無しさん:2010/05/18(火) 21:09:22 ID:Qe5rzVqN0
最初はエロだよ
ビデオデッキの黎明期を知る者なら常識

63 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 11:42:26 ID:nVo8DDzi0
そうだよな

64 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 14:41:27 ID:LnKidBla0
ムリ

65 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 21:28:18 ID:nVo8DDzi0
スマートホン、携帯中毒、副作用、交通事故

66 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 23:16:04 ID:dXwmR8970
それ言える。見てるつもりで全然前見えてないから。
ケータイやりながらの運転はホントに危険。

ま、スレ違いだが…。

67 :文責・名無しさん:2010/05/20(木) 14:21:38 ID:PUIWhz6/0
運転中Kindleで読書これ最高だぜ
もちろん信号待ちしてるときだが

68 :文責・名無しさん:2010/05/20(木) 20:59:04 ID:FIhzQF6B0
追突してから目を覚ましてもおそい、カーステくらいにしておけ。

69 :文責・名無しさん:2010/05/20(木) 23:37:42 ID:YGw8aABX0
そこでオーディオブックですよ。

70 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 00:26:49 ID:cthKrit70
エロがない限り、そのハードはまず浸透しない。


71 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 02:45:30 ID:WLFrxR3D0
>>70
エロの無い閲覧/鑑賞用途のハードも存在しない


72 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 08:19:48 ID:HJk2gbn30
京極の新刊はエロいかな?

73 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 18:36:22 ID:Ih3PG64r0
死ねばいいのに

74 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 19:54:22 ID:4it2U7vw0
京極て、カマバーのママみたいな人だっけ?w

75 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 21:56:59 ID:Jz2ROFTp0
ビューンがアクセス殺到で一時停止か
さすがのソフトバンク式マッチポンプだな

76 :文責・名無しさん:2010/06/03(木) 19:17:52 ID:OzYoJGYL0
あまりにものんきすぎたんでないの、インテリがいっぱい居たのにさあ、

77 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 00:58:22 ID:jz6hCWVD0
今、英語版のキンドルを買ったとする
将来、日本語のコンテンツが発売された時、この機械では読めないんですか?
何らかのソフトをインストールして日本語対応に変えるとか

78 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 04:07:09 ID:aymRqlkn0
出るかどうかすら分からないものの、
詳細な仕様を知っている方、誰かいらっしゃいませんか?

ってこと?

79 :文責・名無しさん:2010/06/27(日) 21:54:10 ID:1OP0Arm/0
英語を勉強せいよー、ガラパゴスにならないためになー

80 :文責・名無しさん:2010/06/29(火) 00:05:31 ID:j1qbchgP0

書籍の未来像
http://www.ustream.tv/recorded/7369159

81 :文責・名無しさん:2010/07/07(水) 15:04:01 ID:eklyyZd70
ソニーが電子書籍端末を値下げ、価格競争激化受け 7月7日11時39分配信 ロイター

 7月6日、ソニーが電子書籍端末「リーダー」を値下げ。ラスベガスで1月撮影(2010年 ロイター/Steve Marcus)
[ロサンゼルス 6日 ロイター] ソニー<6758.T>は、電子書籍端末「リーダー」の価格を引き下げた。
ソニーのウェブサイトによると、リーダーの「デーリー・エディション」は349.99ドルから299.99ドルに、
「タッチ・エディション」は249.99ドルから169.99ドルに、
また「ポケット・エデション」は169.99ドルから149.99ドルにそれぞれ引き下げられた。

 ソニーのコメントは現在のところ得られていない。

 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、電子書籍端末「キンドル」を189ドルに値下げしたのに続き、上位機種「キンドルDX」の価格も先週、489ドルから379ドルに引き下げた。

 バーンズ・アンド・ノーブル<BKS.N>も、電子書籍端末「ヌック」の価格を199ドルに値下げしている。

 電子書籍端末市場で価格競争が激化している背景には、米アップル<AAPL.O>のタブレット型パソコン「iPad(アイパッド)」による電子書籍市場への参入がある。
「iPad」の価格は最低499ドルからだが、電子書籍の閲覧ができるほか、カラー画面で、ビデオやインターネットの閲覧が可能なことが特徴で、電子書籍端末メーカーは「iPad」に対抗し、値下げで販売拡大を狙う。



82 :文責・名無しさん:2010/07/08(木) 16:14:50 ID:qiiK036S0
<電子書籍>グーグルが来年春に国内参入 ブラウザーで閲覧
7月8日12時55分配信 毎日新聞

 検索最大手のグーグル(東京都渋谷区)は8日、日本で電子書籍の販売事業に参入すると発表した。
米国ではこの夏から始めるが、日本では大手出版社に参加を募った上で、来年春までに「グーグルエディション」の名称で事業を展開する。
特定の書籍販売の仕組みや機器に依存せず、インターネットに接続できる環境と一般的なウェブブラウザーがあれば利用可能にすることで、
オンライン書籍販売大手のアマゾンや、アップルのiPad(アイパッド)などを通じた電子書籍事業に対抗する。

 グーグルの電子書籍は、出版社と個別に契約して書籍データの提供を受け、販売するもの。
グーグルが直接販売するだけでなく、売り上げの半分以上を出版社に分配する仕組みとすることをうまみに、現在、個別に出版社と交渉している。
書籍フォーマットはEPUB(イーパブ)を採用する。
各社の既存のオンライン書店経由でも購入できるようにするが、販売するのは書籍だけで、雑誌など定期刊行物は対象外にしている。

 グーグルはこれまで、出版社と契約した上で、本の中身をデジタル画像として取り込み、
インターネットで全文検索できる「グーグルブックス」を日本でも提供してきた。
電子書籍の販売はこの延長上にあるサービスで、閲覧できる分量は書籍の20%に制限していたが、販売ではこれを全面開放して提供する。【小島昇】


83 :文責・名無しさん:2010/07/20(火) 15:06:56 ID:0HqxTd4l0
きた

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20100720-00000004-sh_mar-sci&s=points&o=desc

84 :文責・名無しさん:2010/07/21(水) 14:47:39 ID:Wt6AvpRk0
まだまだ予測の範囲を出ない展開
いつまでも足踏み状態

■ipad もう飽きた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000001-jct-sci


でもこういうのも出始めました

■大日本印刷「ウェブの書斎」をリニューアル
http://download.shosai.jp/StaticPage.do?html=index

モリサワも
■モリサワとヤッパが提携
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/417852/

画素による表現性の向上と文字表現が改善されれば壁はだいぶ低くなる
あとは「落としても平気なipad」とか
端末の扱いやすさがハードルか


34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)